« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012/11/15

情報クリップダイジェスト 2012/10

◆買い物、慎重に見極め 震災1年半、意識変化大きく
(1)震災/原発事故を機に、買い物の際に必要性や機能を慎重に見極める傾向が定着
(2)地震に警戒強める近畿圏、防災意識は首都圏の水準に近づく
(3)将来の安全・安心へ乳幼児など家族を防衛する消費行動一段と
〈日経産業地域研究所主任研究員 根本正一)
[日経MJ/消費分析 12/10/10]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇「震災一年半後の意識・ライフスタイル」レポート/電通総研
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2012/pdf/2012104-0921.pdf
◇震災後の生活者意識の変化/電通
http://www.yhmf.jp/pdf/activity/adstudies/vol_39_01_04.pdf
◇震災後の意識・行動の変化に関する調査/ライフネット生命
http://www.lifenet-seimei.co.jp/newsrelease/2012/4013.html
◇大震災後の 生活行動や消費の変化に関する調査/JTB総合研究所
http://www.tourism.jp/research/pdf/jtm_earthquake20120601.pdf
◇震災から1年、変化した消費行動
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/kouza/kabuka2/03/20120208-OYT8T00712.htm

◆企業との協働意向弱く 生活者「商品開発、参加したい」2割
〈大広ダイレクトマーケティング総合研究所 主任研究員 大広斉藤正幸〉
(1)生活者はソーシャルメディアなどで企業と強くつながりたがっている訳ではない
(2)「企業は顧客の声に耳を傾けるべきだ」は6割超。「商品開発に参加したい」は2割
(3)協働型マーケティングのハードルは高く、ゲーミフィケーションなどの手法が期待される
[日経MJ/消費分析 12/10/03]
◇広告代理店「大広」 HP
http://www.daiko.co.jp/
◇企業と生活者のつながりに関する意識調査/大広(原典)
http://daikodmsoken.jp/research/1/
◇『コトラーのマーケティング3・0』 について(書評Blog)
http://scholar.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/30-2520-f8e1.html

◆リビング仕様、仏壇の進化形、「祈りのカタチ」新提案続々
生活様式や価値観の変化に伴い、ここ数年、新しい祈りのカタチを提案する仏壇の新たなデザインが相次ぎ登場している。従来の仏壇のイメージは払拭され、家具や宝箱と見まがうような商品が急増中。
インテリア調、置きやすく/アンティークで高級感/厨子、自由な発想で
[日経MJ 12/09/19]
◇現代仏壇の「八木研」 HP
http://www.yagiken.co.jp/
◇供養と祈りの総合ブランドメーカー「インブルームス」 HP
http://www.inblooms.co.jp/
◇「ギャラリー厨子屋」 HP
http://www.zushiya.com/
◇「モダン仏壇.com」 HP
http://www.modernbutudan.com/
◇漆芸家・若宮隆志氏
http://www.design-ishikawa.jp/gallery/17/023.html

◆建築を彩るテキスタイル展 川島織物の美と技 
西洋化、近代化の波とともに、着物や帯などに使われていた伝統的染織品を室内装飾に使えるよう発展させたのが、京都・西陣周辺で呉服を扱っていた2代川島甚兵衛(1853~1910年)だ。東京・京橋のLIXIL(リクシル)ギャラリーで開催中の「建築を彩るテキスタイル展 川島織物の美と技」で、彼の先見の明と気概に触れることができる。
[産経新聞 12/09/19]
◇川島織物セルコン HP
http://www.kawashimaselkon.co.jp/
◇「建築を彩るテキスタイル展―川島織物の美と技」
http://www.kawashimaselkon.co.jp/news/pdf/20120612.pdf
◇「建築を彩るテキスタイル―川島織物の美と技―」を観た(Blog)
http://ameblo.jp/tonton3/entry-11359759092.html

◆現代ニッポンの漢字文化 発想自由、新たな味わい
伝統を踏まえつつも、自由な発想で新しい側面から漢字に光を当て始めた現代ニッポンの漢字文化。
大修館書店発行の「四字熟語辞典」は、約300のキーワードごとに四字熟語が探せる索引が付いており、読書感覚で辞典を最初から最後までくまなく読む人が増えているという。
[日経MJ/日経おとなのOFF森田聡子編集長のオトナ行動学 12/09/28]
◇大修館書店発行「四字熟語辞典」
http://plaza.taishukan.co.jp/shop/Product/Detail/10216
◇インテリア書道を標榜する「Carre MIJI」 HP
http://www.carremoji.jp/
◇2011年の"仕事観"を表す漢字調査/DODA
http://doda.jp/guide/ranking/049.html

◆アニメ×伝統工芸、意外にイケてる 染め物・漆器…新たな魅力開拓
希少性、ファンうならす
長い歴史を誇る伝統工芸と、若者カルチャーの代表格であるアニメ。縁が遠いようにみえる両文化のコラボレーションが広がってきた。伝統工芸の生産者はアニメキャラクターを染め物にあしらったり、焼き物にかたどったりして魅力をアピール。アニメグッズを扱う企業も既存商品に飽き足らないファンを取り込める利点に注目する。新旧文化の異色な融合が新たな付加価値を紡ぎ出し始めた。
[日経MJ/ブームの予感 12/10/12]
◇No Mark「銘品零号」 HP
http://www.zerogo.jp/
◇No Mark Twitter
https://twitter.com/nomark_haruki
◇秩父型染「碓井捺染」 HP
http://www.chichibukisara.jp/
◇「パワーパフ ガールズ」が伝統工芸品に
http://www.atpress.ne.jp/view/30049
◇雑貨店「iine tokyo」 HP
http://shop.iine-tokyo.com/
◇「いいね!!パワーパフガールズ+1展」
http://www.iine-tokyo.com/?page=1

◆スケッチブックが旅を 世界のアーティスト71人、手渡し4年半
「スケッチトラベル」 先月画集に
一冊のスケッチブックが大好きなアーティストの手から手へと渡ったら――。そんな「遊び」のような思いつきから、世界の著名アーティスト71人の作品集が生まれた。4年半で12カ国を巡ったスケッチブックはチャリティーオークションで途上国に図書館などをもたらした。
[朝日新聞 12/0924]
◇国際的チャリティアートプロジェクト「スケッチトラベル」 HP
http://www.sketchtravel.com/?lang=ja
◇アートディレクター・堤大介氏 ブログ
http://www.simplestroke.com/wp/
◇世界を旅するスケッチブック
http://shichigoro.blog14.fc2.com/blog-entry-472.html
◇堤大介氏×糸井重里/ほぼ日刊イトイ新聞
http://www.1101.com/sketchtravel/
◇仏イラストレーター・ジェラルド・ゲルレ氏 サイト
http://www.geraldguerlais.com/

◆相手限定アプリ、本音の付き合い 恋人やママ友…交流サービス続々
親しい仲間に限定してやり取りするコミュニケーションサービスが続々登場、若者を中心に支持を集めている。すでに普及した交流サイト(SNS)、フェイスブック(FB)やミニブログ、ツイッターに比べ、相手が限定的で「内輪」感が強いのが特徴だ。自分が信頼できる相手とのみ、ひそやかに本音を交わし合う。そんなサービスが人気を集める。
[日経MJ/ブームの予感 12/09/24]
◇カップル向けアプリ「ペアリー」
http://pairy.com/
◇親しい友だちや家族とだけ繋がる「Path(パス)」
http://www.tabroid.jp/app/tools/2012/04/com.path.html
◇共通の趣味を持つ人限定「みんなの交換日記wakka」
http://wakka-diary.com/
◇共通の趣味を持つ人限定「みんなの交換日記wakka」Twitter
http://twitter.com/koukannikki_wa
◇SNS利用実態調査/IT pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120308/385365/
◇SNSの仕事での利用は約13%/IT pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120309/385626/?k2

◆睡眠商戦が活況 マンションに快眠ルーム
長時間労働やストレス過多もあって、日本人の5人に1人は睡眠に何らかの悩みを抱えているといわれる。こうした中、「快眠」をうたったマンションや寝やすく工夫したパジャマ、眠りの質を測定する機器といった商品が続々登場。不眠や疲労を解消したい人々に向けた商戦が活発になっている。
[産経新聞 12/09/24]
◇ウェリス大宮 HP
http://www.w-omiya.com/
◇タニタ監修の「快眠ルーム」プラン/R25
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20120711-00024326-r25
◇ワコール「睡眠科学」 HP
http://www.wacoal.jp/pw/lineup/suimin/
◇オムロン「睡眠計 HSL-101」
http://www.healthcare.omron.co.jp/src/catalog/HSL-101_c.pdf
◇健康管理サービスサイト「ウェルネスリンク」
http://www.wellnesslink.jp/

◆再生への物語、製品に息づく、廃材利用品、完成度高まる
こすれた素材、表情生む
「再生デザイン」の魅力がぐっと高まってきた。ゴミから売れる商品を作り出す――。エコロジーの観点から注目されることが多かったが、モノとしての完成度が上がってきたからだ。作り手は廃棄物を他の製品と違いを打ち出せる素材として注目。買い手も再生の変遷を商品の「物語」として楽しむようになっている。
[日経MJ 12/09/26]
◇ケンエレファント HP
http://kenelephant.co.jp/
◇ニューズドプロジェクト HP
http://newsedproject.jp/
◇ニューズドプロジェクト紹介記事
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120727/235046/?rt=nocnt
◇バッグブランド「蝉semi」 HP
http://semi.tv/
◇吉田カバン HP
http://www.yoshidakaban.com/
◇「東京デザイナーズウィーク2012」 HP
http://www.tdwa.com/
◇「gomi-con2012」 HP
http://gomicon.jp/
◇総合リサイクル処理「ナカダイ」 HP
http://www.nakadai.co.jp/

◆生活インフラ改善にニーズ 食や健康、楽しさ求める
(1)楽しいことが「少ない」人は5割。「好奇心のわくものが少ない」人は6割
(2)「もっと楽しいことがあるといい」は8割を占め、若年層や女性ほど高い
(3)健康や食生活、移動手段やエネルギーなど生活の基礎分野への期待が大きい
[日経MJ/消費分析 12/09/19]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇マクロミル HP
http://www.macromill.com/
◇動の成熟「楽しさの先進国をめざして」/生活総研
http://seikatsusoken.jp/pdf/insight_out_report_r11.pdf
◇「緊張・ストレス」に関する調査/アイブリッジ
http://news.mynavi.jp/news/2012/03/22/023/index.html
◇「幸福度」調査/第一生命
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/news/news1208.pdf
◇お金が人を幸福にしない理由/WIRED
http://wired.jp/wv/2010/08/18/お金が人を幸福にしない理由:心理学実験から/

◆東京ステーションホテル 歴史と高級感、宿泊誘う
JR東京駅に東京ステーションホテルが3日、改装開業する。駅舎内という利便性の高い立地ながら100年前の赤レンガをあえてむき出しにし、歴史を感じさせる趣向だ。広さが173平方メートルで皇居まで続く行幸通りが見渡せるロイヤルスイートだけでなく、天井の高いラウンジを設けるなどし、高級感を打ち出す。
[日経MJ 12/10/01]
◇JR東京駅に東京ステーションホテル HP
http://www.tokyostationhotel.jp/
◇JR東京駅に東京ステーションホテル レポート
http://news.mynavi.jp/articles/2012/10/03/tokyostationhotel/
◇東京ステーションホテル 全面改装してオープン(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=QcKLLBnQGkA
◇東京ステーションホテル Photo
http://www.jalan.net/yad387456/photo/
◇東京ステーションホテルのレストラン予約受付開始
http://news.livedoor.com/article/detail/6669947/
◇東京駅 丸の内駅舎の内覧会に行ってきました(Blog)
http://www.franja.co.jp/column/column01/6075
◇◇東京ステーションホテル について(Blog)
http://ameblo.jp/web-nile/entry-11363022616.html

◆欧米メーカー製ベビーカー、機能も個性も自慢の「外車」
「イクメン」から称賛の声
子育てでも個性を発揮したい人たちに人気が高い欧米メーカーのベビーカー。ボタン1つで自動開閉するロボット風や、ドイツの高級車メーカー、BMWと共同開発したスポーティーな商品も登場し、機能性の高さやファッション性を競い合う。すれ違う人が思わず振り返るような「外車」のデザインに、ますます磨きがかかっている。
[日経MJ 12/10/03]
◇ベビーカーブランド「4mom's」 HP
http://www.4moms.jp/
◇子供向け家具「ストッケ社」 HP
http://www.stokke.com/ja-jp/
◇キッズショップ「リボンハッカキッズ」 HP
http://hakka-onlineshop.jp/
◇ベビーカーブランド「フィル&テッズ社」 HP
http://philandteds.com/jp
◇ベビーカーブランド「マクラーレン」 HP
http://shop.maclaren.jp/

◆「農業体験ツアー」人気 生産者、作物への思い伝え拡販にも
顔が見え、身近に/地域活性化に一役
消費者が産地を訪れて農作業を体験するツアーが人気を集めている。食の安全・安心への関心の高まりが背景にあり、子供の食育にもつながっているという。農家が生産への思いを伝えることで、農作物の販売拡大などの効果も期待される。
[産経新聞 12/10/03]
◇IT企業「サイバード」 HP
http://www.cybird.co.jp/
◇農家直送「マイファーマー」 HP
http://my-farmer.jp/
◇サイバード、首都圏家族向け農業体験ツアー
http://www.cybird.co.jp/press/content/2012/c20120731.html
◇こどもマルシェ 農業体験プロジェクト
http://www.nico-kidsinbloom.com/nico_crew_blog/post_638.php

◆独の雑貨で男性客開拓、良品計画、食器や文具など100点展開
総合雑貨店「無印良品」を展開する良品計画はドイツの雑貨店と組み、同社の商品を11月から大型店などで販売する。無印良品の商品群になく、シンプルなデザインの食器や文具など約100点を扱い、減少傾向にある男性客を増やす。良品計画が他社ブランドを前面に出した売り場をつくるのは初めて。
[日経MJ 12/10/05]
◇Found MUJI meets マニュファクタム
http://prtimes.jp/data/corp/987/7d40bfc6c55855bef5054081c07adb18.pdf
◇独「Manufactum」 HP
http://www.manufactum.de/
◇無印良品「Found MUJI」 HP
http://www.muji.net/foundmuji/

◆知も満たす、共感の接客 CCC、品定め、プロが助言
消費体験の豊富な団塊世代が加わり始めた平成時代のシニアは、嗜好や関心が多様化した手ごわい存在。共感を覚える同世代の店員らを充てるだけでなく、深い知識や若い世代の知見を織り交ぜ、旺盛な好奇心をくすぐる工夫が、購入へ背中を押し、常連を育てる接客のポイントのようだ。
[日経MJ/シニアが拓く 12/10/05]
◇代官山「蔦屋書店」 HP
http://tsite.jp/daikanyama/store-service/tsutaya.html
◇代官山の大人のためのTSUTAYA「蔦屋書店」
http://www.fashionsnap.com/inside/ikihana-tsutaya/
◇幸せは50代から/WIRED
http://wired.jp/wv/2010/05/19/幸せは50代から:30万人の調査でわかった「u字カー/
◇シニア世代の旅行が活況になっています
http://www.touristbusiness-cottage.com/
◇シニアのお金の使い道とその意義
http://www.usability4s.info/contents/?p=2301
◇イオン“グランド・ジェネレーション”を旗印に変革推進
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/tokusyu/20120806/201208toku4.html

◆実店舗、通販が磨く
豊富な在庫と機動力で成長する通販の長所を取り込み、実店舗の販売スタイルを進化させる。そんな試みが次々と具体化し始めた。客はお店の中でネット通販画面を見て商品を検索したり、テレビ通販流のライブ感を味わいながら品定めしたりする。ITと接客を絡め、消費者の多様なウォンツに素早く、的確に応えるのが狙いだ。
[日経MJ 12/10/08]
◇婦人服店「マッシュマニア」 HP
http://www.mashmania.jp/
◇千葉県市原市のSC「ユニモちはら台」 HP
http://unimo-chiharadai.jp/
◇ファーストブラザーズ投資顧問 HP
http://www.fbrothers.co.jp/group/fbam/
◇現実とネット融合の新業態店舗「ライブショッピングちはら台」
http://www.fbrothers.co.jp/information/2012/0322/
◇仏カジュアル衣料「ラコステ」 HP
http://www.lacoste.co.jp/
◇事例で学ぶiPhone/iPad活用術「ラコステ」
http://news.mynavi.jp/series/iphoneipadkatsuyo/079/
◇ディマンドワークス HP
http://dwks.cocolog-nifty.com/
◇7.8兆円規模に急成長を遂げた国内EC市場
http://diamond.jp/articles/-/20323
◇同じ土俵に乗ったネット通販とリアル店舗
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20111031/223512/?rt=nocnt
◇ショールーミング問題 について(Blog)
http://shop-saika.jugem.jp/?eid=99

◆タクシーのCO2相殺、KmHD、都内に専用乗場
日本交通LPG併用車/初乗り分 排出枠購入
タクシー会社のKmホールディングスは都内に新たな乗り場を開設した。この乗り場で乗車した人から初乗り距離相当分で二酸化炭素(CO2)排出枠を買い取る仕組みで、環境意識の高い消費者が増えているのに対応しながら利用拡大を目指す。
[日経MJ 12/10/05]
◇環境にやさしいタクシーのりば
http://www.km-group.co.jp/news/_pdf/kmNewsRelease_0830.pdf
◇タクシー×百貨店「環境にやさしいタクシーのりば」
http://www.ecomo.or.jp/environment/carbon_offset/data/km_isetan_torikumi.pdf
◇電気、ハイブリッド限定、エコなタクシー乗り場
http://www.ecozzeria.jp/shimbun/news/2011/10/04/ev_hv_taxi.html
◇日産LEAF、ロンドン市内に世界一安いタクシー乗り場を設置
http://markezine.jp/article/detail/16076
◇「EVタクシーシェアのりば」の本格運用を開始
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p498488.html

◆歩く広告、街をゆく 顔に太ももに視線くぎ付け
顔や足など自分の体に広告を貼った人が街中を闊歩し始めた。場所を選ばず露出可能で、すれ違う誰もが振り向くほどインパクトは大きい。交流サイト(SNS)では広告媒体となった本人の投稿が注目を集め、その姿はネット上で拡散。企業も効果の大きさに注目する。今度はどこに、どんな広告を貼るのか。文字通り体を張ったPR合戦が熱を帯びる。
[日経MJ/ブームの予感 12/10/10]
◇顔面広告.com
http://ganmen-kokoku.com/
◇広告枠は“自分の顔”!
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20120723/Urepia_7685.html
◇コワーキングスペース運営「インクルードデザイン」 HP
http://www.include.bz/
◇村上隆著『創造力なき日本』
http://www.kadokawa.co.jp/murakamitakashi/
◇太もも広告「絶対領域広告」 HP
http://www.zettaipr.com/
◇ウェブマーケティング会社「ウィット」 HP
http://www.wit-inc.jp/
◇無料で広告パンツを届ける「フリパン」 HP
http://free-pants.jp/
◇無料広告傘「タダカサ」 HP
http://www.zenryoku.co.jp/tada/

◆ホテル「体験型」で集客 藤田観光、プリンスホテル
藤田観光 文化財茶室で茶道/プリンスホテル シェフの料理教室
ホテル各社が茶道や料理など「体験型プラン」を拡充する。時間や金銭的に余裕がある中高年らにまず足を運んでもらうきっかけを作り、次に旅行した時の宿泊利用につなげる狙いだ。
[日経MJ 12/10/10]
◇プリンスホテル、体験型宿宿泊「おとなの自由時間」
http://www.princehotels.co.jp/otonajikan/

◆かわいく便利、メモを楽しく、ハイモジモジがアイデア商品
デジタル全盛の今、アナログの紙製メモに新たな光を当てるのが雑貨メーカー、ハイモジモジだ。パソコンのキーボードを彩るかと思えばアクセサリーにもなり、手首に巻けたり、指にはめたりできる。メモとしての機能にこだわりながら、社名同様にユニークな商品が使う人を和ませる。
[日経MJ 12/10/10] 
◇雑貨メーカー「ハイモジモジ」 HP
http://www.hi-mojimoji.com/
◇雑貨メーカー「ハイモジモジ」 Twitter
https://twitter.com/HIMOJIMOJI
◇雑貨店「iine tokyo」 HP
http://www.iine-tokyo.com/

◆ナマコ猟師も「スマホファースト」 手のひらの上の仕事場
爆発的に普及するスマートフォンが働き方を変えていく。MM総研が昨年、560社へ調査したところ、テレビ会議アプリ「スカイプ」導入率は試行を含め16%に上った。「より便利に使いたいとさまざまなアプリの導入を求める要望が上がっており、業務効率化アプリの開発が進んでいる。
留萌ナマコ部会の組合員は2年前から、「デジタル操業日誌」というアプリを使ってナマコの資源管理をしている。
[産経新聞 12/10/12]
◇スマートテレビの利用意向と今後の普及予測/MM総研
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120121018500
◇iPhone5発売後のスマートフォン購入実態調査/MM総研
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120121004500
◇テレビ会議アプリ「スカイプ」
http://www.skype.com/intl/ja/home
◇ナマコ漁の漁師に試験導入されたiPad活用事例
http://www.macotakara.jp/blog/report/entry-15155.html
◇スマホ利用実態調査/電通
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2012/pdf/2012036-0329.pdf

◆原材料の持続性 認証採用を商品価値に
「生物多様性経営」に取り組む企業が増えてきた。その一例が、特定の生物資源を枯渇させる恐れがないという「持続性可能」の認証を受けた原材料を利用する動きである。
今、最も注目を集めているのが、「持続可能なパーム油のための円卓会議」(RSPO)による認証だ。
[日経MJ/日経エコロジー 谷口徹也編集長の環境マーケティング 12/10/08]
◇世界の自然を守る「WWF」 HP
http://www.wwf.or.jp/
◇生物多様性への対応に環境経営の真価が問われる/NTT DaTa
http://www.keieiken.co.jp/monthly/2010/1008-10/
◇持続可能なヤシ油「RSPO認証」(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=iS9WL6sUJLU
◇ボルネオ環境保全に取組む「サラヤ」 HP
http://www.yashinomi.jp/
◇ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン
http://www.unilever.co.jp/Images/Corporate_USLP_101201_tcm56-252009_tcm56-252009.pdf
◇持続可能な水産物のキャンペーンを開始
http://www.msc.org/newsroom-ja/news/connetable-findus-labeyrie-carrefour-and-the-msc-join-forces-to-promote-certified-sustainable-seafood
◇米マクドナルド「生態系認証製品」採用に
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20120307/111520/
◇花王、RSPO SCCS 認証を取得
http://www.kao.com/jp/corp_news/2012/20120531_001.html
◇コープ、SPO認証パーム油購入スタート
http://www.coopclean.co.jp/about/coop_rspo2.html
◇持続可能なパーム油認証の最新動向
http://eco.goo.ne.jp/business/csr/global/clm68.html

◆無印良品、雑貨交換部材、ネット通販、本体商品の「長持ち」もPR
良品計画は来春にも、取り扱う雑貨商品の部材数百点をインターネットで販売する。こうした部材を交換する際は現在、店頭で対応しているが、利用者が拡大する通販サイトを活用し広く知ってもらう。部材発注など店舗側の負担も減らす狙い。
[日経MJ 21/10/10]
◇無印良品ネットストア
http://www.muji.net/store/

◆SNS、シニア消費刺激 利用者、新商品や流行に敏感 好奇心旺盛
(1)SNSを利用するシニアは好奇心旺盛で情報収集に貪欲。仲間内では情報発信源に
(2)非利用派に比べて新商品・サービスに飛びつきやすく、趣味に対する消費意欲も旺盛
(3)満足度は「Q&Aサイト」「グーグル+」上位。利用意向は「Q&Aサイト」が突出
[日経MJ/消費分析 12/09/26]
◇シニアのライフスタイルとSNS利用に関する調査/クロス・マーケティング(原典)
http://www.cross-m.co.jp/report/seniorsns20120801/
◇通信利用動向調査/総務省
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/120530_1.pdf
◇ネットより新聞やテレビ、シニア世代の情報収集
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1208/02/news063.html
◇シニア層マーケティング調査「マミオン(有)」 HP
http://mamion.net/

| | トラックバック (0)

2012/11/10

情報クリップダイジェスト 2012年10月号アップ

情報クリップダイジェストの10月号をアップいたしました。

取り急ぎ、お知らせまで。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2012/11/201210-0247.html

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/04

源氏物語全編 思わず85円で購入!

Img_0430

iTune で源氏物語全編、定価3200円が発売記念ということで、11月5日まで「85円!」。思わずポチッと購入してしまいました。まあ、85円だから読めなくてもいいか、と思ってたのですが、これが「寝る前本」としては最高。30分ばかり、ベッドの上でiPhoneをめくって読むのにぴったりです。
それにしても日本人の感受性と言うのは「フシギ」なものだと、つくづく感じさせられます。こんな感性を持った民族に、政治なんかできるわけがない。それが悪いことだとは思いませんが・・・・・。と、まあ、それはさておき、与謝野晶子訳のこの本を読んでいると、
日本人の淫蕩でセンチメンタルなDNA
が深層から蘇ってくるような気分が、けっこうココチよい。ズージャ聞きながら読むと、もっとキモチいい!
しかしですね。これを読みきるのに、いったいどれくらいの月日がかかるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »