« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/16

情報クリップダイジェスト 2012年12月号をアップしました。

各位

お正月もあけて、はや1月後半です。はっと気がつけば1年が過ぎていた、ということにならないように、今年は日々を「ていねいに」すごしたいものですね。

情報クリップダイジェスト先年の再集合をアップしました。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2013/01/201212-b1ae.html

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップダイジェスト 2012/12

◆香りや手触り…五感を刺激 国産材の「木製玩具」復活
国産の樹木を使い、地元の職人が加工した高品質な木製玩具が復活しつつある。昨年度から住民の誕生祝いとして贈る自治体の事業もスタート。デパートやイベントスペースでも人気を呼んでいる。
[産経新聞 12/11/21]
◇日本グッド・トイ委員会 HP
http://goodtoy.org/
◇ウッドスタート事業「木育にっぽん21」
http://www.mokuiku21.org/wstart.html
◇幻冬舎エデュケーション HP
http://www.gentosha-edu.co.jp/
◇高山「オークヴィレッジ」 HP
http://www.oakv.co.jp/
◇秋田木育プロジェクト「AWTP」 HP
http://www.awtp.jp/
◇子育て木使い事業の取組/香川県
http://www.pref.kagawa.lg.jp/seiburingyo/main/mokuiku/images/kosodatekizukaijigyou.pdf
◇森づくりフォーラム HP
http://www.mori-zukuri.jp/contents/action/member/

◆合板が形作る魅惑の曲線美、工業製品に活用広がる
斬新な発想、匠の技生かす
無垢の木材では難しい曲線を表現する国産のプライウッド(成型合板)。薄くシート状に削った板を交互に重ね合わせて、熱と圧力を掛けて成型する。美しい曲線を生かした、自動車のハンドルや室内の間仕切り、掛け時計などが注目を集めている。
[日経MJ 12/11/28]
◇天童木工 HP
http://www.tendo-mokko.co.jp/
◇木材加工メーカー「北三」 HP
http://www.hoxan.co.jp/
◇新型「レクサスLS」の縞杢ハンドル、老舗家具メーカーの匠の技
http://bizmakoto.jp/style/articles/1210/15/news058.html
◇パナソニックエコソリューションズ内装建材 HP
http://panasonic.co.jp/es/pesibp/
◇佐藤ケンイチ展「INTERACTIVE FURNITURE」
http://news.livedoor.com/article/detail/7109140/
◇建材メーカー「滝澤ベニヤ」 HP
http://www.takizawaveneer.co.jp/
◇木製家具メーカー「匠工芸」 HP
http://www.takumikohgei.com/
◇日本のモノづくりの総合ショールーム「monova」
http://www.ozone.co.jp/showroom_shop/showroom/monova/
◇インテリア関連用品の企画製造販売「タカタレムノス」 HP
http://www.lemnos.jp/
◇渋谷ヒカリエ「イデーショップ ヴァリエテ」
http://www.idee.co.jp/shop/variete_shibuya/
◇鉄瓶「いものケトル・M いものケトル・L」
http://www.g-mark.org/award/describe/38552?token=

◆蒲鉾の表現力、存分に味わう、発想と職人技で練り上げ
おせち料理でおなじみの蒲鉾(かまぼこ)がクリエーターの手によって姿を変えた。板から離れ額に入る。キャンディーのようにきれいな紙に包まれる。折る、丸めるなど自由に扱える。豊かな発想と蒲鉾職人の技が相まって、今まで見ることのなかった蒲鉾作品の数々が、アートの展示会場で輝きを放った。
[日経MJ 12/12/05]
◇青参道 HP
http://aosando.com/
◇青参道アートフェア2012 HP
http://aosando.com/aosando-art-fair/178-2
◇栄光デザイン&クリエーション HP
http://www.eikoh-dc.com/
◇鈴廣かまぼこ HP
http://www.kamaboko.com/
◇「かまぼ考」 について(Blog)
http://ameblo.jp/sekitak/theme-10013088954.html
◇「かまぼ考」 について(Blog)
http://chelseagirl12.jugem.jp/?eid=483

◆行列のできるヘルシーランチ 野菜・玄米で飽きさせず
生活習慣病の予防やダイエットなど、性別や年代を超えて健康志向が高まっている。「外食するときも、なるべく野菜を取ろう」と考える人は確実に増えている。
こんなニーズをうまくとらえて、開店前から行列ができる店をつくったのが、「玄米カフェ 実身美(サンミ)」を立ち上げた大塚三紀子氏。1号店の「あべの店」は、店の広さがわずか10坪(約33平方メートル)で21席しかないが、ランチだけで月に200万円を売り上げる。来店客の8割が女性だ。
[日経MJ/食ビジネス考 12/11/16]
◇玄米カフェ「実身美(サンミ)」 HP
http://sangmi.jp/
◇玄米カフェ「実身美」 について(Blog)
http://coool-mama.dreamlog.jp/archives/7578211.html
◇玄米カフェ「結わえる商家(しょうか」) HP
http://www.yuwaeru.co.jp/

◆商品選び、節約志向裏付け、価格と機能・品質を重要視
「理念や社会貢献」は低く
消費者庁が消費生活に関する意識調査をしたところ、商品やサービスを選ぶ際に「価格」と「機能や品質」を重要視していることが分かった。景気低迷で消費者の節約志向が根強く、価格への支持は依然強い。品質に対しても、安全や機能などに消費者の厳しい目が注がれている。
[日経MJ 12/11/16]
◇消費生活に関する意識調査/消費者庁(原典)
http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/121112adjustments_1.pdf
◇消費者教育ポータルサイト
http://www.caa.go.jp/kportal/index.php
◇新商品を買いたいと思う認知経路調査/sankeiliving
http://www.sankeiliving.co.jp/research/ol/112.html
◇「購買行動におけるクチコミの影響」に関する調査
http://research.goo.ne.jp/database/data/001430/ 
◇「生活者1万人アンケート調査」/野村総研
http://www.nri.co.jp/news/2012/121119.html

◆ICTが導く未来の売り場は
売り場の利便や接客技術は向上している。それでもまだ、客がストレスを感じる場面は少なくない。次の売り場の進化のテーマは「ストレスフリー」だ。ICT(情報通信技術)やロボット技術が快適な買い物を演出する。インターネット通販に客を奪われることなく、反復来店を促すことができる近未来の売り場とはどんなものだろうか。
[日経MJ 12/11/19]
◇ユニクロ「「バーチャル試着システム」/DNP
http://www.dnp.co.jp/news/10056353_2482.html
◇高島屋大阪店、アンドロイド「みなみ」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1202/06/news091.html
◇2012年デジタルサイネージに関する意識調査(1)
http://www.yanoict.com/yzsurvey/2012/1.html
◇2012年デジタルサイネージに関する意識調査(2)
http://www.yanoict.com/yzsurvey/2012/2.html
◇2017年度までのIT主要市場の規模とトレンド展望/野村総研
http://www.nri.co.jp/news/2012/121121.html
◇電子商取引に関する市場調査/通産省
http://www.meti.go.jp/press/2012/08/20120828002/20120828002-4.pdf
◇NEC、顔認識技術を活用したデータ分析クラウドサービスを提供へ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1211/07/news062.html
◇マイクロソフト「Kinect for Windows」
http://www.amamoba.com/pc/kinect-windows.html

◆ものづくり、街でも家でも
3D工作機で「誰もがクリエーター」 企業、個人の発想生かせ
デジタル工作機器とインターネットの普及で、みながものづくりを楽しむようになる――。米国の雑誌「ワイアード」編集長、クリス・アンダーソン氏(51)は近著「メイカーズ」で予言する。消費財メーカーや流通業は、この変化をどう好機につなげるか。
[日経MJ/企業は 12/11/19]
◇米・雑誌「WIRED」 HP
http://wired.jp/
◇3Dプリンター進化 どこでも工場になる予感/nikkei
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGF02008_S2A101C1H49A00/
◇パーソナル3Dプリンタでドロイド君を作ってみた
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1207/25/news013.html
◇ハンドメイドマーケット「iichi(いいち)」 HP
http://www.iichi.com/
◇ハンドメイドマーケットポータルサイト
http://matome.naver.jp/odai/2132895079766440001
◇3次元プリンタショールーム「CUBE」/イグアス
http://www.jbcchd.co.jp/2012/10/17.html
◇3次元プリンタショールーム「CUBE」
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1210/17/news123.html
◇渋谷「FabCafe」 HP
http://www.fabcafe.com/
◇渋谷のFabCafe。iModelaも実験的に設置
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1203/01/news123.html
◇シェアオフィス「コーラボ(co-lab)」 HP
http://co-lab.jp/
◇ファブラボ渋谷 HP
http://www.fablabshibuya.org/
◇「3Dプリンタ」ガイド本プロジェクト/CAMP FIRE
http://camp-fire.jp/projects/view/471
◇「3Dプリンタ」ガイド本プロジェクト紹介記事
http://greenz.jp/2012/11/30/3d_guidebook/

◆ファストフード宅配加速
ファストフードを中心に外食各社が宅配サービスに力を入れている。日本マクドナルドは全国展開に向け電話に加えてインターネットでも注文を受け始めた。バーガーキング・ジャパン(東京・渋谷)は宅配を実験中。セブンイレブンをはじめコンビニエンスストア各社が積極出店に加えて宅配も本格化し中食市場で攻勢をかけるなか、外食側も店から外に飛び出し巻き返しに懸命だ。
[日経MJ 12/11/19]
◇各業界がこぞって注目する宅配サービス
http://matome.naver.jp/odai/2133756465417735501
◇マクドナルドデリバリーサービス HP
http://www.mcdonalds.co.jp/shop/mcdelivery/
◇マックデリバリーの全国展開を発表
http://news.livedoor.com/article/detail/7105777/
◇BK宅配 HP
http://www.burgerkingjapan.co.jp/delivers/
◇焼肉店の叙々苑デリバリーサービス HP
http://www.jojoen-catering.com/
◇飲食系3サービスから見えてくる顧客に寄り添うことの重要性
http://column.socialmedia-rex.com/2012/12/000560.php
◇居酒屋、会議室利用からオフィスに宅配まで
http://moneyzine.jp/article/detail/206350

◆イケア、増改築需要に照準
家具チェーンのイケア・ジャパン(千葉県船橋市)は工務店取引を拡大する。国内6つの全店舗にキッチン家具類の営業担当者を配置。提携する工務店を開拓しながら、住宅リフォーム工事を手がける際に、イケアの家具類の購入を促す。住宅の増改築にあわせたテーブルやイスの買い替え需要も取り込む狙いだ。
[日経MJ 12/11/19]
◇IKEAキッチンサイト
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/kitchen/
◇IKEAの工務店取引店「横田満康建築研究所」
http://www.mituyasu.com/reform/ikea/ikea_kitchen.html
◇IKEAキッチンリフォーム について(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/yokotadiy/diary/201106110000/

◆スマートハウス(ヤマダ電機) 消費者の目線で提案
ヤマダ電機が売る次世代省エネ住宅「スマートハウス」の輪郭が現れ始めた。カギを握るのは「住宅展示場からの転換」と「川下発想のライフスタイル提案」だ。中堅住宅メーカーのエス・バイ・エルを子会社化し、住宅事業に参入して約1年。家電も車も家も販売する家電量販店の新事業モデルの追求で、消費者の購買意欲を呼び覚ます。
[日経MJ/生活創造 12/11/19]
◇ヤマダ電機・スマートハウス HPP
http://www.yamada-denki.jp/sevice/alldenka/concept.html
◇「SMART HOUSING」展開開始 /ニュースリリース
http://www.sxl.co.jp/corporate/news/20111110.html
◇ヤマダ電機社長兼COO 一宮忠男氏インタビュー
http://www.dfonline.jp/articles/-/6786?page=2
◇SxL ヤマダ電機の敷地内にモデルハウス建設へ
http://allabout.co.jp/gm/gc/392216/

◆上海発の家具、世界で快進撃、高品質かつ低価格実現
多国籍な組織、柔軟性生む
優れたデザインを高い技術で製品化し安く売る。手仕事が多く残る家具業界では難しい課題だ。だが中国・上海の家具工場が昨秋立ち上げたファクトリーブランド「STELLAR WORKS(ステラワークス)」がそんな常識を覆す。中国製にありがちな粗悪なイメージを跳ね返し、わずか1年で世界30カ国に販売する奇跡を起こしている。
[日経MJ 12/11/21]
◇上海発「STELLAR WORKS」 HP
http://www.stellarworks.com/
◇高級家具製造メーカー「FURNITURE LABO」 HP
http://furniturelabo.jp/
◇「STELLAR WORKS」社長・堀雄一朗氏インタビュー
http://news.livedoor.com/article/detail/7242147/
◇鄭秀和氏主宰「インテンショナリーズ」  HP
http://www.intentionallies.co.jp/
◇織物業・西陣「細尾」 HP
http://www.hosoo.co.jp/
◇家具デザイナー、ボーエ・モーエンセン氏 について
http://scandii.com/borge_mogensen/index.html
◇伝統金網工芸「金網つじ」 HP
http://www.kanaamitsuji.com/
◇中川木工芸 HP
http://www.grass-garden.com/
◇老舗創作竹芸品メーカー「公長齋小菅」 HP
http://www.kohchosai.co.jp/

◆買い物の2割ネット経由、本社「ネットライフ調査」
平日の自由時間の半分はネットと接し、3人に1人がSNSを活用。タブレットやスマートフォンの普及が消費のネットへの移行を加速していることもわかった。
・消費意識、利用ツールで差、LINE派、衝動買い傾向
・ツイッター派、ネット駆使、お得に敏感
・消費支出20%がネット、SNS利用、3人に1人
・フェイスブック派、「リア充」志向
[日経MJ 12/11/21]
◇博報堂DYグループが担う、実効フェズのソシャメディア戦略
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/adtech-tokyo/pdf/adtech_07_121113.pdf
◇インターネット消費者層「コネクテッド20代女性」とは
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2012/10/25/13578
◇だれがショールーミングを行うのか?
http://www.advertimes.com/20120807/article79408/
◇ショールーミングするネット活用層の店舗への期待/DNP
http://www.dnp.co.jp/cio/mediavalue/report/pdf/mvr_vol51.pdf
◇大学生のスマホ利用調査/BLOGOS
http://blogos.com/article/52219/

◆交流、新発想「シェアオフィス」地方在住者の味方に
近年、注目を集める「シェアオフィス」。同じオフィス空間を異業種の人々が共同で使うことによって交流が生まれ、新たな発想にもつながると期待されている。主にフリーランスで働く人の利用が多いが、最近では特に地方在住の自営業者の拠点としても使われており、「進出の足がかりになる」と好評だ。
[産経新聞 12/11/22]
◇シェアオフィス「シゴトバBASE」 HP
http://www.shigotoba-base.com/
◇「ナレッジキャピタル(知的創造拠点)」 HP
http://kc-i.jp/concept/
◇レンタル・シェアオフィス ポータルサイト
http://www.rentaloffice.jp/
◇若手起業家育成プロジェクト「BOAT」 HP
http://boat.voyagegroup.com/
◇起業家のレンタルオフィスに関する意識調査
http://crosscoop.com/misc/entrepreneur_report4-3

◆地中熱でハウス栽培、ジオパワー、重油代半減
地中熱を利用した住宅用冷暖装置の製造・販売を手掛けるジオパワーシステム(山口県美祢市)は山口県農林総合技術センターと共同で、地中熱を使ってハウス栽培の暖房コストを半減できるシステムを開発した。住宅向けの仕組みを応用、イチゴ栽培を手掛ける農家などの需要を見込む。実証栽培に取り組んでおり、2013年度にも発売する。
[日経MJ 12/11/26]
◇ジオパワーシステム HP
http://www.geo-power.co.jp/
◇山口県農林総合技術センター HP
http://www.nrs.pref.yamaguchi.lg.jp/hp_open/a172010/00000001/index.html
◇ストップ温暖化・2050の実現に向けて
http://www.k2-homes.com/common/pdf.jsp?id=1264214842662_pdf

◆サントリー、食事画像でカロリー推計 健康への関心、遊び感覚で
アプリはサントリーホールディングスが「黒烏龍茶」の販売促進を目的に、6月下旬から無料配布を始めた「黒Cam」。ダウンロード数はすでに6万弱。現時点で計画を約5割上回る。
画面は「食事カード」として保存でき、そのままSNSに投稿することも可能だ。
[日経MJ/戦略アプリ活用 12/11/23]
◇SUNTORY「黒烏龍茶」 HP
http://www.suntory.co.jp/softdrink/kuro-oolong/
◇カロリー計測カメラアプリ「黒cam」
http://www.iphone-girl.jp/application-review/204498.html
◇事画像解析を手掛ける「foo.log」 HP
http://www.foo-log.co.jp/

◆伊勢丹新宿本店、婦人服フロア刷新、仮想客別ゾーンで誘う
伊勢丹新宿本店が改装開業した婦人服フロアが話題を集めている。45~65歳を主要顧客のまま、ブランド別だった構成を刷新。顧客の生活様式や価値観に応じて5つの人物像を設定し、タイプごとにゾーンをつくって11~14ブランドを複合的に展開する。あえて「目的買いに適さない」という演出で、自然と「買い回りを促す」。
[日経MJ 12/11/23]
◇伊勢丹本店「大人が美しい、新定番」
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/women/womens_style/index.jsp
◇4階婦人服「大人の女性」のNewショップオープン!(1)
http://i.isetan.co.jp/shinjuku/blog/2012/10/001926.html
◇4階婦人服「大人の女性」のNewショップオープン!(2)
http://i.isetan.co.jp/shinjuku/blog/2012/10/001951.html
◇3階婦人服モードフロア について(Blog)
http://fashionbible.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/a.html

◆トリッピース、同行者募るサービス SNSで「私の旅行」提案
trippiece(トリッピース、東京・渋谷)は消費者が自ら旅行を企画することができるユニークなサービスに力を入れている。既存の商品では満足できないが、一人で旅に出かけるのは不安で、寂しいといったニーズにこたえる狙いで、SNS上に消費者の旅行のアイデアを提示し、同行者を募る。現在は人数がまとまった時点で他の旅行会社に持ち込んでいるが、今後は自動的に旅行会社の入札を募るシステムを導入。来年3月にはシンガポールにも進出する予定だ。
[日経MJ/コトモノNEXT 12/11/26]
◇ソーシャル旅行サービス「trippiece」 HP
http://www.trippiece.co.jp/
◇ソーシャル旅行サービス「trippiece」 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/trippiece
◇ユーザーの9割以上が「旅の思い出」をソーシャルメディア上に
http://news.mynavi.jp/news/2010/08/25/019/
◇旅の仲間を見つけられる「trippiece」
http://column.socialmedia-rex.com/2012/06/000436.php

◆本でつながる交流の輪 店に図書館、会話弾み、町おこしに一役
店やオフィスがスペースの一部を“図書館”として開放する例が目立ってきた。数百冊程度と規模は小さいが、専門的な書物や入手困難なお宝本などを通じて持ち主の個性が垣間見える点が魅力だ。本をきっかけに同じ関心を持つ人が集まったり、古くからの知人の違う一面を発見したり。本を触媒として、街や会社に新たなエネルギーが生まれている。
日経MJ/流行は 12/12/03]
◇おぶせまちじゅう図書館 HP
http://machitoshoterrasow.com/obusedori.html
◇まちとしょテラソ HP
http://machitoshoterrasow.com/
◇まちとしょテラソ紹介記事
http://chobi.net/~komacafe/blog2/?p=240
◇まちとしょテラソ館長、花井裕一郎氏 について
http://tyamauch.exblog.jp/16189640/
◇すべての本棚を図書館に「リブライズ」 HP
http://librize.com/
◇すべての本棚を図書館に「リブライズ」 Fecebook
https://ja-jp.facebook.com/librize
◇リピーター呼込むO2Oサービスとして注目「リブライズ」
http://diamond.jp/articles/-/26766
◇「下北沢オープンソースカフェ」
http://www.osscafe.net/ja/
◇「下北沢オープンソースカフェ」探訪記
http://blogs.itmedia.co.jp/cmssol/2011/04/post-2800.html
◇コクヨ「RDIセンター」
http://www.kokuyo.co.jp/com/info/rdi/

◆SNS消費11.7兆円、野村総研、今年推計「ネタ」目的の購入35%増
ソーシャルメディア誘発消費は「ネタ消費」のほか、気になる友人の興味や直接の推薦が動機となる「玉突き消費」、「いま○○にいるけど、だれか飲まない」など相手を特定しない呼びかけに応じる「ゆる誘い消費」、相手の趣味や記念日を知ることで意識が高まる「プレゼント消費」を合わせた4類型と定義した。
[日経MJ 12/12/03]
◇SNSユーザー実態調査/野村総研(原典)
http://www.nri.co.jp/publicity/mediaforum/2012/pdf/forum181.pdf
◇ソーシャルメディアが描く未来/野村総研
http://www.nri.co.jp/publicity/mediaforum/2011/pdf/forum162.pdf
◇「ネタ消費」する人急増中!
http://matome.naver.jp/odai/2133893106328732201
◇ソーシャルメディアによる消費の変化
http://matome.naver.jp/odai/2135472355004095001

◆ヒット商品番付 13年トレンド予想、進むコト重視の流れ
思い出・充足感決め手
この年限定の周年行事 都市圏で新規開業続く
政局の行方や海外の経済情勢の変化、そして消費税増税の影響など、2013年の個人消費をとりまく環境は不透明感に包まれている。その中でも堅調が予想されるのが、心に残る「コト」消費だ。伊勢神宮と出雲大社の式年遷宮や東京ディズニーランド(TDL)の開業30周年など、周年イベントが相次ぐ。
[日経MJ 12/12/05]
◇2013年度TDLイベントスケジュール
http://disneycolors.blog7.fc2.com/blog-entry-1361.html
◇日本一の超高層ビル「あべのハルカス」 HP
http://www.abenoharukas-300.com/
◇伊勢神宮 式年遷宮「せんぐう館」 HP
http://www.sengukan.jp/
◇出雲大社「本殿遷座祭」 HP
http://www.izumooyashiro.or.jp/sengu.top.html
◇体験型ギフトに関する意識調査/ぐるなび
http://www.gnavi.co.jp/company/release/2012/121025_01.html
◇「コト消費型のモノ消費ショップ」の秘訣
http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/2371/
◇戦後60年のライフスタイル・価値観の変化と今後の旅行の行方/JTB総研
http://www.tourism.jp/column-opinion/lifestyle/

◆ウェブ販促に新手法、体験する広告、動員力アップ バスキュール
バスキュール→日テレ「エヴァ」 TV・スマホをシンクロ
カヤック→「JINS」 眼鏡仮想試着、ゲームに
ウェブを活用したキャンペーンの動員力が増している。スマートフォンの普及とSNSの浸透で、表現の幅は一気に広がった。体験や共同作業といった、ゲーム感覚を広告に採り入れることで一時的に大集団をつくる技術にも磨きがかかる。黒子である制作会社は新たな仕掛けを競い、企業にとってのウェブキャンペーンの利用価値は高まっている。
[日経MJ 12/12/05]
◇企画制作会社「バスキュール」 HP
http://www.bascule.co.jp/
◇企画制作会社「バスキュール Facebook
https://ja-jp.facebook.com/BasculeInc
◇バスキュール号 西村真里子氏が「ソーシャルメディア」を語る
http://trend.netadguide.yahoo.co.jp/feature/102/0120/1/
◇幸運のベルを鳴らそう「mixi Xmas」
http://mixixmas.mplace.jp/
◇対談:ひがやすを×バスキュール号
http://engineer.typemag.jp/article/post_20-2
◇ソーシャル広告世界最先端、バスキュールが見る未来の広告とは
http://techwave.jp/archives/51747359.html
◇面白法人「KAYAC」 HP
http://www.kayac.com/
◇JINS(ジンズ)のアプリ「メガネ向いてHoi!」
http://fitting.jins-jp.com/
◇SUNTORY アプリ「KOTOBUKI」開始
http://www.suntory.co.jp/news/2012/11611.html

◆生まれ続けるバロック建築 うねる造形、湧き起こる好奇心
ウィーンの街、時を超え
東京の国立新美術館で開催中の「リヒテンシュタイン展」の目玉の一つは、バロック美術の数々。作品は、普段展示されているウィーンの「夏の離宮」など、バロック建築の内部を模した一室「バロック・サロン」で紹介されている。同展監修者で建築史家でもあるヨハン・クレフトナーさん(61)は、バロックの精神が息づく建築は今も生まれていると語る。
[朝日新聞 12/12/05]
◇国立新美術館「リヒテンシュタイン展」 HP
http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/
◇国立新美術館 HP
http://www.nact.jp/
◇ウィーンの建築家集団「コープ・ヒンメルブラウ」
http://www.coop-himmelblau.at/

◆行動の軌跡、追う 水戸で「3・11とアーティスト-進行形の記録」
「2011・3・11」。震災後の日付を記した年表で仕切られた会場には、23組の作品32点が震災当日から生まれた順に並ぶ。被災地での活動の多様性を反映して、写真、映像、音楽などさまざまだ。
震災直後の新聞に切り込みを入れて、数百本もの小さな「芽」を立ち上げた照屋勇賢さんの作品や、被災児童のぬいぐるみなどを乗せたヤノベケンジさんの方舟、被災地で出産を控えた妊婦たちを撮影した宮下マキさんのポートレート、水戸で取った土を使って放射線を感知すると音が出る山川冬樹さんのエレキギター…。一つ一つの作品が見る者に被災地の現状を訴えかける。
[産経新聞 12/11/21]
◇水戸芸術館 HP
https://arttowermito.or.jp/
◇水戸芸術館「3・11とアーティスト-進行形の記録」
http://arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=331
◇ヤノベケンジ氏 3・11「トラやんの方舟計画」
http://kyap.tumblr.com/post/33424147119/exhibition-2012-torayans-ark-project-3-11
◇「トらやんの空飛ぶ方舟大作戦!」 について(Blog)
http://d.hatena.ne.jp/artmuseum_fukushima/20110831/1314775142
◇YANOBEKENJI ARTWORKS HP
http://www.yanobe.com/
◇アーティスト・照屋勇賢氏サイト
http://www.yukenteruyastudio.com/
◇写真家・宮下マキ氏サイト
http://makimiyashita.com/
◇「3・11とアーティスト-進行形の記録」レポート
http://colocal.jp/topics/art-design-architecture/local-art-report/20121203_13636.html

◆リフォーム誘う、見せる技
住宅のリフォーム設備を扱うメーカーの展示場が様変わりしている。生活シーンをイメージしやすくしたり、工事費や住設機器の性能を公開したりして、初心者でも一目で分かる工夫を凝らしている。来場者のリフォーム熱の高まりを逃すまいと、従来の施工業者向け展示から消費者中心にかじを切り始めた。
[日経MJ 12/12/09]
◇LIXILショールーム東京 HP
http://showroom-info.lixil.co.jp/tokyo/lixil_tokyo/
◇LIXILショールーム オープン!/Allabout
http://allabout.co.jp/gm/gc/397660/
◇LIXILショールーム東京 について(Blog)
http://miuraya.txt-nifty.com/kaiteki/2012/08/lixil-3708.html
◇東京コラボレーションショールーム HP
http://re-model.jp/showroom/tokyo-blog/
◇TDY東京コラボショールームオープン/Allabout
http://allabout.co.jp/gm/gc/402333/
◇住まいるダイヤル「住宅相談・紛争処理状況」
http://www.chord.or.jp/tokei/pdf/chord_report2012.pdf
◇リクルート住まいカンパニー HP
http://www.recruit-sumai.co.jp/
◇エコリフォーム推進協議会 HP
http://www.ecoreform.net/Consumer/

◆貴重な地形、地質を認定、ジオパーク観光資源に
貴重な地形や地質を持つ地域を対象とした「ジオパーク」への認定を、観光振興に生かそうという試みが各地で広がっている。9月下旬には千葉県銚子市や静岡県の伊豆半島など5地域が新たに認定を受けた。自然観察や体験学習などを取り入れた観光スタイルを提案し、親子連れなど客層を広げるほか、修学旅行などの誘致にも期待を込める。
[日経MJ 12/12/09]
◇銚子ジオパーク推進協議会 HP
http://www.choshi-geopark.jp/
◇伊豆半島ジオパーク HP
http://izugeopark.org/
◇日本ジオパーク委員会 HP
http://www.gsj.jp/jgc/
◇日本ジオパークネットワーク
http://www.geopark.jp/
◇ジオツーリズムについての検討
http://www.mlit.go.jp/common/000022851.pdf

◆水産物PR、産地連携、首都圏で催し物 秋田×鳥取、ハタハタ
水産物の産地が連携し消費地での販売促進を図る動きが目立っている。秋田県と鳥取県は首都圏でのイベント共催などを通じてハタハタの知名度向上や消費拡大を目指す。広島と宮城も共同でカキのPR活動を企画している。単独で活動するより注目度が高まることや、お互いの販売網を活用できるといった実利を期待している。
[日経MJ 12/12/09]
◇築地で冬の味覚「ハタハタ」フェス/銀座経済新聞
http://ginza.keizai.biz/headline/2150/
◇秋田県&鳥取県ハタハタフェス(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=kYLVMW_L1zY
◇秋田鳥取うまいぞ!ハタハタフェス開催
http://www.pref.tottori.lg.jp/item/769066.htm
◇広島と宮城、かきの消費拡大に向け連携開始
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000004947.html
◇クックパッド「我が家のおいしい牡蠣レシピコンテスト」
http://cookpad.com/pr/contest/index/446

◆12年度グッドデザイン賞、人に寄り添い暮らし豊かに
2012年度のグッドデザイン賞が決まった。3132件の応募作品の中からNHKのテレビ番組「デザインあ」が大賞を獲得した。今年度は(1)コミュニティーを作る(2)小さくて単純なハード開発(3)過去が今をけん引する(4)社会的問題の解決(5)東日本大震災の経験を生かす――デザインが目立った。生活に根差し、寄り添うデザインが広がりをみせている。
[日経MJ 12/12/12]
◇「グッドデザイン賞2012」 HP
http://www.g-mark.org/
◇「グッドデザインエキビジョン2012」 HP
http://www.g-mark.org/gde/2012/index.html
◇NHK「デザインあ」 HP
http://www.nhk.or.jp/design-ah/
◇新型軽乗用車「N」シリーズ/HONDA
http://www.honda.co.jp/news/2012/4121126a.html
◇「みんなの家」プロジェクト
https://readyfor.jp/projects/minnanoie
◇「みんなの家」/伊東豊雄建築事務所
http://itojuku.or.jp/ourhome

◆自分にご褒美 食事や旅行 働く女性、仕事の節目・記念日に
(1)日常的な自分へのご褒美については、飲食などが多い
(2)半年間での最も大きなご褒美は、旅行やアクセサリーなどとなった
(3)20代、30代の働く女性は自分の士気を上げるためなどに活用している
[日経MJ/消費分析 12/12/12]
◇年末のご褒美事情/ぱど
http://www2.pado.co.jp/cms/pado/media/pdf/padomate_gohoubi_201212.pdf
◇イマドキ独女の“自分へのご褒美”/東京独女スタイル
http://www.dokujo.com/lifestyle/201207-6.html

| | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »