« ボンベイサファイアの浮遊感よりも | トップページ | 松山画伯のれれれのれ!とともに情報クリップ・アップ »

2010/07/14

情報クリップダイジェスト 2010/06

◆エコ参加、「気軽さ」重視  負担なき貢献には意欲
(1)環境対策に関して「支出が伴わず、気軽にできる貢献」なら約半数が前向き
(2)企業や商品が環境に配慮しているかどうかは、消費者の商品選択を大きく左右
(3)商品それぞれが持つ特性を踏まえた環境配慮を消費者は期待
[日経MJ/消費分析 10/05/19]
◇地球環境保護に関する消費者の実態と意識 (PDF)/日本総研
http://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/pdf/column/study/4917/detail.pdf
◇日本総合研究所 HP
http://www.jri.co.jp/
◇ネットリサーチの「マクロミル」 HP
http://www.macromill.com/
◇企業のCSR活動と消費者の購買意欲に関するアンケート/gooResearch
http://research.goo.ne.jp/database/data/000967/
◇環境問題から見る企業と消費者における考察 (PDF)
http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/jinbun/htm/img/pdf/research20/econ5.pdf
◇CSR企業ランキング2009年版 総合首位はシャープ/東洋経済
www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/3cd1e107a366e2c9668f9c751ad26326/
◇21世紀型企業は、社会貢献で利益を生む時代はCSR経営を超えてSVMへ/JBpress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2183

◆京友禅の「パゴン」がアート展-「見て楽しい」新しい世界観を表現
パゴンは、大正時代から続く友禅染製造販売会社の「亀田富染工場」が運営する京友禅アロハシャツとカットソーのブランド。同社の染め技法を最大限に生かして従来の染めとは違った作品を制作し展示する。
[烏丸経済新聞 10/06/10]
◇京友禅アロハシャツ・カットソーの店「Pagong(パゴン)」 HP
http://www.pagong.jp/

◆中高年、車中泊に夢中 装備は簡素に、道の駅・高速SA設備充実
宿泊代を浮かすためだけでなく、休みをフルに使って登山や釣りなどの趣味を楽しもうという中高年が主体だ。専用マットレスなどを備えて快適さも追求する「P(駐車)キャンパー」が台頭。ガイド本を携え、気ままな旅を楽しんでいる。
[日経MJ/ブームの裏側 10/05/19]
◇車の内装架装メーカーの「オグショー」 HP
http://www.ogushow.co.jp/
◇車中泊・Pキャン グッズガイド
http://p-camp.kenko-siawase.com/
◇ミニバン 車中泊の用品・グッズ特集 「車中泊バイブル」 
http://www.ne.jp/asahi/modern/autocamping/autopacker/autopacker_index.htm
◇車中泊(車内泊)のポイント・スポットガイド
http://kurumatabi.net/blog01/

◆移住促進へ情報提供 空き家バンク 各地で導入…課題浮き彫り
グリーンふるさと振興機構が運営するおためし住居。機構は試験的に生活したうえでの定住を勧めている。おためし住居以外に「田舎暮らし空き家情報バンク」と題し、空き家情報を提供している。
[産経新聞 10/05/17]
◇グリーンふるさと振興機構「いばらき さとやま生活」 HP
http://www.greenful.jp/
◇グリーンふるさと振興機構「田舎暮らし空き家情報バンク」 HP
http://www.greenful.jp/kouryu2/bank/
◇山梨市「空き家バンク」 HP
http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/gover/grapple/bank/
◇地域活性化センター HP
http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/
◇全国の田舎暮らし不動産、古民家物件紹介「田舎暮らし情報館」 HP
http://www.inakakurashi.jp/

◆装飾品にもなる折りたたみ傘、かさばらず日常に順応
小型軽量や低価格化を競った商品が多い中、収納時の煩わしさをどう解消するかに着目してデザインした折りたたみ傘が次々と登場している。
[日経MJ 10/05/19]
◇香港の傘メーカー「オフェス」 HP
http://www.monocreation.com/ofess/
◇イラストレーター ホラグチカヨ氏 HP
http://www.kayomaru.com/
◇MONOクリエーション HP
http://www.monocreation.com/
◇米老舗傘ブランド「トーツ」 HP
http://www.highmount.co.jp/lineup/totes/

◆「居場所」提供、プラスαが肝心
・学童保育、子供「生きた知」を体験
ちょっと変わった「学び」などの付加価値が、保護者と子供の支持を集める。
・ママ友の部屋、カラオケルーム無料開放
カラオケ大手のシダックス・コミュニティーは、小さな子供を抱えた母親の居場所作りに乗り出した。
・シニアサロン、サークル活動、会員主体で
会員が興味のある講座を自主的に立ち上げるのが肝要。サロン側は枠組みと空間の提供、サークル運営の手助け程度にとどめる。
日経MJ 10/05/19]
◇学童保育の「キッズベースキャンプ」 HP
http://www.kidsbasecamp.com/
◇シダックス・コミュニティー「ママともルーム」HP
http://www.shidax.co.jp/sc/otoku/mom_room/
◇名古屋市内のシニアサロン「悠友知摘」 HP
http://www.yuyuchiteki.com/
◇クルマ情報誌 Goo、生活関連情報提供「プロトコーポレーション」 HP
http://proto-g.co.jp/

◆米「ショップスタイル」日本進出、衣料ネット通販、成長性に着目
米新興メディアのシュガー・インク(サンフランシスコ)が7月上旬、複数のファッション通販サイトを一括検索できるサービス「ショップスタイル」の日本語版を開設する。
[日経MJ 10/05/24]
◇米ファッション通販サイト「SHOPSTYLE」
http://www.shopstyle.com/
◇米百貨店「Neiman Warcus」 HP
http://www.neimanmarcus.com/
◇米百貨店「Saks Fifth Avenue」 HP
http://www.saksfifthavenue.com/Entry.jsp
◇丸井 HP
http://www.0101.co.jp/
◇ファッション通販「スタイライフ」 HP
http://www.stylife.co.jp/sf/
◇イタリア通販セレクトショップ「YOOX」 HP
http://www.yoox.com/

◆ネット会議「ブラボ」、ツイッター使い外部の知恵
ネットサービスのエニグモが運営するネット企画会議サービス「Blabo!(ブラボ)」。ミニブログ「ツイッター」上で議題を提示し、起業家やデザイナーなど社外の人からアイデアを出してもらい、短時間でとりまとめて生かす仕組。
[日経MJ 10/05/24]
◇ネットサービスの「エニグモ」 HP
http://www.enigmo.co.jp/
◇Blabo! HP
http://www.bla.bo/

◆ママもくつろげるカフェ、すべて「親子」、遊び心が満載
巨大ソファが"遊園地"
東京メトロ表参道駅「tokyo baby cafe(トウキョウ・ベイビー・カフェ)」。子どもだけでなく、大人の目線も考慮し、双方の居心地の良さを追求した「親子デザイン」が随所に取り入れられている。
[日経MJ 10/05/26]
◇子ども連れと妊婦向けの親子カフェ「tokyo baby cafe」 HP
http://www.tokyobabycafe.com/
◇デザインオフィス「nendo(ネンド)」 HP
http://www.nendo.jp/
◇イタリア老舗家具「カッシーナ」 HP
http://www.cassina-ixc.com/
◇マルニ木工 HP
http://www.maruni.com/
◇親子カフェ「スキップキッズ」 HP
http://www.skipkids.net/

◆産地で事業の種探し、「視察ツアー」即決モードに
食材発掘、物流業者が同行
農業や漁業が盛んな生産地と消費地を結びつける手法として、「視察ツアー」への関心が高まってきた。行政などが積極的にバックアップする実践的なツアーが相次ぎ登場している。
[日経MJ 10/05/26]
◇ぐるなび「おいしい大自然 九十九島食材探しの旅」 HP
http://pr.gnavi.co.jp/promo/sasebo/tour.html
◇隠れた食材で「郷土の味」/産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100321/sty1003210925001-n1.htm
◇東京・銀座のイタリアンレストラン「イゾラブル」 HP
http://www.isola.st/blu/
◇牡蠣養殖業者のマルモ水産「九十九島からのおくりもの」 HP
http://www.marumo99.jp/
◇佐世保市の観光イベント情報サイト「SIGHT」
http://www.sasebo99.com/
◇NPO法人「えがおつなげて」 HP
http://www.npo-egao.net/
◇雑貨メーカーのミチコーポレーション社長のブログ「WildFunkyStore」
http://wildfunkystore.com/?mode=f4
◇遊休農地活用事業 について/山梨県地球温暖化防止活動推進センター
http://www15.plala.or.jp/yamanashi-f21/food_mileage/20090613_yuukyuu.html

◆オールアバウトの相談サイト、専門家と仲介に課金
マネー運用など需要拡大見込む
各分野の専門家とサイト利用者を仲介する事業に課金する仕組みを本格的にスタートする。サイトを更新し、専門家への相談はマネー、住宅、法律など従来の7分野に加え、新たに「学び・教養」を追加する。
◇生活総合情報サイト「All About」
http://corp.allabout.co.jp/

◆中国人観光客 熱烈歓迎!! 断トツ購買力 ビザ緩和で商戦激化
中国人の個人観光客向け査証(ビザ)の発給要件が7月から緩和されることを受け、ホテルや百貨店などが中国人向けサービスを強化している。
[産経新聞 10/05/28]
◇<中国人が見た日本>日本は安い!中国人観光客が日本で買うもの/livedoor
http://news.livedoor.com/article/detail/4574278/
◇プリンスホテル 中国人客獲得・2011年度に2.5倍に/ホテル物語
http://www.hotel-story.ne.jp/category/mimiyori/mimi116.html
◇2010年上海訪日旅行市場動向調査報告書 (PDF)/日本政府観光局上海事務所
http://www.jnto.go.jp/jpn/downloads/pr_100518_shanghai_attachment.pdf

◆iPad侵食開始
・コンテンツ供給、仕組み作り急ぐ
夕食のお店やメニュー選び、旅先での観光ルート選定など
・テレビの代わりに? 電子書籍、4割安が目安
ユーザー調査結果、「ネット利用」35%と最も多く「電子書籍」は29%に。この高機能端末でも3割の人が「読書」を強く意識している。
[日経MJ 10/05/31]
◇オーディオ・AV・ホームシアターの専門雑誌を扱う出版社「ステレオサウンド」 HP
http://www.stereosound.co.jp/
◇ワイン情報誌「ワイン王国」 HP
http://www.winekingdom.co.jp/
◇雑誌・定期購読専門オンライン書店「富士山マガジンサービス」 HP
http://www.fujisan.co.jp/
◇沖縄専門サイト「じゃらん沖縄」
http://okinawa-jalan.net/
◇東京都書店商業組合 HP
http://www.tokyo-shoten.or.jp/
◇日本書店商業組合連合会「本屋さんに行こう!」 HP
http://www.shoten.co.jp/Nisho/index.asp
◇ICT関連出版及びデジタルメディア事業「インプレスR&D」 HP
http://www.impressrd.jp/

◆AR技術で店検索 バカルディ、GPS使い地図表示
雑誌のお酒の写真にスマートフォンをかざすと、近隣のバーを自動検索――。洋酒輸入販売のバカルディジャパンは5月下旬から、カメラの映像に電子情報を重ねて表示する「拡張現実(AR)技術」などを応用したこんなサービスを始めた。
[日経MJ/eリテール消費を動かす 10/05/31]
◇洋酒の輸入、マーケティング、販売「バカルディジャパン」 HP
http://www.bacardi.co.jp/
◇男性誌「GQ JAPAN」 HP
http://www.gqjapan.jp/index.html
◇AR技術の開発の「クウジット」 HP
http://www.koozyt.com/

◆パルシステム、収穫野菜、最短で翌日宅配、物流センター作業効率化
パルシステムは6月から野菜の宅配サービスを見直す。収穫してから宅配までの時間を1~2日短縮し、最短で収穫の翌日には顧客に届くようにする。
[日経MJ 10/05/31]
◇パルシステム生活協同組合連合会 HP
http://www.pal.or.jp/
◇生活協同組合ユーコープ事業連合 HP
http://www.ucoop.or.jp/
◇人気の野菜宅配サービスを厳選紹介「野菜宅配.net」 HP
http://www.yasai-takuhai.net/
◇特産品情報サイト「takusan.net」
http://www.takusan.net/tokusyu/vegeta.html

◆手書きPOP今どき味付け
・顔の見える総菜、写真付き栄養士指南 /低コスト、ぬくもり伝わる
・書店つぶやき、「作家直筆」ズラリ/40人近くの作家の直筆メッセージを集めた広島県尾道市の啓文社福屋ブックセンター。
・マツキヨ流、コンクール、やる気鼓舞/メーカーから提供されたポスターと違って個人の思い入れがあるので、自然と周りの陳列の仕方も工夫するようになる。
[日経MJ 10/06/02]
◇啓文社福屋ブックセンター  作家直筆POP について
http://aonokei.cocolog-nifty.com/syoten/2010/05/post-4a22.html
◇売れるPOPの書き方、キャッチコピーについて考える (Blog)
http://wakpon.seesaa.net/
◇集客・販促.com
http://ass-works.com/
◇POPに関する情報が満載「POP工房」 HP
http://www.hanjo-kobo.com/pop/?page_id=26

◆中国人観光客向け商戦過熱 デパートで、家電量販店で 
消費意欲旺盛な中国人を取り込もうと、中国語で対応できる店員を配置したり、中国語での商品説明のポップを設置したりと必死。
免税件数4倍に/箱で日本製と確認
[産経新聞 10/06/02]
◇中国人観光客を狙え! 出発前に量販店が割引クーポン/産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100228/biz1002281551006-n1.htm
◇中国人セレブからしっかり稼ぐ8ヵ条/WEDGE infinity
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/413?page=1
◇JTBグローバルマーケティング&トラベル HP
http://www.jtbgmt.com/jp/
◇日本に「中国人専用ホテル」 表記は100%中国語/人民網日本版
http://j.peopledaily.com.cn/94476/7011048.html
◇2010年上海訪日旅行市場動向調査報告書 (PDF)/日本政府観光局上海事務所
http://www.jnto.go.jp/jpn/downloads/pr_100518_shanghai_attachment.pdf

◆無料から有料へ誘導、フリーミアム消費を喚起 
モノやサービスが無料化することで、かえって市場を活性化させる「フリーミアム」の概念が注目を集めている。フリーミアム戦略をモノの価値が下がっていくデフレ経済と誤解する人も多いが、フリーミアムとはあくまで潜在顧客を開拓する手法。
[日経MJ 10/06/04]
◇クリス・アンダーソン著『FREE』 HP
http://www.freemium.jp/
◇フリーミアム・モデル について/Tech Crunch
http://jp.techcrunch.com/archives/20090523free-to-use-pay-to-play/
◇無料経済下でのビジネスモデル/米国ウェブマーケティング最新動向・事例を紹介
http://ysonrt.weblogs.jp/blog/2009/04/post-de89.html

◆「無償」が高める集客力 共感心理、店と顧客を結ぶ
フリー(無料)をテコに収益を高める販売戦略――。昨年末から、ネットビジネスを中心に「フリー・マーケティング」が話題を呼んでいる。
[日経MJ/底流を読む 10/06/06]
◇イベント夢ケーキの「菓匠Shimizu」 HP
http://www.kasho-shimizu.com/

◆効果的な売り場、凸版が実験 消費者の気持ちの変化を分析
陳列された状態を想定して設計/高齢者の目にどう映るか意識
凸版印刷は、3月、本社内に実際の店舗の売り場を模した実験施設を開設した。消費者が売り場で商品を購入する際の認知方法や行動などを様々な実験を通じて明らかにするのが目的。
[日経MJ 10/06/04]
◇凸版印刷「ショップサイエンス・ラボ」を開設
http://www.toppan.co.jp/news/newsrelease1033.html
◇AIDMAに代わる新理論~ミスター売場づくり永島氏の販促コラム
http://www.sales-promotion.jp/?p=50

◆ファッション業界、環境配慮の事業本格化
「ファッション アース プロジェクト」にイトキンやワールドなどアパレル企業が参加。各社は衣料品1枚10円の下げ札を同プロジェクトの事務局から購入し、収益は世界各国のCO2削減事業の支援に充てられる。
[産経新聞 10/06/06]
◇Fashion Earth PROJECT HP
http://www.fe-p.jp/
◇FUKU-FUKU PROJECT HP
http://fukufuku-project.jp/
◇リーバイス ジャパン「リーバイス フォーエバーブルー」 HP
http://www.levi.jp/foreverblue/
◇「日本アパレル産業協会 JAIC」環境対策 HP
http://www.jaic.or.jp/projects/infrastructure/eco/

◆超脳力気分 波でボール浮かす、集中力の訓練に効果
超能力者気分がちょっぴり味わえる米国発の脳波ゲーム「マインドフレックス」が7月、日本に上陸する。専用のヘッドセットを頭に装着して"念を送る"ことで、ボールを浮かせて遊ぶゲームだ。
[日経MJ/ブームの予感 10/06/09]
◇米国発の脳波ゲーム「マインドフレックス」 HP
http://www.segatoys.co.jp/mindflex/
◇米国発の脳波ゲーム「マインドフレックス」(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=Yg4-D7Z9-5Y
◇米玩具メーカー「Mattel」 HP
http://www.mattel.com/
◇米ベンチャー企業「NeuruSky」 HP
http://www.neurosky.com/

◆アフター5こぢんまり、残業減ったら家でゆったり
(1)早く退社する勤め人が増え、平日消費の落ち込みを一部補っている可能性がある
(2)平日退勤後の活動で増え方が目立つのは自宅でのネット利用
(3)曜日別のレジャーや買い物といった平日消費の山は、金曜に次いで水曜にある
[日経MJ/消費分析 10/06/09]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇マクロミル HP
http://monitor.macromill.com/
◇「水曜日消費」に企業が熱視線 ノー残業デー、空き時間に商機/iZa
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/other/395171/

◆シモジマ、包装用品個人向け開拓、ネット販売に専門部署
包装用品を製造・販売するシモジマはネット販売を強化する。楽天市場内に出店する「ラッピング倶楽部」の販売が伸びており、6月中にネット専門部署を設ける。
[日経MJ 10/06/09]
◇包装用品を製造・販売「シモジマ」 HP
http://www.shimojima.co.jp/
◇楽天「ラッピング倶楽部」 HP
http://www.rakuten.co.jp/wrapping/
◇市場調査とマーケティング「矢野経済研究所」 HP
http://www.yano.co.jp/

◆トモダチの輪、眠る消費刺激
・ロングテール商品あれこれ、動画が呼び水/ニコニコ動画での購買行動
・貝印、ブログ通じ交流、ファン作り、広告ゼロ
・レモンの苗木など、ネットで人気者/一種のサークルを作り、特定アイテムの購入に結びつける
[日経MJ 10/06/09]
◇ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/
◇カイタッチ・プロジェクト HP
http://www.kai-group.com/jp/kaitouch/
◇楽天市場「花ひろば学園レモン部」
http://item.rakuten.co.jp/hana-online/c/0000001600/
◇洗車の王国「全国チャリティー洗車大会」 HP
http://www.bidders.co.jp/item/137348150
◇読者の声から多数のヒット商品を生んだ「Mart」 HP
http://mart-magazine.com/index_main.html

◆我が家の味、ネットが伝承 「クックパッド」月900万人利用
インターネットを通じた「食の伝承」が盛んになりつつある。郷土料理や家庭料理のレシピ投稿と、これを検索する利用者が増加。様々な味の記憶が、世代と空間を超えて、多くの食卓をつなぎ始めた。
[日経MJ/ブームの裏側 10/06/11]
◇レシピ検索No.1「クックパッド」 HP
http://cookpad.com/

◆ デジタルサイネージ、鉄道系媒体の認知度突出、「便利、見やすい」
矢野経済研究所はデジタルサイネージ(DS)に対する意識調査の結果を発表した。DSの認知度は年々上昇しており、中でも鉄道系の媒体の認知度が突出して高かった。
[日経MJ 10/06/11]
◇調査とマーケティング「矢野経済研究所」 HP
http://www.yano.co.jp/
◇デジタルサイネージ市場に関する調査結果 2010(PDF)/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/614.pdf
◇デジタルサイネージコンソーシアム HP
http://www.digital-signage.jp/
◇デジタルサイネージ市場/WEBマーケティング研究会
http://www.webdbm.jp/2010/06/10-40f7.html

◆日本のウイスキー世界を席巻 「響21年」「竹鶴21年」最高賞W受賞
世界的なウイスキーコンテストでジャパニーズウイスキーが最高部門賞を受賞するなど、世界の愛飲家から高い評価を受けている。
[産経新聞 10/06/12]
◇ワールド・ウイスキー・アワード紹介記事/WHISKY Japan
http://www.whiskymagjapan.com/wmj/award/top/wwa/
◇「Whisky Distiller of the Year」(世界部門)をサントリーが日本初受賞/SUNTORY
http://www.suntory.co.jp/news/2010/10683.html
◇竹鶴21年ピュアモルト 世界最優秀賞を受賞/NIKKAWHISKY
http://www.nikka.com/products/wwa/2010/
◇日本洋酒酒造組合 HP
http://www.yoshu.or.jp/
◇2010年01月分 洋酒移出数量調査表 (PDF)/日本洋酒酒造組合
http://www.yoshu.or.jp/statistics_legal/statistics/data/sta_h22-04.pdf

◆エスビー食品社長江戸龍太郎氏 香りで深耕、食文化彩る
内食化の追い風をうまくとらえ、増収増益基調が続く。香辛料の奥の深さと日本の食文化をからめて、豊かな食生活の実現を目指す。
[日経MJ/トップの戦略 10/06/14]
◇エスビー食品 HP
http://www.sbfoods.co.jp/
◇ますます内食志向に走る家庭の食生活 について/Garbagenews.com
http://www.garbagenews.net/archives/1305154.html
◇「外食と内食」に関する調査 /レポセン
http://reposen.jp/2820/3/79.html

◆アオヤマ フランフラン 大人の魅力発信  戦略転換の旗印
バルスは5月末、東京・南青山にインテリアショップ「アオヤマ フランフラン」を開業した。2010年度から「大人向け」へとマーケティングのかじを切ったフランフランの旗艦店。ターゲットは感度が高く、おしゃれに生活を楽しむ30~40代だ。
[日経MJ/ホットスポット 10/06/14]
◇フランフラン HP
http://www.francfranc.com/
◇アオヤマ フランフラン 紹介記事
http://www.francfranc.com/jp/news/2010/04/aoyama_francfrancvol2/
◇森田恭通氏デザインオフィス「GLAMAROUS」 HP
http://www.glamorous.co.jp/
◇フランフラン 家具の新シリーズ「グラムピース」 紹介記事
http://www.francfranc.com/jp/news/2010/05/glampiece/
◇デリ&カフェ「パシフィック・コースト・ハウス」 HP
http://www.alohatable.com/shop/pch/
◇ハワイのローカルスイーツを販売「アオヤマグッデイズ・マラサダ」 HP
http://www.alohatable.com/shop/gooddays/
◇レストラン運営「ゼットン」 HP
http://www.zetton.co.jp/
◇イギリス発の情報誌「モノクル」 HP
http://www.monocle.com/

◆「植林ツアー」が人気 楽しみながら環境に貢献
環境への関心の高まりとともに、個人や家族のほか、グループや企業単位で参加できるツアーもあり、自分の興味やライフスタイルに合った参加が可能。緑を増やし、二酸化炭素(CO2)を減らす取り組みに一歩踏み出す機会にもなりそうだ。
[産経新聞 10/06/15]
◇地球に緑を「WONDERFUL WORLD 植林 FESTIVAL」 HP
http://www.wonderful-world-syokurin.org/wecan/
◇JR東日本、森づくりボランティアツアーを開催/ECO JAPAN
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20100507/103768/
◇とちぎ生涯学習研究会 HP
http://www.geocities.jp/npo_lsst/
◇植林ツアーに行ってきました/ブラザー公式ブログ
http://weblog.brother.co.jp/blog/2010/06/post-e18d.html
◇カーボンオフセット 植林について/CARBONFREE CONSULTING
http://carbonfree.co.jp/product/syokurin.html

◆「スマート」と「いきもの」持続可能性社会のカギに
スマートは地球温暖化対策にかかわるキーワードといえる。スマートグリッドやスマートシティといった言葉を目にする機会が増えている。
いきものは、「生物多様性」の考え方と共に注目が集まりそうな言葉である。生物多様性とは、生態系、種、遺伝子の3点についての多様性の存在を指す。
スマートやいきものといった言葉についても、短期的に消費してしまうのではなく、地球と企業の長期的な共生の姿勢を示すキーワードとして使い続けるスマートさを望みたい。
[日経MJ/日経エコロジー 中村建助編集長の環境マーケティング 10/06/06]
◇スマートグリッドで第2のネットを構築せよ/JBpress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1456
◇スマートグリッドからスマートシティへ/JBpress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3557
◇生物多様性条約第10回締結国際会議(COP10) HP
http://www.cop10.jp/aichi-nagoya/

|

« ボンベイサファイアの浮遊感よりも | トップページ | 松山画伯のれれれのれ!とともに情報クリップ・アップ »

情報クリップ10」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップダイジェスト 2010/06:

« ボンベイサファイアの浮遊感よりも | トップページ | 松山画伯のれれれのれ!とともに情報クリップ・アップ »