« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/28

山手線以北は新石器時代などではなかった

R0012255_s 甥の世輝が4月から東京で就職することになった。TVの音楽制作会社と言えばかっこいいが、最初はADみたいにこき使われるのだろう。ADと言っても「アダルト男優」ではない。その世輝の部屋探しにつきあった。最初は門仲。やや部屋代が高い。で、次に王子。いきなり逆方向に飛んだみたいだけど、南北線で職場の六本木一丁目まで一本。会社の人からも王子あたりがいいのでは、とすすめられたらしい。ハンカチではない。ハニカミでもない。タマゴというヤツもいるらしいが、点はついていない。それはさておき…
僕は山手線以北は豪雪地帯で、電気が通じていなくて

未だに人びとは新石器時代の暮らしを営んでいる

のだという認識を持っていたのだが、そうではなかった……というのは、たぶん?冗談なのだが……おしゃれな店もあるし、きれいな公園もあるし、隅田川はゆったり流れているし、なによりも「水道・ガス完備、10畳ワンルーム、日当たり抜群、収納スペース多、ただし建物裏はお墓」という、若造にはもったいな過ぎる物件が見つかったのだ。まあ、リーズナブルな家賃で。
(写真をクリックすると大きい画像がご覧いただけます。写真は非採用物件です。)

関西方面から来た「雅」な人間は都心より西にしか住めない

と考えていた人間も、やや認識を新たにしたという感じ。東北文化圏もまんざら悪いものではないなどと、最後まで少し「おちょくり」気分で、楽しい一日でした。

世輝がんばれ!

おっちゃんは深夜にのんだくれて押し入るぞ!

覚悟しておけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/12

節酒信号発信指輪に効果はあるだろうか。

P1000169_s 昨日は一食一会分科会の新年会。S新町のヤマGちゃんのお宅に集合。集まったのはマキK、Nピー、ヌマT、Kサに僕。もちろんヤマGも。で、夕方の4時半から延々と、午前2時半まで10時間に及ぶ酒宴になった。みんなが持ち寄ったクイモノがどれもこれも美味くて、「これはやっぱり日本酒ですね」とか、「ここはタンニンきつめのワインで」とか、「やっぱりビールね」とかで、結局のところ、シャンパン 1本、ワイン 5本と3/4、ビール 約5リットル、日本酒 約2本、焼酎 1/2本 を呑み干した。(ヤマGの調査による)
おかげさまで超のつく二日酔いがお出ましになり、やや寂寥感と悔悟感のともなうグラグラ状態で、今日一日を過ごしてしまった。少しは節酒しなければと思いつつ、まずシャンパンで乾杯して、ビールでのどを潤し、ワインの1~2杯も呑めば、そんなこと、ころっと忘れてしまう。
(写真をクリックすると大きい画像がご覧いただけます)

忘れかけたときに注意信号を発信してくれる『なにか』が必要だ。

人間が理想的なのだが、僕のまわりは注意信号を受ける必要のあるやつらばかりで、注意信号を発信してくれそうな人は一人もいない。それなら、例えば指輪なんかどうだろう。それを見れば『節酒』の二文字が頭にパーンと浮かんで、呑むスピードにセーブがかかるようなやつ。よくあるでしょ。忘れ物をしないように、指に輪ゴムかなんかを巻いておいて、その緊縛感に「そうそう、あれあれ」と思い出さずにはおれない仕組み。そのかわりに虎目石の指輪かなんかが節酒信号を発信してくれないものか。

ほんとにそんなものに効果はあると思いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/07

光源氏の一番の才能は女たらしだという

Img_1754_s_2年末の30日夜にNHKで新宿歌舞伎町の24時間を紹介するドキュメンタリー番組を見た。案内人はジャズミュージシャンの菊地成孔。
「歌舞伎町にはすごく薄情な愛がある」という菊地。「その歌舞伎町の新しい可能性がジャズでないとは言い切れない」というあたりのつながりがわかりにくいのだが、なんとなく納得してしまう。
その菊地成孔が、歌舞伎町のビルの屋上らしき場所でサキソフォーンを吹く。少しデカダンスなジャズのフレーズにのりながら、菊地の耳でピアスがゆらっと光った。
(画像をクリックすると大きい写真がご覧いただけます)

歌舞伎町のネオンを映すピアスのゆるい煌きに陶然とする。

新しい「かっこよさ」の可能性とは、こういうものなのかも知れない。ピアス自体が「かっこいい」わけではない。菊地成孔その人はとてもかっこいいけど、そういう話でもない。歌舞伎町の薄汚れたビルの屋上で、廃墟になった獣舎のリリシズム?みたいな音色を吐き出す菊地成孔の耳につけられたピアスが遠いネオンを映して煌く、のが「かっこいい」のだ。

その、人を「たらしこむ」ような風情がたまらない。

瀬戸内寂静さんは、「光源氏の一番の才能は女たらしだ」と言っていた。「女たらし」と「すけべえ」は全然違う。ちょっと源氏物語を読んでみたくなった。歌舞伎町のピアスの話とは、ほとんど関係ないけどね……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 0812 アップ

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願します。

……というわけで?情報クリップダイジェストの先年12月分をアップしましたので、とりいそぎお知らせいたします。

◇情報クリップ・ダイジェスト 2008/12
http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2009/01/200812-6afd.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップダイジェスト 2008/12

◆団塊、趣味の出費旺盛 旅行・パソコン開始に意欲
(1)定年後の団塊男性では三分の一は家計をかなり引き締めている
(2)国内旅行、パソコンなど多くの分野で趣味を持つ人が定年後増えた
(3)かつての趣味を定年後に再開する動きが余暇需要を堀り起こす
[日経MJ/消費分析 08/12/10]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇団塊世代の趣味.com
http://dankai.mukuhai.com/
◇団塊世代と趣味の世界
http://www.fffv-12.net/
◇団塊世代のセカンドライフ
http://life.tomo-club.com/

◆金沢の宿、和風回帰、旅館や町家、改修・再生 外国人に照準
金沢市中心部で和風旅館再生の動きが広がっている。既存の旅館や町家を取得・改修する企業が相次ぐ。金沢市も外国人を受け入れられる和風旅館の改修の補助制度を始め官民の取り組みが広がる。
[日経MJ 08/11/17]
◇「料理旅館金沢茶屋」 HP
http://www.chayaryokan.co.jp/
◇「由屋るる犀々」 HP
http://www.yuyarurusaisai.com/
◇「菊乃や」 HP
http://www.machiya-kanazawa.jp/
◇「村田屋旅館」 HP
http://murataya-ryokan.com/j/index.html

◆伝統芸能に触れよう 能、狂言…小中学校へ"出張"
神奈川県鎌倉市の財団法人「鎌倉能舞台」は、自前の能楽堂を持つ傍ら、全国各地へ飛び出し、子供たちに能を披露している。文化庁の後押しで進められている試みで、子供たちが古典芸術への関心を大いにかき立てるきっかけ作りとなっている。
[産経新聞 08/11/25]
◇鎌倉能舞台 HP
http://www.nohbutai.com/
◇能 狂言 HP
http://www.nohkyogen.jp/
◇能へのいざない 中世に遊ぶ
http://mitleid.cool.ne.jp/nou-intro.htm

◆鶴岡織物の技、新たな命紡ぐ 絹糸の「きびそ」から服・バッグ
蚕が繭を作る際、最初に吐き出す糸を「きびそ」という。そのきびそを使って絹織物を作る取り組みが、山形県鶴岡市を舞台に始まった。いびつでゴツゴツとした絹らしくない質感が逆に面白い味を出しており、有力デザイナーからも注目を集めている。
[日経MJ 08/11/19]
◇鶴岡織物工業組合 HP
http://www7.ocn.ne.jp/~tsuruori/
◇鶴岡kibiso展 について
http://www.japan-product.net/article/archives/category/topics/kibiso
◇須藤玲子氏(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%88%E8%97%A4%E7%8E%B2%E5%AD%90
◇「まとふ」 HP
http://www.matohu.com/
◇「シアタープロダクツ」 HP
http://www.theatreproducts.co.jp/
◇「ミントデザインズ」 HP
http://www.mint-designs.com/
◇「ソマルタ」通販 HP
http://www.nuan.gr.jp/sf/Category.do?catID=10118813

◆「和のもてなし」世界発信 接客指導員に茶の心伝授
アジアを代表するグローバル企業への進化を模索する資生堂。同社が接客の軸と考える「和のもてなしの心」を海外の美容部員にも浸透させ、成長を支える考えだ。
[日経MJ/達人競争力を創る 08/12/12]
◇資生堂 HP
http://www.shiseido.co.jp/
◇グローバルビューティーコンテスト について(Blog)
http://ameblo.jp/hozumi81/entry-10100795448.html

◆メガ直売店盛況、「地産地消」の波に乗れ
・富山・黒部―魚の駅・生地 港の活気を直送
・愛知・大府 げんきの郷 農のテーマパークに
・進む「食の安全」志向 大手スーパーも地元農家と契約
[日経MJ 08/11/17]
◇くろべ漁協 HP
http://www.jf-kurobe.jp/
◇地元の魚をPR 寄島町漁協が直売店をオープン
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2008/12/12/2008121210481771018.html
◇全国農業協同組合中央会 HP
http://www.zenchu-ja.or.jp/
◇JAあぐりタウン「げんきの郷」 HP
http://www.agritown.co.jp/
◇三菱UFJリサーチ&コンサルティング HP
http://www.murc.jp/index.php
◇セブンファーム富里 について(PDF)
http://www.itoyokado.co.jp/dbps_data/_material_/localhost/images/md/fashion/2008_08_21_7f.pdf
◇トップバリュ セレクト について
http://www.topvalu.net/brand/select.html
◇フードマイレージ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8

◆すかいらーく、店舗丸ごと広告媒体、入口にポスター、駐車場に車展示
テーブルや入り口ドアなどを広告媒体として活用する「インストアメディア事業」を始める。グループ二千七百店が対象で、国内の外食チェーンでは最大規模の店舗広告となる。
[日経MJ 08/11/17]
◇すかいらーくグループインストアメディア事業 について(PDF)
http://www.skylark.co.jp/news/news_pdf/081120.pdf
◇ホンダ「ライフ」 HP
http://www.honda.co.jp/LIFE/

◆懐あったか、新顔湯たんぽ かわいくリビングに浸透
燃料高などを受けて、昔懐かしい湯たんぽが装いも新たに復活してきた。最近はリビングルームや屋外で堂々と使うスタイルが定着しつつある。
[日経MJ/ブームの予感 08/11/19]
◇プラザスタイル HP
http://www.plazastyle.com/
◇「そらべあ ゆたんぽ」 について
http://item.rakuten.co.jp/cries/yutanpo_rlk27272/
◇「足湯たんぽ」 について
http://foryou.shop-pro.jp/?pid=5933559
◇和雑貨コラゾン運営の「ノレン」 HP
http://www.noren-net.jp/?gclid=CN-R9ZviwZcCFQsupAodoAnuRw
◇おしゃれ湯たんぽ販売 コラゾン 社長のブログ
http://omura.corazon.main.jp/?eid=151838
◇ムーミン バイヤー日記 にてフリースの湯たんぽカバーの紹介
http://www.moomin.co.jp/blog/buyer/
◇湯たんぽカバー通販「CUSE BERRY」 HP
http://yutanpo-cuseberry.com/

◆スポーツ「自己投資」増やす 試合観戦の頻度・支出は減少
(1)スポーツを観戦する人が減少、観戦時の支出も絞る傾向に
(2)北京五輪をきっかけに商品を購入した人の約6割が薄型テレビを購入
(3)用品購入や施設利用料の支出は増加、「する」スポーツ消費は堅調だ
[日経MJ/消費分析 08/11/19]
◇三菱UFJリサーチ&コンサルティング HP
http://www.murc.jp/
◇生活情報マーケティングデータ「C-NEWS 」HP
http://c-news.jp/c-web/top.do
◇08年スポーツマーケティング基礎調査/Yahoo!リサーチ
http://www.yahoo-vi.co.jp/research/081014.html
◇スポーツ旅行、スポーツ観戦ツアー総合専門サイト「ラウンドトリップ 」 HP
http://www.roundtrip.co.jp/

◆男前な女たち かっちりジャケットに中折れ帽
街行く女性たちに男風の装いが目立ち始めた。クールでシャープな格好良さを求める。そんな「男前なオンナたち」の目にかなった商品や店は不況下でも売り上げを伸ばしている。
[日経MJ/ブームの予感 08/11/21]
◇「ダブルスタンダードクロージング」 HP
http://www.doublestandard.jp/
◇「ギルフィー」 HP
http://www.gilfy.com/top.html
◇パンテーン HP
http://www.pantene.jp/

◆良品計画、機能美探求、「無印」の哲学
西友の自主企画(PB)商品として出発して約三十年。良品計画が販売する「無印良品」は国内外に熱心なファンを持つブランドに進化した。機能とデザインを磨き、消費者需要をくんだ値ごろな商品が多いが、最近は良質廉価をより徹底したニトリやユニクロなどとの競合も激しい。「わけあって、安い」という創業の理念をどう表現し、利用客を増やすかがさらなる成長のカギだ。
[日経MJ/PBの衝撃 08/11/24]
◇無印「ハイブリット式加湿器」 について
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4945247303667
◇無印「お着替えパジャマ」 について
http://www.muji.net/community/mono/mama/wear01/05.html
◇無印「アロマディフューザー」 について
http://www.muji.net/store/pc/user/campaign/campaign080613_02.jsp
◇グッドデザイン賞 HP
http://www.g-mark.org/
◇無印×THONET 椅子について
http://www.muji.net/store/cmdty/section/T00144
◇「THONET」 HP
http://www.thonet.com/

◆自費診療の点滴 バー感覚で疲労回復
最近は病気の治療ではなく、疲労回復や美容を目的に自費診療で打つ人が増えているらしい。点滴だけを専門に行うスペースを設ける病院もあり、人気という。
[産経新聞/近ごろ都に流行るもの 08/11/25]
◇「TENTEKI 10」 HP
http://tenteki.jp/
◇新橋トラストクリニック(保険適用点滴)HP
http://www.trustclinic.jp/index.html

◆共感!!ユニークファンド 酒造り、出版、地域振興
株と同様に配当を期待できる一方、元本割れの恐れがあるものの、損得勘定だけではなく、純粋に作り手らのこだわりに、出資者が共感、「応援マネー」を出すケースもある。出資への不安感を少しでも解消しようと、お金を出す側と生かす側が交流し、信頼関係を築く試みも始まっている。
[産経新聞 08/11/25]
◇ミュージックセキュリティーズ HP
http://www.musicsecurities.com/
◇全量純米蔵を目指す会 HP
http://www.zenryojunmaikura.jp/
◇英治出版 HP
http://www.eijipress.co.jp/
◇地域活性ファンド HP
http://chiiki-kassei-fund.net/?page_id=23

◆蘇る宝島社、3つの航海術
・ムック本快進撃、雑誌改革後押し
・販促、トップ主導、即断即決に 付録と価格を際立たせる
・価格、部数増へ値下げ断行 付録や編集内容によって価格を変えた
[日経MJ 08/11/26]
◇宝島社 HP
http://tkj.jp/
◇ドラマ「チーム・バチスタの栄光」 HP
http://www.ktv.co.jp/batista/
◇ファッション誌「インレッド」 HP
http://tkj.jp/inred/
◇ファッション誌「スウィート」 HP
http://tkj.jp/sweet/
◇ファッション誌「スプリング」 HP
http://tkj.jp/spring/
◇男性ファッション誌「スマート」 HP
http://tkj.jp/smart/
◇宝島チャンネル HP
http://tkj.jp/category/category_001_00001.html

◆崩す形に宿る意志、気鋭デザイナー都内に集結
・吉岡徳仁氏、自然の深淵イスに秘め
新作「ヴィーナス」は、イスの形をした軟らかなポリエステル繊維を薬液に浸して作った。結晶の連なりには作為の跡は見えない。あるのは自然の美しさだ。
・マルティ・ギシェ氏 今を生きる家具 探求
さまざまな色や素材、プリントをミックスすることで、保守的な家具の世界に新しい風を起こす」。
[日経MJ 08/11/26]
◇吉岡徳仁氏 HP
http://www.tokujin.com/
◇吉岡徳仁氏による「ヴィーナス・結晶の椅子」制作プロセス
http://architecturephoto.net/jp/2008/10/post_1113.html
◇マルティ・ギシェ氏 HP
http://www.guixe.com/

◆サントリー、青山に新店、ウイスキーおしゃれに一杯「スプリッツ」
サントリーは十二月三日、ソーダ割りなどカクテルを中心にウイスキーを消費者に広めるためのアンテナショップを東京・南青山に開く。
[日経MJ 08/11/26]
◇「Splitz' Aoyama(スプリッツ アオヤマ)」 について
http://r.gnavi.co.jp/g045635/
◇サントリートピックス(公式Blog)
http://topics.blog.suntory.co.jp/001444.html

◆生活者のための食の安心協議会代表理事横山和成氏
使いやすい生産履歴のトレーサビリティーシステム整備を進めている。「生産地の思いはなかなか消費者に伝わらない。生産者、加工、流通、消費者すべてが一つのテーマで話し合うことが必要」との思いがきっかけとなった。
[日経MJ/フーズWho 08/11/26]
◇生活者のための食の安心協議会 HP
http://www.anshin-shoku.jp/
◇緑提灯 HP
http://midori-chouchin.jp/

◆逆風下マンション完売 地域の生きた情報提供
セキスイハイム東海(浜松市)は「五感で感じる住まう家」を武器に、攻めの姿勢で市場開拓に取り組んでいる。現場の知恵と工夫の持続力が求められる。
[日経MJ/なぜなぜ繁盛店 08/11/26]
◇セキスイハイム東海 HP
http://www.816t.jp/

◆カーボンオフセット、日本版認証制度が始動、「J―VER」、環境資金
主に中小企業や自治体の排出量削減プロジェクトを対象に、認証機関がクレジット(排出削減量)を発行。メーカーや小売店がオフセット商品の開発や販売に使う仕組みだ。
[日経MJ 08/11/26]
◇オフセット・クレジット(J-VER)制度の創設 について
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10418
◇みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/kokumin/
◇動き出すカーボンオフセットビジネス 富士通総研
http://jp.fujitsu.com/group/fri/report/economic-review/200810/page13.html
◇カーボンオフセット、エコポイント、フィットプリントに関する調査 YAHOO!
http://www.yahoo-vi.co.jp/research/080707.html

◆「ネットブック」予想超える急成長
限定的な市場とみられたネットブックは、今やパソコンの市場構造全体に大きな変化をもたらす「破壊者」になりつつある。性能が向上すると期待される来年が本格的にネットブックの実力が試される年になりそうだ。
[日経MJ 08/12/01]
◇ネットブックを「自腹購入」見て、触って、分かった真実(戸田覚のPC進化論)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080925/1019059/
◇ネットブック/UMPCリンク集
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/link/umpc.htm
◇ミニノートPC購入者実態調査 YAHOO!
http://www.yahoo-vi.co.jp/research/080707.html

◆ブロガー記者 影響力と速さ、本職に肉薄
1億総記者時代の到来!? ネット上にブログを開設するブロガーをマスコミ同様、いやそれ以上に扱う企業が目立ってきた。
[産経新聞/近ごろ都に流行るもの 08/12/02]
◇しょこたんぶろぐ
http://blog.excite.co.jp/shokotan/
◇人気ブロガーに賞金100万円 サイバーエージェント について
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20074024,00.htm
◇銀座「小十」 HP
http://www.kojyu.jp/
◇「ルースクリスステーキハウス」 HP
http://ruthschris.co.jp/

◆タワー族に手を伸ばせ
・パーティー、情報交流、団塊Jr、ご近所ライフ満開 友人とパーティー ネットで情報交流
・サークル結成・旅行・BBQ…、リタイア組も交流の輪築く
・コンビニ、レンタカー、首都圏に24万人、開拓余地は広大
[日経MJ 08/12/05]
◇タワーマンション新時代の幕開け 大崎編 All About
http://allabout.co.jp/contents/secondlife_tag_c/hgmansion/CU20080710A/index/
◇芝浦アイランドブルームタワー HP
http://www.shibaura-rent.com/
◇パークシティ豊洲 HP
http://www.ct-toyosu.com/
◇ケータリングサービスの「バンケッタジン」 HP
http://www.banquetajin.com/ecsUserIndex.php?act=ecs_user_Mall_Init
◇分譲マンションへの導入が急増するカーシェアリング
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080401/297649/

◆B級グルメ 地方の救世主!? 予算いらず 町おこしの主役
レジャー施設など多額の予算をつぎ込む従来型の町おこしとは違い、地元に根付く庶民の味は、予算不要の"観光資源"。財政難の自治体も市民団体との提携に前向きで、識者も「外国語で情報発信すれば、海外からの観光客誘致にもつながる」と期待を寄せる。
[産経新聞 08/12/06]
◇B級グルメ大全
http://b-gourmat.hp.infoseek.co.jp/
◇B級ご当地グルメの祭典!「B-1グランプリ」 HP
http://b-1gp.cande.biz/
◇じゃらん「B級ご当地グルメグランプリ」 HP
http://www.watchme.tv/e/bgp/

◆ライオン社長藤重貞慶氏 物語に消費者引き込む
「香りつづくトップ」などヒット商品を相次いで発売している。景気後退で価格が再び下落局面に向かう中、付加価値の高さで消費者をつかみ、利益も支えている。消費者の五感に訴えたマーケティングをさらに磨く。
[日経MJ/トップの戦略 08/12/08]
◇ライオン HP
http://www.lion.co.jp/index2.htm

◆新風吹き込み横丁にぎわい 気軽さ魅力、若者ひきつけ活性化
かつては首都圏のどの駅前にもあり、サラリーマンの哀感を赤ちょうちんのぬくもりで包んできた横丁。再開発が進み、今や風前のともしびだが、一方で新たな「横丁文化」も生まれつつある。
[産経新聞 08/12/07]
◇「人世(じんせい)横丁」 HP
http://www.jinsei-yokocho.com/
◇新宿「思い出横丁」&「焼き鳥横丁」(You Tube)
http://jp.youtube.com/watch?v=swGgWBTHELU
◇吉祥寺「ハーモニカ横丁」 (You Tube)
◇「恵比寿横丁」 HP
http://www.ebisu-yokocho.com/
◇ジェイオフィス東京 飲食店開業のトータルサポート「ネオサポート」 HP
http://www.neosupport.jp/

◆電気自動車対応の家 専用充電コンセントを"内臓"
EV対応住宅の開発研究を、東京工業大学、三菱商事などと共同で進めていたアイフルホームが、、EV高速充電コンセントを標準搭載した戸建住宅「家+庭生活(かていせいかつ)CH08」を30戸限定で新発売した。
[産経新聞 08/12/12]
◇クレヴィアコート北山田 HP
http://www.cck16.jp/
◇アイフルホーム HP
http://www.eyefulhome.jp/

◆イデー、備え付け家具攻勢、まず三菱地所と提携
マンション不況に商機あり? 売れ残り物件の販促ツールに
売れ残ったマンションに家具を備え付け、割安感を出して販売する不動産会社に家具を卸す事業を新たに始めており、マンション向け家具の売上高を二〇一一年二月期で二億円と、〇九年二月期の二倍に引き上げる。
[日経MJ 08/12/12]
◇「イデー」 HP
http://www.idee.co.jp/

◆国内エコツアーDBに、関連NPO法人登録300件めざす
日本エコツーリズム協会は、環境に配慮した国内エコツアー商品のデータベースを構築する。エコツアーを手掛ける事業者から商品登録を受け付け、消費者向けの宣伝活動などを支援する。
[日経MJ 08/12/12]
◇日本エコツーリズム協会 HP
http://www.ecotourism.gr.jp/
◇H.I.S エコツアー HP
http://www.his-j.com/tyo/eco/top.html
◇近畿日本ツーリスト エコツアー HP
http://holiday.knt.co.jp/b/208/

◆伊藤忠子会社、ヤフーと買物調査、商品開発に活用
伊藤忠ファッションシステムはヤフーと共同で、インターネットを使った消費動向調査を始めた。十八―三十五歳の女性をブランドの好みや購入品などでグループに分け、衣料品やファッション雑誌などの評価や買い物行動を調べる。
[日経MJ 08/12/14]
◇「YAHOO! Value Insight」 HP
http://www.yahoo-vi.co.jp/
◇伊藤忠ファッションシステム HP
http://www.ifs.co.jp/home.html

◆モデルハウスやホテル、ギャラリーに変身 現代アート住空間で品定め
ブームが続く現代アート。ギャラリーで絵を買ったものの、自宅の雰囲気と違っていたり、サイズが合わなかったり…。そんな悩みを解消するため、住宅展示場やホテルの部屋に作品を展示し、実際の居住空間に近い形で販売するアートフェアが広がっている。
[産経新聞 08/12/14]
◇小山登美夫ギャラリー HP
http://www.tomiokoyamagallery.com/
◇横浜ホームコレクション HP
http://www.yokohama-hc.com/
◇アグネスホテル「ART@AGNES」HP
http://www.artatagnes.com/2009/

◆日本能率協会総合研究所土井晴子氏 40代以上、高まる節食意識
(1)メタボリックシンドロームという言葉のパワーは〇七年をピークに失速気味
(2)男性の食の見直し傾向は、野菜へのニーズや節制意識が特に40代以降で顕著に
(3)今後も期待される健康機器は「トレーニングできるゲーム機」と「骨密度計」
[日経MJ/消費分析 08/11/26]
◇日本能率協会総合研究所 HP
http://www.jmar.co.jp/
◇野菜等健康食生活協議会 HP
http://www.v350f200.com/
◇健康家族net
http://www.kenkoukazoku.net/
◇メタボリック症候群と健康意識に関する調査 マクロミル
http://www.macromill.com/r_data/20080418metabo/
◇健康意識ネット調査 マイボイスコム
http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/11810/

| | トラックバック (1)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »