情報クリップ11

2012/01/17

情報クリップ・ダイジェスト 2011/12

◆食の「シーズナリスト」過半に 旬の食材・行事食で「プチぜいたく」
(1)旬の食材や行事食で「プチぜいたく」を楽しむ「シーズナリスト」は女性に多い
(2)シーズナリストは行事食などを家庭料理で楽しむ割合が非シーズナリストより高い
(3)シーズナリストは記念日の食事も好き。ニーズに合うレシピ提案で食品の商機拡大も
[日経MJ/消費分析 11/12/14]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇食と暮らしの歳時記/東京ガス・くらしカフェ
http://blog.tokyo-gas.co.jp/cafe/season/
◇ぐるたび「今日は何の日?」
http://gurutabi.gnavi.co.jp/special/nannohi/nannohi_20111212-20111218.html

◆セラミック・ジャパン、デザイナー起用、瀬戸の伝統、新鮮味を盛る
職人技、実用性も重視
焼き物の街、愛知県瀬戸市にある社員5人の会社、セラミック・ジャパン。ここから発信される作品はMoMA(ニューヨーク近代美術館)のパーマネントコレクションにも選定されている。創業40年で伝統技術を持つ同社が生み出す作品は外部のデザイナーが手掛けることもあり、国内外で注目されている。
[日経MJ 11/12/07]
◇「セラミック・ジャパン」 HP
http://www.ceramic-japan.co.jp/
◇表参道「MoMA Design Store」 HP
http://www.momastore.jp/
◇「ニューヨーク近代美術館」 HP
http://www.momastore.jp/
◇山田佳一朗氏「デザインサイト」
http://www.kaichidesign.com/images/main.html
◇年中使えるお鍋 セラミックジャパン「do-nabe」/Exciteニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1320312416472.html
◇デザイナー・秋田道夫氏 HP
http://www.michioakita.jp/
◇徳田祐子氏デザイン「「一輪挿し」
http://www.assiston.co.jp/?item=1136
◇nendo 佐藤オオキ氏デザイン「Peel」
http://www.assiston.co.jp/?item=2013
◇「セラミック・ジャパン」紹介記事
http://pdweb.jp/special/production_scene05_1.shtml

◆11年度グッドデザイン賞、暮らしに貢献、豊かさ再定義
東日本大震災を受けて、デザインの役割を改めて考えるきっかけとなった。3162件の中から大賞に選ばれたのは、ホンダの「インターナビ」。便利さや快適性に貢献してきたデザインは、社会が抱える課題の解消や社会貢献に連携する活動、取り組みという役割に変わりつつある。
[日経MJ 11/11/23]
◇GOOD DESIGN AWARD HP
http://www.g-mark.org/
◇2011年大賞受賞、HONDA「インターナビ」 HP
http://www.honda.co.jp/internavi/
◇2011年グッドデザイン金賞
http://www.g-mark.org/archive/2011/award-gold.html

◆日本に芽吹く「CSRマーケティング」、復興支援、消費者に響く 
メーク相談会 寄付つき商品 好感度高める
被災地での支援活動をマーケティングに組み込む動きが増えている。消費などを通じて社会に貢献したいという消費者の欲求が強まり、企業の社会的責任(CSR)の一環として始めた活動が商品の売り上げを後押しする事例が目立つ。1千年に1度の天災は日本で「CSRマーケティング」の幕を開いた。
[日経MJ 11/11/18]
◇CSR企業ランキング・トップ500/東洋経済
http://www.toyokeizai.net/business/management_business/detail/AC/d31cd9f799633e49939920f61cae783c/
◇CSRランキング上位30社は、震災支援へどう取り組んでいるか
http://www.breaking.jp/breakingnews/archives/2011/03/29/entry1598.html
◇2011年CSRレポート動向/クレアン
http://www.cre-en.jp/library/opinion/pdf/111028.pdf
◇もし新米CSR 担当がドラッカーと対話したら/クレアン
http://www.cre-en.jp/library/opinion/pdf/110207.pdf
◇花王CSRレポート
http://www.kao.com/group/ja/group/csr.html
◇キリンホールディングスCSR活動
http://www.kirinholdings.co.jp/csr/
◇サントリーホールディングス活動
http://www.suntory.co.jp/company/csr/
◇味の素冷凍食品CSR活動
http://www.ajinomoto.co.jp/activity/csr/
◇日清食品CSR活動
http://www.nissinfoods.co.jp/csr/
◇ファーストリテイリングCSR活動
http://www.fastretailing.com/jp/csr/
◇JTB「創エネ旅行」 HP
http://www.jtbcorp.jp/jp/csr/eco/jirei_07.asp

◆全食品廃棄物→肥料→野菜栽培→社食、シダックス、千葉で着手
環境重視アピール
シダックスは自社完結型の食品廃棄物リサイクルに乗り出す。12月に千葉県の一部カラオケ店で排出された食品廃棄物全量を年間4トンの肥料にする取り組みを開始。作った肥料を使い県内の農園で野菜を育て、グループ会社が運営する社員食堂やレストランで使用する。
[日経MJ 11/11/18]
◇シダックスグループの環境活動
http://www.shidax.co.jp/release/pdf/8603463da5bb0ba63696ce843b771946.pdf
◇食品廃棄物地域内循環サービス「メリーズ・ジャパン」 HP
http://www.merrys-j.jp/

◆良品計画「ムジラボ」刷新、衣料デザイン、生活雑貨と連動
「ムジラボ」を刷新する。英マーガレット・ハウエルとその親会社であるアングローバルと共同企画した春夏衣料を、12月までに大型店中心に20店強で取り扱いを始める。綿を中心に天然素材を採用し、ジャケットにペン差し用ポケットを付けるなど生活雑貨と連動したデザインが特徴。
[日経MJ 11/11/18]
◇ネットストア「ムジラボ」
http://www.muji.net/store/cmdty/section/T10012
◇英国ブランド「マーガレット・ハウエル」 HP
http://www.margarethowell.jp/

◆企業のソーシャルサービス スポンサーの手法多様に
(1)ネスレ日本が利用者同士が製品をゆずりあうサービスを提供。
(2)利用者の会話への関与の仕方が変わってきている。
(3)遠回りに見えるアプローチが実は効果的かもしれない。
[日経MJ/徳力基彦のECの波頭 11/11/16]
◇ゆずりあいマーケット「ネスレゆずりば」
http://nestle.yuzuriba.jp/
◇ゆずりあいマーケット「ネスレゆずりば」(Facebookuページ)
http://ja-jp.facebook.com/yuzuriba?sk=wall
◇新SNSサービス「ネスレゆずりば」/PR TIMES
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000001637.html

◆企業のメディア化 競合とも協力し情報発信
(1)日本コカ・コーラは自社サイトを他社の広告の場に活用している。
(2)ソーシャルメディア上では競合企業ともコラボしやすい。
(3)企業はブランドをテコに発信力を高め「メディア」化しつつある。
◇ITビジネス関連のコンサルティング会社「D4DR」 HP
http://www.d4dr.jp/
◇「コカ・コーラパーク」 HP
http://c.cocacola.co.jp/
◇「コカ・コーラパーク」 (Facebookuページ)
http://ja-jp.facebook.com/cocacolapark?sk=wall
◇「コカ・コーラパーク」(Twitte)
http://twitter.com/CocaColaPark
◇コカ・コーラ自販機「ハピ ネスクエスト」 HP
http://c.cocacola.co.jp/hq/
◇「コカ・コーラ パーク」のスゴイ自販機/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/99046
◇ANA「ソーシャルスカイパーク」 HP
http://ana1st.com/headline/111122.html
◇東急ハンズ×ヴィレッジヴァンガード、Twitte対決/誠
http://blogs.bizmakoto.jp/shinpeianzai/entry/1335.html

◆星野リゾート、自力集客のコツ ホームページ写真、頻繁に差し替え
宿泊客アンケート結果を数値化 デザインこだわり上質なサービス
家族向けリゾートホテル「リゾナーレ」。先行して営業しているホテルではリピート客を増やし、自力での集客力を高めている。上質なサービスの提供はもちろん、写真の選定や情報更新頻度にこだわったホームページ作りや、家族客が過ごしやすい環境づくりが人を引き寄せている。
[日経MJ 11/11/25]
◇星のリゾート「リゾナーレ」 HP
http://www.risonare-wedding.com/
◇星のリゾート「リゾナーレ」(Twitter)
http://twitter.com/Risonare
◇リゾナーレクリスマス情報/山梨北杜市観光協会
http://risonare.velett.com/
◇日本初!ワインリゾートの旅
http://www.risonare.com/plan/plan_wine_resort.html

◆ミズノ、発熱肌着の販促、郵便局と連携 商品紹介、窓口で
郵便局員ははがきや切手を買いに来た顧客に対し、ブレスサーモを紹介する。顧客の手のひらにブレスサーモの素材の原綿を置き、水を垂らして何度か握ることで発熱の効果を体験してもらう。関心を持った顧客にはミズノのコールセンターを紹介するが、その場では販売はしない。
[日経MJ 11/11/28]
◇「ブレスサーモ」発熱体感キャンペーン
http://www.breaththermo.com/campaign/

◆ミラノにアルマーニ・ホテル、客ごとに担当者、1泊5万円から
10日、ミラノ市の中心街に高級ホテルを開業した。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの不動産開発会社、エマール・プロパティーズPJSCと共同で立ち上げた「ホテル&リゾート」プロジェクトの一環で、アルマーニ・ホテル・ドバイに続く2軒目となる。
[日経MJ 11/11/25]
◇「アルマーニ ホテル ミラノ」 HP
http://www.armanihotels.com/
◇「アルマーニ ホテル ミラノ」オープン/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/387524/

◆パナソニック、白物家電 店舗外でファン作り 試食・レシピ
家電エコポイント制度や地上デジタル放送移行の特需が去り、急速に収縮を始めた国内の家電市場。直接の売り手である販売店だけでなく、メーカーも大幅な販売減に苦しんでいる。各社はシェアの維持・拡大のため、新たな需要喚起に知恵を絞る。既存の枠組みを超えて販売市場に挑むメーカーのマーケティング手法を追う。
[日経MJ/家電販売川上が挑む 11/11/25]
◇炊飯器が体感できるキャンペーンに「日本橋ゆかり」参加
http://pcgn.blog98.fc2.com/blog-entry-1280.html
◇老舗日本料理「日本橋ゆかり」 HP
http://www.nihonbashi-yukari.com/
◇/創作料理「NADABAN神戸元町」 HP
http://www.nadaban.com/index.php
◇「ミニコテ」 HP
http://panasonic.jp/beauty/style/beautytopics/minikote/
◇パナソニック「ミニコテ」について(Blog)
http://blog.crooz.jp/anyan0703/ShowArticle?no=1440
◇「ビストロNE-R3400」10分レシピ総選挙結果発表!
http://hyogo.qlep.com/g/13/article/111173/?PHPSESSID=7v3iqvj8r0dfc2jkbg8ovvsgj2

◆農業のプロの知恵、データ化して蓄積 イオン・富士通
舞台になるのはイオンのグループ会社イオンアグリ創造が2009年から運営する直営農場。
実証実験は、農場長や従業員が、全地球測位システム(GPS)付き携帯電話を使い、作業の様子や作物の病気などを撮影し、群馬県館林市にある富士通のデータセンターに送る。また、富士通が開発したセンサーを農場に置き、気温、降水量、日射、土壌温度などの数値も自動的に送信する。
[朝日新聞 11/11/25]
◇イオンアグリ創造 HP
http://aeonagricreate.co.jp/
◇イオンアグリ創造(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/aeonagricreate
◇富士通、イオンアグリ創造の直営農場にICTシステム導入
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2011/11/25.html

◆「戦わずして勝つ」極意
今までのマーケティング戦略では、少しずつ改善をすることによって、自社ブランドが他社よりも優れた状態にすることを目指していた。新しいカテゴリー(またはサブカテゴリー)を作ってしまえば、戦わずして勝つことができる。何が新しいカテゴリーなのかということが重要で、色の選択肢が増えたとか新しい材質を使っているとか「あったらいいな」程度ではなく、劇的に使い勝手を変化させるような「なくてはならない」機能でなければならない。
[日経MJ/マーケティング八塩圭子ゼミ 11/11/28]
◇デービッド・A・アーカー氏特別セミナー について
http://ja-jp.facebook.com/note.php?note_id=279111602132867
◇デービッド・A・アーカー著『カテゴリー・イノベーション』/紀伊國屋書店
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4532317509.html

◆SNS活用、ゲリラ集客、限られた予算狙い定め投入 ノマド
SNSが普及し、SNS上で利用者をつなぐ要素が細分化された結果、小さな個店が小さな集団に働きかけ、販促費やシステム構築費をかけずに顧客とのコミュニケーションの土俵を作れるようになってきた。自身の持つ強みを見極め、磨き、顧客へ差し出す。オンラインでもオフラインでも、同様の取り組みが求められる。
[日経MJ/進化するMIT 11/11/30]
◇ノマドワーカー対応「ジェリージェリーカフェ」 HP
http://jellyjellycafe.com/
◇ウェブサイト企画・デザイン「ピチカートデザイン」  HP
http://pizzdesign.com/
◇芸人と一緒にお好み焼きが食べられる店「道とん堀」
http://web.1week.cc/entertainment/tv/2011/06/17/17401/
◇地域情報サイト「ロココム」
http://www.lococom.jp/
◇イタリア料理店「ジョルジョ」/ロココム
http://www.lococom.jp/mt/a110513001/
◇ソーシャルゲーム「しろつく」
http://www.cave.co.jp/social/shirotsuku/
◇いちよし経済研究所 HP
http://www.ichiyoshi-research.co.jp/
◇「Nike」位置情報活用ゲリラマーケティング(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=mnPh_kvNdHM 

◆世界観を体現、愛読者つかむ 雑誌と連動の店続々登場
雑誌と店とのいい関係――。都内で、雑誌名を店名にしたカフェや、誌面で提案するスタイルを店づくりに反映させたファッション店が相次いで誕生した。すでにファンがいる雑誌の人気や知名度を集客に生かせる利点があり、雑誌にとっても発信する世界観をリアルな形で表現できる。
[日経MJ 11/11/30]
◇タイラー・ブリュレ氏が見る東京
http://www.fashionsnap.com/news/2010-05-22/monocle-tyler-interview/
◇世界初、MONOCLE誌のカフェ/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/386655/
◇モノクルカフェでタイラーが選んだ深澤直人/FIGARO.jp
http://column.madamefigaro.jp/culture/design/post-885.html
◇モノクル カフェ @有楽町阪急MEN'S TOKYO
http://ameblo.jp/newaudiostandard38/entry-11070833104.html
◇「THE MONOCLE SHOP TOKYO」 HP
http://shop.monocle.com/stores/tokyo
◇ライフスタイル誌「ウォールペーパー」 HP
http://www.wallpaper.com/
◇関西人記者が歩く阪急 MEN'S TOKYO/産経
http://www.sankeibiz.jp/business/news/111030/bsd1110301201003-n1.htm

◆ゲームとマーケティングの融合 緩やかな距離感が理想
(1)ゲームとマーケティングの融合は来年最も熱い分野に。
(2)無印良品の「MUJILIFE」は、2週間で40カ国・地域のユーザーが登録。
(3)企業のゲーミフィケーションの理想型は緩やかなコミットメント。
[日経MJ/村山らむねのECの波頭 11/11/30]
◇無印良品の商品を使って棚を作れる「MUJI LIFEF」
http://life.muji.net/
◇「MUJI LIFE」の楽しみ方
http://www.nnmal.com/2011/11/muji-life/

◆無印良品、「有楽町店」の展示場刷新、顧客との交流の場に
9月に改装開店した無印良品有楽町。アトリエムジは3階から2階に移転し、面積も倍増した。商品を売るだけでなく、「情報発信基地にしたい」(金井政明社長)という思いを具現化するためだ。
いよいよ12月から外部人材が考案した企画を展示していくという新しい取り組みが始まる。
[日経MJ 11/11/30]
◇無印良品有楽町店「アトリエムジ」 HP
http://www.mujiyurakucho.com/atelier/
◇くらしの良品研究所 HP
http://www.muji.net/lab/
◇くらしの良品研究所(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/muji.jp
◇無印良品の「冬至祭」/OKGuide
http://okguide.okwave.jp/guides/64485

◆資金集め、ネット流 企画を発信、運営サイトが仲介 
インターネット上でやりたいことを発表し、賛同してくれた人から少しずつ資金を集められる「クラウドファンディング」というサービスが広がってきた。東日本大震災を契機に、ネット時代の資金集めの新手法として人気を呼んでいる。
[朝日新聞 11/12/03]
◇クラウドファンディング「READY FOR?」
https://readyfor.jp/
◇クラウド・ファンディング勉強会 (Blog) 
http://artsmarketing.jp/archives/2071
◇レザー職人のクラウドファンディングプロジェクト(Blog)
http://www.ikedahayato.com/?p=5348
◇着実に社会に変化をもたらすクラウドファンディング (Blog)
http://kenichinishimura.blogspot.com/2011/12/blog-post.html
◇震災復興支援プラットホーム「ORIZURU」
http://orizuru.hiking.to/
◇わたなべりんたろう監督 映画「311日常」
http://311everydayliving.com/
◇学生NPO「TEDIC」 HP
http://www.tedic.jp/
◇学生NPO「TEDIC」(Twitter)
http://twitter.com/npo_tedic

◆この人あの組織 茨城県稲敷市の農業法人「アグリクリエイト」
アグリクリエイトは環境保全型農業の循環システムを実践する農業法人。企業などから排出された生ごみを原材料に有機肥料を作り、それを生産者が利用、その有機肥料を使った野菜やコメを消費者に販売する。消費者と生産者の双方が参加する「フードサイクル」の先駆けだ。
[日経MJ/食材最前鮮 11/12/05] 
◇環境保全型農業の循環システム実践「アグリクリエイト」 HP
http://www.orga-net.co.jp/frame-top.htm
◇アグリエイト主宰「就農熟」 HP
http://shunoujuku.jp/
◇「銀座ミツバチプロジェクト」 HP
http://www.gin-pachi.jp/

◆店舗への集客に活用、ヤフー、地域サイトで農家支援
食の安全・安心に対する消費者の関心が高まっていることから、位置情報を活用して消費者に近くの優良農家や実店舗を紹介して、農家の販売拡大や店舗への集客に役立てる狙い。
[日経MJ 11/12/05]
◇Yahoo!ロコ「やさいい」 HP
http://feature.loco.yahoo.co.jp/keep/yasaii/
◇Yahoo!ロコ(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/mirainoen/posts/212146758863770

◆クックパッドと連携、東急ストア、顧客情報共有
東急ストアのカード会員のIDとクックパッドの会員IDをひも付け、例えば東急ストアで商品を購入したクックパッド会員に対してレシピを紹介するサービスなどを検討する。顧客情報を“共有”することで集客に結びつける。
[日経MJ 11/12/05]
◇クックパッド、アイディーズ、全国スーパー7 チェーンが連携
http://www.id-s.net/news/20111202.pdf

◆ミクシィとツイッターの連携 双方の特性、広告に恩恵
一見、同じようなソーシャルメディアに見えても、内実は大きく異なる。ミクシィは濃い仲間内でのコミュニケーションが展開される。一方で、外への拡散力が弱い。ツイッターはその拡散力を得意としている。2つのサービスの特性をうまく生かした広告商品が生まれてくれば、互いが受ける恩恵は大きい。両社のタッグによる効果は来年早々にも花開く可能性がある。
[日経MJ/日経デジタルマーケティング杉山俊幸編集長のIT新事情 11/12/05]
◇mixi「mixi Xmas 2011」開始/プレスリリース
http://mixi.co.jp/press/2011/1130/9858/
◇mixiとTwitter提携発表/gihyo,jp
http://gihyo.jp/news/nr/2011/11/3001
◇「mixi xmas 2011」について(Blog)
http://blog.goo.ne.jp/boso_obayu/e/6632e969c23f02ae95f4ee7bb837edf0

◆農林漁業成長へ産業連携、ネットワーク発足、経団連・JA全農参加
農家が加工・販売までを手掛ける「6次産業化」の推進のために農林水産省が9月に新設した食料産業局を事務局とし、430を超す組織・個人が参加。会員への聞き取り調査などを通じ、来年1月の幹事会で活動方針を決定する。
[日経MJ 11/12/05]
◇産業連携ネットワーク/農水省
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/sanren.html
◇6次産業化を加速化する産業連携ネットワークの創設/JAcom
http://www.jacom.or.jp/news/2011/12/news111214-15638.php

◆大地を守る会、東京・丸の内「農園」カフェ 有機野菜メニュー提供
自社で扱う野菜などをメニューで提供し、若い女性を中心に利用を促す。すでに総菜店や野菜の直販店を手掛けているが、自社のブランドを認知してもらう拠点を追加して、主力の宅配事業の利用増にもつなげる狙い。
[日経MJ 11/12/07]
◇大地を守る会「Daichi & keats」 HP
http://www.daichi-keats.jp/
◇大地を守る会「Daichi & keats」(Facebook)
http://ja-jp.facebook.com/Daichikeats
◇丸の内永楽ビルディング HP
http://www.marunouchi.com/iiyo/

◆サイト通じ「お願い」実現、ザワット、無料で解決役紹介
インターネット個人広告サイトを運営するザワットは7日、個人が無料で頼み事などを投稿し、解決役を探せる仲介サービスを始める。
[日経MJ 11/12/07]
◇「Zawatt」 HP
http://zawatt.com/
◇「お願い」実現「ウィッシュスコープ」 HP
http://www.wishscope.com/

◆地熱発電、熱く動く 国も本腰、参入意気込む業者
地熱発電への期待がふくらんでいる。政府は予算増額と規制緩和を進める方針を打ち出し、業界団体も東北地方で既存の地熱発電の1.4倍が開発可能との推定を発表した。世界有数の豊富な資源量や、天気に左右されず24時間発電できる安定性が再評価されている。
[朝日新聞/創エネ 省エネ 11/12/07]
◇東大名誉教授 原発の代替発電手段・本命は「地熱発電」
http://www.news-postseven.com/archives/20110330_16122.html
◇地熱発電の問題点
http://niweb.kankyo.tohoku.ac.jp/pdf/gravure.pdf
◇九州電力、大分支社地熱発電のしくみ
http://o.kyuden.co.jp/siten_tinetu
◇日本の地熱発電とは/環境エネルギー庁
http://www.iae.or.jp/energyinfo/energydata/data4026.html
◇地熱発電市場、11~20年に8490億円規模/矢野経済研究所
http://response.jp/article/2011/12/21/167461.html
◇地熱発電、日本企業が世界シェアの7割/産経
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110514/trd11051421330033-n1.htm
◇脚光浴びる地熱発電/産経
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110817/biz11081707530001-n1.htm

◆オフィス設計のノウハウ活用、コクヨ、ホテル事業が好発進 
コクヨグループがホテル事業に乗り出して1年余り。京都市内の2施設は好調な滑り出しで、客室稼働率は8割前後で推移する。もともと学生寮や予備校だった建物を、オフィスの設計で培ったノウハウを生かして個性的な施設に再生した。こうした空間構築サービスをホテル以外にも広げ、3年後に年商30億円規模の事業に育てる。
[日経MJ 11/12/09] 
◇コクヨファニチャー HP
http://www.kokuyo-furniture.co.jp/
◇ホテル「アンテルーム京都」 HP
http://hotel-anteroom.com/
◇ホテル「アンテルーム京都」 について(Blog)
http://ameblo.jp/takashima-kyoto/entry-10906647565.html
◇ホテル「アンテルーム京都」に潜入
http://b.hatena.ne.jp/articles/201107/4846

◆余暇ライフ満喫、団塊いざなう
来年、大量退職 写真、ネット活用、リアルと連動
仕事を退いて、余暇活動に意欲や体力を振り向ける男性も多いはず。サービス市場に呼び込む有効な手立てはあるのか。中高年から支持を集める事例を分析すると、緊密な関係の構築や論理的思考の尊重といった、団塊世代へのアプローチに役立つ条件がみえてくる。
[日経MJ 11/12/14] 
◇デジカメ作品交換サイト「みんなのデジブック広場」
http://www.digibook.net/
◇ベターホーム協会 男性限定クラス HP
http://betterhome.jp/school/course/dansei/about.html
◇「男の料理教室」真っ盛り!/From Japan Now
http://longevity.ilcjapan.org/J/f_issues/0605.html
◇クラブツーリズム「日本の歴史を訪ねる旅」 HP
http://www.club-t.com/theme/rekishi/
◇クラブツーリズム テーマ旅行を探す
http://www.club-t.com/theme/index.htm?li=hN
◇シニア向けビジネス支援「ZEN」 HP
http://www.zen-inc.co.jp/
◇博報堂 エルダーナレッジ開発「大人文化研究所」 HP
http://www.h-hope.net/
◇シニアマーケットの期待と幻想/東京流通研究所
http://e-gra.co.jp/pdf/trk_tif01_20111015.pdf
◇団塊世代のためのWeb情報誌「アリア」 HP
http://www.arias.co.jp/index.html

◆業種問わず、ノマド集合、「コワーキング」 仕事場を共有
設立間もないベンチャー起業家や個人で活動するデザイナーらが机を並べて働く「コワーキングスペース」が増えている。業種を問わず交流することでノウハウやアイデアを共有し、時には一緒にビジネスに取り組む。互いの知識や技術、経験を提供しあう関係が新しいビジネスを創出しつつある。
[日経MJ 11/12/11] 
◇コワーキング・スペース「パックス・コワーキング」 HP
http://pax.coworking.jp/
◇コワーキングスペース紹介記事/シェアする暮らしのポータルサイト
http://share-living.jp/town/post175/
◇コワーキング・スペース「44田寮」 HP
http://www.lessmore-yoshidaryo.com/
◇コワーキング・スペース「ニューズベース」 HP
http://newsbase.in/pc/
◇「コワーキングスペース恵比寿」(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/coworkingebisu
◇世界で拡がる「コワーキング・スペース」/現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/print/1614
◇「コワーキング・スペース」ポータルサイト
http://coworking-space.jp/
◇コワーキング・スペース「Lightningspot Shibuya」/lifehacker
http://www.lifehacker.jp/2011/11/111101lightningspot.html
◇コワーキング・スペース長所と短所/lifehacker
http://www.lifehacker.jp/2011/12/111202co-workingnomad.html

◆「フライターグ」アジア初の直営店 新たな価値と歴史の交差点報
兄マーカスと弟ダニエルのフライターグ兄弟が手がけるスイス・チューリヒ生まれのバッグブランド「フライターグ」が、直営店「フライターグストア・トウキョウ」を東京・銀座に10月オープンした。リサイクル素材に新しい価値を付加するモノ作りの考え方が店舗空間に取り入れられており、日本はもとより、アジア圏のファンの関心を集めている。
[日経MJ 11/12/14] 
◇バッグブランド「フライターグ」 HP
http://www.freitag.ch/
◇「フライターグ」アジア初の旗艦店が銀座に/誠
http://bizmakoto.jp/style/articles/1110/13/news054_2.html
◇「フライターグストア・トウキョウ」 について(Blog)
http://blog.excite.co.jp/dezagen/16402191/
◇「フライターグ」がトーキョーに/TYOmagazine
http://tyo-m.jp/archives/10465

◆2011年ヒット商品番付 蒙御免、結びついて力に
3月に襲った大震災は消費者が生活を見つめ直す契機となった。一時は自粛ムードによる閉塞感も漂ったが、人々が家族や知人、地域、そして世界との結びつきを強く意識したことは消費に新たな潮流を生み出した。2011年MJヒット商品番付の横綱は「アップル」と「節電商品」。情報端末の活用や節電への協力を通じ、他者と結びつこうとする力が市場を創った。
[日経MJ 11/12/07]
◇売れる節電商品/産経
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110504/biz11050422290013-n1.htm
◇2011年に話題の商品/アドタイ
http://www.advertimes.com/20111208/article43898/
◇家電製品の上手な節電方法/パナソニック
http://panasonic.co.jp/cs/info/setsuden.html
◇アップル HP
http://www.apple.com/jp/
◇アフリカで激安アンドロイド端末が急速に普及中/アドタイ
http://www.advertimes.com/20110902/article28129/
◇アンドロイド端末アプリ利用実態情報を世界初公開/milog
http://milog.co.jp/news/2011/08/post-5.html
◇有楽町ルミネと阪急メンズトーキョー(Blog)
http://kamikazeichiban-1.at.webry.info/201110/article_9.html
◇“脱・百貨”ルミネ&阪急メンズ館/産経
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111008/biz11100818010007-n1.htm
◇Facebookの使い方徹底ガイド
http://nanapi.jp/web/facebook
◇日本語Facebookページランキング
http://fbrank.main.jp/
◇「JR博多シティ」徹底分析/NIKKEI TRENDY NET
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110309/1034878/?rt=nocnt
◇九州新幹線「つばめ」 HP
http://www.jrkyushu.co.jp/shinkansen/
◇ダイハツ「ミライース」
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira-mira_custom/
◇マツダ「デミオ スカイアクティブ」 HP
http://www.demio.mazda.co.jp/?banner_id=b1674

| | トラックバック (0)

2011/12/21

情報クリップ・ダイジェスト 2011/11

◆震災後、自信強め役割も担う 自己責任の意識高まる
(1)震災以降、生活者が目指すのは「自分で自分を運営する」という生き方
(2)生活者の課題は社会における自分の役割を自分でつくり果たすこと
(3)生活者と社会課題をつなぎ支援することが企業のビジネスチャンス
◇生活総研 ONLINE HP
http://seikatsusoken.jp/
◇時系列調査に見る価値観変化と暮らしの進路(原典)
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20110822.pdf
◇震災後、価値観はどう変わった?/誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1110/27/news042.html
◇2011 年 企業?の意識変化/リスキーブランド
http://www.riskybrand.com/mindvoice/topics/news_mindvoice_2011_nov.pdf

◆吉野の森が父子をつなぐ、間伐材利用した玩具ブランド
エコとビジネスを両立
パパと子どものためのオモチャが誕生。9月に発売された「PaPACo YOSHINO(パパコヨシノ)」はそんなふれこみの木製玩具ブランド。電通が、奈良・吉野の森の再生に携わるNPO法人と共同で開発した異色の取り組みだ。杉やひのきの端材や間伐材を使って、父子関係と森双方の“活性化”を目指している。
[日経MJ 11/11/02]
◇木製玩具ブランド「PaPACo YOSHINO」 HP
http://papaco-yoshino.jp/
◇電通クリエーティブ・ユニット「汐留イノベーションスタジオ」 HP
http://www.sis-web.jp/
◇エコビジネス提案「ハートツリー」 HP
http://heart-tree.com/
◇JAPAN EXPO HP
http://www.japan-expo.com/en/
◇JAPAN EXPO 2011 レポート
http://matome.naver.jp/odai/2130931449485251301

◆日本の日用品売り込め、伊藤忠系ifs、仏で展示販売会
日常生活で使われている日本の商品の良さを広くアピールする事業を始める。キッチン用品や文具などを中心に技術力やデザイン性に優れた商品をそろえ、2012年初頭をめどにフランスで一般消費者向けの展示販売会や現地の企業との商談会を開く。事業の名称は「365日(san roku go)」。
[日経MJ 11/11/07]
◇伊藤忠ファッションシステム HP
http://www.ifs.co.jp/
◇「365日(san roku go)」プロジェクト/ニュースリリース
http://www.ifs.co.jp/news/news_20110922.html

◆奈良県吉野町 銘木テーマに産業観光
吉野町で、若い経営者らが吉野材をテーマにした産業観光の立ち上げを模索している。建材の需要が減る中、生活関連用品など新たな用途開発に取り組む動きも出てきた。消費者の理解を深め、ゆくゆくは低迷する木材需要のテコ入れにもつなげたいとの思いもある。
[日経MJ/湧き出す地域パワー 11/11/07]
◇吉野ウッドプロダクト HP
http://yoshinostyle.com/
◇奈良の地酒蔵「美吉野醸造」 HP
http://www.hanatomoe.com/
◇吉野の山を守る・山守「中神木材」 HP
http://purewoods.com/
◇あかり工房吉野 HP
http://www.akari-yoshino.com/
◇吉野の集成材製造メーカー「丸商店」 HP
http://www.marushouten.co.jp/
◇吉野木材若手軍団Blog
http://yoshinozai.exblog.jp/

◆森は未来のエネルギー 静岡で活用策探るシンポ
資源としての森林活用を考える「国民参加の森林づくり」シンポジウムが10月29日、静岡県袋井市で開かれた。林業家や研究者らが「3・11」後の社会の姿を視野に、森林や林業の再生について話し合った。
戦後に造成された1千万ヘクタールの人工林の約60%が、2020年ごろまでに植林後50年以上を迎え、本格的な木材利用が可能になる。
[朝日新聞 11/11/02] 
◇国土緑化推進機構「国民参加の森林づくり」 HP
http://www.green.or.jp/about/moridukuri/
◇森ナビ「森づくり活動リポート」 HP
http://www.morinavi.com/report/
◇木のまち・木のいえ推進フォーラム HP
http://www.kinomachikinoie.jp/
◇森林と環境の情報交換サイト「森林文化協会」 HP
http://www.shinrinbunka.com/
◇三菱UFJリサーチ&コンサルティング HP
http://www.murc.jp/index.php
◇日本林業経営者協会 HP
http://www.rinkeikyo.jp/
◇次世代林業プロジェクト/徳島県
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2011030700097/files/zisedairingyouhonbun.pdf

◆シャディ、MoMA と国内販売契約、デザイン雑貨、店舗運営も
個人用ギフトに活用
カタログギフトのシャディは、ニューヨーク近代美術館(MoMA )と、デザイン商品の販売で独占ライセンス契約を結んだ。デザイン性や機能性に優れた文具や雑貨、家具などをインターネット通販や卸事業などで販売していくほか、公式店舗の運営も手掛ける。
[日経MJ 11/10/17]
◇カタログギフトの「シャディ」 HP
http://shaddy.jp/
◇「MoMA STORE」オンラインショップ
http://www.momastore.jp/
◇「MoMA Design Store」Twitter
http://twitter.com/#!/momadesignstore

◆複合カフェ「自遊空間」、来店客限定のSNS ランシステム
「自遊空間」の顧客向けにインターネット上に交流サイト(SNS)を立ち上げる。好きな漫画など趣味の話題やメッセージの送受信などを通じ、来店者同士の交流を促す。1人で滞在することが多い来店者同士のつながりを深め、来店頻度や滞在時間の向上を狙う。
[日経MJ 11/10/17]
◇インターネットカフェ・漫画喫茶「自遊空間」 HP
http://jiqoo.jp/index.php
◇ソーシャルクリッピングサービス「ShareClip」/ランシステム
http://www.runsystem.co.jp/ir/img/111017shareclip.pdf

◆イケア・ジャパン社長ミカエル・パルムクイストさんに聞く
快適な空間を創造する 生活習慣探りニーズ知る
スウェーデンに本社のある家具チェーン、イケア。機能的な家具や雑貨で暮らしやすい快適な生活の場を提供するのが得意なイケアが日本進出して5年がたつ。日本の生活にどのように溶け込み、支持を広げようとしているのか。
3畳の"部屋"を 広く、楽しく/人生のステージ  いろいろと提案/業績データから  失敗に学び2桁成長
[日経MJ/トップの戦略 11/10/17]
◇IKEA JAPAN HP
http://www.ikea.com/jp/ja
◇IKEAが提案する“3畳”のカタチ /誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1108/04/news006.html
◇IKEAの「3畳エキジビジョン」に学ぶ/life hacker
http://www.lifehacker.jp/2011/07/110729ikea3jyou.html
◇IKEA船橋店レポート
http://www.ikeafan.net/010doko/01020546.html
◇リビングにIKEAで作る2畳の快適仕事環境
http://blog.masuidrive.jp/index.php/2011/08/01/workspace-in-the-living-room/
◇「IKEA 仙台ミニショップ」オープン/ニュースリリース
http://news.ikea.jp/news/news110926

◆記念商品・書籍続々 若い世代も魅了
1960~70年代にアイビールックの一大ブームを巻き起こし、戦後の日本の男性の装いに多大な影響を与えたブランド「VAN」。10月20日は創業者である故石津謙介氏の生誕100年に当たる。記念の商品、故人をしのぶイベントや出版物が相次いで登場。往年のファンである50~60代に加え、ブームを実際に体験したことがない30~40代からも注目を集めている。
[日経MJ/ブームの裏側 11/10/19]
◇石津事務所 HP
http://www.ishizuoffice.com/
◇石津謙介氏の生誕100年記念「石津謙介大百科」
http://www.ishizu.jp/
◇石津謙介氏の生誕100年フェア/東武百貨店池袋店
http://www.tobu-dept.co.jp/data/open/cnt/3/157/1/110930.pdf
◇VAN創業者「石津謙介」生誕100年展/シブヤ経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/8066/
◇若者に人気のブランド「ビューティフルピープル」 HP
http://www.beautiful-people.jp/
◇写真集「TAKE IVY」
http://www.acontinuouslean.com/2008/05/19/take-ivy/
◇石津謙介生誕百年「MFUと石津謙介」
http://www.mfu.or.jp/ishizu/

◆東急百たまプラーザ店、「見てるだけ」タグ、買い物客のペースに配慮
消費者の多様なニーズに合わせた実験的な取り組みを実施している。買い物時に店員に声を掛けられたくない客向けに目印となるタグを導入したほか、試着室では洋服の色味を確認できるよう照明の色調を調整できるようにした。
[日経MJ/売る技術光る戦略 11/10/19]
◇東急たまプラーザ店 HP
http://www.tokyu-dept.co.jp/tama-plaza/

◆eショップ・通信販売調査 
ネット通販売上高、スマホ利用者、客単価高く 11%増、伸び率拡大
今回の調査で楽天やヤフー、アマゾンなど大手通販モールへの出店状況を聞いたところ、59.5%が「出店している」と回答した。大手通販モールがフェイスブックの活用を促すことで、今後も通販各社がフェイスブック上にページを開設する動きが加速しそうだ。
[日経MJ 11/10/19]
◇ネットショップリサーチ「eショップ」 HP
http://www.e-shops.jp/
◇通販会社「イマージュホールディングス」 HP
http://www.image-hd.co.jp/
◇化粧品「ライスフォース」(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/riceforce
◇ビックカメラ(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/biccamera.page
◇役に立つソーシャルメディア情報通信サイト(Facebookページ)
http://www.facebook.com/SocialMedia360.jp
◇Facebookビジネス活用最前線/オルタナティブ・ブログ
http://blogs.itmedia.co.jp/naoto/2011/01/facebook-1640.html
◇リクルート、ビジネス向けSNS「Biz-IQ」/NAVER
http://matome.naver.jp/odai/2131728048730364601

◆素朴で美形な使える“家族”、広松木工、天然木生かした家具
「ずっと一緒に」思い込め
シンプルで素朴、天然木をいかした家具の数々。どれもデザイン性のある作品ばかりだが実に使い勝手が良く、ファンが全国に増えている。直営店を2店舗しか持たないこの家具店は、家具を愛し、家具をよく知った、熱い心を持つ社員たちの力が作品の原動力となっている。
[日経MJ 11/10/19]
◇大川市「広松木工」 HP
http://www.hiromatsu.org/
◇「広松木東京工個展」について(Blog)
http://kudo.petit.cc/banana/20110923174535.html
◇「広松木工」について(Blog)
http://taromag.misaquo.org/archives/589

◆消費者のホンネ、SNSで深掘り 企業「生の声」拾う手段に
濃密交流、ヒントの山
SNSを使った消費者調査が浸透しつつある。期間限定で特定の人しか参加できないSNSで、消費者が自由に語り合う。そこからは、従来の調査手法にみられる「構えた発言」ではなく本音を拾い出せるのでは、という期待がある。「SNS調査」からはすでに店頭販促の効果も出始めた。商品開発や広告宣伝のヒントをどう得るのか。
[日経MJ/進化するMIT 11/10/21] 
◇ネスレSNS「THE県人こみゅ」 HP
http://k.nestle.jp/
◇カゴメSNS「わくわくネットワーク」 HP
http://www.c-player.com/kagome
◇ウイルスバスターSNS「セキュコム」 HP
http://www.c-player.com/ae06358/thread/1100106647614
◇企業に広がる「SNS疲れ」/日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110915/222656/?rt=nocnt
◇Facebookユーザーの実態とマーケティングにおける実力とは?/日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmg/20100401/213782/?P=1
◇電通と日本郵便、SNSを活用した郵送サービス開始/アドタイ
http://www.advertimes.com/20111028/article37211/

◆オールアバウト、ルーク19の「サンプル百貨店」 と提携
オールアバウトはサンプル百貨店の約50万人の会員組織を活用し、メーカーなどに試供品の感想を生かした商品開発や広告を提案するほか、オールアバウトのサイト上でも商品情報などを発信して販促につなげる。マーケティング支援事業として体制を整え、メーカーなどに利用を呼びかけていく。
[日経MJ 11/10/21]
◇サンプル百貨店運営「ルーク19」 HP
http://www.luke19.jp/
◇新商品からモニター募集まで「サンプル百貨店」 HP
http://www.3ple.jp/
◇All About×サンプル百貨店サンプリングタイアップ
http://adinfo.allabout.co.jp/download/editorial/sanpleh.pdf

◆進化するCSR 貢献と本業の融合進む
「競争の戦略」で有名な経営学者、マイケル・ポーター氏の論文が注目されている。「CSRで社会は変わらない。これからはCSVだ」という主張だ。ではCSV、共有価値の創造とは何か。「財務業績の短期的な最大化ではなく、長期的な成功を目指す」「顧客の幸福、天然資源の枯渇、主要サプライヤーの存続、生産や販売を担う地域の経済的衰退などの問題を見過ごさない」と冒頭にあり、「活動を賃金の安い場所に移し、これこそ持続可能な解決策であるなどと考えられるはずがない」と言い切る。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 11/10/24]
◇マイケル・ポーター氏の5Forces とは
http://www.sandt.co.jp/5forces.htm
◇CSV (Creating Shared Value)資料/㈱クレアン
http://www.cre-en.jp/library/opinion/pdf/110220.pdf
◇CSRからCSVへ/ルディー和子氏
http://www.biz-hacks.com/column/rudy05_24.html
◇CSRからCSVへ/日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110613/220750/
◇曽根原久司氏主催「えがおつなげて」 HP
http://www.npo-egao.net/

◆さりげなさに「エコ」秘める、不用品、工夫ひとつで変身
ジャンル越え価値生む
何気なく捨ててしまう不用品でも、デザインひとつで楽しいグッズに生まれ変わる。長谷川哲士さんと角田真祐子さん夫婦によるデザインユニット「minna(ミンナ)」はそんな驚きとわくわく感を提供する。大上段にエコを振りかざすわけではなく、使い手にさらっと話しかけるようなデザインが注目を集めている。
[日経MJ 11/10/26]
◇デザインユニット「minna(ミンナ)」 HP
http://minna-design.com/
◇minnaデザイン「「COMPOW(コンポウ)」について(Blog)
http://katamarimari.blogspot.com/2011/03/rooms-shop-2.html
◇「デザインタイドトーキョー」 HP
https://designtide.jp/pc/
◇自由が丘の雑貨店「katakana(カタカナ)」 HP
http://katakana-net.com/
◇「NEWSED(ニューズド)」 HP
http://newsed.jp/

◆雑誌の商品、ネット販売、ヤフーなど専用サイト 
ヤフーは雑誌サイトの記事に掲載した商品を、インターネット上で販売する事業を始めた。博報堂DYメディアパートナーズと組んで、このほど専用サイトを開設した。
[日経MJ 11/10/26]
◇雑誌に掲載された商品が買える「X BRAND STORE」 HP
http://xb-store.jp/
◇「X BRAND STORE」本格始動/ニュースリリース
http://blogs.yahoo.co.jp/yj_pr_blog/21400933.html
◇Yahoo!JAPAN×博報堂DYメディアパートナーズ/アドタイ
http://www.advertimes.com/20111021/article35788/

◆EV「暮らし」に新市場
電気自動車(EV)の登場が新しい市場を生み出しそうだ。搭載した蓄電池が家庭の電源の役割を果たすだけでなく、住宅に入り込んで間取りの一部を構成したり遊びの拠点になったりする。暮らしや住まいを変える可能性を秘めている。カーシェアリング普及の原動力として期待されるなど、シェア社会の先導役という顔も持つ。
[日経MJ 11/11/02]
◇工藤建設「電気自動車(EV)付き住宅」 HP
http://www.kudo.co.jp/selfeev/
◇積水ハウス・実証実験住宅「観環居」 HP
http://www.sekisuihouse.co.jp/snpj-kankankyo/
◇積水ハウス総合住宅研究所「納得工房」 HP
http://www.sekisuihouse.com/nattoku/koubou/
◇日産リーフ、バッテリーから電力供給システム(動画)
http://vodpod.com/watch/14420857-untitled
◇マルチ交通シェアリングサービス社会実験を実施
http://response.jp/article/2011/05/24/156836.html
◇新築マンションにEVカーシェアリング実施/三井不動産
http://www.mfr.co.jp/news/2011/pdf/0722_01.pdf
◇2020年の電気自動車のある暮らしを展望する
http://venturewatch.jp/20090731.html
◇古き良き時代の名車をコンバートEVに
http://ev-autoworks.com/

◆好みに応じ商品紹介、ネットプライスの通販
スマホ向けアプリ、質問・購買で分析
ネットプライスドットコムはインターネット通販で、消費者の好みに応じた商品を紹介し、ゲーム感覚で買い物してもらうサービスを今月下旬から始める。スマートフォン向けにアプリを提供、同じ価値観を持つ消費者同士が交流サイト(SNS)で情報交換などをすることもできる。
[日経MJ 11/11/04]
◇ネットプライスドットコム HP
http://www.netprice.com/
◇iPhone用アプリ「ネップコーン」/ニュースリリース
http://www.netprice.com/press/news/pdf/20111104_nepcorn.pdf

◆幅広い世代を集客、「キッザニア」、農業体験の新施設
子供が就業体験できるテーマパーク「キッザニア」を運営するKCJ GROUP(11月1日付でキッズシティージャパンから社名変更)は来年4月、農業体験をテーマとした新施設の展開を始める。貸農園や取れたての野菜が味わえるレストランなどを設け、就農体験プログラムを通じ、幅広い年齢層が楽しみつつ農業に触れる機会を提供する。
[日経MJ 11/11/07]
◇キッザニアグランドサイト
http://www.kidzania.jp/
◇オークビレッジ柏の葉 HP
http://www.oakvillagemgt.jp/index.html
◇キッザニア森永製菓 農業体験 活動報告
http://www.kidzania.jp/grand/outof/case09_01.html

◆近畿の自治体・商業団体、まち歩き、地域に活気
周遊コース開設、飲食店巡り
従来型の観光地にはあてはまらない都市部の地域資源を掘り起こし、集客を図る「都市観光」に力を入れる近畿の自治体や商業団体が増えている。まち歩きや店巡りの魅力を発信して観光客を呼び込むとともに、住民に地元の魅力を再発見するきっかけをもたらす効果が期待されている。
[日経MJ 11/11/07]
◇「西宮まちたび博 プレ・みや」 HP
http://machitabi.jp/
◇伊丹 「まちなかバル」 HP
http://itami-tc.com/tyousa/ikkatujosei/bar.html
◇尼崎で観光「あまかん」 HP
http://ama-kan.jp/
◇TVアニメ「忍たま乱太郎」 HP
http://www.nintama-dvd.com/
◇大阪コミュニティ・ツーリズム推進連絡協議会「大阪あそぼ」 HP
http://www.osaka-asobo.jp/

◆エコ商品実力ランキング
「エコナビ」消費者に浸透
日経エコロジーは大規模なアンケートを実施し、2011年12月号の「エコ商品実力ランキング」と題した特集に結果を掲載した。
エアコン/パナソニック  冷蔵庫/パナソニック  洗濯機/パナソニック
エコカー/三菱自動車「アイ・ミーブ」  LED電球/東芝
[日経MJ/日経エコロジー中村建助編集長の環境マーケティング 11/11/11]
◇日経BP「ECO JAPAN」 HP
http://eco.nikkeibp.co.jp/
◇エコ商品実力ランキング エアコン/ECO JAPAN
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20111111/109840/
◇エコ商品実力ランキング エコカー/ECO JAPAN◇
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20111114/109886/
◇エコ商品実力ランキング 太陽電池/ECO JAPAN
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20111114/109887/

◆「男の娘」になりたくて 服・メークは女の子…でも中身は男
街を歩くと本物の女性と見まがうほどの、女装した男子が目につくようになった。服装やメークは女の子。でも、中身は男の子を指すのに、「男の娘(こ)」という言葉が使われることが多い。
「街を女装して歩いている人のかなりの部分が「男の娘」。女装と性の問題は別の問題。
[朝日新聞 11/11/12] 
◇女装専門メイククラブ「NTメークレクチャークラブ」 HP
http://newtype.ms/activities/makeup/
◇アキバ系女装男子“男の娘”向けメイク講座が開講
http://otalab.net/news/detail.php?news_id=1862
◇「NTメークレクチャークラブ」について(Blog)
http://tyazuke-un.jugem.jp/?eid=1059
◇“男の娘”のための女装メイク講座に潜入!/東京ウォーカー
http://news.walkerplus.com/2011/0823/22/

◆バイヤーには頼らない、アパレル・デザイナー新潮流
SNS(交流サイト)の普及で消費者との関係構築が新しい局面に入った。複数のデザイナーブランドが組んで直接販売に乗り出したり、一般消費者向けのインターネット展示会を開いたり。アパレルと小売店の関係が変わろうとしている。
・情報戦、ネットが一石
・SG、「いいね」の数、生産量に反映。
・ラコステ、生の声拾い企画修正
・佐藤繊維、販売現場を常に意識
[日経MJ 11/11/13]
◇期間限定セレクトショップ「ノアストア」 HP
http://www.noahstore.org/
◇期間限定セレクトショップ「ノアストア」Twitter
https://twitter.com/#!/NOAHstore_Japan
◇セレクトショップ「GANGLION」 HP
http://www.design-ganglion.com/
◇期間限定セレクトショップ「ノアストア」について(Blig)
http://ryogokusakura.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/9-522f.html
◇「ディマンドワークス」 HP
http://dwks.cocolog-nifty.com/
◇「サティスファクションギャランティード」(Facebook ページ)
http://id-id.facebook.com/japan.satisfactionguaranteed
◇サティスファクションギャランティード「sg gallery」オープン
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000003156.html
◇Facebookページファン数日本一「サティスファクションギャランティード」
http://www.tokyoitshinbun.jp/news/entry/2909
◇新生「ラコステ」女性にアピール/MODE PRESS
http://www.afpbb.com/fashion/7749447
◇ニットメーカー「佐藤繊維」 HP
http://www.satoseni.com/
◇佐藤繊維が渋谷に新社屋オープン/apparel web com
http://www.apalog.com/report/archive/188
◇◇佐藤繊維、東京OFFICE&SHOP OPEN/NEWS&COLUMN
http://www.type-seven.com/blog/?p=1644

◆太陽光発電+省エネ家電、ヤマダがパッケージ販売
新築の戸建てやリフォーム向けに、太陽光発電システムや省エネ家電などのスマートハウス関連製品を組み合わせたパッケージ商品を販売する。子会社化した中堅住宅メーカーのエス・バイ・エルと連携して手がけていく。新事業の名称は「スマートハウジング」。
[日経MJ 11/11/13]
◇ヤマダ電機「スマートハウジング」/スーモジャーナル
http://suumo.jp/journal/?p=9817
◇ヤマダ電機「スマートハウジング」(Blog)
http://www.ieiri-lab.jp/it/2011/11/post-45.html

◆電子書籍市場の行方 スマホ普及が利用後押し
端末の利便性向上や料金面の不満解消が普及のカギを握るとみられる。日本で有効と考えるのがキャリア(通信事業者)による課金を含めた事業モデルだ。
通常の携帯電話より画面が大きいスマホやタブレットの普及は、電子書籍の利用拡大にとっても追い風となる。
◇MM総研 HP
http://www.m2ri.jp/
◇スマホ出荷台数/MM総研
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120111027500
◇2010年度電子書籍市場/MarkeZine
http://markezine.jp/article/detail/14088
◇電子書籍、日中比較/NetMile
http://research.netmile.co.jp/voluntary/2011/pdf/201111_2.pdf
◇電位書籍リーダー比較
http://www.d-reader.org/
◇「dメニュー」開始、直営ストアの「dマーケット」も
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20111118_492043.html
◇電子書籍が紙に負ける5つのポイント
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20110606/1032215/

◆角川とニコ動 電子書籍で強力タッグ
今回の連携では、角川グループの電子書籍サービス「BOOK☆WALKER」で提供されているコンテンツの一部が、「ニコニコ静画(電子書籍)」で閲覧可能に。電子書籍にコメントを投稿したり、ほかの人のコメントを読んで楽しめる。本文の一部を指定して、コメントをつけることも可能。著者が見て返事をするようなコミュニケーションも生まれそうだ。
[産経新聞/サブカルちゃんねる 11/11/14]
◇電子書籍「ニコニコ静画」 HP
http://seiga.nicovideo.jp/
◇角川グループ電子書籍「BOOK☆WALKER」 HP
http://blog.bookwalker.jp/

| | トラックバック (0)

2011/11/10

情報クリップ・ダイジェスト 2011/10

◆ユニクロ×無印派、スタバ好き ブランドの好み、選択にも影響
(1)「ユニクロ×無印良品派」が好む飲食店は「スターバックス」「マクドナルド」
(2)海外高級ブランド好きは旅行先として海外を、国内高級ブランド好きは日本を選ぶ傾向
(3)海外の高級ブランドを好むグループが行きたい世界遺産のある国で最も多いのはペルー
[日経MJ/消費分析 11/09/21]
◇マーケティング調査会社「クロス・マーケティング」 HP
http://www.cross-m.co.jp/
◇好きなブランドからみた消費者の嗜好性に関する調査(原典)
http://www.cross-m.co.jp/report/report.html$/id/7091/

◆最先端の感性、工芸品に新風 富山・高岡発の鋳物ブランド
買い手の目線を最優先に
「KANAYA(カナヤ)」という日本発ブランドが産声を上げた。富山県高岡市で、仏具や茶道具といった美術工芸品の鋳造・加工に秀でた高岡銅器協同組合の有志が、国内外で活躍するデザイナーらと立ち上げたもの。地方の地場産業とデザイナーの取り組みはこれまでも多々あるが、従来とは異なる新機軸を打ち出して成功例を目指すという。
[日経MJ 11/09/21]
◇高岡銅器新ブランド「KANAYA」 HP
http://kanaya-t.jp/
◇高岡銅器×モダンデザイン「KANAYA」デビュー/FASHION PRESS
http://fashion-press.net/news/2214
◇高岡銅器 のふるさと金屋町の「ねっとこ金屋」 HP
http://www.senmaike.net/kanaya/
◇デザインスタジオ「SOMADESI」 HP
http://somadesign.jp/
◇プロダクトデザイナー・紺野弘通氏 HP
http://www.hiromichi-konno.com/

◆座禅・写経、手軽に体験 スマホ用アプリ、合コンとセット
通常はお寺で取り組む座禅や写経に新風が吹いている。興味はあるがお寺まで行くのはちょっと、という人に人気なのが、僧侶が開発した座禅アプリや、大学やオフィスビルで開かれる体験講座だ。写経や座禅と合コンを組み合わせた婚活も登場、若者らを引き付けている。忙しい生活の中、手軽に心を静める手段として、注目されそうだ。
[日経MJ/ブームの予感 11/09/26]
◇坐禅アプリ「雲堂(うんどう)」/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/101844
◇インターネット寺院「彼岸寺」 HP
http://www.higan.net/
◇インターネット寺院「彼岸寺」「雲堂」の特集記事
http://www.higan.net/feature/2011/02/undo.html
◇座禅アプリ「雲堂」/App DIME
http://www.appdime.jp/2011/04/01/p-10117
◇駒澤大学「禅僧茶房」 HP
http://www.shojin-project.com/
◇高野山カフェin丸の内ハウス HP
http://www.nankaikoya.jp/cafe/
◇碑文谷で寺社好き男女の合コン「寺社コン」/自由が丘経済新聞
http://jiyugaoka.keizai.biz/headline/797/

◆東北と茨城県の地場産業展示会、「技」を支えて復興への力に
波形の起伏が美しい鉄製のグリルパンやユニークなヒノキのまな板立て――。東日本大震災で被災した東北地方と茨城県の地場産業の展示会「エリア・エイド・デザイン・プロジェクト」(公益財団法人日本デザイン振興会主催)の出展作品だ。東北地方の伝統工芸を現代的な製品デザインに昇華させて紹介し、応援しようという取り組みだ。
[日経MJ 11/09/28]
◇「GOOD DESIGN EXPO 2011」 HP
http://www.g-mark.org/expo/
◇「エリア・エイド・デザイン・プロジェクト」
http://www.jidpo.or.jp/activities/fukkou/aadp/about.html
◇地方独立行政法人「岩手県工業技術センター」 HP
http://www.pref.iwate.jp/~kiri/
◇岩手県工業技術センター訪問記
http://www.jidp.or.jp/dn/ja/article/20110711/50
◇南部鉄器製造販売会社「岩鋳」 HP
http://www.ccimorioka.or.jp/nanbutekki/
◇フィンランドの「ハックマン社」 HP
http://www.hackman.fi/web/hackmanwww.nsf/fi/etusivu
◇プロダクトデザイナー・タウノ・タルナ氏 について
http://www.hiramekidesign.com/participants_jp/participant_jp?id=17011728
◇茨城城里町、大崎材木店「コロンブスのまな板」 HP
http://www.e-house.co.jp/osaki/manaita.html
◇角館、カバ細工「藤木伝四郎商店」 HP
http://www.fujikidenshiro.co.jp/
◇山田佳一朗氏デザインサイト
http://www.kaichidesign.com/
◇角館、カバ細工の照明器具「冨岡商店」 HP
http://tomioka-shoten.co.jp/
◇空間デザイナー・橋本夕起夫氏 HP
http://www.hydesign.jp/
◇山形河北町、阿部産業「KINU HAKI」 HP
http://www.abesangyo.jp/pages/items.html

◆古書店「Books & Things」 京間にアート書
アート、写真、建築などの古書を取り扱う書店が9月1日、古美術の街として知られる祇園にオープンした。同店は、露地の奥に入った場所にある町家で、履物を脱いで上がるスタイル。京間の2畳間と4畳半に海外を中心とした国内外のアート、建築、デザイン、食、写真関連の本や雑誌を取りそろえる。
[烏丸経済新聞 11/09/22]
◇古書店「Books & Things」 について/excite Blog
http://andthings.exblog.jp/
◇古書店「Books & Things」 について (Blog)
http://hitoron36.exblog.jp/16537067/

◆中国に渡った日本発サブカル 油井清光・神戸大学大学院教授
神戸大学は北京において、北京外国語大学との共催で「日本サブカルチャー」(日本のマンガやアニメ)についてのシンポジウムを開催した。北京外大はじめ、北京大学、香港大学など中国および日本から7人の第一線の日本研究者が参加した。キャンパス内の大きな国際会議場には学生たちがつめかけ熱気で満たされた。その大多数が女子学生であった。
[産経新聞 11/10/07]
◇日本サブカルチャー研究会 HP
http://www.japan-subculture.com/
◇日本と世界のコンテンツ市場データベース HP
http://www.humanmedia.co.jp/database/
◇アニメ・マンガイベント「中国国際動漫節」について(Blog)
http://xiao4mei3.jugem.jp/?eid=18
◇アニメ・マンガイベント「中国国際動漫節」/ドリームニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/5552140/

◆「日本酒の日」ハシゴ酒、「日本酒ゴーアラウンド」 大阪市内34店で催し
10月1日の「日本酒の日」に大阪市内の飲食店計34店がタッグを組み、500円で最高34杯の地酒が飲めるイベントを開く。主催は41歳の飲食店主3人でつくる「日本酒卍固め」。
[朝日新聞 11/09/26]
◇日本酒卍固めのブログ
http://blog.livedoor.jp/manjigatame3/
◇「酒や肴 よしむら」 紹介記事
http://www.geocities.jp/letsgojun2000/others/yoshimura.mht
◇「味酒(うまざけ)かむなび」 について (Blog)
http://kansai-walker.seesaa.net/article/145273380.html
◇「蔵朱(くらっしゅ)」 HP
http://crush.or.tv/

◆西武渋谷店「現代茶ノ湯スタイル『縁』展」 竹林イメージした茶室空間も
西武渋谷店B館8階のオルタナティブスペースに現在、期間限定の「現代茶室空間」が登場している。茶の湯と現代アートを組み合わせた「新しいライフスタイル」を創出するイベント。茶の湯の世界では古くから「縁(えん)」を大切に、「はじまり」「紡ぎ」「創造」の源であると考えられていることから、同展では「縁(えにし)」をテーマに「茶の湯の総合芸術としての楽しみ方」を提案する。
[渋谷経済新聞 11/10/07]
◇西武渋谷店 現代茶ノ湯スタイル展「縁」 HP
http://www.artmeetslife.jp/
◇現代茶ノ湯スタイル展「縁」レポート
http://www.ava-cha.com/2011/10/05/3633
◇現代茶室空間が西武渋谷店に期間限定で登場/Woman excite
http://woman.excite.co.jp/article/luxury/rid_E1317632276004/
◇大久保文之氏主催「for da Nippon Foundation」(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/pages/for-da-Nippon-Foundation/155591374501249
◇松村宗亮氏主催「SHUHALLY BLOG」
http://shuhally.jp/blog/
◇ガラス作家・佐々木翔子氏 HP
http://sasaki-shoko.com/
◇陶造形家・原菜央氏
http://www.kyoto-np.co.jp/info/culture/kyo_no_shinnei/110514.html
◇創作和菓子ユニット「wagashi asobi」 HP
http://wagashiasobi.wordpress.com/
◇茶人・近藤俊太郎氏主催「アバンギャルド茶会」 HP
http://www.ava-cha.com/
◇京和傘「日吉屋」 HP
http://www.wagasa.com/
◇日本茶カフェ「茜や」
http://akane-ya.net/muscat2/

◆日経BPコンサル、食の安全・安心調査、原発事故「食に不安」74%
東日本大震災後の消費行動では「東北の食品を購入・飲食しない」が13.8%となった一方、「東北の食品を積極的に購入・飲食する」も19.6%に達し、安全優先と被災地支援に対応が分かれた。
[日経MJ 11/09/17]
◇「食の安全・安心ブランド調査」結果について/日経BPコンサルティング
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=291223&lindID=5
◇震災後の日本産食品輸入制限の影響とブランドイメージの変化について
http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1109jo1.pdf
◇東急沿線「震災後の生活に関するアンケート」/セラン
http://www.selun.ne.jp/business/marketing/areavoice/20110115/index.php
◇「災害と家庭用ウォーターサーバー」に関する調査/ティムズドライブ
http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2011/110901/

◆札幌大通まちづくり、無料自転車シェア、路上駐輪減、街歩きやすく
札幌・大通地区の商業ビルや商店街で構成する街づくり会社、札幌大通まちづくりは自転車シェアサービス「ポロクル」を使って自転車の路上駐輪対策に乗り出す。大通地区に勤める人が無料で自転車を共同利用できるキャンペーンを9月から開始。
[日経MJ 11/09/19]
◇札幌大通まちづくり「まち会社」 HP
http://sapporo-odori.jp/
◇札幌の日常を楽しむためのウェブマガジン「札幌てくてく」
http://www.sapporoteku2.net/
◇札幌自転車シェアサービス「ポロクル」 HP
http://porocle.jp/

◆端末に透ける消費者像 iPhone、好奇心が旺盛 
・iPhone派は積極的で好奇心が強いく、アイデア勝負でエンターテインメント性の強いアプリが人気。
・アンドロイド利用者はニュースや天気など、実用性のあるアプリのダウンロード率が高いく、ウェブサイトにこだわる傾向が強い。
・ECサイトでの買い物経験は、iPhone派が約6割で、アンドロイド派の約4割を上回った。
・国内のフェイスブック利用者は男女比が58対42だが、1日1回以上ログインする女性は男性の2倍以上。
[日経MJ/進化するMIT 11/09/19]
◇米におけるタブレット端末の利用実態調査/電通総研
http://www.dentsu.co.jp/di/pdf/report_20110128.pdf
◇2011年企業のモバイル広告利用動向調査/AdverTimes
http://www.advertimes.com/20110713/article23165/
◇アンドロイド情報サイトアンドロイダー運営「トリワークス」 HP
http://www.triworks.com/japan/
◇iPhone人気アプリ「HourFace」
http://labs.mppark.jp/apps/jp/hourface.html
◇モバイルマーケティング「メディア・シェイカーズ」 HP
http://www.mediashakers.co.jp/
◇スマートフォン向け広告配信「ノボット」 HP
http://jp.ad-maker.net/
◇シニアSOHO普及サロン・三鷹 HP
http://www.svsoho.gr.jp/
◇Facebookに関するユーザーの意識調査/MarkeZine
http://markezine.jp/article/detail/14459
◇3大ソーシャルメディアのユーザー調査/AdverTimes
http://www.advertimes.com/20110630/article21585/
◇3大ソーシャルメディアの利用目的・動機調査/AdverTimes
http://www.advertimes.com/20110413/article11186/
◇ノボットがiPhone/Androidのユーザー調査/プロモバ
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1104/11/news112.html
◇iPhoneとAndroidの比較/iPhone入門
http://iphone.f-tools.net/QandA/iPhone-Android.html
◇スマートフォンに関する調査/ベンチャーナウ
http://www.venturenow.jp/news/2011/03/31/1806_010424.html

◆星野リゾート、「滞在型」需要狙う、家族向けホテル展開
家族連れを狙ったリゾートホテルのチェーン展開に乗り出す。「星野リゾート リゾナーレ」と名付け、統一ブランドで認知度を高め、滞在型ホテルとして需要を掘り起こす。
[日経MJ 11/09/21]
◇星野リゾート リゾナーレ HP
http://www.risonare.com/about/index.html
◇山梨県北杜市「星野リゾート リゾナーレ」 について (Blog)
http://anakawa.blog77.fc2.com/blog-entry-1395.html

◆東京・表参道の裏通り、青神道は個性派ぞろい 青山通り、神宮前
新顔続々 お店探し楽しく
おしゃれな店が集まる東京の青山・表参道地区。表参道に平行し、港区の青山通りと渋谷区の神宮前・原宿地区を結ぶ裏通りが「青神道(あおしんどう)」と呼ばれ、新たな人気エリアになっている。ここ1~2年で個性的な衣料・雑貨店が相次いで登場。若者から中年層まで幅広い年代の男女をひき付けている。
[日経MJ 11/09/23]
◇北青山「青山花茂本店青山店」 HP
http://www.aoyamahanamohonten.jp/
◇架空の国をモチーフにしたショップ「オプトリコ」 HP
http://www.optrico.com/
◇英国のブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」 HP
http://www.viviennewestwood-tokyo.com/
◇「ザ・コンテンポラリー・フィックス」 HP
http://www.thecontemporaryfix.com/
◇「天衣無縫オーガニックエクセレント青山店」掲示板
http://tenimuhou.exblog.jp/i19/
◇ライフスタイルブランド「グリデカナ」 HP
http://www.gredecana.com/
◇マーキュリーデザイン運営「バルサラ」 HP
http://www.bulsara.jp/
◇インテリアデザイナー・木村浩一郎氏 HP
http://www.love-international.jp/maison_koichiro_kimura_top.html
◇婦人服店「ウノビリエプラス」 HP
http://www.unobilie.com/
◇「パリヤ 青山店」 について (Blog)
http://smilemil.exblog.jp/15391441/
◇「sacai サカイ」 について (Blog)
http://blog.talk.vogue.co.jp/fubuki-nakagawa/archives/4743701.html
◇人気ファションブランド「ビューティフルピープル」 HP
http://www.beautiful-people.jp/
◇「青神道」 について (Blog)
http://www.epl.co.jp/onnagokoro/2011/09301727.php

◆ヤフー、通販にスマホ活用 品ぞろえは30~40代狙い本格志向
ポイント大量付与で客を固定化/メルマガよりアプリで情報発信
市場拡大が続くインターネット通販でも成長著しいのがスマートフォン経由の取引。消費者はパソコンより手軽にサイトにアクセスでき、従来の携帯電話より大画面で商品を選べる。この成長市場を、通販ショップが取り込むには従来のネット通販とは違った取り組みが必要だ。
[日経MJ 11/09/23]
◇スマホユーザーの利用実態調査/AdverTimes
http://www.advertimes.com/20110520/article16110/
◇スマホでのネット通販に関する利用実態調査/マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/column/mmd/020/index.html
◇スマホユーザー通勤中・寝る前、手軽に通販/NFC&SmartWORLD
http://www.shopbiz.jp/nf/news/93127.html
◇シニア世代のスマホ、タブレット型端末の所有率/マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/08/23/012/

◆ブルーム、共同購入で映画制作支援、試写会など特典、小額販売
映画チケットの共同購入サイト「ドリパス」を運営するブルームは映画制作を支援するために、試写会への出席などの特典を共同購入チケットの形で消費者に販売するサービスを始める。制作中の映画が対象で、インターネット上で購入者を募集・販売して映画の制作費に役立てる。制作資金の獲得だけでなく、早くから映画のファンを確保して話題作りに活用する狙いもある。
[日経MJ 11/09/23]
◇映画チケットの共同購入サイト「ドリパス」 
http://www.dreampass.jp/deals/area/
◇ドリバス運営「ブルーム」 HP
http://www.blue-m.jp/

◆注文住宅・家具に力、良品計画、新装の有楽町店から発信
中高年の生活スタイル提案
良品計画は注文住宅やオーダーメード家具を強化する。9月1日に改装オープンした旗艦店、有楽町店は「ライフスタイルを提案したい」という同社の方針を象徴する売り場として生まれ変わった。有楽町店で成功した取り組みは他の大型店にも水平展開していく。
[日経MJ 11/09/23]
◇無印良品有楽町 HP
http://www.mujiyurakucho.com/
◇無印良品の家 有楽町家センターブログ
http://www.muji.net/mt/modelhouse/yurakucho/
◇無印良品有楽町 について (Blog)
http://orinchan55.blog120.fc2.com/blog-entry-876.html

◆iPhoneに広告配信、キリン、アップルのアプリ導入
若年層にブランド訴求
キリンビールは、米アップルが開発した新型広告「iAd(iアド)」を27日から展開する。米アップルのiPhonei用アプリで表示される広告を駆使し、20~30代の若年層にキリンブランドを浸透させる。
[日経MJ 11/09/26]
◇新型広告アプリ「iAd(iアド)」 HP
http://developer.apple.com/jp/iad/
◇iPhone OS 4の「iAd」はモバイル広告を変えるか?/ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/515/515036/
◇「みんなカンパイ~ナ」/キリンニュースリリース
http://www.kirin.co.jp/company/news/2011/0926c_01.html
◇iPhoneアプリ上の新広告にキリン参入!/zakzak
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20111014/ecn1110140852003-n1.htm

◆若手社会学者の若者論 仲間、居場所で幸せ
今の若者は元気がない。好景気や親密な人間関係を知らずかわいそう。こうした従来型の若者論への異論を、若手社会学者が相次ぎ出版した。マーケティングや経営のヒントになる部分も多い。
階層化を前提にし、濃密な一体感を持つ単一の「絆」よりも、ゆるく、多くつながる「縁」をよりどころにする。そんなイメージで両者は共通する。経済成長や昔ながらのコミュニティなど、古い世代が考える「復活」型の処方箋とは違う発想が新鮮だ。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 11/09/26]
◇古市憲寿著『絶望の国の幸福な若者たち』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062170655.html
◇阿部真大著『居場所の社会学』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4532168015.html
◇若者の格差・労働問題に取り組む「POSSE」 HP
http://www.npoposse.jp/

◆ホテルは我が家、外国人を招く 一般人宅に宿泊「家庭泊」
ホテルではなく一般人の家庭に泊まるという、旅行の新しいスタイルが台頭している。仕掛け人の役割を演じているのが、欧米で爆発的に流行している「家庭泊紹介サイト」だ。そのなかの一つ、独ベンチャー企業のウィムドゥが今夏、日本に上陸した。部屋を提供してくれるのはプロの宿泊施設ではなく、素人の家主。サイトは両者を仲介する。
[日経MJ/ブームの予感 11/09/26]
◇米ベンチャー「Airbnb」 家庭泊紹介サイト「Wimdu」 HP
http://www.wimdu.jp/
◇Wimdu Japan(facebookページ)
http://www.facebook.com/wimdujapan
◇旅の新たな形「Wimdu」/現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/996
◇ソーシャルツーリズム「Wimdu」/livedoor
http://news.livedoor.com/article/detail/5735384/
◇「Wimdu」を使ってみた (Blog)
http://shungoarai.com/blog/tag/wimdu/

◆「エコ飼料」認証、活用拡大、食品残さ、家畜向けに
食品残さなどを原料とする家畜飼料「エコフィード」を活用する取り組みが広がっている。農林水産省と社団法人中央畜産会は5月末に普及を促す認証制度を創設。山崎製パンなどが認証を取得し、エコフィードで育てた家畜を原料に商品を製造・販売する仕組み作りに乗り出した。
[日経MJ 11/09/28]
◇エコフィード利用畜産物認証制度実施要綱
http://ecofeed.lin.gr.jp/3ecoyoukou.pdf
◇エコフィード利用畜産物認証運営委員会 HP
http://ecofeed.lin.gr.jp/1econinsyo.html
◇食品リサイクルループで作った惣菜パン発売/ファミマ
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2011/110621_2.html
◇食料自給率向上と食品ロス削減への取り組み/ヤマザキ
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/tokaijikyu/pdf/h21kennkyuujirei2.pdf

◆コンビニ朝市、主婦層開拓、セブンイレブン、北関東150店実施
主婦層開拓 野菜販売の認知度向上
北関東地域で「朝市」と称した日時限定の販売を始め、8月末時点で累計150店に広げた。同社は主婦らコンビニを日常的に利用しない消費者を取り込むのが狙い。
[日経MJ 11/09/30]
◇宅配通販「らでっしゅローソン」 HP
http://www.radishlawson.jp/ec/
◇コンビニの野菜販売/フランチャイズ・ショー
http://www.shopbiz.jp/fc/news/76630.html

◆IT見本市「CEATE JAPAN」ネットサービスの未来提案
・パイオニアは今夏発売した「ディスカッションテーブル」をデモンストレーション。
・三菱電機のブースでは、スマホ向け情報提供サービス「山手線トレインネット」を展示。
・パナソニックは薄型テレビ「ビエラ」向けネットサービス「ビエラ・コネクト」を展示。
[産経新聞 11/10/03]
◇アジア最大級の家電・IT見本市「CEATEC JAPAN 2011」 HP
http://www.ceatec.com/2011/ja/
◇パイオニア「コミュニケーションテーブル」/+D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1110/11/news071.html
◇三菱電機、スマホ向け情報サービス「山手線トレインネット」 HP
http://www.yamanoteline-trainnet.jp/pc/index.php
◇パナソニック「「ビエラ・コネクト」 HP
http://panasonic.jp/viera/
◇「CEATEC JAPAN 2011」全記事一覧まとめ
http://gigazine.net/news/20111004_summary_ceatec_japan_2011/
◇放射能センサやWiMAX 2端末も展示「CEATEC JAPAN 2011」/cnet japan
http://japan.cnet.com/mobile/35008695/

◆ヤマダが挑む住宅革命
中堅住宅メーカー、エス・バイ・エルを買収して住宅販売市場に参入する。狙いは「スマートハウス」事業の拡大だ。家電販売で培った流通改革のノウハウを生かしてコストダウンを図り、既存の住宅メーカーと差異化する。郊外型家電店の駐車場の一角などにモデルルームを設置する方針だ。
[日経MJ 11/10/03]
◇ヤマダ電機  HP
http://www.yamada-denki.jp/
◇エス・バイ・エル HP
http://www.sxl.co.jp/
◇省エネ家電からスマートハウスに向かって、日本からアジアへ/ヤマダ電機
http://www.yamada-denki.jp/csr/pdf/report2011_12-15.pdf
◇ヤマダ電機が住宅業界に本格参入へ!/DAIAMONDonline
http://diamond.jp/articles/-/13643
◇ヤマダ電機子会社「コスモス・ベリーズ」 HP
http://www.berrys.co.jp/

◆太陽光そのまま室内灯 大津、街の電器屋「井之商」
太陽の光をそのまま室内に取り込む照明システムが注目を集めている。電気を一切使わない「電力ゼロ照明」。住宅だけではなく、大企業の工場でも採用するところが出始めた。主役は大津市の街の電器屋だ。
[朝日新聞/経済最前線 11/10/03]
◇太陽光照明の「井之商」 HP
http://www.solatube.co.jp/
◇太陽光採光システム協議会 HP
http://www.sun.or.jp/
◇太陽光照明、資生堂久喜工場事例紹介
http://www.solatube.co.jp/commercial/img/shiseido.pdf#search='
◇「ファミマ」環境配慮型のフラッグシップ店舗
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2010/100125_2.html

◆地中熱空調に脚光 スカイツリーでも導入
地中熱は日本中のどこでも安定的に利用できるエネルギー。東京スカイツリーや、羽田空港国際線旅客ターミナルなどの大規模施設でも導入が進み、省エネの切り札として期待されている。
東京スカイツリーでは、ガスなどを使う従来方式の空調より年間の消費エネルギーは48%、二酸化炭素排出量は40%減らせるとみている。
[朝日新聞/創エネ 省エネ 11/10/05]
◇地中熱ヒートポンプシステムとは/地中熱利用促進協会
http://www.env.go.jp/water/jiban/heatpump_pamph.pdf
◇地中熱ヒートポンプ Web Site
http://a-mec.jp/hagibor/
◇地中熱の現状と復興への活用について
http://www.kankyo.tohoku.ac.jp/pdf/20110707009.pdf
◇コンビニ店舗に地中熱利用空調を導入/ECO JAPAN
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20111027/109080/
◇スカイツリーは地下もすごかった/ITmediaニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1106/16/news113.html

◆スイス発リサイクルバッグ「フライターグ」銀座にアジア初、直営店
使用済みのトラックのタープ、自転車のインナーチューブ、廃車のシートベルトを使ったメッセンジャーバッグで知られる。商品が一点ものである点、ホロのカラフルな色彩などで人気を集める。日本での輸入販売は1996年にスタートした。自転車ブームとともに認知を拡大。
[銀座経済新聞 11/10/07]
◇フライターグ・ストア・トーキョー HP
http://www.freitag.ch/shop/FREITAG/newsletter.jsf#tokyo
◇「フライターグ」アジア初の旗艦店が銀座にオープン/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/architecture/rid_E1318425728005/pid_1.html
◇フライターグ・ストア・トーキョー について(Twitter)
http://www.fashionsnap.com/news/2011-10-05/freitag-ginza-open/
◇ショップデザイン「トラフ設計事務所」 HP
http://torafu.com/

◆博報堂が「Voice Vision β版」をFacebook上にオープン
今回の「Voice Vision」は生活者向けのオープンプラットフォームとして提供し、社会的なテーマへの取り組みを目指す。ひとりひとりの声を社会の役に立つビジョンに転換するためのプラットフォームとして同サービスを立ち上げた」と同社広報担当者。
[赤坂経済新聞 11/10/06]
◇「Voice Vision β版」Facebookページ
http://ja-jp.facebook.com/VVision?sk=wall
◇「Voice Vision β版」Facebook/博報堂プレスリリース
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20111004.pdf
◇「プロトタイプ・ハウス」展示/博報堂プレスリリース
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20110927.pdf
◇「EV普及時代の街」を展示/復興ニッポン
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20111007/553237/?P=2&ST=rebuild

◆「不用品でモノづくり」プロジェクト 少しいいこと、合言葉はエコ
作り手多彩、美しく便利に
「少しいいことをしよう」。そんな合言葉で「sample(サンプル)プロジェクト」という取り組みが立ち上がった。モノ作りの現場で起きている諸問題にデザイナーとして何ができるか。プロダクトデザイナーの酒井俊彦氏が異分野のデザイナーたちとともに、自主企画で新しいモノやコトを起こしていくプロジェクトだ。
[日経MJ 11/10/05]
◇少しいいこと+プロダクト「sample」 HP
http://ec-sample.shop-pro.jp/
◇「sampleプロジェクト」/FIGARO.jp
http://column.madamefigaro.jp/culture/design/sample12.html
◇デザイナー・酒井俊彦氏 HP
http://www.sakaidesign.com/
◇デザインユニット・トネリコ HP
http://www.tonerico-inc.com/
◇デザイナー・南雲勝志氏 HP
http://www.nagumo-design.com/
◇黒河内真衣子氏ファッションブランド「mame(マメ)HP
http://www.mamemamemame.com/
◇瀬戸けいた・なおよ夫妻 HP
http://www.setodesign.jp/
◇東京・原宿のデザイン雑貨店「アシストオン」 HP
http://www.assiston.co.jp/

◆広告と“対話”する時代 「押しつけ」の概念覆す
ツイッターが満を持して日本にも広告商品を投下してきた。既に米国では昨年から同様の商品を販売しているが、今月3日に日本と英国同時に「プロモトレンド」「プロモアカウント」「プロモツイート」と呼ぶ3つの商品の販売を始めた。
[日経MJ/日経デジタルマーケティング杉山俊幸編集長のIT新事情 11/10/07]
◇「プロモ商品」のご紹介/twitter blog
http://blog.jp.twitter.com/2011/10/blog-post.html
◇プロモトレンド・プロモアカウント・プロモツイートを日本で開始
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/10/03/11227
◇プロモトレンド・プロモアカウント・プロモツイートを開始
http://netafull.net/twitter/038739.html
◇日本で開始! Twitterプロモ商品に注目/web R25
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20111006-00021677-r25&vos=nr25tw0000003
◇広告ツイート導入にユーザーは「邪魔くさい」/web R25
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20110803-00020983-r25

◆暮らしを貫くスタイル提案、キッチンと衣類、一緒に販売
長く使われる商品目指す
デザイン家具やモダンなキッチンと、衣類のハンガーが並ぶ、トーヨーキッチン&リビング(名古屋市)のショールームだ。同社は4月から、新事業としてファッション部門「ウエラアバウツ」を開始。30~50代の男性がターゲットだ。
[日経MJ 11/10/12]
◇トーヨーキッチン&リビングのアパレルブランド「ウエラアバウツ」 HP
http://whereabouts-style.com/
◇トーヨーキッチン&リビング HP
http://www.toyokitchen.co.jp/
◇トーヨーキッチン&リビング社長ライフスタイルブログ
http://blog.toyokitchen.co.jp/nabeforum/cat16/

◆良品計画、JICAと商品企画、途上国支援に協力、工芸品8種を販売
良品計画は今年のクリスマスギフト商戦で、初めて国際協力機構(JICA)と共同開発した商品を販売する。JICAの発展途上国支援事業に協力し、キルギスやケニアの村の8種類の工芸品を商品化した。
[日経MJ 11/10/12]
◇JICAとの初の共同企画商品を含む「MUJI CHRISTMAS Market 2011」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000336.000000987.html
◇良品計画と連携の共同企画商品/JICA
http://www.jica.go.jp/press/2011/20111012_01.html
◇良品計画×JICA一村一品提携プロジェクトについて (Blog)
http://worldreporter.jica.go.jp/j22-3kawada/cat1/001191.php

◆企業キャラ、中身で勝負、ソーシャルメディアで消費者と交流
リクルート「スーモ」  悪役投入でファン広げる
テレビCMのようなインパクト重視の短期的なマス広告とは異なり、キャラクターを入り口にした顧客との中長期的なコミュニケーションが活発化している。住宅の購入や借り換えは人生で多くて4~5回。ソーシャルメディアの役割は、現時点では住まい探しに関心のない潜在層に向けたもの。
[日経MJ/11/10/12]
◇ドンスーモ HP
http://don.suumo.jp/
◇スーモ(Facebookページ)
http://www.facebook.com/suumo.jp
◇スーモ(Twitter)
http://twitter.com/#!/suumo

◆園芸用品、全店で実演販売、ホーマック、来春メド拡大 
ホームセンター最大手のDMCホールディングス傘下のホーマック(札幌市)は園芸用品・資材の実演販売を拡大する。来春をメドに全店の園芸売り場で小規模の模擬菜園やプランターを使って、実際に植物の育て方や器具の扱い方などを来店客に説明。これまで北海道などを中心に展開していた貸農園も倍増させる。園芸の初心者を囲い込み、定期的な来店につなげる。
[日経MJ/11/10/12]
◇ホームセンター「ホーマック」 HP
http://www.homac.co.jp/

◆英・蘭のツイッター事情 企業のファン獲得策が好評
不況にあえぐヨーロッパで、ツイッターを使ったマーケティング戦略に注目が集まっている。2年ほど前には利用者が伸びず、米経済誌フォーブスで「(米国の成功に反して)欧州では嫌われ者」とまで書かれたが、昨秋あたりから「長い顧客づくり」に生かすマーケティングツールとして、にわかに脚光を浴び始めた。
[日経MJ/ヨーロッパ風を読む 11/10/14]
◇SMSで「KLM」にアクセス/KLMオランダ航空
http://www.klm.com/travel/jp_ja/about/news_press/KLM_on_social_media/index.htm
◇オランダ政府観光局Twitter
http://twitter.com/#!/NLnow
◇世界最大の生花販売網を展開「インターフローラ」 HP
http://www.interflora.co.uk/
◇イギリス政府、TwitterやFacebookなどのSNSの規制を検討中
http://kanatamaka.wordpress.com/2011/08/14/i-wanna-control-sns-such-as-twitter-facebook-and-so-on/
◇イギリス、ツイッターができなきゃスパイ失格
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2010/05/post-1239.php
◇EU情報、SMSプラットフォーム/駐日欧州連合代表部
http://www.euinjapan.com/
◇SMS、米国と欧州できわだつ温度差(VRIコラム)
http://japan.internet.com/atlas/20110530/1.html
◇2011年版「フォーチュン100社のSMS活用実態調査」
http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2011/02/2011100-de26.html

◆テックファーム、スマホ用通販アプリ制作、1ヵ月でPCサイト活用
既存のパソコン向けサイトの情報を使用するため、1カ月程度で開発できるなど費用と期間を抑えられるのが特徴で、ネット通販企業に売り込んでいく。スマホ経由のネット通販は急拡大しており、自社でアプリを開発するのが困難な企業などの需要が見込めると判断した。
[日経MJ 11/10/14]
◇テックファーム「スマコマ」 HP
http://www.techfirm.co.jp/sumacoma/

◆スマートテレビ、次の注目 野村総合研究所石田樹生氏
(1)ネットサービスを利用しやすい新しいテレビ「スマートテレビ」が登場する
(2)スマートテレビ利用は2016年度までに770万世帯(全世帯の約5分の1)に達する
(3)「ネットからチャンネルへ」「チャンネルからネットへ」という新しい視聴行動が生まれる
[日経MJ/消費分析 11/09/28]
◇スマートテレビに関する調査/(原典)野村総合研究所
http://www.nri.co.jp/news/2011/110720.html
◇「スマートテレビ」時代は本当にやってくるか/Phile web
http://www.phileweb.com/review/column/201108/01/186.html
◇着実に進歩する各社のスマートテレビ戦略/+D LifeStyle
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1109/05/news022.html
◇米国スマートテレビサービスの現状/WirelessWireNews
http://wirelesswire.jp/special/201109/01/article/3.html
◇「スマートテレビ」は間違いなく普及する/JB PRESS
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/18612
◇「スマートテレビ」日本で売れるとは思えない/ニコニコニュース
http://news.nicovideo.jp/watch/nw132385

| | トラックバック (0)

2011/10/14

情報クリップ・ダイジェスト 2011/09

◆企業の「配慮」「発信」に共感 見直される心のゆとり
(1)震災の影響による消費の引き締め傾向は緩みつつある
(2)震災直後から、人々は気晴らしや笑いを求めていた
(3)人々の心に「ゆとり」を与えるような広告やイベントが歓迎される
[日経MJ/消費分析 11/08/17]
◇mccann erickson japan HP
http://www.mccann.co.jp/
◇mccann erickson japan (Facebook)
http://ja-jp.facebook.com/McCannEricksonJapan
◇「FUKKATSU: JAPAN REBUILDS」調査第1回/mccann erickson
http://www.mccann.co.jp/whatsnew/1104070101.html?t=1305689505484
◇「FUKKATSU: JAPAN REBUILDS」調査第2回/mccann erickson
http://www.mccann.co.jp/whatsnew/1104280101.html?t=1305691153495
◇「FUKKATSU: JAPAN REBUILDS」調査レポート
http://www.mccann.co.jp/fukkatsu2/

◆コンテンツファン消費行動調査 「体験」に意欲
(1)コンテンツ分野支出額は年間合計7万4502円、1ジャンル平均は約1万5000円
(2)特定分野に偏らず複数のジャンルや支出項目に「またがり消費」する現象が起きている
(3)特に「体験型消費」は支出単価が高いことに加え、コンテンツ支出全体を活性化させている
[日経MJ/消費分析 11/08/24]
◇コンテンツファン消費行動調査(原典)/博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20110712.pdf
◇震災前後生活者の変化レポート/博報堂生活総研
http://seikatsusoken.jp/pdf/RN_20110628_2.pdf

◆道ばたにひっそり、「コケ萌え」増殖中 意外な奥深さ広がる輪
コケに魅了される人が増えている。ありのままの美しさを観察するのが最近の傾向。庭先や公園、通勤途中の道ばたでけなげに生きるコケを楽しむ人も増えている。写真を撮ったり、種類を集めたり、自分で育ててみたりと楽しみ方は幅広い。
[日経MJ/ヒットの予感 11/08/19]
◇荻窪のカフェ「6次元」 HP
http://www.6jigen.com/
◇6次元開催「コケナイト」 について (Blog)
http://ameblo.jp/hanauta-bebe/entry-10953385577.html
◇『こけはともだち』著者・藤井久子氏「かわいいコケブログ」
http://blog.goo.ne.jp/bird0707/
◇俳優石倉良信氏ブログ「ほろ酔い日記」
http://blog.goo.ne.jp/horoyoi-nikki/
◇茨城県自然博物館 HP
http://www.nat.pref.ibaraki.jp/
◇コケ萌え on my Flickr (Blog)
http://www.tarosite.net/tokyotoday/-on-my-flickr.html

◆日本の食文化を世界無形遺産に、農水省、準備急ぐ 観光客誘致狙う
会席料理を中心とする日本料理を日本の食文化とし、10月までに具体的な申請内容をまとめる。2013年の登録を目指し、来年3月にユネスコに申請する。東京電力福島第1原子力発電所事故で揺らいでいる日本の食に対する信頼を回復し、食材の輸出拡大や海外からの観光客の誘致につなげる。
[日経MJ 11/09/05]
◇日本ユネスコ協会連盟 HP
http://www.unesco.jp/contents/isan/
◇日本食文化の世界遺産化プロジェクト/農水省
http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/
日本食文化の世界遺産化プロジェクト(Facebook)
http://www.facebook.com/nihonshokubunka.sekaiisanka

◆インテリアになる園芸商品、手軽に育てて味わう
今までややハードルの高かった園芸を日常生活に簡単に取り入れられる商品が、今話題になっている。一見園芸用品に見えないものなど見た目もユニークでインテリアの一部としても使えるこれらの商品は癒やし効果も期待でき、現在の様々な環境に対応している。
[日経MJ 11/08/17]
◇プチ園芸商品「green supermarket」 HP
http://www.greensupermarket.jp/
◇「green supermarket」開発の明和工業 HP
http://www.meiwajp.com/
◇「green supermarket」 について (Blog)
http://www.pienikko.com/?p=13883
◇「green supermarket」 について (Blog)
http://blog.fmyokohama.jp/ene/2011/09/green-supermark-2a43.html
◇デザインユニット「color」 HP
http://www.color-81.com/
◇アウトドア・ナチュラルライフスタイルを提案「スノーピーク社」 HP
http://www.snowpeak.co.jp/
◇日用品や電化製品の企画・製造「100percent」 HP
http://100perstore.com/
◇大自然の地層をそのまま抜き取ったプランター「Earth」オンラインストア
http://100perstore.com/?pid=31841205
◇「育てるたまご」の聖新陶芸 HP
http://seishin.cside6.com/

◆画像やバーコードで商品検索・注文、ネット通販、スマホで便利に
「すぐ買える」魅力訴え 小売店への誘導も模索
ネット通販で画像認識やバーコードを使い、スマートフォンで簡単に商品を探したり注文したりできる取り組みが広がっている。電通が写真から類似商品を探す新サービスを始めたほか、楽天やアイ・エム・ジェイ子会社なども既存サービスを強化する。
[日経MJ 11/08/19]
◇商品画像検索ネットショッピングアプリ「FINDDOG」開発/電通
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2011/pdf/2011094-0816.pdf
◇バーコードによる価格比較無料アプリ「ショッピ!」 HP
http://shoppi.jp/
◇デジタルマーケティング事業「IMJ」 HP
http://www.imjp.co.jp/
◇スマートフォンの市場規模の推移・予測/MM総研
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120101216500

◆アートと融合、化学「見える化」、素材・製薬メーカーと企画展
技術 ユニークに表現
アートと化学が交わると一体どうなるのだろう――。7月末、都内でそんな興味をかき立てる展覧会「『KAITEKIのかたち』展」が開かれた。化学メーカーや製薬会社からなる三菱ケミカルホールディングスグループが持つ技術と素材を、21組のアーティストが絵画などに仕立てる試み。
[日経MJ 11/08/24]
◇アートと科学の化学反応「KAITEKIのかたち展」 HP
http://kaitekinokatachi.com/
◇三菱ケミカルHD子会社「地球快適化インスティテュート」 HP
http://www.kaiteki-institute.com/jpn/
◇現代美術ギャラリー「スパイラルガーデン」 HP
http://www.spiral.co.jp/f_guide/garden/
◇建築家・谷尻誠氏「SUPPOSE DESIGN OFFICE」 HP
http://www.suppose.jp/
◇ファッションデザイナー・津村耕佑氏「FINAL HOME」 HP
http://www.finalhome.com/
◇メディアアーティスト・鈴木太朗氏twitter
http://twitter.com/#!/suzukitaro
◇デザインユニット「印デザイン」 HP
http://www.indesign.jp/
◇「KAITEKIのかたち」展 について (Blog)
http://www.cazoo.jp/blog/archives/2011/07/kaiteki_1.html
◇「KAITEKI CAFE」 HP
http://www.kaitekicafe.jp/
◇ワコールアートセンター「スパイラル」 HP
http://www.spiral.co.jp/
◇ランデヴープロジェクト
http://www.rendezvous-project.com/

◆複合カフェ、客の好みに合う広告配信、モンテローザ、電通子会社と
モンテローザは運営する複合カフェ30店で、インターネットの利用者向けに新たな広告手法を導入した。電通の全額出資子会社と組み、利用者が閲覧するサイトの傾向から好みなどを分析し、最適な広告をパソコン画面上に表示する。複合カフェ市場が縮小傾向にあるなか、新たな広告事業により経営を下支えする。
[日経MJ 11/08/24]
◇モンテローザ HP
http://www.monteroza.co.jp/
◇サイバー・コミュニケーションズ「ADJUST」 HP
http://www.cci.co.jp/service/adnetwork/
◇コミック&インターネットカフェ「wipワイプ」 HP
http://www.wip-fe.com/

◆音で売る、サウンドMDのススメ
視覚に訴える販促術に比べて、聴覚を刺激する効果はあまり関心を集めてこなかった。しかし聴覚は注意喚起に敏感で、感情を左右する影響力も強い。単に背景に流れるだけのBGMではない、戦略的な音の使い方を研究する企業が目立ち始めた。音を科学的に分析し、販促に役立てる手法はサウンドマーチャンダイジング(SMD)として一分野を築くかもしれない。
[日経MJ 11/08/22]
◇音環境コンサルタント・斎藤寛氏 HP 「BGMの心理学」
http://www.otokan.com/
◇USEN「ハウスミュージック125」
http://music.usen.com/modules/D/content0004.html
◇ダウンロード&視聴「エッシー」
http://listen.jp/store/artist_1176278.htm
◇十六茶広告サウンドサイネージ大作戦!/YAMAHA
http://projectphone.typepad.jp/blog/2011/02/post-7cd9.html
◇「サウンドサイネージ」の実証実験を開始 /YAMAHA
http://www.yamaha.co.jp/news/2010/10092801.html
◇「インフォサウンド」をテレビ番組で実施/YAMAHA
http://www.yamaha.co.jp/news/2011/11052501.html
◇レストラン&アメリカンバー「TGIフライデーズ」 HP
http://www.tgifridays.co.jp/

◆カジタク、家事代行、販売拠点2.5倍に、百貨店・コンビニ拡大
イオングループで家事代行サービスを手掛けるカジタクは、家庭の清掃代行などをパッケージ化した主力商品「家事玄人(くらうど)」の販売体制を強化する。新たに百貨店向けの商品を開発し、9月中旬にも発売。百貨店やコンビニエンスストアで販売店を増やす。
[日経MJ 11/08/26]
◇カジタク「家事玄人」 HP
http://www.kajicloud.com/

◆企業アプリ眠らせない 楽しさで話題づくり、宣伝色抑え好印象
1日にアプリを起動する回数は男性の52回に対して女性は71回と約1.4倍。定期的な起動への期待は女性の方が大きい。レシピなどの根強い人気ぶりをみても、女性のアプリ選びは生活にどれだけ入り込めるかがポイント。実用的で暮らしに役立つアプリが広がりそうだ。
「デコ」や「カメラ」「お得」などもキーワード。携帯の活用にたけた中高生にも広まると、エンタメ色の強いアプリに人気が集まる可能性が高い。
[日経MJ/進化するMIT 11/08/29]
◇デジタルコンテンツのマーケティング「クエリーアイ」 HP
http://queryeye.com/jp/
◇マンダム「髪コレ」アプリ
http://www.lucido-l.jp/iphone/
◇ネスレの無料アプリ
http://m.nestle.jp/wellness/appli/
◇ドミノ・ピザジャパン スマホ注文アプリ
http://www.dominos.jp/smartphone/smartphone_app.html
◇スマートフォン市場に関する調査結果 2011/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/812.pdf
◇スマートフォン普及動向調査/ディーツーコミュニケーションズ
http://www.d2c.co.jp/news/d2cnews_11.04.27.pdf
◇アプリ解析の「ミログ」 HP
http://milog.co.jp/
◇インプレスR&D HP
http://www.impressrd.jp/
◇ビジネスパーソン必携!無料アプリを30本厳選/NIKKEI TRENDY
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20110106/1034121/?rt=nocnt

◆歓迎!「ノマド」様、PC活用 仕事場選ばず
オフィスに縛られず、どこででも仕事をするスタイルを「ノマドワーキング」と呼ぶ。
スマートフォンやタブレット端末など情報通信機器の進化はオフィスから働く男女を解放しつつある。働き方の変化が新しい需要層を生み出すのは確実で、「ノマド商機」は飲食業にとって経営上、無視できない要素となりそうだ。
[日経MJ 11/08/31]
◇ワーキング空間「ジェリージェリーカフェ」/渋谷経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/7831/
◇ウェブコンテンツ制作「ピチカートデザイン」 HP
http://pizzdesign.com/
◇パスタレストラン「ガストン・アンド・ギャスパー」 HP
http://gastonandgaspar.com/
◇銀座「ルノワール」 HP
http://www.ginza-renoir.co.jp/
◇原宿「ザ ターミナル」 HP
http://theterminal.jp/
◇ノマドの強い味方iPhoneアプリ「カフェマップ」
http://www.ttcbn.net/no_second_life/archives/12164
◇拡張機能アップデートで新聞スクラップが簡単に!
http://www.nw-style.com/2011_05_01_archive.html
◇仕事場をケータイするための10のコツ/life haker
http://www.lifehacker.jp/2011/04/110409mobileworkstation.html

◆生活スタイル多様化に調和、小型の「ソロ」「デュオ」家電
小型サイズのデザイン調理家電が続々登場している。用途を1人用、少量用に絞り、「ソロ家電」「デュオ家電」という新ジャンルを切り開く。飲みきり、食べきりの量のため、生活時間帯の違いや、多様化した味の好みで使い分けられる。卓上で手軽に使え、テーブルコーディネートの中で映えるのも魅力。今後の発展が期待できそうだ。
[日経MJ 11/08/31]
◇日本の家電ブランド「レコルト」 HP
http://www.recolte-jp.com/
◇レコルト「ソロオーブン」 HP
http://www.recolte-jp.com/product/solooven.html
◇レコルト「ポットデュオ」 HP
http://www.recolte-jp.com/product/potduo.html
◇レコルト「ソロブレンダー」 HP
http://www.recolte-jp.com/product/soloblender.html
◇アメリカのデザイン家電ブランド「「クイジナート」 HP
http://www.cuisinart.co.jp/
◇三陽プレシジョン運営「発明屋」 HP
http://yumepro.net/
◇ラクレットグリル について/楽天
http://item.rakuten.co.jp/hatsumeiya/raclette_duo_swiss/
◇ワッフル風の餅スナックがつくれる家電「モッフル」 HP
http://www.moffle.jp/

◆攻防宅配弁当 高齢者向け、伸び大きく 民間事業者、相次ぎ参入
生産力・物流網生かす
高齢者向け弁当の宅配市場が急拡大している。前年比2桁増の勢いで伸びており、少なくとも向こう4年間は増え続けるとの見方も出てきた。全国を網羅する事業者がまだ登場しない中で、各社は宅配エリアの拡大に注力。“陣取り合戦”が鮮明になりつつある。
[日経MJ 11/08/22]
◇宅配弁当「キッチンベル」 HP
http://www.kitchenbell.jp/
◇宅配弁当「ワタミタクショク」 HP
http://www.watami-takushoku.co.jp/
◇コープかながわ 夕食宅配「マイシィ」スタート
http://www.kanagawa-coop.or.jp/torikumi/fukushi/u01/torikumi_10536.html
◇高齢者向け食品市場と介護食品市場を調査/富士経済
https://www.fuji-keizai.co.jp/market/11085.html

◆被災地への思い込めた作品も ヨコハマトリエンナーレ開催
現代美術の国際的な祭典「ヨコハマトリエンナーレ2011」が、横浜市内の横浜美術館と日本郵船海岸通倉庫をメーン会場に開催されている。今回は、東日本大震災への思いを込めた作品のほか、浮世絵といった近世の美術も出品された。鑑賞者は現代美術だけでなく、過去の傑作にも接することで美術の歴史を俯瞰(ふかん)できる。
[産経新聞 11/09/01]
◇現代アート国際展「ヨコハマトリエンナーレ2011」 HP
http://www.yokohamatriennale.jp/
◇「ヨコハマトリエンナーレ2011」/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1312428459005/
◇ウーゴ・ロンディノーネ氏出品作品 について
http://fukuhen.lammfromm.jp/?p=13409
◇ヘンリック・ホーカンソン氏 HP
http://www.henrikhakansson.com/
◇ジュン・グエン=ハツシバ氏インタビュー
http://www.yaf.or.jp/magazine/2011/07/post-38.php
◇「ヨコハマトリエンナーレ2011」 について (Blog)
http://blog.yoh38k.sunnyday.jp/?eid=1611956
◇「ヨコハマトリエンナーレ2011」 について (Blog)
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2590
◇横浜美術館 HP
http://www.yaf.or.jp/yma/index.php

◆外国人訪日客、官民で呼び戻し、観光庁、旅行会社などと検討
観光庁は旅行会社やホテルなどと連携し、東日本大震災で激減している訪日外国人の呼び戻しに本格的に取り組む。官民合同の2つのワーキンググループを立ち上げ、一般向けの観光旅行、企業向けの報奨・研修旅行の具体案を練る。目的に応じた新しい訪日旅行商品を打ち出し、観光庁などが海外で展開するPR活動の際に売り込む。
[日経MJ 11/09/01]
◇英語版「ジャパン・アニメ・マップ」作成/JNTO
http://www.jnto.go.jp/jpn/downloads/110617_animemap.pdf
◇第1回「関西メガセール」実施/関 西 国 際 空 港
http://www.kiac.co.jp/news/2011/1374/megasale.pdf
◇訪日客も回復傾向、ホテルが値引きで“外国人誘致合戦”/産経
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110604/bsd1106040500000-n1.htm
◇観光客を呼び戻せ!留学生1100人が観光地チェック、母国に発信/産経
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110520/mca1105201725025-n1.htm
◇ビジット・ジャパン地方連携事業実施/国土交通省
http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/press/date/1106/pi_p110603.pdf
◇和食文化とおもてなしフェアin天津2011
http://www.washokubunka.com/images/pdf/index/Tianjin_fair.pdf

◆欠けた茶わん、ほつれたセーター 思い出もお直し
欠けた茶わんや割れた皿、ほつれたセーターを繕って楽しむ人が増えている。。安く買い替えることもできるが、丁寧に直すことでそこに詰まっている思いや人とのつながりを大切にしたいという機運が高まっているようだ。あえて目立つよう遊び心を盛り込めば、愛着はいっそう増すという。
[日経MJ/ブームの予感 11/09/07]
◇金継ぎ・陶磁器の修理・金継ぎ教室「四谷工芸室」 HP
http://www015.upp.so-net.ne.jp/saketobara/saito/
◇「金継ぎナイト」 について (Blog)
http://muitobem.blog136.fc2.com/blog-entry-24.html
◇6次元カフェ HP
http://www.6jigen.com/
◇6次元カフェtwitter
http://twitter.com/#!/6jigen
◇手芸家・横尾香央留氏 について
http://www.foiltokyo.com/gallery/exhibitions/yokoo/onaosi.html
◇手芸家・横尾香央留氏「お直し」 について(Blog)
http://www.veritacafe.com/special/100210/v0305.html
◇金継ぎ・陶器の修理・漆器修理紹介サイト
http://po6.nsk.ne.jp/~nusiya/

◆ドゥ・ハウス営業技術グループ太田猛氏 レシピ、入手先はネット
(1)食事を作る時のレシピ入手先で「インターネット(パソコン)」が77.9%に上
(2)レシピ使用場面は「おかずに悩んだとき」「冷蔵庫内の食材を活用したいとき」が多い
(3)欲しいレシピは生鮮3品。旬の食材を使ったレシピと、外食した雰囲気が味わえるレシピ
[日経MJ/消費分析 11/09/07]
◇ドゥ・ハウス「家庭でのレシピ使用状況」に関する調査結果
http://www.dohouse.co.jp/news/research/p20110725/
◇ケータイレシピ検索サイトに関する調査2011/net.asia.research
http://www.mobileresearch.jp/investigation/research_date_110225.html
◇料理レシピ検索調査レポート/jin-jour
http://www.jinjour.jp/news/29912.html

◆ガラスの空間、つながり育む、広告製版社の新社屋ビル
東京・芝浦に7月、「SHIBAURA HOUSE」という名前の、ひと際目立つビルが誕生した。全面ガラス張りの建物内はワークショップにイベント、展覧会と多目的に使える。実は新聞広告の製版を生業にしてきた広告製版社(東京・港)の新社屋だ。同社が街とつながり、人が集う空間デザインで新たな事業に挑む実験場でもある。
[日経MJ 11/09/07]
◇妹島和世氏設計「SHIBAURA HOUSE」 HP
http://www.shibaurahouse.jp/
◇新聞広告の製版業務「広告製版社」 HP
http://www.kohkoku.co.jp/
◇福永紙工株式会社「かみの工作所」 HP
http://www.kaminokousakujo.jp/
◇妹島和世氏の作品
http://uratti.web.fc2.com/architecture/sejima/sejima.htm
◇SHIBAURA HOUSE について (Blog)
http://livelifeds.blog106.fc2.com/blog-entry-460.html
◇ワークショップ「カラフルな雲をうかべよう」/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1314964940005/
◇「空気の器」 ワークショップ 2011in SHIBAURA HOUSE について(Blog)
http://hulatotabi.exblog.jp/13336938/

◆森がもたらす豊かな恵み 顧客育て、地域に活力
今年は「国際森林年」である。長い期間をかけて自然が育み、さまざまな形で自然からの実りを提供する森林は、短期的なマーケティング手段では与えることのできない効果をもたらすことがある。好例が育児用品などを手がけるピジョンの取り組みだ。同社は二十数年にわたって、森林への植樹活動を続けてきた。
[日経MJ/日経エコロジー中村建助編集長の環境マーケティング 11/09/09]
◇ピジョンCSR活動 HP
http://www.pigeon.co.jp/csr/
◇ピジョン赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーン について (Blog)
http://blog.goo.ne.jp/norika_827/e/bc7f0bce5760bf2ef02522cf62dc493e
◇吉里吉里国「復活の薪」 HP
http://kirikirikoku.main.jp/

◆合板「ペーパーウッド」、木と紙の積層、切り口に個性
木と紙を積層して圧着することで生まれた、新感覚の合板「ペーパーウッド」。断面の美しさを生かして店舗などの内装の建材や、じゅう器としても利用されつつある。さらにステーショナリーや家具などに用途を広げ始めた。経済性が高い合板の魅力はそのままに、デザイン性という価値が加わった点が評価されている。
[日経MJ 11/09/14]
◇紙のギャラリーショップ「西荻紙店」 HP
http://www.nishiogishiten.jp/
◇紙がテーマのギャラリーショップ「西荻紙店」/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/383013/
◇テラダデザイン一級建築士事務所 HP
http://www.teradadesign.com/
◇デザインスタジオ「ドリルデザイン」 HP
http://www.drill-design.com/
◇木工家具「フルスイング」 HP
http://www.fullswing-furniture.com/
◇ペーパーウッドの「合板研究所」 HP
http://www.drill-design.com/gohan/
◇環境配慮型合板などを開発「滝澤ベニヤ」 HP
http://www.takizawaveneer.co.jp/
◇中川政七商店×ドリルデザイン「ペーパーウッドトート」 について
http://www.yu-nakagawa.co.jp/yu/blog/?p=1122

◆美術館の個性見つめ直す 水戸芸術館とセゾン現代美術館
人と同様、美術館も節目には、来し方を見つめ直すもの。いま二つの現代美術系の館がそんな機会を迎えている。震災による休館から本格的に再開した水戸市の水戸芸術館は、人とのつながりを確認する展覧会を開催中。対して長野県軽井沢町のセゾン現代美術館は開館30年を記念し、所蔵品を再考する展覧会を開いている。
[朝日新聞 11/09/17]
◇水戸芸術館 HP
http://arttowermito.or.jp/ 
◇「カフェ・イン・水戸2011 かかわりの色いろ」 について (Blog)
http://muarc.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/2011-6138.html
◇建築家・磯崎新氏 HP
http://www.isozaki.co.jp/
◇セゾン現代美術館 HP
http://www.smma.or.jp/
◇菊竹清訓設計事務所 HP
http://www.kikutake.co.jp

◆団塊Jr、資格・検定に関心 親世代よりキャリアアップ必要に
(1)職業を選ぶに当たっての父親の影響は、団塊世代に比べて団塊ジュニアはやや低い
(2)団塊ジュニアは「当面必要な収入を得る」ため働き、キャリアアップに関心が高い
(3)団塊ジュニアは団塊世代より語学、IT関連を中心に資格取得や能力検定に高い関心
[日経MJ/消費分析 11/09/14]
◇女子力!「団塊Jr.世代のナイショの『内職』事情
http://www.kentei-news.com/news_ogduSMeCK.html 
◇団塊の世代ガイドブック
http://www.dankaiguide.com/
◇プレ団塊世代とポスト団塊世代
http://www.dankaiguide.com/knowledge/pre.html
◇ポスト団塊ジュニア考/リクルート住宅総研
http://www.jresearch.net/house/jresearch/vr/chapter01.html
◇団塊世代今後のライフスタイルと住まい調査/リクルート住宅総研
http://www.jresearch.net/house/jresearch/dankai/

| | トラックバック (1)

2011/09/11

情報クリップ・ダイジェスト 2011/08

◆スーパーでの買い物・温泉旅行に需要 「親と共に行動」が多数
(1)東日本大震災で家族の絆が自分に重要との意識が高まった人が76%
(2)同居家族と絆を強めるために一緒にしたいこととして、買い物は48%、外食は44%
(3)同居の親と一緒に行く旅行先での体験希望1位は「温泉に入る」ことで81%
[日経MJ/消費分析 11/07/20]
◇震災をきっかけとした「絆の見直し」調査/電通
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2011/pdf/2011083-0715.pdf
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇大震災後「親に対する意識・行動調査結果」/オヤノコトネット
http://www.oyanokoto-net.co.jp/pdf/result.pdf
◇クラブツーリズム HP
http://www.club-t.com/
◇大震災後、父の日に関するアンケート調査/enterking
http://www.sunset-co.jp/pdf/110518news.pdf

◆中川政七商店×PASS THE BATON 「Remake FUKIN はなふきん」
麻雑貨メーカーの中川政七商店は、東京のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON(パス ザ バトン)」とコラボしてオリジナルリメーク品となる「Remake FUKIN はなふきん」の先行販売を始めた。同商品は、同社人気商品の一つ「花ふきん」の製造工程で出る、縫い代のサイズが小さく同社の品質基準に満たない部分を利用したもの。
[奈良経済新聞 11/07/08]
◇麻織物を扱った和雑貨「中川政七商店」 HP
http://www.nakagawa-masashichi.jp/
◇セレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」 HP
http://www.pass-the-baton.com/
◇「Remake FUKIN はなふきん」紹介記事
http://www.elle.co.jp/decor/news/hanafukin11_0714
◇中川政七商店「粋更kisara」 HP
http://www.yu-nakagawa.co.jp/kisara/

◆長唄、息長~く、若者のおけいこ増加中 口語体CDも登場間近
敷居が高く、特別なものという印象が強かった長唄を、若い世代で習おうとする男女が増え、親からの世襲でもないのに職業として選ぶ人さえいる。長唄の世界でも、都内でライブを開く異色の女性ユニットが登場。歌謡界の大物作詞家を起用した口語体の長唄CDも制作中
[日経MJ/ブームの予感 11/08/05]
◇杵屋利光氏ファンサイト
http://www.nexyzbb.ne.jp/~hiskuwa/index.htm
◇長唄「杵徳会」 HP
http://kinetoku.com/
◇長唄協会
http://www.nagauta.or.jp/
◇長唄ドットコム
http://www.nagauta.com/
◇「スクイーズ☆ハジキーズ」松永鉄六氏ブログ
http://ameblo.jp/tetsu6/theme-10008561768.html

◆「SAKE HALL HIBIYA BAR」飲み方新鮮日本酒自由区
「サキ」カクテル若者魅了
バー運営の日比谷Barは、4月、東京・銀座に日本酒カクテル主体の「SAKE HALL HIBIYA BA(サキホールヒビヤバー)」を開いた。7つの蔵元のお酒を使い、新しい日本酒の飲み方を提案する。冷酒に氷を入れて提供したり、チョコレートカクテルにアレンジしたり。一見、邪道とも映るスタイルが日本酒を敬遠してきた若者に支持され、リピーターを増やしている。
[日経MJ 11/07/18]
◇バー運営の「日比谷Bar」 HP
http://www.hibiya-bar.com/
◇日本酒専門カクテルバー「sake hall hibiya bar」 HP
http://www.hibiya-bar.com/shop/sake_hall/
◇「日比谷Bar SAKE HALL」/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/380065/
◇日本酒カクテルで日本復興/フードリンクニュース
http://www.foodrink.co.jp/snapshot/ss1104/ss110419_hibiyabar.php
◇銀座の「SAKE HALL HIBIYA BAR」で7つの蔵元と日本酒カクテルを楽しむ
http://web.1week.cc/food/2011/05/17/15907/
◇銀座に日本酒カクテルバー「SAKE HALL」/銀座経済新聞
http://ginza.keizai.biz/headline/1426/

◆麻布十番にお茶と日本酒のカフェ&バー「Munni(ムーニ)」
全面ガラス張りの明るい店内に、ベビーカーを押して入れるようテーブルをゆったり配置した。公園が目の前という立地なので、お母さんたちが気兼ねなくくつろげる空間にし、店内には子どもが楽しめるおもちゃや授乳室、おむつの交換台、おむつのストックなども用意した。
[六本木経済新聞 11/08/04]
◇お茶と日本酒が楽しめるカフェ&バー「Munni(ムーニ)」 HP
http://www.munni.jp/

◆D2C、店頭で電子雑誌閲覧  スマホ向け、時間限定
ビックカメラ新宿西口店(東京・新宿)で、利用客が店頭でスマートフォンから家電情報誌を読めるようにする試みが始まった。利用客は自分のスマートフォンやタブレット端末に専用アプリをダウンロードする。そして店頭に表示された6桁の暗証番号を入力してログインすると、1時間限定で電子書籍化された雑誌を閲覧できる仕組みだ。料金はかからない。
[日経MJITの現場力 11/07/18]
◇生活用品情報誌「GetNavi WEV」 HP
http://getnavi.jp/
◇トレンド情報誌「DIME」 HP
http://www.digital-dime.com/
◇最新デジタル情報誌「デジモノステーション」 HP
http://www.digimonostation.jp/
◇電子コンテンツ店頭配信システム「すまほん。」
http://www.smhn.jp/
◇お店の中ならスマホで雑誌が無料「すまほん。」/YAHOO!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110812-00000055-zdn_m-mobi

◆「家具の旭川」世界の力集う、地元主催でデザインコンペ
北海道の旭川地区。ここは世界から注目される家具産地となりつつある。地元主催で世界的な規模のデザインコンペを活用し、技術力の研さんと国際的な情報交換を行い、デザインプロダクトの産地として独自に腕を磨いてきた。一見、地方の地味なコンペのようだが、家具産地の実力を底上げする原動力に育ってきた。
[日経MJITの現場力 11/07/20]
◇「国際家具デザインコンペティション旭川」 HP
http://www.asahikawa-kagu.or.jp/ifda/
◇川上元美氏 HP
http://www.motomi-kawakami.jp/
◇深澤直人氏 (wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E6%BE%A4%E7%9B%B4%E4%BA%BA
◇ケルン国際家具見本市「グローバローカル」 HP
http://www.project-globallocal.de/
◇ケルン国際家具見本市「グローバローカル」出展報告
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/asahikawa-kagu/diary/detail/201102090000/
◇arflex japan HP
http://www.arflex.co.jp/
◇TIME&STYLE HP
http://www.timeandstyle.com/
◇小林幹也氏 HP
http://www.mikiyakobayashi.com/
◇村澤一晃氏「ムラサワデザイン」 HP
http://www.murasawadesign.com/
◇織田憲嗣氏 (wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%94%E7%94%B0%E6%86%B2%E5%97%A3

◆ヨーカ堂、直営農場の野菜販売 食の安全・環境配慮訴え
普段は店頭に並ばない規格外野菜を積極的に販売するほか、近隣からの客を対象に収穫体験ツアーも開催。収穫量は多くないものの、食の安心・安全や環境負荷軽減などの企業姿勢のアピールが、プライベートブランド野菜の売り上げを押し上げるなど成果を生みつつある。
[日経MJ/売る技術光る戦略 11/07/20]
◇ヨーカ堂 直営農場「セブンファーム」 HP
http://www.itoyokado.co.jp/special/harumi/farm/
◇セブンファームの取り組み
http://www.maff.go.jp/j/nousei_kaikaku/n_kaigou/07/pdf/data2.pdf

◆売れるか「ネットチケット」 動画サイトが有料事業模索
これまで広告収入が主体だった動画サイトに、新たなビジネスモデルが生まれ始めている。動画サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴは、インターネットによる動画配信専用ライブハウス「ニコファーレ」を東京・六本木に開設。人気歌手らの生中継を視聴できるネットチケットの本格販売に乗り出し、課金モデルの確立を目指している。
◇動画配信専用ライブハウス「ニコファーレ」
http://nicofarre.jp/
◇ニコニコ動運営「ドワンゴ」 HP
http://pc.dwango.jp/
◇動画サイト「Ustream」
http://www.ustream.tv/
◇You Tube Live
http://www.youtube.com/live?gl=JP&hl=ja

◆替え刃式カミソリ、貝印、ツイッターで販促
ゲームと連動、イベント開催 /口コミで若年層開拓 シェア2割目指す
刃物や台所用品などを手掛ける貝印は替え刃式カミソリの販売を強化する。社内の販促専任チームを増員するほか、ソーシャルメディアを活用した新たな販促手法を導入する。
海外ブランドが先行する高単価の替え刃式市場でのシェア拡大を目指す。
[日経MJ 11/07/22]
◇貝印
http://www.kai-group.com/jp/
◇カイタッチプロジェクト HP
http://www.kai-group.com/jp/kaitouch/

◆ヨーロッパ流節電のススメ
節電の徹底が求められているこの夏、明かりや電気に対する日頃の習慣を見直すことで、同じ節約にも心のぜいたくやゆとりが生まれる。ヨーロッパの家庭では照明の代わりにキャンドルを使うことがしばしばある。光と影の中間にある「陰影」に安らぎを見いだす照明デザイナーもおり、伝統的な生活態度が現代人にとって指針となりそうだ。
[産経新聞/東日本大震災 今何ができる 11/07/24]
◇照明デザイナー、面出薫氏主宰「照明探偵団」 HP
http://shomei-tanteidan.org/
◇1000000人のキャンドルナイト HP
http://www.candle-night.org/jp/
◇表参道「チャリティー・キャンドルナイト」 HP
http://omotesando.or.jp/jp/topic/403
◇表参道「チャリティー・キャンドルナイト」  について (Blog)
http://blogs.yahoo.co.jp/miracle_photos_2/20535251.html
◇谷崎潤一郎著『陰翳礼讃』
http://www.kuniomi.gr.jp/togen/iwai/raisan.htm
◇もっと知りたい イサム・ノグチ/excite.ism
http://media.excite.co.jp/ism/043/
◇デュラン・れい子著 『フランス流 節電の暮らし』
http://allatanys.jp/C004/L0008M0060S1927TE004.html

◆スキルアップジャパン、動画使用通販支援、視聴しながら購入、可能
同社の動画配信サービスを活用し、動画の視聴中に商品をすぐに購入できるようにしたり、おすすめ商品の動画を自動的に表示したりするのが特徴。大画面のスマートフォンが普及し始め、動画を使うネット通販サイトが増えており、導入を働き掛けていく。
[日経MJ 11/07/25]
◇システム開発の「スキルアップジャパン」 HP
http://www.skillupjapan.co.jp/
◇デジタルサイネージ「ULIZA」 HP
http://www.skillupjapan.co.jp/solution/uliza_ds.asp
◇モバイルマーケティング「D2 COMMUNICATIONS」 HP
http://www.d2c.co.jp/
◇スマートフォンユーザの利用動向調査/D2 COMMUNICATIONS
http://www.d2c.co.jp/news/2011/20110421-556.html

◆金融危機が変えた消費 「モノ」より「知識」に支出
2008年の金融危機を経て、米国の消費者は様変わりしたという。その変化を詳しく追いかけた本「スペンド・シフト」の邦訳が先週、プレジデント社から出版された。米大手広告会社ヤング・アンド・ルビカムの消費者行動研究の専門家と、ピュリツァー賞受賞歴もあるベテランのジャーナリストによる共著だ。
どう変わったのか。勤勉、節約、公平、誠実といった理念を取り戻す。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 11/07/25]
◇『スペンド・シフト』 について (Blog書評)
http://rashita.net/blog/?p=6278
◇米大手広告会社「ヤング・アンド・ルビカム」 HP
http://www.yr.com/
◇電通ヤング・アンド・ルビカム HP
http://www.dyr.co.jp/
◇「上昇志向」の人もラグジュアリーに興味なし
/president.jp.reuters.com/article/2011/07/19/42AF4F52-ABA7-11E0-9571-B4223F99CD51.php

◆クーポン集客「いいね!」の輪
米フェイスブックが6月、日本でクーポンサービスを開始した。従来のクーポンとは異なり、販促効果は利用者にとどまらない。コメントや「いいね!」ボタンを通じて拡散するためだ。中には販促よりブランド構築に効果を見いだす企業もある。
[日経MJ 11/07/29]
◇ソーシャルメディア研究所 HP
http://socialmedialabs.jp/
◇ローソンFacebookページ
http://ja-jp.facebook.com/lawson.fanpage
◇クーポン解禁!さっそくローソンで活用/Miyamatsu_net
http://www.facebook.com/note.php?note_id=190752780976168
◇ファミリーマートFacebookページ
http://ja-jp.facebook.com/familymart.japan
◇Facebookチェックインクーポンの使い方/Webと人のアマモ場
http://www.amamoba.com/setuyaku/facebook-koupon.html
◇話題の無料集客サービス「チェックインクーポン」今とこれから
http://diamond.jp/articles/-/13374
◇フェイスブック利用率43%の台湾に学ぶFB集客活用術
http://www.media-wave.tv/all/facebooktaiwan01.html
◇Facebookによるフェースブックマーケティング最強実践ガイド
http://socialmedia360.jp/overseas/best-practice-guide-marketing-on-facebook-3.html
◇話題のFacebookで販促効果を引き出すPage運用法
http://niscomjapan.sakura.ne.jp/sblo_files/niscom-japan/image/facebookSP.pdf

◆大人カワイイ、輝かす機能美、貝印の化粧用品「コバコ」
フォルム・色にこだわり
カミソリのイメージが強い貝印(東京・千代田)が、化粧用品(ビューティーツール)ブランドの「KOBAKO(コバコ)」を展開して注目を集め始めている。これまで化粧品の「付属品」として扱われがちだった化粧用品を、化粧の主役の一つに育てたい考えだ。「大人のかわいさ」を重視して海外でも通用するブランドを目指す。
[日経MJ 11/07/27]
◇貝印化粧用品「KOBAKO」 HP
http://www.kobako.com/index2.php
◇貝印化粧用品「KOBAKO」 について (Blog)
http://blogsimplelife.blog11.fc2.com/blog-entry-70.html

◆育て!野菜ソムリエ、自治体、資格取得へ講座、地場産品のPR期待
国の補助事業などを活用し、求職者向けに資格講座などを実施。資格認定を手がける一般社団法人の日本野菜ソムリエ協会の協力のもと、資格取得者が考案した地場産品のレシピを地元ホテルでメニュー化するなど取り組みも打ち出し、資格の取得意欲を高める。
[日経MJ 11/07/29]
◇日本野菜ソムリエ協会 HP
http://www.vege-fru.com/

◆京都・東寺にベッドルーム?-イケア「3畳エキシビジョン」始まる
弘法大師ゆかりの東寺で7月28日、「3畳エキシビションin京都」が始まった。
8月にイケアのカタログが刷新されるのに合わせて行う同イベント。「パリで学んだ女性をモデルにしたエレガントな寝室」などのテーマを持つ12の3畳の部屋が並ぶ。
[烏丸経済新聞/11/07/28]
◇真言宗総本山 教王護国寺「東寺」 HP
http://www.toji.or.jp/
◇IKEA「3畳エキシビションin京都」
http://news.ikea.jp/life_home/3jyo/3jyo110729_2
◇IKEA「3畳エキシビションin京都」 について (Blog)
http://majikun.de-blog.jp/majikun/2011/07/ikea_0c73.html

◆顧客を相互紹介、住生活とセコム、提携発表
住生活グループとセコムは家庭向けの警備サービスや住宅リフォームなどの顧客開拓で業務提携すると発表した。医療・介護や防犯など住まいや生活関連の各種サービスの提供で手を組む。今秋に消費者からの相談に応じるコールセンターを2社で設けるほか、それぞれの顧客の相互紹介なども進める。商品の共同開発も検討する。
[日経MJ 11/08/03]
◇住生活グループ HP
http://www.jsgc.co.jp/
◇セコム HP
http://www.secom.co.jp/
◇セコムと住生活グループが業務提携
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=7297&code=5938

◆スマートハウス普及の条件 生活の質の向上実感がカギ
エネルギー・環境政策に不満な消費者は暮らしぶりを多少、犠牲にしてもスマートハウスに投資する可能性がある。「世のため消費」の意識をくすぐれば一定の需要をすくい取れる。
しかし大半は生活の質の向上といった実利がなければ動かない。多くの消費者を振り向かせるにはスマートシティーなどの舞台でHEMSの仕組みが持つ潜在力を実感させるのが有効だ。
[日経MJ/底流を読む 11/08/01]
◇スマートハウス情報活用基盤整備フォーラム HP
http://www.jipdec.or.jp/dupc/forum/eships/
◇太陽光発電総合研究所 HP
http://www.solar-eco.jp/
◇日産、スマートハウスの第一歩「LEAF to Home」を公開
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110803_464869.html
◇なぜスマートハウスが必要なのか
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1107/22/news099.html
◇スマートハウス市場の今後 (Blog)
http://rightseeds.blog27.fc2.com/blog-entry-194.html
◇藤沢市のスマートタウン構想 (Blog)
http://rightseeds.blog27.fc2.com/blog-entry-183.html
◇スマートハウス 住宅メーカーの意気込みと悩み
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/special/20100511/103789/
◇世界のスマートグリッド市場と日本企業へのビジネスチャンス
http://www.b-t-partners.com/pdf/100126.pdf
◇スマートグリッドに関する生活者調査/博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2010/20101217.pdf

◆文具・雑貨ブランド「水縞」 水玉と縞々、レトロで新鮮
渋み加えかわい過ぎず
大手メーカーと一線を画し、個人の店や作り手が作るデザイン文具が人気を集めている。文具と雑貨のブランド「水縞(みずしま)」もそのひとつ。水玉と縞々というありきたりな柄を使いながら、「ありそうでなかった」と思わせる商品は文具好きの間で知られた存在だ。6月に新たに東京・西荻窪にショールーム兼アトリエが誕生した。
[日経MJ 11/08/03]
◇文具・雑貨ブランド「水縞」 HP
http://www.mzsm.jp/
◇文具・雑貨ブランド「水縞」ブログ
http://mizushimadiary.seesaa.net/
◇吉祥寺・文具店「36 Sublo(サブロ)」 HP
http://www.sublo.net/
◇布の雑貨ブランド「プルンニー」 HP
http://www.apartment.gr.jp/phrungnii/
◇ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」 HP
http://www.souvenirfromtokyo.jp/
◇本と雑貨のセレクトショップ「恵文社一乗寺店」 HP
http://www.keibunsha-books.com/


◆日比谷花壇の観葉植物「SUSUSU」 竹炭と微生物で消臭効果
竹炭と微生物の働きで消臭効果が得られる観葉植物「SUSUSU(すーすーすー)」。
「消臭効果はもちろん、安全性や見た目にもこだわりたい」という消費者の声に応えた。
[日経MJ/この一品 11/08/03]
◇生きてるナチュラル消臭剤「SUSUSU」 HP
http://www.su-su-su.com/
◇生きてる自然の消臭剤「SU SU SU」/News2u.net
http://www.news2u.net/releases/88188

◆溶け合う文化、日用品に宿る、MOMAの店、トルコ企画展
優れたデザインを日常の中に、をコンセプトに商品を選定して販売するMOMA(モマ)デザインストア(アメリカ・ニューヨーク/東京・渋谷)。毎年、企画展「ディスティネーション」を開き、世界的に知られていない国や地域のアイテムを展示販売する。今年のテーマはイスタンブール。幾何学模様やリズミカルなラインが特徴的だ。
[日経MJ 11/08/10]
◇NY近代美術館「MOMAデザインストア」 HP
http://www.momastore.jp/
◇MoMAデザインストアにて「DESTINATION ISTANBUL」l 開催
http://new.veritacafe.com/archives/3324743.html
◇「DESTINATION ISTANBUL」 商品一覧
http://www.momastore.jp/feature5.asp?shopcd=11111

◆低価格ワインの人気上昇―生産国・産地にはこだわり強く
(1)ワインを飲む理由は「比較的安くておいしいワインの増加」が最も多く78%に達する
(2)購入基準で「生産国・産地」を挙げた人のうち、国だけでなく産地にこだわる人は60%
(3)「原料のブドウも日本産のワインは良質」と思う人は、ワイン飲用者の73%と多い
[日経MJ/消費分析 11/08/10]
◇日本のワイン市場/メルシャン
http://www.mercian.co.jp/enjoy/market.html
◇ワールドファインワインズ HP
http://www.worldfinewines.com/
◇ワインに関するアンケート調査2010年12月
http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=14902
◇ソムリエが試飲  西友の"低価格&高品質"なASDAワイン/マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/03/02/asdawine/

◆女性誌「マート」、日用品関連企業、コラボ続々
日用品関連企業が女性誌「Mart(マート)」とコラボレーション商品を相次ぎ企画・開発している。。マートは主婦の間に起きるブームの火付け役として注目される。日用品各社の開発の共通点は、通常より上の価格帯に挑戦していることだ。
[日経MJ 11/08/10]
◇生活情報雑誌「Mart」 HP
http://mart-magazine.com/contents/index.shtml
◇桃屋×Mart「桃屋塩だし汁」
http://www.jili.or.jp/lifeplan/rich/leisure/3.html
◇牛乳石鹸×Mart「ururua」 HP
http://www.ururua.jp/
◇ボールド×Mart「ダウニーシンプルプレジャーの香り」
http://jp.pg.com/news/release_pdf/20110614p01.pdf

◆スポーツツーリズム、民間連携組織の設立促す、観光庁が検討委
観光庁が提唱する「スポーツツーリズム推進基本方針」の取り組み   
・まちづくりと連動した地域固有のスポーツ関連コンテンツを開発
・国際競技大会の招致に向けて国家的な支援体制を整備
・外国人旅行者向けチケットの販売方法確立など旅行商品と情報発信を強化
・スポーツツーリズムを担う人材の認定制度を創設
・海外との窓口となる全国規模の連携組織を民間が設立
[日経MJ 11/08/12]
◇スポーツツーリズム推進基本方針
http://www.mlit.go.jp/common/000149957.pdf
◇カナダスポーツ観光連盟
http://www.mlit.go.jp/common/000127786.pdf
◇2010年度佐渡版スポーツ・ツーリズムのあり方について
http://www.city.sado.niigata.jp/admin/council/pdf/s_tour10/1012_r/1012_r.pdf
◇2010年度沖縄スポーツ・ツーリズム推進事業報告書
http://www3.pref.okinawa.lg.jp/site/contents/attach/24498/report00.pdf
◇電通×早稲田大学、地方自治体スポーツ施策の最新動向調査
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2011/pdf/2011079-0706.pdf

◆店で撮影、料理写真投稿、フェイスブック等に、カカクコムがアプリ
グルメサイト「食べログ」を運営するカカクコムは、利用者が撮影した飲食店の料理の写真を、食べログの店舗情報とともにツイッターやフェイスブックに投稿できるアプリの提供を始めた。食べログの情報が写真とともにツイッターやフェイスブックで拡散することで、食べログ自体の利用者の拡大につなげる考え。
[日経MJ 11/08/12]
◇食べログ、iPhone向け料理写真共有アプリ「食べラ」を公開
http://corporate.kakaku.com/wordpress/wp-content/uploads/2011/08/20110810.pdf

◆ヤマダ、住宅メーカー子会社化、M&A異業種に拡大
家電量販最大手のヤマダ電機が中堅住宅メーカーのエス・バイ・エルを子会社化する。今後の成長が見込める、次世代省エネ住宅「スマートハウス」事業の拡大が狙いだ。
[日経MJ 11/08/14]
◇ヤマダ電機
http://www.yamada-denki.jp/
◇住宅ハウスメーカー「エス・バイ・エル」 HP
http://www.sxl.co.jp/
◇ヤマダ電機が住宅業界に本格参入へ!/DIAMONDonline
http://diamond.jp/articles/-/13643
◇家電量販店のスマートハウス構想 (Blog)
http://rightseeds.blog27.fc2.com/blog-entry-196.html
◇特集「省エネ家電からスマートハウスに向かって」/ヤマダ電機
http://www.yamada-denki.jp/csr/pdf/report2011_12-15.pdf

◆電子図書館、売り込み強化、図書館流通センター
大日本印刷(DNP)グループで図書館向けに書籍を販売する図書館流通センターは公立図書館に対し、電子図書館への対応を促す活動を加速する。電子書籍や電子図書館の知名度を高めるイベントを実施。来館者が電子書籍を試せるように図書館に対応端末も貸し出し、電子図書館システムの受注拡大につなげる。
[日経MJ 11/08/14]
◇大日本印刷グループ運営「図書館流通センター」 HP
http://www.trc.co.jp/
◇電子ブックリンク集
http://www.booknet.co.jp/elebook/d-book2.htm
◇図書館in「無料電子図書館」
http://toshokan.in/
◇無料電子雑誌論文の見つけ方
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-400134.php

◆余暇市場8年連続縮小 
レジャー白書、昨年、2.1%減の67兆円、節約志向強く ピークの4分の3に
余暇の情報収集、デジタル化進む、「サッカーくじ」62%。「学習・調べもの」59%
進むレジャーの「デジタル化」――。
[日経MJ 11/08/05]
◇日本生産性本部 HP
http://www.jpc-net.jp/
◇「レジャー白書2010」に見るわが国の余暇の現状/中央調査社
http://www.crs.or.jp/backno/No634/6341.htm
◇共生型ネット社会の実現に向けて/情報通信白書2011年
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h23/html/nc213510.html
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h23/html/nc213520.html
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h23/html/nc213530.html
◇お稽古・習い事市場に関する調査結果2011/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/810.pdf
◇余暇活動に使う金額/生命保険文化センター
http://www.jili.or.jp/lifeplan/rich/leisure/3.html

◆「SAKE HALL HIBIYA BAR」飲み方新鮮日本酒自由区

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/08/08

情報クリップダイジェスト 2011/07

◆博報堂調査「応援」で暮らし前向きに社会参加意欲強く
(1)社会が進む方向の見通しとは逆に、自らの暮らしには楽観的
(2)社会と自身の暮らしへの意識のギャップやその背景は震災前からあるもの
(3)「応援消費」などを通じて社会に働きかける姿勢が、前向きに生きる“浮力”になっている。
[日経MJ/消費分析 11/06/22]
◇震災後の生活と消費の意識・行動に関する調査(原典)/博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20110513.pdf
◇「応援消費」から「つながり消費」へ /コメ兵
http://prtimes.jp/data/corp/3542/7f9beac8c5d92e45b5f8d446aa3529e1.pdf
◇「応援消費」で、日本版エシカル消費 /復興ニッポン
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110713/277552/
◇今までは募金、今後は“応援消費”/誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1105/09/news056.html

◆宿坊 心のぜいたく「清貧の境地」
東日本大震災以降、世の中に漂う漠然とした不安や無常観-。震災を経験し、自分の生き方を見直そうとしている人に「宿坊」と呼ばれるお寺の宿泊施設が注目されている。経済的なうえ、大自然に囲まれた環境の中で心のぜいたくも味わえる。不自由な環境が現代人を「清貧の境地」へいざなう。
[産経新聞 11/07/04]
◇曹洞宗の禅寺「福王山正覚寺」 HP
http://www1.ocn.ne.jp/~shougaku/
◇宿坊研究会 HP
http://syukubo.com/
◇宿坊選びのコツと泊まり方/All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/4975/
◇高野山宿坊組合・高野山観光協会 HP
http://www.shukubo.net/
◇宿坊体験/日経ウーマンオンライン
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20100720/107911/

◆奈良の古民家に古本と奈良ゆかりの雑貨販売
古民家の2階で、奈良が大好きな5人が共同経営する店「フルコト」。現在は、奈良にゆかりのある作家約20人の作品や著書などを販売。
[奈良経済新聞 11/06/27]
◇古本と奈良ゆかりの雑貨を販売する「フルコト」 HP
http://furukoto.jimdo.com/
◇近鉄奈良駅北側に広がるエリア「きたまち」 HP
http://www.kitamachi.info/
◇「フルコト」 について (Blog)
http://shiwonmahoture.blog115.fc2.com/blog-entry-1537.html
◇「フルコト」 について (Blog)
http://naraclub-naraclubpart2.blogspot.com/2011/06/blog-post_04.html
◇「フルコト」 について (Blog)
http://koharucafe.exblog.jp/15062700/

◆太古から変わらぬ姿、巨石に夢中 神秘的な存在感、魅了
巨石の魅力にはまる人が増えている。木々に埋もれるように鎮座していたり、絶妙なバランスで重なり合っていたり、まるで人の顔のように見えたり、とその種類は様々。実際に足を運ぶことができなくても、発刊相次ぐ関連書籍や各地で開催される講演会をのぞいてみれば、巨石の魅力は堪能できる。太古から変わらぬ姿のまま、朽ちることのない巨石。その存在感の大きさに心を引かれる人が多いようだ。
[日経MJブームの予感 11/06/17]
◇写真家・須田郡司氏 HP
http://www.sudagunji.com/
◇巨石巡礼
http://home.s01.itscom.net/sahara/stone/
◇巨石マニアがとりつかれる“巨石の魅力”とは?/exciteニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1246591350824.html
◇肥前大和巨石パーク について
http://f1.aaa.livedoor.jp/~megalith/park.html
◇世界最強最古のパワースポットは日本にあった!
http://www.myspiritual.jp/2010/07/post-1715.html
◇屋久島巨石ツアー
http://zuiunzi.net/igu/tabi1/yaku1.html
http://zuiunzi.net/igu/tabi1/yaku2.html
http://zuiunzi.net/igu/tabi1/yaku3.html

◆エスビージャパン、ブックカバー、電車の中吊広告ニッチ媒体3倍
エスビージャパンは隙間(ニッチ)の広告媒体の取り扱いを拡大する。広告を目にする消費者が特定層に絞られるといった隙間媒体の特徴を生かし、広告主の企業の目的に適した効果の高い媒体を提供する。
[日経MJ 11/06/20]
◇発売後90日以内の新製品情報を集めたリリースサイト「エスビージャパン」
http://www.sb-ja.jp/

◆セリアマルイジャム渋谷店 都心の「100円」女心つかむ
100円ショップ業界2位のセリアが渋谷駅近くに3月下旬、セリアマルイジャム渋谷店を開いた。東京都心部の中心市街地には初進出となる。東京23区内に10店強しかない同社にとって、消費者にイメージを訴求するモデル店の役割を託す。
[日経MJ 11/06/20]
◇100円ショップの「セリア」  HP
http://www.seria-group.com/
◇セリアマルイジャム渋谷店
http://kaiten-heiten.com/pdf/2011.03/seria_marui_jam_shibuya.pdf
◇「セリアマルイジャム渋谷店」 について/シブヤチャンネル
http://www.sibch.tv/fashion/news/2011/04/post_6.php
◇「セリアマルイジャム渋谷店」 について (Blog)
http://ameblo.jp/animal-cat-panda/entry-10937075235.html

◆中古・レンタル、抵抗感薄く 共有、節約・社会貢献で需要増
gooリサーチシニアリサーチャー堀靖司氏
(1)中古品やレンタル(共同利用)への抵抗感は薄まりつつある
(2)共有(シェア)でも、節約志向で社会貢献につながる商品・サービスに需要
(3)シェアの活性化に、コミュニケーションの場や、手軽で安心できるルールづくりが必要
[日経MJ/消費分析 11/06/29]
◇商品・サービスのシェアに対する意識(原典)/gooリサーチ
http://research.goo.ne.jp/database/data/001313/
◇スマート消費に関する調査/YAHOO!リサーチ
http://prtimes.jp/data/corp/624/df1abd2e0e41df0613539c6c025e8ed1.pdf
◇パソコン買い換えるなら?5割半が絶対新品/rTYPEアイシェア
http://release.center.jp/2010/08/2401.html

◆使い手を意識、機能美の新風、「±0」食器や雑貨も
スタイリッシュから質実剛健へ――。2003年に国内発のデザイン家電として産声を上げた「±0(プラスマイナスゼロ)」。最近は文具、雑貨、キッチン用品、食器とアイテムを広げ、買いやすい価格や多様な買い手を意識したモノ作りに乗り出し始めた。それに伴い「時代の真ん中をとらえる」デザインにも変化が表れている。
[日経MJ 11/06/22]
◇家電雑貨ブランド「±0(プラスマイナスゼロ)」 HP
http://www.plusminuszero.jp/
◇±0新プロダクトと新ショールーム/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1299371718005/
◇深澤直人氏 (wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E6%BE%A4%E7%9B%B4%E4%BA%BA
◇中尾アルミ製作所 HP
http://www.nakao-alumi.jp/
◇キッチン雑貨店「ラ・クッチーナ・フェリーチェ」 HP
http://www.lacucinafelice.com/

◆美を堪能する夏のレジャー
「穴場」は大学にあり
本格的なレジャーシーズンを前にして、とっておきの隠れ家美術館をお薦めしよう。大学付属の美術館である。最近は、「開かれた大学」の一環として、一般客も気軽に入れる面白い大学美術館が増えている。
[日経MJ/日経おとなのOFF森田聡子編集長のオトナ行動学 11/06/24]
◇成安造形大学 キャンパスが美術館! HP
http://www.seian.ac.jp/seianproject/projects/project14.html
◇12の魅力発信、成安造形大学「キャンパスが美術館」/京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20110521000098
◇成安造形大学「キャンパスが美術館」 (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=SjbjWn6s6-o
◇大阪芸術大学博物館 HP
http://www.osaka-geidai.ac.jp/geidai/museum/
◇武蔵野美術大学美術館・図書館 HP
http://www.musabi.ac.jp/outline/facility/library_museum/
◇武蔵野美術大学美術館・図書館  について(Blog)
http://www.tku.ac.jp/~library/blog/index.php?UID=1280811656
◇武蔵野美術大学美術館・図書館  について(Blog)
http://bebetoku.exblog.jp/11710123/
◇東京芸術大学大学美術館 HP
http://www.geidai.ac.jp/museum/
◇東京芸術大学大学美術館 について(Blog)
http://plysima2.exblog.jp/8614994/

◆建築家、隈研吾さんに聞く 新しい暮らし方のデザインを提案
建築家による復興支援グループ「帰心の会」を立ち上げた建築家、隈研吾さん(56)。東北の文化とは何なのかをきちんと見すえて、「場所の再生」を目指したいという。
職人の力をデザインの力でサポートするプロジェクトを始めた。
[産経新聞/再生の設計図 11/07/07]
◇隈研吾建築設計事務所 HP
http://kkaa.co.jp/
◇山本理顕建築設計事務所 HP
http://riken-yamamoto.co.jp/
◇内藤廣築設計事務所 HP
http://www.naitoaa.co.jp/
◇妹島和世氏 (wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%B9%E5%B3%B6%E5%92%8C%E4%B8%96
◇伊東豊雄築設計事務所 HP
http://www.toyo-ito.co.jp/
◇気仙大工左官伝承館 HP
http://www.3riku.jp/kanko/docs/attractions/denshoukan.html
◇東日本大震災復興計画情報ポータルサイト/国土技術研究センター
http://www.jice.or.jp/sinsai/sinsai_result.php?q=%88%C9%93%8C%96L%97Y&t=2
◇日本の職人の技術を世界が渇望している/隈研吾氏 東洋経済
http://www.toyokeizai.net/business/interview/detail/AC/f2d75c6a7b35beeb7c20fa330b1d64b2/

◆買い手と交歓、ヒントの源泉 照明・雑貨デザイナーが「直販」
「セルフプロダクション」という言葉を最近よく耳にする。企業に属さないデザイナーが自ら作ったものを直接買い手に販売することで、照明やインテリア雑貨といったプロダクト分野ではあまり見掛けない光景だった。東京都内では若手の作り手が集って、自分たちのデザインやモノ作りを来場者に熱く語るイベントが頻繁に開かれている。
[日経MJ 11/06/29]
◇千駄ケ谷のギャラリー&ショップ「プロット」 HP
http://www.plot-tokyo.com/
◇「SPRING CARAVAN 2011」 HP
http://www.caravancaravan.com/
◇プロダクトデザインユニット「印(イン)デザイン」 HP
http://www.indesign.jp/
◇プロダクトデザイナー・海山俊亮氏「マイクロワークス」 HP
http://www.microworks.jp/
◇デザインユニット「501(ゴーマルイチ)デザインスタジオ」 HP
http://501designstudio.com/
◇プロダクトデザイナー・酒井俊彦氏 HP
http://www.sakaidesign.com/

◆アークヒルズに期間限定農園 北海道の夏野菜の収穫体験も
アーク・カラヤン広場で現在、夏イベント「マルシェファーム北海道」が行われている。ヒルズマルシェでは、北海道の農産物や加工品を販売する「北海道ファームブース」を展開。北海道から来た子ヤギと羊の毛刈りが見学できる「ヤギと羊とのふれあい」や、電動立ち乗り二輪車「セグウェイ体験」を展開。
[赤坂経済新聞 11/06/29]
◇マルシェジャポン HP
http://www.marche-japon.org/area/1303/news/
◇夏のイベント 「アークヒルズ 北海道サマー」
http://digitalpr.jp/r/177
◇「農業ルーキーズクラス」主催「農家のこせがれネットワーク」 HP
http://kosegare.net/
◇「マルシェファーム北海道」 について (Blog)
http://blog.livedoor.jp/stopdaka2005/archives/51846077.html

◆量り売り総菜、情報発信を、協会指針、ホームページ活用促す
日本惣菜協会は総菜や弁当の原材料に関する情報提供のガイドラインをまとめた。商品ラベルや値札へのアレルギー物質などの表示を義務付けられていない量り売りの総菜を主な対象にホームページを使った情報発信などを会員企業に促す。
[日経MJ 11/07/01]
◇日本惣菜協会 HP
http://www.souzai.or.jp/

◆「アメーバピグ」仮想アイテム拡販法 イベント・流行作り消費喚起
アイテム価格に基準設け混乱防ぐ/登録1周目に購入促す仕掛け
「アメーバピグ」では、アバターに着せる服などの「仮想アイテム」の売れ行きが好調で、月間の売り上げが3億円に上る。形のない商品をどう売っていくのか。その販売術を探る。
[日経MJ 11/07/01]
◇仮想空間サービス「アメーバピグ」
http://pigg.ameba.jp/
◇おもしろい無料ゲームで遊ぼう! (Blog)
http://www.omoroigame.com/games/

◆キティ、世界で稼ぐ、サンリオ ライセンス主体に転換
ブランド管理、きめ細か/「1業種1社」常識破る/国際企業に照準、H&Mやネスレ
海外ライセンス事業で企業形態を劇的に変えたサンリオ。キャラクターを陳腐化させないよう注意を払いながらも、スピーディーに事業を広げる仕組みを整えつつある。自前主義を抑え、海外のグローバルメーカー・流通業にライセンスを供与して一気に販路を広げる事業モデルを採用したことで、高収益体質に転換した。
[日経MJ 11/07/04]
◇サンリオ「ハローキティ」 HP
http://www.sanrio.co.jp/characters/hellokitty/
◇ハローキティとスワロフスキーのコラボジュエリー
http://www.sanrio.co.jp/corporate/release/detail/50 
◇スワロフスキー輝くハローキティ(facebook)
http://www.fashionsnap.com/news/2011-06-29/kitty-swarovski-kara/
◇スワロフスキー HP
http://www.swarovski.com/Web_JP/ja/index
◇キティに次ぐ柱構築、キャラ買収に最大300億円/Bloomberg
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_conewsstory&sid=ar5Avzu4TUmc&tkr=WMT:US
◇米国ライセンス賞ハローキティがキャラクター・トイ部門受賞
http://www.animeanime.biz/all/116173/
◇中国浙江省に「ハローキティパーク」14年開園/Sankei
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110509/bsd1105090501000-n1.htm

◆使用場面を想定し商品陳列、キャンドゥが導入、まとめ買い促す
100円ショップ3位のキャンドゥはVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)を導入し始めた。使用場面をイメージできるようにコーディネート陳列し、客のまとめ買いを促す。商品ディスプレーに一定の広さを要するため、原則500平方メートル規模の大型店に導入する。
[日経MJ 11/07/06]
◇100円ショップ「キャンドゥ」 HP
http://www.cando-web.co.jp/

◆独創的な設計の幼稚園・保育園、子どもの個性、開放感が育成
建物全体が遊具のようだったり、はたまた美術館に見えたり――。幼稚園や保育園で独創的なデザインの園舎が相次いで誕生している。第2次ベビーブーム時に開園した施設が建て替えの時期を迎えているのが一因。揺れる教育や少子化が進む中で、子どもたちに用意すべき環境とは何か、若手の建築家たちが果敢に挑み始めている。
[日経MJ 11/07/06]
◇埼玉県狭山市「狭山ひかり幼稚園」 HP
http://www.sayama-hikari.com/
◇アタカケンタロウ建築事務所 HP
http://www.ataken.com/
◇千葉県柏市「こばとこどもえん」 HP
http://www.kashiwa-kids.ed.jp/kobato/
◇山崎壮一建築事務所 HP
http://www.so1architect.com/
◇東京都立川市「ふじようちえん」 HP
http://fujikids.jp/
◇佐藤可士和氏 HP
http://kashiwasato.com/#daiwa
◇手塚貴晴・由比氏 手塚建築研究所 HP
http://www.tezuka-arch.com/japanese/
◇「ふじようちえん」に行ってきました (Blog)
http://cabanon.exblog.jp/5333974/

◆国会図書館が電子本を貸す日 有料でデータ開放
国立国会図書館法を改正する準備が始まった。すべての出版物を国会図書館に納品する制度の対象に電子出版物を加えるためだ。そこに、国会図書館が収蔵する電子書籍のデータを販売や貸し出しに充てる構想が浮上した。仕掛け人は国会図書館の長尾真館長。
[日経MJ/コンテンツ流通覇権の行方 11/07/08]
◇国立国会図書館 HP
http://www.ndl.go.jp/
◇グーグルの電子書店が開始/アマモ場
http://www.amamoba.com/pc/google-editions.html
◇残す責任:電子辞書と図書館/SYNODOS JOURNAL
http://webronza.asahi.com/synodos/2010122100001.html

◆上高地の魅力、外国人が発信、英語でブログ内外から集客
既存の観光案内を翻訳するのではなく、地元在住の外国人が「記者」として記事をブログに執筆、国内外の外国人を呼び寄せようという作戦だ。外国人の視線を重視して他の地域との違いを打ち出し、東日本大震災後に低迷する観光客の増加につなげる。
[日経MJ 11/06/20]
◇Sacred Highland Kamikochi(聖なる高原 上高地) HP
http://www.kamikochi.org/
◇NPO法人「SCOP」 HP
http://www.npo-scop.jp/
◇上高地、外国人の目で再発見 (Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/okubyoukabu/diary/201010220007/

◆「超クールビズ」一般人が紹介、ユニクロ、サイト上にページ開設
一般の会社員が従来の職場での服装と、ユニクロの衣料を着用した今夏の軽装スタイルを画像で表示。画像の下には着用している衣料の紹介ページに移れるリンクをつけ、そのままネット上で購入できるようにした。
[日経MJ 11/07/08]
◇ユニクロオンラインストア
http://store.uniqlo.com/jp/store/men/
◇ユニクロ「スーパークールビズ」提案/oricon life
http://life.oricon.co.jp/88289/full/
◇「クールビズ」で想起する企業名1位は「ユニクロ」/日経TRENDY NET
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110704/1036658/
◇クールビズ導入にともなう服装と身だしなみ調査/マクロミル
http://www.macromill.com/r_data/20110701coolbiz/

◆高齢者に優しい店、スーパー各社、マルエツ、視・触覚低下を“体験”
マルエツは全従業員を対象に、視覚低下などを疑似体験できる研修を導入。エコスは高齢者の購入率の高い商品の陳列方法を見直し始めた。
[日経MJ 11/07/10]
◇高齢客にやさしいスーパー/Yomiuri
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=33141
◇全日本食品、らでぃっしゅ、高齢者対応強化/リテールテックJAPAN
http://www.shopbiz.jp/rt/news/70038.html
◇高齢客にやさしいスーパー/YOMIURI
https://secure.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=33141&from=wn

◆雑貨・文具ブランド「ジオグラフィア」、地球テーマ、緻密な造形美
地球や地理、地形をテーマにした雑貨と文具のブランド「ジオグラフィア」。香川県三豊市の印刷会社、マルモ印刷が外部のデザイナーを起用して開発した商品だ。紙に施された特殊な印刷と紙加工の技術が新たな紙製品の可能性を切り開いたようだ。
[日経MJ 11/07/13]
◇地球」をテーマした雑貨と文具のブランド「ジオグラフィア」 HP
http://www.geo-grafia.jp/
◇「ジオグラフィア」INFORMATION
http://www.geo-grafia.jp/information/
◇マルモ印刷 HP
http://www.marumo-print.co.jp/
◇国際見本市「インテリアライフスタイル」 HP
http://www.interior-lifestyle.com/
◇林裕輔・安西葉子氏デザインスタジオ「ドリルデザイン」 HP
http://www.drill-design.com/
◇インテリア・ショップ「リビング・モティーフ」 HP
http://www.livingmotif.com/

◆ネット通販モール、フェイスブック活用支援
ネット通販モールの運営各社は加盟店がフェイスブックを販促に活用しやすいよう支援に乗り出した。楽天は商品情報の更新を代行するシステムを構築する。ディー・エヌ・エー(DeNA)はページ作成の有料サービスを開始した。
[日経MJ 11/07/13]
◇ディー・エヌ・エー(DaNA) HP
http://dena.jp/
◇マーケティング支援の「桜丘製作所」facebookページ
http://ja-jp.facebook.com/sakuragaokase
◇桜丘製作所、Facebookを活用したソーシャルコマース支援事業に参入   
http://www.venturenow.jp/news/2010/12/21/1536_009091.html
◇「楽天」 facebookページ
http://ja-jp.facebook.com/RakutenIchiba

◆企業のソーシャルメディア活用 利用者の属性、吟味を
アジャイルメディア・ネットワーク社長
(1)ミクシィ上で実施したナイキのキャンペーンが213万人を集める。
(2)日本においてはソーシャルネットワークサービスは戦国時代に。
(3)自社のターゲットがどこにいるかを見きわめて選択することが重要。
[日経MJ/徳力基彦のECの波頭 11/07/13]
◇「NIKEiD FRIENDS STUDIO」キャンペーン HP
http://idc.nike.jp/nike_id/friend_studio/
◇アジャイルメディア・ネットワーク HP
http://agilemedia.jp/
◇ソーシャルメディア活用企業調査/アジャイルメディア・ネットワーク
http://agilemedia.jp/pressrelease/amn50.html

◆家電・発電一体制御で統一規格 東芝等10社、省エネ住宅で連携
東芝やパナソニック、東京電力など10社は、太陽光発電や家電などを組み合わせた次世代型の省エネ住宅「スマートハウス」の普及に向けた環境整備を共同推進すると発表した。
[産経新聞 11/07/13]
◇省エネ住宅推進に向けた「HEMSアライアンス」始動
http://www.japan-market.jp/news_UDOOoAIXu.html

◆御徒町、蔵前、徒蔵探訪 人情味+おしゃれ、若者も魅了
モノづくりの伝統 デザイナーが継ぐ
御徒町から蔵前にかけての一帯が「徒蔵(かちくら)」と呼ばれる人気スポットになっている。ここ数年、バッグや生活雑貨のデザイナーが工房や仕事場を兼ねた店舗を相次いで開業。デザイナー自身が接客したり、仕事場の様子を公開したりとモノづくりを身近に感じることができるのが魅力だ。おしゃれな商業ビルなどもお目見えし、若者から年配者まで周辺を散策する人々が増えている。
[日経MJ/ブームの予感 11/07/15]
◇デザイン雑貨「SyuRo(シュロ)」 HP
http://www.syuro.info/
◇デザイン雑貨「SyuRo(シュロ)」について (Blog)
http://antonmin.exblog.jp/11913241/
◇デザイン雑貨「SyuRo(シュロ)」について (Blog)
http://antonmin.exblog.jp/11616581/
◇皮革雑貨「コケット」 HP
http://www.coquette.jp/concept/
◇台東デザイナーズビレッジ HP
http://www.designers-village.com/
◇高架下にできたものづくりの街「2k540」 HP
http://www.jrtk.jp/2k540/
◇皮革雑貨「エムピウ」 HP
http://www.m-piu.com/
◇外食店運営「バルニバービ」 HP
http://www.balnibarbi.com/
◇商業ビル「ミラー」 HP
http://www.mirror-ep1.com/
◇台東モノづくりマチづくり実行委員会「モノマチ」 HP
http://www.monomachi.com/
◇「徒蔵(かちくら)」について (Blog)
http://bg-shop.jugem.jp/?eid=228

◆「賢」実志向、半年後も継続 買い控えせず、こまめに買い物
イーライフ取締役リサーチャー石井順子氏
(1)震災後の「賢」実消費の傾向は一過性ではなく、秋に向けて一段と強まる
(2)関東と東北では秋に向けて割高商品の消費が弱まるが、その他の地域では逆に強まる
(3)消費者は今後も照明や空調は現状レベルで十分と考え、無駄を省いた社会を望んでいる
[日経MJ/消費分析 11/07/06]
◇マーケティング会社「イーライフ」 HP
http://www.elife.co.jp/
◇口コミサイト「バズライフ」
http://www.buzzlife.jp/
◇東日本大震災復興支援ポータルサイト/YahooJapan!
http://shinsai.yahoo.co.jp/

| | トラックバック (0)

2011/07/14

情報クリップ・ダイジェスト 2011/06

◆買い物上手の進化加速 震災後、社会貢献の意識高まる
(1)東日本大震災は消費の力を気づかせ、社会貢献重視の購買行動を促す契機となった
(2)買い物上手像も脱・目先の利得へと進化。「消費で社会に種まき」の一粒万倍派が浮上
(3)企業は社会貢献を大上段にとらえず、生活提案としてモノやサービスに組み込む工夫を
[日経MJ/消費分析 11/06/08]
◇震災後の消費者意識の変化/AdverTimes
http://www.advertimes.com/20110525/article16436/
◇CSRとしての震災ボランティアを考える/ニッセイ基礎研究所
http://www.nli-research.co.jp/report/researchers_eye/2011/eye110517-2.html
◇気軽な社会貢献につながる情報サイト「SoooooS.」
http://sooooos.com/
◇震災後3ヶ月の消費、社会貢献に関する意識変化/SoooooS.
http://sooooos.web.fc2.com/110620survey.pdf
◇社会貢献消費、日本は最下位/2010年11月現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1549
◇Webに広がる震災被災地支援 2011年は「マイプロジェクト元年」/現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/print/2335

◆坂本龍一氏団体が木造仮設住宅の建設支援 地場産材を活用
音楽家・坂本龍一さんが主宰する森林保全団体「モア・トゥリーズ」が、東日本大震災の被災者向け木造仮設住宅の建設を支援するプロジェクト「LIFE311」を進めている。被災地周辺の地場産材を使い、地元の工務店が建設することで、森林保全と雇用創出を促す。
[産経新聞 11/06/13]
◇坂本龍一氏主宰 森林保全団体「モア・トゥリーズ」 HP
http://www.more-trees.org/
◇被災者向け木造仮設住宅建設支援「LIFE311プロジェクト」 HP
http://life311.more-trees.org/
◇発起人、坂本龍一氏・平野友康氏震災支援サイト「kizunaworld.org」
http://kizunaworld.org/
◇「モア・トゥリーズ」 新潟市で木質エネルギーの協働協定
http://www.japanfs.org/ja/pages/030686.html

◆旅人宿で過ごす夏、相部屋で知る、人との絆
男女別の相部屋で、知らない人同士が寝泊まりする宿泊施設を「旅人宿」と言う。
男女年代を問わず一人旅は増えているが、震災後、人との絆に価値を見出す人が増えているため、「旅の目的=人との交流」の傾向が強まる可能性はある。この夏「旅人宿」が注目を浴びるかもしれない。
[日経MJ/日経ウーマン麓幸子編集長の女性真理学 11/05/16]
◇相部屋民宿「ゆきの小舎」 HP
http://www.ne.jp/asahi/is/ys/
◇とほネットワーク旅人宿の会 HP
http://www.toho.net/
◇「震災後の被災地支援及び価値観の変化」に関する調査結果/gooリサーチ
http://research.goo.ne.jp/database/data/001317/
◇震災後、約18%の人が習いごと開始/ケイコとマナブ
http://www.keikotomanabu.net/article/newsrelease/

◆できるサービス持ち寄って、技々交換 友達づくり・顧客開拓にも
自分の持っている知識や技術を等価交換する「Toka!!(トーカ)」に注目が集まっている。10人程度が参加する会合で、お互いのサービスを交換しあうもの。原則、参加費以外お金がかからないのが特徴で、発足から約1年、会は全国に広がり始めている。
[日経MJ/ブームの予感 11/05/18]
◇サービス等価交換「Toka!!」 HP
http://to-ka.biz/
◇渡辺仁氏 ペンネーム・はまち。「朝バナナダイエット」 HP
http://www.asabanana.net/
◇渡辺仁氏 ペンネーム・はまち。著 『Toka!!』
http://www.seigetsusha.co.jp/toka.html
◇サービス等価交換Toka!!トーカー (facebook)
http://www.facebook.com/MasudaYoshikazu

◆本との出合い演出
自分好みの本だけに出合いたい――。そんなわがままな読者を新たな購買層として開拓するため、本をつくるプロセスを変える試みも出始めた。東京・六本木や青山など流行に敏感な人が集まる地域で、注目されているのが「ZINE(ジン)」だ。
書店側が消費者を本に引き合わせるための仕掛けとして設け、定着したものに「本屋大賞」がある。2004年に5~6人の書店員らが始めた。11年の受賞作は東川篤哉氏の「謎解きはディナーのあとで」。賞を追い風に135万部を発行した。
[日経MJ 11/05/18]
◇個人が自分の意思で好きなように作り、読まれる本「Zine」 HP
http://zinesmate.org/
◇「zine」 について (Blog)
http://pankov.wordpress.com/2010/05/22/zine-mania/
◇zineの作り方 (YouTnbe)
http://www.youtube.com/watch?v=7uA-ofcCVwE
◇オンライン古書店「ユトレヒト」 HP
http://www.utrecht.jp/
◇アート界の新たなムーブメント、ZINE/BRUTUS
http://xbrand.yahoo.co.jp/category/entertainment/3579/1.html
◇三省堂 オンデマンド/ニュースリリース
http://www.books-sanseido.co.jp/blog/all/2010/08/post-129.html
◇本屋大賞実行委員会が運営する文学賞「本屋大賞」 HP
http://www.hontai.or.jp/
◇幅允孝氏オフィシャルサイト「BACH」
http://www.bach-inc.com/
◇幅允孝氏「ブック・ディレクターという仕事」/excite.ism
http://media.excite.co.jp/ism/133/
◇ブックディレクター・幅允孝氏インタビュー/BizCOLLEGE
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20101215/254783/ 
◇「カフェ・カンパニー」 HP
http://www.cafecompany.co.jp/
◇旅の本屋「BOOK246」 HP
http://www.book246.com/
◇旅の本屋「BOOK246」 について (Blog)
http://www.midori-japan.co.jp/tr/blog/2007/10/post_28.html

◆「売れる商品」店頭に学べ、若手クリエーターの販売イベント
若手・新進クリエーターが、ユニークでありつつ日用品としても使いやすい商品の開発に知恵を絞っている。店頭での商品販売イベントを通じて、消費者や流通業の声を聞きながら試行錯誤するクリエーター。商品としてのデザイン性と日用性のバランスを探る場としており、流通業者にとっては「売れる商品」を学んでもらう狙いがある。
[日経MJ 11/05/18]
◇渋谷PARCO「Tento-2DAYS MARKET」 HP
http://www.parco-shibuya.com/web/1010tento/
◇海外でも人気のTシャツブランド「シキサイ」 HP
http://www.shi-ki-sa-i.com/
◇Tシャツブランド「シキサイ」インタビュー
http://www.tokyotshirts.com/brand_interview/brand_interview_014.html
◇「東京インターナショナル・ギフト・ショー」 HP
http://www.giftshow.co.jp/tigs/71tigsinvitation/
◇東京のデザインユニット「スリーミン・グラフィック・アソシエイツ」 HP
http://www.3min.jp/
◇京東都BLOG・洛中洛外図「和片(わっぺん)」
http://kyototo.exblog.jp/13750006/
◇「coocooo&twelvetone(コクウ アンド トゥエルブトーン)」 HP
http://cocoo.jp/

◆知っておきたい地元の歴史 ネットで古地図閲覧も
東日本大震災による液状化の影響などで、各地で地域の歴史を知ろうとする動きが高まっている。自分の住む地域は昔どんな土地で、過去に何が起こったのか。古地図や郷土史の中に防災のヒントがあるかもしれない。
[産経新聞/東日本大震災 今何ができる 11/05/19]
◇古地図リンク集
http://www.hir-net.com/link/map/oldmap.html
◇グーグルアースで古地図を見よう!
http://googleearth.raifu.info/
◇歴史的農業環境閲覧システム HP
http://habs.dc.affrc.go.jp/
◇賃貸検索に防災機能、古地図等リスクを減らす動き/zakzak
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20110608/zsp1106081226001-n1.htm

◆復興支援で堂々と稼ぐ
社業を通して長期的に東日本大震災復興への支援を続けようと、「コーズ・リレーテッド・マーケティング」(CRM)が注目を集めている。
長きにわたる復興では、民間企業の力がものをいう。社業と連動した復興支援を行い、かつ収益を上げることで納税にも寄与していくというサイクルを作ることが、経済の復興のためにも、自粛ムードに流されないためにも必要となる。
[日経MJ/マーケティング八塩圭子ゼミ 11/05/23]
◇国際協力NGO「CARE日本事務局」 HP
http://www.careintjp.org/
◇コーズ・リレーテッド・マーケティングとは
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/02number/200812/12toku1.php
◇ボルヴィック、ネピアに見るコーズリレーテッドマーケティング
http://www.insightnow.jp/article/3256
◇アサヒビール「うまい!を明日へ!」/csr-communicat
http://www.csr-communicate.com/modelcase/20100614/csr-7156
◇フロンロラインプラス「セーブペットプロジェクト」 HP
http://www.frontlineplus.jp/spp/concept1.php
◇「消費者」として「企業」として、いま、何ができるのか?
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/03/23/9973
◇買えば義援金に分配される商品・サービス一覧
http://matome.naver.jp/odai/2130259714577037801

◆「ライトキューブ」目から元気に 力強さ宿す手づくりの美
かわいさと毒気共存
今は元気が出て明るい気分にさせてくれるデザインに目が行きがちな人も多いだろう。「LIGHT CUBE(ライトキューブ)」もそんなパワーを感じさせる男女2人組のデザインユニットだ。彼らの色と柄は効率より、あえて遠回りのモノ作りを選んだ自戒の思いから生まれた。
[日経MJ 11/05/23]
◇LIGHT CUBE HP
http://www.light-c.com/
◇OZONE「HAPPY,BRIGHT,GAUDY」 HP
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1127.html
◇OZONE「HAPPY,BRIGHT,GAUDY」 について (Blog)
http://blog.goo.ne.jp/kurmi_963/e/21b059c57219be5f8d87380ecb3ceb5a

◆妊婦向け旅行プラン サービス充実 出産前に彼と「静」の思い出
働く妊婦に役立つ情報を発信するウェブサイト「ニンプス」と日本旅行が手を組み、そんな妊婦に応える旅行プラン「Baby mooon(ベビームーン)」を打ち出した。近畿日本ツーリストは平成19年から「マタニティプラン」を展開している。昨年度の利用者数は前年比181%と好調な売れ行きだ。
[産経新聞 11/05/25]
◇働く妊婦のための妊娠・出産情報サイト「ニンプス」
http://ninps.com/
◇妊婦さんの旅行プラン「Baby moon」 HP
http://ninps.com/closeup/babymoon/
◇近畿日本ツーリスト「マタニティプラン」 HP
http://yado.knt.co.jp/ps/contents.aspx?f=maternity/index.html

◆「震災後」のレジャー
至れり尽くせりが当たり前と目されている旅館のサービスだからこそ、かえって“ちょっと不便”が魅力的に映る。それは同時に、いまだ出口の見えない被災者の方々に対する罪悪感を和らげる効果もあるかもしれない。例えば大規模な電力不足が危惧される夏場には、「21時消灯」や「エレベーターの休止」など“ちょっと不便”な割引プランが登場してもいいのではないかと思う。
[日経MJ/日経おとなのOFF森田聡子編集長のオトナ行動学 11/05/27]
◇東北産を選んで買って、被災地を元気に!「BUY東北」 HP
http://buy-for-tohoku.blogspot.com/
◇大震災後の消費者意識・行動の変化調査/ネットリサーチ総合研究所
http://mnri.macromill.com/report_20110406.pdf
◇東日本大震災が消費・旅行に与える影響関する調査/JTM
http://www.tourism.jp/research/pdf/jtm_earthquake_2011-05-17.pdf
◇震災後のレジャー考察/流通経済研究所
http://www.dei.or.jp/opinion/column/110527.html
◇六本木ヒルズで星空を見る「節電ライトダウン」 /六本木経済新聞
http://roppongi.keizai.biz/headline/2376/

◆キッザニア東京が新コース、「英語で職業体験」好調
4月に5つの仕事を英語で体験するコースを新設。今年度から小学校高学年で英語が必修となったため親の注目度も高く好調だ。団体客が少ない平日や日曜日の夕方以降に実施し集客にもつなげる。
[日経 11/05/27]
◇「キッザニア東京」  HP
http://www.kidzania.jp/tokyo/
◇「キッザニア東京」英語体験 HP
http://www.kidzania.jp/tokyo/pavilion/english.html
◇「キッザニア東京」体験リポート
http://spa.s5.xrea.com/kidzania/110202/4.htm 

◆電子書籍、書店が売る 紀伊国屋、紙販売力で作品集め
「紙」販売力で作品集め
既存の流通構造を根底から覆す威力が恐れられるが、黎明期の主導権を握れば商機は広がる。書店各社は異業種や外資の勢力の動向をにらみながら出版社との関係や囲い込んだ顧客といった資産を活用する戦略を描く。書籍流通の覇権争いが始まった。
[日経MJ/コンテンツ流通覇権の行方 11/05/30]
◇紀伊国屋書店 HP
http://www.kinokuniya.co.jp/
◇紀伊國屋書店がアンドロイド?向け電子書籍スタート
http://www.kinokuniya.co.jp/ebook/20110512170343.html
◇紀伊國屋書店「Androidストア」オープンセレモニー
http://bookwebplus.jp/celemony/
◇三省堂書店 オンデマンドサービス HP
http://www.books-sanseido.co.jp/event/promo_20101206.html
◇「ビジネス書大賞2011」 HP
http://biztai.jp/
◇村上龍『歌うクジラ』 HP
http://www.ryumurakami.com/utaukujira/pc.html
◇冲方丁氏 HP
http://www.kh.rim.or.jp/~tow/
◇冲方丁氏ブログ「ぶらりずむ黙契録」
http://towubukata.blogspot.com/
◇電子書籍サービス「TSUTAYA GALAPAGOS」を他社製スマートフォンに開放
http://dt.business.nifty.com/articles/4549.html
◇丸善CHIホールディングス HP
http://www.maruzen-chi.co.jp/

◆この人あの組織 群馬県高崎市の西洋野菜専門農家「まきもの屋」
レストランへ「本物」提供
ミニポワロー、フィノッキオ、ピセッリ――。一般には耳慣れない名前の野菜を栽培する西洋野菜専門農家「まきもの屋」(群馬県高崎市)の五島学さん(44)は多くのフランスやイタリア料理店を顧客に持つ。栽培する西洋野菜はハーブも含めるとおよそ年間50種類。日本では手に入りにくい欧州の固有種を使い、本場の味を追求したい料理人たちから熱い支持を得ている。
[日経MJ/食材最前鮮 11/05/30]
◇西洋野菜専門農家「まきもの屋」 HP
http://www.makimonoya.com/
◇西洋野菜専門農家「まきもの屋」 について (Blog)
http://ameblo.jp/masaotateno/day-20110605.html

◆震災節電で変わる消費
日本全体が利他的な社会になる流れを震災が加速した。
コミュニティーのための消費とは何か。被災地の農産物や寄付付き商品などの応援買いや応援観光。節電のための省エネ照明器具や扇風機の購入。単純な損得や節約ではなく、自分が住む社会や国を維持するための消費だ。
若者層も例外ではない。「それってソーシャル(社会的)っぽいね」という褒め言葉が生まれている。
◇マルシェ事業と都市菜園、農業コンサルティング「銀座農園」 HP
http://www.ginzanouen.jp/
◇福島の野菜を食べる会 について (Blog)
http://www.ramnet-j.org/gw/report2011/rp11c-02.html
◇ふくしま福野菜プロジェクト (facebook)
http://www.facebook.com/hukushima.happy.vegetable?sk=wall
◇NTTアド「空気読本」
http://www.ntt-ad.co.jp/publication/kuukidokuhon/03/
◇2011年5月9日震災後の新しい価値観「応援消費」って何だ?
http://blog.garyuproject.com/20110509/1212.html
◇今夏の節電と空気調査/DAIKIN
http://www.daikin.co.jp/press/2011/110519_1/press_20110519_1.pdf

◆飲み歩きで街おこし、近畿で広域連携組織、「バル」イベント
兵庫県伊丹市など近畿地方の約20地域が、飲み歩きや食べ歩きを仕掛けて街おこしを狙うイベント「バル」で相互連携する。。中心市街地に点在する飲食店をネットワーク化し、にぎわい回復と集客向上の実効性を高めるため、広域連携づくりを進める。
[日経MJ 11/05/30]
◇伊丹まちなかバル HP
http://itami-tc.com/tyousa/ikkatujosei/bar.html
◇伊丹まちなかバル について (Blog)
http://n313.osakazine.net/e283893.html
◇第4回伊丹まちなかバル写真
http://itami-tc.com/tyousa/ikkatujosei/itami_bar4_kiroku.html
◇近畿バルネットワーク発足/神戸新聞
http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0004090444.shtml
◇近畿バルサミット について (Blog)
http://ameblo.jp/madamu-m/entry-10900113265.html
◇スペインのバルが分かるHP
http://www.spainbar.com/

◆建築家、伊東豊雄さんに聞く「ミニ東京」はいらない
これから大切なキーワードになるのは、時間的なプログラムをどう組むかということ。いろいろ新しい絵が出てきているんですが、時間的な要素が飛んでしまっている。街の人たちは『すぐまたここでやりたい』と言っているわけです。そういう気持ちは大事にしたい。こんな悲惨な状況でも、人間というのは集まって『なんかやろうぜ』と始める力がある。そういう原初的なコミュニティーから、新しい街まで、どう連続性を持たせられるか。
[産経新聞/再生の設計図 11/06/01]
◇伊東豊雄設計事務所 HP
http://www.toyo-ito.co.jp/
◇美術や映像文化の活動拠点「せんだいメディアテーク」 HP
http://www.smt.city.sendai.jp/
◇伊東豊雄氏インタニュー/ARTiT
http://www.art-it.asia/u/admin_ed_feature/2SrxCLg45Yjipl36EZXF

◆アパレル接客、店飛び出す
・ファッション分野の接客が転機を迎えている。スマートフォンなどのIT機器と交流サイトの普及で、街中でも自宅でも、着こなし提案や試着シミュレーションができるようになった。
・来店前の接客で買う気にさせた客を引き受ける店頭でも、接客術は進化しつつある。スタイルシェアは3月に始まったネット上のサービス。UAがネット通販する全7ブランド、7000点超の衣料などを、自身に近いアバター(ネット上の分身)を選んで着せ替え、スタイリングを確認する。気に入った着こなしができれば保存し、SNSを通じて友人らに公表もできる。
日経MJ 11/06/03]
◇アパレル・ファッション業界情報サイト「アパレルウェブ」
http://www.apparel-web.com/
◇「スタッフスナップ」公開/アパレルウェブ
http://japan.zdnet.com/release/30001115/
◇STAFF×SNAP facebookページ
http://ja-jp.facebook.com/staffsnap
◇スタッフスナップ  twitter
http://twitter.com/#!/staffsnap
◇ユナイテッドアローズ  HP
http://www.united-arrows.co.jp/
◇ユナイテッドアローズ運営「グリーンレーベルリラクシング」  HP
http://www.green-label-relaxing.jp/
◇シップス HP
http://www.shipsltd.co.jp/#/top
◇NTTメディアサプライ運営「ココロモ」 HP
http://cocolomo.jp/
◇ユニクロfacebookページ
http://www.facebook.com/uniqlo
◇ユニクロの洋服を着た写真を投稿・共有「UNIQLOOKSユニクルックス」 HP
http://uniqlooks.uniqlo.com/

◆エコライフもフランス流 ファッション性損なわず
欧州諸国の中で、エコバッグ導入などが比較的遅かったフランスだが、ここ数年、環境に配慮したライフスタイルへの関心が急速に高まっている。
2007年7月にパリ市が導入した貸自転車もきっかけの一つ。環境問題や倹約を意識してもファッション性は犠牲にせず、工夫して自分のライフスタイルを貫くのがフランス流という。
[日経MJ/ヨーロッパ風を読む 11/06/03]
◇フランス式エコライフとは?/勝ちスポ!
http://www.kachispo.com/k/1623/
◇フランス エコライフ・レポート/環境goo
http://eco.goo.ne.jp/life/world/france/
◇環境に優しい欧州のエコ・ライフ/フランスニュースダイジェスト
http://www.newsdigest.fr/newsfr/content/view/894/67/
◇フランス式エコライフ について (Blog)
http://www.asahi.com/housing/world/TKY201006120187.html

◆サイバー子会社、SNS使い通販支援、フェイスブックに商品情報
SNS世界最大手の米フェイスブック上に、通販サイトの商品情報を自動的に表示するサービスを提供。利用者の「口コミ」で商品の認知度を高める仕組みも取り入れた。アパレルや雑貨など、20~30代に商品を販売したい企業の利用を見込む。
[日経MJ 11/06/03]
◇CAテクノロジー HP
http://www.catech.co.jp/
◇リアルワールド HP
http://www.realworld.jp/company/

◆牛や豚のふん尿、循環処理で資源に、北海道産学官、発電後、液肥等
北海道内の企業と大学、研究機関が連携し、牛や豚のふん尿の資源活用と処理を一体で進める循環型システムの構築に乗り出した。農場で使う電力をバイオガス発電で賄うだけでなく、残った廃棄物を化学薬品を使わずに環境に優しい仕組みで処理できるのが特徴。道内の酪農家が頭を痛めるふん尿処理を効率的に進める。
[日経MJ 11/06/06]
◇農業施設施工の「たすく」 HP
http://www.tusk-net.com/
◇北海道農業研究センター HP
http://cryo.naro.affrc.go.jp/

◆加工抑えた木材で内装・家具、素材そのまま素朴さに憩う
資源なき時代反映
無塗装、使用済み、切っただけの木材。加工を必要最低限に抑えて、傷やヒビ、割れ、樹皮付きといった状態をデザインの要素と見て、木材などの素材をありのままに生かした商品が注目を集める。これまでの、再加工を多用するエコロジーデザインより一段と深みを増し、余計な手間をかけないことに美しさを見いだす「引き算」の発想だ。
[日経MJ 11/06/08]
◇インテリアショップ「センプレデザイン」 HP
http://www.sempre.jp/
◇池尻大橋にセンプレ本店オープン/誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1005/24/news045.html
◇足場板専門店「WOODPRO」 HP
http://www.ashiba21.com/
◇「WOODPRO」インタビュー/プラスなプレス
http://www.hs-plus.jp/kenkyu/2010/09/w.html
◇ASHIBAリノベマンション
http://plaza.rakuten.co.jp/woodpronakamoto/diary/?ctgy=5
◇古材・空間プロデュース「ファクトリー・ツール」 HP
http://www.f-tool.net/
◇古材・古材風素材販売「ロスト・アンド・ファウンド」 HP
http://www.lost-found-gifu.jp/

◆商品の「伝えたいこと」追及
先日、日経MJセミナーで、ジャパネットたかたの高田社長のご講演を拝聴した。テーマは「テレビ通販の現場から見た3.11の消費」。氏は、商売において震災前も後も変わらないもの、変えてはいけないこととして、「商品は何のためにあるかを考え、伝えるべきことを伝え続けること」。
[日経MJ 11/06/08]
◇ジャパネットたかた HP
http://www.japanet.co.jp/shopping/
◇小坂裕司氏「オラクルひと・仕組み研究所」 HP
http://www.kosakayuji.com/

◆コンビニ各社、フェイスブックでPR、公式ページ開設相次ぐ
スマートフォンの位置情報を利用したクーポン配信サービスにも参加。実名登録のユーザー同士の交流が活発な同サイトの特性を生かし、商品やサービスの効果的なPRを狙う。
[日経MJ 11/06/12]
◇ファミリーマートFacebookページ
http://www.facebook.com/familymart.japan
◇ミニストップFacebookページ
http://www.facebook.com/ministopfan
◇セブンイレブンFacebookページ
http://www.facebook.com/711fan
◇ローソンFacebookページ
http://www.facebook.com/lawson.fanpage
◇Facebook ファンページのマーケティング活用
http://japan.internet.com/wmnews/20101115/8.html
◇日本語Facebookページ ランキング
http://fbrank.main.jp/

◆B級グルメ村ギン酒場、新橋外堀通り店(東京・港)
列島の味力集結大盛り上がり 屋台の雰囲気、昭和香る
「築地銀だこ」を運営するホットランドが居酒屋「B級グルメ村 ギン酒場」の店舗展開を進めている。津々浦々のご当地料理をかき集めて手ごろな価格で提供する。地方出身者が多い東京だけに、豊富なメニューが客同士の会話を弾ませるきっかけになっている。
[日経MJ/ホットスポット 11/06/12]
◇B級グルメ村「ギン酒場」
http://www.hotland.co.jp/contents/new/110113_ginzakaba.html
◇渋谷にB級グルメ村「ギン酒場」の戦略を読み解く/INSIGHT NOW!
http://www.insightnow.jp/article/6420
◇B級グルメ村「ギン酒場」 について (Blog)
http://blog.goo.ne.jp/yotuba-mituke/e/286ec1f4c0381d97bcb054f4ea15a7e5
◇B級グルメ村「ギン酒場」 について (Blog)
http://cori-cori.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/b-2731.html

◆アニメ制作、営業も、早く安く、DLE流、地域キャラ、TV局と育成
コンピューターソフトを駆使し、低コストで短期間に多数の作品を量産する風変わりなアニメ制作会社、ディー・エル・イー(DLE、東京・千代田)が映像業界で存在感を高めている。
[日経MJ 11/06/15]
◇アニメ制作会社「DLE」 HP
http://www.dle.jp/
◇かよえ!チュー学 facebookページ
http://www.facebook.com/kayochu
◇Facebookと完全連動「かよえ「!チュー学」/DLEリリース
http://www.dle.jp/company/pressreleases/2011/05/facebook.html

◆優しい光包む自然のドレス、ミラノで照明機器の見本市
国際照明機器見本市「ユーロ・ルーチェ2011」が4月、ミラノで開催された。世界でも照明機器の光源の主役は白熱電球から蛍光灯や発光ダイオード(LED)、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)へと変わりつつある。紹介された作品は、自然界をイメージしたオブジェとしても優美な照明デザインで話題を呼んだ。
[日経MJ 11/06/15]
◇鈴野浩一氏と禿真哉氏「トラフ建築研究所」 HP
http://www.torafu.com/
◇岡安泉照明設計事務所 HP
http://www.ismidesign.com/
◇デザインオフィス「nendo」 HP
http://www.nendo.jp/
◇イタリアの照明ブランド「フォスカリーニ社」 HP
http://www.foscarini.com/
◇イスラエルの「アクア・クリエーション社」 HP
http://www.aquagallery.com/
◇ドイツの照明デザイナー、インゴ・マウラー氏 HP
http://www.ingo-maurer.com/
◇ユーロ・ルーチェ2011 について
http://ameblo.jp/atelier-sai/entry-10884781145.html
http://ameblo.jp/atelier-sai/entry-10884768256.html
http://ameblo.jp/atelier-sai/entry-10883673586.html#main
http://ameblo.jp/atelier-sai/entry-10884789942.html#main

◆クロス・マーケティング浜田有希氏 家電情報、量販店で収集
(1)年齢層が低くなるほど家電量販店の利用頻度が高くなる
(2)年齢層が下がるほど、商品の情報収集を目的に家電量販店を利用する女性が多い
(3)店に行く前にメーカーやブランドを決定する率はデジタル家電で高く、白物家電は低い
[日経MJ 11/06/15]
◇クロス・マーケティング HP
http://www.cross-m.co.jp/
◇女性の家電製品購入実態に関する調査 (原典)/クロスマーケティング
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0276915_05.pdf

| | トラックバック (0)

2011/06/09

情報クリップ・ダイジェスト 2011/05

◆「造縁力」が消費けん引 学校・職場の友人と相互に刺激
(1)友人関係は学校や職場など偶然一緒になった場で「縁」を広げていく「造縁力」がカギ
(2)造縁力の高い人は、付き合いに伴う直接的な出費も多いなど消費をリード
(3)20代はリアルな関係での友人を重視。将来のセーフティーネットとして気遣う面も
[日経MJ/消費分析 11/04/20]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇ネットリサーチの「マクロミル」 HP
http://www.macromill.com/

◆和の知恵の和、夏乗り切れ!
節電しながら暑い夏を乗り切るため、五感に訴える「和の知恵」を生かした商品が店頭をにぎわしそうだ。風鈴やうちわといった定番に加え、保存食の浅漬けなども注目されそう。和関連の商品の産地も対応に追われ始めた。
[日経MJ 11/04/20]
◇無印良品「この夏のコツ 100」 HP
http://www.muji.net/store/campaign/detail/C11051001
◇三越日本橋店「J・スピリッツ」 HP
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/jspirits/
◇鋳物造技術を基軸にした金属加工メーカー「能作」 HP
http://www.nousaku.co.jp/
◇伝統工芸品「丸亀うちわ」 HP
http://www16.ocn.ne.jp/~polca/j_top.html
◇房州うちわ「うちわの太田屋」 HP
http://ota-ya.net/
◇江戸風鈴を製造・販売「篠原風鈴本舗」 HP
http://www.edofurin.com/
◇和紙繊維製品 製造・販売「キュアテックス」
http://www.curetex.jp/
◇和紙繊維製品を販売「風雅すたいる」 HP
http://fugastyle.jp/
◇「築地銀だこ」かち割りソーダ新発売
http://www.hotland.co.jp/contents/news/pdf/20110428_kachiwarisoda.pdf
◇「エコ家事で節電」の女ゴコロ/ECO JAPAN
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20110318/106137/

◆フェリカネット、携帯会員を店舗に 店でかざすとポイント
ソニー系のフェリカネットワークスが今年、各社が運営する携帯サイトの会員を様々な小売店などに送客するサービスを本格化した。携帯を読み取り装置にかざすことで、簡単に様々な情報がやりとりできる近距離無線技術「フェリカ」を活用。
[日経MJ/ITの現場力 11/04/18]
◇SONY「FeliCa」 HP
http://www.sony.co.jp/Products/felica/
◇フェリカネットワークス HP
http://www.felicanetworks.co.jp/
◇フェリカネットワークスの「リアル送客サービス」 について
http://www.felicanetworks.co.jp/news/topics/pdf/topics110112.pdf
◇FeliCa OS の仕組み について
http://osaifukeitai-navi.com/gjp4_4.html

◆サイバー、女性ブロガーの会員組織、高機能携帯利用者に限定
スマートフォンを利用する女性に絞った会員組織を設置する。ブログ執筆者(ブロガー)で、閲覧数が多い人に限定して会員にする。スマートフォン関連商材・サービスで、口コミを使った宣伝や商品開発に生かす。スマートフォンに特化したマーケティング手法を企業に提供し、広告の増加を狙う。
[日経MJ 11/04/18]
◇女性ブロガーのための「AmedaGG」 HP
http://gg.ameba.jp/
◇「Ameda GGスマホガール」 HP
http://prom.ameba.jp/amebagg-project/
◇インターネット広告大手「サイバーエージェント」 HP
http://www.cyberagent.co.jp/
◇「Ameda GGスマホガール」 について調べた/NAVER
http://matome.naver.jp/odai/2130318034484156201
◇「AmebaGGスマホガール」の狙いとは?/NIKKEI TRENDY
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110428/1035423/?rt=nocnt
◇アラサー女子たちが立ち上げた「スマートフォン女子部」 HP
http://a.excite.co.jp/woman/smp/
◇女子スマートフォン利用実態調査/Citywave
http://www.citywave.com/datalabo/2010/11/29.html

◆商品、改善より創造を、糸井重里さん、震災後の消費を語る
多方面で活躍する糸井重里氏だが、意外と忘れられているのが雑貨・文具販売を手がける中小企業の社長としての顔だ。東日本大震災以降、「社長モード」全開で仕事に取り組む。「ゼロからイチを生み出さないと生き残れない時代」と語る。
◇糸井重里が毎日書くエッセイのようなもの「ほぼ日刊イトイ新聞」
http://www.1101.com/
◇東京糸井重里事務所商品「ほぼ日手帳spring」 HP
http://www.1101.com/store/techo/
◇糸井重里氏twitter
http://twitter.com/#!/itoi_shigesato

◆地方産品ネット通販、東武百が専用サイト、物産展のノウハウ生かす
店舗の物産展で培ったネットワークを生かして珍しい商品を発掘、少量生産のため店舗での販売が難しい商品を中心に扱うことで他社との違いを打ち出す。
[日経MJ 11/04/20]
◇少量生産の珍しい商品紹介「東武のおいしいもの発掘便」 HP
http://www.tobu-online.jp/sanchoku/

◆22社・団体「60代の消費」研究会、新事業・商品開発で連携
団塊世代とその前後を「ゴールデンシクスティーズ」(黄金の60代)と命名し、頭文字を名称に取り入れた。「若い世代に比べれば、はるかに恵まれた経済環境の中で暮らしてきた『最後の富裕層』」と位置付けるGS世代の消費行動を分析することで市場の活性化に生かす。
[日経MJ 11/04/20]
◇60代の消費研究「GS世代研究会」 HP
http://www.gs-kenkyu.com/
◇西村晃氏「大繁盛の法則」 HP
http://www.akira-nishimura.co.jp/
◇復興のカギ握る「黄金の60代」/zakzak
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20110420/ecn1104201117000-n1.htm

◆イタリアンバー新業態、ドトール・日レス開業、チェーン化目指す
イタリア料理をメーンに時間帯によってメニューを変える。
1号店「イタリアンバール OTTO(オット)」が、東京・中央の八重洲地下街にオープンした。
[日経MJ 11/05/13]
◇八重洲地下街「イタリアンバール OTTO」 HP
http://www.italianbar-otto.com/
◇「イタリアンバール OTTO」 について (Blog)
http://blog.livedoor.jp/lonelysocrates/archives/51083770.html

◆電力需要の抑え込み サマータイム導入の好機
欧米ではほとんどの国がこの夏時間を採用している。多くの国が採用しているというのは、夏時間の制度に意義を見いだしているからだろう。
今こそ、夏時間の制度の導入に絶好の機会である。夏時間制度の導入について、国民レベルで大きな声が上げられないだろうか。
[日経MJ/伊藤元重のニュースな見方 11/04/20]
◇サマータイムの節電効果は、どのくらいあるのか /誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1104/28/news044.html
◇夏場の電力不足問題、ロジックツリーで解いてみる/誠
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1104/26/news023.html
◇サマータイムは「効果なし」? 夏の節電策で議論/JCAST
http://www.j-cast.com/kaisha/2011/04/04092113.html
◇サマータイム 本当に効果あるか専門家試算/NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20110412_16711.html
◇電力不足 新たな商機誕生 夏に向け生産フル稼働へ/毎日jp
http://mainichi.jp/photo/archive/news/2011/04/21/20110422k0000m020123000c.html
◇サマータイム制度に日本公開天文台協会など、反対を表明
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0420&f=column_0420_013.shtml

◆フェイスブックで風評被害防げ 茨城などで動き広がる
農産物の安全性についての正確な情報発信や、復興に向けたロゴマークの公募などに活用が広がっており、実名主義の信頼性とネットの伝播力を併せ持つフェイスブックの特性が発揮されているようだ。
[産経新聞 11/05/06]
◇「がんばっぺ!茨城」プロジェクト
http://sites.google.com/site/gambappeibaraki/
◇「茨城県産」の野菜を風評被害から救いたい!/facebook
http://www.facebook.com/savethecrops.harvestedin.Ibaraki.prefecture
◇茨城王「がんばっぺ!茨城」ポスター製作
http://www.ibaraking.com/archives/2363

◆「フェイスブック革命」の発信源NYソーホー地区を訪ねる
ネットの自由は普遍的理念…震災後の日本にも変化期待
インターネットを活用した社会変革を提唱する「ムーブメント・org」。訪ねてみると拍子抜けするほどこぢんまりとした組織に過ぎないが、それでも一連の「フェイスブック・ツイッター革命」の発信源のひとつであることを感じさせる熱気にも満ちていた。
[産経新聞 11/04/20]
◇インターネットを活用した社会変革を提唱する「Movement.org」 HP
http://www.movements.org/
◇エジプト騒乱は「フェイスブック革命」ではない/DIAMONDonline
http://diamond.jp/articles/-/11102
◇米国向けニュース専門放送局「MSNBC」 HP
http://www.msnbc.msn.com/

◆検索サイト 0.2秒以内の戦い
インターネット上に公開される情報が爆発的に増加するなか、そのスピードアップは検索サイト運営会社の至上命題だ。新たな検索技術の開発や横断検索サイトの開設といったアイデアで、「コンマ以下」の秒数を短縮するための絶えざる挑戦が続いている。
[産経新聞 11/04/21]
◇NECビッグローブ HP
http://join.biglobe.ne.jp/
◇宿泊ネット比較「旅比較ねっ」}HP
http://tabihikaku.net/
◇フォルシア社検索プラットフォーム「Spook」 HP
http://www.forcia.com/service/spook/
◇IICP総務省情報通信政策研究所 HP
http://www.soumu.go.jp/iicp/
◇クローラーとは/IT用語辞典
http://e-words.jp/w/WebE382AFE383ADE383BCE383A9.html

◆食品宅配市場1兆6800億円に、昨年度4%増、コンビニなどけん引
共働き世帯の増加に加え、外食を控え家庭で料理をする傾向が強くなっていることも背景にあるという。引き続き生協の利用者が増えているほか、コンビニエンスストアやネットスーパーの宅配が存在感を増している。
[日経MJ 11/04/22] 
◇2010年度食品宅配市場の規模/矢野経済研究所
http://www.mylifenote.net/2011/04/19/20110419yano.pdf
◇ネットスーパー 高齢者の利用増加/YOMIURI
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20101102-OYT8T00447.htm
◇宅配インフラを活用して地域店をバックアップ!
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no088/newdragnet/

◆癒やしの冒険“一語”一会 エステサロン「ラッシュスパ」
英国発祥の入浴用化粧品ブランド「LUSH(ラッシュ)」の日本初となるエステサロン「ラッシュスパ代官山店」が今年1月、東京・渋谷に開店した。顧客に来店時の気分で言葉や色を選んでもらい、その組み合わせによってマッサージの仕方を変えるのが特徴だ。心身ともにリフレッシュしてもらえるように、ちょっとした冒険気分を味わえる仕掛けを充実させている。
[日経MJ/ホットスポット 11/04/25]
◇エステサロン「ラッシュスパ」 HP
http://www.lushjapan.com/spa/
◇エステサロン「ラッシュスパ」体験記/働く女性研究所
http://woman-lab.jp/archives/1083
◇オトコを癒やす新感覚スパ「ラッシュスパ」/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/377493/
◇エステサロン「ラッシュスパ」 について (Blog)
http://tokyoceo.dtiblog.com/blog-date-20110129.html

◆セルフ現像機、iPhoneでも、大日本印刷子会社、アプリ無料で
家電量販店などに設置している現像機に機能を追加、スマートフォンのiPhoneや多機能携帯端末iPadの画像を簡単に印刷できるようにした。利用時に必要な専用の無料アプリの配信を始めた。利用者は無線LAN技術を使い、直接画像データを転送して印刷する。
[日経MJ 11/04/22] 
◇DNPフォトルシオ HP
http://www.fotolusio.jp/

◆エンタメ各社、SNS武器に、販促・集客に活用 タワレコ、CCC
エンターテインメント関連企業が、顧客同士で商品やサービスを評価・推薦しあうことのできるインターネット上のソーシャルメディアを活用する試みが増えている。タワーレコードは専門部署を新設。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は顧客が書き込んだ推薦文で商品が売れればポイントを提供する仕組みを導入した。ネット上の口コミを販売促進に生かす同様の動きは広がりそうだ。
[日経MJ 11/04/25] 
◇タワーレコード「フェイスブック」
http://www.facebook.com/tower.jp
◇タワーレコード HP
http://tower.jp/
◇富士急ハイランド「フェイスブック」
http://www.facebook.com/fujiq
◇Facebookはビジネスにどう使える? 事例で学ぶ企業活用/現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1371
◇Facebookを社内コミュニケーションツールとして活用/PConline
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/trend/20110209/1030100/
◇Facebookはソーシャルメディアのハブになる/PConline
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/trend/20110208/1030078/
◇TポイントとTカードの「T-SITE」 HP
http://tsite.jp/
◇CCC、情報交換できるプラットフォーム「マイ棚」設置
http://www.ccc.co.jp/fileupload/pdf/news/110418socialrecommendservice.pdf

◆商品選びの基準、節約・エコ配慮、首都圏で強まる
民間調査会社のアンケートによると、商品選びの基準に「省エネ」「環境配慮」などを挙げる消費者の割合が70%超となり、震災前より10ポイント以上も増えた。アンケート結果を踏まえ、「社会的なメッセージを伴う商品開発がより重要」と指摘している。
[日経MJ 11/04/25]
◇マーケティングリサーチ「シタシオンジャパン」 HP
http://www.citation.co.jp/
◇震災後の生活意識の変化について(原典)/シタシオンジャパン
http://www.citation.co.jp/topics/research/2011/04/04.pdf
◇シタシオンジャパン社長のブログ
http://ameblo.jp/koide-citation/
◇震災後の生活と消費意識・行動に関する調査/博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20110513.pdf
◇震災一ヵ月後の生活者意調査/電通総研
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2011/pdf/2011040-0427.pdf
◇今夏の節電と空気に対する意識調/ダイキン
http://www.daikin.co.jp/press/2011/110519_1/press_20110519_1.pdf

◆震災節電で変わる消費
働く女性向け情報サイトが発表した会員向け調査の結果によると、支出意欲に極端な減退はないが中身は変わった。「普段あまり会えない友達に会う」(23歳)、「被害にあった農家へのボランティアに行く」(24歳)など、人との結びつきの再確認、社会貢献などに充足感を見いだそうとする心理が感じ取れる。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 11/04/25] 
◇働く女性向け情報サイト「エスカーラ・カフェ」 HP
http://escala.jp/
◇シンクタンク、コンサルタント「双日総合研究所」 HP
http://www.sojitz-soken.com/jp/
◇双日総合研究所配信「溜池通信」4月8日号
http://www.sojitz-soken.com/jp/send/tameike/pdf/tame466.pdf
◇マーケティングリサーチ「シタシオンジャパン」 HP
http://www.citation.co.jp/
◇楽しくおそうじ、楽しく生活「夏のエアコン節電対策」
http://mbp-kanagawa.com/osouji-pro/column/293

◆岩塩など天然素材使い雑貨、温かみを加味、持ち味際立つ
岩塩や備長炭という天然素材を使ったインテリア雑貨や日用品を作るプロダクトブランド「spimo(スピモ)」。素材の武骨な色や模様をそのまま生かしながら、形状はどこかかわいげでユーモラスだ。その意表を突くデザインは視覚的に見る人を和ませるだけでなく、素材が持つ有機的な特性を引き出す機能性も備えている。
[日経MJ 11/04/27]
◇天然素材の機能性を追求したインテリア用品「spimo(スピモ)」HP
http://www.spimo.jp/
◇建築設計×デザイン 柴崎竜範氏 HP
http://www.tatsu-shiba.com/
◇スピモより岩塩や備長炭を使ったプロダクトが登場/FASHIONPRESS
http://www.fashion-press.net/news/849
◇「東京インターナショナル・ギフト・ショー2011」 HP
http://www.giftshow.co.jp/tigs/71tigsinvitation/
◇ビジネスガイド社
http://www.giftshow.co.jp/

◆日本サブウェイ、野菜にこだわり、健康志向の顧客囲い込み
日本サブウェイが野菜へのこだわりの認知度向上に取り組む。5月上旬にオープンするモデル店で、具材に使う野菜の栄養成分を店頭で分かりやすく表示するほか、サイドメニューにも野菜を前面に打ち出した商品を加える。「健康的なファストフード店」を訴求し、消費者意識を一変させる狙いだ。
[日経MJ 11/04/29]
◇毎日野菜をはさもう!「野菜のSUBWAY」 HP
http://www.subway.co.jp/
◇SUBWAY「野菜ラボ・831lab」 HP
http://www.831lab.com/

◆米グーグル、「クーポン共同購入」に参入、広告と相乗効果狙う
21日から米オレゴン州で「ベータ版」(試験サービス)の提供を始めた。瞬時に大量の顧客を集める「フラッシュマーケティング」では米グルーポンなどが先行しているが、グーグルの新規参入により競争が一段と激化しそうだ。
[日経MJ 11/04/29]
◇クーポン共同購入「グーグル・オファーズ」とは?
http://www.amamoba.com/pc/coupon-offers.html

◆都心発クルーズ、非日常行き 小さな川巡れば、「再発見」が満載
東京都心の河川や運河を行くツアーに関心を寄せる人が増えている。河川も整備されて手軽なクルージングメニューが豊富になったことが背景にある。東京スカイツリーや川沿いのカフェなど、水上の観光スポットも続々と登場。江戸・東京の発展に寄与した水路が遊び場として再生しつつある。
[日経MJ/ブームの裏側 11/05/04]
◇名橋「日本橋保存会」 HP
http://www.nihonbashi-meikyou.jp/
◇日本橋のクルーズ (Blog)
http://ameblo.jp/tkyburabura/entry-10869964677.html
◇日本橋川クルーズ
https://tabidachi.ana.co.jp/topic/16617
◇はとバス「スカイツリー見学クルーズ」 HP
http://www.zeal.ne.jp/plan/305.html
◇東京キャナルネットワークスタッフのブログ「運河でクルーズ」
http://tokyocanalnet.blog91.fc2.com/
◇文京区×JTB「文の京」日帰り体感ツアー HP
http://jtbwallet.jp/special/bunkyoku/

◆ミラノで家具見本市、自然との共生、手仕事が担う、職人技
50回目となった今回。世界で自然災害が相次ぎ自然への不安が強まる中、多くの企業やデザイナーが「自然との共生と手仕事」を強調した屋外用の新作家具を発表した。従来の頑丈なアウトドア家具と違って、人手で作った柔らかいイメージが特徴だ。
[日経MJ 11/05/11]
◇「ミラノ・サローネ国際家具見本市」 HP
http://www.milanosalone.jp/fiera/mobile/gaiyou/
◇ミラノサローネ2011 レポート/家電Watch
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/event/ms2011/20110420_440820.html
◇ミラノサローネ2011プレビュー「NEOREAL WONDER」/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1298141643005/pid_1.html
◇INAXがミラノサローネに初出展、喜多俊之デザイン/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1298003235005/
◇ミラノサローネプレビュー、吉岡徳仁「Kartell新作」/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1302011471005/
◇ミラノ・サローネ、デザイン性高め50周年/asahi.com
http://www.asahi.com/housing/news/TKY201104150189.html
◇伊家具メーカー「モローゾ社」 HP
http://www.moroso.it/
◇デザイナー・パトリシア・ウルキオラ氏 HP
http://www.patriciaurquiola.com/
◇伊家具メーカー「ドリアデ社」 HP
http://www.driade.co.jp/

◆「試し買い」「分け合い」じわり 震災後の意識・行動に変化 
(1)震災後、首都圏では即席食品など日持ちする商品が買いだめされている
(2)品不足、計画停電、原発事故の影響で、生活者の意識・行動が変わりつつある
(3)自粛についての意識は地域で異なる。今後の意識変化の細かな分析が必要
[日経MJ/消費分析 11/05/04]
◇マーケティングリサーチ「ドゥ・ハウス」 HP
http://www.dohouse.co.jp/
◇震災1か月後の意識調査実施/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/113203
◇震災後の首都圏生活に変化/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/112898
◇震災後の消費者マインド について (Blog)
http://economist.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-cd87.html

◆ヤン坊マー坊大人になった、ヤンマーが新ブランド「Y&M」
テレビの天気予報番組でおなじみの「ヤン坊マー坊」が成長した設定の新たなキャラクターデザインを披露した。このブランドで、長年農業機械を作ってきた同社が初めてファッション商品を手掛ける。
[日経MJ 11/05/04]
◇農業機械の「ヤンマー」 HP
http://www.yanmar.co.jp/
◇ヤンマー運営、紳士ファッションブランド「Y&M」 HP
http://www.yanmar.co.jp/campaign/YandM/
◇中野シロウ氏代表「プレイセットプロダクツ」 HP
http://www.playsetproducts.jp/

◆星空の輝き、感動再び プラネタリウム、開館ラッシュ
プラネタリウムの“新星”が各地に誕生している。大規模改装を含めた開館数が2010年は10館と1955年以降で最多となった。人類初の宇宙飛行の成功から50年を迎える11年も名古屋市に世界最大のプラネタリウムがお目見えするなど開館ラッシュが続く。第3次ブームの到来なるか。
[日経MJ/ブームの予感 11/05/13]
◇プラネタリウムのポータルサイト
http://planetarium.to/
◇名古屋市科学館 プラネタリウム「ブラザーアース」 HP
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/planetarium/
◇ブラザー公式ブログ「ブラザーアース」 について
http://weblog.brother.co.jp/blog/2011/05/brother-earth-d972.html
◇名古屋市科学館 プラネタリウム「ブラザーアース」 について (Blog)
http://cho-co.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/brother-earth-b.html
◇「熊本博物館プラネタリウム」 HP
http://webkoukai-server.kumamoto-kmm.ed.jp/web/planetalium/what.htm
◇「熊本博物館プラネタリウム」 について (Blog)
http://blog.goo.ne.jp/mitsuto1976/e/c6d758e123416b289df2435158ca525c
◇コニカミノルタプラネタリウム  HP
http://www.konicaminolta.jp/planetarium/
◇世田谷区立教育センターのプラネタリウム/世田谷区
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00007490.html
◇五藤光学研究所 HP
http://www.goto.co.jp/
◇六本木ヒルズ「スカイプラネタリウム2」 HP
http://www.sky-planetarium.com/

◆萌える漫画家、絵心いらず PCソフト「コミPo!」で
絵心がなくてもマンガを描きたい。こんな夢をかなえてくれるソフト「コミPo!」を趣味や仕事で使いこなす人が増えている。あらかじめ用意された美少女キャラクターをマウスを使って動かしながら、作品を描いていく。マンガ投稿サイトが開くコンテストには、にわかマンガ家らが腕を競っているほか、街おこしの道具としてコミPo!を使う人も現れた。
[日経MJ/ブームの裏側 11/05/09]
◇3D漫画作成ソフト「コミPo!」 HP
http://www.comipo.com/
◇マンガ作成ソフト「コミPo!」紹介記事/CNETjapan
http://japan.cnet.com/news/service/20421502/
◇絵を描けなくてもマンガが描ける夢のソフト「コミPo!」/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/89007
◇マンガ共有コミュニティ「COMEE」 HP
http://www.comee.jp/
◇太田出版が開設するマンガサイト「ぽこぽこ」
http://www.poco2.jp/
◇田中圭一氏『みなりの青春』 HP
http://profile.ameba.jp/minarinoseishun/
◇三次市地域おこし協力隊 HP
http://www.miyoshi-chiikiokoshi.com/Studio344.html
◇作木町&三次市地域おこし協力隊イベント について (Blog)
http://hiroshima.otakumap.com/hiroshima-otaku-news/20110316100043/

◆リヤカーと無料誌コラボ イマドキ書店、若者招く
文字通りリヤカーを引いて本を売る「経済書専門店」が本拠地の品川を離れ、「若者の街」渋谷に遠征。全国の幅広いジャンルを取りそろえた「フリーペーパー専門店」と4月中旬にコラボしたのだ。行商とタダ本という異色の顔ぶれだが、「紙の魅力を直接伝えたい」との情熱は共通する。本離れ・活字離れが叫ばれて久しい若者の関心をひきつつある。
[日経MJ/ブームの予感 11/05/11]
◇リヤカーブックスblog
http://ameblo.jp/rearcarbooks/
◇メディアの企画、編集、運営などを手掛ける「ノオト」 HP
http://www.note.fm/
◇リヤカーで本を売る「リアカーブックス」とは?/地球のココロ
http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-c9ad.html
◇リアカーブックス/本屋さんの遊び方
http://www.mishimaga.com/hon-asobi/016.html
◇フリーペーパー専門店「オンリーフリーペーパー」 HP
http://onlyfreepaper.com/
◇フリーペーパー専門店1,000紙・誌揃える/渋谷経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/7435/
◇「オンリーフリーペーパー」 について/fashionsnap
http://www.fashionsnap.com/inside/only-the-shop-in-shibuya/
◇「オンリーフリーペーパー」 に行ってきた/オレンジ!
http://orangeorange.jp/archives/13364
◇「オンリーフリーペーパー」 について (Blog)
http://www.allow-web.com/blog/jyoshi-blog/2011/03/only_free_paper.html

◆自然が冷やす節電の夏、緑、省エネ、育てる楽しさも
家やオフィスなどを少しでも快適にしようと、自然の力を取り入れ、涼しさを生み出す商品に注目が集まっている。キーワードは「緑」「風」「水」だ。
[日経MJ 11/05/11]
◇サカタのタネ HP
http://www.sakataseed.co.jp/
◇緑のカーテンコミュニティサイト
http://www.midorinoka-ten.com/
◇ゴーヤで作る緑のカーテンの作り方
http://nanapi.jp/26371/
◇簡単!緑のカーテンで省エネ対策/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/178788/
◇省エネできる緑のカーテン/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/113175

◆ボランティア休暇 続く需要、企業の対応必要
東日本大震災を契機に「ボランティア休暇」を導入し、社員のボランティア活動を後押しする企業が増えている。ゴールデンウイークには多くのボランティアが被災地で活動したが、今後もボランティア需要は続く。社員が自発的に制度導入を求めたり、会社側が取得を支援したりすることも必要だ。
[産経新聞 11/05/12]
◇ボランティア休暇の活用を/産経
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/110413/ecd1104131007000-n1.htm
◇ボランティア休暇 について (Blog)
http://001a.blog90.fc2.com/blog-entry-267.html
◇ボランティア休暇制度導入企業一覧情報
http://mbp-tokyo.com/iwave/column/5753

◆森ビルの商業施設集客術 施設を媒体として情報発信
目指す方向性を従業員共有/地域住民巻き込み、交流の場提供
森ビルの複合商業施設「六本木ヒルズ」の客足が伸びている。その成功の秘訣を探ると、テナントやオフィス、住民などを巻き込んで街の魅力を高める「タウンマネジメント」と呼ぶ手法に行き着く。
[日経MJ 11/05/13]
◇ヒルズ「コミュニティーパスポート」 HP 
http://www.compas.jp/cp/index.php
◇六本木ヒルズ HP
http://www.roppongihills.com/
◇六本木ヒルズイベント情報
http://www.roppongihills.com/calendar/
◇六本木ヒルズ「TARO100祭」 HP
http://www.taro100.jp/
◇「国際映画祭」in六本木ヒルズ HP
http://www.roppongihills.com/feature/tiff2010/02.html
◇六本木ヒルズ盆踊り2010 HP
http://www.roppongihills.com/arena/events/2010/08/arn_bonodori2010.html
◇けやき坂コンプレックス屋上庭園 「農の風景」 HP
http://www.roppongihills.com/jp/feature/vol033/i8cj8i000001e86g.html
◇新たな複合オフィス「六本木ヒルズ クロスポイント」竣工
http://www.mori.co.jp/company/press/release/2011/04/20110407133000002168.html

◆低炭素社会へ 積水ハウス「観環居」
横浜みなとみらい21地区(横浜市)で住宅大手の積水ハウスなどが中心となって電気自動車(EV)と住宅内情報システムをネットワーク化した未来型住宅の実証実験「スマート・ネットワークプロジェクト」が3月末まで行われた。
[産経新聞 11/05/14]
◇スマート・ネットワーク プロジェクト HP
http://smart-network-pj.net/
◇優しく、強い。スマートハウス「観環居」/YOKOHAMA CRUiZ
http://yokohama-cruiz.org/2011/05/09/news_smart-house/
◇Smart Network Project 観環居で未来の住宅を体験 (Blog)
http://saya.s145.xrea.com/archives/2011/02/smart_network_p.html
◇NTTドコモ、日産ら、EVのネットワーク化を目指す実証実験/Car Watch
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20101104_404546.html

◆日本アドバタイザーズ協会本間充氏 ソーシャルメディアに熱視線
(1)ソーシャルメディアの利用経験や利用頻度は、メディアによって大きく異なる
(2)ツイッターは主に情報発信・収集に、ミクシィは身近な人との交流に利用されている
(3)ソーシャルメディアは消費者のコミュニケーション空間で、企業はコントロールできない
[日経MJ/消費分析 11/04/27]
◇日本アドバタイザーズ協会 HP
http://www.jaa.or.jp/
◇日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会 HP
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/
◇ソーシャルメディア利用者の行動を調査する意味(原典)
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/contents/1232?from_top=true
◇震災に伴うTwitter、Facebook 利用実態に関する調査/IMJ モバイル
http://www.imjmobile.co.jp/news/file/pdf/report/imjm20110404_2.pdf
◇3.11後の企業の震災対応の変化とは?/NEXUS NEWS
http://nexus-news.net/2011/05/post-82.html
◇大震災における、企業のソーシャルメディア活用法の調査報告
http://press.beat.co.jp/press/2011/04/post-58.html
◇来るべきソーシャルメディア時代の新しい生活者消費行動モデル概念/電通
http://www.dentsu.co.jp/sips

| | トラックバック (0)

2011/05/09

情報クリップ・ダイジェスト 2011/04

◆11~12年秋冬パリコレ、現代女性の多面性表現
重ね着など豊富なアイテムで独自のスタイルを作り上げる傾向がみられた。フェミニンとマスキュリンを融合させて女性らしさを引き出すなど、現代女性のもつ様々な側面を巧みに表現。多彩で華やかなショーがパリを盛り上げた。
[日経MJ 11/03/21]
◇11~12年秋冬パリコレ/MODE PRESS
http://www.afpbb.com/fashion/feature/1113
◇11~12年秋冬パリコレ/産経
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110416/trd11041618010007-n1.htm
◇パリコレ、クリストフ・ルメールによる初めてのエルメス/VOGUE
http://www.vogue.co.jp/fashion/news/2011-03/08/paris
◇ミュグレー>ガガ、パリコレでモデルデビュー(動画)
http://ameblo.jp/urbanrobot/entry-10823844402.html

◆節約志向 「常に心がけ」9割弱に
景気が回復基調となるなか、東京の百貨店売上高が1月は2カ月ぶりに前年を上回るなど、消費にも好転の兆しが見えつつある。日経産業地域研究所の調査でも、3割強が「節約を続けていることに嫌気がさしてきた」と答えた。ただし、消費の発散先は高額な支出というより、「日常でのちょっとしたぜいたく」のようだ。
[日経MJ 11/03/25]
[日経MJ/1000人の家計簿 11/03/16]
◇日本百貨店協 HP
http://www.depart.or.jp/
◇2010年度第2回消費者動向調査 /日本政策金融公庫
http://www.jfc.go.jp/common/pdf/t_news_110202a.pdf
◇成熟に向かう日本の消費/生活総研ONLINE
http://seikatsusoken.jp/teiten/2011/03/post-40.html
◇節約続く米国、ペットのための支出は増加/ロイター
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-20434720110405

◆環境経営戦略総研、節電術、無償で公開、流通・レジャー産業向
東日本大震災による発電所の停止で電力不足の長期化が懸念されているのを受け、即効性のあるノウハウを提供して電力需要の低減に協力する狙い。スーパーやドラッグストアなど3業態に特化したeラーニングコンテンツをそれぞれ用意する。
◇省エネコンサルティングの「環境経営戦略総研」 HP
http://www.kankyo-keiei.org/
◇節電に関する調査/マクロミル
http://www.macromill.com/r_data/20110415setsuden/

◆ネットでの実名利用 大震災受け広がる兆し
東日本大震災の被災者に住む場所を提供しようというウェブサイトが誕生した。名称は「ルームドナー」。作ったのは若手起業家によるITベンチャーだ。無償で部屋を提供してもいいという人がパソコンや携帯電話から登録。被災者は詳細を見て、世話になりたい物件があれば、メールなどで連絡を取り合う。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 11/03/28]
◇被災者受入住宅マッチングサイト「roomdonor」 HP
http://roomdonor.jp/
◇PRと女性のマーケティング「trenders」 HP
http://www.trenders.co.jp/
◇オタキング・岡田斗司夫氏 facebook page
http://www.facebook.com/okadatoshio
◇オタキング・岡田斗司夫氏「ゼネラル・プロダクツ」
http://okada.otaden.jp/
◇社会心理学者・山岸俊男氏 HP
http://lynx.let.hokudai.ac.jp/members/yamagishi/
◇情報社会学者・吉開範章氏プロフィール
http://www.nihon-u.ac.jp/arish/prof/prof_h_yoshikai.html
◇ITジャーナリスト・佐々木俊尚氏 HP
http://www.pressa.jp/
◇WAN上野千鶴子web研究室「Women'sActionNetwork」
http://wan.or.jp/ueno/
◇香山リカとは-はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E1%BB%B3%A5%EA%A5%AB
◇Facebookに関するライブレポート
http://tcc.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-b175.html
◇Facebookで就職活動が当たり前の時代に
http://www.amamoba.com/pc/shukatu-facebook.html

◆エシカルで消費を力に
社会のために、何ができるか――。東日本大震災の発生後、「エシカル」な消費行動が広がり始めた。節約・自粛ムードが高まるなかで、被災地支援の寄付やエネルギー=環境問題への配慮など、様々な形の社会貢献に関心が集まっている。エシカルは、こうした消費者意識と企業活動や商品・サービスをつなぐキーワードとなる。今後、エシカルな行動はどこまで浸透するのか。消費関連企業はどう向き合えばいいのか。
[日経MJ 11/03/30]
◇エシカルジャパン HP
http://www.ethical-japan.com/
◇ZOZOTOWNチャリティーTシャツ HP
http://zozo.jp/one/
◇BOOKOFF「売って支援プログラム」 HP
http://www.bookoff.co.jp/tohoku/20110317_tohoku.html
◇サステナブルなライフスタイル提案「チーム・グリーンズ」 HP
http://www.team-greens.co.jp/
◇トヨタグループのハウスエージェンシー「デルフィス」 HP
http://www.delphys.co.jp/
◇デルフィス・エシカル・プロジェクト HP
http://sites.google.com/site/ethicaldelphys/
◇社会貢献商品紹介ポータルサイト「SoooooS(スース)」 HP
http://blog.canpan.info/csr_sooooos
◇アグロフォレストリーチョコレート HP
http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/agroforestry/
◇ボストンコンサルティンググループ HP
http://www.bcg.co.jp/
◇フェアトレードのセレクトショップ「エシカルル・ファッション」 HP
http://ethical-penelope.com/
◇エシカル消費について (Blog)
http://ark-consulting.cocolog-nifty.com/k/2011/01/post-9225.html

◆通販おねだり機能、スマホでも可能に 夢展望
ファッション通販サイト「夢展望」は、インターネットで購入する商品の代金支払いを購入者以外の人に依頼できるサービス「おねだり機能」を、従来のウェブに加え、スマートフォンでも利用できるようにした。
[産経新聞 11/03/28]
◇「夢展望」おねだり機能 HP
http://www.dreamvs.jp/pc/onedaril.html

◆「全社員、フェイスブック登録」、ベネフィット・ワン、安否確認に
フェイスブックで社員のみが閲覧できるサイトを設け、専用掲示板を作成。今後、地震などの災害があった際に、掲示板に自分の安否を書き込んでもらう。今後は、福利厚生のメニュー開発やイベントなどのアイデアを共有する場としても活用するという。
[日経MJ 11/03/30]
◇福利厚生代行「ベネフィット・ワン」 HP
https://bs.benefit-one.co.jp/

◆ダイナック、バー新業態展開、上野に1号店、駅周辺開拓
駅ビルや駅構内への出店を狙い、1号店をJR上野駅の「エキュート上野」に開いた。これまで同社の居酒屋は都心の繁華街が中心だったが、新業態をテコに駅周辺を開拓し、サラリーマンやOLを取り込む。
[日経MJ/11/04/11]
◇居酒屋チェーン「ダイナック」 HP
http://www.dynac.co.jp/
◇「森香るBAR 1973」 について/サントリー公式ブログ
http://topics.blog.suntory.co.jp/002697.html
◇エキュート上野 HP
http://www.ecute.jp/ueno/

◆東日本大震災 広がる寄付サイト ネット募金“元年”
仕掛けさまざま 日本人向け
東日本大震災の被災者への募金活動が盛んに行われているが、募金活動を目的に運営する「寄付サイト」も活躍している。震災発生後2週間で、1年間の15倍を超える募金を集めたサイトも出現。「欧米に比べて寄付意識が低い」とされてきた日本の寄付文化を育てようと、工夫を凝らしてきたさまざまなサイトが震災を機に存在感を増しているようだ。
[産経新聞 11/04/07]
◇募金活動を支援するサイト「ジャスト・ギビング・ジャパン」
http://justgiving.jp/
◇クリック寄付サイト「dff」
http://www.dff.jp/
◇社会貢献サイト「KIVA Japan」
http://kivajapan.jp/
◇ツイッターやメールで友達にギフトを贈る感覚で寄付「giftee」
http://netafull.net/web/037155.html
◇クラウドファンディングサービス「READYFOR?」
https://readyfor.jp/
◇日本ファンドレイジング協会 HP
http://jfra.jp/
◇寄付サイト「Give One]
http://www.giveone.net/

◆注目の太陽光発電
福島第1原子力発電所の事故の影響で、夏に向けて電力不足が懸念される。こうした中、太陽光発電が注目されている。家庭で導入する場合、国などからの補助金は今年度減るが10年程度で元手が回収できるとあって、関心は高まっている。
[産経新聞 11/04/08]
◇JPTE太陽光発電協会 HP
http://www.jpea.gr.jp/
◇太陽光発電システム見積比較「全国ローコスト太陽光発電研究所」 HP
http://taiyoukou-hatsuden.com/?gclid=CLH46p7Ir6gCFVCBpAod4EIhHw
◇旭化成ホームズ 「発電ヘーベルハウス」 HP
http://www.kyocera.co.jp/solar/prdct/house/asahikasei.html
◇セキスイハイム「おひさまハイムFAN] HP
http://www.zero-club.net/
◇JX日鉱日石エネルギー HP
http://www.noe.jx-group.co.jp
/◇Facebook安否確認板 みんな大丈夫ですか?
http://www.facebook.com/anpikakunin

◆主食の消費 コメシフトの基調続く
もともと小麦製品は、世界的な小麦の高騰のため夏以降の値上げの恐れがあるところに震災が直撃。過去の小麦値上がりもあって消費者の「コメシフト」は進んでいるが、さらに小麦製品の消費を減らす動きが健在なことが、日本経済新聞の調査でもわかった。
[日経MJ/1000人の家計簿 11/04/06]
◇東日本大震災後の生活者の意識と行動調査/インテージ
http://tf.digital-dime.com/pr_release/individual/index.php?fn=000000052.000001551
◇東日本大震災後の消費者意識・行動の変化レポート/マクロミル
http://mnri.macromill.com/report_20110406.pdf
◇震災後生活意識調査/ジャパン・マーケティング・エージェンシー
http://www.jma-net.com/files/shinsai02.pdf

◆節電上手はLED巧者
夏に向けて、事業者には節電対策が求められ、流通・サービス企業の知恵が試される。こうしたなかで注目を集めるのが、品質向上と普及が著しい発光ダイオード(LED)照明の活用だ。
食品は見た目きれいに、間接照明にも活用でき、店内を明るく演出できるノウハウは多彩。
[日経MJ 11/04/08]
◇LED照明推進協議会 HP
http://www.led.or.jp/
◇LED工房 HP
http://www.led-koubou.com/
◇日本ライティングコーディネート協会 HP
http://www.jlca.or.jp/
◇省エネルギーセンター HP
http://www.eccj.or.jp/
◇スーパーマーケット総合プロデュース「プログレスデザイン」 HP
http://www.progress-design.com/
◇「アーバンドックららぽーと豊洲」照明リニューアル
http://denko.panasonic.biz/Ebox/plam/case/lighting_style5/lalaport.html
◇LED照明 比較実験コーナー/大塚商会
http://www.otsuka-shokai.co.jp/products/led/comparison-list.html
◇LED照明は効率が高いが利用法には課題/マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/02/14/led/
◇LED×白熱電球比較/電気の節約@節電
http://setsuden.blog54.fc2.com/blog-entry-29.html
◇リコーLED照明市場に参入/ニースリリース
http://www.ricoh.co.jp/release/2011/0421_1.html

◆電力不足乗切れ、節電ビジネス広がる 企業用、LED照明レンタル
事業所や消費者向けの節電関連ビジネスが動き出した。オフィスや店舗向けに、ヤマダ電機が省電力につながるLEC照明のレンタル事業を開始。家庭向けでも省エネ機器の販売が伸びている。節電への対応は企業、家庭を問わず中長期的に求められる公算が大きく、需要は広がりそうだ。
[日経MJ 11/04/01]
◇節電・電力消費をおさえるには/経済産業省
http://www.meti.go.jp/setsuden/
◇三洋電機「エネループツインポータブルソーラーセット」 HP
http://jp.sanyo.com/eneloop/lineup/portable-solar.html
◇省エネ照明の情報サイト「エコープ」
http://www.ecoop.jp/
◇家庭でできる省エネのコツ「BEAUTIFUL LIFE」 HP
http://www.shouene-midori.com/
◇パソコン関連機器販売「サンワサプライ」 HP
http://www.sanwa.co.jp/
◇「ワットメーター付き電源タップ」について
http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/700-TP1052DW
◇節電ビジネスを応援しよう/誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1104/08/news008.html
◇東日本大震災における経済復興プロセスと主要産業に与える影響 /矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/752.pdf

◆遠隔地から家電制御、NTTなどIT関連5社、通信規格標準化に
NTTやNECなどIT関連5社は、家電と管理サーバーを結ぶ通信の規格の標準化に乗り出した。オフィスや家庭の設備をネットワークでつなぐことにより、家電やパソコンなどを遠隔制御できる仕組みを整える。
[日経MJ/11/04/08]
◇情報通信技術委員会 HP
http://www.ttc.or.jp/
◇ホームICTと標準化/NTTサイバーソリューション研究所
http://www.soumu.go.jp/main_content/000052184.pdf
◇ICT国際標準化戦略マップ
http://www.isipc.org/ictmap/std/0008-200905-STD-HNW-V01.pdf
◇スマートシティとは何か?/ソフトバンク ビジネス+IT
http://www.sbbit.jp/article/cont1/21729
◇「横浜スマートシティプロジェクト」マスタープラン
http://www.meti.go.jp/committee/summary/0004633/masterplan001.pdf
◇世界中に広がるスマートシティ構想/nikkei BP net
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20100929/246822/
◇スマートコミュニティの可能性/Alternative
http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2010/06/post-3c38.html
◇20年に3兆2000億円経済効果 「スマートコミュニティ」実証事業/産経
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110131/mca1101310502000-n1.htm

◆仏エルメス、住居関連に本格参入、伊社と新会社、家具や壁紙販売
仏高級品大手のエルメスは今春、住居関連に本格参入する。世界の主要都市で家具、カーペット、壁紙などを販売する。製造のためイタリアの生地メーカーと共同出資会社も設立した。
住居関連用品は「メゾン(ホーム)」という名称で展開する。
[日経MJ/11/04/08]
◇「エルメス」 HP
http://www.hermes.com/
◇エンツォ・マリ氏プロフィール
http://www.em-hida.jp/enzomari/biography.html
◇アントニオ・チッテリオ氏 HP
http://www.antoniocitterioandpartners.it/

◆風切るEV、我が道快走 「リーフ」など細部にこだわり
電気自動車(EV)が注目を集めている。店頭では日産自動車の「リーフ」や三菱自動車の「i-MiEV(アイ・ミーブ)」に触れる客の姿も目立つ。充電インフラの整備に加え、海外勢も日本で実証試験を開始。
[日経MJ/11/04/13]
◇EV車 日産「リーフ」 HP
http://www.nissan-zeroemission.com/JP/LEAF/
◇日産リーフ 試乗レポート
http://gazoo.com/g-blog/tampyou/268111/Article.aspx
◇三菱自動車 EVポータルサイト
http://www.ev-life.com/
◇EV車の普及に向けたEV自動車比較サイト
http://www.ev-car.info/
◇今買うべきか? 「電気自動車」の損得勘定/NIKKEI TRENDY
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100601/1031978/
◇メルセデス・ベンツ日本「スマート電気自動車」の実証実験を日本で開始
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20101012_399544.html
◇BMWが日本で電気自動車「MINI E」の実証実験開始/NIKKEI TRENDY
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100618/1032144/
◇アウディ「A1 e-tron」海外市場記/webCG
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/i0000023759.html?pg=1
◇電気自動車 家電になる?三菱自とビックが販売協力/asahi.com
http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201011090575.html?ref=reca

◆アスクル、ネット上に商談の場
オフィス用品通販大手のアスクルは、中小企業の業務委託を仲介する取り組みを14日から始める。システム開発や人事管理などのサービス業務を受託できる企業の情報を集約し、業務の外部委託を考える中小企業向けにインターネット上で商談する場を提供する。
[日経MJ/11/04/13]
◇アスクル法人向けサービス「オンライン商談」 HP
http://shodan.askul.co.jp/

◆顧客満足度、「劇団四季」首位、10年度TDR抜く、価格納得度高く
サービス産業生産性協議会は12日、2010年度の日本版CSI(顧客満足度指数)を発表した。31業界の350社を対象としたランキングでは「劇団四季」が首位となり、09年度トップの「東京ディズニーリゾート(TDR)」を上回った。利便性の高さでインターネット通販を手掛ける企業が上位に多く入る一方、低価格を特徴とした企業は総じて評価を下げた。
[日経MJ/11/04/13]
◇サービス産業生産性協議会 HP
http://www.service-js.jp/cms/
◇2010年度JCSI(日本版顧客満足度指数)発表 (原典)
http://www.service-js.jp/cms/news_attach/20110412_jcsi_news9.pdf
◇劇団四季 HP
http://www.shiki.jp/
◇東京ディズニーリゾート HP
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/
◇アマゾン・ドット・コム HP
http://www.amazon.co.jp/

◆大広、西村泉氏 PB商品、普及は一段落
(1)メーカー品からPB商品への移行は一段落し、以前ほどの勢いは失われつつある
(2)PB商品の認知や購入意向は依然高い水準にあり、PB商品離れが始まったわけではない
(3)低価格以外のPB商品の動向と、原材料高騰や震災の影響で低価格を維持できるかに注目
[日経MJ/消費分析 11/04/13]
◇消費者行動レポート(原典)/大広
http://www.daiko.co.jp/ja/portfolio/database/life_report/report_110310.pdf
◇広告代理店「大広」 HP
http://www.daiko.co.jp/
◇PB/NB 商品の選択傾向とその理由/日本能率協会総合研究所
http://www.jmar.biz/pdf/20100805PB_R.pdf
◇PB商品に関する調査/札幌消費協会
http://www.sapporo-shohisha.or.jp/enquete/pdf/enquete21.pdf

◆東日本大震災 アートを通じ復興支援の動きが次々と 
アートを通じて震災復興支援を図る動きが目立ち始めている。全額寄付を前提にデジタル写真集を販売した写真家や、チャリティー展示会を企画するギャラリーなどが続々と現れ、被災地から企画に参加する写真家もいる。
[産経新聞 11/04/16]
◇地球とアートの共存を考える「gallery COEXIST」 HP
http://coexist-art.com/
◇「東日本大震災復興支援チャリティーアート展」 HP
http://www.art-ejeq.com/
◇仙台市在住の写真家、花輪奈穂氏 ブログ
http://hanawanaho.blog94.fc2.com/
◇「清澄ギャラリーコンプレックス」 HP
http://www.kiyosumicomplex.com/
◇清澄ギャラリーコンプレックス「サイレント・アートオークション」
http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1301920575005/
◇写真家の小山泰介氏 HP
http://www.tiskkym.com/

◆旅行客数の回復狙う、訪日中国人向け無料誌、近ツー系
今夏創刊、買い物情報など/富裕層対象、出発前に送付
近畿日本ツーリストの子会社でツアー情報サイトの運営などを手掛けるティー・ゲートは今夏、中国人の訪日旅行客向けのフリーペーパーを創刊する。角川グループホールディングスと連携し、富裕層向けの買い物情報などを掲載する。将来の成長が見込める訪日中国人向け事業の多角化を図り、旅行客数の回復も狙う。
[日経MJ 11/04/15]
◇検索型トラベルサイト「ティー・ゲート」
http://t-gate.co.jp/
◇角川グループホールディングス HP
http://www.kadokawa-hd.co.jp/
◇訪日中国人向けフリーペーパー「日本自遊行プレミアム」
http://tabihatsu.jp/dl_docments/tg_news_20110301.pdf

◆西麻布に塗装・塗料専門店
西麻布交差点そばに4月17日、塗装と塗料の専門店「カラーワールドマーケット 西麻布スペース」がオープンした。ビルの1室をショールームにし、本格的な内装から日曜大工まで、塗料を使った相談に幅広く対応する。アーティストへの空間提供やワークショップ、ショールームには体験コーナーが出現することも。
[六本木経済新聞 11/04/18]
◇塗装・塗料専門店「カラーワールドマーケット西麻布スペース」 HP
http://www.cwm30.jp/

◆ブランド・ジャパン2011、日常溶け込み、グーグル首位
日経BPコンサルティングはブランドイメージ調査「ブランド・ジャパン2011」の調査結果をまとめた。11回目となった今回の調査ではインターネット検索サービスの「グーグル」が初めて消費者が選んだ強いブランドの首位となった。ランキング上位や急上昇したブランドはネット・デジタル系企業が目立ち、情報を瞬時に入手・提供するサービスが日常生活に広く定着してきたことがうかがえた。
[日経MJ 11/04/15]
◇ブランド・ジャパン2011/日経BPマーケティング
http://www.nikkeibpm.co.jp/chosa/brand/brand_j/
◇中国で最もブランドイメージがよい企業調査/マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/08/26/041/

| | トラックバック (0)

2011/04/10

情報クリップ・ダイジェスト 2011/03

◆日本の森使って再生
日本は山林などが国土の7割弱を占める森林大国だ。輸入自由化で安価な海外の木材が国内市場の7割を占めるまで拡大。国内の森は長年放置され、荒れてきた。戦後の植林が製材化の適正年齢を迎えた今、これらをきちんと利用し、消費者の手元に届けようと取り組む業者が現れている。
[日経MJ 11/02/25]
◇岡山県西粟倉村「百年の森林」 HP
http://nishiawakura-fan.jp/
◇資源リサイクル「アミタホールディングス」 HP
http://www.amita-net.co.jp/
◇トビムシ「森は地域の宝もの」 HP
http://www.tobimushi.co.jp/
◇国産材使用家具店「ワイス・ワイス」 HP
http://www.wisewise.com/
◇国際環境NGOのFoEjapan主導「フェアウッド・パートナーズ」 HP
http://www.fairwood.jp/
◇国産材使って減らそうCO2「木づかい.com」 HP
http://www.kidukai.com/
◇国産材住宅推進協会 HP
http://www.kokusanzai.org/
◇国産材製材協会 HP
http://www.mokushin.com/kokuseikyo/

◆古民家使いコーヒー店、隠れ家仕立て、工夫が一杯
東京・表参道に1月末、古い民家を利用した一風変わったコーヒー店が登場した。持ち帰り専門店ながら、バリスタ(コーヒーを入れる職人)が対面で好みのコーヒーを作ってくれる。しかも店はどこでも移動が可能なユニット式。あちこちの街に出没してはその場所でなじむ。そんな新しいタイプのコーヒー店を目指している。
◇「OMOTESANDO KOFFEE」 HP
http://ooo-koffee.com/
◇古民家でバリスタの淹れる「OMOTESANDO KOFFEE」/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/375533/
◇「OMOTESANDO KOFFEE」 について (Blog)
http://fresh0608.blogspot.com/2011/03/11.html
◇「OMOTESANDO KOFFEE」 について (Blog)
http://blog.madamefigaro.jp/nicole_bargwanna/post-21.html

◆伝統工芸品、姿を変えて匠の技残す 
独自の素材と職人の技術で、何百年にもわたり作られ続けてきた各地の伝統工芸品が苦境に立たされている。主要販路の百貨店では高額品の売れ行きが低迷。日用品の分野ではスーパーなどが扱う安価な輸入品に市場を奪われつつある。こうした状況下で、伝統の技術を生かしながら、商品の「姿」を変えて需要を掘り起こす試みが広がり始めた。
[日経MJ 11/03/09]
◇山中漆器「茶筒・karmi(カルミ)」  について
http://sizuku2518.exblog.jp/14020705/
◇山中漆器「茶筒・karmi(カルミ)」  について (Blog)
http://www.suwari-cocochi.com/blog/?p=1224
◇化粧筆「楔(くさび)qusavi」 HP
http://qusavi.com/
◇有田焼販売「松華堂」 HP
http://showkado.jp/
◇熊野筆製造「竹宝堂」 HP
http://www.chikuhodo.com/
◇丸若屋 印伝「otsuriki」 HP
http://maru-waka.com/?page_id=233

◆書店「売り方」再構築
書籍・雑誌市場の縮小やデジタル化の波にもがく書店が、事業モデルの再構築に一歩を踏み出した。複数の販売網を巧みに連動させ、売り逃しの解消を模索する大手グループ。大量に仕入れ、売れ残れば返品、という非効率な取引慣習を見直し、マーケティングに依拠する“普通の小売業”への脱皮を目指す動きもある。
[日経MJ 11/02/16]
◇MARUZEN&ジュンク堂 梅田店 について (Blog)
http://gorimon.com/blog/log/eid1363.html
◇MARUZEN&ジュンク堂 梅田店 について (Blog)
http://kita-ku.jugem.jp/?eid=559
◇MARUZEN&ジュンク堂 梅田店 について (Blog)
http://chirudai.exblog.jp/14648041
◇カルチャーエージェント溝の口南口店 HP
http://www.bunkyodo.co.jp/c/tenpo/culture_agent.htm
◇東武ブックス HP
http://www.tobubooks.com/
◇東京堂書店 HP
http://www.tokyodoshoten.co.jp/
◇アルメディア調査「書店数と売り場面積推移(2010年10月版)」
http://www.garbagenews.net/archives/1562245.html
◇米書店、消滅の危機 チェーン2位倒産の衝撃/asahi.com
http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201102170605.html

◆蛇腹の布雑貨、折り畳み簡単、「モノマトペ」染色加工の技結集
東京の下町、葛飾区柴又にある生地の染色加工工場、丸枡染色がオリジナルの雑貨を作り始めた。ブランド名は「モノマトペ」。モノ(物)に、擬音語を意味する仏語「オノマトペ」を合わせた造語で、商品を手にしたときに「カクカク」「キラキラ」といった表情を感じさせるのが特徴。長年培った技と知恵、それに意地で独創性をかたどった。
[日経MJ 11/02/16]
◇丸枡染色オリジナル雑貨「モノマトペ」 HP
http://tokyo-marumasu.com/monomatopee/
◇染色加工工場「丸枡染色」 HP
http://tokyo-marumasu.com/
◇国立新美術館内「スーベニアフロムトーキョー(SFT)」 HP
http://www.souvenirfromtokyo.jp/
◇モノマトペ「KAKU- KAKUシリーズ」 について (Blig)
http://fashionbible.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/monomatopee-ab5.html
◇モノマトペ「KAKU- KAKUシリーズ」 について (Blig)
http://ameblo.jp/moxdiamond/entry-10803372561.html

◆付箋で「忘れないで」文字 壁から消えて心に残る
カナダのBCアルツハイマー協会は、治療に向けた研究費への寄付を募るために「リメンバー(忘れないで)」というキャンペーンを実施。
[日経MJ/売り方米国流 11/02/18]

◆ネット通販大手、スマートフォンで買ってポイント割増等優遇策
ネット通販大手が高機能携帯電話(スマートフォン)経由の購買を増やす戦略に動き始めた。ヤフーや楽天はポイントサービスを充実しているほか、アマゾンなどはアプリケーションを強化して顧客を囲い込む。スマートフォン経由の通販は従来の携帯電話より客単価が高く、売り上げ増につながる利点がある。
[日経MJ 11/02/18]
◇スマートフォンに関する調査/マクロミル
http://monitor.macromill.com/researchdata/20110228smartphone/
◇スマートフォンユーザーのECサイト利用実態調査 (PDF)/MJモバイル
http://www.imjmobile.co.jp/news/file/pdf/report/20110329.pdf
◇スマートフォンの利用実態と広告意識に関する調査/共同通信PRワイヤー
http://prw.kyodonews.jp/press/release.do?r=201102024285
◇ネットプライス、スマートフォン売上高 前3ヶ月比220% (PDF)
http://203.183.223.172/press/news/pdf/20110209_np_pr_iphone_appli.pdf
◇スマートフォン「楽天」サービス一覧
http://www.rakuten.co.jp/sitemap/sp.html
◇medibaとKDDI、スマートフォン向けの広告配信サービス提供開始
http://www.advertimes.com/20110202/article5827/

◆品川フロントビル 「ファミマ!!」「TSUTAYA」一体型店舗
両店間の仕切りを無くし、「ついで買い」「ついで借り」を促す。単独では進出をためらう立地でも集客できる店作りのモデルとなりそうだ。ファミマ!!、TSUTAYAともに営業は24時間。主に昼はファミマ!!、夜はTSUTAYAが客を呼び込んでいる。
[日経MJ/ホットスポット 11/02/21]
◇品川フロントビル HP
http://www.shinagawafront.com/
◇「ファミマ」×「TSUTAYA」一体型店舗紹介記事/流通ニュース
http://www.ryutsuu.biz/store/c121001.html
◇「ファミマ」×「TSUTAYA」一体型店舗 について (Blig)
http://www.doughnutplant.jp/partnerblog/wholesalevoice/2010/12/_tsutaya.html

◆問われる開国 「コメを海外に」攻めの発想 
40年以上にわたる減反で、日本の水田面積の約4割はコメを作っていない。この水田で食用米をフル生産して輸出に回せば、「補助金も不要になり、日本の農業再生を描ける」。攻めは最大の守りの発想だ。
[産経新聞 11/02/22]
◇こだわりの米作り「庄内こめ工房」 HP
http://www.komek.jp/
◇ヨーカドー「セブンファーム富里」 HP
http://www.itoyokado.co.jp/special/harumi/farm/
◇問われる開国 動き出したTPP(上)「経済覇権」決める枠組み
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110222-00000084-san-bus_all
◇問われる開国 動き出したTPP(下)官民一体、戦略作物で稼ぐ
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110224/biz11022407410011-n1.htm
◇TPPに逆行 減反参加条件の戸別所得補償
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110222/biz11022222100052-n1.htm

◆EV充電設備、自動車販売店やGSで拡大 
場所や利用時間は事前確認を
電気自動車(EV)の充電設備を設置する動きが広がっている。EV利用者の利便性を図ることなどが目的で、EVを販売する自動車メーカーの販売店やガソリンスタンドなどに設けられている。
[産経新聞 11/02/22]
◇全戸に太陽光発電、EV充電にも活 広がるエコマンション
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110218/biz11021815480019-n1.htm
◇EV普及へ米自治体と提携 三菱自、急速充電器設置で協力
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110205/biz11020509130007-n1.htm
◇EV充電ビジネス続々参、でも料金徴収できず 課金システムが課題
http://www.sankeibiz.jp/business/news/101220/bsa1012202116004-n1.htm

◆今夜も気軽に、立ち食いグルメ 手ごろな値段で本格派
手ごろな料金で飲食できる「立ち食い」「立ち飲み」スタイルの店がさまざまなジャンルで登場し、サラリーマンの胃袋をつかんでいる。新顔は煮込みやパテなど本格フレンチを出すビストロや、石窯で焼くピザ専門店など、いずれも料理自慢。立ち食いとはいえ、小粋さすら漂う。「1品をつまみにちょっと1杯」できる気取りのなさも人気の理由のようだ。
[日経MJ/ブームの予感 11/02/25]
◇神田「骨太フレンチビストロアリゴ」運営「夢屋」 HP
http://yumemania.jp/
◇「骨太フレンチビストロアリゴ」 について (Blog)
http://blog.livedoor.jp/izakayagypsy/archives/1401636.html
◇渋谷「ピッツェリア メリ プリンチペッサ」/ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/p718401/
◇「ピッツェリア メリ プリンチペッサ」 について (Blog)
http://blog.livedoor.jp/kyokocurry/archives/2104684.html
◇芝浦「和牛食堂まるに」 HP
http://yakiniku-shibaura.com/
◇「和牛食堂まるに」 について (Blig)
http://cori-cori.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/gg.html
◇新橋「ビストロ UOKIN」/ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/g075602/
◇「ビストロ UOKIN」 について (Blog)
http://ameblo.jp/abe-hideyuki/entry-10380428610.html
◇立ち飲み焼肉「神田 六花界」について (Blig)
http://blogs.yahoo.co.jp/tatirank/19070538.html

◆“自虐PR”なぜウケる? 「現実さらす負の面」共感 
「日本で47番目に有名な県」「島根の暦は日本の暦と同じ」-。そんな「自虐的」な文句を並べて話題になった島根県のカレンダーが完売した。また、ある旅行情報会社が募集した「世界一汚い」ホテルに泊まるツアーには、予想を上回る応募が。良い点ではなく負の面を強調する自虐的なPRが近ごろ受けている?!
[産経新聞 11/02/25]
◇「砂丘はありません」島根が自虐カレンダー/iza!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/localpolicy/488249/
◇世界で最も汚いホテルランキング/トリップアドバイザー
http://www.tripadvisor.jp/DirtyHotels
◇最も汚い世界一周卒業旅行/トリップアドバイザー
http://www.kitanaihotel.com/report/
◇広告宣伝・販促・マーケティングなど「宣伝会議」 HP
http://www.sendenkaigi.com/

◆コープネット事業連合、宅配「御用聞き」高齢者に電話
組合員が自分で電話する従来の方式に比べて、注文忘れがなくなり利便性が高まる。生協の宅配は大手小売りのネットスーパーに押されており、対抗策と位置付けている。高齢者の組合員の安否確認にもつながるとみている。
[日経MJ 11/02/28]
◇コープネット事業連合 HP
http://www.coopnet.jp/

◆驚きと感動、日用品を遊べ、パリ郊外で見本市
「メゾン・エ・オブジェ2011」。16回目を迎えた今回は「INTENSITE(激しさ)」をテーマに、世界各国の約2800社からユニークなデザインのインテリアやテーブルウエアなどが集まった。出展作品に共通していたのは「驚き」「感動」「遊び心」という3つのキーワードだ。
[日経MJ 11/03/02]
◇「メゾン・エ・オブジェ2011」 HP
http://www.maison-objet.com/
◇「メゾン・エ・オブジェ2011」レポート/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1298894867015/
◇フランス「リーン・ロゼ社」 HP
http://www.ligne-roset.jp/
◇Ronan & Erwan Bouroullec HP
http://www.bouroullec.com/
◇イタリア調理用品メーカー「アレッシ社」 HP
http://www.alessi.com/en/company/network/japan
◇福永紙工「かみの工作所」 HP
http://www.kaminokousakujo.jp/
◇トラフ建築設計事務所 HP
http://torafu.com/

◆フェイスブックと提携、電通、日本向け広告枠販売
2012年2月18日まで広告枠の一部を独占販売するほか、企業の公式ページ制作などを請け負う。米フェイスブックは機能の拡充など、必要な情報を電通に提供する。また電通は企業がフェイスブックを使って販促活動をする際、サイトの制作を請け負うほか、助言もする。
[日経MJ 11/03/02]
◇facebook Japan HP
http://www.facebook-japan.com/
◇Facebookと提携について (PDF)/電通
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2011/pdf/2011023-0228.pdf
◇サイバー・コミュニケーションズ HP
http://www.cci.co.jp/
◇日本のオンラインメディアの現状 (PDF)
http://www.jmra-net.or.jp/pdf/document/membership/release/OnlineReport_JP.pdf
◇ユニクロ、Facebook連動型のファッションサイトを開設/サンケイ
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110217/bsd1102171627013-n1.htm
◇Facebookユーザー利用実態調査/マクロミル
http://monitor.macromill.com/researchdata/20110128facebook/

◆公共施設内レストランの作り方 歴史や文化を踏まえたデザイン
個性のあるメニューの提供 商業施設内店舗の販促術を応用
外食業界で、公園や美術館などの公共施設内にある飲食スペースがあらためて注目されている。外食不況が続く中で、確実な集客が見込める数少ない立地なためだ。ゼットンはデザイン部隊を自社で持つユニークな外食企業で、数多くの公共施設内レストランを次々とオープンし、成功させている。
[日経MJ 11/03/04]
◇飲食店、バー経営「ゼットン」HP
http://www.zetton.co.jp/
◇ガーデンレストラン「徳川園」 HP
http://www.zetton.co.jp/grt/
◇ガーデンレストラン「徳川園」 について (Blog)
http://ameblo.jp/ikina-tokyo/entry-10499096237.html
◇ガーデンレストラン「徳川園」 について (Blog)
http://umaiumai.blog59.fc2.com/blog-entry-423.html
◇「岐阜シティ・タワー43」 HP
http://www.gifucity-tower43.jp/
◇横浜マリンタワー HP
http://marinetower.jp/
◇「タワーレストランヨコハマ」 HP
http://www.zetton.co.jp/tower_yokohama/
◇「タワーレストラン ヨコハマ」 について (Blog)
http://ameblo.jp/roba-to/entry-10278887908.html
◇「アール・リバーサイドグリル」 HP
http://www.zetton.co.jp/nakanoshima/
◇「アール・リバーサイドグリル」 について (Blog)
http://ameblo.jp/masterjin/entry-10556873061.html

◆シェアビジネス台頭 孤族からCo族へ
大量生産、使い捨て生活を追い求めた日本は「孤族」の暮らす「無縁社会」になったとマスメディアが言う。実際の消費者はその先を行く。未来を見る若者は特にそうだ。大量消費の手本だった米国すら変化を始めた。日本でも孤族から「Co族」への転換は始まっている。それを支援する企業やビジネスが業績を伸ばす。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 11/03/04]
◇街のスキマ空間シェアサービス「MAGARI」 HP
http://ma-ga-ri.com/
◇「MAGARI」紹介記事/ヨコハマ経済新聞
http://www.hamakei.com/column/229/
◇ソーシャルメディアにより広がる「シェアリング・エコノミー」の大きな可能性
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1493
◇『メッシュ』「すべてのビジネスは〈シェア〉になる」 書評
http://naichi.posterous.com/43592339
◇「所有」するなんてナンセンス! テクノロジーが加速する「共有」の時代
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/901
◇三浦展氏主宰「カルチャースタディーズ研究所」 HP
http://www.culturestudies.jp/
◇リノベーション、シェアハウスの需要について/カルチャースタディーズ研究所
http://ameblo.jp/tenchan58/entry-10616411245.html

◆ダイソー変身「100円」に磨き
従来の「宝物探し」感覚の雑然とした売り場を、コンビニエンスストアのように買いやすく改装。今春からは色やデザインを統一したおしゃれな商品も投入している。長引くデフレで100円のお得感は薄れており「価値ある100円」に挑む。視線の先には海外市場の本格開拓がある。
[日経MJ 11/03/07]
◇ダイソー HP
http://www.daiso-sangyo.co.jp/
◇ダイソー亀有リリオ店紹介記事/亀有経済新聞
http://kameari.keizai.biz/headline/444/
◇ザ・ダイソー羽田空港第2ターミナル店 オープン
http://prw.kyodonews.jp/open/release.do?r=201010082122
◇最近の100円ショップは本当にすごい/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/57782

◆ファッションEC勃興、心理的な壁除く技競う
ファッションEC市場の勝者はまだ決していない。品ぞろえや検索などの利便性に加え、どこまで消費者の心理的ハードルを下げることができるか。事業者間の激しい競争は、ファッションEC市場全体の拡大につながっていきそうだ。
[日経MJ/日経デジタルマーケティング杉山俊幸編集長のIT新事情 11/03/07]
◇ファッション専門通販サイト「ZOZOTOWN」
http://zozo.jp/
◇ZOZOTOWN運営「スタートトゥデイ」 HP
http://www.starttoday.jp/
◇「BEAMS」ONLINE SHOP
http://shop.beams.co.jp/
◇「SHIPS」ONLINE SHOP
http://onlineshop.shipsltd.co.jp/
◇「UNITED ARROWS」ONLINE SHOP
http://www.magaseek.com/user/index?svid=pc03
◇通販サイト「Amazon.co.jp」 HP
http://www.amazon.co.jp/
◇靴専門通販サイト「Javari.jp」
http://www.javari.jp/
◇靴専門通販サイト「ロコンド」 HP
http://www.locondo.jp/
◇ファッションEC市場 2015 年予測 (PDF)/ 矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/744.pdf
◇電子商取引に関する市場調査 (PDF)/経済産業省
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/h21kouhyou.pdf
◇ネット通販2010年年末商戦実態調査 /infomarks
http://www.infomarks.co.jp/press/2011/02/spars.html

◆シェアする人々 コラボ消費に商機あり
最近の20代の買い方使い方を聞いていて、10年前とは大きく異なることに戸惑わされる。それは「中古品の利用」と「シェアすること」の広がりだ。
[日経MJ/品田英雄のヒットの現象学 11/02/21]
◇『シェア〈共有〉からビジネスを生みだす新 戦略』シェアをシェアするサイト
http://www.share-biz.jp/
◇『シェア〈共有〉からビジネスを生みだす新戦略』書評
http://www.nw-style.com/2010/12/blog-post_20.html
◇本を売るなら「BOOKOFF」 HP
http://www.bookoff.co.jp/
◇リサイクルショップ「PASS THE BATON」 HP
http://www.pass-the-baton.com/
◇本と名刺の交換会「ブクブク交換」 HP
http://bukubuku.net/
◇やましたひでこ「断捨離.com」 HP
http://www.yamashitahideko.com/
◇ソーシャルメディアにより広がる「シェアリング・エコノミー」の大きな可能性
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1493
◇「所有」するなんてナンセンス! テクノロジーが加速する「共有」の時代
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/901
◇コラボ消費 について(Blog)
http://greenz.jp/2011/03/01/rachel_botsman_the_case_for_collaborative_consumption/

◆フラッシュマーケ光る、ツイッター・SNS使い集客
クーポン共同購入 SBIベリトランス 訪日中国人に照準
瞬時に多数の顧客を集めるフラッシュマーケティング。クーポン共同購入サービスや電子商取引サイトでのタイムセールなど、各社趣向を凝らせて集客に知恵を絞っている。集客する対象も国内にとどまらず、グローバルに展開する企業も増えてきた。
[日経MJ 11/03/07]
◇インターネット上の総合決済プロバイダー「SBIベリトランス」 HP
http://www.veritrans.co.jp/
◇シェアリーチャイナ HP
http://www.shareee-china.jp/
◇クーポン購入サイト「シェアリー」
http://www.shareee.jp/
◇中国人旅行者に日本情報提供「ジェイジェイストリート」 HP
http://www.jj-street.com/
◇共同購入クーポン、中国の方が認知も利用も上 RPA調査
http://www.ktai-coupon.com/news_kPfki2Inz.html
◇BtoC国内市場規模は6.7兆円、中国消費者の厄割が「越境EC」に意欲的
http://markezine.jp/article/detail/11035
◇グルーポンの実態~フラッシュマーケティングへの誤解 (Blog)
http://unitedknowledge.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-2763.html
◇海外限定、ソーシャルコマースサイト「ブラシナ・ジャパン」(PDF)
http://www.brasyna.com/press/20110112/release_20110112.pdf
◇海外向け共同購入サイト「ブラシナ・ジャパン」  HP
http://www.brasyna-japan.com/

◆ECサイト、フェイスブックで集客、サバウェイ無料、商品情報告知
企業向けサービスで、通販サイトの掲載商品情報などを自動でフェイスブック上に告知する。フェイスブックの口コミなどを活用して集客し、販売増につなげてもらうのが狙い。
[日経MJ 11/03/09]
◇facebook Japan  HP
http://www.facebook-japan.com/
◇ネットショップ支援事業「SAVAWAY」 HP
http://www.e-savacity.com/
◇通販サイト構築システム「マルチドメインカート」 HP
http://mdc.e-savacity.com/
◇WEBビジネスサポート「アラタナ」 HP
http://www.aratana.jp/

◆ドワンゴ杉谷保幸氏 動画サービス「ニコニコ生放送」
インターネットの動画投稿サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴは2010年9月期、有料会員の増加で通期で黒字となった。会員獲得の立役者となったのが、サイト内の生中継サービス「ニコニコ生放送」。有料会員のみ投稿できるため、無料で十分と考えていた会員を有料版に移行させるのに貢献した。
[日経MJ/着眼着想 11/03/11]
◇ノコニコ動画運営「ドワンゴ」 HP
http://info.dwango.co.jp/
◇ニコニコ生放送 HP
http://live.nicovideo.jp/

◆ぴあ、アーティストグッズ販売、自社サイトなどで、企画から一貫
音楽ライブの市場規模は伸びていることから、ライブ活動を軸に根強いファンを抱えるアーティストらと連携した独自商品の開発・販売を新たな事業に育てる。
[日経MJ 11/03/14]
◇佐野元春30周年×鉄腕アトム スペシャルコラボセット/ぴあ
http://piabook.com/shop/g/g4500100021/
◇演劇集団キャラメルボックス25周年記念BOX“CB25”/ぴあ
http://piabook.com/shop/g/g4500100019/

◆gooリサーチ衛藤香菜子氏 コメ食べる機会「増加」16%
外食減り、「減った」上回る 半数が品種こだわらず
(1)外食を控えるなどの影響で、1年前に比べてごはん(コメ)を食べる機会は増える
(2)しかしコメの品種や産地に対し、約半数が「特にこだわりはない」
(3)インターネット通販でのコメの購入経験者は16.7%で、スイーツのおよそ半分
[日経MJ/消費分析 11/03/02]
◇お米と食生活に関するアンケート/gooリサーチ(原典)
http://research.goo.ne.jp/database/data/001269/
小中学生、食に関する調査レポート (PDF)/NetMile
http://research.netmile.co.jp/voluntary/2010/pdf/201009_1.pdf

| | トラックバック (0)