« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/10

情報クリップ・ダイジェスト 1110アップ

情報クリップダイジェストの2011年10月号をアップしました。

取り急ぎ、お知らせまで。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2011/11/201110-7e53.html

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2011/10

◆ユニクロ×無印派、スタバ好き ブランドの好み、選択にも影響
(1)「ユニクロ×無印良品派」が好む飲食店は「スターバックス」「マクドナルド」
(2)海外高級ブランド好きは旅行先として海外を、国内高級ブランド好きは日本を選ぶ傾向
(3)海外の高級ブランドを好むグループが行きたい世界遺産のある国で最も多いのはペルー
[日経MJ/消費分析 11/09/21]
◇マーケティング調査会社「クロス・マーケティング」 HP
http://www.cross-m.co.jp/
◇好きなブランドからみた消費者の嗜好性に関する調査(原典)
http://www.cross-m.co.jp/report/report.html$/id/7091/

◆最先端の感性、工芸品に新風 富山・高岡発の鋳物ブランド
買い手の目線を最優先に
「KANAYA(カナヤ)」という日本発ブランドが産声を上げた。富山県高岡市で、仏具や茶道具といった美術工芸品の鋳造・加工に秀でた高岡銅器協同組合の有志が、国内外で活躍するデザイナーらと立ち上げたもの。地方の地場産業とデザイナーの取り組みはこれまでも多々あるが、従来とは異なる新機軸を打ち出して成功例を目指すという。
[日経MJ 11/09/21]
◇高岡銅器新ブランド「KANAYA」 HP
http://kanaya-t.jp/
◇高岡銅器×モダンデザイン「KANAYA」デビュー/FASHION PRESS
http://fashion-press.net/news/2214
◇高岡銅器 のふるさと金屋町の「ねっとこ金屋」 HP
http://www.senmaike.net/kanaya/
◇デザインスタジオ「SOMADESI」 HP
http://somadesign.jp/
◇プロダクトデザイナー・紺野弘通氏 HP
http://www.hiromichi-konno.com/

◆座禅・写経、手軽に体験 スマホ用アプリ、合コンとセット
通常はお寺で取り組む座禅や写経に新風が吹いている。興味はあるがお寺まで行くのはちょっと、という人に人気なのが、僧侶が開発した座禅アプリや、大学やオフィスビルで開かれる体験講座だ。写経や座禅と合コンを組み合わせた婚活も登場、若者らを引き付けている。忙しい生活の中、手軽に心を静める手段として、注目されそうだ。
[日経MJ/ブームの予感 11/09/26]
◇坐禅アプリ「雲堂(うんどう)」/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/101844
◇インターネット寺院「彼岸寺」 HP
http://www.higan.net/
◇インターネット寺院「彼岸寺」「雲堂」の特集記事
http://www.higan.net/feature/2011/02/undo.html
◇座禅アプリ「雲堂」/App DIME
http://www.appdime.jp/2011/04/01/p-10117
◇駒澤大学「禅僧茶房」 HP
http://www.shojin-project.com/
◇高野山カフェin丸の内ハウス HP
http://www.nankaikoya.jp/cafe/
◇碑文谷で寺社好き男女の合コン「寺社コン」/自由が丘経済新聞
http://jiyugaoka.keizai.biz/headline/797/

◆東北と茨城県の地場産業展示会、「技」を支えて復興への力に
波形の起伏が美しい鉄製のグリルパンやユニークなヒノキのまな板立て――。東日本大震災で被災した東北地方と茨城県の地場産業の展示会「エリア・エイド・デザイン・プロジェクト」(公益財団法人日本デザイン振興会主催)の出展作品だ。東北地方の伝統工芸を現代的な製品デザインに昇華させて紹介し、応援しようという取り組みだ。
[日経MJ 11/09/28]
◇「GOOD DESIGN EXPO 2011」 HP
http://www.g-mark.org/expo/
◇「エリア・エイド・デザイン・プロジェクト」
http://www.jidpo.or.jp/activities/fukkou/aadp/about.html
◇地方独立行政法人「岩手県工業技術センター」 HP
http://www.pref.iwate.jp/~kiri/
◇岩手県工業技術センター訪問記
http://www.jidp.or.jp/dn/ja/article/20110711/50
◇南部鉄器製造販売会社「岩鋳」 HP
http://www.ccimorioka.or.jp/nanbutekki/
◇フィンランドの「ハックマン社」 HP
http://www.hackman.fi/web/hackmanwww.nsf/fi/etusivu
◇プロダクトデザイナー・タウノ・タルナ氏 について
http://www.hiramekidesign.com/participants_jp/participant_jp?id=17011728
◇茨城城里町、大崎材木店「コロンブスのまな板」 HP
http://www.e-house.co.jp/osaki/manaita.html
◇角館、カバ細工「藤木伝四郎商店」 HP
http://www.fujikidenshiro.co.jp/
◇山田佳一朗氏デザインサイト
http://www.kaichidesign.com/
◇角館、カバ細工の照明器具「冨岡商店」 HP
http://tomioka-shoten.co.jp/
◇空間デザイナー・橋本夕起夫氏 HP
http://www.hydesign.jp/
◇山形河北町、阿部産業「KINU HAKI」 HP
http://www.abesangyo.jp/pages/items.html

◆古書店「Books & Things」 京間にアート書
アート、写真、建築などの古書を取り扱う書店が9月1日、古美術の街として知られる祇園にオープンした。同店は、露地の奥に入った場所にある町家で、履物を脱いで上がるスタイル。京間の2畳間と4畳半に海外を中心とした国内外のアート、建築、デザイン、食、写真関連の本や雑誌を取りそろえる。
[烏丸経済新聞 11/09/22]
◇古書店「Books & Things」 について/excite Blog
http://andthings.exblog.jp/
◇古書店「Books & Things」 について (Blog)
http://hitoron36.exblog.jp/16537067/

◆中国に渡った日本発サブカル 油井清光・神戸大学大学院教授
神戸大学は北京において、北京外国語大学との共催で「日本サブカルチャー」(日本のマンガやアニメ)についてのシンポジウムを開催した。北京外大はじめ、北京大学、香港大学など中国および日本から7人の第一線の日本研究者が参加した。キャンパス内の大きな国際会議場には学生たちがつめかけ熱気で満たされた。その大多数が女子学生であった。
[産経新聞 11/10/07]
◇日本サブカルチャー研究会 HP
http://www.japan-subculture.com/
◇日本と世界のコンテンツ市場データベース HP
http://www.humanmedia.co.jp/database/
◇アニメ・マンガイベント「中国国際動漫節」について(Blog)
http://xiao4mei3.jugem.jp/?eid=18
◇アニメ・マンガイベント「中国国際動漫節」/ドリームニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/5552140/

◆「日本酒の日」ハシゴ酒、「日本酒ゴーアラウンド」 大阪市内34店で催し
10月1日の「日本酒の日」に大阪市内の飲食店計34店がタッグを組み、500円で最高34杯の地酒が飲めるイベントを開く。主催は41歳の飲食店主3人でつくる「日本酒卍固め」。
[朝日新聞 11/09/26]
◇日本酒卍固めのブログ
http://blog.livedoor.jp/manjigatame3/
◇「酒や肴 よしむら」 紹介記事
http://www.geocities.jp/letsgojun2000/others/yoshimura.mht
◇「味酒(うまざけ)かむなび」 について (Blog)
http://kansai-walker.seesaa.net/article/145273380.html
◇「蔵朱(くらっしゅ)」 HP
http://crush.or.tv/

◆西武渋谷店「現代茶ノ湯スタイル『縁』展」 竹林イメージした茶室空間も
西武渋谷店B館8階のオルタナティブスペースに現在、期間限定の「現代茶室空間」が登場している。茶の湯と現代アートを組み合わせた「新しいライフスタイル」を創出するイベント。茶の湯の世界では古くから「縁(えん)」を大切に、「はじまり」「紡ぎ」「創造」の源であると考えられていることから、同展では「縁(えにし)」をテーマに「茶の湯の総合芸術としての楽しみ方」を提案する。
[渋谷経済新聞 11/10/07]
◇西武渋谷店 現代茶ノ湯スタイル展「縁」 HP
http://www.artmeetslife.jp/
◇現代茶ノ湯スタイル展「縁」レポート
http://www.ava-cha.com/2011/10/05/3633
◇現代茶室空間が西武渋谷店に期間限定で登場/Woman excite
http://woman.excite.co.jp/article/luxury/rid_E1317632276004/
◇大久保文之氏主催「for da Nippon Foundation」(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/pages/for-da-Nippon-Foundation/155591374501249
◇松村宗亮氏主催「SHUHALLY BLOG」
http://shuhally.jp/blog/
◇ガラス作家・佐々木翔子氏 HP
http://sasaki-shoko.com/
◇陶造形家・原菜央氏
http://www.kyoto-np.co.jp/info/culture/kyo_no_shinnei/110514.html
◇創作和菓子ユニット「wagashi asobi」 HP
http://wagashiasobi.wordpress.com/
◇茶人・近藤俊太郎氏主催「アバンギャルド茶会」 HP
http://www.ava-cha.com/
◇京和傘「日吉屋」 HP
http://www.wagasa.com/
◇日本茶カフェ「茜や」
http://akane-ya.net/muscat2/

◆日経BPコンサル、食の安全・安心調査、原発事故「食に不安」74%
東日本大震災後の消費行動では「東北の食品を購入・飲食しない」が13.8%となった一方、「東北の食品を積極的に購入・飲食する」も19.6%に達し、安全優先と被災地支援に対応が分かれた。
[日経MJ 11/09/17]
◇「食の安全・安心ブランド調査」結果について/日経BPコンサルティング
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=291223&lindID=5
◇震災後の日本産食品輸入制限の影響とブランドイメージの変化について
http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1109jo1.pdf
◇東急沿線「震災後の生活に関するアンケート」/セラン
http://www.selun.ne.jp/business/marketing/areavoice/20110115/index.php
◇「災害と家庭用ウォーターサーバー」に関する調査/ティムズドライブ
http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2011/110901/

◆札幌大通まちづくり、無料自転車シェア、路上駐輪減、街歩きやすく
札幌・大通地区の商業ビルや商店街で構成する街づくり会社、札幌大通まちづくりは自転車シェアサービス「ポロクル」を使って自転車の路上駐輪対策に乗り出す。大通地区に勤める人が無料で自転車を共同利用できるキャンペーンを9月から開始。
[日経MJ 11/09/19]
◇札幌大通まちづくり「まち会社」 HP
http://sapporo-odori.jp/
◇札幌の日常を楽しむためのウェブマガジン「札幌てくてく」
http://www.sapporoteku2.net/
◇札幌自転車シェアサービス「ポロクル」 HP
http://porocle.jp/

◆端末に透ける消費者像 iPhone、好奇心が旺盛 
・iPhone派は積極的で好奇心が強いく、アイデア勝負でエンターテインメント性の強いアプリが人気。
・アンドロイド利用者はニュースや天気など、実用性のあるアプリのダウンロード率が高いく、ウェブサイトにこだわる傾向が強い。
・ECサイトでの買い物経験は、iPhone派が約6割で、アンドロイド派の約4割を上回った。
・国内のフェイスブック利用者は男女比が58対42だが、1日1回以上ログインする女性は男性の2倍以上。
[日経MJ/進化するMIT 11/09/19]
◇米におけるタブレット端末の利用実態調査/電通総研
http://www.dentsu.co.jp/di/pdf/report_20110128.pdf
◇2011年企業のモバイル広告利用動向調査/AdverTimes
http://www.advertimes.com/20110713/article23165/
◇アンドロイド情報サイトアンドロイダー運営「トリワークス」 HP
http://www.triworks.com/japan/
◇iPhone人気アプリ「HourFace」
http://labs.mppark.jp/apps/jp/hourface.html
◇モバイルマーケティング「メディア・シェイカーズ」 HP
http://www.mediashakers.co.jp/
◇スマートフォン向け広告配信「ノボット」 HP
http://jp.ad-maker.net/
◇シニアSOHO普及サロン・三鷹 HP
http://www.svsoho.gr.jp/
◇Facebookに関するユーザーの意識調査/MarkeZine
http://markezine.jp/article/detail/14459
◇3大ソーシャルメディアのユーザー調査/AdverTimes
http://www.advertimes.com/20110630/article21585/
◇3大ソーシャルメディアの利用目的・動機調査/AdverTimes
http://www.advertimes.com/20110413/article11186/
◇ノボットがiPhone/Androidのユーザー調査/プロモバ
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1104/11/news112.html
◇iPhoneとAndroidの比較/iPhone入門
http://iphone.f-tools.net/QandA/iPhone-Android.html
◇スマートフォンに関する調査/ベンチャーナウ
http://www.venturenow.jp/news/2011/03/31/1806_010424.html

◆星野リゾート、「滞在型」需要狙う、家族向けホテル展開
家族連れを狙ったリゾートホテルのチェーン展開に乗り出す。「星野リゾート リゾナーレ」と名付け、統一ブランドで認知度を高め、滞在型ホテルとして需要を掘り起こす。
[日経MJ 11/09/21]
◇星野リゾート リゾナーレ HP
http://www.risonare.com/about/index.html
◇山梨県北杜市「星野リゾート リゾナーレ」 について (Blog)
http://anakawa.blog77.fc2.com/blog-entry-1395.html

◆東京・表参道の裏通り、青神道は個性派ぞろい 青山通り、神宮前
新顔続々 お店探し楽しく
おしゃれな店が集まる東京の青山・表参道地区。表参道に平行し、港区の青山通りと渋谷区の神宮前・原宿地区を結ぶ裏通りが「青神道(あおしんどう)」と呼ばれ、新たな人気エリアになっている。ここ1~2年で個性的な衣料・雑貨店が相次いで登場。若者から中年層まで幅広い年代の男女をひき付けている。
[日経MJ 11/09/23]
◇北青山「青山花茂本店青山店」 HP
http://www.aoyamahanamohonten.jp/
◇架空の国をモチーフにしたショップ「オプトリコ」 HP
http://www.optrico.com/
◇英国のブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」 HP
http://www.viviennewestwood-tokyo.com/
◇「ザ・コンテンポラリー・フィックス」 HP
http://www.thecontemporaryfix.com/
◇「天衣無縫オーガニックエクセレント青山店」掲示板
http://tenimuhou.exblog.jp/i19/
◇ライフスタイルブランド「グリデカナ」 HP
http://www.gredecana.com/
◇マーキュリーデザイン運営「バルサラ」 HP
http://www.bulsara.jp/
◇インテリアデザイナー・木村浩一郎氏 HP
http://www.love-international.jp/maison_koichiro_kimura_top.html
◇婦人服店「ウノビリエプラス」 HP
http://www.unobilie.com/
◇「パリヤ 青山店」 について (Blog)
http://smilemil.exblog.jp/15391441/
◇「sacai サカイ」 について (Blog)
http://blog.talk.vogue.co.jp/fubuki-nakagawa/archives/4743701.html
◇人気ファションブランド「ビューティフルピープル」 HP
http://www.beautiful-people.jp/
◇「青神道」 について (Blog)
http://www.epl.co.jp/onnagokoro/2011/09301727.php

◆ヤフー、通販にスマホ活用 品ぞろえは30~40代狙い本格志向
ポイント大量付与で客を固定化/メルマガよりアプリで情報発信
市場拡大が続くインターネット通販でも成長著しいのがスマートフォン経由の取引。消費者はパソコンより手軽にサイトにアクセスでき、従来の携帯電話より大画面で商品を選べる。この成長市場を、通販ショップが取り込むには従来のネット通販とは違った取り組みが必要だ。
[日経MJ 11/09/23]
◇スマホユーザーの利用実態調査/AdverTimes
http://www.advertimes.com/20110520/article16110/
◇スマホでのネット通販に関する利用実態調査/マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/column/mmd/020/index.html
◇スマホユーザー通勤中・寝る前、手軽に通販/NFC&SmartWORLD
http://www.shopbiz.jp/nf/news/93127.html
◇シニア世代のスマホ、タブレット型端末の所有率/マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/08/23/012/

◆ブルーム、共同購入で映画制作支援、試写会など特典、小額販売
映画チケットの共同購入サイト「ドリパス」を運営するブルームは映画制作を支援するために、試写会への出席などの特典を共同購入チケットの形で消費者に販売するサービスを始める。制作中の映画が対象で、インターネット上で購入者を募集・販売して映画の制作費に役立てる。制作資金の獲得だけでなく、早くから映画のファンを確保して話題作りに活用する狙いもある。
[日経MJ 11/09/23]
◇映画チケットの共同購入サイト「ドリパス」 
http://www.dreampass.jp/deals/area/
◇ドリバス運営「ブルーム」 HP
http://www.blue-m.jp/

◆注文住宅・家具に力、良品計画、新装の有楽町店から発信
中高年の生活スタイル提案
良品計画は注文住宅やオーダーメード家具を強化する。9月1日に改装オープンした旗艦店、有楽町店は「ライフスタイルを提案したい」という同社の方針を象徴する売り場として生まれ変わった。有楽町店で成功した取り組みは他の大型店にも水平展開していく。
[日経MJ 11/09/23]
◇無印良品有楽町 HP
http://www.mujiyurakucho.com/
◇無印良品の家 有楽町家センターブログ
http://www.muji.net/mt/modelhouse/yurakucho/
◇無印良品有楽町 について (Blog)
http://orinchan55.blog120.fc2.com/blog-entry-876.html

◆iPhoneに広告配信、キリン、アップルのアプリ導入
若年層にブランド訴求
キリンビールは、米アップルが開発した新型広告「iAd(iアド)」を27日から展開する。米アップルのiPhonei用アプリで表示される広告を駆使し、20~30代の若年層にキリンブランドを浸透させる。
[日経MJ 11/09/26]
◇新型広告アプリ「iAd(iアド)」 HP
http://developer.apple.com/jp/iad/
◇iPhone OS 4の「iAd」はモバイル広告を変えるか?/ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/515/515036/
◇「みんなカンパイ~ナ」/キリンニュースリリース
http://www.kirin.co.jp/company/news/2011/0926c_01.html
◇iPhoneアプリ上の新広告にキリン参入!/zakzak
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20111014/ecn1110140852003-n1.htm

◆若手社会学者の若者論 仲間、居場所で幸せ
今の若者は元気がない。好景気や親密な人間関係を知らずかわいそう。こうした従来型の若者論への異論を、若手社会学者が相次ぎ出版した。マーケティングや経営のヒントになる部分も多い。
階層化を前提にし、濃密な一体感を持つ単一の「絆」よりも、ゆるく、多くつながる「縁」をよりどころにする。そんなイメージで両者は共通する。経済成長や昔ながらのコミュニティなど、古い世代が考える「復活」型の処方箋とは違う発想が新鮮だ。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 11/09/26]
◇古市憲寿著『絶望の国の幸福な若者たち』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062170655.html
◇阿部真大著『居場所の社会学』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4532168015.html
◇若者の格差・労働問題に取り組む「POSSE」 HP
http://www.npoposse.jp/

◆ホテルは我が家、外国人を招く 一般人宅に宿泊「家庭泊」
ホテルではなく一般人の家庭に泊まるという、旅行の新しいスタイルが台頭している。仕掛け人の役割を演じているのが、欧米で爆発的に流行している「家庭泊紹介サイト」だ。そのなかの一つ、独ベンチャー企業のウィムドゥが今夏、日本に上陸した。部屋を提供してくれるのはプロの宿泊施設ではなく、素人の家主。サイトは両者を仲介する。
[日経MJ/ブームの予感 11/09/26]
◇米ベンチャー「Airbnb」 家庭泊紹介サイト「Wimdu」 HP
http://www.wimdu.jp/
◇Wimdu Japan(facebookページ)
http://www.facebook.com/wimdujapan
◇旅の新たな形「Wimdu」/現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/996
◇ソーシャルツーリズム「Wimdu」/livedoor
http://news.livedoor.com/article/detail/5735384/
◇「Wimdu」を使ってみた (Blog)
http://shungoarai.com/blog/tag/wimdu/

◆「エコ飼料」認証、活用拡大、食品残さ、家畜向けに
食品残さなどを原料とする家畜飼料「エコフィード」を活用する取り組みが広がっている。農林水産省と社団法人中央畜産会は5月末に普及を促す認証制度を創設。山崎製パンなどが認証を取得し、エコフィードで育てた家畜を原料に商品を製造・販売する仕組み作りに乗り出した。
[日経MJ 11/09/28]
◇エコフィード利用畜産物認証制度実施要綱
http://ecofeed.lin.gr.jp/3ecoyoukou.pdf
◇エコフィード利用畜産物認証運営委員会 HP
http://ecofeed.lin.gr.jp/1econinsyo.html
◇食品リサイクルループで作った惣菜パン発売/ファミマ
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2011/110621_2.html
◇食料自給率向上と食品ロス削減への取り組み/ヤマザキ
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/tokaijikyu/pdf/h21kennkyuujirei2.pdf

◆コンビニ朝市、主婦層開拓、セブンイレブン、北関東150店実施
主婦層開拓 野菜販売の認知度向上
北関東地域で「朝市」と称した日時限定の販売を始め、8月末時点で累計150店に広げた。同社は主婦らコンビニを日常的に利用しない消費者を取り込むのが狙い。
[日経MJ 11/09/30]
◇宅配通販「らでっしゅローソン」 HP
http://www.radishlawson.jp/ec/
◇コンビニの野菜販売/フランチャイズ・ショー
http://www.shopbiz.jp/fc/news/76630.html

◆IT見本市「CEATE JAPAN」ネットサービスの未来提案
・パイオニアは今夏発売した「ディスカッションテーブル」をデモンストレーション。
・三菱電機のブースでは、スマホ向け情報提供サービス「山手線トレインネット」を展示。
・パナソニックは薄型テレビ「ビエラ」向けネットサービス「ビエラ・コネクト」を展示。
[産経新聞 11/10/03]
◇アジア最大級の家電・IT見本市「CEATEC JAPAN 2011」 HP
http://www.ceatec.com/2011/ja/
◇パイオニア「コミュニケーションテーブル」/+D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1110/11/news071.html
◇三菱電機、スマホ向け情報サービス「山手線トレインネット」 HP
http://www.yamanoteline-trainnet.jp/pc/index.php
◇パナソニック「「ビエラ・コネクト」 HP
http://panasonic.jp/viera/
◇「CEATEC JAPAN 2011」全記事一覧まとめ
http://gigazine.net/news/20111004_summary_ceatec_japan_2011/
◇放射能センサやWiMAX 2端末も展示「CEATEC JAPAN 2011」/cnet japan
http://japan.cnet.com/mobile/35008695/

◆ヤマダが挑む住宅革命
中堅住宅メーカー、エス・バイ・エルを買収して住宅販売市場に参入する。狙いは「スマートハウス」事業の拡大だ。家電販売で培った流通改革のノウハウを生かしてコストダウンを図り、既存の住宅メーカーと差異化する。郊外型家電店の駐車場の一角などにモデルルームを設置する方針だ。
[日経MJ 11/10/03]
◇ヤマダ電機  HP
http://www.yamada-denki.jp/
◇エス・バイ・エル HP
http://www.sxl.co.jp/
◇省エネ家電からスマートハウスに向かって、日本からアジアへ/ヤマダ電機
http://www.yamada-denki.jp/csr/pdf/report2011_12-15.pdf
◇ヤマダ電機が住宅業界に本格参入へ!/DAIAMONDonline
http://diamond.jp/articles/-/13643
◇ヤマダ電機子会社「コスモス・ベリーズ」 HP
http://www.berrys.co.jp/

◆太陽光そのまま室内灯 大津、街の電器屋「井之商」
太陽の光をそのまま室内に取り込む照明システムが注目を集めている。電気を一切使わない「電力ゼロ照明」。住宅だけではなく、大企業の工場でも採用するところが出始めた。主役は大津市の街の電器屋だ。
[朝日新聞/経済最前線 11/10/03]
◇太陽光照明の「井之商」 HP
http://www.solatube.co.jp/
◇太陽光採光システム協議会 HP
http://www.sun.or.jp/
◇太陽光照明、資生堂久喜工場事例紹介
http://www.solatube.co.jp/commercial/img/shiseido.pdf#search='
◇「ファミマ」環境配慮型のフラッグシップ店舗
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2010/100125_2.html

◆地中熱空調に脚光 スカイツリーでも導入
地中熱は日本中のどこでも安定的に利用できるエネルギー。東京スカイツリーや、羽田空港国際線旅客ターミナルなどの大規模施設でも導入が進み、省エネの切り札として期待されている。
東京スカイツリーでは、ガスなどを使う従来方式の空調より年間の消費エネルギーは48%、二酸化炭素排出量は40%減らせるとみている。
[朝日新聞/創エネ 省エネ 11/10/05]
◇地中熱ヒートポンプシステムとは/地中熱利用促進協会
http://www.env.go.jp/water/jiban/heatpump_pamph.pdf
◇地中熱ヒートポンプ Web Site
http://a-mec.jp/hagibor/
◇地中熱の現状と復興への活用について
http://www.kankyo.tohoku.ac.jp/pdf/20110707009.pdf
◇コンビニ店舗に地中熱利用空調を導入/ECO JAPAN
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20111027/109080/
◇スカイツリーは地下もすごかった/ITmediaニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1106/16/news113.html

◆スイス発リサイクルバッグ「フライターグ」銀座にアジア初、直営店
使用済みのトラックのタープ、自転車のインナーチューブ、廃車のシートベルトを使ったメッセンジャーバッグで知られる。商品が一点ものである点、ホロのカラフルな色彩などで人気を集める。日本での輸入販売は1996年にスタートした。自転車ブームとともに認知を拡大。
[銀座経済新聞 11/10/07]
◇フライターグ・ストア・トーキョー HP
http://www.freitag.ch/shop/FREITAG/newsletter.jsf#tokyo
◇「フライターグ」アジア初の旗艦店が銀座にオープン/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/architecture/rid_E1318425728005/pid_1.html
◇フライターグ・ストア・トーキョー について(Twitter)
http://www.fashionsnap.com/news/2011-10-05/freitag-ginza-open/
◇ショップデザイン「トラフ設計事務所」 HP
http://torafu.com/

◆博報堂が「Voice Vision β版」をFacebook上にオープン
今回の「Voice Vision」は生活者向けのオープンプラットフォームとして提供し、社会的なテーマへの取り組みを目指す。ひとりひとりの声を社会の役に立つビジョンに転換するためのプラットフォームとして同サービスを立ち上げた」と同社広報担当者。
[赤坂経済新聞 11/10/06]
◇「Voice Vision β版」Facebookページ
http://ja-jp.facebook.com/VVision?sk=wall
◇「Voice Vision β版」Facebook/博報堂プレスリリース
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20111004.pdf
◇「プロトタイプ・ハウス」展示/博報堂プレスリリース
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20110927.pdf
◇「EV普及時代の街」を展示/復興ニッポン
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20111007/553237/?P=2&ST=rebuild

◆「不用品でモノづくり」プロジェクト 少しいいこと、合言葉はエコ
作り手多彩、美しく便利に
「少しいいことをしよう」。そんな合言葉で「sample(サンプル)プロジェクト」という取り組みが立ち上がった。モノ作りの現場で起きている諸問題にデザイナーとして何ができるか。プロダクトデザイナーの酒井俊彦氏が異分野のデザイナーたちとともに、自主企画で新しいモノやコトを起こしていくプロジェクトだ。
[日経MJ 11/10/05]
◇少しいいこと+プロダクト「sample」 HP
http://ec-sample.shop-pro.jp/
◇「sampleプロジェクト」/FIGARO.jp
http://column.madamefigaro.jp/culture/design/sample12.html
◇デザイナー・酒井俊彦氏 HP
http://www.sakaidesign.com/
◇デザインユニット・トネリコ HP
http://www.tonerico-inc.com/
◇デザイナー・南雲勝志氏 HP
http://www.nagumo-design.com/
◇黒河内真衣子氏ファッションブランド「mame(マメ)HP
http://www.mamemamemame.com/
◇瀬戸けいた・なおよ夫妻 HP
http://www.setodesign.jp/
◇東京・原宿のデザイン雑貨店「アシストオン」 HP
http://www.assiston.co.jp/

◆広告と“対話”する時代 「押しつけ」の概念覆す
ツイッターが満を持して日本にも広告商品を投下してきた。既に米国では昨年から同様の商品を販売しているが、今月3日に日本と英国同時に「プロモトレンド」「プロモアカウント」「プロモツイート」と呼ぶ3つの商品の販売を始めた。
[日経MJ/日経デジタルマーケティング杉山俊幸編集長のIT新事情 11/10/07]
◇「プロモ商品」のご紹介/twitter blog
http://blog.jp.twitter.com/2011/10/blog-post.html
◇プロモトレンド・プロモアカウント・プロモツイートを日本で開始
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/10/03/11227
◇プロモトレンド・プロモアカウント・プロモツイートを開始
http://netafull.net/twitter/038739.html
◇日本で開始! Twitterプロモ商品に注目/web R25
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20111006-00021677-r25&vos=nr25tw0000003
◇広告ツイート導入にユーザーは「邪魔くさい」/web R25
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20110803-00020983-r25

◆暮らしを貫くスタイル提案、キッチンと衣類、一緒に販売
長く使われる商品目指す
デザイン家具やモダンなキッチンと、衣類のハンガーが並ぶ、トーヨーキッチン&リビング(名古屋市)のショールームだ。同社は4月から、新事業としてファッション部門「ウエラアバウツ」を開始。30~50代の男性がターゲットだ。
[日経MJ 11/10/12]
◇トーヨーキッチン&リビングのアパレルブランド「ウエラアバウツ」 HP
http://whereabouts-style.com/
◇トーヨーキッチン&リビング HP
http://www.toyokitchen.co.jp/
◇トーヨーキッチン&リビング社長ライフスタイルブログ
http://blog.toyokitchen.co.jp/nabeforum/cat16/

◆良品計画、JICAと商品企画、途上国支援に協力、工芸品8種を販売
良品計画は今年のクリスマスギフト商戦で、初めて国際協力機構(JICA)と共同開発した商品を販売する。JICAの発展途上国支援事業に協力し、キルギスやケニアの村の8種類の工芸品を商品化した。
[日経MJ 11/10/12]
◇JICAとの初の共同企画商品を含む「MUJI CHRISTMAS Market 2011」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000336.000000987.html
◇良品計画と連携の共同企画商品/JICA
http://www.jica.go.jp/press/2011/20111012_01.html
◇良品計画×JICA一村一品提携プロジェクトについて (Blog)
http://worldreporter.jica.go.jp/j22-3kawada/cat1/001191.php

◆企業キャラ、中身で勝負、ソーシャルメディアで消費者と交流
リクルート「スーモ」  悪役投入でファン広げる
テレビCMのようなインパクト重視の短期的なマス広告とは異なり、キャラクターを入り口にした顧客との中長期的なコミュニケーションが活発化している。住宅の購入や借り換えは人生で多くて4~5回。ソーシャルメディアの役割は、現時点では住まい探しに関心のない潜在層に向けたもの。
[日経MJ/11/10/12]
◇ドンスーモ HP
http://don.suumo.jp/
◇スーモ(Facebookページ)
http://www.facebook.com/suumo.jp
◇スーモ(Twitter)
http://twitter.com/#!/suumo

◆園芸用品、全店で実演販売、ホーマック、来春メド拡大 
ホームセンター最大手のDMCホールディングス傘下のホーマック(札幌市)は園芸用品・資材の実演販売を拡大する。来春をメドに全店の園芸売り場で小規模の模擬菜園やプランターを使って、実際に植物の育て方や器具の扱い方などを来店客に説明。これまで北海道などを中心に展開していた貸農園も倍増させる。園芸の初心者を囲い込み、定期的な来店につなげる。
[日経MJ/11/10/12]
◇ホームセンター「ホーマック」 HP
http://www.homac.co.jp/

◆英・蘭のツイッター事情 企業のファン獲得策が好評
不況にあえぐヨーロッパで、ツイッターを使ったマーケティング戦略に注目が集まっている。2年ほど前には利用者が伸びず、米経済誌フォーブスで「(米国の成功に反して)欧州では嫌われ者」とまで書かれたが、昨秋あたりから「長い顧客づくり」に生かすマーケティングツールとして、にわかに脚光を浴び始めた。
[日経MJ/ヨーロッパ風を読む 11/10/14]
◇SMSで「KLM」にアクセス/KLMオランダ航空
http://www.klm.com/travel/jp_ja/about/news_press/KLM_on_social_media/index.htm
◇オランダ政府観光局Twitter
http://twitter.com/#!/NLnow
◇世界最大の生花販売網を展開「インターフローラ」 HP
http://www.interflora.co.uk/
◇イギリス政府、TwitterやFacebookなどのSNSの規制を検討中
http://kanatamaka.wordpress.com/2011/08/14/i-wanna-control-sns-such-as-twitter-facebook-and-so-on/
◇イギリス、ツイッターができなきゃスパイ失格
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2010/05/post-1239.php
◇EU情報、SMSプラットフォーム/駐日欧州連合代表部
http://www.euinjapan.com/
◇SMS、米国と欧州できわだつ温度差(VRIコラム)
http://japan.internet.com/atlas/20110530/1.html
◇2011年版「フォーチュン100社のSMS活用実態調査」
http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2011/02/2011100-de26.html

◆テックファーム、スマホ用通販アプリ制作、1ヵ月でPCサイト活用
既存のパソコン向けサイトの情報を使用するため、1カ月程度で開発できるなど費用と期間を抑えられるのが特徴で、ネット通販企業に売り込んでいく。スマホ経由のネット通販は急拡大しており、自社でアプリを開発するのが困難な企業などの需要が見込めると判断した。
[日経MJ 11/10/14]
◇テックファーム「スマコマ」 HP
http://www.techfirm.co.jp/sumacoma/

◆スマートテレビ、次の注目 野村総合研究所石田樹生氏
(1)ネットサービスを利用しやすい新しいテレビ「スマートテレビ」が登場する
(2)スマートテレビ利用は2016年度までに770万世帯(全世帯の約5分の1)に達する
(3)「ネットからチャンネルへ」「チャンネルからネットへ」という新しい視聴行動が生まれる
[日経MJ/消費分析 11/09/28]
◇スマートテレビに関する調査/(原典)野村総合研究所
http://www.nri.co.jp/news/2011/110720.html
◇「スマートテレビ」時代は本当にやってくるか/Phile web
http://www.phileweb.com/review/column/201108/01/186.html
◇着実に進歩する各社のスマートテレビ戦略/+D LifeStyle
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1109/05/news022.html
◇米国スマートテレビサービスの現状/WirelessWireNews
http://wirelesswire.jp/special/201109/01/article/3.html
◇「スマートテレビ」は間違いなく普及する/JB PRESS
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/18612
◇「スマートテレビ」日本で売れるとは思えない/ニコニコニュース
http://news.nicovideo.jp/watch/nw132385

| | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »