« あけましてゴホッ!で、情報クリップダイジェスト・アップ。 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2010/01 アップ »

2010/01/27

喉元過ぎればなんとやらではいけないのですが

R0013625_s

先週、左の首筋が固まった。比喩ではない。文字通り、芯のほうから凝り固まって、鈍くて重い悲鳴をあげているような感じだ。この年になると、ちょっとした不具合が日常になってしまい、絶好調はかえって不安にを招くような感じもするのだが、これはちょっとした不具合どころではない。少し姿勢を変えるだけで、左首筋から発令された「ぎゃおす波」が、頭の先から膝下までを駆け巡る。
仕事が異様なまでに忙しかったので(これも正月インフルの後遺状況。なんか、最近、そんな話題ばっかしやなあ・・・・・)休むに休めず、変態的キチョーメンな姿勢(つまり、あらっ?と思っても首をかしげることもできないわけだ)で、新しい企画のストーリーなんかを考えたりしていたのだが、この状況では

シャクシジョーギなアイデアしか

生まれようがないではないか。これはイカン。どーしよーもない。と。いう。ことで・・・うっ・・・いたたた・・・近所の。整形。外科。医・・・・に##と。びこん。で・・・・レントゲンを撮ってもらって、まあ、骨はすり減ってませんね、ですけどね、年齢相応に少しゆがんでますけどね、などと言われて、薬を処方してもらって帰ってきた。
食後に3回、薬を3錠づつ。塗り薬を一日に3回塗ったら、「あらら」という感じでケロッと治ってしまった。考えようによっては、こっちのほうが怖いのかも知れない。体調管理には気をつけよおおおっと・・・・・などと思う間もなく、「喉元過ぎればなんとやら」はいまだに健在で、ちょっと安心してしまうのであった。

|

« あけましてゴホッ!で、情報クリップダイジェスト・アップ。 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2010/01 アップ »

気分のサンプリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喉元過ぎればなんとやらではいけないのですが:

« あけましてゴホッ!で、情報クリップダイジェスト・アップ。 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2010/01 アップ »