情報クリップ12

2013/01/16

情報クリップダイジェスト 2012/12

◆香りや手触り…五感を刺激 国産材の「木製玩具」復活
国産の樹木を使い、地元の職人が加工した高品質な木製玩具が復活しつつある。昨年度から住民の誕生祝いとして贈る自治体の事業もスタート。デパートやイベントスペースでも人気を呼んでいる。
[産経新聞 12/11/21]
◇日本グッド・トイ委員会 HP
http://goodtoy.org/
◇ウッドスタート事業「木育にっぽん21」
http://www.mokuiku21.org/wstart.html
◇幻冬舎エデュケーション HP
http://www.gentosha-edu.co.jp/
◇高山「オークヴィレッジ」 HP
http://www.oakv.co.jp/
◇秋田木育プロジェクト「AWTP」 HP
http://www.awtp.jp/
◇子育て木使い事業の取組/香川県
http://www.pref.kagawa.lg.jp/seiburingyo/main/mokuiku/images/kosodatekizukaijigyou.pdf
◇森づくりフォーラム HP
http://www.mori-zukuri.jp/contents/action/member/

◆合板が形作る魅惑の曲線美、工業製品に活用広がる
斬新な発想、匠の技生かす
無垢の木材では難しい曲線を表現する国産のプライウッド(成型合板)。薄くシート状に削った板を交互に重ね合わせて、熱と圧力を掛けて成型する。美しい曲線を生かした、自動車のハンドルや室内の間仕切り、掛け時計などが注目を集めている。
[日経MJ 12/11/28]
◇天童木工 HP
http://www.tendo-mokko.co.jp/
◇木材加工メーカー「北三」 HP
http://www.hoxan.co.jp/
◇新型「レクサスLS」の縞杢ハンドル、老舗家具メーカーの匠の技
http://bizmakoto.jp/style/articles/1210/15/news058.html
◇パナソニックエコソリューションズ内装建材 HP
http://panasonic.co.jp/es/pesibp/
◇佐藤ケンイチ展「INTERACTIVE FURNITURE」
http://news.livedoor.com/article/detail/7109140/
◇建材メーカー「滝澤ベニヤ」 HP
http://www.takizawaveneer.co.jp/
◇木製家具メーカー「匠工芸」 HP
http://www.takumikohgei.com/
◇日本のモノづくりの総合ショールーム「monova」
http://www.ozone.co.jp/showroom_shop/showroom/monova/
◇インテリア関連用品の企画製造販売「タカタレムノス」 HP
http://www.lemnos.jp/
◇渋谷ヒカリエ「イデーショップ ヴァリエテ」
http://www.idee.co.jp/shop/variete_shibuya/
◇鉄瓶「いものケトル・M いものケトル・L」
http://www.g-mark.org/award/describe/38552?token=

◆蒲鉾の表現力、存分に味わう、発想と職人技で練り上げ
おせち料理でおなじみの蒲鉾(かまぼこ)がクリエーターの手によって姿を変えた。板から離れ額に入る。キャンディーのようにきれいな紙に包まれる。折る、丸めるなど自由に扱える。豊かな発想と蒲鉾職人の技が相まって、今まで見ることのなかった蒲鉾作品の数々が、アートの展示会場で輝きを放った。
[日経MJ 12/12/05]
◇青参道 HP
http://aosando.com/
◇青参道アートフェア2012 HP
http://aosando.com/aosando-art-fair/178-2
◇栄光デザイン&クリエーション HP
http://www.eikoh-dc.com/
◇鈴廣かまぼこ HP
http://www.kamaboko.com/
◇「かまぼ考」 について(Blog)
http://ameblo.jp/sekitak/theme-10013088954.html
◇「かまぼ考」 について(Blog)
http://chelseagirl12.jugem.jp/?eid=483

◆行列のできるヘルシーランチ 野菜・玄米で飽きさせず
生活習慣病の予防やダイエットなど、性別や年代を超えて健康志向が高まっている。「外食するときも、なるべく野菜を取ろう」と考える人は確実に増えている。
こんなニーズをうまくとらえて、開店前から行列ができる店をつくったのが、「玄米カフェ 実身美(サンミ)」を立ち上げた大塚三紀子氏。1号店の「あべの店」は、店の広さがわずか10坪(約33平方メートル)で21席しかないが、ランチだけで月に200万円を売り上げる。来店客の8割が女性だ。
[日経MJ/食ビジネス考 12/11/16]
◇玄米カフェ「実身美(サンミ)」 HP
http://sangmi.jp/
◇玄米カフェ「実身美」 について(Blog)
http://coool-mama.dreamlog.jp/archives/7578211.html
◇玄米カフェ「結わえる商家(しょうか」) HP
http://www.yuwaeru.co.jp/

◆商品選び、節約志向裏付け、価格と機能・品質を重要視
「理念や社会貢献」は低く
消費者庁が消費生活に関する意識調査をしたところ、商品やサービスを選ぶ際に「価格」と「機能や品質」を重要視していることが分かった。景気低迷で消費者の節約志向が根強く、価格への支持は依然強い。品質に対しても、安全や機能などに消費者の厳しい目が注がれている。
[日経MJ 12/11/16]
◇消費生活に関する意識調査/消費者庁(原典)
http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/121112adjustments_1.pdf
◇消費者教育ポータルサイト
http://www.caa.go.jp/kportal/index.php
◇新商品を買いたいと思う認知経路調査/sankeiliving
http://www.sankeiliving.co.jp/research/ol/112.html
◇「購買行動におけるクチコミの影響」に関する調査
http://research.goo.ne.jp/database/data/001430/ 
◇「生活者1万人アンケート調査」/野村総研
http://www.nri.co.jp/news/2012/121119.html

◆ICTが導く未来の売り場は
売り場の利便や接客技術は向上している。それでもまだ、客がストレスを感じる場面は少なくない。次の売り場の進化のテーマは「ストレスフリー」だ。ICT(情報通信技術)やロボット技術が快適な買い物を演出する。インターネット通販に客を奪われることなく、反復来店を促すことができる近未来の売り場とはどんなものだろうか。
[日経MJ 12/11/19]
◇ユニクロ「「バーチャル試着システム」/DNP
http://www.dnp.co.jp/news/10056353_2482.html
◇高島屋大阪店、アンドロイド「みなみ」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1202/06/news091.html
◇2012年デジタルサイネージに関する意識調査(1)
http://www.yanoict.com/yzsurvey/2012/1.html
◇2012年デジタルサイネージに関する意識調査(2)
http://www.yanoict.com/yzsurvey/2012/2.html
◇2017年度までのIT主要市場の規模とトレンド展望/野村総研
http://www.nri.co.jp/news/2012/121121.html
◇電子商取引に関する市場調査/通産省
http://www.meti.go.jp/press/2012/08/20120828002/20120828002-4.pdf
◇NEC、顔認識技術を活用したデータ分析クラウドサービスを提供へ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1211/07/news062.html
◇マイクロソフト「Kinect for Windows」
http://www.amamoba.com/pc/kinect-windows.html

◆ものづくり、街でも家でも
3D工作機で「誰もがクリエーター」 企業、個人の発想生かせ
デジタル工作機器とインターネットの普及で、みながものづくりを楽しむようになる――。米国の雑誌「ワイアード」編集長、クリス・アンダーソン氏(51)は近著「メイカーズ」で予言する。消費財メーカーや流通業は、この変化をどう好機につなげるか。
[日経MJ/企業は 12/11/19]
◇米・雑誌「WIRED」 HP
http://wired.jp/
◇3Dプリンター進化 どこでも工場になる予感/nikkei
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGF02008_S2A101C1H49A00/
◇パーソナル3Dプリンタでドロイド君を作ってみた
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1207/25/news013.html
◇ハンドメイドマーケット「iichi(いいち)」 HP
http://www.iichi.com/
◇ハンドメイドマーケットポータルサイト
http://matome.naver.jp/odai/2132895079766440001
◇3次元プリンタショールーム「CUBE」/イグアス
http://www.jbcchd.co.jp/2012/10/17.html
◇3次元プリンタショールーム「CUBE」
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1210/17/news123.html
◇渋谷「FabCafe」 HP
http://www.fabcafe.com/
◇渋谷のFabCafe。iModelaも実験的に設置
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1203/01/news123.html
◇シェアオフィス「コーラボ(co-lab)」 HP
http://co-lab.jp/
◇ファブラボ渋谷 HP
http://www.fablabshibuya.org/
◇「3Dプリンタ」ガイド本プロジェクト/CAMP FIRE
http://camp-fire.jp/projects/view/471
◇「3Dプリンタ」ガイド本プロジェクト紹介記事
http://greenz.jp/2012/11/30/3d_guidebook/

◆ファストフード宅配加速
ファストフードを中心に外食各社が宅配サービスに力を入れている。日本マクドナルドは全国展開に向け電話に加えてインターネットでも注文を受け始めた。バーガーキング・ジャパン(東京・渋谷)は宅配を実験中。セブンイレブンをはじめコンビニエンスストア各社が積極出店に加えて宅配も本格化し中食市場で攻勢をかけるなか、外食側も店から外に飛び出し巻き返しに懸命だ。
[日経MJ 12/11/19]
◇各業界がこぞって注目する宅配サービス
http://matome.naver.jp/odai/2133756465417735501
◇マクドナルドデリバリーサービス HP
http://www.mcdonalds.co.jp/shop/mcdelivery/
◇マックデリバリーの全国展開を発表
http://news.livedoor.com/article/detail/7105777/
◇BK宅配 HP
http://www.burgerkingjapan.co.jp/delivers/
◇焼肉店の叙々苑デリバリーサービス HP
http://www.jojoen-catering.com/
◇飲食系3サービスから見えてくる顧客に寄り添うことの重要性
http://column.socialmedia-rex.com/2012/12/000560.php
◇居酒屋、会議室利用からオフィスに宅配まで
http://moneyzine.jp/article/detail/206350

◆イケア、増改築需要に照準
家具チェーンのイケア・ジャパン(千葉県船橋市)は工務店取引を拡大する。国内6つの全店舗にキッチン家具類の営業担当者を配置。提携する工務店を開拓しながら、住宅リフォーム工事を手がける際に、イケアの家具類の購入を促す。住宅の増改築にあわせたテーブルやイスの買い替え需要も取り込む狙いだ。
[日経MJ 12/11/19]
◇IKEAキッチンサイト
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/kitchen/
◇IKEAの工務店取引店「横田満康建築研究所」
http://www.mituyasu.com/reform/ikea/ikea_kitchen.html
◇IKEAキッチンリフォーム について(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/yokotadiy/diary/201106110000/

◆スマートハウス(ヤマダ電機) 消費者の目線で提案
ヤマダ電機が売る次世代省エネ住宅「スマートハウス」の輪郭が現れ始めた。カギを握るのは「住宅展示場からの転換」と「川下発想のライフスタイル提案」だ。中堅住宅メーカーのエス・バイ・エルを子会社化し、住宅事業に参入して約1年。家電も車も家も販売する家電量販店の新事業モデルの追求で、消費者の購買意欲を呼び覚ます。
[日経MJ/生活創造 12/11/19]
◇ヤマダ電機・スマートハウス HPP
http://www.yamada-denki.jp/sevice/alldenka/concept.html
◇「SMART HOUSING」展開開始 /ニュースリリース
http://www.sxl.co.jp/corporate/news/20111110.html
◇ヤマダ電機社長兼COO 一宮忠男氏インタビュー
http://www.dfonline.jp/articles/-/6786?page=2
◇SxL ヤマダ電機の敷地内にモデルハウス建設へ
http://allabout.co.jp/gm/gc/392216/

◆上海発の家具、世界で快進撃、高品質かつ低価格実現
多国籍な組織、柔軟性生む
優れたデザインを高い技術で製品化し安く売る。手仕事が多く残る家具業界では難しい課題だ。だが中国・上海の家具工場が昨秋立ち上げたファクトリーブランド「STELLAR WORKS(ステラワークス)」がそんな常識を覆す。中国製にありがちな粗悪なイメージを跳ね返し、わずか1年で世界30カ国に販売する奇跡を起こしている。
[日経MJ 12/11/21]
◇上海発「STELLAR WORKS」 HP
http://www.stellarworks.com/
◇高級家具製造メーカー「FURNITURE LABO」 HP
http://furniturelabo.jp/
◇「STELLAR WORKS」社長・堀雄一朗氏インタビュー
http://news.livedoor.com/article/detail/7242147/
◇鄭秀和氏主宰「インテンショナリーズ」  HP
http://www.intentionallies.co.jp/
◇織物業・西陣「細尾」 HP
http://www.hosoo.co.jp/
◇家具デザイナー、ボーエ・モーエンセン氏 について
http://scandii.com/borge_mogensen/index.html
◇伝統金網工芸「金網つじ」 HP
http://www.kanaamitsuji.com/
◇中川木工芸 HP
http://www.grass-garden.com/
◇老舗創作竹芸品メーカー「公長齋小菅」 HP
http://www.kohchosai.co.jp/

◆買い物の2割ネット経由、本社「ネットライフ調査」
平日の自由時間の半分はネットと接し、3人に1人がSNSを活用。タブレットやスマートフォンの普及が消費のネットへの移行を加速していることもわかった。
・消費意識、利用ツールで差、LINE派、衝動買い傾向
・ツイッター派、ネット駆使、お得に敏感
・消費支出20%がネット、SNS利用、3人に1人
・フェイスブック派、「リア充」志向
[日経MJ 12/11/21]
◇博報堂DYグループが担う、実効フェズのソシャメディア戦略
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/adtech-tokyo/pdf/adtech_07_121113.pdf
◇インターネット消費者層「コネクテッド20代女性」とは
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2012/10/25/13578
◇だれがショールーミングを行うのか?
http://www.advertimes.com/20120807/article79408/
◇ショールーミングするネット活用層の店舗への期待/DNP
http://www.dnp.co.jp/cio/mediavalue/report/pdf/mvr_vol51.pdf
◇大学生のスマホ利用調査/BLOGOS
http://blogos.com/article/52219/

◆交流、新発想「シェアオフィス」地方在住者の味方に
近年、注目を集める「シェアオフィス」。同じオフィス空間を異業種の人々が共同で使うことによって交流が生まれ、新たな発想にもつながると期待されている。主にフリーランスで働く人の利用が多いが、最近では特に地方在住の自営業者の拠点としても使われており、「進出の足がかりになる」と好評だ。
[産経新聞 12/11/22]
◇シェアオフィス「シゴトバBASE」 HP
http://www.shigotoba-base.com/
◇「ナレッジキャピタル(知的創造拠点)」 HP
http://kc-i.jp/concept/
◇レンタル・シェアオフィス ポータルサイト
http://www.rentaloffice.jp/
◇若手起業家育成プロジェクト「BOAT」 HP
http://boat.voyagegroup.com/
◇起業家のレンタルオフィスに関する意識調査
http://crosscoop.com/misc/entrepreneur_report4-3

◆地中熱でハウス栽培、ジオパワー、重油代半減
地中熱を利用した住宅用冷暖装置の製造・販売を手掛けるジオパワーシステム(山口県美祢市)は山口県農林総合技術センターと共同で、地中熱を使ってハウス栽培の暖房コストを半減できるシステムを開発した。住宅向けの仕組みを応用、イチゴ栽培を手掛ける農家などの需要を見込む。実証栽培に取り組んでおり、2013年度にも発売する。
[日経MJ 12/11/26]
◇ジオパワーシステム HP
http://www.geo-power.co.jp/
◇山口県農林総合技術センター HP
http://www.nrs.pref.yamaguchi.lg.jp/hp_open/a172010/00000001/index.html
◇ストップ温暖化・2050の実現に向けて
http://www.k2-homes.com/common/pdf.jsp?id=1264214842662_pdf

◆サントリー、食事画像でカロリー推計 健康への関心、遊び感覚で
アプリはサントリーホールディングスが「黒烏龍茶」の販売促進を目的に、6月下旬から無料配布を始めた「黒Cam」。ダウンロード数はすでに6万弱。現時点で計画を約5割上回る。
画面は「食事カード」として保存でき、そのままSNSに投稿することも可能だ。
[日経MJ/戦略アプリ活用 12/11/23]
◇SUNTORY「黒烏龍茶」 HP
http://www.suntory.co.jp/softdrink/kuro-oolong/
◇カロリー計測カメラアプリ「黒cam」
http://www.iphone-girl.jp/application-review/204498.html
◇事画像解析を手掛ける「foo.log」 HP
http://www.foo-log.co.jp/

◆伊勢丹新宿本店、婦人服フロア刷新、仮想客別ゾーンで誘う
伊勢丹新宿本店が改装開業した婦人服フロアが話題を集めている。45~65歳を主要顧客のまま、ブランド別だった構成を刷新。顧客の生活様式や価値観に応じて5つの人物像を設定し、タイプごとにゾーンをつくって11~14ブランドを複合的に展開する。あえて「目的買いに適さない」という演出で、自然と「買い回りを促す」。
[日経MJ 12/11/23]
◇伊勢丹本店「大人が美しい、新定番」
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/women/womens_style/index.jsp
◇4階婦人服「大人の女性」のNewショップオープン!(1)
http://i.isetan.co.jp/shinjuku/blog/2012/10/001926.html
◇4階婦人服「大人の女性」のNewショップオープン!(2)
http://i.isetan.co.jp/shinjuku/blog/2012/10/001951.html
◇3階婦人服モードフロア について(Blog)
http://fashionbible.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/a.html

◆トリッピース、同行者募るサービス SNSで「私の旅行」提案
trippiece(トリッピース、東京・渋谷)は消費者が自ら旅行を企画することができるユニークなサービスに力を入れている。既存の商品では満足できないが、一人で旅に出かけるのは不安で、寂しいといったニーズにこたえる狙いで、SNS上に消費者の旅行のアイデアを提示し、同行者を募る。現在は人数がまとまった時点で他の旅行会社に持ち込んでいるが、今後は自動的に旅行会社の入札を募るシステムを導入。来年3月にはシンガポールにも進出する予定だ。
[日経MJ/コトモノNEXT 12/11/26]
◇ソーシャル旅行サービス「trippiece」 HP
http://www.trippiece.co.jp/
◇ソーシャル旅行サービス「trippiece」 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/trippiece
◇ユーザーの9割以上が「旅の思い出」をソーシャルメディア上に
http://news.mynavi.jp/news/2010/08/25/019/
◇旅の仲間を見つけられる「trippiece」
http://column.socialmedia-rex.com/2012/06/000436.php

◆本でつながる交流の輪 店に図書館、会話弾み、町おこしに一役
店やオフィスがスペースの一部を“図書館”として開放する例が目立ってきた。数百冊程度と規模は小さいが、専門的な書物や入手困難なお宝本などを通じて持ち主の個性が垣間見える点が魅力だ。本をきっかけに同じ関心を持つ人が集まったり、古くからの知人の違う一面を発見したり。本を触媒として、街や会社に新たなエネルギーが生まれている。
日経MJ/流行は 12/12/03]
◇おぶせまちじゅう図書館 HP
http://machitoshoterrasow.com/obusedori.html
◇まちとしょテラソ HP
http://machitoshoterrasow.com/
◇まちとしょテラソ紹介記事
http://chobi.net/~komacafe/blog2/?p=240
◇まちとしょテラソ館長、花井裕一郎氏 について
http://tyamauch.exblog.jp/16189640/
◇すべての本棚を図書館に「リブライズ」 HP
http://librize.com/
◇すべての本棚を図書館に「リブライズ」 Fecebook
https://ja-jp.facebook.com/librize
◇リピーター呼込むO2Oサービスとして注目「リブライズ」
http://diamond.jp/articles/-/26766
◇「下北沢オープンソースカフェ」
http://www.osscafe.net/ja/
◇「下北沢オープンソースカフェ」探訪記
http://blogs.itmedia.co.jp/cmssol/2011/04/post-2800.html
◇コクヨ「RDIセンター」
http://www.kokuyo.co.jp/com/info/rdi/

◆SNS消費11.7兆円、野村総研、今年推計「ネタ」目的の購入35%増
ソーシャルメディア誘発消費は「ネタ消費」のほか、気になる友人の興味や直接の推薦が動機となる「玉突き消費」、「いま○○にいるけど、だれか飲まない」など相手を特定しない呼びかけに応じる「ゆる誘い消費」、相手の趣味や記念日を知ることで意識が高まる「プレゼント消費」を合わせた4類型と定義した。
[日経MJ 12/12/03]
◇SNSユーザー実態調査/野村総研(原典)
http://www.nri.co.jp/publicity/mediaforum/2012/pdf/forum181.pdf
◇ソーシャルメディアが描く未来/野村総研
http://www.nri.co.jp/publicity/mediaforum/2011/pdf/forum162.pdf
◇「ネタ消費」する人急増中!
http://matome.naver.jp/odai/2133893106328732201
◇ソーシャルメディアによる消費の変化
http://matome.naver.jp/odai/2135472355004095001

◆ヒット商品番付 13年トレンド予想、進むコト重視の流れ
思い出・充足感決め手
この年限定の周年行事 都市圏で新規開業続く
政局の行方や海外の経済情勢の変化、そして消費税増税の影響など、2013年の個人消費をとりまく環境は不透明感に包まれている。その中でも堅調が予想されるのが、心に残る「コト」消費だ。伊勢神宮と出雲大社の式年遷宮や東京ディズニーランド(TDL)の開業30周年など、周年イベントが相次ぐ。
[日経MJ 12/12/05]
◇2013年度TDLイベントスケジュール
http://disneycolors.blog7.fc2.com/blog-entry-1361.html
◇日本一の超高層ビル「あべのハルカス」 HP
http://www.abenoharukas-300.com/
◇伊勢神宮 式年遷宮「せんぐう館」 HP
http://www.sengukan.jp/
◇出雲大社「本殿遷座祭」 HP
http://www.izumooyashiro.or.jp/sengu.top.html
◇体験型ギフトに関する意識調査/ぐるなび
http://www.gnavi.co.jp/company/release/2012/121025_01.html
◇「コト消費型のモノ消費ショップ」の秘訣
http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/2371/
◇戦後60年のライフスタイル・価値観の変化と今後の旅行の行方/JTB総研
http://www.tourism.jp/column-opinion/lifestyle/

◆ウェブ販促に新手法、体験する広告、動員力アップ バスキュール
バスキュール→日テレ「エヴァ」 TV・スマホをシンクロ
カヤック→「JINS」 眼鏡仮想試着、ゲームに
ウェブを活用したキャンペーンの動員力が増している。スマートフォンの普及とSNSの浸透で、表現の幅は一気に広がった。体験や共同作業といった、ゲーム感覚を広告に採り入れることで一時的に大集団をつくる技術にも磨きがかかる。黒子である制作会社は新たな仕掛けを競い、企業にとってのウェブキャンペーンの利用価値は高まっている。
[日経MJ 12/12/05]
◇企画制作会社「バスキュール」 HP
http://www.bascule.co.jp/
◇企画制作会社「バスキュール Facebook
https://ja-jp.facebook.com/BasculeInc
◇バスキュール号 西村真里子氏が「ソーシャルメディア」を語る
http://trend.netadguide.yahoo.co.jp/feature/102/0120/1/
◇幸運のベルを鳴らそう「mixi Xmas」
http://mixixmas.mplace.jp/
◇対談:ひがやすを×バスキュール号
http://engineer.typemag.jp/article/post_20-2
◇ソーシャル広告世界最先端、バスキュールが見る未来の広告とは
http://techwave.jp/archives/51747359.html
◇面白法人「KAYAC」 HP
http://www.kayac.com/
◇JINS(ジンズ)のアプリ「メガネ向いてHoi!」
http://fitting.jins-jp.com/
◇SUNTORY アプリ「KOTOBUKI」開始
http://www.suntory.co.jp/news/2012/11611.html

◆生まれ続けるバロック建築 うねる造形、湧き起こる好奇心
ウィーンの街、時を超え
東京の国立新美術館で開催中の「リヒテンシュタイン展」の目玉の一つは、バロック美術の数々。作品は、普段展示されているウィーンの「夏の離宮」など、バロック建築の内部を模した一室「バロック・サロン」で紹介されている。同展監修者で建築史家でもあるヨハン・クレフトナーさん(61)は、バロックの精神が息づく建築は今も生まれていると語る。
[朝日新聞 12/12/05]
◇国立新美術館「リヒテンシュタイン展」 HP
http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/
◇国立新美術館 HP
http://www.nact.jp/
◇ウィーンの建築家集団「コープ・ヒンメルブラウ」
http://www.coop-himmelblau.at/

◆行動の軌跡、追う 水戸で「3・11とアーティスト-進行形の記録」
「2011・3・11」。震災後の日付を記した年表で仕切られた会場には、23組の作品32点が震災当日から生まれた順に並ぶ。被災地での活動の多様性を反映して、写真、映像、音楽などさまざまだ。
震災直後の新聞に切り込みを入れて、数百本もの小さな「芽」を立ち上げた照屋勇賢さんの作品や、被災児童のぬいぐるみなどを乗せたヤノベケンジさんの方舟、被災地で出産を控えた妊婦たちを撮影した宮下マキさんのポートレート、水戸で取った土を使って放射線を感知すると音が出る山川冬樹さんのエレキギター…。一つ一つの作品が見る者に被災地の現状を訴えかける。
[産経新聞 12/11/21]
◇水戸芸術館 HP
https://arttowermito.or.jp/
◇水戸芸術館「3・11とアーティスト-進行形の記録」
http://arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=331
◇ヤノベケンジ氏 3・11「トラやんの方舟計画」
http://kyap.tumblr.com/post/33424147119/exhibition-2012-torayans-ark-project-3-11
◇「トらやんの空飛ぶ方舟大作戦!」 について(Blog)
http://d.hatena.ne.jp/artmuseum_fukushima/20110831/1314775142
◇YANOBEKENJI ARTWORKS HP
http://www.yanobe.com/
◇アーティスト・照屋勇賢氏サイト
http://www.yukenteruyastudio.com/
◇写真家・宮下マキ氏サイト
http://makimiyashita.com/
◇「3・11とアーティスト-進行形の記録」レポート
http://colocal.jp/topics/art-design-architecture/local-art-report/20121203_13636.html

◆リフォーム誘う、見せる技
住宅のリフォーム設備を扱うメーカーの展示場が様変わりしている。生活シーンをイメージしやすくしたり、工事費や住設機器の性能を公開したりして、初心者でも一目で分かる工夫を凝らしている。来場者のリフォーム熱の高まりを逃すまいと、従来の施工業者向け展示から消費者中心にかじを切り始めた。
[日経MJ 12/12/09]
◇LIXILショールーム東京 HP
http://showroom-info.lixil.co.jp/tokyo/lixil_tokyo/
◇LIXILショールーム オープン!/Allabout
http://allabout.co.jp/gm/gc/397660/
◇LIXILショールーム東京 について(Blog)
http://miuraya.txt-nifty.com/kaiteki/2012/08/lixil-3708.html
◇東京コラボレーションショールーム HP
http://re-model.jp/showroom/tokyo-blog/
◇TDY東京コラボショールームオープン/Allabout
http://allabout.co.jp/gm/gc/402333/
◇住まいるダイヤル「住宅相談・紛争処理状況」
http://www.chord.or.jp/tokei/pdf/chord_report2012.pdf
◇リクルート住まいカンパニー HP
http://www.recruit-sumai.co.jp/
◇エコリフォーム推進協議会 HP
http://www.ecoreform.net/Consumer/

◆貴重な地形、地質を認定、ジオパーク観光資源に
貴重な地形や地質を持つ地域を対象とした「ジオパーク」への認定を、観光振興に生かそうという試みが各地で広がっている。9月下旬には千葉県銚子市や静岡県の伊豆半島など5地域が新たに認定を受けた。自然観察や体験学習などを取り入れた観光スタイルを提案し、親子連れなど客層を広げるほか、修学旅行などの誘致にも期待を込める。
[日経MJ 12/12/09]
◇銚子ジオパーク推進協議会 HP
http://www.choshi-geopark.jp/
◇伊豆半島ジオパーク HP
http://izugeopark.org/
◇日本ジオパーク委員会 HP
http://www.gsj.jp/jgc/
◇日本ジオパークネットワーク
http://www.geopark.jp/
◇ジオツーリズムについての検討
http://www.mlit.go.jp/common/000022851.pdf

◆水産物PR、産地連携、首都圏で催し物 秋田×鳥取、ハタハタ
水産物の産地が連携し消費地での販売促進を図る動きが目立っている。秋田県と鳥取県は首都圏でのイベント共催などを通じてハタハタの知名度向上や消費拡大を目指す。広島と宮城も共同でカキのPR活動を企画している。単独で活動するより注目度が高まることや、お互いの販売網を活用できるといった実利を期待している。
[日経MJ 12/12/09]
◇築地で冬の味覚「ハタハタ」フェス/銀座経済新聞
http://ginza.keizai.biz/headline/2150/
◇秋田県&鳥取県ハタハタフェス(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=kYLVMW_L1zY
◇秋田鳥取うまいぞ!ハタハタフェス開催
http://www.pref.tottori.lg.jp/item/769066.htm
◇広島と宮城、かきの消費拡大に向け連携開始
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000004947.html
◇クックパッド「我が家のおいしい牡蠣レシピコンテスト」
http://cookpad.com/pr/contest/index/446

◆12年度グッドデザイン賞、人に寄り添い暮らし豊かに
2012年度のグッドデザイン賞が決まった。3132件の応募作品の中からNHKのテレビ番組「デザインあ」が大賞を獲得した。今年度は(1)コミュニティーを作る(2)小さくて単純なハード開発(3)過去が今をけん引する(4)社会的問題の解決(5)東日本大震災の経験を生かす――デザインが目立った。生活に根差し、寄り添うデザインが広がりをみせている。
[日経MJ 12/12/12]
◇「グッドデザイン賞2012」 HP
http://www.g-mark.org/
◇「グッドデザインエキビジョン2012」 HP
http://www.g-mark.org/gde/2012/index.html
◇NHK「デザインあ」 HP
http://www.nhk.or.jp/design-ah/
◇新型軽乗用車「N」シリーズ/HONDA
http://www.honda.co.jp/news/2012/4121126a.html
◇「みんなの家」プロジェクト
https://readyfor.jp/projects/minnanoie
◇「みんなの家」/伊東豊雄建築事務所
http://itojuku.or.jp/ourhome

◆自分にご褒美 食事や旅行 働く女性、仕事の節目・記念日に
(1)日常的な自分へのご褒美については、飲食などが多い
(2)半年間での最も大きなご褒美は、旅行やアクセサリーなどとなった
(3)20代、30代の働く女性は自分の士気を上げるためなどに活用している
[日経MJ/消費分析 12/12/12]
◇年末のご褒美事情/ぱど
http://www2.pado.co.jp/cms/pado/media/pdf/padomate_gohoubi_201212.pdf
◇イマドキ独女の“自分へのご褒美”/東京独女スタイル
http://www.dokujo.com/lifestyle/201207-6.html

| | トラックバック (0)

2012/12/17

情報クリップダイジェスト 2012/11

◆幸せな余暇は国内旅行、高所得層ほど高い関心、支出増やせる
(1)幸福を感じるのに最低必要とする支出は、所得による違いが小さい
(2)選択的な支出となるレジャーや趣味への支出は、高所得者層ほど大きくなる
(3)友人を増やしたいとは思っていないので、交際への支出は不満がそれほど強くない
[日経MJ/消費分析 12/11/14]
◇幸福に対する価値観との関係/第一生命保険
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/report/rp1207a.pdf
◇国内旅行に関する調査
http://research.lifemedia.jp/2012/03/120314_travel.html
◇幸せでいるための12の行動習慣
http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1204/11/news012.html

◆国内発の木製玩具、素朴に楽しく、部屋も飾れる
親から子へ「遊び」伝える
伝統技法で組み立てる日本家屋や木製のブロック。積み木は親子を思わせる人型。創意工夫にあふれる、国内発の木製玩具が相次いで登場している。子どもたちに自然の木を触れさせたいという大人たちの思いから生まれているが、高いデザイン性や本物志向のモノ作りは、大人も楽しめるインテリアとしての魅力を十分に備える。
[日経MJ 12/10/24]
◇「KUNDE(クンデ)」プロジェクト
http://kunde.jp/
◇鎌倉デザイン事務所「ツナグプロジェクト」 HP
http://tsunaguproject.com/
◇木津潤平建築設計事務所 HP
http://www.kiz-architect.com/
◇玩具とオフィスでW受賞/藤沢市
http://www.townnews.co.jp/0601/2012/08/24/155515.html
◇木製ブロック「もくロック」 HP
http://www.mokulock.com/
◇ニューテックシンセイ HP
http://www.nt-shinsei.com/
◇富永周平氏「工房mapa」 HP
http://www.mapa-mapa.com/
◇博品館トイパーク HP
http://www.hakuhinkan.co.jp/

◆メード・イン・ジャパンの生活雑貨 和風に拘らず デザイン力UP
日本の技術力や伝統工芸品を現在の生活スタイルに取り入れやすくデザインした「メード・イン・ジャパン」の生活雑貨が注目を集めている。「和風」にこだわらなかったり、デザイン性が高かったりと、新たな魅力が生み出されている。
[産経新聞 12/11/05]
◇ホテル「クラスカ」 HP
http://www.claska.com/
◇ホテル「クラスカ」 Facebook
http://www.facebook.com/pages/CLASKA/159513937463871
◇ホテル・クラスカ「Do」 について(Blog)
http://blog.sideriver.com/discoverjapan/2009/02/do-05bd.html
◇アクセサリーブランド「ランテルナ」 HP
http://www.studio-lanterna.com/
◇雑誌「Discover Japan」
http://www.sideriver.com/discoverjapan/

◆女子向け花火音楽と同調、宝島社の大会仕掛け人、桜田圭子氏に聞く
客層絞り企業から広告 畑違い、常識打ち破る
10月7日、東京・台場で新たなイベント「東京ミュージック花火2012」が催され、有料席だけで1万人を動員する人気となった。この催しを仕掛けたのは出版社の宝島社。花火という全く畑違いの分野へあえてリスクをとって参入し、成功を収めた。仕掛け人である同社マーケティング本部の桜田圭子部長(37)に消費不振の中、新規分野でヒットを生み出す、マーケティング術を聞いた。
[日経MJ/ヒットを語る 12/10/14]
◇東京ミュージック花火2012 HP
http://tokyo-music-hanabi.com/
◇音楽とシンクロ、東京ミュージック花火
http://carlifenavi.com/article/detail/182825
◇東京ミュージック花火2012をDMC-GX1で撮影
http://saya.s145.xrea.com/archives/2012/10/2012_1.html
◇出版社がなぜ「花火大会」? 主催する宝島社・その意図は
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20120912/1043201/

◆進化するLED照明、空間を快適に、光の演出磨く
色や明るさ、微妙に調節
国内照明メーカーが発光ダイオード(LED)照明の商品化に拍車をかけている。白熱電球や蛍光灯の明るさに置きかわるだけでなく、そこには居心地の良い生活環境を整えるといった重要な役割が期待される。
(ホームファッションコーディネーター 堀和子)
[日経MJ 12/10/17]
◇SHARP「LEDダイニングライト」 HP
http://www.sharp.co.jp/led_lighting/dining/
◇デザイナー・近藤康夫氏サイト
http://www.kon-do.co.jp/
◇“光が浮かぶ”デザインのLEDペンダントライト
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20120904_557326.html
◇Panasonic「EVERLEDS(エバーレッズ)」 HP
http://www2.panasonic.biz/es/everleds/
◇大光電機 HP
http://www.lighting-daiko.co.jp/
◇ヤマギワ「「U-PENDANT」
http://openers.jp/interior_exterior/new_products/yamagiwa201107.html
◇岡部修三氏主宰「PASS THE BATON」 HP
http://www.pass-the-baton.com/
◇LED照明ブランド「huug(フーグ)」 HP
http://huug.jp/
◇谷崎潤一郎著『陰翳礼賛』 について
http://sakainaoki.blogspot.jp/2012/01/blog-post_12.html

◆簡単調理の魚、1000品突破、水産庁、新たに747品
水産庁は電子レンジで温めたり、フライパンで焼いたりするだけで簡単に食べることができる魚商品「ファストフィッシュ」。大手スーパーのほか、中小食品メーカーなどの商品も増えており、消費者が簡便に食べることができる魚商品の普及に弾みが付いてきた。
[日経MJ 12/10/22]
◇「魚の国しあわせ」プロジェクト/水産庁
http://www.jfa.maff.go.jp/test/kikaku/sakanakuni.html
◇水産品消費拡大/sankei
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120710/biz12071021100031-n1.htm
◇さかなの国。ニッポンの危機/ととけん情報ファイル
http://www.kyosen.co.jp/news/20110120_2.pdf

◆モノ→レジャー、シニア層流れる テーマパークや遊園地好調
年間パス、お得感で後押し
テーマパークや遊園地などのレジャー消費が好調だ。東日本大震災による昨年の反動増もあるが、エコカー補助金や地上デジタル放送移行などに伴う特需が一服。これまで「モノ」に向かっていた個人消費がレジャーなどの「サービス」に流れていることが背景にある。
[日経MJ/消費を解く 12/10/19]
◇テーマパーク・遊園地入場者ランキング
http://テーマパーク遊園地.il-o-l.com/
◇テーマパーク・遊園地リンク集
http://www.asobi-map.com/tema.htm
◇TRR宿泊に関する調査
http://news.mynavi.jp/news/2012/09/19/144/
◇遊園地・テーマパーク経営企業126社の実態調査/帝国DB
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p120703.pdf

◆「ママ友」情報に高い信頼 消費活動を左右 テレビも一定の影響力
〈マッキャンエリクソン伊東氏、谷津氏)
(1)日本の母親は、他の国の母親よりも携帯電話やPCを大切にしている度合いが強い
(2)アイデアやアドバイスは親しい人だけに伝えたいという割合が日本の母親は高い
(3)日本では、ママ友と自分の母親からの情報に対する信頼が厚い
[日経MJ/消費分析 12/10/17]
◇マッキャンエリクソン HP
http://www.mccann.co.jp/
◇全国のママたちを応援「mamalive」
http://mamalive.com/
◇ママの本音が集まる「ママスタジアム」 HP
http://select.mamastar.jp/
◇ママの本音が集まる「ママスタジアム」 Twtter
https://twitter.com/mamastar_select
◇今どきママのプロフィール2012
http://www2.pado.co.jp/cms/pado/media/pdf/padomate_imadokimama_201209%20.pdf

◆阪急うめだ増床し一部開業、「劇場型」、滞在重視「百貨店の原点」へ
プロジェクトを推進したのは実力会長の椙岡俊一氏。劇場をモチーフにした本丸の新装。大阪での抜群のブランド力、超一等地、売り場面積8万平方メートルの規模をフル活用し「業界の価値を改めてはっきりさせる」。こだわったのは娯楽性を備えた総合的な百貨店だ。
[日経MJ 12/10/26]
◇阪急うめだ本店 HP
http://www.hankyu-dept.co.jp/
◇阪急うめだ本店 Facebook
http://www.facebook.com/art.kurashi
◇阪急うめだ本店「劇場型百貨店」
http://www.h2o-retailing.co.jp/kabunushi/pdf/kabunushi/kabutsu201206.pdf
◇阪急梅うめだ本店は消費の救世主?/sankei
http://www.sankeibiz.jp/business/news/121020/bsd1210201845008-n1.htm
◇阪急うめだ本店にレストラン、旧コンコースを再現/梅田経済新聞
http://umeda.keizai.biz/headline/1436/
◇阪急うめだ本店 について(Blog)
http://kaorin15.exblog.jp/19337800
◇阪急うめだ本店 について(Blog)
http://yaplog.jp/ai-and-kirara/archive/1639
◇阪急百貨店うめだ本店(動画)
http://www.yomiuri.co.jp/stream/m_news/vn121018_1.htm

◆ニッポンの美術展、際立つ集客 演出力、世界に誇れる
プロ意識か職人気質か、はたまたサービス精神の旺盛さゆえか、国内で開かれる展覧会には、気分を高揚させる演出やエンターテインメント的な要素が多い。
近年、日本の美術展が英国の美術専門月刊紙による「世界の展覧会入場者数ランキング」で常にトップ10の上位を占めているのは、演出力によるところが大きいように思う。
[日経MJ/日経おとなのOFF森田聡子編集長のオトナ行動学 12/10/26]
◇ドレスデン・国立絵画館「アルテマイスター」HP
http://www.skd.museum/
◇東京都美術館 HP
http://www.tobikan.jp/
◇メトロポリタン美術館展「大地 海 空-4000年の美への旅」 HP
http://met2012.jp/
◇メトロポリタン美術館 HP
http://www.metmuseum.org/
◇東京国立博物館・デザイン室長・木下史青氏 について
http://artlink.jp.org/yanakahodan/guest_02.html
◇美術作品を世の中につなぐキュレーター
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/tokusyu/20121005/201210toku2.html

◆フェイスブック、農家や漁師、直販の武器に
市価の半値で、「いいね」で割引
セールスポイントや生産状況などの情報を手軽に発信できる利便性に加え、閲覧者の口コミで知名度向上を狙えるのが特徴だ。商品を推薦してくれた読者には割引サービスをするなど客が客を呼ぶ仕組みづくりを目指している。
[日経MJ 12/10/29]
◇東部漁業夕一会 HP
http://fuud.tv/toubu-yokosuka/
◇東部漁業夕一会 Facebook
http://www.facebook.com/toubu.yokosuka/app_193936483975338
◇農業生産法人「でんぱた」 HP
http://nouka.tv/denpata/
◇農業生産法人「でんぱた」通販サイト
http://www.denpata.com/
◇北海道「どりーむふぁーむプロジェクト」 Facebook
http://ja-jp.facebook.com/Dorimufamupurojekuto

◆渋谷ロフト ゆったり大人に変身、商品絞り、アート充実
ロフト発祥の地であり旗艦店である渋谷ロフトが9月7日、全面改装を終えて生まれ変わった。10~20代向けの売れ筋商品をそろえていた従来と一変し、厳選したアートやデザイン雑貨、健康雑貨が上質感を醸し出す。商品数を絞る一方、接客サービスは手厚くなった。他のロフトにない大人の装いは、30代以上の女性を渋谷に呼び戻しつつある。
[日経MJ 12/10/29]
◇渋谷ロフト HP
http://www.loft.co.jp/shoplist/shibuya
◇◇渋谷ロフト Facebook
http://www.facebook.com/LoftShibuya
◇「渋谷ロフト」が8年ぶりの全面改装/シブヤ経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/8789/
◇大人になった「渋谷ロフト」の素顔/nikkei
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1400P_U2A910C1000000/
◇渋谷ロフトが8年ぶりに全面リニューアルオープン
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1347940139074/
◇渋谷ロフトが8年ぶりにフルリニューアル
http://getnews.jp/archives/249131
◇全面リニューアル「渋谷ロフト」をレポート
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2012-09-20/loft-shibuya-report/
◇ルーヴル美術館併設、アート雑貨ショップ「ARTEUM」日本初上陸
http://changefashion.net/news/2012/09/17113511.html

◆撮れば劇画調、アプリ「漫画カメラ」開発を指揮、船木俊介氏
笑える脱力感 リアルの会話盛り上げ効果
9月11日のリリースから1ヶ月強で約300万ダウンロードを記録した画像加工アプリ「漫画カメラ」。撮った写真が劇画調に加工され、擬音語なども入る面白さが受け、老若男女の支持を得た。これまでiPhoneのみの対応だったが、近くアンドロイドにも対応、勢いはさらに加速しそうだ。
[日経MJ/ヒットを語る 12/10/26]
◇画像加工アプリ「漫画カメラ」
http://tokyo.supersoftware.co.jp/mangacamera/
◇無料Androidアプリ「漫画風製作所」
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.so_da.android.mangagenerator&hl=ja
◇「漫画カメラ」300万DL突破 公開から38日 英米でも人気
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1210/22/news052.html
◇「漫画カメラ」と「漫画風製作所」を比較してみた
http://www.tabroid.jp/news/2012/10/manga-camera-android.html
◇スマホ向け画像共有アプリ「インスタグラム」
http://instagram.com/
◇画像特化型交流サイト「ピンタレスト」
http://pinterest.com/
◇アンドロイド総合情報サイト「アンドロイダー」
http://androider.jp/

◆レジャー白書、余暇関連市場4.5%減、11年、9年連続前年割れ
11年の余暇関連市場は64兆9410億円。前年割れは9年連続で、1989年の水準を下回り「平成」で最少規模。東日本大震災の発生で自粛ムードが広がり、ほとんどの分野で市場が縮小した。分野別では過去2年首位の「ドライブ」の参加人口が落ち込み、「国内観光旅行」が初めて首位になった。
余暇市場は96年(約91兆円)をピークに縮小傾向が続いており、11年はピーク比3割少ない水準まで落ち込んだ。65兆円を下回るのは88年以来23年ぶり。
[日経MJ 12/10/31]
◇レジャー白書2012/日本生産性部
http://activity.jpc-net.jp/detail/srv/activity001355/attached.pdf
◇「レジャー白書2011」に見るわが国の余暇の現状
http://www.crs.or.jp/backno/No646/6461.htm
◇2012年秋の家族旅行とレジャーに関する調査
http://times-current.co.jp/todays/t-vol-2/

◆多彩な絵柄印刷「meme」、手描きを再現、布にぬくもり
イスや傘に、創作意欲刺激
思い思いの絵がプリントされた布が分野を超えた作り手や売り手をつなげ、使う側をワクワクさせる世界を織り成していく。日傘作家とイラストレーターの3人の女性たちが始めた「meme(ミーム)」は、そんな布を媒介にしながら新しいモノやコトを生んでいく取り組みだ。10月初めに都内で開かれた展示会を機に、活動を開始した。
[日経MJ 12/10/31]
◇meme(ミーム) HP
http://pour-meme.tumblr.com/
◇meme(ミーム) Facebook
http://ja-jp.facebook.com/memejp
◇日傘作家・ひがしちか氏インタビュー
http://www.graf-d3.com/shop/entry/784
◇塩川いづみ氏サイト
http://www.shiokawaizumi.com/
◇前田ひさえ氏サイト
http://hisaemaeda.com/
◇東伸工業
http://www.toshin-kogyo.co.jp/

◆ネット通販通じ、デザイナー育成 パルコ、「109」
パルコ サイト・店頭連動/「109」 25ブランドが集結
インターネット通販を活用した若手デザイナーの育成にファッションビル大手が乗り出す。ネット上でコストをかけず複数のブランドを立ち上げる試みで、パルコは通販サイトと店頭との連動を強化し、来春をめどにアート作品専用のサイトを開設する。将来のテナント候補を発掘し、競合施設との集客力で差をつける狙いだ。
[日経MJ 12/10/31]
◇パルコ通販サイト「クリエイターズーマンション」
http://mansion.parco-city.com/
◇パルコ次世代人材成長を応援
http://www.parco.co.jp/group/csr/feature_04.php
◇109通販サイト「109NET pius+」
http://www.109netplus.jp/
◇ルミネ通販サイト「アイルミネ」
http://i.lumine.jp/

◆画像SNS、「欲しい」刺激
個人のコミュニケーションの場である交流サイト(SNS)で通信販売の実を上げるのは容易ではない。ところが画像の遊び心とSNSの情報拡散機能がかみ合うと、販売促進の威力は増大する。低価格競争の渦から逃れ、画像SNSで消費者の買う気を誘う試みは成功するのか。
SNS上で利用者同士が情報を交換しながら商品を購入する「ソーシャルコマース」に取り組む企業が増え、2015年には全世界で2.3兆円の市場規模になるとの予測もある。しかし一方で米国では撤退する企業も出ているという。
[日経MJ 12/11/02]
◇佐藤可士和氏サイト
http://kashiwasato.com/
◇競うネット通販/nikkei
http://www.shopbiz.jp/rt/news/113478.html
◇通販企業のSNS活用
http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2011/12/sns-1.html
◇資生堂「マジョリカ マジョルカ」 HP
http://www.shiseido.co.jp/mj/index.html
◇Sumally(サマリー) HP
http://sumally.com/
◇Clipie(クリッピー)使い方ガイド
http://nanapi.jp/web/354
◇Takashimaya Online Storeの公式Pinterestページ
https://pinterest.com/TakashimayaEC/
◇ソーシャルネットワーキンクへの取組と展望について
http://engineer.typemag.jp/article/socialact2
◇エイベック研究所 HP
http://www.aveclab.com/
◇ソーシャルコマースサイト「mixiモール」
http://mmall.jp/
◇ヤマダ電機マルチSNS
http://yamada-sns.com/#login
◇ソーシャルコマースサイト「myFave」 HP
https://myfave.jp/
◇ソーシャルコマースを大きく変える4つのスタートアップ
http://www.startup-dating.com/2012/06/startups-social-commerce/
◇今が踏ん張り時!ソーシャルコマースの現在
http://blogos.com/article/48619/
◇ソーシャルコマースのヒントがFacebookの新機能にある
http://www.advertimes.com/adobata/article/10558/column.socialmedia-rex.com/2012/10/000521.php/
◇人気キュレーターがECサイトを繁盛させる
http://zen.seesaa.net/article/271791379.html
◇ピンタレスト経由のトラフィックが再び急伸
http://zen.seesaa.net/article/290748314.html
◇IBM、Twitterのブラックフライデーへの帰属率0%
http://jp.techcrunch.com/archives/20121126the-social-commerce-attribution-problem/
 
◆企業キャラのブレイク仕掛人、ビクターエンタテインメント栗原洋氏
アーティスト育成と同じ 新たなPR戦略提案 楽曲・映像を制作→権利ビジネスへ
様々なキャラクターが氾濫するなか、ユニークな手法で新たなヒットを生み出す企業がある。レコード会社として知られる、ビクターエンタテインメントだ。社内で新規事業を担う部署エンタテインメント・ラボ(e-lab)を通じ、外部の企業・団体がイメージアップなどのために制作したキャラを掘り起こし、『お家芸』の音楽によるPRも使って人気者に育てる。仕掛け人である栗原洋e-lab長(49)に、斬新な手法が生まれた背景を聞いた。
[日経MJ/ヒットを語る 12/11/02]
◇ビクターエンタテインメント HP
http://www.jvcmusic.co.jp/
◇ビクターエンタテインメント Facebook
http://ja-jp.facebook.com/jvcmusic
◇“BtoB”を拡大するビクターエンタの狙い
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20120213/1039691/?rt=nocnt
◇ラーニングネットワークス HP
http://www.l-n-s.jp/
◇ゆるキャラパンダのランドセル「ぱんどせる」 HP
http://www.pandosel.com/
◇ゆるキャラパンダのランドセル「ぱんどせる」 Facebook
http://www.facebook.com/pandosel
◇栗原洋氏 について (Blog)
http://blog.livedoor.jp/haohui/archives/3299299.html
◇ビクター犬「ニッパー」
http://www.jvcmusic.co.jp/company/

◆急成長LINEに対抗馬 持続的利用促す土壌を
スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)向けの無料通話・メッセージ交換アプリ「LINE(ライン)」を巡る動きが目まぐるしい。この1カ月間だけをみても、3つの大きな変化があった。マーケティングに活用できる新しいプラットフォームとして、企業からの視線が熱くなるのも無理はない。
もっとも、情報流通の器の主役は移ろいやすい。10年ごろからのツイッター、11年からのフェイスブック、そして12年からのLINE……。急成長の陰で、企業や消費者への持続的な利用を促す土壌づくりもLINEには求められている。
[日経MJ/日経デジタルマーケティング杉山俊幸編集長のIT新事情 12/11/02]
◇無料通話・メール「カカオトーク」
http://www.kakao.co.jp/
◇◇無料通話・メール「comm(コム)」
https://ssl.co-mm.com/
◇「LINE」スポンサードタンプ提供開始
http://about.naver.jp/press/press_detail?docId=1260
◇ソーシャルメディア分析の「データセッション」 HP
http://www.datasection.co.jp/
◇LINEの使い方ガイド
http://nanapi.jp/web/naver-line
◇「LINE」SNS参入の理由 フェイスブック追撃へ
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO45535450Z20C12A8000000/
◇LINEの仕組みと注意点まとめ
http://did2memo.net/2012/08/01/naver-line-password/

◆オールアバウト小河原聡さん 社会人向け講座、「じぶん学校」
サイト人気記事でテーマ選び
情報サイト運営のオールアバウトが7月から始めた社会人向けのスクール事業「じぶん学校」。インターネットサービス企業がリアル講座を展開する珍しい試みで、サイトで記事を書いている専門家(ガイド)を講師に招いている。今秋からは講座数を3倍に増やす。ネットのガイドとユーザーが顔を合わせる機会をつくり、ユーザーの反応をサイト運営にも生かす。
[日経MJ/着眼着想 12/11/02]
◇じぶん学校 allabout HP
http://allabout.co.jp/jibun/
◇じぶん学校 allabout Facebook
http://ja-jp.facebook.com/allabout.jibungakkou

◆シニア消費は幻か 節目なく、異なる人生観
60代半ばの団塊世代は必ずしも1つの塊として捉えることはできない。自由に使える金融資産の額も異なる。人生を歩む中で価値観も多様化するのは当然だ。それゆえに誰もが飛びつくような大型のヒット商品やサービスが生まれにくい。節目もなく、それぞれ人生観が違うシニア。そこに粗い網を投げたところで取りこぼしてしまうのは明らかだろう。
[日経MJ/底流を読む 12/11/05]
◇第一生命経済研究所 HP
http://group.dai-ichi-life.co.jp/cgi-bin/dlri/d_top.cgi
◇シニア「100兆円市場」を狙え
http://www.j-cast.com/2012/09/09145583.html?p=all
◇“親孝行商品”が「100兆円シニア市場」を動かす!?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20120809/1042402/?rt=nocnt
◇シニア消費は消費のけん引役となるか
http://www.research-soken.or.jp/reports/economic/pdf/number36.pdf
◇シニア消費行動クラスター
http://blog.jma-net.jp/article/283232946.html
◇消費を賢く楽しむスマートリッチな70代に注目
http://adv.asahi.com/modules/feature/index.php/content0561.html
◇第2次シニアブームが到来/ロイター
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK084754020120711

◆第30回サービス業総合調査、ベネッセ、ティップネス
家にアクセス、成長の近道/ネット指導、教室要らず
日経MJはサービス業35業種を対象に2012年版(11年8月~12年7月期決算)の「第30回サービス業総合調査」をまとめた。取扱高で集計した旅行を除く34業種の11年度の売上高は10年度と比べ2.6%増加し、3年ぶりのプラス成長となった。東日本大震災の反動はあったが、成長企業を見てみると、顧客の家と接点を持ち、家事代行など家庭に便利さを提供しているケースが多い。
[日経MJ 12/11/07]
◇ベネッセ HP
http://www.benesse.co.jp/
◇ティップネス「オンライン パーソナルトレーニング」
http://www.tipness.co.jp/online_personal/
◇2011年度JCSI(日本版顧客満足度指数)の発表
http://www.service-js.jp/cms/news_attach/20120314_jcsi_news.pdf

◆眼鏡にかなう先進の機能美、用途別の製品、多彩に、軽さ追求、価格は二極化進む
眼鏡の価格は「ロー&ハイ」の二極化が定着したようだ。デザイン、機能面ではキッズ、シニア、アウトドアなどに細分化して、それぞれに最適な商品が続々と登場している。「今後はイメージターゲットを絞った店舗展開が急速に進むのでは」といった声も聞かれる。
[日経MJ 12/11/07]
◇メガネの国際総合展IOFT HP
http://www.ioft.jp/
◇アイウェア・オブ・ザ・イヤー2013 HP
http://www.ioft.jp/Concurrent-Events/Eoy-Awards/
◇眼鏡店「BOSTONCLUB」 HP
http://www.bostonclub.co.jp/index.php
◇国際総合展IOFT受賞作品について
http://www.gloss-eyes.com/blog.php?blog_id47=3096
◇Zoffキッザニアパピリオン
http://www.zoff.co.jp/sp/kidzania/
◇「Zoff SMART」 HP
http://www.zoff.co.jp/sp/zoffsmart_2/
◇木製・竹製眼鏡「Roors」 HP
http://www.roots-web.jp/
◇眼鏡店「GLOSS 」 HP
http://www.gloss-eyes.com/
◇スポーツ用サングラス「SWANZ」 HP
http://www.swans.co.jp/

◆ヨーカ堂にみる魚販促術 店頭にアドバイザー、調理指南
「調理の仕方がわからない」「調理が面倒」といった理由から消費低迷が続く水産物。そんななか、魚離れを食い止めようと様々な施策を打ち出しているのがイトーヨーカ堂だ。調理支援や献立提案など、町の魚屋のような接客サービスを展開。仕入れでも漁港と連携して鮮度を高めるなど、消費者や産地との距離を縮めながら消費喚起に成果を上げつつある。
[日経MJ 12/11/09]
◇レンジで1分半 魚料理を手軽に
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120824/bsd1208240500001-n1.htm
◇量販・鮮魚専門店に聞く/魚食普及推進センター
http://www.suisankai.or.jp/topics/topics12/topics084.pdf
◇日本チェーンストア協会 HP
http://www.jcsa.gr.jp/

◆タブレット学習を推進、「進研ゼミ」中学向、動画配信やライブ授業、自社開発
2013年4月から中学1年生向け講座で自社開発端末での学習コンテンツの動画配信やライブ授業などを展開し、初年度は約10万台を導入する計画。これまでも紙のテキストとパソコンでの指導を併用してきたが、タッチパネルで手軽に操作できる専用端末の導入で学習効果がさらに高まるとみている。
[日経MJ 12/11/09]
◇ベネッセ教育研究開発センター
http://benesse.jp/berd/focus/activity1.shtml
◇「デジタルで授業」は今後どうなる/ベネッセ
http://benesse.jp/blog/20121004/p3.html
◇富士通が中学校でタブレット端末とクラウドを活用した実証実験開始
http://www.kyozaishinbun.com/article/news/03/ict_9.html
◇「学習タブレット」で学ぶデジタルZ
http://www.zkai.co.jp/home/digitalz/
◇SHARP「タブレット学習システム」
http://www.sharp-ssp.co.jp/edu/bigpad/
◇小学生に大人気のタブレット授業
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1211/21/news112.html

◆北海道秩父別町 「1円宅地」で移住促す
北海道のほぼ中央に位置する秩父別(ちっぷべつ)町。知名度向上と移住・定住の促進策として打ち出した「1円宅地」がじわりと成果を上げている。町内に家を新築するという人には町有地を1平方メートル当たり1円で売る。すでに4軒が建ち、来春の移住受け入れに向けた建設も進む。
[日経MJ/湧き出す地域パワー 12/11/11]
◇北海道秩父別町「1円宅地」 HP
http://www.town.chippubetsu.hokkaido.jp/index.php?id=113
◇北海道秩父別町「1円宅地」(動画)
http://www.iemusubi.com/column/single/250
◇過疎化対策で各地に広がる激安の土地
http://www.tbsradio.jp/stand-by/2012/09/post_5003.html

◆サントリーフラワーズ 家庭向け珍しい野菜苗、子育て世代需要開拓
野菜苗のシリーズ「サントリー 本気野菜」が好調だ。イチゴや珍しい品種のトマトなど家庭で栽培が難しそうな野菜や果実をベランダのプランターなどで手軽に作れる。若年層でも食の安全・安心や手作りの楽しさを求める人が増えており、新たな需要を開拓する。
[日経MJ/食を支える 12/11/14]
◇サントリーフラワーズ「本気野菜シリーズ」 HP
http://www.suntory.co.jp/flower/homegardens/
◇サントリーフラワーズ、心の健康にも大切な「花のあるくらし」
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/company/201208comp1.html
◇サントリーフラワーズ「本気野菜」 について (Blog)
http://ameblo.jp/seeks/entry-10910260482.html
◇「サントリー 本気野菜」×「六本木農園」
http://otajo.jp/?p=4073

◆団塊世代の退職金「始動」 旅行やリフォーム重視
〈博報堂新しい大人文化研究所長 阪本節郎氏〉
(1)団塊消費は動き始めた。定年後の生活に慣れ、使えるおカネが見えてきた。
(2)「国内旅行」「海外旅行」「リフォーム」が上位3位。
(3)「新しい大人旅」と「新しい大人のライフスタイル」の提案がカギ。
[日経MJ/消費分析 12/10/24]
◇博報堂・新しい大人文化研究所 HP
http://www.h-hope.net/
◇”新しい大人世代“のお金に関する意識(原典)
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2012/08/120827.pdf
◇高齢富裕層の消費をどう掘り起こすか
http://www.research-soken.or.jp/reports/economic/pdf/number32.pdf
◇拡大するシニア・マーケットを制するための鍵は?
http://www.buaiso.net/business/economy/17635/
◇余暇活動と生きがい感について
http://www.nagoya-bunri.ac.jp/information/memoir/2011/2011_04.pdf

| | トラックバック (0)

2012/11/15

情報クリップダイジェスト 2012/10

◆買い物、慎重に見極め 震災1年半、意識変化大きく
(1)震災/原発事故を機に、買い物の際に必要性や機能を慎重に見極める傾向が定着
(2)地震に警戒強める近畿圏、防災意識は首都圏の水準に近づく
(3)将来の安全・安心へ乳幼児など家族を防衛する消費行動一段と
〈日経産業地域研究所主任研究員 根本正一)
[日経MJ/消費分析 12/10/10]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇「震災一年半後の意識・ライフスタイル」レポート/電通総研
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2012/pdf/2012104-0921.pdf
◇震災後の生活者意識の変化/電通
http://www.yhmf.jp/pdf/activity/adstudies/vol_39_01_04.pdf
◇震災後の意識・行動の変化に関する調査/ライフネット生命
http://www.lifenet-seimei.co.jp/newsrelease/2012/4013.html
◇大震災後の 生活行動や消費の変化に関する調査/JTB総合研究所
http://www.tourism.jp/research/pdf/jtm_earthquake20120601.pdf
◇震災から1年、変化した消費行動
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/kouza/kabuka2/03/20120208-OYT8T00712.htm

◆企業との協働意向弱く 生活者「商品開発、参加したい」2割
〈大広ダイレクトマーケティング総合研究所 主任研究員 大広斉藤正幸〉
(1)生活者はソーシャルメディアなどで企業と強くつながりたがっている訳ではない
(2)「企業は顧客の声に耳を傾けるべきだ」は6割超。「商品開発に参加したい」は2割
(3)協働型マーケティングのハードルは高く、ゲーミフィケーションなどの手法が期待される
[日経MJ/消費分析 12/10/03]
◇広告代理店「大広」 HP
http://www.daiko.co.jp/
◇企業と生活者のつながりに関する意識調査/大広(原典)
http://daikodmsoken.jp/research/1/
◇『コトラーのマーケティング3・0』 について(書評Blog)
http://scholar.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/30-2520-f8e1.html

◆リビング仕様、仏壇の進化形、「祈りのカタチ」新提案続々
生活様式や価値観の変化に伴い、ここ数年、新しい祈りのカタチを提案する仏壇の新たなデザインが相次ぎ登場している。従来の仏壇のイメージは払拭され、家具や宝箱と見まがうような商品が急増中。
インテリア調、置きやすく/アンティークで高級感/厨子、自由な発想で
[日経MJ 12/09/19]
◇現代仏壇の「八木研」 HP
http://www.yagiken.co.jp/
◇供養と祈りの総合ブランドメーカー「インブルームス」 HP
http://www.inblooms.co.jp/
◇「ギャラリー厨子屋」 HP
http://www.zushiya.com/
◇「モダン仏壇.com」 HP
http://www.modernbutudan.com/
◇漆芸家・若宮隆志氏
http://www.design-ishikawa.jp/gallery/17/023.html

◆建築を彩るテキスタイル展 川島織物の美と技 
西洋化、近代化の波とともに、着物や帯などに使われていた伝統的染織品を室内装飾に使えるよう発展させたのが、京都・西陣周辺で呉服を扱っていた2代川島甚兵衛(1853~1910年)だ。東京・京橋のLIXIL(リクシル)ギャラリーで開催中の「建築を彩るテキスタイル展 川島織物の美と技」で、彼の先見の明と気概に触れることができる。
[産経新聞 12/09/19]
◇川島織物セルコン HP
http://www.kawashimaselkon.co.jp/
◇「建築を彩るテキスタイル展―川島織物の美と技」
http://www.kawashimaselkon.co.jp/news/pdf/20120612.pdf
◇「建築を彩るテキスタイル―川島織物の美と技―」を観た(Blog)
http://ameblo.jp/tonton3/entry-11359759092.html

◆現代ニッポンの漢字文化 発想自由、新たな味わい
伝統を踏まえつつも、自由な発想で新しい側面から漢字に光を当て始めた現代ニッポンの漢字文化。
大修館書店発行の「四字熟語辞典」は、約300のキーワードごとに四字熟語が探せる索引が付いており、読書感覚で辞典を最初から最後までくまなく読む人が増えているという。
[日経MJ/日経おとなのOFF森田聡子編集長のオトナ行動学 12/09/28]
◇大修館書店発行「四字熟語辞典」
http://plaza.taishukan.co.jp/shop/Product/Detail/10216
◇インテリア書道を標榜する「Carre MIJI」 HP
http://www.carremoji.jp/
◇2011年の"仕事観"を表す漢字調査/DODA
http://doda.jp/guide/ranking/049.html

◆アニメ×伝統工芸、意外にイケてる 染め物・漆器…新たな魅力開拓
希少性、ファンうならす
長い歴史を誇る伝統工芸と、若者カルチャーの代表格であるアニメ。縁が遠いようにみえる両文化のコラボレーションが広がってきた。伝統工芸の生産者はアニメキャラクターを染め物にあしらったり、焼き物にかたどったりして魅力をアピール。アニメグッズを扱う企業も既存商品に飽き足らないファンを取り込める利点に注目する。新旧文化の異色な融合が新たな付加価値を紡ぎ出し始めた。
[日経MJ/ブームの予感 12/10/12]
◇No Mark「銘品零号」 HP
http://www.zerogo.jp/
◇No Mark Twitter
https://twitter.com/nomark_haruki
◇秩父型染「碓井捺染」 HP
http://www.chichibukisara.jp/
◇「パワーパフ ガールズ」が伝統工芸品に
http://www.atpress.ne.jp/view/30049
◇雑貨店「iine tokyo」 HP
http://shop.iine-tokyo.com/
◇「いいね!!パワーパフガールズ+1展」
http://www.iine-tokyo.com/?page=1

◆スケッチブックが旅を 世界のアーティスト71人、手渡し4年半
「スケッチトラベル」 先月画集に
一冊のスケッチブックが大好きなアーティストの手から手へと渡ったら――。そんな「遊び」のような思いつきから、世界の著名アーティスト71人の作品集が生まれた。4年半で12カ国を巡ったスケッチブックはチャリティーオークションで途上国に図書館などをもたらした。
[朝日新聞 12/0924]
◇国際的チャリティアートプロジェクト「スケッチトラベル」 HP
http://www.sketchtravel.com/?lang=ja
◇アートディレクター・堤大介氏 ブログ
http://www.simplestroke.com/wp/
◇世界を旅するスケッチブック
http://shichigoro.blog14.fc2.com/blog-entry-472.html
◇堤大介氏×糸井重里/ほぼ日刊イトイ新聞
http://www.1101.com/sketchtravel/
◇仏イラストレーター・ジェラルド・ゲルレ氏 サイト
http://www.geraldguerlais.com/

◆相手限定アプリ、本音の付き合い 恋人やママ友…交流サービス続々
親しい仲間に限定してやり取りするコミュニケーションサービスが続々登場、若者を中心に支持を集めている。すでに普及した交流サイト(SNS)、フェイスブック(FB)やミニブログ、ツイッターに比べ、相手が限定的で「内輪」感が強いのが特徴だ。自分が信頼できる相手とのみ、ひそやかに本音を交わし合う。そんなサービスが人気を集める。
[日経MJ/ブームの予感 12/09/24]
◇カップル向けアプリ「ペアリー」
http://pairy.com/
◇親しい友だちや家族とだけ繋がる「Path(パス)」
http://www.tabroid.jp/app/tools/2012/04/com.path.html
◇共通の趣味を持つ人限定「みんなの交換日記wakka」
http://wakka-diary.com/
◇共通の趣味を持つ人限定「みんなの交換日記wakka」Twitter
http://twitter.com/koukannikki_wa
◇SNS利用実態調査/IT pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120308/385365/
◇SNSの仕事での利用は約13%/IT pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120309/385626/?k2

◆睡眠商戦が活況 マンションに快眠ルーム
長時間労働やストレス過多もあって、日本人の5人に1人は睡眠に何らかの悩みを抱えているといわれる。こうした中、「快眠」をうたったマンションや寝やすく工夫したパジャマ、眠りの質を測定する機器といった商品が続々登場。不眠や疲労を解消したい人々に向けた商戦が活発になっている。
[産経新聞 12/09/24]
◇ウェリス大宮 HP
http://www.w-omiya.com/
◇タニタ監修の「快眠ルーム」プラン/R25
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20120711-00024326-r25
◇ワコール「睡眠科学」 HP
http://www.wacoal.jp/pw/lineup/suimin/
◇オムロン「睡眠計 HSL-101」
http://www.healthcare.omron.co.jp/src/catalog/HSL-101_c.pdf
◇健康管理サービスサイト「ウェルネスリンク」
http://www.wellnesslink.jp/

◆再生への物語、製品に息づく、廃材利用品、完成度高まる
こすれた素材、表情生む
「再生デザイン」の魅力がぐっと高まってきた。ゴミから売れる商品を作り出す――。エコロジーの観点から注目されることが多かったが、モノとしての完成度が上がってきたからだ。作り手は廃棄物を他の製品と違いを打ち出せる素材として注目。買い手も再生の変遷を商品の「物語」として楽しむようになっている。
[日経MJ 12/09/26]
◇ケンエレファント HP
http://kenelephant.co.jp/
◇ニューズドプロジェクト HP
http://newsedproject.jp/
◇ニューズドプロジェクト紹介記事
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120727/235046/?rt=nocnt
◇バッグブランド「蝉semi」 HP
http://semi.tv/
◇吉田カバン HP
http://www.yoshidakaban.com/
◇「東京デザイナーズウィーク2012」 HP
http://www.tdwa.com/
◇「gomi-con2012」 HP
http://gomicon.jp/
◇総合リサイクル処理「ナカダイ」 HP
http://www.nakadai.co.jp/

◆生活インフラ改善にニーズ 食や健康、楽しさ求める
(1)楽しいことが「少ない」人は5割。「好奇心のわくものが少ない」人は6割
(2)「もっと楽しいことがあるといい」は8割を占め、若年層や女性ほど高い
(3)健康や食生活、移動手段やエネルギーなど生活の基礎分野への期待が大きい
[日経MJ/消費分析 12/09/19]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇マクロミル HP
http://www.macromill.com/
◇動の成熟「楽しさの先進国をめざして」/生活総研
http://seikatsusoken.jp/pdf/insight_out_report_r11.pdf
◇「緊張・ストレス」に関する調査/アイブリッジ
http://news.mynavi.jp/news/2012/03/22/023/index.html
◇「幸福度」調査/第一生命
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/news/news1208.pdf
◇お金が人を幸福にしない理由/WIRED
http://wired.jp/wv/2010/08/18/お金が人を幸福にしない理由:心理学実験から/

◆東京ステーションホテル 歴史と高級感、宿泊誘う
JR東京駅に東京ステーションホテルが3日、改装開業する。駅舎内という利便性の高い立地ながら100年前の赤レンガをあえてむき出しにし、歴史を感じさせる趣向だ。広さが173平方メートルで皇居まで続く行幸通りが見渡せるロイヤルスイートだけでなく、天井の高いラウンジを設けるなどし、高級感を打ち出す。
[日経MJ 12/10/01]
◇JR東京駅に東京ステーションホテル HP
http://www.tokyostationhotel.jp/
◇JR東京駅に東京ステーションホテル レポート
http://news.mynavi.jp/articles/2012/10/03/tokyostationhotel/
◇東京ステーションホテル 全面改装してオープン(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=QcKLLBnQGkA
◇東京ステーションホテル Photo
http://www.jalan.net/yad387456/photo/
◇東京ステーションホテルのレストラン予約受付開始
http://news.livedoor.com/article/detail/6669947/
◇東京駅 丸の内駅舎の内覧会に行ってきました(Blog)
http://www.franja.co.jp/column/column01/6075
◇◇東京ステーションホテル について(Blog)
http://ameblo.jp/web-nile/entry-11363022616.html

◆欧米メーカー製ベビーカー、機能も個性も自慢の「外車」
「イクメン」から称賛の声
子育てでも個性を発揮したい人たちに人気が高い欧米メーカーのベビーカー。ボタン1つで自動開閉するロボット風や、ドイツの高級車メーカー、BMWと共同開発したスポーティーな商品も登場し、機能性の高さやファッション性を競い合う。すれ違う人が思わず振り返るような「外車」のデザインに、ますます磨きがかかっている。
[日経MJ 12/10/03]
◇ベビーカーブランド「4mom's」 HP
http://www.4moms.jp/
◇子供向け家具「ストッケ社」 HP
http://www.stokke.com/ja-jp/
◇キッズショップ「リボンハッカキッズ」 HP
http://hakka-onlineshop.jp/
◇ベビーカーブランド「フィル&テッズ社」 HP
http://philandteds.com/jp
◇ベビーカーブランド「マクラーレン」 HP
http://shop.maclaren.jp/

◆「農業体験ツアー」人気 生産者、作物への思い伝え拡販にも
顔が見え、身近に/地域活性化に一役
消費者が産地を訪れて農作業を体験するツアーが人気を集めている。食の安全・安心への関心の高まりが背景にあり、子供の食育にもつながっているという。農家が生産への思いを伝えることで、農作物の販売拡大などの効果も期待される。
[産経新聞 12/10/03]
◇IT企業「サイバード」 HP
http://www.cybird.co.jp/
◇農家直送「マイファーマー」 HP
http://my-farmer.jp/
◇サイバード、首都圏家族向け農業体験ツアー
http://www.cybird.co.jp/press/content/2012/c20120731.html
◇こどもマルシェ 農業体験プロジェクト
http://www.nico-kidsinbloom.com/nico_crew_blog/post_638.php

◆独の雑貨で男性客開拓、良品計画、食器や文具など100点展開
総合雑貨店「無印良品」を展開する良品計画はドイツの雑貨店と組み、同社の商品を11月から大型店などで販売する。無印良品の商品群になく、シンプルなデザインの食器や文具など約100点を扱い、減少傾向にある男性客を増やす。良品計画が他社ブランドを前面に出した売り場をつくるのは初めて。
[日経MJ 12/10/05]
◇Found MUJI meets マニュファクタム
http://prtimes.jp/data/corp/987/7d40bfc6c55855bef5054081c07adb18.pdf
◇独「Manufactum」 HP
http://www.manufactum.de/
◇無印良品「Found MUJI」 HP
http://www.muji.net/foundmuji/

◆知も満たす、共感の接客 CCC、品定め、プロが助言
消費体験の豊富な団塊世代が加わり始めた平成時代のシニアは、嗜好や関心が多様化した手ごわい存在。共感を覚える同世代の店員らを充てるだけでなく、深い知識や若い世代の知見を織り交ぜ、旺盛な好奇心をくすぐる工夫が、購入へ背中を押し、常連を育てる接客のポイントのようだ。
[日経MJ/シニアが拓く 12/10/05]
◇代官山「蔦屋書店」 HP
http://tsite.jp/daikanyama/store-service/tsutaya.html
◇代官山の大人のためのTSUTAYA「蔦屋書店」
http://www.fashionsnap.com/inside/ikihana-tsutaya/
◇幸せは50代から/WIRED
http://wired.jp/wv/2010/05/19/幸せは50代から:30万人の調査でわかった「u字カー/
◇シニア世代の旅行が活況になっています
http://www.touristbusiness-cottage.com/
◇シニアのお金の使い道とその意義
http://www.usability4s.info/contents/?p=2301
◇イオン“グランド・ジェネレーション”を旗印に変革推進
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/tokusyu/20120806/201208toku4.html

◆実店舗、通販が磨く
豊富な在庫と機動力で成長する通販の長所を取り込み、実店舗の販売スタイルを進化させる。そんな試みが次々と具体化し始めた。客はお店の中でネット通販画面を見て商品を検索したり、テレビ通販流のライブ感を味わいながら品定めしたりする。ITと接客を絡め、消費者の多様なウォンツに素早く、的確に応えるのが狙いだ。
[日経MJ 12/10/08]
◇婦人服店「マッシュマニア」 HP
http://www.mashmania.jp/
◇千葉県市原市のSC「ユニモちはら台」 HP
http://unimo-chiharadai.jp/
◇ファーストブラザーズ投資顧問 HP
http://www.fbrothers.co.jp/group/fbam/
◇現実とネット融合の新業態店舗「ライブショッピングちはら台」
http://www.fbrothers.co.jp/information/2012/0322/
◇仏カジュアル衣料「ラコステ」 HP
http://www.lacoste.co.jp/
◇事例で学ぶiPhone/iPad活用術「ラコステ」
http://news.mynavi.jp/series/iphoneipadkatsuyo/079/
◇ディマンドワークス HP
http://dwks.cocolog-nifty.com/
◇7.8兆円規模に急成長を遂げた国内EC市場
http://diamond.jp/articles/-/20323
◇同じ土俵に乗ったネット通販とリアル店舗
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20111031/223512/?rt=nocnt
◇ショールーミング問題 について(Blog)
http://shop-saika.jugem.jp/?eid=99

◆タクシーのCO2相殺、KmHD、都内に専用乗場
日本交通LPG併用車/初乗り分 排出枠購入
タクシー会社のKmホールディングスは都内に新たな乗り場を開設した。この乗り場で乗車した人から初乗り距離相当分で二酸化炭素(CO2)排出枠を買い取る仕組みで、環境意識の高い消費者が増えているのに対応しながら利用拡大を目指す。
[日経MJ 12/10/05]
◇環境にやさしいタクシーのりば
http://www.km-group.co.jp/news/_pdf/kmNewsRelease_0830.pdf
◇タクシー×百貨店「環境にやさしいタクシーのりば」
http://www.ecomo.or.jp/environment/carbon_offset/data/km_isetan_torikumi.pdf
◇電気、ハイブリッド限定、エコなタクシー乗り場
http://www.ecozzeria.jp/shimbun/news/2011/10/04/ev_hv_taxi.html
◇日産LEAF、ロンドン市内に世界一安いタクシー乗り場を設置
http://markezine.jp/article/detail/16076
◇「EVタクシーシェアのりば」の本格運用を開始
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p498488.html

◆歩く広告、街をゆく 顔に太ももに視線くぎ付け
顔や足など自分の体に広告を貼った人が街中を闊歩し始めた。場所を選ばず露出可能で、すれ違う誰もが振り向くほどインパクトは大きい。交流サイト(SNS)では広告媒体となった本人の投稿が注目を集め、その姿はネット上で拡散。企業も効果の大きさに注目する。今度はどこに、どんな広告を貼るのか。文字通り体を張ったPR合戦が熱を帯びる。
[日経MJ/ブームの予感 12/10/10]
◇顔面広告.com
http://ganmen-kokoku.com/
◇広告枠は“自分の顔”!
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20120723/Urepia_7685.html
◇コワーキングスペース運営「インクルードデザイン」 HP
http://www.include.bz/
◇村上隆著『創造力なき日本』
http://www.kadokawa.co.jp/murakamitakashi/
◇太もも広告「絶対領域広告」 HP
http://www.zettaipr.com/
◇ウェブマーケティング会社「ウィット」 HP
http://www.wit-inc.jp/
◇無料で広告パンツを届ける「フリパン」 HP
http://free-pants.jp/
◇無料広告傘「タダカサ」 HP
http://www.zenryoku.co.jp/tada/

◆ホテル「体験型」で集客 藤田観光、プリンスホテル
藤田観光 文化財茶室で茶道/プリンスホテル シェフの料理教室
ホテル各社が茶道や料理など「体験型プラン」を拡充する。時間や金銭的に余裕がある中高年らにまず足を運んでもらうきっかけを作り、次に旅行した時の宿泊利用につなげる狙いだ。
[日経MJ 12/10/10]
◇プリンスホテル、体験型宿宿泊「おとなの自由時間」
http://www.princehotels.co.jp/otonajikan/

◆かわいく便利、メモを楽しく、ハイモジモジがアイデア商品
デジタル全盛の今、アナログの紙製メモに新たな光を当てるのが雑貨メーカー、ハイモジモジだ。パソコンのキーボードを彩るかと思えばアクセサリーにもなり、手首に巻けたり、指にはめたりできる。メモとしての機能にこだわりながら、社名同様にユニークな商品が使う人を和ませる。
[日経MJ 12/10/10] 
◇雑貨メーカー「ハイモジモジ」 HP
http://www.hi-mojimoji.com/
◇雑貨メーカー「ハイモジモジ」 Twitter
https://twitter.com/HIMOJIMOJI
◇雑貨店「iine tokyo」 HP
http://www.iine-tokyo.com/

◆ナマコ猟師も「スマホファースト」 手のひらの上の仕事場
爆発的に普及するスマートフォンが働き方を変えていく。MM総研が昨年、560社へ調査したところ、テレビ会議アプリ「スカイプ」導入率は試行を含め16%に上った。「より便利に使いたいとさまざまなアプリの導入を求める要望が上がっており、業務効率化アプリの開発が進んでいる。
留萌ナマコ部会の組合員は2年前から、「デジタル操業日誌」というアプリを使ってナマコの資源管理をしている。
[産経新聞 12/10/12]
◇スマートテレビの利用意向と今後の普及予測/MM総研
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120121018500
◇iPhone5発売後のスマートフォン購入実態調査/MM総研
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120121004500
◇テレビ会議アプリ「スカイプ」
http://www.skype.com/intl/ja/home
◇ナマコ漁の漁師に試験導入されたiPad活用事例
http://www.macotakara.jp/blog/report/entry-15155.html
◇スマホ利用実態調査/電通
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2012/pdf/2012036-0329.pdf

◆原材料の持続性 認証採用を商品価値に
「生物多様性経営」に取り組む企業が増えてきた。その一例が、特定の生物資源を枯渇させる恐れがないという「持続性可能」の認証を受けた原材料を利用する動きである。
今、最も注目を集めているのが、「持続可能なパーム油のための円卓会議」(RSPO)による認証だ。
[日経MJ/日経エコロジー 谷口徹也編集長の環境マーケティング 12/10/08]
◇世界の自然を守る「WWF」 HP
http://www.wwf.or.jp/
◇生物多様性への対応に環境経営の真価が問われる/NTT DaTa
http://www.keieiken.co.jp/monthly/2010/1008-10/
◇持続可能なヤシ油「RSPO認証」(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=iS9WL6sUJLU
◇ボルネオ環境保全に取組む「サラヤ」 HP
http://www.yashinomi.jp/
◇ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン
http://www.unilever.co.jp/Images/Corporate_USLP_101201_tcm56-252009_tcm56-252009.pdf
◇持続可能な水産物のキャンペーンを開始
http://www.msc.org/newsroom-ja/news/connetable-findus-labeyrie-carrefour-and-the-msc-join-forces-to-promote-certified-sustainable-seafood
◇米マクドナルド「生態系認証製品」採用に
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20120307/111520/
◇花王、RSPO SCCS 認証を取得
http://www.kao.com/jp/corp_news/2012/20120531_001.html
◇コープ、SPO認証パーム油購入スタート
http://www.coopclean.co.jp/about/coop_rspo2.html
◇持続可能なパーム油認証の最新動向
http://eco.goo.ne.jp/business/csr/global/clm68.html

◆無印良品、雑貨交換部材、ネット通販、本体商品の「長持ち」もPR
良品計画は来春にも、取り扱う雑貨商品の部材数百点をインターネットで販売する。こうした部材を交換する際は現在、店頭で対応しているが、利用者が拡大する通販サイトを活用し広く知ってもらう。部材発注など店舗側の負担も減らす狙い。
[日経MJ 21/10/10]
◇無印良品ネットストア
http://www.muji.net/store/

◆SNS、シニア消費刺激 利用者、新商品や流行に敏感 好奇心旺盛
(1)SNSを利用するシニアは好奇心旺盛で情報収集に貪欲。仲間内では情報発信源に
(2)非利用派に比べて新商品・サービスに飛びつきやすく、趣味に対する消費意欲も旺盛
(3)満足度は「Q&Aサイト」「グーグル+」上位。利用意向は「Q&Aサイト」が突出
[日経MJ/消費分析 12/09/26]
◇シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査/クロス・マーケティング(原典)
http://www.cross-m.co.jp/report/seniorsns20120801/
◇通信利用動向調査/総務省
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/120530_1.pdf
◇ネットより新聞やテレビ、シニア世代の情報収集
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1208/02/news063.html
◇シニア層マーケティング調査「マミオン(有)」 HP
http://mamion.net/

| | トラックバック (0)

2012/10/11

情報クリップダイジェスト 2012/09

◆消費、再び生活防衛色
耐久財、日用品を問わず、足元の店頭の動きや商況データに、再び「生活防衛」意識が色濃く映り始めた。食や日用品では、より敏感に価格に反応する購買行動が目立つ。復調傾向にあった高額品の売れ行きには一服感が漂う。冷静さを取り戻し、支出対象を厳選し始めた消費者を前に、関連各社は需要喚起策の練り直しを急いでいる。
[日経MJ 12/09/14]
◇JMR生活総合研究所 HP
http://www.jmrlsi.co.jp/
◇エフ・ディ・シィ・プロダクツ HP
http://www.fdcp.co.jp/
◇エイビーロード海外旅行調査2012/リクルート
http://www.recruit.jp/news_data/data/travel_gourmet/20120619_2.pdf
◇低価格の居酒屋競争が再燃 ワタミは300店展開で対抗
http://diamond.jp/articles/-/19839
◇「消費が二極化している」って本当ですか?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120518/232278/
◇消費税増税により消費マインドにどう影響するか
http://www.nice.co.jp/nbr/2012-07-15_1995/03.html
◇今年の消費者マインドはどかっ冷え?!!
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=3679

◆佐賀・嬉野発「224porcelain」型にはまらず、磁器に遊び心
新たな表現、自由に探る
食器など実用品が多い磁器製品で、遊び心に富んだブランド「224porcelain(ニーニーヨン ポーセリン)」が今年、誕生した。「伊万里」とも呼ばれる「有田焼」の下請けを担ってきた佐賀県嬉野市の「肥前吉田焼」の若い作り手が立ち上げた。様式にとらわれない自由なモノ作りで、磁器の新たな表現に挑戦する。
[日経MJ 12/08/22]
◇「224porcelain(ニーニーヨン ポーセリン)」 HP
http://www.224porcelain.com/
◇「224porcelain(ニーニーヨン ポーセリン)」 Facebook
http://www.facebook.com/224PorcelainShop
◇有田焼製造販売「辻与製陶所」 HP
http://yozan-kiln.com/
◇プロダクトデザイナー・五島史士氏 サイト
http://homepage2.nifty.com/gotodesign/
◇プロダクトデザイナー・馬渕晃氏 サイト
http://www.akiramabuchi.com/
◇新しい磁器のブランド「224porcelai」n
http://migblog.exblog.jp/16501278/

◆箱根寄木細工 暮らし映す新しいデザイン
伝統工芸のご多分に漏れず、箱根寄木細工も後継者難が悩みだが、10年ほど前から若手5人が立て続けにこの世界に飛び込んできた。
若い人材をしっかり育成しようと考えた工房の社長たちの後押しで、若手職人集団「雑木囃子(ぞうきばやし)」が2005年に誕生。まだ駆け出しながら、工房の仕事の合間を縫って新作に挑んでいる。
[産経新聞 12/08/16]
◇小田原箱根寄木細工の若手職人集団「「雑木囃子(ぞうきばやし)」 HP
http://www.zoukibayashi.jp/
◇箱根寄木細工「露木木工所」 HP
http://www.yosegi-g.com/

◆広島発「JIM」、白神道空氏 日本情報の洪水、フランス人圧倒
広島県のテレビ新広島系番組制作会社、TSSプロダクション(広島市)がつくる日本紹介番組「Japan in Motion(JIM)」がフランスで人気番組となっている。視聴者数は若者を中心に毎週80万人。今年は日本でも「凱旋放送」が始まり、アジア進出も予定している。
[日経MJ/ヒットを語る 12/09/07]
◇フランスで人気の番組「Japan in Motion」 HP
http://www.japan-in-motion.tv/
◇フランスで人気の番組「Japan in Motion」 Facebook
http://www.facebook.com/tvjim
◇広島「TSSプロダクション」 HP
http://www.tss-pro.co.jp/
◇岡山県倉敷市「桃太郎ジーンズ」 HP
http://www.japanblue.co.jp/momotaro/
◇きゃりーぱみゅぱみゅ 「Japan in Motion」
http://omiyagehinn.seesaa.net/article/283328296.html

◆都現代美術館で「FUTURE BEAUTY」展
ファッションの「物語」を読む
日本ファッションの特徴と文化的背景に迫る「FUTURE BEAUTY(フューチャー・ビューティー)」展が、東京都現代美術館で開かれている。京都服飾文化研究財団(KCI)が主に企画し、英、独でも開催された国際巡回展。東京展では若手デザイナーの作品を追加し、計約100点で「日本ファッションの未来性」を展望している。
[産経新聞 12/09/12]
◇「Future Beauty 日本ファッションの未来性」
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/136/
◇日本のファッション30年を凝縮した「Future Beauty」
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2012-08-05/future-beauty/
◇「Future Beauty 日本ファッションの未来性」展 陰翳礼賛
http://ameblo.jp/fashionleaks/entry-11318443355.html
◇「Future Beauty 日本ファッションの未来性」展 伝統と革新
http://ameblo.jp/fashionleaks/entry-11318830918.html
◇「Future Beauty 日本ファッションの未来性」」展覧会レポート3
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2012-08-14/future-beauty-03/
◇「Future Beauty 日本ファッションの未来性」 について(Blog)
http://fashionbible.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/future-beauty-c.html

◆広がる「学びブーム」、経済引っ張るパワーにも
働く女性の間で今、「学び」がブームだ。読者に聞いたところ「資格の取得やスキルアップに興味がある」と答えた人は80.5%にも。習い事に興味がある人も93.5%にのぼった。すでに何らかの資格を持っている、と答えた人も全体の8割近く。
[日経MJ/日経ウーマン佐藤珠希編集長の女性真理学 12/08/20]
◇資格王  稼げる人気の資格
http://www.appuczk.com/sikaku/
◇年収の裏側的 稼げる資格ベスト10
http://type.jp/s/nenshu/vol016.html
◇資格女子部 HP
http://shikaku-joshi.com/
◇わたしみがき アンケート/kaunet
http://www.watashimigaki.com/community/enquete/archives_000504

◆SNSの利用、スマホ派、頻度高く、博報堂DYが調査
スマホ派とPC派の消費者像は、30代以上はパソコン(PC)利用派が多数を占める一方、10~20代はスマートフォン派が多く、移動中や休憩中など利用シーンの幅が広く接触頻度も高い特徴が改めて浮き彫りになった。
[日経MJ 12/08/22]
◇ソーシャルメディア利用実態調査/博報堂DY(原典)
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/news/20120820/HDYnews120820.pdf
◇モバイルショッピング顧客満足度調査/ForeSee
http://jp.techcrunch.com/archives/20120913amazon-apple-top-mobile-retail-customer-satisfaction/

◆新商品・サービスの使い方、動画でPR、消費者にお任せ
利用者の視点 共感呼ぶ
新アイテムやサービスの上手な使い方・楽しみ方を、一般の消費者が身をもって指南する。そんな動画をPR活動に積極的に利用する企業が増えてきた。もとは自発的に動画サイトに投稿していた女性たちをメーカーが商品発表会のビデオに起用。販促スキルにたけた人材として組織化する動きもある。
[日経MJ 12/08/22]
◇レブロンの新製品イベント(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=ErTcdjjrtZc
◇レブロンの新製品イベント
http://mutv.jp/report/ev_1207_01
◇レブロンの新製品イベント について(Blog)
http://kirehon.exblog.jp/17727860
◇レブロンの新製品イベント について(Blog)
http://midorigame.exblog.jp/14648279/
◇H.I.S「旅ドガ」 HP
http://movie.his-j.com/
◇ヤマキ「割烹白だし」 HP
http://www.yamaki.co.jp/basis/

◆健康売り、先進スーパー 育成者はプロシューマー
プロシューマーとは、プロフェッショナルとコンシューマーをつなげた言葉で、商品に対するプロのような知識を持った消費者のことを指す。
店の方としては、こうしたプロシューマーにどう対応するかが問われるが、同時に彼らから消費のトレンドを学ぶこともできる。
[日経MJ/東大大学院経済学研究科教授・伊藤元重のニュースな見方 12/08/22]
◇プロシューマーとは/日本リサーチセンター
http://www.nrc.co.jp/marketing/10-07.html
◇プロシューマー化が市場を救う
http://www.insightnow.jp/article/5447
◇「空想無印」 HP
http://www.cuusoo.com/muji/
◇プロシューマー について (Blog)
http://middle-age-helth.seesaa.net/article/231149945.html
◇スーパープロシューマーとの付き合い方(前篇)
http://www.unisys.co.jp/solution/crm/column02.html
◇スーパープロシューマーとの付き合い方(後篇)
http://www.unisys.co.jp/solution/crm/column03.html

◆ギフトカタログ、オリジナル、1冊から作成 オールアバウト
ネットで商品選び 引き出物に
情報サイト運営のオールアバウトは10月、消費者がオリジナルのギフトカタログを作成できるサービスを始める。子会社のインターネット通販から商品を自由に選び掲載、表紙や各ページにはお気に入りの写真やメッセージが入れられる。
[日経MJ 12/08/24]
◇カタログギフトのオーダーメードサービスを開設
http://corp.allabout.co.jp/corporate/press/2012_01/120824_01.htm
◇COCOMO オリジナルカタログギフト HP
http://cocomo.to/
◇COCOMO ココロのこもった贈り物。 Facebook
http://www.facebook.com/COCOMOGIFT?sk=wall&filter=12

◆「部屋」写真の投稿サイト トンネル 会員100万人目指し急成長
個人の部屋に焦点を合わせた写真投稿ウェブサイトを運営するベンチャー企業、Tunnel(トンネル)が、5月のサービス開始以来、急速に利用者を増やしている。家具メーカーや電子商取引(EC)会社などとの連携で独自のビジネスモデルを確立する計画だ。
[産経新聞 12/09/03]
◇RoomClip(ルームクリップ)HP
http://roomclip.jp/
◇RoomClip(ルームクリップ)Facebook
http://www.facebook.com/RoomClip
◇メーカー「Tunnel」 HP
http://www.tunn-el.com/
◇部屋写真共有アプリ「RoomClip」
http://tuiken.jp/archives/3403531.html

◆タブレット端末普及 夏休みの光景が一変
昨年と比べて、タブレット端末とスマートフォンが爆発的に普及した今年の夏休み。統計的な数字は出ていないが、生活スタイルとコミュニケーション方法が大きく変化している。
旅/外出、テレビの見方が変わり、飲み会の席でもタブレット端末は大活躍している。
[日経MJ/日経エンタテインメント!編集委員・品田英雄のヒットの現象学 12/08/24]
◇タブレット端末の日米利用実態調査/電通総研
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2012/pdf/2012038-0330.pdf
◇子育てママのスマホ・タブレット端末利用実態調査/マインドシェア
http://www.mindshare.co.jp/research/2012/08/mama-smartphone-tablet.html
◇タブレット・ユーザー調査/J.D. Power and Associates
http://jp.techcrunch.com/archives/20120913apple-tops-j-d-powers-tablet-survey-barely-beating-amazon-tablets-top-smartphones-for-usage/
◇タブレット端末で生活をもっと便利に
http://www.ntt-east.co.jp/whats_up/62/02.html
◇タブレット端末のメリットとは
http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/aa0g/110514/vol1.html
◇タブレット端末のビジネス活用例
http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/aa0g/110514/vol2.html

◆知名度上げ需要開拓、農・漁業体験でファン作り
農畜産業や漁業の生産者が消費者向けに体験型のイベントを開き、商品の知名度向上や需要開拓を図る取り組みが広がっている。観光的な要素と組み合わせて都会の消費者に現場を体験してもらい、中長期的な視点でファンをつくるのが狙いだ。
[日経MJ 12/08/27]
◇伊賀の里モクモク手づくりファーム体験教室
http://www.moku-moku.com/syokunou/
◇伊賀の里モクモク手づくりファームに行ってきた(Blog)
http://hobby-dialy.at.webry.info/200906/article_5.html
◇熊野漁業協同組合 体験漁業
http://www.kumano-gyokyou.com/
◇沖縄・伊江漁協 体験プログラム
http://uminchu-yu-gaku.jp/about/
◇OKINAWA型産業応援ファンド「地域資源活用支援事業」
http://www.pref.okinawa.jp/site/shoko/seisaku/jinzai/documents/shienzigyoukeikaku.pdf

◆ハンズ流ツイッター活用術、つぶやきにも店頭と同じ接客
東急ハンズがミニブログ「ツイッター」を上手に活用し、新規客の開拓につなげている。国内で本格的に普及する前の2009年7月に始め、現在は本社と各店が運営する合計10のアカウントが稼働。本社運営分だけで10万人近いフォロワーがいる。「店頭での接客と同じ対応」という明快な運用ルールを設け、失言したらまず謝るといった柔軟な対応で着実にファンを増やしている。
[日経MJ 12/08/27]
◇東急ハンズ Twitter
http://twitter.com/TokyuHands
◇東急ハンズのツイッター活用にみる、ネットとリアルの連携
http://www.advertimes.com/20120911/article84527/
◇探しもの、つぶやくだけで分かる「これかもネット」
http://korekamo.net/
◇ツイッター×東急ハンズ/実践ビジネススクール
http://president.jp/articles/-/6240
◇ハンズのソーシャルメディア活用
http://fb-research.net/facebook/2012/06/event2-hands/

◆今治タオル、復活のブランド戦略
安価な輸入品におされ一時存亡の機に立った愛媛県の「今治タオル」が復活の足どりを速めている。東京都心や地元の専門店は連日盛況で、大手流通業も今年、取り扱いを拡大し始めた。国内最大の産地が腹をくくり、あえて製品のアピールポイントを絞り込んだ「一点突破」のブランディングが実を結んだ。需要減退に悩む地域産品の再生モデルとなるか。
[日経MJ 12/08/29]
◇愛媛「今治タオル」 HP
http://www.imabaritowel.jp/
◇四国タオル工業組合 HP
http://www.stia.jp/
◇今治タオルプロジェクト/シブヤ経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/4064/
◇佐藤可士和氏 HP
http://kashiwasato.com/ 
◇モードインターナショナル HP
http://www.mode-intl.jp/

◆廃棄物アート、話題 時代の空気、追い風に
リサイクル(再資源化)やリユース(再使用)など限られた資源の有効活用が社会の関心事になって久しい。芸術も、そんな時代の潮流に無関心ではいられない。近年は廃棄物を素材にした芸術表現も注目を浴びている。展覧会やワークショップ(体験型講座)なども盛んだ。その第一人者たちの展覧会が東京で開かれている。
[産経新聞 12/08/29]
◇美術家・藤浩志氏 Twitter
http://twitter.com/fujistudio
◇「ハラミュージアムアーク」 HP
http://www.haramuseum.or.jp/
◇産業廃棄物中間処理業者「ナカダイ」 HP
http://www.nakadai.co.jp/
◇モノ:ファクトリー・ナカダイ HP
http://monofactory.nakadai.co.jp/
◇漂流物アート「淀川テクニック」 HP
http://yukari-art.jp/jp/yodogawa_technique
◇音楽とアートの融合「SNIFF OUT 2012」HP
http://sniff-out.com/

◆使い方は自由、リビング新生、多機能化するソファ
ソファといえばリビングルームのインテリアの主役。テレビの正面に「鎮座」するのが常識だった。ところが、スマートフォンなど情報端末をリビングで楽しむ人が増えるなど、ライフスタイルが大きく変化。自在な組み合わせで新たなリビングの過ごし方を提案するデザインのソファが相次ぎ登場している。
[日経MJ 12/08/29]
◇家具メーカー「アルフレックスジャパン」 HP
http://www.arflex.co.jp/
◇「アルフレックス」あらたな可能性を追求するソファ
http://openers.jp/interior_exterior/flagship/arflex/sofa_120628.html
◇ミラノサローネ―イタリアブランド3社をクイックルック
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1339554827074/pid_1.html
◇伊ソファメーカー「フレックスフォルム」 HP
http://flexform.jp/
◇家具メーカー「ガンディハウス」 HP
https://www.condehouse.co.jp/
◇家具デザイナー・川上元美氏 サイト
http://www.motomi-kawakami.jp/
◇仏家具メーカー「リーン・ロゼ」 HP
http://www.ligne-roset.jp/
◇ロナン&エルワン・ブルレック兄弟 サイト
http://www.bouroullec.com/

◆変われSNS 自己実現助ける手段に
(1)SNSはユーザーの自己実現を助けるネットワークへ進化すべき。
(2)そのためにはユーザーの実生活につながる機能の充実が必要だ。
(3)現実と仮想の差が縮まり、新たなコミュニケーションが生まれる。
[日経MJ 12/08/29]
◇GMのFacebook広告撤退から考えるSNS広告の正しい在り方
http://www.seojapan.com/blog/facebook-gm
◇SNSのこれからの在り方
http://sakak.hatenablog.com/entry/2012/06/03/222030
◇マイクロジョブのマーケットプレース「3to30.com」
http://www.3to30.com/
◇「得意(経験・知識・スキル)」を売り買い「coconala」 HP
http://coconala.com/
◇「得意(経験・知識・スキル)」を売り買い「coconala」 Facebook
http://www.facebook.com/coconalajp
◇フェイスブックの株価公開を機にSNSの収益源を考える
http://www.advertimes.com/20120530/article69372/
◇元祖・旅行SNS「カウチサーフィン」
http://wired.jp/2012/08/28/before-airbnb-there-was-couchsurfing/

◆粘着テープ、手芸にピッタリ 針・糸いらず、安価で丈夫
粘着テープを使ってバッグや小物入れを作る人が増えている。材料は粘着テープのみ、道具も土台となる硬い書籍や箱だけというシンプルさが人気の理由。針も糸もはさみも使わないため、子供や手先の器用さに自信のない人でも簡単に作ることができるとして、幅広い支持を得ているようだ。
[日経MJ/ブームの予感 12/08/31]
◇中島麻美氏「アパートメント・稲妻にさわる」
http://apartment-home.net/author/asaminakashima/
◇中島麻美氏「チャーハンの妖精」 Twitter
http://twitter.com/aknmssm/
◇中島麻美著『本ガムテープでつくるバッグの本』 について(Blog)
http://horirium.blog7.fc2.com/blog-entry-641.html
◇紙テープでバッグを作ってみました (Blog)
http://www.cyzowoman.com/2009/12/post_1212.html

◆農業VBに「出会いの場」経産・農水省が支援策 流通企業など紹介
12月に開催し、経営者などがビジネスプランを競うコンテストの決勝進出者に対し、流通関連企業やベンチャーキャピタル、自治体と商談する機会を設ける。VBなどが開発した最新の栽培技術などの展示会もあわせて実施する考えだ。
[日経MJ 12/09/03]
◇食と農林漁業の祭典「農業フロンティア2012」 HP
http://agri-frontier.com/
◇農のビジネスプランコンテスト「A-1グランプリ」 HP
http://www.a1-biz.jp/
◇植物工場研究会 HP
http://npoplantfactory.org/

◆企業サイト、顧客の組織化に力 関係深め 満足度高める
最近、企業が重視し始めているのが自社で運営するサイトの活用だ。
顧客情報管理(CRM)の一環として運営する自社サイトのことで、様々なコンテンツやサービスを提供するメディア的な色彩が濃い。顧客を中心に会員を組織化し、メールなどを使ってコミュニケーションを深める。顧客との長期的な関係を築きながら、自社製品の売り上げにつなげていくのがサイトの狙いだ。
[日経MJ 12/09/03]
◇会員サイト「CLUB Panasonic」
http://club.panasonic.jp/
◇メーカーCRM について/コーギー・マーケティング
http://ameblo.jp/corgi-marketing/entry-11346266838.html
◇ドコモとオムロンヘルスケアが新会社
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1207/02/news055.html
◇ソーシャルCRMという新たなエンゲージメント醸成の在り方
http://www.atmarkit.co.jp/ad/hitachi/bigdata1208/bigdata001.html
◇ソーシャル化するCRMの未来
http://www.crmstyle.com/column/marketing/13.html
◇ソーシャルCRMの潮流/アドタイ
http://www.advertimes.com/adobata/article/4117/www.micro-wave.net/column/socialmedia/20111222.php/
◇ソーシャルメディアから、ソーシャルCRMへ/IBM
http://www-06.ibm.com/industries/jp/tel-med/media/topics/crm/index1.html

◆触りたくなる肌合う「相棒」、インテリア、衣料用生地で、素材感を
「イヴ・サンローラン」「クリスチャン・ディオール」など著名ブランドが衣服の生地として採用する「コズモラマ」。東京・神宮前で3日、この優しい肌触りの生地をカーテンなどインテリア用品としても提供するライフスタイルショップが開業した。衣服とインテリアに同じ生地を使うのは珍しい試み。両業界のデザイナーから注目を集めそうだ。
[日経MJ 12/09/05]
◇ライフスタイルショップ「smoothday(スムースデイ)」 HP
http://smoothday.jp/
◇素材の良さを発信する新しいスタイルのショップ「スムースデイ」
http://www.fashion-press.net/news/4730
◇小野莫大小(めりやす)工業 HP
http://www.onomeriyasu.jp/japanese/
◇スムースデイのデザイナー・杉原淳史氏紹介
http://www.bfc-review.jp/next/vol054.html

◆挑戦する街の本屋さん ビール片手に・女性に特化
出版市場の縮小やネット書店の台頭で淘汰の波にさらされる街の書店が、生き残りの道を模索している。ネット全盛時代に、いかにして足を運びたくなる魅力的な空間をつくるか──。個性的な試みを始めた書店を訪ねてみると、「複合」と「特化」というキーワードが浮かんできた。
[産経新聞 12/09/06]
◇下北沢の書店「B&B」 HP
http://bookandbeer.com/
◇博報堂ケトル HP
http://www.kettle.co.jp/
◇「B&B」仕掛け人、ブック・コーディネーター内沼晋太郎氏 サイト
http://numabooks.com/
◇「ブック・コーディネーター内沼晋太郎氏インタビュー
http://fashionpost.jp/posts/4525
◇生ビール片手に本が読める本屋さん「B&B」
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2012-09-15/bb-shimokitazawa/
◇ビール片手にほろ酔い気分で選べる本屋さん下北沢B&B
http://getnews.jp/archives/238458
◇千葉の中島書店に野菜常設直売所
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1295665508

◆製品カーボン・ニュートラル
国内で注目されるのが、経済産業省と環境省が10月に試行する「製品カーボン・ニュートラル制度」である。製品のライフサイクルにおける二酸化炭素(CO2)排出量が「ゼロ」となる製品をラベルなどで公的に認定することを目指す。
ただし、製造過程でのCO2排出量がゼロとなる製品はあり得ない。そこで、この制度は、製品とは直接関係のない温暖化ガス削減プロジェクトや森林整備プロジェクトで生み出された排出枠を利用する。自社の環境活動で生み出したり、他社から購入したりした排出枠で、実際の排出量を相殺し、「みなし」で排出量ゼロを認定するわけだ。
[日経MJ/日経エコロジー谷口徹也編集長の環境マーケティング 12/09/09]
◇「製品のカーボン・ニュートラル制度」向け国内クレジット
http://www.ftcarbon.co.jp/国内クレジット/製品のカーボン-ニュートラル制度/
◇製品カーボン・ニュートラル制度
http://www.smart-energy.jp/pdf/0816.pdf
◇カーボンフットプリント(CFP)制度試行事業について
http://www.cfp-forum.org/news/report/data/2011seminar_03.pdf
◇アウトドアブランド「ティンバーランド」 HP
http://www.timberland.com/
◇ティンバーランドの環境スチュワードシップ
http://www.social-market-press.jp/column/79/

◆これぞ「定番」機能美追求、新ブランド「THE」シンプルが逆に新鮮
使いやすくてシンプル。それでいて上質感が漂う。飽きずに長く使えるこうした「定番」デザインは、モノがあふれかえる日本において意外に少ないのではないか。こんな思いを抱いたアートディレクター、水野学氏ら3人が「この分野で、これこそは」と呼べる定番デザインを探求するため、新ブランド「THE(ザ)」を立ち上げた。
[日経MJ 12/09/12]
◇新ブランド「THE」 HP
http://the-web.co.jp/
◇アートディレクター・水野学氏主宰「gooddesigncompany」 HP
http://www.gooddesigncompany.com/
◇水野学氏主宰「gooddesigncompany」 Twitter
https://twitter.com/g_d_c
◇手紡ぎ手織り麻製品「中川政七商店」 HP
http://www.yu-nakagawa.co.jp/
◇プロダクトデザイナー・鈴木啓太氏 ブログ
http://ameblo.jp/suzuki-keita-blog/

◆会員制、個性派商品で台頭
インターネット通販で、顧客を限定し比較的高額な商品を販売する「会員制サイト」の存在感が高まっている。最近、特に注目されている形態がある。米国などで普及し始めている、特定ジャンルの商品群で定期購入の仕組みを導入した「サブスクリプションコマース」だ。一定額の利用料を支払えば、定期的に事業者が目利きした商品を届ける仕組みだ。
[日経MJ 12/09/12]
◇会員制ネット通販「ギルト・グループ」、米国と日本で急成長の理由
http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/9f3da671c66ccc3050acf97dffe0499c/
◇最新ネットビジネス「会員制サイト」構築方法
http://www.netbusinesssoft.com/
◇デザイナー雑貨の会員制サイト「MONOCO(モノコ)」
https://monoco.jp/
◇20代女性向けサブスクリプション型コマースを開始/mixi
http://mixi.co.jp/press/2012/0918/11136/
◇日本酒定期購入サービス「SAKELIFE」 HP
http://sakelife.jp/
◇無添加キャットフードを販売「ねこサプライズ」 HP
https://necosurprise.com/
◇定期販売を始めるなら「Boox To You」
https://www.box2you.com/
◇学生対象有料サービス「Amazon Student」
http://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=2410972051
◇楽天「プライベートセールス」
http://event.rakuten.co.jp/campaign/platinum/special/info/
◇稼ぐ会員制サイトの構築方法7つのステップ
http://www.nichejoel.com/s8advance/membersite/how-membersite/
◇キュレーション&サブスクリプションコマースサイトまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2132306065702153301

| | トラックバック (0)

2012/09/22

情報クリップダイジェスト2012/08

◆社会貢献「身の丈で」3割 環境・復興関連の購入に意欲的
(1)ソーシャル領域に関与度の高い人は20~60代全体の4割に達する
(2)社会のために行動するライトな「ソーシャル身の丈層」が全体の3割弱存在する
(3)「身の丈層」は社会貢献・環境配慮型商品の消費が活発でボランティアに積極的
[日経MJ/消費分析 12/08/08]
◇ソーシャル意識と行動に関する生活者調査/電通(原典)
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2012/pdf/2012088-0808.pdf
◇ライフネット生命、震災で強まる社会参加意識
http://www.garbagenews.net/archives/1916153.html
◇社会貢献が成長戦略のカギに CSR大転換期の到来
http://diamond.jp/articles/-/15697
◇インテージの調査から消費者の社会貢献意識を読み解く
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/3380
◇インテージの社会貢献意識に関する調査レポート第2弾
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/5682
◇買う理由が欲しい!「ワケあり消費」「ソーシャル消費」
http://president.jp/articles/-/5575
◇図解で知るソーシャル消費者
http://smmlab.aainc.co.jp/?p=2363

◆地歌舞伎と芝居小屋 「ぎふウェルネス・ツーリズム」
岐阜県は、すでにブランド力のある名所とともに新たな観光資源に光をあてて情報発信することで、観光産業を発展させ、特性を生かした郷土づくりを進めている。具体化するために県は、特に観光振興が期待されるものを「岐阜の宝もの」と認定。財政支援している。その一つが、約300年の歴史を持つ「東濃地方の地歌舞伎と芝居小屋」だ。
[産経新聞/12/07/27]
◇ぎふウェルネス・ツーリズム HP
http://www.pref.gifu.lg.jp/kanko-bussan/sesakushien-nado/wellness/
◇ぎふウェルネス・ツーリズム特集/OPENERS
http://openers.jp/culture/moretrees/wellness_tourism_archive.html
◇岐阜・地歌舞伎プロジェクト
http://www.jikabuki.com/
◇ぎふ地歌舞伎衣装展「いのちつなぐ」開催
http://www.nuchigusui-ones.com/jikabuki/

◆伝統野菜、売り込む、東京、土産用の漬物に、奈良、東京出荷を支援
伝統野菜を地元以外に売り込む動きが全国で広がっている。東京では築地市場の卸会社が近郊の伝統野菜を使った加工食品を開発。奈良県や金沢市では行政も参加して首都圏での取引拡大を目指している。
[日経MJ 12/07/16]
◇江戸東京野菜普及推進連絡協議会
http://www.edotokyo-yasai.com/
◇江戸東京野菜通信 HP
http://edoyasai.sblo.jp/article/36663636.html
◇金沢市農産物ブランド協会 HP
http://www.kanazawa-kagayasai.com/kyokai/
◇日本全国伝統野菜ネットワーク
http://www.dentouyasai.net/

◆東北の力、ファッションに バックル ジーンズ、ポロシャツ
イタリアの高級ブランド、フェンディは「バゲット」と呼ばれるハンドバッグの発売15周年を記念した取り組みの一環として、福島県の伝統工芸、会津塗のバックルを使ったモデルを日本限定で、8月中旬から発売。Fを重ねたトレードマークのバックルに会津塗を使い、3代目のシルヴィア・フェンディさんがデザイン。バックルは朱色の漆と、漆にプラチナ箔(はく)を貼った台にアワビの螺鈿(らでん)を敷き詰めたものが採用された。
[産経新聞/12/08/12]
◇会津塗「坂本乙造商店」 HP
http://www.eyes-japan.co.jp/s-collection/
◇会津塗×フェンディ コラボ 「バケットバッグ」
http://www.pajavision.com/fashionnews/12080800/
◇フェンディ「バゲット」 HP
http://baguette.fendi.com/catalogue/
◇フェンディ「バゲット」
http://riesakamot.exblog.jp/tags/FENDI/
◇東北コットンプロジェクト HP
http://www.tohokucotton.com/
◇「東北コットンコレクション2012」発売開始
http://www.apalog.com/news/archive/4721

◆ネット通販、画像SNS活用 楽天市場、オールアバウト子会社
楽天市場 写真投稿ボタン
オールアバウト子会社 商品3000点を掲載
インターネット通販企業が画像共有の交流サイト「ピンタレスト」を取り入れたサービスを打ち出している。サイトの商品を気に入った利用者が画像をSNSに投稿できる専用ボタンを設置したり、公式ページで商品を紹介したりする。ネット通販では写真の見せ方が売れ行きを左右するともいわれ、画像SNSの販促効果が注目されている。
[日経MJ 12/07/16]
◇ Pinterest HP
http://pinterest.com/
◇楽天 Pinterestガイド
http://event.rakuten.co.jp/sns/pinterest/
◇All Abouto「スタイルストア」 HP
http://stylestore.allabout.co.jp/mojo?language=ja
◇Pinterestの気になる画像は「Pin it」
http://octoba.net/archives/20120816-android-app-pinterest-158654.html
◇米国の有力新聞、ピンタレストでビジュアル情報発信
http://webdacapo.magazineworld.jp/media/86537/
◇ピンタレストマーケティングの鍵握るエリートキュレーター台頭
http://blogos.com/article/41034/

◆マクドナルド原宿表参道店 カラフルでシック、次世代「カフェ」
日本マクドナルドが4月に東京・原宿で開業した「マクドナルド原宿表参道店」は同社の旗艦店だ。全店で最も広い店舗面積を誇る同店には今後のマクドナルドが目指していく店舗のコンセプトがぎっしり詰まる。7月下旬には店内にカフェ1号店を併設する予定があるなどモデル店としての位置付けもある店なのだ。
[日経MJ 12/07/16]
◇専任バリスタを置く「マックカフェ」/シブヤ経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/8682/
◇マクドナルド原宿表参道店 について/商業Blog
http://blogs.yahoo.co.jp/kimitotomato/29485198.html
◇マクドナルド原宿表参道店 について(Blog)
http://ozpa-h4.com/2012/04/30/mcdonalds_harajuku_omotesando/
◇マクドナルド原宿表参道店 について(Blog)
http://hara19.jp/archives/11758

◆渋谷ロフト、上質訴え、「アートとデザイン」テーマ、8年ぶり改装
じゅう器や照明、従業員の制服なども落ち着いたデザインに刷新。従来よりやや高い30代以上の高感度な大人の女性を獲得する。
「欲しいモノ+α」をコンセプトに、生活に溶け込む少し上質なアートやデザイングッズの提案を強化する。
[日経MJ 12/07/18]
◇渋谷ロフトが全面リニューアル
http://www.fashionsnap.com/news/2012-07-18/loft-renewal-pariscard/
◇渋谷ロフト、今秋8年ぶりの全面改装へ/シブヤ経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/8684/
◇フランスの雑貨店「アルテウム」 HP
http://www.arteum.com/

◆高齢者住宅街、事業化へ、10数社、月末に検討会初会合
住み続けながらヘルスケア
スポーツクラブ大手のルネサンスや積水ハウスなど生活関連企業10数社が新しい高齢者コミュニティーづくりに取り組む。シニア層が退職後の生活を楽しみながら、健康状態に応じたヘルスケアサービスを受ける米国生まれの事業モデルを参考にする。7月末に事業化に向けた検討会の初会合を開く。
[日経MJ 12/07/18]
◇三菱総合研究所「プラチナ社会研究会」 HP
http://platinum.mri.co.jp/
◇CCRCビジネス分科会プロジェクトのご案内
http://platinum.mri.co.jp/sites/default/files/20120625_ccrc-b.pdf
◇米国のCCRCについて/AGING Web
http://www.nikkeibp.co.jp/aging/article/innovator/20120613/01/01.html

◆ハンズ、直営カフェで物販応援 商品体感、プレゼンの場に
売り場スタッフ配置、情報発信 メニューでも話題振りまき集客
「モノからコトへ」といわれる消費。物販だけでなくそこでしか味わえない体験や空間を提供する店作りが求められている。滞在型の店作りもそのひとつで、アパレルや雑貨店などがカフェを併設するケースが増えている。雑貨店の老舗、東急ハンズが直営で運営するカフェから、商品購入の動機付けにつながる空間作りのコツを探ってみた。
[日経MJ 12/07/20]
◇「ハンズカフェ」 HP
http://www.tokyu-hands.co.jp/handscafe/
◇「ハンズカフェ」 Facebook
http://www.facebook.com/handscafe.shop
◇大丸梅田店にカフェやギャラリーも併設/梅田経済新聞
http://umeda.keizai.biz/headline/1029/
◇「ハンズカフェ」梅田店 について(Blog)
http://d.hatena.ne.jp/kuro1649/20110423/1303536736
◇「ハンズカフェ」梅田店 について(Blog)
http://henshustaff.sl.lcomi.ne.jp/archives/article/92672.html
◇渋谷ハンズ、スタッフブログ「HINT7」をご案内~!
http://shibuya.tokyu-hands.co.jp/blog/7a/post-145.html
◇渋谷ハンズ7F潜入!/シブヤチャンネル
http://www.sibch.tv/topics/2012/03/7f.php

◆ツイッターの「距離の近さ」
授業で学生が行った考察によると、ツイッターの良さは利用者との「距離の近さ」に集約されるという。企業が今最も欲していると言っても過言ではない「距離の近さ」がここにあるとなれば、マーケティングの面からも放っておく手はないだろう。
[日経MJ/マーケティング八塩圭子ゼミ 12/07/23]
◇電通PR「ソーシャルリクルーティング」に関する調査
http://news.mynavi.jp/news/2012/02/01/016/index.html
◇大学生SNS.com
http://r-sns.com/
◇SNSを利用した情報収集、学生と社会人の差とは?
http://diamond.jp/articles/-/16323
◇企業は、学生は、SNS に何を求めているのか
http://japan.internet.com/busnews/20111205/2.html
◇2013年卒 マイナビ大学生のライフスタイル調査
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000177.000002955.html

◆長野・飯田のまちづくり会社、リンゴ並木横丁でにぎわい
長野県飯田市で、シンボルともいえるリンゴ並木に、にぎわいを取り戻す活動が盛んになっている。主体は商店主らや市が出資するまちづくり会社「飯田まちづくりカンパニー」だ。並木に面した空き店舗などを活用し、「横丁」を整備する計画が浮上。知名度が高い割に人通りが乏しかった並木を名実共に市のシンボルにしようとしている。
[日経MJ 12/07/23]
◇飯田まちづくりカンパニー HP
http://www.machikan.jp/
◇飯田まちづくりカンパニー /まちづくりの現場から
http://www.mlit.go.jp/singikai/infra/city_history/city_planning/shigaichi/3/shiryou8-1.pdf

◆これぞ「紙ワザ」、おりなす造形美 ペーパークラフト進化
仏像・ロボット・建築物… 安全、初心者でも手軽に
紙でつくる模型、ペーパークラフトが進化している。コンピューターグラフィックス(CG)、プラモデル、パズルなど異分野の長所を取り込み、ユニーク商品が数多く登場し、愛好家も小学生から中高年までと幅広い。
[日経MJ/ブームの裏側 12/07/25]
◇紙製仏像「21世紀ペーパークラフト」 HP
http://paper-craft.info/
◇紙製仏像「21世紀ペーパークラフト」 Facebook
http://ja-jp.facebook.com/21thpapercraft
◇超リアルで激ムズ「阿修羅ペーパークラフト」作成中
http://small-life.com/archives/11/01/1920.php
◇紙の張り子で作ったロボット「バリゴ」
http://klberdyne.blog.fc2.com/blog-entry-35.html
◇韓国からペーパークラフトロボット「ペーボット」/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/97691
◇「3D立体パズル」をためす
http://www.hmv.co.jp/news/article/1010060105/

◆「平面と立体」垣根を越える、プリント駆使「モノプリ」
技術の発達で様々な素材にプリントが可能となった昨今。普段は平面の作品と向き合う写真家やイラストレーターらと、立体作品を手がけるプロダクトデザイナーらが、プリント技術を駆使した新たなモノ作りプロジェクト「MONOPURI(モノプリ)」で競演する。「平面×立体」のタッグがユニークな作品を次々と生み出す。
[日経MJ 12/07/25]
◇モノ作りプロジェクト「MONOPURI(モノプリ)」 HP
http://monopuri.jp/
◇モノ作りプロジェクト「MONOPURI(モノプリ)」 Twitter
https://twitter.com/monopuri
◇「モノプリ」恵比寿で初の展覧会/シブヤ経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/8436/
◇マジックタッチジャパン HP
http://www.magictouch-japan.com/
◇デザインユニット「minna(ミンナ)」 HP
http://minna-design.com/
◇男性2人組ユニット「mute(ミュート)」 HP
http://mu-te.com/
◇イラストレーター・大野彩芽氏 HP
http://www.ayameono.com/

◆太陽光、「熱」も利用 電気と合わせて高効率
太陽の光も熱もエネルギーに――。東京大発のベンチャー企業「スマートソーラーインターナショナル」は、太陽の光と同時に熱も利用する太陽光発電システムを開発し、8月に被災地で試験を始める。
[朝日新聞/創エネ省エネ 12/07/25]
◇スマートソーラーインターナショナル HP
http://www.smartsolar.jp/
◇元シャープ「ミスター・ソーラー」が第2の挑戦/日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110523/220069/

◆ライオン、快適さの瞬間捉える 写真と文章で意識調査
日常生活で誰しもが感じる、ちょっとした気持ちよさ。多くは言葉にならずに忘れられてしまう「この瞬間」を捉えて商品作りや販促に役立てようと、ライオンが新たな消費者調査を始めた。いつでも手軽に情報を記録し送信できるスマートフォンが新手法の立役者。このほど発売した衣料用洗剤でも、調査結果が生かされている。
[日経MJ/スマホ活用最前線 12/07/27]
◇ライオン生活者行動研究所
http://www.lion.co.jp/ja/csr/consumer/create/
◇「女性のコミュニケーション実態とニオイの意識」調査/ライオン
http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2011/pdf/2011012.pdf

◆居間の今、ヒットのヒント
リビングルームでの時間の過ごし方が変わり始めた。家族が共に長い時間を過ごし、緩やかなコミュニケーションを取りながらも、それぞれが情報端末を駆使し興味・関心を追求する。今や子供部屋も書斎もいらない。こうした変化は家具や家電、日用品の売れ筋にも反映される。リビングが家族全員をひき付ける高い機能性を備え、かつてない強い求心力を発揮しつつある。
[日経MJ 12/07/30]
◇IKEA「BESTA(ベストー)」シリーズ
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/living_room/11794/
◇大塚家具 HP
http://www.idc-otsuka.jp/
◇楽天リサーチ Facebook
http://ja-jp.facebook.com/RakutenResearch?sk=wall&filter=1
◇家族の「場」を重ねる暮らしとエネルギー消費の関係調査/旭化成
http://www.asahi-kasei.co.jp/j-koho/kurashi/report20110711.pdf
◇リビングについてのアンケート結果/無印良品の家
http://www.muji.net/ie/lifestyle/questionnaire/3_01a.html

◆渋くて知的、想像力の産物、本モチーフの雑貨・パッケージ
親しみやすさ、男性も魅了
出版不況といわれる昨今。雑貨の世界に目を向けると、「本」をモチーフにしたデザインが引っ張りだこだ。古書と見まがうような財布や文庫本風のパッケージ。本が持つ知的な雰囲気がデザイナーたちの想像力をかき立てる。女性の多い雑貨売り場に、本好きな男性たちを呼び込んでいる。
[日経MJ 12/08/01]
◇雑貨ブランド「Yoda Hidemi(ヨダヒデミ)」 HP
http://www.yodahidemi.com/
◇雑貨ブランド「Yoda Hidemi」 について(Blog)
http://yayakoz.exblog.jp/15554323/
◇ブランド雑貨店「PUEBCO(プエブコ)」 HP
http://freedesign.jp/
◇ブランド雑貨店「iroha-ni(イロハニ)」 HP
http://www.iroha-ni.com/
◇「iroha-ni(イロハニ)」国重直子氏 Twitter
http://twitter.com/shigeco

◆IT起業、感性で挑む フェイスブックで商品企画
消費者目線を貫く
技術の進歩が著しく、競争が激しいIT(情報技術)分野で「起業女子」が存在感を増している。SNSの台頭と口コミ社会の広がりは女性の感性をビジネスに投影しやすくしている。「つながる力」や「発信力」を武器に、男性社会という印象もあるIT業界で挑戦を続ける女性たちの姿を追った。
[日経MJ/いま女子力女男ボーダーレス 12/08/03]
◇ソーシャル・ガールズ・マーケティング「アゲハ」 HP
http://ageha-inc.jp/
◇ソーシャル・ガールズ・マーケティング「アゲハ」 Facebook
http://www.facebook.com/ageha.jp
◇アゲハ・木下優子氏 Twitter
http://twitter.com/yuu_orihime/
◇アゲハ×ソフトバンク「Like or Not?」
http://ageha-inc.jp/Release111122.pdf
◇アゲハ×ソフトバンク「リボン」
http://blog.ageha-inc.jp/?p=711
◇アゲハ・木下優子氏インタビュー
http://www.venturenow.jp/special/challenge2011/orihime01.html
◇女性マーケティング「トレンダーズ」 HP
http://www.trenders.co.jp/
◇トレンダース・経沢香保子氏 Twitter
http://ja.twitter.com/KahokoTsunezawa
◇トレンダース・経沢香保子氏ブログ
http://ameblo.jp/trenders/
◇ソーシャル・リクルーティング・サイト「ウォンテッドリー」
http://site.wantedly.com/
◇「ウォンテッド」ソーシャルリクルーティングサービス公開
http://www.startup-dating.com/2012/02/wantedly/
◇D2C(デイシーシー)スマホ動向調査発表
http://www.d2c.co.jp/news/2011/20120322-1318.html
◇“ちいさな企業”未来会議 HP/中小企業庁
http://www.chusho.meti.go.jp/miraikaigi/
◇女性起業サポートセンター HP/日本政策投資銀行
http://www.dbj.jp/service/advisory/wec/
◇財団法人ベンチャーエンタープライズセンター HP
http://www.vec.or.jp/
◇女性の起業支援専用サイト
http://www.watashi-kigyou.com/jirei.htm

◆自然と物語性、最高の癒やし、欧州のホテル新潮流
異彩放つアイデア満載
欧州を代表するファッションの都、パリとミラノ。この1~2年、魅力的な高級ホテルが相次ぎ登場している。自然との調和やメルヘンチックな物語性に富むデザインが、利用客らを魅了する。高級ホテルのデザインは一般住宅のインテリアに影響を与えることも少なくない。注目を集める4ホテルから欧州のホテルデザインの新潮流を探った。
[日経MJ 12/07/18]
◇「マンダリン・オリエンタル・パリ」
http://www.mandarinoriental.com/paris/Images/mopar_ebook_jpn.pdf
◇「マンダリン・オリエンタル・パリ」 について(Blog)
http://quirit22.exblog.jp/13939237/
◇「マンダリン・オリエンタル・パリ」のパティスリー
http://www.hayakoo.com/mandarin-oriental-paris/
◇ホテル「ル・ロワイヤル・モンソー」 HP
http://www.raffles.com/paris/
◇「ル・ロワイヤル・モンソー」 について(Blog)
http://ameblo.jp/qualitaomotesando/entry-11306505708.html
◇「アルマーニ ホテル ミラノ」 HP
http://milan.armanihotels.com/
◇「メゾン・モスキーノ」 HP
http://www.maisonmoschino.com/en
◇「メゾン・モスキーノ」の写真・画像
http://matome.naver.jp/odai/2126991960021913301

◆ファン減らすフェイスブックページ
フェイスブックのマーケティングマネージャー、須田伸氏はフェイスブックを使ったマーケティングについて、ありがちな5つの誤解を紹介した。
それは「キラーコンテンツを作れば人は集まる」「エッジの効いたテクノロジーが必須」「ソーシャルメディア的要素は後から味付けすれば十分」「広告だから人々の会話に入っていかなければならない」「従来のウェブサイトの代替物として扱う」――である。
[日経MJ/日経デジタルマーケティング杉山俊幸編集長のIT新事情 12/08/06]
◇facenavi HP
http://facebook.boo.jp/
◇日本語Facebookページの総合エンゲージメント調査
http://facebook.boo.jp/facebook-engagement-survey-2012
◇Facebookプロモーション国内事例集
http://fbsample.blog.fc2.com/
◇Facebookプロモーション国内事例集「YAMAHA」
http://fbsample.blog.fc2.com/blog-entry-210.html
◇Facebook企業・ブランド公式ページ ベスト300
http://facebook.boo.jp/featured-company
◇企業がFacebookページ作成するにあたり、参考になる成功例(海外編)
http://socialmedia360.jp/overseas/20-examples-of-great-facebook-pages.html
◇中小企業のFacebookページ活用情報まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2132926660772502101

◆イケア、カタログ連動「AR」 部屋作り、イメージ提供
は8月1日に刷新したカタログにAR(拡張現実)機能を導入した。スマートフォンやタブレットをカタログにかざすと、画面上で模様替えのシミュレーションなどができる。部屋作りのイメージを膨らませ、店に行く時間があまりない顧客も購入を検討できるようにする。
[日経MJ/スマホ活用最前線 12/08/08]
◇AR体験ができるイケアの最新カタログ
http://www.mylohas.net/lohasnews/2012/07/post-637.php
◇AR対応したUS版 IKEAカタログを試してみた
http://blogs.itmedia.co.jp/yasusasaki/2012/07/post-96b4.html
◇IKEA新カタログのAR機能を体験(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=BaZR22HA1hY

◆「ライン」企業が導入 快適さ失えば着信「オフ」に
(1)メールマガジンの存在感は以前に比べ薄れてきている。
(2)ラインが最も身近なコミュニケーションツールになりつつある。
(3)企業向けと個人向けのサービスのバランスが重要に。
◇NHNジャパン HP
http://www.nhncorp.jp/
◇LINEの企業向け公式アカウントとは?費用と実例まとめ
http://smslab.kaupon.jp/archives/3041.html
◇マツモトキヨシ「マツポリちゃん」
http://www.matsukiyo.co.jp/mkp/index.html
◇LINE販促、10代つかむ マツモトキヨシ、クーポン利用者急増
http://www.shopbiz.jp/nf/news/113462.html
◇LINE販促、10代つかむ ローソン、友達280万人、1か月半で
http://www.shopbiz.jp/rt/news/113469.html
◇コカ・コーラがオリンピックで始めるLINEのスタンプ活用
http://www.advertimes.com/20120725/article77426/
[日経MJ/通販コンサルタント・村山らむねのECの波頭 12/07/18]

◆LINE販促、10代つかむ
国内利用者が2300万人を超えたスマートフォンの無料通話アプリ「LINE(ライン)」。使い勝手のよさが受け、10~20代に急速に普及している。運営するNHNジャパンは6月、企業が公式アカウントを開き、クーポンなどの販促情報を配信できる体制を整えた。7日には「東京ディズニーリゾート」が期間限定でアカウントを開設した。若年層に販促情報を届ける新しいチャネルとして存在感を増している。
[日経MJ 12/08/08]
◇iOSにもLINEのタイムラインが登場!
http://hansokujp.com/socialmedia/timeline-line/362.html
◇LINEユーザーのアクティブ率判明
http://www.justsystems.com/jp/news/2012f/news/j05141.html
◇プラットフォーム化が始まったLINE。Facebookページとの相違考察。
http://blogos.com/article/44707/
◇Facebookページタイムライン完全ガイド
http://socialmediaexperience.jp/5109
◇LINEちゃんねる掲示板
http://linech.com/
◇IT分野の市場調査「ICT総研」 HP
http://www.ictr.co.jp/
◇ソーシャルメディア利用調査レポート
http://www.netratings.co.jp/news_release/2012/07/-linefacebook.html

◆移動販売でもうける法
商品を携え消費者のもとに赴く移動販売に新たな波が起きている。売り逃し・買いそびれを防ぐためのIT(情報技術)活用が本格化。生活必需品以外を扱う業者が増える一方、大手コンビニエンスストアも本腰を入れ始めた。「買い物難民」の増加や高齢社会を背景に高まるニーズをとらえ、「手間はかかるがもうからない」という定説を覆せるか。
[日経MJ 12/08/13]
◇盛岡の衣料品店「みかわや」 HP
http://www.mikawaya-morioka.co.jp/
◇衣料品店「みかわや移動販売車」 
http://www.mikawaya-morioka.co.jp/news/index.php?itemid=49
◇ムービングサロンPOLA 体験記
http://www.pola.co.jp/special/move/
◇ポーラ“御用聞き”の原点回帰 大型バスで化粧品移動販売
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120716/bsd1207160502004-n1.htm
◇「セブンあんしんお届け便」水戸市城里町旧七会村
http://d.hatena.ne.jp/jun_320/20120124/1327360735
◇京都のリヤカー販売「青おにぎり」 HP
http://www.aoonigiri.com/
◇京都のリヤカー販売「青おにぎり」 Twitter
http://twitter.com/aoonigiri
◇移動販売支援システム「ナビde来~る」
http://www.tsukiso.co.jp/img_cmn/navi_panf.pdf

◆鳴海製陶の「OSORO」、積み重なる器、食彩る乳白色
30~40代女性に照準
伝統的な高級陶磁器「ボーンチャイナ」で有名な鳴海製陶。乳白色の風合いを継承しつつ、電子レンジ調理など現在のライフスタイルに対応する新陶磁器ブランド「OSORO(オソロ)」を立ち上げた。入れ子細工のようにピタリと重なる形状。カラフルなカバーとのコントラスト。機能美とかわいらしさが共存するデザインだ。パリで開催される日用品の見本市「メゾン・エ・オブジェ」への出展も検討しており、海外での販売も視野に入れる。
[日経MJ/ホームファッションコーディネーター堀和子 12/08/08]
◇鳴海製陶 HP
http://www.narumi.co.jp/
◇鳴海製陶「OSORO」 HP
http://www.osoro.jp/
◇国際見本市「インテリアライフスタイル」 HP
http://www.interior-lifestyle.com/
◇デザインユニット「エムテド」 HP
http://mtdo-ch.com/
◇「インテリア ライフスタイル アワード2012」受賞者決定
http://online.ibnewsnet.com/news/file_n/gy2012/gy120607-01.html
◇暮らしの「穴」を埋めてくれる器「OSORO」
http://ichco.wordpress.com/2012/06/11/osoro/

◆LEDシーリングライト パナソニック、調光の妙
10位内、5機種ランクイン
発光ダイオード(LED)の天井照明(シーリングライト)の販売が好調だ。今年3月にシーリングライト全体の販売台数に占める割合で蛍光管タイプを逆転、7月には72%にまで高まった。消費者の節電意識の定着に加え、低価格化が普及を後押しする。大型タイプのランキングには首位「HH-LC730A」を筆頭に、パナソニックから5機種が入った。
[日経MJ/ヒットを狙え 12/08/10]
◇パナソニック「LEDシーリングライト」 HP
http://panasonic.jp/everleds/ 
◇調査会社「GfKジャパン」 HP
http://www.gfkrt.com/japan/
◇シーリングライト動向調査/GfKジャパン(原典)
http://www.gfkrt.com/imperia/md/content/documents/120409_led_light.pdf
◇シャープ シーリングライト「ELM」 HP
http://www.sharp.co.jp/led_lighting/ceiling/
◇LED照明など光源・照明市場を調査/富士経済
http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press/pdf/110419_11035.pdf
◇照明のリーリングカンパニーが中国照明市場でLEDに舵を切る
http://diamond.jp/articles/-/13241
◇LED照明市場が前年比155%増、節電の影響で
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1204/06/news042.html
◇LED市場の成長が加速、2018年には170億ドル規模に
http://eetimes.jp/ee/articles/1208/13/news019.html

◆文房具カフェ 日常彩る宝物探す、食事しながら試し書き
家庭に、職場にごく身近な存在ながら、多彩な品目とデザイン。文房具の世界は奥深く、マニアも少なくない。そんな道具たちに光を当てた、一風変わったカフェが6月、東京都渋谷区に開業した。食事をしながらノートやペンの新商品を試せるうえ、業界誌を読んで時間もつぶせる。店内各所にある秘密の引き出しの「合鍵」がもらえる独自の会員制度が、ファンの好奇心をくすぐる。
[日経MJ 12/08/13]
◇「文房具カフェ」 HP
http://www.bun-cafe.com/
◇「文房具カフェ」 Facebook
http://www.facebook.com/bunbougucafe
◇「文房具カフェ」 Twitter
http://twitter.com/bunbougucafe
◇文具カフェさんでの朝活に参加
http://blogs.itmedia.co.jp/omeishi/2012/07/post-2642.html
◇文房具だけじゃない。ノマドにも最適!(Blog)
http://togetter.com/li/332788
◇話題の“文房具を満喫するカフェ”に行ってきた/excite
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1344248335914.html

◆機能と造形美、浴槽の進化形、個性派の新製品続々
浴槽のデザインが進化している。インテリアを思わせる洗練された製品が増える一方、リラックスした時間を楽しむという浴槽本来の機能を高める工夫にも磨きがかかる。最近のショールームでは、浴槽と家具・照明とのコーディネートを提案するなど、見た目にもにぎやかだ。 
快適で美しい浴室空間が身近な存在になりつつあることで、住まいにおける浴室のあり方に変化が訪れそうだ。
[日経MJ 12/08/15]
◇日本のバスタブが世界を変える、世界を癒す/NIKKE TRENDY
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120627/1041674/?ST=life&P=1
◇LIXIL「フォームスパ」
http://inax.lixil.co.jp/products/bathroom/bathtub/foamspa/
◇うわさのプレミアムな「フォームスパ」を体験!
http://www.yunokuni.com/2012/08/inax-foam-spa.html
◇トーヨーキッチン&リビング、アントニオ・ルピ氏の「ファニーウエスト」
http://www.toyokitchen.co.jp/products/sanitary/antoniolupi2/?PHPSESSID=f4e8c523113ad475a69cbc839333124c
◇伊フィレンツェのバスルームブランド「アントニオ・ルピ」
http://www.antoniolupi.it/
◇セラトレーディング「onto」
http://www.cera.co.jp/product/series.jsp?subCategory=null&category=bath&series=onto
◇TOTO、システムバスルーム新「サザナ」
http://www.toto.co.jp/company/press/2012/06/pdf/20120619.pdf
◇YAMAHA「トクラスバスルームストーリー」
http://www.yamaha-living.co.jp/news/20111116/

◆海外向け通販、画像が主役、サイトを開設、ジェイグラブ
システム開発のジェイグラブは、海外の消費者が画像を見て商品選びを楽しむ通販サイトを立ち上げた。楽天やヤフーから商品情報の提供を受け、販売する。画像を主役にしたインターネット通販は、米国が先行。見た目を良くした写真を使って海外の消費者の購買意欲を刺激、日本の通販事業者の海外販売を後押しする。
[日経MJ 12/08/15]
◇海外向け購入代行「j-Grab.co」 HP
http://www.j-grab.com/
◇海外向け購入代行「j-Grab.com」 Facebook
http://www.facebook.com/jgrabja
◇越境EC応援ポータルサイト
http://www.cbec.go.jp/

| | トラックバック (0)

2012/08/16

情報クリップダイジェスト 1202/07

◆文化観光センター改築、伝統美まとう浅草の「新顔」家の「積み木」
台東区が運営する「浅草文化観光センターがリニューアルした。7つの家を積み上げたような建物で、著名建築家の隈研吾氏が手掛けた。日本の伝統美を意識したデザインが奇抜な印象を薄め、落ち着いた雰囲気すら漂う。新しくなった建物には「探せる」「見せる」「支える」という3つのコンセプトを設けた様々な新機能が整備されている。
[日経MJ 12/06/20]
◇建築家・隈研吾氏 HP
http://kkaa.co.jp/
◇浅草文化観光センター/上野・浅草ガイドネット
http://tanken.guidenet.jp/?p=30028
◇浅草文化観光センター について(Blog)
http://michikusa-ac.jp/archives/3985634.html
◇浅草文化観光センター について(Blog)
http://machinami-no-chikara.doorblog.jp/archives/65652802.html

◆十津川産木材で高級家具、奈良県など、東京・上海で販売
奈良県と十津川村は家具のデザイン会社などと組み中国・上海と東京で十津川産木材を使った高級家具の製造・販売を始めた。上海では主に高所得者層向け、国内ではホテル・旅館などの需要を見込む。木材産地では住宅用などの中間材が中心で最終商品はほとんど製造していなかった。木材需要の低迷が続く中、付加価値の高い商品を直接手掛けてテコ入れする。
[日経MJ 12/07/02]
◇「十津川家具プロジェクト」 について
http://www.tobi-tokyo.jp/media/event_20120301_totsukawa.html
◇「十津川家具プロジェクト」 について(Blog)
http://ameblo.jp/nishi-d/entry-11199479043.html
◇デザイナーズ家具「ロックストーン」 HP
http://www.rockstone.co.jp/

◆京都「漫画の都」へ 躍進支えるマンガミュージアム
京都が「漫画の都」として台頭している。平成20年には国際マンガサミットを開催。今秋には総合見本市「京都国際マンガ・アニメフェア2012」(略称・京まふ)を開く予定で、2万人の一般来場者を見込んでいる。徐々に漫画の街として存在感を増している背景には、都市戦略の一環として6年前に開設された京都国際マンガミュージアムの影響があった。
[産経新聞 12/06/21]
◇京都国際マンガ・アニメフェア2012
http://kyomaf.jp/
◇京都国際マンガミュージアム HP
http://www.kyotomm.jp/
◇京都精華大マンガ学部 HP
http://www.kyoto-seika.ac.jp/manga+2/?gclid=CKrVyPyhhLECFUKDpAodall5Cw

◆「カワイイ」ルーツは大正時代 竹久夢二が元祖 弥生美術館 
「カワイイ」文化の原点は大正時代にあった。その歴史をたどる「大正から始まった日本のKawaii展」が、東京都文京区の弥生美術館で開かれている。
[産経新聞 12/06/20]
◇弥生美術館 HP
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
◇「大正から始まった日本のkawaii展」
http://www.museum.or.jp/modules/topics/index.php?action=view&id=147
◇「大正から始まった日本のkawaii展」について(Blog)
http://nekoarena.blog31.fc2.com/blog-entry-1438.html
◇弥生美術館で「日本のKawaii展」/上野経済新聞
http://ueno.keizai.biz/headline/1064/

◆アパレル産業協会、日本ブランド、ドラマで紹介、国内外ネット配信
登場人物の服、販売も
日本アパレル・ファッション産業協会は、専用サイトを通じて日本のファッションを国内外に紹介する事業を始める。短編ドラマを製作し、その中でブランドを紹介するほか、有名人のインタビューなども配信する。日本のファッションに関心を持つ外国人や日本の若者に業界の魅力をアピールする。
[日経MJ 12/06/18]
◇日本アパレル・ファッション産業協会 HP
http://www.jaic.or.jp/
◇インターネット・ムービー「ブランド・ガーディアンズ」
http://www.brandguardians.asia
◇「ブランド・ガーディアンズ」について(Blog)
http://ameblo.jp/unagiinuneko/entry-11242551088

◆人口減少に立ち向かう 住宅などに「眠った市場」
従来の延長線上では商売は成り立たない。事業にもよるが、現状のままなら相当な手間やコストがかかる時代が到来する。それを克服するにはIT(情報技術)の革新とともに、高齢者とされてきた人々や非営利組織を活用する仕組みも一つの方策。「住まいや暮らしの改善」というビジネスチャンスに流通・サービス業はもっと目を向けてもよい。
[日経MJ/底流を読む 12/06/18]
◇合計特殊出生率の推移
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1550.html
◇未婚者の実情と「婚活」による少子化対策の可能性
http://www.myilw.co.jp/life/publication/quartly/pdf/74_02.pdf
◇おフランスの子育て事情と少子化対策
http://blog.goo.ne.jp/ofuransunokosodate
◇人口減少時代,日本企業の生き残り策とは?
http://www.ose.or.jp/derivative/5989
◇超高齢社会とフードビジネスの将来/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/opinion/100301.html
◇縮む市場で勝つ方法/日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/NBD/20120607/233049/?ST=smart
◇ヤマダ電機、スマート事業3年で1000億に
http://www.reform-online.jp/index.php/sun/1267-3
◇住宅をトータルコーディネートする「ニトリ」 HP
http://www.nitori.co.jp/

◆フェイスブックイベント 汗かく担当者に「いいね!」
2万「いいね!」を超えたということから、帝国ホテルで行われた豪華無料イベント。
(1)タマホームのフェイスブックイベントは「宣伝臭」ほぼゼロ。
(2)豪華な料理の一方、担当者が司会を務めるなど手作り感もいっぱい。
(3)フェイスブック販促では魅力的なイベントがキラーコンテンツに。
[日経MJ/村山らむねのECの波頭 12/06/20]
◇タマホーム(Facebook)
http://www.facebook.com/tamahome.jp
◇Facebookで「タマホームいいね!」600人が大交流会開催
http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/sech-20120525-20120525_00021/1.htm
◇タマホーム大交流会IM 帝国ホテル
http://www.facebook.com/events/353577454706053/
◇タマホーム大交流会IM 帝国ホテルレポート
http://blogs.bizmakoto.jp/kubokubo/entry/4870.html

◆魚離れ止めろ、官民が連携、水産庁、流通やメーカーと合同会議
水産庁は魚介類の消費てこ入れに向けて、7月に流通企業や水産団体と合同会議を発足させる。官民連携で、魚料理に主婦や若年層の関心を高めるような売り場や飲食メニューを発掘。若手職員は漁港やスーパーで研修し、生産者や消費者のニーズを直接集める。魚食拡大のアイデアは小売店や飲食店で試験運用し、2013年度以降の支援事業に反映する。
[日経MJ 12/06/27]
◇水産物の消費拡大に向けて/水産庁
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kikaku/pdf/120529-01.pdf
◇官民連携「魚食べよう」/sankei
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120710/biz12071021030030-n1.htm
◇ニッポンの魚離れを救うのは“お魚男子”だ!
http://www.president.co.jp/dan/backnumber/2011/20110300/18012/18020/18023/
◇香川で魚離れを食い止める料理教室開催/asahi
http://www.asahi.com/food/news/TKY201202130190.html
◇魚を毎日食べる日本人、わずか2.7%/誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1106/29/news056.html

◆再生エネ、値段でジレンマ 全量固定価格買い取り制度を前に
再生可能エネルギー(再生エネ)を電力会社が全量買い取る制度(FIT)で最も難しいのが、価格の決め方だ。高ければ電気料金にはね返る負担が重くなり、低ければ採算に合わず再生エネは増えない。特に木質バイオマスは発電以外の利用との競合や資源保全の問題がある。
[朝日新聞/創エネ省エネ 12/06/20]
◇グリーン発電会津 HP
http://gh-aizu.co.jp/
◇グリーン・サーマル HP
http://www.gthermal.co.jp/
◇グリーン発電会津 について
http://www.aizuwakamatsu-investment.jp/company/message/green-aizu/
◇川崎バイオマス発電所 HP
http://www.kawasaki-biomass.jp/

◆「文房具カフェ」紙・文具卸が出店、「紙」テーマの空間に
「文房具カフェ」がオープンした。同店はこれまでと違うアプローチで文房具の価値を訴求し、市場全体のブランディング価値向上を目指す。「国内の主要文房具メーカーの商品品質が、表参道エリアに出店する外資系のアパレルブランドなどと『引けを取らない』ことを表すため」、同エリアへの出店を決めたという。
[シブヤ経済新聞12/06/22]
◇表参道「文房具カフェ」 HP
http://www.bun-cafe.com/ 
◇表参道「文房具カフェ」(Twitter)
https://twitter.com/bunbougucafe
◇表参道「文房具カフェ」(Facebook)
http://www.facebook.com/stationerycafe.jp
◇東光ブロズ
http://www.to-kou.com/
◇「文房具カフェ」で感じた、ビジネスに通ずる差別化戦略/誠
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1206/19/news087.html
◇「文房具カフェ」が話題/NIKKEI TRENDY
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120706/1041842/
◇「文房具カフェ」オープン/SHOT MAGAZINE
http://www.shotmagazine.jp/2012/06/bunbougu-cafe/

◆スマホ×カード決済=? ペイパル、来月にも
千円強で専用のクレジットカード読み取り機を買い、スマートフォンに装着するとスマホがカード決済端末に――。米オンライン決済大手のペイパルがソフトバンクと組み、7月にも日本で実店舗向けのサービスを始める。売り込む対象はクレジットカード加盟店になっていない個人事業主や小規模店舗。スマホを使ったカード決済システムはほかにも登場、キャッシュレス決済は新段階に入る。
[日経MJ 12/06/22]
◇スマホを使うクレカ決済サービス「PayPal Here」
http://magazine.kakaku.com/mag/pc/id=782/
◇「PayPal Here」がもたらす変化とは?/livedoor
http://blog.livedoor.jp/caferics/archives/cat_29430.html?p=2
◇孫社長、ペイパルと提携、国内でのカード決済普及へ
http://japan.cnet.com/news/business/35016899/
◇スマホのカード決済端末「Squareスクエア」
http://juggly.cn/archives/3752.html
◇スマホのカード決済端末「Squareスクエア」
http://blog.btrax.com/jp/2011/07/10/square/ 

◆「アイヌ」をブランド化、阿寒湖温泉、産学官で観光振興
阿寒湖温泉(北海道釧路市)の観光業者らが連携し、今年度から地域ブランドづくりに乗り出す。「アイヌ民族文化に根差したものづくり」を主要テーマに掲げ、アイヌ民族伝統の料理や酒、工芸品などの発掘や商品開発に取り組む。
[日経MJ 12/06/25]
◇リゾートホテル「鶴雅グループ」 HP
http://www.tsurugagroup.com/
◇阿寒観光協会まちづくり推進機構 HP
http://www.lake-akan.com/
◇阿寒アイヌ工芸協同組合 HP
http://www.marimo.or.jp/~akanainu/
◇北海道中小企業応援ファンド/北海道
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/csk/fundkeikaku-top.htm
◇アイヌ文化振興・研究推進機構 HP
http://www.frpac.or.jp/
◇食材王国しらおい誇りある故郷づくり
http://www.zck.or.jp/forum/forum/2764/2764.htm

◆家具産地、福岡・大川のグループ、食卓彩る木工、今風な味付け
地元食材の加工・商品化も
家具の一大産地、福岡県大川市。地元の木工業者や農家らがタッグを組み、トレーやデザートフォークなど「食卓」をテーマにした商品開発を進めている。プロジェクト名は「大川コンセルヴ」。「保存食」を意味するフランス語には、地元に蓄積されてきた技を今風のデザインで味付けし、食卓を豊かにしたいという思いがこもる。
[日経MJ 12/06/27]
◇大川コンセルヴ HP
http://okawa-conserve.com/
◇大川コンセルヴ(Twiter)
◇OKAWA JAPAN PREMIUM MARKET
http://shop.okawajapan.jp/
◇アートディレクター・先崎哲進氏 HP
http://www.tetusin.com/
◇料理研究家・井口和泉氏 HP
http://twitter.com/#!/izumingo/
◇木のおもちゃ「飛鳥工房」 HP
http://www.asukakoubou.com/
◇大川組子/大川観光協会
http://www.okawa-kk.com/spots/detail/34

◆苦味・酸味苦手な人急増 ファストフード好き広がる
(1)若年層ほど苦い味は嫌い。嫌いな人は年々増え、味覚の若年化が起きている
(2)全地域・全年代でファミレスやファストフードが好きな人が増え、洋食化が進む
(3)簡便な市販の「素」などで調理した家庭料理が増え、市販品が家庭の味に
[日経MJ/消費分析 12/06/27]
◇日本能率協会総合研究所 HP
http://www.jmar.co.jp/
◇「味の地域差に関する調査2012」(原典)
http://www.jmar.biz/hot/pdf/hotanq43.pdf
◇好きな味って?/ハピ研
http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/bn/201108/00389/

◆ホンダのフィット「シーズ」女性目線の車、かわいく上品
理想の輝きピンクに自信
ホンダは5月、スモールカー「フィット」の新タイプ「シーズ(She's)」を発売した。文字通り女性をターゲットにしたクルマで、社内の女性チームがコンセプト作りからデザインまで考えた。走りやスポーティーといった男性的な印象が強いホンダ車にあっては異色の試みといえる。
[日経MJ 12/07/04]
◇HONDA「FIT」シリーズ「She's」 HP
http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/shes/
◇「She's」アラサー独身女性がターゲット/sankei
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120616/biz12061612460008-n1.htm

◆家計節約、普及に弾み? 電気自動車、家庭の蓄電池にも
電気自動車(EV)の普及が伸び悩むなか、家庭の蓄電池としても使えるシステムが売り出された。停電リスクへの備えばかりでなく、昼夜の料金格差を活用すれば電気料金の節約も可能になる。蓄電池だけでは高価で手が出なかったが、EV兼用ならという声もある。EV普及のバネになるか。
[朝日新聞 12/07/01]
◇日産・電気自動車(EV)総合情報サイト
http://ev.nissan.co.jp/LEAFTOHOME/
◇電気自動車の大容量バッテリーを家庭の電力として使用/マイナビ
http://news.mynavi.jp/news/2012/06/18/033/index.html
◇蓄電に電気自動車を利用/Smart Japan
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1204/13/news095.html
◇どのような電気自動車がほしいか/APEV調査
http://www.apev.jp/news/twitter-report20110513.pdf

◆セブンイレブン、超小型EVで宅配、顧客との距離、ゼロに挑む
店内全商品対象、来月から 「高齢化社会のインフラに」
セブン―イレブン・ジャパンは8月から、店内商品の宅配サービスを本格化する。超小型電気自動車(EV)を加盟店に貸し出し、かさばる飲料なども楽に運べるようにする。
[日経MJ 12/07/04]
◇セブンイレブンの宅配サービス/オートックワン
http://autoc-one.jp/toyota/launch-1105646/
◇TOYOTA「コムス」 HP
http://coms.toyotabody.jp/
◇セブンイレブンの宅配サービス強化/sankei
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120501/biz12050118100014-n1.htm

◆良品計画系が団地改修、都市再生機構と大阪で、間取り意見公募
良品計画の子会社で住宅などを販売するムジ・ネットは、都市再生機構(UR)西日本支社と団地の共同改修を手掛ける。名称は「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」。
[日経MJ 12/07/02]
◇UR都市機構 HP
http://www.ur-net.go.jp/
◇「MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト」
http://www.muji.net/ie/lifestyle/danchi/
◇無印良品の家 HP
http://www.muji.net/ie/
[日経MJ 12/07/02]
◇UR都市機構 HP
http://www.ur-net.go.jp/
◇「MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト」
http://www.muji.net/ie/lifestyle/danchi/
◇無印良品の家 HP
http://www.muji.net/ie/

◆アルビオン、「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」
高級化粧品を扱うアルビオンが仏老舗菓子メーカーのラデュレと共同開発で立ち上げた化粧品ブランド「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」が話題を呼んでいる。18世紀のフランスの女性をモチーフにした物語性に加えて、ゆで卵型の容器など女性心をくすぐるデザインで独自性を積極的にアピール。売上高は計画の倍以上のペースで推移している。
[日経MJ/プロモーションスタイル 12/07/06]
◇化粧品ブランド「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」 HP
http://www.lm-laduree.com/
◇化粧品ブランド「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」(Facebook)
http://www.facebook.com/lmladuree
◇「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」デビュー記念イベント
http://www.syogyo.jp/pressrelease/2012/01/post_002912.php
◇「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」について(Blog)
http://openchan.blog.so-net.ne.jp/2012-01-30
◇「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」について(Blog)
http://ameblo.jp/rina620203/entry-11272996530.html

◆岡山県真庭市 バイオマス+景勝地人気
中国山地の東寄りに位置する木材の集散地、岡山県真庭市を巡るバイオマス(生物資源)ツアーがにぎわっている。真庭市はバイオマス活用の先進地として知られ、東日本大震災後に自然エネルギーに関心を持つ一般市民の参加が増えた。真庭観光連盟が窓口となり、参加者の要望に応じてきめ細かくプランを作り込むのが特徴。町並み観光なども日程に組み込み、人気につなげている。
[日経MJ/湧き出す地域パワー 12/07/08]
◇「バイオマスツアー真庭」 HP
http://www.biomass-tour-maniwa.jp/
◇「バイオマスツアー真庭」に行ってきた(Blog)
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/bigmories/diary/detail/201203160000/
◇バイオマスタウン真庭市 HP
http://www.city.maniwa.lg.jp/html/biomass/
◇バイオマスタウン真庭
http://www.net626.co.jp/maniwa_baio/index.html
◇バイオマスタウン真庭&蒜山/アサヒビール
http://www.asahibeer.co.jp/area/08/maniwa/index03.html

◆東京堂書店神田神保町店、老舗が描く未来の書店
1890年創業の老舗書店、東京堂が3月末、リニューアルした。本の街、東京・神保町に立地する伝統的な中堅書店ながら、カフェや女性向け売り場を設けるなど、未来の書店像を予感させる。インターネット通販や電子書籍の攻勢にさらされる書店の生き残り策を示せるか。
[日経MJ 12/07/08]
◇読書人のための総合書籍情報サイト「東京堂書店」
http://www.tokyodoshoten.co.jp/
◇東京堂書店@神保町(Twitter)
https://twitter.com/books_tokyodo/
◇日本書店商業組合連合会 HP
http://www.shoten.co.jp/nisho/
◇老舗書店がカフェを始めたわけ/BOOKasahi.com
http://book.asahi.com/booknews/update/2012040400008.html
◇東京堂書店神田神保町店 について(Blog)
http://urag.exblog.jp/14953188/
◇東京堂書店、店員さんインタビュー/本が好き!
http://news.honzuki.jp/?p=8714

◆求められる「大人の食育」 東京・丸の内から昼食を変える
今春、千代田区丸の内1丁目に新しくできた高層のオフィスビル、丸の内永楽ビルの地下街には、いくつもの個性的なレストランがオープンした。連日、行列のできるほどにぎわっている一つが、農園カフェ&バル「ダイチ・アンド・キーツ」だ。健康志向の女性客が多いが、中高年の男性客の姿もある。お目当ての食材は雑穀だ。
[産経新聞 12/07/10]
◇農園カフェ&バル「ダイチ・アンド・キーツ」 HP
http://www.daichi-keats.jp/
◇丸の内に新商業ゾーンiiyo!!(イーヨ)/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/391851/
◇農園カフェ&バル「Daichi & keats」オープン
http://www.ecozzeria.jp/shimbun/news/2012/03/12/daichikeats.html
◇農園カフェ&バル「ダイチ・アンド・キーツ」について(Blog)
http://ameblo.jp/emilinpero/entry-11192327512.html

◆共感をカネにする、「クラウドファンディング」広がる
企業・団体や個人が何かしらのテーマを設定し、ファンや支持者から資金を集めるクラウドファンディングが普及し始めた。ソーシャルネットワークが後押しし、マーケティングのありように変化を生じさせつつある。最新事例からは顧客開拓やニーズの把握といった、マーケティングに活用できる有用性がみえてくる。ただ、定着の可能性が広がる一方で、問題点もみえてきた。
[日経MJ 12/07/11] 
◇会員制コワーキングスペース運営「ツクルバ」 HP
http://tsukuruba.com/
◇ハイパーインターネッツ HP
http://hiinc.jp/
◇ハイパーインターネッツ「キャンプファイアー」
http://hiinc.jp/campfire
◇ソーシャルレンディング「maneo」 HP
https://www.maneo.jp/
◇ソーシャルレンディング「WESYM(ウイシム)」 HP
http://wesym.com/
◇米クラウドファンディング最大手「kickstarter」 HP
http://www.kickstarter.com/
◇新しい形の映画チケット共同購入サイト「ドリパス」
http://www.dreampass.jp/
◇映画配給会社「GAGA(ギャガ)」 HP
http://www.gaga.co.jp/
◇慎泰俊氏「ソーシャルファイナンス革命」出版記念講演レポート
http://fiftyplus.jp/2012/07/18/social-finance/
◇クラウド・ファンディングってなんだ?(前編)
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1342070982767.html
◇クラウド・ファンディングってなんだ?(後編)
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1342149704710.html
◇ソーシャル資金調達レース開始
http://jp.techcrunch.com/archives/jp-20110211-it-started-a-crowd-funding-race-in-japan/
◇町工場発! 面白ガジェットとクラウドファンディング
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1207/20/news006.html
◇着実に社会に変化をもたらすクラウドファンディング
http://kenichinishimura.blogspot.jp/2011/12/blog-post.html

◆直線を極めるキッチンの美、ブランド「アムスタイル」
塗装・寸法、きめ細かく対応
一見すると直線的な箱のようで、まるでキッチンには見えない。アムスタイルが提案するのはシンプルかつ機能的なデザインだ。一つ一つをオーダーメードで仕上げ、平均価格も約500万円。アジアの富裕層からも注目され、日本では珍しい「インディーズブランド・キッチン」として世界に羽ばたきつつある。
[日経MJ 12/07/11]
◇オーダーキッチン「アムスタイル」 HP
http://www.amstyle.jp/
◇アムスタイル・ラウンジ代官山にオープン/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/28255/2/
◇アムスタイル福岡のキッチン/Garbo
http://blog.excite.co.jp/kitchen-journal/15740120/
◇美しい車のような「アムスタイルキッチン」/excite.izm
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1341383734074/

◆今年こそ電子書籍元年!? 商機広がるも規格、権利保護で課題山積
本格的な普及期に入ると、ここ数年言われ続けてきた電子書籍の市場が今夏、一気に動き始めた。電子商取引などを手がける楽天が19日に低価格の専用端末を発売し、インターネット通販大手の米アマゾン・ドット・コムも近く専用端末の日本への投入を予定。紙と電子の同時出版など出版業界の取り組みも加速しているが、乱立する規格の整備や著作権者の権利保護など対処すべき課題も山積している。
[産経新聞 12/07/12]
◇今年こそ電子書籍ブレイクの年となるか/週アス+
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/097/97129/
◇楽天「kobo Touch」 HP
http://kobo.rakuten.co.jp/
◇楽天「kobo Touch」の使い方
http://www.a-tubuyaki.com/?p=1412
◇「東京国際ブックフェア」 HP
http://www.bookfair.jp/
◇「国際電子出版EXPO」 HP
http://www.ebooks-expo.jp/
◇「国際電子出版EXPO」レポート/週アス+
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/096/96809/
◇電子書籍ストア「honto」
http://honto.jp/ebook.html

◆日経BP「環境ブランド調査」 伝達巧者が共感つかむ
企業が取り組んでいる環境に関する活動は、一般消費者にどのように伝わり、どう評価されているのか――。独自の「環境ブランド指数」を算出して総合ランキングを決める「環境ブランド調査」。今年のトップは昨年に引き続きサントリーだった。そして2~5位がトヨタ自動車、パナソニック、シャープ、日産自動車だった。ハイブリッド車や太陽電池、省エネ家電などが消費者の評価を高める要因になったようだ。
[日経MJ/日経エコロジー谷口徹也編集長の環境マーケティング 12/07/13]
◇第13回環境ブランド調査/日経BP
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20120704/113461/
◇サントリー「水と生きる」 HP
http://www.suntory.co.jp/company/mizu/
◇TOYOTAの環境への取組み
http://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/environment/
◇パナソニックの環境活動
http://panasonic.co.jp/eco/
◇シャープの社会環境活動
http://www.sharp.co.jp/corporate/eco/
◇NISSANの環境への取組み
http://www.nissan-global.com/JP/ENVIRONMENT/
◇イオンの環境・社会貢献活動
http://www.aeon.info/environment/
◇日本コカ・コーラのサスティナビリティー
http://www.cocacola.co.jp/positively/energy/

◆自分はオタク4割弱、15~39歳、アニメ好き増加
(1)15~39歳の4割弱は自分をオタクと認めている
(2)オタクは少数派を示す集団呼称から自己を紹介するための言葉に変化しつつある
(3)アニメコンテンツは様々な派生行動や関連消費を生み出すパワーを秘める
[日経MJ/消費分析 12/06/20]
◇「オタクが好きなもの」調査/電通(原典)
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2012/pdf/2012021-0305.pdf
◇「オタク市場」に関する調査結果2011/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/863.pdf
◇日本人の4人に1人がオタク!? /J CAST
http://www.j-cast.com/2011/10/30111466.html?p=all

| | トラックバック (1)

2012/07/11

情報クリップダイジェスト 2012/06

◆シニアの支持、LED首位 環境志向、若年層と変わらず
(1)シニアの5割弱は新製品歓迎派。彼らはネットの利用意欲が強い
(2)シニアが支持する商品の首位はLED電球。健康志向だけでなく環境志向も高い
(3)新製品歓迎派は若い消費感覚を自負。マーケティングはシニアに限定しない工夫を
[日経MJ/消費分析 12/06/13]
◇マクロミル HP
http://www.macromill.com/
◇今どきシニアが支持する新商品の条件/日経消費ウオッチャー
http://www.nikkei.co.jp/rim/watcher_pdf/W201206/_SWF_Window.html?pagecode=6
◇IT技術はシニアライフをどのように変えていくのか
http://senior-market.info/1420-1420.html
◇イオン「シニア対応スーパー」初出店/NIKKEI TRENDY
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120501/1040723/?P=5&rt=nocnt

◆「紙」の辞書が楽しい! 新語、ユニークな用例も
国語辞書編纂の舞台裏を描いた三浦しをんさん(35)の小説『舟を編む』(光文社)が今年の本屋大賞を受賞し、紙の辞書が注目されている。電子辞書やウェブ上の辞書に押され、売り上げでは苦戦が続く。一方で、学習辞書では紙への回帰現象が見られたり、一般向けのユニークな辞書が相次いで刊行されるなど、明るい兆しもある。
[産経新聞 12/05/24]
◇三浦しをん著『舟を編む』/asahi
http://www.asahi.com/jinmyakuki/TKY201205220371.html
◇三省堂『新明解国語辞典』
http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/dicts/ja/smk_kok7/
◇『常用漢字コアイメージ辞典』/sankei
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111106/bks11110607590003-n1.htm
◇三省堂『てにをは辞典』
http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/dicts/ja/tenioha/
◇『広辞苑の中の掘り出し日本語』について(Blog)
http://d.hatena.ne.jp/the-world-is-yours/20110720/p2
◇子どもの力を伸ばす「辞書引き学習」
http://www.benesse.co.jp/jiten/jiten/jishobiki.html

◆台湾で日本発の「芸術超未来」展 アート目指すデジタル産業
台湾・台中市の台湾美術館で、日本的感性で創出された、未来感覚のデジタルアートを紹介する「We are the Future」(芸術超未来)展が開催され、市民や地元メディアの注目を浴びている。
[産経新聞 12/06/06]
◇日本のデジタルアート「We are the Future」展
http://www.team-lab.com/news/index.php?itemid=916
◇チームラボ HP
http://www.team-lab.com/
◇チームラボ 『We are the Future(藝術超未來)』展
http://www.team-lab.net/exhibition/wearethefuture.html
◇日本のデジタルアート展開催/zakzak
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20120526/frn1205262047000-n1.htm
◇日本の超coolなデジタルアートが国立台湾美術館に
http://www.taipeinavi.com/special/5040996

◆農業男子が旬 交流イベント、女性が殺到、産直市、盛り上げ
根気強さ・専門知識が持ち味
農業関連の仕事に従事する男性「農業男子」が注目の的になっている。就農男性との交流イベントには定員を上回る女性が集まり、都心では農家と消費者をつなぐ若手男性が活躍、話題を呼ぶ。背景にあるのは農業に対する意識の変化だ。首都圏の大学では農学部の志願者が増加傾向で、農業高校を舞台にしたマンガもヒットを記録する。
[日経MJ/ブームの予感 12/05/16] 
◇ツヴァイと読売旅行が婚活バスツアー
http://c.filesend.to/plans2/biz_news2u/body.php?nid=NRR201298965
◇「婚活!!~農業が絆~」/伊勢原タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0405/2012/02/17/135463.html
◇Farmer's Market HP
http://www.farmersmarkets.jp/
◇男子野菜部(Twitter)
http://twitter.com/#!/danshi_yasaibu
◇男子野菜部(Facebook)
http://www.facebook.com/danshi.yasaibu
◇マンガ「銀の匙」 HP
http://websunday.net/rensai/ginsaji/
◇日本の農業、実は強い/J CAST
http://www.j-cast.com/2012/04/07127966.html

◆家具ブランド「COMMOC」、美しく機能的、価格もスリム
家具やプロダクトの分野で活躍するデザイナーや建築家ら6組が立ち上げた家具ブランド「COMMOC(コモック)」。国内外の工場と協力し、製造から物流、販売までを自ら手がける。家具としての美しさと機能性を追求する一方、素材や工程を工夫、価格を抑えることに知恵を絞る。海外での販売も計画、「デザイン力」で世界に打って出る。
[日経MJ 12/05/16]
◇家具ブランド「COMMOC」 HP
http://commoc.jp/
◇新しい家具ブランド「COMMOC」が始動/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/interior/rid_E1322800434005/
◇スタジオアナグラム HP
http://studioanagram.com/
◇橘昭仁氏(Twitter)
http://twitter.com/#!/studioanagram
◇建築家・芦沢啓治氏 HP
http://www.keijidesign.com/
◇「デザインタイド トーキョー2012」 HP
https://designtide.jp/pc/

◆クレスコ「セキュアダイブ ワンタイムパスワード」
自身の思い出の写真やイラストを使って本人と判断する認証システム「セキュアダイブ ワンタイムパスワード」。従来のように単なる文字列のIDやパスワードではなく、本人だけしか知らない「記憶」を利用して社内ネットワークへログインできるようにした。社員が持つパソコンやスマートフォンなどからアクセスできる。
[日経MJ/この1台 12/05/16]
◇クレスコ HP
http://www.cresco.co.jp/
◇セキュアダイブ について/ものづくりチャンネル
http://mono-ch.nikkan.co.jp/m/enterprise/2012/04/post-477.html
◇セキュアダイブ ワンタイムパスワード
http://mneme.blog.eonet.jp/default/files/MnemonicSecureDive.pdf

◆「ミュージアム」をイメージ、伊勢丹新宿本店、来春に改装完了
ファッションをアートと捉え、新しい情報を発信する「ミュージアム」をイメージ。各階でエスカレーターの周りに美術館や博物館のホールのような空間を作るほか、独自の編集企画を強化する。
[日経MJ 12/05/18]
◇伊勢丹新宿本店が再開発概要
http://www.imhds.co.jp/ir/pdf/news_release/hd/2012/120510_news02.pdf
◇伊勢丹 HP
http://www.isetan.co.jp/

◆変革期の観光ビジネス SNS活用、客と「対話」を
日本では公開の場で顧客との対話を実践する企業がまだ少ない。しかし欧米では顧客との結び付きを強める企業が増加の一途をたどり、専門部署を設けて人員を増やす動きが広がっている。インターネットを生かして顧客の声を傾聴し、一方通行だったコミュニケーションを対話型に変える。日本でもそんな企業が顧客から選ばれるのではないだろうか。
[日経MJ/成長への道しるべ 12/05/21]
◇JTB総合研究所(旧ツーリズム・マーケティング研究所)HP
http://www.tourism.jp/
◇KIMオランダ航空「KIMミート&シート」 HP
www.klm.com/travel/jp_ja/prepare_for_travel/on_board/Your_seat_on_board/meet_and_seat.htm
◇米国の宿泊サイト「AirB&B」 HP
http://www.airbnb.com/
◇予約検索サービス「Google Flights Search」
http://www.lifehacker.jp/2011/10/111017googleflightsearch.html
◇Starwood Hotels & Resorts (Twitter)
http://twitter.com/#!/StarwoodBuzz

◆会話弾ませるキッチン創る、伊で世界最大級の見本市
リビング空間との一体感演出や、家族の会話が弾むような表現――。イタリアで4月に開かれた世界最大級のキッチン関連見本市「ユーロクチーナ2012」では、キッチンを住空間の中心に据えるデザイン上の工夫が目立った。使い勝手はもちろんのこと、人が集いやすいキッチンデザインが世界の潮流になりつつある。
[日経MJ 12/05/23]
◇「ミラノ・ユーロクッチーナ2012」 HP
http://www.cosmit.it/it/eurocucina
◇ミラノ・ユーロクッチーナ2012視察報告Vol.3//AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/393471/
◇ミラノ・ユーロクッチーナにみる最新キッチン動向/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/392981/
◇伊・スナイデロ社 HP
http://www.snaidero.it/
◇伊・スカボリーニ社 HP
http://www.scavolini.com/
◇伊・モルテーニ・アンド・シー社 HP
http://www.molteni.it/
◇伊・ヴァルクチーナ社 HP
http://www.valcucine.com/
◇伊・ダダ社取扱う「北沢産業」
http://www.kitazawasangyo.co.jp/dada/
◇ポーゲンポールジャパン HP
http://www.tokyo.poggenpohl.com/seite/

◆「日経デザイン」第1回スマートデザイン大賞、パナソニック大賞に
日経BP社発行の「日経デザイン」編集部は、日常生活と災害など非常時の双方で役立つデザインを備えた商品および、そのPR活動などを表彰する「スマートデザイン大賞」を創設した。第1回大賞にはパナソニックの「いつもの便利×もしもの備え」シリーズを選んだ。
[日経MJ 12/05/23]
◇日経BP社「第1回スマートデザイン大賞」
http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/newsrelease/newsrelease20120523.shtml
◇パナソニック「いつもの便利×もしもの備え」 HP
http://panasonic.jp/anshin/
◇パナソニック「いつもの便利×もしもの備え」(You Tube)
http://www.youtube.com/watch?v=5lXyjxJlb4g
◇ハウス食品「温めずにおいしいカレー」 HP
http://housefoods.jp/products/catalog/cat_1,1060,1020,1920.html
◇良品計画「くらしの備え。いつものもしも。」 HP
http://www.muji.net/store/campaign/detail/C11081901
◇デザイナー・太刀川英輔氏主宰「NOSIGNER」 HP
http://www.nosigner.com/
◇第一建設・GK設計「QS72」応援プロジェクト
http://wawa.or.jp/project/support/000180.html
◇コアラのマーチビスケット保存缶
http://gigazine.net/news/20120227-koalanomarch-hozoncan/

◆都会の「屋上農園」続々誕生 世代を超えた交流も
都心部で、屋上を利用した貸農園が続々と誕生している。ヒートアイランド現象の防止と地産地消の一挙両得の屋上菜園。一部では農具の貸し出しや指導だけでなく、水やりなどのサービスも提供。手軽に農業を楽しめると好評で、世代を超えた新たな都会の余暇の過ごし方として定着しそうだ。
[産経新聞 12/05/24]
◇ダイバーシティ東京プラザ「都会の農園」 HP
http://www.city-farm.jp/
◇東急宮前 平SP「まちなか菜園」 HP
http://www.machinaka-saien.jp/farm/miyamaedaira/
◇六本木ヒルズ農園の取組
http://www.roppongihills.com/green/rooftop_garden/use/
◇六本木MERRY農園2012 田植え
http://www.merryproject.com/information/2012/565/

◆仏スーパー、「有機」に力、生鮮・繊維製品等、専門業態やサイト
フランスの小売り大手が競ってオーガニック(有機栽培)製品の販売に力を入れている。ここ10年でフランスではビオ(有機栽培)と呼ばれる生鮮野菜や有機栽培原料を使った化粧品などの消費が4倍に増えた。高まる健康志向から、オーシャンやモノプリ、カルフールといったスーパー各社がビオ関連の事業を拡大している。
[日経MJ 12/05/25]
◇フランス、トゥールーズ、オーガニック事情(Blog)
http://www.euofa.jp/journal/2012/02/post-527.php
◇フランス、スーパーとオーガニック製品の関係(Blog)
http://www.euofa.jp/journal/2012/02/post-528.php
◇フランスBIOベジ生活(Blog)
http://ameblo.jp/jvan/entry-11179013347.html
◇仏スーパー「NATURALIA」 HP
http://www.naturalia.fr/
◇協同組合「ビオコープ」 HP
http://www.universbio.fr/
◇協同組合「ビオコープ」について(Blog)
http://blog.goo.ne.jp/alsacez-vous/e/e3f8848e26eb46c67964dba7ab34cee1

◆機能性重視の「サプリ食」 近未来の食生活着々と
粗食の時代から飽食の時代へ。一方で近年のエコロジーブームから昔の食生活を見直す動きもあり、粗食と飽食、そしてサプリ食が共存するのが今、という見方もできる。
逆ピラミッド型の人口構成や格差社会……。将来の日本像を思えば、三者のうちでサプリ食がシェアを拡大していく可能性は決して低くない。
[日経MJ/日経おとなのOFF森田聡子編集長のオトナ行動学 12/05/25]
◇丸の内タニタ食堂 HP
http://www.tanita.co.jp/company/shokudo/index.php
◇小樽フィッシャーマンズキッチン HP
http://www.ofk-jp.com/
◇日本ローカボ食研究会 HP
http://low-carbo-diet.com/
◇富士経済、健康食品とサプリメントの市場調査
http://www.mylifenote.net/008/120128.html

◆SNS使い商品開発 三越伊勢丹、東急百貨店
三越伊勢丹はプライベートブランド(PB=自主企画)商品の開発に活用、東急百貨店は品ぞろえやサービス改善に生かす。小売業のSNS活用はコンビニエンスストア各社が先行。顧客の高齢化が進む百貨店業界では、若年層との新たな関係作りの手段としてもSNSが注目を集めそうだ。
[日経MJ 12/05/28]
◇伊勢丹「オンリー・エムアイ」 HP
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/shopping/seasongift/only_mi/index.jsp 
◇セブン&アイ「プレミアムライフ向上委員会」 HP
https://tsukurou.7premium.jp/
◇イオン「トップバリュ」 HP
http://www.topvalu.net/ 
◇そごう・西武、三越伊勢丹、通販サイト一本化
http://www.shopbiz.jp/rt/news/111941.html
◇ネット通販戦国時代 ヤマダやセブン&アイも苦戦
http://www.shopbiz.jp/rt/news/110773.html

◆東急プラザ表参道原宿、街に調和、憩いの森、テナント、個性派揃い
都内の明治通りと表参道が交差する神宮前交差点で、東急不動産が4月に「東急プラザ表参道原宿」を開業した。「ここでしか」「ここだから」をテーマに、日米ブランドの旗艦店や新業態店など27店を誘致した。屋上に当たる6~7階には50種類以上の野草を配した広場「おもはらの森」を配置。路面店が軒を連ねる原宿や表参道の街並みに溶け込みながら、地域に新たな魅力を与えようとしている。
[日経MJ 12/05/28]
◇東急プラザ表参道原宿 HP
http://omohara.tokyu-plaza.com/
◇東急プラザ表参道原宿、全ショップガイド
http://30min.jp/guide/201
◇東急プラザ表参道原宿レポート
http://news.mynavi.jp/articles/2012/04/18/omohara/index.html
◇東急プラザ表参道原宿「おもはらの森」(Blog)
http://news.walkerplus.com/2012/0416/18/
◇「トーキョーズトーキョー」紹介/シブヤ経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/8445/
◇「ユーモア・ショップ バイ エイ・ネット」 HP
http://www.hmr.jp/
◇「ユーモア・ショップ バイ エイ・ネット」 について(Blog)
http://www.omote-sando.info/?p=8815
◇「アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ」 HP
http://www.eagleretailing.co.jp/
◇「ザ・シェルタートーキョー」 HP
http://www.theshelttertokyo.com/

◆これは動画じゃない、革命的なもの ドワンゴ会長が語る
サービス開始から6年目を迎えた「ニコニコ動画」。当初は一般ユーザーの動画投稿サイトだったが、自社制作番組を配信したり、オープン化された記者会見などを生中継、ユーザーを集めたイベントも開くなどメディアとして独自の存在感を発揮している。会員は4月末で2725万人で、平成22年には動画部門の黒字化も果たした。提供するドワンゴの川上量生(のぶお)会長(43)に、その歴史とビジョンについて語ってもらった。
[産経新聞 12/05/29]
◇原宿「ニコニコ動画」
http://www.nicovideo.jp/
◇ドワンゴ会長が語る(下)いかに人間くさく楽しくやるか
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120605/its12060507590000-n1.htm

◆イケア、太陽光発電を売電、福岡の店舗「全量買い取り」活用
他店導入も視野
イケア・ジャパンは今秋、福岡県内の店舗に太陽光発電装置を設け、発電した電気を電力会社に販売する。ヤマダ電機やローソンなども店舗への太陽光発電装置の設置を進める方針。
[日経MJ 12/05/30]
◇IKEAなど太陽光発電設置
http://www.taiyoukouhatsuden1.jp/solar_company/ikea.html
◇IKEA福岡新宮店について(Blog)
http://horiuchidenki.blogspot.jp/2012/04/ikea.html#!/2012/04/ikea.html
◇IKEA、世界レベルの再生エネ構築
http://blog.goo.ne.jp/thinklive/e/6c39d039df51cbb36496fb8b69f12579

◆図書館振興財団、蔵書の郷土史復刻支援、出版社選び助成
図書館が所有する郷土史関連資料などをデジタル化し、復刻出版物の書店などでの販売を後押しする。今秋から調査研究を始め、来秋をメドに提言する。古くなった辞書や百科事典などの資料の入れ替え促進も検討していく。蔵書の充実策が地域の書店や地場の出版社の活性化にもつながりそうだ。
[日経MJ 12/06/01]
◇公益財団法人図書館振興財団 HP
http://www.toshokan.or.jp/

◆トヨタ86、長寿へ全開
トヨタ自動車が4月、13年ぶりに投入したスポーツ車「86(ハチロク)」。もともと顧客層の薄い市場で長きにわたりブランド価値を保ち、稼ぎ続けるため販促戦略の核に据えたのが、近年では異例の大規模な異業種コラボレーションだ。生活関連の12社と連携、クルマに関心がない消費者も対象に86ブランドの包囲網を広げ、長期的にファンを育てるシナリオを描く。国内消費財で成功例の少ない大型コラボに新境地を開けるか。
[日経MJ 12/06/06]
◇TOYOTA「AREA86」 HP
http://toyota.jp/86/area86/
◇CITIZEN×TOYOTA 86 コラボ
http://www.citizen.co.jp/release/12/120424ct.html
◇ 999.9 (フォーナインズ)×TOYOTA86 コラボ
http://blog.goo.ne.jp/inspiral/e/decc130350087db6b8117d39278920a8
◇エドウイン×TOYOTA86 コラボ
http://www.edwin.co.jp/newitem/86/
◇SPINGLE MOVE×TOYOTA86 コラボ
http://www.koyanagi-gallery.com/SHOP/SPM551BL.html

◆ぬくもり素材、織りなす魅力、国産帆布使い日用品 丈夫で鮮やか
可能性広げる
鍋敷き、鍋つかみ、スリッパ。こうした日用品を帆布で提案するブランド「JoBu」(ジョーブ)。岡山県倉敷市の帆布メーカーを母体にするバイストン(岡山県倉敷市)がプロダクトデザイナーと二人三脚で生み出した。国内で流通する帆布の9割以上が中国製という逆風下、国産メーカーの意地が帆布の新たな可能性を紡ぎ出す。
[日経MJ 12/06/06]
◇倉敷帆布「バイストン」 HP
http://www.baistone.net/
◇倉敷帆布「バイストン」(Facebook)
http://www.facebook.com/JoBu.hanpu
◇デザインスタジオ「ドリルデザイン」 HP
http://www.drill-design.com/
◇インテリア雑貨店「スパイラルマーケット」 HP
http://www.spiral.co.jp/f_guide/market/

◆セブン&アイ、地域産品、ネット通販拡充 商談会回数1.5倍
地域産品の品ぞろえを強化する。地方の食品メーカーなどを招いた商談会を2013年2月期は全国で30回程度と前期の1.5倍に増やす。まずインターネット通販の品ぞろえを充実し、楽天など専業大手に対抗。好調であれば総合スーパーのイトーヨーカ堂などグループ店舗でも取り扱う。取引先として手薄だった地方の中小事業者を掘り起こす。
[日経MJ 12/06/08]
◇セブンイレブンネットショッピング HP
http://www.7netshopping.jp/all/
◇セブンイレブンネットショッピング(Facebook)
http://www.facebook.com/7netshopping.jp
◇セブンイレブンネットショッピングの紹介
http://www.pref.gunma.jp/contents/000160698.pdf
◇セブン&アイ、地域密着を高める
http://www.7andi.com/challenge/102_1.html
◇セブン&アイネット事業拡大に関する考察
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64366/

◆身近になる植物工場 家庭や店舗向けに小型化
屋内で人工光や培養液(液体肥料)を使って野菜を育てる「植物工場」。大規模施設によるものが多かったが、住宅メーカーや家電メーカーなどが、家庭や店舗に設置できる小型システムの開発に力を入れている。食の安心・安全への関心が高まる中、注目を集めているようだ。
[産経新聞 12/06/08]
◇家庭や店舗向け植物工場
http://www.j-greenfarm.co.jp/
◇植物工場より手軽に/ワールドビジネスサテライト
http://wbslog.seesaa.net/article/262521015.html
◇植物工場「agri-cube(アグリキューブ)」/大和ハウス
http://www.daiwahouse.co.jp/release/20120321110106.html

◆子供用包丁・秘密基地作り指南本・たき火、ちょっとキケンで逞しく
危機回避の能力養う
我が子は危ない目に遭わせたくない、と思うのが親心。ところが最近、ちょっとした危険は承知で、あえて刃物などの道具を買い与えて使わせたり、ケガと隣り合わせの屋外遊びをさせたりする子育て法に関心が集まっている。
[日経MJ 12/06/10]
◇『子どもが体験するべき50の危険なこと』
http://jp.makezine.com/blog/2011/05/50_dangerous_things.html
◇『子どもが体験するべき50の危険なこと』について(Blog)
http://nojirigakuso.org/kodomotocamp/2011/12/06/kodomo_camp_book_1/.html
◇『秘密基地の作り方』
http://www.asukashinsha.co.jp/book/b101494.html
◇危険学プロジェクト HP
http://www.kikengaku.com/public/

◆未婚ミドル「独りで満足」
40~50代男性に占める未婚者がほぼ5人に1人の割合に達した。その生活スタイルをうかがうとかつての「独身貴族」の面影はない。消費の関心は限定され、独りでの行動に満足する傾向も見られる。企業には取り組みにくい相手だが、その規模は無視できない。
・知識・教養に出費、インドア志向
・健康には関心、「備え」ようやく
・食もお酒も外が中心
・2010年の生涯未婚率、5年で4ポイント増女性の倍に
[日経MJ 12/06/10] 
◇東京国際ミネラルフェア HP
http://tima.co.jp/
◇パートナーエージェント HP
http://www.p-a.jp/
◇パートナーエージェントに体験入会/マイナビ
http://news.mynavi.jp/articles/2011/11/18/konkatsu/
◇「ウチメシ派」に便利な調理器具/nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120510/308310/?ST=life&P=2
◇景気回復の救世主は男性限定とシングル男子/ウェークアップ
http://www.ytv.co.jp/wakeup/sp/n11081119_main.html
◇「イマドキ独身女子の結婚観と恋愛の実態/電通
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2010/pdf/2010103-1102.pdf
◇35歳過ぎると結婚はほぼ不可能/J CAST
http://www.j-cast.com/2011/12/30117585.html?p=all

◆廃材から雑貨作り 環境保護をビジネスに
英字の古新聞で作った手提げバッグ、学校の椅子の背板を利用したハンガー、車のシートベルトで作った蝶ネクタイ……。これまで廃棄処分されていた物を異なる視点から見直し、新しい製品に生まれ変わらせている団体がある。特定非営利活動法人(NPO法人)のニューズド・プロジェクトだ。
[日経MJ/日経エコロジー谷口徹也編集長の環境マーケティング 12/06/10]
◇ニューズド・プロジェクト HP
http://newsed.jp/
◇産業廃棄物を有効利用「ゴミコン」 HP
http://gomicon.jp/
◇2011年第一回ゴミコンレポート
http://gomicon.jp/passed_1st/
◇2011年第一回ゴミコン について(Blog)
http://www.earth-garden.jp/magazine/16516/

◆増上寺で「100万人のキャンドルナイト」復興応援屋台、ステージ等
10回目となる今年も、昨年「大好評だった」という被災地支援の屋台をプロデュース。復興を応援したいという思いを持った生産者が「自慢食材」を持って集結するほか、「キャンドルナイトカフェ」ではキャンドル作りなどのワークショップなど、参加型の企画も用意する。ブースの売り上げの一部を義捐金として、大地を守る会の被災生産者など、東北の復興支援に充てる。
[六本木経済新聞 12/06/12]
◇「100万人のキャンドルナイト」 HP
http://www.candle-night.org/jp/
◇大地を守る会 HP
http://www.daichi.or.jp/
◇100万人のキャンドルナイト@増上寺
http://www.daichi.or.jp/info/press/2012/05/100-2.html

◆お酒の知識伝授、需要も育てたい
日本酒・ビールメーカーや居酒屋チェーンが、アルコールに関連した知識を媒介に、消費者の飲酒に対する関心を高めようとする動きを強めている。文化や飲み方、マナーといった切り口から日本酒やビールを見直す「酒育」という概念を掲げる。知識欲を刺激するのは若者や飲酒量が少ない層にも興味を持ってもらいたいからだ。
[日経MJ 12/06/13]
◇日本酒イベント情報「日本酒カレンダー」 HP
http://nihonshucalendar.com/
◇日本ビール文化研究会の設立について
http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000020314/index.html
◇日本ビール検定(びあけん)HP
http://www.kentei-uketsuke.com/beer/
◇アルハラ防止のページ
http://www.ask.or.jp/ikkialhara_campaign.html
◇コロワイド「酒育セミナー」スタート
http://www.colowide.co.jp/higashi/release/datafile/20120306.pdf
◇日本酒スローフード方舟 HP
http://www.ceory.co.jp/

◆シンプルな中、ユーモア光る、「nendo」佐藤オオキ氏
自由で柔軟な発想心掛け
世界のブランドが注目する気鋭の若手デザイナー、佐藤オオキ氏(34)。店舗空間から家具、バッグにいたるまで、年間200以上のプロジェクトを、自ら率いるデザイン事務所「nendo」(ネンド、東京・目黒)のデザイナーらとこなしていく。世界を股に掛けて活躍する佐藤氏のデザインは機能性に加え、ユーモアや温かさにあふれている。
[日経MJ 12/06/13]
◇nendo HP
http://www.nendo.jp/
◇カンペール・トゥギャザーNendo
http://blog.camper.com/jp/camper%C3%97nendo-daimaru-shinsaibashi/
◇靴店「カンペール」 HP
http://www.camper.com/ja
◇伊・家具メーカー「モローゾ」 HP
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20101004/216493/
◇佐藤オオキ氏 について/ミラノサローネ視察レポート
http://www.cera.co.jp/column/blog/2340/
◇伊藤嶺花スピリチュアル対談×佐藤オオキ
http://openers.jp/culture/ito_reika/sato_oki_01.html
◇大手家具メーカーとの提携で北米市場に広がる「nendo」/JETRO
http://www.jetro.go.jp/world/n_america/lifestyle/201201_04.html
◇佐藤ナオキ氏、ブランドのためにできること/日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20101004/216493/

◆「眠れる空間」生かせ、トイレは広告メディア
トイレを広告の媒体(メディア)にする。そんな発想が企業に浸透してきた。生産性のない迷惑施設のイメージをぬぐい去り、客が必ず立ち寄る空間と前向きに捉えれば、コミュニケーションの芽が生まれる。ゲームやデジタルサイネージ(電子看板)などを駆使しながら商品を印象づける実例が続々と登場している。
[日経MJ 12/05/23]
◇SEGA「トイレッツ」 HP
http://toylets.sega.jp/
◇「トイレッツ」個人でも購入可能/engadget
http://japanese.engadget.com/2012/04/30/sega-t/
◇羽田空港女子トイレ デジタルサイネージ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0812/15/news006.html
◇渋谷ヒカリエのトイレがスゴい!
http://youpouch.com/2012/04/28/63410/
◇トイレ広告×デジタルサイネージ
http://kutsunazemi.daa.jp/newsite/activity/paper&report/businessplan/8/kimoto.pdf

| | トラックバック (0)

2012/06/16

情報クリップダイジェスト 2012/05

◆島根県出雲市 神話博、ファン作り狙う
日本最古の歴史書「古事記」の編さん1300年を記念したイベント「神話博しまね」を7月21日から11月11日まで開催する。メーン会場となる出雲大社周辺では、商店街や地元経済団体が観光客を迎え入れる準備に余念がない。神話博が終わっても県外の観光客に繰り返し島根へ足を運んでもらえるようにするため、地元を挙げて「おもてなし」の力を磨いている。
[日経MJ/湧き出す地域パワー 12/04/16]
◇古事記編纂1300年記念「神話博しまね」 HP
http://www.shinwahaku.jp/
◇「神話博しまね」Twitter
http://twitter.com/#!/shinwahaku
◇神々の国しまねスペシャルサイト
http://www.shimane-shinwa.jp/
◇SkyWare特集/TIS
http://www.tis.co.jp/column/20110624.html

◆堀木エリ子展 和紙から生まれる祈り うつろう気配 感じて
和紙で作った電気自動車や世界的チェロ奏者、ヨーヨー・マの舞台背景…。伝統的な素材(和紙)を使って革新的な作品を送り出し世界を驚かせてきた和紙デザイナー、堀木エリ子さん(50)の展覧会「堀木エリ子展-和紙から生まれる祈り-」が10日から、東京・南青山のスパイラルガーデンで開かれる。
[産経新聞 12/05/10]
◇堀木エリ子氏 HP
http://www.eriko-horiki.com/
◇堀木エリ子展 和紙から生まれる祈り HP
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2012/05/exhibition-11.html
◇堀木エリ子氏インタビュー
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no062/wise/

◆個性“形取る”自由なノート、量り売り 作業過程、まるごと見せる
ノートを客の目の前でカットし、量り売りするデザイン企画が3月、都内で開かれた。8組11人のプロダクトデザイナーのグループ「ノベラックス」が仕掛けた。日常生活を楽しくするウイットに富むデザインが彼らの持ち味。普段は共同で展示会を開く緩やかなつながりだが、初めて1つの作品に向かい合い、新たな個性が開花した。
[日経MJ 12/04/18]
◇novelax(ノベラックス) HP
http://novelax.jp/
◇novelax(ノベラックス)Twitter
http://twitter.com/#!/novelax
◇コワーキングスペース「PoRTAL」 HP
http://www.hituji.jp/portal/
◇五十嵐勝成氏 「fift」 HP
http://fift.jp/profile/
◇熊野亘氏「KIMA」 HP
http://www.watarukumano.jp/
◇中安秀夫氏作「さかさまカップ」/excite
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1286254961772.html
◇デザインユニット「noto夫妻」 HP
http://notofusai.com/
◇寺山紀彦氏「studio note」 HP
http://www.studio-note.com/
◇石橋鉄志氏、田中カオス氏「FormlessDesign」 HP
http://www.formlessdesign.com/

◆サントリー、ツイッター販促講座 飲食店向け、取引拡大も
サントリー酒類は自社のビールやウイスキーなどを取り扱う飲食店を対象に、ツイッターによる無料販促セミナーの提供を始めた。ツイッターに使う写真の撮り方のほか、曜日別、ランチ・ディナー別の効果的なつぶやき方法などの実践例が次々と紹介された。参加した居酒屋の経営者ら26人は満足した様子だった。
[日経MJ/スマホ活用最前線 12/04/20]
◇サントリー「「飲食店SNS活用支援プロジェクト」開始
http://www.suntory.co.jp/news/2012/11303.html
◇サントリー、ツイッター販促講座 について(Blog)
http://d.hatena.ne.jp/atutake/20120422/1335096471
◇アジャイルメディア・ネットワーク HP
http://agilemedia.jp/
◇豚組・中村仁氏「飲食店クチコミの再発見」
http://www.webexp.jp/feature/201201/kuchikomi01_01.html

◆フィットネスの「カーブス」、新商品配布、受託を拡大
企業から受託する新商品のサンプリング(無料配布)業務を拡大する。食品メーカーや広告会社に働き掛け、2012年は前年比5割多い80万個分の受託を目指す。中高年を中心に約43万人の会員と接している強みを生かし、収益拡大と会員の満足度向上につなげる。
[日経MJ 12/04/23]
◇女性専用フィットネス「カーブス」 HP
http://www.curves.co.jp/
◇カーブスマガン紹介記事
http://www.findstar.co.jp/news/syosai.php?s=201197
◇カーブスの高齢化社会に向けて
http://www.curves.co.jp/p20120305.pdf

◆東急ハンズ、PB拡充、家具など生活用品中心
2013年度末までに全商品に占める割合を品目数で現在の1%程度から5%、売上高で3%程度まで引き上げる。機能性などに特徴のある独自商品の品ぞろえを強化するほか、寝具など生活用品では統一感を高めてまとめ買いを誘う。既存の商品に飽き足らない消費者のニーズに応え、収益向上も狙う。
[日経MJ 12/04/23]
◇東急ハンズPB「hands+」 HP
http://www.tokyu-hands.co.jp/event/2012/02/post_9.html
◇パントン_JP HP
http://www.pantone.jp/pages/pantone/

◆次世代農業へ経営者育成学校 ニチレイなど200社
ニチレイや山崎製パン、ヤオコーなど200社以上でつくる一般社団法人「アグリフューチャージャパン」は23日、次世代の農業経営者を育成するための学校を来年4月に設立すると発表した。
[産経新聞 12/04/24]
◇アグリフューチャージャパン HP
http://www.afj.or.jp/
◇日本農業経営大学校 HP
http://jaiam.afj.or.jp/

◆壁紙で彩る、自分色の部屋、気軽な“模様替え”広がる
ユニークなデザインの壁紙や壁用シールで部屋を気軽に模様替え――。賃貸住宅に住む若い単身者や新婚夫婦らの間で、こんな試みが広がっている。部屋全体は難しくとも、壁の一部に貼るだけで室内の雰囲気は様変わり。古材を模したものから、現代アート調に至るまで、商品のデザインの幅は広がる一方だ。
[日経MJ 12/04/25]
◇渋谷に輸入壁紙専門店「ワルパ」/渋谷経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/8300/
◇壁紙の通販サイト「壁紙屋本舗」 HP
http://www.rakuten.ne.jp/gold/kabegamiyahonpo/
◇壁紙輸入「トリンガ・プロジェクツ」 HP
http://www.toringa-projects.com/
◇図案意匠デザイナー・フローレンス・ブロードハース氏 HPト
http://www.florencebroadhurst.com.au/
http://www.toringa-projects.com/index02.html
◇ファッションブランド「kate spade」 HP
http://www.katespade.jp/
◇インテリアショップ「センプレデザイン」 HP
http://www.sempre.jp/
◇輸入壁紙「テシード」 HP
http://www.tecido.co.jp/
◇壁紙・英「フロンメタル社」 HP
http://www.fromental.co.uk/

◆園芸資材のプロトリーフ、都心でファン“栽培”、小さく軽く
園芸資材を製造・販売するプロトリーフは都心部の住民を園芸ファンに育てるマーケティング戦略で、2000年の創業以来、成長を続けている。庭や広いベランダは不要で日用品のように持ち帰れるコンパクトな園芸キットに、売れる商品企画の神髄を詰め込んだ。消費者の需要の変化にもいち早く対応。新規客層を開拓し定着させる業に磨きをかける。
[日経MJ 12/04/25]
◇園芸資材「プロトリーフ」 HP
http://www.protoleaf.co.jp/
◇プロトリーフの野菜ブログ
http://yasai.blog.protoleaf.com/

◆企業系アンテナショップ 広告宣伝戦略に新たな波
都内では、有楽町や銀座、日本橋エリアに集中した道府県のアンテナショップ巡りが人気を集めている。しかし、最近勢いを感じるのは、むしろ企業系のアンテナショップのほうである。
商品力や設営のアイデアにおいては、自治体アンテナショップの上をいく企業系アンテナショップ。既にブレークの兆しも散見される。
[日経MJ/日経おとなのOFF森田聡子編集長のオトナ行動学 12/04/27]
◇丸の内「タニタ食堂」 HP
http://www.tanita.co.jp/company/shokudo/index.php
◇もつ鍋「やまや」 HP
http://www.y-shokukobo.com/
◇「アサヒラボ・ガーデン」 HP
http://www.asahigroup-holdings.com/research/labgarden/
◇「アサヒラボ・ガーデン」 について(Blog)
http://reirei0120.exblog.jp/16350686/
◇LekueCafe(ルクエカフェ)Facebook
http://ja-jp.facebook.com/LekueCafe
◇八海醸造「千年こうじや」 HP
http://www.uonuma-no-sato.jp/koujiya
◇江崎グリコ「ぐりこ・や」 HP
http://www.ezaki-glico.net/glicoya/
◇カルビー「カルビープラス」 HP
http://www.calbee.co.jp/antennashop/
◇森永製菓「キョロちゃんのおかしなおかし屋さん」 HP
http://www.morinaga.co.jp/okashiya/
◇「キョロちゃんのおかしなおかし屋さん」 について(Blog)
http://ameblo.jp/real-1122/entry-11232686248.html
◇東京おかしランド HP
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/feature/okashi_land/

◆料理教室や予約サイト “友達消費”取り込む
「複数人一緒で」可能に
20代女性の友達重視の意識は観光そのもの、買い物そのものよりも、そうした行動を媒介にして友達との人間関係を深めることを消費の主目的に押し上げた。この潮流はサービス分野で特に顕著だ。
[日経MJ/いま女子力 12/04/30]
◇勝負メイクをする相手、彼氏より女友達/YUMIURI
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20120207-OYT8T00860.htm
◇恋人といるより女友達といるほうが楽しい?/excite
http://love.woman.excite.co.jp/article/single/rid_E1317616441060/
◇「彼氏より友達。」草食女子のトモダチ愛 (Blog)
http://www.humanlab.net/beacon_eye/vol_2/japan_02.html

◆デザイン事務所「セメント」、地方の職人技、コラボで応援
斬新なアイデア商品に
技術はあるが、企画力や販路を持たない。地場産業を支える多くの作り手らが抱える悩みを解決しようと、大阪市のデザイン事務所、セメントプロデュースデザインが東奔西走している。リボンや陶器といった文具や雑貨で、作り手が思いもつかない斬新なデザインを提案。約300店舗への橋渡し役も務める。
[日経MJ 12/05/02]
◇デザイン会社「セメントプロデュースデザイン」 HP
http://www.cementdesign.com/
◇セメントの地域産業協業活動
http://www.cementdesign.com/project_nfj.html
◇プロデューサー・金谷勉氏インタビュー
http://www.shigotoba.net/learn/special/creators/details/003/
◇金沢21世紀美術館 HP
http://www.kanazawa21.jp/
◇「See OH! Ribbon(シオリボン)」/excite
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1321004624660.html
◇「See OH! Ribbon(シオリボン)」について
http://youpouch.com/2011/11/12/42030/
◇リボンメーカー「矢地繊維工業」 HP
http://www.yachi-tex.com/
◇近江の麻の残反から生まれた「asakoto」
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=2525

◆プリンスホテル、「体験型」シニア向け拡充、プラン紹介サイト
プリンスホテルは全国のリゾートホテルで体験型の宿泊プランを拡充する。野菜の植え付けやダイビングといったプランを増やし、このほど開設した専用サイトで紹介する。平日限定のプランも増やして活動的なシニアを取り込み、稼働率の向上につなげる。
[日経MJ 12/05/02] 
◇プリンスホテル「おとなの自由時間」 HP
http://www.princehotels.co.jp/otonajikan/index.html

◆家具見本市「ミラノ・サローネ」 伝統×新技術、イタリア底力
奇をてらわず温かみ演出
一針一針手縫いをしたようなステッチ、ガラスの箱を組み合わせて使うテーブル、月の光のように輝くイス――。イタリア・ミラノで4月17日から22日まで開かれた世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ」では、イタリアの大手家具メーカーが出展した最新技術と伝統技法を融合した新作がひときわ目を引いた。
無駄をそぎ落とした機能性を重視するドイツの家具。環境や自然に留意するモノづくりが人気を呼ぶ北欧のデザイン。実力派が一堂に会するミラノ・サローネにあって、今年は開催国イタリアの底力が垣間見られた。
[日経MJ 12/05/09]
◇家具見本市「ミラノ・サローネ」 HP
http://www.milanosalone.jp/
◇「ミラノ・サローネ」レポート/excite ism
http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1336120380074/
◇伊・家具ブランド「カッシーナ」 HP
http://www.cassina.com/
◇伊・家具ブランド「モルテーニ・アンド・シー」 HP
http://www.molteni.it/
◇伊・家具ブランド「モローゾ」 HP
http://www.moroso.it/
◇吉岡徳仁氏 HP
http://www.tokujin.com/
◇伊・家具ブランド「ビー・アンド・ビーイタリア」 HP
http://www.beb-italia.jp/
◇深澤直人氏運営「±0」 HP
http://www.plusminuszero.jp/
◇デザインや技術で文化を発信する日本企業
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/event/salone2012/20120419_527338.html
◇LIXIL「ミラノサローネ」に2年連続出展
http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2012/080_overseas_0509_01.html

◆節電、行動経済学に学べ スマイルマークの威力
カリフォルニアの一部の地域では、電力使用量が平均より少ない家庭にはスマイルマークが、平均よりも多い使用量の家庭には苦虫をかみ潰したような表情のマークのサインが付けられた。スマイルマークを提示された使用量の少ない家庭はさらに節電に務めるようになり、苦虫マークを提示された使用量の多い家庭も節電に務めるようになった。すべての家庭が節電の方向に動いたのである。
[日経MJ/伊藤元重のニュースな見方 12/05/09]
◇日本でも普及するか、電力の「デマンドレスポンス」/Tech on
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120213/204697/
◇カリフォルニアの電力事情
http://www.cmcbooks.co.jp/user_data/pdf/niche1112.pdf
◇節電迫られたカリフォルニア/ニュースウォッチ9(動画)
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?movie=j_nw9_20110630_1257
◇シュフモ 2012年主婦の全国節電調査 (冬季)
http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/120405004150/1.htm
◇暑さ対策における意識調査2012/小林製薬
http://www.kobayashi.co.jp/corporate/news/report/pdf/v29.pdf
◇『実践行動経済学 健康、富、幸福への聡明な選択』 について(Blog)
http://d.hatena.ne.jp/huyukiitoichi/20101129/1290962533

◆クリーン電力拡大に壁 電気小売り事業者、伸び悩む供給力
東京電力の電気料金値上げ公表を機に注目されている「特定規模電気事業者」(PPS)。大手電力会社とは別に、電気を小売りする会社だ。料金の安さだけでなく、原発に依存しない発電を理由に契約する企業や公共施設が増えている。しかし、PPSが再生可能エネルギー拡大に力を入れようとしても、それを阻む壁も多い。
◇電力小売市場の自由化について/経済産業省資源エネルギー庁
http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/genjo/seido.pdf
◇電力小売事業「エネット」 HP
http://www.ennet.co.jp/
◇新電力会社PPSポータルサイト
http://www-pps.hpmap.net/
◇PPS安価な電力の安定調達は困難/J CAST
http://www.j-cast.com/2012/03/05124137.html?p=all
◇新電力のシェア30%に伸ばすべき/SANNKEI
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120516/lcl12051622340006-n1.htm

◆シニア消費に新潮流「リタイア後はスポーツカー」
トヨタ自動車が、4月に発売した新型スポーツカー「86(ハチロク)」。トヨタの5年ぶりのスポーツカーは、「若者にもう一度、車の魅力を伝えたい」とのコンセプトで開発され、価格も、30歳前後の収入で手が届くように売れ筋モデルを200万円台に抑えた。
だが、東京トヨペットのカーテラス渋谷店(東京都渋谷区)が発売後の最初の週末に開いた試乗、商談会に詰めかけたのは、60代前後のシニア層が中心だった。
[産経新聞 12/05/02]
◇TOYOTA「86(ハチロク)」 HP
http://toyota.jp/86/
◇TOYOTA 86(ハチロク)試乗レポート
http://autoc-one.jp/toyota/86/report-1022143/
◇ファミマ「おとなコンビニ研究所」 HP
http://www.otona-conveni.jp/
◇新しい大人をつくるネットワーク「クラブ・ウィルビー」 HP
http://www.club-willbe.jp/
◇YOMIURI「新おとな総研」 HP
http://www.yomiuri.co.jp/otona/
◇団塊リタイア調査「夫婦の関係」/博報堂
http://www.h-hope.net/knowledge/hope_report/hope25/hopereport_25.pdf

◆麻布十番で「ピープル・ツリー」がファッションショー
世界フェアトレード・デーは世界フェアトレード機関(WFTO)に加盟する75カ国のフェアトレード組織などが毎5月の第2土曜に、一斉にフェアトレードをアピールする日。日本では1999年に同社と同社のサフィア・ミニー社長が代表を務めるNGO団体「グローバル・ヴィレッジ」の呼び掛けで始まり、今年で11回目。
[六本木経済新聞 12/05/08]
◇「世界フェアトレード・デー2012」 HP
http://www.wftday.org/2012/
◇フェアトレード専門ブランド「ピープル・ツリー」 HP
http://www.peopletree.co.jp/
◇環境保護と国際協力に取組む「グローバル・ヴィレッジ」 HP
http://www.globalvillage.or.jp/
◇JICA地球ひろば
http://www.jica.go.jp/hiroba/
◇露崎春女氏 HP
http://www.harumitsuyuzaki.com/
◇麻布十番イベントスペース「WAREHOUSE702」 HP
http://warehouse702.com/

◆各地の萌え米をメードらが秋葉原で育成
「秋葉原菜園」プロジェクトは、かつて青果市場の中心地だった秋葉原で、江戸野菜の新しい価値創造を図り国内の自給率促進を目指す企画の一環として秋葉原のメード店など参加の下「アキバ米」の育成や、地産地消・食料自給率アップを目的に同菜園で育てた作物を、エコをテーマにした飲み会「グリーンドリンクスアキバ」で提供するなどしてきた。
[アキバ経済新聞 12/05/09]
◇秋葉原菜園ブログ
http://blog.livedoor.jp/licolita/
◇NPO法人「リコリタ」 HP
http://licolita.org/
◇リコリタ 秋葉原菜園 2011アキバ米 収穫の儀(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=5ge4gEW1YPg

◆サテライトオフィス 地方自治体が積極誘致
東日本大震災後、危機管理の一環として、首都圏の企業が本社機能の一部を地方へ移転させる動きが進んでいる。そんな動きに注目した地方の自治体が、企業の「サテライトオフィス」を誘致。積極的に取り組んでいる徳島県では今年に入り、東京のIT関連企業などが次々とオフィスを開設、過疎化や高齢化に歯止めがかかればと期待が集まっている。
[産経新聞 12/05/10]
◇ダンクソフト「徳島サテライトオフィス・プロジェクト」
http://www.dunksoft.com/work/satelliteoffice/
◇サテライトオフィス実証実験 in 神山
http://www.in-kamiyama.jp/diary/11701/
◇とくしま集落再生プロジェクト(素案)
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2011111500134/files/soan1.pdf
◇「サテライトオフィス」じわり拡大/WebR25
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20120409-00023370-r25

◆ネット発、今どき社交場 複合カフェに集ってゲーム
映画スクリーンに感想流す 同じ趣味、リアルで一体感
カフェや映画館など、普段は1人や2人きりの時間を静かに楽しむ空間が「社交の場」として利用されるケースが増えてきた。交流サイト(SNS)などを通じて知り合った人たちが一堂に会し、一緒に遊んだり趣味を楽しんだりしている。
[日経MJ/ブームの予感 12/05/11]
◇複合カフェ「ヴァリック」 HP
http://www.valic.co.jp/
◇「クロスファイア」のイベント について(Blog)
http://yly.jugem.jp/?eid=213
◇アイビー HP
http://www.ivy-inc.co.jp/
◇シェアードテラス Facebook
http://www.facebook.com/sharedterrace
◇シェアードテラス Twitter
http://twitter.com/#!/sharedterrace

◆ジビエ活用へ協議会、JTBなど、月末に発足、農林業被害に対応
シカや野ウサギなど野生動物の食肉利用を促す「日本ジビエ振興協議会」が5月末に発足する。
野生動物による農林業被害は年々拡大しており、食肉利用の普及で被害軽減を目指し、ジビエを使った加工品の普及やホームページや研修会を通じたおいしい食べ方などの情報発信を進める方針だ。
[日経MJ 12/05/14]
◇日本ジビエ振興協議会 HP
http://www.gibier.gr.jp/
◇信州ジビエ HP
http://gibier.nagano-ken.jp/tag%E3%82%B8%E3%83%93%E3%82%A8

◆パレスホテル東京内覧会、「自然との調和」意識、17日開業
「自然との調和」を意識し、周囲の緑を楽しめるつくりとした。客室面積を広げ、スパ施設やプールを新たに設けて高級感を高めた。目的がなくても滞在してもらえる心地のいいホテルづくりを進めたい。
[日経MJ 12/05/14]
◇パレスホテル東京 HP
http://www.palacehoteltokyo.com/
◇パレスホテル東京内覧会/えるこみBlog
http://www.lcomi.ne.jp/tokyo/blog/2012/05/10/post-118.html
◇パレスホテル東京内覧会  (Blog)
http://fujimaruyuka.cocolog-nifty.com/blog/

◆男性脳と女性脳
全ての広告が男性向け、女性向けと分けられるものでもないが、男性にウケがいい、女性にウケがいい広告というのは明確にある。
脳科学をビジネスに活用する「感性マーケティング」を提唱する、黒川伊保子氏によると、女性脳は「アナログ気分」になりやすく、男性脳は「デジタル気分」になりやすいのだという。
[日経MJ/マーケティング八塩圭子ゼミ 12/05/14]
◇第18回(2012年)日経BP広告賞
http://adweb.nikkeibp.co.jp/adweb/sp/naa2012/index.html
◇黒川伊保子氏 HP
http://www.ihoko.com/
◇脳構造の違いから考える心理学マーケティング
http://www.d-fantasista.net/column1/post_5.html
◇男と女の脳の違い/脳のお勉強会
http://www.brain-studymeeting.com/dif/man_women/
◇"感性マーケティング”でビジネスを変えよう/PHP Biz
http://www.php-biz.jp/article/cat4/post_45/
◇職場での男性脳・女性脳の違いは?/nikkei WOMAN
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20120201/117375/?rt=nocnt
◇すべての男性が知っておくべき女性脳のしくみ
http://googirl.jp/lifestyle/womansbrain_1011/
◇脳科学でマーケティングは進化する/NewsWeek日本語版
http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2011/08/post-2217.php?page=2

◆ミニマムデザインで高音質を持ち運ぶ
iPodをつなぐことができ、高音質でインテリアにもなじみやすい洗練されたデザインが大人気のサウンドシステム「Geneve」シリーズ。イデアが3月下旬から取り扱いを始めた「Model XS」は、カバンに入れて簡単に持ち運びができる小さなサイズだ。
[NIKKEI DESIGN 12/05]
◇Geneveサウンドシステム「Model XS」/イデア
http://www.idea-onlineshop.jp/index.php?pg=product_detail&am=EC09992
◇Geneveサウンドシステム「Model XS」/PRON WEB Watch
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=2530

◆見れば幸せな気持ちになれるしおり広告
ウエディングドレスの形をした結婚情報誌のしおりに、ドア札の形になっているホテルのしおり。ちょっと見ただけでも、色も形も実にバラエティーに富んでいる。書店のレジ横などに置いてある無料のしおり広告だ。
[NIKKEI DESIGN 12/05]
◇つくば山房氏「東日本レジ横しおり捜索隊・日報」
http://tsukubasonbou.at.webry.info/
◇しおりの森 HP
http://www2.tokai.or.jp/kanata/
◇しおりの広場 HP
http://www.rs373.com/shiori2011/

◆ネスレアートスクールプロジェクト産学共同の形
「ネスレアートスクールプロジェクト」はネスレがあげる「オープンイノベーション」の理念に基づき、世界各国で市場の特徴や強みを生かして実施される産学共同プロジェクトだ。
[NIKKEI DESIGN 12/05]
◇ネスレ日本との産学共同プロジェクト/多摩美術大学
http://tamabi.jp/news/?p=1764

| | トラックバック (1)

2012/05/26

情報クリップ・ダイジェスト 2012/04

◆「大量」から「ニューノーマル」へ 「エコ」「絆」「余暇」がカギ
(1)日本人の価値観は震災の前後で大きく変化し、安全・安心志向、絆志向が台頭した
(2)こうした変化を映して2012年は国内でニューノーマル消費が開花しそうだ
(3)「エコ」「絆」「余暇消費(モノからコトへ)」が賢い消費のキーワード
[日経MJ/消費分析 12/03/21]
◇特集「ニューノーマル時代」/三菱総合研究所(原典)
http://www.mri.co.jp/NEWS/mreview/__icsFiles/afieldfile/2012/01/05/mr201201.pdf
◇ニューノーマル時代のマーケティング再考/三菱総合研究所
http://www.mri.co.jp/NEWS/column/SERIAL/2016/2028410_2127.html
◇消費のニューノーマル第1回/日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110602/220375/
◇消費のニューノーマル第2回/日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110603/220397/?rt=nocnt
◇消費にニューノーマルがやってきた/iZa
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/543980/
◇ニューノーマル族について(Blog)
http://blog.kuuki-yomi.com/2011/08/blog-post_05.html

◆デジタル全盛時代の“美文字”
心に届く手書きの効用
働く女性の間で今、“美文字”(美しい文字を書くこと)が静かなブームだ。
デジタル化が進むほどに高まる手書き文字の価値と、人とのつながりや絆を重視する消費者。その化学反応が、美文字ブームをますます盛り上げていきそうだ。
[日経MJ日経ウーマン佐藤珠希編集長の女性真理学 12/03/16] 
◇ニンテンドー「DS美文字トレーニング」 HP
http://www.nintendo.co.jp/ds/avmj/
◇美文字練習/nikkei WOMAN
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20111024/114627/
◇モテ女子のたしなみ!「美文字レッスン」に潜入/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/178207/
◇「手書き」が心に響く/就活3分講座(Blog)
http://ssatoblog.blog47.fc2.com/blog-entry-59.html
◇できる女の一筆テクニック
http://student.mynavi.jp/freshers/news/2010/03/07/000000.html

◆「ヤフー!ロコ」活用法 HP・ブログとリンク、顧客と交流
臨機応変にセール情報配信し集客 来店客にポイント、データ化し販促
ネットサービスと実生活の消費行動を結び付ける「OtoO(オンライン・トゥー・オフライン)」の関連ビジネスが脚光を浴びている。なかでも好調なのが、ヤフーの地域情報総合サイト「ヤフー!ロコ」。地図や電子クーポンの機能を組み合わせ、中小の飲食店や小売店もネットを使って効果的に集客・販促できるサービスだ。
[日経MJ 12/03/16]
◇地域情報総合サイト「Yahoo!ロコ」
http://loco.yahoo.co.jp/ 
◇「Yahoo!ロコ」開始初月で利用者数1,800万人/nielsen
http://www.netratings.co.jp/news_release/2011/07/Newsrelease20110726.html
◇「Yahoo!ロコ」順調の理由と不足点/CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/service/35010001/
◇全ての地点情報を「Yahoo!ロコ」載せることが目標/INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/interview/20110831_473815.html
◇最強乗換案内 Yahoo!ロコ/APP BANK
http://www.appbank.net/2012/03/27/iphone-application/388816.php

◆販促向けサポート拡充、フェイスブック副社長が会見
世界最大の交流サイト(SNS)米フェイスブックは16日、日本の月間利用者数が1000万人を突破したと発表した。また同日、同社のアジア太平洋担当副社長のエリック・ジョンソン氏が日本経済新聞の記者と単独会見し、「日本企業が販促に活用しやすくなるようサポートを充実させる」と述べた。
[日経MJ 12/03/19]
◇「fMC Tokyo 2012」レポート/WEBROCK
http://webrock.jp/?p=214
◇「fMC Tokyo 2012」レポート/SMM LAB
http://smmlab.aainc.co.jp/?p=6302
◇Facebook Marketing Solutions Japan
http://www.facebook.com/marketingjapan
◇ナビゲーションサイト「Facebook navi」
http://f-navigation.jp/

◆「やさいの学校」首都圏で攻勢、直売所・商店街に販路
関東の青果物の生産者や流通企業などで構成する「やさいの学校」グループは今春から首都圏で販路拡大に乗り出す。直売所の運営や青果店のない商店街との提携を進める。生産者と消費者が直接結び付く取り組みを強化して農家の意欲を高め、後継者難など産地の課題の解決を図りたい考え。商店街の空洞化対策にもつなげる。
[日経MJ 12/03/19]
◇やさいの学校 HP
http://www.jcc-agri.com/
◇生産者広場「直売所ドットコム」
http://www.tyokubaisyo.com/index1.html

◆ファミレス、朝食を充実 定年後の「居場所」へ シニア層取り込み
少子高齢化や景気低迷で需要の縮小に苦しむファミリーレストランが、高齢者の取り込みに躍起になっている。目玉の一つが朝食メニューの強化。各社は朝食メニューの充実を通じ、需要の底上げを図りたい考えだ。
[産経新聞 12/03/19]
◇もしもデニーズがあなたの健康サポートをしたら
http://keio-marke.com/_userdata/deni.pdf
◇シニア世代における外食に関する調査/ジー・エフ
http://www.senior-promo.com/wordpress/wp-content/uploads/2010/06/senior_food.pdf

◆米国発、ネット版スクラップ帳 ピンタレストで趣味も仕事も
世界と共有、著作権保護に課題
お気に入りの画像や動画を集めて、他のユーザーと共有する新たなSNSが広がっている。その代表格が「ピンタレスト(Pinterest)」。好きなインテリアやあこがれのファッションを雑誌から切り取って張り付けるスクラップ帳のインターネット版。自分が見て楽しむだけでなく、集めた画像を公開し、世界中の利用者と共有できる点が新しい。
[日経MJ/ブームの予感 12/03/21]
◇Pinterest(ピンタレスト).com
http://ピンタレスト.com/
◇Pinterest(ピンタレスト)ガイド
http://pinterest-guide.com/
◇Pinterest(ピンタレスト)マーケティングの全て/SEO japan
http://www.seojapan.com/blog/pinterest-marketing-guide
◇米ピンタレストは「第2のツイッター」か
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A88889DE6E2E2E0E2E7E6E2E1E2E2E1E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E5E2E6E0E2E3E3E0E4E1E3
◇ピンタレスト女性人気で訪問者急増中
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32293
◇Pinterest(ピンタレスト)とは?
http://blog.bot.vc/2012/01/pinterest/

◆感性と技術力、魅惑の掛け算 職人・企業と障害者がコラボ
「究極の一点物」磨き上げ
アーティストに障害者、それに職人・企業。普段はあまり交わることのない3者がつながり、新しい商品を作る。そんな試みが横浜市で進められている。昨秋にはオリジナルの雑貨ブランド「スローレーベル」を発表。文字通り大量生産ではないスローなモノ作りながら、他の商品と伍していけるデザイン力を目指している。
[日経MJ 12/03/21]
◇雑貨ブランド「スローレーベル」 HP
http://www.rendezvous-project.com/slow_label/
◇横浜に手作り雑貨「スローレーベル工場」/横浜経済新聞
http://www.hamakei.com/headline/6828/
◇スローワークを体験できる期間限定工場
http://news.ameba.jp/20120322-965/
◇横浜ランデヴープロジェクト HP
http://www.rendezvous-project.com/
◇複合文化施設「SPIRAL WEB」 HP
http://www.spiral.co.jp/

◆社会貢献鍛える実力派NPO 新興国支援
企業の社会的責任(CSR)を実践するため、NPO(非営利組織)と戦略的に組む動きが広がっている。NPOは社会貢献活動を通じ、企業がとらえ切れていない市場ニーズに精通していることが少なくない。人材育成や商品開発などで実力を備えたNPOに頼りつつ、社会問題の解決と市場創造の両方を追い求めるスタンスが、CRSの新潮流になりつつある。
[日経MJ/CSR新時代 12/03/23]
◇パナソニック イノベーション ボランティア
http://panasonic.co.jp/citizenship/pnsf/probono/
◇新興国、留職プログラムの「クロスフィールズ」 HP
http://crossfields.jp/
◇Mckinsey&Company HP
http://www.mckinsey.co.jp/
◇フォレストック協会 HP
http://www.forestock.or.jp/
◇東急不×フォレストック協会「緑をつなぐ」プロジェクト
http://www.forestock.or.jp/program/tokyuland/
◇キャリア学習の学校訪問授業 NPO法人「KATARIBA」 HP
http://www.katariba.net/
◇ベネッセグループのCSR
http://www.benesse-hd.co.jp/ja/csr/

◆東京都、都内農家、シェフに紹介、日帰りツアーや試食会
東京都は都心の飲食店などに販路を広げたい都内の農家を支援する。2012年度から飲食店のシェフ向けに多摩地域などの農家を巡る日帰りツアー、試食会を定期的に開く。
[日経MJ 12/03/26]
◇丸の内シェフズクラブ HP
http://shokumaru.jp/chefsclub/

◆コジマがリフォーム商品、LIXILと、パッケージで低価格
家電量販店大手のコジマは4月、住生活グループのLIXILと組んで、パッケージ型の住宅リフォーム商品を売り出す。パッケージ型の新商品は「iTIME(アイタイム)」の名称で展開する。
[日経MJ 12/03/26]
◇コジマ 常設展示場「iTIME」オープン
http://www.kojima.net/shop/e-reform/itime/
◇LIXIL ONLINE SHOP
http://www.lixil-online.com/

◆単行本不振、小説、いきなり「文庫」が主戦場
出版不況下で文芸書の単行本の売れ行きが伸び悩む中、出版各社が文庫の充実に力を入れている。既刊作品が文庫化されるスピードが速まり、単行本を経ずに新作を「いきなり」投入するスタイルも広がる
[産経新聞 12/03/26]
◇広がる「いきなり文庫」/asahi
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201203140208.html
◇出版不況は深刻化する一方/J-CSST
http://www.j-cast.com/2011/07/29102943.html?p=all
◇“文庫”に活路求める出版社 /誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1203/27/news012.html
◇出版市場を席巻 ライトノベルはどこへ行くのか/週刊文春WEB
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1093
◇出版社・新聞社の倒産件数、2001年の1.5倍/誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1101/24/news093.html

◆スマホで手軽に女心コラージュ 自分流に表現、友人と共有
写真組み合わせ作品に/アプリ続々登場
スマートフォン上でコラージュを楽しむ女性が増加中だ。アプリを利用し、写真の伸縮や配置は思いのまま。マスキングテープなどの装飾も簡単だ。作る楽しみに加え、カギとなるのは「共有」。友人とのコミュニケーションツールとしても効果的と、女性たちを魅了しているようだ。
[日経MJ/ブームの予感 12/03/28]
◇写真コラージュアプリ「Pic-COLLAGE」
http://pic-collage.com/
◇写真コラージュアプリ「Photograd」
http://pgra.jp/
◇写真コラージュアプリ「collageday」
http://igfan.jp/2012/03/collageday/
◇iPad関連の総合情報サイト「App Bank」
http://www.appbank.net/
◇コーディネートソーシャルファッションサイト「iQON」
http://www.iqon.jp/
◇村上萌氏(Twitter)
http://twitter.com/#!/moemurakami_
◇アンドロイドの総合情報サイト「アンドロイダー」
http://androider.jp/

◆ヘンな雑貨でくすっと元気、遊び心満載「妄想工作所」
効率求める時代に潤い
バカバカしい、無駄、ヘンなもの。あまりプラスの意味合いになるような言葉は浮かんでこない。なのに、ひとたび見ると忘れられなくなり、なぜか欲しくなる。そんな妙な魅力の文具や雑貨を発表する「妄想工作所」。頑張っているわけでもない、ゆるい脱力系だが、くすっという笑いを誘いながら元気を引き出す不思議な力がある。
[日経MJ 12/03/28]
◇雑貨ブランド「妄想工作所」 HP
http://oppaku.shop-pro.jp/
◇雑貨ブランド「妄想工作所」(Facebook)
http://ja-jp.facebook.com/pages/%E5%A6%84%E6%83%B3%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E6%89%80/229131597138465
◇妄想工作所(旧オツハタ万博)のブログ
http://blog.mousou-kousaku.com/

◆石巻「雄勝石」で手作りアクセサリー 欧州でも好評
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市の女性グループが、手作りのアクセサリーを販売し、地元の復興活動に役立てている。材料は、津波で倒壊した家の瓦に使われていた地元産の石だ。震災1年を機に発表した新作の制作には、パリの有名インテリア店も協力。フランスやオランダ、スウェーデン、東京で発売され、反応は上々という。ささやかなアクセサリーを介した人の輪が、世界へ広がっている。
[産経新聞 12/03/29]
◇船越レディース「WA×merci」 HP
http://wa-ogatsu.jp/post/19063933602
◇船越レディース について/Suwa家「いしの巻」(Blog)
http://suwaishi.blogspot.jp/2011/11/blog-post.html
◇「WA×merci」3月発売に向けて/FIGARO(Blog)
http://column.madamefigaro.jp/culture/design/wa-merci.html
◇パリの人気店でも復興プロジェクト(Blog)
http://www.coopkyushu.net/rumico_scope/blog/?p=382
◇PARIS「merci」 HP
http://www.merci-merci.com/

◆出版デジタル機構 なお残る課題
日本の代表的な出版社が名を連ねた「出版デジタル機構」。電子書籍市場拡大に向けた“公共インフラ”の役割が期待される。
電子書籍は大量コピーが出回る恐れがあり、著作権侵害の問題も残る。作品の電子化に消極的な作家がいるのにはこうした事情もあり、技術、法的な課題解決に向けた取り組みが欠かせない。
[産経新聞 12/03/29]
◇出版デジタル機構 HP
http://www.pubridge.jp/
◇話題の「出版デジタル機構」って何?/eBookUSER
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1203/29/news066.html
◇電子出版系事業者の立場から出版デジタル機構を考える/eBookUSER
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1203/30/news020.html
◇出版デジタル機構「パブリッジ」のスキームを考える/eBookUSER
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1203/31/news010.html
◇E-Bookの2011年世界市場は32億ドル。5年で3倍!?/E Book2.0
http://www.ebook2forum.com/members/2011/12/ebooks-at-10-billion-in-2016-predicted-by-uk-research-company/

◆ブランド・ジャパン2012、アップル首位、革新性に支持、評価
「震災対応で上昇」目立つ
日経BPコンサルティングのブランドイメージ調査「ブランド・ジャパン2012」は「アップル」が消費者が選ぶ強いブランドで初めて首位に立った。ブランドイメージを「革新」「卓越」と評価する消費者が多く、多機能携帯端末「iPsd(アイパッド)」など主力3製品もトップ40に入った。「ヤマト運輸」「オリエンタルランド」など東日本大震災への対応が支持されたブランドの上昇も目立った。
[日経MJ 12/03/30]
◇日経BPコンサルティング「ブランド・ジャパン2012」
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2012/0330bj/
◇米国では全世帯の半数がアップル製品を所有/Cnet
http://japan.cnet.com/news/service/35015627/
◇「ブランド・ジャパン2012」9位のダイソー/日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120402/230473/?rt=nocnt
◇日産ゴーン氏「最強のブランドはSNSで作る」/ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120420/392321/
◇ビジネスマンの期待は変わらぬソニー/SO-MO
http://so-mo.net/?p=23729
◇インターブランド社、「ベスト・グローバルブランド2011」
http://www.alterna.co.jp/7089

◆シングル男子、自己投資動く
30代前半までの単身男性の消費が活発化の兆しを見せている。2011年の家計調査速報では、他の世帯に比べ消費支出の伸び率が突出した。費用対効果を重視する世代の彼らがお金を投じているのは、健康や見た目、交際など。オン(仕事)、オフの両面から、自分を磨くための投資に励み始めた。
[日経MJ 12/04/04] 
◇リクルート「2012年のトレンド予測を発表」
http://www.recruit.jp/news_data/old/2012/01/20120110_12579/
◇若者に急増する、綺麗男(きれお)と草食系男子との違い/excite
www.excite.co.jp/News/woman_clm/20120229/Leafhide_koikatsu_news_asWGsIa1AC.html
◇ポスト団塊Jr世代ピロジェクト「PDJラボ」
http://www.pdj-lab.jp/
◇ポスト団塊Jr世代ピロジェクト「PDJラボ」(Facebook)
http://www.facebook.com/pdjlab
◇ポスト団塊Jr考/リクルート住宅総研
http://www.jresearch.net/house/jresearch/vr/
◇ホテルニューオータニ博多、メンズプラン/じゃらん
http://www.jalan.net/yad342031/plan/plan00360337/

◆技と知恵集結、復興の礎に、宮城・石巻市の公共工房
家具・布製品…雇用も創り出す
東京・丸の内のデザイン家具ショップ「ハーマンミラーストア」。3月10日の発売以来、2週間で約200個が売れたバッグがある。東日本大震災の被災地・宮城県石巻市の公共工房でつくられた製品だ。布製ポーチや無垢(むく)の木の家具もあり、いずれも簡素なプロダクトに見えるが、デザインを軸に復興を目指す試みが背景にある。
[日経MJ 12/04/04]
◇「ハーマンミラーストア」 HP
http://hermanmiller.co.jp/storetokyo/
◇ハーマンミラーストア 東京丸の内 レポート
http://www.hermanmiller-ergokiosk-sendai.jp/2010/12/post-22.html
◇復興支援プロジェクト「石巻工房」 HP
http://ishinomaki-lab.org/
◇建築家・芦沢啓治氏 HP
www.keijidesign.com/
◇家具デザイナー・藤森泰司氏 HP
http://www.taiji-fujimori.com/
◇AXIS Gallery HP
http://www.axisinc.co.jp/gallery/
◇石巻ベンチ について(blig)
http://friction-apartment.com/ito/2012/01/post_673.php
◇石巻工房 プロダクト/ハーマンミラー(Blog)
http://www.hermanmiller-ergokiosk-sendai.jp/2012/03/ishinomaki-lab-products.html
◇六本木・オリジナル布地「NUNO」 HP
http://www.nuno.com/
◇デザインスタジオ「DRILL DESIGN」 HP
http://www.drill-design.com/
◇グラフィックデザイナー・アオイ・フーバー氏 HP
http://www.aoihuberkono.ch/
◇ミシンでお仕事プロジェクトとは?
http://wallpaper.fumbaro.org/machine

◆広がるソーシャルコマース 目的明確な「場」の提供を
(1)ミクシィとDeNAが新しいソーシャルコマースサービスを開始。
(2)グーグルプラスは情報管理のインフラという側面が強まった。
(3)「共有する場」には、匿名性と明確な目的を打ち出すことが必要。
[日経MJ/三淵啓自のECの波頭 12/04/04] 
◇mixiとDeNA ソーシャルコマース「mixiモール」
http://mmall.jp/
◇DeNA運営ECサイト「ビッダーズ」
http://www.bidders.co.jp/
◇楽天ソーシャルコマース「楽天S4」
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2011/1006_2.html
◇「google+」とは
http://google-plus.cre-os.com/
◇「google+」利用12月に55%増--米調査/Cnet
http://japan.cnet.com/news/service/35012737/
◇「グーグル・プラス」の後発メリット/Cnet
http://japan.cnet.com/news/business/35011710/

◆非接触通信「NFC」始動、かざした客の「買う、見る」追跡
ポスター通じクーポン“配布” 個人向け販促、効果的に
国際的な非接触通信規格「NFC」の実用化がスタートした。チップを搭載した機器を専用端末やタグにかざすだけで、情報の取得からクーポンやポイントの受け渡し、代金決済までこなせる。
[日経MJ/進化するMIT 12/04/06]
◇スマートポスターとは?/andronavi
http://andronavi.com/2012/04/180647
◇NFCポータルサイト
http://www.nfc-world.com/
◇NFCの威力/Tech-On!
http://techon.nikkeibp.co.jp/special_issue/NFC/
◇NFC Real Touch Shop レポート
http://www.mobile-first.jp/marketing/317/
◇東京ユビキタス計画 HP
http://www.tokyo-ubinavi.jp/
◇NFC関連商品続々/Payment なヴぃ
http://www.paymentnavi.com/paymentnews/22809.html
◇ソニーが開発した NFCの新しい未来/ガジェット速報
http://ggsoku.com/2012/02/xperia-smart-tags/

◆オールアバウト、ガイド活用スクール事業、サイト連動
総合情報サイト運営のオールアバウトは6月、スクール運営事業に参入する。主に社会人向けに趣味や教養などの有料講座を開講する。サイトで記事を執筆している専門家(ガイド)が講義を持つほか、外部の専門家も招く。
◇All About HP
http://allabout.co.jp/
◇All About プロファイル専門家活躍事例
http://profile.allabout.co.jp/special/case/

◆ニコニコ動画の会員獲得術、注目テーマ、素早く番組に
イベントでも参加意識醸成
ドワンゴが運営する動画共有サイト「ニコニコ動画」が好調だ。有料会員を獲得するのが難しいインターネットサービスで順調に成長している理由は、基礎となる無料会員の獲得のための工夫と、ヘビーユーザーを有料会員に導く仕組み作りが、うまくかみ合っているためだ。
[日経MJ 12/04/08]
◇ニコニコ動画運営「ドワンゴ」 HP
http://pc.dwango.jp/
◇原宿「ニコニコ動画」 HP
http://www.nicovideo.jp/
◇イベント「ニコニコ超会議」 HP
http://www.chokaigi.jp/

◆雑貨や装飾品、電子機器…ものづくりカフェ 皆でワイワイ、刺激的
お茶を片手に『ものづくり』を楽しめるカフェが増えている。製作対象は、雑貨、玩具、アクセサリーから、電子機器まで様々。単にお茶をして時間を過ごすより、刺激的で有意義と考える若者を中心にファンが増えている。
[日経MJ/ブームの裏側 12/04/11]
◇ものづくりカフェ「FabCafe」 HP
http://www.fabcafe.com/
◇ロフトワーク HP
http://www.loftwork.jp/
◇アクセサリー製作「ものつくりカフェFe+」 HP
http://www.fe-pl.us/
◇彫金教室「アーツアンドクラフツ」 HP
http://www.dovetokyo.com/
◇ニットカフェ「スプラウトカフェ」 HP
http://cafe.spacesprout.com/
◇日本あみぐるみ協会 HP
http://amigurumi.jp/
◇はんだづけカフェ HP
http://handazukecafe.com/
◇「FabCafe」がオープン (Blog)
http://chibahidetoshi.blogspot.jp/2012/03/fabcafe.html
◇「ものつくりカフェFe+」 について(Blog)
http://ameblo.jp/chikayoshi-naturopathy/entry-10841854611.html

◆増える単身世帯、家事難題 代行サービスに高い関心
(1)「結婚したいと思わない」24%。「一生独身でもかまわない」は35%
(2)単身生活で面倒なのは家事。荷物の受け取りの悩みも多い
(3)女性は空き巣や強盗、ストーカーなどの犯罪に強い懸念
[日経MJ/消費分析 12/04/11]
◇単身者の恋愛と結婚についての調査/誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1102/07/news043.html
◇独身女性(40~50代)を中心とした老後設計ニーズ調査
http://www.nensoken.or.jp/pastresearch/pdf/h22/H_22_05.pdf
◇単身世帯の防犯「セコム」「レオパレス」提携
http://www.leopalace21.co.jp/news/2011/0210.html
◇長谷川興産「メードサービス」 HP
http://www.maid-service.jp/
◇ベアーズ 家事代行サービス HP
http://www.happy-bears.com/service/kaji/
◇クロネコメンバーズ HP
https://cmypage.kuronekoyamato.co.jp/portal/entrance
◇オリコスリーウェイサービス HP
http://www.orico.co.jp/use/scene/3way.html
◇一人暮らし応援ナビ
http://hitorigurashi.e-lifestyle.info/

◆太陽光発電ビジネス広がる
今年7月、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が導入される。電力会社に対し、太陽光や風力、地熱などによる電力を一定期間、固定価格で買い取ることを義務づける制度である。これらの発電設備への投資を検討している企業や個人にとって採算割れとなるリスクが軽減され、普及促進の弾みになることが期待されている。
[日経MJ/日経エコロジー谷口徹也編集長の環境マーケティング 12/04/13]
◇DMM.comのソーラーパネル  HP
http://www.dmm.com/solar/
◇DMMソーラー提供開始/太陽生活ニュース
http://taiyoseikatsu.com/news/201202/tn201202-02.html
◇スマートソーラーインターナショナル HP
http://www.smartsolar.jp/
◇LIXILオンラインショップでソーラーパネル販売
http://www.lixil.co.jp/newsrelease/2011/103.htm
◇かながわソーラーバンクシステム/太陽生活ニュース
http://taiyoseikatsu.com/news/201202/tn201202-01.html
◇太陽光発電、電力買取に商機(Blig)
http://d.hatena.ne.jp/xcl_23/20120328/1332945671
◇宇宙太陽光発電は「遠くない夢」/ECO JAPAN
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20110922/108462/

◆博報堂「新しい大人文化研究所」若さ志向の「中高年」増大
(1)中高年意識が消滅し、40~60代に「何歳でも若々しく前向きでいたい」意識が拡大
(2)この意識がこの年代の「お金と時間」と掛け算になると新しく大きな消費が生まれる
(3)「新しい大人消費」が日本に「新しい大人市場」をつくりつつある
[日経MJ/消費分析 12/04/04]
◇博報堂「新しい大人文化研究所」 HP
http://www.h-hope.net/
◇「新しい大人世代」の人生のとらえ方/博報堂(原典)
http://www.h-hope.net/knowledge/hope_report/report01/report01.pdf
◇「新しい大人世代」の言われて嬉しい言葉/博報堂
http://www.h-hope.net/knowledge/hope_report/report02/report02.pdf
◇「新しい大人世代」のコミュニケーション/博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2012/04/20120416.pdf
◇蔓延する「自分は大人じゃない症候群」 /DIAMOND online
http://diamond.jp/articles/-/15579
◇50代、60代の消費の意識と行動/おとなコンビニ研究所
http://www.otona-conveni.jp/report/report04/
◇50代、60代のエンタメ・新メディア/おとなコンビニ研究所
http://www.otona-conveni.jp/report/report03/index.html

| | トラックバック (0)

2012/04/23

情報クリップ・ダイジェスト 2012/03

◆ビッグデータとマーケティング、「分析への投資」試す価値も
「Cooking Big Data~マーケティングの新しい時代へ~」
(1)「ビッグデータ」というキーワードは広告業界にも大いに関係がある。
(2)データの解析をするかしないかで、成果に大きな違いが出る。
(3)まずは取得しているデータの活用法を見直してみては。
[日経MJ/徳力基彦のECの波頭 12/03/14]
◇アジャイルメディア・ネットワーク HP
http://agilemedia.jp/
◇Web広告研究会 HP
https://www.wab.ne.jp/
◇ビッグデータとは何か/ZD Net japan
http://japan.zdnet.com/cio/sp_bigdata2011/35006642/
◇ビッグデータの分析にあたって企業が最低でも行うべき5つのこと
http://techwave.jp/archives/51701709.html
◇ビッグデータが注目される理由/IT pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20110920/368924/
◇ビッグデータをバズワードで終わらせないために/EnterpriseZine
http://enterprisezine.jp/article/detail/3773
◇ビッグデータを生かせない本当の理由/IT情報マネジメント
http://www.atmarkit.co.jp/im/cits/special/bdinterview/01/01.html

◆ビッグデータで武装せよ 楽天、表示内容、会員別に
クリック率10倍も
「ビッグデータ」が本当に売り上げを底上げするのか、懐疑的な見方は少なくない。しかしビッグデータを武器にしたマーケティングはウェブの世界を飛び出し、現実店舗でも威力を発揮し始めた。顧客の心理と行動に密着する手法が再び、脚光を浴びようとしている。
データを活用すれば必ずめざましい成果が得られるというわけではない。しかし、有用かどうかを議論している余裕はない。役に立てる戦術を考え、まず「小さく始めて、分析の実績を積み上げていく」方が建設的だ。
[日経MJ/進化するMIT 12/02/24]
◇楽天が挑むビッグデータの分析・活用とは/リクナビ
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=002049
◇「クラウド」に代わり大ブームの「ビッグデータ」/nikkeiBPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/article/tk/20111024/288327/?rt=nocnt
◇楽天とヤフー、ビッグデータについて(Blog)
http://hatakama.cocolog-nifty.com/strategicit/2012/03/2012-e589.html
◇ビッグデータは日本企業の競争力をどう変えるか/ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120314/386294/
◇ビッグデータ分析により個人化最適化するBloomReachはEC/SEMの未来形
http://jp.techcrunch.com/archives/20120222bloomreach/
◇ビッグデータとプライバシーについて/IT弁理士日記
http://www.techvisor.jp/blog/archives/2238
◇IT各社がビッグデータ専任部隊 /ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120302/384242/

◆目指せ 神話ボーイ&ガール
各地の神社に友達同士やカップルで参拝する、神話好きの「神話ガール」「神話ボーイ」が増えている。昨今のパワースポット人気によって御利益にあやかろうとお参りするうちに、神社に祭られている祭神に興味を持ち、神話について学ぶようになった若者たちだ。
[産経新聞 12/02/17]
◇西川りゅうじん氏  HP
http://www.raison.co.jp/
◇日本神話の御殿 HP
http://j-myth.info/
◇伊勢神宮「式年遷宮」 HP
http://www.sengu.info/
◇古事記の世界
http://homepage1.nifty.com/Nanairo-7756/
◇古事記ガールの“歩く奈良旅”に最適 「神話めぐり~古事記」
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0313/prt_120313_3455504989.html
◇“古事記ガール”増殖!/NIKKEI TRENDY
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20120126/1039489/?rt=nocnt

◆日本の365日、世界に広げる 暮らしの道具、パリで展示即売会
手のぬくもりも伝える
「日本の暮らしの道具を世界に!」をテーマにしたプロジェクト「365日(サン・ロク・ゴ)」が立ち上がった。第1弾は1月20日から25日までパリで展示即売会を開催。日本の伝統工芸を生かした手作り品から量産の工業製品まで、日本の生活用品を世界の人々に使ってもらうのが狙い。海外で広がる日本ブームが追い風になるか。
[日経MJ 12/02/22]
◇プロジェクト「365日(サン・ロク・ゴ )」HP
http://365.jagda.org/jp/
◇会津漆器「遠藤正商店」 HP
http://www.aizu1.com/endou/
◇伊藤忠ファッションシステム HP
http://www.ifs.co.jp/
◇グラフィックデザイナー・服部一成氏インタビュー
http://public-image.org/interview/2007/08/20/kazunari-hattori.html
◇カメラマン・梶山アマゾン氏 HP
http://mountains.jp/amazon/
◇高橋理子氏 HP
http://takahashihiroko.com/
◇カナッコインターナショナル HP
http://www.kana-co.com/
◇「365日 Chariming Everyday Things」パリ リポート
http://openers.jp/interior_exterior/news/365things_120126.html

◆NTTデータ、SNSの評判分析、消費者の声、見える化
企業や商品のイメージ形成には、テレビや雑誌の広告に加えて、個人がSNSなどで発信する情報も影響するようになった。こうしたインターネット上にあふれる消費者の「生の声」を収集・解析するNTTデータのサービスが注目を集めている。昨年4月から提供を始めた「なずきのおと」だ。
[日経MJ/進化するMIT担い手たち 12/02/17]
◇高性能日本語解説エンジン「なずきのおと」 HP
http://www.nttdata-nazuki.jp/
◇なずきのおと「盛り上がり速報サービス」開始
http://www.nttdata.co.jp/release/2012/020100.html

◆情報の未来 個人変える「手のひらのPC」
インターネットのIP電話を使い、アプリを持つ携帯同士を無作為に選んで無料でつなげる。斉藤さんという名称は「誰でもない誰か」の象徴であり、開発会社の南雲玲生社長(38)は「高橋さん」と最後まで迷ったという。出会い系サイトではないかと批判される中、10、20代を中心に利用者は100万人を超えた。
[産経新聞 12/02/17]
◇アプリ「斉藤さん」 について/NAVER
http://matome.naver.jp/odai/2131492821495812701
◇Appleも困惑した謎アプリ「斉藤さん」/YAHOO! 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120301-00000007-it_nlab-sci

◆社会貢献マネー動く 出資、SVP、事業成長性と両にらみ
CSR(企業の社会的責任)が事業性を強めると、資金面の裏付けが必要となる。事業規模の拡大に伴って、一般からの寄付や企業の余剰資金だけでは持続性を確保するのが難しくなるからだ。出資や投資、融資を通じてCSRに関わる例が出てきた。社会貢献の分野での高い利回りと、社会に無形の利益をもたらすソーシャルリターンを求めて、「CSRマネー」が動き始めた。
[日経MJ/CSR新時代 12/02/22]
◇ワンコイン健診の「ケアプロ」CSRの取組み
http://carepro.co.jp/press20110303.pdf
◇ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京 HP
http://www.sv-tokyo.org/
◇ミュージックセキュリティーズ HP
http://www.musicsecurities.com/
◇菱屋酒造ファンド HP
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=195
◇菱屋酒造ファンド について(Blog)
http://kenkokoza.hamazo.tv/e3207479.html
◇多摩信用金庫 価値創造の取組み
http://www.tamashin.biz/recruit/value/
◇多摩信用金庫コミュニティービジネス支援で誕生「しゅんかしゅんか」
http://www.emalico.com/shunka/
◇社会起業家.jp
http://www.shakaikigyoka.jp/shijokibo.html

◆Uアローズ家具販売、野村不のマンション購入者向、「見せる収納」
野村不が販売する住宅の購入者にオプションとして販売する。同社は中期事業戦略で、新たな販路の開拓やビジネスモデルの開発を掲げている。今回の取り組みもその一環。
[日経MJ 12/02/22]
◇プラウド ウィズ ユナイテッドアローズ HP
http://www.proud-web.jp/proud-with-unitedarrows/
◇プラウドクラブ事務長のブログ
http://www.proudclub-blog.com/2012/02/with.html

◆ソーシャルメディアの購買効果、クーポンに支持、ユニクロ1位
日経BP社発行の「日経デジタルマーケティング」は企業・ブランドがソーシャルメディアによって引き出した購買効果の調査結果をまとめた。総合1位の「ユニクロ」は店内でフェイスブックにチェックインすると当たるクーポンなどが消費者の支持を集めた。成功のキーワードは「キャンペーン」(ツイートなどの)「口コミ」「好感・共感」と分析している。
[日経MJ 12/02/22]
◇日経デジタルマーケティング HP
http://www.nikkeibpm.co.jp/publication/mag/cs/nmg/index.shtml
◇Facebooは購買効果あり!/GaiaxSocialMediaLab
http://gaiax-socialmedialab.jp/facebook/081
◇Facebooページファンになってからの調査/GaiaxSocialMediaLab
http://gaiax-socialmedialab.jp/press/001
◇インターネット経済調査報告書/未来創発
http://www.internet-keizai.jp/pdf/Economic_impact_of_the_Internet_jp.pdf
◇メルマガ、ソーシャルメディアの利用比較調査/IMJモバイル
http://www.imjmobile.co.jp/news/file/pdf/report/imjm20120126.pdf

◆JTBの団塊・シニア攻略術 募集人員絞り、企画にこだわり
企画・販売・添乗、同じスタッフが担当 ネット・案内本にない生の情報提供
経済的・時間的に余裕のある世代として旅行各社は熱い視線を送るが、顧客一人ひとりのニーズは千差万別だ。団塊・シニア世代を攻略するポイントは何か。JTB子会社で添乗員同行の海外パック旅行を手掛けるJTBグランドツアー&サービスのマーケティング戦略からヒントを探った。
[日経MJ 12/02/24]
◇JTBグランドツアー HP
http://www.jtb-grandtours.jp/
◇アクティブシニア向け情報誌「旅響」創刊/JTB
http://www.jtbcorp.jp/scripts_hd/image_view.asp?menu=news&id=00049&news_no=301
◇シニアマーケットの期待と幻想/東京流通研究所
http://e-gra.jp/aboutus/pdf/trk_tif01_20111015.pdf
◇贅沢旅行、団塊シニアで賑う/日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100125/212408/?rt=nocnt
◇2011年の海外旅行動向/TravelVision
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=47307
◇退職したシニア男性は引篭もり傾向/村田裕之のブログ
http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/570/
◇アクティブシニアの外食ライフスタイル調査/ぐるなび
http://www.gnavi.co.jp/company/release/2010/100401_01.html

◆バルス社長高島郁夫さん 世界に照準、第2の創業
等身大に価値を吹き込む
ファッション雑貨店「フランフラン」を運営するバルス。昨年秋、MBO(経営陣が参加する買収)で非上場の道を選んだ。MBOで手に入れようとするモノは何か。高島郁夫社長にその狙いと新たな成長戦略の青写真を語ってもらった。
MBO背景として、海外事業への軸足シフトがある。海外売上高はまだ15億円程度で、今後中国などアジアへの積極出店で大きく伸ばす予定だ。
[日経MJ/トップの戦略 12/02/27]
◇ファッション雑貨店「Francfranc」 HP
http://www.francfranc.com/
◇バルス新ライフスタイルショップ「WTW」 HP
http://www.wtwstyle.com/
◇バルス新ライフスタイルショップ「WTW」(Facebookページ)
http://www.facebook.com/wtwstyle
◇「WTW」 について(Blog)
http://iwakiri.jugem.jp/?eid=1395
◇新業態「Francfranc THE POST」
http://www.bals.co.jp/news/pdf/Francfranc_THE_POST_RELEASE.pdf
◇「Francfranc THE POST」って?
http://www.francfranc.com/jp/ffstyle/special/go/27_1/
◇バルス・髙島郁夫の仕事の居場所
http://www.nacasa.co.jp/j/column/column11.html

◆不用な布結び、別の運命宿す、輸入古着を裁断し加工
不ぞろい感がキュート
使い道のない古着や残布にファッションの息吹を吹き込む――。TAOS(タオズ、東京・渋谷)は欧米から輸入した古着を日本人向けに加工し直す、国内でも珍しい古着リメーク専門の製造工場。その同社が、古着や残布を素材として使うユニークなブランド「UCTILE FABRICS(ユー・シータイル ファブリクス)」を立ち上げた。
[日経MJ 12/02/29]
◇古着リメーク専門の製造工場「TAOS」 HP
http://www.taos.jp/
◇TAOS社長のブログ
http://taoscoltd.seesaa.net/
◇雑貨「カオリノモリ」 HP
http://www.kaorinomori.jp/

◆シニア男性、半数超が自炊 ドゥ・ハウス営業技術グループ太田猛氏
(1)半数以上のシニア男性が自分で料理を作り、朝食を作る人の約4割は毎日作っている
(2)買い物しなれている主婦を対象にした売り場は、シニア男性には分かりづらいケースも
(3)料理する際には「かかる費用」よりも「量」を意識するという基準も見えてくる
[日経MJ/消費分析 12/02/29]
◇ドゥ・ハウス運営ネットリサーチパネル「きかせて・ネット」
https://www.kikasete.net/monitor/
◇「男性シニアの食生活」に関する調査結果/ドゥ・ハウス(原典)
http://www.dohouse.co.jp/news/research/20120125/
◇男の料理教室、退職後のシニア中心に人気/sankei
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120206/ecc1202061049002-n1.htm
◇シニア消費のいろいろ/伊東友紀のブログ
http://biz365.exblog.jp/17901205/

◆渋谷・ストリートに新潮流 スナップ誌「ルビー」1月に創刊
自立したセクシー
東京・渋谷の街角から、最新のおしゃれ人種が生まれ、雑誌やブログがそれを追う。今年1月にも、新たなストリートスナップ誌が創刊された。コギャル、ロリータ、「裏原」など様々な流行を生んできた東京のストリートファッション。街を観察してきた2人の編集者に話を聞いた。
朝日新聞 12/03/01]
◇スナップ誌「ルビー」創刊
http://www.magazine-data.com/women-magazine/ruby.html
◇スナップ誌「ルビー」カメラマン投稿(YouTube)
http://www.33dreams.jp/detail/id/209/0/0/1
◇ストリートマーケティングサイト「Webアクロス」
http://www.web-across.com/
◇民俗学研究者・今和次郎(こんわじろう)氏(Wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E5%92%8C%E6%AC%A1%E9%83%8E

◆ソーシャルメディアの活用
本質見つめ直す好機に
日経デジタルマーケティングの「ソーシャル活用売上ランキング」について、ランクインした会社はもとより、圏外となった会社からも多くの問い合わせをいただいた。「ランキングに入り、上位になるポイントを教えてほしい」といったものだ。
100社(ブランドを含む)を対象にソーシャルメディア活用が購買などの消費行動を引き起こしたかどうかのランキングは、恐らくこれが初めて。それゆえ関心が寄せられたのではなかろうか。
総合1位はユニクロで、ローソン、無印良品が続いた。いずれもソーシャルメディア活用巧者として広く知られる銘柄だ。
[日経MJ/日経デジタルマーケティング杉山俊幸編集長のIT新事情 12/03/05]
◇ソーシャル活用売上ランキング/日経デジタルマーケティング(原典)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmgp/20120220/227414/ 
◇ソーシャル活用売上ランキング消費行動1位はハーゲンダッツ
http://showssyou.tumblr.com/post/18077905488/1
◇始まったSNS活用のマーケティング活動/kmonos
https://kmonos.jp/csr/2012/03/c017.html
◇サントリーのプレモルでおつかれさま/japan,internet.com
http://japan.internet.com/wmnews/20110902/1.html
◇LASH JAPAN(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/LUSHJAPAN
◇Uniqlo(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/uniqlo
◇LAWSON(Facebookページ)
http://www.facebook.com/lawson.fanpage
◇無印良品(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/muji.jp

◆「OtoO」で誘導せよ、来店ポイント、スマホ配信
「オンライン」から「オフライン」 加盟店同士で相互送客
インターネット上のつながりをきっかけに顧客を実際の店舗に誘導する「オンライン・トゥー・オフライン(OtoO)」の取り組みが広がっている。スマートフォンの普及は外出時の情報収集を容易にし、企業にとっては「今、そこにいる人」へのアプローチを可能にした。ネットと実店舗の利点を的確に使い分けるスマート(賢い)な消費スタイルが勢いを増している。
[日経MJ/eリテール特集 12/03/05]
◇本格始動するオンライン・ツー・オフライン/YUMIURI
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/kouza/kabuka2/03/20111109-OYT8T00471.htm
◇オンラインがオフライン経済を飲み込む/TechWave.jp
http://techwave.jp/archives/51676154.html
◇O2Oは新しいゴールドラッシュか/TechCrunch
http://jp.techcrunch.com/archives/20110713stealthy-prism-skylabs/
◇O2Oコマースに1兆ドルの可能性がある理由/TechCrunh
http://jp.techcrunch.com/archives/20100807why-online2offline-commerce-is-a-trillion-dollar-opportunity/
◇駅を舞台としたO2Oの実証実験実施/広報担当者PR通信
http://prnn.jp/news_EcoQF1wNE.html

◆CD超える高音質、ハイレゾ音源、ぐっと身近に 配信サイト続々
本格的なオーディオ装置で再生するためには対応した機器が必要だが、比較的手ごろな製品でも、従来のデータを圧縮した音楽配信には望めない、きめ細かい音が聴けるのが魅力。昨年の国内音楽配信売上高は2年連続の前年割れだが、高音質な楽曲をネットで買う人は増えそうだ。
[日経MJ/ブームの予感 12/03/07]
◇「ハイレゾ音源」って何だ?/アスキー.PC
http://asciidotpc.jp/news_trend/2012/01/10/post_2/
◇音楽コンテンツ「ハイレゾ音源」/ファイル・ウェブ
http://www.phileweb.com/review/column/201101/26/162.html
◇ハイレゾ通信サイト「e-onkyo.com」
http://music.e-onkyo.com/contents/hd.asp
◇ハイレゾ通信サイト「クリプトン HQM STORE」
http://www.hqm-store.com/index.php
◇ハイレゾ通信サイト「OTOTOY」
http://ototoy.jp/music/
◇ハイレゾ通信(海外)サイト「HD tracks」
https://www.hdtracks.com/
◇ハイレゾ通信(海外)サイト「Linn Records」
http://www.linnrecords.com/
◇輸入オーディオ専門店「サウンドクリエイトレガート」 HP
http://www.soundcreate.co.jp/legato/
◇AV機器専門店「フジヤエービック」 HP
http://fujiya-avic.co.jp/
◇雑誌『Net Audio』/ファイル・ウェブ
http://www.phileweb.com/editor/net-audio/net-audio03/

◆SNS販促、裾野広がる
ローソンや東急ハンズ 口コミ拡散効果分析/トヨタ 社内でノウハウ共有
フェイスブックなどのSNSを販促などに活用する企業の取り組みが広がってきた。大手メーカーなどがSNSを通じて情報発信や効果的な販促を進める一方、インターネット企業ではSNSを経由して商品を購入する「ソーシャルコマース」の普及をにらみ、関連サービスを充実する動きもある。
[日経MJ/eリテール特集 12/03/05]
◇Facebook用ソーシャルコマースアプリ「ReBuy」 HP
http://rebuy.jp/
◇「ReBuy」提供開始/TechWave.jp
http://techwave.jp/archives/51727486.html
◇ローソンはSNSの達人/ITPro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20111124/375007/
◇東急ハンズ、iPhoneユーザーに販促活動実施/ITPro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/JIREI/20100201/344051/
◇ソーシャル・メディアは顧客理解のツール/DIAMONDonline
http://diamond.jp/articles/-/15193
◇KDDI Twitter
http://twitter.com/#!/kddipr
◇トヨタ、自動車顧客向けSNSを構築へ/IT Leaders
http://it.impressbm.co.jp/e/2011/05/25/3741
◇ビックカメラがFacebookページを正式オープン/ECのミカタ
http://ecnomikata.com/news/press/facebook-3.html
◇楽天、SNS上での情報発信を支援
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2012/0116_2.html
◇ヤフー「Shopal」のソーシャルプラグイン導入
Read more: http://ascii.jp/elem/000/000/645/645372/#ixzz1qHf0sKuf
http://topics.shopping.yahoo.co.jp/notice/archives/shopal.html
◇KAUPON(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/kaupon?sk=wall
◇NTT日本語解析エンジン「なずき」 HP
http://www.nttdata-nazuki.jp/
◇企業のマーケティング活動を支援するサービス「sociobridge」 HP
http://www.sociobridge.jp/
◇自動翻訳できるアプリソフト開発「八楽」 HP
http://www.yaraku.co.jp/

◆イヤホン専門店「GEM」、「一生モノ」こだわり徹底
音も見た目も耳元でキラリ
耳元から際立つ個性を発信――。といってもアクセサリーではなく、イヤホンの話だ。昨年7月、東京・六本木に開業した「GEM(ジェム)」はイヤホンを専門に扱うというユニークな店。しかも商品はすべて同店のオリジナル。高い音質を追求するとともに、国内の職人に依頼して今までにない究極の「イヤホンのデザイン」を提案している。
[日経MJ 12/03/07]
◇イヤホン専門店「GEM」 HP
http://www.gem-zk.com/
◇六本木に高級イヤホンショップ「GEM」/六本木経済新聞
http://roppongi.keizai.biz/headline/2420/
◇イヤホン専門店「GEM」紹介記事
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110721_462143.html

◆ダウンロード、8ヵ月で2000万超、無料通話アプリ「LINE」
LINEはデータ通信で音声通話やメッセージのやりとりができるアプリ。スマホのデータ通信料を定額にしていれば、通話料を実質的に無料にできるのが特徴だ。
◇無料通話・無料メールアプリ「LINE」 HP
http://line.naver.jp/ja/
◇「LINE」大ヒットの裏側/nanapiWeb
http://nanapi.jp/topics/157
◇スマホ同士で無料通話ができる「LINE」/おとな総研
http://www.yomiuri.co.jp/otona/study/appli/20111209-OYT8T00794.htm

◆フラッタースケープ、会員制、デザイン雑貨、受注生産で通販
電子商取引(EC)事業を手掛けるフラッタースケープは、4月からデザイン雑貨やインテリアを扱う会員制の通販サイトを始める。購買意欲の高い消費者を会員として取り込み、有力ブランドと連携した高品質の独自商品などを受注生産して販売する。
[日経MJ 12/03/09]
◇フラッタースケープ「monoco」 HP
http://blog.monoco.jp/
◇「monoco」twitter
http://twitter.com/#!/monocojp
◇フラッタースケープ ブログ
http://seller.flutterscape.com/
◇フラッタースケープ代表・柿山氏インタビュー
http://careerzine.jp/article/detail/1932

◆大手電機メーカーがITで復興支援
富士通は宮城県石巻市で在宅医療を行うチームにインターネット上でソフト利用やデータ管理を行うクラウドサービスを提供。NECは津波被害を受けた農地の塩分濃度を遠隔測定し、土壌の改善に貢献している。企業側も被災地で得たノウハウを今後のビジネス展開に生かしたい考えだ。
[産経新聞 12/03/09]
◇富士通、大震災復旧・復興支援 HP
http://jp.fujitsu.com/about/csr/recovery/
◇在宅医療の祐ホームクリニック 石巻
http://www.you-homeclinic.or.jp/clinic/ishinomaki/
◇ドコモとNECら3社、復興支援/ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110826/367481/
◇塩害を受けた農地の復興に向けた業務提携/NTTdocomo
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2011/08/25_00.html
◇村田製作所、被災地の小学校を訪問/IT MONOist
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1202/29/news018.html
◇持続可能な復興支援の形を探す/エンジニアtype
http://engineer.typemag.jp/elife/2012/03/it2013.php
◇IT技術者が復興支援アプリを生む場所「Hack for Japan」 HP
http://www.hack4.jp/
◇「Hack for Japan」仙台、石巻を訪ねて/enterprisezine
http://enterprisezine.jp/article/detail/3040

◆アートで復興支援 「作品になるか…ましてやいつ」
「アートは無力なのか」。震災後、多くの美術家が、こう自問したことだろう。建築家であれば、設住宅など「生」に直結する支援策を提示できるのに、美術家の活動は人々の生活になかなか結びつかないからだ。しかし、苦悩しながらも被災地を訪れ、被災者に手をさしのべた美術家は少なくなかった。
[産経新聞 12/03/09]
◇淀川テクニック「淀川テク日記」
http://yodogawa-technique.cocolog-nifty.com/
◇淀テク主催「若林100年ブランコ」
http://yukari-art.jp/jp/artists-jp/yodogawa_technique/10138
◇中村政人氏 HP「m-lab.」
http://www.m-lab.org/
◇被災者支援「わわプロジェクト」 HP
http://wawa.or.jp/
◇ビデオアーティスト・ビル・ヴィオラ氏(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%A9

◆ファッションで復興支援 CanCamやnon・noも
東日本大震災から1年となる今春、ファッションを通じて被災地の復興を支援する動きが相次いでいる。事業を再開した縫製工場が手掛けた服を女性ファッション誌がPR。衣料メーカーも被災地の雇用創出などを支援するプロジェクトを打ち出すなど、被災地の現状と向き合い、それぞれの立場でできることを続けることで中長期的な支援につなげようとしている。
[産経新聞 12/03/11]
◇踊るファッションショー「Canコレ!」/六本木経済新聞
http://roppongi.keizai.biz/headline/2591/
◇Xmiss×CanCamコラボ復興支援アイテム について(Blog)
http://blog-osaka.takashimaya.co.jp/gokai/201203/article_1.html
◇non-noモデルが「チャリティnonコレ」
http://beauty.oricon.co.jp/news/87923/full/
◇東日本大震災「ユニクロ 復興応援プロジェクト」
http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2012/02/022814_csr.html

◆東急ハンズ渋谷店「HINT7」 私も“科学者”、好奇心くすぐる
自分の作品展示/カフェ併設
東急ハンズが2月、東急ハンズ渋谷店(東京・渋谷)7Aフロアを改装し、「HINT(ヒント)7」として開業した。「サイエンス(科学)」をテーマにした品ぞろえが、お客の好奇心をくすぐる。週末にはクラフト教室を開くほか、一般の人が自分で手作りした作品を展示・販売できるコーナーやカフェも併設。カップルから家族まで楽しめる空間に仕上げた。
[日経MJ 12/03/12]
◇東急ハンズ「HINT7」 HP
http://shibuya.tokyu-hands.co.jp/blog/7a/post-145.html
◇東急ハンズに大人の“知的遊び場”!? 「HINT7」/NikkeiTrendy
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120223/1039804/?rt=nocnt
◇東急ハンズ「HINT7」 について(Blog)
http://shibuya.happy-town.net/t_sweets/00013344.html

◆身近な一編、詩との出合い、谷川俊太郎氏らの作品、多様な媒体で
「詩」をモチーフにした「obla( )t」というデザインレーベル。
もっと日常生活の中で詩に触れる機会がたくさんあっていいのではないか?」。この発想に賛同したクリエイターや詩人達が、同人という形式で集まり「obla( )t」というレーベルがスタートした。現在、「詩を本の外にひらく」というコンセプトを商業ベースに乗せようと、若い女性をターゲットに「ポエガール」という妹ブランドが始動。詩をモチーフにしたグッズを3月末頃から渋谷の東急ハンズのカフェなどで販売する予定だ。
[日経MJ 12/03/14]
◇デザインレーベル「oblaat」 HP
http://www.oblaat.jp/
◇「obla( )t」レーベル発足記念 谷川俊太郎トークショーレポート
http://www.cinra.net/interview/2010/10/01/000000.php?page=4
◇谷川俊太郎氏 twitter
http://twitter.com/#!/shuntarot
◇デザイナー・則武弥氏 HP
http://www.paperback.jp/
◇松田朋春氏運営「グッドアイデア」 HP
http://goodidea.co.jp/

◆女性向けサイト成功のコツ、「ばあや」集めろ 村山らむねさん寄稿
インターネットの通販や口コミを利用して消費に動く女性が増えている。多くの女性ユーザーの関心を引き付けられるウェブサイトは、企業にとって物販・広告収入を高める近道だ。通販コンサルタントの村山らむねさんに、ネットでの女性の意識・行動分析と、魅力的なサイト運営方法について寄稿してもらった。
[日経MJ 12/03/14]
◇むらやま・らむね氏運営「スタイルビズ」 HP
http://lamune.cocolog-nifty.com/stylebis/
◇らむね的通販生活
http://www.lamune.com/
◇女性誌「SAKURA」 HP
http://sakuramama.jp/
◇女性誌「HERS」 HP
http://www3.kobunsha.com/ad/hers/

◆店舗・施設の魅力度、ストア戦略調査、スタバ、総合力で首位
IKEA9位に上昇/「家族と過ごす」反映
日経リサーチは小売業や飲食業などの店舗・施設の魅力度を評価する2012年「ストア戦略サーベイ」を実施した。消費者に聞いた「行ってみたい(来店意向)」など4つの評価項目から算出した指標「場力(ばぢから)PQ」は前年2位だった「スターバックスコーヒー」が首位を獲得。「東急ハンズ」「ユニクロ」、前年1位の「モスバーガー」が僅差で続いた。
[日経MJ 12/03/14]
◇NIKKEI-R「ストア戦略サーベイ」ダイジェスト
http://www.nikkei-r.co.jp/service/branding/store4.html

◆購入決定の情報源、多様に 店頭・口コミに加えネットの影響力増す
(1)購買者は低価格商品であっても購買に至るまで様々な情報源を活用している
(2)購買者は購買過程のタイミングやメディアに応じて異なる情報を求めている
(3)購買過程におけるオンラインメディアや口コミの影響力が増してきている
[日経MJ/消費分析 12/02/22]
◇ショッパーサイエンス日本 HP
http://www.shoppersciences.com/tokyo/
◇複雑化する購買過程をいかに読み解くか?/アドタイ
http://www.advertimes.com/20111118/article40536/
◇「購買行動・購買動機調査」サービスガイド/ドゥ・ハウス
http://www.dohouse.co.jp/wp-content/themes/DH-MAIN/img/research/tento05.pdf
◇消費者の購買行動における意思決定プロセス/矢野経済研究所
http://www.yanoict.com/yzeye/o41

| | トラックバック (0)