« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011/09/11

情報クリップ・ダイジェスト 1108アップ

R0015920_s

先日、ひさしぶりに頂いたチケットで歌舞伎を見にいってきました。前回、行けるはずだったのが3月11日。そろそろ、出かけようかと思っていた矢先の大震災でした。ほんの少し不安を感じながら新橋演舞場へ。

今回は、三代目中村又五郎の襲名披露もあり、演目もかなり「派手め」で、無事?堪能することができました。歌舞伎のドシトウトにとっては「人情もの」なんかより、きらびやかな舞台がエキサイティング。石川五右衛門のキンキラ世界と、太棹三味線のドライブ感は、今の日本の「クールジャパン」なんかをはるか凌駕する、圧倒的な「かっこよさ」があります。大部分は中国の京劇とオーバーラップしているのですが、微妙な色彩のセンスは、歌舞伎が100倍くらい勝っているように思いました。
(写真はゼンゼン関係ない、鎌倉Kちゃん宅での呑み会光景。クリックすると大きい画像をご覧いただけます。)

ところで

情報クリップ・ダイジェスト1108をアップしました。
http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2011/09/201108-4a15.html

こちらも、100倍くらい勝っています!何に?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2011/08

◆スーパーでの買い物・温泉旅行に需要 「親と共に行動」が多数
(1)東日本大震災で家族の絆が自分に重要との意識が高まった人が76%
(2)同居家族と絆を強めるために一緒にしたいこととして、買い物は48%、外食は44%
(3)同居の親と一緒に行く旅行先での体験希望1位は「温泉に入る」ことで81%
[日経MJ/消費分析 11/07/20]
◇震災をきっかけとした「絆の見直し」調査/電通
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2011/pdf/2011083-0715.pdf
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇大震災後「親に対する意識・行動調査結果」/オヤノコトネット
http://www.oyanokoto-net.co.jp/pdf/result.pdf
◇クラブツーリズム HP
http://www.club-t.com/
◇大震災後、父の日に関するアンケート調査/enterking
http://www.sunset-co.jp/pdf/110518news.pdf

◆中川政七商店×PASS THE BATON 「Remake FUKIN はなふきん」
麻雑貨メーカーの中川政七商店は、東京のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON(パス ザ バトン)」とコラボしてオリジナルリメーク品となる「Remake FUKIN はなふきん」の先行販売を始めた。同商品は、同社人気商品の一つ「花ふきん」の製造工程で出る、縫い代のサイズが小さく同社の品質基準に満たない部分を利用したもの。
[奈良経済新聞 11/07/08]
◇麻織物を扱った和雑貨「中川政七商店」 HP
http://www.nakagawa-masashichi.jp/
◇セレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」 HP
http://www.pass-the-baton.com/
◇「Remake FUKIN はなふきん」紹介記事
http://www.elle.co.jp/decor/news/hanafukin11_0714
◇中川政七商店「粋更kisara」 HP
http://www.yu-nakagawa.co.jp/kisara/

◆長唄、息長~く、若者のおけいこ増加中 口語体CDも登場間近
敷居が高く、特別なものという印象が強かった長唄を、若い世代で習おうとする男女が増え、親からの世襲でもないのに職業として選ぶ人さえいる。長唄の世界でも、都内でライブを開く異色の女性ユニットが登場。歌謡界の大物作詞家を起用した口語体の長唄CDも制作中
[日経MJ/ブームの予感 11/08/05]
◇杵屋利光氏ファンサイト
http://www.nexyzbb.ne.jp/~hiskuwa/index.htm
◇長唄「杵徳会」 HP
http://kinetoku.com/
◇長唄協会
http://www.nagauta.or.jp/
◇長唄ドットコム
http://www.nagauta.com/
◇「スクイーズ☆ハジキーズ」松永鉄六氏ブログ
http://ameblo.jp/tetsu6/theme-10008561768.html

◆「SAKE HALL HIBIYA BAR」飲み方新鮮日本酒自由区
「サキ」カクテル若者魅了
バー運営の日比谷Barは、4月、東京・銀座に日本酒カクテル主体の「SAKE HALL HIBIYA BA(サキホールヒビヤバー)」を開いた。7つの蔵元のお酒を使い、新しい日本酒の飲み方を提案する。冷酒に氷を入れて提供したり、チョコレートカクテルにアレンジしたり。一見、邪道とも映るスタイルが日本酒を敬遠してきた若者に支持され、リピーターを増やしている。
[日経MJ 11/07/18]
◇バー運営の「日比谷Bar」 HP
http://www.hibiya-bar.com/
◇日本酒専門カクテルバー「sake hall hibiya bar」 HP
http://www.hibiya-bar.com/shop/sake_hall/
◇「日比谷Bar SAKE HALL」/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/380065/
◇日本酒カクテルで日本復興/フードリンクニュース
http://www.foodrink.co.jp/snapshot/ss1104/ss110419_hibiyabar.php
◇銀座の「SAKE HALL HIBIYA BAR」で7つの蔵元と日本酒カクテルを楽しむ
http://web.1week.cc/food/2011/05/17/15907/
◇銀座に日本酒カクテルバー「SAKE HALL」/銀座経済新聞
http://ginza.keizai.biz/headline/1426/

◆麻布十番にお茶と日本酒のカフェ&バー「Munni(ムーニ)」
全面ガラス張りの明るい店内に、ベビーカーを押して入れるようテーブルをゆったり配置した。公園が目の前という立地なので、お母さんたちが気兼ねなくくつろげる空間にし、店内には子どもが楽しめるおもちゃや授乳室、おむつの交換台、おむつのストックなども用意した。
[六本木経済新聞 11/08/04]
◇お茶と日本酒が楽しめるカフェ&バー「Munni(ムーニ)」 HP
http://www.munni.jp/

◆D2C、店頭で電子雑誌閲覧  スマホ向け、時間限定
ビックカメラ新宿西口店(東京・新宿)で、利用客が店頭でスマートフォンから家電情報誌を読めるようにする試みが始まった。利用客は自分のスマートフォンやタブレット端末に専用アプリをダウンロードする。そして店頭に表示された6桁の暗証番号を入力してログインすると、1時間限定で電子書籍化された雑誌を閲覧できる仕組みだ。料金はかからない。
[日経MJITの現場力 11/07/18]
◇生活用品情報誌「GetNavi WEV」 HP
http://getnavi.jp/
◇トレンド情報誌「DIME」 HP
http://www.digital-dime.com/
◇最新デジタル情報誌「デジモノステーション」 HP
http://www.digimonostation.jp/
◇電子コンテンツ店頭配信システム「すまほん。」
http://www.smhn.jp/
◇お店の中ならスマホで雑誌が無料「すまほん。」/YAHOO!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110812-00000055-zdn_m-mobi

◆「家具の旭川」世界の力集う、地元主催でデザインコンペ
北海道の旭川地区。ここは世界から注目される家具産地となりつつある。地元主催で世界的な規模のデザインコンペを活用し、技術力の研さんと国際的な情報交換を行い、デザインプロダクトの産地として独自に腕を磨いてきた。一見、地方の地味なコンペのようだが、家具産地の実力を底上げする原動力に育ってきた。
[日経MJITの現場力 11/07/20]
◇「国際家具デザインコンペティション旭川」 HP
http://www.asahikawa-kagu.or.jp/ifda/
◇川上元美氏 HP
http://www.motomi-kawakami.jp/
◇深澤直人氏 (wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E6%BE%A4%E7%9B%B4%E4%BA%BA
◇ケルン国際家具見本市「グローバローカル」 HP
http://www.project-globallocal.de/
◇ケルン国際家具見本市「グローバローカル」出展報告
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/asahikawa-kagu/diary/detail/201102090000/
◇arflex japan HP
http://www.arflex.co.jp/
◇TIME&STYLE HP
http://www.timeandstyle.com/
◇小林幹也氏 HP
http://www.mikiyakobayashi.com/
◇村澤一晃氏「ムラサワデザイン」 HP
http://www.murasawadesign.com/
◇織田憲嗣氏 (wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%94%E7%94%B0%E6%86%B2%E5%97%A3

◆ヨーカ堂、直営農場の野菜販売 食の安全・環境配慮訴え
普段は店頭に並ばない規格外野菜を積極的に販売するほか、近隣からの客を対象に収穫体験ツアーも開催。収穫量は多くないものの、食の安心・安全や環境負荷軽減などの企業姿勢のアピールが、プライベートブランド野菜の売り上げを押し上げるなど成果を生みつつある。
[日経MJ/売る技術光る戦略 11/07/20]
◇ヨーカ堂 直営農場「セブンファーム」 HP
http://www.itoyokado.co.jp/special/harumi/farm/
◇セブンファームの取り組み
http://www.maff.go.jp/j/nousei_kaikaku/n_kaigou/07/pdf/data2.pdf

◆売れるか「ネットチケット」 動画サイトが有料事業模索
これまで広告収入が主体だった動画サイトに、新たなビジネスモデルが生まれ始めている。動画サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴは、インターネットによる動画配信専用ライブハウス「ニコファーレ」を東京・六本木に開設。人気歌手らの生中継を視聴できるネットチケットの本格販売に乗り出し、課金モデルの確立を目指している。
◇動画配信専用ライブハウス「ニコファーレ」
http://nicofarre.jp/
◇ニコニコ動運営「ドワンゴ」 HP
http://pc.dwango.jp/
◇動画サイト「Ustream」
http://www.ustream.tv/
◇You Tube Live
http://www.youtube.com/live?gl=JP&hl=ja

◆替え刃式カミソリ、貝印、ツイッターで販促
ゲームと連動、イベント開催 /口コミで若年層開拓 シェア2割目指す
刃物や台所用品などを手掛ける貝印は替え刃式カミソリの販売を強化する。社内の販促専任チームを増員するほか、ソーシャルメディアを活用した新たな販促手法を導入する。
海外ブランドが先行する高単価の替え刃式市場でのシェア拡大を目指す。
[日経MJ 11/07/22]
◇貝印
http://www.kai-group.com/jp/
◇カイタッチプロジェクト HP
http://www.kai-group.com/jp/kaitouch/

◆ヨーロッパ流節電のススメ
節電の徹底が求められているこの夏、明かりや電気に対する日頃の習慣を見直すことで、同じ節約にも心のぜいたくやゆとりが生まれる。ヨーロッパの家庭では照明の代わりにキャンドルを使うことがしばしばある。光と影の中間にある「陰影」に安らぎを見いだす照明デザイナーもおり、伝統的な生活態度が現代人にとって指針となりそうだ。
[産経新聞/東日本大震災 今何ができる 11/07/24]
◇照明デザイナー、面出薫氏主宰「照明探偵団」 HP
http://shomei-tanteidan.org/
◇1000000人のキャンドルナイト HP
http://www.candle-night.org/jp/
◇表参道「チャリティー・キャンドルナイト」 HP
http://omotesando.or.jp/jp/topic/403
◇表参道「チャリティー・キャンドルナイト」  について (Blog)
http://blogs.yahoo.co.jp/miracle_photos_2/20535251.html
◇谷崎潤一郎著『陰翳礼讃』
http://www.kuniomi.gr.jp/togen/iwai/raisan.htm
◇もっと知りたい イサム・ノグチ/excite.ism
http://media.excite.co.jp/ism/043/
◇デュラン・れい子著 『フランス流 節電の暮らし』
http://allatanys.jp/C004/L0008M0060S1927TE004.html

◆スキルアップジャパン、動画使用通販支援、視聴しながら購入、可能
同社の動画配信サービスを活用し、動画の視聴中に商品をすぐに購入できるようにしたり、おすすめ商品の動画を自動的に表示したりするのが特徴。大画面のスマートフォンが普及し始め、動画を使うネット通販サイトが増えており、導入を働き掛けていく。
[日経MJ 11/07/25]
◇システム開発の「スキルアップジャパン」 HP
http://www.skillupjapan.co.jp/
◇デジタルサイネージ「ULIZA」 HP
http://www.skillupjapan.co.jp/solution/uliza_ds.asp
◇モバイルマーケティング「D2 COMMUNICATIONS」 HP
http://www.d2c.co.jp/
◇スマートフォンユーザの利用動向調査/D2 COMMUNICATIONS
http://www.d2c.co.jp/news/2011/20110421-556.html

◆金融危機が変えた消費 「モノ」より「知識」に支出
2008年の金融危機を経て、米国の消費者は様変わりしたという。その変化を詳しく追いかけた本「スペンド・シフト」の邦訳が先週、プレジデント社から出版された。米大手広告会社ヤング・アンド・ルビカムの消費者行動研究の専門家と、ピュリツァー賞受賞歴もあるベテランのジャーナリストによる共著だ。
どう変わったのか。勤勉、節約、公平、誠実といった理念を取り戻す。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 11/07/25]
◇『スペンド・シフト』 について (Blog書評)
http://rashita.net/blog/?p=6278
◇米大手広告会社「ヤング・アンド・ルビカム」 HP
http://www.yr.com/
◇電通ヤング・アンド・ルビカム HP
http://www.dyr.co.jp/
◇「上昇志向」の人もラグジュアリーに興味なし
/president.jp.reuters.com/article/2011/07/19/42AF4F52-ABA7-11E0-9571-B4223F99CD51.php

◆クーポン集客「いいね!」の輪
米フェイスブックが6月、日本でクーポンサービスを開始した。従来のクーポンとは異なり、販促効果は利用者にとどまらない。コメントや「いいね!」ボタンを通じて拡散するためだ。中には販促よりブランド構築に効果を見いだす企業もある。
[日経MJ 11/07/29]
◇ソーシャルメディア研究所 HP
http://socialmedialabs.jp/
◇ローソンFacebookページ
http://ja-jp.facebook.com/lawson.fanpage
◇クーポン解禁!さっそくローソンで活用/Miyamatsu_net
http://www.facebook.com/note.php?note_id=190752780976168
◇ファミリーマートFacebookページ
http://ja-jp.facebook.com/familymart.japan
◇Facebookチェックインクーポンの使い方/Webと人のアマモ場
http://www.amamoba.com/setuyaku/facebook-koupon.html
◇話題の無料集客サービス「チェックインクーポン」今とこれから
http://diamond.jp/articles/-/13374
◇フェイスブック利用率43%の台湾に学ぶFB集客活用術
http://www.media-wave.tv/all/facebooktaiwan01.html
◇Facebookによるフェースブックマーケティング最強実践ガイド
http://socialmedia360.jp/overseas/best-practice-guide-marketing-on-facebook-3.html
◇話題のFacebookで販促効果を引き出すPage運用法
http://niscomjapan.sakura.ne.jp/sblo_files/niscom-japan/image/facebookSP.pdf

◆大人カワイイ、輝かす機能美、貝印の化粧用品「コバコ」
フォルム・色にこだわり
カミソリのイメージが強い貝印(東京・千代田)が、化粧用品(ビューティーツール)ブランドの「KOBAKO(コバコ)」を展開して注目を集め始めている。これまで化粧品の「付属品」として扱われがちだった化粧用品を、化粧の主役の一つに育てたい考えだ。「大人のかわいさ」を重視して海外でも通用するブランドを目指す。
[日経MJ 11/07/27]
◇貝印化粧用品「KOBAKO」 HP
http://www.kobako.com/index2.php
◇貝印化粧用品「KOBAKO」 について (Blog)
http://blogsimplelife.blog11.fc2.com/blog-entry-70.html

◆育て!野菜ソムリエ、自治体、資格取得へ講座、地場産品のPR期待
国の補助事業などを活用し、求職者向けに資格講座などを実施。資格認定を手がける一般社団法人の日本野菜ソムリエ協会の協力のもと、資格取得者が考案した地場産品のレシピを地元ホテルでメニュー化するなど取り組みも打ち出し、資格の取得意欲を高める。
[日経MJ 11/07/29]
◇日本野菜ソムリエ協会 HP
http://www.vege-fru.com/

◆京都・東寺にベッドルーム?-イケア「3畳エキシビジョン」始まる
弘法大師ゆかりの東寺で7月28日、「3畳エキシビションin京都」が始まった。
8月にイケアのカタログが刷新されるのに合わせて行う同イベント。「パリで学んだ女性をモデルにしたエレガントな寝室」などのテーマを持つ12の3畳の部屋が並ぶ。
[烏丸経済新聞/11/07/28]
◇真言宗総本山 教王護国寺「東寺」 HP
http://www.toji.or.jp/
◇IKEA「3畳エキシビションin京都」
http://news.ikea.jp/life_home/3jyo/3jyo110729_2
◇IKEA「3畳エキシビションin京都」 について (Blog)
http://majikun.de-blog.jp/majikun/2011/07/ikea_0c73.html

◆顧客を相互紹介、住生活とセコム、提携発表
住生活グループとセコムは家庭向けの警備サービスや住宅リフォームなどの顧客開拓で業務提携すると発表した。医療・介護や防犯など住まいや生活関連の各種サービスの提供で手を組む。今秋に消費者からの相談に応じるコールセンターを2社で設けるほか、それぞれの顧客の相互紹介なども進める。商品の共同開発も検討する。
[日経MJ 11/08/03]
◇住生活グループ HP
http://www.jsgc.co.jp/
◇セコム HP
http://www.secom.co.jp/
◇セコムと住生活グループが業務提携
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=7297&code=5938

◆スマートハウス普及の条件 生活の質の向上実感がカギ
エネルギー・環境政策に不満な消費者は暮らしぶりを多少、犠牲にしてもスマートハウスに投資する可能性がある。「世のため消費」の意識をくすぐれば一定の需要をすくい取れる。
しかし大半は生活の質の向上といった実利がなければ動かない。多くの消費者を振り向かせるにはスマートシティーなどの舞台でHEMSの仕組みが持つ潜在力を実感させるのが有効だ。
[日経MJ/底流を読む 11/08/01]
◇スマートハウス情報活用基盤整備フォーラム HP
http://www.jipdec.or.jp/dupc/forum/eships/
◇太陽光発電総合研究所 HP
http://www.solar-eco.jp/
◇日産、スマートハウスの第一歩「LEAF to Home」を公開
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110803_464869.html
◇なぜスマートハウスが必要なのか
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1107/22/news099.html
◇スマートハウス市場の今後 (Blog)
http://rightseeds.blog27.fc2.com/blog-entry-194.html
◇藤沢市のスマートタウン構想 (Blog)
http://rightseeds.blog27.fc2.com/blog-entry-183.html
◇スマートハウス 住宅メーカーの意気込みと悩み
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/special/20100511/103789/
◇世界のスマートグリッド市場と日本企業へのビジネスチャンス
http://www.b-t-partners.com/pdf/100126.pdf
◇スマートグリッドに関する生活者調査/博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2010/20101217.pdf

◆文具・雑貨ブランド「水縞」 水玉と縞々、レトロで新鮮
渋み加えかわい過ぎず
大手メーカーと一線を画し、個人の店や作り手が作るデザイン文具が人気を集めている。文具と雑貨のブランド「水縞(みずしま)」もそのひとつ。水玉と縞々というありきたりな柄を使いながら、「ありそうでなかった」と思わせる商品は文具好きの間で知られた存在だ。6月に新たに東京・西荻窪にショールーム兼アトリエが誕生した。
[日経MJ 11/08/03]
◇文具・雑貨ブランド「水縞」 HP
http://www.mzsm.jp/
◇文具・雑貨ブランド「水縞」ブログ
http://mizushimadiary.seesaa.net/
◇吉祥寺・文具店「36 Sublo(サブロ)」 HP
http://www.sublo.net/
◇布の雑貨ブランド「プルンニー」 HP
http://www.apartment.gr.jp/phrungnii/
◇ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」 HP
http://www.souvenirfromtokyo.jp/
◇本と雑貨のセレクトショップ「恵文社一乗寺店」 HP
http://www.keibunsha-books.com/


◆日比谷花壇の観葉植物「SUSUSU」 竹炭と微生物で消臭効果
竹炭と微生物の働きで消臭効果が得られる観葉植物「SUSUSU(すーすーすー)」。
「消臭効果はもちろん、安全性や見た目にもこだわりたい」という消費者の声に応えた。
[日経MJ/この一品 11/08/03]
◇生きてるナチュラル消臭剤「SUSUSU」 HP
http://www.su-su-su.com/
◇生きてる自然の消臭剤「SU SU SU」/News2u.net
http://www.news2u.net/releases/88188

◆溶け合う文化、日用品に宿る、MOMAの店、トルコ企画展
優れたデザインを日常の中に、をコンセプトに商品を選定して販売するMOMA(モマ)デザインストア(アメリカ・ニューヨーク/東京・渋谷)。毎年、企画展「ディスティネーション」を開き、世界的に知られていない国や地域のアイテムを展示販売する。今年のテーマはイスタンブール。幾何学模様やリズミカルなラインが特徴的だ。
[日経MJ 11/08/10]
◇NY近代美術館「MOMAデザインストア」 HP
http://www.momastore.jp/
◇MoMAデザインストアにて「DESTINATION ISTANBUL」l 開催
http://new.veritacafe.com/archives/3324743.html
◇「DESTINATION ISTANBUL」 商品一覧
http://www.momastore.jp/feature5.asp?shopcd=11111

◆低価格ワインの人気上昇―生産国・産地にはこだわり強く
(1)ワインを飲む理由は「比較的安くておいしいワインの増加」が最も多く78%に達する
(2)購入基準で「生産国・産地」を挙げた人のうち、国だけでなく産地にこだわる人は60%
(3)「原料のブドウも日本産のワインは良質」と思う人は、ワイン飲用者の73%と多い
[日経MJ/消費分析 11/08/10]
◇日本のワイン市場/メルシャン
http://www.mercian.co.jp/enjoy/market.html
◇ワールドファインワインズ HP
http://www.worldfinewines.com/
◇ワインに関するアンケート調査2010年12月
http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=14902
◇ソムリエが試飲  西友の"低価格&高品質"なASDAワイン/マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/03/02/asdawine/

◆女性誌「マート」、日用品関連企業、コラボ続々
日用品関連企業が女性誌「Mart(マート)」とコラボレーション商品を相次ぎ企画・開発している。。マートは主婦の間に起きるブームの火付け役として注目される。日用品各社の開発の共通点は、通常より上の価格帯に挑戦していることだ。
[日経MJ 11/08/10]
◇生活情報雑誌「Mart」 HP
http://mart-magazine.com/contents/index.shtml
◇桃屋×Mart「桃屋塩だし汁」
http://www.jili.or.jp/lifeplan/rich/leisure/3.html
◇牛乳石鹸×Mart「ururua」 HP
http://www.ururua.jp/
◇ボールド×Mart「ダウニーシンプルプレジャーの香り」
http://jp.pg.com/news/release_pdf/20110614p01.pdf

◆スポーツツーリズム、民間連携組織の設立促す、観光庁が検討委
観光庁が提唱する「スポーツツーリズム推進基本方針」の取り組み   
・まちづくりと連動した地域固有のスポーツ関連コンテンツを開発
・国際競技大会の招致に向けて国家的な支援体制を整備
・外国人旅行者向けチケットの販売方法確立など旅行商品と情報発信を強化
・スポーツツーリズムを担う人材の認定制度を創設
・海外との窓口となる全国規模の連携組織を民間が設立
[日経MJ 11/08/12]
◇スポーツツーリズム推進基本方針
http://www.mlit.go.jp/common/000149957.pdf
◇カナダスポーツ観光連盟
http://www.mlit.go.jp/common/000127786.pdf
◇2010年度佐渡版スポーツ・ツーリズムのあり方について
http://www.city.sado.niigata.jp/admin/council/pdf/s_tour10/1012_r/1012_r.pdf
◇2010年度沖縄スポーツ・ツーリズム推進事業報告書
http://www3.pref.okinawa.lg.jp/site/contents/attach/24498/report00.pdf
◇電通×早稲田大学、地方自治体スポーツ施策の最新動向調査
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2011/pdf/2011079-0706.pdf

◆店で撮影、料理写真投稿、フェイスブック等に、カカクコムがアプリ
グルメサイト「食べログ」を運営するカカクコムは、利用者が撮影した飲食店の料理の写真を、食べログの店舗情報とともにツイッターやフェイスブックに投稿できるアプリの提供を始めた。食べログの情報が写真とともにツイッターやフェイスブックで拡散することで、食べログ自体の利用者の拡大につなげる考え。
[日経MJ 11/08/12]
◇食べログ、iPhone向け料理写真共有アプリ「食べラ」を公開
http://corporate.kakaku.com/wordpress/wp-content/uploads/2011/08/20110810.pdf

◆ヤマダ、住宅メーカー子会社化、M&A異業種に拡大
家電量販最大手のヤマダ電機が中堅住宅メーカーのエス・バイ・エルを子会社化する。今後の成長が見込める、次世代省エネ住宅「スマートハウス」事業の拡大が狙いだ。
[日経MJ 11/08/14]
◇ヤマダ電機
http://www.yamada-denki.jp/
◇住宅ハウスメーカー「エス・バイ・エル」 HP
http://www.sxl.co.jp/
◇ヤマダ電機が住宅業界に本格参入へ!/DIAMONDonline
http://diamond.jp/articles/-/13643
◇家電量販店のスマートハウス構想 (Blog)
http://rightseeds.blog27.fc2.com/blog-entry-196.html
◇特集「省エネ家電からスマートハウスに向かって」/ヤマダ電機
http://www.yamada-denki.jp/csr/pdf/report2011_12-15.pdf

◆電子図書館、売り込み強化、図書館流通センター
大日本印刷(DNP)グループで図書館向けに書籍を販売する図書館流通センターは公立図書館に対し、電子図書館への対応を促す活動を加速する。電子書籍や電子図書館の知名度を高めるイベントを実施。来館者が電子書籍を試せるように図書館に対応端末も貸し出し、電子図書館システムの受注拡大につなげる。
[日経MJ 11/08/14]
◇大日本印刷グループ運営「図書館流通センター」 HP
http://www.trc.co.jp/
◇電子ブックリンク集
http://www.booknet.co.jp/elebook/d-book2.htm
◇図書館in「無料電子図書館」
http://toshokan.in/
◇無料電子雑誌論文の見つけ方
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-400134.php

◆余暇市場8年連続縮小 
レジャー白書、昨年、2.1%減の67兆円、節約志向強く ピークの4分の3に
余暇の情報収集、デジタル化進む、「サッカーくじ」62%。「学習・調べもの」59%
進むレジャーの「デジタル化」――。
[日経MJ 11/08/05]
◇日本生産性本部 HP
http://www.jpc-net.jp/
◇「レジャー白書2010」に見るわが国の余暇の現状/中央調査社
http://www.crs.or.jp/backno/No634/6341.htm
◇共生型ネット社会の実現に向けて/情報通信白書2011年
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h23/html/nc213510.html
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h23/html/nc213520.html
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h23/html/nc213530.html
◇お稽古・習い事市場に関する調査結果2011/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/810.pdf
◇余暇活動に使う金額/生命保険文化センター
http://www.jili.or.jp/lifeplan/rich/leisure/3.html

◆「SAKE HALL HIBIYA BAR」飲み方新鮮日本酒自由区

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »