« 「縁日」+「クラブ」のりが「今の極み」 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 1112アップ »

2012/01/17

情報クリップ・ダイジェスト 2011/12

◆食の「シーズナリスト」過半に 旬の食材・行事食で「プチぜいたく」
(1)旬の食材や行事食で「プチぜいたく」を楽しむ「シーズナリスト」は女性に多い
(2)シーズナリストは行事食などを家庭料理で楽しむ割合が非シーズナリストより高い
(3)シーズナリストは記念日の食事も好き。ニーズに合うレシピ提案で食品の商機拡大も
[日経MJ/消費分析 11/12/14]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇食と暮らしの歳時記/東京ガス・くらしカフェ
http://blog.tokyo-gas.co.jp/cafe/season/
◇ぐるたび「今日は何の日?」
http://gurutabi.gnavi.co.jp/special/nannohi/nannohi_20111212-20111218.html

◆セラミック・ジャパン、デザイナー起用、瀬戸の伝統、新鮮味を盛る
職人技、実用性も重視
焼き物の街、愛知県瀬戸市にある社員5人の会社、セラミック・ジャパン。ここから発信される作品はMoMA(ニューヨーク近代美術館)のパーマネントコレクションにも選定されている。創業40年で伝統技術を持つ同社が生み出す作品は外部のデザイナーが手掛けることもあり、国内外で注目されている。
[日経MJ 11/12/07]
◇「セラミック・ジャパン」 HP
http://www.ceramic-japan.co.jp/
◇表参道「MoMA Design Store」 HP
http://www.momastore.jp/
◇「ニューヨーク近代美術館」 HP
http://www.momastore.jp/
◇山田佳一朗氏「デザインサイト」
http://www.kaichidesign.com/images/main.html
◇年中使えるお鍋 セラミックジャパン「do-nabe」/Exciteニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1320312416472.html
◇デザイナー・秋田道夫氏 HP
http://www.michioakita.jp/
◇徳田祐子氏デザイン「「一輪挿し」
http://www.assiston.co.jp/?item=1136
◇nendo 佐藤オオキ氏デザイン「Peel」
http://www.assiston.co.jp/?item=2013
◇「セラミック・ジャパン」紹介記事
http://pdweb.jp/special/production_scene05_1.shtml

◆11年度グッドデザイン賞、暮らしに貢献、豊かさ再定義
東日本大震災を受けて、デザインの役割を改めて考えるきっかけとなった。3162件の中から大賞に選ばれたのは、ホンダの「インターナビ」。便利さや快適性に貢献してきたデザインは、社会が抱える課題の解消や社会貢献に連携する活動、取り組みという役割に変わりつつある。
[日経MJ 11/11/23]
◇GOOD DESIGN AWARD HP
http://www.g-mark.org/
◇2011年大賞受賞、HONDA「インターナビ」 HP
http://www.honda.co.jp/internavi/
◇2011年グッドデザイン金賞
http://www.g-mark.org/archive/2011/award-gold.html

◆日本に芽吹く「CSRマーケティング」、復興支援、消費者に響く 
メーク相談会 寄付つき商品 好感度高める
被災地での支援活動をマーケティングに組み込む動きが増えている。消費などを通じて社会に貢献したいという消費者の欲求が強まり、企業の社会的責任(CSR)の一環として始めた活動が商品の売り上げを後押しする事例が目立つ。1千年に1度の天災は日本で「CSRマーケティング」の幕を開いた。
[日経MJ 11/11/18]
◇CSR企業ランキング・トップ500/東洋経済
http://www.toyokeizai.net/business/management_business/detail/AC/d31cd9f799633e49939920f61cae783c/
◇CSRランキング上位30社は、震災支援へどう取り組んでいるか
http://www.breaking.jp/breakingnews/archives/2011/03/29/entry1598.html
◇2011年CSRレポート動向/クレアン
http://www.cre-en.jp/library/opinion/pdf/111028.pdf
◇もし新米CSR 担当がドラッカーと対話したら/クレアン
http://www.cre-en.jp/library/opinion/pdf/110207.pdf
◇花王CSRレポート
http://www.kao.com/group/ja/group/csr.html
◇キリンホールディングスCSR活動
http://www.kirinholdings.co.jp/csr/
◇サントリーホールディングス活動
http://www.suntory.co.jp/company/csr/
◇味の素冷凍食品CSR活動
http://www.ajinomoto.co.jp/activity/csr/
◇日清食品CSR活動
http://www.nissinfoods.co.jp/csr/
◇ファーストリテイリングCSR活動
http://www.fastretailing.com/jp/csr/
◇JTB「創エネ旅行」 HP
http://www.jtbcorp.jp/jp/csr/eco/jirei_07.asp

◆全食品廃棄物→肥料→野菜栽培→社食、シダックス、千葉で着手
環境重視アピール
シダックスは自社完結型の食品廃棄物リサイクルに乗り出す。12月に千葉県の一部カラオケ店で排出された食品廃棄物全量を年間4トンの肥料にする取り組みを開始。作った肥料を使い県内の農園で野菜を育て、グループ会社が運営する社員食堂やレストランで使用する。
[日経MJ 11/11/18]
◇シダックスグループの環境活動
http://www.shidax.co.jp/release/pdf/8603463da5bb0ba63696ce843b771946.pdf
◇食品廃棄物地域内循環サービス「メリーズ・ジャパン」 HP
http://www.merrys-j.jp/

◆良品計画「ムジラボ」刷新、衣料デザイン、生活雑貨と連動
「ムジラボ」を刷新する。英マーガレット・ハウエルとその親会社であるアングローバルと共同企画した春夏衣料を、12月までに大型店中心に20店強で取り扱いを始める。綿を中心に天然素材を採用し、ジャケットにペン差し用ポケットを付けるなど生活雑貨と連動したデザインが特徴。
[日経MJ 11/11/18]
◇ネットストア「ムジラボ」
http://www.muji.net/store/cmdty/section/T10012
◇英国ブランド「マーガレット・ハウエル」 HP
http://www.margarethowell.jp/

◆企業のソーシャルサービス スポンサーの手法多様に
(1)ネスレ日本が利用者同士が製品をゆずりあうサービスを提供。
(2)利用者の会話への関与の仕方が変わってきている。
(3)遠回りに見えるアプローチが実は効果的かもしれない。
[日経MJ/徳力基彦のECの波頭 11/11/16]
◇ゆずりあいマーケット「ネスレゆずりば」
http://nestle.yuzuriba.jp/
◇ゆずりあいマーケット「ネスレゆずりば」(Facebookuページ)
http://ja-jp.facebook.com/yuzuriba?sk=wall
◇新SNSサービス「ネスレゆずりば」/PR TIMES
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000001637.html

◆企業のメディア化 競合とも協力し情報発信
(1)日本コカ・コーラは自社サイトを他社の広告の場に活用している。
(2)ソーシャルメディア上では競合企業ともコラボしやすい。
(3)企業はブランドをテコに発信力を高め「メディア」化しつつある。
◇ITビジネス関連のコンサルティング会社「D4DR」 HP
http://www.d4dr.jp/
◇「コカ・コーラパーク」 HP
http://c.cocacola.co.jp/
◇「コカ・コーラパーク」 (Facebookuページ)
http://ja-jp.facebook.com/cocacolapark?sk=wall
◇「コカ・コーラパーク」(Twitte)
http://twitter.com/CocaColaPark
◇コカ・コーラ自販機「ハピ ネスクエスト」 HP
http://c.cocacola.co.jp/hq/
◇「コカ・コーラ パーク」のスゴイ自販機/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/99046
◇ANA「ソーシャルスカイパーク」 HP
http://ana1st.com/headline/111122.html
◇東急ハンズ×ヴィレッジヴァンガード、Twitte対決/誠
http://blogs.bizmakoto.jp/shinpeianzai/entry/1335.html

◆星野リゾート、自力集客のコツ ホームページ写真、頻繁に差し替え
宿泊客アンケート結果を数値化 デザインこだわり上質なサービス
家族向けリゾートホテル「リゾナーレ」。先行して営業しているホテルではリピート客を増やし、自力での集客力を高めている。上質なサービスの提供はもちろん、写真の選定や情報更新頻度にこだわったホームページ作りや、家族客が過ごしやすい環境づくりが人を引き寄せている。
[日経MJ 11/11/25]
◇星のリゾート「リゾナーレ」 HP
http://www.risonare-wedding.com/
◇星のリゾート「リゾナーレ」(Twitter)
http://twitter.com/Risonare
◇リゾナーレクリスマス情報/山梨北杜市観光協会
http://risonare.velett.com/
◇日本初!ワインリゾートの旅
http://www.risonare.com/plan/plan_wine_resort.html

◆ミズノ、発熱肌着の販促、郵便局と連携 商品紹介、窓口で
郵便局員ははがきや切手を買いに来た顧客に対し、ブレスサーモを紹介する。顧客の手のひらにブレスサーモの素材の原綿を置き、水を垂らして何度か握ることで発熱の効果を体験してもらう。関心を持った顧客にはミズノのコールセンターを紹介するが、その場では販売はしない。
[日経MJ 11/11/28]
◇「ブレスサーモ」発熱体感キャンペーン
http://www.breaththermo.com/campaign/

◆ミラノにアルマーニ・ホテル、客ごとに担当者、1泊5万円から
10日、ミラノ市の中心街に高級ホテルを開業した。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの不動産開発会社、エマール・プロパティーズPJSCと共同で立ち上げた「ホテル&リゾート」プロジェクトの一環で、アルマーニ・ホテル・ドバイに続く2軒目となる。
[日経MJ 11/11/25]
◇「アルマーニ ホテル ミラノ」 HP
http://www.armanihotels.com/
◇「アルマーニ ホテル ミラノ」オープン/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/387524/

◆パナソニック、白物家電 店舗外でファン作り 試食・レシピ
家電エコポイント制度や地上デジタル放送移行の特需が去り、急速に収縮を始めた国内の家電市場。直接の売り手である販売店だけでなく、メーカーも大幅な販売減に苦しんでいる。各社はシェアの維持・拡大のため、新たな需要喚起に知恵を絞る。既存の枠組みを超えて販売市場に挑むメーカーのマーケティング手法を追う。
[日経MJ/家電販売川上が挑む 11/11/25]
◇炊飯器が体感できるキャンペーンに「日本橋ゆかり」参加
http://pcgn.blog98.fc2.com/blog-entry-1280.html
◇老舗日本料理「日本橋ゆかり」 HP
http://www.nihonbashi-yukari.com/
◇/創作料理「NADABAN神戸元町」 HP
http://www.nadaban.com/index.php
◇「ミニコテ」 HP
http://panasonic.jp/beauty/style/beautytopics/minikote/
◇パナソニック「ミニコテ」について(Blog)
http://blog.crooz.jp/anyan0703/ShowArticle?no=1440
◇「ビストロNE-R3400」10分レシピ総選挙結果発表!
http://hyogo.qlep.com/g/13/article/111173/?PHPSESSID=7v3iqvj8r0dfc2jkbg8ovvsgj2

◆農業のプロの知恵、データ化して蓄積 イオン・富士通
舞台になるのはイオンのグループ会社イオンアグリ創造が2009年から運営する直営農場。
実証実験は、農場長や従業員が、全地球測位システム(GPS)付き携帯電話を使い、作業の様子や作物の病気などを撮影し、群馬県館林市にある富士通のデータセンターに送る。また、富士通が開発したセンサーを農場に置き、気温、降水量、日射、土壌温度などの数値も自動的に送信する。
[朝日新聞 11/11/25]
◇イオンアグリ創造 HP
http://aeonagricreate.co.jp/
◇イオンアグリ創造(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/aeonagricreate
◇富士通、イオンアグリ創造の直営農場にICTシステム導入
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2011/11/25.html

◆「戦わずして勝つ」極意
今までのマーケティング戦略では、少しずつ改善をすることによって、自社ブランドが他社よりも優れた状態にすることを目指していた。新しいカテゴリー(またはサブカテゴリー)を作ってしまえば、戦わずして勝つことができる。何が新しいカテゴリーなのかということが重要で、色の選択肢が増えたとか新しい材質を使っているとか「あったらいいな」程度ではなく、劇的に使い勝手を変化させるような「なくてはならない」機能でなければならない。
[日経MJ/マーケティング八塩圭子ゼミ 11/11/28]
◇デービッド・A・アーカー氏特別セミナー について
http://ja-jp.facebook.com/note.php?note_id=279111602132867
◇デービッド・A・アーカー著『カテゴリー・イノベーション』/紀伊國屋書店
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4532317509.html

◆SNS活用、ゲリラ集客、限られた予算狙い定め投入 ノマド
SNSが普及し、SNS上で利用者をつなぐ要素が細分化された結果、小さな個店が小さな集団に働きかけ、販促費やシステム構築費をかけずに顧客とのコミュニケーションの土俵を作れるようになってきた。自身の持つ強みを見極め、磨き、顧客へ差し出す。オンラインでもオフラインでも、同様の取り組みが求められる。
[日経MJ/進化するMIT 11/11/30]
◇ノマドワーカー対応「ジェリージェリーカフェ」 HP
http://jellyjellycafe.com/
◇ウェブサイト企画・デザイン「ピチカートデザイン」  HP
http://pizzdesign.com/
◇芸人と一緒にお好み焼きが食べられる店「道とん堀」
http://web.1week.cc/entertainment/tv/2011/06/17/17401/
◇地域情報サイト「ロココム」
http://www.lococom.jp/
◇イタリア料理店「ジョルジョ」/ロココム
http://www.lococom.jp/mt/a110513001/
◇ソーシャルゲーム「しろつく」
http://www.cave.co.jp/social/shirotsuku/
◇いちよし経済研究所 HP
http://www.ichiyoshi-research.co.jp/
◇「Nike」位置情報活用ゲリラマーケティング(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=mnPh_kvNdHM 

◆世界観を体現、愛読者つかむ 雑誌と連動の店続々登場
雑誌と店とのいい関係――。都内で、雑誌名を店名にしたカフェや、誌面で提案するスタイルを店づくりに反映させたファッション店が相次いで誕生した。すでにファンがいる雑誌の人気や知名度を集客に生かせる利点があり、雑誌にとっても発信する世界観をリアルな形で表現できる。
[日経MJ 11/11/30]
◇タイラー・ブリュレ氏が見る東京
http://www.fashionsnap.com/news/2010-05-22/monocle-tyler-interview/
◇世界初、MONOCLE誌のカフェ/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/386655/
◇モノクルカフェでタイラーが選んだ深澤直人/FIGARO.jp
http://column.madamefigaro.jp/culture/design/post-885.html
◇モノクル カフェ @有楽町阪急MEN'S TOKYO
http://ameblo.jp/newaudiostandard38/entry-11070833104.html
◇「THE MONOCLE SHOP TOKYO」 HP
http://shop.monocle.com/stores/tokyo
◇ライフスタイル誌「ウォールペーパー」 HP
http://www.wallpaper.com/
◇関西人記者が歩く阪急 MEN'S TOKYO/産経
http://www.sankeibiz.jp/business/news/111030/bsd1110301201003-n1.htm

◆ゲームとマーケティングの融合 緩やかな距離感が理想
(1)ゲームとマーケティングの融合は来年最も熱い分野に。
(2)無印良品の「MUJILIFE」は、2週間で40カ国・地域のユーザーが登録。
(3)企業のゲーミフィケーションの理想型は緩やかなコミットメント。
[日経MJ/村山らむねのECの波頭 11/11/30]
◇無印良品の商品を使って棚を作れる「MUJI LIFEF」
http://life.muji.net/
◇「MUJI LIFE」の楽しみ方
http://www.nnmal.com/2011/11/muji-life/

◆無印良品、「有楽町店」の展示場刷新、顧客との交流の場に
9月に改装開店した無印良品有楽町。アトリエムジは3階から2階に移転し、面積も倍増した。商品を売るだけでなく、「情報発信基地にしたい」(金井政明社長)という思いを具現化するためだ。
いよいよ12月から外部人材が考案した企画を展示していくという新しい取り組みが始まる。
[日経MJ 11/11/30]
◇無印良品有楽町店「アトリエムジ」 HP
http://www.mujiyurakucho.com/atelier/
◇くらしの良品研究所 HP
http://www.muji.net/lab/
◇くらしの良品研究所(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/muji.jp
◇無印良品の「冬至祭」/OKGuide
http://okguide.okwave.jp/guides/64485

◆資金集め、ネット流 企画を発信、運営サイトが仲介 
インターネット上でやりたいことを発表し、賛同してくれた人から少しずつ資金を集められる「クラウドファンディング」というサービスが広がってきた。東日本大震災を契機に、ネット時代の資金集めの新手法として人気を呼んでいる。
[朝日新聞 11/12/03]
◇クラウドファンディング「READY FOR?」
https://readyfor.jp/
◇クラウド・ファンディング勉強会 (Blog) 
http://artsmarketing.jp/archives/2071
◇レザー職人のクラウドファンディングプロジェクト(Blog)
http://www.ikedahayato.com/?p=5348
◇着実に社会に変化をもたらすクラウドファンディング (Blog)
http://kenichinishimura.blogspot.com/2011/12/blog-post.html
◇震災復興支援プラットホーム「ORIZURU」
http://orizuru.hiking.to/
◇わたなべりんたろう監督 映画「311日常」
http://311everydayliving.com/
◇学生NPO「TEDIC」 HP
http://www.tedic.jp/
◇学生NPO「TEDIC」(Twitter)
http://twitter.com/npo_tedic

◆この人あの組織 茨城県稲敷市の農業法人「アグリクリエイト」
アグリクリエイトは環境保全型農業の循環システムを実践する農業法人。企業などから排出された生ごみを原材料に有機肥料を作り、それを生産者が利用、その有機肥料を使った野菜やコメを消費者に販売する。消費者と生産者の双方が参加する「フードサイクル」の先駆けだ。
[日経MJ/食材最前鮮 11/12/05] 
◇環境保全型農業の循環システム実践「アグリクリエイト」 HP
http://www.orga-net.co.jp/frame-top.htm
◇アグリエイト主宰「就農熟」 HP
http://shunoujuku.jp/
◇「銀座ミツバチプロジェクト」 HP
http://www.gin-pachi.jp/

◆店舗への集客に活用、ヤフー、地域サイトで農家支援
食の安全・安心に対する消費者の関心が高まっていることから、位置情報を活用して消費者に近くの優良農家や実店舗を紹介して、農家の販売拡大や店舗への集客に役立てる狙い。
[日経MJ 11/12/05]
◇Yahoo!ロコ「やさいい」 HP
http://feature.loco.yahoo.co.jp/keep/yasaii/
◇Yahoo!ロコ(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/mirainoen/posts/212146758863770

◆クックパッドと連携、東急ストア、顧客情報共有
東急ストアのカード会員のIDとクックパッドの会員IDをひも付け、例えば東急ストアで商品を購入したクックパッド会員に対してレシピを紹介するサービスなどを検討する。顧客情報を“共有”することで集客に結びつける。
[日経MJ 11/12/05]
◇クックパッド、アイディーズ、全国スーパー7 チェーンが連携
http://www.id-s.net/news/20111202.pdf

◆ミクシィとツイッターの連携 双方の特性、広告に恩恵
一見、同じようなソーシャルメディアに見えても、内実は大きく異なる。ミクシィは濃い仲間内でのコミュニケーションが展開される。一方で、外への拡散力が弱い。ツイッターはその拡散力を得意としている。2つのサービスの特性をうまく生かした広告商品が生まれてくれば、互いが受ける恩恵は大きい。両社のタッグによる効果は来年早々にも花開く可能性がある。
[日経MJ/日経デジタルマーケティング杉山俊幸編集長のIT新事情 11/12/05]
◇mixi「mixi Xmas 2011」開始/プレスリリース
http://mixi.co.jp/press/2011/1130/9858/
◇mixiとTwitter提携発表/gihyo,jp
http://gihyo.jp/news/nr/2011/11/3001
◇「mixi xmas 2011」について(Blog)
http://blog.goo.ne.jp/boso_obayu/e/6632e969c23f02ae95f4ee7bb837edf0

◆農林漁業成長へ産業連携、ネットワーク発足、経団連・JA全農参加
農家が加工・販売までを手掛ける「6次産業化」の推進のために農林水産省が9月に新設した食料産業局を事務局とし、430を超す組織・個人が参加。会員への聞き取り調査などを通じ、来年1月の幹事会で活動方針を決定する。
[日経MJ 11/12/05]
◇産業連携ネットワーク/農水省
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/sanren.html
◇6次産業化を加速化する産業連携ネットワークの創設/JAcom
http://www.jacom.or.jp/news/2011/12/news111214-15638.php

◆大地を守る会、東京・丸の内「農園」カフェ 有機野菜メニュー提供
自社で扱う野菜などをメニューで提供し、若い女性を中心に利用を促す。すでに総菜店や野菜の直販店を手掛けているが、自社のブランドを認知してもらう拠点を追加して、主力の宅配事業の利用増にもつなげる狙い。
[日経MJ 11/12/07]
◇大地を守る会「Daichi & keats」 HP
http://www.daichi-keats.jp/
◇大地を守る会「Daichi & keats」(Facebook)
http://ja-jp.facebook.com/Daichikeats
◇丸の内永楽ビルディング HP
http://www.marunouchi.com/iiyo/

◆サイト通じ「お願い」実現、ザワット、無料で解決役紹介
インターネット個人広告サイトを運営するザワットは7日、個人が無料で頼み事などを投稿し、解決役を探せる仲介サービスを始める。
[日経MJ 11/12/07]
◇「Zawatt」 HP
http://zawatt.com/
◇「お願い」実現「ウィッシュスコープ」 HP
http://www.wishscope.com/

◆地熱発電、熱く動く 国も本腰、参入意気込む業者
地熱発電への期待がふくらんでいる。政府は予算増額と規制緩和を進める方針を打ち出し、業界団体も東北地方で既存の地熱発電の1.4倍が開発可能との推定を発表した。世界有数の豊富な資源量や、天気に左右されず24時間発電できる安定性が再評価されている。
[朝日新聞/創エネ 省エネ 11/12/07]
◇東大名誉教授 原発の代替発電手段・本命は「地熱発電」
http://www.news-postseven.com/archives/20110330_16122.html
◇地熱発電の問題点
http://niweb.kankyo.tohoku.ac.jp/pdf/gravure.pdf
◇九州電力、大分支社地熱発電のしくみ
http://o.kyuden.co.jp/siten_tinetu
◇日本の地熱発電とは/環境エネルギー庁
http://www.iae.or.jp/energyinfo/energydata/data4026.html
◇地熱発電市場、11~20年に8490億円規模/矢野経済研究所
http://response.jp/article/2011/12/21/167461.html
◇地熱発電、日本企業が世界シェアの7割/産経
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110514/trd11051421330033-n1.htm
◇脚光浴びる地熱発電/産経
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110817/biz11081707530001-n1.htm

◆オフィス設計のノウハウ活用、コクヨ、ホテル事業が好発進 
コクヨグループがホテル事業に乗り出して1年余り。京都市内の2施設は好調な滑り出しで、客室稼働率は8割前後で推移する。もともと学生寮や予備校だった建物を、オフィスの設計で培ったノウハウを生かして個性的な施設に再生した。こうした空間構築サービスをホテル以外にも広げ、3年後に年商30億円規模の事業に育てる。
[日経MJ 11/12/09] 
◇コクヨファニチャー HP
http://www.kokuyo-furniture.co.jp/
◇ホテル「アンテルーム京都」 HP
http://hotel-anteroom.com/
◇ホテル「アンテルーム京都」 について(Blog)
http://ameblo.jp/takashima-kyoto/entry-10906647565.html
◇ホテル「アンテルーム京都」に潜入
http://b.hatena.ne.jp/articles/201107/4846

◆余暇ライフ満喫、団塊いざなう
来年、大量退職 写真、ネット活用、リアルと連動
仕事を退いて、余暇活動に意欲や体力を振り向ける男性も多いはず。サービス市場に呼び込む有効な手立てはあるのか。中高年から支持を集める事例を分析すると、緊密な関係の構築や論理的思考の尊重といった、団塊世代へのアプローチに役立つ条件がみえてくる。
[日経MJ 11/12/14] 
◇デジカメ作品交換サイト「みんなのデジブック広場」
http://www.digibook.net/
◇ベターホーム協会 男性限定クラス HP
http://betterhome.jp/school/course/dansei/about.html
◇「男の料理教室」真っ盛り!/From Japan Now
http://longevity.ilcjapan.org/J/f_issues/0605.html
◇クラブツーリズム「日本の歴史を訪ねる旅」 HP
http://www.club-t.com/theme/rekishi/
◇クラブツーリズム テーマ旅行を探す
http://www.club-t.com/theme/index.htm?li=hN
◇シニア向けビジネス支援「ZEN」 HP
http://www.zen-inc.co.jp/
◇博報堂 エルダーナレッジ開発「大人文化研究所」 HP
http://www.h-hope.net/
◇シニアマーケットの期待と幻想/東京流通研究所
http://e-gra.co.jp/pdf/trk_tif01_20111015.pdf
◇団塊世代のためのWeb情報誌「アリア」 HP
http://www.arias.co.jp/index.html

◆業種問わず、ノマド集合、「コワーキング」 仕事場を共有
設立間もないベンチャー起業家や個人で活動するデザイナーらが机を並べて働く「コワーキングスペース」が増えている。業種を問わず交流することでノウハウやアイデアを共有し、時には一緒にビジネスに取り組む。互いの知識や技術、経験を提供しあう関係が新しいビジネスを創出しつつある。
[日経MJ 11/12/11] 
◇コワーキング・スペース「パックス・コワーキング」 HP
http://pax.coworking.jp/
◇コワーキングスペース紹介記事/シェアする暮らしのポータルサイト
http://share-living.jp/town/post175/
◇コワーキング・スペース「44田寮」 HP
http://www.lessmore-yoshidaryo.com/
◇コワーキング・スペース「ニューズベース」 HP
http://newsbase.in/pc/
◇「コワーキングスペース恵比寿」(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/coworkingebisu
◇世界で拡がる「コワーキング・スペース」/現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/print/1614
◇「コワーキング・スペース」ポータルサイト
http://coworking-space.jp/
◇コワーキング・スペース「Lightningspot Shibuya」/lifehacker
http://www.lifehacker.jp/2011/11/111101lightningspot.html
◇コワーキング・スペース長所と短所/lifehacker
http://www.lifehacker.jp/2011/12/111202co-workingnomad.html

◆「フライターグ」アジア初の直営店 新たな価値と歴史の交差点報
兄マーカスと弟ダニエルのフライターグ兄弟が手がけるスイス・チューリヒ生まれのバッグブランド「フライターグ」が、直営店「フライターグストア・トウキョウ」を東京・銀座に10月オープンした。リサイクル素材に新しい価値を付加するモノ作りの考え方が店舗空間に取り入れられており、日本はもとより、アジア圏のファンの関心を集めている。
[日経MJ 11/12/14] 
◇バッグブランド「フライターグ」 HP
http://www.freitag.ch/
◇「フライターグ」アジア初の旗艦店が銀座に/誠
http://bizmakoto.jp/style/articles/1110/13/news054_2.html
◇「フライターグストア・トウキョウ」 について(Blog)
http://blog.excite.co.jp/dezagen/16402191/
◇「フライターグ」がトーキョーに/TYOmagazine
http://tyo-m.jp/archives/10465

◆2011年ヒット商品番付 蒙御免、結びついて力に
3月に襲った大震災は消費者が生活を見つめ直す契機となった。一時は自粛ムードによる閉塞感も漂ったが、人々が家族や知人、地域、そして世界との結びつきを強く意識したことは消費に新たな潮流を生み出した。2011年MJヒット商品番付の横綱は「アップル」と「節電商品」。情報端末の活用や節電への協力を通じ、他者と結びつこうとする力が市場を創った。
[日経MJ 11/12/07]
◇売れる節電商品/産経
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110504/biz11050422290013-n1.htm
◇2011年に話題の商品/アドタイ
http://www.advertimes.com/20111208/article43898/
◇家電製品の上手な節電方法/パナソニック
http://panasonic.co.jp/cs/info/setsuden.html
◇アップル HP
http://www.apple.com/jp/
◇アフリカで激安アンドロイド端末が急速に普及中/アドタイ
http://www.advertimes.com/20110902/article28129/
◇アンドロイド端末アプリ利用実態情報を世界初公開/milog
http://milog.co.jp/news/2011/08/post-5.html
◇有楽町ルミネと阪急メンズトーキョー(Blog)
http://kamikazeichiban-1.at.webry.info/201110/article_9.html
◇“脱・百貨”ルミネ&阪急メンズ館/産経
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111008/biz11100818010007-n1.htm
◇Facebookの使い方徹底ガイド
http://nanapi.jp/web/facebook
◇日本語Facebookページランキング
http://fbrank.main.jp/
◇「JR博多シティ」徹底分析/NIKKEI TRENDY NET
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110309/1034878/?rt=nocnt
◇九州新幹線「つばめ」 HP
http://www.jrkyushu.co.jp/shinkansen/
◇ダイハツ「ミライース」
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira-mira_custom/
◇マツダ「デミオ スカイアクティブ」 HP
http://www.demio.mazda.co.jp/?banner_id=b1674

|

« 「縁日」+「クラブ」のりが「今の極み」 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 1112アップ »

情報クリップ11」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップ・ダイジェスト 2011/12:

« 「縁日」+「クラブ」のりが「今の極み」 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 1112アップ »