« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/31

情報クリップ・ダイジェスト 2007/01

◆包んで飾って風呂敷七変化
お洒落な風呂敷が広がりだした。柄や素材だけでなく、使い方にも変化が見える。スカーフやショルダーバッグ、ウエストポーチに変身したり、遠出する時にはパソコンやお土産も包む。室内空間ではインテリアアートやテーブルクロスに使われる。現代のデザインと結びついた「新時代の風呂敷」は、伝統の枠にしばられない自由自在の楽しさをもっている。
[日経MJ 06/12/20]
◇ARCHITEXTURE hhstyle.com
http://www.hhstyle.com/cgi-bin/omc?port=33311&req=IPRODUCT&code=info_architexture
◇美濃部順一郎 つくり手ブログ
http://tblog.stylestore.allabout.co.jp/mojo?language=ja&vgform=ProductGroupAA&sku=T00077&template=default/creator/T00077/index.html&from=
◇隈研吾建築都市設計事務所 HP
http://www.kkaa.co.jp/J/main.htm
◇Kazuyo Sejima + Ryue Nishizawa / S A N A A
http://www.sanaa.co.jp/
◇手塚貴晴氏・由比氏 HP
http://www.tezuka-arch.com/
◇SOU・SOU HP
http://www.sousou.co.jp/
◇脇坂克二 エキサイトismウィキ
http://wiki.ism.excite.co.jp/page/%E8%84%87%E5%9D%82%E5%85%8B%E4%BA%8C.html
◇辻村久信氏 HP
http://www.tsujimura-hisanobu.com/      
◇にっぽんフォルム について
http://www.ozone.co.jp/showroom_shop/showroom/nippon_form/
◇染織京楽布 HP
http://www.kyo-wrap.com/
◇掛札英敬氏 HP
http://www.kakefuda.co.jp/

◆「21世紀の江戸」粋な光の塔、銀座・京橋・日本橋の街路灯一新
東京の銀座、京橋、日本橋の目抜き通りである中央通りの街路灯が、2008年春にも約40年ぶりに生まれ変わる。国際コンペで決まった新しい照明は環境に配慮したシンプルなデザイン。
[日経MJ 06/12/27]
◇TOKYO LIGHTS HP
http://www.tokyolights.jp/jpn/gallery/
◇国際デザイン交流会 HP
http://www.jdf.or.jp/article/
◇LED  Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E5%85%89%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%89
◇LED照明推進協議会 HP
http://www.led.or.jp/

◆石見銀山生活文化研究所松場登美氏 古民家で紡ぐ、「復古創新」の夢
服飾も街づくりも
和風テイストの婦人服ブランド「群言堂」には日本の原風景ともいえる田舎の山河が香る。デザインを担当する松場登美(57)は、山陰地方の山あいに本社を構えるアパレル企業、石見銀山生活文化研究所(島根県大田市)の創業者でもある。
[日経MJ/風をよむ 07/01/08]
◇石見銀山生活文化研究所 HP
http://www.gungendo.co.jp/

◆美しい国 和と付き合う 若者に広がる共感
広告会社「大広」は平成14年、「20~30代の和に和(なご)む日々」と題するリポートを特集し、「ショップの店頭には、モダンな和食器や家具が」「くつろぎのシンボルちゃぶ台は人気も高騰」などと若い世代に和の人気が広がっている様子を伝えた。
[産経新聞07/01/11]
◇銀座 和塾 HP
http://wajuku.exblog.jp/
◇日本の伝統  伝統文化、伝統芸術、伝統芸能検索
http://www15.ocn.ne.jp/~noo/japan/
●◇和風(WaHoo Japan)「和」専門検索エンジン
http://www.wahoo.info/
◇大広 HP
http://www.daiko.co.jp/

◆「松田権六の世界」展 追い求めた"天の花"
冬枯れの桜並木の坂をひとり、ふたりと人が道を急ぐ。行く先は「うるしの神様」と呼ばれた、人間国宝の漆芸家の作品を集めた「松田権六の世界」展。地上では消える運命にある花も、天上では永遠に咲き続ける。彼が追い求めたのは、そんな天の花だったろう。
[産経新聞07/01/10]
◇松田権六 について
http://shofu.pref.ishikawa.jp/shofu/intro/HTML/H_S30601.html
◇東京国立近代美術館 松田権六展 について
http://www.momat.go.jp/CG/GonrokuMatsuda/

◆マイホームパパがかっこいい 育児もおしゃれに
男性誌に広がる家庭志向 有名人も"お手本"
最近、家族の絆(きずな)に焦点をあてた男性誌が目立つ。洗練されたファッショングラビアの中に妻や子供が登場し、ちらりと生活感がのぞく。実生活とも重なるリアルさが30~40代を中心に共感を呼ぶようだ。
[産経新聞 06/12/24]
◇オーシャンズ HP
http://www.oceans-ilm.com/
◇男の育児(Blog)
http://otokonoikuji.jugem.jp/
◇FQ JAPAN HP
http://www.fqmagazine.jp/
◇キッザニア東京 HP
http://www.kidzania.jp/
◇こどもの城 HP
http://www.kodomono-shiro.or.jp/

◆米年末商戦、富裕層に的 高級百貨店、服飾雑貨売れ筋
玩具店、デザイナー人形
米国の年末商戦は底堅い動きを見せている。ウォルマート・ストアーズが苦戦するなど企業によってばらつきがあるが、高額品を扱う店舗を中心に、おおむね順調に売り上げを伸ばしている。
[日経MJ 06/12/22]
◇WALMART HP
http://www.walmart.com/
◇ウォルマート Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88
◇TOYSRUS HP
http://www.toysrus.co.uk/
◇amazon.com
http://amazon.com/

◆DVD「画ニメ」紙芝居の香り 原画そのまま使用
動画よりも静止画が、見る者により雄弁に、強烈にストーリーを語りかけることがある。絵画やコンピューターグラフィックス(CG)の静止画を紙芝居のようにつなげて見せ、音楽やナレーションと組み合わせたDVD作品が話題だ。名付けて「画ニメ」。
[日経MJ/ヒットの予感 06/12/25]
◇画ニメ HP
http://www.ganime.jp/

◆「衝動買い」こう誘え 派手パケ、中身も多め、満足感持続
浅薄で不合理。賢い消費の対極として語られがちだった「衝動買い」を今、消費者が楽しみ始めている。駅ナカ商業施設やテレビ通販など購買シーンが多様化し、通りすがりの発見、直感的な選択を、消費者が尊重し始めたためだ。
[日経MJ 06/12/27]
◇ラブラボ「美肌一族 美肌紗羅シートマスク」について
http://skincareblog.blog60.fc2.com/blog-entry-40.html

◆「衝動買い」こう誘え 「後悔ない」7割、駅ナカは菓子最多
"出合い頭"の買い物に想定外の満足を得たい、商品の選択は時として直感に頼りたい――そんな消費者の潜在的な欲求が「衝動買い」に表れる。しかも、消費者はその結果を七割がた後悔していない。
[日経MJ 06/12/27]
◇日経消費マイニング HP
http://sub.nikkeish.co.jp/mining/

◆ミステリアスに演出、細部に遊び、「チョイ悪」心刺激
見た目を分かりにくくし消費者の関心を引いた例もある。ある意味で衝動買いが日常化しているコンビニエンスストアを舞台に、首都圏限定でフレンテ・インターナショナル(東京・板橋)が売り出したタブレット菓子「MIRRORNO(ミラーノ)」がそれだ。
◇フレンテ・インターナショナル HP
http://frente-int.co.jp/

◆団塊調査から 妻の言い分 「夫婦仲良く」外出楽しむ
団塊世代を夫に持つ妻は、夫の引退・退職をどう見ているのか。パートナーの転機を、食べ歩きやコンサート・観劇を楽しむきっかけにしようと、夫以上に楽しみにしている素顔が、日経MJの調査で浮かび上がった。半面、夕食の調理などでは夫の分担を求めるなど、新しい夫婦関係を模索する意識もうかがえる。
[日経MJ/消費分析 06/12/27]
◇YAHOO! セカンドライフ サイト
http://secondlife.yahoo.co.jp/
◇団塊世代のセカンドライフ HP
http://life.tomo-club.com/
◇団塊世代のセカンドライフ(株・株式・株式投資) HP
http://karada-2.com/d-kabu/
◇消費行動研究室 オリジナル自主調査 「団塊世代・シニア世代の欲しいもの・やりたおこと」
http://biz.toppan.co.jp/mrl/original/syouhisya/dankai_05.html

◆「住まい」に新しい形 養老孟司さんに聞く
都市生活者の間で単身世帯数が増える一方、これと逆行する形で家族とのきずなを重視する人が出てきた。都市化が少子化を招くというのが持論の養老孟司・東大名誉教授に、この家族回帰現象について聞いた。
[日経MJ 07/01/01]
◇養老孟司氏 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%8A%E8%80%81%E5%AD%9F%E5%8F%B8

◆無彩色より有彩色へ 自動車のボディーカラー
車のボディーカラー(車体色)には洋服と同様に時代が映る。街中には白やシルバー、黒など無彩色ばかりが目につくが、よく見ると、さまざまな色を複雑に組み合わせ、上質感を強調した色合いが増えている。
[産経新聞 07/01/05]
◇日本ファッション協会流行色情報センター HP
http://www.jafca.org/
◇オートカラーアウォード2007 各賞受賞車 について(POF)
http://www.jafca.org/Event/autocolor/ACA07%209th.pdf
◇日産「ティアナ」 スペシャルコンテンツ
http://www2.nissan.co.jp/TEANA/J31/0512/CONCEPT/main1.html
◇WL通信 車の色
http://wl344.blog47.fc2.com/blog-entry-33.html

◆若者呼ぶ、ゲストハウス 寂しい都会暮らしへっちゃら
女性専用/デザイナーズ物件
仲間作りの場に
「いま、ゲストハウスが新鮮」――と言っても、宿泊客用の施設ではない。都心の住まい方として要注目のスタイルなのだ。
[日経MJ/ブームの裏側 07/01/08]
◇ゲストハウス ガイドブック「ひつじ不動産」
http://www.hituji.jp/
◇ゲストハウス ジャパン サイト
http://guesthousejapan.net/

◆エコ雑貨古さに"味"トラックの幌・菓子包み紙、バッグに変身
素材はトラックの幌(ほろ)や古タイヤ、キャンデーの包み紙――。廃棄される素材をリサイクルして作られた、おしゃれな輸入ファッション雑貨がブームとなっている。
[日経MJ/ブームの裏側 07/01/10]
◇FREITAG HP
http://www.guava-jelly.jp/freitag/
◇カンペール HP
http://www.camper.com/web/jp/home.asp
◇ecoist HP
http://www.ecoist.com/

◆電通流「トレンドの読み方」 冷静な視点で構造変化を見る

[日経MJ 07/01/12]
◇電通 消費者情報トレンドボックス
http://www.dentsu.co.jp/trendbox/consumer/

◆「ウェブ2・0」売り手の戦略、主役はブロガー クロスワープ
口コミ効果、即時に把握
企業の思惑を離れて広まるネット上の口コミ。どう広まっているのか知りたがる企業は多い。その要求に応えるのがシステム開発のクロスワープ(東京・渋谷)だ。
[日経MJ 07/01/10]
◇クロスワープ サイト
http://www.crosswarp.com/
◇TYO HP
http://www.tyo.co.jp/

◆「ウェブ2・0」売り手の戦略、主役はブロガー
フィットネスクラブ大手ルネサンスが東京・渋谷で運営するスタジオ型のフィットネスクラブ「ドゥミ ルネサンス」。昨年十二月に導入した新メニューが二十代を中心とした女性の人気を集めている。
[日経MJ 07/01/10]
◇ドゥミ ルネサンス HP
http://www.demi-re.jp/

◆「ウェブ2・0」売り手の戦略、主役はブロガー ミツカン
主婦160万人がレシピ閲覧
食品メーカーが熱い視線を送るサイトがある。主婦などが料理レシピを投稿する「クックパッド」だ。
[日経MJ 07/01/10]
◇世界最大級の料理コミュニティー「クックパッド」
http://cookpad.com/
◇ミツカンお酢 レシピ検索
http://www3.mizkan.co.jp/sapari/menu/cook/search/index.asp

◆「ウェブ2・0」売り手の戦略、主役はブロガー
「ウェブ2・0」時代のマーケティングには、ネット上の「口コミ」をいかに効率よく広げられるかが重要。消費者に影響力のあるブログの書き手に力を借りるのは非常に有効な手段だ。
◇口コミサイト「サイバー・バズ」
https://www.cyberbuzz.jp/
◇アメーバビジョン サイト
http://vision.ameba.jp/index.do
◇大塚製薬「アミノバリュー」
http://www.otsuka.co.jp/product/amino-value/

◆「自分だけの旅」ネットで設計 旅行業界「ダイナミックパッケージ」
利用者がウェブ上で自由にパック旅行を組み立てられる「ダイナミックパッケージ(DP)」市場が、今年から本格化する。
[産経新聞07/01/10]
◇ダイナミックパッケージ について
http://www.narinari.com/Nd/2007016956.html
◇エクスペディア HP
http://www.expedia.co.jp/
◇ANA楽パック HP
http://travel.rakuten.co.jp/package/
◇グローバルトラベルオンライン HP
http://gtonline.jp/

| | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »