« 情報クリップ・ダイジェスト 1105アップ! いいね!! | トップページ | 地デジなんかより情報クリップダイジェスト1106アップ! »

2011/07/14

情報クリップ・ダイジェスト 2011/06

◆買い物上手の進化加速 震災後、社会貢献の意識高まる
(1)東日本大震災は消費の力を気づかせ、社会貢献重視の購買行動を促す契機となった
(2)買い物上手像も脱・目先の利得へと進化。「消費で社会に種まき」の一粒万倍派が浮上
(3)企業は社会貢献を大上段にとらえず、生活提案としてモノやサービスに組み込む工夫を
[日経MJ/消費分析 11/06/08]
◇震災後の消費者意識の変化/AdverTimes
http://www.advertimes.com/20110525/article16436/
◇CSRとしての震災ボランティアを考える/ニッセイ基礎研究所
http://www.nli-research.co.jp/report/researchers_eye/2011/eye110517-2.html
◇気軽な社会貢献につながる情報サイト「SoooooS.」
http://sooooos.com/
◇震災後3ヶ月の消費、社会貢献に関する意識変化/SoooooS.
http://sooooos.web.fc2.com/110620survey.pdf
◇社会貢献消費、日本は最下位/2010年11月現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1549
◇Webに広がる震災被災地支援 2011年は「マイプロジェクト元年」/現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/print/2335

◆坂本龍一氏団体が木造仮設住宅の建設支援 地場産材を活用
音楽家・坂本龍一さんが主宰する森林保全団体「モア・トゥリーズ」が、東日本大震災の被災者向け木造仮設住宅の建設を支援するプロジェクト「LIFE311」を進めている。被災地周辺の地場産材を使い、地元の工務店が建設することで、森林保全と雇用創出を促す。
[産経新聞 11/06/13]
◇坂本龍一氏主宰 森林保全団体「モア・トゥリーズ」 HP
http://www.more-trees.org/
◇被災者向け木造仮設住宅建設支援「LIFE311プロジェクト」 HP
http://life311.more-trees.org/
◇発起人、坂本龍一氏・平野友康氏震災支援サイト「kizunaworld.org」
http://kizunaworld.org/
◇「モア・トゥリーズ」 新潟市で木質エネルギーの協働協定
http://www.japanfs.org/ja/pages/030686.html

◆旅人宿で過ごす夏、相部屋で知る、人との絆
男女別の相部屋で、知らない人同士が寝泊まりする宿泊施設を「旅人宿」と言う。
男女年代を問わず一人旅は増えているが、震災後、人との絆に価値を見出す人が増えているため、「旅の目的=人との交流」の傾向が強まる可能性はある。この夏「旅人宿」が注目を浴びるかもしれない。
[日経MJ/日経ウーマン麓幸子編集長の女性真理学 11/05/16]
◇相部屋民宿「ゆきの小舎」 HP
http://www.ne.jp/asahi/is/ys/
◇とほネットワーク旅人宿の会 HP
http://www.toho.net/
◇「震災後の被災地支援及び価値観の変化」に関する調査結果/gooリサーチ
http://research.goo.ne.jp/database/data/001317/
◇震災後、約18%の人が習いごと開始/ケイコとマナブ
http://www.keikotomanabu.net/article/newsrelease/

◆できるサービス持ち寄って、技々交換 友達づくり・顧客開拓にも
自分の持っている知識や技術を等価交換する「Toka!!(トーカ)」に注目が集まっている。10人程度が参加する会合で、お互いのサービスを交換しあうもの。原則、参加費以外お金がかからないのが特徴で、発足から約1年、会は全国に広がり始めている。
[日経MJ/ブームの予感 11/05/18]
◇サービス等価交換「Toka!!」 HP
http://to-ka.biz/
◇渡辺仁氏 ペンネーム・はまち。「朝バナナダイエット」 HP
http://www.asabanana.net/
◇渡辺仁氏 ペンネーム・はまち。著 『Toka!!』
http://www.seigetsusha.co.jp/toka.html
◇サービス等価交換Toka!!トーカー (facebook)
http://www.facebook.com/MasudaYoshikazu

◆本との出合い演出
自分好みの本だけに出合いたい――。そんなわがままな読者を新たな購買層として開拓するため、本をつくるプロセスを変える試みも出始めた。東京・六本木や青山など流行に敏感な人が集まる地域で、注目されているのが「ZINE(ジン)」だ。
書店側が消費者を本に引き合わせるための仕掛けとして設け、定着したものに「本屋大賞」がある。2004年に5~6人の書店員らが始めた。11年の受賞作は東川篤哉氏の「謎解きはディナーのあとで」。賞を追い風に135万部を発行した。
[日経MJ 11/05/18]
◇個人が自分の意思で好きなように作り、読まれる本「Zine」 HP
http://zinesmate.org/
◇「zine」 について (Blog)
http://pankov.wordpress.com/2010/05/22/zine-mania/
◇zineの作り方 (YouTnbe)
http://www.youtube.com/watch?v=7uA-ofcCVwE
◇オンライン古書店「ユトレヒト」 HP
http://www.utrecht.jp/
◇アート界の新たなムーブメント、ZINE/BRUTUS
http://xbrand.yahoo.co.jp/category/entertainment/3579/1.html
◇三省堂 オンデマンド/ニュースリリース
http://www.books-sanseido.co.jp/blog/all/2010/08/post-129.html
◇本屋大賞実行委員会が運営する文学賞「本屋大賞」 HP
http://www.hontai.or.jp/
◇幅允孝氏オフィシャルサイト「BACH」
http://www.bach-inc.com/
◇幅允孝氏「ブック・ディレクターという仕事」/excite.ism
http://media.excite.co.jp/ism/133/
◇ブックディレクター・幅允孝氏インタビュー/BizCOLLEGE
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20101215/254783/ 
◇「カフェ・カンパニー」 HP
http://www.cafecompany.co.jp/
◇旅の本屋「BOOK246」 HP
http://www.book246.com/
◇旅の本屋「BOOK246」 について (Blog)
http://www.midori-japan.co.jp/tr/blog/2007/10/post_28.html

◆「売れる商品」店頭に学べ、若手クリエーターの販売イベント
若手・新進クリエーターが、ユニークでありつつ日用品としても使いやすい商品の開発に知恵を絞っている。店頭での商品販売イベントを通じて、消費者や流通業の声を聞きながら試行錯誤するクリエーター。商品としてのデザイン性と日用性のバランスを探る場としており、流通業者にとっては「売れる商品」を学んでもらう狙いがある。
[日経MJ 11/05/18]
◇渋谷PARCO「Tento-2DAYS MARKET」 HP
http://www.parco-shibuya.com/web/1010tento/
◇海外でも人気のTシャツブランド「シキサイ」 HP
http://www.shi-ki-sa-i.com/
◇Tシャツブランド「シキサイ」インタビュー
http://www.tokyotshirts.com/brand_interview/brand_interview_014.html
◇「東京インターナショナル・ギフト・ショー」 HP
http://www.giftshow.co.jp/tigs/71tigsinvitation/
◇東京のデザインユニット「スリーミン・グラフィック・アソシエイツ」 HP
http://www.3min.jp/
◇京東都BLOG・洛中洛外図「和片(わっぺん)」
http://kyototo.exblog.jp/13750006/
◇「coocooo&twelvetone(コクウ アンド トゥエルブトーン)」 HP
http://cocoo.jp/

◆知っておきたい地元の歴史 ネットで古地図閲覧も
東日本大震災による液状化の影響などで、各地で地域の歴史を知ろうとする動きが高まっている。自分の住む地域は昔どんな土地で、過去に何が起こったのか。古地図や郷土史の中に防災のヒントがあるかもしれない。
[産経新聞/東日本大震災 今何ができる 11/05/19]
◇古地図リンク集
http://www.hir-net.com/link/map/oldmap.html
◇グーグルアースで古地図を見よう!
http://googleearth.raifu.info/
◇歴史的農業環境閲覧システム HP
http://habs.dc.affrc.go.jp/
◇賃貸検索に防災機能、古地図等リスクを減らす動き/zakzak
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20110608/zsp1106081226001-n1.htm

◆復興支援で堂々と稼ぐ
社業を通して長期的に東日本大震災復興への支援を続けようと、「コーズ・リレーテッド・マーケティング」(CRM)が注目を集めている。
長きにわたる復興では、民間企業の力がものをいう。社業と連動した復興支援を行い、かつ収益を上げることで納税にも寄与していくというサイクルを作ることが、経済の復興のためにも、自粛ムードに流されないためにも必要となる。
[日経MJ/マーケティング八塩圭子ゼミ 11/05/23]
◇国際協力NGO「CARE日本事務局」 HP
http://www.careintjp.org/
◇コーズ・リレーテッド・マーケティングとは
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/02number/200812/12toku1.php
◇ボルヴィック、ネピアに見るコーズリレーテッドマーケティング
http://www.insightnow.jp/article/3256
◇アサヒビール「うまい!を明日へ!」/csr-communicat
http://www.csr-communicate.com/modelcase/20100614/csr-7156
◇フロンロラインプラス「セーブペットプロジェクト」 HP
http://www.frontlineplus.jp/spp/concept1.php
◇「消費者」として「企業」として、いま、何ができるのか?
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/03/23/9973
◇買えば義援金に分配される商品・サービス一覧
http://matome.naver.jp/odai/2130259714577037801

◆「ライトキューブ」目から元気に 力強さ宿す手づくりの美
かわいさと毒気共存
今は元気が出て明るい気分にさせてくれるデザインに目が行きがちな人も多いだろう。「LIGHT CUBE(ライトキューブ)」もそんなパワーを感じさせる男女2人組のデザインユニットだ。彼らの色と柄は効率より、あえて遠回りのモノ作りを選んだ自戒の思いから生まれた。
[日経MJ 11/05/23]
◇LIGHT CUBE HP
http://www.light-c.com/
◇OZONE「HAPPY,BRIGHT,GAUDY」 HP
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1127.html
◇OZONE「HAPPY,BRIGHT,GAUDY」 について (Blog)
http://blog.goo.ne.jp/kurmi_963/e/21b059c57219be5f8d87380ecb3ceb5a

◆妊婦向け旅行プラン サービス充実 出産前に彼と「静」の思い出
働く妊婦に役立つ情報を発信するウェブサイト「ニンプス」と日本旅行が手を組み、そんな妊婦に応える旅行プラン「Baby mooon(ベビームーン)」を打ち出した。近畿日本ツーリストは平成19年から「マタニティプラン」を展開している。昨年度の利用者数は前年比181%と好調な売れ行きだ。
[産経新聞 11/05/25]
◇働く妊婦のための妊娠・出産情報サイト「ニンプス」
http://ninps.com/
◇妊婦さんの旅行プラン「Baby moon」 HP
http://ninps.com/closeup/babymoon/
◇近畿日本ツーリスト「マタニティプラン」 HP
http://yado.knt.co.jp/ps/contents.aspx?f=maternity/index.html

◆「震災後」のレジャー
至れり尽くせりが当たり前と目されている旅館のサービスだからこそ、かえって“ちょっと不便”が魅力的に映る。それは同時に、いまだ出口の見えない被災者の方々に対する罪悪感を和らげる効果もあるかもしれない。例えば大規模な電力不足が危惧される夏場には、「21時消灯」や「エレベーターの休止」など“ちょっと不便”な割引プランが登場してもいいのではないかと思う。
[日経MJ/日経おとなのOFF森田聡子編集長のオトナ行動学 11/05/27]
◇東北産を選んで買って、被災地を元気に!「BUY東北」 HP
http://buy-for-tohoku.blogspot.com/
◇大震災後の消費者意識・行動の変化調査/ネットリサーチ総合研究所
http://mnri.macromill.com/report_20110406.pdf
◇東日本大震災が消費・旅行に与える影響関する調査/JTM
http://www.tourism.jp/research/pdf/jtm_earthquake_2011-05-17.pdf
◇震災後のレジャー考察/流通経済研究所
http://www.dei.or.jp/opinion/column/110527.html
◇六本木ヒルズで星空を見る「節電ライトダウン」 /六本木経済新聞
http://roppongi.keizai.biz/headline/2376/

◆キッザニア東京が新コース、「英語で職業体験」好調
4月に5つの仕事を英語で体験するコースを新設。今年度から小学校高学年で英語が必修となったため親の注目度も高く好調だ。団体客が少ない平日や日曜日の夕方以降に実施し集客にもつなげる。
[日経 11/05/27]
◇「キッザニア東京」  HP
http://www.kidzania.jp/tokyo/
◇「キッザニア東京」英語体験 HP
http://www.kidzania.jp/tokyo/pavilion/english.html
◇「キッザニア東京」体験リポート
http://spa.s5.xrea.com/kidzania/110202/4.htm 

◆電子書籍、書店が売る 紀伊国屋、紙販売力で作品集め
「紙」販売力で作品集め
既存の流通構造を根底から覆す威力が恐れられるが、黎明期の主導権を握れば商機は広がる。書店各社は異業種や外資の勢力の動向をにらみながら出版社との関係や囲い込んだ顧客といった資産を活用する戦略を描く。書籍流通の覇権争いが始まった。
[日経MJ/コンテンツ流通覇権の行方 11/05/30]
◇紀伊国屋書店 HP
http://www.kinokuniya.co.jp/
◇紀伊國屋書店がアンドロイド?向け電子書籍スタート
http://www.kinokuniya.co.jp/ebook/20110512170343.html
◇紀伊國屋書店「Androidストア」オープンセレモニー
http://bookwebplus.jp/celemony/
◇三省堂書店 オンデマンドサービス HP
http://www.books-sanseido.co.jp/event/promo_20101206.html
◇「ビジネス書大賞2011」 HP
http://biztai.jp/
◇村上龍『歌うクジラ』 HP
http://www.ryumurakami.com/utaukujira/pc.html
◇冲方丁氏 HP
http://www.kh.rim.or.jp/~tow/
◇冲方丁氏ブログ「ぶらりずむ黙契録」
http://towubukata.blogspot.com/
◇電子書籍サービス「TSUTAYA GALAPAGOS」を他社製スマートフォンに開放
http://dt.business.nifty.com/articles/4549.html
◇丸善CHIホールディングス HP
http://www.maruzen-chi.co.jp/

◆この人あの組織 群馬県高崎市の西洋野菜専門農家「まきもの屋」
レストランへ「本物」提供
ミニポワロー、フィノッキオ、ピセッリ――。一般には耳慣れない名前の野菜を栽培する西洋野菜専門農家「まきもの屋」(群馬県高崎市)の五島学さん(44)は多くのフランスやイタリア料理店を顧客に持つ。栽培する西洋野菜はハーブも含めるとおよそ年間50種類。日本では手に入りにくい欧州の固有種を使い、本場の味を追求したい料理人たちから熱い支持を得ている。
[日経MJ/食材最前鮮 11/05/30]
◇西洋野菜専門農家「まきもの屋」 HP
http://www.makimonoya.com/
◇西洋野菜専門農家「まきもの屋」 について (Blog)
http://ameblo.jp/masaotateno/day-20110605.html

◆震災節電で変わる消費
日本全体が利他的な社会になる流れを震災が加速した。
コミュニティーのための消費とは何か。被災地の農産物や寄付付き商品などの応援買いや応援観光。節電のための省エネ照明器具や扇風機の購入。単純な損得や節約ではなく、自分が住む社会や国を維持するための消費だ。
若者層も例外ではない。「それってソーシャル(社会的)っぽいね」という褒め言葉が生まれている。
◇マルシェ事業と都市菜園、農業コンサルティング「銀座農園」 HP
http://www.ginzanouen.jp/
◇福島の野菜を食べる会 について (Blog)
http://www.ramnet-j.org/gw/report2011/rp11c-02.html
◇ふくしま福野菜プロジェクト (facebook)
http://www.facebook.com/hukushima.happy.vegetable?sk=wall
◇NTTアド「空気読本」
http://www.ntt-ad.co.jp/publication/kuukidokuhon/03/
◇2011年5月9日震災後の新しい価値観「応援消費」って何だ?
http://blog.garyuproject.com/20110509/1212.html
◇今夏の節電と空気調査/DAIKIN
http://www.daikin.co.jp/press/2011/110519_1/press_20110519_1.pdf

◆飲み歩きで街おこし、近畿で広域連携組織、「バル」イベント
兵庫県伊丹市など近畿地方の約20地域が、飲み歩きや食べ歩きを仕掛けて街おこしを狙うイベント「バル」で相互連携する。。中心市街地に点在する飲食店をネットワーク化し、にぎわい回復と集客向上の実効性を高めるため、広域連携づくりを進める。
[日経MJ 11/05/30]
◇伊丹まちなかバル HP
http://itami-tc.com/tyousa/ikkatujosei/bar.html
◇伊丹まちなかバル について (Blog)
http://n313.osakazine.net/e283893.html
◇第4回伊丹まちなかバル写真
http://itami-tc.com/tyousa/ikkatujosei/itami_bar4_kiroku.html
◇近畿バルネットワーク発足/神戸新聞
http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0004090444.shtml
◇近畿バルサミット について (Blog)
http://ameblo.jp/madamu-m/entry-10900113265.html
◇スペインのバルが分かるHP
http://www.spainbar.com/

◆建築家、伊東豊雄さんに聞く「ミニ東京」はいらない
これから大切なキーワードになるのは、時間的なプログラムをどう組むかということ。いろいろ新しい絵が出てきているんですが、時間的な要素が飛んでしまっている。街の人たちは『すぐまたここでやりたい』と言っているわけです。そういう気持ちは大事にしたい。こんな悲惨な状況でも、人間というのは集まって『なんかやろうぜ』と始める力がある。そういう原初的なコミュニティーから、新しい街まで、どう連続性を持たせられるか。
[産経新聞/再生の設計図 11/06/01]
◇伊東豊雄設計事務所 HP
http://www.toyo-ito.co.jp/
◇美術や映像文化の活動拠点「せんだいメディアテーク」 HP
http://www.smt.city.sendai.jp/
◇伊東豊雄氏インタニュー/ARTiT
http://www.art-it.asia/u/admin_ed_feature/2SrxCLg45Yjipl36EZXF

◆アパレル接客、店飛び出す
・ファッション分野の接客が転機を迎えている。スマートフォンなどのIT機器と交流サイトの普及で、街中でも自宅でも、着こなし提案や試着シミュレーションができるようになった。
・来店前の接客で買う気にさせた客を引き受ける店頭でも、接客術は進化しつつある。スタイルシェアは3月に始まったネット上のサービス。UAがネット通販する全7ブランド、7000点超の衣料などを、自身に近いアバター(ネット上の分身)を選んで着せ替え、スタイリングを確認する。気に入った着こなしができれば保存し、SNSを通じて友人らに公表もできる。
日経MJ 11/06/03]
◇アパレル・ファッション業界情報サイト「アパレルウェブ」
http://www.apparel-web.com/
◇「スタッフスナップ」公開/アパレルウェブ
http://japan.zdnet.com/release/30001115/
◇STAFF×SNAP facebookページ
http://ja-jp.facebook.com/staffsnap
◇スタッフスナップ  twitter
http://twitter.com/#!/staffsnap
◇ユナイテッドアローズ  HP
http://www.united-arrows.co.jp/
◇ユナイテッドアローズ運営「グリーンレーベルリラクシング」  HP
http://www.green-label-relaxing.jp/
◇シップス HP
http://www.shipsltd.co.jp/#/top
◇NTTメディアサプライ運営「ココロモ」 HP
http://cocolomo.jp/
◇ユニクロfacebookページ
http://www.facebook.com/uniqlo
◇ユニクロの洋服を着た写真を投稿・共有「UNIQLOOKSユニクルックス」 HP
http://uniqlooks.uniqlo.com/

◆エコライフもフランス流 ファッション性損なわず
欧州諸国の中で、エコバッグ導入などが比較的遅かったフランスだが、ここ数年、環境に配慮したライフスタイルへの関心が急速に高まっている。
2007年7月にパリ市が導入した貸自転車もきっかけの一つ。環境問題や倹約を意識してもファッション性は犠牲にせず、工夫して自分のライフスタイルを貫くのがフランス流という。
[日経MJ/ヨーロッパ風を読む 11/06/03]
◇フランス式エコライフとは?/勝ちスポ!
http://www.kachispo.com/k/1623/
◇フランス エコライフ・レポート/環境goo
http://eco.goo.ne.jp/life/world/france/
◇環境に優しい欧州のエコ・ライフ/フランスニュースダイジェスト
http://www.newsdigest.fr/newsfr/content/view/894/67/
◇フランス式エコライフ について (Blog)
http://www.asahi.com/housing/world/TKY201006120187.html

◆サイバー子会社、SNS使い通販支援、フェイスブックに商品情報
SNS世界最大手の米フェイスブック上に、通販サイトの商品情報を自動的に表示するサービスを提供。利用者の「口コミ」で商品の認知度を高める仕組みも取り入れた。アパレルや雑貨など、20~30代に商品を販売したい企業の利用を見込む。
[日経MJ 11/06/03]
◇CAテクノロジー HP
http://www.catech.co.jp/
◇リアルワールド HP
http://www.realworld.jp/company/

◆牛や豚のふん尿、循環処理で資源に、北海道産学官、発電後、液肥等
北海道内の企業と大学、研究機関が連携し、牛や豚のふん尿の資源活用と処理を一体で進める循環型システムの構築に乗り出した。農場で使う電力をバイオガス発電で賄うだけでなく、残った廃棄物を化学薬品を使わずに環境に優しい仕組みで処理できるのが特徴。道内の酪農家が頭を痛めるふん尿処理を効率的に進める。
[日経MJ 11/06/06]
◇農業施設施工の「たすく」 HP
http://www.tusk-net.com/
◇北海道農業研究センター HP
http://cryo.naro.affrc.go.jp/

◆加工抑えた木材で内装・家具、素材そのまま素朴さに憩う
資源なき時代反映
無塗装、使用済み、切っただけの木材。加工を必要最低限に抑えて、傷やヒビ、割れ、樹皮付きといった状態をデザインの要素と見て、木材などの素材をありのままに生かした商品が注目を集める。これまでの、再加工を多用するエコロジーデザインより一段と深みを増し、余計な手間をかけないことに美しさを見いだす「引き算」の発想だ。
[日経MJ 11/06/08]
◇インテリアショップ「センプレデザイン」 HP
http://www.sempre.jp/
◇池尻大橋にセンプレ本店オープン/誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1005/24/news045.html
◇足場板専門店「WOODPRO」 HP
http://www.ashiba21.com/
◇「WOODPRO」インタビュー/プラスなプレス
http://www.hs-plus.jp/kenkyu/2010/09/w.html
◇ASHIBAリノベマンション
http://plaza.rakuten.co.jp/woodpronakamoto/diary/?ctgy=5
◇古材・空間プロデュース「ファクトリー・ツール」 HP
http://www.f-tool.net/
◇古材・古材風素材販売「ロスト・アンド・ファウンド」 HP
http://www.lost-found-gifu.jp/

◆商品の「伝えたいこと」追及
先日、日経MJセミナーで、ジャパネットたかたの高田社長のご講演を拝聴した。テーマは「テレビ通販の現場から見た3.11の消費」。氏は、商売において震災前も後も変わらないもの、変えてはいけないこととして、「商品は何のためにあるかを考え、伝えるべきことを伝え続けること」。
[日経MJ 11/06/08]
◇ジャパネットたかた HP
http://www.japanet.co.jp/shopping/
◇小坂裕司氏「オラクルひと・仕組み研究所」 HP
http://www.kosakayuji.com/

◆コンビニ各社、フェイスブックでPR、公式ページ開設相次ぐ
スマートフォンの位置情報を利用したクーポン配信サービスにも参加。実名登録のユーザー同士の交流が活発な同サイトの特性を生かし、商品やサービスの効果的なPRを狙う。
[日経MJ 11/06/12]
◇ファミリーマートFacebookページ
http://www.facebook.com/familymart.japan
◇ミニストップFacebookページ
http://www.facebook.com/ministopfan
◇セブンイレブンFacebookページ
http://www.facebook.com/711fan
◇ローソンFacebookページ
http://www.facebook.com/lawson.fanpage
◇Facebook ファンページのマーケティング活用
http://japan.internet.com/wmnews/20101115/8.html
◇日本語Facebookページ ランキング
http://fbrank.main.jp/

◆B級グルメ村ギン酒場、新橋外堀通り店(東京・港)
列島の味力集結大盛り上がり 屋台の雰囲気、昭和香る
「築地銀だこ」を運営するホットランドが居酒屋「B級グルメ村 ギン酒場」の店舗展開を進めている。津々浦々のご当地料理をかき集めて手ごろな価格で提供する。地方出身者が多い東京だけに、豊富なメニューが客同士の会話を弾ませるきっかけになっている。
[日経MJ/ホットスポット 11/06/12]
◇B級グルメ村「ギン酒場」
http://www.hotland.co.jp/contents/new/110113_ginzakaba.html
◇渋谷にB級グルメ村「ギン酒場」の戦略を読み解く/INSIGHT NOW!
http://www.insightnow.jp/article/6420
◇B級グルメ村「ギン酒場」 について (Blog)
http://blog.goo.ne.jp/yotuba-mituke/e/286ec1f4c0381d97bcb054f4ea15a7e5
◇B級グルメ村「ギン酒場」 について (Blog)
http://cori-cori.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/b-2731.html

◆アニメ制作、営業も、早く安く、DLE流、地域キャラ、TV局と育成
コンピューターソフトを駆使し、低コストで短期間に多数の作品を量産する風変わりなアニメ制作会社、ディー・エル・イー(DLE、東京・千代田)が映像業界で存在感を高めている。
[日経MJ 11/06/15]
◇アニメ制作会社「DLE」 HP
http://www.dle.jp/
◇かよえ!チュー学 facebookページ
http://www.facebook.com/kayochu
◇Facebookと完全連動「かよえ「!チュー学」/DLEリリース
http://www.dle.jp/company/pressreleases/2011/05/facebook.html

◆優しい光包む自然のドレス、ミラノで照明機器の見本市
国際照明機器見本市「ユーロ・ルーチェ2011」が4月、ミラノで開催された。世界でも照明機器の光源の主役は白熱電球から蛍光灯や発光ダイオード(LED)、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)へと変わりつつある。紹介された作品は、自然界をイメージしたオブジェとしても優美な照明デザインで話題を呼んだ。
[日経MJ 11/06/15]
◇鈴野浩一氏と禿真哉氏「トラフ建築研究所」 HP
http://www.torafu.com/
◇岡安泉照明設計事務所 HP
http://www.ismidesign.com/
◇デザインオフィス「nendo」 HP
http://www.nendo.jp/
◇イタリアの照明ブランド「フォスカリーニ社」 HP
http://www.foscarini.com/
◇イスラエルの「アクア・クリエーション社」 HP
http://www.aquagallery.com/
◇ドイツの照明デザイナー、インゴ・マウラー氏 HP
http://www.ingo-maurer.com/
◇ユーロ・ルーチェ2011 について
http://ameblo.jp/atelier-sai/entry-10884781145.html
http://ameblo.jp/atelier-sai/entry-10884768256.html
http://ameblo.jp/atelier-sai/entry-10883673586.html#main
http://ameblo.jp/atelier-sai/entry-10884789942.html#main

◆クロス・マーケティング浜田有希氏 家電情報、量販店で収集
(1)年齢層が低くなるほど家電量販店の利用頻度が高くなる
(2)年齢層が下がるほど、商品の情報収集を目的に家電量販店を利用する女性が多い
(3)店に行く前にメーカーやブランドを決定する率はデジタル家電で高く、白物家電は低い
[日経MJ 11/06/15]
◇クロス・マーケティング HP
http://www.cross-m.co.jp/
◇女性の家電製品購入実態に関する調査 (原典)/クロスマーケティング
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0276915_05.pdf

|

« 情報クリップ・ダイジェスト 1105アップ! いいね!! | トップページ | 地デジなんかより情報クリップダイジェスト1106アップ! »

情報クリップ11」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップ・ダイジェスト 2011/06:

« 情報クリップ・ダイジェスト 1105アップ! いいね!! | トップページ | 地デジなんかより情報クリップダイジェスト1106アップ! »