« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007/07/31

情報クリップ・ダイジェスト 2007/07

◆「公立図書館」いたれり、つくせり コンシェルジュ、貸し出し無人化
公立図書館がサービス向上に知恵を絞っている。仕事帰りのビジネスマンの利用を見込んで夜10時まで開館したり、自動貸し出し機を設置して窓口業務をスムーズにしたり。公共施設の運営を民間に任せる指定管理者制度の導入が進んでいることもサービス多様化の一因のようだ。
[産経新聞 07/06/18]
◇区立千代田図書館 HP
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/
◇豊島区立中央図書館 HP
http://www.library.toshima.tokyo.jp/
◇大平町立図書館 HP
http://www.library.ohira.tochigi.jp/
◇桑名市立中央図書館 HP
http://kcl.city.kuwana.mie.jp/
◇社団法人日本図書館協会 HP
http://www.jla.or.jp/

◆電通シニアプロジェクト花島ゆかり氏 60代前半は引退準備期
団塊調査、第2の人生は65歳から/願望と実現見通しに差も
(1)団塊世代の本格リタイアライフの実質的スタートは65歳前後から
(2)団塊の60代後半は「のんびり&シンプル」「夫婦・家族の時間」ライフが主流。
(3)望む生活像と実現見通しに差があり、そのギャップが60代前半のビジネスチャンスに
[日経MJ/消費分析 07/06/20]
◇電通 HP
http://www.dentsu.co.jp/
◇シニア世代の「いきいきセカンド・ライフ」情報サイト
http://homepage1.nifty.com/tombonak/sl/sl_index.html
◇シニアのセカンド・ライフ ナビ
http://seniorsecondlife.web.fc2.com/
◇セカンドライフ世代よ、大志を抱け! シニア起業家への道!
http://secondlife.yahoo.co.jp/business/supporter/article/a1020002_00003.html
◇シニア世代の海外移住講座
http://secondlife.yahoo.co.jp/supporter/article/0E6OlsKLL0ywN2MH83Kc/13/

◆地下足袋っていいかも、カラフルに進化、健康維持にも…足元から人気
カラフルな地下足袋に加え、スポーツタイプや衝撃吸収のためのエアバッグを備えた商品が人気で、祭りにとどまらず日常生活へと利用シーンを広げている。
[日経MJ/ブームの予感 07/07/02]
◇SOU・SOU HP
http://www.sousou.co.jp/
◇ルコックスポルティフ HP
http://www.descente.co.jp/lecoqsportif-jp/
瀬尾商店 HP
http://seoshop.see.ne.jp/
足と靴と健康協会 シューフィッターとは
http://www.fha.gr.jp/shoefitter/
丸五 HP
http://www.marugo.ne.jp/

◆上海万博日本館、「和」をテーマに、持続可能な都市生活示す
上海万博に出展する日本のテーマは「こころの"和"・わざの"和"」。
和という言葉に調和、共生、融合などのイメージをこめた。
[日経MJ 07/07/06]
◇上海万博特集
http://jp.eastday.com/node2/node238/node247/index.html

◆パリ日本文化会館で記念展 欧州とアジアつないだ10年
日仏文化交流の拠点としてパリ市内に設立された「パリ日本文化会館」が今年、開館10周年を迎えた。年初から記念イベントが行われているが、現在開催中の「アジアのキュビスム」展は、同館が目指す文化交流の象徴的な事業だという。
[産経新聞 07/07/02]
◇パリ日本文化会館 HP
http://www.jpf.go.jp/mcjp/
◇「アジアのキュビスム」展 について
http://www.jpf.go.jp/j/culture_j/news/0507/07-03.html

◆石見産と出合う 極上の田舎からのプレゼント
食や工芸、洋服…土や木、こだわり
世界遺産への登録が決まった石見銀山(島根県大田市)。遺跡のある石見地方の、自然と寄り添った静かな暮らしから生まれたブランドや商品が今、注目を集めている。
[産経新聞 07/07/12]
◇石見問屋 HP
http://iwamidonya.jp/
◇石見銀山生活研究所「群言堂」 HP
http://www.gungendo.co.jp/honten/

◆匠の夢世界 和風ディズニー 京都の建築家集団が新ブランド
京都を拠点に活動するデザイナーや建築家たちの集団「和空」は、京都の伝統工芸とディズニーのキャラクターを融合させ、新しいブランドを立ち上げた。
[日経MJ 07/06/20]
◇和空 HP
http://www.waqu.jp/
◇ウォルト・ディズニー・ジャパン HP
http://www.disney.co.jp/
◇西清マテリアル HP
http://www.nokiro-art-net.com/
◇堀木エリ子 HP
http://www.eriko-horiki.com/
◇山下順三氏 スーパーマジックモン HP
http://www.spacemagicmon.com/
◇ミラノ・サローネ HP
http://www.milanosalone.jp/
◇ドルチェ&ガッパーナ HP
http://jap.dolcegabbana.it/
◇松栄堂 HP
http://www.shoyeido.co.jp/
◇清課堂 HP
http://www.sunaba.tv/seikado/
◇象彦 HP
http://www.zohiko.com/
◇辻村久信氏 HP
http://www.tsujimura-hisanobu.com/
◇竹又中川竹材店 HP
http://www.takemata.jp/top.php3?mode=flash

◆美術館が変わった! リゾート感覚の楽しみ
今年4月、市制施行100年を記念して建てられた、横須賀市観音崎の横須賀美術館。外観が実に独創的だ。四方をガラスに囲まれた様はガラス箱のようで、その中に白い繭のように建物が収まっている二重構造。潮風から建築物を守るための工夫だそうだが、この外観そのものも、訪れる者の期待を高めるアートとしての力を放っている。
[日経MJ 07/06/18]
◇横須賀美術館 HP
http://www.yokosuka-moa.jp/
◇アクアパッツァ HP
http://www.acquapazza.co.jp/
◇ヤノベケンジ Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%B8
◇石内都氏 について
http://www.ycan.jp/archives/2005/12/post_83.html

◆エコに着替えよう 有機栽培綿「オーガニックコットン」
「オーガニックコットン」を用いた衣類が「肌にいい」「気持ちが休まる」と、赤ちゃんからお年寄りまで愛用者が増えている。数年前から広まった持続可能な暮らし「ロハス」の影響もあり、環境に配慮した服をまとうのは、"かっこいい"という感覚も生まれているようだ。
[産経新聞 07/06/24]
◇日本オーガニックコットン協会 HP
http://www.joca.gr.jp/
◇日本オーガニックコットン流通機構 HP
http://www.noc-cotton.org/
◇アバンティ HP
http://www.avantijapan.co.jp/
◇オーガニックコットン製品 メイド・イン・アース HP
http://www.rakuten.ne.jp/gold/earth/index.htm

◆衣料品大手、ネット販促に本腰 良品計画、ライトオン
インターネットを活用した新たな販売促進策を本格導入し始めた。ウェブマガジンの発行やブログの開設などで商品情報などを提供する。
[日経MJ 07/06/20]
◇無印良品 ネットコミュニティー
http://www.muji.net/community/
◇ライトオン HP
http://righton.co.jp/index.html
◇ブログパーツ
http://www.blog-parts.com/
◇ユニクロック
http://www.uniqlo.jp/?banner_id=adw

◆身の回り品、何でも装飾 デコ男くん、デコリーナ
口紅・電卓・携帯…、クリスタル石張り付け/専門店続々、出費惜しまず
持ち物はどれも自分流にデコレーションしたい――。携帯電話にラインストーンなどをはりつける「デコ電」に端を発した現象が、鏡や化粧品など身の回りの様々な物に一気に拡大してきた。
[日経MJ/ブームの予感 07/06/27]
◇CustomR HP
http://www.ledcom.jp/
◇ラインストーン専門店 Lovely&Cool HP
http://www.lovelycool.com/?gclid=COXK7enZyY0CFQQRYwodDiIOMA

◆ソニー、薄型TV販促策、ビルの色、数万色から選択、サイトから操作
今夏、インターネットを通じた新たな薄型テレビの販促策に乗り出す。主力の液晶テレビ「ブラビア」のサイトからソニービル(東京・中央)の壁面を好みの色に変えられるイベントを二十七日から開催。発光ダイオード(LED)ライトを使い、数万色から選べる。
[日経MJ 07/06/25]
◇ブラビア)シリーズ HP
http://www.sony.jp/products/Consumer/bravia/
◇ライブ カラー ウオール プロジェクト について
http://ascii.jp/elem/000/000/046/46440/

◆ほしのあきが象徴アラサー世代 大人かわいい
「大人かわいい」に共感
三十歳という年齢が想像させる「大人の女」という感じは希薄。幼く、かわいい感じで十代アイドルと正面から競り合っている。同性の好感度も高いという点が従来の「ぶりっこ」と違う点。「ほしのあき現象」の背景は何か。
◇アラサー世代 について
http://www.b-do.com/blog/2007/07/post_44.html
◇アラサー代表として。イザ!
http://rarara.iza.ne.jp/blog/entry/76606/
◇アネキャン紹介ページ
http://cancam.shogakukan.co.jp/saishin/index03.html

◆良品計画 MUJI東京ミッドタウン
低価格志向をにらんだ商品構成の国内の他店とは異なり、高価格の家具や衣料を充実させた実験的な店舗。一人の消費者が高額商品にも低価格品にも手を伸ばす新しい二極化消費を探る拠点となっている。
[日経MJ/戦略拠点あすを拓く 07/06/27]
◇MUJI東京ミッドタウン について
http://www.muji.net/muji/

◆富裕層マーケティングの極意 「ニーズ」より「所有欲」刺激
アメリカン・エキスプレス(アメックス)は、個人向けにグリーン、ゴールド、プラチナ、センチュリオン(通称ブラック)のクレジットカード4種類を発行している。会員一人当たりの利用額も業界平均の2倍以上にあたる年率20%超で伸びており、富裕層が多い。アメックスが成功している富裕層向けマーケティング策をここで披露してみたい。
[日経MJ 07/07/02]
◇アメリカン・エキスプレス HP
http://home-int.americanexpress.com/japan/

◆りそな銀、東京ミッドタウン支店開業、お堅い銀行柔らかく包む
世界的に活躍するインテリアデザイナーの森田恭通氏が手掛けた行内は、銀行特有の硬質なイメージを覆し、顧客との距離を縮め、くつろげる空間を演出。
[日経MJ 07/07/04]
◇りそな銀行 HP
http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/

◆液晶一体型パソコン、インテリア店に展示、NECが新販促
「バリュースターN」を丸井グループのインテリア専門店「インザルーム」で展示を始めた。居間などをイメージした三種類の部屋に配置した。今後も家電量販店以外での露出を増やしていく。女性を中心とした新たな需要の掘り起こしを狙う。
[日経MJ 07/07/04]
◇in The ROOM のコーディネートに見るVALUESTSR N と過ごすインテリア
http://allabout.co.jp/1/213518/1/product/213518.htm

◆眺めて和む、我が家の丸窓
伝統様式と最新技術 融合/外観・室内にアクセント
住宅の窓の形が変わり始めた。角型が主流だった窓のデザインに相次ぎ円形が登場して話題を呼んでいる。
[日経MJ 07/07/11]
◇三井ホーム HP
http://www.mitsuihome.co.jp/
◇YKK AP HP
http://www.ykkap.co.jp/index.asp
◇TOTO HP
http://www.toto.co.jp/
◇大建工業 HP
http://www.daiken.jp/
◇アンドレア・パラディオ作品集 について
http://www.fujiso.com/pa1hp/pa1.html
◇フランク・ロイド・ライト氏 について
http://www.geocities.jp/ppp_design/special503.html

◆シティホテル、カルチャー教室、団塊夫婦に照準 
従来はフラワーアレンジメントや料理教室など顧客の過半を占める女性を対象とした内容だったが、新たに団塊世代の夫婦に照準を合わせた講座を増やし始めた。
[日経MJ 07/07/11]
◇ザ・リッツ・カールトン大阪 ワイン講座 について
http://www.ritz-carlton.co.jp/invitation/022.html
◇リーガロイヤルホテル大阪 カルチャースクール について
http://www.rihga.co.jp/osaka/culture/index.html
◇ザ・プリンスパークタワー東京 ボーリングサロン
http://www.princehotels.co.jp/parktower/bowling/index.html

◆地域活性化、ITの活用法 笑いの要素入れ魅力を伝える
多様なメディアに対応/地域住民が参加できる態勢づくり
東京出身のお笑いコンビ「デカメロン」が佐渡島に住み込みながら、同島の魅力をホームページ上で情報発信する「佐渡、お笑い島計画」。デカメロンの二人は"お笑い親善大使"として島内各地を電気自動車で回り、島民へのインタビューや島内イベントなどをリポートする。
[日経MJ 07/07/06]
◇佐渡、お笑い島計画 HP
http://www.owarai-jima.jp/
◇PeeVee.TV サイト
http://peevee.tv/
◇スマイル HP
http://www.smail.co.jp/

◆「宝の山」企業が熱視線 日本人は世界一のブログ好き
「ブログ」をどう活用するかが再び注目されている。ユーザー自らが情報発信をするWeb2.0の典型的なサービスであるブログは当初企業と消費者をつなぐ新しいコミュニケーションツールとして注目を集めた。
[日経MJ/日経BP 渡辺洋之のIT新事情 07/07/13]
◇テクノラティ ブログ検索サイト
http://www.technorati.jp/
◇きざしカンパニー HP
http://biz.kizasi.jp/
◇AXE HP
http://www.axeeffect.jp/
◇ニフティ HP
http://www.nifty.co.jp/

◆イデア、直営20店体制に、デザイン家電・自然派化粧品
昨年一号店を出した直営店の業績が好調なことから、デザイン家電や自然派化粧品などの店舗を増やす。二〇〇八年六月期には現在の七店舗を二十店舗に拡大、売り上げも三割以上伸ばす計画だ。
[日経MJ 07/07/06]
◇イデア HP
http://www.idea-in.com/
◇イデアデジタルコード HP
http://www.ideadigitalcode.com/

◆自治体・企業が移住支援 地方暮らし魅力知って!
茨城、空き家で生活体験
地方への移住や「二地域居住」を支援する取り組みが各地で活発だ。人口減少や高齢化が進むなか、団塊世代をはじめ都市部の希望者を呼び込んで地域の活力を維持するのが狙い。
[日経MJ 07/07/16]
◇財団法人グリーンふるさと振興機構 HP
http://www.greenful.jp/
◇岩手グリーンツーリズム ポータルサイト
http://www.tourism-iwate.com/
◇いしかわのグリーンツーリズム HP
http://www.tobikkiri-ishikawa.jp/

| | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »