« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/31

情報クリップ・ダイジェスト 2007/03

◆団塊ジュニア、郊外志向強く 「第2次ニュータウン世代」台頭
[日経MJ/消費分析 2007/03/14]
(1)団塊ジュニア世代は通勤などの利便性より居住性を重視し、郊外に広い家を買う
(2)昭和期のニュータウンで育った世代が周辺に回帰し、居住者の年齢構成を変える
(3)彼らは繁華街に出ず自宅周辺で暮らす。都心と郊外の商業機能の住み分けを変える
◇住宅情報タウンズ HP
http://www.jj-navi.com/edit/zenkoku/towns/cm/index.html?vos=nmsjadwwa07030200176◇パレットコート七光台 HP
http://www.palette-court.com/nanakoudai_parkside/
◇団塊ジュニア世代の住宅需要パワーを探る(PDF)
http://www.sumitomotrust.co.jp/RES/research/PDF2/656_2.pdf

◆書道教室盛況 墨で和む女心
「書道」を始める女性が増えている。若手書道家の活躍を機に書道の堅苦しいイメージがほぐれ、より身近になった影響が大きい。"墨の香り"に心が和むとの評判もあり、人気はまだまだ高まりそうだ。
[産経新聞 07/02/17]
◇武田双龍氏 HP
http://so-ryu.com/
◇武田双雲氏 HP
http://www.fudemojiya.com/futaba-mori/souun.htm
◇鳩居堂 HP
http://www.kyukyodo.co.jp/
◇ケイコとマナブ HP
http://www.keikotomanabu.net/
◇ユニカ ネットショップ
http://www.e-unica.co.jp/

◆レトロ酒にほろ酔い 中高年に懐かしく、若者には新しい
"懐メロ"気分に酔えるお酒が人気だ。舶来物の洋酒がまだ高価だった時代に酒場や家庭で愛飲されたワインやウイスキーを、年配の人が思い出をかみしめながら飲むばかりでなく、若者が新鮮な感覚で味わっているという。
[産経新聞 07/02/21]
◇赤玉屋神田店 HP
http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/a100337.html
◇サントリー HP
http://www.suntory.co.jp/
◇モダン食堂東京厨房 について
http://www.suntory.co.jp/gourmet/shop/0X00026400/index.html

◆やすらぎのお香 好みの調合、楽しむ手作り
伝統的な「お香」を楽しむ人が増えている。悠久の自然が生み出す複雑かつやわらかい香りは心をリラックスさせてくれる。既製品に飽きたらず、「自分だけの香り」を調合するこだわり派も多い。
[産経新聞 07/03/03]
◇新宿髙島屋 和文化倶楽部 HP
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/wabunka_club/
◇麻布香雅堂 HP
http://www.kogado.co.jp/
◇山田松香木店 HP
http://www.yamadamatsu.co.jp/
◇日本香道 HP
http://www.nipponkodo.co.jp/
◇手づくりお香キット について
http://item.rakuten.co.jp/wakei-seijyaku/10001758/

◆ジャポニスムのテーブルウエア展 日本への憧れ伝わるデザイン
19世紀後半から20世紀初頭、日本的な美意識が欧米を席巻し、「ジャポニスム」というムーブメントを生み出した。浮世絵の影響を受けたモネやゴッホの絵画、あるいはガレのガラス工芸などが、まずは思い浮かぶだろう。
[産経新聞 07/02/28]
◇ジャポニスムのテーブルウエア
http://www.mew.co.jp/corp/museum/kaisai.html

◆古民家を新築 解体資材を再利用 こだわりのわが家
縁側があり、太い柱に障子…。中高年以上はノスタルジーを感じる古い住宅の光景だろう。この古民家に着目する年配者が増えつつある。古民家を保存するというよりも、古くなった家屋に使われていた資材を資源として考え、"再活用"しようという動きだ。
[産経新聞 07/02/28]
◇古民家センター HP
http://www.h2.dion.ne.jp/~kominka/
◇日本民家再生リサイクル協会 HP
http://www.minka.gr.jp/
◇エコ住宅リサイクルバンク HP
http://www.ejrb-y.jp/
◇石川ジェイエイ建設 HP
http://www.jahome.jp/outline.html

◆コンテンツ力 MANGA 欧米を席巻
パリ市内に「コミック・ゾーン」と呼ばれる一帯がある。下町バスチーユ広場に近いケレル通りと学生街カルティエラタンの、数十軒の日本漫画専門店が集まる地域だ。
[産経新聞 07/03/13]
◇JAPAN EXPO レポート
http://www.youyou.co.jp/pari/
◇MANGARAKE HP
http://mangarake.oldiblog.com/
◇「MANGARAKE」について
http://www.eurojapancomic.com/fr/mangarake/mangarake.shtml
◇Viz media HP
http://www.viz.com/

◆段ボール、工芸品に昇華
千光士義和氏、あふれる生命感表現
紙だけど丈夫。軽くて加工・成型がしやすく、環境にもやさしい。そんな段ボール紙の持ち味を生かして、工芸品や実用品をつくり出すアーティストが脚光を浴びている。
[日経MJ/ブームの予感 2007/02/16]
◇動く段ボールアート作家:千光士ワールド
http://www.d-papa.jp/senkouji/enjoy-danball-art.php
◇段ボールアート作家 田中和之さんを訪ねて
http://www.ayaha.co.jp/spe-b16.htm
◇檜山永次氏 ダンくらふと について
http://www.dancraft.jp/

◆余白の美学、味を引き立て 包装の企業名・商品特性絞り込み
高級感・上質感表現
食品のパッケージデザインで、文字や絵が描かれていない「余白」の多い商品が増えてきた。高級感や上質感を打ち出すため、これまで表示してきた社名や訴えたい商品特性をあえて絞り込んでいるからだ。
[日経MJ 2007/02/21]
◇キリン・ザ・ゴールド HP
http://www.kirin.co.jp/brands/kirinthegold/
◇プライムタイム HP
http://www.asahibeer.co.jp/primetime/
◇Meiji Fran について
http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/fran/

◆二地域居住、実践者幅広く 年収700万未満半数超える
多くは本宅の近くに 交通費の削減、サービスに関心
別荘を所有する高所得者特有のライフスタイルイメージが強いが、実際にそうした生活を送っている人に調査したところ、幅広い年収層に広がっていることがわかった。
[日経MJ 07/02/21]
◇「二地域居住」促進等のための「空き家」の活用に関する調査結果
http://www.kokudokeikaku.go.jp/share/society/01sankoushiryou2.pdf
◇「二地域居住」と地域活性化 について
http://www.jri.co.jp/consul/column/data/526-takeuchi.html
◇日本総合研究所 HP
http://www.jri.co.jp/
◇楽天リサーチ HP
http://research.rakuten.co.jp/
◇ふくしまIUターン
http://www.pref.fukushima.jp/fui/project/pro-index.html

◆巡礼ツアー 一般参加者も増 心の安らぎ求め 霊場や聖地 
信仰の聖地をたどり、修行者と同じ生活も体験できる「巡礼ツアー」が年々盛んになっている。国内では仏教霊場から修験の古道、キリスト教の修道院など、海外はアジアの仏教遺跡や、欧州、中東にあるキリスト教の聖地など。いずれも信者だけでなく一般の参加者も増えている。
[産経新聞 07/02/22]
◇クラブツーリズム アジア巡礼ツアー について
http://www.club-t.com/theme/kokoro/tour/kaigai/index.htm
◇阪急交通社 バチカンツアー について
http://www.hankyu-travel.com/heritage/italy-vatican06.html

◆時間の使い方が多様化 ひとりでも楽しめる料理店
現在発売中の「日経おとなのOFF]3月号では「『おひとり様』歓迎の名料理店」という特集を掲載している。
タイトル通り、一人でも訪れやすい料理店を、厳選して紹介。弊誌の人気企画となっており、今回で3回目となる。
[日経MJ 07/02/23]
◇日経おとなのOFF HP
http://off.nikkei.co.jp/
◇ホルモン酒場 焼酎家「わ」 について
http://www4.plala.or.jp/iiyona/res/wa.html
◇一人でも楽しめる店 中目黒「花冠」 について
http://www.food-stadium.com/column/hotissue/55/
◇一人でも楽しめる店 「ビストロMHOLL」 恵比寿 公式ブログ
http://mholl.seesaa.net/article/33463437.html
◇一人でも楽しめる店 「文淋」渋谷神泉
http://www.bunlin.co.jp/
◇一人でも楽しめる店 渋谷「BAR AdoniS」 HP
http://www.bacchus-shibuya.com/

◆世界雑誌「モノクル」創刊 コスモポリタンに伝える
、欧米やアジアなどで15万部を売り出した新雑誌「Monocle(モノクル)」。雑誌で使う言語は英語で、どの国で買っても同じ。外国を行き来するビジネスマンや起業家を主な読者に想定し、世界各国の情報を盛り込んでいる。
[日経MJ/ブームを語る 2007/02/28]
◇Monocle HP
http://www.monocle.com/

◆揺れる絵画 空間のアート
パネルカーテン、パリ見本市で新作
糸、染織に新技術
生地をタペストリーのように広げ、スライド式に開閉するパネルカーテン。1月下旬にパリで開かれたインテリアの見本市「メゾン・エ・オブジェ2007」は、ドイツのサコ社などインテリアの新作を発表した。
[日経MJ 07/02/28]
◇メゾン・エ・オブジェ2007 HP
http://www.maison-objet.com/fr/
◇SAHCO HP
http://www.sahco-hesslein.com/
◇マナトレーディング 「ULF MORITZ」
http://www.for-l.com/fabric/manas-trading06.html
◇クリスチャン・フィッシュバッハ HP
http://www.fisba.co.jp/1-fisba_news/event.html
◇日本フィスバ HP
http://www.fisba.co.jp/

◆ナルミヤ、子供向けインテリア、住宅展示場などで販売
昨年十一月に豊田通商とライセンス契約を結んでおり、四月から主力2ブランドの商品を百貨店や住宅展示場で発売する。インテリアに関心の高い団塊ジュニア層に売り込み、三―五年後をメドに小売りベースで年商十億円を目指す。
[日経MJ 2007/02/28]
◇ナルミヤ・インターナショナル HP
http://www.narumiya-net.co.jp/
◇豊田通商 HP
http://www.toyota-tsusho.com/

◆つくばエクスプレス、予想外の成功
現在、沿線は住宅・商業施設開発の真っ最中。大型ショッピングセンター(SC)としては昨年秋の三井不動産による「ららぽーと柏の葉」に続き、三月十二日には東神開発の「流山おおたかの森ショッピングセンター」が開業する。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 2007/03/05]
◇『東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム』 について
http://www.shiojigyo.com/en/column/0703/index5.cfm
◇東浩紀氏 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B5%A9%E7%B4%80
◇東浩紀氏 ブログ
http://www.hirokiazuma.com/blog/
◇北田暁大氏 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E7%94%B0%E6%9A%81%E5%A4%A7
◇流山おおたかの森ショッピングセンター HP
http://www.otakanomori-sc.com/

◆我らアイビーおやじ 往年のファッション再び夢中、ネットで交流
ファッションの多様化の波に押され消えたかのように見えたアイビー。だが、インターネットを通じて隠れたアイビー魂が息を吹き返し、「young―at―heart」な中年アイビーリーガースが街を闊歩(かっぽ)し始めた。
[日経MJ/ブームの予感 2007/03/02]
◇TRAD HP
http://www1.ocn.ne.jp/~haseba/
◇AMERICAN TRAD CLUB HP
http://countryman.cocolog-nifty.com/american_trad_club/

◆ヒノキ工芸 木工の総合商社、国宝復元から車内装まで
皇室、東京ドーム、小田急電鉄、カッシーナ・イクスシー――。木工メーカー、ヒノキ工芸の商品納入先は実に多彩だ。確かな技術力に加え、国宝の復元や電車の内装など「木工なら何でも来い」という積極姿勢が口コミで広がり、三年先の仕事の依頼も舞い込む。昨年はアメリカに進出、世界を見据えさらなる飛躍を目指している。
[日経MJ/ズームイン技あり企業 2007/03/02]
◇ヒノキ工芸  戸沢忠蔵氏 について
http://www.toonippo.co.jp/l-rensai/shutoken/shutoken29.html

◆衣料・雑貨卸ドウシシャ、デザイン家電販売、調理関連5種、若い女性
四月から、一人暮らしの若い女性向けを対象にしたデザイン家電を販売する。電気湯沸かし器やクッキングプレートなど調理用家電を五種類そろえた。総合スーパーや家電量販店などで販売し、卸売りベースで年間五億円の売上高を見込む。
[日経MJ 2007/02/16]
◇秋田道夫氏 HP
http://www.michioakita.jp/
◇Modern design for All HP
http://www.ma-designing.com/

◆昨年のネット広告市場、検索連動型、57%増
電通が発表した二〇〇六年の国内総広告費は五兆九千九百五十四億円と、前年比〇・六%増えた。増加は三年連続で、テレビなどマス媒体は落ち込んだが、インターネットが二九・三%増と全体を引っ張った。ネットは〇七年も二割程度成長が見込まれる。
[日経MJ 2007/03/02]
◇電通 HP
http://www.dentsu.co.jp/

◆日本人の美意識、建築に 2121デザインサイト設計 安藤忠雄氏
[産経新聞 07/03/09]
◇2121デザインサイト HP
http://www.2121designsight.jp/
◇東京ミッドタウン HP
http://www.tokyo-midtown.com/jp/

◆米のクチコミ新販促 セレブはタダで使う、式典に福袋さりげなく
米国で映画俳優や社交界の有名人など「セレブ」を活用した新しいマーケティングが注目を集めている。企業が無料で商品やサービスを提供し、セレブが自発的に使う姿をメディアを通じて発信。消費者のクチコミを引き起こして人気を高める。
[日経MJ 2007/03/07]
◇モトローラ HP
http://www.motorola.com/jp
◇ランズエンド HP
http://www1.landsend.co.jp/cgi-bin/ncommerce3/ExecMacro/LandsEndJapan/lejpn_Home.d2w/report?mdiv=wl

◆CM見て検索、半数が経験
ウェブ連動広告でサイトに誘導、「金融」訪問率トップ 購入率は2割弱
「続きはウェブで」・・・・最近、テレビ、CMでよく見かけるようになったウェブ連動テレビ広告。このウェブ連動広告が消費者にどの程度の効果を上げているのか調査したところ、こうしたCMを見て実際にネットで検索したことのある人は意外に多いことがわかった。
[日経MJ 07/03/07]
◇インタースコープ HP
http://www.interscope.co.jp/
◇メールマーケティング後のマーケティング
http://rblog-media.japan.cnet.com/email/2007/03/post_8551.html

◆アイデアが出やすいオフィス 身近で安価な道具をボードに活用
思いつきを自由に書き込み、発言促すちょっとした仕掛け
斬新なマーケティングに必要となるのがアイデア。オフィス環境を少し変えることで、職場のチーム内からユニークなアイデアが出やすくなる方法がある。
◇馬場正尊氏 について
http://www.web-across.com/special_issue/rjjvqh000000t040.html
◇馬場正尊氏 HP
http://www.open-a.co.jp/

◆「九州のムラ」編集長養父信夫氏 マチとムラ、縁をつなぐ
「都会の人々との息の長い交流こそ、廃れゆくムラを再興する近道」。この信念を胸に、九州中のムラを10年にわたって歩いた。地道な努力がトヨタ自動車の会員制情報サイト「GAZOO(ガズー)」のコンテンツとして結実した。
[日経MJ/風をよむ 2007/03/11]
◇九州のムラ HP
http://www.kyushunomura.net/index.php
◇GAZOO.com
http://gazoo.com/top/gazootop.aspx

| | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »