« 茶庭のあるマンション | トップページ | 「ゆらり」立錐の余地もなく »

2008/06/25

「もっともっと疎開」 再掲

R0010003_s まいどまいどの「手抜き」シリーズでお騒がせいたします。以前に友人が関わっていたサイトに書いた 「もっともっと疎開」 というおちゃらけ文を、E気配コレクションに再掲しました。
(画像をクリックすると大きい写真をご覧いただけます)

(前略)これが実によろしいのですね。べつに仕事しなくたって損をしたことにはならない時間に仕事をしてしまう。あら、あたしって貧乏性なのかしら、などとわけもなく「おかま」ことばでちょけてしまうくらい楽なんですね。こういう状況で仕事をするのが。
特に考える仕事。新しいアイデアを練ったり、画期的なコンセプトを発想したりという「だいそれた」仕事ほど、これに限るわけです。
なぜか。
それはですね、ついでだから。べつに仕事をしなくてもいい時間だから。だから、仕事に対する心理的抵抗感が全くない状態で、すらすらと、すばらしいお仕事ができてしまうわけなんです。デスクまわりに重苦しくただよう「仕事に対する心理的抵抗感」から逃れて警戒に、ではなくて軽快に外に「疎開」してしまう。しかも、しかも、その疎開先ですーらすーらと仕事までできてしまう。

いいですねえ。かっこいいですねえ。(後略)

って、何が言いたいのかよーわからん、とおっしゃる方は、下記で全文をお読みください。全文を読んでもご納得いただける保証はございませんが。

◆もっともっと疎開
http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2003/08/post_eb5a.html

|

« 茶庭のあるマンション | トップページ | 「ゆらり」立錐の余地もなく »

気分のサンプリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「もっともっと疎開」 再掲:

« 茶庭のあるマンション | トップページ | 「ゆらり」立錐の余地もなく »