情報クリップ15

2016/01/26

情報クリップ・ダイジェスト 2015/12

◆小皿に広がる世界、豆皿、トキメク、パーティーに
お一人様に、食卓や暮らし彩る
一枚でひとつの芸術作品のようでもある、手のひらサイズの豆皿に心引かれる女性が増えている。豆皿そのものの質感、形、盛りつける食事の色合いとのコーディネートを楽しむだけでなく、アクセサリーの置き皿として愛用する人も。
[日経MJ 15/11/16]
◇村上美術 HP
http://www.murakamiart.jp/
◇村上美術「amabro」 HP
http://amabro-online.com/
◇ムーミンの小皿&おちょこ登場!
http://openers.jp/article/22799
◇日本伝統の可愛い豆皿
http://macaro-ni.jp/9944

◆豊かな和紙文化、伝える 卸業オオウエ、全国の工房と連携
便箋形式に統一 個性際立たせる
耐久性を生かす 服飾分野の用途
世界無形文化遺産に登録された和紙は1000年保つといわれる高い保存性から、世界中の美術館で修復用に使われる一方、日常生活で触れる機会は少ない。オオウエ(大阪市)は全国に点在する和紙工房と協力し、デザインの力で和紙の可能性を模索、和紙の魅力を生かして新しい使い道や売り方を探ってきた。
[日経MJ 15/11/25]
◇和紙「オオウエ」 HP
http://www.ooue.co.jp/
◇和紙包材で商品価値を高める会「オオウエ」 FB
https://www.facebook.com/washihozai
◇オオウエ「和紙のお仕立荘」 HP
http://www.ooue.co.jp/washi-oshitate/
◇和紙のお仕立て荘のオープニングに行ってきました(Blog)
http://tokiyah3.exblog.jp/23233734/
◇浪本浩一氏運営「ランデザイン」 HP
http://www.langdesign.jp/
◇デザイン業で起業 浪本 浩一氏
http://www.firstep.jp/oneyear/archives/929

◆お清め、いつでもどこでも…、隙間時間で幸せ得たい
自宅や外出先で手軽に「お清め」ができるグッズやサービスの愛用者が増えている。持ち運びやすくおしゃれなデザインの商品や、スマホを活用してお清めができるサービスが新たに生まれ、人気を集める。落ち込んだりストレスを感じたりしたとき、「何かにすがりたい」気持ちをすぐにかなえられる点が現代人の心をつかんでいるようだ。
[日経MJ 15/12/09]
◇おいせさん HP
http://oisesan.co.jp/
◇伊勢神宮ゆかりの新コスメ誕生
http://www.womaninsight.jp/archives/74393
◇心身浄化の儀式「大祓式」 FB
https://www.facebook.com/notes/%E8%B2%B4%E8%88%B9%E7%A5%9E%E7%A4%BE/%E5%A4%A7%E7%A5%93%E5%BC%8F%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%82%89%E3%81%88%E3%81%97%E3%81%8D-%E5%BF%83%E8%BA%AB%E6%B5%84%E5%8C%96%E3%81%AE%E5%84%80%E5%BC%8F/380282612024869/
◇スマホから「おおはらえ」
http://oharae.jp/
◇ナショナルデパート HP
http://store.depa.jp/
◇手のひらサイズの神棚「ていのり」
http://oharae.jp/?mode=cate&cbid=1996628&csid=0
◇塗香(ずこう)お清めの塗るお香
http://www.aroma-taku.com/product/192
◇盛り塩のやり方
http://matome.naver.jp/odai/2142313115937250101

◆二十四節気、英語で紹介、訪日客向けにアプリ
電通と平凡社は日本独特の季節感を英語で紹介するスマートフォン向けの無料アプリを公開した。写真やイラストを用いて半月ごとの二十四節気と、約5日ずつに分けて自然の変化を示す七十二候を解説する。旬の食べ物や風習も併せて紹介し、インバウンドの取り込みに役立てる。
[日経MJ 15/12/13]
◇うつくしいくらしかた研究所 HP
http://www.kurashikata.com/
◇72Seasons
http://www.lizadalby.com/LD/72_seasons.html
◇暮らしの歳時記「二十四節気」
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/nijyushisekki/

◆ガラス、「祈る」道具に昇華 素材・技術の魅力、世界に発信
光学ガラス部品の製造で培った、高度な加工技術を現代の生活アイテムに昇華させたブランド「FROM NOWHERE(フロムノーフエア)」が今秋デビューした。「祈りのための道具」という新たなコンセプトを打ち立て、世界に向けて発信していく。
「東京ビジネスデザインアワード」で最優秀賞を受賞。カドミ光学工業が持つガラスの精密接合加工技術に対して、クラウドデザインが示した「祈りのための道具」という提案。素材と技術の魅力を引き出し、同時に潜在ニーズを見据えた斬新な商品コンセプトが高い評価を得た。
[日経MJ 15/11/18]
◇東京ビジネスデザインアワード HP
https://www.tokyo-design.ne.jp/award.html
◇東京ビジネスデザインアワード FB
https://www.facebook.com/TokyoBusinessDesignAward
◇クラウドデザイン HP
http://www.clouddesign.com/
◇カドミ光学工業 HP
http://www.kadomikk.com/
◇商品化への道のり 「カドミ光学工業 前編」
http://www.axisjiku.com/jp/2015/10/06/%E5%95%86%E5%93%81%E5%8C%96%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93%E3%81%AE%E3%82%8A-%E3%80%8C%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%9F%E5%85%89%E5%AD%A6%E5%B7%A5%E6%A5%AD-%E5%89%8D%E7%B7%A8%E3%80%8D/
◇商品化への道のり 「カドミ光学工業 後編」
www.axisjiku.com/jp/2015/10/07/%E5%95%86%E5%93%81%E5%8C%96%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93%E3%81%AE%E3%82%8A-%E3%80%8C%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%9F%E5%85%89%E5%AD%A6%E5%B7%A5%E6%A5%AD-%E5%BE%8C%E7%B7%A8%E3%80%8D/

◆LIXIL・ホンダ「家×X」開発 エネルギー高効率の「次世代住宅」
LIXIL住宅研究所と自動車メーカーホンダは、住宅と電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)、家庭用ガスエンジン・コージェネレーション(熱電併用)システムを融合させることで住宅のエネルギーコストを極限まで低減でき、地震など災害時に強い次世代住宅を開発した。
[産経新聞 15/11/27]
◇LIXIL・ホンダ「家×X」
https://www.lixil-jk.co.jp/ch16/index.html
◇LIXIL住宅研究所 HP
https://www.lixil-jk.co.jp/
◇ホンダの燃料電池車は、何がスゴイのか
http://toyokeizai.net/articles/-/90855

◆立ってパワー引き出せ、はかどる、姿勢変えて頭クリアに
みんなで盛り上がる、娯楽、広がる楽しみ方
仕事をするのも、食事をするのも立ったまま――。意外な場所で「スタンディング」な人が増えている。座りっぱなしよりも健康的でいられる、目線が変わっていつもと違う気分が味わえるなど理由は様々だが、立った状態に合わせて新たな商機も生まれている。広がるスタンディングの現場を追った。
[日経MJ 15/11/20]
◇成長を加速させるために楽天が選んだ動くデスクとは?
http://toyokeizai.net/articles/-/88608
◇初潜入、楽天クリムゾンハウス
http://ecnomikata.com/ecnews/strategy/6157/
◇立ったまま寄かかれる椅子「タチイス」
http://tatiisu.com/toppage.html
◇新しい囲碁交流のスタイル、StandupIGO!!
http://igoholdings.jp/standupigo-3rd/
◇スタンディングバー「333(トリプルスリー)」 HP
http://www.bar333.jp/

◆若者向け企業の新ビジネス オトナの学び、創造型に
ここ数年、代表的な若者起点だったビジネスから大人起点の新しい取組みが生まれてる。
10月にエイベックス・グループ・ホールディングスが新オトナ・ラボ「avex life design lab」を、若者文化のメッカである東京・原宿竹下通りから少し入ったところに立ち上げた。
ヤマハや山野楽器の大人向け音楽教室、小学館アカデミー「絵画倶楽部」、また深化型としては、大人の文化を深く学ぶ三越伊勢丹グループの「オトマナ」がある。さらに両者を兼ねたものがトライの「大人の家庭教師」といえる。
[日経MJ/阪本節郎の新大人学 15/11/20]
◇avex life design lab HP
http://lifedesign-lab.avex.jp/
◇avex life design lab FB
https://www.facebook.com/avexlifedesignlab/
◇多様化するシニアの居場所 くつろげる書店や喫茶店増加
http://www.sankei.com/life/news/141218/lif1412180013-n1.html
◇TSUTAYAの創業者が提案する、新たなビジネスモデルとは?
http://www.lifehacker.jp/2015/05/150512book_to_read.html

◆東急ハンズ、企画を「外販」、新宿ミロードに期間限定店
売り場の編集力生かす
東急ハンズが自社の店舗で培ったイベントやワークショップなどの「外販」を始めた。まず小田急電鉄が東京・新宿で運営する商業施設「新宿ミロード」に、月替わりで中身をガラリと変える店舗「アンテナボックス by 東急ハンズ」を出店した。独自の着眼点や企画・編集力を生かしてミロードで実績を作り、他施設へも売り込む。
[日経MJ 15/11/27]
◇ポップアップショップ「Antenna Box by TOKYU HANDS」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000012974.html
◇東急ハンズとビームスのコラボ
http://www.tokyu-hands.co.jp/news/20150917newsletter-workhands-yurakuchou.html
◇東急ハンズ 新業態「ブライダル」展開
www.tokyu-hands.co.jp/news/20150602letter-braidale-event-ginza.html

◆あすからチェック制度化、ストレス狙い撃ち
スーツやアイケア・音楽、成長市場、アイデア競う
従業員50人以上の企業に「ストレスチェック」を義務付ける改正労働安全衛生法が12月から施行される。対応を迫られるのは企業だが、企業向けだけではなく消費者を狙った商品やサービスの動きも広がってきた。メンタルヘルスサービスは法施行を機に2020年には市場規模が150億円に達するとの試算もあり、新たな商機が生まれつつある。
[日経MJ 15/11/30]
◇日本ストレスチェック教会 HP
https://jsca.co.jp/
◇はるやま「ストレス対策スーツ」まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2144627279767709401
◇パリミキが“酸素めがね”を発売
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/111000032/?rt=nocnt
◇グリコ「GABA」 HP
http://cp.glico.jp/gaba/
◇オフィスグリコ HP
https://www.glico.com/jp/enjoy/service/officeglico
◇野菜版オフィスグリコ「OFFICE DE YASAI」
http://jp.techcrunch.com/2014/04/22/jp20140422office-de-yasai/
◇USEN「こころの保健室」販売開始
http://www.usen.com/news/cms_data/news/images/2015/20150205_17_23.pdf
◇「置き薬」形式のオフィスサービスまとめ7選
https://the-board.jp/blogs/7_services_for_snacks_and_foods_at_office
◇ヘルスサポート機器・システムとサービス市場を調査/富士経済(原典)
https://www.fuji-keizai.co.jp/market/15039.html
◇EAP サービス市場に関する調査結果 2014/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1235.pdf
◇「ストレスチェック義務化」に関する調査/ノークリサーチ
http://japan.zdnet.com/article/35062590/

◆来年は仮想現実で幕開け? 報道は「体験する」時代に
2015年は劇場や特別な機器に頼ることなく、だれもがVRを手軽に実感できる環境が整ったという点で特別な年となった。
このような転換を引き起こしたのは、スマホの存在だ。最近のスマホには、広範囲の画像を滑らかに表示できる機能が備わっている。スマホの向きを検知するセンサーを持ち、疑似的にユーザーの視線の動きに追随することができる。VR端末としての素養に目をつけたのがグーグルだ。
同社はスマホをVR用ゴーグルのディスプレーとして利用できるよう、段ボール製の組み立てキットをオープンソース化して配布。数万円していたVR用ゴーグルを一挙に数百円程度にまで押し下げた。
[日経MJ/先読みウェブ 15/11/30]
◇静かなるブームを呼ぶgoogle cardboardについて
http://life-hacking.net/google-cardboard/
◇グーグルカードボード 購入方法・作り方
http://kouryakuvideo.com/blog/index.php?id=cardboard
◇オキュラス・リフト Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Oculus_Rift
◇さらば現実RVヘッドセット「オキュラス・リフト」
http://matome.naver.jp/odai/2137389319268231401
◇2016年「仮想現実サービス」群雄割拠の時代へ
http://toyokeizai.net/articles/-/93990
◇VRブームの先に「新たな市場」
http://www.projectdesign.jp/201509/get-idea/002410.php

◆色付きマス目で表現、ドット絵、男ときめく、人気再燃
どこか懐かしく、ゲームに夢中、雑貨・アクセサリー、ビーズ並べに夢中
テレビゲーム機でおなじみの色付きのマス目で構成するキャラクターイラスト「ドット絵」が男性の間で再び注目されている。ビーズを並べて絵柄を作ったり、ステッチで絵柄を表現した商品を買い求めたり。男子小学生の間ではブロックでドット絵の世界を作るゲームが人気だ。懐かしさと新しさの融合が幅広い世代の男たちの心をつかむ。
[日経MJ 15/12/04]
◇電子工作スペース「ASSEMBLAGE」 HP
http://www.assemblage-daikanyama.com/
◇「子ども向けプログラミング教育」のいま
http://gihyo.jp/dev/column/01/prog/2015/education-of-programming
◇大図まこと氏サイト
http://oozu.jp/
◇アイロンビーズイベントレポ!
http://www.appbank.net/2015/10/02/iphone-news/1104800.php
30、40代は別名「ジャンプ、ファミコン」世代だ
http://toyokeizai.net/articles/-/97951
◇ドット絵超簡単、作成方法
http://manga-netabare.main.jp/post-4445/

◆USJから客奪え、体験型SC「エキスポシティ」の実験
大阪府吹田市の万博記念公園内11月中旬、大型複合施設「エキスポシティ」が開業した。中核はショッピングセンターだが、体感型のミュージアムなどエンターテインメント施設が売り物だ。買い物より、遊んでもらう「コト消費」を重視する商業施設が増えつつあるが、エキスポシティは全体の半分が非物販という思い切った脱・SCモデル。「ライバルはUSJ」と息巻く。
[日経MJ 15/12/04]
◇エキスポシティ HP
http://www.expocity-mf.com/
◇エキスポシティを徹底取材するブログ
http://osaka1shop2channel.jp/
◇生きているミュージアム「ニフレ」 HP
http://www.nifrel.jp/
◇オオサカ・イングリッシュ・ビレッジ HP
https://englishvillage.co.jp/
◇ケンタッキー、万博から45年「食べ放題」で凱旋
http://matome.naver.jp/odai/2144625756850882801

◆窓の機能、ママに訴え、YKKAP、美容への有効性発信
潜在顧客、中長期で育成
YKKAPは「窓」の認知度を高め、将来的な購入につなげるため、母親を対象としたSNSやイベントなどでの情報発信を強める。美容、健康と窓の関係を説明し、窓の機能の重要性を知ってもらうことで、住宅を新築、改修する際に台所や浴室などに比べて軽視されがちの窓にこだわりをもってもらう取り組みだ。購入決定権を握る母親にアピールし、中長期的な販売増につなげる。
[日経MJ 15/12/04]
◇YKKAP「窓研究所」 HP
http://madoken.jp/
◇YKKAP FB
https://www.facebook.com/ykkapjapan
◇ママスタジアム HP
http://mamastar.jp/
◇窓研究所に聞く、窓から見えた世界の暮らし
https://cowcamo.jp/magazine/column/%E7%AA%93%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%9F%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97

◆心理解析や遺伝子の検査技術発展 「自分の情報」に関心強く
体質や病気リスクにニーズ
(1)4人中3人がウェアラブルや遺伝子検査で明かされる自分の情報を「興味があり知りたい」と考える。
(2)自分の情報に振り回されて自分の意志を失うことや、情報が独り歩きすることに不安の声も。
(3)ひとりで生きる時間が増える中、自分の情報とどう向き合い、活用するかが大きな問いに。
[日経MJ 15/12/07]
◇“マイビッグデータ”に関する意識調査/博報堂(原典)
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2015/07/20150716_2.pdf
◇ウェアラブル端末が可能にするこれからの健康管理
http://www.mugendai-web.jp/archives/4708
◇ICTの進化によるライフスタイル・ワークスタイルの変化/総務省
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141330.html
◇ウェアラブル端末を所有全体の3.0%
http://internetcom.jp/allnet/20151015/smartphone-and-tablet-owners-also-want-wearable.html
◇しのぎを削る「遺伝子検査ビジネス」の実態
http://healthpress.jp/2015/01/dtc.html

◆職人技、ギフトに詰めて WDH、女性の心くすぐる
暮らしになじむ日本の良きモノ 
細部こだわって感謝伝わる品に
産地の職人たちが持つ技術を時代の気分に合わせて商品化し、桐箱に詰めて贈る。小さなメーカー、WDH(ダブリューディーエイチ、横浜市)が手掛けるギフトは価格よりこだわりを優先。今の暮らしにすっと入り込める独創性で30~50代の女性たちの心を射止めている。
[日経MJ 15/12/09]
◇WDH(ダブリューディーエイチ) HP
http://www.cdf.jp/shopbrand/189/
◇WDH(ダブリューディーエイチ FB
https://www.facebook.com/wdh.brand/
◇AGITO(アジト) HP
http://www.balstokyo.com/jp/

◆「ウィキア」日本版発進、米国発投稿サイト、書込自由、ファン集う
「ウィキペディア」のようにゲームや映画、音楽などに関するキーワードを編集できる米国発のサイト「ウィキア」が日本で本格展開を始めた。このほど日本語版サイトを立ち上げ、スターウォーズなど世界中で人気のコンテンツや日本独自のトピックについて、誰もが記事を自由に書き込みやすい環境を整えた。ファンが集うSNSとしてコミュニティー作りを後押しする。
[日経MJ 15/12/07]
◇WikiaJjapan HP
http://ja.wikia.com/
◇デジタルガレージ、「Wikia」の日本進出を支援
http://japan.cnet.com/news/service/35059597/
◇Wikia FB
https://www.facebook.com/wikia/

◆家庭用人工知能「アマゾン・エコー」聞き耳を立て、何でも返答
アマゾン・エコーは一言で表現すると「家庭用人工知能」である。見た目は高さ25センチほどの円筒型のデバイスだが、話しかけるだけでいろいろなことをしてくれる。
エコーもネットに接続されているので、機能がどんどん追加されていく。アマゾンのサイトによると、昨年11月に発売されてからすでに95もの機能が付け加えられており、「頭はどんどんよくなります」と書かれている。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/12/13]
◇Amazon「Echo」
http://jp.techcrunch.com/2014/11/07/20141106amazon-echo/
◇人工知能スピーカー「Echo」実機レビュー
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/350/350944/
◇盗聴・スパイ批判はどこへ? 極めて評判が良いアマゾン・エコー
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-7330.html

◆オムニセブン、「返品」で手招き
セブン&アイ・ホールディングスが11月に通販サイト「オムニセブン」を開設し、実店舗とネットを融合させたオムニチャネル戦略に着手した。コンビニエンスストアで何度でも無料で返品や交換を受け付け、半年以内ならば商品もタダで修理する。手厚いサービスでアマゾンや楽天など大手ネット専業の牙城を崩しにかかる。
[日経MJ 15/12/09]
◇オムニセブン HP
http://www.omni7.jp/
◇流通サービス革新の第2ステージ「オムニセブン」
https://www.7andi.com/company/challenge/1738/1.html
◇セブン&アイが「第三の革新」、オムニ戦略次の一手
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/111200377/?rt=nocnt
◇鈴木会長肝いりの新事業「オムニセブン」が不発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00010000-socra-bus_all

◆オールアバウト、訪日客に交流体験 日本人講師宅で料理や手芸
紹介料・教材で収入
総合情報サイトのオールアバウトは訪日外国人向けに、日本人の家庭を訪問して交流体験ができるサービスを始める。第1弾として、具材や巻き方を工夫して断面に図柄を描く「デコ巻き寿司」の作り方を教える講師を紹介する。買い物だけでなく日本の文化や料理を学びたいという外国人は多い。ネイルアートなど他の講師も紹介し、異文化コミュニケーションを後押しする。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/12/09]
◇外国人向け日本総合情報サイト「All About Japan」
http://corp.allabout.co.jp/corporate/press/2015/150929.html
◇日本食を通じた訪日外国人向けの講師紹介サービスを開始
http://corp.allabout.co.jp/corporate/press/2015/151209_01.html

◆故人偲ぶネット回顧録、アイ企画、写真・肉声、いつでも見聞き
ITサービス開発のアイ企画(埼玉県新座市)は来年1月中旬に故人の回顧録を作るサービスを本格的に始める。礼状や喪中はがきに印刷したQRコードを読み込んでサイトにアクセスすると、故人の写真や音声、動画、略歴などを再生する。核家族化や宗教観の希薄化が進むなか、新しい形の供養のニーズを取り込む。
[日経MJ 15/12/11]
◇回顧サイト「アイ企画」 HP
http://ikkk.biz/
◇アイ企画「メモリアルバム」
http://ikkk.biz/album/mi_album.html

◆「香り」におもてなしの心を込めて… 集客施設や駅・会社にも拡大
ホテル、アパレルショップや駅ビルなど街を歩いていて、ふわりといい香りに包まれているのに気づいたことがないだろうか。香りによる空間デザインが最近、さまざまなシーンに広がっている。意識しなければ気づかないくらいの淡い香りもあれば、存在感のあるものも。香りに“おもてなし”の心が込められている。
[産経新聞 15/12/12]
◇香りの演出を楽しむ「リッツカールトン東京」
http://guide.travel.co.jp/article/9304/
◇自宅が高級ホテルの香りに!?
http://suumo.jp/journal/2013/04/25/42591/
◇アロマ空間デザイン「アットアロマ」 HP
http://www.at-aroma.com/
◇エッセンシャルオイルデザイン研究所 HP
http://www.e-oil-lab.com/
◇香りマーケティング
http://kaori-marketing.com/kaori/

◆2015年ヒット商品番付 横綱相撲、トップの地力
番狂わせ、常識覆す技
ラグビーでは日本代表がワールドカップ(W杯)で優勝候補を破り、小説ではお笑い芸人が芥川賞を取る金星を挙げる。一方、新幹線といった交通インフラやファーストリテイリング、セブン―イレブン・ジャパンなどのトップ企業は、盤石の地力で市場を広げる。2015年のヒット商品番付は「番狂わせ」と「横綱相撲」が土俵を盛り上げた。
[日経MJ 15/12/02]
◇日経トレンディ「ヒット商品ランキング発表会」レポ
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/110200017/?rt=nocnt
◇あるロングセラー商品に見る、今日的デジタルマーケティングの「あるべき姿」
http://wired.jp/2015/12/18/slice-of-heartland/
◇次に来るのは「食品配達スタートアップ」なのか?
http://wired.jp/2015/12/17/doordash/
◇2015年Web担でもっとも読まれた記事はコレだ!
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/12/22/21780

| | トラックバック (0)

2015/12/19

情報クリップ・ダイジェスト 2015/11

◆「おひとりさま」2人同居、新DINKS 財布・愛用品・旅行も別々 束縛や我慢なんて嫌!
1980年代後半に新たな消費の担い手として登場した、子供を持たない共働きの夫婦、DINKS(ダブル・インカム・ノー・キッズ)。世帯数は現在、当時の約1.7倍の360万を超す。
ところがその実態は、「遊びも旅行も夫婦一緒」が象徴的だった30年前とは明らかに異なる。日経MJが実施した調査では財布は別々、愛用するモノも別々で、一つ屋根の下に「おひとりさま」が2人同居する新DINKS像が浮き彫りになった。
[日経MJ/MJ1000人調査 15/10/28]
◇アクタス新ブランド「SLOW HOUSE」 HP
http://www.slow-house.com/
◇2014年夫婦のお金実態調査/マネーフォワード
http://corp.moneyforward.com/survey/%E3%80%902014%E5%B9%B4%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%87%91%E5%AE%9F%E6%85%8B%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%80%91-%E5%85%B1%E5%83%8D%E3%81%8D%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E3%81%AE%E5%A2%97%E5%8A%A0%E3%81%AB/
◇SUUMO結婚生活調査2015
http://suumo.jp/journal/2015/03/19/80221/

◆ネット×実店舗で日本酒販売 味わう場作り、ファン広げる
酒の通販や情報サイトを手掛けるリカー・イノベーションが、ネットとリアルを融合させて日本酒の普及を進めている。日本酒に関する情報サイトを立ち上げたほか、地方の蔵元にオリジナルの日本酒を造ってもらってネットで販売。今年オープンの日本酒専門店は連日女性客らで大盛況。20代の女性を中心に新たなファン層の開拓に成功している。
[日経MJ/戦略ネットBiz 15/10/28]
◇リカー・イノベーション HP
http://liquor-innovation.co.jp/
◇KURAND SAKE MARKET HP
http://kurand.jp/sakemarket/
◇KURAND SAKE MARKET FB
https://www.facebook.com/kurandsakemarket/
◇Makuake「KURAND SAKE MARKET」プロジェト
https://www.makuake.com/project/kurandsakemarket/
◇“KURAND”で必ず呑むべき銘柄を聞いてきた
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/325/325889/

◆シェアビジネスって何? モノ・空間・技術共有、スマホ普及後押し
若い世代にシェアビジネスが受けている。
スマホの登場もあり新世代の起業家が相次ぎ登場し、生活者同士を大規模に結びつけるサービスが続々と誕生。「車と暇のある運転者」と「移動したい人」を結びつけるウーバーや、「空き部屋の持ち主」を「旅行者」に紹介するエアビーアンドビーは世界中で使われている巨大ビジネスになった。
道具の貸し借りや知識の伝授で生まれる人付き合いも、人とつながる契機になり、自社のビジネスをシェア経済に応用する場合、単なるお得感ではなく、つながりという価値をうたうことも有効になる。
[日経MJ 15/10/16]
◇変化する価値観:シェアの時代
http://eyi.eyjapan.jp/knowledge/insight/pdf/Insight-02-report03.pdf
◇「シェアリング・エコノミー」へようこそ
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/2426
◇シェアリングエコノミーサービスを5カテゴリに分類
http://www.sbbit.jp/article/cont1/30145
◇シェアリングエコノミー市場に関する調査2015/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1433.pdf
◇シェアリンクエコノミーの可能性
http://u-note.me/note/47487343
◇人脈形成育む「コンセプト型」シェアハウス
http://zuuonline.com/archives/25164
◇次世代ハローワーク型シェアハウスを作りたい
https://faavo.jp/miyazaki/project/134

◆朝の胃袋膨らむ、外食産業動く
朝活・夜勤明け多く、コロワイド、シニア向けに宴会、アークランドサービス、ガッツリ食つかむ。
朝の外食シーンが様変わりしている。働き方の多様化や高齢化などに伴い、しっかりと食べたり、飲んだりする朝食にもはや軽食のイメージはない。
外食だけではない。小売りサービスを含めて昼と夜中心の固定観念を疑い、新たな時間軸でサービス・商品を練り直す時期を迎えているようだ。
[日経MJ 15/10/19]
◇朝カフェの会 HP
http://www.asacafenokai.com/
◇日本フードサービス協会 HP
http://www.jfnet.or.jp/
◇日本の朝食食品業界の次の狙いは朝の「欠食市場」
https://www.foods-ch.com/anzen/1398308717354/
◇朝からガッツリ略して「朝ガツ」
http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/report/detail/6783/
◇「朝活」の実態と消費行動に関する調査/朝日大学
https://reposen.jp/3899/11/66.html
◇朝7時から美味しい朝ご飯が食べられるお店24選
http://find-travel.jp/article/5057
◇朝食市場を狙え/NHKおはよう日本
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2014/05/0514.html

◆コメ収穫体験の意味 「農」と「食卓」関係築く
NPO法人と農家で構成する、「農」を通じた共生推進プロジェクト協議会(山梨県北杜市)が農村と都市の交流事業を展開している。田植えやコメの収穫を体験するイベントを開いてきた。今年は酒米も栽培し、造った日本酒を飲食店に提供する計画だ。農業を通じ農村と首都圏の居住者との交流を発展させる。
[日経MJ/食のフロンティア 15/10/19]
◇農を通じた共生推進プロジェクト協議会「ベジコト」 FB
https://www.facebook.com/vegetco/
◇酒米作り、農村と首都圏を結ぶ 交流拡大へ白州の「挑戦」
http://www.sankei.com/region/news/150925/rgn1509250042-n1.html
◇農を通じた共生推進プロジェクト協議会(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UC_PuuZHxQncC7nxOZLZKH4w

◆眼鏡×ITで市場開け、センサーやLED搭載、疲れ目・着信お知らせ
眼鏡とITの融合が広がってきた。眼鏡専門店「JINS」を展開するジェイアイエヌは11月5日、眼鏡に搭載したセンサーで目の動きなどを検知し、眠気や疲れなどを把握できる新商品を売り出す。三城HDやメガネスーパーもITを取り入れた製品を開発中だ。眼鏡市場は20年前に比べ2割縮小しており、ITと融合で市場拡大への活路を見いだす。
[日経MJ 15/10/19]
◇ウェアラブルメガネ「JINS MEME」 HP
https://jins-meme.com/ja/
◇ウェアラブルメガネ「JINS MEME」 FB
https://www.facebook.com/jinsmeme
◇「JINS MEME」1週間使ってみた
http://japanese.engadget.com/2015/11/15/jins-meme-es-1/
◇家電見本市「シーテック」 HP
http://www.ceatec.com/ja/
◇三城HD「雰囲気メガネ」 HP
http://fun-iki.com/
◇雰囲気メガネが到着、その使い方と実力を検証
http://rinkaji-mac.com/2015/02/funikimegane-arrival/11986
◇メガネの未来が見えてきた「メガネショー2015」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20151016/1067008/?rt=nocnt

◆ネットライフ1万人調査 若者に「SNS疲れ」傾向
利用率、20~30代で減少も、フェイスブック、60代最高
SNS系は年代による傾向の違いが鮮明に表れた。「最近よく利用する」と答えた割合は、中高年にも浸透したLINEが前回調査より増やした一方、20~30代で減少したフェイスブックが全体でも減らした。ツイッターは若年層に、インスタグラムは幅広い年齢層に支持を得ている。
[日経MJ 15/10/21]
◇若者ヒマ意識調査/スマートアンサー
http://smartanswer.colopl-research.jp/report/2015/2015093001/
◇2015年度 SNS利用動向に関する調査/ICT総研
http://ictr.co.jp/report/20150729000088-2.html
◇若者のフェイスブック離れ
http://matome.naver.jp/odai/2141948256560758101
◇2015年上半期スマホアプリコンテンツに関する調査/MMD研究所
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1464.html
◇Instagram 最新トレンド
http://blog.btrax.com/jp/2015/03/15/instagram-2/

◆暮らしになじむ生活家電 かっこよさより温かみ求める
新鮮み吹き込む復古調デザイン
タッチパネルで直感的な操作感
キッチンにおいてデザイン家電の新しいブームが来ている。これまでのデザイン家電は近未来的な外観で機能は今ひとつという印象があったが、最近は食のトレンドを反映しながらもキッチンのインテリアに溶け込んでいる。
[日経MJ 15/10/21]
◇バルミューダ「ザ・トースター」 HP
http://dynabook.fresheye.com/cgi-bin/login.cgi
◇メリタ「アロマボーイ」が数量限定で発売
http://getnews.jp/archives/857372
◇デロンギ「ディスティンタコレクション」 HP
http://distinta.delonghi.co.jp/
◇ダネッツ「プロフェッショナルブレンダー」
http://crea.bunshun.jp/articles/-/7341
◇ミーレオーブンの新商品発表会
http://jiyunakitchen.com/miele-oven2015/
◇家電は電気を使う現代の道具/バルミューダ・寺尾玄
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/terao_gen/060900003/?rt=nocnt

◆米アパレル「エバーレーン」躍進 原価や縫製費まで公開
米国で人気上昇中のサンフランシスコ発のアパレルブランドがある。ハリウッドセレブも愛用する「Everlane(エバーレーン)」だ。オンラインのみの販売で店舗はない。人気の秘訣は、徹底的にコストをおさえ、高品質なアパレルを安価で提供していることだ。
面白いのは、その商品表示だ。「劇的な透明性」を売りにしており、材料の原価、輸送費、縫製費、関税をサイトで公開している。
[日経MJ/e本流ビジネス 15/10/23]
◇Everlane(エバーレーン) HP
https://www.everlane.com/
◇Everlaneがおもしろい
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/28322
◇急成長のEC特化型ショップEVERLANE
http://www.apparel-web.com/column/maxre/23.html

◆石見銀山生活文化研究所「gunendo湘南T-SITE店」
本と雑貨、垣根なく
自然志向で衣食住提案
「群言堂」ブランドで衣料・雑貨店を全国展開する石見銀山生活文化研究所(島根県大田市)の「gunendo湘南T-SITE店」(神奈川県藤沢市)は同社の従来店舗とひと味違う。書店と隣り合わせで間仕切りを設けず、書籍を一緒に並べて手作り雑貨の世界観を演出。取り扱う鍋を使った料理教室も企画し、若い家族や男性など他店では少ない顧客の獲得に成功している。
[日経MJ/めざせダントツ店 15/10/26]
◇石見銀山生活文化研究所「群言堂」 HP
http://www.gungendo.co.jp/
◇湘南T-SITE「知」を中心にしたライフスタイル提案空間
http://cohtaro.com/2015/02/3813
◇本屋がつくる文化複合施設「湘南T-SITE」
http://www.pen-online.jp/news/culture/shonan-t-site-open/
◇石見銀山生活文化研究所 代表インタビュー
http://www.sangyo-times.jp/article.aspx?ID=1019
◇日本仕事百貨「石見銀山生活文化研究所」
http://shigoto100.com/2012/12/iwamiginzan.html

◆銀座ファッションウィーク開幕、「和」の感性や意匠全面に
東京・銀座に店をもつ百貨店が共同で開く銀座ファッションウィーク(GFW)が11月3日まで開催中だ。「JAPAN」をキーワードに、各社が国産素材や日本ならではの技法で作られた商品を2週間、積極発信する。今回は宝飾・時計専門店の和光が初めて参加。国内の消費者だけでなく外国人顧客も取り込みたい考えだ。
[日経MJ 15/10/26]
◇GINZA FASHION WEEK2015
http://pr.enjoytokyo.jp/gfw/?__ngt__=TT0b5a7a162001ac1e4a110fDx-fOqHhrRMzs0b8WgWKqQ
◇GINZA FASHION WEEK レポート
http://blog.glam.jp/riemiyata/2012/03/post-4b0e.html
◇GINZA FASHION WEEK 見どころ
http://www.fashionsnap.com/inside/gfw-pickup/

◆おしゃれは服より家、自宅のモノに消費手厚く
アパレルファッションは苦戦気味だが、キッチン雑貨やクッションなど家の中を彩るホームファッションが盛り上がりを見せている。SNSへの写真投稿やホームパーティーの機会が増えており、着心地より居心地を優先する志向が強まっているためだ。既存の雑貨チェーンに加え、イケアやニトリなどが小型店を拡大。ホームファッションは新たな成長ステージに立った。
[日経MJ 15/10/30]
◇ホームファッション市場に関する調査/矢野経済研究所(原典)
https://www.yano.co.jp/press/pdf/1333.pdf
◇ベッドリネン・寝具の市場規模まとめ
http://shiraberu.ws/entry/2015/09/17/071626
◇イケア・タッチポイント熊本
http://www.ikea.com/ms/ja_JP/customer-service/ikea-touchpoint/kumamoto.html
◇ニトリ「デコホーム」
http://www.nitori.co.jp/decohome/
◇インスタグラムの人気アカウント集
http://www.decornote.net/instagram-interior/

◆タオル、今年の出来は 「コットンヌーボー」で違い楽しむ
綿花収穫した年 刺しゅうで刻む
コレクター多く オリジナル注力
ワインのボージョレ・ヌーボーのように、毎年秋にとれた有機栽培の綿花で作るタオル「コットンヌーボー」。均一が当たり前の工業製品であるタオルを、年ごとの違いを楽しむ「農作物」ととらえる。IKEUCHI ORGANIC(愛媛県今治市)は新たなタオルの魅力を掘り起こした。
[日経MJ 15/10/28]
◇IKEUCHI ORGANIC HP
http://www.ikeuchi.org/
◇IKEUCHI ORGANIC FB
https://www.facebook.com/ikeuchi.org/
◇「Omotecho Style Store By TOMIYA」 HP
http://www.tomiya.co.jp/oss/

◆じぃじ、ばぁば、オモロ格好いい、異色の雑誌、「日常」切り取り
ジジもババも、ありのままが格好いい。ありのままが面白い。田舎のご老人の着こなしにヒップホップを感じ、介護施設の会話に芸人を超える笑いを見る。異色の「ご老人雑誌」が、高齢化社会に新たなエンターテインメントを生んでいる。
[日経MJ 15/10/30]
◇フリーペーパー「鶴と亀」 HP
http://www.fp-tsurutokame.com/
◇フリーペーパー「鶴と亀」 FB
https://www.facebook.com/tsurutokame/timeline
◇宅老所よりあい HP
http://yoriainomori.com/
◇ファッション特集など独特な世界観に衝撃!!
http://youpouch.com/2015/09/28/304948/
◇「鶴と亀」イケてるじいちゃんばあちゃんならココにいるよ
http://motokurashi.com/smallbook-tsuru-to-kame/20150306
◇フリーペーパー「鶴と亀」が面白い
http://risa.hatenablog.com/entry/2015/01/28/113000

◆万年筆でオトナアート、電子絵本、来月配信、SNS投稿熱く
インク作るサービス人気11月初旬には万年筆で描いた大人向けの絵本が登場し、電子書籍で売り出される見通し。既存のインクを混ぜて消費者が自分の好きな色を作れるサービスも人気を呼んでいる。
[日経MJ 15/10/30]
◇ピースライフジャパン HP
http://www.pl-j.com/
◇絵本屋.com HP
http://www.ehon-ya.com/
◇絵本屋.com FB
https://www.facebook.com/ehonya
◇電子書籍「万年筆画絵巻 レノン40(フォーティ)」
https://www.value-press.com/pressrelease/151893
◇#万年筆イラスト部
https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%87%E5%B9%B4%E7%AD%86%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E9%83%A8
◇文具店「カキモリ」 HP
http://www.kakimori.com/
◇万年筆ニュース Twitter
https://twitter.com/fpen_news
◇セーラー万年筆「インク工房」
https://www.sailor.co.jp/event/

◆マーケティングの役割 中心は顧客の問題解決
10月中旬、日本最大規模のマーケティングの国際会議「ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン2015」が都内で開催された。マーケティングの世界的な権威、米ノースウエスタン大学のフィリップ・コトラー教授が中心になり「マーケティングで世界をより良く」というスローガンの下、社会や経済発展を促すマーケティングの活用について議論した。
日本はシリコンバレーのように、ウェブサービスで産業構造全体の秩序を壊すようなイノベーションを起こすことは向いていないかもしれない。だが、モノづくりと組み合わせたイノベーションは日本企業の強みが生きるはずとの意見もある。
[日経MJ/e本流ビジネス 15/10/30]
◇ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン2015
http://worldmarketingsummit.jp/
◇マーケティングがなければ資本主義は崩壊する/コトラー氏
http://markezine.jp/article/detail/23268
◇魅力的なインターネット広告はテクノロジーとアートの融合から
http://www.dhbr.net/articles/-/3502
◇価格競争から価値競争にシフトするために
http://www.dhbr.net/articles/-/3462
◇ ベネフィットと信頼感の重要性
https://ferret-plus.com/191
◇ポスト・ソーシャル時代のリアルイベントの意味
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/tokusyu/201506/201506toku3.html

◆マークス「マークスタイルトーキョー」 ワクワクする秘密基地
商業施設「表参道ヒルズ」の地下3階という場所ながらも、掘り出し物を見つけようと来店する人が絶えない。特徴は男性が気軽に入店できる店作りだ。女性目線になりがちな雑貨店であえて男性にターゲットを合わせてファンを増やしている。
[日経MJ/めざせダントツ店 15/11/02]
◇文具メーカー「マークス」 HP
http://www.marks.jp/
◇文具メーカー「マークス」 FB
https://www.facebook.com/MarkstyleTokyo/

◆若者「部屋にこだわる」7割超、「1人の時間」「スキなことできる」重視
(1)8割以上の若者が大事な時間は「1人の時間」と回答、友達や家族を大幅に上回る。
(2)自分の家や部屋にこだわりを持っている若者が7割以上にのぼる。
(3)「自分がスキなことができる」という要素が家や部屋選びにおいて重要。
[日経MJ 15/11/02]
◇若者の“スキ”と暮らし方に関する調査/電通若者研究部(原典)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000016195.html
◇電通ワカモン HP
http://dii.dentsu.jp/project/wakamon/
◇電通ワカモン FB
https://www.facebook.com/wakamon.dentsu/
◇「こんな部屋に住みたい!」プロジェクト
http://youthstudio.jp/2015/10/08/sukistyle001/
◇若者は「中古住宅&リフォーム」でマイハウスを楽しむ
http://www.daikyo-anabuki.co.jp/sumai/detail/187
◇スマイリンクスが「ライフスタイル提案型物件」の販売を開始
http://www.sankei.com/economy/news/151104/prl1511040081-n1.html
◇集合住宅のありかたを提案する「Neighbors Next U26 Project」
http://greenz.jp/2015/07/29/u26/

◆「雑貨も売る体感型展示場」(クリナップ)実現する暮らしイメージ
10月、首都圏の旗艦ショールームを刷新し「クリナップ・キッチンタウン・東京」(東京・新宿)として開業した。商品を単に陳列、展示するだけでなく、購入したら実現する暮らしを消費者がイメージできるように最新技術を使って工夫を凝らした。関連する雑貨の販売やイベントなどにも活用し、潜在顧客との接点を増やす。
[日経MJ/創るスマートビズ 15/11/04]
◇クリナップ・キッチンタウン・東京
https://cleanup.jp/showroom/info/kanto/shinjuku.shtml

◆店で体験、納得買い!シャンプー・歯磨き・洗剤まで
サンプルの大量投下やテレビCMを主体としてきたシャンプーや洗剤の販促に、「体験販売」の波が押し寄せている。本格的な美容ブースを設置して施術したり、人気講師を起用して洗濯講座を開いたりと、日用品各社は独自性を競う。家庭用品では商品の高機能化が進んでおり、潜在顧客にその付加価値を具体的に知ってもらうことが欠かせないと判断。口コミ効果も狙っている。
日経MJ 15/11/06]
◇期間限定「ASIENCE MEGURI SALON」
http://www.kao.co.jp/asience-meguri/salon/
◇ASIENCE MEGURI SALON がタタですごい!
http://mery.jp/165472
◇ライオンのオーラルケア用品店「オーラリシス」
http://oralysis.oralcom.net/
◇口内のコンシェルジュ「オーラリシス」(Blog)
http://akiofffice.blog65.fc2.com/blog-entry-829.html?sp

◆買った!「オレの決断」、伊勢丹メンズ館100人に聞いてみた
・希少性・物語を重視、欲しい物ためらう背景 所有品に愛着 処分に二の足
100人が「最近思い切って買った物」の価格はそれぞれの「月々のお小遣い」の何倍かを算出したところ、平均すると5倍だった。金額では平均57.8万円。「車」「家具」「旅行」などが金額を押し上げた。「買っていない物」でランキングが上昇するのは、帽子などの「ファッション雑貨」。14人が挙げ、うち11人が「財布」と答えた。
値段は2万~20万円超とばらついたが、日常使いのアイテムだけに、使い勝手など自分に合う物を常に探している人が多かった。
[日経MJ 15/11/06]
◇伊勢丹メンズ館 HP
http://www.imn.jp/
◇伊勢丹メンズ館 FB
https://www.facebook.com/isetanmens

◆オトナ家電、選びやすく、三菱電機、「便利機種」シリーズ化
三菱電機はシニア向けの家電「三菱大人家電」シリーズを展開する。既存商品のうちシニアにとって使いやすい機種をピックアップし、シリーズ化して購入時に選びやすくする。このほど専用サイトを立ち上げシニアに選び方をアドバイスするほか、店頭での売り場作りも検討する。
[日経MJ 15/11/06]
◇三菱大人家電 HP
http://www.mitsubishielectric.co.jp/club-me/otonakaden/
◇UD商品戦略が支える三菱の“大人家電”
http://www.insightnow.jp/article/8678
◇「提案力」で魅せる三菱の大人向け家電
http://www.mag2.com/p/news/27255
◇家電製品におけるユニバーサルデザイン/東芝
https://www.toshiba.co.jp/tech/review/2003/10/58_10pdf/a05300点の作品を展示している。絵画はもちろん、かぶり物や立体物のオブジェ、天井からつるす作品もある。いずれもレンタル・購入できる。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/11/08]
◇アートの保管・レンタル「ART STAND」 HP
https://artstand.jp/
◇アートシェアリングサービス「ART STAND」
http://ascii.jp/elem/000/001/061/1061538/
◇新サービス「ART STAND」開始
http://www.japandesign.ne.jp/editors/art-stand/

◆みんなでリノベ、ワイワイ、楽しさアップ、仲間と、家族と
経験をシェア、知恵出し合う
自宅や店舗のリノベーションを友人、知人らと楽しむ人の輪が広がっている。仲間集めは交流サイトを活用。作業風景の写真を投稿するのも忘れない。壁を塗ったり、部屋を飾り付けたりといった工程は意外と難しく、大変なことも多い。1人で黙々と作業するだけでなく、みんなでワイワイ取り組むことができれば、リノベも一段と楽しくなりそうだ。
[日経MJ 15/11/08]
◇日本リ・ファッション協会 HP
http://www.refashion.jp/
◇日本リ・ファッション協会 FB
https://www.facebook.com/refashionjp
◇Tunnel運営「RoomClip」
http://roomclip.jp/
◇改装写真の交流サイト「ルームクリップ」人気
http://www.reform-online.jp/interview/6503.php
◇DIY×リノベ×ワークショップ「茶山台団地」
http://suumo.jp/journal/2015/01/06/75835/
◇リアルにDIYを体験できる「DIY FACTORY 」 HP
http://www.diyfactory.jp/
◇漆喰DIY専門店「ロハスウォール」 HP
http://www.lohaswall.com/

◆ヒトとモノ次代の関係 15年度グッドデザイン賞
乗りやすさ追求 近未来を具現化
究極の「丸」実現 ICT浸透に道
2015年度のグッドデザイン賞が決まった。3658件の応募作品からパーソナルモビリティ「 WHILL Model A」が大賞を獲得した。大賞候補には人とモノとの新しい関わり方や、社会の課題や要求に向き合い新たな仕組みづくりに挑んだ先駆性のあるデザインが目を引いた。
[日経MJ 15/11/11]
◇グッドデザイン賞2015
https://www.g-mark.org/news/2015/
◇2015年のグッドデザイン賞の大賞候補を発表
http://news.mynavi.jp/articles/2015/10/30/gd/
◇大賞受賞「パーソナルモビリティ WHILL Model A」
http://whill.jp/
◇WHILL Japan FB
https://www.facebook.com/WHILL-Japan-1470252703236461/
◇筋電義手「HACKberry」 HP
http://exiii.jp/hackberry.html
◇和食給食応援団 HP
http://washoku.ikbkr.com/
◇ディスプレイデバイスカンパニー「フリーフォームディスプレイ」 HP
http://www.sharp.co.jp/dp/

◆爆買い、スマホで調査 中国の空港でQRコード配布、ブルームーン
企業の需要予測手助け
マーケティング支援のブルームーン・マーケティング(東京・港)は月内にも日本を訪れる中国人旅行者にスマホを使ってアンケート調査ができるサービスを始める。日本で何を買いたいかなど出発前や帰国後に簡単にアンケートが取れ、回収できる。訪日客の爆買い需要を取り込みたい日本国内の日用品メーカーや小売業などの需要を狙う。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/11/13]
◇ブルームーン・マーケティング HP
http://bluemoonmarketing.jp/
◇ブルームーン・マーケティング FB
https://www.facebook.com/bluemoonmarketing
◇中国人向け「訪日直前空港アンケート」「旅行中定性調査」
http://bluemoonmarketing.jp/wp/wp-content/uploads/2015/11/20151113_Ulink_BM_final.pdf
◇訪日外国人観光客の買い物に関する調査/ブルームーン
http://news.livedoor.com/article/detail/10058708/

◆全国に広がれ「ふるさと名物商品」 米、地酒、工芸品ネットで1~3割安く
地域の特産品を割安に買える「ふるさと名物商品」が広がっている。米や果物といった食品から工芸品、ジュエリーなど高額品まで幅広い商品が1~3割引き程度で購入できる。都道府県が商品を指定して割引分を補助。提携するインターネット通信販売サイトで扱われることで、知る人ぞ知る特産品を全国区に広めることが狙いだ。
[産経新聞 15/10/16]
◇相和シボリ工業 HP
http://aiwasibori.com/
◇鏡面研磨「小林研業」
http://www.ginzado.ne.jp/~kenma/
◇ipod背面を鏡面研磨した小林研業
http://matome.naver.jp/odai/2136679678830456701
◇金胎麗漆溜塗ビアタンブラー
http://sankeishop.jp/shopdetail/000000002696/
◇みやぎの、ふるさとものがたり
http://miyagi-furusatowari.jp/

◆「2次元オタク女子」開花
アニメ・マンガ・ゲーム、イケメン応援隊
10~20代を中心に「オタク」を自任する女性が増えている。特にマンガやアニメ、ゲームといったコンテンツを身近に感じ、それに関わる支出に積極的だ。消費を生みだすそのパワーに、今、さまざまな企業の注目が集まる。
「10代後半~20代前半にとってオタクとは『~が好き』くらいの意味合い」。「オタク」のイメージは大きく変わっている。
[日経MJ 15/11/13]
◇アニメイトガールズフェスティバル2015 HP
http://www.animate.co.jp/special/agf/pc/agf_news.php
◇「オタクがラブなもの研究所」調査/電通(原典)
http://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2012021-0305.pdf
◇「アニメイトガールズフェスティバル」Red AREAブースレポート
http://www.animate.tv/news/details.php?id=1446860876
◇「オタク」市場に関する調査2014 /矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/press/pdf/1334.pdf
◇オタクがメジャーになってきた
http://mag.sendenkaigi.com/brain/201502/aoyama-meeting/004255.php
◇オタクのフリマ「オタマート」 HP
http://otamart.com/

| | トラックバック (0)

2015/11/28

情報クリップダイジェスト 21015/10

◆翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 
京の伝統、宿で昇華、嵐山の立地、存分に
世界的な観光名所、京都・嵐山に高級外資ホテルチェーンが3月に開業した。米ホテル大手スターウッドグループの最高級ブランド「ラグジュアリーコレクション」だ。国内初進出で、森トラスト・ホテルズ&リゾーツが運営する。嵐山という誰もが羨む場所にホテルを開業することができたが、同社はあぐらをかくことなく、宿泊客をひき付ける仕掛け作りにこだわる。
[日経MJ/みせどころ 15/09/28]
◇翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 HP
http://www.suirankyoto.com/
◇京都・嵐山に外資が開業 純和風の最高級ホテル
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150320/1063285/?rt=nocnt
◇翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 について(Blog)
http://blog.goo.ne.jp/rugby67170613/e/eac150807db9f794a340a2cd799fe78e

◆訪日客へ和の玩具  枯山水のパズル、日本庭園ボード
天然石、白川砂の本格派
日本庭園や法被など日本文化の要素を取り入れた玩具が相次いで登場している。伝統的な日本庭園の様式である枯れ山水をモチーフにした商品や、訪日外国人の需要を見込み、和装のぬいぐるみを販売する。国内で少子化が進むなか、既存の商品に和風テイストを取り入れシニアや外国人など新規層の開拓を狙う。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/09/21]
◇パズル「ビバリー」 HP
https://www.be-en.co.jp/
◇置くパズル「枯山水ジグソーパズル」
http://matome.naver.jp/odai/2144102720549177801
◇ニューゲームズオーダー HP
http://www.newgamesorder.jp/
◇異色の国産ボードゲーム「枯山水」が話題
http://withnews.jp/article/f0150208000qq000000000000000W00b0701qq000011479A
◇ボードゲーム「枯山水」 について(Blog)
http://blog.livedoor.jp/akirapsychology/archives/52411853.html
◇日本をテーマにしたボードゲーム達
http://boardgamegarden.blogspot.jp/2015/02/blog-post_20.html

◆有田焼、新たなステージ 創業400年、窯元のプロジェクト始動
シンプルな器に 青色顔料を塗る
古民家を生かし 新ブランド販売
日本磁器発祥の地、佐賀県有田町で有田焼の窯元がこれまでの歴史で培ってきた技術や商品を掘り起こし、時代に合わせて「リブランディング」する「つたうプロジェクト」が本格的に動き出した。400年の歴史に区切りをつけ、デザインを変え新たなステージへと向かう。
[日経MJ 15/10/14]
◇つたうプロジェクト HP
http://tsutau-arita.jp/products.html
◇有田焼6つの窯元がリブランディングする「つたうプロジェクト」
http://folk-media.com/87080
◇メイドインジャパンプロジェクト HP
http://www.mijp.co.jp/
◇副久製陶所「GOSU(誤須)」 HP
http://soekyu.jp/company
◇梶謙製磁社 FB
https://www.facebook.com/kajikenseiji
◇CSS  Design Awards HP
http://www.cssdesignawards.com/

◆1冊だけの本の世界へ 翌週は別の本、16平方メートルの森岡書店
静ひつな空間に細長いテーブル
手で、目で、鼻で五感で読み解く
今年5月、1週間に1冊だけを紹介する小さな書店がオープンした。遠方から足を運んできた読者に「ここで買いたかった」と言わせる新しい本の売り方に注目が集まっている。品ぞろえで勝る大手書店やネット購入では味わえない魅力をデザインの視点から探ってみた。
[日経MJ 15/09/16]
◇森岡書店 FB
https://www.facebook.com/pages/%E6%A3%AE%E5%B2%A1%E6%9B%B8%E5%BA%97/174129029325490?sk=info
◇森岡書店 Twitter
https://twitter.com/moriokashoten
◇一冊の本を売る書店「森岡書店銀座店」がオープン!
http://colocal.jp/news/47603.html
◇小澤典代著『一緒に暮らす布』について
http://blog.kata-kata04.com/?eid=1091623

◆「アンドフリー」(西川産業)快眠導く環境プロデュース
西川産業が寝具だけでなく、快眠を後押しするモノやサービスをまとめて売りこむビジネスを始めている。3月に立ち上げた新ブランド「アンドフリー」ではオーダーメードの枕とマットレスを顧客に応じて調整するほか、アロマや音楽CDなど快眠に良いとされる雑貨も取り扱う。主力ブランドに匹敵する収益の柱に育てるべく、幅広い取り組みを進めている。
[日経MJ/創るスマートビズ 15/09/16]
◇西川「&Free」 HP
http://andfree.jp/
◇西川新ブランド「&Free」まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2142962303621838601
◇睡眠に関する調査/フジ医療器
http://www.fujiiryoki.co.jp/company/news/news2/n065.html
◇寝具に対する日本人の意識調査/イケア
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000006550.html

◆ネット通販の20年 買い手ワクワクさせる余地
筆者が主宰するブログ「らむね的通販生活」がこの88月20周年を迎えた。この20年はネット通販=アマゾンの20年でもある。アマゾンが新市場をつくり、それまでのルールを破壊した。
95年はゼロに近かったインターネット通販の売り上げ規模が6兆円超(14年度JADMA推計値)となった。
アマゾンがやらないこと、アマゾンにできないこと、自分たちが圧倒的に優位になれること。それらを買い手の立場から徹底的に考えていくことが、あらゆる場面で必要になってくる。
[日経MJ/e本流ビジネス 15/09/18]
◇らむね的通販生活 HP
http://www.lamune.com/
◇ジャドマ通販研究所 HP
http://www.jadma.org/
◇2014年度の通販市場規模/ジャドマ
https://netshop.impress.co.jp/node/2058
◇ネット通販市場は小売りの20%、60兆円に
http://toyokeizai.net/articles/-/48945
◇日本の小売業界のEC化率がアメリカを超えた
http://marketing-partner.jp/marketing/retail_2014/
◇ヤフー小澤隆生氏が語る「EC業界の未来予測」
http://logmi.jp/22038
◇ECとネット広告のこれから
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/2966
◇2015年上半期速報 ユーザーの67%、売上の46%がスマホ経由に
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/4411

◆エアビーアンドビー老朽ビルに光 「カプセルタワー」人気再燃
「中銀(なかぎん)カプセルタワービル」。ドラム型洗濯機のような「カプセル」を積み重ねた独特の外観をみれば「あれか」と思うだろう。
世界的な建築家、故黒川紀章氏の代表作でもあるこのマンションの保存・活用を巡り、ネットを使った新たな動きが出てきた。きっかけはクラウドファンディングと個人の空き部屋をネットで仲介するサービスだ。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/09/21]
◇中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
http://www.nakagincapsuletower.com/
◇米Airbnb HP
https://www.airbnb.jp/
◇「中銀カプセルタワービル」にAirbnbで泊まれるようになってる!
http://tipstour.net/website/7781
◇「中銀カプセルタワービル」まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138133868305525501
◇「中銀カプセルタワービル」応援団
http://blog.livedoor.jp/laute33/
◇「中銀カプセルタワービル」を未来へ!
https://motion-gallery.net/projects/nakagincapsule2015

◆ヨーカ堂40店、ユニー50店計画、「
GMS大量閉店」到来
構造不況20年、地域で存在感薄れる、ネット通販や専門店が台頭
国内に約1850ある総合スーパー(GMS)に大量閉店の波が押し寄せている。セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂は2020年2月期までに40店舗を閉める方針を固めた。ユニーグループ・ホールディングスも最大で50店を閉店する方向で検討に入った。
[日経MJ 15/09/21]
◇「イトーヨーカ堂」業績低迷で店舗の大量閉鎖を検討!
https://gunosy.com/articles/RZPfI
◇イトーヨーカ堂改革の成否
http://toyokeizai.net/articles/-/11263
◇総合スーパーにのしかかる出口のない未来
http://toyokeizai.net/articles/-/88629
◇イトーヨーカ堂が40店舗閉鎖へ まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2144254143537398201
◇イオン撃沈!やっぱり下方修正で光明見えず
http://toyokeizai.net/articles/-/64060
◇セブン、コンビニ絶好調でも1%増益のナゼ
http://toyokeizai.net/articles/-/65199

◆銀行、制服に回帰 安心感・親しみアピール 好業績受け転換
銀行や信用金庫で、いったんは廃止した行員の制服を復活させる動きが相次いでいる。経費削減やお堅いイメージの払拭を狙って私服に切り替えたものの、再び制服を導入する見直しが全国で広がる。低金利のもとで、企業や個人への厳しい貸し出し競争が続くなか、他行との違いを制服でアピールする金融機関もある。
[朝日新聞 15/09/28]
◇銀行窓口で女性行員の制服が復活
http://www.sankei.com/economy/news/150818/ecn1508180040-n1.html
◇企業の「制服」クールに進化 社員やる気アップ、社内に一体感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00000092-san-bus_all
◇銀行経営のカギは独立性より専門知識
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO92794860U5A011C1000000/

◆地方SC生き残り術
人口減少・テナント撤退、行政も協力、複合施設に、未進出店の誘致に尽力、再生へ地元目線で運営
総売上高が29兆円を超え、小売業全体の2割を占めるショッピングセンター(SC)が曲がり角を迎えている。閉鎖する動きが増えているほか、テナントが撤退したSCでは補充に奔走する。
大手も苦戦、リニューアル注力、資金力で二極化進む。
[日経MJ 15/09/28]
◇日本ショッピングセンター協会 HP
http://www.jcsc.or.jp/
◇郊外SCが生き残るためにはショッピングからの脱却が必要
http://pinonon.com/shoppingmall/
◇値下げ要請から脱却できないSC
http://blog.livedoor.jp/okane_koneta/archives/51829830.html
◇郊外型SCの介護・医療地域センター化による地方創生
http://xn--pssi613hli6b.com/?p=441
◇熊本「県民百貨店」閉店に見る地方百貨店の現実
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-08-28/kenmin-hyakkaten/
◇パルコのオルタナティブが存在しない日本はヤバい
http://gudachan.hatenablog.com/entry/2014/08/21/001430

◆メーカー、直販サイト開設 ファンの心つかむ手段に
先月、鹿児島県で「ダイレクトサミット」というイベントが開催された。直販や通販事業に携わる企業を対象に、ダイレクトマーケティングのテーマに特化した日本初のイベントだ。顧客がスマホを手にしてどこでも購入の意思決定ができる今、メーカーにとっても、自社のブランドを選択してもらうためにどのようなチャネルを構築するかは非常に重要な議論になっている。
[日経MJ/e本流ビジネス 15/09/30]
◇ダイレクトサミット2015
http://imediasummit.jp/direct-summit/
◇ディーエムジー・イベンツ・ジャパン HP
http://dmgevents.jp/
◇霧島酒造 HP
http://www.kirishima-product.com/
◇「ダイレクトサミット」レポート
http://www.temahima.company/#!Direct-Summit-2015-%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/cp9w/55f11acd0cf24e84f7661450
◇ネイティブ広告の特徴やポイントが簡単に理解できる5記事まとめ
https://ferret-plus.com/220

◆ドヤラー増殖、カフェで仕事、ノマド進化形、今や企業も関心
ノマド(遊牧民)ワーカーといえばカフェなどオフィスや自宅以外を転々としながら仕事をこなす人のこと。その象徴としてネットでしばしば話題に上るのが「ドヤラー」だ。以前はスターバックスコーヒーで米アップルのノートパソコン「Mac Book Air(MBA)」を得意顔で操る人を冷やかすスラングだったが、組織に縛られない新しい働き方につながる肯定的なイメージも生まれつつある。
[日経MJ 15/09/30]
◇話題のドヤリングの実態を調査!
http://spotlight-media.jp/article/102468443292400031
◇ドヤリングスペース「Caffice」オープン
http://rocketnews24.com/2014/10/23/501826/
◇これさえあれば君もドヤラーだ!
http://rocketnews24.com/2014/01/17/405239/

◆家の中に自分の「小屋」、リノベる・SuMiKa、集合住宅向け
ベッド・収納…空間便利に
共同開発した「家の中の小屋」は、リノベるの改修メニューのひとつとして提供するほか、SuMiKaのサイトでも販売する。子供ができるなど生活に変化があった際に手軽に設置したり、取り外したりできる。戸建てでも使え、機能などに応じて3種類を取りそろえる。
[日経MJ 15/09/30]
◇リノベる×SuMiKa業務提携
https://sumika.me/sumika_renoveru
◇SuMiKa HP
https://sumika.me/

◆ファン度を数値で提めす 売り上げ伸ばす顧客の作り方
顧客の声、社内共有
顧客の満足度を高めたら収益は本当に伸びるのか。ベイン・アンド・カンパニーで顧客戦略などのコンサルティングに携わる大越一樹プリンシパルは「“満足”を超え、実際に人より多く買ったり周りに薦めたりするファン顧客を増やすことが大切」と主張する。
[日経MJ 15/09/30]
◇ベイン・アンド・カンパニー HP
http://www.bain.com/offices/tokyo/ja/
◇顧客ロイヤルティを向上させるための手順
https://blog.kairosmarketing.net/lead-management/customer-royality-campaign/
◇NPS と顧客満足度の関係性調査/wizpra
https://www.wizpra.com/media/2015/05/press-release-20150501.pdf
◇NPSというマーケティング指標について調べてみた
http://qiita.com/shima_x/items/7a7a386803d679fffd86
◇オウンドメディアの11個の成功事例と分析
http://liskul.com/wm_ownedmsp11-4514

◆突き抜けたシンプル 伊藤バインダリーの紙文具
機能と艶やかさ どこまでも徹底
一冊一冊手作業 欧米各国を魅了
東京・下町の町工場が世界に羽ばたく。墨田区にある製本会社、伊藤バインダリーが手掛ける紙文具は海外の約200店舗で販売される。しかもフランス、スイス、イギリスといったデザインに対する高い審美眼を持つ欧米が中心だ。2001年に発売したドローイングパッドはその目新しさが受けてクリスマスギフトなどで注目を集め、10年にはグッドデザイン賞にも輝いた。
[日経MJ 15/09/30]
◇伊藤バインダリー HP
http://www.ito-bindery.co.jp/
◇シボネ青山 HP
http://www.cibone.com/
◇危機意識からはじまった新しいプロダクト
http://tokyo-skytree-navi.com/ct/?p=14331
◇伊藤バインダー紹介/東京都産業労働局
https://tokyo-ritti.jp/special/voice/ito_bindery.html

◆家で「本格」飲み、スーパー売り場、珍味や酒類充実
高価格帯、こだわる層が支持
自宅でお酒を楽しむ「家飲み」人気が続いている。女性やシニアらが手軽に飲める低アルコール飲料の品ぞろえが充実しているほか、家でも本格的なつまみを楽しめる売り場も増える。家飲みは新たなライフスタイルとして幅広い年齢層に定着しつつある。
[日経MJ 15/09/30]
◇ダイエー新業態「フードスタイルストア」1号店
http://www.daiei.co.jp/corporate/index.php/release/lists/detail/1144
◇「家飲み」に関する意識調査/asahi
http://www.asahigroup-holdings.com/news/2015/0721.html
◇「家飲み」に関する意識調査/ニチロ
www.maruha-nichiro.co.jp/news_center/research/pdf/20140819_ienomi_cyousa.pdf

◆割安ホテル開業の波、カフェやオフィスビル参入、訪日客増え不足感
ゲストハウスやカプセルホテルなど割安な宿泊施設が相次いで開業する。カフェ「ワイアード カフェ」のカフェ・カンパニーはゲストハウス事業に参入する。カプセルホテル「ファーストキャビン」のファーストキャビンは2020年までに店舗数を約10倍に増やす。訪日外国人が増え、ビジネス客向けも含めて割安な施設が不足する現状に対応する。
[日経MJ 15/10/07]
◇ワイアード カフェ HP
http://www.cafecompany.co.jp/brands/wired/
◇カプセルホテル「ファーストキャビン」 HP
http://first-cabin.jp/
◇オフィスビルを大規模転用「「ホテルマイステイズ羽田」
http://www.traicy.com/archives/8402498.html
◇海外観光客増でホテル不足、打開策はオフィスビル改装
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKBN0OQ0JQ.html

◆未来をつかむ電動義手 exiii、低価格・かっこよさ両立
パーツ素材や色 自由に選択可能
靴履くように着飾る製品へ
映画の世界から飛び出したようなスタイリッシュなデザイン。その姿は義手というよりも近未来のアクセサリーに近い。手がけるのは電動義手に革命をもたらそうとするベンチャー、「exiii(イクシー)」だ。低価格とデザイン性の高さで新たな需要の開拓を狙う。
[日経MJ 15/10/07]
◇exiii(イクシー) HP
http://exiii.jp/
◇筋電義手handiiiをまず二人の協力者に届けたい!
http://kibi-dango.jp/info.php?type=items&id=I0000063
◇義手の世界に革命起こす「handiii(ハンディ)」
http://itnp.net/story/973
◇世界も注目する筋電義手「handiii」(前編)
http://nikkomaple.net/ja/exiii-handiii-interview-1/
◇世界も注目する筋電義手「handiii」(後編)
http://nikkomaple.net/ja/exiii-handiii-interview-2/
◇ジェームズ ダイソン アワード HP
http://www.jamesdysonaward.org/ja/

◆サビ塗装、渋さ漂う、使い込んだ味に素早く、缶・電気スタンド・机
普通なら困りものの「サビ」が今、なぜか人気だ。日用品を本当にサビさせるのではなく、塗料をうまく使って、草木を植える缶や机などをわざわざ長年放置したようなサビ色に染め上げていく。黒や茶色に朽ちた様子は、昔から使い込んでいるかのように庭や室内の空間にしっくりとなじんでいる。
[日経MJ 15/10/07]
◇河野自然園 HP
http://kohno-shizenen.com/
◇アメリカの雑貨店「キャンディタワー」 HP
http://www.candytower.com/
◇あえてのサビ加工、話題の「リメ缶」
http://matome.naver.jp/odai/2141230208931683001
◇いま「リメイク缶」がアツすぎる!参考にしたいデザイン30選
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1143346270683322001

◆食器、静かなる進化、機能性、チタンや銅で実現
氷に刺さるスプーン、箸置き不要の箸、高い保冷・保温力の容器
使い勝手が進化した食器やカトラリーが注目されている。家飲みやホームパーティーが増える中、自宅でゆったり食事の時間を過ごす手助けになるようなアイテムが続々登場。少しぜいたくな食材や飲み物を楽しむちょい高志向も、こだわりの食器に目を向かせている。
[日経MJ 15/10/09]
◇カトラリー卸「アヅマ」 HP
http://www.azuma-web.co.jp/
◇新ブランド「カパーザカトラリー」
http://www.azuma-web.co.jp/products/list.php?category_id=19
◇チタン製真空二重カップ「SUSgallery」 HP
http://susgallery.jp/
◇チタン製真空二重カップ「SUSgallery」 FB
https://www.facebook.com/susgallery.jp
◇アッシュコンセプト HP
http://www.h-concept.jp/
◇アッシュコンセプト「ウキハシ」
http://h-concept.jp/fs/hshop/ukihashi-standard
◇デザインプロダクトショップ「コンセント」について
http://lwp-magazine.com/2013/07/23/koncent/
◇香るフォーク「アロマレボリューション」
https://www.rakunew.com/items/71527
◇フランス料理店「オオハラ・エ・シーアイイー」 HP
http://ohara-et-cie.com/

◆地方の魅力、海外にPR、小売・飲食店、商談会に積極参加
旅行会社と直接接点
訪日外国人(インバウンド)消費を取り込もうと地方の商業施設や飲食店が海外の旅行会社と直接接点をもつ動きを強めている。このほど都内で開かれた商談会「ビジット ジャパン トラベル&マイスマート2015」はキャンセル待ちを締め切るほどの盛況ぶり。インバウンド消費を貪欲に取り込もうとする攻めの姿勢が目立っている。
[日経MJ 15/10/09]
◇ビジット ジャパン トラベル&マイスマート2015
http://vjtm.jp/j/

◆日本再発見!リ・バウンド 訪日客のSNS拡散
「お墨付き」日本人動く
訪日外国人の「インバウンド消費」が加速する中、彼らの消費行動が日本人にも影響を与えている。訪日客に人気とSNSなどで取り上げられたことをきっかけに、日本人から改めて評価されたり再注目されたりする店やモノが目立ち始めているのだ。各地に広がる「リ・バウンド」現象を追った。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/10/014]
◇世界1億4000万ユーザーが使う口コミサイト「Yelp」
http://www.dremi.jp/trip/yelp/
◇訪日客に学ぶ通な歩き方
http://blog.goo.ne.jp/pineapplehank/e/c72c344c9cbcda1e8adbe00394ea1fdb
◇京都「サムライ剣舞シアター」 HP
http://www.samurai-kembu.jp/jn/
◇アバウトライフコーヒーブリュワーズ HP
http://www.about-life.coffee/
◇地域活性化のコンサルタント「フォーティR&C HP」
http://www.forty-jp.com/
◇インバウンドビジネスPF「やまとごころ.jp」
http://www.yamatogokoro.jp/
◇カタカナTシャツ人気が渋谷109の訪日客や学生に拡大
http://www.fashionsnap.com/news/2015-07-30/109-kana-t/?utm_source=antenna
◇「定番」に飽きたらぬ訪日客に意外な人気スポット
http://www.sankei.com/west/news/151013/wst1510130005-n1.html
◇小泉八雲、ブルーノ・タウト、外国人が再発見した日本美
http://www.projectdesign.jp/201412/vitalizinglocal/001752.php

◆カフェ1886アットボッシュ 製品の世界観感じる
自動車部品の世界大手、独ボッシュグループの日本法人は9月10日、東京・渋谷の本社1階に一般客向けショールームを併設したカフェを開いた。会社をイメージしたカフェはボッシュグループとしても初の試みだ。開業から1カ月が過ぎ、想定以上に女性客を中心に幅広い客層から認知度が高まりつつある。
[日経MJ/出来立てスポット 15/10/14]
◇cafe_1886 at Bosch
http://www.transit-web.com/
◇渋谷「cafe 1886 at BOSCH」
https://www.goodspress.jp/reports/14452/?all#more-14452

◆職場で着られる少女ファッション、コンサバ、大人心×ロリータ
乙女心、飾り控え目、落ち着き演出
フリルやレースを多用し西洋人形のようなかわいらしさを打ち出すロリータファッションが大人向けに進化している。落ち着いた色合いで飾りも控えめなデザインが続々登場。職場や子供の入園式などフォーマルな場で着る女性も増えている。就職や結婚などを機に一度は卒業した20~30代が、コンサバなロリータファッションに戻ってきているようだ。
[日経MJ 15/10/14]
◇アパレルブランド「ROSA BIANCA」 HP
http://rosabianca.jp/
◇ロリータブランド「イノセント ワールド」 HP
http://innocent-w.jp/
◇モール・オブ・ティーヴィー HP
http://www.motv.co.jp/
◇ファッションマガジン「KERA/ケラ」
http://www.motv.co.jp/kera/
◇2015年最新Neo Lolita まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2142201148680556701
◇ロリータに変身「メゾン・ド・ジュリエッタ」
http://www.maison-de-julietta.net/

◆コンテンポラリー・ジュエリーの巨匠を回顧する
「オットー・クンツリ展」 東京都庭園美術館で開催中
1960年代から欧州を中心に世界へ広がった「コンテンポラリー・ジュエリー」という分野がある。直訳すれば現代のジュエリーだが、それは単に身を飾る以上の意味を持ち、「アートとしてのジュエリー」と捉えられることが多い。このジャンルの巨匠、オットー・クンツリの回顧展が開かれており、コンテンポラリー・ジュエリーについて理解を深める好機となっている。
[産経新聞 15/10/15]
◇オットー・クンツリ展
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/151010-1227_kunzli.html
◇「オットー・クンツリ展」が東京都庭園美術館で開催
http://www.fashion-press.net/news/18578

| | トラックバック (0)

2015/10/26

情報クリップ・ダイジェスト 2015/09

◆歌舞伎、世界に発信へ
6月19日夜、国立劇場初の「外国人のための歌舞伎鑑賞教室」が行われ、英国への留学経験のある歌舞伎俳優、坂東亀寿(かめとし)(36)が英語で呼び掛けた。タレント、春香クリスティーン(23)の質問に答える形で、2人が歌舞伎独特の効果音や女形の化粧法などを解説。国立劇場が主に学生対象に行う「歌舞伎鑑賞教室」を外国人向けにアレンジする形で進められた。
[産経新聞 15/08/02]
◇歌舞伎 HP
https://www.kabuki.ne.jp/
◇外国人のための歌舞伎鑑賞教室を開催しました
https://www.kabuki.ne.jp/cms/topics_20150624_884.html                 
◇成田空港「Kabuki Gate」
http://www.shochiku.co.jp/docs/150129.pdf
◇シネマ歌舞伎 HP
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

◆「寄木細工」に現代の息吹、おちょこ・ぼたん…日常使い
20種類の木使用 自然の表情重視
百貨店でも人気 海外開拓に意欲
白に黄色、緑、紫、それにピンク。木と言えば茶色と思いがちだが、天然の木は実に多彩な色を持ち合わせている。「OTA MOKKO(オオタモッコウ)」はそんな色を大胆にときに繊細に使い、伝統工芸である「箱根寄木細工」に今日的な風を吹き込んでいる。
伝統工芸でどれだけ現代の魅力が作れるか。これまで小物が中心だったが今後はイスやテーブルといった家具にも挑戦していくという。
[日経MJ 15/08/19]
◇箱根寄木細工「OTA MOKKO」 HP
http://ota-mokko.com/
◇箱根寄木細工の工房「OTA MOKKO」
http://www.sankei.com/region/news/141116/rgn1411160049-n1.html
◇寄せ木細工職人集団「雑木囃子」 HP
http://www.zoukibayashi.jp/
◇OTA MOKKO について(Blog)
http://mille-turu.com/?p=2709

◆埼玉、コスプレ聖地に、自治体が集客イベント
廃校で撮影会、街歩き企画
アニメの登場人物などにふんするコスプレを地域振興に生かす取り組みが埼玉県内の自治体に広がっている。横瀬町は廃校を活用したコスプレ撮影イベントを継続開催するほか、宮代町は衣装を着て街歩きをする企画を来年度も開く方針だ。都市部にはない独特のロケーションに加え、都心から近いアクセスの良さも人気を集める。
[日経MJ 15/08/24]
◇あしがくぼ笑楽校
http://www.yokoze.org/shisetsu/ashigakubo_elementaryschool/
◇大宮に美人コスプレイヤー大集合
http://soudasaitama.com/sightseeing/2277.html
◇「ラブコスみやしろ」開催
http://www.town.miyashiro.saitama.jp/WWW/wwwpr.nsf/b88b959b14cc2113492573ee00229583/4e0494db09
◇コミュニティーセンター「進修館」 HP
http://www.shinsyukan.or.jp/
◇アニメ・マンガまつりin 埼玉(アニ玉祭」
http://anitamasai.jp/

◆大切な品々、美しく映す 伝統技法・国産材使った家具
ガラス5面から光 収納した食器輝く
無駄をそぎ落としモダンな風合いに
国際見本市「インテリアライフスタイル東京」で、日本のインテリアブランド「タイムアンドスタイル」の新作がアワードを受賞した。北海道産の木材を用い、接合に釘を使わない東洋の伝統技法で作られた旭川製のキャビネット。現代のライフスタイルにうってつけの家具と評された。
[日経MJ 15/09/02]
◇タイムアンドスタイル HP
http://www.timeandstyle.com/
◇インテリア ライフスタイル東京 HP
http://www.interior-lifestyle.com/
◇「インテリア ライフスタイル」アワードが決定
http://www.japandesign.ne.jp/editors/150610-ils4/

◆めざせ!ヒマ充、朝型勤務・余暇拡大つかめ
●サービス、きめ細かく、漫画喫茶でダーツ、勤務後にゴスペル、ネイル+映画
ノー残業デーや朝型勤務などが広がり、余暇の時間が増えている。ぽっかり時間が空くと、何もせずに「ぼーっと」していることに耐えられない人も少なくないだろう。そんな人向けにスマホアプリやインターネットだけでなく、多彩な「暇つぶし」サービスが続々登場している。
[日経MJ 15/08/16]
◇ヴァリック HP
http://www.valic.co.jp/
◇快活CLUB HP
http://www.kaikatsu.jp/
◇レジャー白書2015、余暇市場は2年連続拡大
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=68630
◇メディア定点調査2015時系列分析/博報堂(原典)
http://www.hakuhodody-media.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/07/HDYmpnews201507071.pdf
◇多様化するネットワークメディアの利用の仕方/DNP
http://www.dnp.co.jp/cio/mediavalue/teitenbunseki/cluster.html

◆作業場レンタル・講座 DIY、気軽に体験、素人も愛好家も楽しめる
女性を中心にDIY(日曜大工)人気が高まっている。園芸資材製造販売のプロトリーフ(東京・港)は3月DIY専門店の「tukuriba(ツクリバ)」を開いた。木材や塗料などDIY用品の販売に加え、作業場の貸し出しや体験講座などのサービスを提供している。モノを作るよりも壊すほうが得意な記者(31)が体験講座に参加してみた。
[日経MJ/新サービス記者がチェック 15/08/16]
◇プロトリーフ HP
http://www.protoleaf.co.jp/
◇DIYショップ「tukuriba」 HP
http://www.tukuriba.jp/
◇DIYショップ「tukuriba」 FB
https://www.facebook.com/tukuriba.jp
◇DIY初心者の女性向けワークスペース「tukuriba」
http://beauty.yahoo.co.jp/buzz/articles/195558
◇「tukuriba」店長DIYのブログ
http://ryoumiharu3022.blog.fc2.com/blog-category-50.html

◆日本未入荷品を現地価格通販 LINE、出合いを提供
無料対話アプリのLINEがEC事業で独自色を出している。7月には日本未入荷の海外ブランド品を現地価格で購入できるサービスを始めた。ECでは最後発の同社だが、新たなブランドとの出合いを提供するなど、先行する米アマゾン・ドット・コムや楽天と一線を画す。
「LINEトリップバザール」はスマホで海外の衣料や雑貨を現地価格で購入し、輸入できる。海外の通販サイトのように、英語で情報を入力したり、関税の手続きをしたりする必要はない。LINEの対話アプリから利用できる。
[日経MJ/戦略ネットBiz 15/08/19]
◇LINEトリップバザール新登場
http://official-blog.line.me/ja/archives/37249494.html
◇ LINEトリップバザールってなに?
http://moneytalk.tokyo/moneytalk/1269
◇LAバッグブランド「melie bianco」 HP
http://www.meliebianco.com/
◇LAジュエリーブランド「MARIDA」 HP
◇新たな決済サービスLINE Pay
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/3602
◇LINEのEC関連事業への参入が本格化!
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/4207

◆写真共有SNS、インスタグラム、眼力で売る
写真共有SNS「インスタグラム」。昨年12月には利用者数が世界で3億人を突破したが、日本でも販売戦略やブランディングに活用する企業や個人が運営する店が増えている。文字をあまり読まない世代に向けて、画像主体でブランドの世界観などをアピールできるのが最大の武器だ。
[日経MJ 15/08/21]
◇Instagram完全攻略マニュアル!
http://gaiax-socialmedialab.jp/instagram/355
◇クラシコム「北欧、暮らしの道具店」 HP
http://hokuohkurashi.com/
◇北欧、暮らしの道具展「公式instagram」はじめました
http://hokuohkurashi.com/note/70114
◇ISETAN PARK net
http://isetanparknet.com/
◇GU TimeLine
http://www.gu-japan.com/gutl/pc/
◇清水寺公式Instagram
https://instagram.com/feel_kiyomizudera/
◇「清水寺」のインスタグラムアカウントが、本気過ぎる!
http://tabi-labo.com/83633/kiyomizudera/
◇フォロワー数10倍!「ユニクロ銀座」
https://ferret-plus.com/1904
◇人気のインスタグラマーと企業に学ぶ
http://smmlab.jp/?p=37324
◇8月盛り上がりを見せたInstagramキャンペーン事例
http://smmlab.jp/?p=40472

◆ネット発のリアルイベント 売り手・買い手、出会いが魅力
今夏、インターネット発の大規模リアルイベントが続々と開催された。BASE(東京・渋谷)が主催した「WEEKEND BASE」と、クリーマ(同)が主催のハンドメイドインジャパンフェス(HMJ)、楽天による「楽フェス」に足を運んだ。HMJには約5千人のクリエーターが集結、約5万3千人が来た。楽フェスも想定の倍の人が訪れたという。
[日経MJ/e奔流ビジネス 15/08/21]
◇ネットショップ作成「BASE」 HP
https://thebase.in/
◇ハンドメイドインジャパンフェス2015 HP
https://hmj-fes.jp/
◇ハンドメイドインジャパンフェス2015 FB
https://www.facebook.com/HandmadeInJapan
◇ハンドメイドインジャパンフェス開催
http://park.tachikawaonline.jp/news/festival/9631/
◇壁紙屋本舗 FB
https://www.facebook.com/kabegamiyahonpo
◇BASEイベント「WEEKEND BASE」
http://weekendbase.jp/
◇「BASE』が広げる主婦の働き方の可能性
http://www.sensors.jp/post/base.html

◆「イケテル大人でありたい」 トレンドの新たな起点に
いままではトレンドといえば「若者起点」が常識だったが、いま、「大人起点」で様々なことが始まろうとしている。昨年、宝島社から「大人のおしゃれ手帖」が創刊。40、50代向けの女性誌で16万部が完売。現在さらに部数を伸ばしているという。そもそも宝島社では2010年に「40代女子」をキャッチフレーズに「GLOW」が創刊され、これも30万部が完売。そこから「女子」という言葉が前後の年代に拡散し、ついに今年は「70代女子」という言葉も登場。いま「大人起点」で新しいビジネスが次々に創られようとしている。
[日経MJ/阪本節郎の新大人学 15/08/21]
◇宝島「大人のおしゃれ手帖」 HP
http://tkj.jp/osharetecho/
◇宝島「大人のおしゃれ手帖」 FB
https://www.facebook.com/osharetecho
◇大人の音楽教室、生徒獲得へ新たな取り組み
http://toyokeizai.net/articles/-/63769

◆生花、パリに海外1号店、パーク・コーポ、日本流サービス
生花店「青山フラワーマーケット」を展開するパーク・コーポレーションは9月5日にフランスのパリに海外1号店を開く。ラッピングなど日本流のサービスで特徴を出して、花に対する目の厳しい現地の顧客を取り込む。同店舗を研修の場としても活用し、日本での商品展開に生かすほか、今後は米国やアジアへの進出も視野に入れる。
[日経M 15/08/24]
◇Aoyama Flower Market rue du Bac PARIS HP
www.aoyamaflowermarket.com/fr
◇青山フラワーマーケット リュードバック店
http://www.aoyamaflowermarket.com/pc/?action=News2015&mode=p4
◇青山フラワーマーケット「TEA HOUSE」
http://www.afm-teahouse.com/
◇まるで温室 青山フラワーマーケットのカフェ
http://spotlight-media.jp/article/141412711198630920

◆プチ密室、心地よく、一辺数十センチから1メートル、邪魔なし
「密室」というと何だか物騒だが、狭く囲われた空間には不思議な安心感がある。邪魔なものが入る余地がなく、誰の視線も気にならない。そんな人間心理のツボを突く「プチ密室」商品が受けている。一辺数十センチから1メートル強の濃密空間を体験してみた。
[日経MJ 15/08/26]
◇ルーシーオルターデザイン HP
http://lucyalterdesign.com/
◇ダンボール製の一人用映画観賞道具「SOLO THEATER」
http://grapee.jp/71863
◇話題のダンボール製「1人映画館」をついに商品化するぞー!
https://www.makuake.com/project/solotheater/
◇バンダイナムコグループ「VIBE」 HP
http://www.vibe.co.jp/
◇だんぼっち HP
http://www.danbocchi.com/
◇だんぼっち体験レポート
http://www.danbocchi.com/jd-campaign/report.html
◇大人の秘密基地「Kakureya」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1406/18/news134.html
◇話題の「kakureya」を体験
http://www.digimonostation.jp/news-trend/other/id19412

◆B級品、変身で定番に、家具・インテリア、無印、イデーで商品展開
生産時に出た布や木の端材、きず物にデザイナーの手を入れて生まれ変わらせて「B級品」ではなく定番商品で売る――。家具・インテリア製造販売のイデーは9月中旬から、著名デザイナーの皆川明氏が監修し、布を染め直したり、きず物に絵を描いた商品を売り出す。環境への配慮だけでなく、不ぞろいを個性として積極的にとらえる潮流に対応し、需要を開拓する。
[日経MJ 15/08/26]
◇ためてつなげるものづくり「POOL」
http://ryohin-keikaku.jp/news/2015_0611_02.html
◇イデーショップ 自由が丘店リニューアルオープン
http://www.idee.co.jp/company/press_release/201508/jiyrenewal.html
◇皆川明氏サイト「mina perhonen」
http://www.mina-perhonen.jp/
◇しょうぶ学園「つながる-縁2」
http://ihaveadream.or.jp/sobutand1-2-3-4-tsunagaru-en2/

◆照明器具、自由な装い 田中千尋さん、メーカーも兼ねる
「TA-TILE(ティーエイ タイル)」を主宰する照明デザイナーの田中千尋さん。イッセイミヤケのアパレルブランド「HaaT」の企画に携わった後、照明デザイナーに転身。2005年から自身の名を冠した照明器具を製造・販売する。
「ライト(光)」と「クチュール(縫製)」をコンセプトに、固定概念にとらわれない自由な発想から生み出される田中さんの照明器具。布を中心とした素材の特性をデザインに結び付けるアプローチや手仕事を積極的に取り入れるスタイルは、デビュー当時から一貫している。
[日経MJ 15/08/26]
◇照明ブランド「CHIHIRO TANAKA」 HP
http://www.chihirotanaka.jp/
◇照明器具ブランド「CHIHIRO TANAKA」
http://d.hatena.ne.jp/xsw23edc/20150317/1426523943
◇田中 千尋「ライトクチュール」展フォトレポート
http://www.japandesign.ne.jp/editors/150320-tanakachihiro/

◆DIGITALSIGNAG、電子看板、双方向で魅せる
ルミネの挑戦 スマホ撮影、すぐ配信
デジタルサイネージ(電子看板)が商業施設や街中で広がっている。液晶パネルの価格が下がり、スマホの普及で発信者と消費者との距離が近づいて、導入効果が見えやすくなってきた。テナントの衣料・雑貨店の商品紹介や多言語対応による接客など、マーケティングツールとしての最新の取り組みを追った。
[日経MJ 15/08/28]
◇ルミネエスト新宿に大型デジタルサイネージが新設!
http://fashiontv.co.jp/news/detail/2451.html
◇「Ravijour」デジタルショーウィンドウシステム
http://www.advertimes.com/20150903/article202213/
◇PUNYUS 新宿ルミネ店 8.28OPEN!!
http://greenworksjp.com/blog/wp/archives/57
◇阪急梅田駅4K対応大型サイネージ24面新設
http://saitoshika-west.com/blog-entry-3076.html
◇シャープ、東京駅・新宿西口広場に4Kデジタルサイネージを設置
http://ascii.jp/elem/000/000/996/996627/
◇デジタルサイネージと観光産業の親和性
http://o2o.abeja.asia/product/post-9619/
◇観光立国実現に向けたデジタルサイネージへの期待と課題
http://www.soumu.go.jp/main_content/000341078.pdf
◇デジタルサイネージ市場/富士経済
http://www.group.fuji-keizai.co.jp/mgz/mg1407/1407m2.html
◇サイネージの普及は「ローカル広告のアドネットワーク化の伸び」が鍵
http://thestartup.jp/?p=10535

◆トランクルーム、楽しい隠れ家、車のガレージ・仕事部屋にも
「自宅の延長」多彩に
自宅で管理しきれない荷物を保管するトランクルームが注目を集めている。バイクを収納したり、自宅のクローゼット感覚で利用したり、趣味のコレクションを展示したり、と使い方もさまざま。ニーズに応え、種類の幅も広がっており、自分だけの時間が楽しめる隠れ家のようなタイプも登場している。
[日経MJ 15/08/31]
◇レンタル収納スペース推進協議会 HP
https://www.rentalspace.org/
◇INABA96プレミアムクローゼット HP
http://www.inaba-box.jp/inaba96/index2.html
◇居場所のないお父さんに“隠れ家” 
http://www.sankei.com/west/news/150809/wst1508090003-n1.html
◇収納ビジネスとは?
http://www.quraz.com/trunkroomchannel/marketinfo/marketinfo031.aspx
◇トランクルーム市場調査/キュラーズ(原典)
http://www.quraz.com/company/pr/20140416.aspx

◆ウエアラブル、内面も数値化、表情や声で感情つかむ
ユーザーが自身では管理できない感情をコンピューターやスマートフォン、ウエアラブルなどのデバイスが感知して、さまざまな機能に役立てようとする感情テクノロジーが出てきた。ユーザーの表情をデバイスに付けられたカメラが認識して分析し、その時の感情を推し量る会社も出てきた。アフェクティーヴァという会社は、そうした人々の感情の露呈を75カ国で集め、110億ものデータポイントにしたレポジトリーを持っている。それを元にして、新たな顔の表現が何を意味しているのかがすぐにわかるようなツールを開発した。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/08/31]
◇米「アフェクティーヴァ」 HP
http://www.affectiva.com/
◇人間の感情を測定するAffectivaが国の補助金50万ドルを獲得
http://jp.techcrunch.com/2012/06/02/20120601affectiva-nsf-grant/
◇AIを利用した最新テクノロジーによるマーケティングとは?
http://innova-jp.com/feel-good-effects-affective-computing/
◇2020年までにウェアラブル機器で変わる5つの仕事の進め方
http://www.lifehacker.jp/2015/04/150412wearables_2020.html

◆クラブツーリズム、旅、シニアと歩む
呼び込み飽きさせない、テーマ多彩、講座で下準備
人生経験が豊富で、多彩な趣味を楽しむシニアたち。彼らのニーズをがっちりとつかんでいるのが50~70代の顧客が7割を占める、旅行大手のクラブツーリズムだ。団体旅行を人が集まるコミュニティーとして捉え、趣味をテーマにしたツアーを次々と打ち出す。顧客同士のつながりも生まれ、カルチャー講座や顧客も運営にかかわる仕組みなど一年を通じてシニアを飽きさせない。
[日経MJ 15/09/04]
◇クラブツーリズム HP
http://www.club-t.com/
◇ライフスタイルクラブ テラス東久留米 HP
https://www.club-terras.jp/
◇杖や車いすで楽しむバリアフリーの旅
http://www.club-t.com/theme/barrierfree/
◇旅行とシニアライフに関する意識調査
http://www.club-tourism.co.jp/press/pdf/2014/0206.pdf
◇今の時代のシニア、なぜそんなに前向きなの?   
http://www.rad.co.jp/report_list/20141031/

◆「第二の人生」趣味探し 三越日本橋本店の体験型カフェ
三越伊勢丹が運営する三越日本橋本店に2014年3月に誕生した体験型カフェ「はじまりのカフェ」。ここではワークショップを開催するとともに、企業とタイアップして新たな切り口で商品の情報発信を進めている。仕事や子育てなどが一段落したシニア層が第二の人生を迎えるにあたり、新しい趣味などを見つけようと訪れている。
[日経MJ/耳寄りな話 15/09/04]
◇はじまりのカフェ HP
http://hajimarinocafe.jp/
◇日本橋三越が「カルチャーリゾート百貨店」宣言
http://www.fashion-headline.com/article/2014/03/27/5662.html
◇新宿伊勢丹「世界最高のファッションミュージアム」
http://www.fashionsnap.com/news/2015-03-04/isetan-shinjuku-5living-6kids/

◆レトロな容器やフォント、昭和コスメ、平成っ子オススメ
ネットで口コミ、個性で人気再燃
昭和の雰囲気が漂う化粧品が10~30代の女性たちに受けている。昔ながらの容器の色合いやレトロなフォント、化粧水やクリームのどこか懐かしい香り……。古いものでは戦前から連綿と受け継がれてきた昭和コスメが、今どきの若い女性には新鮮で個性的に映っているようだ。
[日経MJ 15/09/04]
◇愛され続け、る資生堂「シフォネット」の魅力
http://mery.jp/18930
◇昭和コスメの「ドレックス」口コミ好評
http://spotlight-media.jp/article/124109654693469425
◇今話題の“クラブホルモンクリーム”って何?
http://by-s.me/article/178523730437720676
◇「ロゼット洗顔パスタ」が愛され続けている理由
http://mery.jp/4855
◇明色美顔水 HP
http://www.meishoku.co.jp/catalogue/bigan/
◇「昭和コスメ」の底力!!
http://spotlight-media.jp/article/80135727171970256
◇和風な日本語のフリーフォント40選
https://ferret-plus.com/782

◆「稼ぐ観光」潜在力生かせ
・小西美術工芸社社長 デービッド・アトキンソン氏
「おもてなし」優先度低い
資源豊かな地方に投資。目先の「爆買い」に一喜一憂するのではなく、日本の潜在力を生かした観光産業を作り上げるのが急務と提言する。
・リゾート体験企画 ロス・フィンドレー氏
ニセコ、武器は「世界一の雪」/長期の将来像描け
「大事なのは行政がまとめ役となり、10年後に地域が目指すブランドをはっきりさせることです。ニセコなら例えば『アジア一の北のアウトドア』。日本は欧米豪から遠く、お客を呼ぶきっかけが必要です。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/09/04]
◇デービット・アトキンソン著『新・観光立国論』
http://tokumoto.jp/2015/07/10092/
◇日本の国宝を守る「伝説の英国人アナリスト」が提言 
http://diamond.jp/articles/-/62131
◇デービッド・アトキンソン×石倉洋子対談
http://www.dhbr.net/articles/-/3344
◇ロス・フィンドレー氏について
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/jinzai/charisma/mr_findlay.html
◇ニセコに新たな観光産業を作った男
http://coffeesugar.hatenablog.com/entry/2015/02/10/182213
◇これからは「インバウンド美容」に注目!
http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/pressrelease/beauty/nw8521_20150122
◇訪日外国人旅行トレンド発表/楽天トラベル
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000204.000005889.html

◆紡績工場と最先端紡ぐ、佐藤繊維、ものづくり空間を商業施設に
アパレルや雑貨 世界中から集約/日本の高度技術 価値高め世界へ
山形県寒河江市に今年、アパレルや雑貨、カフェなどの商業施設がオープンした。手がけたのは世界の有名ブランドに糸を提供する佐藤繊維。独自の視点で世界中から集めたファッション性の高い商品を紡績工場だった空間に大胆に配した、ものづくりメーカーらしい施設だ。
[日経MJ 15/09/09]
◇佐藤繊維 HP
http://satoseni.com/
◇セレクトショップ「GEA」 FB
https://www.facebook.com/GEA-704054499671666/timeline/
◇形県寒河江市にセレクトショップ「ギア」がオープン
http://openers.jp/article/957871
◇佐藤繊維・社長 私たちが「ギア」を始めた理由(前篇)
http://www.apalog.com/report/archive/2631
◇佐藤繊維・社長 私たちが「ギア」を始めた理由(後篇)
http://www.apalog.com/report/archive/2632

◆ゆるやか上昇16%、ひとり飲み浸透 女性「お酒は毎日」増殖中
(1)お酒を「ほぼ毎日飲む」独身女性が16%とリーマン・ショック以降、ゆるやかに上昇。
(2)女性のひとり飲みの出現は、ひとりで食事をする気恥ずかしさが薄れてきている意識変化が背景。
(3)独身女性の好きなお酒はビール、カクテル、チューハイが御三家。ワインは苦戦している。
[日経MJ 15/09/07]
◇働く女性のお酒とリラックス意識調査/サッポロ
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000003564.html
◇女子だって一人飲みしたい!
http://sirabee.com/2015/04/06/24971/

◆SNS機能付き「オリガミ」、「私だけの通販」店集う
「衝動買い」を刺激、三越伊勢丹など出店
好きなブランドを集めて自分だけのセレクトショップをつくれるECサイト「Origami(オリガミ)」に大手ブランドや小売店が相次ぎ出店している。三越伊勢丹やマッキントッシュなど参加ブランド・店は1000店に達した。ECとSNSが一体化した珍しいアプリで、タイムラインで口コミ情報が流れ、「いいね!」がつくほど売れる。新たな買い物体験が消費を刺激している。
[日経MJ 15/09/07]
◇origami
http://origami.co/
◇ソーシャルEC「Origami」が目指す新体験
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/1404/18/news011.html
◇伊勢丹、ビームスも惚れた27歳の“超新星”
http://toyokeizai.net/articles/-/14335

◆今どきネーミング、「戸惑い」が目を奪う
ネーミングの歴史、「和風」存在感増す。
優れた商品名は、その度に新しいパターンを切り開いてきた。「お~いお茶」(1989年)は親近感を生む会話系の先駆け。「じっくりコトコト煮込んだスープ」(96年)は特徴が一目で分かる長文系を生んだ。「ケイコとマナブ」(90年)は擬人化系、「ザ・プレミアム・モルツ」(2003年)は高級主張系の代表格だ。
覚えやすい、音がいい、意味が伝わる、がネーミングの基本。しかし、商標の登録件数は年間約10万件にのぼり「3~4文字の名前は既にほぼ抑えられている」。年々厚くなる「前例」をかいくぐるのは難しい。
[日経MJ 15/09/11]
◇創造開発研究所 HP
http://www.soken-ri.co.jp/
◇「水曜日の猫」が大人気
http://matome.naver.jp/odai/2135246315737730601
◇ヤッホーブルーイングのPR戦法が斜め上すぎて凄い!
http://www.bake-jp.com/magazine/?p=1144
◇社長の名前がそのまま「茂木和哉」売れ過ぎている
http://matome.naver.jp/odai/2140357239631383601
◇肉ソン大統領 HP
http://www.nikuson.jp/
◇謎の駄菓子「ニューヨークマヨネーズ」なんでこの名前?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150804-00000002-withnews-bus_all
◇コピーライティングを編み出す5ステップ
https://ferret-plus.com/2180

◆ひらまつ社長平松博利さん 新たな日本食、欧米で
和洋融合、富裕層つかむ
シニアを核とする3世代消費を取り込み堅調な業績を続ける高級レストランチェーンのひらまつ。来年、熱海や箱根で温泉付きの高級ホテル運営にも進出し、もう一段の成長を目指す。平松博利社長は「国内外から富裕層が集まるラグジュアリーなホテルを作る」と語る。さらに「ニューヨークかロンドンで和と洋が混在した新たな日本食レストランを展開したい」と構想を明かした。
[日経MJ/トップに聞く 15/09/13]
◇ひらまつ HP
http://www.hiramatsu.co.jp/
◇ひらまつ代表平松博利氏/TV TOKYOカンブリア宮殿
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20121122.html
◇オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井
http://www.hiramatsuhotels.com/plaisance-sakurai/
◇オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井 について(Blog)
http://ameblo.jp/sakura-beautiful/entry-12072221573.html
◇仏料理店のひらまつ、和食事業に参入 老舗料亭を取得 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25I0R_V21C14A2TI0000/

◆SNSで接点、旅行やレジャー、「同窓消費」20代女性けん引
(1)同窓消費が最も活発なのは20代女性。7割が大学・短大が同じ「親しいグループで懇談」。
(2)同窓の友人との交流機会は20、40、50代の女性の半数近くが「5年前に比べて増えている」。
(3)20代の女性の約5割が大学・短大、高校の友人について「価値観が近く、話が通じる」と評価。
[日経MJ 15/08/16]
◇「同級生婚」急増 SNSの普及と同窓会ブームが後押し
http://www.news-postseven.com/archives/20150628_332406.html
◇同窓会が実は有望なビジネスになっていた件
http://toyokeizai.net/articles/-/52303
◇若者まるわかり調査2015/電通総研
http://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2015038-0420.pdf

| | トラックバック (0)

2015/09/16

情報クリップ・ダイジェスト 2015/08

◆月面走れ 因州和紙タイヤ ランプシェード転用
東海大学の角田博明教授(宇宙構造物工学)が、因州和紙を使って小型無人宇宙探査車のタイヤを開発する研究を進めている。和紙メーカー「谷口・青谷(あおや)和紙」(鳥取市)が作った骨組みのない球体のランプシェードを応用し、折りたたんだ状態で宇宙に運べる超軽量タイヤを実現させる考えだ。同社は「和紙の可能性が広がる」と期待している。
[読売新聞 15/08/06]
◇谷口・青谷(あおや)和紙 HP
http://www.aoyawashi.co.jp/
◇宇宙航空研究開発機構法 HP
http://www.jaxa.jp/about/law/
◇とっとりの工芸品「因州和紙」
http://www.pref.tottori.lg.jp/95609.htm

◆伝統工芸品とコラボ、キャラ版権管理各社
ミッキーマウスやピーターラビットといったキャラクターを有田焼などの伝統工芸品に使う動きが広がっている。ヒット作頼みの需要を平準化したい版権管理各社と、ファンを開拓したい伝統工芸品側の思惑が一致したこともあるが、キャラクターに親しんできた世代が消費者の主力となったことも背景にある。キャラクターと伝統工芸品の垣根が低くなってきた。
[日経MJ 15/08/07]
◇COOL ARITA ~未来への挑戦
http://dentsu-ho.com/articles/2651
◇キャラクター・データバンク HP
https://www.charabiz.com/
◇「くまのがっこう」初の伝統工芸品コラボ
http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CPRT201527467.html
◇日本の伝統工芸に関する記事まとめ
http://mag.japaaan.com/archives/tag/%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E5%B7%A5%E8%8A%B8

◆おしゃれ銭湯が熱い、レトロ一新、青山で入浴も、懐かしさと清潔さ
都内でスタイリッシュな銭湯が注目を集めている。ここ数年、銭湯が相次いで昭和レトロなイメージを一新し、おしゃれでモダンなデザインに改装。高齢者に加え、学校や仕事帰り、子供連れなどこれまで銭湯になじみの薄かった10~30代の男女の姿が目立つ。初めての利用でも入りやすくなり、気軽に非日常空間を楽しめるのが人気の理由のようだ。
[日経MJ 15/08/14]
◇天然温泉 久松湯 HP
http://hisamatsuyu.jp/
◇天然温泉 久松湯が驚くほどお洒落
http://guide.travel.co.jp/article/8710/
◇光と風を感じる、天然温泉の銭湯
http://www.1010.or.jp/mag-tokyosento-hisamatsuyu/
◇文化浴泉 HP
http://bunkayokusen.grupo.jp/
◇文化浴泉設計「今井健太郎建築設計事務所」
http://imai88.jp/pages/project/onyoku_pages/bunka.html
◇南青山・清水湯 HP
http://shimizuyu.jp/
◇南青山・清水湯 について(Blog)
http://gogosauna.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
◇ふくの湯 HP
http://www.sentou-bunkyo.com/facility_top/fuku_no_yu.html
◇千駄木の美しすぎる銭湯「ふくの湯」

◆味覚にもデジタル化の波 感じ方、センサーで解析
これまでデジタル活用が進んでこなかった味覚の分野にもデジタル化の波がやってきた。甘味や塩味、酸味、苦味、うま味という5つの味をセンサーで解析し、複合的な感じ方を再現する技術の実用化が始まっている。
[日経MJ/奔流eビジネス 15/07/17]
◇味博士の研究所「AISSY」 HP
http://aissy.co.jp/
◇味博士の研究所「AISSY」 FB
https://www.facebook.com/aissyinc
◇通称「味博士」AISSY代表取締役社長 鈴木隆一氏インタビュー
http://retty.me/feature-interview/8297/
◇水で変わる!?コーヒーの味覚分析を実施
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000000563.html
◇"味の見える化"は食品業界を根底から変える
http://toyokeizai.net/articles/-/61244

◆新潟県十日町市・津南町 芸術祭に首都圏企業
3年に1度開かれる「大地の芸術祭 越後妻有(えちごつまり)アートトリエンナーレ2015」が26日から50日間の日程で始まる。豪雪地帯、新潟県の十日町市と津南町を合わせた越後妻有の里山を舞台にした世界最大級の芸術祭だ。6回目の今年は、首都圏の企業が本業を生かして地域と連携する新しい交流が動き出している。
[日経MJ/イキイキ地域 15/07/20]
◇大地の芸術祭 越後妻有(えちごつまりアートトリエンナーレ2015
http://www.echigo-tsumari.jp/
◇開幕直前トークイベント 「大地の芸術祭2015の楽しみ方」
http://www.japandesign.ne.jp/editors/150529-echigotsumari/
◇アウトドアブランド「KEEN」 HP
http://www.keenfootwear.com/ja-jp/
◇大地の芸術祭オフィシャルサポーター、オイシックス社長高島宏平氏
http://www.asahi.com/and_w/life/SDI2015072790311.html
◇2015年開催トリエンナーレ&ビエンナーレ10選
http://find-travel.jp/article/5564

◆40~50代けん引、検討層の8割占める スポーツカー再発進 バブル世代が「子離れ層」に
(1)スポーツカー購入検討者は約4人に1人が軽自動車を現在保有している。
(2)スポーツカー所有者は経済的に余裕があり、7割超が他に何か我慢したものは「特にない」。
(3)スポーツカー購入検討者は「衝動買いをしない」は6割超で流行に左右されない。
[日経MJ 15/07/20]
◇ロードスターか、S660か? 最新国産スポーツカー事情
http://allabout.co.jp/gm/gc/456299/
◇マツダ ロードスター 新型発表
http://response.jp/article/2015/05/23/251803.html
◇ROADSTER 25h ANNIVERSARY
http://www2.mazda.com/ja/stories/history/roadster/roadster_25th/
◇最大イベントで見えたマツダのロードスターが売れ続ける理由
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20150703/1065489/?rt=nocnt
◇人生にスポーツカーの旬は二度やってくる?
http://magazine.carsensor-edge.net/selection/category_907/_9467.html
◇86、ゲーセン…若者向けのはずがシニアばかり
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120502/eca1205020501002-n1.htm

◆ビル友つながる、部活・合コン…ゆるく楽しむ
出勤・退社の往復だけじゃさみしすぎる! 職場が近所 安心感
ビジネスパーソンが1日の多くを過ごすオフィス街。出勤と退社を繰り返すだけではさみしいと、同じビル内の働き手同士が、部活動や合コンなど、つながって楽しむ動きが盛んだ。社内よりは広く、地域社会よりは身近というほどよい距離感――。「ビル友」という新しいご近所付き合いが、ビジネス街に新たなコミュニティーを築きつつある。
[日経MJ 15/07/22]
◇ヒルズコミュニティ活性化委員会「ヒルズブ!」 FB
https://www.facebook.com/hillsbu
◇「ヒルズブ」まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138529622472847301
◇新宿三井ビルディング「新宿ビルコン」
http://shinjuku.billcon.info/
◇街コンジャパン HP
http://machicon.jp/

◆「金城湯池」押さえろ、コンビニ
14年度調査、他業種と融合進むコンビニエンスストアの生き残り競争が最終局面にさしかかった。日経MJがまとめた2014年度(第36回)コンビニ調査では、全店売上高が初めて10兆円の大台を突破。積極出店を続ける大手3社は収益力の高い“ドル箱”立地を押さえ、地方でも勢力拡大を急ぐ。一方、中堅以下は新規出店はおろか既存店への投資も思うようにできず、大手による寡占化が一段と鮮明になってきた。
[日経MJ 15/07/22]
◇コンビニ来訪客の世代分布をグラフ化してみる(2015年)
http://www.garbagenews.net/archives/1953464.html
◇ファミマは、なぜ異業種と融合を加速するのか
http://toyokeizai.net/articles/-/38842
◇ファミマ、ユニー「統合」で始まる大淘汰
http://toyokeizai.net/articles/-/63178
◇ファミマとの経営統合にらみサークルKサンクスが海外市場撤退
http://www.sankei.com/economy/news/150731/ecn1507310013-n1.html
◇ローソン、打倒セブンの差別化戦略破綻か
http://news.livedoor.com/article/detail/9860811/

◆文化を映す、家具の美学 アルマーニ40周年の神髄
ホテルの空間に「もてなしの心」
新作ソファや机 日本の美を凝縮
ファッションからライフスタイルの世界に哲学を広げたイタリアのファッションデザイナー、ジョルジオ・アルマーニ氏(81)。ブランド誕生40周年を記念して家具の新作発表会ではアルマーニ氏率いるデザインチームが手掛けてきたホテルプロジェクトの軌跡が一挙に公開された。
[日経MJ 15/07/29]
◇Armani/Silos(アルマーニ シーロス) HP
https://www.armanisilos.com/
◇アルマーニ・ホテル・ドバイ HP
http://dubai.armanihotels.com/
◇「アルマーニ シーロス」オープン 
http://www.wwdjapan.com/fashion/2015/05/01/00016361.html
◇アルマーニの40年が結集するミュージアム
http://casabrutus.com/fashion/9373

◆極端消費、平日PB、週末プレミアム 増税で選別、より厳しく
昼は△ 夜は◎
平日はPB商品で、週末はプレミアム――。日経MJは消費者アンケートや街頭インタビューを通じて4~6月の景況感や暮らし向きの実態を調査したところ、これまで以上に選別が厳しい「極端消費」の姿が浮かび上がった。増税に値上げ。アンケートでは景気回復の実感がない人は全体の85%を占めており、個人消費の足取りは重い。
[日経MJ/MJ1000人調査 15/07/24]
◇大人のハレ消費に関する調査/大和ネクストBK
http://www.bank-daiwa.co.jp/lp/survey/life_report_2015_01.html
◇あなたにとってプチ贅沢とは?/Asahiハピ研
http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/201411/00528/
◇プチ贅沢に関する調査/Asahi
http://www.asahigroup-holdings.com/news/2014/1211_2.html
◇家計消費状況調査/二人以上の世帯15年6月分
http://www.stat.go.jp/data/joukyou/pdf/gaikyou.pdf
◇クラフトビールはなぜ人気?流行を支える4つの理由
http://allabout.co.jp/gm/gc/451168/

◆ハウステンボス「変なホテル」開業、ロボでサービス向上挑む
人工知能の応答力に課題。
ハウステンボス(長崎県佐世保市)に最新のITを駆使して省人化・省エネを進める次世代ホテル「変なホテル」がオープンした。ロボットが接客や荷物の運搬を担当するほか、顔認証で客室のドアのカギを開けるシステムを導入した。
沢田社長は「変なホテルの『変』は、変化の『変』だ」と話す。ロボット技術は日々進化している。1年度はもっと進化したホテルになっているはずだ」と強調する。
[日経MJ 15/07/24]
◇ハウステンボス「変なホテル」 HP
http://www.h-n-h.jp/
◇ハウステンボス、「変なホテル」に秘めた野望
http://toyokeizai.net/articles/-/59338
◇「変なホテル」には鍵がない!? スタッフはロボット!?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20150129/1062389/?ST=life

◆「地域が支持する農業」に期待、豊作も不作も消費者とリスク共有
1年分の野菜代を前払いし、豊作も不作も消費者と農家が分かち合う新しい産地直送システムが注目されている。米国で広がる都会と地方を結ぶCSA(コミュニティー・サポーテッド・アグリカルチャー)で、和訳すると「地域が支持する農業」「地域に支えられた農業」。国内ではまだ少数だが、リスクの共有と理解が農業発展の土台になるとして大きな期待がかかる。
[産経新聞 15/07/25]
◇メノビレッジ長沼 HP
http://mennovillage.com/
◇地域支援型農業:Community Supported Agreculture(CSA)
http://www.nygreenfashion.com/html/learn/csa.html
◇小さな農家は私が守る/NHK
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2014/12/1212.html
◇日本における地域支援型農業(CSA)普及の可能性
http://www.jkri.or.jp/PDF/2013/Rep126takagi.pdf

◆カメラマニアが写真作品販売、投稿サイト人気、ピクスタ、趣味をビジネスに
誰でも写真を販売できるサービスがシニア層の注目を集めている。写真投稿・販売サイトを手掛けるピクスタ(東京・渋谷)はプロ・アマ問わず写真を募集、個人や企業に販売する。シニア層の趣味として人気のカメラがビジネスにつながるとあって、利用者が急増。売れる写真を撮影しようと各地に赴くなど、高齢者が活発に行動するきっかけにもなっている。
[日経MJ 15/07/24]
◇PIXTA  HP
https://pixta.co.jp/
◇「写真を売る」副業で年収700万円の秘密
http://toyokeizai.net/articles/-/52631
◇PIXTA×クラブツーリズム「写真の旅」
http://www.excite.co.jp/News/release/20150309/Dreamnews_0000108756.html

◆介護施設生活に潤い プラス、レク用品を1500点に充実
文具・事務用品大手のプラス(東京・港)が、介護施設向け通販の「スマート介護」事業を広げている。折り紙といったレクリエーション用品やおむつなどの衛生用品をカタログから選んで注文できる。介護施設で使われる1万点以上の商品を網羅し、1冊で注文できる手軽さが好評だ。
[日経MJ/耳寄りな話 15/07/24]
◇プラス介護市場参入「スマート介護」
http://www.plus.co.jp/news/140404.html
◇事業計画書分析「プラス社・スマート介護計画書」
http://www.projectdesign.jp/201409/plananalysis/001607.php
◇デリバリーサービスカタログ「スマート介護」創刊
http://www.jointex.co.jp/cms/business/about/about-care/

◆銀座・伊東屋 回遊楽しい文房具店、野菜工場・カフェ、型破る体験型
文房具店最大手の伊東屋が6月に東京・銀座に新装開業した本店は、従来の文房具店の枠にとらわれない挑戦的な店舗だ。店内には文具のほかキッチン用品も並び、カフェや野菜工場まである。回遊して楽しめる空間を作りだし、付近で働く会社員から訪日外国人まで幅広い客層を取り込んでいる。今後は本店の店作りを順次全国の店舗に広げる。
[日経MJ/みせどころ 15/07/27]
◇伊東屋 HP
http://www.ito-ya.co.jp/
◇銀座・伊東屋、実は野菜工場もある高級ホームセンター
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO89340100V10C15A7000000/
◇銀座・伊東屋 新本店がリニューアル!
http://tabroom.jp/contents/shop/ginza-itoya-renewal/
◇銀座伊東屋の残念でがっかりなリニューアルオープンとは?
http://neta-net.net/ginza-itoya-201506

◆触感の魔力、携帯・食…「リアル」が人気
あふれる情報、感覚で選択
押す、触れる、握る。「触感」がマーケティングの分野で注目されている。情報があふれる中で、消費者はものやサービスを選ぶ時に無意識のうちに触った時の感触や感性を重視するようになってきた。新世代の携帯電話「ガラホ」や手づかみレストラン、万年筆……。
[日経MJ 15/07/27]
◇2015年はガラケー型スマホ「ガラホ」が熱い
http://matome.naver.jp/odai/2142090423219893801
◇話題の「ガラホ」と格安スマホは、どちらがお得なのか
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20150626/1065383/
◇大人も使える子供用万年筆「カクノ」の魅力
http://matome.naver.jp/odai/2141549653191609701
◇料理をぶちまける 初体験、「手づかみ」レストラン 
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO78682570R21C14A0000000/
◇グンゼ「キレイラボ」 HP
http://www.kireilabo.com/
◇ASTIGU/アスティーグ HP
http://www.astigu.jp/ss/
◇マーケティングにおける感覚的訴求の効果/原典
http://www.cuc.ac.jp/keiken/vv/vv33/toku/index3.html

◆古着ルネサンス、若者熱狂
高くても「宝探し」、おしゃれアイテム
古着が約10年ぶりに脚光を浴びている。主役はファストファッションや既存アパレルに満足できない20代。1980~90年代の衣料に新しさを見いだし、人気商品であれば1着数万円でも手を伸ばす。古着に対する見方そのものが変わって市場が活性化し、中古衣料チェーンの業績は軒並み好調だ。今や、その勢いは無視できない、と百貨店やアパレルも関心を寄せるほど。古着ルネサンス、到来――。
[日経MJ 15/07/29]
◇ブランド古着「RAGTAG」 HP
http://www.ragtag.jp/
◇古着とカジュアル衣料「WEGO」 HP
http://www.wego.jp/
◇トレジャー・ファクトリー HP
http://www.treasure-f.com/
◇「ハグオール」の相談窓口をオープン 
https://www.atpress.ne.jp/news/62537
◇90年代古着ブーム再到来か?
http://www.margoi.com/2015/06/90.html
◇原宿の安い古着屋10選
http://folk-media.com/12305

◆くせ者芸術家、怪作奇作の館、広島・鞆の津ミュージアム
「超絶徒労系」ズラリヤンキー、死刑囚、ご老人。広島県福山市の「鞆の津ミュージアム」には、およそ美術館とは縁遠い「素人芸術家」たちの作品が集まる。あるいは数千万円をつぎ込み、あるいは人知れず数百数千も作り続けた作品群。個人的情念が詰まりに詰まった怪作奇作は、来館者を捉えて放さない。
[日経MJ 15/07/29]
◇鞆の津ミュージアム HP
http://abtm.jp/
◇鞆の津ミュージアム FB
https://www.facebook.com/tomonotsu
◇型破りな美術館「鞆の津ミュージアム」が面白い
http://matome.naver.jp/odai/2138163842304574801
◇今いちばん行きたい美術館 「鞆の津ミュージアム」の秘密
http://artsfield.jp/lecture/000370.html
◇鞆の津ミュージアムに行ってみた (Blig)
http://blog.livedoor.jp/nantaireport/archives/44653201.html

◆「るすたくサービス」(綜合警備保障) 空き家管理、きめ細かく
警備大手の綜合警備保障(ALSOK)が始めた空き家巡回事業「るすたくサービス」が利用者を増やしている。警備会社ならではの厳重な鍵の管理体制への安心感に加え、今年から本格的に始めた清掃や害虫駆除など、きめ細かな関連サービスも好評だ。少子高齢化で空き家の増加が社会問題ともなるなか、ALSOKは新事業で消費者の心をつかもうとしている。
[日経MJ/創るスマートビズ 15/07/24]
◇ALSOK「るすたくサービス」
http://www.alsok.co.jp/person/homealsok/rusutaku/
◇空き家に関する調査/ALSOK
https://www.alsok.co.jp/company/news/news_release_details.htm?alpc_news.news_detail%5Bid%5D=2707
◇空き家、専門業者が管理 設備点検から売却まで
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO88414120T20C15A6NZ1P01/

◆来店頻度「増えた」11%、消費者支持 食品スーパー千客万来
3店舗以上使い分け4割
(1)食品スーパーの利用頻度が高まっており、食の専門業態として支持されている。
(2)食品スーパーは用途や目的に応じて使い分けられており、4割が3店舗以上を利用。
(3)食品スーパーを選ぶ際は価格の他、品ぞろえや安心・安全を重視する人の割合が高い。
[日経MJ 15/08/03]
◇日本スーパーマーケット協会 HP
http://www.jsa-net.gr.jp/
◇主婦の購買行動の変化/DNP
http://www.dnp.co.jp/cio/mediavalue/report/pdf/mvr_vol64.pdf
◇食品スーパー「ライフ」、増税後も好調な理由
http://toyokeizai.net/articles/-/49875
◇食品スーパー業界の2015年2月期決算
http://economic.jp/?p=48543
◇食品スーパーの勝ち組ヤオコー
http://zuuonline.com/archives/52785

◆パッケージを考える(上)ロングセラーに変え方の妙
多くの消費者は店舗内で購買意思決定を下す。こうした市場環境で、パッケージに注目することには意義がある。パッケージは「棚の上のセールスパーソン」とも呼ばれ、ブランドの識別を容易にしたり、製品の機能や便益を伝達したりすることで、店頭での販売促進に寄与するからである。
[日経MJ/日経MJヒット塾 15/07/27]
◇日本パッケージデザイン協会 HP
http://www.jpda.or.jp/
◇丁度可知差異 ロゴやデザイン
http://d.hatena.ne.jp/marketing_lover/20100214/1266093988
◇「ポッカコーヒー」パッケージ変遷
http://www.pokkasapporo-fb.jp/pokkacoffee/
◇「グリーンガム」新旧パッケージ比較
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140829/413349/
◇パッケージの7割以上を占める「丸とロゴ」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/design/20150421/280212/
◇パッケージはブランド資産 長期的な視点で育てていく
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/tokusyu/20130205/201302toku3.html
◇消費者がデザインに払う金額はブランドの7倍
http://business.nikkeibp.co.jp/atclnd/15/259861/072200008/

◆パッケージを考える(下)「実用的」「快楽的」で差別化
近年、市場の成熟とともに、企業間の技術水準が同質化し、製品の本質的な属性による差別化が困難になっている。こうした状況下では、副次的な属性による差別化の重要性が高まる。他にない特徴のパッケージが実現できれば、有効な差別化軸として訴求できる。
消費者がパッケージから受ける影響は決して小さくない。例えば、サイズが大きくなることで使用量が増えたり、デザインを変更することで製品評価が変化したりする。パッケージによって、製品の消費経験は大きく変わるのである。
[日経MJ/日経MJヒット塾 15/08/03]
◇コモディティ化への対応とこれからのマーケティング
http://www.yomiuri-is.co.jp/perigee/feature04.html
◇容器リニューアルで販売数3倍に “パキッ!とたれ”の納豆
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20120424/Postseven_103419.html
◇納豆に「たれ」をかける行為をエンターテインメントに
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130219/1047566/?ST=life
◇価値を生み出す商品パッケージの作り方
http://www.norit.jp/blog-all/design/2206
◇商品パッケージはなぜ必要なのか
http://www.entrepreneur-ac.jp/report/staff/package20140520.html

◆街の書店の閉鎖なぜ加速? 独自仕入れの努力不足、ネット通販追打
日本の書店数は今年5月時点で約1万3500店。2000年と比べて8000店以上減少。
09年までは都心や郊外に大型書店が増えて、数は減っても総売り場面積は拡大していた。取次や出版社も売り場を確保しようと出店を後押しした。しかしその後は減少傾向となり、直近1年では減少が加速。出版物の市場縮小は深刻で店舗の飽和感が鮮明になり大型書店も追い込まれている。消費増税の影響もある。リアルの書店はやっぱり必要だ――。消費者がそう感じるようなアピール力が書店に求められている。
[日経MJ 15/08/07]
◇アルメディアネットワーク HP
http://www.allmedia.co.jp/
◇出版市場、スマホと競合、販売落ち込み
http://bizacademy.nikkei.co.jp/culture/nikkey/article.aspx?id=MMACc3000012032015&page=1
◇売り上げも書店数も減少続く 「出版不況」の現状は?
http://thepage.jp/detail/20150126-00000009-wordleaf
◇梅田「蔦屋書店」を徹底ガイド
http://www.bushikaku.net/article/5051/
◇出版不況を吹きとばせ!売れる本屋の販売戦略
http://kot-book.com/bookstore-strategy/
◇まちの書店は個性で勝負 農産物販売やカフェ運営
http://www.asahi.com/articles/ASH4Y5TP3H4YTNAB00L.html
◇街の書店、磨く仕入れ力 利益率向上へ
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1506/09/news035.html
◇仏“アンチ・アマゾン法"は街の書店を守れるか
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37885

◆「日経、FT買収」の衝撃 デジタル戦略が革新生む
米アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏が2013年に、米「ワシントン・ポスト」買収に投じた約300億円の5倍以上約1600億円で買収された。
世界における日経の存在感は希薄で、海外のジャーナリストの多くが日経のことを詳しく知らなかったと思われる。その意味で、今回の買収は日経の実力と存在感との間のギャップを埋める役割を果たすかもしれない。メディアがメディアを、という同業他社による買収が導きうる帰結は、「1+1=2」という足し算だ。かけ算を可能にする“テコの作用”が見いだしにくい。これは、今回の買収の成否にもかかわってくる最も重要なポイントである。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/08/10]
◇日経によるFT電撃買収は、うまくいくのか
http://toyokeizai.net/articles/-/78135
◇日経傘下入りで気になる「FTの強み」の行方
http://toyokeizai.net/articles/-/78309
◇日経の英FT紙買収、海外はどう報じたか?
http://newsphere.jp/business/20150724-3/

◆訪日客に文化体験ツアー、ライジングアジア、サイトで仲介
書道や着付けなど50種
海外旅行する日本人向けに観光ツアーの仲介サイト「たびのたつじん」を運営するRISING ASIA(ライジングアジア、東京・港)は今月中旬から、訪日客向けの仲介サービスを始める。東京や京都などを訪れる外国人に観光案内したり、文化体験ができたりするツアーを紹介する。旅行会社のオプションよりも割安で提供し、来年には月1千人以上の利用者獲得を目指す。
[日経MJ 15/08/10]
◇たびのたつじん HP
https://tabitatsu.jp/
◇日本文化体験オプショナルツアー
http://omiyagejapan.blue/place/japaneseculturetour.html
◇外国語による日本文化体験・観光ガイド
http://ijcee.com/a.html
◇「コト消費」など新しいサービスへの対応
http://dekkaitakasi.hatenablog.com/entry/2015/07/27/165805

◆敏腕マーケッター、琴線触れる仕掛け
ものが売れない時代にあって、ヒット商品を生み出すには何が必要か。敏腕マーケッターたちは、徹底して消費者心理を探り、彼らの心に響く商品作りや販売手法に知恵を絞る。食品、文具業界のヒットの仕掛け人に秘訣を聞いた。
・日清食品、カップヌードルライトプラス、女性向け、こだわる
・三菱鉛筆、ジェットストリームプライム、高級品、あえて試し書き
・森永製菓、アイスボックス、提案のヒント、SNSに
[日経MJ 15/08/12]
◇カップヌードルライトプラス HP
http://www.cupnoodle.jp/lightplus/
◇カップヌードルライトプラス開発の舞台裏
https://www.nissin.com/jp/recruit/nissinfoods/insidestory/
◇ジェットストリーム プライム HP
http://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/ballpoint/jetstream_prime/prime_single.html
◇バカ売れ高級ボールペンはこうして生まれた
http://toyokeizai.net/articles/-/29158
◇驚異の書き味!最強油性ボールペン、開発者はただの素人だった?
https://collegino.jp/2015/07/jet-stream-development/
◇森永製菓「アイスボックス」 HP
https://www.morinaga.co.jp/ice/syouhin/box/icebox/
◇「アイスボックス」をテーマにした8bitテイストのゲームムービー
http://www.gamer.ne.jp/news/201507140009/
◇消費者の「欲しい」と「買う」には大きな隔たりがある
http://www.dhbr.net/articles/-/2484
◇日本企業の空虚な顧客主義
http://www.dhbr.net/articles/-/3404

◆食卓の未来像、描く 子ども扱いしない空間・メニュー
料理が映える素材 新世代ファミレス
厨房に電話可能 特別な体験提供
商業施設「二子玉川ライズ」内に4月に開業したファミリーレストランに家族連れが昼前から列をなす。大人と子どもが家具から食器、メニューまで同じものを共有することをコンセプトに、ニューファミリーが求める「食卓の景色」をデザインした「100本のスプーン」だ。
[日経MJ 15/08/12]
◇100本のスプーン HP
http://100spoons.com/
◇「家族」で訪れたい新しいファミリーレストラン
http://macaro-ni.jp/15557
◇スープストック初の新レストラン「100本のスプーン」
http://matome.naver.jp/odai/2138423211831550801
◇100本のスプーン について
http://ameblo.jp/radio-reporter/entry-12023742000.html

◆車各社、SNSへ走る、日産、ファン資金で機能追加、マツダ、撮影OKで投稿を拡散
乗用車各社がインターネットのSNSを用いたブランド戦略を進めている。日産自動車がクラウドファンディングでファンと一緒に車づくりを企画する取り組みを始めたほか、マツダはイベント参加や写真投稿をNSで募りファン同士の交流を促す。ディーラー(販売店)を介さず消費者に直接情報を発信でき、熱狂的な車ファンの口コミ力は大きいとあって、各社ともSNS利用に力を入れている。
[日経MJ 15/08/12]
◇「日産スマートBBQカー」クラウドファンディング
http://www.nissan.co.jp/SOCIAL/ARTICLE/20150213_001/
◇究極のスマートBBQカーへの日産自動車のチャレンジ
https://greenfunding.jp/lab/projects/1019
◇ハッシュタグ「#CX3デビュー」でつながる
http://blog.mazda.com/archive/20150331_01.html
◇twitterで見る 自動車メーカーのSNS戦略
http://syde.jp/w/archives/950.html
◇スバル「ネクストストーリー・プロジェクト」の取り組みとは?
http://response.jp/article/2015/05/18/251418.html

◆「無印良品の家」 機能絞り省エネ性最高に
良品計画が7月下旬、2004年から販売する戸建て住宅「無印良品の家」の基本性能を初めて見直した。窓ガラスの変更や断熱材の追加で断熱性を高め、省エネルギー性能を業界最高水準に高めた。過剰な装飾や仕様を省き、必要な機能に絞ったシンプルな商品を扱う同社。新たな暮らしの提案を家に広げ、住宅市場への挑戦を続けている。
[日経MJ/創るスマートビズ 15/08/12]
◇無印良品の家 HP
http://www.muji.net/ie/
◇無印良品の家 FB
https://www.facebook.com/mujiie.jp
◇「無印良品の家」業界トップレベルの断熱性能を標準仕様へ
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000001246.html
◇今考えられる「最高性能」を備えた無印良品の家
http://housevision.muji.com/minna/clmn/sumai/sumai_150728
◇新性能、価格の理由
http://housevision.muji.com/minna/clmn/sumai/sumai_150804

◆エキスポランド跡地の商業施設、「コト消費」前面に攻勢
英語学習カフェ、お菓子作り体験
三井不動産が11月、大阪府吹田市の旧エキスポランド跡地に開業する大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」は充実した体験型施設が特徴だ。米国留学を疑似体験できる英語教育施設、すし教室を開く回転すし店などを用意する。若い世代を中心に買い物よりサービスを楽しむ「コト消費」重視の傾向が強まっていることに対応する。
[日経MJ 15/08/14]
◇EXPOCITY HP
http://www.expocity-mf.com/
◇西日本最大級の大型複合施設「EXPOCITY」
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2015/0325/
◇今秋オープン「EXPOCITY」の建設状況レポ
http://suita.goguynet.jp/2015/04/29/expocitynow/
◇8種類の大型エンターテイメント施設
http://suita.goguynet.jp/2015/08/04/expocityopen/
◇もりのみやキューズモールBASE HP
http://qs-mall.jp/morinomiya/

| | トラックバック (0)

2015/08/22

情報クリップ・ダイジェスト 2015/07

◆だし、うまみ再発見、顆粒タイプ世代の若者に新鮮
酒の「つまみ」、教室も盛況
和食の味わいのもとになる「だし」が20~30代の間で注目されている。だしのうまみを味わえるスープスタンドやおいしいだしのひき方を習う教室も盛況だ。
コンビニのセブンイレブンも地域ごとに総菜のだしの味を変えるなど、だしは日本人の味覚の根幹にかかわる。いまの20~30代に広がるだしブームは、若者が日本伝統のだしのおいしさを再発見した結果といえそうだ。
[日経MJ 15/06/24]
◇日本橋だし場 はなれ HP
https://www.ninben.co.jp/hanare/
◇日本料理店「浅草おと」 HP
http://oto.jpn.com/asakusa/
◇かつをぶし池田屋 HP
http://shop-ikedaya.com/
◇料理研究家の山脇りこ氏サイト
http://rikoskitchen.com/
◇今話題の出汁専門店
http://washoku-lab.net/archives/12769
◇グリーンスムージーとスープ「ノキシタエディブルガーデン」
https://magazine.foodiestv.jp/blog.php?seq=266

◆「着想のマエストロ 乾山見参!」展 遊び心満載、文学に出合う器
既成概念にとらわれない大胆な発想で、やきものの可能性を広げた陶工、尾形乾山(けんざん)(1663~1743年)。そのデザイン感覚は、300年前とは思えないほど自由でモダン。文学や絵画を陶磁の世界に取り入れ、知的な遊び心に満ちている。
[産経新聞 15/07/09]
◇「着想のマエストロ 乾山見参!」展
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2015_3/
◇「着想のマエストロ 乾山見参!」展、見に行ってきました
http://mannequinboy.hatenablog.com/entry/2015/06/12/215154
◇尾形乾山 について
http://www.natsume-books.com/natsumeblog/?p=20658

◆LEDで輝く往年の名作 国際照明見本市で存在感
白熱電球に翼 23年ぶり復刻
成形容易な樹脂 植物の葉を表現
4月にイタリアで開かれた国際照明見本市。豪華で奇をてらったデザインは影を潜め、シンプルでオブジェのような照明が印象的だった。発光ダイオード(LED)光源の出現と技術の発展により往年の名作も復活。これまで想像もつかなかった光の効果や形状の照明デザインが生まれている。
[日経MJ 15/06/17]
◇インゴ・マウラー HP
http://www.ingo-maurer.com/de/
◇マイケル・アナスタシアデス HP
http://michaelanastassiades.com/
◇ロス・ラブグローブ HP
http://www.rosslovegrove.com/
◇エウロルーチェ2015レポート
http://lightstyling.jp/archives/category/lightingdesign-world-report/euroluce2015
◇2015 ミラノサローネ 最新リポート「Ingo Maurer」
http://openers.jp/article/966545
◇ミラノデザインウィーク リポート
http://www.japandesign.ne.jp/editors/150417-flos/

◆JR東、位置情報技術を開放 商業施設と連携や景品
JR東日本がスマホ向けアプリを使った車内サービスを相次いで打ち出している。乗車中の現在地や各車両の混雑状況・温度をリアルタイムで分かるようにした。サントリー系など異業種と組んでキャンペーンも展開。移動中の満足度を高めつつ、広告収入の増加へとつなげたい考えだ。
[日経MJ/戦略ネットbiz 15/06/17]
◇アプリ「山手線トレインネット」
http://www.jreast-app.jp/
◇山手線の混み具合までリアルタイムでわかるAndroidアプリ
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/220/220174/
◇山手線のトレインネットを利用してみた
http://www.lifehacker.jp/2012/10/121018yamanotewifi.html
◇「ビーコン技術」が世の中に溢れてきた
http://diamond.jp/articles/-/65006
◇ポイントアプリ「ショッぷらっと」
http://shoplat.net/
◇メトロアドエージェンシー HP
http://www.metro-ad.co.jp/
◇「通勤・通学時における動画視聴」調査/電通
http://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2014089-1030.pdf

◆地域に活力、ポイント高く
野村総合研究所の推計によると2014年度のポイントの発行残高は約9000億円。小売りチェーンなどが実施する特定日にポイント付与率を高めたり、地域限定のポイントサービスを加えたりすると1兆円を超える。ポイント次第で、消費者が購入場所を決める動きがより強まっている。
・香川県「めぐりんWAON」、県民の6人に1人所持
・相模原「地域一体型ポイントシステム」、百貨店と4商店街組
・長野県「ブルーカード」、各業種トップが加盟
[日経MJ 15/06/19]
◇フェリカポケットマーケティング HP
http://www.felicapocketmk.co.jp/
◇めぐりんWAON HP
http://www.0909megurin.com/
◇共通ポイントシステム「サイモンズ」 HP
http://www.symons.co.jp/
◇伊勢丹相模原店/相模大野商店街と地域一体型ポイントでコラボ
http://ryutsuu.biz/topix/h033021.html
◇ブルーカード発行「ブルーアライアンス」 HP
http://www.bluealliance.co.jp/
◇長野県「ブルーカード(ブルカ)」 HP
http://www.bluecard.ne.jp/

◆インスタグラムに購入ボタン 情報発信、スマホ客開拓
今月に入り、インスタグラムやピンタレスト、そしてツイッターが立て続けにコマースボタン(購入ボタン)との連動を発表した。特にインスタグラムとの連動はエポックメイキングな出来事になるだろう。ウェブ上のコミュニケーションから、スマホ上のコミュニケーションへ。eコマースで大きな胎動が始まっているように思われる。
[日経MJ/e奔流ビジネス 15/06/26]
◇インスタグラムの使い方 ? 3分で分かるはじめてガイド
http://appbu.jp/how-to-use-instagram
◇満足度の高いフィードと「BUY」ボタンの融合は実現するのか
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/4178
◇GoogleにInstagram一斉に動き始めた「購入ボタン」の謎
https://www.actzero.jp/social/report-13406.html
◇購入ボタンの統合でFacebookページを一気に活性化
http://jp.techcrunch.com/2015/07/16/20150715cant-buy-me-love/
◇女性SNSユーザーのハッシュタグ利用実態調査
http://smmlab.jp/?p=38032
◇ハッシュタグ、Facebookでの使い方を考える
http://gaiax-socialmedialab.jp/facebook/393

◆強い個性、調和する空間 デザイン見本市で建築家が目利き
展示は各社1点 商品理解深まる
売り場作りの ヒント詰まる
6月10~12日に開催された国際見本市「インテリアライフスタイル東京」。今年1番の見どころは「キュレーションストア」だ。各社から集めた商品を、専門家が分類して新しい価値を持たせて空間をプロデュース。モノと情報があふれる時代における売り場づくりのヒントが隠されていた。
[日経MJ 15/06/24]
◇インテリアライフスタイル東京
http://www.interior-lifestyle.com/common/pdf/20150610_jp.pdf
◇インテリア ライフスタイル FB
https://www.facebook.com/interior.lifestyle
◇設計事務所イマ HP
http://www.ima-ima.com/
◇メサゴメッセ・フランクフルト HP
http://www.jp.messefrankfurt.com/tokyo/ja/
◇鈴木マサル氏手がけるテキスタイルブランド「オッタイピイヌ」
http://ottaipnu.com/about.html
◇鹿児島睦氏サイト
http://www.makotokagoshima.com/
◇インスタントジュエル FB
https://www.facebook.com/pages/INSTANT-JEWEL/800211960040623
◇伝統工芸の職人がディズニーの世界観を表現
http://hanjohanjo.jp/article/2015/06/17/451.html

◆生協、過疎地の方程式
店舗×宅配×福祉=生活拠点、施設一体で相乗効果
生活協同組合が運営する全国でも異例の施設が、福井県小浜市に誕生した。通常は別々の「店舗」「宅配」「福祉」の3事業を、1つの施設で提供する。三位一体の複合施設としたことで、店舗単独では出しにくい過疎地への展開が可能になった。生協の新しいビジネスモデルは、高齢化が進む地域の生活をどう支えるのか。
[日経MJ 15/06/29]
◇福井生活協同組合 HP
http://www.fukui.coop/

◆イスラム教徒来て!礼拝室、地方・観光地にも、那覇空港に簡易型
イスラム教徒の訪日客の増加に伴い、国際線が多数就航する成田空港や関西国際空港だけでなく、鉄道駅や地方の空港、観光地でも礼拝室を設ける例が目立ってきた。駅や空港などが独自に設けているほか、内装を手がける丹青社が一般社団法人ハラル・ジャパン協会(東京・豊島)と組み立て型の礼拝室を開発。イスラム教徒が国内を旅しやすい環境を整える動きに弾みがつきそうだ。
[日経MJ 15/06/29]
◇プレイヤールーム WANOMA
http://www.halal.or.jp/form/tanseisha/wanoma.pdf
◇丹青社 HP
http://www.tanseisha.co.jp/
◇ハラル・ジャパン協会 HP
http://www.halal.or.jp/

◆ピンタレスト、SNSと一線 将来の希望をメモする場
ピンタレストのマネタイゼーション部門トップのティム・ケンダール氏が「ピンタレストは、SNSではない」と語るのを聞いて驚いた。
ご存じのように、ピンタレストは、色々なサイトで見つけた画像を貼り付け共有できるサイトだ。共有できるのだからSNSだと思っていたが、同社の見方は異なるようだ。
同氏の説明によると、同サイトは「将来やりたいことをメモしておくためのツール」なのだそうだ。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/06/29]
◇ピンタレスト FB
https://www.facebook.com/PinterestJP
◇ピンタレスト、"未来志向型"SNSの勝算
http://toyokeizai.net/articles/-/56796
◇未来志向型SNS「ピンタレスト」使い方
http://matome.naver.jp/odai/2141515828231254901   
◇写真で旅を、もっと可愛くするカメラ学
http://tabippo.net/20150721/

◆木の空間漂う自然の恵み 「八寿恵荘」に欧州ホテル認証
薬草カモミール 13万株のそばに/寝具にこだわり 熱源には枯れ木
5月、長野県池田町に装い新たに誕生した「八寿恵荘(やすえそう)」は内外装から提供する食事、寝具、コスメに至るまで可能な限り自然素材を使用した宿だ。ヨーロッパで健康と自然環境に配慮したホテル認証として注目の「BIO HOTEL(ビオホテル)」を国内で初めて取得した。
[日経MJ 15/07/01]
◇カミツレの宿「八寿恵荘」 HP
http://yasuesou.com/
◇カミツレの宿「八寿恵荘」 FB
https://www.facebook.com/yasuesou
◇BIOHOTEL JAPAN HP
http://biohotels.jp/
◇日本初のBIOHOTEL「八寿恵荘」
http://www.organic-press.com/topics/biohotelsjapan_news06/
◇「八寿恵荘」に行ってきた
http://blog.goo.ne.jp/taotao39/e/f0de43f33d3a8f4c193d1e363e160a74

◆「動きのカガク展」 「モーション」から広がる世界
動きをデザインする「モーション・デザイン」。その技術はロボットの動作を生み出したり、車両安定制御システムで安全運転を支えたりと、私たちの日常生活に役立てられている。映像・メディアアートにおいても、「動き」は躍動感を与え、感性に訴える表現を可能にする。先端技術を使ったものから、身近な材料を使った原始的仕組みのものまで、動く作品を一堂に集めた「動きのカガク展」が21_21 DESIGN SIGHT(東京都港区)で開かれている。
[産経新聞 15/07/02]
◇動きのカガク展 HP
http://www.2121designsight.jp/program/motion_science/
◇「動きのカガク展」レポート
http://world-architects.blogspot.jp/2015/06/21-21-motionscience.html
◇菱川勢一氏 HP
http://seiichihishikawa.info/
◇菱川勢一氏 FB
https://www.facebook.com/seiichi.hishikawa.work.in.progress
◇佐藤雅彦という人物がすごい
http://matome.naver.jp/odai/2138105236891185701
◇クワクボリョウタ氏サイト
http://ryotakuwakubo.com/

◆オンラインで、店員が接客、チャット相談、導入相次ぐ
衣料品や化粧品などの業界でオンラインで接客する動きが広がっている。チャット形式で顧客の相談に回答するもので、ビームスがイベントの販促で導入を始めたほか、資生堂も実施している。流行のサイクルが短くなる中、インターネット通販やセルフ店でちょっとした接客を受けたいという人は多い。ネット通販の拡充につなげたり店頭の接客を補う取り組みとして導入は増えそうだ。
[日経MJ 15/07/03]
◇ビームスの「チャットコンシェルジュ」スタート
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43512
◇ロコンドで実際に靴を注文してみました
http://www.urikai-navi.com/shoes/repo.html
◇資生堂「おうちで美容相談」
http://www.shiseido.co.jp/webbc/

◆大人の遊び心、くすぐる
タカラトミー・メイ新社長に聞く、他業種と組み開拓
「プラレール」や「リカちゃん」などで子供の心をつかんできたタカラトミーが大人の遊びも狙う会社に変身中だ。少子化の影響などで玩具の国内市場は先行きが不透明。創業家出身の富山幹太郎氏に代わって先月社長に就任したハロルド・メイ氏は「我が社はもはや『おもちゃ会社』ではない」と言い切る。
[日経MJ 15/07/04]
◇タカラトミー、ファンドも手を引く内憂外患
http://toyokeizai.net/articles/-/57628
◇「タカラトミーを変えたい」新社長ハロルド・メイ氏
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/04/news093.html
◇ドコモとタカラトミー共同開発のロボット「OHaNAS」
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/342/342977/
◇世界初、2mm浮上して走行する「リニアライナー」
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/339/339773/
◇「LiccA CAFE」が池袋に期間限定でオープン!
http://gotrip.jp/2015/06/19742/
◇大人の女性が楽しめる新ブランド「LiccA」
http://licca.takaratomy.co.jp/stylishlicca/

◆私鉄各社、沿線の空き家生かす
東武、子育て世代に貸し出し、小田急、戸別訪問し相談を受付
私鉄各社が沿線の空き家対策を強化している。京王電鉄や東武鉄道は空き家の管理を代行するサービスを開始。小田急電鉄は担当者が戸別に訪問して相談を受ける取り組みを始めた。沿線住民の高齢化を受けて、高齢者向けの施設に転居したり、療養のために自宅を長期間留守にしたりする人が増えていることに対応する。
[日経MJ 15/07/03]
◇京王電鉄「空き家巡回サービス」
http://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2015/nr150610_keiohotnetnewservice.pdf
◇東武鉄道「空き家住みかえ支援事業」
http://www.tobu.co.jp/file/pdf/3b1831f0d6c7ff49a6a4a99d75fb9921/150611-3.pdf?date=20150611141919
◇空き家となった社員寮を住まいと保育園にリノベ
http://www.tokyu.co.jp/file/150226HPPRMB.pdf
◇京都市「撤去せず活用」異色の補助制度に視察相次ぐ
http://www.sankei.com/west/news/150523/wst1505230071-n1.html

◆サザビー流、「半歩先」
数々のブランドを発掘・育成しては日本に新たな「ライフスタイル」を定着させてきたサザビーリーグ(東京・渋谷)。最近、サザビーが仕掛けるプロジェクトの裏で、創業者の鈴木陸三会長(72)の存在感が再び際立っている。「意識してきたことは、前向きな普通生活者に向けて『半歩先』を提供するということだ。一歩先でも、特殊な人だけが見える十歩先でもいけない。皆の気持ちがなんとなく今に満足してないなかで、ぽんと出てくるのが良い。
[日経MJ 15/07/06]
◇サザビーリーグ HP
http://www.sazaby-league.co.jp/
◇サザビーリーグ「ビジネス創造プロジェクト」開始 
http://www.projectdesign.jp/201503/specialreport/001953.php
◇サザビーがイケてるブランドと組めるワケ
http://toyokeizai.net/articles/-/61300
◇サザビーリーグと新潮社が仕掛けた進化系雑貨店 
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO78674280R21C14A0000000/
◇神楽坂の新商業スペース「la kagu」 HP
http://www.lakagu.com/
◇神楽坂に新商業施設「ラカグ」オープン
http://www.fashion-press.net/news/11668

◆シェアリングエコノミーじわり浸透 空き部屋活用、639億円市場
利用者、安心・簡便さ重視
ポイント
(1)約100人に1人が空き部屋や駐車場などのマッチングサービスを経験したことがある。
(2)ここ1年で「空き部屋」マッチングサービスの利用者が大きく増加した。
(3)利用を広げるためには「安心」と「手続きの簡素化」がキーワードとなる。
[日経MJ 15/07/06]
◇シェアリングエコノミーに関する調査/JTB(原典)
http://www.tourism.jp/research/2015/01/sharing-economy/
◇JTB総合研究所 HP
http://www.tourism.jp/
◇日本でシェアリングエコノミーを普及させる3つのポイント
http://engineer.typemag.jp/article/share-economy
◇シェアリングエコノミーの本質はコミュニティにあり
http://jp.techcrunch.com/2015/02/26/jp20150226_techcrunch-school-share/
◇シェアリングエコノミーに関する調査/ファストアスク
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000109.000007597.html

◆リフォーム、ネット仲介、建築家検索やデザイン相談
家を改修したい消費者と建築家などプロをインターネットで橋渡しするサービスが広がっている。今春に日本に進出した米ハウズはスマホ向けアプリで自分好みの建築家らを探したり、自宅の改装に関する助言を無料で受けたりできるようにした。アマゾンジャパン(東京・目黒)も積水ハウスなどと組みリフォームサービスを開始。ネットを活用したリフォームが活発になってきた。
[日経MJ 15/07/06]
◇リフォーム仲介「ハウズ」
http://www.houzz.jp/
◇アマゾン「リフォームストア」 HP
http://www.amazon.co.jp/gp/browse.html?node=2448361051
◇アマゾンが住宅リフォームで狙う2つの革命
http://toyokeizai.net/articles/-/75947
◇タマホームの子会社「SuMiKa」 HP
https://sumika.me/

◆14年度、専門店調査、果敢に変化、攻め勝つ
373社の総売上高は22兆6899億円だった。消費増税の影響もあって前回調査より減収となる業種が増え、全体でも0.2%減とわずかながらマイナスに転じた。消費の構造変化をとらえて、積極的に業態を変え需要をつかむ企業が総売上高伸び率で上位に目立った。
「良質なものが欲しいが節約もしたい」。そんな消費者心理をつかみ成長しているのが、リサイクル店運営のトレジャー・ファクトリーだ。衣料品や家具・家電などを幅広く扱う総合店が主力だが、昨年からスポーツ・アウトドア用品に特化した中古専門店や、高級アパレルブランドの中古品だけを扱う新型店を展開。積極的に業態の幅を広げ、増収率は17%増と10位に食い込んだ。
[日経MJ 15/07/08]
◇トレジャー・ファクトリー HP
http://www.treasure-f.com/
◇ブランドコレクト HP
http://brandcollect.com/
◇トレファクスポーツ HP
http://www.treasure-f.com/sports/
◇総合免税店の旗艦店「新宿本店」オープン
http://ryutsuu.biz/topix/h060523.html
◇ラオックス日本製アパレルブランドを開発
http://www.roomservice-japan.org/news/detail.php?p=001310
◇ウエルシア薬局 HP
http://www.welcia-yakkyoku.co.jp/
◇ドラッグストア業界にイオン・ショック
http://biz-journal.jp/2014/12/post_8181.html

◆鉄道高架下、多彩に、踏切対策で増、有効活用へ動く
鉄道駅と駅の間の「高架下」活用が多彩になってきた。JR東日本は10日、山手線の秋葉原―御徒町間にご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」の常設の公認店舗を開き、東京メトロは植物工場を稼働させた。首都圏では京浜急行電鉄などが踏切対策で高架化を進めており、鉄道各社は駅間活用を進化させている。
[日経MJ 15/07/10]
◇B-1グランプリ食堂 HP
http://www.jrtk.jp/b-1gp/
◇東西線高架下・植物工場栽培「とうきょうサラダ」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1504/06/news144.html
◇阪神電鉄高架下・植物工場栽培「HANSHIN清らか野菜」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000184.000005180.html
◇東武沿線3カ所に駅チカ保育所
http://www.tobu.co.jp/file/pdf/21a9fae9ee3605e43bd7be81611c07f7/150319.pdf?date=20150319110621
◇今、東京の高架下が熱い!
http://matome.naver.jp/odai/2138332088312373001
◇京急蒲田駅の高架下に商業施設
http://www.keikyu.co.jp/file.jsp?assets/pdf/company/news/2014/20141127HP_14163MI.pdf
◇なんばEKIKANプロジェクト HP
http://ekikan.com/

◆農業研修でノウハウ蓄積、店頭発売の時期探る、サミット参入の狙い
食品スーパーのサミットが農業に乗り出した。小売業では既にイオンやローソンなどが独自の農園でコメや野菜の生産をしているが、サミットは当面、自社生産した農産物を店頭販売することには距離を置く。低コストで農場運営のノウハウを蓄えつつ、社員教育の場として活用するのが同社の狙いだ。
[日経MJ 15/07/08]
◇サミット、農業活動に参入
http://www.foodnavigation.com/wp-content/uploads/2015/05/fn20150523.pdf
◇いま!食のマーケットは「コンビニと農業」
http://www.jacom.or.jp/ryutsu/rensai/2014/06/140613-24563.php
◇小売り大手、農業参入本格化 
http://www.sankei.com/economy/news/150613/ecn1506130027-n1.html

◆訪日客の行動「見える化」ナイトレイ、地図・グラフで表示
ITベンチャーのナイトレイ(東京・渋谷)はアジアからの訪日外国人観光客の行動を「見える化」するサービスを始めた。ツイッターなどの交流サイトに投稿された内容から、訪れた場所や行動内容を解析して地図やグラフで表示する。国籍別の嗜好もつかめる。2020年に開催の東京五輪を見据え、外国人観光客の取り込みを狙う企業や自治体などで導入を見込む。
新サービス名は「インバウンド・インサイト」。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/07/10]
◇ナイトレイ HP
http://nightley.jp/
◇SNS解析サービス「インバウンド・インサイト」
http://inbound.nightley.jp/
◇訪日外国人の行動データを可視化「インバウンド・インサイト」
http://jp.techcrunch.com/2015/07/03/inbound-insight/

◆遊ぶ様子投稿、自然体が人気、ユーチューバーキッズ
動画サイト「ユーチューブ」におもちゃで遊ぶ様子などを投稿する「ユーチューバーキッズ」が、同世代の子どもの心をとらえている。彼らの動画のまねをしたり同じイベントに行ったりと、影響力は芸能人にも劣らない。人気の高まりを受け、企業もユーチューバーキッズに注目。タカラトミーはトミカのキャンペーンに、ベネッセコーポレーションもユーチューバーキッズをPRに採用する予定。
[日経MJ 15/07/12]
◇今、人気の子どもユーチューバ―たち
http://matome.naver.jp/odai/2142590578762000601
◇人気の「ザ★がっちゃんねる」
https://www.youtube.com/user/TheGacchannel
◇YouTubeはケーブルテレビを上回る好調
http://jp.techcrunch.com/2015/07/18/20150717people-watch-more-youtube-than-ever-before-especially-on-their-phones/
◇アマチュアが高度なビデオ作品を作れるオンラインビデオエディタShowbox
http://jp.techcrunch.com/2015/07/17/20150716showbox/
◇ユーチューバーで育った子供が大人になる頃?
http://blogos.com/article/108451/
◇Googleの「YouTube Kids」を消費者団体が批判
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/040801219/

◆加齢?いいえ、華麗です、70代以上女子、キラキラ消費
流行に敏感、値段より、こだわり
70代女性の消費意欲が旺盛だ。70歳以上の女性は人口の約1割を占め、男性の1.4倍の1400万人超と消費のけん引役を担う。
70代は月5万3000円使え、有職世代3万5100円に比べ大きく上回る。社会生活基本調査によると、行楽・旅行を「地域の人と」共にするのは70~74歳の女性がトップの15.8%(女性全体は5.8%)。「友人などと」も全世代平均より高い。
[日経MJ 15/07/12]
◇日本橋三越本店「リ・スタイル レディ」
http://ryutsuu.biz/topix/g091022.html
◇えがお写真館 FB
https://www.facebook.com/egaophotostudio
◇70代 メディア・コンテンツ接触状況と暮らしの調査/博報堂
http://www.media-kankyo.jp/wordpress/wp-content/uploads/460d3e2a2fef4ce769406bc0dc91ccae.pdf
◇シニア層の国内旅行動向調査2014/ゆこゆこ
http://www.yukoyuko.co.jp/release/1907/
◇シニアのおしゃれ意識に関する調査/ゆこゆこ
http://www.yukoyuko.co.jp/release/2059/
◇“おしゃれで変わる”シニアの生き方
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2015/04/0428.html

◆過疎地に新ビジネスの芽 
奥田浩美さんは日本において「Macworld」や「WINDOWS WORLD EXPO」といったIT関連の大規模イベントを仕切ってきた人物。IT業界で、よくその名を知られた存在だが「私の仕事は、地域に産業を作ること」と、株式会社たからのやまを2年前に徳島県美波町に立ち上げた。人口約7500人の町だ。
最近は鹿児島県肝付町で新しいプロジェクトを始めた。65歳以上の人口が4割近くを占める同町で、奥田さんは「共創のまち肝付」というモットーを掲げた。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/07/12]
◇株式会社「たからのやま」
http://www.takaranoyama.net/
◇「共創のまち・肝付」始動
http://www.takaranoyama.net/2015/07/kimop-pepper/
◇鹿児島県肝付役場 FB
https://www.facebook.com/town.kimotsuki
◇徳島の過疎の町「美波町」地方創生事例
http://matome.naver.jp/odai/2139227230119426901
◇ウィズグループ奥田浩美のブログ
http://okudawiz.jimdo.com/
◇IT業界の女帝、奥田浩美に学ぶ 自分に白羽の矢が立つ方法
http://next.rikunabi.com/journal/entry/20150422

◆東南ア、ムスリム女性の衣装おしゃれに、ユニクロ、専用ブランド
イスラム教の教えに沿い頭部や手足などを覆う女性向けファッションが東南アジアで進化している。ムスリム女性の社会進出が進み、所得が向上したことで教義を守りつつおしゃれを楽しもうとするニーズが増加。ファーストリテイリングなどアパレル大手による専用ブランドも登場している。コーディネートを紹介するブロガーが世界で人気を集めるなど、流行は国境を越えて広がりつつある。
[日経MJ/アジアFocus 15/07/12]
◇ユニクロがイスラム教徒の女性向けファッション
http://rocketnews24.com/2015/07/17/608489/
◇デザイナーのハナ・タジマ氏サイト
http://hanatajima.com/
◇UNIQLO x Hana Tajima (YouTubu)
https://www.youtube.com/watch?v=oSRPtlwMEDc
◇ムスリム女性独創的ファッション
http://www.sankei.com/premium/news/150720/prm1507200005-n1.html
◇インドネシアのウィメンズブランド、MBFWに初参加
http://www.wwdjapan.com/collection/report/etu-by-restu-anggrainitoton/2015-16-fw-tokyo-collection/

◆若者のスマホ写真、形に、富士フイルムなど、印刷需要開拓
富士フイルムやキタムラなどDPE大手が若年層の取り込みに力を入れている。狙うのはスマホに保存してある撮影画像データ10代女子では1000枚がスマホ内に眠るとされる。バッジなどに簡単に写真を印刷できるサービスやフォトブックが作れるアプリを提供、新たな楽しみ方を提案してプリント需要の掘り起こしを狙う。
[日経MJ 15/07/15]
◇富士フイルム「WONDER PHOTO SHOP」 HP
http://wonderphotoshop.jp/
◇キタムラ「フォトブック」 HP
http://photobook.kitamura.jp/
◇無料でスマホdeチェキが体験出来る「WONDER PHOTO SHOP」
http://tokyosanpopo.com/archives/14084
◇「WONDER PHOTO SHOP」が原宿にオープン
http://matome.naver.jp/odai/2139220928488079801
◇スマホの画像に関する調査/ビスタプリントジャパン
https://mmdlabo.jp/press_release/detail_1463.html

◆製鉄、LED…広がる体験教室 ものづくり技術を次世代へ
日本のものづくりの良さを次世代に伝えようと子供向けの体験教室を開催するNPO法人や大学、企業が増えている。製作過程などに触れることで将来、日本の技術を支える人材育成につながれば、との願いが込められているようだ。
[産経新聞 15/07/15]
◇ものづくり教育たたら HP
http://www.tatara.or.jp/
◇全国の子どもたちが「たたら製鉄実験」に挑戦
http://www.nssmc.com/company/publications/monthly-nsc/pdf/2008_3_176_04_06.pdf
◇東京電機大学「小中学生の電子工作教室」
http://web.dendai.ac.jp/news/20150724-06.html
◇軽井沢工房ソーセージの手づくり体験教室
http://www.shinshuham.co.jp/atelier/handmade/

◆モバイル、生活に溶け込む 自然なたたずまいの電子機器
フェルトの感触 無機質さと一線
ブランドの製品 海外でも高評価
暮らしのさまざまなシーンに溶け込むスマートフォンやタブレット。「NuAns(ニュアンス)」はそんなデジタルデバイスと周辺機器に、空間との調和や手に触れたときの心地よさをもたらす取り組みだ。現代のライフスタイルに寄り添うモバイル端末との新しい付き合い方を問いかける。
[日経MJ 15/07/15]
◇「NuAns(ニュアンス)」 HP
https://nuans.jp/
◇新しいブランド「NuAns(ニュアンス)」スタート
http://blog.sideriver.com/flick/2015/04/nuanssimplismte-635c.html
◇トリニティ HP
http://trinity.jp/
◇クリエイティブユニット「TENT」 HP
http://www.tent1000.com/
◇治田 将之氏 FB
https://www.facebook.com/harutamasayuki
◇青木亮作氏 FB
https://www.facebook.com/ryosaku.aoki

◆小売業14年度ランキング、「地域密着力」で躍進
親近感・鮮度アピール、地方GMS集客のカギに
小売業界で総合スーパー(GMS)を軸にした地殻変動が起きている。日経MJがまとめた2014年度の小売業調査(第48回)では全国展開するスーパーの稼ぐ力が一段と弱まった一方、一定の地域に根ざしてGMSを展開する企業が躍進した。消費増税などの逆風をはねのけた原動力は「地域密着力」で、刻々と変わる消費者ニーズを掘り起こした。
[日経MJ 15/06/24]
◇ゆめタウン廿日市 HP
http://www.izumi.jp/hatsukaichi/
◇地産と地消をつなぐ地産市場「エフ・マルシェ」
https://www.setouchi-matsuyama.com/14189/
◇影の支配者「平和堂」って何者?
http://matome.naver.jp/odai/2137407879333917801
◇高まる食品スーパー再編成の舞台裏
http://biz-journal.jp/2014/03/post_4303.html
◇セブンは「単なる小売業」から変わっていく
http://toyokeizai.net/articles/-/35961
◇小売業の売上推移をグラフ化してみる(2015年)
http://www.garbagenews.net/archives/2050311.html
◇なぜか北海道と沖縄県小売業ランキング
http://www.dfonline.jp/articles/-/10292
◇全米小売業ランキング2015 アマゾンが23%成長
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2015-07-03/america-ranking-2015/
◇ユニクロが世界最優秀小売業2014に選ばれる
http://etc.hateblo.jp/entry/uniqlo-retaileroftheyear-2014/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/11

情報クリップ・ダイジェスト 2015/06

◆「プチリッチ妻」、多様な生態
階層化しつつある。プチリッチ妻を類型化し、新たな消費パターンを探ってみた。
ワーキングマザーとしてひとくくりにまとめられがちだったプチリッチ妻20人にインタビュー。現在の生活や理想とするライフスタイルを聞き、大きく4種類に分類した。「マッチョ系」「主婦2・0系」「新・VERY系」「ワーママ系」だ。共通するプロフィルは関東在住で世帯年収が1000万~3000万円程度、子どものいる既婚女性。
[日経MJ 15/06/01]
◇伸芽’Sクラブ(しんが~ずくらぶ) HP
http://www.shinga-s-club.jp/
◇働くママのための名門“お受験”保育園とは
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=1866&page=4
◇『ハウスワイフ2.0』著者エミリー・マッチャー氏に聞く
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2701G_U4A300C1000000/
◇日本でもハウスワイフ2.0が増加?
http://www.huffingtonpost.jp/nissei-kisokenkyujyo/housewife_b_5839768.html
◇会社人生にNO!米国、専業主婦ブームの真相
http://toyokeizai.net/articles/-/32455
◇『「バブル女」という日本の資産』著者牛窪恵氏に聞く
http://biz-journal.jp/2014/01/post_3988.html

◆昔話や古典、ギャル語でエンタメ、ビッグバン解説にも
国語塾も活用、「笑ひける」→「じわる」
「これ割と昔めな感じなんだけどあるところにシア充なジーバーがいた的な感じ?」――。女子中高生が使うスラング「ギャル語」で昔話を語ったり授業に取り入れたり、教育からエンタメまでギャル語の活用の場が広がっている。面白くわかりやすく伝えるツールの一つとして「ギャル語」がじわり「キてる」ようだ。
[日経MJ 15/05/25]
◇ギャル語の日本昔ばなし「おむすびころりん」
http://matome.naver.jp/odai/2142822422196539201
◇女子のための国語専門塾「NICOLLA」 HP
http://www.ni-co-lla.com/
◇国語専門塾「NICOLLA」 FB
https://www.facebook.com/kokugo.nicolla.officialpage

◆「懐紙のたしなみ」復活へ 色・透かし多様化、用途も拡大
茶席や懐石料理の席で使うイメージの強い「懐紙」に色柄や斬新な透かし模様のものが登場し、さまざまな用途が提案されている。人にお金を渡すときにさりげなく包んだり、一筆箋がわりに使ったり。関係者は伝統の懐紙を携帯することが、日本人のたしなみとして復活すればと期待している。
[産経新聞 15/06/03]
◇懐紙専門店「辻徳」 HP
http://www.tsujitoku.net/
◇丸重製紙企業組合 HP
http://www.marujyu-mino.com/
◇懐紙の様々な使い方
https://latte.la/column/20425144

◆擬人化でファン作り
ゲーム機や家電、日本刀、特徴表現、販促に利用
日本刀や家電製品を擬人化して楽しむ作品が人気だ。題材の特徴や豆知識を美男美女のイラストで表現する。アイドル並みの熱烈なファンを持つキャラクターも登場。擬人化人気にあやかろうと、観光客の誘致や商品の販促に利用する事例も増えてきた。
[日経MJ 15/06/14]
◇PCゲーム「刀剣乱舞」 HP
http://www.dmm.com/netgame_s/tohken/
◇お刀女子倶楽部 FB
https://www.facebook.com/okatanajoshiclub
◇日本刀に萌える“刀女子”が増殖中
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1505/11/news045.html
◇セガ・ハード・ガールズ HP
http://shg.sega.jp/
◇PCゲーム「城姫クエスト」 HP
http://dengekionline.com/shirohime/
◇家電女子 HP
http://www.kadenshojo.com/
◇家電育成型RPG「家電女子」
http://matome.naver.jp/odai/2142652538900975501
◇おたく市場2014調査/矢野経済
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1334.pdf
◇PC・オンラインゲーム市場2017年までに年間平均7.9%増に
http://kultur2.blog.fc2.com/blog-entry-2533.html
◇「鳥獣戯画―京都 高山寺の至宝」展 HP
http://www.chojugiga2015.jp/

◆「ちょっと贈り物」広がる 男性、仕事仲間、女性、同性の友人、7割超が「センス」に悩み
ポイント
(1)日常生活での感謝などを表すプチプレゼント、「増えた」3割。人間関係円滑化の役割期待
(2)贈る物、男女ともスイーツが首位。「いい物を見つけてあげたいとき」、女性は「小物雑貨」多く
(3)「相手が負担を感じないと思う最高額」は男性が5740円、女性が3220円。
[日経MJ 15/05/18]
◇生活者のギフトへの意識と消費レポート/DNP
http://www.dnp.co.jp/cio/mediavalue/report/pdf/mvr_vol65.pdf
◇プチギフトに関する調査/サンリオ
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/2041
◇ワーキングママにプチギフト調査/カルビー
http://resemom.jp/article/2015/05/07/24396.html
◇プチギフトから奮発系までハズさない贈り物
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20131205/168482/?rt=nocnt
◇プチギフト専門サイト「cocomo」
http://cocomo.to/mojo?vgform=SimpleForm&template=default/scene/puchigift.html

◆ロボットビジネス、未来に乾杯、先導3人、異業種熱い議論
4月中旬、東京・秋葉原で開かれた「ロボットパイオニアフォーラム」に百人超のロボット関係者が集まった。研究者やプログラマーだけでなく、ウェブ業界や商社、広告代理店の人々が熱い議論を交わしていた。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/05/18]
◇ロボットパイオニアフォーラム FB
https://www.facebook.com/robopf
◇ロボットパイオニアフォーラム002レポート
http://robotstart.co.jp/news090.html
◇DMM.make AKIBA
https://akiba.dmm-make.com/
◇ロボット制御ソフトウエア「V-Sido OS」
http://www.asratec.co.jp/wp-content/uploads/2014/06/press20140611_01.pdf
◇ロボット開発「RT」 HP
http://www.rt-net.jp/
◇RT代表取締役中川友紀子氏について
http://doda.jp/engineer/guide/yosoku/14_1.html
◇ロボットスタート HP
http://robotstart.co.jp/
◇新しいPepperは言葉の反応が良いぞ
http://robott.info/robot-report-newpepper/
◇ロボット情報WEBマガジン「Robott.imfo」
http://robott.info/

◆手書きデコ文字、授業ノートや手帳、ハマる、グッズ付録に、ママ友付き合い一役
手書きの文字に、模様をつけたり、ふちどったりしてかわいらしく装飾(デコレーション)する「デコ文字」が女性に人気だ。手紙や授業用ノート、手帳など使う場面はさまざま。パソコンやスマホのデジタル文字があふれる中、消えない「手書きの魅力」があるようだ。
[日経MJ 15/05/18]
◇デコ文字の書き方サイト
http://matome.naver.jp/odai/2137509077309600301
◇『すてきな字&デコ文字が書ける本』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784780411874
◇プリクラ情報コンテンツ「プリ研究部」 HP
http://www.fumi23.com/puri/
◇ポップでカラフルな物体が描ける3Dペン
http://thebridge.jp/2014/06/cloudio2go-3d-printer-pen

◆最適な広告、配信代行、検索履歴分析し消費者選定、インティメート
効果、企業に報告
インターネット広告配信サービスのインティメート・マージャー(東京・港)は個人がネット上で検索した情報などのログを分析し、ターゲット層に広告メールを配信する代行サービスを始める。企業は商品などを売りたい相手の年齢や好みなどを伝えるだけで済む。情報があふれ企業と個人とのコミュニケーションが難しさを増す中、最適な情報が消費者一人ひとりに届くようにする。
[日経MJ 15/05/18]
◇インティメート・マージャー HP
http://corp.intimatemerger.com/
◇「データドリブンソリューション」パッケージを提供開始
http://corp.intimatemerger.com/archives/1227/
◇インティメート・マージャー簗島亮次氏について
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000006798.html
◇「ソーシャルPLUS」インティメート・マージャーと連携開始
http://www.feedforce.jp/release/4467/

◆ネット時代実店舗の品ぞろえ、「とがった」売り場カギに
客引き寄せ、ECへも誘導
ECの普及が、実店舗の品ぞろえや売り場作りに変化をもたらそうとしている。広大な倉庫に膨大な在庫を抱えることができるECに対し、実際の売り場はスペースの制約で品ぞろえが限られる。物量面では圧倒的な差をつけられているが、だからこそ先鋭化する価値がある。人の手による、商品のお薦めや売り場の編集だ。
[日経MJ/客を呼ぶ店づくり 15/05/20]
◇オーマイグラス HP
http://www.ohmyglasses.jp/
◇リアルと実店舗が補完し合い、顧客満足を高める
http://www.jmca.jp/column/kadena/spot80.html
◇オーマイグラスから学ぶ、集客が向上するコンテンツマーケティング
http://24h.aratana.jp/?p=21330
◇オーマイグラス代表取締役社長・清川忠康氏
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38288

◆極上のくつろぎ屋外で ミラノ見本市で存在感
ロープに機能性 独特の色彩放つ
心地よいソファ カバー完全防水
世界で相次いでいる自然災害やテロ事件などの不穏な世相にあらがうように、さわやかな色彩をまとい、丁寧な手仕事で仕上げられたアウトドア家具が存在感を放った。
54回目のミラノ・サローネには、世界の家具メーカーなど約2100社が出展。14~19日の6日間で中国人を筆頭に約31万人が訪れた。中でも訪れた人々の注目を集めたのは、屋内でも使えるアウトドア家具だ。
[日経MJ 15/05/20]
◇ミラノサローネ HP
http://www.milanosalone.com/
◇伊・アウトドア家具「パオラ・レンティ」 HP
http://www.paolalenti.it/
◇伊・家具「B6Bイタリア」 HP
https://www.beb-italia.jp/
◇伊・家具「モローゾ」 HP
http://www.moroso.it/
◇伊・家具「カッシーナ」 HP
http://www.cassina-ixc.jp/
◇「ミラノサローネ2015」ダイジェストレポート
http://www.vogue.co.jp/lifestyle/interior/2015-05-08
◇ミラノサローネ2015特集
http://www.japandesign.ne.jp/salone/2015index.html
◇ミラノサローネ2015直球レポート
http://ism.excite.co.jp/interior/rid_E1432521084004/

◆味な理系で舌鼓、実験器具が食器、プログラミング実演
実験器具を食器に使ったり、コンピュータのプログラミングを実演したり、と「理系」の雰囲気を堪能できるバーやレストランが人気を集めている。店を仕切るのは元研究者やハッカーたちだ。専門分野の話で盛り上がるエンジニアや研究者だけでなく、科学者気分を楽しみたい文系の来店客も少なくない。
[日経MJ 15/05/20]
◇サイエンスバー・インキュベータ FB
https://www.facebook.com/incubator.sc
◇東京・四谷三丁目のサイエンスバー店内で遺伝子解析可能
http://biohacker.jp/c/BH98.html
◇サイエンスバーはまるで研究室のようなお店
http://macaro-ni.jp/14230
◇「サイエンスバー INCUBATOR」の手引き
http://bimi.jorudan.co.jp/article/topics/guide/owner/106/
◇塩専門店「solco」 HP
http://www.solco.co/
◇塩ソムリエがいる塩の専門店「solco」
https://locari.jp/posts/15977
◇塩専門店「solco」がユニークでお洒落
http://miraie.hatenablog.com/entry/2014/12/18/183342

◆書籍関連情報をワンストップで、スマートニュース、13社と組む
若者取り込み狙うスマホ向けのニュース配信アプリを手がけるスマートニュース(東京・渋谷)は取次大手の日本出版販売(東京・千代田)や文芸春秋(同)など13社と組み、本にまつわる様々な情報をワンストップで提供、内容はリアルタイムで更新していく。本離れが進む若者が本と出合う機会につなげる。本に関する情報を一元化したアプリは珍しい。
[日経MJ 15/05/22]
◇SmartNews HP
https://www.smartnews.com/ja/
◇SmartNewsが「読書チャンネル」を開設
http://hon.bunshun.jp/articles/-/3726

◆ビル、宿に変身、来れ20代YOU お金がなくても日本へ!
「安さ・清潔さ」で人気
お金に余裕のない20代の訪日外国人にとって宿泊費を安く抑えることは旅の基本だ。若年層を狙って、中古のビルをリノベーションした割安な宿泊施設が各地に相次ぎ誕生し、にぎわっている。いずれも共有スペースやカフェを充実させ、宿泊部屋が狭くても快適に過ごせる工夫を凝らす。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/05/22]
◇ゲストハウス型ホテル「GRIDS(グリッズ)」 HP
http://grids-hostel.com/jp.html
◇外国人観光客に照準 ゲストハウス型ホテル「GRIDS」
http://www.fashionsnap.com/news/2015-03-27/grids-akihabara/
◇日本の伝統や文化を発信する「GRIDS」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000013221.html
◇ファーストクラスをイメージ「ファーストキャビン」 HP
http://first-cabin.jp/
◇「ファーストキャビン」宿泊レポ
http://gigazine.net/news/20150308-first-cabin-compact-hotel/6000/
◇JTB総合研究所 HP
http://www.tourism.jp/
◇空き家を短期旅行者に宿泊用に貸し出す「Airbnb」
http://diamond.jp/articles/-/53279

◆アップルウオッチは「時短家電」 多忙な女性の便利ツール
電話がかかってきて手が離せないほど忙しい人にとって最高の“時短家電”だ。
アップルウオッチがワーキングマザーや主婦ら忙しい女性に適していることが分かったが、その情報が彼女たちに届いてないような気がする。このようなウェアラブル機器が百花繚乱となった時のことを見据え「それがあると本当に楽になる人たち」を視野に入れたマーケティング戦略が求められそうだ。
[日経MJ/奔流eビジネス 15/05/22]
◇「Apple Watch Sport」を数日間着けていてわかったこと
http://youtachannel.com/report-apple-watch-1/
◇アップルウォッチ1週間使用リポート
http://hbol.jp/38441
◇「Apple Watch」を買ったら入れておきたいアプリ8選
http://japan.cnet.com/news/service/35063637/

◆食サイト、プロが集約、「キュレーション」異業種から続々
「食」をテーマにした情報サイトの開設が相次いでいる。これまではレシピや外食店など、ある分野の情報に特化したサイトが主流だったが、食関連の幅広い情報を集約して提供しているのが特徴だ。中でも、料理家などが独自の視点でネット上の情報を集めて配信する「キュレーション」型のサイトが人気を集めており、様々な業種がサイトを開設している。
[日経MJ 15/05/25]
◇クックビズ HP
https://cookbiz.jp/
◇クックビズ総研 HP
http://cookbiz.jp/soken/
◇クックビズ総研 FB
https://www.facebook.com/cookbizsoken
◇SNSサイト「ミイル」
http://www.miil.jp/
◇キュレーションサイト「ミイル」まとめ」
https://matome.miil.me/
◇キュレーションサイト「CAFY」
https://cafy.jp/
◇キュレーションサイト「MERY」
http://mery.jp/
◇生活情報プラットフォーム「iemo」
http://iemo.jp/
◇料理ブログポータル「レシピブログ」
http://www.recipe-blog.jp/
◇DeNA、「ベンチャー2社同時買収」の果実
http://toyokeizai.net/articles/-/58728
◇2015年躍進するメディアは「特化型」か!?
http://gaiax-socialmedialab.jp/media/363
◇キュレーションサイトのアクセス数と 記事の投稿数調査
https://blog.core-j.co.jp/curation-web-media
◇キュレーションサービス市場に関する調査/矢野経済
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1264.pdf

◆ログロード代官山 線路跡に話題の店、花木に囲まれ散策も
東急東横線の地中化で生まれた線路跡地を活用。長細い敷地内には、フードや衣料品など話題の店が入り、道脇には四季折々の花や木々が植えられ散策を楽しめる。これまで人通りが少なかった代官山のはずれに人の流れが生まれつつある。
[日経MJ/みせどころ 15/05/25]
◇ログロード代官山 HP
http://www.logroad-daikanyama.jp/
◇スプリングバレーブルワリー東京 HP
http://www.springvalleybrewery.jp/tokyo/
◇フレッド・シーガル HP
https://www.fredsegal.jp/
◇タルティーンベーカリー&カフェ HP
http://www.tartinebakery.jp/
◇全米No.1と話題!タルティーンベーカリーが代官山に上陸
http://momogirl.jp/gourmet/post-3759/
◇「ログロード代官山」がオープン
http://www.fashion-press.net/news/11895
◇東京・代官山の線路跡地から、西海岸スタイルを発信
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO86619960R10C15A5000000/

◆百貨店がエンタメで誘客 フラッシュモブ、結婚式、バーベキュー
「劇場型」「カルチャーリゾート」「ファッションミュージアム」…。百貨店で最近、こんなコンセプトを掲げて買い物以外の娯楽を客に提供しようという試みが広がっている。店内でプロの交響楽団が突然演奏を始める「フラッシュモブ」や結婚式、屋上をバーベキュー場にする取り組みも。買い物ついでにさまざまな体験ができる意外性が、若年層やファミリー層に受けている。
[産経新聞 15/05/27]
◇阪急百貨店梅田本店「祝祭ウエディング」
http://www.hankyu-dept.co.jp/hkblog/saiji-service/EventShop7/00166474/?catCode=301011&subCode=302130
◇東急百貨店本店の屋上でBBQ開催
http://www.fashion-press.net/news/16518
◇フラッシュモブ企画代行「Emotion Rise」
http://www.emotionrise.com/
◇スタッフが案内する「百貨店ツアー」が人気
http://www.shakai-kengaku.com/news_bpznDKrmPO.html
◇阪急うめだ本店が教えてくれる、滞在時間と売上の関係
http://ryotarotakao.com/archives/5540

◆プチ贅沢品なぜ売れる 質重視して満足感、給料増えず、賢く買物
もし買った商品が期待通りではなかったら、改めて別の商品を買わなくてはならないかもしれない、買い物で失敗はしたくないので、少しくらい高くても失敗しない商品を手にする。
高齢社会の進展も少し高めの消費行動をもたらす。少量でも鮮度が良かったり、良質な素材を使ったりしたモノを食べたいという欲求が高まるからだ。年金という安定した収入もこうした消費を後押しする。
[日経MJ 15/05/29]
◇生活者1万人アンケート調査2012/野村総研(原典)
https://www.nri.com/jp/event/mediaforum/2012/pdf/forum182.pdf
◇プレミアム飲料・食品に関する調査/マイボイスコム
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000209.000007815.html
◇コンビニユーザーのプレミアム商品に関する調査/マクロミル
http://www.lisalisa50.com/research20141218_5.html

◆「蔦屋家電」、まもなく開店1カ月、体験型の生活提案、盛況
実売に結びつけられるか
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が品ぞろえと安さを競ってきた量販店と一線を画す、新しい家電販売店作りに挑んでいる。5月3日に開店した「蔦屋家電」(東京・世田谷)だ。家電製品単品を売るのではなく、食や美容、健康など生活のテーマごとに、こだわりの家電と関連書籍を合わせて提案。週末は来店客でごったがえしている。
[日経MJ 15/05/29]
◇蔦屋家電 HP
http://real.tsite.jp/futakotamagawa/
◇最新家電が勢ぞろいする蔦屋家電とは?
http://matome.naver.jp/odai/2141669897590183001
◇蔦屋家電に行ってみたら、家電店じゃなかった!?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150511/1064348/?rt=nocnt
◇神棚からドローンまで、蔦屋家電が凄い!
http://www.asahi.com/and_w/fashion/CGfashion106221.html

◆車椅子でも気軽に クラブツーリズムのバリアフリー旅行
旅行大手のクラブツーリズム(東京・新宿)が、バリアフリーに配慮したツアーを拡充している。4月に専門窓口「ユニバーサルデザイン旅行センター」を開設し、5月には車いす用のエレベーターを備えた大型バスを導入した。主力の50~60代の顧客層が年齢を重ねる「超高齢社会」の到来をにらみ、体が不自由でも気軽に参加できるツアーのノウハウを蓄積する。
[日経MJ/耳寄りな話 15/05/29]
◇クラブツーリズム「誰にでもやさしい旅」
http://www.club-t.com/theme/barrierfree/
◇ユニバーサルデザイン旅行センター開設
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000008099.html
◇バリアフリー・ユニバーサルデザイン旅行調査2012
http://www.kijikiji.com/consultant/ronbun/2012travel.pdf
◇バリアフリー旅行の対応が必要な時代に
http://www.travelvoice.jp/20131111-10501

◆若手デザイナーの作品売り場で紹介、伊勢丹、資金調達アシスト
三越伊勢丹ホールディングスはインターネット上で資金を集めるクラウドファンディングの仕組みを使って若手デザイナーへの援助に乗り出す。出資を募りたいというデザイナーを募集し、今夏から彼らのサンプル品を伊勢丹新宿本店で展示する。出資する前に実際に見てもらうことで資金集めに弾みをつける。クラウドファンディングと売り場を連動させる事例は珍しい。
[日経MJ 15/05/29]
◇伊勢丹×Makuakeクラウドファンディング
https://www.makuake.com/landing/isetan/
◇話題のクラウドファンディングMakuakeが熱い
http://matome.naver.jp/odai/2143329285484061701

◆ドローン市場、産業界が注目 物流・警備…活用に期待
5月下旬、無人飛行機ドローンを集めた「国際ドローン展」が初めて開催され、世界各国から50社が出展した。大勢の人が訪れ、盛り上がった。何かと世間を騒がせているドローンだが、市場は2020年までに現在の10倍にあたる186億円になるといわれている。規制ばかりでなく、ドローンの有効活用や人材の育成も含めた議論の展開が期待される。
[日経MJ/e奔流ビジネス 15/05/29]
◇第1回国際ドローン展レポート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150523_703315.html
◇ドローン市場の先駆者Parrot、ブレイクのきっかけは音声処理だった
http://jp.techcrunch.com/2014/11/25/jp20141120-tctokyo-parrot/
◇ドローン10兆円市場が日本にもたらす脅威
http://diamond.jp/articles/-/72424
◇ドローン市場に関するインタビュー
http://response.jp/article/2015/03/20/247086.html
◇ドローン市場、実はうまみゼロ
http://biz-journal.jp/2015/06/post_10189.html

◆進化、ITで部屋探し、スカイプで内見、サイト掲載、雑誌風
ベンチャー、サービス競う
インターネットの強みを生かした住まい探しのサービスが活況だ。従来の不動産会社と比べ手数料を安くしたりテレビ電話を使って手続きを簡素化。ユニークな情報発信で店舗型との違いを打ち出す。国は不動産会社が取引条件などの重要事項もテレビ電話で説明できるよう規制を緩和する方針。ネットでの気軽で安価な部屋選びは加速しそうだ。
[日経MJ 15/06/01]
◇不動産賃貸仲介「ハイタイム」 HP
http://www.high-time.co.jp/
◇不動産賃貸仲介「ハイタイム」 FB
https://www.facebook.com/hightime.chintai
◇IT不動産サービス「ヘヤジンプライム」 HP
http://itandi.co.jp/
◇ヘヤジンプライムのビジネスモデルとは
http://zoweb.hatenablog.com/entry/2014/11/23/134807
◇不動産業界のイノベーション「ヘヤジンプライム」
http://www.ikedahayato.com/20141105/16134853.html
◇部屋探しサービス「ノマド」 HP
https://nomad-a.jp/
◇ITで不動産業界の常識を変える!
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/20141107_674259.html

◆風で室内空間、豊かに モビール、大人が楽しむ素材・動き
微妙なバランス 組み立て高精度
英などでも販売 新感覚の品続々
風でゆらりと動く「モビール」が今、面白い。これまで紙で動物などをかたどった幼児向けが多かったが、木や金属と使う素材が広がり、モダンな印象を放ったり、懐かしさを誘ったりと大人も楽しめるものが登場。見えない風をデザインする道具として、インテリアに新風を吹き込んでいる。
[日経MJ 15/06/03]
◇デザインスタジオ「DRILL DESIGN」 HP
http://www.drill-design.com/
◇デザインスタジオ「DRILL DESIGN FB
https://www.facebook.com/pages/DRILL-DESIGN/683897914967614
◇mother tool HP
http://www.mothertool.com/
◇建築家・寺田尚樹氏サイト
http://www.teradadesign.com/
◇デザインユニット「MUTE」 HP
http://www.mu-te.com/
◇インテリア&トイ「twelvetone」 HP
http://twelvetone.jp/contents/
◇デザインスタジオ/レーベル「MicroWorks」 HP
http://www.microworks.jp/
◇MicroWorksモビール「バンブーコプター」
http://openers.jp/article/896287
◇大人も子どもも楽しめるモビールの世界
https://mamanoko.jp/articles/8768

◆「Save the Okura」 オークラ本館建て替え、海外から惜しむ声
「西洋と東洋の完全な調和」
日本のモダニズム建築の代表格、ホテルオークラ東京本館の建て替え計画に対し、海外著名人らから惜しむ声がわき上がっている。8月末の閉館と解体が迫るなか、「Save the Okura」(オークラを守れ)」の訴えはやまない。
[産経新聞 15/06/04]
◇Save the Okura HP
http://savetheokura.com/
◇Save the Okura FB
https://www.facebook.com/SaveTheOkura
◇建替が決まったオークラに、海外から「壊さないで!」
http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/13/save-the-okura_n_7271550.html
◇昭和モダンの傑作 スクラップ&ビルドの犠牲になるか
http://cragycloud.com/blog-entry-796.html
◇オークラはなぜ今、建て替えを決めたのか
http://toyokeizai.net/articles/-/38554

◆「私、失敗したくない!」、お試し市場拡大
収入が増えている人は少なくないものの、店頭で値上げが相次ぎ、依然として財布のひもは引き締めモード。限られたお金を大切に使いたいという志向は根強く、買い物で「失敗したくない」という消費者が増えている。そんな気持ちに応え、レンタルで使い心地を試せたり、返品できたり、購入前に自分なりの納得感を得られるサービスが続々登場。
[日経MJ 15/06/05]
◇スタイリスク HP
http://www.stylics.com/
◇新生活は安く始めよう、レンタル家具が便利
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1141848994441099201
◇プレジャライフ
http://pleasulife.com/
◇家具・家電のレンタル、好きなデザイン手軽に
http://www.nikkei.com/money/features/77.aspx?g=DGXKZO8630954030042015W06001
◇おかりなレンタルでルンバお試し
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-2088.html
◇生活者の1万人アンケート調査/野村総研
https://www.nri.com/jp/event/mediaforum/2012/pdf/forum182.pdf

◆ネットショップ、私も出店、大手2社の店数1年で3倍に
BASE、モール型を展開、ブラケット、ブログから店に
個人レベルでネットショップを開くケースが増えている。無料で簡単に開設できるサービスを手掛けるBASE(東京・渋谷)とブラケット(同)の大手2社の出店数は計43万店と、1年前の15万店から3倍近く増えた。両社とも店舗同士を集めてモール化したりブログが即ネットショップの画面に切り替わったりと機能を向上。ショップを開きたい地方の商店主や主婦らを取り込む。
[日経MJ 15/06/01]
◇ネットショップ作成サービス「BASE」 HP
https://thebase.in/
◇ネットショップ作成サービス「Bracket」 HP
http://bracket.co.jp/
◇Stores.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー」 HP
https://stores.jp/
◇たったの2分で誰でもオンラインストアが開けるサービス「Stores.jp」
http://www.dreamgate.gr.jp/news/719

◆無料サービス、質の勝負に 写真保管や求人に拡大
スマホで撮った写真を保管・整理する、無料新サービス「グーグルフォト」では写真のみならず動画も預けることができる。時系列で整理整頓し、パソコンとも連動する。写真の品質によるが16メガピクセルを超える写真の場合、サイズを縮小して保存するが、費用を支払うとそのまま保管できる。
有料があたり前だった就職・転職業界でも無料サービスが登場した。転職サイトを運営するビズリーチ(東京・渋谷)が始めた「スタンバイ」というクラウド型の採用サービスだ。こちらも一番の売りは企業が無料で求人情報を掲載できる点だ。しかも採用が成約した時の手数料もかからない。収益は検索ページに掲載した広告から得るという。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/06/08]
◇Google Photos について
http://googlejapan.blogspot.jp/2015/05/google_29.html
◇Google Photosレポート
http://www.gizmodo.jp/2015/05/google_photos_1.html
◇ビズリーチ HP
https://www.bizreach.jp/
◇求人検索エンジン「スタンバイ」 HP
https://jp.stanby.com/
◇リクルート「リクナビNET」 HP
https://next.rikunabi.com/

◆ヒット商品番付、下期トレンド予想 覚醒!?Reの時代
Revival 「復活」に世代超え支持
Regional 「地域」密着商品で独自色
Regular 「おなじみ」頼み鮮明
2015年の下半期トレンドカレンダーを見ると、3つの「Re」が見えてきた。「リバイバル」「リージョナル」「レギュラー」だ。ヒット候補として復活の大作、地方発商品・施設、おなじみの顔が目白押し。新たな流行が生まれる予感はないが、手堅いコンテンツが消費を覚醒するかもしれない。
[日経MJ 15/06/10]
◇下半期の予想入り、2015年ITトレンド中間発表
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150626/RankingBox_309.html
◇2015年カレンダーから商機を見つけよう
http://www.dreamgate.gr.jp/knowhow/branding-strategy/id=2342
◇上半期総決算&下半期ヒット予想!
http://getnavi.jp/4303
◇「質」志向の消費をつかまえよう 
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO74527110Q4A720C1PE8000/

◆フォント、街の「顔」に 地域の歴史・文化、文字に反映
味付け・巻き髪 個性細部に反映
理想はロンドン 景観統一に貢献
ベーシックで汎用性の高いフォント開発で定評のあるタイププロジェクト(東京・練馬)が、一風変わった書体作りに取り組んでいる。地域の文化や歴史をデザインに反映した「都市フォント」プロジェクトだ。街の気分やイメージを伝える新たな「顔」として、普及に期待を寄せる。
[日経MJ 15/06/10]
◇タイププロジェクト HP
http://typeproject.com/
◇「都市フォント」プロジェクト
http://www.cityfont.com/
◇デジタル日本語フォントの新製品 「AXIS Font ProN」を発表
https://www.value-press.com/pressrelease/134691
◇都市フォントプロジェクト 名古屋
http://typeproject.com/projects/cityfont-nagoya
◇都市フォントプロジェクト 横浜
http://typeproject.com/projects/cityfont-yokohama
◇ロンドン地下鉄の書体考案河野英一氏インタビュー
http://www.atmarkit.co.jp/news/201001/07/meiryo.html

◆生活必需品200品目用意、ファミマ、高齢者向け宅配
ファミリーマートは傘下の高齢者向け弁当宅配会社、シニアライフクリエイト(東京・港)で、コンビニエンスストア商品の販売を拡大する。弁当を届けた際に必要な日用品や食料品を届けるほか、安否確認とともに「ご用聞き」もする。現在は東京都内など7店舗でサービス展開するが、8月までに20店舗に増やす。健康に配慮した総菜なども開発し、拡大する高齢者層の需要を取り込む。
日経MJ 15/06/14]
◇シニアライフクリエイト HP
http://www.slc-123.co.jp/
◇宅配クック123 HP
http://www.takuhaicook123.jp/
◇コンビニのターゲットが若者から高齢者に
http://wakarukoto.com/?p=11328
◇ローソンがケアマネ常駐店 コンビニ、高齢者に照準 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03IAZ_T00C15A4TI0000/

◆ハラル認証のお土産物、ラオックス、激戦区新宿本店、訪日客に訴求
ラオックスが東京・新宿の商業激戦区に新宿本店を開業した。かねて参入表明していたアパレル事業で初めて店舗内店舗を開いたほか、ムスリム向けの食品を集めたコーナーを設けたり、赤や金の炊飯器の独自機種を取りそろえたりした。急増する訪日客のうち、団体だけでなく個人客も取り込む旗艦店と位置付ける。
[日経MJ 15/06/10]
◇ラオックス HP
http://www.laox.co.jp/
◇ラオックス、「Muslim Welcomeコンセプト」導入
http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20150615/Cobs_215304.html
◇「ハラール」。それは300兆円超の巨大マーケット開拓のキーワード。
http://nipponmkt.net/2015/06/03/takurami22_jsir_tomono01/
◇ムスリムの人達を受け入れて学んだことを、商品・サービスへと展開する。
http://nipponmkt.net/2015/06/10/takurami22_jsir_tomono02/
◇日本を、もっと外国人が住みやすい国にしていく。
http://nipponmkt.net/2015/06/17/takurami22_jsir_tomono03/

| | トラックバック (0)

2015/06/30

情報クリップ・ダイジェスト 2015/05

◆若者「消費したい」じわり 20代前半、実際の支出にはためらい
「バブルジュニア」親がカギ
ポイント
(1)景況感を映し若者の消費意欲は5年前よりも上向く。ただし、将来不安が心理面でブレーキも。
(2)「今後してみたいこと」上位には、彼らの親世代を魅了したスキーやドライブがランクイン。
(3)「知りたい」の上位には化粧やお酒。親と仲の良い彼らには親を介したアプローチも有効か。
[日経MJ 15/04/20]
◇コーセー雪肌精「家族の日キャンペーン」
http://www.sekkisei.com/kazokunohi/
◇バブル親子が創り出す新たな消費の可能性
http://jrc.jalan.net/column/2014/10/post-1aaf.html
◇20 代の金銭感覚についての意識調査/SMBC
https://www.smbc-cf.com/news/datas/chousa_141210.pdf
◇まるでバブル期、タイ人の消費意欲と人生観
http://toyokeizai.net/articles/-/63709

◆50代、高額消費へ走る 「旅行」や「リフォーム」ストレス解消?6割が生活の質重視
ポイント
(1)消費プレミアム層はクオリティオブライフを重視し、生活の質を高めるならお金は惜しまない
(2)消費に対してアクティブでありながら、将来に対する不安があり、節約志向も見られる
(3)今後消費したいことについて、50代の消費意欲が最も強く、消費カテゴリが多岐にわたる
[日経MJ 15/05/04]
◇今後注目すべきキーセグメントにおけるライフスタイルに関する調査/楽天(原典)
http://research.rakuten.co.jp/report/20150302/
◇「こだわりの大人女性」の消費傾向
https://netshop.impress.co.jp/node/1376
◇変化している消費者の価値観
http://www.jacom.or.jp/series/cat201/2014/cat201140910-25317.php
◇ライフコース様々なバブル世代
http://adv.asahi.com/modules/feature/index.php/content0682.html
◇2014上半期消費者動向調査/日本政策金融公庫
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_140911a.pdf
◇生活インデックスレポート消費行動1504/博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2015/04/20150401_2.pdf

◆海外の目で伝統に新風、生活に溶け込む有田焼に
4月中旬、イタリア・ミラノで開かれた家具やインテリアのデザインウィークで、オランダと佐賀県の共同プロジェクト「ニーゼロイチロク」が発表された。
有田焼創業400年事業の1つで、ドイツやオランダ、スイス、アメリカ、フランスなど世界各国から16組のデザイナーを選んだ。
[日経MJ 15/04/29]
◇SCHOLTEN & BAIJINGS HP
http://www.scholtenbaijings.com/
◇柳原照弘氏 FB
https://www.facebook.com/teruhiro.yanagihara
◇百田陶園 HP
http://www.momota-touen.jp/
◇有田焼創業400年事業が本格始動します
http://www.excite.co.jp/News/release/20131016/Dprp_5607.html
◇1616/arita japan
http://1616arita.jp/
◇ARITA「2016/project」
http://arita-episode2.jp/ja/topics/002.html
◇これからのARITAを世界に発信
http://bitecho.me/2015/05/01_27.html
2016/project

◆日本の伝統文化 子供向け図鑑や紹介本、刊行相次ぐ
落語や狂言などの伝統芸能から日々の暮らしに根付く習慣まで、子供向けに日本の文化を紹介する児童書の刊行が相次いでいる。生活習慣や家族のあり方が変化するなか、改めて自国の文化に触れ、理解してもらおうという内容。2020年東京五輪開催を控え、親世代の関心も高まっているという。
◇『外国人が教えてくれた! 私が感動したニッポンの文化』
http://www.nihontosho.co.jp/2014/10/post-497.html
◇『にっぽんの図鑑』
http://www.shogakukan.co.jp/books/09213189
◇ロバート・キャンベル氏サイト
http://robertcampbell.jp/
◇和文化研究家、三浦康子氏 FB
https://www.facebook.com/miurayasuko.wabunka
◇行事を楽しむ絵本特集
http://www.ehonnavi.net/special.asp?n=1424

◆MJ1000人調査、賃上げ好循環、消費目覚める
日経MJが消費者1000人を対象に実施したアンケート調査によると、賃上げなどで年収増が期待できる人の3割超は支出を増やすことを検討中だ。消費増税後、厳しく節約してきた衣服や外食にも客足が戻り始めている。一方で節約を強める人もじわり増え、今年「節約しない」人はわずか3%。消費者はお金の使いどころをシビアに見極めている。
習い事・教育費増やしたい、効果厳選、将来への投資に振り向ける傾向が強まっている。
[日経MJ 15/04/17]
◇“異次元緩和”から2年 恩恵は/NHK
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2015/04/0401.html
◇女性と経済 市場における重要度の高まり
http://www.shinnihon.or.jp/shinnihon-library/publications/issue/info-sensor/2014-12-01.html
◇ビジネス・プレゼンテーション講座
http://gms.globis.co.jp/curriculum/skill/bup/outline.html
◇ケイコとマナブ 2014年度 人気おケイコランキング
http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/area/news1704_20150225.html
◇今、チャレンジしてみたい習い事は?/ハピ研
http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/201503/00541/
◇子供の教育資金と学資保険調査 2015/ソニー生命
http://www.sonylife.co.jp/company/news/26/nr_150313.html

◆ゆりかごからファンづくり、アクタス、乳幼児家具参入、親子需要を囲い込み
アクタスは乳幼児向け家具やインテリア用品を売り出す。ゆりかごや小型の椅子など6種類を4月下旬以降に順次発売する。子どもの成長に応じて別用途で使える家具も取り扱う。
[日経MJ 15/04/17]
◇アクタス HP
http://www.actus-interior.com/
◇ミルクジャポン HP
http://milkjapon.com/
◇ACTUSの「こども家具プロジェクト」
http://milkjapon.com/article/2014/09/actus-eventreport.php
◇アクタスの子供用家具と雑貨&おもちゃ
http://onigiriface.com/actus-interior-child.html

◆ナルミヤ「クレードスコープ」 学生の視点、楽しさと実用性両立
子供服大手のナルミヤ・インターナショナルが展開する男児向けブランド「クレードスコープ」が好調だ。子供が自分の力で着やすい服作りで母親の支持を集める。
4月からは学生と共同開発した商品の展開するなど、新たな取り組みも始めている。「服育」を切り口に学生との接点も増やして人材確保につなげたい」と意気込む。
[日経MJ/ブランドVIEWS 15/04/17]
◇◇ナルミヤ・インターナショナ HP
https://www.narumiya-online.jp/
◇ナルミヤ・インターナショナ FB
https://www.facebook.com/NARUMIYA.INTERNATIONAL
◇「kladskap」こども服の共同開発プロジェクト実施
http://www.atpress.ne.jp/view/53290
◇産学連携「こども服の共同開発プロジェクト」
https://www.tokyomirai.ac.jp/info/education/industry.html

◆「デジタル新3世代」台頭 子供家族と相互に見守り
現在の70~80代が見守りの必要な高齢者であり、「子供家族に面倒を見られる祖父母」だとすると、60代団塊世代からは「子ども家族の面倒をみる祖父母」に大きく変化し、ここから「新3世代」が始まろうとしている。当然のことながら、「子供の家族の面倒をみる祖父母」は94.9%が「3世代コミュニケーション」を「楽しみ」にしている。
[日経MJ/阪本節郎の新大人学 15/04/17]
◇新しい大人世代は”孫友”へ/博報堂(原典)
http://www.h-hope.net/knowledge/hope_report/report16/report16.pdf  
◇3世代消費マーケティング/電通(前篇)
http://dentsu-ho.com/articles/665 
◇3世代消費マーケティング/電通(後編)
http://dentsu-ho.com/articles/753
◇3世代消費も「キャンパスライフ」的なアプローチ!
http://www.nspc.jp/senior/archives/865/
◇ウルトラマン、ハワイに上陸だ 3世代消費の立役者
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK01006_R00C14A5000000/

◆「おしゃべり禁止」カフェ、若者集う、非日常感・癒やしに居場所、ジャズ喫茶回帰も
「おしゃべりは原則、禁止です」――。しーんとした空間の中で読書やお茶を楽しむ“無言カフェ”に若者が集まっている。無言カフェが20~30代をひき付けている理由は、空間がもたらす非日常感や癒やし。その光景は、黙したままひたすらジャズに耳を傾けた、1960~70年代の若者と重なる。そのジャズ喫茶にも、若者が再び足を運んでいるのだという。
[日経MJ 15/04/20]
◇カフェケシパール HP
http://www.cafe-keshipearl.com/
◇カフェケシパールはおしゃべり禁止の「静カフェ」
http://macaro-ni.jp/11899
◇アール座読書館ブログ
http://r-books.jugem.jp/
◇ジブリ作品に出てきそうな「アール座読書館」
http://matome.naver.jp/odai/2140576223221460601
◇読書専門のカフェ「アール座読書館」がステキすぎる
http://dancedance-life.net/life/aruzadokusyokan/
◇ジャズ喫茶「いーぐる」 HP
http://www.jazz-eagle.com/
◇往年のジャズ喫茶の魅力を凝縮させた老舗店
http://jbl.harman-japan.co.jp/soundofjbl/shop/eagle/

◆女性向け1回完結型専門店 お一人様、習い事体験
35種以上、ユニークな講座
携帯コンテンツなどを手掛けるザッパラスが2月に始めた体験専門店「ソロモーノ」が話題になっている。女性が1人で参加する1回完結型講座をそろえ、内容も「都心から30分の農家のシェアハウス1日体験」「スペイン人によるスペイン語でのスペイン料理教室」などユニークだ。
[日経MJ/新サービス記者チェック 15/04/20]
◇ソロモーノ HP
https://solomono.jp/
◇ソロモーノ FB
https://www.facebook.com/solomonojp
◇ソロモーノ Twitter
https://twitter.com/solomonojp
◇企画力が光る「おひとりさま体験」を提供
http://thebridge.jp/2015/03/solomono-interview
◇お一人様専用体験「ソロモーノ」でステキに自分磨き
https://cir-cle.me/report/detail/840
◇WEBマーケティングで、50代独身女性の心をつかむ
http://www.flavours.ac/blog/web-production-tips/web-marketing-50s-women.html

◆私の手作り作品、ネット売買拡大、CtoCサイト、会員50万人超えも
インターネットを通じ消費者同士が手作りの作品を売買する「CtoC(個人間取引)型ハンドメード市場」が広がっている。BtoC企業が人気のある個人を発掘して自社の店舗で作品を取り扱うなど、CtoCを取り込む動きも出てきた。
市場拡大の背景にあるのは3DプリンターやCAD(コンピューターによる設計)ソフトが普及し、個人レベルでも企業に見劣りをしない本格的な作品作りができるようになったことがある。
[日経MJ 15/04/20]
◇minne HP
https://minne.com/
◇モノサーカス HP
http://monocircus.com/ja/
◇カナル4℃ HP
http://www.canal4.jp/
◇上場初日のEtsy、公募価格の86%高で取引を終了
http://jp.techcrunch.com/2015/04/17/20150416etsy-stock-surges-86-percent-at-close-of-first-day-of-trading-to-30-per-share/
◇ZOZOTOWNがCtoC市場を取り込む理由
http://ec-cube.ec-orange.jp/blogs/?p=5143
◇楽天もCtoCフリマアプリ市場に参入
https://netshop.impress.co.jp/node/903
◇2周年を迎えたメルカリ
http://jp.techcrunch.com/2015/02/02/20150202mercari/
◇メルカリのビジネスモデル
http://business77.sakura.ne.jp/a/mercari-businessmodel/
◇CtoCサービスが成長する「カギ」は何か?
http://jp.techcrunch.com/2014/05/22/jp20140522ivs3a-baxing-mercari-stores-jmty/

◆おもてなし磨け 受け入れへルール柔軟に
円安を追い風に盛り上がるインバウンド消費。国内市場が縮む中、企業や商店街、自治体にとっては訪日客をつかむことが今後の成長には不可欠だ。星野リゾートの星野佳路代表、口コミサイト世界最大手、トリップアドバイザー日本法人の原田静織代表、日本旅行業協会の田川博己会長にインバウンド消費の現状と課題を聞いた。
訪日客の口コミを分析して彼らのマインドを理解すれば、マーケティングに生かせるものがたくさん出てくる。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/04/22]
◇星野リゾート HP
http://hoshinoresort.com/
◇日本旅行業協会 HP
https://www.jata-net.or.jp/
◇トリップアドバイザー FB
https://www.facebook.com/TripAdvisor.jp
◇トリップアドバイザー Twitter
https://twitter.com/tripadvisorjp
◇星野リゾート「100トリップストーリーズ」
http://hoshinoresort.com/100stories/
◇JTBサンライズツアー HP
https://www.jtb.co.jp/shop/itdw/info/
◇RYOKAN プロジェクト HP
http://www.ryokan.ne.jp/
◇訪日外国人消費動向調査/観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/syouhityousa.html
◇旅館「澤の屋」はなぜ外国人から選ばれるのか
http://www.net-ric.com/square/sawanoya/
◇外国人に向けて、空き家活用サービス
http://matome.naver.jp/odai/2140080836268444401
◇課題多い訪日外国人客の受け入れ体制
https://www.nikkei-r.co.jp/news/trendseminar20150217.pdf
◇地方への誘客拡大が課題
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1412/05/news025.html

◆音楽、部屋に溶け込む、デンマーク発の斬新オーディオ機器
バッグの感覚で台所に持ち込み
気分に合わせて自動で選曲・再生
オーディオ機器が家具や照明のトレンドと調和する。そんなプロダクトデザインに力を入れ、新しい層を振り向かせているのがデンマークのオーディオ機器メーカー、バング&オルフセンだ。既存の枠にとらわれない斬新な発想で、オーディオ機器の世界に新たな価値を創り出している。
[日経MJ 15/04/22]
◇バング&オルフセン HP
http://www.bang-olufsen.com/ja
◇バング&オルフセン FB
https://www.facebook.com/bangolufsenjp
◇創業90周年記念「Love Affair Collection」
http://www.bang-olufsen.com/ja/loveaffaircollection
◇「B&O PLAY」の実力派イヤホン/ヘッドホン
http://www.phileweb.com/review/article/201409/22/1360.html

◆中古ブランド、海外出品10倍「ブランディア」買い取り価格上げも
中古ブランド品買い取りサービス「ブランディア」を運営するデファクトスタンダードは買い取った中古品の海外販売を拡大する。中古の高級ブランドバッグやアクセサリーなどをネット競売大手の米イーベイに自動出品できるようにし、出品数を現在の10倍にあたる月間約1千点に引き上げる。
[日経MJ 15/04/22]
◇デファクトスタンダード HP
http://www.defactostandard.co.jp/
◇ブランディア HP
http://brandear.jp/
◇ebay HP
http://www.ebay.co.jp/

◆日本橋三越でキャンプ!?未経験者、次は登山へ、「非日常」楽しむ
「星はほとんど見えないし…、地面は堅くて寝づらいけど…、意外と二重丸」
江戸時代に五街道の起点として栄えた東京・日本橋。そんな東京の中心地で18~19日、キャンプが開催された。20~40代の約50人が三越日本橋本店の屋上でアウトドア用品の使い方を習い、テントを張って宿泊。
日経MJ 15/04/24]
◇日本橋に集い、日本橋に学ぶ「日本橋街大學」
http://machidaigaku.jp/
◇日本橋街大學 FB
https://www.facebook.com/machidaigaku?fref=photo
◇三越日本橋本店屋上で週末キャンプ!
http://sotoasobi.net/outfitter/area/weekend-camp-in-tokyo/
◇アウトドアブランド「モンベル」HP
https://www.montbell.jp/

◆地域の「駆け込み寺」LIXILが「住生活相談センター」
LIXILが2014年10月、「高齢者の住生活相談センター」を福岡市内に開いた。高齢者施設への住み替えや住宅リフォームなど住まいに関するものだけでなく、遺言状の作成や葬儀など、高齢者が抱える生活全般の相談に幅広く対応する。本業から離れた悩みにも対応する「駆け込み寺」となることで、LIXILブランドの認知度を一段、高めようとしている。
[日経MJ/耳寄りな話 15/04/24]
◇LIXIL「住生活相談センター」 HP
http://www.jsgsl.co.jp/soudan/
◇LIXILシニアライフカンパニー HP
http://www.jsgsl.co.jp/
◇高齢者の住まいをめぐる現状とこれからの課題
http://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00069/

◆米消費の新潮流「ミレニアルズ」 20代中心の新世代
「ミレニアルズ(Millennials)」と呼ばれる米国の若い世代の消費スタイルが、小売りやサービス業に変革を迫っている。世代の特徴は「買い物はネット」「健康志向」「保有よりも共有」。上の世代と異なる消費行動に対応できず、苦戦する企業も多い。
[朝日新聞/ワールド経済 14/04/26]
◇ミレニアルズ世代の消費動向
http://www.apparel-web.com/column/maxre/6.html
◇アメリカの若い世代の新消費感覚
http://www.asahi.com/and_w/fashion/SDI2015050838181.html
◇ミレニアル世代に愛されるブランドになるには
http://www.ogilvy.co.jp/network-t-leadership/2015/0129/15_23_03/
◇Eコマースは食料品業界にとっての商機
http://www.nielsen.com/jp/ja/insights/newswire-j/2014/uncommon-sense-e-commerce.html

◆アイデア集め速く広く、クラウドファンディング
大手、効率よく商品化、生の声をエネルギーに
ネット上で資金を集められるクラウドファンディングが、マーケティング活動を変えようとしている。ソニーなどの大手から中小、個人まで、新しい商品・サービスを育てる機能としての活用が広がってきた。
発売前に消費者の生の不満や要望の声をくみ取り、商品の完成度を高められる効果がある。
[日経MJ 15/04/27]
◇サイバーエージェント・クラウドファンディング
http://www.ca-crowdfunding.com/
◇世界最小!「Qrio Smart Lock」/Makuake
https://www.makuake.com/project/qrio-smart-lock/
◇Qrioが示す ソニーと大企業内スタートアップの本質
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/326/326884/
◇童話モチーフコスメ/Makuake
https://www.makuake.com/project/frentrep-eyeshadow/
◇とろさば料理専門店「SABAR」関東初出店/Makuake
https://www.makuake.com/project/sabar/
◇CAMPFIRE HP
http://camp-fire.jp/
◇FAAVO HP
https://faavo.jp/
◇READYFOR? HP
https://readyfor.jp/
◇GREEN FUNDINGはマーケティングを再定義する
https://mmdlabo.jp/interview/detail_1415.html
◇クラウドファンディングに必要なマーケティング志向とは
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41449
◇クラウドファンディング市場の変化と活用
http://sees.layer-d.co.jp/crowdfunding/
◇中小企業やNPOの可能性を広げるクラウドファンディング
http://chosa.itmedia.co.jp/categories/business/69974

◆転職サービスの「ウォンテッドリー」、ビジネスSNSに進化
ベンチャー企業のウォンテッドリー(東京・港、仲暁子社長)は働く人が仕事で知り合った人の名前や連絡先をネット上で管理するサービスを始める。早期にメッセージをやり取りする機能も加え、情報交換などに利用できるSNSにする。欧米で普及するビジネスSNS「リンクトイン」の日本版をめざす。
[日経MJ 15/04/27]
◇ウォンテッドリー HP
https://www.wantedly.com/
◇ウォンテッドリー Twitter
https://twitter.com/wantedly
◇ウォンテッドリー新機能「Sync(シンク)」
https://www.wantedly.com/sync
◇ウォンテッドリー仲 暁子氏インタビュー
http://www.sbbit.jp/article/cont1/29529
◇ウォンテッドリー・ビジネス担当・藤本遼平氏インタビュー
http://gaiax-socialmedialab.jp/socialmedia/353

◆対面で交流「ミートアップ」、技術・キャリア目的が盛況
オフラインの会合をオンラインでセットするのを可能にするサービス、ミートアップ。自分が住む地域で関心のある集まりを探して、趣味を同じくする仲間を見つけることができる。最近このミートアップが目を見張るほど勢いを増している。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/04/27]
◇ミートアップ HP
http://www.meetup.com/
◇ソーシャル&リアルがポイント
◇http://gendai.ismedia.jp/articles/-/3422
◇ミートアップのパイオニア「Meetup.com」に学ぶ
http://www.lifehacker.jp/2015/04/150413meetup_community.html
◇日本ディレクション協会 HP
http://www.direkyo.com/meetup/

◆動画投稿者「ユーチューバー」で、ネット世代つかめ
動画サイト「ユーチューブ」に投稿する「ユーチューバー」の影響力が若者の間で高まっている。動画を見て商品を買ったり、動画を友達とシェアして情報を拡散させたりするケースが増えているのだ。その存在感に企業も注目。ユーチューバーの発信力をマーケティングに生かそうとする動きが広がってきた。
[日経MJ 15/05/01]
◇UUUM(ウーム) HP
http://www.uuum.jp/
◇モデル・山岡美咲(izu)氏ブログ
http://lineblog.me/izuokamisaki/
◇アイ・エム・ジェイ HP
http://www.imjp.co.jp/
◇ネット動画の視聴・シェア実態調査/IMJ(原典)
http://www.imjp.co.jp/press/release/20141127.html
◇マインクラフト HP
https://minecraft.net/
◇3MINUTE HP
http://www.3minute-inc.com/
◇ルビー・マーケティング HP
http://rubymarketing.jp/
◇ネット動画、視聴傾向の最新事情
http://dentsu-ho.com/articles/2255
◇日本人プロYouTuberたち
http://matome.naver.jp/odai/2135610440641044401
◇ユーチューバーを目指すなら知っておきたいこと
http://www.lifehacker.jp/2015/03/150321youtuber_tools.html
◇ユーチューバー、若い人ほど影響力大!
http://blogos.com/article/108451/

◆子どもの強さ育む園舎 地形生かし過保護すぎない空間
自由に動き回り 「自分の場所」探す
あちこちに階段 危機管理養って
幼稚園や保育園といった幼児教育の現場で、建物のデザインがどれだけ子どもたちの成長に作用するのか。2人の若手建築家が独創的な空間で試みた。立地の地形に合わせて「真っ平ら」と「段々」と形は対照的だが、メッセージはともに、「大人が子どもを子ども扱いしない」ことだ。
[日経MJ 15/04/29]
◇三郷市「ゆたか幼稚園」 HP
http://www.edu-yutakakindergarten.jp/
◇建築家・菅原大輔氏サイト
http://sugawaradaisuke.com/
◇菅原大輔による「ゆたか幼稚園」
http://world-architects.blogspot.jp/2015/04/DaisukeSugawara-YutakaKindergarten.html
◇育良保育園新園舎/新建築1504月号
http://space.geocities.jp/circo7774/ikura.htm
◇建築家・松島潤平氏サイト
http://www.jparchitects.jp/Ikra
◇松島潤平氏新建築1504月号インタビュー(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=3tS8Y8XH5ek

◆100円素材で手作り、私の部屋は男前、「さび」・「木目」で格好良く
手作りの「男前インテリア」が女性を中心に人気を集めている。100円ショップなどで手に入る材料を組み合わせ、木目や金属のさびなどの化粧を施して、どこかワイルドな男らしい空間を演出。自慢の部屋の写真をスマホでSNSに投稿し合う。お金をかけずに男前インテリアを楽しむライフスタイルだ。
[日経MJ 15/05/04]
◇RoomClip
http://roomclip.jp/
◇Tunnel HP
http://www.tunn-el.com/
◇新たなブーム“男前インテリア”とは?
http://www.sinkan.jp/news/index_5002.html
◇主婦がはまる”男前インテリア”
http://joshi-spa.jp/133526
◇オシャレでかっこいいお部屋!男前インテリアの魅力
http://spotlight-media.jp/article/133616211969924939

◆農村を知ろう、民家に宿泊、長野県内、農家民宿急増、修学旅行も
長野県内で農家民宿が急増している。2015年度中に安曇野市で32軒、大町市で9軒が新たに開業を予定する。修学旅行の行き先に農村を選ぶ学校が増えるなか、受け入れ能力は不足している。
地元自治体も観光客や移住者の増加につなげようと農家への支援策を講じる。
[日経MJ 15/05/11]
◇都市農産魚交流活性化機構
http://kouryu.or.jp/gt/inn/
◇青木村「信州ええっこ村」  HP
http://aoki.eek.jp/
◇阿蘇グリーンストック HP
http://www.asogreenstock.com/activities/greentourism/
◇野菜を活用したグリーン・ツーリズムの現状と課題
http://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/senmon/1405/chosa02.html
◇ニューツーリズムの振興/観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/page05_000044.html

◆消耗品、「ボタン」で注文 アマゾン、時短を加速
4月初頭に導入したのがアマゾン・ダッシュ・ボタンと呼ぶ極めてユニークなデバイスだ。消しゴムぐらいの大きさで、Wi-Fiにつながり、特定ブランドにひもづいてボタンを押すだけで注文が完了してしまうのである。このボタンに先立って同社はアマゾン・ダッシュというもう一つのデバイスをすでに導入している。携帯スキャナーを会員に無料で配布、家の中の商品をスキャンしてもらいほしい物リストに登録してもらうもので、消耗必需品を簡単にとりあえず登録してもらう機能を持っている。
[日経MJ/米国流通現場を追う 15/05/08]
◇アマゾンの「ダッシュ・ボタン」とは
http://matome.naver.jp/odai/2142795729843908601
◇アマゾンがすすめるIoTの新たな実験
http://diamond.jp/articles/-/69654
◇注文リモコンのアマゾンダッシュ!
http://blogos.com/article/83895/

◆人工知能コン、スマホに願いを、プロフィルや行動を解析
個人のプロフィルや行動をプログラムで解析し、最適な相手を提案する合コンイベント「人工知能コン」が盛況だ。参加者は事前に専用サイトで名前や趣味、好きな本などを登録し、「早く結婚したいですか」といったアンケートに回答する。一人ひとりにID番号が割り当てられ、番号をサイトで検索すると、その人のプロフィルを見られる仕組みだ。
[日経MJ 15/05/13]
◇人工知能コン開発「Chotchy」 HP
http://chotchy.net/
◇人工知能コ HP
http://ai.chotchy.net/
◇人工知能コン FB
https://www.facebook.com/aicom.chotchy
◇東大生が考えた「人工知能コン」から恋愛を科学する
http://engineer.typemag.jp/article/ai_chotchy
◇「人工知能コン」に行ってきた
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/320/320286/

◆誰でも電子機器発明家 ソニー、洗練された簡単工作キット
直感的な操作で 小学生も手軽に
見当たらぬロゴ 中立で賛同募る
ソニーのスタートアッププログラムとして開発が進められてきた電子工作キット「MESH(メッシュ)」。その出荷が目前に迫る。プログラミングや回路基板の知識がなくても簡単に電子機器が作れるツールは、自分仕様の機能やサービスを自ら生み出す機会を提供する。
[日経MJ 15/05/13]
◇ソニー「プロジェクトMESH」 HP
http://meshprj.com/
◇ソニーモバイルコミュニケーションズ HP
http://www.sonymobile.co.jp/
◇ソニーが電子ブロック「MESH」を発表
http://www.gizmodo.jp/2014/05/diymesh.html
◇クラウドファンディング「プロジェクトMESH」
http://jp.techcrunch.com/2015/01/15/20150114mesh-indiegogo-sony/
◇「MESH」で“未来の住まい”を作るハッカソン
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150126_685307.html

| | トラックバック (0)

2015/05/22

情報クリップ・ダイジェスト 2015/04

◆BONSAI、欧州へ、千葉のJHB、今春から輸出
官民出資初案件、現地富裕層に的
盆栽や植木の輸出を手掛けるジャパンホートビジネス(JHB、千葉県富里市)が、日本ブランドで付加価値をつけた樹木を欧州に輸出する。千葉県は植木の輸出で全国首位だが、生産者や職人の高齢化による技術承継などの問題も横たわる。官民ファンドの出資を受けた取り組みの成否は注目を集めそうだ。
[日経MJ 13/04/06]
◇ジャパンホートビジネス HP
http://japanhort.com/
◇6次産業化、ブームの兆し。農業を高収益産業に転換
http://net.keizaikai.co.jp/archives/4589
◇農林漁業成長産業化支援機構 HP
http://www.a-five-j.co.jp/
◇北総園芸 HP
http://nrtgarden-hokuso.com/hokuso/
◇農林漁業成長産業化ファンドの活用促進に向けた取組について
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_s/141226siryou03.pdf
◇フィレンツェ近郊でBONSAI展
http://ameblo.jp/firenzenoamakakerufune/entry-11950419962.html
◇世界で絶賛される「BONSAI」の世界
http://matome.naver.jp/odai/2139591939960384201

◆「琳派」400年記念、有名画家がデザイン、ファイブフォックス
ファイブフォックス(東京・渋谷)は、江戸初期に京都で生まれた絵画などの流派「琳派」が誕生して400年になることを記念して企画した婦人服や雑貨を発売した。「現代の琳派」と称される画家の木村英輝氏が描いた絵画をデザインに採り入れたワンピースなどを展開し、50~60代の需要を取り込む。
[日経MJ 13/04/10]
◇琳派400年記念イベント
http://www.fivefoxes.co.jp/news/2015/03/post-122.html
◇コムサステージ銀座「琳派400年記念祭イベント」
http://www.zaikei.co.jp/article/20150310/239612.html
◇木村英輝氏サイト
http://www.ki-yan.com/
◇現代の琳派絵師、木村英輝氏
http://www.sankei.com/life/news/150111/lif1501110017-n1.html

◆「未来の羊羹」にワクワク とらや、クリエーターとコラボ
会話が生まれ 場の楽しさ共有
可能性広げる表現に徹する
和菓子の老舗とらやが3人のクリエーターと組んで、斬新な菓子作りに挑んだ。
とらや東京ミッドタウン店(東京・港)のギャラリーコーナーで始まった「“みらい”の羊羹~わくわくシェアする羊羹~」展。目で味わうという和菓子の魅力を秘めたデザインが、訪れた人たちの視線を虜にしている。
[日経MJ 13/04/15]
◇ifs未来研究所 HP
http://ifs-miraiken.jp/
◇ifs未来研究所 企画協力の「みらいの羊羹」
http://colocal.jp/news/47107.html
◇ミッドタウンのとらやで「みらいの羊羹」展
http://roppongi.keizai.biz/headline/3437/

◆着こなし投稿スマート誘客
ファッション雑誌からアプリへ、iQON、画面上で仮想コーデ、WEAR、ダウンロード400万件
ファッション関連の商品や着こなしの写真の投稿を楽しめる「ファッションアプリ」が衣料品の新しい販路として広がっている。20~30代の消費者がファッション誌の代わりに、アプリに投稿される他人の「普通の着こなし」を参考にして服を買うケースが増えているためだ。アプリを活用して売上高を伸ばすブランドや、ネット上の“カリスマ店員”も登場。大手アパレルも無視できない販売ツールに育ちつつある。
[日経MJ 13/03/16]
◇WEARコーディネートアプリ
http://wear.jp/first/
◇ファッションアプリWEAR181人コーディネート
http://matome.naver.jp/odai/2140217045942313901
◇ファッションアプリWEARが人気な5つの理由
https://locari.jp/posts/5349
◇iQON(アイコン)コーディネートアプリ
http://www.iqon.jp/
◇iQON(アイコン) FB
https://www.facebook.com/iqon.jp
◇ネット限定の衣料品ブランド「fifth」
http://5-fifth.com/
◇GMOメディア HP
http://www.gmo-media.jp/
◇ファッションアプリに関する調査/GMOメディア
https://www.gmo.jp/news/article/?id=4722
◇高島屋「STYLE&EDIT」
http://www.takashimaya.co.jp/store/special/style_edit/index.html?=select
◇人工知能「SENSY」リアル店舗で接客サービス提供開始
http://www.dreamnews.jp/press/0000108551/
◇日本百貨店協会 HP
http://www.depart.or.jp/
◇ユーザーの86%がアプリストア経由
http://appmarketinglabo.net/iqon-ecseminar/

◆レコード、再生 カフェバー人気、デジタル世代、新鮮な一手間
生産額1.7倍に
アナログレコードの人気が再燃している。中古レコードを扱う店や、レコードをかけるカフェに幅広い世代が集まる。有名アーティストがアルバムをレコードでも出し、販売数もじわりと伸びる。デジタル世代の若者にとって、新鮮な魅力があるようだ。
[朝日新聞 15/03/16]
◇クアトロラボ HP
http://quattrolabo.com/
◇世界中でアナログレコードが売れている
http://matome.naver.jp/odai/2141872304627860001
◇アナログレコード復活の舞台裏
http://hbol.jp/25947
◇世界のアナログレコード売上トップ10カ国が発表
http://www.musicman-net.com/business/46510.html
◇ローソンHMVエンタテイメント HP
http://www.lhe.lawson.co.jp/
◇音響メーカー「inMusic Japan」 HP
http://inmusicbrands.jp/
◇「Archive LP」を試してみた
http://info.shimamura.co.jp/digital/review/2014/09/32847
◇東京近郊にあるレコードが聴けるカフェ
http://matome.naver.jp/odai/2139641985563411101

◆ネット界に「個生かす」潮流、買い物や転職の指針に
4月には米アップルが腕時計型のウエアラブル端末「アップルウオッチ」を発売するが、スマホからのシフトは、インターネット界がますます「個の時代」に向かうことを示すようだ。
転職支援情報サイトのビズリーチ(東京・渋谷)が提供するアプリ「キャリアトレック」は、若手会社員、特に20代に向けたアプリだ。20代の若者はいろいろな仕事をした経験がないので、自分がどんな仕事に向いているのか、実はあまり分かっていない。そこでアプリとAIで適した企業を推薦する仕組みを考えたという。
[日経MJ/先読みウェブワールド 13/03/16]
◇ameba「有名人ショップ」
http://official.ameba.jp/shop/
◇「Ameba」が三越伊勢丹とECで協業を開始
https://www.cyberagent.co.jp/news/press/detail/id=10182&season=2015&category=ameba
◇会員制転職サイト「ビズリーチ」
https://www.bizreach.jp/
◇アプリ「キャリアトレック」
https://www.careertrek.com/

◆近未来の電動バイク出走「zecOO」市場開拓に挑む
流線型フォルム 走行性能も魅力
日本の製造業 底力を発信へ
最初の試作車の発表から4年。市販化が待たれていた大型電動バイク「zecOO(ゼクウ)」の販売がいよいよ始まる。独創的なスタイリングとメカニズムで挑むのは、市場の開拓とメード・イン・ジャパンの復権だ。
SF映画からそのまま飛び出したような近未来の乗り物――。「zecOO」のスタイリングを言葉にするなら、そんな表現がぴたりと当てはまる。
[日経MJ 13/03/18]
◇大型電動バイク「zecOO(ゼクウ)」 HP
http://www.zecoomotor.com/
◇大型電動バイク「zecOO(ゼクウ)」 FB
https://www.facebook.com/zecoomotor
◇znug design HP
http://www.znug.com/
◇オートスタッフ末広 HP
http://as-suehiro.a.la9.jp/
◇日本発の電動バイク「zecOO」
http://www.gizmodo.jp/2015/03/_zecoo.html

◆中古の衣料・雑貨、なぜ人気?「割安」「気にしない」多く
新品へのこだわり薄れる
好調な要因はまず、消費者の財布のひもが固くなっている。実質所得はマイナス基調で、自由に使えるお金が減ったことで、少しでも安く買いたいという消費者はディスカウント店とともに、中古に目を向けるようになってきている。
中古人気でインターネット上での個人間取引も活発になってきた。スマホの普及で手軽に売買できるフリマアプリが人気。
[日経MJ 13/03/20]
◇トレジャー・ファクトリー HP
http://www.treasure-f.com/
◇リユースデパート「コメ兵」 HP
http://komehyo.jp/kaitori/lp004/lp004.html
◇日本リユース業協会 HP
http://www.re-use.jp/now/
◇いま話題のフリマアプリ10選、2015年版
http://shopping-tribe.com/matome/360/
◇個人間ネット取引後押し 市場規模18年に20兆円
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO79704440U4A111C1000000/
◇C2C特化型サービスまとめ
http://gaiax-socialmedialab.jp/media/374
◇新たに注目されるCtoBtoCは成功するのか?
http://mj-life.com/reuseitaku/

◆いま「まち歩き」が人気 知る・学ぶ・交流の楽しさ
各地で今、「まち歩き」が人気を集めている。従来のツアーやガイドブックにはない、地元の知られざる見どころや暮らしを、住民が案内しながら歩く。名所旧跡の見学中心の観光とは異なり、体験や交流を取り入れた面白さも魅力だ。地元にとっても、まちおこしや郷土愛を育むことにつながると、積極的に取り組む地域が増えている。
[産経新聞 15/03/20]
◇京都ミニツアー「まいまい京都」 HP
http://www.maimai-kyoto.jp/
◇京都ミニツアー「まいまい京都」 FB
https://www.facebook.com/mmkyoto
◇京都ミニツアー「まいまい京都」 Twtter
https://twitter.com/maimai_kyoto
◇まち歩きツアー「長崎さるく博」 HP
http://www.saruku.info/
◇大阪あそ歩(ぼ) HP
https://www.osaka-asobo.jp/
◇ねりまのねり歩き HP
http://www.nerima-kanko.jp/files/neriaruki/
◇新潟シティガイド HP
http://www.niigata-cityguide.com/

◆イオン、改革染みず、薄まる魅力
岡田元也社長は改革案を打ち続けるが、巨大化の副作用で変化への対応が遅れている。イオンは復活するのか。全国の買い物客の声を手掛かりに同社の今後を考えてみた。
・PBの陳列が多すぎて、地域ならではの色々な商品を選ぶ楽しさが少ない。
・買収や新規出店への投資が多く、既存店の改装が追いつかなかった。
・これまで拡大路線を進めてきた結果、本業(であるGMS)の改革がおろそかになってきた。
・15年2月期中に赤字店舗の減損処理を一気に進めて過去のウミを出し切り、既存店の改装に集中すべき。
[日経MJ 13/03/20]
◇イオンはダイエーを再建できるのか?
http://toyokeizai.net/articles/-/52458
◇イオンに異変、業績悪化で株価急落
http://biz-journal.jp/2015/01/post_8708.html
◇イオンは、なぜここまで苦戦しているのか
http://toyokeizai.net/articles/-/64984
◇イオン、15年度は4期ぶり増益予想
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0N00E920150409

◆風に舞う素材、新視点、見本市「ハイムテキスタイル」
LED編み込み 布で間接照明
極薄の石・木材 壁紙として利用
ここ数年増えているのが、機能とデザイン性の融合に特化した企業の出展。「脱テキスタイルの時代」を切り開く。目玉企画は主要ホールの約2000平方メートルを使ったトレンド展示、「テーマパーク」。大胆にリニューアルした今年は、体験型ともいえそうな動きのある展示が注目を集めた。
[日経MJ 13/03/25]
◇ハイムテキスタイル2015 HP
http://heimtextil.messefrankfurt.com/
◇ハイムテキスタイル2015開幕
http://online.ibnewsnet.com/news/file_n/gy2015/gy150114-01.html
◇ハイムテキスタイル2015画像集 FB
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.785424608189734.1073741835.136964973035704&type=1
◇「ハイムテキスタイル」レポート
http://ameblo.jp/monreve-japan/entry-11981376167.html
◇「ハイムテキスタイル2015」デザイントピックス発表
http://news.livedoor.com/article/detail/9700327/

◆集まれ、夢の応援団 クラウドファンディングサイト「A-por」開設
朝日新聞社は25日、インターネット上で多くの人から広く資金を集め、夢やアイデアを実現させるクラウドファンディングのサイト「A-por(エーポート)」を開設。夢やアイデアの実現を目指す帆船を送り出す港のような存在を目指す。
[朝日新聞 15/03/25]
◇「A-port(エーポート)」 HP
https://a-port.asahi.com/
◇「A-port(エーポート)」 FB
https://www.facebook.com/a.port.cf 
◇支援するなら覚えておきたい、失敗しないための心得
http://www.lifehacker.jp/2014/10/141023crowdfunding.html

◆オムニでつかむ訪日客 「買いこぼし」ECが受け皿
持ち切れないため購入を諦める旅行者も増えている状況を「何とかできないか」と、東京・御徒町に本店を置くディスカウントストア、多慶屋(東京・台東)がとった施策が面白い。同社は今まで国内向けでもウェブに力を入れていなかったが、年間443万人を超える外国人客の買いこぼしの受け皿として2月、外国人向けオンラインショップを開設したのだ。
[日経MJ/e奔流ビジネス 13/03/27]
◇ディスカウントストア「多慶屋」
https://www.takeyanet.com/ec/cmTopPage.html
◇代理購入サービス「Buyee(バイイー)」 HP
http://buyee.jp/
◇転送コム HP
http://www.tenso.com/
◇中国にO2Oブーム到来、ECサイトのリアル店舗が続々オープン
http://www.sbi-research.jp/hotchina/industry_news/2014/10/industrynews20141031.html
◇フルスピード、中国訪日インバウンド動画PR事業を開始
https://www.pr-today.net/vp-pressrelease-135070/45332
◇期待される越境ECとそのリスク
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/ronbun1402_01.pdf
◇越境ECはやるべきか? やらないべきか?
https://netshop.impress.co.jp/node/1104

◆サイトで自分プロデュース、記事や写真、お気に入り集め開設
ベンチャー相次ぎサービス、ファン作り、企業も需要
企業や個人が自身をプロデュースできる「オウンドメディア」の開設支援サービスが相次いで登場している。独自ブランドのサイトを使ってブログや写真といったコンテンツを掲載。商品そのものの宣伝は控え、息の長いファンを作ることを狙う。。ベンチャーのリボルバー(東京・渋谷)やサイバーエージェントが参入し、今後も提供企業が広がりそうだ。
[日経MJ 13/03/27]
◇オウンドメディアマーケティングとは
http://www.yuras.co.jp/concept.html
◇リボルバー×スターティア、オウンドメディア構築サービス開始
http://ecnomikata.com/ecnews/detail.php?id=4884
◇ウェブサイト制作支援サービス「Ameba Ownd」開始
https://www.cyberagent.co.jp/news/press/detail/id=10201&season=2015&category=ameba
◇Ameba Ownd HP
https://www.amebaownd.com/
◇Googleアナリティクスの使い方
http://liginc.co.jp/web/seo/107795
◇オウンドメディア成功事例
http://www.huffingtonpost.jp/six-apart-blog/owned-media_b_6427386.html
◇国内11事例の分析で見えた成功パターンの4タイプ
http://liskul.com/wm_ownedmsp11-4514

◆旅行会社が家事代行、クラブツーリズム、通販サイトも
家具移動や通院付き添い、主要顧客の高齢化にらむ
旅行大手のクラブツーリズム(東京・新宿)は新たな高齢者ビジネスを相次ぎ始める。家事代行など生活支援サービスを6月に立ち上げ、通販事業では健康用品などを扱うECサイトを2015年度前半にも設ける。
[日経MJ 13/03/27]
◇クラブツーリズム「家事代行サービス」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000069.000008099.html
◇クラブツーリズム「ライフケアサービス」
http://www.club-t.com/lifecare/
◇中部電力が家事代行に参入
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80460670T01C14A2000000/
◇続々登場!家事代行サービス/NHK
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2014/10/1016.html
◇家事支援サービスについて/経産省
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/bunka/koyou/dai7/siryou8.pdf

◆セブンイレブン、初首位、日本の強いブランド、2015年日経BP調査
便利さ支持、トヨタ、人材力に評価
日経BPコンサルティングのブランドイメージ調査「ブランド・ジャパン2015」で、消費者が選ぶ強いブランドはセブン―イレブンが初の首位となった。前年17位だった日清食品が3位になるなど、前年から大幅に順位を伸ばし上位10位に入る企業が目立った。企業人が選ぶブランドではトヨタ自動車が4年連続トップだった。
[日経MJ 13/03/27]
◇ブランド・ジャパン2015BtoC編
https://consult.nikkeibp.co.jp/news/2015/0327bj/
◇「ブランド・ジャパン2015」BtoC編:セブンイレブンが総合力で首位
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150327/prl1503271114045-n1.htm
◇コンビニ業界の雄セブンイレブンに学ぶ
http://keieisha.zuuonline.com/archives/5910

◆キラリトギンザ、カップル喜びに輝く、訪日客もハレの日消費
オリックスが主体となって2014年10月に東京・銀座に開業した商業施設「キラリトギンザ」は結婚式場を中心に、カップルに役立つ専門店をそろえた。人気の飲食店や観光客向けのアンテナショップも入る。再開発が進む八重洲地区から銀座へ続く、中央通りの玄関口になる店作りを目指し幅広い層の来店客でにぎわう。
[日経MJ/みせどころ 13/03/30]
◇キラリトギンザ HP
http://www.kirarito-ginza.jp/
◇結婚式場「ヴァルデモッサ銀座」 HP
http://valldemossa-ginza.com/
◇銀座に商業施設「キラリト ギンザ」がオープン
http://www.fashion-press.net/news/12332
◇結婚式も挙げられる新ランドマーク誕生
http://bg-mania.jp/2014/10/28120329.html?p=all
◇KIRARITOGINZAグランドオープン
http://zexy.net/wedding/c_7770069730/blog/article/597166.html
◇キラリトギンザ飲食店レポート
http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/1782
◇キラリトギンザの個性派ショップ紹介
http://www.senken.co.jp/news/kiraritoginza-shop/

◆地方移住など体験談に酔う、「しごとバー」人生学ぶ1杯
率直な本音、進路の参考に、就活生・転職希望者
就職相談は夜にバーで――。異なる職業の人間が日替わりでバーテンダーを務め、社会経験を聞くことができる「しごとバー」が人気を集めている。自分とは異なる職種の人間の人生経験を気軽に学ぶことができる点が好評で、就職活動中の学生や転職希望者らを中心に常連客になるケースも目立つという。
[日経MJ 13/04/01]
◇日本仕事百貨「シゴトヒト」
http://shigoto100.com/
◇Cafe Bar「ジャノメ」 FB
https://www.facebook.com/janome.cafe.bar
◇シゴトヒト中村健太氏インタビュー
http://www.shibuyabunka.com/keyperson/?id=90
◇「しごとバー」が、あなたのキャリアを変える
http://toyokeizai.net/articles/-/60784
◇行って来ました「しごとバー」
http://rikumi-13.hatenablog.com/entry/2015/02/25/230916

◆ゴミ箱、倒れず踏ん張る 「CATA」愛嬌ある雑貨たち
ティッシュケース 引き出すとお辞儀
形を少し変えて 人との距離縮む
電池などは一切使っていないのに、ゴミを投げ入れるとゴミ箱はクルッと回転し、ティッシュを引き出すとティッシュケースが前後にお辞儀する。プロダクトデザイナーと原型職人が雑貨ブランド「CATA(カタ)」でたくらんだのは、無機質なプロダクトに生命を吹き込むことだ。
[日経MJ 13/04/01]
◇楽しいゴミ箱「CATA SWINGダストボックス」
http://matome.naver.jp/odai/2142786103358143201
◇プロダクトデザイナー・梅野聡氏サイト
http://www.umenodesign.com/
◇嶋モデリング HP
http://www.shima-modeling.com/

◆イマドキ、男子、女子力まとう
眉手入れ・美肌願望、ストール、気に入れば購入
かつては顧客が女性中心だった化粧品やエステなどで男性の存在感が増している。主役は20~30代前半の男性たちだ。美肌を目指して化粧品を選び、ホームパーティーのために料理教室に通い、腕を磨く。彼らの“お手本”として母親も急浮上。女子的消費にいそしむ今どき男子の実態を追った。
[日経MJ 13/04/03]
◇「女子力男子」の実態を徹底分析!(1)
http://blogos.com/article/108590/
◇「女子力男子」の実態を徹底分析!(2)
http://blogos.com/article/108591/
◇2015年増殖中の“自分磨き”に奔走する男子たちとは
http://ure.pia.co.jp/articles/-/29796
◇日本の先を行く、タイの「女子力男子」
http://toyokeizai.net/articles/-/61511
◇ABCクッキングスクール「集え男子たち」
https://www.abc-cooking.co.jp/board/men-cooking/
◇なぜ若者たちは「マザコン」化するのか?
http://toyokeizai.net/articles/-/38477

◆親しみ呼ぶ「見せる薬局」 薬樹「行きたい」と思わせる店作り
首都圏で146店の薬局チェーンを手掛ける薬樹(神奈川県大和市)は積極的に人を呼び込む店作りやサービスに挑戦し始めた。
天井から壁、床まで木を多用している待合室には、太陽の日差しがたっぷりと差し込んでいる。明るく気持ちがいい。具合が悪い状態で訪れても、ちょっとくつろげるような気分にさせてくれる。
調剤室を全面ガラス張りにし、待合室からだけでなく薬局の外からも調剤室が見られる設計を採用。
[日経MJ 13/04/08]
◇薬局チェーン「薬樹」 HP
http://www.yakuju.co.jp/
◇薬局チェーン「薬樹」レポート
http://www.yakkyoku-shimbun.net/2015/02/21/000217/
◇大野力氏主宰「シナト」 HP
http://www.sinato.jp/
◇エイトブランディングデザイン HP
http://www.8brandingdesign.com/
◇薬樹のブランドに込められた想い(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=9JLgyHq_sow

◆超高級ホテル、都内に続々、リッチな訪日客つかめ
「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」。「赤プリ」の愛称で親しまれた赤坂プリンスホテル(東京・千代田)の跡地にオープンする超高級ホテルの名前だ。既存ブランドと一線を画し、外資系に奪われていた富裕層に照準を絞った。
「最上級のインターナショナルホテルを目指す」(徳永清久執行役員)という新ホテルは、宿泊料金を1泊6万円程度からと想定した。紀尾井町通りをはさんで、すぐ向かいにある老舗高級ホテル「ニュー・オータニ」(2人1室2万円台から)との違いを打ち出す。
[日経MJ 13/04/10]
◇赤プリ跡地の新ホテル、最上級の「ザ・プリンスギャラリー」に
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nfm/news/20150114/688751/
◇複合市街地「東京ガーデンテラス」が2016年夏に開業
http://www.fashion-press.net/news/14255
◇アンダーズ東京 HP
http://tokyo.andaz.hyatt.com/ja/hotel/home.html
◇アマン東京 HP
http://www.amanresorts.com/
◇外資ホテル増加で競争激化!国内ホテル経営の今後の展望
http://zuuonline.com/archives/18354
◇訪日客増加で客室も足りない!?
http://inbound.exblog.jp/24291533

◆カタログギフトのシャディ、シニアの御用聞きに、食品を宅配
固定客や店舗網強み
カタログギフトのシャディは5月、シニア向けの食品宅配事業に参入する。コメや水などの重たいものや、冷凍食品、健康食品などを届ける。同社は全国に約3000店の店舗網があり、顧客はシニア世代が多い。中元や歳暮などのギフト需要がない時期の販売増につなげる考えだ。
日経MJ 13/04/10]
◇カタログギフト「シャディ」 HP
http://shaddy.jp/

◆軽、カスタム、ぞっこん、気軽に遊び心、コンテスト活況
車内フラット、赤ちゃん喜ぶ、ハンドルもホイールもドレスアップ
白黒シールでスポーツカー風、丸みを生かしたかわいい系――。ファッションを着こなすように軽自動車の“カスタマイズ”にはまる人が増えている。内外装のシールやパーツを自作したり、専門業者に依頼してスピーカーまで凝った色柄にしたり。価格も手軽な軽だからこそ間口が広がり、仲間同士で仕上がりを競う集まりも活況だ。
[日経MJ 13/04/13]
◇車SNSサイト「みんカラ」
http://minkara.carview.co.jp/
◇SUZUKIの遊べる軽!新型軽SUV ハスラー
http://www.do-blog.jp/raisen/category/185
◇ドレスアップカーイベント.com
http://www.dupcar-event.com/
◇大阪オートメッセ HP
http://www.automesse.jp/
◇大阪オートメッセ FB
https://www.facebook.com/osakaautomesse
◇日本の改造車を見た外国人の反応
http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51813879.html
◇カスタムの種類や魅力
http://www.filette.jp/

◆雑貨店にアパレルの手法、フランフラン、季節テーマにデザイン
インテリア雑貨店「フランフラン」などを展開するバルスが新たな商品開発の取り組みを進めている。参考にしたのは季節ごとのテーマをもとに商品をデザインするアパレルの手法だ。雑貨や家具などの商品全体に統一感を持たせることで店頭での訴求力を高めた。シリーズ商品としての合わせ買いも促し、売り上げに結びつき始めている。
[日経MJ 13/04/13]
◇フランフラン HP
http://www.francfranc.com/
◇Francfranc 2015年春コレクション3キーワードとは
http://www.womaninsight.jp/archives/113449
◇ヨーカ堂とバルス共同開発ショップ「BON BON HOME」
http://getnews.jp/archives/838155
◇ニッセン、フランフランがセブンを選んだワケ
http://toyokeizai.net/articles/-/36256

◆渋谷のオクシブい個性
渋谷駅から徒歩15分ほどの奥まった地域「オクシブ」「ウラシブ」が30~40代の間でグルメや買い物スポットとして注目を集めている。個性豊かな路面店が次々と生まれ、大々的に宣伝もしていないのに人を呼び込む。
渋谷駅から代々木公園方面へ向かい15分ほど歩くと「オクシブ(富ケ谷・神山町エリア)」に入る。駅前の騒がしさとは打って変わり、昔ながらの商店の間に、個人経営のオープンテラスのカフェやライフスタイルショップなどが数十店混在する。渋谷駅から奥まったところにあるエリアが今、“オクシブ”や“ウラシブ”と呼ばれ注目されている。
[日経MJ 13/04/15]
◇大注目エリア「オクシブ」を歩いてみよう
http://matome.naver.jp/odai/2140651257906417401
◇「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」 HP
http://www.shibuyabooks.net/
◇本屋探訪記「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1311/25/news029.html
◇北欧のカフェ「フグレン」 HP
http://www.fuglen.com/
◇世界最高峰のコーヒーを堪能できるFUGLEN TOKYO
http://matome.naver.jp/odai/2134508472914937101
◇ピボワンヌ pivoine FB
https://www.facebook.com/pivoine.tokyo
◇アルチヴァンド HP
http://www.archivando.jp/
◇グローバル情報誌Monocle (モノクル) の東京店が富ヶ谷に
http://genxy-net.com/post_theme04/news20141020/
◇アッシュ・ぺー・フランス HP
http://www.hpfrance.com/
◇シブヤファッションフェスティバル HP
http://www.shibuyafashionfestival.com/
◇オニツカタイガー渋谷 FB
https://ja-jp.facebook.com/OnitsukaTigerJapan
◇今話題のスポット!”奥渋谷”って?
https://retrip.jp/articles/4326/
◇サブカル発信の街、渋谷を再び 新たな拠点が大盛況
http://www.sankei.com/premium/news/150315/prm1503150022-n1.html

◆返礼品に魅力、リピート予定7割 ふるさと納税、次の年も
控除額拡大が追い風
(1)寄付先の自治体を選んだ理由は「特産品にひかれた」「特産品が欲しかった」が4割前後。
(2)ふるさと納税をして受け取った特典の「8割以上」に満足した人が7割強を占めた。
(3)返礼品に満足した人の3割が「観光に行きたくなった」「特産品を注文したくなった」と回答。
[日経MJ 13/03/16]
◇◇ふるさと納税ポータルサイト
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html
◇ふるさとチョイス HP
http://www.furusato-tax.jp/about.html
◇ふるさと納税2015年版
http://matome.naver.jp/odai/2139130079896050901
◇ふるさと納税の「謝礼品」はどれだけお得か
http://toyokeizai.net/articles/-/60278

| | トラックバック (0)

2015/04/29

情報クリップダイジェスト 2015/03

◆脱衰退、燃ゆる磁器、東京西海が新ブランド、異分野とも協業
シンプルだけど細部にこだわり/磁器の原料に陶土絶妙配合
長崎県・波佐見焼の技術をもとに、新しいもの作りを行い、国内はもとより海外でのビジネスを行っているのが磁器製品を扱う東京西海(東京・世田谷)。産地と連携したブランド化にも挑戦しており、メーンで打ち出しているブランドは3つ。、最新のブランドは「Sanato(サバト)」。南スイスを拠点に活動するアーティスト、アオイ・フーバーさんの絵柄を活かし、デザインスタジオ「ドリルデザイン」が一緒になって作り上げた。
[日経MJ 15/03/04]
◇東京西海 FB
https://www.facebook.com/tokyosaikai
◇テーブルウエア「Common」 HP
http://commontableware.com/
◇Common(コモン) HP
http://allabout.co.jp/gm/gc/442672/
◇燕振興工業 HP
http://www.tsubame-shinko.co.jp/new/start.html
◇東洋佐々木ガラス HP
https://www.toyo.sasaki.co.jp/
◇HASAMI PORCELAIN(ハサミポーセリン)
http://www.hasami-porcelain.com/
◇HASAMI PORCELAIN の食器
http://matome.naver.jp/odai/2140306451615323001
◇最新ブランド「Sanato(サバト)」 HP
http://www.sabatotableware.com/
◇葵・フーバー&ドリルデザインによる「Sabato」
https://sasebotoarita.wordpress.com/2015/01/10/hasami-sabato/

◆社員旅行は皆で汗、チャンバラで真剣勝負、カーリングの後は乾杯
価値観を共有、組織に一体感
日本の企業文化の象徴で、バブル崩壊後に衰退した社員旅行が内容を変えて復活しつつある。宴会やカラオケといったかつての旅行内容から一変し、世代を問わずに参加できるチャンバラや鬼ごっこなどを取り入れたプランが人気を集める。
[日経MJ 15/02/18]
◇職場旅行3.0 の事例一覧/JTB
http://www.jtbbwt.com/casestudy/trip/
◇スポーツチャンバラ HP
http://www.internationalsportschanbara.net/jp/
◇壮絶!エクストリーム社員旅行!!
http://www.mapfan.com/kankou/area/tokushu/x_travel/
◇急成長する会社が「社員旅行」や「運動会」をする理由
https://news.careerconnection.jp/?p=4243
◇「パソコン禁止」「運動会」「社員旅行」が会社を強くする
http://namaenaki.at.webry.info/201405/article_38.html
◇社員旅行行って来ました (Blog)
http://blog.trippiece.com/member/companytrip_sarusho.html

◆ネット通販、10年で3倍、1世帯月平均6498円、14年84%増
衣料品・本・CDけん引
購入品目を他の調査をもとに推測すると、衣料品や書籍、CD・DVDなどをネット経由で購入する消費者が増えているようだ。
利用率が最も高かったのは40代女性で90.4%だった。30代、40代では男性より女性の利用率が高かった。月間支出額では5001~1万円が24.8%で最多だった。
[日経MJ 15/02/18]
◇日本通信販売協会(JADMA) HP
http://www.jadma.org/
◇2013年度通販市場売上高調査/JADMA(原典)
http://www.jadma.org/pdf/press/press_survey20140826.pdf
◇ライフネット生命保険 HP
http://www.lifenet-seimei.co.jp/
◇インターネットショッピングの動向/ライフネット生命(原典)
http://www.lifenet-seimei.co.jp/newsrelease/2014/5679.html
◇ネット通販市場は小売りの20%、60兆円に
http://toyokeizai.net/articles/-/48945
◇EC業界のビジネスとマーケット動向まとめ
http://liginc.co.jp/web/matome-web/126279

◆米国の売り場、日本が変える
流通技術、売り込み攻勢、パナソニック、棚が品切れ検知、富士通、商品提案システム
パナソニックや富士通などがITで小売り現場の作業を効率化する製品を実用化する。まずIT化が進む米国市場に独自のPOS(販売時点情報管理)システムやリテール商材を提案していく。日本と同様に米国でも課題となっているライフスタイルの変化に対応した売り場作りや人手不足の解消を支援する。
[日経MJ 15/02/18]
◇パナソニック、POS端末にもなる堅牢タブレット「FZ-R1」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150114_683503.html
◇小売・流通業界向けイベント「RETAIL'S BIG SHOW 2015」レポート
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150113_683399.html
◇ラベル印刷機「サトーホールディングス」 HP
http://www.sato.co.jp/
◇貨幣処理機「グローリー」 HP
http://www.glory.co.jp/
◇デロイト トーマツ コンサルティング HP
http://www2.deloitte.com/
◇世界の小売業ランキング 2014
www2.deloitte.com/jp/ja/pages/consumer-business/articles/dis/global-retailer-ranking.html
 
◆ホテルアート、旅人に活 パリの名門、優雅によみがえる
並木の葉舞うシャンデリア
床やタイルにチェス盤の白黒
木の葉を模したハンドメイドのシャンデリアが出迎えてくれる高級ホテル「ザ・ペニンシュラパリ」、42人のアーティストがインテリアアートを競演する「ホテル・モリトール」――。人の手による「ヒューマンメード」を切り口にアーティスティックなホテルが客にやすらぎと活力を与える。
[日経MJ 15/02/18]
◇ザ・ペニンシュラパリ HP
http://paris.peninsula.com/ja/default
◇宮殿のような「ザ・ペニンシュラパリ」がオープン
http://www.cafeglobe.com/2014/07/039523peninsula_paris.html
◇ホテル・モリトール HP
http://www.mltr.fr/
◇冬のパリ、ホテル・モリトールでおしゃれにプール三昧!?
http://column.madamefigaro.jp/paris/weekly-paris/post-1481.html
◇ザ・チェス・ホテル HP
http://www.thechesshotel.com/jp/

◆ヒト型ロボ、家族になれる?「ペッパー」を体験、実は聞き上手、まだ不具合
ソフトバンクが月内にも世に送り出すヒト型ロボット「ペッパー」。人の表情や声のトーンを認識し、感情を理解して自ら人のために動く「愛のあるロボット」が触れ込みだ。テレビCMで見かける矢継ぎ早に話す姿とは異なり、ユーザーに合わせて出しゃばりすぎないなど家族の一員として受け入れられるよう細かな配慮を施したという。
[日経MJ 15/02/20]
◇ヒト型ロボット「Pepper」 HP
http://www.softbank.jp/robot/special/pepper/
◇ヒト型ロボット「Pepper」レポート
http://magazine.kakaku.com/mag/hobby/id=1639/
◇人型ロボットが人間に代わって働く労働力に
http://matome.naver.jp/odai/2141181123290272801
◇Pepperは認知症の進行予防に役立つのか?
http://healthpress.jp/2015/03/1-1.html
◇銀行で「Pepper」が働くことになった
http://matome.naver.jp/odai/2142715623748381101

◆ハラル、繁盛の教え各地に
カレー、昆布だしから、お酒出さずに増収
急増するイスラム圏からの訪日客を取り込もうと、食品や美容の分野でムスリム(イスラム教徒)向けの「ハラル」対応が広がってきた。特に目立つのが中小企業やベンチャーの動きで、先手を打って市場を広げるチャンスをうかがう。国内で1500億円前後とみられるハラル市場。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/02/23]
◇ハラル・ジャパン協会 HP
http://www.halal.or.jp/
◇日本初ムスリム向け美容室
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/20859.html 
◇そのハラル、大丈夫?マーク発行団体が乱立
http://toyokeizai.net/articles/-/42051
◇ハラル化粧品のビジネスチャンス/マレーシアコラム
http://www.lapita.jp/2014/08/clmn-malaysia03.html
◇10000兆円の巨大市場「ハラル」に挑む
http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2014/06/0617.html
◇拡大するハラル市場と現状
http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/kyougikai/pdf/tanaka-siryou.pdf
◇日本はイスラム圏の観光客を呼び込めるか
http://diamond.jp/articles/-/59569

◆ハラル食、日本人も堪能「アレルギー心配少なく」「健康に良さそう」
私も作りたい、料理教室も人気
日本人の間でもハラル対応の食事を楽しむ消費者が増えている。東京・新大久保周辺にあるイスラム教徒らが運営する食料品店を訪れる日本人が目立つほか、外国人客を主要顧客に設定したハラル対応のカフェにも日本人の姿が増えている。教義ではなく、新しい食事の選択肢としてハラルを楽しんでいるようだ。
[日経MJ 15/02/23]
◇新大久保「イスラム横丁」
http://rothatokyo.main.jp/map/archives/3148
◇浅草「SEKAI CAFE」 HP
http://sekai-cafe.com/
◇ルマグレブ シャンデリア料理教室
https://cookstep.cookpad.com/schools/lemaghreb
◇ハラール 海外の反応まとめ
http://newsphere.jp/summary/halal/
◇ハラールが健康的!?アメリカでも行列の人気ぶり!
http://www.el-aura.com/halal20152post_25-html/

◆グランツリー武蔵小杉ママも子供も笑顔、ブランド集結、遊び場豊富
無料の屋上庭園「ぐらんぐりんガーデン」だ。花や木が植えられた庭園に幼児向けの多数の遊具があり、平日も近隣の子供たちでにぎわう。
高層マンションの建設が続く武蔵小杉は30~40代の子育て世代の流入が増える。年収1千万円以上の世帯の流入が比較的多く、商業施設の供給は需要に追いついていなかった。
そんな顧客層のニーズを満たす店を目指した。子供服や赤ちゃん用品店などが並ぶ4階には、雨の日でも子供が楽しめるように5メートル×3メートルの大型モニターを設けた広場を用意。モニターには広場全体が映し出され、子供たちが動くとモニター内に様々なイラストのアニメーションが登場する仕掛けを施した。
[日経MJ/みせどころ 15/02/23]
◇ママパパに人気!子連れに優しい商業施設
http://feature.cozre.jp/archives/42690
◇屋上庭園「ぐらんぐりんガーデン」の様子
http://view-tokyo.sakura.ne.jp/town/?p=9107
◇ぐらんぐりんガーデンはまさに公園!
http://mama-hack.com/grandtree-musashikosugi2
◇リビングネイチャーが日本初上陸
http://www.cinemacafe.net/article/2014/12/01/27718.html
◇子育て・仕事に励む女性に嬉しいセレクトショップ充実編
http://news.infoseek.co.jp/article/fashion_headline_8542

◆六本木ヒルズでフィットネス 疲れ忘れる非日常感
ベンチャーバンク(東京・渋谷)が運営するフィットネスクラブ「フィールサイクル」は昨年12月に高級感を前面に打ち出した店舗を六本木にオープンした。、クラブのダンスフロアに迷い込んだような錯覚を覚える。黒を基調とした店内に特注のシャンデリア。受付の前にあるソファなどもすべて黒で統一され、照明も控えめだ。本来は東京タワーの見える窓も昼間はあえて壁紙で隠し、非日常感を演出している。
月会費はタオル2枚と専用シューズ代込みで、1万8千円(税別)。
[日経MJ 15/02/23]
◇ベンチャーバンク HP
http://www.venturebank.co.jp/
◇フィールサイクル HP
http://www.feelcycle.com/
◇NY発のクラブ感覚フィットネス!
https://retrip.jp/articles/2940/
◇クラブさながら大音量でエクササイズ?
http://beauty.yahoo.co.jp/diet/articles/73908
◇スポーツクラブ業界、なぜ専門型化?
http://biz-journal.jp/2014/09/post_6151.html
◇フィットネス市場の動向解析(1)
http://sports-ryutu.com/blog/2014/08/06/1131/
◇フィットネス市場の動向解析(2)
http://sports-ryutu.com/blog/2014/08/07/1303/
◇フィットネス市場の動向解析(3)
http://sports-ryutu.com/blog/2014/08/08/1315/

◆さようなら、私の東京、ツアーや回顧展、盛況
さびしい 懐かしい
2020年の東京五輪の開催に向けて、都内の風景が変わり始めた。再開発に伴って、建て替えや移転など消えゆく施設も少なくない。思い出の場所を最後にひと目見に出かけたり、なくなると知って興味を持ったり。「さよなら詣で」をする人たちが増えている。
[日経MJ 15/02/27]
◇東急プラザ渋谷 49年の歴史に幕
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150322/k10010023911000.html
◇「観世能楽堂」が渋谷から銀座へ移転
http://www.next-nevula.co.jp/news-headline/?p=13987
◇松濤の観世能楽堂が「楽屋見学ツアー」
http://www.shibukei.com/headline/10655/
◇オークラはなぜ今、建て替えを決めたのか
http://toyokeizai.net/articles/-/38554
◇なくならないで、私のオークラ!
http://casabrutus.com/special/japanese-modern-architecture/my-memory-of-okura
◇ホテルオークラに何が起こっているのか?
http://matome.naver.jp/odai/2142167450873880301
◇2020年オリンピックまでの都市開発
http://matome.naver.jp/odai/2137868993233248001
 
◆孫の成長、日々楽しむ 家族限定SNS「ウェルノート」
SNSの「ウェルノート」が中高年に広がりつつある。従来のSNSと違って、動画や写真、コメントを家族だけで共有できるのがミソだ。離れて暮らす子どもや孫とも気軽に安心して対話することができる。スマホが浸透するなか、SNSでのコミュニケーションを求める中高年の需要に応えている。
[日経MJ/耳よりな話 15/02/27]
◇ウェルノート HP
http://wellnote.jp/
◇ウェルノート FB
https://www.facebook.com/wellnote
◇「wellnote」で”個客”マーケティングの実現目指す
http://markezine.jp/article/detail/17884
◇家族専用SNS「wellnote(ウェルノート)」とは?
http://www.csr-magazine.com/blog/2013/09/30/wellstyle/
◇家族専用SNS「wellnote」仕掛け人は一児の母
http://www.huffingtonpost.jp/careerhack-enjapan/story_b_6813578.html?

◆期限迫る食品、ネットでグラウクスが通販、最大9割引、廃棄ロス減
流通コンサルティングのグラウクスは27日、賞味期限が間近に迫る食品などを販売するインターネット通販サイトを開設する。メーカー希望小売価格の最大9割引きで購入できる。メーカー側は流通に乗らなくなった商品を廃棄しなくて済む。今後3年間で会員数100万人、協賛企業1千社まで拡大する計画だ。
[日経MJ 15/02/27]
◇グラウクス HP
http://www.glaucks.co.jp/
◇社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI.jp」 HP
https://www.kuradashi.jp/
◇NGO「TABLE FOR TWO」 HP
http://jp.tablefor2.org/
◇食品の廃棄を「社会貢献」で減らす
http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/24/food-loss-zero_n_6741622.html
◇「KURADASHI.jp」×「うちナビ」業務提携
https://ecnomikata.com/ecnews/detail.php?id=4766

◆燃料電池車普及する? 水素インフラ官民一丸、家庭にも需要じわり
トヨタ自動車が水素を使って起こした電気で走る燃料電池車(FCV)を昨年末に発売、1カ月で目標の4倍近い受注があり大幅な増産を決めました。政府はFCVや家庭用燃料電池の普及に力を入れ、省エネと温暖化ガス抑制に結びつける考えです。
東京都は20年の東京五輪で「水素社会」への取り組みを世界にアピールするため、中央区晴海の選手村に燃料電池で生み出した電力や温水を供給する「水素タウン」構想を打ち出している。
[日経MJ 15/02/27]
◇TOYOTA 燃料電池自動車(FCV) HP
http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/environment/fcv/
◇FCV対EV徹底比較
http://response.jp/article/2014/11/17/237495.html
◇トヨタ「MIRAI」が圧倒的にすごい2つの理由
http://toyokeizai.net/articles/-/53883
◇「燃料電池車」は“ガラカー”になる、
https://www.fsight.jp/30848これだけの理由
◇トヨタが本気の理由 水素社会の未来は不透明(前篇)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4660
◇トヨタが本気の理由 水素社会の未来は不透明(後篇)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4661

◆ヨーカ堂、「フランフラン」と協業1号店、住居関連に注力
イトーヨーカ堂は2月27日、インテリア雑貨店「フランフラン」を展開するバルスと共同開発した新業態の1号店を都内で開業した。デザイン性の高い食器や家具などの住居関連用品をそろえる。4月末までにヨーカ堂の店内に20店舗を開く。総合スーパーを訪れる家族連れなどに向けてライフスタイルを提案して需要を取り込む。
[日経MJ 15/03/02]
◇BON BON HOME(ボンボンホーム) HP
http://bonbonhome.jp/
◇BON BON HOME(ボンボンホーム) FB
https://www.facebook.com/bonbonhome.jp
◇BON BON HOMEとは何ぞ?
http://matome.naver.jp/odai/2142535329252064801
◇BON BON HOME1号店オープン
http://getnews.jp/archives/838155

◆アップルウオッチ、期待と難題、ウエアラブル、ブーム沈静
2014年9月、米アップルが主力製品の「iPhone6」シリーズとともに発表したウエアラブル端末の「アップルウオッチ」。今年4月の発売は同社にしては異例の早期発表だった。だが、全く新たな市場への製品投入にまつわる数々の困難をも予感させた。
期待されていたヘルスケア市場で当面は不発となる可能性が高い。
その場合、新しい情報サービス端末としてか、新しい決済端末としての位置付けが強まることになろう。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/03/02]
◇Apple Watch HP
https://www.apple.com/jp/watch/
◇Apple Watch は時計メーカーを脅かす!?
http://matome.naver.jp/odai/2136161294368847801
◇「アップルウオッチ」にヒットが期待できない理由
http://www.cnn.co.jp/tech/35060013.html
◇Apple Watch あいまいな位置づけが課題に
http://jp.wsj.com/articles/SB11442920196806124664104580467092596788172

◆電子決済進化着々
・「ビットコイン」復活の兆し?GMOグループ、事業者に出資
・スマホ登録→自動割引、米国発のクーポン配信、「CLO]普及なるか
・LINEに新たな支払い機能、仲間と割り勘、送金も可能に
・カード払い、自宅でも、スマホ、読み取り端末に
[日経MJ/リテール特集 15/03/02]
◇楽天グループも導入、復活するビットコイン
http://toyokeizai.net/articles/-/51701
◇ビットコインとGoogleが出資したリップルとの違い
http://bitcoin-matome.info/consideration/bitcoin-vs-ripple/
◇CLO(Card Linked Offer)という新潮流
http://www.sbbit.jp/article/cont1/28240
◇大日本印刷と日本ユニシス、CLOプラットフォームを共同開発
http://markezine.jp/article/detail/22055
◇クーポンでカード利用を促す「CLO」日本でも普及へ
http://moduleapps.com/mobile-marketing/clo-card-linked-offer/
◇TIS、CLOクーポンを利用したクラウドサービス「Goodeal!」販売
http://www.tis.co.jp/news/2015/20150302_1.html
◇利用が広がるモバイル決済とは?
http://www.hivelocity.co.jp/blog/27287
◇LINE、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を公開
http://markezine.jp/article/detail/21618
◇新たな決済サービスLINE Pay、SPIKE
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/3602
◇Gartner Japan HP
http://www.gartner.co.jp/
◇「ネット関連市場の最新予測2015年版」電子決済市場
http://www.webdbm.jp/column/4296/
◇コイニー HP
http://coiney.com/
◇モバイル端末を使った「LIXILリフォームカード決済サービス」
http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2014/070_company_0929_03.html

◆ビッグデータ、販促磨き
アクティブコア、解析ソフト機能統合、新サービス
個別のサービスとして提供してきた既存ソフト群の機能を統合するとともに、顧客の分類や行動予測につながる高度な分析を行う機能を追加した。業務システムとウェブサイトが持つ情報を集約し、各種の分析機能を使うことで効率よく、データに基づいて検討できるという。
博報堂はネット系3社と組み、消費者動向を分類しやすいウェブアンケートと、消費者の生の声をつかみやすいSNS分析を組み合わせた調査手法「Social+Survey(ソーシャル・サーベイ)」を開発した。
[日経MJ/リテール特集 15/03/02]
◇アクティブコア HP
http://www.activecore.jp/
◇アクティブコア FB
https://www.facebook.com/activecore.jp
◇電通 HP
http://www.dentsu.co.jp/
◇NTT Ddata HP
http://www.nttdata.com/jp/ja/
◇電通とNTTデータ、新たなソリューションの開発・提供
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0123-003948.html
◇株価予測にビッグデータ活用 ツイッターや売買注文を抽出
http://www.sankei.com/economy/news/140612/ecn1406120002-n1.html
◇博報堂とユナイテッドら4社「Social+Survey」開始
http://www.sbbit.jp/article/cont1/28182

◆外国人にはおしゃれ!?カタカナイケテル、火付け役は「ケンゾー」
漢字に飽き、目新しく
日本語の表記のひとつ「カタカナ」が、最近ファッションの世界で注目されている。海外ブランドを中心に、デザインやプロモーションなどに用いるケースが登場。普段見慣れている日本人にはやや違和感もあるが、インパクトは絶大で、特に外国人には「おしゃれ」「かわいい」と映っているようだ。
[日経MJ 15/03/04]
◇オープニングセレモニージャパン HP
http://www.openingceremonyjapan.com/
◇外国人に広がる漢字!変な日本語Tシャツが蔓延中!
http://0-yansnews.blog.so-net.ne.jp/2014-06-17-1
◇ZARAにおかしいTシャツの目撃談が相次いでいる
http://matome.naver.jp/odai/2142278273810775801
◇“カタカナ”モチーフが斬新すぎる!! アディダス
http://sgs109.com/news/20141119d
◇日本語がトレンドに?
http://matome.naver.jp/odai/2141696776321360401
◇「カルヴェン」日本感たっぷりな2015春夏ファッション
http://mag.japaaan.com/archives/18096
◇カタカナのロゴを使ったファッションが話題に
http://curet.jp/article/3506?page=3

◆新風、アマゾン「PB」
インターネット通販大手のアマゾン・ドット・コムは商圏開拓に動き始めた。日本法人が国内の食品・日用品メーカーと連携し、日本酒や炭酸水、コメなど限定品を増やし、この1年で商品数は2倍の3500品目まで拡大した。膨大な顧客情報を生かした「メード・イン・アマゾン」を武器に日常消費を取り込む構えだが、生活圏でのアマゾンのシェアはどこまで高まるだろうか。
[日経MJ 15/03/06]
◇Amazonプライベートブランドストア
http://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=3184288051
◇PB商品でも「地球上で最も豊富な品揃え」めざす!
http://www.dfonline.jp/articles/-/11156
◇アマゾン、プライベートブランド発表!
http://blogos.com/article/100678/
◇Amazon Redshiftによるビッグデータ分析環境の構築
http://codezine.jp/article/detail/7774
◇Amazon「ロングテール」のビジネスモデル
http://news.livedoor.com/article/detail/7870727/
◇クラウド価格競争の最大の被害者は誰か
http://japan.zdnet.com/article/35057058/
◇Amazon、2lemetryを買収
http://spnews.auone.jp/it/news/?ID=tch_REV201503130014

◆雑貨店、アプリがいざなう、ロフト、関連記事分類し配信
東急ハンズ、カメラ使い在庫把握
雑貨店チェーン大手2社がスマートフォン向けアプリを使ったオムニチャネル戦略を強化する。ロフトは今秋にもアプリにEC機能を搭載する。東急ハンズはバーコードをスキャンすると商品の在庫や店内での販売場所を探せる機能を拡充する。いずれも2015年度に100万件超のダウンロードを目指し、顧客基盤構築を急ぐ。
[日経MJ 15/03/04]
◇LOFT アプリ HP
http://www.loft.co.jp/appli/
◇LOFTからアプリが登場!
http://appsomm.jp/recommend/2014/12/22/98586/
◇TOKYU HANDS アプリ
https://hands.net/app/
◇東急ハンズが「バーチャル自販機」を設置
http://markezine.jp/article/detail/22085
◇バーコード・QRコードで、印刷物から電子カタログに誘導
http://www.ebook5.net/journal/column/qrcode001.html

◆人とロボット限りなく近く 自ら学習、有能な相棒に
ソフトバンクは先月、人型ロボット「ペッパー」を、ソフト開発の専門家向けに先行販売した。ペッパーは今までのロボットと大きく異なる面がある。それは米IBMが提唱する「コグニティブ・コンピューティング」を実現する、人とロボットの距離を限りなく近づける存在としての可能性を秘めているのだ。
[日経MJ/奔流eビジネス 15/03/06]
◇IBMの人工知能ワトソンが世界を変えると話題
http://matome.naver.jp/odai/2142028262556583901
◇グニティブ・コンピューティング×「シュタインズ・ゲート」
http://www.mugendai-web.jp/steinsgate/
◇コグニティブ・コンピューティングと拓く未来
http://www.ibm.com/smarterplanet/jp/ja/ibmwatson/cognitive-computing-movies/
◇IBM リサーチストラテジー、バイスプレジデントに聞く
http://www.publickey1.jp/blog/15/watson_ibm.html
◇コグニティブコンピューティングのその先へ
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/20150305_691310.html
◇犬型ロボットAIBOの合同葬儀
http://matome.naver.jp/odai/2142511250738667501

◆おしゃれな古書店増加中 カフェ併設、明るい店舗、女性店主
近年、個性的な古書店が増えている。古書店といえば天井までギッシリ本が並ぶ店が思い浮かぶが、最近はあえて陳列する本の数を減らしたり、カフェを併設する店舗も目立つ。若い女性が店主の古書店を描き累計600万部のヒットとなった小説『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの影響もあってか、脱サラ組や女性の新規参入も相次いでいる。
[産経新聞 15/02/16]
◇東京都古書籍商業協同組合 HP
http://www.kosho.ne.jp/
◇下北沢古書店「クラリスブックス」 HP
http://clarisbooks.com/
◇下北沢古書店「クラリスブックス」 FB
https://www.facebook.com/clarisbooks
◇神田で10年修業の店主が開くクラリスブックス
http://shimokita.keizai.biz/headline/1919/
◇古本・古書売買サイト「スーパー源氏」
http://sgenji.jp/
◇本と文化の街「スーパー源氏」 FB
https://www.facebook.com/sugenji
◇古書カフェ「狐白堂(こはくどう)」 HP
http://kohakudo.net/
◇古書カフェ「狐白堂(こはくどう)」 FB
https://www.facebook.com/kohakudo01
◇古書カフェ「狐白堂」取材に行って来た
http://youpouch.com/2014/10/21/232934/
◇サブカル&ポップなメディア古本屋「古書ビビビ」
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1502/07/news013.html

◆深夜まで営業の図書館 本の世界と酒に酔う、ジャンル多彩
お酒を飲みながら深夜まで読書ができる図書館が東京・渋谷に誕生し、人気を集めている。BGMが流れ、50種類を超えるドリンクや軽食を提供。本にちなんだメニューもある。
飲酒や私語ができる図書室を提案する森の図書室。オーナーの森俊介代表は「自分がそんな環境で読書をしたかっただけ」と、開設理由を淡々と話す。出資者は1700人(昨年4月からの約1カ月間)を超えた。
[日経MJ/新サービス記者がチェック 15/03/09]
◇森の図書室 HP
http://morinotosyoshitsu.com/
◇森の図書室 FB
https://www.facebook.com/morinotosyoshitsu
◇「BOOK LOVER’S DAY」PROJECT
https://www.makuake.com/project/morinotosyoshitsu/
◇渋谷の夜の図書館「森の図書室」へ行ってみた!
http://entermeus.com/104457/
◇夜に読書と少しのお酒「森の図書室」
http://matome.naver.jp/odai/2140251095478623401

◆ほしい商品を少しずつ 女性に受ける量り売り店、探す楽しみ
好きな分量を選んで買える量り売りは鮮度のよい商品を選びたい、使い切れる量だけ買いたいなどの顧客ニーズに対応できる。特に女性にはいろいろな種類の商品を少しずつ試し買いできる点や買い物自体が楽しい点、体験や感想を話題として知人らにインターネット上で発信しやすい点などが好評だ。
[日経MJ 15/03/11]
◇スパイス専門店「レピス・エピス」 HP
http://www.lepiepi.com/
◇量り売りもOK!世界のスパイスが集まる専門店
http://www.elle.co.jp/atable/pick/09_0903/09_0903_a
◇KILO SHOP TOKYO HP
http://www.kilo-shop.jp/
◇KILO SHOP TOKYO FB
https://www.facebook.com/KILOSHOP.Tokyo
◇ビンテージの量り売りが面白いKILO SHOP TOKYOへ
http://co-trip.jp/article/7936
◇「キロ ショップ トウキョウ」の歩き方
http://dime.jp/genre/153880/

◆キッチンはインテリア、個性際立つショールーム続々
ファッション風にパーツ組み合わせ/眺めに配慮 配置細かく
キッチンのデザインをもっと楽しみたい――。清掃面や収納を重視した家事志向とのものではなく、ファッションのように装える、インテリア志向のキッチンの人気が高まっている。昨年からブティックのような空間の大型ショールームが次々誕生していることも追い風となっている。
[日経MJ 15/03/11]
◇TOYO KITCHEN STYLE HP
http://www.toyokitchen.co.jp/ja/
◇「TOYO KITCHEN STYLE THE HOUSE」誕生
http://www.toyokitchen.co.jp/news/ja/20141227093050.html
◇「TOYO KITCHEN STYLE THE HOUSE」 FB
https://www.facebook.com/TOYOKITCHENSTYLE
◇TOYO KITCHEN STYLE 80周年
http://www.interior-joho.com/store/detail.php?id=2509
◇トーヨーキッチンスタイル内覧会 (Blog)
http://www.likehouse.jp/blog/?p=3589
◇モーリショップ「クチーナ」 HP
http://cucinastyle.jp/
◇モーリショップ名古屋ショールームに行ってきた!
http://togahouse.jp/blog/973.html
◇TJMデザイン HP
http://www.tjmdesign.com/
◇キッチンハウス HP
http://www.kitchenhouse.jp/
◇建築家・窪田勝文氏サイト
http://www.katsufumikubota.jp/
◇キッチンハウス福岡ショールームがオープン!
http://allabout.co.jp/gm/gc/448281/
◇キッチンハウス福岡店
http://www.renovation-casa.com/blog/column/2873/

◆GMO系、手作りアクセ売買 作家と交流へイベントも
アクセサリーや雑貨を売買できるウェブサイト「minne(ミンネ)」が利用者の裾野を広げている。8万人の出品者を集め、1月の流通金額は前年同月の3倍の1億3700万円に達した。作家と購入者との交流を重視し、昨秋からは実際に会場を用意してのイベント開催も始まった。一点物を求める消費者ニーズをくんで成長を続けている。
[日経MJ/戦略ネットBiz 15/03/11]
◇GMOペパボ HP
http://pepabo.com/
◇ハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」 HP
https://minne.com/
◇ハンドメイドマーケット「minne」 FB
https://www.facebook.com/minnecom
◇◇ハンドメイドマーケット「minne」 Twitter
◇minneでハンドメイド作品を販売しよう
http://matome.naver.jp/odai/2138492095227034001
◇GMOペパボ「minne」拡大へ積極投資
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/04/news160.html
◇「2015年、minneに積極投資する理由」インタビュー
http://shopping-tribe.com/interview/15705/
◇CtoCを牽引するフリマアプリを調べてみた
http://www.tribalmedia.co.jp/blog/?p=7889
◇ネットに躍り出る“個人店主” CtoC元年到来
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO65069900Z00C14A1000000/
◇ZOZOTOWNがCtoC市場を取り込む理由
http://ec-cube.ec-orange.jp/blogs/?p=5143

◆“民間”の提唱で生まれた「京都国際現代芸術祭」
京都で初となる現代アートの大規模国際展「PARASOPHIA(パラソフィア) 京都国際現代芸術祭2015」がこのほど開幕した。古きものに新しい異物を取り込み文化を育む手法は、いわば京都の伝統。そして、文化をリードするのは基本、町衆だ。今回の芸術祭は民間(京都経済同友会)が提唱し、行政が支援して実現したもので、日本では例の少ない、成熟した文化行政の形だ。
[産経新聞 15/03/19]
◇「PARASOPHIA 京都国際現代芸術祭2015」 HP
http://www.parasophia.jp/
◇「PARASOPHIA 京都国際現代芸術祭2015」 FB
https://www.facebook.com/parasophiaJP
◇「PARASOPHIA 京都国際現代芸術祭2015」 Twitter
https://twitter.com/parasophiapr
◇アーティスティック・ディレクター河本信治氏インタビュー
http://artscape.jp/focus/10107670_1635.html
◇「森村泰昌」芸術研究所
http://www.morimura-ya.com/
◇現代美術家・やなぎみわ氏サイト
http://www.yanagimiwa.net/
◇中国出身・蔡國強氏サイト
http://www.caiguoqiang.com/
◇英国出身スーザン・フィリップス氏
http://mizuma-art.co.jp/artist/0160/
◇独出身2人組・ヘフナー/ザックス
http://www.parasophia.jp/artists/hoefner_sachs/
◇「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術際2015」レポート
http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/34505/
◇世界的アーティストが集結、〈別の知性〉を創出する展覧会
http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/5653

| | トラックバック (0)