« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012/10/11

情報クリップダイジェスト 2012/09 アップ

これから本格的な秋を迎えようという時期に、群馬の「トシュカ・プロジェクト」と、南さつまの「笠沙応援団プロジェクト」の開花が視野に入ってきました。

群馬のほうは、勢多農林高等学校ブランド「セ・タ・プラント」が新聞で取り上げられるなど、状況はけっこう「にぎやか」になりつつあります。来週の土曜(20日)には、駒沢公園ハウジング・ギャラリーで、勢多農林の生徒たちと一緒に「野菜の自産自消フェア」を行います。今の動き自体は、ほんとに小さなものですが、これからのひろがりはちょっと「スゴい」!に違いないと実感しています。というわけで??

情報クリップダイジェスト 2012/09

をアップしました。この継続は、私ども Dic Peoject にとって数少ない「誇れるもの」のひとつ。担当高原に感謝!などと内輪話はさておいて、ご愛用をよろしくお願いいたします。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2012/10/201209-146f.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップダイジェスト 2012/09

◆消費、再び生活防衛色
耐久財、日用品を問わず、足元の店頭の動きや商況データに、再び「生活防衛」意識が色濃く映り始めた。食や日用品では、より敏感に価格に反応する購買行動が目立つ。復調傾向にあった高額品の売れ行きには一服感が漂う。冷静さを取り戻し、支出対象を厳選し始めた消費者を前に、関連各社は需要喚起策の練り直しを急いでいる。
[日経MJ 12/09/14]
◇JMR生活総合研究所 HP
http://www.jmrlsi.co.jp/
◇エフ・ディ・シィ・プロダクツ HP
http://www.fdcp.co.jp/
◇エイビーロード海外旅行調査2012/リクルート
http://www.recruit.jp/news_data/data/travel_gourmet/20120619_2.pdf
◇低価格の居酒屋競争が再燃 ワタミは300店展開で対抗
http://diamond.jp/articles/-/19839
◇「消費が二極化している」って本当ですか?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120518/232278/
◇消費税増税により消費マインドにどう影響するか
http://www.nice.co.jp/nbr/2012-07-15_1995/03.html
◇今年の消費者マインドはどかっ冷え?!!
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=3679

◆佐賀・嬉野発「224porcelain」型にはまらず、磁器に遊び心
新たな表現、自由に探る
食器など実用品が多い磁器製品で、遊び心に富んだブランド「224porcelain(ニーニーヨン ポーセリン)」が今年、誕生した。「伊万里」とも呼ばれる「有田焼」の下請けを担ってきた佐賀県嬉野市の「肥前吉田焼」の若い作り手が立ち上げた。様式にとらわれない自由なモノ作りで、磁器の新たな表現に挑戦する。
[日経MJ 12/08/22]
◇「224porcelain(ニーニーヨン ポーセリン)」 HP
http://www.224porcelain.com/
◇「224porcelain(ニーニーヨン ポーセリン)」 Facebook
http://www.facebook.com/224PorcelainShop
◇有田焼製造販売「辻与製陶所」 HP
http://yozan-kiln.com/
◇プロダクトデザイナー・五島史士氏 サイト
http://homepage2.nifty.com/gotodesign/
◇プロダクトデザイナー・馬渕晃氏 サイト
http://www.akiramabuchi.com/
◇新しい磁器のブランド「224porcelai」n
http://migblog.exblog.jp/16501278/

◆箱根寄木細工 暮らし映す新しいデザイン
伝統工芸のご多分に漏れず、箱根寄木細工も後継者難が悩みだが、10年ほど前から若手5人が立て続けにこの世界に飛び込んできた。
若い人材をしっかり育成しようと考えた工房の社長たちの後押しで、若手職人集団「雑木囃子(ぞうきばやし)」が2005年に誕生。まだ駆け出しながら、工房の仕事の合間を縫って新作に挑んでいる。
[産経新聞 12/08/16]
◇小田原箱根寄木細工の若手職人集団「「雑木囃子(ぞうきばやし)」 HP
http://www.zoukibayashi.jp/
◇箱根寄木細工「露木木工所」 HP
http://www.yosegi-g.com/

◆広島発「JIM」、白神道空氏 日本情報の洪水、フランス人圧倒
広島県のテレビ新広島系番組制作会社、TSSプロダクション(広島市)がつくる日本紹介番組「Japan in Motion(JIM)」がフランスで人気番組となっている。視聴者数は若者を中心に毎週80万人。今年は日本でも「凱旋放送」が始まり、アジア進出も予定している。
[日経MJ/ヒットを語る 12/09/07]
◇フランスで人気の番組「Japan in Motion」 HP
http://www.japan-in-motion.tv/
◇フランスで人気の番組「Japan in Motion」 Facebook
http://www.facebook.com/tvjim
◇広島「TSSプロダクション」 HP
http://www.tss-pro.co.jp/
◇岡山県倉敷市「桃太郎ジーンズ」 HP
http://www.japanblue.co.jp/momotaro/
◇きゃりーぱみゅぱみゅ 「Japan in Motion」
http://omiyagehinn.seesaa.net/article/283328296.html

◆都現代美術館で「FUTURE BEAUTY」展
ファッションの「物語」を読む
日本ファッションの特徴と文化的背景に迫る「FUTURE BEAUTY(フューチャー・ビューティー)」展が、東京都現代美術館で開かれている。京都服飾文化研究財団(KCI)が主に企画し、英、独でも開催された国際巡回展。東京展では若手デザイナーの作品を追加し、計約100点で「日本ファッションの未来性」を展望している。
[産経新聞 12/09/12]
◇「Future Beauty 日本ファッションの未来性」
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/136/
◇日本のファッション30年を凝縮した「Future Beauty」
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2012-08-05/future-beauty/
◇「Future Beauty 日本ファッションの未来性」展 陰翳礼賛
http://ameblo.jp/fashionleaks/entry-11318443355.html
◇「Future Beauty 日本ファッションの未来性」展 伝統と革新
http://ameblo.jp/fashionleaks/entry-11318830918.html
◇「Future Beauty 日本ファッションの未来性」」展覧会レポート3
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2012-08-14/future-beauty-03/
◇「Future Beauty 日本ファッションの未来性」 について(Blog)
http://fashionbible.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/future-beauty-c.html

◆広がる「学びブーム」、経済引っ張るパワーにも
働く女性の間で今、「学び」がブームだ。読者に聞いたところ「資格の取得やスキルアップに興味がある」と答えた人は80.5%にも。習い事に興味がある人も93.5%にのぼった。すでに何らかの資格を持っている、と答えた人も全体の8割近く。
[日経MJ/日経ウーマン佐藤珠希編集長の女性真理学 12/08/20]
◇資格王  稼げる人気の資格
http://www.appuczk.com/sikaku/
◇年収の裏側的 稼げる資格ベスト10
http://type.jp/s/nenshu/vol016.html
◇資格女子部 HP
http://shikaku-joshi.com/
◇わたしみがき アンケート/kaunet
http://www.watashimigaki.com/community/enquete/archives_000504

◆SNSの利用、スマホ派、頻度高く、博報堂DYが調査
スマホ派とPC派の消費者像は、30代以上はパソコン(PC)利用派が多数を占める一方、10~20代はスマートフォン派が多く、移動中や休憩中など利用シーンの幅が広く接触頻度も高い特徴が改めて浮き彫りになった。
[日経MJ 12/08/22]
◇ソーシャルメディア利用実態調査/博報堂DY(原典)
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/news/20120820/HDYnews120820.pdf
◇モバイルショッピング顧客満足度調査/ForeSee
http://jp.techcrunch.com/archives/20120913amazon-apple-top-mobile-retail-customer-satisfaction/

◆新商品・サービスの使い方、動画でPR、消費者にお任せ
利用者の視点 共感呼ぶ
新アイテムやサービスの上手な使い方・楽しみ方を、一般の消費者が身をもって指南する。そんな動画をPR活動に積極的に利用する企業が増えてきた。もとは自発的に動画サイトに投稿していた女性たちをメーカーが商品発表会のビデオに起用。販促スキルにたけた人材として組織化する動きもある。
[日経MJ 12/08/22]
◇レブロンの新製品イベント(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=ErTcdjjrtZc
◇レブロンの新製品イベント
http://mutv.jp/report/ev_1207_01
◇レブロンの新製品イベント について(Blog)
http://kirehon.exblog.jp/17727860
◇レブロンの新製品イベント について(Blog)
http://midorigame.exblog.jp/14648279/
◇H.I.S「旅ドガ」 HP
http://movie.his-j.com/
◇ヤマキ「割烹白だし」 HP
http://www.yamaki.co.jp/basis/

◆健康売り、先進スーパー 育成者はプロシューマー
プロシューマーとは、プロフェッショナルとコンシューマーをつなげた言葉で、商品に対するプロのような知識を持った消費者のことを指す。
店の方としては、こうしたプロシューマーにどう対応するかが問われるが、同時に彼らから消費のトレンドを学ぶこともできる。
[日経MJ/東大大学院経済学研究科教授・伊藤元重のニュースな見方 12/08/22]
◇プロシューマーとは/日本リサーチセンター
http://www.nrc.co.jp/marketing/10-07.html
◇プロシューマー化が市場を救う
http://www.insightnow.jp/article/5447
◇「空想無印」 HP
http://www.cuusoo.com/muji/
◇プロシューマー について (Blog)
http://middle-age-helth.seesaa.net/article/231149945.html
◇スーパープロシューマーとの付き合い方(前篇)
http://www.unisys.co.jp/solution/crm/column02.html
◇スーパープロシューマーとの付き合い方(後篇)
http://www.unisys.co.jp/solution/crm/column03.html

◆ギフトカタログ、オリジナル、1冊から作成 オールアバウト
ネットで商品選び 引き出物に
情報サイト運営のオールアバウトは10月、消費者がオリジナルのギフトカタログを作成できるサービスを始める。子会社のインターネット通販から商品を自由に選び掲載、表紙や各ページにはお気に入りの写真やメッセージが入れられる。
[日経MJ 12/08/24]
◇カタログギフトのオーダーメードサービスを開設
http://corp.allabout.co.jp/corporate/press/2012_01/120824_01.htm
◇COCOMO オリジナルカタログギフト HP
http://cocomo.to/
◇COCOMO ココロのこもった贈り物。 Facebook
http://www.facebook.com/COCOMOGIFT?sk=wall&filter=12

◆「部屋」写真の投稿サイト トンネル 会員100万人目指し急成長
個人の部屋に焦点を合わせた写真投稿ウェブサイトを運営するベンチャー企業、Tunnel(トンネル)が、5月のサービス開始以来、急速に利用者を増やしている。家具メーカーや電子商取引(EC)会社などとの連携で独自のビジネスモデルを確立する計画だ。
[産経新聞 12/09/03]
◇RoomClip(ルームクリップ)HP
http://roomclip.jp/
◇RoomClip(ルームクリップ)Facebook
http://www.facebook.com/RoomClip
◇メーカー「Tunnel」 HP
http://www.tunn-el.com/
◇部屋写真共有アプリ「RoomClip」
http://tuiken.jp/archives/3403531.html

◆タブレット端末普及 夏休みの光景が一変
昨年と比べて、タブレット端末とスマートフォンが爆発的に普及した今年の夏休み。統計的な数字は出ていないが、生活スタイルとコミュニケーション方法が大きく変化している。
旅/外出、テレビの見方が変わり、飲み会の席でもタブレット端末は大活躍している。
[日経MJ/日経エンタテインメント!編集委員・品田英雄のヒットの現象学 12/08/24]
◇タブレット端末の日米利用実態調査/電通総研
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2012/pdf/2012038-0330.pdf
◇子育てママのスマホ・タブレット端末利用実態調査/マインドシェア
http://www.mindshare.co.jp/research/2012/08/mama-smartphone-tablet.html
◇タブレット・ユーザー調査/J.D. Power and Associates
http://jp.techcrunch.com/archives/20120913apple-tops-j-d-powers-tablet-survey-barely-beating-amazon-tablets-top-smartphones-for-usage/
◇タブレット端末で生活をもっと便利に
http://www.ntt-east.co.jp/whats_up/62/02.html
◇タブレット端末のメリットとは
http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/aa0g/110514/vol1.html
◇タブレット端末のビジネス活用例
http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/aa0g/110514/vol2.html

◆知名度上げ需要開拓、農・漁業体験でファン作り
農畜産業や漁業の生産者が消費者向けに体験型のイベントを開き、商品の知名度向上や需要開拓を図る取り組みが広がっている。観光的な要素と組み合わせて都会の消費者に現場を体験してもらい、中長期的な視点でファンをつくるのが狙いだ。
[日経MJ 12/08/27]
◇伊賀の里モクモク手づくりファーム体験教室
http://www.moku-moku.com/syokunou/
◇伊賀の里モクモク手づくりファームに行ってきた(Blog)
http://hobby-dialy.at.webry.info/200906/article_5.html
◇熊野漁業協同組合 体験漁業
http://www.kumano-gyokyou.com/
◇沖縄・伊江漁協 体験プログラム
http://uminchu-yu-gaku.jp/about/
◇OKINAWA型産業応援ファンド「地域資源活用支援事業」
http://www.pref.okinawa.jp/site/shoko/seisaku/jinzai/documents/shienzigyoukeikaku.pdf

◆ハンズ流ツイッター活用術、つぶやきにも店頭と同じ接客
東急ハンズがミニブログ「ツイッター」を上手に活用し、新規客の開拓につなげている。国内で本格的に普及する前の2009年7月に始め、現在は本社と各店が運営する合計10のアカウントが稼働。本社運営分だけで10万人近いフォロワーがいる。「店頭での接客と同じ対応」という明快な運用ルールを設け、失言したらまず謝るといった柔軟な対応で着実にファンを増やしている。
[日経MJ 12/08/27]
◇東急ハンズ Twitter
http://twitter.com/TokyuHands
◇東急ハンズのツイッター活用にみる、ネットとリアルの連携
http://www.advertimes.com/20120911/article84527/
◇探しもの、つぶやくだけで分かる「これかもネット」
http://korekamo.net/
◇ツイッター×東急ハンズ/実践ビジネススクール
http://president.jp/articles/-/6240
◇ハンズのソーシャルメディア活用
http://fb-research.net/facebook/2012/06/event2-hands/

◆今治タオル、復活のブランド戦略
安価な輸入品におされ一時存亡の機に立った愛媛県の「今治タオル」が復活の足どりを速めている。東京都心や地元の専門店は連日盛況で、大手流通業も今年、取り扱いを拡大し始めた。国内最大の産地が腹をくくり、あえて製品のアピールポイントを絞り込んだ「一点突破」のブランディングが実を結んだ。需要減退に悩む地域産品の再生モデルとなるか。
[日経MJ 12/08/29]
◇愛媛「今治タオル」 HP
http://www.imabaritowel.jp/
◇四国タオル工業組合 HP
http://www.stia.jp/
◇今治タオルプロジェクト/シブヤ経済新聞
http://www.shibukei.com/headline/4064/
◇佐藤可士和氏 HP
http://kashiwasato.com/ 
◇モードインターナショナル HP
http://www.mode-intl.jp/

◆廃棄物アート、話題 時代の空気、追い風に
リサイクル(再資源化)やリユース(再使用)など限られた資源の有効活用が社会の関心事になって久しい。芸術も、そんな時代の潮流に無関心ではいられない。近年は廃棄物を素材にした芸術表現も注目を浴びている。展覧会やワークショップ(体験型講座)なども盛んだ。その第一人者たちの展覧会が東京で開かれている。
[産経新聞 12/08/29]
◇美術家・藤浩志氏 Twitter
http://twitter.com/fujistudio
◇「ハラミュージアムアーク」 HP
http://www.haramuseum.or.jp/
◇産業廃棄物中間処理業者「ナカダイ」 HP
http://www.nakadai.co.jp/
◇モノ:ファクトリー・ナカダイ HP
http://monofactory.nakadai.co.jp/
◇漂流物アート「淀川テクニック」 HP
http://yukari-art.jp/jp/yodogawa_technique
◇音楽とアートの融合「SNIFF OUT 2012」HP
http://sniff-out.com/

◆使い方は自由、リビング新生、多機能化するソファ
ソファといえばリビングルームのインテリアの主役。テレビの正面に「鎮座」するのが常識だった。ところが、スマートフォンなど情報端末をリビングで楽しむ人が増えるなど、ライフスタイルが大きく変化。自在な組み合わせで新たなリビングの過ごし方を提案するデザインのソファが相次ぎ登場している。
[日経MJ 12/08/29]
◇家具メーカー「アルフレックスジャパン」 HP
http://www.arflex.co.jp/
◇「アルフレックス」あらたな可能性を追求するソファ
http://openers.jp/interior_exterior/flagship/arflex/sofa_120628.html
◇ミラノサローネ―イタリアブランド3社をクイックルック
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1339554827074/pid_1.html
◇伊ソファメーカー「フレックスフォルム」 HP
http://flexform.jp/
◇家具メーカー「ガンディハウス」 HP
https://www.condehouse.co.jp/
◇家具デザイナー・川上元美氏 サイト
http://www.motomi-kawakami.jp/
◇仏家具メーカー「リーン・ロゼ」 HP
http://www.ligne-roset.jp/
◇ロナン&エルワン・ブルレック兄弟 サイト
http://www.bouroullec.com/

◆変われSNS 自己実現助ける手段に
(1)SNSはユーザーの自己実現を助けるネットワークへ進化すべき。
(2)そのためにはユーザーの実生活につながる機能の充実が必要だ。
(3)現実と仮想の差が縮まり、新たなコミュニケーションが生まれる。
[日経MJ 12/08/29]
◇GMのFacebook広告撤退から考えるSNS広告の正しい在り方
http://www.seojapan.com/blog/facebook-gm
◇SNSのこれからの在り方
http://sakak.hatenablog.com/entry/2012/06/03/222030
◇マイクロジョブのマーケットプレース「3to30.com」
http://www.3to30.com/
◇「得意(経験・知識・スキル)」を売り買い「coconala」 HP
http://coconala.com/
◇「得意(経験・知識・スキル)」を売り買い「coconala」 Facebook
http://www.facebook.com/coconalajp
◇フェイスブックの株価公開を機にSNSの収益源を考える
http://www.advertimes.com/20120530/article69372/
◇元祖・旅行SNS「カウチサーフィン」
http://wired.jp/2012/08/28/before-airbnb-there-was-couchsurfing/

◆粘着テープ、手芸にピッタリ 針・糸いらず、安価で丈夫
粘着テープを使ってバッグや小物入れを作る人が増えている。材料は粘着テープのみ、道具も土台となる硬い書籍や箱だけというシンプルさが人気の理由。針も糸もはさみも使わないため、子供や手先の器用さに自信のない人でも簡単に作ることができるとして、幅広い支持を得ているようだ。
[日経MJ/ブームの予感 12/08/31]
◇中島麻美氏「アパートメント・稲妻にさわる」
http://apartment-home.net/author/asaminakashima/
◇中島麻美氏「チャーハンの妖精」 Twitter
http://twitter.com/aknmssm/
◇中島麻美著『本ガムテープでつくるバッグの本』 について(Blog)
http://horirium.blog7.fc2.com/blog-entry-641.html
◇紙テープでバッグを作ってみました (Blog)
http://www.cyzowoman.com/2009/12/post_1212.html

◆農業VBに「出会いの場」経産・農水省が支援策 流通企業など紹介
12月に開催し、経営者などがビジネスプランを競うコンテストの決勝進出者に対し、流通関連企業やベンチャーキャピタル、自治体と商談する機会を設ける。VBなどが開発した最新の栽培技術などの展示会もあわせて実施する考えだ。
[日経MJ 12/09/03]
◇食と農林漁業の祭典「農業フロンティア2012」 HP
http://agri-frontier.com/
◇農のビジネスプランコンテスト「A-1グランプリ」 HP
http://www.a1-biz.jp/
◇植物工場研究会 HP
http://npoplantfactory.org/

◆企業サイト、顧客の組織化に力 関係深め 満足度高める
最近、企業が重視し始めているのが自社で運営するサイトの活用だ。
顧客情報管理(CRM)の一環として運営する自社サイトのことで、様々なコンテンツやサービスを提供するメディア的な色彩が濃い。顧客を中心に会員を組織化し、メールなどを使ってコミュニケーションを深める。顧客との長期的な関係を築きながら、自社製品の売り上げにつなげていくのがサイトの狙いだ。
[日経MJ 12/09/03]
◇会員サイト「CLUB Panasonic」
http://club.panasonic.jp/
◇メーカーCRM について/コーギー・マーケティング
http://ameblo.jp/corgi-marketing/entry-11346266838.html
◇ドコモとオムロンヘルスケアが新会社
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1207/02/news055.html
◇ソーシャルCRMという新たなエンゲージメント醸成の在り方
http://www.atmarkit.co.jp/ad/hitachi/bigdata1208/bigdata001.html
◇ソーシャル化するCRMの未来
http://www.crmstyle.com/column/marketing/13.html
◇ソーシャルCRMの潮流/アドタイ
http://www.advertimes.com/adobata/article/4117/www.micro-wave.net/column/socialmedia/20111222.php/
◇ソーシャルメディアから、ソーシャルCRMへ/IBM
http://www-06.ibm.com/industries/jp/tel-med/media/topics/crm/index1.html

◆触りたくなる肌合う「相棒」、インテリア、衣料用生地で、素材感を
「イヴ・サンローラン」「クリスチャン・ディオール」など著名ブランドが衣服の生地として採用する「コズモラマ」。東京・神宮前で3日、この優しい肌触りの生地をカーテンなどインテリア用品としても提供するライフスタイルショップが開業した。衣服とインテリアに同じ生地を使うのは珍しい試み。両業界のデザイナーから注目を集めそうだ。
[日経MJ 12/09/05]
◇ライフスタイルショップ「smoothday(スムースデイ)」 HP
http://smoothday.jp/
◇素材の良さを発信する新しいスタイルのショップ「スムースデイ」
http://www.fashion-press.net/news/4730
◇小野莫大小(めりやす)工業 HP
http://www.onomeriyasu.jp/japanese/
◇スムースデイのデザイナー・杉原淳史氏紹介
http://www.bfc-review.jp/next/vol054.html

◆挑戦する街の本屋さん ビール片手に・女性に特化
出版市場の縮小やネット書店の台頭で淘汰の波にさらされる街の書店が、生き残りの道を模索している。ネット全盛時代に、いかにして足を運びたくなる魅力的な空間をつくるか──。個性的な試みを始めた書店を訪ねてみると、「複合」と「特化」というキーワードが浮かんできた。
[産経新聞 12/09/06]
◇下北沢の書店「B&B」 HP
http://bookandbeer.com/
◇博報堂ケトル HP
http://www.kettle.co.jp/
◇「B&B」仕掛け人、ブック・コーディネーター内沼晋太郎氏 サイト
http://numabooks.com/
◇「ブック・コーディネーター内沼晋太郎氏インタビュー
http://fashionpost.jp/posts/4525
◇生ビール片手に本が読める本屋さん「B&B」
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2012-09-15/bb-shimokitazawa/
◇ビール片手にほろ酔い気分で選べる本屋さん下北沢B&B
http://getnews.jp/archives/238458
◇千葉の中島書店に野菜常設直売所
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1295665508

◆製品カーボン・ニュートラル
国内で注目されるのが、経済産業省と環境省が10月に試行する「製品カーボン・ニュートラル制度」である。製品のライフサイクルにおける二酸化炭素(CO2)排出量が「ゼロ」となる製品をラベルなどで公的に認定することを目指す。
ただし、製造過程でのCO2排出量がゼロとなる製品はあり得ない。そこで、この制度は、製品とは直接関係のない温暖化ガス削減プロジェクトや森林整備プロジェクトで生み出された排出枠を利用する。自社の環境活動で生み出したり、他社から購入したりした排出枠で、実際の排出量を相殺し、「みなし」で排出量ゼロを認定するわけだ。
[日経MJ/日経エコロジー谷口徹也編集長の環境マーケティング 12/09/09]
◇「製品のカーボン・ニュートラル制度」向け国内クレジット
http://www.ftcarbon.co.jp/国内クレジット/製品のカーボン-ニュートラル制度/
◇製品カーボン・ニュートラル制度
http://www.smart-energy.jp/pdf/0816.pdf
◇カーボンフットプリント(CFP)制度試行事業について
http://www.cfp-forum.org/news/report/data/2011seminar_03.pdf
◇アウトドアブランド「ティンバーランド」 HP
http://www.timberland.com/
◇ティンバーランドの環境スチュワードシップ
http://www.social-market-press.jp/column/79/

◆これぞ「定番」機能美追求、新ブランド「THE」シンプルが逆に新鮮
使いやすくてシンプル。それでいて上質感が漂う。飽きずに長く使えるこうした「定番」デザインは、モノがあふれかえる日本において意外に少ないのではないか。こんな思いを抱いたアートディレクター、水野学氏ら3人が「この分野で、これこそは」と呼べる定番デザインを探求するため、新ブランド「THE(ザ)」を立ち上げた。
[日経MJ 12/09/12]
◇新ブランド「THE」 HP
http://the-web.co.jp/
◇アートディレクター・水野学氏主宰「gooddesigncompany」 HP
http://www.gooddesigncompany.com/
◇水野学氏主宰「gooddesigncompany」 Twitter
https://twitter.com/g_d_c
◇手紡ぎ手織り麻製品「中川政七商店」 HP
http://www.yu-nakagawa.co.jp/
◇プロダクトデザイナー・鈴木啓太氏 ブログ
http://ameblo.jp/suzuki-keita-blog/

◆会員制、個性派商品で台頭
インターネット通販で、顧客を限定し比較的高額な商品を販売する「会員制サイト」の存在感が高まっている。最近、特に注目されている形態がある。米国などで普及し始めている、特定ジャンルの商品群で定期購入の仕組みを導入した「サブスクリプションコマース」だ。一定額の利用料を支払えば、定期的に事業者が目利きした商品を届ける仕組みだ。
[日経MJ 12/09/12]
◇会員制ネット通販「ギルト・グループ」、米国と日本で急成長の理由
http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/9f3da671c66ccc3050acf97dffe0499c/
◇最新ネットビジネス「会員制サイト」構築方法
http://www.netbusinesssoft.com/
◇デザイナー雑貨の会員制サイト「MONOCO(モノコ)」
https://monoco.jp/
◇20代女性向けサブスクリプション型コマースを開始/mixi
http://mixi.co.jp/press/2012/0918/11136/
◇日本酒定期購入サービス「SAKELIFE」 HP
http://sakelife.jp/
◇無添加キャットフードを販売「ねこサプライズ」 HP
https://necosurprise.com/
◇定期販売を始めるなら「Boox To You」
https://www.box2you.com/
◇学生対象有料サービス「Amazon Student」
http://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=2410972051
◇楽天「プライベートセールス」
http://event.rakuten.co.jp/campaign/platinum/special/info/
◇稼ぐ会員制サイトの構築方法7つのステップ
http://www.nichejoel.com/s8advance/membersite/how-membersite/
◇キュレーション&サブスクリプションコマースサイトまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2132306065702153301

| | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »