« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/30

情報クリップ・ダイジェスト 2006/08-09

◆高級キッチン シンプル骨太「かたまり系」建築と一体化
住宅におけるキッチンの地位向上に対応し、これまで、テーブル型、高級収納家具タイプなど、家具に近いシステムキッチンの開発が進んできた。ところが、今年に入ってにわかに注目され始めたのが、「かたまり系」とも呼べそうな大型キッチンだ。
[日経MJ 06/07/19]
◇Boffi HP
http://www.boffi-la.com/
◇hhstyle.com/ボッフィ青山 について
http://blog.excite.co.jp/g-kitchen/tags/%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A3/#2554385
◇ミノッティクチーネ HP
http://www.minotti-jp.com/
◇トーヨーキッチン&リビング HP
http://www.toyokitchen.co.jp/
◇国際キッチン家具見本市 について
http://allabout.co.jp/house/kitchen/closeup/CU20040506B/index.htm

◆「スクラップブッキング」静かなブーム 世界に一つだけ アルバム
米国発祥の手工芸で、癒やしの魅力に引きつけられる女性が多いとか。デジタルカメラやパソコンで写真が加工しやすくなったこともブームに一役買っており、関連商品の市場も広がりをみせている。
[産経新聞 07/07/18]
◇スクラップブッキング協会 HP
http://www.scrapbooking-association.com/
◇『大好き!スクラップブッキング』著者久米英美子氏の情報ページ
http://www.memory-place.com/MP-daisuki.html
◇スクラップブッキング について
http://tomokirara.exblog.jp/

◆日経MJ・産業消費研調査 団塊jr、独身は貴族じゃない、物欲少なく
単身者の関心は「マンガ」「スポーツ観戦」
消費者調査から、単身ジュニアたちの堅実で内向きな姿が浮かび上がった。既婚ジュニア、あるいはその上位世代との違いを通じて団塊ジュニア「八百万人市場」の分化の実態を探った。
[日経MJ 2006/08/09]
◇日経産業消費研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇AKB48 HP
http://www.akb48.co.jp/
◇トレジャー・ファクトリー HP
http://www.treasure-f.com/

◆日経MJ・産業消費研調査 高まる非婚比率、消費刺激の鍵「自分磨き」
今後もシングルのまま暮らす団塊ジュニアの支出増を引き出す糸口は何か。キーワードは「モノよりコト」そして「自分磨き」。バブル期を知る従来の独身貴族とは異なる消費者像が浮上する。
[日経MJ 2006/08/09]

◆団塊ジュニア調査 「シンプル」好む堅実派、安い品、じっくり探す
モノ消費では、バブル期に二十代を過ごした上位世代より慎重で、低価格志向が根強い。コト消費では、美術や読書など伝統的な「文化消費」への志向が薄い半面、マンガを読んだりアニメを鑑賞したりといった、サブカルチャー消費に意欲的だ。旅行先も海外より国内志向が強い。
[日経MJ 2006/08/09]
◇野村総合研究所 HP
http://www.nri.co.jp/
◇団塊ジュニア消費特性
http://www.jama.or.jp/lib/jamagazine/200207/04.html

◆堺発、モダンな和の調度品、市、地場産業とスクラム、NY進出めざす
八月四日に国内外の有名デザイナーを集めて試作品の内覧会と国際会議を催す。来秋以降に米国ニューヨークに店舗を開いて民間に運営を委託し、作品を販売する計画だ。
[日経MJ 2006/07/31]
◇堺市産業振興センター HP
http://www.sakai-ipc.jp/index.php
◇清水久和氏 HP
http://www9.big.or.jp/~sabo/

◆「田舎暮らし」促進活発 北海道、東阪で道内企業、求職ブース設置
「住んでみたい北海道推進会議」は十一月、団塊世代の移住を促すイベント「北海道暮らし・フェア」を東京と大阪で開く。
[日経MJ 2006/08/07]
◇住んでみたい北海道推進会議 HP
http://www.sundemitai-hokkaido.com/

◆「田舎暮らし」促進活発 茨城県、空き家貸し出し、農業体験を支援
希望者に一定期間借りてもらい、地元の協力で家庭菜園での農作業の仕方を教えたり買い物、病院など生活情報を提供しながら、入居者のニーズを探る。
[日経MJ 2006/08/07]
◇財団法人グリーンふるさと振興機構 HP
http://www.greenful.jp/

◆究極の欲求は「自己実現」 消費者行動、高まる水準
(1)様々な欲望を満たされた人が最後に求めるのは、精神的な成長を含む「自己実現」
(2)NPO法人の増加や転職市場の拡大などで、自己実現の欲求を満たせる場は増えた
(3)団塊世代の多くが想定する定年後の生活で「自分の生きがいを満たすこと」を重視
[日経MJ/消費分析 06/09/06]
◇教えて!goo HP
http://oshiete.goo.ne.jp/
◇ソーシャル・ネットワーキングサイト ミクシィ
http://mixi.jp/
◇シニア・ナビ 調査研究 HP
http://www.senior-navi.com/shakai/kenkyu.html
◇長寿社会開発センター HP
http://www.nenrin.or.jp/
◇シニアルネサンス財団 HP
http://www.sla.or.jp/index.html

◆地方、団塊ラブコール 効果1人1億円? 知恵絞り争奪戦
今年度、新たにホームページを作成したり、庁内にプロジェクトチームを発足した県は20以上にのぼる。経済効果は「1人1億円」とも言われ、自治体の"団塊争奪戦"が始まっている。
[産経新聞 06/09/01]
◇信州田舎暮らし案内人 HP
http://www.pref.nagano.jp/kanko/kankoshin/inakakurashi/inaka-annai.htm
◇北海道移住プロジェクト HP
http://www.yo.rim.or.jp/~yanapy/ijyuu/index.shtml
◇田舎暮らしポータルサイト
http://www.pref.kochi.jp/~chiiki/iju/
◇沖縄移住 com
http://www.okinawaiju.com/

◆「マイはし」普及の足音 値上げで割りばし離れ/環境保護でも注目
日本への割りばし最大の供給国・中国が昨年、割りばしの値上げに踏み切ったことで価格が急騰、"有料化"に踏み切るコンビニエンスストアや、使用を中止する居酒屋が出始めるなど、割りばしの利用を控える動きが出始めているからだ。環境保護の観点からも注目が集まっている。
[産経新聞 06/09/07]
◇マイ箸クラブ HP
http://mother-earth.jp/myhashi/
◇讃岐うどんdeマイはし同盟 HP
http://adr.s201.xrea.com/myhashi/

◆JTB、ホテルで「ロハス」、宿泊プラン共同企画
健康と自然に配慮した生活スタイル「ロハス」が注目を集めるなか、その土地で生産された食材をできる限り丸ごと使う「マクロビオティック料理」を出す。
[日経MJ 06/09/01]
◇ダイワロイヤルホテルズ HP
http://www.daiwaresort.co.jp/

◆京町家改修を助成、京都市、まず3軒ファンドで
京都市は全国から寄付を募っている基金「京町家まちづくりファンド」を使って、京町家の改修費を助成する事業を始める。二年間で二十軒前後を助成する計画で、第一弾として町会所など三軒を選んだ。
[日経MJ 06/09/18]
◇京都市景観・まちづくりセンター HP
http://machi.hitomachi-kyoto.jp/
◇京まち工房・京町家
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/kyoto-ws/machiya.html

◆デヴァン白金 顧客仕様にマットレス・枕調整
大手家具会社、カリモク家具販売(愛知県東浦町)が六月、同社のアンテナショップ「デヴァン白金」(東京・港)の地下一階に開いた「眠りのコンサルティングスペース」が好評だ。
[日経MJ/魅せる店 06/08/21]
◇デヴァン HP
http://www.devant.jp/
◇カリモク HP
http://www.karimoku.co.jp/

◆リノベーションホテル テーマは"温故知新"
洋書店やギャラリー、ドッグトリミングサロン…。単なるホテルではなく、流行や情報の発信基地としての機能も兼ね合わせ、ホテルのコンセプト自体を大きく変化させる点が特徴だ。洗練された現代的な雰囲気と懐かしさが共存する空間。キーワードはまさに"温故知新"だという。
[産経新聞 06/08/25]
◇堂島ホテル HP
http://www.dojima-hotel.com/
◇graf HP
http://www.graf-d3.com/
◇都市デザインシステム HP
http://www.uds-net.co.jp/
◇ホテルピュリッツァー自由が丘
http://www.pulitzerjiyugaoka.com/
◇ホテルアバンシェル赤坂 HP
http://www.avanshell.com/
◇ホテル クラスカ HP
http://www.claska.com/

◆日経産業消費研究所主席研究員永家一孝氏 繁華街浮沈、個性カギ
(1)東阪の都市圏消費者、最近5年間の都心繁華街の来街頻度は純減傾向
(2)東京の秋葉原など一部では再開発を呼び水に客層を広げ、盛り返す
(3)大型商業施設単体だけではなく、周辺を含めたゾーンの魅力づくりが課題
汐留・表参道、再開発が客を呼ぶ
[日経MJ/消費分析 06/08/23]
◇日経産業消費研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/

◆「好感」のありか 逸脱するヒーロー 「等身大」に疲れ、非日常へ
やくざの息子で27歳の高校生、趣味で時効事件を捜査する巡査部長、東京のカウボーイ……。すべて最近のドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」「時効警察」「ギャルサー」の主人公たち。身近にいそうにない人物ばかりだ。
[朝日新聞 06/08/23]
◇「マイボス マイヒーロー」 について
http://www.ntv.co.jp/boss/
◇「きょうの猫村さん」 について
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AD%A4%E7%A4%A6%A4%CE%C7%AD%C2%BC%A4%B5%A4%F3
◇「弁護士のくず」 について
http://www.tbs.co.jp/b-kuzu/
◇博報堂生活総合研究所 HP
http://www.seikatsusoken.jp/
●◇速水敏彦著『他人を見下す若者たち』 についての blog
http://yottyann.at.webry.info/200604/article_1.html

◆ネット発カリスマガイド、活躍の場現実世界へ 競争相手と争奪戦も
特定分野の専門家を売り出し、サイトの閲覧数を増やそうと狙う動きは他社にも広がっている。ポータル(玄関)サイトのエキサイトは「コンシェルジュ」と呼ぶ専門ガイドを増やしている。十三カテゴリー五十一ジャンルについて、ライターや評論家など四十六人が記事を発信している。
[日経MJ 06/08/30]

◆ネット発カリスマガイド、活躍の場現実世界へ 「オールアバウト」
いまや「指南サイト」のリード役となったオールアバウト。ガイド数は約四百二十人、対象は二十一分野、約四百五十テーマまで拡大した。「50代からの英語」「子連れ旅行」「美肌づくり」「離婚」など、今日的な題材を選んだうえで、最適と思われるガイドを選任し、記事を掲載する独自モデルを確立した。
[日経MJ 06/08/30]
◇オールアバウト
http://allabout.co.jp/

◆ネット発カリスマガイド、活躍の場現実世界へ 児童向け英語など
衣食住遊から法律、財テクまで、「その道のプロ」によるアドバイスを読める情報サイトが人気だ。代表格は「All About(オールアバウト)」。ネットを舞台に知名度を上げたカリスマたちに、リアルの世界から様々な仕事が舞い込み始めた。
[日経MJ 06/08/30]

◆キッズデザイン協、子供目線のデザイン表彰、安全・創造性を審査
大手メーカーや自治体などで構成するキッズデザイン協議会(会長・和田勇積水ハウス社長)は子供の安全や発育に配慮した製品や取り組みなどを表彰する「キッズデザイン賞」を創設する。
[日経MJ 06/08/30]
◇キッズデザイン協議会
http://www.kidsdesign.jp/

◆箱世界大人がハマる 米国発シュールなインテリア玩具「キューブワールド」
"箱世界"の住人たちが繰り広げる、コミカルで気ままな生活ぶりが笑える。複数のキューブを連結すると、住人は隣の部屋を訪問したり、けんかを始めたり。「たまごっち」など育成系の電子玩具とはひと味違った距離感で「あちら」の世界をのぞいてみたら、浮かび上がるのは「こちら」の世知辛さ、かも。
[日経MJ/ヒットの予感 06/09/01]
◇キューブワールド について
http://www.asovision.com/cubeworld/top.html
◇バンダイ HP
http://www.bandai.co.jp/
◇ビームス HP
http://www.beams.co.jp/
◇東急ハンズ HP
http://www.tokyu-hands.co.jp/
◇ロフト HP
http://www.loft.co.jp/

◆トンボ鉛筆「IROJITEN」、90色の色鉛筆を紹介
色彩への興味と知識を深めるサイト「IROJITEN(いろじてん)カラーナビゲーション」を開設した。中高年世代に塗り絵の人気が広がっており、同社の色鉛筆「IROJITEN」が今年1―6月で前年同期比5割増の出荷実績を上げたことに対応したという。
[日経MJ/サイトseeing 06/09/01]
◇IROJITEN(いろじてん)カラーナビゲーション HP
http://www.tombow.com/irojiten/

◆低予算映画、ブログでヒット
製作費も宣伝費も巨額とはいえない。そんな映画がブログをはじめとするネットを生かしたマーケティングでヒット作に化けつつある。アニメ「時をかける少女」(製作総指揮・角川歴彦氏、配給・角川ヘラルド映画)だ。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 06/09/01]

◆良品計画、「IDEE」展開 家具のイデー事実上買収、成長戦略の柱
これまで「無印良品」という単独ブランドで展開してきたが、今後は経営資源の共有化などでイデー事業を拡充。新たな成長戦略に向けた柱の一つに育てたい考えだ。
[日経MJ 06/09/04]
◇良品計画 HP
http://ryohin-keikaku.jp/
◇イデー HP
http://www.idee.co.jp/

◆家電 ユニバーサルデザイン化進む 高齢化…「優しさ」大切に
高齢化が進むとともに、UDの充実がメーカーにとって競争に勝ち残る重要な要素となっているからだ。割高感のある製品もUDをアピールし、売れ行きは好調。今後の家電選びでは、「優しさ」がキーワードになる。
[産経新聞 06/09/05]
◇ユニバーサルデザイン家電 について
http://refino.jp/statics/topics/spring01.html
◇東芝 ユニバーサルデザイン家電の歴史
http://www.toshiba.co.jp/design/pr/ud/history.html

◆【変わる国立ミュージアム】将来の鑑賞者に向けて
いま、全国の博物館・美術館で、子供向け鑑賞会やワークショップが花盛り。展示室入り口に子供向けの解説パンフレットを用意しているところも少なくない。
東京国立近代美術館(東近美)でも、"将来の鑑賞者"に向け、積極的に鑑賞教室を開いている。
[産経新聞 06/09/06]
◇東京国立博物館 HP
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/processId=00
◇ZOO NET
http://www.tokyo-zoo.net/
◇東京国立近代美術館 HP
http://www.momat.go.jp/

◆ショールーム異彩で勝つ 企業文化戦略的に発信、異業種の知恵活用
訪問客の満足度を高めるためには、優れた異業種と組む。商品価値を伝えるのに効果的な舞台は、ホテルなどの異空間に借りる。よそではできない異体験を売る。そんな工夫から消費者は企業のマーケティングのセンスを敏感にかぎ取る時代だ。単なるPRコーナーではない「勝つショールーム」の秘訣を探った。
[日経MJ 06/09/06]
◇ボーネルンド HP
http://www.bornelund.co.jp/
◇シーンステージ HP
http://www.c-stage.net/
◇家カフェ HP
http://www.eacafe.com/
◇モトヤエクスプレス HP
http://www.motoya-exp.com/

◆ショールーム異彩で勝つ 異空間で高級感演出、雑貨ホテルと調和
おしゃれで上質なアメニティー、リビングの雑貨類を集めた展示スペースが、日光金谷ホテル(栃木県日光市)の一室にある。その名も"ライフスタイルのショールーム"「N35号室」。非日常の空間で手にする商品・サービスに、顧客は日ごろ気づかない価値を見いだすことになる。
[日経MJ 06/09/06]
◇「金谷ホテル N35号」ライフスタイルのショールーム について
http://www.kanayahotel.co.jp/n35/
◇歯磨き粉「マーガレット・ジョセフィン」 HP
http://www.margaret-jj.co.jp/
◇シャンプー「サンナホル」 HP
http://www.sunnahoru.co.jp/
◇オーディオ「LINN」 HP
http://www.linn.jp/
◇タオル「タッチ」 HP
http://www.uchino.co.jp/TOUCH.html

◆ショールーム異彩で勝つ 異体験提供、モデルハウス宿泊
4LDKのモデルハウスに顧客が持ち込むのは着替えだけ。調味料やパスタ、飲み物などの食料はあらかじめ用意され、タオルやせっけんなども自由に使える。インターネットもあり、普段と変わらない一晩だ。
そんな横顔だ。
[日経MJ 06/09/06]
◇ユーカリが丘 HP
http://www.u-kari.com/
◇ユーカリが丘のモデルハウス について(blog)
http://blog.smatch.jp/netie/archive/202
◇パナソニックセンター「リスーピア」 HP
http://risupia.panasonic.co.jp/

◆欧州発 フィットネスサイト ジムもサイバーの時代
米社会ほどではないにせよ、英社会でも肥満が問題化している。さまざまなダイエットが試されてはいるものの、"特効薬"はおいそれと見つからない。「やはり運動が最適」というわけか、最近、人気上昇中なのがインターネットのフィットネスサイトだ。
[産経新聞/新せかい百科 06/09/12]
◇CYBER GYM HP
http://www.cybergym.kiev.ua/

◆触って!聞いて!博物館 「ユニバーサルな展示」広がる
「見る」ものが多い博物館で、資料に触ったり、音声で解説を聞いたりと、視覚障害者が展示を味わうための設備や工夫が進んでいる。こうした対応は、だれもが楽しめる「ユニバーサル・ミュージアム」の取り組みへと広がっている。
[朝日新聞 06/09/14]
◇国立民族学博物館 「さわる文字さわる世界」
http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/shokubunka/
◇宮崎県立西都原考古博物館 HP
http://saito-muse.pref.miyazaki.jp/

◆魅せるCM、模索中 「プロマーシャル」登場、音楽映像に商品
テレビ朝日、エイベックス・エンタテインメント、博報堂DYメディアパートナーズの三社は八月中旬から、アーティストのプロモーションビデオ(PV)とテレビコマーシャルを合体させた「プロマーシャル」の放映を始めた。
[日経MJ 06/09/13]
◇プロマーシャル について
http://www.tv-asahi.co.jp/prom/

◆魅せるCM、模索中 45秒の連続ドラマ、商品も社名も一切なし
TBSが関東一都六県で八月十一日から二十四日まで、土日を除く十日間にわたって一話四十五秒の連続ドラマを放送した。全部合わせても七分半で完結する、きわめて短編のドラマだ。
[日経MJ 06/09/13]
◇プロダクト・プレイスメント に関するポータルサイト
http://3poyosi.net/productplacement/

◆魅せるCM、模索中 TVドラマと一体制作、「とばし」に危機感
動画CMの新手法を編み出そうと、あちこちで実験が始まっている。デジタルオーディオ機器の普及で「CMとばし」が横行するなど危機に立たされたテレビCMが巻き返そうとしている。
[日経MJ 06/09/13]
◇Vira jp(パイラルCMやおもしろCMを紹介するポータルサイト)
http://www.vira.jp/

◆ マニア向けじゃない! 個性派自転車、おしゃれ雑貨に
小規模な独立系メーカーや個人が設計・デザインした自転車が静かな人気だ。こだわりの部品を組み合わせて作るマシン重視派とは違う。自分のライフスタイルを表現できる生活用品として、雑貨感覚で選ぶ楽しさが受けている。
[日経MJ/ヒットの予感 06/09/13]
◇ドッペルギャンガーの自転車について
http://www.be-s.co.jp/Products/DOPPELGANGER/chopper.html
◇ビーズ HP
http://www.be-s.co.jp/
◇価格コム
http://kakaku.com/
◇自転車処 銀輪
http://www.kyotoginrin.com/

◆「高級」「新しさ」志向今は昔 日経産業消費研究所主任研究員山岡拓氏
(1)創造的仕事の従事者は新製品もブランドも追わず、多様なテイストをその都度選ぶ
(2)仕事以外でもモノづくりに熱中。仕事と余暇の境目があいまいになる
(3)トレンド商品・高級ブランド消費はクリエーティブ層になりたい層で活発
[日経M/消費分析 06/09/13]
◇日経産業消費研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/

◆ネット広告は進化中
電通によると〇五年のマスコミ四媒体(テレビ・新聞・雑誌・ラジオ)の広告費は総額で前年比〇・七%減の三兆六千五百億円。〇六年は〇五年を〇・八%上回る見通しだ。
四媒体の広告費の約六割を占めるテレビは三年ぶりに前年実績を下回った。対して、インターネット広告は急成長が続く。
[日経MJ 06/09/13]
◇行動ターゲティング広告 について(デジタルな広告たち)
http://hiroya.typepad.jp/blog/2005/07/behavioral_targ_a14b.html
◇インターネット広告のひみつ
http://www.netadreport.com/
◇ポッドキャスティング講座
http://www.podcastjuice.jp/links/
◇オンラインゲーム情報サイト
http://www.initial-g.com/
◇バイラルアド について
http://www.socialnetworking.jp/archives/2006/05/post_463.html
◇英マーヴェリックメディア HP
http://www.maverickmedia.co.uk/

| | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »