« 2004年2月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/30

情報クリップ・ダイジェスト 2006/04

◆高額品・IT支出 伸び顕著 「消費状況調査」で読む実勢
雇用・所得環境の改善を背景に個人消費は回復しつつあるが、このことを毎月の政府統計で確認するのは意外に難しい。代表的指標の「家計調査」は調査世帯数が約8千世帯に限られ、実態を必ずしも反映しない場合がある。2002年1月から始まった「家計消費状況調査」は家計調査の欠点を補完する。インターネットの利用を含めた消費の実勢を判断するには2つの調査を合わせて見る必要があるだろう。
[日経流通 06/04/05]
◇総務省 家計消費情報調査
http://www.stat.go.jp/data/joukyou/
◇ニッセイ基礎研究所 HP
http://www.nli-research.co.jp/

◆和楽器で奏でる洋楽、「新邦楽」旬の響き パンクな和太鼓で縦ノリ
尺八や琴、和太鼓など日本古来の伝統楽器を使って、ポップやジャズ、ロックなど新しい音楽を奏でる。そんな「新邦楽」がいま新しい。
[日経流通/ヒットの予感 2006/03/27]
◇氏神一番 HP
http://www.ujigamiichiban.tv/
◇ZAN HP
http://www.rhythmzone.net/zan/
◇祭人生ゲビル HP
http://www.gevil.jp/

◆竹ですっきり、家具しなやか テオリ、集成材を自在に加工
岡山県倉敷市の中小家具メーカー、テオリは竹を板状に加工した集成材で家具や小物雑貨を製造販売する。若手デザイナーらと昨年立ち上げた「竹集成材プロジェクト」は竹の特性を生かした独特のデザインを打ち出し、「日本発のデザイン」として海外進出を視野に入れる。
[日経流通 2006/03/29]
◇テオリ HP
http://www.teori.co.jp/
◇フランフラン HP
http://www.francfranc.com/

◆地域ブランドに新潮流 「世界基準」で売れ、山中漆器
地方の特産品メーカーが生き残りをかけ、欧米市場に挑戦している。日本製品をそのまま持って行くのではなく、欧米の顧客の要望や好みを追求し、これまでと違う製品を開発する。成功のために伝統をかなぐり捨てる産地もある。世界で認知されれば本拠地である日本市場での販売に弾みがつくとの読みがある。
[日経流通 2006/03/29]
◇NUSSHA HP
http://www.nussha.com/
◇ギャラリー・ラファイエットについて
http://www2.galerieslafayette.com/vdm/GL_home.asp?rubrique=1&lg=jap
◇ザ・コンランショップ HP
http://www.conran.ne.jp/

◆アニメ服でクールに 世界に誇る文化、アパレル界に進出
日本のアニメやゲームの世界観をファッションに取り入れた「アニメ服」への関心が高まっている。子供や若者のみならず、中年男性にも引っ張りだこという。世界に誇る「日本のアニメ」のブランド価値に着目した業界の戦略が、消費者に受け入れられた格好といえそうだ。
◇仕立屋スタジオジブリ HP(一時休止)
http://www.shitateya-ghibli.com/
◇オシャレ魔女ラブandベリー オフィシャルショップ HP
http://osharemajo.com/lb/index.html

◆お寺、"異業種"進出 介護施設やカフェ 仏教離れに危機感
葬式の簡略化や檀家(だんか)数の減少など逆風が指摘されるなか、"異業種"に乗り出すお寺が登場している。境内を利用してデイサービスセンター(通所介護施設)を開所したり、カフェを始めたりと、まったくの別分野に乗り出して、人の呼び込みを図っているのだ。
[産経新聞/ 2006/04/05]
◇善了寺「還る家ともに」HP
http://www.zenryouji.jp/
◇光明寺「神谷町オープンテラス」HP
http://www.higan.net/kot/about.htm
◇月刊仏事 HP
http://www.kamakura-net.co.jp/08backno/0801backno.htm

◆伊ピニンファリーナ奥山氏挑む 山形伝統技と世界へ協奏
室内空間に高級感
故郷の誇る職人技術を結集して世界に通用するブランドを――。イタリアを代表するデザイン工房ピニンファリーナ(本社トリノ)のデザイン・ディレクター、奥山清行氏が山形県発のブランド開発プロジェクトを立ち上げた。
◇山形カロッツェリア研究会 HP
http://www.yamagata-carrozzeria.com/
◇メゾン・エ・オブジェ HP
http://promosalons.cc-town.net/
◇ピニンファリーナ HP
http://www.pininfarina.it/eng/e_index.html

◆拡大するペットビジネス

[日経流通/日経おとなのOFF能勢剛編集長のオトナ行動学 2006/03/24]
◇ペットビジネスとペットの総合サイト
http://www.j-pet.com/
◇ペットビジネス研究所 HP
http://www.norimasa-h.jimusho.jp/petbusiness/
◇「家族ペット」について
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4763195573.html

◆フランスベッド子会社 「高齢親子」向け同居住宅
ヘルパー常駐、広い間取り
七十代の親と五十代の子供が一緒に暮らす家――。フランスベッドメディカルサービスが五月一日に大阪府枚方市に開く親子同居型高齢者マンション「フラン・スラージュ枚方」に百件超の問い合わせが集まっている。仕事と介護を両立し、親子一緒に住みたい希望を持つ子供のニーズに対応する試みだ。
[日経流通/新発想で勝負 2006/03/27]
◇「フラン・スラージュ枚方」について
http://www.fukushi.com/news/2006/03/060313-a.html
◇フランスベッドメディカルサービス HP
http://www.homecare.ne.jp/

◆アナログ派、若年層で台頭 味わいや本物感を評価、生活観の変化映す
アナログ的な製品への関心を高める消費者が増えつつある。レコードやカメラ、万年筆などで、デジタル製品にない味わい、ぬくもり、本物感といった価値を評価しているためだ。中高年だけでなく若者にも多いのが特徴。
[日経流通/消費分析 2006/03/29]
◇アナログレコード再生のページ
http://www7a.biglobe.ne.jp/~yosh/
◇アナログプレーヤー について
http://k-nisi.hp.infoseek.co.jp/anarogue2.htm

◆ビルコムが新型SNS、利用者同士で商品勧め合い
マーケティング支援のビルコムは、利用者間で特定の商品を勧め合うSNSサイトを開設した。交友関係を広げる従来型SNSと差異化する。サイトを通じ商品が購入されると紹介者と購入者の双方に報酬を支払うようにし、利用者間の購買を促す。
[日経流通 2006/03/31]
◇ビルコム HP
http://www.bil.jp/
◇SNS ビルコレ  サイト
http://bilcolle.com/
◇SNS ビルコレ について
http://www.venturenow.jp/news/2006/03/22/2146_011229.html

◆新聞の折り込み広告、女性9割、男性6割「歓迎」
日経広告研究所は新聞に折り込まれるチラシ広告について、消費者意識調査をまとめた。女性の九割弱、男性の六割強が折り込みチラシを歓迎。業種別では、スーパー、ホームセンター、家電量販店への関心が高かった。
[日経流通 2006/03/31]
◇日経広告研究所 HP
http://www.nikkei-koken.gr.jp/
◇折込チラシ広告ドットコム
http://www.niche-ad.com/orikomi/
◇チラシ広告研究所 HP
http://tirasi.dyn.jp/

◆変わる消費、次の5年は 志向多様化、鉱脈探る
高級感を演出、郊外店にも登場、低価格を推進、品ぞろえ多彩に
激しい競争のなかで小売りや外食、メーカーが新たな商機と見るのが所得の違いから生まれる多様なニーズだ。消費市場では富裕層、中低所得層に潜む鉱脈を見つけようと種まきが始まった。
[日経流通 2006/04/03]
◇金沢まいもん寿司 HP
http://www.maimon-susi.com/

◆神秘系がきた――ポスト「癒やし」、霊的感覚で自分を鼓舞
スピリチュアル(霊的)な感覚に包まれる「神秘」系のモノやサービスが人気のすそ野を広げている。
[日経流通/ブームの裏側 2006/04/07]
◇ラクーア 「iーmaking」について
http://www.i-making.co.jp/laqua/index.html
◇神秘系について(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/metheny0506/archives/cat_50009133.html

◆「イケアの4畳半」14パターン、千葉の日本1号店をPR
千葉の日本1号店をPR
世界最大の家具小売りチェーン、イケアの日本法人であるイケア・ジャパンは、自社の家具を配置してデザインした「四畳半」を展示するイベントを明治神宮外苑(東京・港)で始めた。
[日経流通 2006/04/07]
◇イケア・ジャパン HP
http://www.ikea.com/

◆北欧デザインを生活に 機能性高い家具で収納アップ
シンプルで機能性の高い北欧の家具や雑貨が人気。木や布を使った北欧デザインは、日本家屋にも調和しそう。新生活のスタートをおしゃれに演出してくれます。
[朝日新聞/ 2006/04/05]
◇イケア・ジャパン HP
http://www.ikea.com/
◇イケア通販ショップ
http://ikea-color.com/

◆飾りは「インパクト系」 アクセサリー、ジャラッジャラ
大ぶりのアクセサリーをジャラジャラとつける。今春、そんな装いの女性が増えている。軽装になる春夏は例年アクセサリーが人気を集めるが、今年は大きく重量感があってデザインも派手なタイプに集中。
[日経流通/ブームの裏側 2006/04/05]

◆SWキッチンテクノ、一坪キッチン 屋外調理場、1日で完成
設置場所を選ばないオールインワンタイプの屋外型キッチン付き店舗「一坪キッチン」。ギョーザ、おにぎり、小籠包(ショーロンポー)、やきとり、ピザ、カレー、ラーメンなど1品にこだわって調理・販売するのに好適。従業員1人で対応できる。
[日経流通 2006/04/05]
◇SWキッチンテクノ HP
http://www.sunwave.co.jp/swkt/

◆07年からの団塊大量退職、波及効果、5年で15兆円
「第2の人生」で電通試算、別荘購入や旅行、需要創出
団塊世代の大量退職による経済波及効果は二〇〇七年からの五年間で十五兆三千二百三十三億円――。電通の消費者研究センターがこんな推計結果をまとめた。
[日経流通 2006/04/05]
◇電通 消費者情報トレンドボックス
http://www.dentsu.co.jp/trendbox/consumer/
◇団塊世代のセカンドライフ
http://life.tomo-club.com/
◇年金生活.net
http://nenkin.ok-style.net/

◆ハイブリッド"異食"融合でヒット 名産品作り、相棒は身近に
東京都江戸川区、酒店×農家、小松菜風味の焼酎
食の分野で、もともとは異質な二者が手を携えることから、思わぬ成功が起きている。軸となるのは地域とのつながりだ。東京都では酒販店経営者と小松菜の農家。
[日経流通 2006/04/12]
◇小松菜焼酎について
http://www.linkclub.or.jp/~amana/2/komatsuna01.html

◆日経産業消費研究所主任研究員白井徹氏 スポーツ好き、高所得層多く
(1)所得が高い方が観戦や自分の運動に関心を持ち、若い男性ほどその傾向が強い
(2)ただ所得の高い若い男性はスポーツ選手の生き方や待遇に心理的距離
(3)スポーツをマーケティングのツールとする場合、意識の分化を踏まえることが重要
[日経流通/消費分析 2006/04/12]
◇日経産業消費研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/

◆口コミ商法ブログで進化、AIDEESマーケティングに学ぶ
商品やサービスを購入した。その結果、何らかの感動を味わった。心酔した客は会話やネット上の書き込みで知人に推薦したり、企業に改善案を提案したりする。インターネットが普及した今、この心理を加味したマーケティング戦略を立案しなければ企業は生き残れない。
[日経流通 2006/04/14]
◇丸の内ブランドフォーラム HP
http://www.mbforum.jp/ak/
◇ナイキ ブカツブログ について
http://bukatsu.cocolog-nifty.com/
◇ザ・リッツ・カールトン大阪  口コミ情報
http://www.wtrnet.com/hotel/050427.htm
◇ホテルコミュニティ 口コミ情報サイト
http://hotel-commu.com/
◇AIDEES モデル について
http://itasan20.jugem.jp/?eid=21

◆子供だけじゃない!大人だって!"文房具"に夢中
大人たちが「文房具」に夢中だ。筆記用具に創造力が刺激されたり、遊び心を感じたり…と、文房具特有の"わくわく感"が得られるのが、はまる理由のようだ。
[産経新聞/ 2006/04/08]
◇スーパーカー消しゴム(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%B6%88%E3%81%97%E3%82%B4%E3%83%A0
◇シンドバット について(文房具ブログ)
http://monooto.exblog.jp/2691585
◇ゲルマーカー について
http://www.pilot.co.jp/products/pen/art_pen/gel_marker/index.html

◆住宅評価に「防犯性能」 4月制度変更 「CP商品」普及を後押し
耐震強度偽装事件により注目される、国の「住宅性能表示制度」。第三者機関が住宅の品質を評価する同制度に今月から、防犯対策に関する項目が新たに加わった。
[産経新聞/ 2006/04/13]
◇全国防犯協会連合会 HP
http://www.bohan.or.jp/
◇住宅性能評価機関等連絡協議会 HP
http://www.hyouka.gr.jp/

◆イケア・ジャパン社長トミー・クルバーグ氏 日本の部屋に根付く
世界最大の家具小売りチェーンであるスウェーデンのイケアが二十四日に日本一号店を開く。日本では過去に撤退した苦い経験を持つが、日本法人、イケア・ジャパンのトミー・クルバーグ社長は、「日本人の生活はすみずみまで調べた。今回は日本の消費者に十分に満足してもらえる」と自信を示す。
[日経流通 2006/04/17]
◇イケア・ジャパン HP
http://www.ikea.com/ms/ja_JP/

◆「ライフスタイルセンター」日本にも 飽きない上質、ぶらっと買いに
入居するテナントが提案するのは「ちょっと上質な生活」。そんな新しい業態「ライフスタイルセンター」(LSC)が日本各地で産声を上げ始めた。自分のこだわりを近場で満たしたい、という比較的裕福な中高年のニーズ拡大が背景にある。
◇ショッピングセンター(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC
◇ライフスタイルセンターを開発したい人のHP
http://www.lifestylecenter.jp/

◆癒やし投影、都会の星空 プラネタリウム「大人」で復権
星の夜空を映し出すプラネタリウムが関心を呼んでいる。テレビドラマやCMに取り上げられ、ヒットソングのタイトルにもなった。首都圏では老舗の閉館が相次いでいたが、高性能投影機の登場も手伝って、訪れる人が増えている。
[朝日新聞/ 2006/04/15]
◇日本プラネタリウム協会 HP
http://planetarium.jp/
◇プラネタリウムのホームページリンク
http://www.planetarium.to/

| | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2006年5月 »