« 情報クリップ・ダイジェスト 1008アップ | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2010/09 »

2010/09/22

かくして北嶋家の伝統は破られた。

R0014451_s

もう、ずいぶん以前になるが、9月の12日にやっと墓参りを済ませた。例年は旧盆に参るのだが、今年は家族郎党そろって忙しいのか、行くのが面倒なのか、そもそも行く気がないのかわからないが、予定を合わせることができず、二十数年続いてきた北嶋家の伝統が破れてしまった。たいしたことではないのだが「守り続けてきたことができなかった」というのは、やはりほんの少しひっかりを残す。
なにしろ、子どもの頃「お正月の元旦は暗いうちに起きて、おとそを汲んで祝わなければならない」という北嶋家の伝統が形骸化しつつも、とにかく雨戸を閉めたままにして、例えそれが朝の10時であったとしても

まだ暗いうちに起きて祝っているふり

をするような家系だったのだ。わが北嶋家は。その本家の筆頭長男という意味不明のポジションに置かれた僕にも、やはりその血筋は流れていたのだ、と言うべきか。あるいは、時代がジジイガ期に突入しつつある状況の中で、なりたくもなられたくも?なかったポジションに目覚め始めたのであろうか・・・・・

・・・・・なんて、別にどうでもいいけどね。結局、墓参りに行けたのは「とりあえずまだ働ける」3人+齢八十九のおふくろ、という例年にない厳しさで、なにが厳しいかと言うと、一年間ほったらかしにしていたお墓をきれいにすること。なにしろ墓石だけで百五十近く、墓の入口に立って見わたせば、はるか奥がかすんで見えないほどの大墳墓を、たった3人でどうすればいいの・・・・・と、墓の規模を100倍以上に感じてしまうほど、それはそれは重労働だったのです。今年の酷暑で生い茂った雑草と勝負するのは。とにかく、なんとか無事に済んでよかったっすよ。
(写真は北嶋家とは、全く関係ありません。関係あったら、いまごろこんな駄文を書いてないですよね。写真をクリックすると怪しいもの見られるかも。)

|

« 情報クリップ・ダイジェスト 1008アップ | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2010/09 »

気分のサンプリング」カテゴリの記事

コメント

そろそろ、じぶんをどうするのか、どうしてほしいのかかんがえておくじきにちかづいているのでは。Q”

投稿: | 2010/09/27 09:44

Qちゃん
おっしゃるとおりでございます ゆっくり考えたいのですが、まさに「びんぼーひまなし」じょーたいで、自分のブログを見るひまもないとゆーてーたらく。すみません。 きたじま

投稿: きたつね | 2010/10/10 16:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かくして北嶋家の伝統は破られた。:

« 情報クリップ・ダイジェスト 1008アップ | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2010/09 »