« ipadはdjpファクトリーを見るくらいが丁度いい! | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2010/08 »

2010/09/03

鎌倉のキューバン・ナイトは太宰治を凌駕する

R0014552_s

先週の土曜日、友人が鎌倉の由比ヶ浜近くでやっている服屋で「キューバンミュージック」のライブパーティがあったので行ってきました。外の酷暑を完全に忘れてしまうほど、とても気持ち良かったです。キューバというと「底抜けに明るい」イメージが思い浮かびますが、その明るさに抜けた底のまた底に漂う哀切感がたまりません。とびぬけた「陽気さ」とか、図抜けた「お気楽さ」が前に出れば出るほどメランコリックな「影」がきわだちます。
「ブエナビスタ・ソシアル・クラブ」というお気楽なおじいさん集団+おばあさん一人+ライ・クーダー親子の映画の中で、イブライム・フェレールとオマーラ・オルトゥオンドがデュエットで唄う「バラの花がなんとかかんとか」というバラード。思わず鳥肌がたちそうになるほど心に響くあんな曲を、日本人がやるとすれば、きっとマヒナスターズとかロス・インディオスみたいな、めそめそした「ムード歌謡」になってしまうように思えるのは、

背後を貫く饒舌で肉厚な「放蕩感覚」や「遊びごころ」が欠如

しているからなんでしょうね。先日、電車の中で読む本がなくなって、仕方なくiphoneに入れた「青空文庫」で太宰治の「人間失格」を久しぶりに読んで感じたことも、似たようなところでした。

もっとも、ここに書いたのは「以前の」日本の話で、今の日本人たちはずいぶん様子が変わってきているようには感じますけど。

|

« ipadはdjpファクトリーを見るくらいが丁度いい! | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2010/08 »

気分のサンプリング」カテゴリの記事

コメント

休刊日だったので休肝日にしました。
先日は百日咳?でクタバッテました。年には勝てないね。Q”

投稿: | 2010/09/13 23:21

Qちゃん ありがとう
最近、年に勝とうとするとシッパイすることが、やっとわかりました
でも 年に負ける必要もないですね きたつね

投稿: きたつね | 2010/09/15 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉のキューバン・ナイトは太宰治を凌駕する:

« ipadはdjpファクトリーを見るくらいが丁度いい! | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2010/08 »