« フィールドオブドリームス | トップページ | 「もっともっと疎開」 再掲 »

2008/06/17

茶庭のあるマンション

のんちゃんの新居訪問速報からずいぶん時間がたってしまいました。遅すぎるとしかられそうですが、もう少し詳しいレポートを載っけます。

安藤のんちゃんの新居の庭が完成した。庭と言ってもマンションのベランダに設けられた露地だ。その庭の見学会兼呑み会で、のんちゃん宅に押しかけた時に撮った、魅力的な「しつらえ」をいくつか紹介する。
(画像をクリックすると大きい写真をご覧いただけます)

玄関から世界が始まる

Img_5704_s Img_5705_s Img_5707_s

のんちゃんのお宅を訪ねると、まず最初に玄関に置かれた灯籠に迎えられる。その圧倒的な存在感は、しかし、マンションのモダンな内装によく似合う。玄関ホールの正面には装飾がとても優雅なオリエンタル家具。その上には、チベット密教の小さな仏像と、壁に架けられた曼荼羅。抹香くささはまったくない。すべてが、ミニマルな空間の中でエキゾチックに自己主張しながら、訪問者をここちよく迎え入れてくれる。のんちゃんのワンダーランドへの期待を高めてくれるエントランスのしつらえだ。

手洗いで天使に見つめられる

Img_5784_s_2 Img_5781_s_2 Img_5816_s

トイレには結城美栄子さんの「天使」が2体。その不思議な視線にとらえられると、便座に腰をおろす自分の姿がちょっと恥ずかしくなる。その恥ずかしさは、ほんの少し気持ちいい。マゾだからではない。結城さんの天使には、かすかに底意地の悪さが見える。トイレには「少し底意地の悪い天使」がぴったり似合うのだ。きっと、それが気持ちいいのだと思う。

露地になごむ

Img_5743_s Img_5740_s Img_5894_s

見事なつくばいや腰掛待合を備えた露地が、モダンなマンションのベランダに出現した。余分な要素をそぎ落とした、露地本来の姿は、現代の住まいに違和感なく調和する。日本の伝統的な造形は、モダンデザインととても相性がいいようだ。
夜には、行灯風の照明に浮かび上がる茶庭の待合に腰を下ろして、眼前に拡がる夜景を肴にビールを呑む。その気持ちよさは格別だ。現代の露地の贅沢な楽しみは、こんなところにもあるのだ。

水のある庭は贅沢だ

Img_5724_s Img_5808_s Img_5730_s

茶室の前に置かれたつくばいに水を入れる。水のある庭はとても贅沢だ。たとえ量は少なくても、空を映す水が湛えられているだけで、豊かな「潤い」が生まれる。水面に立つさざなみにかすかな風を感じたり、水に濡れた那智砂利のしっとりした光沢を楽しむ。ほんの少しの水が、乾燥した場所をオアシスに変えてくれるようだ。

最少限だからゴージャスな茶室

Img_5798_s Img_5805_s Img_5844_s

「本当は、茶室に雪見障子は使わないんだけど」……外の茶庭との一体感をうまく演出したかったから、とのんちゃんは茶室の造作を説明する。障子を通して茶室に取り込まれた拡散光はとてもマイルドだ。そこに行灯の灯りが加わると、とてもゆったりと居心地の良い空間のニュアンスが深まる。すがすがしい畳の香りが、ここちよさを少し引き締める。「あとは何もいらない」。そんな最少限の贅沢こそ茶室の魅力なのだと、あらためて納得した。

|

« フィールドオブドリームス | トップページ | 「もっともっと疎開」 再掲 »

気分のサンプリング」カテゴリの記事

コメント

これを楽しみにしておりました。

想像していたよりも、ずっとずっと魅力的な茶庭ですね。庭だけでなく、玄関も茶室もすばらしいです。とても、これだけのものを真似することはできませんが、うちでも、こつこつ手づくりでベランダの庭づくりにチャレンジしてみようと思います。

アピヲ

投稿: アピヲ | 2008/06/19 23:58

アピヲさん。
たいへんお待たせしてしまいました。アピヲさん宅の庭が完成したら、ぜひ、写真でも拝見したいと思います。これからも、よろしくお願いします。

き た jima 摘 入

投稿: 北摘入 | 2008/06/20 10:39

のんちゃんのこだわりが、隅々まで感じられる素敵なおうちでしたね。

腰掛待合に座って呑むお酒は、格別美味しかったです。
のんちゃん、贅沢なひと時をどうもありがとう!

投稿: kisa | 2008/06/29 11:01

kisaちゃん
どうもありがとう。のんちゃんの住まいとライフスタイルは、マガジンみたいな感じにまとめたいと思ってます。夏の花火のときにでも、また遊びに行きたいですね。

き た jima

投稿: き た jima 摘 入 | 2008/06/29 14:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶庭のあるマンション:

« フィールドオブドリームス | トップページ | 「もっともっと疎開」 再掲 »