« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011/06/09

情報クリップ・ダイジェスト 1105アップ! いいね!!

R0015399_s_2

はっと気がつくと、もう一か月も「ドットjpファクトリー」を更新していませんでした。なにしろ、先月の情報クリップ・ダイジェスト・アップのお知らせが、これまでの、最新情報なんですから。一か月の時のたつ速さに、少し身のすくむ想いがします。
某友人Qによれば「ブログがみんなの生存確認!」ということなので、一か月音信不通になった僕は、さしずめ生存を危ぶまれたのでは、と思いつつ、危ぶまれていないのも寂しいなあ、などと感じてしまいました。H本K介からは、「おまえ、ちゃんと食えてるか?」という電話をもらい、危ぶんでくれる友人もいてよかったと、妙に胸をなでおろしつつ、その安堵のヘンテコさに、再度、身をすくませてしまうのでした。
(画像は鎌倉のネイビーヤードでマイク真木さんと、一緒のところ。ぜんぜん、身い、すくませてへんやんか!!写真をクリックすると大きい画像がご覧いただけます。)

情報クリップ・ダイジェスト 1105アップ

こちらは、元気いっぱいやってます。よろしく。
http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2011/06/201105-92c0.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2011/05

◆「造縁力」が消費けん引 学校・職場の友人と相互に刺激
(1)友人関係は学校や職場など偶然一緒になった場で「縁」を広げていく「造縁力」がカギ
(2)造縁力の高い人は、付き合いに伴う直接的な出費も多いなど消費をリード
(3)20代はリアルな関係での友人を重視。将来のセーフティーネットとして気遣う面も
[日経MJ/消費分析 11/04/20]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇ネットリサーチの「マクロミル」 HP
http://www.macromill.com/

◆和の知恵の和、夏乗り切れ!
節電しながら暑い夏を乗り切るため、五感に訴える「和の知恵」を生かした商品が店頭をにぎわしそうだ。風鈴やうちわといった定番に加え、保存食の浅漬けなども注目されそう。和関連の商品の産地も対応に追われ始めた。
[日経MJ 11/04/20]
◇無印良品「この夏のコツ 100」 HP
http://www.muji.net/store/campaign/detail/C11051001
◇三越日本橋店「J・スピリッツ」 HP
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/jspirits/
◇鋳物造技術を基軸にした金属加工メーカー「能作」 HP
http://www.nousaku.co.jp/
◇伝統工芸品「丸亀うちわ」 HP
http://www16.ocn.ne.jp/~polca/j_top.html
◇房州うちわ「うちわの太田屋」 HP
http://ota-ya.net/
◇江戸風鈴を製造・販売「篠原風鈴本舗」 HP
http://www.edofurin.com/
◇和紙繊維製品 製造・販売「キュアテックス」
http://www.curetex.jp/
◇和紙繊維製品を販売「風雅すたいる」 HP
http://fugastyle.jp/
◇「築地銀だこ」かち割りソーダ新発売
http://www.hotland.co.jp/contents/news/pdf/20110428_kachiwarisoda.pdf
◇「エコ家事で節電」の女ゴコロ/ECO JAPAN
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20110318/106137/

◆フェリカネット、携帯会員を店舗に 店でかざすとポイント
ソニー系のフェリカネットワークスが今年、各社が運営する携帯サイトの会員を様々な小売店などに送客するサービスを本格化した。携帯を読み取り装置にかざすことで、簡単に様々な情報がやりとりできる近距離無線技術「フェリカ」を活用。
[日経MJ/ITの現場力 11/04/18]
◇SONY「FeliCa」 HP
http://www.sony.co.jp/Products/felica/
◇フェリカネットワークス HP
http://www.felicanetworks.co.jp/
◇フェリカネットワークスの「リアル送客サービス」 について
http://www.felicanetworks.co.jp/news/topics/pdf/topics110112.pdf
◇FeliCa OS の仕組み について
http://osaifukeitai-navi.com/gjp4_4.html

◆サイバー、女性ブロガーの会員組織、高機能携帯利用者に限定
スマートフォンを利用する女性に絞った会員組織を設置する。ブログ執筆者(ブロガー)で、閲覧数が多い人に限定して会員にする。スマートフォン関連商材・サービスで、口コミを使った宣伝や商品開発に生かす。スマートフォンに特化したマーケティング手法を企業に提供し、広告の増加を狙う。
[日経MJ 11/04/18]
◇女性ブロガーのための「AmedaGG」 HP
http://gg.ameba.jp/
◇「Ameda GGスマホガール」 HP
http://prom.ameba.jp/amebagg-project/
◇インターネット広告大手「サイバーエージェント」 HP
http://www.cyberagent.co.jp/
◇「Ameda GGスマホガール」 について調べた/NAVER
http://matome.naver.jp/odai/2130318034484156201
◇「AmebaGGスマホガール」の狙いとは?/NIKKEI TRENDY
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110428/1035423/?rt=nocnt
◇アラサー女子たちが立ち上げた「スマートフォン女子部」 HP
http://a.excite.co.jp/woman/smp/
◇女子スマートフォン利用実態調査/Citywave
http://www.citywave.com/datalabo/2010/11/29.html

◆商品、改善より創造を、糸井重里さん、震災後の消費を語る
多方面で活躍する糸井重里氏だが、意外と忘れられているのが雑貨・文具販売を手がける中小企業の社長としての顔だ。東日本大震災以降、「社長モード」全開で仕事に取り組む。「ゼロからイチを生み出さないと生き残れない時代」と語る。
◇糸井重里が毎日書くエッセイのようなもの「ほぼ日刊イトイ新聞」
http://www.1101.com/
◇東京糸井重里事務所商品「ほぼ日手帳spring」 HP
http://www.1101.com/store/techo/
◇糸井重里氏twitter
http://twitter.com/#!/itoi_shigesato

◆地方産品ネット通販、東武百が専用サイト、物産展のノウハウ生かす
店舗の物産展で培ったネットワークを生かして珍しい商品を発掘、少量生産のため店舗での販売が難しい商品を中心に扱うことで他社との違いを打ち出す。
[日経MJ 11/04/20]
◇少量生産の珍しい商品紹介「東武のおいしいもの発掘便」 HP
http://www.tobu-online.jp/sanchoku/

◆22社・団体「60代の消費」研究会、新事業・商品開発で連携
団塊世代とその前後を「ゴールデンシクスティーズ」(黄金の60代)と命名し、頭文字を名称に取り入れた。「若い世代に比べれば、はるかに恵まれた経済環境の中で暮らしてきた『最後の富裕層』」と位置付けるGS世代の消費行動を分析することで市場の活性化に生かす。
[日経MJ 11/04/20]
◇60代の消費研究「GS世代研究会」 HP
http://www.gs-kenkyu.com/
◇西村晃氏「大繁盛の法則」 HP
http://www.akira-nishimura.co.jp/
◇復興のカギ握る「黄金の60代」/zakzak
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20110420/ecn1104201117000-n1.htm

◆イタリアンバー新業態、ドトール・日レス開業、チェーン化目指す
イタリア料理をメーンに時間帯によってメニューを変える。
1号店「イタリアンバール OTTO(オット)」が、東京・中央の八重洲地下街にオープンした。
[日経MJ 11/05/13]
◇八重洲地下街「イタリアンバール OTTO」 HP
http://www.italianbar-otto.com/
◇「イタリアンバール OTTO」 について (Blog)
http://blog.livedoor.jp/lonelysocrates/archives/51083770.html

◆電力需要の抑え込み サマータイム導入の好機
欧米ではほとんどの国がこの夏時間を採用している。多くの国が採用しているというのは、夏時間の制度に意義を見いだしているからだろう。
今こそ、夏時間の制度の導入に絶好の機会である。夏時間制度の導入について、国民レベルで大きな声が上げられないだろうか。
[日経MJ/伊藤元重のニュースな見方 11/04/20]
◇サマータイムの節電効果は、どのくらいあるのか /誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1104/28/news044.html
◇夏場の電力不足問題、ロジックツリーで解いてみる/誠
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1104/26/news023.html
◇サマータイムは「効果なし」? 夏の節電策で議論/JCAST
http://www.j-cast.com/kaisha/2011/04/04092113.html
◇サマータイム 本当に効果あるか専門家試算/NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20110412_16711.html
◇電力不足 新たな商機誕生 夏に向け生産フル稼働へ/毎日jp
http://mainichi.jp/photo/archive/news/2011/04/21/20110422k0000m020123000c.html
◇サマータイム制度に日本公開天文台協会など、反対を表明
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0420&f=column_0420_013.shtml

◆フェイスブックで風評被害防げ 茨城などで動き広がる
農産物の安全性についての正確な情報発信や、復興に向けたロゴマークの公募などに活用が広がっており、実名主義の信頼性とネットの伝播力を併せ持つフェイスブックの特性が発揮されているようだ。
[産経新聞 11/05/06]
◇「がんばっぺ!茨城」プロジェクト
http://sites.google.com/site/gambappeibaraki/
◇「茨城県産」の野菜を風評被害から救いたい!/facebook
http://www.facebook.com/savethecrops.harvestedin.Ibaraki.prefecture
◇茨城王「がんばっぺ!茨城」ポスター製作
http://www.ibaraking.com/archives/2363

◆「フェイスブック革命」の発信源NYソーホー地区を訪ねる
ネットの自由は普遍的理念…震災後の日本にも変化期待
インターネットを活用した社会変革を提唱する「ムーブメント・org」。訪ねてみると拍子抜けするほどこぢんまりとした組織に過ぎないが、それでも一連の「フェイスブック・ツイッター革命」の発信源のひとつであることを感じさせる熱気にも満ちていた。
[産経新聞 11/04/20]
◇インターネットを活用した社会変革を提唱する「Movement.org」 HP
http://www.movements.org/
◇エジプト騒乱は「フェイスブック革命」ではない/DIAMONDonline
http://diamond.jp/articles/-/11102
◇米国向けニュース専門放送局「MSNBC」 HP
http://www.msnbc.msn.com/

◆検索サイト 0.2秒以内の戦い
インターネット上に公開される情報が爆発的に増加するなか、そのスピードアップは検索サイト運営会社の至上命題だ。新たな検索技術の開発や横断検索サイトの開設といったアイデアで、「コンマ以下」の秒数を短縮するための絶えざる挑戦が続いている。
[産経新聞 11/04/21]
◇NECビッグローブ HP
http://join.biglobe.ne.jp/
◇宿泊ネット比較「旅比較ねっ」}HP
http://tabihikaku.net/
◇フォルシア社検索プラットフォーム「Spook」 HP
http://www.forcia.com/service/spook/
◇IICP総務省情報通信政策研究所 HP
http://www.soumu.go.jp/iicp/
◇クローラーとは/IT用語辞典
http://e-words.jp/w/WebE382AFE383ADE383BCE383A9.html

◆食品宅配市場1兆6800億円に、昨年度4%増、コンビニなどけん引
共働き世帯の増加に加え、外食を控え家庭で料理をする傾向が強くなっていることも背景にあるという。引き続き生協の利用者が増えているほか、コンビニエンスストアやネットスーパーの宅配が存在感を増している。
[日経MJ 11/04/22] 
◇2010年度食品宅配市場の規模/矢野経済研究所
http://www.mylifenote.net/2011/04/19/20110419yano.pdf
◇ネットスーパー 高齢者の利用増加/YOMIURI
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20101102-OYT8T00447.htm
◇宅配インフラを活用して地域店をバックアップ!
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no088/newdragnet/

◆癒やしの冒険“一語”一会 エステサロン「ラッシュスパ」
英国発祥の入浴用化粧品ブランド「LUSH(ラッシュ)」の日本初となるエステサロン「ラッシュスパ代官山店」が今年1月、東京・渋谷に開店した。顧客に来店時の気分で言葉や色を選んでもらい、その組み合わせによってマッサージの仕方を変えるのが特徴だ。心身ともにリフレッシュしてもらえるように、ちょっとした冒険気分を味わえる仕掛けを充実させている。
[日経MJ/ホットスポット 11/04/25]
◇エステサロン「ラッシュスパ」 HP
http://www.lushjapan.com/spa/
◇エステサロン「ラッシュスパ」体験記/働く女性研究所
http://woman-lab.jp/archives/1083
◇オトコを癒やす新感覚スパ「ラッシュスパ」/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/377493/
◇エステサロン「ラッシュスパ」 について (Blog)
http://tokyoceo.dtiblog.com/blog-date-20110129.html

◆セルフ現像機、iPhoneでも、大日本印刷子会社、アプリ無料で
家電量販店などに設置している現像機に機能を追加、スマートフォンのiPhoneや多機能携帯端末iPadの画像を簡単に印刷できるようにした。利用時に必要な専用の無料アプリの配信を始めた。利用者は無線LAN技術を使い、直接画像データを転送して印刷する。
[日経MJ 11/04/22] 
◇DNPフォトルシオ HP
http://www.fotolusio.jp/

◆エンタメ各社、SNS武器に、販促・集客に活用 タワレコ、CCC
エンターテインメント関連企業が、顧客同士で商品やサービスを評価・推薦しあうことのできるインターネット上のソーシャルメディアを活用する試みが増えている。タワーレコードは専門部署を新設。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は顧客が書き込んだ推薦文で商品が売れればポイントを提供する仕組みを導入した。ネット上の口コミを販売促進に生かす同様の動きは広がりそうだ。
[日経MJ 11/04/25] 
◇タワーレコード「フェイスブック」
http://www.facebook.com/tower.jp
◇タワーレコード HP
http://tower.jp/
◇富士急ハイランド「フェイスブック」
http://www.facebook.com/fujiq
◇Facebookはビジネスにどう使える? 事例で学ぶ企業活用/現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1371
◇Facebookを社内コミュニケーションツールとして活用/PConline
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/trend/20110209/1030100/
◇Facebookはソーシャルメディアのハブになる/PConline
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/trend/20110208/1030078/
◇TポイントとTカードの「T-SITE」 HP
http://tsite.jp/
◇CCC、情報交換できるプラットフォーム「マイ棚」設置
http://www.ccc.co.jp/fileupload/pdf/news/110418socialrecommendservice.pdf

◆商品選びの基準、節約・エコ配慮、首都圏で強まる
民間調査会社のアンケートによると、商品選びの基準に「省エネ」「環境配慮」などを挙げる消費者の割合が70%超となり、震災前より10ポイント以上も増えた。アンケート結果を踏まえ、「社会的なメッセージを伴う商品開発がより重要」と指摘している。
[日経MJ 11/04/25]
◇マーケティングリサーチ「シタシオンジャパン」 HP
http://www.citation.co.jp/
◇震災後の生活意識の変化について(原典)/シタシオンジャパン
http://www.citation.co.jp/topics/research/2011/04/04.pdf
◇シタシオンジャパン社長のブログ
http://ameblo.jp/koide-citation/
◇震災後の生活と消費意識・行動に関する調査/博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20110513.pdf
◇震災一ヵ月後の生活者意調査/電通総研
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2011/pdf/2011040-0427.pdf
◇今夏の節電と空気に対する意識調/ダイキン
http://www.daikin.co.jp/press/2011/110519_1/press_20110519_1.pdf

◆震災節電で変わる消費
働く女性向け情報サイトが発表した会員向け調査の結果によると、支出意欲に極端な減退はないが中身は変わった。「普段あまり会えない友達に会う」(23歳)、「被害にあった農家へのボランティアに行く」(24歳)など、人との結びつきの再確認、社会貢献などに充足感を見いだそうとする心理が感じ取れる。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 11/04/25] 
◇働く女性向け情報サイト「エスカーラ・カフェ」 HP
http://escala.jp/
◇シンクタンク、コンサルタント「双日総合研究所」 HP
http://www.sojitz-soken.com/jp/
◇双日総合研究所配信「溜池通信」4月8日号
http://www.sojitz-soken.com/jp/send/tameike/pdf/tame466.pdf
◇マーケティングリサーチ「シタシオンジャパン」 HP
http://www.citation.co.jp/
◇楽しくおそうじ、楽しく生活「夏のエアコン節電対策」
http://mbp-kanagawa.com/osouji-pro/column/293

◆岩塩など天然素材使い雑貨、温かみを加味、持ち味際立つ
岩塩や備長炭という天然素材を使ったインテリア雑貨や日用品を作るプロダクトブランド「spimo(スピモ)」。素材の武骨な色や模様をそのまま生かしながら、形状はどこかかわいげでユーモラスだ。その意表を突くデザインは視覚的に見る人を和ませるだけでなく、素材が持つ有機的な特性を引き出す機能性も備えている。
[日経MJ 11/04/27]
◇天然素材の機能性を追求したインテリア用品「spimo(スピモ)」HP
http://www.spimo.jp/
◇建築設計×デザイン 柴崎竜範氏 HP
http://www.tatsu-shiba.com/
◇スピモより岩塩や備長炭を使ったプロダクトが登場/FASHIONPRESS
http://www.fashion-press.net/news/849
◇「東京インターナショナル・ギフト・ショー2011」 HP
http://www.giftshow.co.jp/tigs/71tigsinvitation/
◇ビジネスガイド社
http://www.giftshow.co.jp/

◆日本サブウェイ、野菜にこだわり、健康志向の顧客囲い込み
日本サブウェイが野菜へのこだわりの認知度向上に取り組む。5月上旬にオープンするモデル店で、具材に使う野菜の栄養成分を店頭で分かりやすく表示するほか、サイドメニューにも野菜を前面に打ち出した商品を加える。「健康的なファストフード店」を訴求し、消費者意識を一変させる狙いだ。
[日経MJ 11/04/29]
◇毎日野菜をはさもう!「野菜のSUBWAY」 HP
http://www.subway.co.jp/
◇SUBWAY「野菜ラボ・831lab」 HP
http://www.831lab.com/

◆米グーグル、「クーポン共同購入」に参入、広告と相乗効果狙う
21日から米オレゴン州で「ベータ版」(試験サービス)の提供を始めた。瞬時に大量の顧客を集める「フラッシュマーケティング」では米グルーポンなどが先行しているが、グーグルの新規参入により競争が一段と激化しそうだ。
[日経MJ 11/04/29]
◇クーポン共同購入「グーグル・オファーズ」とは?
http://www.amamoba.com/pc/coupon-offers.html

◆都心発クルーズ、非日常行き 小さな川巡れば、「再発見」が満載
東京都心の河川や運河を行くツアーに関心を寄せる人が増えている。河川も整備されて手軽なクルージングメニューが豊富になったことが背景にある。東京スカイツリーや川沿いのカフェなど、水上の観光スポットも続々と登場。江戸・東京の発展に寄与した水路が遊び場として再生しつつある。
[日経MJ/ブームの裏側 11/05/04]
◇名橋「日本橋保存会」 HP
http://www.nihonbashi-meikyou.jp/
◇日本橋のクルーズ (Blog)
http://ameblo.jp/tkyburabura/entry-10869964677.html
◇日本橋川クルーズ
https://tabidachi.ana.co.jp/topic/16617
◇はとバス「スカイツリー見学クルーズ」 HP
http://www.zeal.ne.jp/plan/305.html
◇東京キャナルネットワークスタッフのブログ「運河でクルーズ」
http://tokyocanalnet.blog91.fc2.com/
◇文京区×JTB「文の京」日帰り体感ツアー HP
http://jtbwallet.jp/special/bunkyoku/

◆ミラノで家具見本市、自然との共生、手仕事が担う、職人技
50回目となった今回。世界で自然災害が相次ぎ自然への不安が強まる中、多くの企業やデザイナーが「自然との共生と手仕事」を強調した屋外用の新作家具を発表した。従来の頑丈なアウトドア家具と違って、人手で作った柔らかいイメージが特徴だ。
[日経MJ 11/05/11]
◇「ミラノ・サローネ国際家具見本市」 HP
http://www.milanosalone.jp/fiera/mobile/gaiyou/
◇ミラノサローネ2011 レポート/家電Watch
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/event/ms2011/20110420_440820.html
◇ミラノサローネ2011プレビュー「NEOREAL WONDER」/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1298141643005/pid_1.html
◇INAXがミラノサローネに初出展、喜多俊之デザイン/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1298003235005/
◇ミラノサローネプレビュー、吉岡徳仁「Kartell新作」/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1302011471005/
◇ミラノ・サローネ、デザイン性高め50周年/asahi.com
http://www.asahi.com/housing/news/TKY201104150189.html
◇伊家具メーカー「モローゾ社」 HP
http://www.moroso.it/
◇デザイナー・パトリシア・ウルキオラ氏 HP
http://www.patriciaurquiola.com/
◇伊家具メーカー「ドリアデ社」 HP
http://www.driade.co.jp/

◆「試し買い」「分け合い」じわり 震災後の意識・行動に変化 
(1)震災後、首都圏では即席食品など日持ちする商品が買いだめされている
(2)品不足、計画停電、原発事故の影響で、生活者の意識・行動が変わりつつある
(3)自粛についての意識は地域で異なる。今後の意識変化の細かな分析が必要
[日経MJ/消費分析 11/05/04]
◇マーケティングリサーチ「ドゥ・ハウス」 HP
http://www.dohouse.co.jp/
◇震災1か月後の意識調査実施/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/113203
◇震災後の首都圏生活に変化/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/112898
◇震災後の消費者マインド について (Blog)
http://economist.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-cd87.html

◆ヤン坊マー坊大人になった、ヤンマーが新ブランド「Y&M」
テレビの天気予報番組でおなじみの「ヤン坊マー坊」が成長した設定の新たなキャラクターデザインを披露した。このブランドで、長年農業機械を作ってきた同社が初めてファッション商品を手掛ける。
[日経MJ 11/05/04]
◇農業機械の「ヤンマー」 HP
http://www.yanmar.co.jp/
◇ヤンマー運営、紳士ファッションブランド「Y&M」 HP
http://www.yanmar.co.jp/campaign/YandM/
◇中野シロウ氏代表「プレイセットプロダクツ」 HP
http://www.playsetproducts.jp/

◆星空の輝き、感動再び プラネタリウム、開館ラッシュ
プラネタリウムの“新星”が各地に誕生している。大規模改装を含めた開館数が2010年は10館と1955年以降で最多となった。人類初の宇宙飛行の成功から50年を迎える11年も名古屋市に世界最大のプラネタリウムがお目見えするなど開館ラッシュが続く。第3次ブームの到来なるか。
[日経MJ/ブームの予感 11/05/13]
◇プラネタリウムのポータルサイト
http://planetarium.to/
◇名古屋市科学館 プラネタリウム「ブラザーアース」 HP
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/planetarium/
◇ブラザー公式ブログ「ブラザーアース」 について
http://weblog.brother.co.jp/blog/2011/05/brother-earth-d972.html
◇名古屋市科学館 プラネタリウム「ブラザーアース」 について (Blog)
http://cho-co.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/brother-earth-b.html
◇「熊本博物館プラネタリウム」 HP
http://webkoukai-server.kumamoto-kmm.ed.jp/web/planetalium/what.htm
◇「熊本博物館プラネタリウム」 について (Blog)
http://blog.goo.ne.jp/mitsuto1976/e/c6d758e123416b289df2435158ca525c
◇コニカミノルタプラネタリウム  HP
http://www.konicaminolta.jp/planetarium/
◇世田谷区立教育センターのプラネタリウム/世田谷区
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00007490.html
◇五藤光学研究所 HP
http://www.goto.co.jp/
◇六本木ヒルズ「スカイプラネタリウム2」 HP
http://www.sky-planetarium.com/

◆萌える漫画家、絵心いらず PCソフト「コミPo!」で
絵心がなくてもマンガを描きたい。こんな夢をかなえてくれるソフト「コミPo!」を趣味や仕事で使いこなす人が増えている。あらかじめ用意された美少女キャラクターをマウスを使って動かしながら、作品を描いていく。マンガ投稿サイトが開くコンテストには、にわかマンガ家らが腕を競っているほか、街おこしの道具としてコミPo!を使う人も現れた。
[日経MJ/ブームの裏側 11/05/09]
◇3D漫画作成ソフト「コミPo!」 HP
http://www.comipo.com/
◇マンガ作成ソフト「コミPo!」紹介記事/CNETjapan
http://japan.cnet.com/news/service/20421502/
◇絵を描けなくてもマンガが描ける夢のソフト「コミPo!」/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/89007
◇マンガ共有コミュニティ「COMEE」 HP
http://www.comee.jp/
◇太田出版が開設するマンガサイト「ぽこぽこ」
http://www.poco2.jp/
◇田中圭一氏『みなりの青春』 HP
http://profile.ameba.jp/minarinoseishun/
◇三次市地域おこし協力隊 HP
http://www.miyoshi-chiikiokoshi.com/Studio344.html
◇作木町&三次市地域おこし協力隊イベント について (Blog)
http://hiroshima.otakumap.com/hiroshima-otaku-news/20110316100043/

◆リヤカーと無料誌コラボ イマドキ書店、若者招く
文字通りリヤカーを引いて本を売る「経済書専門店」が本拠地の品川を離れ、「若者の街」渋谷に遠征。全国の幅広いジャンルを取りそろえた「フリーペーパー専門店」と4月中旬にコラボしたのだ。行商とタダ本という異色の顔ぶれだが、「紙の魅力を直接伝えたい」との情熱は共通する。本離れ・活字離れが叫ばれて久しい若者の関心をひきつつある。
[日経MJ/ブームの予感 11/05/11]
◇リヤカーブックスblog
http://ameblo.jp/rearcarbooks/
◇メディアの企画、編集、運営などを手掛ける「ノオト」 HP
http://www.note.fm/
◇リヤカーで本を売る「リアカーブックス」とは?/地球のココロ
http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-c9ad.html
◇リアカーブックス/本屋さんの遊び方
http://www.mishimaga.com/hon-asobi/016.html
◇フリーペーパー専門店「オンリーフリーペーパー」 HP
http://onlyfreepaper.com/
◇フリーペーパー専門店1,000紙・誌揃える/渋谷経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/7435/
◇「オンリーフリーペーパー」 について/fashionsnap
http://www.fashionsnap.com/inside/only-the-shop-in-shibuya/
◇「オンリーフリーペーパー」 に行ってきた/オレンジ!
http://orangeorange.jp/archives/13364
◇「オンリーフリーペーパー」 について (Blog)
http://www.allow-web.com/blog/jyoshi-blog/2011/03/only_free_paper.html

◆自然が冷やす節電の夏、緑、省エネ、育てる楽しさも
家やオフィスなどを少しでも快適にしようと、自然の力を取り入れ、涼しさを生み出す商品に注目が集まっている。キーワードは「緑」「風」「水」だ。
[日経MJ 11/05/11]
◇サカタのタネ HP
http://www.sakataseed.co.jp/
◇緑のカーテンコミュニティサイト
http://www.midorinoka-ten.com/
◇ゴーヤで作る緑のカーテンの作り方
http://nanapi.jp/26371/
◇簡単!緑のカーテンで省エネ対策/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/178788/
◇省エネできる緑のカーテン/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/113175

◆ボランティア休暇 続く需要、企業の対応必要
東日本大震災を契機に「ボランティア休暇」を導入し、社員のボランティア活動を後押しする企業が増えている。ゴールデンウイークには多くのボランティアが被災地で活動したが、今後もボランティア需要は続く。社員が自発的に制度導入を求めたり、会社側が取得を支援したりすることも必要だ。
[産経新聞 11/05/12]
◇ボランティア休暇の活用を/産経
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/110413/ecd1104131007000-n1.htm
◇ボランティア休暇 について (Blog)
http://001a.blog90.fc2.com/blog-entry-267.html
◇ボランティア休暇制度導入企業一覧情報
http://mbp-tokyo.com/iwave/column/5753

◆森ビルの商業施設集客術 施設を媒体として情報発信
目指す方向性を従業員共有/地域住民巻き込み、交流の場提供
森ビルの複合商業施設「六本木ヒルズ」の客足が伸びている。その成功の秘訣を探ると、テナントやオフィス、住民などを巻き込んで街の魅力を高める「タウンマネジメント」と呼ぶ手法に行き着く。
[日経MJ 11/05/13]
◇ヒルズ「コミュニティーパスポート」 HP 
http://www.compas.jp/cp/index.php
◇六本木ヒルズ HP
http://www.roppongihills.com/
◇六本木ヒルズイベント情報
http://www.roppongihills.com/calendar/
◇六本木ヒルズ「TARO100祭」 HP
http://www.taro100.jp/
◇「国際映画祭」in六本木ヒルズ HP
http://www.roppongihills.com/feature/tiff2010/02.html
◇六本木ヒルズ盆踊り2010 HP
http://www.roppongihills.com/arena/events/2010/08/arn_bonodori2010.html
◇けやき坂コンプレックス屋上庭園 「農の風景」 HP
http://www.roppongihills.com/jp/feature/vol033/i8cj8i000001e86g.html
◇新たな複合オフィス「六本木ヒルズ クロスポイント」竣工
http://www.mori.co.jp/company/press/release/2011/04/20110407133000002168.html

◆低炭素社会へ 積水ハウス「観環居」
横浜みなとみらい21地区(横浜市)で住宅大手の積水ハウスなどが中心となって電気自動車(EV)と住宅内情報システムをネットワーク化した未来型住宅の実証実験「スマート・ネットワークプロジェクト」が3月末まで行われた。
[産経新聞 11/05/14]
◇スマート・ネットワーク プロジェクト HP
http://smart-network-pj.net/
◇優しく、強い。スマートハウス「観環居」/YOKOHAMA CRUiZ
http://yokohama-cruiz.org/2011/05/09/news_smart-house/
◇Smart Network Project 観環居で未来の住宅を体験 (Blog)
http://saya.s145.xrea.com/archives/2011/02/smart_network_p.html
◇NTTドコモ、日産ら、EVのネットワーク化を目指す実証実験/Car Watch
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20101104_404546.html

◆日本アドバタイザーズ協会本間充氏 ソーシャルメディアに熱視線
(1)ソーシャルメディアの利用経験や利用頻度は、メディアによって大きく異なる
(2)ツイッターは主に情報発信・収集に、ミクシィは身近な人との交流に利用されている
(3)ソーシャルメディアは消費者のコミュニケーション空間で、企業はコントロールできない
[日経MJ/消費分析 11/04/27]
◇日本アドバタイザーズ協会 HP
http://www.jaa.or.jp/
◇日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会 HP
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/
◇ソーシャルメディア利用者の行動を調査する意味(原典)
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/contents/1232?from_top=true
◇震災に伴うTwitter、Facebook 利用実態に関する調査/IMJ モバイル
http://www.imjmobile.co.jp/news/file/pdf/report/imjm20110404_2.pdf
◇3.11後の企業の震災対応の変化とは?/NEXUS NEWS
http://nexus-news.net/2011/05/post-82.html
◇大震災における、企業のソーシャルメディア活用法の調査報告
http://press.beat.co.jp/press/2011/04/post-58.html
◇来るべきソーシャルメディア時代の新しい生活者消費行動モデル概念/電通
http://www.dentsu.co.jp/sips

| | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »