« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011/10/14

現実逃避よりも情報クリップ・ダイジェス・アップ!!

R0015826_s

最近は、怪しげな記憶力と、粘りがなくなってきた体力と、まったくない財力という「三位一体」の悪条件を背負いながら、遠くはリーマンショック以降、近くは東日本大震災以来の寒々しい環境下で、崖っぷちを恐る恐る歩いているような気分のはずなのにもかかわらず、朝方に見る夢がいつも、びっくりするほど「お気楽」なのには笑ってしまう。

昨夜というか今朝見た夢は、僕が超豪邸に住んでて、数えきれない部屋がそれぞれ別の国に属していて、使える言語も異なるというもの。僕は日本に属する部屋から、すぐにもイタリアの部屋に行きたいのだが、途中にニカラグアとかザイールとかバングラディッシュとか、あまり入りたくない部屋が無数にあって(夢の中では国名は不明!)、いつまでもイタリア部屋にはたどり着けそうにない。ここで、「日本からイタリアに直行するショートカットを考えるのがプランナーとしての僕の使命だ」と熱く燃えて、おそろしく複雑なコンセプトチャートを描いてみたら、「あっ、ここれこれ!この線で直行できる!」と興奮したとたんに目が覚めた。

これは現実逃避というべきか。

それとも、新しいスタイルの仕事の予感か?たしかに公私ともに「ショートカット」が、すごく重要なテーマになってきているのは間違いない。ただし「髪を短くすればいい」という問題ではないことも間違いない。・・・で、

情報クリップダイジェスト9月号アップ!

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2011/10/201109-6cf1.html

よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2011/09

◆企業の「配慮」「発信」に共感 見直される心のゆとり
(1)震災の影響による消費の引き締め傾向は緩みつつある
(2)震災直後から、人々は気晴らしや笑いを求めていた
(3)人々の心に「ゆとり」を与えるような広告やイベントが歓迎される
[日経MJ/消費分析 11/08/17]
◇mccann erickson japan HP
http://www.mccann.co.jp/
◇mccann erickson japan (Facebook)
http://ja-jp.facebook.com/McCannEricksonJapan
◇「FUKKATSU: JAPAN REBUILDS」調査第1回/mccann erickson
http://www.mccann.co.jp/whatsnew/1104070101.html?t=1305689505484
◇「FUKKATSU: JAPAN REBUILDS」調査第2回/mccann erickson
http://www.mccann.co.jp/whatsnew/1104280101.html?t=1305691153495
◇「FUKKATSU: JAPAN REBUILDS」調査レポート
http://www.mccann.co.jp/fukkatsu2/

◆コンテンツファン消費行動調査 「体験」に意欲
(1)コンテンツ分野支出額は年間合計7万4502円、1ジャンル平均は約1万5000円
(2)特定分野に偏らず複数のジャンルや支出項目に「またがり消費」する現象が起きている
(3)特に「体験型消費」は支出単価が高いことに加え、コンテンツ支出全体を活性化させている
[日経MJ/消費分析 11/08/24]
◇コンテンツファン消費行動調査(原典)/博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20110712.pdf
◇震災前後生活者の変化レポート/博報堂生活総研
http://seikatsusoken.jp/pdf/RN_20110628_2.pdf

◆道ばたにひっそり、「コケ萌え」増殖中 意外な奥深さ広がる輪
コケに魅了される人が増えている。ありのままの美しさを観察するのが最近の傾向。庭先や公園、通勤途中の道ばたでけなげに生きるコケを楽しむ人も増えている。写真を撮ったり、種類を集めたり、自分で育ててみたりと楽しみ方は幅広い。
[日経MJ/ヒットの予感 11/08/19]
◇荻窪のカフェ「6次元」 HP
http://www.6jigen.com/
◇6次元開催「コケナイト」 について (Blog)
http://ameblo.jp/hanauta-bebe/entry-10953385577.html
◇『こけはともだち』著者・藤井久子氏「かわいいコケブログ」
http://blog.goo.ne.jp/bird0707/
◇俳優石倉良信氏ブログ「ほろ酔い日記」
http://blog.goo.ne.jp/horoyoi-nikki/
◇茨城県自然博物館 HP
http://www.nat.pref.ibaraki.jp/
◇コケ萌え on my Flickr (Blog)
http://www.tarosite.net/tokyotoday/-on-my-flickr.html

◆日本の食文化を世界無形遺産に、農水省、準備急ぐ 観光客誘致狙う
会席料理を中心とする日本料理を日本の食文化とし、10月までに具体的な申請内容をまとめる。2013年の登録を目指し、来年3月にユネスコに申請する。東京電力福島第1原子力発電所事故で揺らいでいる日本の食に対する信頼を回復し、食材の輸出拡大や海外からの観光客の誘致につなげる。
[日経MJ 11/09/05]
◇日本ユネスコ協会連盟 HP
http://www.unesco.jp/contents/isan/
◇日本食文化の世界遺産化プロジェクト/農水省
http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/
日本食文化の世界遺産化プロジェクト(Facebook)
http://www.facebook.com/nihonshokubunka.sekaiisanka

◆インテリアになる園芸商品、手軽に育てて味わう
今までややハードルの高かった園芸を日常生活に簡単に取り入れられる商品が、今話題になっている。一見園芸用品に見えないものなど見た目もユニークでインテリアの一部としても使えるこれらの商品は癒やし効果も期待でき、現在の様々な環境に対応している。
[日経MJ 11/08/17]
◇プチ園芸商品「green supermarket」 HP
http://www.greensupermarket.jp/
◇「green supermarket」開発の明和工業 HP
http://www.meiwajp.com/
◇「green supermarket」 について (Blog)
http://www.pienikko.com/?p=13883
◇「green supermarket」 について (Blog)
http://blog.fmyokohama.jp/ene/2011/09/green-supermark-2a43.html
◇デザインユニット「color」 HP
http://www.color-81.com/
◇アウトドア・ナチュラルライフスタイルを提案「スノーピーク社」 HP
http://www.snowpeak.co.jp/
◇日用品や電化製品の企画・製造「100percent」 HP
http://100perstore.com/
◇大自然の地層をそのまま抜き取ったプランター「Earth」オンラインストア
http://100perstore.com/?pid=31841205
◇「育てるたまご」の聖新陶芸 HP
http://seishin.cside6.com/

◆画像やバーコードで商品検索・注文、ネット通販、スマホで便利に
「すぐ買える」魅力訴え 小売店への誘導も模索
ネット通販で画像認識やバーコードを使い、スマートフォンで簡単に商品を探したり注文したりできる取り組みが広がっている。電通が写真から類似商品を探す新サービスを始めたほか、楽天やアイ・エム・ジェイ子会社なども既存サービスを強化する。
[日経MJ 11/08/19]
◇商品画像検索ネットショッピングアプリ「FINDDOG」開発/電通
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2011/pdf/2011094-0816.pdf
◇バーコードによる価格比較無料アプリ「ショッピ!」 HP
http://shoppi.jp/
◇デジタルマーケティング事業「IMJ」 HP
http://www.imjp.co.jp/
◇スマートフォンの市場規模の推移・予測/MM総研
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120101216500

◆アートと融合、化学「見える化」、素材・製薬メーカーと企画展
技術 ユニークに表現
アートと化学が交わると一体どうなるのだろう――。7月末、都内でそんな興味をかき立てる展覧会「『KAITEKIのかたち』展」が開かれた。化学メーカーや製薬会社からなる三菱ケミカルホールディングスグループが持つ技術と素材を、21組のアーティストが絵画などに仕立てる試み。
[日経MJ 11/08/24]
◇アートと科学の化学反応「KAITEKIのかたち展」 HP
http://kaitekinokatachi.com/
◇三菱ケミカルHD子会社「地球快適化インスティテュート」 HP
http://www.kaiteki-institute.com/jpn/
◇現代美術ギャラリー「スパイラルガーデン」 HP
http://www.spiral.co.jp/f_guide/garden/
◇建築家・谷尻誠氏「SUPPOSE DESIGN OFFICE」 HP
http://www.suppose.jp/
◇ファッションデザイナー・津村耕佑氏「FINAL HOME」 HP
http://www.finalhome.com/
◇メディアアーティスト・鈴木太朗氏twitter
http://twitter.com/#!/suzukitaro
◇デザインユニット「印デザイン」 HP
http://www.indesign.jp/
◇「KAITEKIのかたち」展 について (Blog)
http://www.cazoo.jp/blog/archives/2011/07/kaiteki_1.html
◇「KAITEKI CAFE」 HP
http://www.kaitekicafe.jp/
◇ワコールアートセンター「スパイラル」 HP
http://www.spiral.co.jp/
◇ランデヴープロジェクト
http://www.rendezvous-project.com/

◆複合カフェ、客の好みに合う広告配信、モンテローザ、電通子会社と
モンテローザは運営する複合カフェ30店で、インターネットの利用者向けに新たな広告手法を導入した。電通の全額出資子会社と組み、利用者が閲覧するサイトの傾向から好みなどを分析し、最適な広告をパソコン画面上に表示する。複合カフェ市場が縮小傾向にあるなか、新たな広告事業により経営を下支えする。
[日経MJ 11/08/24]
◇モンテローザ HP
http://www.monteroza.co.jp/
◇サイバー・コミュニケーションズ「ADJUST」 HP
http://www.cci.co.jp/service/adnetwork/
◇コミック&インターネットカフェ「wipワイプ」 HP
http://www.wip-fe.com/

◆音で売る、サウンドMDのススメ
視覚に訴える販促術に比べて、聴覚を刺激する効果はあまり関心を集めてこなかった。しかし聴覚は注意喚起に敏感で、感情を左右する影響力も強い。単に背景に流れるだけのBGMではない、戦略的な音の使い方を研究する企業が目立ち始めた。音を科学的に分析し、販促に役立てる手法はサウンドマーチャンダイジング(SMD)として一分野を築くかもしれない。
[日経MJ 11/08/22]
◇音環境コンサルタント・斎藤寛氏 HP 「BGMの心理学」
http://www.otokan.com/
◇USEN「ハウスミュージック125」
http://music.usen.com/modules/D/content0004.html
◇ダウンロード&視聴「エッシー」
http://listen.jp/store/artist_1176278.htm
◇十六茶広告サウンドサイネージ大作戦!/YAMAHA
http://projectphone.typepad.jp/blog/2011/02/post-7cd9.html
◇「サウンドサイネージ」の実証実験を開始 /YAMAHA
http://www.yamaha.co.jp/news/2010/10092801.html
◇「インフォサウンド」をテレビ番組で実施/YAMAHA
http://www.yamaha.co.jp/news/2011/11052501.html
◇レストラン&アメリカンバー「TGIフライデーズ」 HP
http://www.tgifridays.co.jp/

◆カジタク、家事代行、販売拠点2.5倍に、百貨店・コンビニ拡大
イオングループで家事代行サービスを手掛けるカジタクは、家庭の清掃代行などをパッケージ化した主力商品「家事玄人(くらうど)」の販売体制を強化する。新たに百貨店向けの商品を開発し、9月中旬にも発売。百貨店やコンビニエンスストアで販売店を増やす。
[日経MJ 11/08/26]
◇カジタク「家事玄人」 HP
http://www.kajicloud.com/

◆企業アプリ眠らせない 楽しさで話題づくり、宣伝色抑え好印象
1日にアプリを起動する回数は男性の52回に対して女性は71回と約1.4倍。定期的な起動への期待は女性の方が大きい。レシピなどの根強い人気ぶりをみても、女性のアプリ選びは生活にどれだけ入り込めるかがポイント。実用的で暮らしに役立つアプリが広がりそうだ。
「デコ」や「カメラ」「お得」などもキーワード。携帯の活用にたけた中高生にも広まると、エンタメ色の強いアプリに人気が集まる可能性が高い。
[日経MJ/進化するMIT 11/08/29]
◇デジタルコンテンツのマーケティング「クエリーアイ」 HP
http://queryeye.com/jp/
◇マンダム「髪コレ」アプリ
http://www.lucido-l.jp/iphone/
◇ネスレの無料アプリ
http://m.nestle.jp/wellness/appli/
◇ドミノ・ピザジャパン スマホ注文アプリ
http://www.dominos.jp/smartphone/smartphone_app.html
◇スマートフォン市場に関する調査結果 2011/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/812.pdf
◇スマートフォン普及動向調査/ディーツーコミュニケーションズ
http://www.d2c.co.jp/news/d2cnews_11.04.27.pdf
◇アプリ解析の「ミログ」 HP
http://milog.co.jp/
◇インプレスR&D HP
http://www.impressrd.jp/
◇ビジネスパーソン必携!無料アプリを30本厳選/NIKKEI TRENDY
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20110106/1034121/?rt=nocnt

◆歓迎!「ノマド」様、PC活用 仕事場選ばず
オフィスに縛られず、どこででも仕事をするスタイルを「ノマドワーキング」と呼ぶ。
スマートフォンやタブレット端末など情報通信機器の進化はオフィスから働く男女を解放しつつある。働き方の変化が新しい需要層を生み出すのは確実で、「ノマド商機」は飲食業にとって経営上、無視できない要素となりそうだ。
[日経MJ 11/08/31]
◇ワーキング空間「ジェリージェリーカフェ」/渋谷経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/7831/
◇ウェブコンテンツ制作「ピチカートデザイン」 HP
http://pizzdesign.com/
◇パスタレストラン「ガストン・アンド・ギャスパー」 HP
http://gastonandgaspar.com/
◇銀座「ルノワール」 HP
http://www.ginza-renoir.co.jp/
◇原宿「ザ ターミナル」 HP
http://theterminal.jp/
◇ノマドの強い味方iPhoneアプリ「カフェマップ」
http://www.ttcbn.net/no_second_life/archives/12164
◇拡張機能アップデートで新聞スクラップが簡単に!
http://www.nw-style.com/2011_05_01_archive.html
◇仕事場をケータイするための10のコツ/life haker
http://www.lifehacker.jp/2011/04/110409mobileworkstation.html

◆生活スタイル多様化に調和、小型の「ソロ」「デュオ」家電
小型サイズのデザイン調理家電が続々登場している。用途を1人用、少量用に絞り、「ソロ家電」「デュオ家電」という新ジャンルを切り開く。飲みきり、食べきりの量のため、生活時間帯の違いや、多様化した味の好みで使い分けられる。卓上で手軽に使え、テーブルコーディネートの中で映えるのも魅力。今後の発展が期待できそうだ。
[日経MJ 11/08/31]
◇日本の家電ブランド「レコルト」 HP
http://www.recolte-jp.com/
◇レコルト「ソロオーブン」 HP
http://www.recolte-jp.com/product/solooven.html
◇レコルト「ポットデュオ」 HP
http://www.recolte-jp.com/product/potduo.html
◇レコルト「ソロブレンダー」 HP
http://www.recolte-jp.com/product/soloblender.html
◇アメリカのデザイン家電ブランド「「クイジナート」 HP
http://www.cuisinart.co.jp/
◇三陽プレシジョン運営「発明屋」 HP
http://yumepro.net/
◇ラクレットグリル について/楽天
http://item.rakuten.co.jp/hatsumeiya/raclette_duo_swiss/
◇ワッフル風の餅スナックがつくれる家電「モッフル」 HP
http://www.moffle.jp/

◆攻防宅配弁当 高齢者向け、伸び大きく 民間事業者、相次ぎ参入
生産力・物流網生かす
高齢者向け弁当の宅配市場が急拡大している。前年比2桁増の勢いで伸びており、少なくとも向こう4年間は増え続けるとの見方も出てきた。全国を網羅する事業者がまだ登場しない中で、各社は宅配エリアの拡大に注力。“陣取り合戦”が鮮明になりつつある。
[日経MJ 11/08/22]
◇宅配弁当「キッチンベル」 HP
http://www.kitchenbell.jp/
◇宅配弁当「ワタミタクショク」 HP
http://www.watami-takushoku.co.jp/
◇コープかながわ 夕食宅配「マイシィ」スタート
http://www.kanagawa-coop.or.jp/torikumi/fukushi/u01/torikumi_10536.html
◇高齢者向け食品市場と介護食品市場を調査/富士経済
https://www.fuji-keizai.co.jp/market/11085.html

◆被災地への思い込めた作品も ヨコハマトリエンナーレ開催
現代美術の国際的な祭典「ヨコハマトリエンナーレ2011」が、横浜市内の横浜美術館と日本郵船海岸通倉庫をメーン会場に開催されている。今回は、東日本大震災への思いを込めた作品のほか、浮世絵といった近世の美術も出品された。鑑賞者は現代美術だけでなく、過去の傑作にも接することで美術の歴史を俯瞰(ふかん)できる。
[産経新聞 11/09/01]
◇現代アート国際展「ヨコハマトリエンナーレ2011」 HP
http://www.yokohamatriennale.jp/
◇「ヨコハマトリエンナーレ2011」/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1312428459005/
◇ウーゴ・ロンディノーネ氏出品作品 について
http://fukuhen.lammfromm.jp/?p=13409
◇ヘンリック・ホーカンソン氏 HP
http://www.henrikhakansson.com/
◇ジュン・グエン=ハツシバ氏インタビュー
http://www.yaf.or.jp/magazine/2011/07/post-38.php
◇「ヨコハマトリエンナーレ2011」 について (Blog)
http://blog.yoh38k.sunnyday.jp/?eid=1611956
◇「ヨコハマトリエンナーレ2011」 について (Blog)
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2590
◇横浜美術館 HP
http://www.yaf.or.jp/yma/index.php

◆外国人訪日客、官民で呼び戻し、観光庁、旅行会社などと検討
観光庁は旅行会社やホテルなどと連携し、東日本大震災で激減している訪日外国人の呼び戻しに本格的に取り組む。官民合同の2つのワーキンググループを立ち上げ、一般向けの観光旅行、企業向けの報奨・研修旅行の具体案を練る。目的に応じた新しい訪日旅行商品を打ち出し、観光庁などが海外で展開するPR活動の際に売り込む。
[日経MJ 11/09/01]
◇英語版「ジャパン・アニメ・マップ」作成/JNTO
http://www.jnto.go.jp/jpn/downloads/110617_animemap.pdf
◇第1回「関西メガセール」実施/関 西 国 際 空 港
http://www.kiac.co.jp/news/2011/1374/megasale.pdf
◇訪日客も回復傾向、ホテルが値引きで“外国人誘致合戦”/産経
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110604/bsd1106040500000-n1.htm
◇観光客を呼び戻せ!留学生1100人が観光地チェック、母国に発信/産経
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110520/mca1105201725025-n1.htm
◇ビジット・ジャパン地方連携事業実施/国土交通省
http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/press/date/1106/pi_p110603.pdf
◇和食文化とおもてなしフェアin天津2011
http://www.washokubunka.com/images/pdf/index/Tianjin_fair.pdf

◆欠けた茶わん、ほつれたセーター 思い出もお直し
欠けた茶わんや割れた皿、ほつれたセーターを繕って楽しむ人が増えている。。安く買い替えることもできるが、丁寧に直すことでそこに詰まっている思いや人とのつながりを大切にしたいという機運が高まっているようだ。あえて目立つよう遊び心を盛り込めば、愛着はいっそう増すという。
[日経MJ/ブームの予感 11/09/07]
◇金継ぎ・陶磁器の修理・金継ぎ教室「四谷工芸室」 HP
http://www015.upp.so-net.ne.jp/saketobara/saito/
◇「金継ぎナイト」 について (Blog)
http://muitobem.blog136.fc2.com/blog-entry-24.html
◇6次元カフェ HP
http://www.6jigen.com/
◇6次元カフェtwitter
http://twitter.com/#!/6jigen
◇手芸家・横尾香央留氏 について
http://www.foiltokyo.com/gallery/exhibitions/yokoo/onaosi.html
◇手芸家・横尾香央留氏「お直し」 について(Blog)
http://www.veritacafe.com/special/100210/v0305.html
◇金継ぎ・陶器の修理・漆器修理紹介サイト
http://po6.nsk.ne.jp/~nusiya/

◆ドゥ・ハウス営業技術グループ太田猛氏 レシピ、入手先はネット
(1)食事を作る時のレシピ入手先で「インターネット(パソコン)」が77.9%に上
(2)レシピ使用場面は「おかずに悩んだとき」「冷蔵庫内の食材を活用したいとき」が多い
(3)欲しいレシピは生鮮3品。旬の食材を使ったレシピと、外食した雰囲気が味わえるレシピ
[日経MJ/消費分析 11/09/07]
◇ドゥ・ハウス「家庭でのレシピ使用状況」に関する調査結果
http://www.dohouse.co.jp/news/research/p20110725/
◇ケータイレシピ検索サイトに関する調査2011/net.asia.research
http://www.mobileresearch.jp/investigation/research_date_110225.html
◇料理レシピ検索調査レポート/jin-jour
http://www.jinjour.jp/news/29912.html

◆ガラスの空間、つながり育む、広告製版社の新社屋ビル
東京・芝浦に7月、「SHIBAURA HOUSE」という名前の、ひと際目立つビルが誕生した。全面ガラス張りの建物内はワークショップにイベント、展覧会と多目的に使える。実は新聞広告の製版を生業にしてきた広告製版社(東京・港)の新社屋だ。同社が街とつながり、人が集う空間デザインで新たな事業に挑む実験場でもある。
[日経MJ 11/09/07]
◇妹島和世氏設計「SHIBAURA HOUSE」 HP
http://www.shibaurahouse.jp/
◇新聞広告の製版業務「広告製版社」 HP
http://www.kohkoku.co.jp/
◇福永紙工株式会社「かみの工作所」 HP
http://www.kaminokousakujo.jp/
◇妹島和世氏の作品
http://uratti.web.fc2.com/architecture/sejima/sejima.htm
◇SHIBAURA HOUSE について (Blog)
http://livelifeds.blog106.fc2.com/blog-entry-460.html
◇ワークショップ「カラフルな雲をうかべよう」/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1314964940005/
◇「空気の器」 ワークショップ 2011in SHIBAURA HOUSE について(Blog)
http://hulatotabi.exblog.jp/13336938/

◆森がもたらす豊かな恵み 顧客育て、地域に活力
今年は「国際森林年」である。長い期間をかけて自然が育み、さまざまな形で自然からの実りを提供する森林は、短期的なマーケティング手段では与えることのできない効果をもたらすことがある。好例が育児用品などを手がけるピジョンの取り組みだ。同社は二十数年にわたって、森林への植樹活動を続けてきた。
[日経MJ/日経エコロジー中村建助編集長の環境マーケティング 11/09/09]
◇ピジョンCSR活動 HP
http://www.pigeon.co.jp/csr/
◇ピジョン赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーン について (Blog)
http://blog.goo.ne.jp/norika_827/e/bc7f0bce5760bf2ef02522cf62dc493e
◇吉里吉里国「復活の薪」 HP
http://kirikirikoku.main.jp/

◆合板「ペーパーウッド」、木と紙の積層、切り口に個性
木と紙を積層して圧着することで生まれた、新感覚の合板「ペーパーウッド」。断面の美しさを生かして店舗などの内装の建材や、じゅう器としても利用されつつある。さらにステーショナリーや家具などに用途を広げ始めた。経済性が高い合板の魅力はそのままに、デザイン性という価値が加わった点が評価されている。
[日経MJ 11/09/14]
◇紙のギャラリーショップ「西荻紙店」 HP
http://www.nishiogishiten.jp/
◇紙がテーマのギャラリーショップ「西荻紙店」/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/383013/
◇テラダデザイン一級建築士事務所 HP
http://www.teradadesign.com/
◇デザインスタジオ「ドリルデザイン」 HP
http://www.drill-design.com/
◇木工家具「フルスイング」 HP
http://www.fullswing-furniture.com/
◇ペーパーウッドの「合板研究所」 HP
http://www.drill-design.com/gohan/
◇環境配慮型合板などを開発「滝澤ベニヤ」 HP
http://www.takizawaveneer.co.jp/
◇中川政七商店×ドリルデザイン「ペーパーウッドトート」 について
http://www.yu-nakagawa.co.jp/yu/blog/?p=1122

◆美術館の個性見つめ直す 水戸芸術館とセゾン現代美術館
人と同様、美術館も節目には、来し方を見つめ直すもの。いま二つの現代美術系の館がそんな機会を迎えている。震災による休館から本格的に再開した水戸市の水戸芸術館は、人とのつながりを確認する展覧会を開催中。対して長野県軽井沢町のセゾン現代美術館は開館30年を記念し、所蔵品を再考する展覧会を開いている。
[朝日新聞 11/09/17]
◇水戸芸術館 HP
http://arttowermito.or.jp/ 
◇「カフェ・イン・水戸2011 かかわりの色いろ」 について (Blog)
http://muarc.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/2011-6138.html
◇建築家・磯崎新氏 HP
http://www.isozaki.co.jp/
◇セゾン現代美術館 HP
http://www.smma.or.jp/
◇菊竹清訓設計事務所 HP
http://www.kikutake.co.jp

◆団塊Jr、資格・検定に関心 親世代よりキャリアアップ必要に
(1)職業を選ぶに当たっての父親の影響は、団塊世代に比べて団塊ジュニアはやや低い
(2)団塊ジュニアは「当面必要な収入を得る」ため働き、キャリアアップに関心が高い
(3)団塊ジュニアは団塊世代より語学、IT関連を中心に資格取得や能力検定に高い関心
[日経MJ/消費分析 11/09/14]
◇女子力!「団塊Jr.世代のナイショの『内職』事情
http://www.kentei-news.com/news_ogduSMeCK.html 
◇団塊の世代ガイドブック
http://www.dankaiguide.com/
◇プレ団塊世代とポスト団塊世代
http://www.dankaiguide.com/knowledge/pre.html
◇ポスト団塊ジュニア考/リクルート住宅総研
http://www.jresearch.net/house/jresearch/vr/chapter01.html
◇団塊世代今後のライフスタイルと住まい調査/リクルート住宅総研
http://www.jresearch.net/house/jresearch/dankai/

| | トラックバック (1)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »