« 脳裏をよぎりそうになる仕事を抑圧しつつ | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2012/03 アップ »

2012/04/23

情報クリップ・ダイジェスト 2012/03

◆ビッグデータとマーケティング、「分析への投資」試す価値も
「Cooking Big Data~マーケティングの新しい時代へ~」
(1)「ビッグデータ」というキーワードは広告業界にも大いに関係がある。
(2)データの解析をするかしないかで、成果に大きな違いが出る。
(3)まずは取得しているデータの活用法を見直してみては。
[日経MJ/徳力基彦のECの波頭 12/03/14]
◇アジャイルメディア・ネットワーク HP
http://agilemedia.jp/
◇Web広告研究会 HP
https://www.wab.ne.jp/
◇ビッグデータとは何か/ZD Net japan
http://japan.zdnet.com/cio/sp_bigdata2011/35006642/
◇ビッグデータの分析にあたって企業が最低でも行うべき5つのこと
http://techwave.jp/archives/51701709.html
◇ビッグデータが注目される理由/IT pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20110920/368924/
◇ビッグデータをバズワードで終わらせないために/EnterpriseZine
http://enterprisezine.jp/article/detail/3773
◇ビッグデータを生かせない本当の理由/IT情報マネジメント
http://www.atmarkit.co.jp/im/cits/special/bdinterview/01/01.html

◆ビッグデータで武装せよ 楽天、表示内容、会員別に
クリック率10倍も
「ビッグデータ」が本当に売り上げを底上げするのか、懐疑的な見方は少なくない。しかしビッグデータを武器にしたマーケティングはウェブの世界を飛び出し、現実店舗でも威力を発揮し始めた。顧客の心理と行動に密着する手法が再び、脚光を浴びようとしている。
データを活用すれば必ずめざましい成果が得られるというわけではない。しかし、有用かどうかを議論している余裕はない。役に立てる戦術を考え、まず「小さく始めて、分析の実績を積み上げていく」方が建設的だ。
[日経MJ/進化するMIT 12/02/24]
◇楽天が挑むビッグデータの分析・活用とは/リクナビ
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=002049
◇「クラウド」に代わり大ブームの「ビッグデータ」/nikkeiBPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/article/tk/20111024/288327/?rt=nocnt
◇楽天とヤフー、ビッグデータについて(Blog)
http://hatakama.cocolog-nifty.com/strategicit/2012/03/2012-e589.html
◇ビッグデータは日本企業の競争力をどう変えるか/ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120314/386294/
◇ビッグデータ分析により個人化最適化するBloomReachはEC/SEMの未来形
http://jp.techcrunch.com/archives/20120222bloomreach/
◇ビッグデータとプライバシーについて/IT弁理士日記
http://www.techvisor.jp/blog/archives/2238
◇IT各社がビッグデータ専任部隊 /ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120302/384242/

◆目指せ 神話ボーイ&ガール
各地の神社に友達同士やカップルで参拝する、神話好きの「神話ガール」「神話ボーイ」が増えている。昨今のパワースポット人気によって御利益にあやかろうとお参りするうちに、神社に祭られている祭神に興味を持ち、神話について学ぶようになった若者たちだ。
[産経新聞 12/02/17]
◇西川りゅうじん氏  HP
http://www.raison.co.jp/
◇日本神話の御殿 HP
http://j-myth.info/
◇伊勢神宮「式年遷宮」 HP
http://www.sengu.info/
◇古事記の世界
http://homepage1.nifty.com/Nanairo-7756/
◇古事記ガールの“歩く奈良旅”に最適 「神話めぐり~古事記」
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0313/prt_120313_3455504989.html
◇“古事記ガール”増殖!/NIKKEI TRENDY
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20120126/1039489/?rt=nocnt

◆日本の365日、世界に広げる 暮らしの道具、パリで展示即売会
手のぬくもりも伝える
「日本の暮らしの道具を世界に!」をテーマにしたプロジェクト「365日(サン・ロク・ゴ)」が立ち上がった。第1弾は1月20日から25日までパリで展示即売会を開催。日本の伝統工芸を生かした手作り品から量産の工業製品まで、日本の生活用品を世界の人々に使ってもらうのが狙い。海外で広がる日本ブームが追い風になるか。
[日経MJ 12/02/22]
◇プロジェクト「365日(サン・ロク・ゴ )」HP
http://365.jagda.org/jp/
◇会津漆器「遠藤正商店」 HP
http://www.aizu1.com/endou/
◇伊藤忠ファッションシステム HP
http://www.ifs.co.jp/
◇グラフィックデザイナー・服部一成氏インタビュー
http://public-image.org/interview/2007/08/20/kazunari-hattori.html
◇カメラマン・梶山アマゾン氏 HP
http://mountains.jp/amazon/
◇高橋理子氏 HP
http://takahashihiroko.com/
◇カナッコインターナショナル HP
http://www.kana-co.com/
◇「365日 Chariming Everyday Things」パリ リポート
http://openers.jp/interior_exterior/news/365things_120126.html

◆NTTデータ、SNSの評判分析、消費者の声、見える化
企業や商品のイメージ形成には、テレビや雑誌の広告に加えて、個人がSNSなどで発信する情報も影響するようになった。こうしたインターネット上にあふれる消費者の「生の声」を収集・解析するNTTデータのサービスが注目を集めている。昨年4月から提供を始めた「なずきのおと」だ。
[日経MJ/進化するMIT担い手たち 12/02/17]
◇高性能日本語解説エンジン「なずきのおと」 HP
http://www.nttdata-nazuki.jp/
◇なずきのおと「盛り上がり速報サービス」開始
http://www.nttdata.co.jp/release/2012/020100.html

◆情報の未来 個人変える「手のひらのPC」
インターネットのIP電話を使い、アプリを持つ携帯同士を無作為に選んで無料でつなげる。斉藤さんという名称は「誰でもない誰か」の象徴であり、開発会社の南雲玲生社長(38)は「高橋さん」と最後まで迷ったという。出会い系サイトではないかと批判される中、10、20代を中心に利用者は100万人を超えた。
[産経新聞 12/02/17]
◇アプリ「斉藤さん」 について/NAVER
http://matome.naver.jp/odai/2131492821495812701
◇Appleも困惑した謎アプリ「斉藤さん」/YAHOO! 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120301-00000007-it_nlab-sci

◆社会貢献マネー動く 出資、SVP、事業成長性と両にらみ
CSR(企業の社会的責任)が事業性を強めると、資金面の裏付けが必要となる。事業規模の拡大に伴って、一般からの寄付や企業の余剰資金だけでは持続性を確保するのが難しくなるからだ。出資や投資、融資を通じてCSRに関わる例が出てきた。社会貢献の分野での高い利回りと、社会に無形の利益をもたらすソーシャルリターンを求めて、「CSRマネー」が動き始めた。
[日経MJ/CSR新時代 12/02/22]
◇ワンコイン健診の「ケアプロ」CSRの取組み
http://carepro.co.jp/press20110303.pdf
◇ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京 HP
http://www.sv-tokyo.org/
◇ミュージックセキュリティーズ HP
http://www.musicsecurities.com/
◇菱屋酒造ファンド HP
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=195
◇菱屋酒造ファンド について(Blog)
http://kenkokoza.hamazo.tv/e3207479.html
◇多摩信用金庫 価値創造の取組み
http://www.tamashin.biz/recruit/value/
◇多摩信用金庫コミュニティービジネス支援で誕生「しゅんかしゅんか」
http://www.emalico.com/shunka/
◇社会起業家.jp
http://www.shakaikigyoka.jp/shijokibo.html

◆Uアローズ家具販売、野村不のマンション購入者向、「見せる収納」
野村不が販売する住宅の購入者にオプションとして販売する。同社は中期事業戦略で、新たな販路の開拓やビジネスモデルの開発を掲げている。今回の取り組みもその一環。
[日経MJ 12/02/22]
◇プラウド ウィズ ユナイテッドアローズ HP
http://www.proud-web.jp/proud-with-unitedarrows/
◇プラウドクラブ事務長のブログ
http://www.proudclub-blog.com/2012/02/with.html

◆ソーシャルメディアの購買効果、クーポンに支持、ユニクロ1位
日経BP社発行の「日経デジタルマーケティング」は企業・ブランドがソーシャルメディアによって引き出した購買効果の調査結果をまとめた。総合1位の「ユニクロ」は店内でフェイスブックにチェックインすると当たるクーポンなどが消費者の支持を集めた。成功のキーワードは「キャンペーン」(ツイートなどの)「口コミ」「好感・共感」と分析している。
[日経MJ 12/02/22]
◇日経デジタルマーケティング HP
http://www.nikkeibpm.co.jp/publication/mag/cs/nmg/index.shtml
◇Facebooは購買効果あり!/GaiaxSocialMediaLab
http://gaiax-socialmedialab.jp/facebook/081
◇Facebooページファンになってからの調査/GaiaxSocialMediaLab
http://gaiax-socialmedialab.jp/press/001
◇インターネット経済調査報告書/未来創発
http://www.internet-keizai.jp/pdf/Economic_impact_of_the_Internet_jp.pdf
◇メルマガ、ソーシャルメディアの利用比較調査/IMJモバイル
http://www.imjmobile.co.jp/news/file/pdf/report/imjm20120126.pdf

◆JTBの団塊・シニア攻略術 募集人員絞り、企画にこだわり
企画・販売・添乗、同じスタッフが担当 ネット・案内本にない生の情報提供
経済的・時間的に余裕のある世代として旅行各社は熱い視線を送るが、顧客一人ひとりのニーズは千差万別だ。団塊・シニア世代を攻略するポイントは何か。JTB子会社で添乗員同行の海外パック旅行を手掛けるJTBグランドツアー&サービスのマーケティング戦略からヒントを探った。
[日経MJ 12/02/24]
◇JTBグランドツアー HP
http://www.jtb-grandtours.jp/
◇アクティブシニア向け情報誌「旅響」創刊/JTB
http://www.jtbcorp.jp/scripts_hd/image_view.asp?menu=news&id=00049&news_no=301
◇シニアマーケットの期待と幻想/東京流通研究所
http://e-gra.jp/aboutus/pdf/trk_tif01_20111015.pdf
◇贅沢旅行、団塊シニアで賑う/日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100125/212408/?rt=nocnt
◇2011年の海外旅行動向/TravelVision
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=47307
◇退職したシニア男性は引篭もり傾向/村田裕之のブログ
http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/570/
◇アクティブシニアの外食ライフスタイル調査/ぐるなび
http://www.gnavi.co.jp/company/release/2010/100401_01.html

◆バルス社長高島郁夫さん 世界に照準、第2の創業
等身大に価値を吹き込む
ファッション雑貨店「フランフラン」を運営するバルス。昨年秋、MBO(経営陣が参加する買収)で非上場の道を選んだ。MBOで手に入れようとするモノは何か。高島郁夫社長にその狙いと新たな成長戦略の青写真を語ってもらった。
MBO背景として、海外事業への軸足シフトがある。海外売上高はまだ15億円程度で、今後中国などアジアへの積極出店で大きく伸ばす予定だ。
[日経MJ/トップの戦略 12/02/27]
◇ファッション雑貨店「Francfranc」 HP
http://www.francfranc.com/
◇バルス新ライフスタイルショップ「WTW」 HP
http://www.wtwstyle.com/
◇バルス新ライフスタイルショップ「WTW」(Facebookページ)
http://www.facebook.com/wtwstyle
◇「WTW」 について(Blog)
http://iwakiri.jugem.jp/?eid=1395
◇新業態「Francfranc THE POST」
http://www.bals.co.jp/news/pdf/Francfranc_THE_POST_RELEASE.pdf
◇「Francfranc THE POST」って?
http://www.francfranc.com/jp/ffstyle/special/go/27_1/
◇バルス・髙島郁夫の仕事の居場所
http://www.nacasa.co.jp/j/column/column11.html

◆不用な布結び、別の運命宿す、輸入古着を裁断し加工
不ぞろい感がキュート
使い道のない古着や残布にファッションの息吹を吹き込む――。TAOS(タオズ、東京・渋谷)は欧米から輸入した古着を日本人向けに加工し直す、国内でも珍しい古着リメーク専門の製造工場。その同社が、古着や残布を素材として使うユニークなブランド「UCTILE FABRICS(ユー・シータイル ファブリクス)」を立ち上げた。
[日経MJ 12/02/29]
◇古着リメーク専門の製造工場「TAOS」 HP
http://www.taos.jp/
◇TAOS社長のブログ
http://taoscoltd.seesaa.net/
◇雑貨「カオリノモリ」 HP
http://www.kaorinomori.jp/

◆シニア男性、半数超が自炊 ドゥ・ハウス営業技術グループ太田猛氏
(1)半数以上のシニア男性が自分で料理を作り、朝食を作る人の約4割は毎日作っている
(2)買い物しなれている主婦を対象にした売り場は、シニア男性には分かりづらいケースも
(3)料理する際には「かかる費用」よりも「量」を意識するという基準も見えてくる
[日経MJ/消費分析 12/02/29]
◇ドゥ・ハウス運営ネットリサーチパネル「きかせて・ネット」
https://www.kikasete.net/monitor/
◇「男性シニアの食生活」に関する調査結果/ドゥ・ハウス(原典)
http://www.dohouse.co.jp/news/research/20120125/
◇男の料理教室、退職後のシニア中心に人気/sankei
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120206/ecc1202061049002-n1.htm
◇シニア消費のいろいろ/伊東友紀のブログ
http://biz365.exblog.jp/17901205/

◆渋谷・ストリートに新潮流 スナップ誌「ルビー」1月に創刊
自立したセクシー
東京・渋谷の街角から、最新のおしゃれ人種が生まれ、雑誌やブログがそれを追う。今年1月にも、新たなストリートスナップ誌が創刊された。コギャル、ロリータ、「裏原」など様々な流行を生んできた東京のストリートファッション。街を観察してきた2人の編集者に話を聞いた。
朝日新聞 12/03/01]
◇スナップ誌「ルビー」創刊
http://www.magazine-data.com/women-magazine/ruby.html
◇スナップ誌「ルビー」カメラマン投稿(YouTube)
http://www.33dreams.jp/detail/id/209/0/0/1
◇ストリートマーケティングサイト「Webアクロス」
http://www.web-across.com/
◇民俗学研究者・今和次郎(こんわじろう)氏(Wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E5%92%8C%E6%AC%A1%E9%83%8E

◆ソーシャルメディアの活用
本質見つめ直す好機に
日経デジタルマーケティングの「ソーシャル活用売上ランキング」について、ランクインした会社はもとより、圏外となった会社からも多くの問い合わせをいただいた。「ランキングに入り、上位になるポイントを教えてほしい」といったものだ。
100社(ブランドを含む)を対象にソーシャルメディア活用が購買などの消費行動を引き起こしたかどうかのランキングは、恐らくこれが初めて。それゆえ関心が寄せられたのではなかろうか。
総合1位はユニクロで、ローソン、無印良品が続いた。いずれもソーシャルメディア活用巧者として広く知られる銘柄だ。
[日経MJ/日経デジタルマーケティング杉山俊幸編集長のIT新事情 12/03/05]
◇ソーシャル活用売上ランキング/日経デジタルマーケティング(原典)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmgp/20120220/227414/ 
◇ソーシャル活用売上ランキング消費行動1位はハーゲンダッツ
http://showssyou.tumblr.com/post/18077905488/1
◇始まったSNS活用のマーケティング活動/kmonos
https://kmonos.jp/csr/2012/03/c017.html
◇サントリーのプレモルでおつかれさま/japan,internet.com
http://japan.internet.com/wmnews/20110902/1.html
◇LASH JAPAN(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/LUSHJAPAN
◇Uniqlo(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/uniqlo
◇LAWSON(Facebookページ)
http://www.facebook.com/lawson.fanpage
◇無印良品(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/muji.jp

◆「OtoO」で誘導せよ、来店ポイント、スマホ配信
「オンライン」から「オフライン」 加盟店同士で相互送客
インターネット上のつながりをきっかけに顧客を実際の店舗に誘導する「オンライン・トゥー・オフライン(OtoO)」の取り組みが広がっている。スマートフォンの普及は外出時の情報収集を容易にし、企業にとっては「今、そこにいる人」へのアプローチを可能にした。ネットと実店舗の利点を的確に使い分けるスマート(賢い)な消費スタイルが勢いを増している。
[日経MJ/eリテール特集 12/03/05]
◇本格始動するオンライン・ツー・オフライン/YUMIURI
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/kouza/kabuka2/03/20111109-OYT8T00471.htm
◇オンラインがオフライン経済を飲み込む/TechWave.jp
http://techwave.jp/archives/51676154.html
◇O2Oは新しいゴールドラッシュか/TechCrunch
http://jp.techcrunch.com/archives/20110713stealthy-prism-skylabs/
◇O2Oコマースに1兆ドルの可能性がある理由/TechCrunh
http://jp.techcrunch.com/archives/20100807why-online2offline-commerce-is-a-trillion-dollar-opportunity/
◇駅を舞台としたO2Oの実証実験実施/広報担当者PR通信
http://prnn.jp/news_EcoQF1wNE.html

◆CD超える高音質、ハイレゾ音源、ぐっと身近に 配信サイト続々
本格的なオーディオ装置で再生するためには対応した機器が必要だが、比較的手ごろな製品でも、従来のデータを圧縮した音楽配信には望めない、きめ細かい音が聴けるのが魅力。昨年の国内音楽配信売上高は2年連続の前年割れだが、高音質な楽曲をネットで買う人は増えそうだ。
[日経MJ/ブームの予感 12/03/07]
◇「ハイレゾ音源」って何だ?/アスキー.PC
http://asciidotpc.jp/news_trend/2012/01/10/post_2/
◇音楽コンテンツ「ハイレゾ音源」/ファイル・ウェブ
http://www.phileweb.com/review/column/201101/26/162.html
◇ハイレゾ通信サイト「e-onkyo.com」
http://music.e-onkyo.com/contents/hd.asp
◇ハイレゾ通信サイト「クリプトン HQM STORE」
http://www.hqm-store.com/index.php
◇ハイレゾ通信サイト「OTOTOY」
http://ototoy.jp/music/
◇ハイレゾ通信(海外)サイト「HD tracks」
https://www.hdtracks.com/
◇ハイレゾ通信(海外)サイト「Linn Records」
http://www.linnrecords.com/
◇輸入オーディオ専門店「サウンドクリエイトレガート」 HP
http://www.soundcreate.co.jp/legato/
◇AV機器専門店「フジヤエービック」 HP
http://fujiya-avic.co.jp/
◇雑誌『Net Audio』/ファイル・ウェブ
http://www.phileweb.com/editor/net-audio/net-audio03/

◆SNS販促、裾野広がる
ローソンや東急ハンズ 口コミ拡散効果分析/トヨタ 社内でノウハウ共有
フェイスブックなどのSNSを販促などに活用する企業の取り組みが広がってきた。大手メーカーなどがSNSを通じて情報発信や効果的な販促を進める一方、インターネット企業ではSNSを経由して商品を購入する「ソーシャルコマース」の普及をにらみ、関連サービスを充実する動きもある。
[日経MJ/eリテール特集 12/03/05]
◇Facebook用ソーシャルコマースアプリ「ReBuy」 HP
http://rebuy.jp/
◇「ReBuy」提供開始/TechWave.jp
http://techwave.jp/archives/51727486.html
◇ローソンはSNSの達人/ITPro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20111124/375007/
◇東急ハンズ、iPhoneユーザーに販促活動実施/ITPro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/JIREI/20100201/344051/
◇ソーシャル・メディアは顧客理解のツール/DIAMONDonline
http://diamond.jp/articles/-/15193
◇KDDI Twitter
http://twitter.com/#!/kddipr
◇トヨタ、自動車顧客向けSNSを構築へ/IT Leaders
http://it.impressbm.co.jp/e/2011/05/25/3741
◇ビックカメラがFacebookページを正式オープン/ECのミカタ
http://ecnomikata.com/news/press/facebook-3.html
◇楽天、SNS上での情報発信を支援
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2012/0116_2.html
◇ヤフー「Shopal」のソーシャルプラグイン導入
Read more: http://ascii.jp/elem/000/000/645/645372/#ixzz1qHf0sKuf
http://topics.shopping.yahoo.co.jp/notice/archives/shopal.html
◇KAUPON(Facebookページ)
http://ja-jp.facebook.com/kaupon?sk=wall
◇NTT日本語解析エンジン「なずき」 HP
http://www.nttdata-nazuki.jp/
◇企業のマーケティング活動を支援するサービス「sociobridge」 HP
http://www.sociobridge.jp/
◇自動翻訳できるアプリソフト開発「八楽」 HP
http://www.yaraku.co.jp/

◆イヤホン専門店「GEM」、「一生モノ」こだわり徹底
音も見た目も耳元でキラリ
耳元から際立つ個性を発信――。といってもアクセサリーではなく、イヤホンの話だ。昨年7月、東京・六本木に開業した「GEM(ジェム)」はイヤホンを専門に扱うというユニークな店。しかも商品はすべて同店のオリジナル。高い音質を追求するとともに、国内の職人に依頼して今までにない究極の「イヤホンのデザイン」を提案している。
[日経MJ 12/03/07]
◇イヤホン専門店「GEM」 HP
http://www.gem-zk.com/
◇六本木に高級イヤホンショップ「GEM」/六本木経済新聞
http://roppongi.keizai.biz/headline/2420/
◇イヤホン専門店「GEM」紹介記事
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110721_462143.html

◆ダウンロード、8ヵ月で2000万超、無料通話アプリ「LINE」
LINEはデータ通信で音声通話やメッセージのやりとりができるアプリ。スマホのデータ通信料を定額にしていれば、通話料を実質的に無料にできるのが特徴だ。
◇無料通話・無料メールアプリ「LINE」 HP
http://line.naver.jp/ja/
◇「LINE」大ヒットの裏側/nanapiWeb
http://nanapi.jp/topics/157
◇スマホ同士で無料通話ができる「LINE」/おとな総研
http://www.yomiuri.co.jp/otona/study/appli/20111209-OYT8T00794.htm

◆フラッタースケープ、会員制、デザイン雑貨、受注生産で通販
電子商取引(EC)事業を手掛けるフラッタースケープは、4月からデザイン雑貨やインテリアを扱う会員制の通販サイトを始める。購買意欲の高い消費者を会員として取り込み、有力ブランドと連携した高品質の独自商品などを受注生産して販売する。
[日経MJ 12/03/09]
◇フラッタースケープ「monoco」 HP
http://blog.monoco.jp/
◇「monoco」twitter
http://twitter.com/#!/monocojp
◇フラッタースケープ ブログ
http://seller.flutterscape.com/
◇フラッタースケープ代表・柿山氏インタビュー
http://careerzine.jp/article/detail/1932

◆大手電機メーカーがITで復興支援
富士通は宮城県石巻市で在宅医療を行うチームにインターネット上でソフト利用やデータ管理を行うクラウドサービスを提供。NECは津波被害を受けた農地の塩分濃度を遠隔測定し、土壌の改善に貢献している。企業側も被災地で得たノウハウを今後のビジネス展開に生かしたい考えだ。
[産経新聞 12/03/09]
◇富士通、大震災復旧・復興支援 HP
http://jp.fujitsu.com/about/csr/recovery/
◇在宅医療の祐ホームクリニック 石巻
http://www.you-homeclinic.or.jp/clinic/ishinomaki/
◇ドコモとNECら3社、復興支援/ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110826/367481/
◇塩害を受けた農地の復興に向けた業務提携/NTTdocomo
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2011/08/25_00.html
◇村田製作所、被災地の小学校を訪問/IT MONOist
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1202/29/news018.html
◇持続可能な復興支援の形を探す/エンジニアtype
http://engineer.typemag.jp/elife/2012/03/it2013.php
◇IT技術者が復興支援アプリを生む場所「Hack for Japan」 HP
http://www.hack4.jp/
◇「Hack for Japan」仙台、石巻を訪ねて/enterprisezine
http://enterprisezine.jp/article/detail/3040

◆アートで復興支援 「作品になるか…ましてやいつ」
「アートは無力なのか」。震災後、多くの美術家が、こう自問したことだろう。建築家であれば、設住宅など「生」に直結する支援策を提示できるのに、美術家の活動は人々の生活になかなか結びつかないからだ。しかし、苦悩しながらも被災地を訪れ、被災者に手をさしのべた美術家は少なくなかった。
[産経新聞 12/03/09]
◇淀川テクニック「淀川テク日記」
http://yodogawa-technique.cocolog-nifty.com/
◇淀テク主催「若林100年ブランコ」
http://yukari-art.jp/jp/artists-jp/yodogawa_technique/10138
◇中村政人氏 HP「m-lab.」
http://www.m-lab.org/
◇被災者支援「わわプロジェクト」 HP
http://wawa.or.jp/
◇ビデオアーティスト・ビル・ヴィオラ氏(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%A9

◆ファッションで復興支援 CanCamやnon・noも
東日本大震災から1年となる今春、ファッションを通じて被災地の復興を支援する動きが相次いでいる。事業を再開した縫製工場が手掛けた服を女性ファッション誌がPR。衣料メーカーも被災地の雇用創出などを支援するプロジェクトを打ち出すなど、被災地の現状と向き合い、それぞれの立場でできることを続けることで中長期的な支援につなげようとしている。
[産経新聞 12/03/11]
◇踊るファッションショー「Canコレ!」/六本木経済新聞
http://roppongi.keizai.biz/headline/2591/
◇Xmiss×CanCamコラボ復興支援アイテム について(Blog)
http://blog-osaka.takashimaya.co.jp/gokai/201203/article_1.html
◇non-noモデルが「チャリティnonコレ」
http://beauty.oricon.co.jp/news/87923/full/
◇東日本大震災「ユニクロ 復興応援プロジェクト」
http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2012/02/022814_csr.html

◆東急ハンズ渋谷店「HINT7」 私も“科学者”、好奇心くすぐる
自分の作品展示/カフェ併設
東急ハンズが2月、東急ハンズ渋谷店(東京・渋谷)7Aフロアを改装し、「HINT(ヒント)7」として開業した。「サイエンス(科学)」をテーマにした品ぞろえが、お客の好奇心をくすぐる。週末にはクラフト教室を開くほか、一般の人が自分で手作りした作品を展示・販売できるコーナーやカフェも併設。カップルから家族まで楽しめる空間に仕上げた。
[日経MJ 12/03/12]
◇東急ハンズ「HINT7」 HP
http://shibuya.tokyu-hands.co.jp/blog/7a/post-145.html
◇東急ハンズに大人の“知的遊び場”!? 「HINT7」/NikkeiTrendy
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120223/1039804/?rt=nocnt
◇東急ハンズ「HINT7」 について(Blog)
http://shibuya.happy-town.net/t_sweets/00013344.html

◆身近な一編、詩との出合い、谷川俊太郎氏らの作品、多様な媒体で
「詩」をモチーフにした「obla( )t」というデザインレーベル。
もっと日常生活の中で詩に触れる機会がたくさんあっていいのではないか?」。この発想に賛同したクリエイターや詩人達が、同人という形式で集まり「obla( )t」というレーベルがスタートした。現在、「詩を本の外にひらく」というコンセプトを商業ベースに乗せようと、若い女性をターゲットに「ポエガール」という妹ブランドが始動。詩をモチーフにしたグッズを3月末頃から渋谷の東急ハンズのカフェなどで販売する予定だ。
[日経MJ 12/03/14]
◇デザインレーベル「oblaat」 HP
http://www.oblaat.jp/
◇「obla( )t」レーベル発足記念 谷川俊太郎トークショーレポート
http://www.cinra.net/interview/2010/10/01/000000.php?page=4
◇谷川俊太郎氏 twitter
http://twitter.com/#!/shuntarot
◇デザイナー・則武弥氏 HP
http://www.paperback.jp/
◇松田朋春氏運営「グッドアイデア」 HP
http://goodidea.co.jp/

◆女性向けサイト成功のコツ、「ばあや」集めろ 村山らむねさん寄稿
インターネットの通販や口コミを利用して消費に動く女性が増えている。多くの女性ユーザーの関心を引き付けられるウェブサイトは、企業にとって物販・広告収入を高める近道だ。通販コンサルタントの村山らむねさんに、ネットでの女性の意識・行動分析と、魅力的なサイト運営方法について寄稿してもらった。
[日経MJ 12/03/14]
◇むらやま・らむね氏運営「スタイルビズ」 HP
http://lamune.cocolog-nifty.com/stylebis/
◇らむね的通販生活
http://www.lamune.com/
◇女性誌「SAKURA」 HP
http://sakuramama.jp/
◇女性誌「HERS」 HP
http://www3.kobunsha.com/ad/hers/

◆店舗・施設の魅力度、ストア戦略調査、スタバ、総合力で首位
IKEA9位に上昇/「家族と過ごす」反映
日経リサーチは小売業や飲食業などの店舗・施設の魅力度を評価する2012年「ストア戦略サーベイ」を実施した。消費者に聞いた「行ってみたい(来店意向)」など4つの評価項目から算出した指標「場力(ばぢから)PQ」は前年2位だった「スターバックスコーヒー」が首位を獲得。「東急ハンズ」「ユニクロ」、前年1位の「モスバーガー」が僅差で続いた。
[日経MJ 12/03/14]
◇NIKKEI-R「ストア戦略サーベイ」ダイジェスト
http://www.nikkei-r.co.jp/service/branding/store4.html

◆購入決定の情報源、多様に 店頭・口コミに加えネットの影響力増す
(1)購買者は低価格商品であっても購買に至るまで様々な情報源を活用している
(2)購買者は購買過程のタイミングやメディアに応じて異なる情報を求めている
(3)購買過程におけるオンラインメディアや口コミの影響力が増してきている
[日経MJ/消費分析 12/02/22]
◇ショッパーサイエンス日本 HP
http://www.shoppersciences.com/tokyo/
◇複雑化する購買過程をいかに読み解くか?/アドタイ
http://www.advertimes.com/20111118/article40536/
◇「購買行動・購買動機調査」サービスガイド/ドゥ・ハウス
http://www.dohouse.co.jp/wp-content/themes/DH-MAIN/img/research/tento05.pdf
◇消費者の購買行動における意思決定プロセス/矢野経済研究所
http://www.yanoict.com/yzeye/o41

|

« 脳裏をよぎりそうになる仕事を抑圧しつつ | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2012/03 アップ »

情報クリップ12」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップ・ダイジェスト 2012/03:

« 脳裏をよぎりそうになる仕事を抑圧しつつ | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2012/03 アップ »