« 情報クリップ・ダイジェスト 1005アップ | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2010/06 »

2010/07/12

ボンベイサファイアの浮遊感よりも

R0014256_s

とうとう1カ月以上、新ネタなしという画期的な記録更新!!ばんざああい!!

昨日「もと津DM満」から10年ぶりのメールがあった。10月に甲東小学校5-6年のクラス会を計画しているとのこと。高等小学校ではない。西宮市の甲東園というところにあった(今もあるか?)小学校だから甲東小学校。「高等小学校に通っていたような年」ではない。念のため。そんなことはどうでもいい。前に集まったのが10年前だというのだから、驚いてしまった。じじいになるのも無理はない。しかし、自分たちの齢の重ねかたに驚きつつも、「もと津DM満」からのメールを読んでいると、ふぁあっと甘塩辛苦酸っぱい「少年少女時代」の記憶がよみがえりそうで、思い出せないような、抽象的な印象だけが漂う不思議な気持ちになった。もちろん僕に少女時代はない。今が「おばちゃん時代」だ、などという不埒な奴はいるが。
(写真は神戸旧居留地に取材に行った時に見かけた恐ろしくファンタスティックな車。このグリーンの光沢感はまさに僕の子ども時代の陶酔の的です。写真をクリックすると大きい画像がご覧いただけます。)

リアルな記憶はほとんど残っていないのに

抽象的な想いだけが蘇るというのは、悪い気分ではない。昨夜というか、今朝はヘビーな「コンペ」ものの仕事で午前3時まで企画書をいじりまわしていた後に、ぎゅびぎゅびっとビールとジンソーダを飲んだものだから、よけいに「悪い気分ではない」のが増幅されたのかも知れないが、例えば、行ったこともないブータンの街並みがシャングリラとして脳裏にあいまいな像を結ぶような、とてもはかなげだけれども、気持ちいい世界がふわっと現れるわけだ。こんなふうに、過去の記憶が抽象化しながら、セクシーと言ってもいいような浮遊感とともに残っていくのなら、年をとることも悪いことではないね。などと。昨夜と同じようにジンソーダに少し浮遊しながら、思うのであった。

ちなみにジンは「ボンベイサファイア」。ボトルを見てるだけで、けっこう浮遊できまっせ。

|

« 情報クリップ・ダイジェスト 1005アップ | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2010/06 »

気分のサンプリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボンベイサファイアの浮遊感よりも:

« 情報クリップ・ダイジェスト 1005アップ | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2010/06 »