« 北京のぎりぎり | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 0808 アップ »

2008/08/31

ひさしぶりの「週末豪華」金曜日

先日の金曜の夜はひさしぶりのウィークエンドゴージャス?……というほどでもないが、けっこう遊んだ。最初は、三宿の春秋。ひさしぶりだ。やっぱりここが一番落ち着く。メシを食いながら、うまいビールとうまい焼酎を5杯ほど。そうそう、グラスワインも2杯ほど。出だしから呑みすぎ。

海抜250mのシャングリラ

R0010811_s 9時頃に六本木へ。ヒルズの夏限定水族館。去年は原平(甥)とその友だちのお子様引率だったので、あまりよく見られなかったのだが、今回はしっかり水槽の世界に没入。子どもの頃に好きでよく通った神戸の須磨水族館を思い出す。暗い館内に碧く浮かび上がる水槽は、当時の僕にとってはまさに「桃源郷」だった。目で感じる水槽内の居心地の良さは、遠い古代の生命の記憶か?…なんてたいそうなものでは全くないのだが、六本木の海抜250mで見る「水面下の世界」もけっこうパーフェクトワールドで、その気持ちよさは「恍惚のブルース」ものでした。あとはおぼろで意味不明。

R0010854_s …で、その後、ヒルズの同じフロアでやってるパフォーマンスイベントに。カシェの池島さん(ヘアスタイリスト)がプロデュースした催しだ。池島さん、すごいなあ。やっぱり、ぽわっとするどい顔してる人は違うなあ……などと感心しつつ入場。ミュージシャンのライブあり、中国くのいち忍術師群(ぜんぜん違うかも知らんけど、そんな感じ)のしずしずおどろ歩行パフォーマンスあり、渋谷のじゅんちゃんのショップ近くのお店のママのお嬢さん(固有名詞が出てこないのは、当方の明晰なる頭脳状況に少々お酒をまぶしたせい)が、墨一色で大きな和紙に増殖するとてもきれいな「かさぶた」を描くアートパフォーマンスあり(たぶん、かさぶたではない、ごめんなさい、でもかさぶたみたいなのがすごく目に気持ちよかった)、池島さんのお皿まわしあり(おめでとうございます!の曲芸ではない)、などなど盛りだくさんの内容で、とてもハッピーでエキサイティング。
(写真をクリックすると大きい画像がご覧になれます)

海抜250mの小娘叫び(注:胸中のみ)

もうひとつ、すごいライブパフォーマンスがあった。それは地上52階の窓外に広がる東京の夜空を切り裂く稲妻の閃光。小娘のようにキャアと心の中で叫びつつ、そのスペクタクルを満喫した……のだが、この雷をともなう集中豪雨のために帰りのタクシーが拾えず、さんざんな目に会うことは、その時の僕には知るよしもない……って、気取ってる場合か?!!

|

« 北京のぎりぎり | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 0808 アップ »

気分のサンプリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひさしぶりの「週末豪華」金曜日:

» スタイリストの求人情報 [求人@ジョブカフェ]
スタイリストの求人情報について調べました。スタイリストでもヘアスタイリストやフレグランスを販売する香りのフレグランススタイリスト、などがあるようですが、商品陳列や服飾といったファッションスタイリストの求人について調べてみました。 [続きを読む]

受信: 2008/08/31 21:38

« 北京のぎりぎり | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 0808 アップ »