« 情報クリップ・ダイジェスト 0902 アップ | トップページ | 春爛漫に脳を侵される不純な遊び密かに流行中 »

2009/03/22

ガンマgtp 34

R0012374_s 先日、血液検査をした。一番の心配はなんといってもガンマgtp値だ。四十数年の飲酒歴は伊達ではない。もちろん「伊達ではない」などという言い方は不適切なのだが、不安感をそんな言葉でまぎらわそうとしているわけだ。…と…と…ところが、検査結果のシートを調べる医者の顔をおそるおそる見ていたら「ガンマgtp34!大セーフ!!」と言われた。その瞬間は、少し気落ちしてしまうほどホッとしてしまった。しかし、そんなことを自慢げに言っている場合ではないのだ。
(写真をクリックしていただくと大きな画像をご覧いただけます)
本当に一番心配なのは、最近、気の置けない友人と呑んでいると、極度に緊張感が欠落して、すぐにフニャフニャになってしまうことだ。もともと緊張感というものに縁の遠い人間なのだが、それでも、男が(もちろん女も)外で酒を酌むからには、多少なりとも緊張感をもって臨まないと

「ばさっと切り捨てられても知らんでえ」

なのだ。やっぱり、前に書いた「節酒信号発信指輪」は必須か?……てゆーか、そんなことをほざいていること自体が「緊張感の多大なる欠落である」と言わざるを得ない……のだろうか……なんて。

|

« 情報クリップ・ダイジェスト 0902 アップ | トップページ | 春爛漫に脳を侵される不純な遊び密かに流行中 »

気分のサンプリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンマgtp 34:

« 情報クリップ・ダイジェスト 0902 アップ | トップページ | 春爛漫に脳を侵される不純な遊び密かに流行中 »