« 情報クリップダイジェスト 1201アップ | トップページ | 情報クリップダイジェスト 1202アップ »

2012/03/28

情報クリップ・ダイジェスト 2012/02

◆存在感高まるC世代 読み解く3つの言葉
「ジェネレーションC(C世代)」が注目されている。C世代とはコンピューターとインターネットで世界とつながることが当たり前の時代に育った人たち。Cはコンピューターやコネクト(接続)、コミュニティーを指し、米国で生まれた言葉だ。本来は年齢層によって分けられるものではないというが、日本では経済成長を知らない世代と重なることが多い。
[日経MJ/品田英雄のヒットの現象学 12/01/23]
◇Dan Pankraz氏「ゼネレーションC」定義
http://jaykogami.posterous.com/-c-c
◇台頭するC世代 
http://www.booz.com/media/file/mj17_006.pdf
◇C世代が時代を拓く/オルタナティブ・ブログ
http://blogos.com/article/28304/
◇C世代が押さえておきたい「家庭問題」への処方箋/オルタナティブ・ブログ
http://blogs.itmedia.co.jp/yasuyasu1976/2012/01/c-680d.html
◇C世代 について(Blog)
http://blog.livedoor.jp/fromvancouver/archives/52240971.html

◆C世代が開く市場 家はビジネスのふ化器
ブログや投稿サイトで自分の意見、作品、アイデアなどのコンテンツをどんどん発信する。肩書や所属組織ではなく発信力で評価を得て、個人として他者とつながっていく。初期のIT起業家と違い一獲千金よりも、よりよい社会づくりにやりがいを見いだす。ネットのカルチャーやライフスタイルは国境を越えやすい。日本でも米国と同様の新世代が台頭している。
[日経MJ/石鍋仁美のマーケティングの非常識 12/01/30]
◇テーマ別シェアハウスの「Colish」 HP
http://colish.net/
◇テーマ別シェアハウス「Colish」ブログ
http://blog.colish.net/
◇その”SHARE”は目的か手段か/MediaThink
http://eguchishintaro.com/2011/08/21/share/

◆紙もんでシワ、表情十人十色、伝統技術「紙衣」の講習会
紙をもんで衣に仕立てる「紙衣(カミコ)」と呼ぶ日本の伝統技術を、現代の紙に応用して文具や雑貨を作るブランド「OKIMAK(オキマク)」。古来の技法をよみがえらせ、今の暮らしに取り込む。そんな「Re」の意味合いからKAMIKOを逆読みしたが、買い手とともにブランドを作っていくという、新たなモノ作りに挑戦する思いも込めている。
[日経MJ 12/01/18]
◇みんなでつくるおきまくの店「OKIMAK」 HP
http://okimak.shop-pro.jp/
◇「OKIMAK」主宰 ベクトカルチャー HP
http://www.vectculture.com/
◇「OKIMAK」インタビュー記事
http://ma-ga-ri.com/column/003_aftermagari/
◇ベクトカルチャー代表 山本宏明氏 Twitter
http://twitter.com/vectculture_hy

◆空き箱満たす、京都職人の技、異国の紙で色彩も豊か
大事な宝物、大切にしまう
東京・二子玉川で空き箱ばかりを専門に製作・販売している「BOX×NEEDLE」。世界中から集めてきた個性的な柄の紙が、京都の職人技によって美しい箱に仕上げられている。「空き箱なんて売れるわけがない」という周囲の予想を裏切り、順調に販売数を伸ばしている。
[日経MJ 12/01/25]
◇空き箱専門店「BOX×NEEDLE」 HP
http://www.boxandneedle.com/
◇カラフルで不思議な箱がいっぱい「BOX & NEEDLE」
http://webdacapo.magazineworld.jp/lifestyle/16886/
◇「BOX×NEEDLE」ワークショップ について(Blog)
http://livesimply.jp/boxneedle/449
◇「BOX×NEEDLE」ワークショップ について(Blog&動画)
http://atk1983.jugem.jp/?eid=632

◆“絆”全盛時代のおひとりさま
絆”全盛時代にあっても、働く女性たちはひとりになる時間を求め、ひとりの時間を楽しんでいる。
他者とつながるためのインフラも情報もあふれている世の中だからこそ、意識的にそこから距離を置き、自分と向き合い、好きなことに没頭する時間を持ちたい。そう願う女性たちが今、増えているのだ。
[日経MJ/日経ウーマン佐藤珠希編集長の女性真理学 12/01/16]
◇オンナのひとり時間を楽しもう「ひとり時間」 HP
http://www.hitorijikan.com/
◇日本初! 一人カラオケ専門店ルポ/excite
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1324012429857.html
◇ひとり時間の過ごし方/AllAbout
http://allabout.co.jp/gm/gc/45851/

◆「東急プラザ表参道原宿」、日本初や旗艦店ずらり
東急不動産は東京の表参道・原宿地区の中心地である神宮前交差点で開発していた商業施設「東急プラザ表参道原宿」の開業日を4月18日に決めた。米カジュアルブランドのアメリカンイーグルアウトフィッターズなどテナント全27店舗も決定。日本のファッション文化の中心地でもある同地区の情報発信拠点として運営する。
[日経MJ 12/01/16]
◇「東急プラザ表参道原宿」/東急不動産
http://www.tokyu-land.co.jp/news/2012/pdf/20120112_c.pdf
◇4人のキーマンが語る「東急プラザ表参道原宿」/Fashionsnap.com
http://www.fashionsnap.com/inside/tokyu-plaza-omotesando-harajuku-shop/
◇アメカジブラン「アメリカンイーグル」 HP
http://www.genuine-cs.jp/
◇米ランジェリーショップ「aerie(エアリー)」 HP
http://www.ae.com/web/international/index.jsp
◇スポーツウエア「トミーヒルフィガー」 HP
http://japan.tommy.com/
◇「バロックジャパンリミテッド」 HP
http://www.baroque-global.com/global/jp/

◆味の素とJ―オイルミルズ、循環型ビジネスで連携
それぞれの主力商品の生産過程で発生するアミノ酸や菜種の搾りかす(油かす)などを活用し、家庭用の有機肥料を共同開発。。双方の副産物を組み合わせることによって、付加価値の高い商品を開発し、循環型ビジネスとしての肥料事業の確立を目指す。
[日経MJ 12/01/18]
◇味の素 HP
http://www.ajinomoto.co.jp/
◇J―オイルミルズ HP
http://www.j-oil.com/
◇肥料製品会社「JOYアグリス」 HP
http://www.joy-agris.com/

◆ソーシャルビジネスの未来 既存資産の融合、革新生む
経済産業省が1月中旬、「ソーシャルビジネス・ケースブック 震災復興版」をまとめた。東日本大震災の復興をテーマにしたソーシャルビジネス(事業としての社会貢献)の27の事例を紹介している。
[日経MJ/底流を読む 12/01/23]
◇ソーシャルビジネス・ケースブック震災復興版/経済産業省
http://www.meti.go.jp/press/2011/01/20120113002/20120113002.html
◇NPO法人TINAの「田舎日記」 HP
http://inaka-nikki.net/
◇ソーシャルビジネスネット HP
http://www.socialbusiness.jp/initiative/cat15/000140.html

◆造本進化、広がる楽しみ 1枚ずつ変わる紙質
180度開くことができ、紙の材質も色も1枚ごとに変えられる造本技術を使った本が出版された。『透明人間←→再出発』。手作業が多く少部数の本に限られていた技術が、一般的に流通する本で使われたのは初めてという。完全見開きの写真集や書き込める絵本など、本の可能性が広がりそうだ。
[朝日新聞 12/01/24]
◇詩写真集『透明人間←→再出発』造本の秘密大公開!
http://www.mishimaga.com/hon-kobore/018.html
◇『透明人間←→再出発』ミシマ社ブログ
http://www.mishimasha.com/jimichi/blog/index.php?e=216
◇自由が丘のほがらかな出版社「ミシマ社」 HP
http://www.mishimasha.com/
◇詩人・谷郁雄氏
http://dictionary.clubking.com/%E8%B0%B7%E9%83%81%E9%9B%84
◇印刷設計社 HP
http://print-designing.com/
◇デザイン会社「文平銀座」 HP
http://www.bunpei.com/

◆フェイスブックで販促、エース、バッグの人気投票
かばん大手のエースは直営店「+STYLE(プラススタイル)」でフェイスブックと連動させた販促を始めた。複数の色やデザインを用意したバッグの本体(袋部分)とハンドル(持ち手)を組み合わせることができる商品について、購入者が選んだ組み合わせ写真を投稿してもらう。
[日経MJ 12/01/25]
◇バッグ販売エース直営店「+STYLE」 HP
http://ace.jp/plusstyle/

◆女性向けキャラ育成チーム、女子限定
女性向けキャラクターを立ち上げるときに、ターゲットとなる若い女性だけで企画チームを組む事例が相次いでいる。タカラトミーの新キャラクター「ブランケブランケ」は東急グループなど協力他社も女性が担当。ソニー・クリエイティブプロダクツは女子高生チームを結成した。20代前後女性のキャラクター市場は拡大しているが、競争も激しい。各社は女性の視点を生かしてきめ細かく世界観をつくろうとしている。
[日経MJ 12/01/25]
◇タカラトミーの新キャラクター「ブランケブランケ」
http://www.takaratomy.co.jp/release/pdf/i120117.pdf
◇ゆるキャラ×おしゃれ「ブランケブランケ」が可愛い!/ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/155304
◇ソニー・クリエイティブプロダクツ HP
http://www.scp.co.jp/
◇ソニー・クリエイティブプロダクツ特集記事
https://msc.sony.jp/member/mail/mysony/feature/20100304_1/index.jsp
◇ユナイテッド・シネマ HP
http://www.unitedcinemas.jp/index.html
◇アートイベント「デザイン・フェスタ」 HP
http://www.designfesta.com/
◇キャリア女性応援プロジェクト「渋6組」 HP
http://www.tokyu-dept.co.jp/shibu6/
◇スヌーピー妹ベル×女子高生
http://snoopy.co.jp/belle/diary/
◇キャラクター・データバンク HP
http://www.charabiz.com/

◆「圏」の市場、年間4兆円超 趣味など通じ自発的に形成
(1)これからのつながりは、あるテーマで幅広い層の人たちが自発的に集う「圏づくり」へ
(2)「圏」を持つ人が「圏」に使う金額から推計した年間市場規模は約4.1兆円
(3)企業と生活者、あるいは他の企業、行政などとの「圏づくり」にビジネスチャンス
[日経MJ/消費分析 12/01/25]
◇生活動力2012「圏づくり」へ/博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2011/12/20111201_1.pdf
◇生活動力2012「圏の構造調査」/博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2011/12/20111201_2.pdf
◇企業は“圏づくり”のファシリテーター役に徹せよ/DIAMOND
http://diamond.jp/articles/-/15617

◆お勧め「買いたい」8割、フェイスブック国内利用者、友人口コミ信用
ビルコム調査
8割が友人の「おすすめ」を買いたい――。米フェイスブックを日本で利用する人向けの調査でこんな結果が出た。
[日経MJ 12/01/27]
◇デジタルマーケティング「ビルコム」 HP
http://www.bil.jp/
◇Facebookユーザーに関する実態調査/(原典・ビルコム)
http://www.bil.jp/bilcom/jp/pdf/120125_bil_Facebooksurvey.pdf

◆フェイスブックに「自分史」機能、マーケティングに新機軸
米フェイスブックが、個人向けのページを大幅にリニューアルする。利用者のフェイスブック上での活動が時系列で表示され、入学や就職など過去の出来事についても年表のような形で投稿できるようになる。この「自分史」は消費関連情報の宝庫となり得るため、IT企業のアプリ開発や小売・サービス業などのフェイスブックを使ったマーケティング活動に変化を生みそうだ。
[日経MJ 12/01/30]
◇Facebook新機能「タイムライン」ナビ
http://f-navigation.jp/special/timeline
◇Facebook タイムラインでソーシャルの未来を進む/SEO Japan
http://www.seojapan.com/blog/facebook-timeline
◇Facebook「タイムライン」カバー画像20選
http://www.littleshotaro.com/archives/1441
◇Facebook「タイムライン」 について(Blog)
http://geo-girls.blogspot.com/2011/10/facebook.html

◆ファウンドムジ青山 世界の日常からいいもの探し
無印良品の直営1号店が東京都渋谷区に開業して約30年。その1号店が「ファウンドムジ青山」に生まれ変わって昨年11月にオープンした。手作り感の残る日用品を世界中から集めているのが特徴だ。日用雑貨を扱う店としては珍しく、男性客が過半を占めるという。
[日経MJ 12/01/30]
◇「found muji」 HP
http://www.muji.net/foundmuji/
◇「found muji」良品計画が新業態/シブヤ経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/8106/

◆世界最大級のインテリア見本市、動物モチーフ、生命力が躍動
暗い世相吹き飛ばす
フランス・パリで世界最大級のインテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ2012」が、1月20日から24日まで開催された。今回の主題は「クレージー」。「(クレージーといえる)自然災害や経済不安を払拭しよう」と約3000社が出展。楽しみや喜び、幸福を重視する生活を目指すものが多く、特に動物を様々な形でユニークに仕上げた製品が目立った。
[日経MJ 12/02/01]
◇「メゾン・エ・オブジェ2012」 HP
http://www.maison-objet.com/
◇「メゾン・エ・オブジェ2012」画像集.(Facebook)
/www.facebook.com/media/set/?set=a.268591579873042.68860.136964973035704&type=1
◇「メゾン・エ・オブジェ2012年」華やかに開催/IB News
http://online.ibnewsnet.com/news/file_n/gy2012/gy120125-01.html
◇吉岡徳仁個展、メゾン・エ・オブジェ2012/excite.ism
http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1327389485005/
◇「リーン・ロゼ東京」 HP
http://ligneroset.exblog.jp/
◇「アレッシィ東京」 HP
http://www.alessi.jp/
◇ピエール・パオロ・ピタッコ氏紹介記事
http://www.shigotoba.net/learn/special/europe/details/003/
◇フレデリック・モレル、美しきカオス
http://ameblo.jp/01st/entry-10811671276.html
◇メゾン・エ・オブジェ2012レポート/メトロクス東京
http://tokyo.metrocs.jp/archives/8975
◇2012メゾンエオブジェ~回った企業一部 (Blog)
http://ameblo.jp/mai-ko81/entry-11145451517.html

◆リロHD、観光庁「余暇促進運動」賛同なら、福利厚生代行入会無料
新たに中小100社開拓
リロ・ホールディング(HD)は1日から、従業員の休日取得に積極的な中小企業に対し福利厚生代行サービスの優遇措置を始める。観光庁が展開する余暇促進運動「ポジティブ・オフ」に協力し、同運動に賛同を表明することを条件に入会金免除など特典を設ける。
[日経MJ 12/02/01]
◇リロ・ホールディング HP
http://www.relo.jp/

◆キュレーションサイトに注目 情報整理し画像でお薦め
(1)集合知型口コミサイトと実名型ソーシャルメディアは並立する。
(2)最近人気が高まるキュレーション型ショッピングサイト。
(3)Pinterestなどソーシャルキュレートサイトは今年注目株。
[日経MJ/村山らむねのECの波頭 12/02/01]
◇キュレートサービスサイト「Shoedazzle.com」
http://www.shoedazzle.com/
◇キュレートサービスサイト「Opensky」
https://opensky.com/
◇キュレートサービスサイト「Pinterest」
http://pinterest.com/
◇キュレートサービスまとめサイト
http://curation.wiki.fc2.com/
◇最近話題のキューレーションサービスを厳選
http://webzuki.com/archives/5842108.html

◆異分野の商品並べ販売、クロスMD、POSデータ、メーカーと共有
カン頼み脱却、精度向上
店頭で分野の異なる商品を並べて販売するクロスマーチャンダイジング(MD)が広がっている。食品スーパーなどがメーカーとPOS(販売時点情報管理)データを分析して、より効果的な売り場作りを打ち出しているほか、雑誌と食品など新たな商品の組み合わせも増えた。
[日経MJ 12/02/01]
◇食品スーパーマーケット最新情報「クロスMDを考える」
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2011/06/post-cb78.html
◇クロスマーチャンダイジング、花盛り、効果は?
http://www.edita.jp/taizo/one/taizo92862014.html

◆LCC、生活の「足」に!?
格安航空会社(LCC)への消費者の関心が高まっている。全日本空輸などが出資するピーチ・アビエーションの3月就航に始まり、日系LCC3社が年内に国内線に参入。長距離バス並みという格安運賃が実現すれば、「空の価格破壊」が本格的に始まるとの期待があるからだ。
[日経MJ 12/02/03]
◇日本初の本格的LCC「ピーチ・アビエーション」 HP
http://www.flypeach.com/home.aspx
◇ジェットスター・ジャパン HP
http://www.jetstar.com/jp/ja/japan-announcement
◇スカイマーク HP
http://www.skymark.co.jp/ja/
◇無料フライト比較「スカイスキャナー」 HP
http://www.skyscanner.jp/
◇格安航空会社参入のANAとJAL 国内のコスト高で成功難しいか
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120118-00000011-pseven-soci
◇格安航空券の達人 HP
http://www.ki-ku.com/air_tichet/
◇CLLの比較・航空券検索「Travel.jp」 HP
http://www.travel.co.jp/lcc/

◆シニア市場100兆円 団塊商戦再び
「シニア世代」向けの商戦が活発になってきた。団塊の世代の先駆けに当たる昭和22年生まれが今年、定年延長の満期で完全リタイアとなる65歳を迎えるためだ。5年前の「満60歳」時の商戦は空振りに終ったが、60歳以上の消費額は昨年に100兆円を突破。高齢者の購買力が急速に存在感を高めるなか、各企業は“リベンジ”とばかりに対応を急いでいる。
[産経新聞 12/02/04]
◇シニア層向け「代官山 蔦屋書店」 HP
http://tsite.jp/daikanyama/
◇「大人のスターバックス」 代官山 蔦屋書店/スタバBlog
http://starbuckscoffeejapan.blog.so-net.ne.jp/2011-12-16
◇「代官山 蔦屋書店」について (Blig)
http://hanatomo31.exblog.jp/17258679/
◇サントリー「こだわり果樹園のお酒」 HP
http://www.suntory.co.jp/news/2012/11274.html
◇再び注目される「団塊シニアマーケット」研究
http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/1570/
◇シニア向けスマートフォンのあるべき姿とは?
http://bb.hiroyukimurata.jp/future/1182/

◆有機栽培綿普及に力、良品計画、綿衣料の7割に使用
有機栽培綿(オーガニックコットン)の普及に向けて、衣料品関連企業が取り組みを強化している。「無印良品」を運営する良品計画は今春向けの綿衣料で有機栽培綿の使用割合を7割に拡充。衣料品専門店のポイントはインド中部の綿花産地の支援継続を決めた。有機栽培綿の使用を通じて、地球環境保護や産地支援に取り組む企業姿勢をアピールする。
[日経MJ 12/02/06]
◇日本オーガニックコットン教会 HP
http://www.joca.gr.jp/about_oc/aboutoc_03.html
◇オーガニックコットン現地レポート/くらしの良品研究所
http://www.muji.net/lab/report/100505-organic.html
◇オーガニックコットンの使用量はH&Mが首位/alterna
http://www.alterna.co.jp/6721
◇「ローリーズP/O/Cファーム」 HP
http://www.lowryspocfarm.jp/

◆情報発信は編集力勝負に
企業は今後、キュレーションを通した情報発信に本格的に取り組むことになるだろう。商品情報やニュースリリースが断片としてネット上にあるだけで満足することなく、いかにキュレーションを加えて、価値ある情報として提供できるかが問われる。
◇「フェルメール光の王国展」 HP
http://www.vermeer-center-ginza.com/
◇「フェルメール光の王国展」ルポ
http://togetter.com/li/260197
◇「福岡研究室」福岡伸一氏 HP
http://www.chem.aoyama.ac.jp/fukuokalab/
◇佐々木俊尚著『キュレーションの時代』
http://booklog.jp/special/curation/
◇キュレーション・ジャーナリズムとは何か/佐々木俊尚
http://pressa.jugem.jp/?eid=181

◆原宿「アキバ化」進行中 アニメ・AKB…変わるファッションの街
数々の新しい服装の流行を生み出し、「ファッションの街」の印象が根強い東京・原宿。だが、実は最近ここでアニメ「エヴァンゲリオン」やアイドルグループ「AKB48」などをテーマとした店が次々開業。アキバ(秋葉原)とみまごう新たな色彩を帯び始めた。
[日経MJ/ブームの予感 12/02/08]
◇「EVANGELION STORE TOKYO-01」 HP
http://www.evastore.jp/real/index.html
◇「EVANGELION STORE TOKYO-01」内覧会(Blog)
http://rev-web.jugem.jp/?eid=560
◇原宿「ニコニコ本社」 HP
http://nicohonsha.jp/
◇「AKB48 OFFICIAL SHOP HARAJUKU」 HP
http://akb48cafeshops.com/wp/harajuku/

◆手仕事の趣、機能美に宿す、ドイツ発のインテリア
整然としながら人間味
今年はドイツ発信のインテリアが注目を集めそうだ。最近のインテリアの傾向は装飾的なものが多かったが、今年1月にフランクフルトとケルンで開かれた見本市でがらりと変わった。「構造的」「グリッドと直線」「機能美」。質実剛健なテーマの中に、クラフト的な装飾を加える新しいスタイルが会場を埋め尽くした。
[日経MJ 12/02/08]
◇インテリア見本市「ハイムテキスタイル2012」 HP
http://heimtextil.messefrankfurt.com/frankfurt/en/besucher/willkommen.html
◇「ハイムテキスタイル2012」開幕/IB News
http://online.ibnewsnet.com/news/file_n/gy2012/gy120111-01.html
◇南村弾氏 HP「DAN PROJECT」
http://www.dan-web.net/fabric/2010-fabric.html
◇「ハイムテキスタイル2012」 について(Blog)
http://ameblo.jp/monreve-japan/entry-11137500835.html
◇「ケルン国際家具見本市2012」HP
http://www.koelnmesse.jp/imm/
◇「ケルン国際家具見本市2012」開催/IB News
http://online.ibnewsnet.com/news/file_n/gy2011/gy110121-01.html
◇「ケルン国際家具見本市」出展速報1/CONDE HOUSE
http://www.koelnmesse.jp/imm/
◇「ケルン国際家具見本市」出展速報2/CONDE HOUSE
http://www.condehouse.co.jp/news/news.php?n=2706
◇ドイツ「インターリュプケ社」 HP
http://www.interluebke.jp/

◆来店ポイントご新規歓迎
来店しただけの客に、買い物に使えるポイントを付与する「来店ポイント」サービスが進化中だ。従来は既存会員を囲い込む狙いが強かったが、位置情報を使ってスマートフォンに情報を流し、客を特定の売り場に誘導するなど、より戦略的なツールになり始めた。
[日経MJ 12/02/08]
◇スマートフォンポイント「スマポ」 HP
http://smapo.jp/
◇ポイントアプリの「スポットライト」(Facebookページ)
http://www.facebook.com/smartphonepoint
◇スマホにポイントが貯まるアプリ「スマポ」/アドタイ
http://www.advertimes.com/20110901/article28113/
◇インターネット関連企業「ボヤージュグループ」 HP
http://voyagegroup.com/
◇ポイントサービスの「ポイントライフ」(Facebookページ)
http://www.facebook.com/pointlife
◇スマホポイントサイト.com
http://スマホポイントサイト.com/

◆社会貢献ファン創る トヨタ、ソニー損保、ブックオフ
・トヨタ「アクア」×自然保護/販促一体、若者の共感呼ぶ
・ブックオフ×途上国に図書館/「来店動機に」1割超す
・ソニー損保×幼稚園に太陽光発電/地方に起点
CRS活動の見える化で、いくつかの変化が起きる。例えば社内ではCRS担当部署が戦略組織と位置付けられ、テレビCMや販促イベントと同様に常にマーケティング戦略の一要素と捉えられるようになる。複数の企業による協業や協働も起こりやすくなるだろう。
[日経MJ/CRS新時代 12/02/10]
◇TOYOTA「アクア ソーシャル フェス」 HP
http://aquafes.jp/top/
◇トヨタが仕掛ける「共成長マーケティング」とは?/誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1201/31/news086.html
◇BOOKS TO THE PEOPLE プロジェクト HP
http://www.bookoff.co.jp/btp/
◇教育の機会を提供「Room to Read」 HP
http://www.roomtoread.jp/
◇「BOOK・OFF」社会貢献の取組み
http://www.bookoff.co.jp/corporate/csr/index.html
◇そらべあ基金 HP
http://www.solarbear.jp/
◇ソニー損保×そらべあ 幼稚園に太陽光発電
http://ecology.sonysonpo.co.jp/
◇CRSコンサルティング「ソーシャルプランニング」 HP
http://socialplanning.net/

◆漂う“ヌケ感”気分ほのぼの、空間演出DAIKEI MILLS
まるで日曜大工で作ったような、DIY感覚にあふれる内装・空間演出で注目を集めるデザインユニット「DAIKEI MILLS(ダイケイ ミルズ)」。無駄を極力省きながら、ラフでどこか隙のあるデザインは人をリラックスさせ、人と人、人とモノ・コトをスムーズにつなげる効力があるようだ。
◇「DAIKEI MILLS(ダイケイ ミルズ)」 HP
http://daikeimills.com/
◇南青山にある書店「ユトレヒト」 HP
http://utrecht.jp/
◇食とアートのギャラリー「ROCKET(ロケット)」 HP
http://www.rocket-jp.com/
◇フリースペース「VACANT(ヴァカント)」 HP
http://www.n0idea.com/
◇VACANT代表永井祐介氏 インタビュー
http://www.artgene.net/labo/theme/cat243/vacant_23_1.php

◆おじさん観察、人間味堪能、イラスト入りで生態分析「おじさん図鑑」
著者はイラストレーターのなかむらるみさん(31)。小学館の編集者、小林由佳さん(31)との5年にわたる「人間観察」の結果をまとめた。書店では「(こんな人)いる、いる」と若者たちがニヤリと笑い、おじさんたちは「自分たちがどう描かれているのか」とヒヤヒヤしながら手を伸ばす。観察眼鋭いアラサー2人があぶり出すおじさんの生態の魅力とは。
[日経MJ/ヒットの裏側 12/02/15]
◇『おじさん図鑑』著者 なかむらるみ氏 HP
http://www.tsumamu.net/
◇『おじさん図鑑』三省堂書店本店で人気に/神田経済新聞
http://kanda.keizai.biz/headline/196/
◇なかむらるみ「おじさん展」 について(Blog)
http://syareteruyan.jugem.jp/?day=20120115
◇48種類のおじさんがわかる本『おじさん図鑑』/ガシェット通信
http://getnews.jp/archives/169834

◆「オタク」通販サイト、ジェイペイメント、海外向けに、コスプレ等
インターネット決済代行サービスのジェイペイメントは15日、海外在住者向けに日本のオタク文化専門の通販サイトを開設する。ふわりが運営するコスプレのSNS(交流サイト)最大手の「コスプレイヤーズアーカイブ」と連携、個人間で取引されている衣装やヘアウイッグなどを海外の愛好家に販売する。
[日経MJ 12/02/15]
◇コスプレ専門SNS「コスプレイヤーズアーカイブ」 HP
http://www.cosp.jp/
◇OTAKU MALL (Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/otakumall.jp
◇Facebook最大級のオタクショップ「OTAKU MALL」開設/J-Payment
http://prtimes.jp/data/corp/78/97b504cd4e1322b8b1c8208d98526e16.pdf
◇クレジットカード決済代行システム「J-Payment」 HP
http://www.j-payment.co.jp/

◆「フェイスブック市役所」を訪ねて すべては「雲」の中
佐賀県武雄市役所3階に「facebooK」の青い看板が誇らしげに光っていた。「フェイスブック」を4月から実名で業務に使うことを全職員390人に義務づけた。
市は昨年8月、公式サイトをフェイスブックへ移行した。月5万件だった訪問数は330万件へ激増した。職員のうち101人はすでに実名で利用している。
[産経新聞 12/02/14]
◇佐賀県武雄市 (FacebooKページ)
http://ja-jp.facebook.com/takeocity
◇佐賀県武雄市、市のページをFacebookに完全移行へ/ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1107/29/news054.html
◇見ないのはもったいない!? 「自治体サイト」最新事情/Web R25
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20110812-00021062-r25

◆高齢富裕層に購買余力 距離・時間、サービスなど5要素カギ
(1)国内消費のパイを大きくするには富裕層の消費パワーが必要である
(2)富裕層の7割は60歳以上の世帯であり、消費に十分貢献しているとは言い難い
(3)高齢富裕層の消費喚起には「ソーシャルマインド」など5つの要素が重要となるだろう
[日経MJ/消費分析 12/02/01]
◇日本リサーチ総合研究所 HP
http://www.research-soken.or.jp/
◇消費者心理調査(CSI)12月調査結果(原典)
http://www.research-soken.or.jp/reports/csi/199.html
◇高齢富裕層の消費をどう掘り起こすか/リサーチ総研
http://www.research-soken.or.jp/reports/economic/pdf/number32.pdf
◇高齢者、富裕層ビジネスで陥りがちな罠/DIAMOND
http://diamond.jp/articles/-/13619
◇日本を見捨てる富裕層/Slerブログ
http://sierblog.com/archives/1545676.html

|

« 情報クリップダイジェスト 1201アップ | トップページ | 情報クリップダイジェスト 1202アップ »

情報クリップ12」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップ・ダイジェスト 2012/02:

« 情報クリップダイジェスト 1201アップ | トップページ | 情報クリップダイジェスト 1202アップ »