« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006/06/30

情報クリップ・ダイジェスト 2006/06

◆達人のタウンウオッチ術 先端スポット、行くなら平日の午後
消費トレンドを読むのに有効な手法の一つがタウンウオッチング。ただし単に「街をぶらぶらして楽しいモノやお気に入りの店を発見」という素人と商品開発者などプロのそれとは全く別物。トレンド読みのプロたちが語るタウンウオッチのノウハウを紹介する。
[日経流通 06/05/19]

◆リッツ東京、全容明らかに、上位5%の富裕層に的
競合ホテル、顧客流出に危機感
二〇〇七年開業のザ・リッツ・カールトン東京の全容が明らかになった。全二百四十八室で、上位五%の富裕層を主要顧客とし、半分以上を日本人客と想定する。
[日経流通 06/05/19]
◇ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー HP
http://www.ritzcarlton.com/

◆欲しい小物は自分で ヨーロッパ生まれの厚紙手工芸カルトナージュ
最近、ヨーロッパの伝統的な手工芸「カルトナージュ」で、欲しいサイズや柄の小物を手作りする主婦の輪が広がっている。装飾性と実用性を兼ねているのが人気の秘密だ。
[産経新聞 06/05/20]
◇カルトナージュのHP
http://lecartonnage.hp.infoseek.co.jp/
◇ア・ラ・カルトナージュ HP
http://www.nunobako.com/

◆健康・住が有望市場に 生活意識調査から将来読む
郵政総合研究所は「趣味・娯楽」や「交際」など17の生活項目について、それぞれ現状と将来、お金や時間を費やす意識がどのくらいあるのか、インターネットを使って調べた。
[日経MJ 06/06/
◇旧郵政総合研究所
http://www.yu-cho-f.jp/research/old/research/kinyu/shisan_index.html

◆みやびな曲線 広がる宇宙 和の心、ミラノ流に造形
国内外で注目を集める気鋭デザイナー、伊藤節・志信夫妻。イタリア・ミラノを本拠としながら、ものづくりの良さを引き出してほしい日本企業とのコラボレーションにも引っ張りだこだ。
[日経MJ 06/06/14]
◇伊藤節・志信夫妻 HP
http://www.studioito.com/english/home.html
◇伊藤節氏 について
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/DCG/CURATOR/ITO/
◇デザイナーによる2006年ミラノサローネリポート
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/JDNREPORT/salone06/
◇ミラノサローネ2006
http://www.worldtechnica.com/retail/tour/milano_salone06.html

◆塗り絵・書き写し、ひととき童心に 「手を使う」本、大人没頭
大人向けの「塗り絵」本がブームとなっている。「脳の活性化に効く」「懐かしい」と中高年の女性たちの間で火がついたが、若い世代にも飛び火。
[日経MJ/ブームの裏側 2006/06/07]
◇ぬりえ美術館 HP
http://www.nurie.jp/
◇「大人の塗り絵」について
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20060201bk06.htm?from=os1
◇「こころを休める大人の塗り絵DS」について
http://nurie.ertain.com/
◇えんぴつで奥の細道 PRページ
http://www.ese.yamanashi.ac.jp/~itoyo/mybook060123.htm
◇塗り絵倶楽部へようこそ
http://www.nurieclub.com/guide/index.html

◆「スロー」誘われ、各地に骨董通り カフェや陶芸スクール出店
日常生活に使える生活骨董の人気を受け、全国の「骨董通り」が注目エリアになってきた。「古くて良いモノ」を売る骨董店が集まる通りや街は、カフェや雑貨店などライフスタイル系の店との相性も抜群。おしゃれな店が相次いで進出。
[日経MJ/ブームを語る 2006/06/09]
◇ギャラリー ハイキョ HP
http://www.high-kyo.com/high-kyo-gallery.html
◇花屋 睡蓮 HP
http://www.hanaya-suiren.com/
◇古玩礼賛 骨董・古道具(blog)
http://blog.goo.ne.jp/kaz0775
◇アンティーク&クラフトモール HP
http://www.antiquemall.jp/
◇ギャラリーアンドアートショップ モノイ・ティアレ HP
http://monoi-tiare.com/
◇アート&クラフトマップ
http://homepage3.nifty.com/24ogi-togei/artmap.html

◆1日1組の宿が人気 中高年、特別に酔う
「一日一組の宿」とは文字通り、ひと晩に一組しか泊めない旅館のこと。人気の宿ともなると、数カ月先まで予約で埋まっていることが珍しくなく、中には一年半先まで予約がいっぱいという宿さえある。
[日経MJ/日経おとなのOFF能勢剛編集長のオトナ行動学 2006/06/16]
◇「梅庵」HP
http://www.kominka-ryokan.com/
◇日登美山荘 について
http://web.travel.rakuten.co.jp/HOTEL/39617/39617.html
◇すっぽん懐石やじま について(blog 月夜野閑話)
http://shimeusa.exblog.jp/m2006-01-01/#2656825
◇湖里庵 HP
http://www.korian.net/
◇桂山荘 HP
http://www1.ocn.ne.jp/~keizanso/

◆男も生け花 自由な感性で豊かな時間に…
「女性と一緒では気後れする」という声に配慮した男性向け教室の人気が高まり、大学では華道の授業を選ぶ男子学生も目立つ。いま「男の生け花」に注目が集まっている。
[産経新聞 2006/06/10]
◇花の器(花器)・なげいれ花・生け花 北の工房
http://www.kitanomori.com/nageire.html
◇草月流 HP
http://www.sogetsu.or.jp/
◇池坊 HP
http://www.ikenobo.jp/

◆こだわり型老人ホーム ゼネコン・住宅メーカー注目
ゼネコン(総合建設会社)や住宅メーカーが、介護付き有料老人ホームの建設・運営に力を注いでいる。技術的なノウハウを武器に顧客獲得を狙うものだ。これまでの有料老人ホームと違う「快適な住まい」のPRにも余念がない。
産経新聞 2006/05/19]
◇センチュリーポート西千葉 HP
http://www.haseko.co.jp/century/
◇ケアビレッジ千里・古江台 HP
http://www.panahome.jp/mw/contents/furue/
◇メッセージ 介護有料老人ホーム アミーユ HP
http://www.amille.jp/
◇ワタミの介護 レスト・ヴィラ HP
http://www.restvilla.co.jp/

◆泳いで飛んで体育会シニア スクール盛況、特別メニュー
団塊の世代などをターゲットとしたスクールが人気を集めている。室内で行う音楽や絵画教室などが注目されるが、ダイビングやパラグライダー、格闘技などの"体育会系"も熱い。主役は気分が若く、体力もある「アクティブシニア」と呼ばれる人たちだ。
[日経MJ/ブームの予感 2006/05/22]
◇シーメイドダイビングスクール HP
http://www.seamaid.co.jp/
◇会員制シニアダイビングクラブ スローダイブ倶楽部
http://www.seasir.com/slow/
◇新横浜のダイビングショップ シニアダイバーページ
http://www.midsummer.jp/senior.html

◆「アフィリエイター」企業が活用 ブロガーをPR担当に
ブログ(日記風の簡易型ホームページ)が成長を続けるなか、多くの固定読者を持つブロガーに企業が熱い視線を注ぎ始めた。口コミの発信源としての影響力、アフィリエイト(成功報酬型)広告の効果が徐々に大きくなっているためだ。
[日経MJ 2006/05/24]
◇無料で始めるアフィリエイター
http://www.aozoraweb.com/af/
◇セブンドリーム・ドットコム HP
http://www.7dream.com/

◆LOHAS商品を通販、DeNA、木楽舎と提携
インターネット競売大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は、雑誌「ソトコト」を発行する木楽舎(東京・中央)とネット通販事業で提携する。同誌編集部が選んだ「LOHAS(ロハス)」商品を、DeNAのネット・携帯電話サイトで六月二日から販売、同誌サイトも通販を始める。
[日経MJ 2006/05/31]
◇DeNA HP
http://www.dena.ne.jp/
◇木楽舎 ソトコトネット
http://www.sotokoto.net/top.html
◇ソトコト LOHAS KITCHEN&BAR
http://blog.sotokoto.net/lohasbar/
◇ビッダーズ サイト
http://www.bidders.co.jp/

◆美術館に高級レストラン
美術館が単なる展示スペースを脱却し、おとなが楽しめる空間を提供するようになってきた昨今、「食」の楽しみが加わることで、この流れがさらに加速しているかに見える。総合エンターテインメント空間として、これからの美術館がどう成長していくのか、非常に楽しみだ。
[日経MJ/日経おとなのOFF能勢剛編集長のオトナ行動学 2006/05/31]
◇クレマチスの丘 HP
http://www.clematis-no-oka.co.jp/index2.html
◇アクアパッツァ HP
http://www.acquapazza.co.jp/
◇東京都庭園美術館 HP
http://www.teien-art-museum.ne.jp/
◇金田中 HP
http://www.kanetanaka.co.jp/
◇東京国立近代美術館 HP
http://www.momat.go.jp/
◇クイーンアリス・アクア HP
http://www.queen-alice.com/

◆進化する公立図書館 ビジネス支援で情報拠点に
地域の身近な公立図書館。本の貸し出しだけでなく、一歩進んだサービスとしてのビジネス支援が全国で活発化している。ビジネスに役立つ専門書をそろえたり、起業や経営に関する相談を開いたり。無料なうえ、土日も利用できるとあって好評だ。
[産経新聞 2006/05/31]
◇品川区立大崎ビジネス支援図書館 について
http://lib.city.shinagawa.tokyo.jp/bl/osaki_bl.html
◇ビジネス支援図書館推進協議会 HP
http://www.business-library.jp/
◇ビジネス支援図書館 について
http://blog.biblog.net/
◇ニューヨーク・パブリック・ライブラリー HP
http://www.nypl.org/

◆古着人気 うなぎ登り 輸入量、05年も最高更新
欧米から中古衣料の輸入が拡大している。2004年の輸入量は古着がブームとなった1995年の水準を上回り、05年はさらに7.9%増えて6700トンに達した。着古したようなファッションの流行で古着にも関心が集まり、東京・表参道などには輸入古着ショップが集積している。
[日経MJ 06/05/31]
◇コカコーラ&アメリカンスタイルショップ アイズコレクション HP
http://www.iscollection.jp/index.html
◇ヨーロッパ古着 原宿マリアズクローゼット HP
http://www.mariascloset.com/
◇ビンテージアンティーク情報サイト
http://www.zakkasagaso.com/bussan/catalog/vintage.html

◆膨張する「CtoC」市場
消費のアングラ(地下経済)化が進んでいる。といっても犯罪がらみの話ではない。税や統計など役所が捕捉する数字の枠外での個人消費が活発化しているという話だ。
分かりやすい例がいわゆるオタク趣味の分野。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 2006/06/02]
◇ひぐらしのなく頃に について
http://07th-expansion.net/Soft/Higurasi.htm
◇フリマ IN 札幌 サイト
http://fleamarket.jpn.org/

◆"私だけ"のインテリアショップ 時間気にせず商品を選べる
家具やインテリアを販売するショールームで、接客に完全予約の貸し切り制を導入するケースが増えている。顧客にとっては、他の客や時間を気にせず、じっくりと商品を選べるのが魅力だ。一方、売る側にとっても、飛び込み客と比べ契約率が高くなるほか、人件費も抑えられるなど利点も多く、インテリアショップの新しい流れとなりそうだ。
[産経新聞 2006/05/24]
◇ムーア東京 HP
http://www.rakuten.ne.jp/gold/moor/showroom.html
◇ジョルジェッティ HP
http://www.giorgetti-spa.it/
◇リブラボ HP
http://www.livelabo.com/

◆もてなし系駐車場続々 荷物運び込み、1万円洗車、店舗案内
専門スタッフが駐車を代行する「バレーパーキング」をはじめ、荷物の積み込みや洗車といったサービスを提供する。コンシェルジュを配置するなど一流ホテル並みの接客は、顧客のプライドをくすぐり、固定ファンを増やす。
◇玉川高島屋SC サービス一覧
http://www.tamagawa-sc.com/info/access.html
◇ガーデンレストラン徳川園 HP
http://www.zetton.co.jp/grt/
◇表参道ヒルズ HP
http://www.omotesandohills.com/

◆団塊世代を呼び込め、産官が移住促進策 阿寒湖、体験塾で生活下見
北海道や高知県で関連産業の整備に向けて体制作りを検討する移住ビジネス研究会が発足。特定非営利活動法人(NPO法人)が中心となり、塾を設けて実際に移住を一定期間体験してもらう試みも出てきた。
[日経MJ 2006/06/05]
◇北のふるさとへ 移住計画 について
http://www.dankai-iju.jp/

◆スイーツ老舗が新パッケージ 甘さ抑え上品に、味くるむ美装
パッケージデザインも重要な要素。新興勢力に負けじと、老舗メーカーも新しいパッケージのあり方を探り始めた。伝統を生かしつつ「今」を盛り込み、時代の変化に対応しようとしている。
[日経MJ 2006/06/07]
◇モロゾフ グラン HP
http://www.morozoff.co.jp/grand/
◇graf HP
http://www.graf-d3.com/
◇Tops HP
http://www.tops-saxon.co.jp/
◇田中一光氏 追悼特集
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/JDNREPORT/020123/tanaka_ikkou/index.html
◇田中一光回顧展について
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/JDNREPORT/030827/ikko/

◆フリーペーパー雑誌顔負け ビジネス広げる「玄関」に
団塊バンドを演出、駅のラックと販促連動
フリーペーパーの成長に伴い、関連ビジネスや派生商法も育ってきた。
[日経MJ 2006/06/07]
◇ファイブエル HP
http://www.5-life.net/
◇R25 HP
http://r25.jp/
◇フィールドメディアネットワーク HP
http://www.fmn-inc.co.jp/

◆フリーペーパー雑誌顔負け DVD・ネットにPR映像
映画やゲーム、30オトコが高い関心
伸びているのはフリー「ペーパー」だけでない。DVDやインターネットなど新メディアにも舞台を広げている。
[日経MJ 2006/06/07]
◇ネコ・パブリッシング HP
http://www.neko.co.jp/index.php
◇軽自動車専門フリーペーパー「K4」(ケイ・フォー)について
http://response.jp/issue/2006/0615/article82926_1.images/114749.html
◇フリーDVDマガジン について
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0510/28/news057.html
◇楽天マガジン
http://event.rakuten.co.jp/rakumaga/2006/0315

◆フリーペーパー雑誌顔負け 脱・ばらまき、媒体力アップ
最近は専門性を高め、読者層を絞り込んだ「雑誌型」の台頭が著しい。フリーDVDやネット配信型などの新顔が登場しているほか、関連ビジネスの入り口に位置づけるなど、企業もその活用法に知恵を絞り始めた。
[日経MJ 2006/06/07]
◇ahead(アヘッド)について
http://www5.plala.or.jp/dtec/TD1001R/TD1001R.html

◆編集者に学ぶ企画のコツ 気になる現象の「共通語」を探る
いかに消費者の心に訴える商品を企画するか。あらゆる業種に共通する課題だが、雑誌業界も企画の良しあしが実売部数に如実に表れる。この課題にベテランの雑誌編集者はどう取り組んでいるのか。
[日経MJ 2006/06/07]
◇マイブーム口コミ掲示板 女性のためのコミュニティー、おしゃべりサイト
http://www.queserastyle.com/free/myboom/

◆ワイングッズで新たな楽しみ
最近は、ワインそのものに働きかけることにより、味や香りを変化させたり、保冷したりする、ちょっと手品っぽい意外な商品も登場。ソムリエナイフやグラスなどワインを楽しむための基本的な道具ばかりではなく、新しい楽しみ方もできる、こだわりのグッズに人気が高まっている。
[産経新聞 2006/06/09]
◇クレ・デュ・ヴァン について
http://www.wineac.co.jp/shopping/change/clefduvin.html
◇デキャンティングポアラー について
http://www.rakuten.co.jp/toscana/367824/363748/
◇ワインセプター について
http://www.rakuten.co.jp/kiyochu/1419883/
◇ワインアクセサリー専門店
http://www.wineac.co.jp/

◆母親へ、団塊へ ホテル業界 狙え!!「団塊マネー」
2007(平成19)年からの大量退職により、団塊の世代が受け取る退職金「団塊マネー」の総額は3年間で50兆円ともいわれる。さまざまな業界がこの巨大市場を狙っているが、ホテル業界にも動きが出始めた。この世代をターゲットとしたパーティーや講演会などの企画が相次いで登場している。
[産経新聞 2006/06/11]
◇帝国ホテル「大人の卒業パーティー」について
http://www.imperialhotel.co.jp/cgi-bin/imperial_hp/index.cgi?ac1=JTk&ac2=&ac3=3878&Page=hpd_view
◇名古屋観光ホテル「ハッピーリタイアプラン」について
http://www.nagoyakankohotel.co.jp/banquet/plan/retirePlan.html
◇第一生命経済研究所 HP
http://group.dai-ichi-life.co.jp/cgi-bin/dlri/d_top.cgi

◆丸い熱戦!「地球儀 W杯」 4年に1度の商機!? 売れ行きアップ
サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会が熱を帯びるなか、地球儀の売れ行きが伸びている。日本ではあまりなじみのない国名を聞く機会が増え、世界への関心が高まっていることが理由とか。インテリア感覚で買う人も多く、百貨店などではW杯開催期間に合わせて地球儀フェアを実施。
[産経新聞 2006/06/17]
◇地球儀専門店 HP
http://www.globe-shop.net/
◇3D地球儀パズル について
http://www.uminekoya.co.jp/3Dtikyupuzzle.html

◆韓方で身体の毒出し 病気予防や美容にも効果
「漢方」ならぬ「韓方」への注目が高まっている。天然の生薬を用いたお茶などを口にすることにより心身の健康を保ち、美容にもつながるという、韓国に伝わる予防医学的な医療だ。
[産経新聞 2006/06/07]
◇百蔵酒 について
http://www6.plala.or.jp/rubyruby/html/sake/pt/pt06.html

| | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »