« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/27

こがねもちはにわもちだ?

R0014058_s

先週の土曜、トシュカの仕事に関連して、もりちゃんと一緒に立川で開催されていた「グリーン&ガーデニングショー」に行ってきた。天気予報では晴れてあったかくなるということだったが、今にも雨がふりそうな天候だ。それにもかかわらず、大勢の人が入場していた。先行き不透明な経済状況で家計防衛傾向が強い中でも、ガーデニングは人気があるのだと痛感した。こんな状況だからこそ、いっそう身近なところで自然と触れあいたいという気持ちもわからないではないけれど、別に自分ちの庭に「閉じられた自然」を作らなくても、遊びかたはいくらでもあるのに・・・・・と狭いマンション暮らしの僕は、ほんの少し拗ね気味に思う。

うちから半径300m内の樹木巡りツアー

を企画してみようか。そのツアーマップをつくり、1ヵ月ごとに樹木の様子を定点撮影してみるのもいいかもしれない。
ほんとは今日のガーデニングショーでトシュカの土壌改良材の売り込みアプローチをはかれそうな業者と話をしたかったのだけど、一般のお客が多過ぎて、とてもそんなことをする隙間などなかったから・・・・・つい、そんなことを考えてしまったわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/18

情報クリップダイジェスト 2010/02 アップ

R0013987_s

昨夜は一億で2つのイベントをまとめたパーティがあった。一つ目はピアノさんの還暦祝い。「還暦」と言えば昔なら、人生を極めた人を祝うようなイメージがあった。でも、僕を見ればわかるように「まだまだガキ」が実態だ。もちろんピアノさんは、僕なんかよりずっと「大人」なのだが、それでも、「還暦」は人生の前半をやっと終えて、後半の活躍を願い祝うイベントだと思う。ピアノさんの人生の後半に乾杯!

そして、もうひとつのイベントは神子島まゆみねえさんが

やっと2歳を迎えたお祝いだ。

上の位は省略してるけど。2歳と言えば「青二才」。青二才はあまりいいイメージで使われる言葉ではないが、なんとなく「青春まっただなか」という感じがする。まゆみちゃんは、ちょっと仕事を休憩するみたいだけど、相変わらず「青春まっただなか」に変わりはない。そんな神子島ねえさんに乾杯!!
(上の画像は昨日のものではなくて、4月3日に中目黒で花見をした時のもの。まあ、同じ面子が揃ってるからいいか。画像をクリックすると大きい写真がご覧になれます。)

などと、呑みすぎた翌日は少し二日酔い気味で、絶好の「情報クリップダイジェスト」アップロード日和になるわけだ。

情報クリップダイジェスト 2010/03
http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2010/04/201003-24f8.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップダイジェスト 2010/03

◆奈良県橿原市 町家活用へ空き家融通
東西約600メートル、南北約300伝統的な町家が数多く残る奈良県橿原市今井町で、空き町家と居住希望者を橋渡しするメートル。(NPO法人)「今井まちなみ再生ネットワーク」が成果を上げている。
[日経MJ/湧き出す地域パワー 10/02/22]
◇今井まちなみ再生ネットワーク HP
http://web1.kcn.jp/imaisaisei-net/
◇宿泊体験施設「今井庵・楽」 について(Blog)
http://blogs.yahoo.co.jp/kmaljp/9726326.html

◆伊トッズ、芸妓に学ぶバッグ、海外勢、伝統や技も重用
繊維素材の世界最大級の国際見本市、仏プルミエール・ヴィジョンでは日本企業の受賞が相次いでいる。ただ、「ジャパン」への注目は素材だけにとどまらない。
[日経MJ 10/03/03]
◇「仏プルミエール・ヴィジョン09年」 について(Blog)
http://blog.megusportfolio.com/?eid=370382
◇仏プルミエール・ヴィジョン09年イノベーション賞受賞 岐阜「いわなか」 HP
http://www.iwanaka.co.jp/
◇仏プルミエール・ヴィジョン09年ハンドル賞受賞 岡山「ショーワ」 HP
http://www.optic.or.jp/com/syouwa/syouwa.html
◇伊高級革製品ブランド「トッズ」 HP
http://www.tods.com/
◇トッズが着物とバッグのコーディネート提案「WABI]コレクション について(Blog)
http://fashion.yahoo.co.jp/news/detail/9889/
◇独デザイナー ジル・サンダー氏 HP
http://www.jilsander.com/
◇日本ファッションプロダクト協会 HP
http://www.japan-product.net/
◇和歌山 「丸和ニット」 HP
http://www.maruwa-knit.co.jp/
◇ギリシャのデザイナーミハイル・ギニス氏 HP
http://www.michailgkinis.com/
◇ロンドンの高級紳士服テーラーティモシー・エベレスト氏 HP
http://www.timothyeverest.co.uk/
◇倉敷 オーダージーンズ「ベティスミス」 HP
http://www.betty.co.jp/order/

◆ジャパン素材に脚光
アウトドア系高級ブランドの「ハンティングワールド」は4月、国産のシルク素材を使ったトートバッグと帽子、ストールの商品群「KIBISO(キビソ)」を発売する。日本素材・日本企画商品は同社初だ。
[日経MJ 10/]
◇バッグ・革製品「ハンティングワールド」 HP
http://www.huntingworld.com/
◇ハンティングワールド×KIBISO について/加藤紘一 HP
http://www.katokoichi.org/ltt/20100119.html
◇絹の街「鶴岡織物工業協同組合」 HP
http://www7.ocn.ne.jp/~tsuruori/

◆東京・上野で企画展 海を渡った日本の絵本
各国の「魔女の宅急便」 「浦島太郎」から「魔女の宅急便」まで、実は世界30カ国以上で翻訳され、海外でも広く読まれている日本の絵本。翻訳先に合わせ、絵や物語が変わった作品もあり、絵本から各国のお国柄が見える企画展が東京・上野の国際子ども図書館で開かれている。
[産経新聞 10/03/08]
◇国際子ども図書館 「日本発☆子どもの本、海を渡る」 HP
http://www.kodomo.go.jp/event/exb/bnum/tenji2010-01.html
◇「日本発☆子どもの本、海を渡る」展 について(Blog)
http://with-kids.seesaa.net/article/141755429.html

◆瀬戸焼の未来 コラボで拓く 愛陶工、デザイナー集団と連携
愛知県瀬戸市を中心に生産される歴史ある陶磁器「瀬戸焼」の新たな可能性を探るため、東京のデザイナー集団との連携プロジェクトが始まった。名付けて「SETOLABO」。商品開発にとどまらず、ブランディングや販売戦略でもタッグを組んだ。
[日経MJ 10/03/03]
◇愛知県陶磁器工業協同組合 HP
http://www.aitohko.com/
◇タイルの「大和窯業」 HP
http://www.yano.ne.jp/daiwa/
◇麻布かいわいの17人デザイナーたちの「集団24azabu.net 。」
http://24azabu.net/
◇カサハラデザインワーク HP
http://www.kasahara-design.com/
◇グラフィック・インテリアデザインユニット「6D」 HP
http://rokud.com/
◇KAJIYA-PRODUKT HP
http://www.kajiya-produkt.jp/
◇店舗デザイン・設計の「LIN」 HP
http://www.lin-inc.com/
◇インテリアに関わるデザイン「吉田貴子デザインスタジオ」 HP
http://yoshidadesign.jp/
◇69回東京インターナショナル「ギフトショー春2010」 HP
http://www.giftshow.co.jp/tigs/69tigsinvitation/
◇東京ギフトショー開幕 について/AVWatch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100204_346848.html

◆ツイッター割引相次ぐ、登録者に応じ幅決定
「ツイッター」を割引サービスに活用する店が現れた。来店客のつぶやきを読んでいる人の数に応じて値引き幅を決めるのがミソで、影響力の大きい人による口コミ効果が見込める。
[日経MJ 10/02/12]
◇すし処さいしょ「SushiSaisho Twitter」
http://twitter.com/SushiSaisho
◇文具店すごろくや「SGRK Twitter」
http://twitter.com/sgrk
◇杉並の玩具店「すごろくや」Twitter について(Blog)
http://totoron3.blog.so-net.ne.jp/2010-02-03
◇世田谷区のレストランパクチーハウス東京「Kyo paxi Twitter」
http://twitter.com/Paxi

◆TSUTAYA  Lifestyle CONCIERGE(東京・港)
本+CD、9つの世界  テーマ別に一体陳列 DVDや雑貨も
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は2009年12月に、新型店「TSUTAYA Lifestyle CONCIERGE」を、東京・六本木の東京ミッドタウン内の既存店を改装して開いた。コンシェルジュ(接客係)という店名が示すように、コンセプトはずばり「提案型店舗」。
[日経MJ/ホットスポット 10/02/22]
◇カルチュア・コンビニエンス・クラブ HP
http://www.ccc.co.jp/index.html
◇TUTAYA Lifestyle CONCIERGE について/TUTAYA BLOG
http://ameblo.jp/tsutaya-2025/entry-10403346271.html

◆若者とアート離島でミート、瀬戸内の小島が沸騰、産業遺産でエコ体感
今夏に国際芸術祭
現代アートを目当てに離島へ渡る若者が増えている。1世紀前の産業遺産がある、瀬戸内海の小島には人口の100倍以上の観光客が押し寄せる。単に作品を鑑賞するのではなく、作品が島の歴史や文化と調和しているところを魅力と感じているようだ。
[日経MJ/ブームの予感 10/02/24]
◇「犬島アートプロジェクト(精錬所)」 HP
http://www.inujima-ap.jp/
◇大人のための社会見学 犬島アートプロジェクト「精錬所」 について(Blog)
http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20090502/1241622981
◇アートと海を巡る百日間の冒険「瀬戸内国際芸術祭2010」 HP
http://setouchi-artfest.jp/
◇実際に入浴できる美術施設「直島銭湯I◆湯」 HP
http://www.naoshimasento.jp/
◇大竹伸朗氏「全景」HP
http://shinroohtake.jp/
◇甑島で、つくる。「KOSHIKI ART PROJECT 2009」 HP
http://koshikiart.chesuto.jp/
◇平嶺林太郎さんに聞く「甑島で、つくる。」 について/ASAHI ART FESTIVAL
http://www.asahi-artfes.net/news/2009/07/post-7.html

◆リサイクルショップ 30代、利用経験73% 
入手したモノ「書籍やマンガ」46%
日経産業地域研究所の調査では、6割の人がリサイクルショップの、4割の人がフリーマーケットの利用経験があり、必ずしも新品にこだわらなくなっている風潮を物語る。家計の節約のほか、不要なモノの処分にも利用されている。
[日経MJ/1000人の家計簿 10/02/24]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇リ・ファッションの普及事業を行なっている「日本リ・ファッション協会」 HP
http://www.refashion.jp/
◇リサイクル品取扱店「パス・ザ・バトン」 HP
http://www.pass-the-baton.com/
◇物々交換 古着 リサイクルの「fazoo」 HP
http://www.fazoo.jp/
◇日本フリーマーケット協会 HP
http://www.freemarket-go.com/top.htm

◆経年美化の家、自然の力駆使 積水ハウス、次世代型住宅探る
屋上の天窓、空気を循環
夏は涼しく、冬は暖かい家――。積水ハウスが2006年6月に開設した研究施設「サステナブルデザインラボラトリー」(東京都国立市)は次世代住宅のデザインを研究している。
[日経MJ 10/02/24]
◇積水ハウス「サステナブルデザインラボラトリー」 HP
http://www.sekisuihouse.co.jp/sdl/
◇積水ハウス「サステナビリティ レポート」/08年度冊子報告内容
http://www.sekisuihouse.co.jp/sustainable/2009/profile/rd/report.html

◆良品計画、消費者らと商品開発、第1弾は野菜栽培セット
良品計画は、外部識者と消費者の3者で商品の共同開発を始める。まず第1弾として野菜栽培セットを3月に発売。発売後に消費者の声を募集して識者と良品計画とで商品に修正を加え、改良したものを来年春に再発売する。
[日経MJ 10/02/26]
◇良品計画「野菜栽培セット」 について
http://ryohin-keikaku.jp/news/2010_0226.html

◆ドウシシャ、提案力で最高益、ヒット発掘、問屋の本領、スピード開発
ヒット商品を発掘するという問屋の本領を発揮できるのは(1)意思決定の迅速さ(2)消費者目線の企画(3)新規分野の追求――の3つのキーワードを徹底しているからだ。
新しいエコ商品として注目が集まる発光ダイオード(LED)電球。昨年末からホームセンター大手のDCM Japanホールディングスやイトーヨーカ堂の店頭に並ぶ格安商品が業界の話題を集めている。
[日経MJ 10/03/05]
◇総合卸「ドウシシャ」 HP
http://www.doshisha.co.jp/
◇オリオン電機 HP
http://www.orion-electric.co.jp/jp/index.html

◆ネットワーク家電、データ規格統一へ指針、PC周辺機器3社推進組織
家庭内に小型サーバーを置いてテレビ、パソコンなどを接続するネットワーク家電の普及を目指す動きが出てきた。このほどパソコン周辺機器メーカーが中心となり推進組織が発足した。
[日経MJ 10/03/05]
◇デジタルライフ推進協会 HP
http://dlpa.jp/
◇パソコン周辺機器メーカー「アイ・オー・データ機器」 HP
http://www.iodata.jp/
◇パソコン周辺機器メーカー「メルコホールディングス」 HP
http://melco-hd.jp/jump/
◇パソコンソフト開発「デジオン」 HP
http://www.digion.com/

◆自然満喫、満月ツアー 五感を刺激、非日常の世界へ
月あかりを浴びながら楽しむアウトドア体験が注目を集めている。キラキラ輝く雪原を優しい月光に包まれ歩くスノーシュー(西洋かんじき)、水面に映った月を眺め湖面を滑るカヌーツアー――。
[日経MJ/ブームの予感 10/03/08]
◇日本一の朝プロジェクト from 八ヶ岳南山麓  HP
http://asa-pro.net/
◇スノーシュー専門Webサイト
http://www.snowwalk.com/
◇ムーンライトスノーシューイング・美ヶ原の紹介(その1)
http://www.sai90.net/SUNO12/index.html
◇ムーンライトスノーシューイング・美ヶ原の紹介(その2)
http://www.sai90.net/suno21.html
◇ムーンライトスノーシュー or 八ヶ岳でのスノーシュー について
http://hitoiki.in/cn8/moonlightss.html
◇若狭・三方五湖の自然と「あそぼーや」 HP
http://www.pamco-net.com/asobo-ya/
◇日本スノーシューイング連盟  HP
http://www.chikyunetwork.org/Snowshoe/cc_snowshoe.htm

◆大豆レボリューション 種まき、育て 心に「栄養」
大豆は日本人になじみ深いが、多くを輸入に頼っているのが現状だ。こうした中、食料自給の大切さを考え、大豆を自分で育てる活動が実を結びつつある。その一つ「大豆レボリューション」。
[産経新聞/ニッポンの食、がんばれ! 10/03/04]
◇大豆レボリューション「トージバ」 HP
http://www.toziba.net/
◇有機農家 みやもと山「やさい暮らし」 HP
http://www.yasai-gurashi.com/shop/miyamotoyama/
◇産経新聞社「ニッポンの食、がんばれ!」 HP
http://www.nippon-shoku.com/

◆米穀店の「ソムリエ」が一役 魅力伝え「主食」復活を
ソムリエのように銘柄ごとの味わいを伝える米穀店がある。嗜好品を選ぶように、米の魅力を伝えることで「主食」は復活できるのか。
[産経新聞/ニッポンの食、がんばれ! 10/03/01]
◇五つ星お米マイスターのこだわり米専門店「スズノブ」 HP
http://www.suzunobu.com/
◇産経新聞社「ニッポンの食、がんばれ!」 HP
http://www.nippon-shoku.com/

◆神戸旧居留地25番館 歴史薫る街にブランド集う
阪神・淡路大震災で途絶えた老舗ホテルの名称を継いだオリエンタルホテルを核に、西日本初の高級衣料雑貨店「バーニーズ・ニューヨーク」や仏高級ブランド「ルイ・ヴィトン」の旗艦店が入居。ファッション発信地の真ん中で高感度の顧客を集める象徴的な存在になりそうだ。
[日経MJ/ホットスポット 10/03/08]
◇神戸旧居留地25番館 HP
http://www.kobe25th.jp/
◇高級衣料雑貨店「バーニーズ・ニューヨーク」 HP
http://www.barneys.co.jp/
◇「ルイ・ヴィトン メゾン」 ルイ・ヴィトン 神戸  について(Blog)
http://ameblo.jp/itoboo/entry-10468709377.html
◇ホテル・レストラン等の運営・企画とコンサルティング「プラン・ドゥ・シー」 HP
http://www.plandosee.co.jp/
◇神戸旧居留地25番館 について (Blog)
http://blog.goo.ne.jp/so-long7/e/508a53e783985b095503ced6ff9db6dc?st=1

◆色もエコが主流 カワセミブルー、ウグイスメタリック…の車 
最近登場した新車に、動物や食べ物にちなんだ名前のボディーカラーが採用されている。環境に優しいイメージをアピールしたり、女性に関心を持ってもらおうという狙いだ。
[産経新聞 10/03/07]
◇三菱 新型RVR車 テーマカラー「カワセミブルー」 について
http://www.carview.co.jp/news/1/124406/
◇「カワセミブルー」車の色もエコ主流 について/日経MJ
http://keizainews305.seesaa.net/article/143035088.html
http://www.jafca.org/
◇流行食情報センター「歴代グランプリ、ファッションカラーショー」 について
http://www.jafca.org/seminar/autocolor/auto-color-awards.php
◇自動車のボディーカラー、人気ランキングを発表 について
http://jp.autoblog.com/2009/12/03/popcolour/

◆容器包装もエコ「軽装化」 ゴミは"元"から根絶
リサイクルに回すより、最初からゴミを減らそうと、食品や日用品の容器包装の簡易化が進んでいる。容器包装が"薄着"かどうかが、商品選びの新たなチェックポイントとなるのだろうか。
[産経新聞 10/03/08]
◇NPO法人「ごみじゃぱん」 HP
http://gomi-jp.com/
◇容器包装リデュース策検討プロジェクト HP
http://www.ceis.or.jp/reduce/

◆香りの空間演出 見えない力をビジネス活用
100種以上ある原料から、企業の求めに応じて香りを調香する、アットアロマのアロマ空間デザインディレクター深津恵さん。人の情緒に深い印象を残す香り。その力をビジネスに生かす企業が増えている。
[産経新聞/近ごろ都に流行るもの 10/03/08]
◇アロマで空間デザイン「アットアロマ」 HP
http://www.at-aroma.com/
◇箱根町「富士屋ホテル」 HP
http://www.fujiyahotel.jp/
◇富士屋ホテル×アットアロマ について
http://www.at-aroma.com/aroma/clients/fujiya.html
◇ホテル経営情報誌「週刊ホテルレストラン」発行 オータパブリケイションズ HP
http://www.ohtapub.co.jp/

◆広告不振の裏にツイッター 少ない費用で宣伝効果
企業が作り出す"ネタ"が面白ければ自然にクチコミで広がり、想定以上の成果を得られる状況になった。09年は新しい口コミメディアの普及と未曾有の不況が重なり、企業は少ない広告投資で大きな効果が上げられることに気づき始めた。
[日経MJ/日経ネットマーケティング 渡辺博則編集長のIT新事情 10/03/01]
◇ハミルトン島で世界一贅沢な仕事はいかが?
http://allabout.co.jp/travel/travelaustralia/closeup/CU20090114A/
◇カンヌ国最広告際 HP
http://www.canneslionsjapan.com/
◇ROI について/IT情報マネジメント用語事典
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/roi.html
◇am/pm スゴイ祭り について/マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/12/016/

◆「ワイン債」応募殺到 長野・塩尻市 魅力は「1本贈呈」
購入希望の応募は発行総額2億円に対し、総額6億6000万円に上った。市民公募債の多くは資金が集まりにくく、実施自治体も減少しているが、ワイン債はアイデアを凝らせば、"販路"を十分に拡大できることを示したといえそうだ。
[産経新聞 10/03/13]
◇しおじりワイン債 について
http://www.city.shiojiri.nagano.jp/ctg/160202/160202.html

◆ベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン」欧州の空気感再現
欧州発祥のベーカリーレストランが日本に進出する。オーガニック中心の素材にこだわった自然派のベーカリーレストランで、欧米を中心に世界17カ国132店舗を展開中だが、アジアでは初の出店となる。
[産経新聞 10/03/15]
◇ベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン」 HP
http://www.painquotidien.com/
◇ベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン」 について/All About
http://allabout.co.jp/gourmet/bread/closeup/CU20100304A

| | トラックバック (1)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »