« 「……この指とまれ」再掲 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 0809 アップ »

2008/10/10

情報クリップダイジェスト 2008/09

◆時間節約に投資惜しまず 高所得者女性、省力商品を重宝
①時間を買う高所得者女性、省力家電など時間節約型商品を活用
②自己研鑽に積極的で、「仕事のため」と「芸術・趣味」を両立
③経済的余裕が消費を促進するほか、株や投資にも関心高く
[日経MJ 08/08/27]
◇財団法人トラスト60 HP
http://www.trust60.or.jp/
◇日本経済研究センター HP
http://www.jcer.or.jp/
◇リッチな女性は時間を買う(PDF)
http://www4.ocn.ne.jp/~jairi/report/economy/pdf/0805woman.pdf
◇ライフスタイルを創造する新しい女性消費群(PDF)
http://www.nri.co.jp/opinion/chitekishisan/2007/pdf/cs20070309.pdf

◆ハラミュージアムアーク「觀海庵」増築記念展
古今の美 時空超え対話
伊香保温泉に近い群馬県渋川市の「ハラミュージアムアーク」が、原美術館(東京都品川区)の別館として今年、20周年を迎えた。現代美術の専門館として知られるが、このほど古美術コレクションのための特別展示室「觀海(かんかい)庵」を増築。記念展「まなざしはときをこえて」が開かれている。
[産経新聞 08/08/21]
◇ハラミュージアムアーク HP
http://www.greenbokujo.co.jp/harc.html
◇磯崎新氏 HP
http://www.isozaki.co.jp/

◆ステップアップ、「和風」事務所レンタル、畳敷き、日本茶も充実
東京・新宿のレンタルオフィスに畳敷きの和室スペースを新設。和食の手配なども請け負う。後発企業として日本人が使いやすいサービスで差別化を図る。
[日経MJ 08/09/12]
◇レンタルオフィス「ステップアップ」HP
http://www.openoffice.co.jp/stepup/
◇プライムビジネスセンター新宿 Hp
http://www.prime-bc.jp/office_shinjuku.php

◆工業デザイナーが変える医療器具、命助く利器に慈愛の心息づく
安心、医師と違う視点から
人命救助にデザインの力を生かせないか――。大阪大学大学院コミュニケーションデザイン・センターの川崎和男教授がそんな活動を進めている。第一弾として、だれでも安全にワクチンを接種できる注射器を開発。負傷者の治療の優先順位を示すタグも見やすいように作り替えた。
[日経MJ 08/08/20]
◇大阪大学大学院コミュニケーションデザイン・センター HP
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/
◇川崎和男氏 ブログ
http://artgene.blog.ocn.ne.jp/kawasaki/
◇川崎和男氏 (Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E5%92%8C%E7%94%B7

◆良品計画社長金井政明氏 今こそ「無印」の価値観
物価高、環境問題は好機
「無印良品」を展開する良品計画が好調だ。主力の生活雑貨、衣料品とも販売が伸びており、二〇〇八年二月期連結決算まで五期連続増収、六期連続増益と専門店業界でも快走ぶりが際だっている。松井忠三会長から二月にバトンを受けた金井政明社長は「無駄をそぎ落とす『無印』の価値観は環境問題などに直面する消費社会や世界にとって今こそ必要」と力説する。
◇無印良品 HP
http://www.muji.net/
◇香港MUJI to Go について(Blog)
http://macma.txt-nifty.com/blog/2008/03/post_31ef.html
◇SOHOに無印良品「MUJI」がオープンしました!(Blog)
http://chouchony.exblog.jp/7767812/

◆私のこだわり、おしゃれに出版 リトルプレス、少数読者をがっちり
「リトルプレス」と呼ばれる少部数の出版物が人気を集めている。フリーの編集者や専門店経営者などが広告に頼らず自己資金で製作し、思い入れ優先で大手出版が扱わないテーマを取り上げ、共感する読者をしっかりとらえている。従来のミニコミ誌と異なり、商業誌顔負けのおしゃれな誌面や手のひらサイズの豆本など、モノとしての所有欲をくすぐる自由な体裁も魅力になっており、女性のファンを増やしている。
[日経MJ/ブームの予感 08/08/20]
◇「アルネ」HP
http://www.iog.co.jp/arne/
◇「日々」HP
http://www.iihibi.com/
◇「リトルプレイスの楽しみ」について(Blog)
http://happyroom.livedoor.biz/archives/50343464.html
◇「すみれノオト」について(Blog)
http://lisalisa.jugem.jp/?eid=669
◇恵文社一乗寺店 HP
http://www.keibunsha-books.com/
◇「graf」HP
http://www.graf-d3.com/
◇山村光春氏 について
http://www.afternoon-

◆ストレス発散消費旺盛 子育て女性、会話・菓子に支出「有職」では旅行
(1)子育て女性はストレスが高く、解消のための会話の場作りなどにニーズ
(2)自宅でのお茶会やホームパーティーがコミュニケーションの潤滑油
(3)子育て中も働く女性は旅行や省力化家電にもお金をかける傾向がある
[日経MJ/消費分析 08/08/20]
◇産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇子育てグッズ&ライフ研究会 HP
http://www012.upp.so-net.ne.jp/kosodateken/

◆店舗の野菜くず肥料に、収穫野菜を店舗で販売 リサイクルループ構築
小売り各社は、店舗で排出される食品廃棄物を肥料にし、それを使って収穫した野菜を再び店舗で販売する食品リサイクルループ(輪)を構築する取り組みを強化している。
新鮮さや安全など品質管理の徹底という付加価値に消費者の支持が広がっており、今後も取り組みが活発化しそうだ。
[産経新聞 08/08/20]
◇食品リサイクルの現状(PDF)
http://www.maff.go.jp/www/counsil/counsil_cont/sougou_syokuryou/sougousyokuryou_bunkakai/16/ref_data05.pdf
◇「イオン」リサイクルループ構築 について(PDF)
http://www.aeon.info/ICSFiles/afieldfile/2008/05/30/080530R.pdf
◇「セブンイレブン」食品リサイクル法に呼応して食品残渣を資源化
http://www.sej.co.jp/corp/social/reduce/recycle.html

◆「夜の遊び場復活」景気も刺激? 遊び場、実はあちこちに
90年代以降、おいしい店に連れて行くことが"夜遊び"の代名詞になった。でも、そろそろ飲み食いだけじゃない本来の"夜遊び"見直しの機運が高まってるのでは?(フード・ジャーナリストの大谷浩巳氏)との声に後押しされ、「夜遊び特集」を決意した。「夜遊び」は東京から広がり、いずれ地方都市へ。景気回復も、こんなところから始まるかもしれない。
[日経MJ/日経おとなのOFF 井上智彦編集長のオトナ行動学 08/08/22]
◇ディファ有明 HP
http://www.differ.co.jp/
◇ビルボードライブ東京 HP
http://www.billboard-live.com/pg/shop/index.php?mode=top&shop=1
◇コットンクラブ HP
http://www.cottonclubjapan.co.jp/
◇グランド・ハイアット・東京 ディス・コイベント について(六本木経済新聞)
http://roppongi.keizai.biz/headline/771/
◇日経おとなのOFF 「おとなが集う夜遊びスポット」HP
http://trendy.nikkeibp.co.jp/off/

◆エディオン、オール電化販売拡大、グループ内でノウハウ共有
エディオンは給湯や調理を電気でまかなう「オール電化」商品の販売を強化する。傘下のデオデオやミドリ電化、エイデン、サンキューのほぼ全店に売り場があるが、関東の石丸電気などにも広げる。オール電化を得意とするサンキューのノウハウを活用。光熱費が節約できる利点を訴え、生活防衛意識を強める消費者に売り込む。
[日経MJ 08/08/25]
◇エディオン HP
http://www.edion.co.jp/index01.html

◆フランフラン「飽きさせない」雑貨の宝箱、常連・新規客、両方つかむ
月1回模様替え 異業種とコラボ
生活雑貨・インテリア専門店のバルスが絶好調だ。売上高の約九割を稼ぐ「フランフラン」を軸とする既存店は七月まで二十一カ月連続の増収で、八月も記録更新がほぼ確実という。「カワイイ」「楽しい」をテーマに客を飽きさせない店や雑貨の開発を徹底。生活必需品の値上がりを受け衣料品や化粧品への出費を絞り始めた若い女性もひきつけ、財布のヒモを緩めさせている。
[日経MJ 08/08/25]
◇フランフラン渋谷店 について
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/07/17/2612.html
◇「フリーズショップ」&「フランフラン」コラボについて
http://scomu.jp/freesshop/archive/152
◇アバウトアガール バイ フランフラン HP
http://aboutagirl.jp/

◆岡山県倉敷市 ジーンズ産業で観光誘致
国産ジーンズ発祥の地、倉敷市児島。輸入ジーンズに押され、苦戦が続いた時期もあったこの町にいま、産業観光という側面からじわりと人が集まり始めている。手作りのこだわりのジーンズを探し求める消費者が児島のジーンズメーカーを訪れるようになった。今春からJR西日本とタイアップした旅行商品も登場するなど、街のにぎわいが生まれつつある。
[日経MJ/湧き出す地域パワー 08/08/25]
◇倉敷ブランド について
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/shoukou/sangyou06/sinkou-page30.html
◇ベティスミス HP
http://www.betty.co.jp/
◇倉敷市児島支所 HP
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/kojima/

◆三栄水栓製作所の斬新蛇口、わき出す感性、暮らしに潤い
[日経MJ 08/08/27]
画一的な道具にすぎなかった水道の蛇口が、インテリア用品として生まれ変わろうとしている。水栓金具製造の三栄水栓製作所は、喜多俊之氏など外部の有力デザイナーを起用し、斬新なデザインを次々と生み出す。毎日使うものだからこそ、楽しく、簡単で、かつ安全でなければならないというのが同社の信条。
◇三栄水栓製作所 HP
http://www.san-ei-web.co.jp/
◇ものづくりの挑人たち サスティナブル社会への挑戦「三栄水栓製作所」
http://choujin.jp/corp/documentary.aspx?item=156
◇喜多俊之氏 HP
http://www.toshiyukikita.com/

◆映像の楽しみ方「パソコンで視聴」57%、テレビ見ること「減った」38%
番組や映画などの映像を見るのは従来はテレビだったが、最近はパソコンや携帯電話で見る人が増えている。日本経済新聞のパソコン利用者を対象にした調査では、パソコンでふだん映像を見ている人は六割を占めた。
[日経MJ/1000人の家計簿 08/08/27]
◇「マイボイスコム」ネットリサーチ
http://www.myvoice.co.jp/biz/
◇携帯電話でどれくらいテレビ番組を観る?(livedoor リサーチ)
http://research.livedoor.com/QuestionnaireTotal2.cgi?research_cd=lhswamtfyu5073904987
◇テレビ・新聞・パソコンの利用時間帯(日経リサーチ・デジタルシグナル)について
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2007/10/_9.html
◇NHK有料放送 オン・デマンド について
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080403/nhk.htm

◆面白法人カヤック代表柳澤大輔氏 絵の「測り売り」市場立ち上げ
「絵を気軽に購入できる市場を作ってみたかった。ただ絵の世界は一般には、まだ敷居が高い。測り売りは特段の知識がなくても絵の価値や相場をつかむための方法だ」
絵画を測り売りするインターネットサービス「ART―Meter(アートメーター)」を立ち上げた。
[日経MJ 08/08/27]
◇ART Meter HP
http://www.art-meter.com/
◇鎌倉どんぶりカフェ「bowls」HP
http://bowls-cafe.jp/
◇表柳澤大輔氏ブログ
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20070222/262981/

◆「繕い」でエコ教育と食育 学校給食の陶磁器食器
学校給食で陶磁器の食器を使っている公立小中学校は現在、全体の約3割ある。ただ、その材質ゆえに、壊れやすいことが悩みだ。安全面の問題から、少しの破損でも廃棄されるケースがほとんどという現状だが、滋賀県野洲市では修復食器を導入する実験的な取り組みが行われている。「繕い食器」を通じ、エコロジー教育と食育を実践するのが狙いで、児童の意識にも変化が表れ始めている。
[産経新聞 08/08/28]
◇食育.net HP
http://www.i-shokuiku.net/
◇金継ぎ屋 HP
http://www.kintugi.jp/
◇金継ぎnico ブログ
http://www.cafeblo.com/knico/

◆レンタルショーケース、小さな箱が私のお店、草の根作家の作品ズラリ
ネットの通信販売やオークションを使って自分の作品を発表する"素人アーティスト"は少なくないが、仮想店舗に比べてコストがかかる実売店を、あえて選ぶ人も多い。他の作家の作品と見比べたり、店の人と会話したり、様々な刺激を与えられる点が素人作家たちを引き付けている。
[日経MJ/ブームの予感 08/08/29]
◇レンタルボックスギャラリーショップ「WANIMA」HP
http://www.wanoma.jp/
◇ボックスショップ&ギャラリー「Cocokara」HP
http://homepage3.nifty.com/Cocokara/
◇手作り雑貨のレンタルボックス「ハコウリ」HP
http://hakouri.net/
◇秋葉原のレンタルボックス「ザウルス」HP
http://www.zaurusbox.jp/

◆二地域居住「先輩」に学ぶ、国交省、希望者向けサイト 
今回開設したサイトは二地域居住をすでに実践している人の生の声を動画で視聴でき、会員登録をすればその人に直接質問できる双方向型としたのが特徴。交流サイト(SNS)機能も導入し、参加者が直接交流できる仕組みも取り入れた。
[日経MJ 08/08/29]
◇二地域倶楽部 HP
http://www.nichiiki.net/
◇二地域居住支援サイト
http://www.sumikae-nichiikikyoju.net/
◇二地域居住・週末田舎通いのススメ
http://www.tokai-mura.com/

◆耕作放棄地活用、地域連帯強化、NPOや住民参加想定 農水省骨子案
農林水産省は食料自給率向上に向けた耕作放棄地の活用策で「多様な主体の参画・協働」などを柱とする中間取りまとめの骨子案を示した。有効利用に取り組む主体には農業者や行政のほか、特定非営利活動法人(NPO法人)や都市住民なども広く想定。復旧した農地を都市と農村との交流や地域活性化にも役立てる策を検討する。企業なども含めて一体的に取り組む機運を高めるとした。
[日経MJ 08/08/29]
◇耕作放棄地対策研究会 HP
http://www.maff.go.jp/j/study/kousaku_houki/
◇農材ドットコム 耕作放棄地で大麦栽培、地ビール生産、新潟県等地産地消に活用策
http://www.nouzai.com/news/webdir/571.html

◆リノベーションマンション 昭和の物件、モダン再生
新築でも単なる中古でもない第3の物件、リノベーションマンションが浸透してきた。インテリックスはリノベーションマンションが専門。中古マンションを一戸単位で買い取り、改修のうえアフターサービス保証を付けて再販売している。前年度に販売した1504戸は首都圏の中古マンション成約数全体の5%のシェアに食い込み、昨年には東証2部上場も果たした。
[産経新聞/近ごろ都に流行るもの 08/09/02]
◇「インテリックス」HP
http://www.intellex.co.jp/
◇「リビタ」HP
http://www.rebita.co.jp/
◇大阪・神戸でリノベーション集団「リナートコンセプト」HP
http://www.reno-osaka.net/

◆ニッセイ基礎研究所斎藤太郎氏 家計調査にみるサービス支出節約
(1)物価上昇に伴う実質購買力の低下を主因として個人消費は停滞色を強めている
(2)特に、外食費、タクシー代に家計の節約志向が強く表れている
(3)雇用・所得環境は厳しさを増す可能性が高く、個人消費は今後一段と落ち込む恐れもある
[日経MJ/消費分析 08/09/03]
◇ニッセイ基礎研究所 HP
http://www.nli-research.co.jp/
◇サービス消費にみる家計の節約志向(PDF)
http://www.nli-research.co.jp/report/econo_letter/2008/we080725.pdf
◇9月の家計調査:個人消費の実勢は弱い(しんきん・PDF)
http://www.skam.co.jp/pdf/topics_20071030.pdf
◇シニア層の外食する頻度・内容等を調査(ふくしチャンネル)
http://www.fukushi.com/news/2008/04/080425-a.html
◇タクシー利用頻度調査結果(世論調査.net)
http://www.yoronchousa.net/result/2543

◆エレベストのすすめ まさに「時空空間」落下感味わう/レトロ感満点
エレベーターの面白さにとりつかれたフリーライター、梅田カズヒコさん(27)が、首都圏を中心に訪ね歩き、見つけたお気に入りのエレベーターを紹介した『エレベスト』(戎光祥出版)を世に送り出した。アール・デコ風の文字盤で階数を表示した格調あるエレベーターに出合えたり、ガラス越しに見える絶景に心をときめかせたり…。ふだん何気なく乗るエレベーターをたどった新しいまち歩きを提案する。
[産経新聞 08/09/04]
◇梅田 カズヒコ氏 HP
http://www.p-labo.biz/
◇梅田カズヒコ著『エベレスト』について
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20080623/1015931/
◇蛇腹のエレベーターに萌えた日(梅田カズヒコ氏 Blog)
http://portal.nifty.com/2008/02/25/c/

◆広がる地域限定のマーケティング 「絞り込む力」成功のカギ
このところ活発になってきているのが、地域を絞り込むエリアターゲティングである。ウェブサイトの運営者や、バナー広告などを配信するアドサーバーの運用者が、サイト閲覧者の地理的な場所を識別。特定の地域からアクセスに対してだけ情報を配信したり、地域に応じて異なる情報を配信し分けたりすることができる。
[日経MJ 08/09/08]
◇ひまわり証券 HP
http://sec.himawari-group.co.jp/
◇日本住宅流通 HP
http://www.jyutaku.co.jp/
◇エリアターゲティングって、WEB戦略上 本当に大丈夫?(ZDNet Japan)
http://blog.japan.zdnet.com/arearesearch/a/2008/08/web_1.html
◇エリアターゲティングの実験結果を公表(サイバーエリアリサーチ)
http://www.arearesearch.co.jp/information/080425.html

◆鳩の街通り商店街 東京・向島に起業支援拠点、空き家をアート店舗に
東京・向島の鳩の街通り商店街で六月、一軒の長屋が起業支援の拠点に生まれ変わった。商店街が計六の空室を格安の料金で貸し出し、レザークラフトや手づくりの雑貨などすべてアート関連の店が入った。
[日経MJ/人話題 08/09/08]
◇チャレンジスポット!鈴木荘  について
http://hatonomachi-doori.com/suzukisou.html
◇クラフト&イラスト工房「鳩ノ目」HP
http://hatonome.blog19.fc2.com/
◇陶芸「RONZ」@鳩の街(Blog)
http://ronz.seesaa.net/article/106540027.html
◇鳩の街通り 古民家カフェ「こぐま」HP
http://www.ko-gu-ma.com/

◆美研インター、アートを販促イベントに 野菜レシピ提案、富裕層向け
美研インターナショナルは一九九七年の創業だ。美術出版社で企画営業を担当していた蕪木氏が「日本には無名のアーティストたちが作品を展示・発表できる機会が少なすぎる」と実感し、独立。そうしたアーティストたちの美術作品集や美術関連雑誌の出版、イベントの企画などの事業を始めた。ロシアやフランスなど海外の美術館と直接交渉し、日本のアーティストらの展示会を企画・開催したこともある。このように、あの手この手で日本人アーティストの活躍の場を広げてきた。
[日経MJ 08/09/05]
◇美研インターナショナル HP
http://www.lifeisart.ne.jp/

◆モデルハウスに"新種"「暮らしアップ体感館」「あかりの家」など
住まいの販売に欠かせない重要な集客手法のひとつであるモデルルームやモデルハウスに、「新種」がお目見えした。リフォームに対する消費者の不安・不信を取り除くため、工事の"裏側"を見せてビフォーとアフターが比較できるようにしたり、テーマをひとつに絞込み、その「ソフト」を形にして、その良さを実感してもらったりするケースである。
[産経新聞 09/09/07]
◇暮らしアップTODAY HP
http://www.kurashi-up.com/
◇駒沢公園ハウジングギャラリー HP
http://www.webhousing.jp/komazawa/

◆日本の文化!?ゴスロリ 違う自分演出…「クールジャパン」
黒を基調にクロス(十字架)やフリルなどをふんだんに使った「ゴスロリ(ゴシックロリータ)」ファッション。日本では過激なイメージだったが、最近は、日本発のファッションとして海外でもファンを獲得している。こうした人気に注目し、ファッションの中心地、東京の原宿を巡る外国人向けのツアーが実施されたり、デザイン学校がゴスロリを学ぶことができるカリキュラムを作ったり、「クールジャパン」(格好いい日本)の定番になりつつある。
[産経新聞 08/09/09]
◇Cool Japan(日本のポップカルチャーが世界でどのように受け入られ影響を広げているのか。WEB等で探ってその最新情報を紹介)
http://blog.goo.ne.jp/cooljapan
◇Cool Japan Blog
http://www.apalog.com/cooljapan/
◇バンタンデザイン研究所 HP
http://vantan.com/campaign/all/?gclid=CIWM-Z-t55UCFQdIegodxENEfQ

◆都市生活者も「地元」志向 住宅地に店、繁華街吸引力低下
(1)都心に行かず、自宅近くで買い物をする頻度が世代を問わず増加
(2)地元のショップやレストランなどを紹介するエリア情報誌に強い支持
(3)地元への愛着を使ったマーケティング手法も登場
[日経MJ/消費分析 08/09/10]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇街角ウォーカー HP
http://www.walkerplus.com/machikado/

◆LED照明 住まいも彩る 長寿命で省電力、効果的な"演出"
次世代のあかりとして期待されるLED(発光ダイオード)照明。信号機や店舗、携帯電話用などに加え、一般住宅用の製品も充実してきた。白熱球や蛍光灯より長寿命、省電力で環境にも優しい。まだ価格が高いものの、特定の場所を効果的に照らしたり、紫外線や熱を発生しなかったり、その特性を生かして、住まいの演出に上手に取り入れてみたい。
[産経新聞 08/09/08]
◇LED照明推進協議会 HP
http://www.led.or.jp/
◇松下電工「エバーレッズ」HP
http://biz.national.jp/Ebox/everleds/
◇東芝ライティック HP
http://www.tlt.co.jp/tlt/tleds/tleds.htm
◇電球ソケットで使える"LED照明"を使ってみた
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0801/25/news083.html
◇LED照明の"買い時"
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0703/12/news096.html

◆「自在空間」のマンション 構造体と内装・設備を「別売り」
ライフスタイルの多用化に伴い、住まいへの"注文"も百人百様? の昨今、それならいっそ、スケルトン(構造体)だけ購入してもらい、インフィル(内装・設備)は「別売り」しようというマンションが売り出される。間取りや内装、カラーは、提案されたプランから選択するもよし、好みで一部を変更するもよし。自由設計もよし、リフォームもしやすいという。
[産経新聞 09/09/12]
◇ミオカステーロ成増 HP
http://www.yamada-kensetsu.co.jp/bukken/narimasu/
◇スケルトンインフィル住宅 について
http://www.jj-navi.com/edit/tyosatai/blk2/vol33/index.html

◆カーボンオフセット商品相次ぐ
求められる統一基準
「カーボンオフセット」をうたう商品が、産業財から消費財まで幅広い分野で急速に増えている。
[日経MJ/日経エコロジー神保重紀編集長の環境マーケティング 08/09/15]
◇日本カーボンオフセット HP
http://www.co-j.jp/home/
◇"楽"ecoギフト プロジェクト(京急百貨店)
http://www.keikyu-depart.com/eco/
◇カーボンオフセットラーメン について(PDF)
http://www.carbonneutraljp.com/pdf/080411_nandenkanden.pdf
◇カーボンオフセットカンパニー「リサイクルワン」HP
http://www.carbonneutraljp.com/

◆携帯電話の枠を超え、ライフスタイルを提案する
「au design project」により、世界的にも評価の高いケータイを次々に世の中に送り出してきたauが、この度、新しいプロジェクト「another work*s」を立ち上げた。これはケータイという枠を超えてプロダクトだけでなくライフスタイルも提案していくプロジェクトである。
[流行色 autumn]
◇another work*s HP
http://www.anotherwork-s.com/pc/

|

« 「……この指とまれ」再掲 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 0809 アップ »

情報クリップ08」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップダイジェスト 2008/09:

« 「……この指とまれ」再掲 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 0809 アップ »