« 「もんじゃ」という名の摩訶不思議 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 0908アップ »

2009/09/18

情報クリップ・ダイジェスト 2009/08

◆南海電鉄と金剛峯寺、東京・青山で高野山カフェ、写経や精進ランチも
9月1~6日の期間限定で高野山の僧侶が写経や瞑想(めいそう)を直接指導してくれるほか、精進料理の要素を取り入れたランチやスイーツを提供する。
[日経MJ 09/07/22]
◇写経&精進スイーツの期間限定「高野山カフェ」 HP
http://www.nankaikoya.jp/cafe/
◇高野山真言宗 総本山「金剛峯寺」 HP
http://www.koyasan.or.jp/

◆神社参拝に女性増加 「日常からの脱却」求め静かなブーム
伊勢神宮や高千穂神社など中高年の観光スポットとみられていた神社で、若い女性の参拝者が増えている。
[産経新聞 09/08/06]
◇伊勢内宮前「おかげ横丁」 HP
http://www.okageyokocho.co.jp/
◇おかげ横丁 について(Blog)
http://nagopi.exblog.jp/i36/
◇伊勢神宮 HP
http://www.isejingu.or.jp/
◇高千穂神社 HP
http://www.town-takachiho.jp/kankou/taka-zi.htm
◇青島神社 HP
http://www9.ocn.ne.jp/~aosima/
◇鵜戸(うど)神宮 HP
http://www.btvm.ne.jp/~udojingu/

◆日本人とこころ 伊東忠太と魑魅魍魎(上)(下)
伊東忠太は、日本最初の建築史家だ。それまでにも古い建築に言及した人はいたはずだけど、学問的な研究対象として、建築史学を拓いたのは伊東だった。とくに法隆寺が世界最古の木造建造物であることを発見したことは、不朽の業績とされている。
[産経新聞 09/07/25]
◇伊東忠太氏 について
http://bunken.lib.pref.yamagata.jp/jin/200303010000166.html
◇伊東忠太氏(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E5%BF%A0%E5%A4%AA
◇大倉集古館 について(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%80%89%E9%9B%86%E5%8F%A4%E9%A4%A8
◇西本願寺伝道院 について
http://www.zoukei.net/kyotosouth/dendouin.htm
◇大雲院祇園閣 について
http://syoindo.noblog.net/blog/r/10271849.html
◇築地本願寺 HP
http://www.tsukijihongwanji.jp/

◆魅力的なファサードの作り方 千客万来型は店内の見せ方重要
お客を選ぶなら店名表示控えめに 外観と店内を一体に見せる工夫も
もとはフランス語で建築物の正面を意味する「ファサード」。店舗にとって、特に路面店にとってはファサードが「この店に入ってみよう」と消費者に決断を促す重要な要素になっている。
[日経MJ 09/07/17]
◇店舗設計「乃村工藝社」 HP
http://www.nomurakougei.co.jp/
◇ハーゲンダッツラ メゾン ギンザ HP
http://www.haagen-dazs.co.jp/maison/

◆子育て"卒業"ミドル女性輝く 主婦の知恵、仕事に生かす
子育てを卒業したミドル世代の主婦が改めて就職し、いきいきと働く姿が注目を集めている。これまで「ブランク(空白)」扱いだった専業主婦の時期でも子育てや日々の家事で培った知恵があり、それが仕事に生かされているようだ。
[産経新聞 09/07/13]
◇総務省・統計局「労働力調査」
http://www.stat.go.jp/data/roudou/
◇アパレルメーカー「ドゥクラッセ」 HP
http://www.doclasse.com/
◇女性と仕事の未来館 HP
http://www.miraikan.go.jp/

◆オーダーメードの花屋さん、顧客の心に夢を咲かせる
素材の持つ個性生かす
東京・南青山の裏通りにあるモダンな建物の地下に、看板もほとんどわからないユニークな小さな花屋がある。フラワー・アーティスト、東信氏(32)が営む「ジャルダン・デ・フルール」だ。
[日経MJ 09/07/22]
◇花のオートクチュール「ジャルダン・デ・フルール」 HP
http://www.jardinsdesfleurs.com/
◇フラワー・アーティスト 東信氏 HP
http://www.azumamakoto.com/
◇東京ミッドタウン「21_21 DESIGN SIGHT」 HP
http://www.2121designsight.jp/
◇アディダスプランツ×東信 コラボ について
http://www.sneaker.co.jp/cgi-bin/item.cgi?item_id=AG04155&ctg_id=YY001&page=1

◆若者向け農業雑誌、創刊、ギャルの米作り連載等、カッコイイ農家PR
農業をテーマにした若者向け季刊雑誌「Agrizm(アグリズム)」が16日、創刊した。想定読者は20~35歳。
[日経MJ 09/07/22]
◇農業経営者発刊「Agrizm(アグリズム)」 HP
http://www.farm-biz.co.jp/2009/02/01-070010.php
◇藤田志穂氏ブログ「ギャル社長はどこへいく!?」
http://ameblo.jp/fujitashiho

◆地域再生に美術の力 「現代美術と過疎地」
アートディレクターの北川フラムさんがこの夏、引っ張りだこだ。4回目を迎える「大地の芸術祭 越後妻有(つまり)アートトリエンナーレ」(新潟県十日町市、津南町)をはじめ、新潟市や大阪市でも大規模なアートの企画を手がける。
[朝日新聞 09/07/22]
◇「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」 HP
http://www.echigo-tsumari.jp/2009/index.html
◇北川フラムのブログ
http://blog.goo.ne.jp/echigotsumari?sess=09a104758ebfffb76a2b60c46a97aa04
◇北川フラム氏 について
http://www.artfront.co.jp/jp/afg01_6.html
◇日本海政令市にいがた 「水と土の芸術祭2009」 HP
http://www.mizu-tsuchi.jp/
◇川と生きる都市大阪を体感できるイベント「水都大阪2009」 HP
http://www.suito-osaka2009.jp/
◇「瀬戸内国際芸術祭2010」 HP
http://setouchi-artfest.jp/
◇ベネッセコーポレーション HP
http://www.benesse.co.jp/

◆ブログ活用の販促術 芸能人ブロガーに執筆依頼、イベントと連動
「ネタ」提供へ書き手を招待
自社製品やサービスの広告・宣伝手段にブログを活用する企業が増えている。読者が多くついている芸能人や一般人ブロガーが取り上げると、ネット上で口コミで広がり、大きな宣伝効果が生じることもある。
[日経MJ 09/07/24]
◇口コミ分析サービス「CyberBuzz」 /サーバーエージェント
http://www.cyberbuzz.co.jp/
◇ミスタードーナツ×モスフード「MOSDO!」 HP
http://mosdo.jp/
◇アメーバGG プレミアム ビューティー プロジェクト について(Blog)
http://ameblo.jp/avecy/entry-10284094632.html
◇アメーバ口コミ番付スタッフブログ
http://ameblo.jp/kuchikomistaff/theme-10003343882.html
◇日本サムスン HP
http://www.samsung.com/jp/

◆好調ソーラー住宅 環境意識の高まりを補助金が後押し
クリーンでメンテナンスが簡単な太陽光発電システムを装備したソーラー住宅が人気だ。府や自治体の補助金制度が登場する一方、住宅メーカーも相次いで販促策を打ち出し、注目が高まっている。
[産経新聞 09/07/24]
◇太陽光発電協会 HP
http://www.jpea.gr.jp/
◇太陽光発電システムとは? メーカー比較/PV-ソーラーライフ.com
http://www.pv-solarlife.com/taiyoko/hikaku.htm

◆キャンプの魅力 自然の楽しみゆったりと
お金をかけずに、自然を楽しみ、自慢の料理を披露して、家族や仲間たちと語り合いながら、ゆったりとした時間を過ごす。これが現代人の考える最高のぜいたく。キャンプが今年の夏休みの主役になるのは間違いない。
[日経MJ/日経おとなのOFF 尾島和雄編集長のオトナ行動学 09/07/24]
◇オートキャンプポータルサイト「家族でオートキャンプ」 HP
http://www.fmcamp.com/
◇社団法人日本オートキャンプ協会 HP
http://www.autocamp.or.jp/
◇MAPPLE キャンプ場ガイド
http://www.mapple.net/camp/

◆常盤薬品工業―青山クリエイティブセンター
(1)商品企画や広告宣伝などを担う拠点
(2)社員らがオフィス設計にかかわった
(3)部署の垣根を越えて議論を促すために工夫
[日経MJ/戦略拠点あすを拓く 09/08/12]
◇常盤薬品工業「青山クリエーティブセンター」 HP
http://www.tokiwayakuhin.co.jp/aoyama/
◇化粧品「ノエビア」 HP
http://www.noevir.co.jp/index.htm

◆優れモノ、電子看板 細かい情報提供可能に
街頭や商業施設に置かれたディスプレーに広告を表示する「電子看板(デジタルサイネージ)」が、注目を集めている。デジタル通信技術を活用して画像や動画を表示するのが特徴で、「新しい広告手法」として流通業界で導入が進んでいる。
[産経新聞 09/07/26]
◇大日本印刷 デジタルサイネージ『トールビジョン』 について
http://www.dnp.co.jp/jis/news/2009/090625.html
◇NEC電子掲示板・電子看板システム HP
http://www.nec.co.jp/solution/video/sq0.html

◆ポイント、Tシャツで「音」提供、携帯向け、タグにQRコード
ポイントは主力ブランド「グローバルワーク」で、携帯電話を通じて小川のせせらぎやSL列車の汽笛など様々な音を聞くことができるTシャツ「音T」を8月1日に全国約140店で発売する。
[日経MJ 09/07/24]
◇グローバルワーク「音T」 について
http://www.globalwork-ec.jp/product/ItemDetail.do?itemCd=440733

◆IKEA 懐かしさ誘う木材の薫り、持続性にこだわった家具
9月から、新素材などを使った「PSコレクション」を販売する。今回はなじみ深い素材や懐かしさが感じられる形に新技術を組み合わせるなどした71種類が登場する。
[日経MJ 09/07/29]
◇IKEA PSコレクション HP
http://www.ikea.com/jp/ja/rooms_ideas/PS/index.html

◆11年流行色日本で決める 秋冬向け、11月に選定会議
2年後の流行色を決めるインターカラー(国際流行色委員会)は11月30日から2日間、日本で初めて選定会議を開く。
◇日本ファッション協会 流行色情報センター HP
http://www.jafca.org/

◆食の祭典in軽井沢、地元食材に舌鼓 美食ハンター、クーカル満喫
シェフと生産者結ぶ 山梨・奈良にも開催地広がる
ひと夏限りの夢のレストラン――。2006年から毎夏、長野県軽井沢町で開催されているフードフェスティバル「クーカル」。地元産食材を使い、一流シェフが腕を振るう
[日経MJ/ブームの予感 09/07/31]
◇軽井沢 フードフェスティバル「クーカル」 HP
http://www.cucal.net/2009/?area=karuizawa
◇門前中町イタリアン「 パッソ・ア・パッソ」 について (Blog)
http://ameblo.jp/hime-ameblo/entry-10281510075.html
◇フレンチレストラン「レカン」 HP
http://www.lecringinza.co.jp/
◇祇園「さゝ木」 について
http://www.kyoto-okoshiyasu.com/eat/gionsasaki/
◇恵比寿 フレンチレストラン「イレール」 HP
http://www.irreel.jp/

◆オーガニック 感動呼ぶ光明 仏学校給食ドキュメンタリー 
[産経新聞 09/08/02]
オーガニックで未来の食卓を救え-。フランスの小さな村で、学校給食をオーガニック食材にする試みを追ったドキュメンタリー映画「未来の食卓」が今月、日本で公開される。
◇未来の食卓 HP
http://www.uplink.co.jp/shokutaku/
◇世界のオーガニック事情 オーガニック給食では一歩先を行くイタリア について
http://www.euofa.jp/journal/archives/2003/12/post_64.shtml
◇オーガニックEXPO HP
http://www.biofach.jp/
◇元祖玄米食レストラン 六本木「一億」 について
http://e-food.jp/roppongi_blog/archives/2005/09/post_29.html

◆「野菜ソムリエ」、青果物のブランドに、フードディスカバリー
民間資格「野菜ソムリエ」向け講座などを手がけるフードディスカバリーは、「野菜ソムリエ」ブランドを付けた業務用青果物の販売に乗り出す。同資格の知名度を生かし、付加価値のついた青果物を扱いたい飲食店などに、全国の青果卸などを通じて売り込む。
[日経MJ 09/08/03]
◇野菜ソムリエ認定機関「フードディスカバリー」 HP
http://fooddiscovery.jp/
◇日本ベジタブル&フルーツマイスター協会 HP
http://www.vege-fru.com/

◆平面と立体、優美に往来、花瓶もコーヒー皿も…、二兎追い感性に磨き
アートディレクターの植原亮輔氏は多くの企業の広告やグラフィックデザインを手がける「ドラフト」という会社に席を置き、企業向けの仕事をする一方で、「ディーブロス」と名付けた社内プロジェクトで数多くのプロダクトデザインも手がけている。2次元(平面)と3次元(立体)、双方の活動をこなしている。
[日経MJ 09/08/05]
◇「ディーブロス」 HP
http://www.d-bros.jp/
◇ディーブロス通販 HP
http://www.visionscoax.jp/brand/d_bros.html
◇植原亮輔氏 ブログ
http://www.phofa.net/blog/uehara/
◇植原亮輔氏 について
http://spysee.jp/%E6%A4%8D%E5%8E%9F%E4%BA%AE%E8%BC%94/1144552/
◇渡邊良重氏 について
http://www.buk.jp/designer/watanabe_yoshie/
◇シアタープロダクツ HP
http://www.theatreproducts.co.jp/

◆コクヨS&T、書類はみ出さず、はれるノート
コクヨS&Tは、書類がはり付けやすいノートを発売する。書類がはみ出ないように通常のB5サイズのノートより一回り大きくする。
[日経MJ 09/08/07]
◇コクヨS&T「キャンパスノート」「キャンパス ツインリングノート」 について
http://www.kokuyo.co.jp/press/news/20090803-002.html

◆日本製品売り込め!「アジア流行地図」で支援、経産省が作成
経済産業省は衣料品や化粧品、歌などアジア各地で注目を集める日本製品のアジア販売を支援する。アジア各国・地域の個人消費の動向や流行を分析した「アジア消費トレンドマップ」を来年3月末までに策定。
[日経MJ 09/08/10]
◇経済産業省「アジア消費トレンドマップ研究会」 について(Blog)
http://apalog.com/cooljapan/archive/109

◆キッズデザイン賞大賞、蒸気レス炊飯器
大賞には三菱電機の「蒸気レスIHジャー炊飯器」を選んだ。コメを炊く際の蒸気が外に出ない設計で子どものやけどを防ぐ。
[日経MJ 09/08/10]
◇キッズデザイン協議会 HP
http://www.kidsdesign.jp/
◇2009年キッズデザイン賞 について (PDF)
http://www.kidsdesignaward.jp/pdf/090805release.pdf

◆樽の息づかいかぐわしく、部材再利用の「ブレンド」家具
材質や形、ストーリー醸す
サントリーホールディングスは今秋、ウイスキーを造るための樽(たる)を再利用した家具「樽ものがたり」の新製品「ブレンドシリーズ」を発売する。テーマは文字通り「ブレンド」
[日経MJ 09/08/12]
◇サントリー「樽ものがたり」 HP
https://ssl1.suntory.co.jp/apl/oss/taru_shop/top

|

« 「もんじゃ」という名の摩訶不思議 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 0908アップ »

情報クリップ09」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップ・ダイジェスト 2009/08:

» 『っポイ!』ひと夏の経験!? [『っポイ!』ひと夏の経験!?]
『っポイ!』ひと夏の経験!?の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「『っポイ!』ひと夏の経験!?」へ! [続きを読む]

受信: 2009/09/18 04:02

« 「もんじゃ」という名の摩訶不思議 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 0908アップ »