« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011/08/16

「ゆるさ」に浸る。

R0015689_s

香川県の直島、大阪服部緑地の日本民家集落博物館と続く取材の仕事の合間に、ほんのちょっとの夏休みをはさんだ旅行を終えて、帰りの新幹線に乗る。

一番の印象は、とにかく暑かったこと。何かに仕返しをされているのではないかと思うほど、激しい日差しに曝されて動き廻った。もう一つ強く感じたのは、直島行での「待ち時間」の長さだ。フェリーを待たされ、バスを待たされ、またまたバスを何度か待たされ、帰りのフェリーを待たされ、さらに列車を長時間、待たされた。けっこう期待していた直島旅行の2大印象が「酷暑」と「待ち時間」というのは、少し淋しいような気もするが……。

しかし、酷暑に曝され、心身ともに脱力した身には、長い待ち時間は苦痛になるどころか、むしろ、気持ちよくさえ感じられた。

なんにもしない。なんにも考えない。なににも邪魔されない。

停留所の木陰で、ただただ、ぼおっと、いつ来るのかもわからないバスを待つことが、これほど心地よい「ゆるさ」に浸れるものだということを初めて知った。こんな時間に、こんな場所で、酒を呑むわけでもなく、隣に妙齢が存在するわけでもなく、それなのに、ただただ癒されてしまうという体験。ひょっとすると、それが今回の旅行の一番の収穫なのかも知れない。港に向うバスに揺られながら、そんなことを思った。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/08/08

情報クリップ・ダイジェスト 1107アップ

情報クリップダイジェストの7月号をアップしました。

取り急ぎ、お知らせまで。

◆情報クリップダイジェスト 2011/07
http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2011/08/201107-8fad.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップダイジェスト 2011/07

◆博報堂調査「応援」で暮らし前向きに社会参加意欲強く
(1)社会が進む方向の見通しとは逆に、自らの暮らしには楽観的
(2)社会と自身の暮らしへの意識のギャップやその背景は震災前からあるもの
(3)「応援消費」などを通じて社会に働きかける姿勢が、前向きに生きる“浮力”になっている。
[日経MJ/消費分析 11/06/22]
◇震災後の生活と消費の意識・行動に関する調査(原典)/博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20110513.pdf
◇「応援消費」から「つながり消費」へ /コメ兵
http://prtimes.jp/data/corp/3542/7f9beac8c5d92e45b5f8d446aa3529e1.pdf
◇「応援消費」で、日本版エシカル消費 /復興ニッポン
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110713/277552/
◇今までは募金、今後は“応援消費”/誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1105/09/news056.html

◆宿坊 心のぜいたく「清貧の境地」
東日本大震災以降、世の中に漂う漠然とした不安や無常観-。震災を経験し、自分の生き方を見直そうとしている人に「宿坊」と呼ばれるお寺の宿泊施設が注目されている。経済的なうえ、大自然に囲まれた環境の中で心のぜいたくも味わえる。不自由な環境が現代人を「清貧の境地」へいざなう。
[産経新聞 11/07/04]
◇曹洞宗の禅寺「福王山正覚寺」 HP
http://www1.ocn.ne.jp/~shougaku/
◇宿坊研究会 HP
http://syukubo.com/
◇宿坊選びのコツと泊まり方/All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/4975/
◇高野山宿坊組合・高野山観光協会 HP
http://www.shukubo.net/
◇宿坊体験/日経ウーマンオンライン
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20100720/107911/

◆奈良の古民家に古本と奈良ゆかりの雑貨販売
古民家の2階で、奈良が大好きな5人が共同経営する店「フルコト」。現在は、奈良にゆかりのある作家約20人の作品や著書などを販売。
[奈良経済新聞 11/06/27]
◇古本と奈良ゆかりの雑貨を販売する「フルコト」 HP
http://furukoto.jimdo.com/
◇近鉄奈良駅北側に広がるエリア「きたまち」 HP
http://www.kitamachi.info/
◇「フルコト」 について (Blog)
http://shiwonmahoture.blog115.fc2.com/blog-entry-1537.html
◇「フルコト」 について (Blog)
http://naraclub-naraclubpart2.blogspot.com/2011/06/blog-post_04.html
◇「フルコト」 について (Blog)
http://koharucafe.exblog.jp/15062700/

◆太古から変わらぬ姿、巨石に夢中 神秘的な存在感、魅了
巨石の魅力にはまる人が増えている。木々に埋もれるように鎮座していたり、絶妙なバランスで重なり合っていたり、まるで人の顔のように見えたり、とその種類は様々。実際に足を運ぶことができなくても、発刊相次ぐ関連書籍や各地で開催される講演会をのぞいてみれば、巨石の魅力は堪能できる。太古から変わらぬ姿のまま、朽ちることのない巨石。その存在感の大きさに心を引かれる人が多いようだ。
[日経MJブームの予感 11/06/17]
◇写真家・須田郡司氏 HP
http://www.sudagunji.com/
◇巨石巡礼
http://home.s01.itscom.net/sahara/stone/
◇巨石マニアがとりつかれる“巨石の魅力”とは?/exciteニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1246591350824.html
◇肥前大和巨石パーク について
http://f1.aaa.livedoor.jp/~megalith/park.html
◇世界最強最古のパワースポットは日本にあった!
http://www.myspiritual.jp/2010/07/post-1715.html
◇屋久島巨石ツアー
http://zuiunzi.net/igu/tabi1/yaku1.html
http://zuiunzi.net/igu/tabi1/yaku2.html
http://zuiunzi.net/igu/tabi1/yaku3.html

◆エスビージャパン、ブックカバー、電車の中吊広告ニッチ媒体3倍
エスビージャパンは隙間(ニッチ)の広告媒体の取り扱いを拡大する。広告を目にする消費者が特定層に絞られるといった隙間媒体の特徴を生かし、広告主の企業の目的に適した効果の高い媒体を提供する。
[日経MJ 11/06/20]
◇発売後90日以内の新製品情報を集めたリリースサイト「エスビージャパン」
http://www.sb-ja.jp/

◆セリアマルイジャム渋谷店 都心の「100円」女心つかむ
100円ショップ業界2位のセリアが渋谷駅近くに3月下旬、セリアマルイジャム渋谷店を開いた。東京都心部の中心市街地には初進出となる。東京23区内に10店強しかない同社にとって、消費者にイメージを訴求するモデル店の役割を託す。
[日経MJ 11/06/20]
◇100円ショップの「セリア」  HP
http://www.seria-group.com/
◇セリアマルイジャム渋谷店
http://kaiten-heiten.com/pdf/2011.03/seria_marui_jam_shibuya.pdf
◇「セリアマルイジャム渋谷店」 について/シブヤチャンネル
http://www.sibch.tv/fashion/news/2011/04/post_6.php
◇「セリアマルイジャム渋谷店」 について (Blog)
http://ameblo.jp/animal-cat-panda/entry-10937075235.html

◆中古・レンタル、抵抗感薄く 共有、節約・社会貢献で需要増
gooリサーチシニアリサーチャー堀靖司氏
(1)中古品やレンタル(共同利用)への抵抗感は薄まりつつある
(2)共有(シェア)でも、節約志向で社会貢献につながる商品・サービスに需要
(3)シェアの活性化に、コミュニケーションの場や、手軽で安心できるルールづくりが必要
[日経MJ/消費分析 11/06/29]
◇商品・サービスのシェアに対する意識(原典)/gooリサーチ
http://research.goo.ne.jp/database/data/001313/
◇スマート消費に関する調査/YAHOO!リサーチ
http://prtimes.jp/data/corp/624/df1abd2e0e41df0613539c6c025e8ed1.pdf
◇パソコン買い換えるなら?5割半が絶対新品/rTYPEアイシェア
http://release.center.jp/2010/08/2401.html

◆使い手を意識、機能美の新風、「±0」食器や雑貨も
スタイリッシュから質実剛健へ――。2003年に国内発のデザイン家電として産声を上げた「±0(プラスマイナスゼロ)」。最近は文具、雑貨、キッチン用品、食器とアイテムを広げ、買いやすい価格や多様な買い手を意識したモノ作りに乗り出し始めた。それに伴い「時代の真ん中をとらえる」デザインにも変化が表れている。
[日経MJ 11/06/22]
◇家電雑貨ブランド「±0(プラスマイナスゼロ)」 HP
http://www.plusminuszero.jp/
◇±0新プロダクトと新ショールーム/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1299371718005/
◇深澤直人氏 (wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E6%BE%A4%E7%9B%B4%E4%BA%BA
◇中尾アルミ製作所 HP
http://www.nakao-alumi.jp/
◇キッチン雑貨店「ラ・クッチーナ・フェリーチェ」 HP
http://www.lacucinafelice.com/

◆美を堪能する夏のレジャー
「穴場」は大学にあり
本格的なレジャーシーズンを前にして、とっておきの隠れ家美術館をお薦めしよう。大学付属の美術館である。最近は、「開かれた大学」の一環として、一般客も気軽に入れる面白い大学美術館が増えている。
[日経MJ/日経おとなのOFF森田聡子編集長のオトナ行動学 11/06/24]
◇成安造形大学 キャンパスが美術館! HP
http://www.seian.ac.jp/seianproject/projects/project14.html
◇12の魅力発信、成安造形大学「キャンパスが美術館」/京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20110521000098
◇成安造形大学「キャンパスが美術館」 (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=SjbjWn6s6-o
◇大阪芸術大学博物館 HP
http://www.osaka-geidai.ac.jp/geidai/museum/
◇武蔵野美術大学美術館・図書館 HP
http://www.musabi.ac.jp/outline/facility/library_museum/
◇武蔵野美術大学美術館・図書館  について(Blog)
http://www.tku.ac.jp/~library/blog/index.php?UID=1280811656
◇武蔵野美術大学美術館・図書館  について(Blog)
http://bebetoku.exblog.jp/11710123/
◇東京芸術大学大学美術館 HP
http://www.geidai.ac.jp/museum/
◇東京芸術大学大学美術館 について(Blog)
http://plysima2.exblog.jp/8614994/

◆建築家、隈研吾さんに聞く 新しい暮らし方のデザインを提案
建築家による復興支援グループ「帰心の会」を立ち上げた建築家、隈研吾さん(56)。東北の文化とは何なのかをきちんと見すえて、「場所の再生」を目指したいという。
職人の力をデザインの力でサポートするプロジェクトを始めた。
[産経新聞/再生の設計図 11/07/07]
◇隈研吾建築設計事務所 HP
http://kkaa.co.jp/
◇山本理顕建築設計事務所 HP
http://riken-yamamoto.co.jp/
◇内藤廣築設計事務所 HP
http://www.naitoaa.co.jp/
◇妹島和世氏 (wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%B9%E5%B3%B6%E5%92%8C%E4%B8%96
◇伊東豊雄築設計事務所 HP
http://www.toyo-ito.co.jp/
◇気仙大工左官伝承館 HP
http://www.3riku.jp/kanko/docs/attractions/denshoukan.html
◇東日本大震災復興計画情報ポータルサイト/国土技術研究センター
http://www.jice.or.jp/sinsai/sinsai_result.php?q=%88%C9%93%8C%96L%97Y&t=2
◇日本の職人の技術を世界が渇望している/隈研吾氏 東洋経済
http://www.toyokeizai.net/business/interview/detail/AC/f2d75c6a7b35beeb7c20fa330b1d64b2/

◆買い手と交歓、ヒントの源泉 照明・雑貨デザイナーが「直販」
「セルフプロダクション」という言葉を最近よく耳にする。企業に属さないデザイナーが自ら作ったものを直接買い手に販売することで、照明やインテリア雑貨といったプロダクト分野ではあまり見掛けない光景だった。東京都内では若手の作り手が集って、自分たちのデザインやモノ作りを来場者に熱く語るイベントが頻繁に開かれている。
[日経MJ 11/06/29]
◇千駄ケ谷のギャラリー&ショップ「プロット」 HP
http://www.plot-tokyo.com/
◇「SPRING CARAVAN 2011」 HP
http://www.caravancaravan.com/
◇プロダクトデザインユニット「印(イン)デザイン」 HP
http://www.indesign.jp/
◇プロダクトデザイナー・海山俊亮氏「マイクロワークス」 HP
http://www.microworks.jp/
◇デザインユニット「501(ゴーマルイチ)デザインスタジオ」 HP
http://501designstudio.com/
◇プロダクトデザイナー・酒井俊彦氏 HP
http://www.sakaidesign.com/

◆アークヒルズに期間限定農園 北海道の夏野菜の収穫体験も
アーク・カラヤン広場で現在、夏イベント「マルシェファーム北海道」が行われている。ヒルズマルシェでは、北海道の農産物や加工品を販売する「北海道ファームブース」を展開。北海道から来た子ヤギと羊の毛刈りが見学できる「ヤギと羊とのふれあい」や、電動立ち乗り二輪車「セグウェイ体験」を展開。
[赤坂経済新聞 11/06/29]
◇マルシェジャポン HP
http://www.marche-japon.org/area/1303/news/
◇夏のイベント 「アークヒルズ 北海道サマー」
http://digitalpr.jp/r/177
◇「農業ルーキーズクラス」主催「農家のこせがれネットワーク」 HP
http://kosegare.net/
◇「マルシェファーム北海道」 について (Blog)
http://blog.livedoor.jp/stopdaka2005/archives/51846077.html

◆量り売り総菜、情報発信を、協会指針、ホームページ活用促す
日本惣菜協会は総菜や弁当の原材料に関する情報提供のガイドラインをまとめた。商品ラベルや値札へのアレルギー物質などの表示を義務付けられていない量り売りの総菜を主な対象にホームページを使った情報発信などを会員企業に促す。
[日経MJ 11/07/01]
◇日本惣菜協会 HP
http://www.souzai.or.jp/

◆「アメーバピグ」仮想アイテム拡販法 イベント・流行作り消費喚起
アイテム価格に基準設け混乱防ぐ/登録1周目に購入促す仕掛け
「アメーバピグ」では、アバターに着せる服などの「仮想アイテム」の売れ行きが好調で、月間の売り上げが3億円に上る。形のない商品をどう売っていくのか。その販売術を探る。
[日経MJ 11/07/01]
◇仮想空間サービス「アメーバピグ」
http://pigg.ameba.jp/
◇おもしろい無料ゲームで遊ぼう! (Blog)
http://www.omoroigame.com/games/

◆キティ、世界で稼ぐ、サンリオ ライセンス主体に転換
ブランド管理、きめ細か/「1業種1社」常識破る/国際企業に照準、H&Mやネスレ
海外ライセンス事業で企業形態を劇的に変えたサンリオ。キャラクターを陳腐化させないよう注意を払いながらも、スピーディーに事業を広げる仕組みを整えつつある。自前主義を抑え、海外のグローバルメーカー・流通業にライセンスを供与して一気に販路を広げる事業モデルを採用したことで、高収益体質に転換した。
[日経MJ 11/07/04]
◇サンリオ「ハローキティ」 HP
http://www.sanrio.co.jp/characters/hellokitty/
◇ハローキティとスワロフスキーのコラボジュエリー
http://www.sanrio.co.jp/corporate/release/detail/50 
◇スワロフスキー輝くハローキティ(facebook)
http://www.fashionsnap.com/news/2011-06-29/kitty-swarovski-kara/
◇スワロフスキー HP
http://www.swarovski.com/Web_JP/ja/index
◇キティに次ぐ柱構築、キャラ買収に最大300億円/Bloomberg
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_conewsstory&sid=ar5Avzu4TUmc&tkr=WMT:US
◇米国ライセンス賞ハローキティがキャラクター・トイ部門受賞
http://www.animeanime.biz/all/116173/
◇中国浙江省に「ハローキティパーク」14年開園/Sankei
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110509/bsd1105090501000-n1.htm

◆使用場面を想定し商品陳列、キャンドゥが導入、まとめ買い促す
100円ショップ3位のキャンドゥはVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)を導入し始めた。使用場面をイメージできるようにコーディネート陳列し、客のまとめ買いを促す。商品ディスプレーに一定の広さを要するため、原則500平方メートル規模の大型店に導入する。
[日経MJ 11/07/06]
◇100円ショップ「キャンドゥ」 HP
http://www.cando-web.co.jp/

◆独創的な設計の幼稚園・保育園、子どもの個性、開放感が育成
建物全体が遊具のようだったり、はたまた美術館に見えたり――。幼稚園や保育園で独創的なデザインの園舎が相次いで誕生している。第2次ベビーブーム時に開園した施設が建て替えの時期を迎えているのが一因。揺れる教育や少子化が進む中で、子どもたちに用意すべき環境とは何か、若手の建築家たちが果敢に挑み始めている。
[日経MJ 11/07/06]
◇埼玉県狭山市「狭山ひかり幼稚園」 HP
http://www.sayama-hikari.com/
◇アタカケンタロウ建築事務所 HP
http://www.ataken.com/
◇千葉県柏市「こばとこどもえん」 HP
http://www.kashiwa-kids.ed.jp/kobato/
◇山崎壮一建築事務所 HP
http://www.so1architect.com/
◇東京都立川市「ふじようちえん」 HP
http://fujikids.jp/
◇佐藤可士和氏 HP
http://kashiwasato.com/#daiwa
◇手塚貴晴・由比氏 手塚建築研究所 HP
http://www.tezuka-arch.com/japanese/
◇「ふじようちえん」に行ってきました (Blog)
http://cabanon.exblog.jp/5333974/

◆国会図書館が電子本を貸す日 有料でデータ開放
国立国会図書館法を改正する準備が始まった。すべての出版物を国会図書館に納品する制度の対象に電子出版物を加えるためだ。そこに、国会図書館が収蔵する電子書籍のデータを販売や貸し出しに充てる構想が浮上した。仕掛け人は国会図書館の長尾真館長。
[日経MJ/コンテンツ流通覇権の行方 11/07/08]
◇国立国会図書館 HP
http://www.ndl.go.jp/
◇グーグルの電子書店が開始/アマモ場
http://www.amamoba.com/pc/google-editions.html
◇残す責任:電子辞書と図書館/SYNODOS JOURNAL
http://webronza.asahi.com/synodos/2010122100001.html

◆上高地の魅力、外国人が発信、英語でブログ内外から集客
既存の観光案内を翻訳するのではなく、地元在住の外国人が「記者」として記事をブログに執筆、国内外の外国人を呼び寄せようという作戦だ。外国人の視線を重視して他の地域との違いを打ち出し、東日本大震災後に低迷する観光客の増加につなげる。
[日経MJ 11/06/20]
◇Sacred Highland Kamikochi(聖なる高原 上高地) HP
http://www.kamikochi.org/
◇NPO法人「SCOP」 HP
http://www.npo-scop.jp/
◇上高地、外国人の目で再発見 (Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/okubyoukabu/diary/201010220007/

◆「超クールビズ」一般人が紹介、ユニクロ、サイト上にページ開設
一般の会社員が従来の職場での服装と、ユニクロの衣料を着用した今夏の軽装スタイルを画像で表示。画像の下には着用している衣料の紹介ページに移れるリンクをつけ、そのままネット上で購入できるようにした。
[日経MJ 11/07/08]
◇ユニクロオンラインストア
http://store.uniqlo.com/jp/store/men/
◇ユニクロ「スーパークールビズ」提案/oricon life
http://life.oricon.co.jp/88289/full/
◇「クールビズ」で想起する企業名1位は「ユニクロ」/日経TRENDY NET
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110704/1036658/
◇クールビズ導入にともなう服装と身だしなみ調査/マクロミル
http://www.macromill.com/r_data/20110701coolbiz/

◆高齢者に優しい店、スーパー各社、マルエツ、視・触覚低下を“体験”
マルエツは全従業員を対象に、視覚低下などを疑似体験できる研修を導入。エコスは高齢者の購入率の高い商品の陳列方法を見直し始めた。
[日経MJ 11/07/10]
◇高齢客にやさしいスーパー/Yomiuri
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=33141
◇全日本食品、らでぃっしゅ、高齢者対応強化/リテールテックJAPAN
http://www.shopbiz.jp/rt/news/70038.html
◇高齢客にやさしいスーパー/YOMIURI
https://secure.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=33141&from=wn

◆雑貨・文具ブランド「ジオグラフィア」、地球テーマ、緻密な造形美
地球や地理、地形をテーマにした雑貨と文具のブランド「ジオグラフィア」。香川県三豊市の印刷会社、マルモ印刷が外部のデザイナーを起用して開発した商品だ。紙に施された特殊な印刷と紙加工の技術が新たな紙製品の可能性を切り開いたようだ。
[日経MJ 11/07/13]
◇地球」をテーマした雑貨と文具のブランド「ジオグラフィア」 HP
http://www.geo-grafia.jp/
◇「ジオグラフィア」INFORMATION
http://www.geo-grafia.jp/information/
◇マルモ印刷 HP
http://www.marumo-print.co.jp/
◇国際見本市「インテリアライフスタイル」 HP
http://www.interior-lifestyle.com/
◇林裕輔・安西葉子氏デザインスタジオ「ドリルデザイン」 HP
http://www.drill-design.com/
◇インテリア・ショップ「リビング・モティーフ」 HP
http://www.livingmotif.com/

◆ネット通販モール、フェイスブック活用支援
ネット通販モールの運営各社は加盟店がフェイスブックを販促に活用しやすいよう支援に乗り出した。楽天は商品情報の更新を代行するシステムを構築する。ディー・エヌ・エー(DeNA)はページ作成の有料サービスを開始した。
[日経MJ 11/07/13]
◇ディー・エヌ・エー(DaNA) HP
http://dena.jp/
◇マーケティング支援の「桜丘製作所」facebookページ
http://ja-jp.facebook.com/sakuragaokase
◇桜丘製作所、Facebookを活用したソーシャルコマース支援事業に参入   
http://www.venturenow.jp/news/2010/12/21/1536_009091.html
◇「楽天」 facebookページ
http://ja-jp.facebook.com/RakutenIchiba

◆企業のソーシャルメディア活用 利用者の属性、吟味を
アジャイルメディア・ネットワーク社長
(1)ミクシィ上で実施したナイキのキャンペーンが213万人を集める。
(2)日本においてはソーシャルネットワークサービスは戦国時代に。
(3)自社のターゲットがどこにいるかを見きわめて選択することが重要。
[日経MJ/徳力基彦のECの波頭 11/07/13]
◇「NIKEiD FRIENDS STUDIO」キャンペーン HP
http://idc.nike.jp/nike_id/friend_studio/
◇アジャイルメディア・ネットワーク HP
http://agilemedia.jp/
◇ソーシャルメディア活用企業調査/アジャイルメディア・ネットワーク
http://agilemedia.jp/pressrelease/amn50.html

◆家電・発電一体制御で統一規格 東芝等10社、省エネ住宅で連携
東芝やパナソニック、東京電力など10社は、太陽光発電や家電などを組み合わせた次世代型の省エネ住宅「スマートハウス」の普及に向けた環境整備を共同推進すると発表した。
[産経新聞 11/07/13]
◇省エネ住宅推進に向けた「HEMSアライアンス」始動
http://www.japan-market.jp/news_UDOOoAIXu.html

◆御徒町、蔵前、徒蔵探訪 人情味+おしゃれ、若者も魅了
モノづくりの伝統 デザイナーが継ぐ
御徒町から蔵前にかけての一帯が「徒蔵(かちくら)」と呼ばれる人気スポットになっている。ここ数年、バッグや生活雑貨のデザイナーが工房や仕事場を兼ねた店舗を相次いで開業。デザイナー自身が接客したり、仕事場の様子を公開したりとモノづくりを身近に感じることができるのが魅力だ。おしゃれな商業ビルなどもお目見えし、若者から年配者まで周辺を散策する人々が増えている。
[日経MJ/ブームの予感 11/07/15]
◇デザイン雑貨「SyuRo(シュロ)」 HP
http://www.syuro.info/
◇デザイン雑貨「SyuRo(シュロ)」について (Blog)
http://antonmin.exblog.jp/11913241/
◇デザイン雑貨「SyuRo(シュロ)」について (Blog)
http://antonmin.exblog.jp/11616581/
◇皮革雑貨「コケット」 HP
http://www.coquette.jp/concept/
◇台東デザイナーズビレッジ HP
http://www.designers-village.com/
◇高架下にできたものづくりの街「2k540」 HP
http://www.jrtk.jp/2k540/
◇皮革雑貨「エムピウ」 HP
http://www.m-piu.com/
◇外食店運営「バルニバービ」 HP
http://www.balnibarbi.com/
◇商業ビル「ミラー」 HP
http://www.mirror-ep1.com/
◇台東モノづくりマチづくり実行委員会「モノマチ」 HP
http://www.monomachi.com/
◇「徒蔵(かちくら)」について (Blog)
http://bg-shop.jugem.jp/?eid=228

◆「賢」実志向、半年後も継続 買い控えせず、こまめに買い物
イーライフ取締役リサーチャー石井順子氏
(1)震災後の「賢」実消費の傾向は一過性ではなく、秋に向けて一段と強まる
(2)関東と東北では秋に向けて割高商品の消費が弱まるが、その他の地域では逆に強まる
(3)消費者は今後も照明や空調は現状レベルで十分と考え、無駄を省いた社会を望んでいる
[日経MJ/消費分析 11/07/06]
◇マーケティング会社「イーライフ」 HP
http://www.elife.co.jp/
◇口コミサイト「バズライフ」
http://www.buzzlife.jp/
◇東日本大震災復興支援ポータルサイト/YahooJapan!
http://shinsai.yahoo.co.jp/

| | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »