« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年10月

2006/10/31

情報クリップ・ダイジェスト 2006/10

◆木質ペレットストーブ お手軽マイ暖炉、じんわり堪能
ゆらゆら揺れる炎は小さな暖炉のようでいて、取り扱いは暖炉や薪(まき)ストーブより手軽。灯油に比べ割高だったペレットだが、原油高でその差も縮小してきた。居間の特等席で「自分だけの炎」をゆったりじんわり味わえる。
[日経MJ/ブームの予感 06/09/18]
◇ペレットストーブ について
http://www.rokukou.co.jp/
◇菅家設計室 HP
http://www.saturn.dti.ne.jp/~kanseo/

◆日本総合研究所調査部枩村秀樹氏 世帯人員減、消費下支え
(1)1995年を基準とする世帯人員減に伴う消費拡大効果は2005年では約16兆円になる
(2)個人消費は当面、人口減によるマイナス影響より、世帯人員減によるプラス影響が上回る
(3)マクロでは消費は拡大するが、世帯単位では苦しくなり、消費者の選別眼が厳しくなる
[日経MJ/消費分析 2006/10/04]
◇日本総合研究所 HP
http://www.jri.co.jp/

◆簡潔かつ繊細、日本らしさ体現 60年代デザイン
1960年代に広く販売されていた家具や雑貨を現代によみがえらせるプロジェクト「60VISION(ロクマルヴィジョン)」。この企画に参加する企業の製品を英米仏3カ国で展示・販売する試みが今月初め、始まった。
60年代に生まれた製品が「日本らしい」というのが取りあげる理由だ。国内でも団塊世代にとどまらず、若者の共鳴も呼んでいる。
[日経MJ 2006/09/27]
◇ロクマルヴィジョン について
http://web.d-department.jp/project/60vision/
◇ザ・コンランショップ HP
http://www.conran.ne.jp/
◇カリモク家具販売 HP
http://www.karimoku.co.jp/
◇ドローイングアンドマニュアル HP
http://www.d-a-m.co.jp/

◆所作の美、麗しの意匠 カジュアル化に反動
この二、三年ファッション界をにぎわしているのが「モテ服」。「自分が着たい服」から「他人が褒める服」へと、売れ筋が変化した。だれが見ても「きれい、エレガント」と感じるコンサバファッションの流行は「男らしさ、女らしさ」を復活させたといわれている。
[日経MJ 2006/10/06]
◇九州大学 感性認知学研究室 HP
http://psycho.hes.kyushu-u.ac.jp/~lab_miura/

◆ 所作の美、麗しの意匠 シャネル「ナノローション」
「ばしゃばしゃと水っぽい化粧水は指からこぼれて、あわてふためくのはかっこ悪い」。こんな消費者の声に応えるために、シャネル(東京・中央)のシャネル化粧品技術開発研究所(千葉県船橋市)は研究を重ねる。
[日経MJ 2006/10/06]
◇シャネル化粧品技術開発研究所 について
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/f_rich/genkikigyou/chanel/index.html
◇CHANEL HP
http://www.chanel.com/index.php?zone_lang=ASIJP

◆所作の美、麗しの意匠 「バランタイン17年」ワイングラスで水割り
サントリーが主力ウイスキー「バランタイン17年」の販促用として営業先約三百店に配った「トルネードグラス」は形状はワイングラスだが、氷を入れて回しても割れる心配がない強化ガラスでできている。水割りをワインのようにおしゃれに飲んでもらおうと企画した。
[日経MJ 2006/10/06]
◇バランタイン HP
http://www.ballantines.ne.jp/index.html

◆所作の美、麗しの意匠 松屋「クワリタ」、シルエット乱れず
松屋銀座本店(東京・中央)が男性の「美しい動き」に徹底的にこだわって開発したのがパターンオーダースーツ「クワリタ」(中心価格九万三千四百五十円)。生地選びからデザインまで手掛ける紳士服バイヤー、宮崎俊一専門課長は「日本人男性がかっこよく見えることが狙い」と話す。
[日経MJ 2006/10/06]
◇松屋 HP
http://www.matsuya.com/

◇所作の美、麗しの意匠 日産「マーチ」、女性の乗り降り洗練
製品デザインは道具としての使いやすさや、そのものの美しさに主眼が置かれる。ところが最近、製品を使う人の振る舞いに意を尽くすデザインが相次いで登場している。
◇日産自動車「マーチ」HP
http://www2.nissan.co.jp/MARCH/K12/0706/

◆前田源商店 無農薬の綿使い織物、旧式織機で強く柔らか
オーガニックコットンのタオルやパジャマは前田源商店(山梨県富士吉田市)の看板商品。周辺地域はかつて絹織物の一大産地だったが、その良さを生かして新市場の開拓に成功した。
[日経MJ/ズームイン技あり企業 2006/10/13]
◇前田源商店 HP
http://www.maedagen.co.jp/
◇前田源商店 楽天ショッピングサイト
http://www.rakuten.co.jp/maedagen/

◆団塊世代の居酒屋離れ 「定年後」見据え個性で勝負
激務を終えたサラリーマンらの"オアシス"ともいわれた居酒屋。団塊の世代が定年を迎え始める2007年を控え、危機感が漂っている。企業戦士たちが居酒屋からも大量に"卒業"する可能性があるからだ。業界では、定年後も足を運んでもらうため、"引き留め作戦"を繰り広げている。
[産経新聞 06/10/05]
◇キリンお酒と生活文化研究所 HP
http://www.kirin.co.jp/company/kenkyujo/
◇フジオフードシステム HP
http://www.fujio-food.com/
◇つぼ八 HP
http://www.tsubohachi.co.jp/
◇コロワイド HP
http://www.colowide.co.jp/
◇御歌囃子(おかばやし) HP
http://www.via-hd.co.jp/via/okabayashi/
◇ヴィア・ホールディングス HP
http://www.via-hd.co.jp/via/top/index.html

◆越後妻有アートトリエンナーレ回顧
3年に1度開かれる新潟県十日町市と津南町を舞台にした国際美術展「越後妻有(つまり)アートトリエンナーレ2006」が先月、閉幕した。
[産経新聞 06/10/04]
◇越後妻有アートトリエンナーレ2006 HP
http://www.echigo-tsumari.jp/

◆生け花、海を越えて"開花"
生け花の精神と芸術性に感銘を受けた米国夫人により戦後、東京に設立された「いけばなインターナショナル」(I・I)が創立50周年を迎え、今月都内で世界大会が開催される。
[産経新聞 06/10/14]
◇いけばなインターナショナル HP
http://www.ikebanahq.org/
◇池坊 HP
http://www.ikenobo.jp/
◇生け花ネットワーク
http://www.kadou.com/hp/index.htm

◆住みたいけれど、見つからない… 町家暮らし「仲人」します
昔ながらの町家に住んでみたい--。そう希望しても、独力ではなかなか良い物件は見つけられない。一方で、街中には空き家のままの町家が多く残る。そんなミスマッチを解消しようと、空き町家と借り手の間をとりもつ団体が、全国各地で育っている。
[朝日新聞 06/10/02]
◇金沢市住宅政策課  かなざわ町家情報バンク
http://www.kanazawa-sumai.net/machiya/main.html
◇八女市商工観光課  八女町家再生応援団
http://www15.ocn.ne.jp/~ymachiya/
◇秩父町家倶楽部
http://www.negishi-arch.co.jp/chichibu-m-club/
◇京都町家倶楽部
http://www.machiya.or.jp/

◆樹上の"隠れ家"山の息遣い聞く "分譲"や建築体験講座
鳥のさえずりも山あいを渡る風も、地上にいるより格段に近く感じる。その「家」の名はツリーハウス。樹上に作る小屋のことだ。最近では"分譲"サービスが始まったり、宿泊体験できる施設がにぎわったりと、人気のすそ野が広がってきた。
[日経MJ/ブームの予感 2006/09/22]
◇ジャパン・ツリーハウス・ネットワーク
http://www.treehouse.jp/
◇ガンコ山 ツリーハウスヴィレッジ
http://www.dd.iij4u.or.jp/~ganko/
◇清水国明の「森と湖の楽園」
http://www.outdoorpark.net/

◆イメージコンサルタントが活躍
個人も「自己演出」の時代
テレビのニュースショーを見ていて、かつてはこわもてだったはずの政治家が、選挙を前にソフトな印象に変身していたり、討論番組のパネリストを務めるウルサ型の文化人が、いつの間にか知的で洗練された雰囲気を身につけていたりして、びっくりさせられることがよくある。
[日経MJ/日経おとなのOFF能勢剛編集長の大人の行動学 2006/09/22]
◇大森メソッド HP
http://www.ohmori-method.co.jp/
◇竹内一郎著『人は見た目が9割』についてのブログ
http://blog.goo.ne.jp/take_14/e/3f2d8104e7ab484b146bcdc0b3d96a03
◇国際イメージコンサルタント協会 HP
http://www.aicitokyo.com/
◇イメージコンサルタントスタジオ HP
http://www.muse-produce.jp/

◆女子大生ブログ、口コミ効果あり ミスキャン・読者モデル集合
ブログで新商品などを紹介してもらう口コミマーケティングの依頼は月に50件に及び、書き手の女性たちにはテレビやラジオの出演依頼が舞い込む。一方、女子大生の間では、そんなブログサイトに登場することがステータスにもなっており、ブロガー志望も急増している。
[日経MJ/ブームの予感 2006/09/25]
◇Campus Park HP
http://chat.campuspark.net/
◇アメーバブログ
http://www.ameba.jp/
◇ガールズゲート.コム
http://www.girlsgate.com/

◆「湘南ブランド」商品化、地場産業、知恵出し合う
今秋から来春にかけて地場の農水産業、酒造会社などが一緒になって食品や焼酎を相次いで売り出す。地場企業が自主的に集まり、統一ブランドで商品化するのは珍しい。
[日経MJ 2006/09/25]
◇湘南工房 HP
http://www.shonankobo.co.jp/
◇湘南スタイル HP
http://www.shonan-style.jp/

◆ヤフー殿村英嗣氏 CGM 消費者が発信主体のメディア
個人交流がどうビジネスに絡むの? 広告増や新たな取引も
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及によって、「CGM」を活用したビジネスを展開する企業が増えてきた。
任される
[日経MJ/教えて新潮流 2006/09/29]
◇コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア についてのblog
http://blogs.itmedia.co.jp/akihito/2006/04/cgm__422b.html
◇Webマーケティングコラム CGM について
http://dragon.jp/column/archives/cgm.html
◇NIKKEI NET SNSからCGMへ
http://it.nikkei.co.jp/internet/column/literacy.aspx?n=MMITbb028020072005
◇Yahoo!オークション
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/

◆シモンズ、非ベッド商品を拡充、イスやソファ輸入販売
このほどノルウェー製のリクライニングチェアで日本人の体形に合った新商品を投入したほか、来春にはイタリア製の高級ソファの販売を始める。消費の二極化が進んでおり高級ベッドの販売は好調だが、事業拡大の速度を上げるには住環境全体を網羅する総合的な品ぞろえが必要と判断した。
[日経MJ 2006/09/27]
◇シモンズ HP
http://www.simmons.co.jp/
◇valentini HP
http://www.valentini.com/

◆顧客データベース新活用法 個人情報保護法、事前の本人同意
個人情報保護法、事前の本人同意でクリア。
[日経MJ 2006/09/27] 
◇エイベック研究所 HP
http://www.aveclab.com/

◆顧客データベース新活用法 「移り気」履歴で随時追跡
複数のデータベースを活用したマーケティングに、新しい仕組みや発想が生まれている。
[日経MJ 2006/09/27]
◇トランスコスモス HP
http://www.trans-cosmos.co.jp/
◇アバカス社 HP
http://www.abacusjapan.co.jp/

◆顧客データベース新活用 ターゲット絞る、広告狙い撃ち
複数のデータベースを照らし合わせてみると、顧客の未知なる顔が浮かび上がる。趣味性の高い購読誌の属性データを駆使したり、業種の異なる二社のメールマガジンの相互乗り入れを促したりと、新しいデータベースのマーケティングが今、活発化している。
[日経MJ 2006/09/27]
◇ケイタイ広告 HP
http://www.keitaiad.com/

◆セコムの生活支援サービス 信用テコに大市場開拓
セコムが本格的に始めた家事代行などの生活支援サービスは、今後の消費の方向をにらんだ個人向け事業として興味深い。
[日経MJ/底流を読む 2006/10/02]
◇セコムあんしんサポート について
http://www.secom.co.jp/service/hs/homeservice.html

◆体も住環境もそっと潤す インテリアに溶け込む健康機器
マッサージチェア、空気清浄機、体重計、フィットネス器具など、いまひとつ垢抜けなかった機器が装いを新たにした。住環境がコンパクト化し、インテリアに合った機器が求められることが背景にある。
[日経MJ 06/10/04]
◇hhstyle.com 「NF-01」について
http://www.hhstyle.com/cgi-bin/omc?port=33311&req=PRODUCT&code=507010100
◇インターオフィス HP
http://www.interoffice.co.jp/
◇深澤直人氏 ±0 HP
http://www.plusminuszero.jp/
◇タニタ「インナースキャナー」 について
http://www.tanita.co.jp/products/bc301.html
◇マイナスイオン発生器「kion」 について
http://www.caina.jp/commodity_detail/04241912/
◇ハーズ実験デザイン研究所 HP
http://www.hers.co.jp/
◇テライヨン社「体脂肪計TFA Liner」 について
http://www.bathlier.com/SHOP/600013.html
◇松下電器産業「JOBA フィット」 について
http://ctlg.national.jp/product/info.do?pg=04&hb=EU6310

◆はてな山田聖裕氏 ソーシャルブックマーク、人気情報を手軽に収集
インターネット上の情報を効率的に収集・整理できるサービスが広がっている。なかでも注目を集めるのは、ネット上で興味を引いたサイトをクリップしたリストをネット上で共有するソーシャルブックマークというサービスだ。どのような用途に使えるのか。はてなの技術サポート山田聖裕さんに聞いた。
[日経MJ/教えて新潮流 2006/10/06]
◇ソーシャル・ブックマークサイト「フロッグ」
http://www.flog.jp/
◇ソーシャル・ブックマークサイト「webshots」
http://s.phpspot.org/
◇ソーシャル・ブックマークサイト「del.icio.us」
http://del.icio.us/

◆ドロップシッピング 通販新顔ブロガー熱視線、品ぞろえ自在
零細のネット通販事業者や個人が、単に商品を紹介するだけでなく価格設定までするのが特徴。アフィリエイト(成果報酬型)広告より、手にする利潤は大きい。ただ、この仕組みが普及するかどうかは決済や物流などの仲介サービスを提供する専門会社の実力にかかっている。
[日経MJ 2006/10/09]
◇ドロップシッピング について
http://drop-ship.seesaa.net/
◇ドロップシッピング ポータルサイト
http://www.dropshippingportal.net/
◇ドロップシッピング「MISHIMI
http://www.moshimo.com/

◆キャンドル温かな灯 小泉純司氏、ふれあいのツール
アロマキャンドルに代表されるように、癒やしの定番アイテムになったキャンドル。イベントやパーティーをキャンドルで盛り上げる「キャンドルアーティスト」が注目を集めている。
[日経MJ/ヒットを語る 2006/10/09]
◇シェーカー文化 について
http://www.fashion-j.com/mt/archives/003477.html
◇小泉純司キャンドルアート事務所
http://www.candle-art.jp/
◇テーブルウェア・フェスティバル について(Blog)
http://blogs.dion.ne.jp/ricette/archives/2794765.html

◆キャンドル温かな灯 CandleJUNE氏、戦争地域、共感生む
Candle JUNE(キャンドル ジュン)さんはイベントの演出だけでなく、キャンドルの製作もすべて自ら行う若手のキャンドルアーティストだ。2001年からは"Candle Odyssey(キャンドルオデッセイ)"と称する、世界の紛争地域やテロ現場にキャンドルを灯して歩く旅を始めた。
[日経MJ/ヒットを語る 2006/10/09]
◇Candle June HP
http://www.candlejune.jp/
◇高橋盾氏 blog
http://www.honeyee.com/

◆老いの住まい束縛から解放 有料ホームとは一線、割安・安心感を両立
二〇一一年。恐らく、老人ホームのカタチはもっと自由になっている。元気なうちに入居し、必要に応じて外部の訪問介護サービスを利用する。特定施設である介護付き有料老人ホームは、保険負担が膨らむのを警戒する自治体が立地の制限に動いている。そんなしがらみから解かれてハードとソフトを磨く高齢者マンションに、老いの住まいの未来形を探る。
[日経MJ 2006/10/11]
◇いい老人ホーム.com(Blog)
http://www.e-roujinhome.com/blog/archives/2006/0428142313.html
◇生活科学運営 HP
http://www.seikatsu-kagaku.co.jp/

◆私の家、我が手でコツコツ 壁塗り・床張り楽しむ「ハーフビルド」
自分の家を自分の手でつくる「ハーフビルド」住宅が増えつつある。基礎や屋根、構造部分など住宅の骨格はプロにお任せ。壁塗りや床張りといった内装工事を楽しみながらコツコツ仕上げていく手法だ。
[日経MJ/ブームの予感 2006/10/13]
◇ハーフビルドサービス HP
http://www.kithouse.co.jp/
◇ハーフビルドホーム HP
http://www.hbh-nasu.com/
◇キットハウススタイル HP
http://www.kithouse.net/Q/home.htm
◇日本建築倶楽部 HP
http://www.ja-club.com/

◆デスクトップマーケティング PC起動時画面が媒体になるの?
パソコンのデスクトップ画面を媒体としてとらえ、専用ソフトで情報を常時表示し自社サイトの集客につなげる「デスクトップマーケティング」が関心を集めている。専用ソフトの受託開発を手掛けるネットベンチャー、サムライワークスの新島実社長に概要と市場動向について聞いた。
[日経MJ/教えて新潮流 2006/10/13]
◇サムライワークス HP
http://samuraiworks.com/

◆変わる国立ミュージアム 地元とともに
「開かれた館」と「地域の力」。その2つがかみ合ったとき、国立ミュージアムに新たな展望が開けてくるに違いない。
[産経新聞/ヒット商品の舞台裏 06/09/27]
◇九州国立博物館 HP
http://www.kyuhaku.com/pr/
◇国立西洋美術館 HP
http://www.nmwa.go.jp/index-j.html
◇東京国立博物館 HP
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/processId=00
◇国立新美術館 HP
http://www.nact.jp/

◆ホーム・オーガナイザー 生活空間、物捨て快適に
[日経MJ 06/10/04]
◇home organizer
http://www.servicemagic.com/task.Consultant-Professional-Home-or-Office-Organizer.40430.html
◇home organizer.com
http://www.home-organizer.com/

◆団塊向け「滞在観光」 地方への誘い、国が後押し
国内での1週間以上の長期滞在型観光や2地域居住に対し、国の支援が本格化し始めた。
いずれも、退職後の団塊世代を地方で受け入れ、地域の活性化につなげるのが目的だ。
[産経新聞 06/10/15]
◇大人の長旅・九州 HP
http://www.nagatabi.jp/
◇長期滞在型観光促進について(PDF)
http://www.kantei.go.jp/jp/saityarenzi/dai1/siryou4_6.pdf
◇白馬村長期滞在型観光「ふぉーゆー白馬」HP
http://www.vill.hakuba.nagano.jp/foryou/
◇「二地域居住」の意義とその戦略的支援策の構想 について
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/02/020329_.html

| | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »