« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/20

情報クリップダイジェスト 2013/02アップ

情報クリップダイジェストの2013年2月号をアップしました。

取り急ぎおしらせまで。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2013/03/201302-4825.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本回帰進化系」進行中

Nihonkaiki_shinkakei_01_s_2

「日本回帰進化系」プロジェクトの準備が着々と進行しています。

日本回帰進化系とは、日本の伝統に根ざしながら時代の先端を牽引する「新世代のクリエイティブ」を意味します。

例えば、日本の文化シーンには「数奇」「結構」「所作」「振舞」など、日本ならではのオリジナルな品位と、インスピレーションを生み出す力のある言葉が数多くあります。新進気鋭のクリエイターたちが、これらの言葉をコンセプトとして共有し、その意味と響きに触発されて創造する世界は、

めくるめくように鮮鋭な印象

を与えてくれるに違いありません。「日本回帰進化系」は、そんな新世代のクリエイティブワークを追求します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップダイジェスト 2013/02

◆企業、SNSで巧みに誘導 来店者の3割が商品購入
(1)SNSの登場で店舗やブランドと消費者のコミュニケーションが活発に
(2)スマホの普及で外出先でもSNSの情報とリンクした行動が盛んだ
(3)店頭での購入に対して、SNSの情報の貢献が顕著になってきた
[日経MJ/消費分析 13/02/06]
◇来店ポイントアプリ「スマポ」 HP
http://www.smapo.jp/
◇来店ポイントアプリ「スマポ」 Facebook
https://www.facebook.com/smartphonepoint
◇からだ巡茶が提案するキャンペーン
http://atcafe-media.com/2013/02/06/socialdetox/
◇Uアローズ、来店でポイン「想定以上の効果」
http://www.shopbiz.jp/rt/news/113724.html
◇三井住友カード「スマポ」を利用したO2O実証実験
http://markezine.jp/article/detail/16685
◇「インストア・ナビゲーション」に商機あり
http://diamond.jp/articles/-/28716
◇オムニチャネル時代、目的買い顧客に衝動買いをさせる仕組み構築
http://diamond.jp/articles/-/27080

◆京都の伝統産業、パリの展示商談会に出展して8年 海外販路拡大へ
京都商工会議所のファッション京都推進協議会が推進している事業「Kyoto Connection」が1月18日から22日まで、パリの展示商談会「MAISON & OBJET(メゾン・エ・オブジェ)2013」に出展した。
「染・織・工芸」をはじめとする京都のものづくり企業のブランドの向上と、海外市場における販路拡大を目的にした同事業。
[烏丸経済新聞 13/02/07]
◇ファッション京都推進協議会 HP
http://www.fashionkyoto.com/
◇「Kyoto Connection」 HP
http://www.fashionkyoto.com/kyoto-connection/
◇「Kyoto Connection」 Facebook
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.407494822665735.96243.117970741618146&type=

◆京都・岡崎で若手職人の金属工芸展 多分野の作品40点展示
京都伝統産業ふれあい館で現在、「現代に生きる金属工芸美展」が開かれている。主催は、45歳までの若手職人で成る「若手京都金属工芸協同組合青年会」。底に装飾を施したスズ製の杯や仏前に供えるための四具足(しぐそく)など、青年会の作品や京都市所蔵の作品を中心に約40点を展示する。
[烏丸経済新聞 13/01/22]
◇「京都伝統産業ふれあい館」 HP
http://www.miyakomesse.jp/fureaika/
◇京都金属工芸(協)青年会 HP
http://blog.livedoor.jp/metalcraft/

◆「花山河」の張り子、和紙の色合、人形に味合、女性3人独自カラー
郷土玩具で知られる張り子は、その土地特有の伝統技法を引き継いだ作品が目立つ中、「花山河」の製作する張り子は個性的だ。女性3人が季節に合わせ、ひな人形、五月人形などを作る。
花山河は「春よ来い!福よ来い!」をキャッチコピーに毎年、暮れから正月にかけて張り子展を開催している。
[日経MJ 13/01/23]
◇創作張り子「花山河」 ブログ
http://blog.goo.ne.jp/hanasanga
◇花山河 張り子展 について(Blog)
http://blog.galleryai.com/?eid=1061652

◆純国産、ヒットは畑から
輸入品のシェアが拡大する衣料や服飾雑貨の分野で、原料栽培から製造までを国内で手掛ける「純国産品」が続々と登場している。高品質やエコを売り物に需要を掘り起こしながら、用途開発や栽培への消費者参加、観光との連携といった工夫でコスト面の不利を補い、事業の継続・拡大に挑む。地域振興や農業活性化の期待もはらみつつ、「畑からヒットを生み出す」取り組みはさらに広がりそうだ。
[日経MJ 13/02/04]
◇「今治コットンプロジェクト」
http://ameblo.jp/j-gift-cotton/
◇児島商工会議所 HP
http://www.kojima-cci.or.jp/
◇「白・藍・糸・紡」せんい児島ジーンズ巡りプロジェクト
http://www.kojima-town.jp/tsumugu/
◇「阿波藍アートプログラム」
http://iamai.jp/
◇「阿波藍アートプログラム」レポート
http://tokushima-bussan.com/
◇山形・佐藤繊維 HP
http://www.satoseni.com/
◇「メードイン山形」カーディガン/山形新聞
http://yamagata-np.jp/news/201302/17/kj_2013021700533.php
◇国産のオーガニック製品、欧州で本格デビュー/alterna
http://www.alterna.co.jp/10583
◇日本のワタ「和綿」を育む/エコトワザ
http://ecotwaza.com/article/8315/

◆「石巻工房ブランド」を一挙紹介
津波で甚大な被害を受けた宮城県石巻市に“地域のものづくりの場”として設立された「石巻工房」。手作りの家具や布製品は徐々に「石巻工房ブランド」として全国的に認知され、昨年のグッドデザイン賞特別賞を受賞。新たな地域産業、雇用創出プロジェクトとして期待されている。
[産経新聞 13/02/06]
◇「石巻工房」 HP
http://ishinomaki-lab.org/
◇「石巻工房」 Facebook
https://www.facebook.com/ishinomaki.lab
◇「石巻工房」 Twitter
https://www.facebook.com/ishinomaki.lab
◇OZONE「石巻工房 692」
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1436.html

◆中田英寿氏、横浜で伝統工芸品オークション
伝統工芸支援を目的としたチャリティーオークション「REVALUE NIPPON PROJECT CHARITY GALA 2013 with GUCCI」が開催された。2畳敷の組み立て式茶室、竹の美しさを照明に生かしたシャンデリアなど、「竹」をテーマにした5組のコラボレーション作品を制作した。
[ヨコハマ経済新聞 13/02/13]
◇中田英寿氏サイト「nakata.net」
http://nakata.net/
◇社会貢献活動を実現「TAKE ACTION FOUNDATION」
http://www.takeactionfoundation.net/
◇REVALUE NIPPON PROJECT CHARITY GALA 2013 with GUCCI
http://luluweb.com/?p=411
◇佐藤可士和氏サイト
http://kashiwasato.com/
◇祐真朋樹氏サイト
http://www.sukezane.net/
◇服部滋樹氏運営「graf」 HP
http://www.graf-d3.com/
◇REVALUE NIPPON PROJECT CHARITY GALA 2013 with GUCCI について(Blog))
http://shiotareiko.net/blog/?p=2635

◆アマゾン水準超えろ
インターネット通販市場の拡大に合わせ、サイト運営や物流で事業者を支援する関連ビジネスが進化している。背景には影響力を増す米アマゾン・ドット・コムの存在がある。ノウハウや人的資源に劣る小売り大手にとって「アマゾン水準」のサービスに慣れ親しんだ消費者をつなぎ留めるのは容易ではない。そこに商機を見いだすのがシステム大手の日本ユニシスや新興のベンチャー企業たちだ。
[日経MJ 13/01/16]
◇日本ユニシス HP
http://www.unisys.co.jp/
◇ヤマダモール HP
http://ymall.jp/
◇ヤマダモール Facebook
https://www.facebook.com/ymall.jp
◇マルチチャネルからオムにチャネルへ
http://ec-cube.ec-orange.jp/blogs/?p=2512
◇ヤマダ電機のソーシャルゲーム事業を検証する
http://app.famitsu.com/20120727_79353/
◇イオンスクエア HP
http://www.aeonsquare.net/ 
◇イオンスクエア Facebook
https://www.facebook.com/aeonsquare
◇凸版印刷「Shufoo!」 HP
http://www.shufoo.net/
◇ネットロジスティクス HP
http://net-logistics.jp/
◇ZOZOTOWN 前澤友作氏インタビュー
http://www.business-plus.net/special/1111/283901.shtml
◇ZOZOTOWN「送料無料化・ポイント10%還元」
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2012-11-13/zozo-10off/

◆シモジマの実験店「WRAPPLE」、包装材の世界、人の交流生む
渋谷パルコパート1に昨年11月誕生した。。包装材の製造・販売を手がけるシモジマが多分野の作り手と製作した、ラッピングを切り口にした店だ。モノを売るだけでなく、人が交わりにぎわうコトまでをデザインした新しい試みに迫る。
[日経MJ 13/01/16]
◇包装用品の「シモジマ」 HP
http://www.shimojima.co.jp/
◇ラッピングとD.I.Y「WRAPPLE wrapping&D.I.Y.」 HP
http://www.wrapple.jp/
◇ラッピングとD.I.Y.にまつわる専門店オープン
http://changefashion.net/news/2012/11/29102305.html
◇ファッションブランド「THEATRE PRODUCTS」 HP
http://www.theatreproducts.co.jp/
◇ファッションブランド「THEATRE PRODUCTS」 Facebook
https://www.facebook.com/THEATREPRODUCTS

◆花王快眠商品、3000店で拡販、春夏商戦前の売上確保
花王は全国約3000の小売店で、睡眠に際しリラックス効果をもたらす雑貨や消臭・芳香剤、疲れを取る入浴剤、吸収力の高い生理用品をまとめ「快眠」商品として一度に売り込む店頭販促を実施する。2月から始め、3月の「世界睡眠デー」にピークを合わせる。
[日経MJ 13/01/16]
◇「世界睡眠デー」 HP
http://www.worldsleepday.org/
◇「睡眠の日」を制定/日本生活習慣病予防協会
http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2011/001833.php
◇花王「めぐリズム」 HP
http://www.kao.co.jp/megurhythm/
◇快眠SHOP「ソーノボン」 HP
http://impreate.com/
◇iPhone「快眠アプリ」まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2132133643981956601
◇オムロン「ねむりラボ」
http://nemuri-lab.jp/

◆「失敗恐れ購入せず」4割 若い世代ほど多い傾向
(1)「失敗や後悔を恐れ、欲しい商品が買えない」4割。若い世代ほど多く
(2)家電、AV機器はネット上の口コミ、日用雑貨、食品、酒類はリアルな口コミが有効
(3)「買い物経験、SNSなどで発信」20~30代に目立つ
[日経MJ/消費分析 13/01/16]
◇日経産業地域研究所 HP
http://www.nikkei.co.jp/rim/
◇マクロミル HP
http://www.macromill.com/
◇クチコミサイトの利用状況調査/ITmarketing
http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1208/30/news008.html
◇購買行動におけるクチコミの影響に関する調査 /gooリサーチ
http://research.goo.ne.jp/database/data/001430/
◇ヨドバシ「商品バーコード」を店頭展示全商品に表示
http://www.yodobashi.com/ec/support/news/1213388277579/index.html
◇有料お試し品/sankei
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121126/trd12112608140002-n2.htm
◇マイクロソフト 買い物特化型のSNS「myFave」開設
http://www.fashionsnap.com/news/2012-05-31/microsoft-myfave/

◆イケア、家具選び指南、UR賃貸入居検討者向け、まず横浜
2月に神奈川県のマンションに専門スタッフを派遣し、年内にも埼玉県や千葉県でも展開する。住み替えなどで家具購入を考える顧客の相談に応じながら、店舗での購入を促していく。
専門スタッフがコーディネートしたモデルルームも開く。
[日経MJ 13/01/30]
◇イケアとURに住もう。
http://www.ur-net.go.jp/akiya/kanagawa/ur_ikea/
◇UR都市機構とIKEAがコラボ 
http://suumo.jp/journal/2013/01/31/37379/
◇UR都市機構とIKEAがコラボ について(Blog)
http://love.exblog.jp/8740720/

◆TOTO「トイレで集客」説く 改装で好感度アップ、飲食店に促す
消費者調査徹底、強いニーズ訴え 体験コーナーで賢い設計提案
店の評判を大きく左右するのがトイレの印象だ。清潔で快適なトイレは顧客満足度を高めるのに欠かせない。中小の飲食店を対象に集客への影響力やノウハウを説明しながら、リフォームを推進しているのが住設機器メーカー大手のTOTOだ。
[日経MJ 13/01/25]
◇TOTO HP
http://www.toto.co.jp/
◇TOTOおもてなしトイレ
http://www.toto.co.jp/products/public/shopplan/enttoilet.htm
◇TOTOが仕掛けるトイレ革命
http://diamond.jp/articles/-/20092

◆頓智ドットのSNS「タブ」 行きたい店近づくと通知
昨年6月に開設した、位置情報と連動した写真交流サイト(SNS)の「tab(タブ)」が、店舗に顧客を誘導する「オンライン・ツー・オフライン(O2O)」の新しい手法として注目されている。地域やジャンルごとに店や商品の画像をまとめており、利用者がこの中からお気に入りをチェックしておくと、近くに行った時に通知してくれる。
[日経MJ/戦略O2O 13/01/25]
◇頓智ドット HP
http://www.tonchidot.com/ja/
◇お気に入りに連れて行ってくれるアプリ「tab」
https://tab.do/users/sign_in?auth_mode=landing#
◇アプリ「tab」ニュースリリース/頓智ドット
http://www.tonchidot.com/ja/pressroom/articles/iphonefullver/
◇ル・クルーゼ ジャポン tab
http://tab.do/items/2147043#
◇ル・クルーゼ ジャポン Facebook
https://en-gb.facebook.com/lecreusetjapon/wall
◇雑誌「GINZA」×「tab」コラボ
http://www.tonchidot.com/ja/pressroom/articles/ginzatab/

◆LIXILグループ社長藤森義明さん 「住」の総合力訴える
INAXなど5社を2011年4月に統合した、建材・住宅機器最大手のLIXIL(リクシル)グループ。藤森義明社長兼最高経営責任者(CEO)は攻めの経営に転じるにあたり、「住まいのすべてがそろう総合力」を直接、消費者に訴える姿勢を強調する。ショールームを見直し、今年2月には全商品分野でLIXILの統一ロゴを導入。今後も顧客との「接点」に一段と磨きをかける。
[日経MJ/トップの戦略 13/01/21]
◇LIXIL HP
http://www.lixil.co.jp/
◇LIXIL Facebook
https://www.facebook.com/lixilcorporation
◇LIXI住宅研究所 HP
http://www.lixil-jk.co.jp/
◇LIXIL運営「ビバホーム」 HP
http://www.vivahome.co.jp/
◇工務店や流通業者が戸惑うリクシルが始めた新型販売
http://diamond.jp/articles/-/14170
◇LIXILショールーム東京 について(Blog)
http://malus.exblog.jp/16499910/

◆ネットサービスでも読書記録 著者が“友人” 広がる価値観
読んだ本や、これから読みたい本などを記録する人が増えている。従来ながらのノートに加え、近年はインターネット上の本棚サービスが人気だ。本のエッセンスが頭に定着するなどのメリットがあるようだ。
◇本のSNS「ブクログ」 HP
http://booklog.jp/
◇本のSNS「ブクログ」 Twitter
https://twitter.com/booklogjp
◇インターネット本棚「ミーテよみログ」
http://ylog.mi-te.jp/
◇読書量をグラフで管理「読書メーター」
http://book.akahoshitakuya.com/

◆異業種にもコンシェルジュ 商品以外もきめ細かく対応
ホテルでお客のあらゆる要望に応え、接客のプロを誇る「コンシェルジュ」のサービスが異業種にも広がっている。商品以外の質問にもきめ細かく対応。顧客獲得競争が激しくなる中、ホテルに見習い、最上級のもてなしで来店客の心をつかむのが狙いだ。
[産経新聞 13/01/21]
◇代官山蔦屋書店のコンシェルジュってんどんな人
http://www.lifehacker.jp/2012/10/121024book-concierge.html
◇パソナ「エココンシェルジュ」
http://www.pasona-emp.co.jp/img/box/1329870430.pdf
◇トレッサ横浜 「エコライフスタジオ」
http://diagstation.jp/yokohama/blog/2011/04/post-22.html
◇タワレコ新宿店がリニューアル
http://animeanime.jp/article/img/2012/04/29/10019/1017.html

◆無印、原点回帰で元気印
「無印良品」を展開する良品計画が2013年2月期、5期ぶりに過去最高の営業利益を更新する見通しだ。過去の低迷を教訓に「天然」「シンプル」といったブランドの原点に回帰。東日本大震災後、エコや節約を重視する消費行動が広がったことも追い風になった。ブランド浸透へ新たな販促手法も導入。団塊ジュニアらの支持を固め、一層の成長を目指す。
[日経MJ 13/01/23]
◇無印良品有楽町リニューアルオープン
http://www.muji.net/shop/yurakucho/
◇くらしの良品研究所 HP
http://www.muji.net/lab/
◇アルパカの原毛からセーターを作る
http://www.muji.net/lab/blog/genten/019684.html
◇ひねられて毛糸玉、そして編みへ。
http://www.muji.net/lab/blog/genten/019723.html
◇まんまのセーターが編み上がる
http://www.muji.net/lab/blog/genten/019852.html
◇無印良品「麻子のくらし」
http://www.muji.net/store/campaign/detail/C12042001
◇無印良品とIKTTの取組/チーム・サステナビリティ
http://www.econetworks.jp/internatenw/tag/%E7%84%A1%E5%8D%B0%E8%89%AF%E5%93%81/

◆CtoCサイト続々登場、個人間ECに需要のヒント
個人による電子商取引(EC)が盛んになっている。ネットの知識やお金がなくても簡単に通販を始められる「CtoC(個人から個人へ)サイト」の増加が普及を後押しする。売買対象の中心はクリエーターのハンドメード品で、大企業の製造する大量生産品にない魅力が消費者をひきつける。こうした動きは大企業にも新しい需要の台頭を探るうえでヒントになる。
[日経MJ 13/01/23]
◇ハンドメイドマーケット「creaco」 HP
http://creaco.jp/shop/default.aspx
◇ハンドメイドマーケット「クリエーコ」 Facebook
https://www.facebook.com/Creaco
◇ハンドメイドマーケット「tetote」 HP
http://tetote-market.jp/
◇ハンドメイドマーケット「minne」 HP
http://minne.com/
◇オンラインギャラリーサービス「Creatty」 Facebook
https://www.facebook.com/Creatty.jp
◇サイト構築・運営「インフォバーン」
http://www.infobahn.co.jp/
◇CtoCビジネスの台頭 プラットフォーマーになろう!
http://www.dreamgate.gr.jp/knowhow/costcut_using_it/id=2186
◇CtoCのeコマースとSNSを組み合わせた「Material wrld」
http://netconcierge.jp/blog/2013/02/ctocesnsmaterial-wrld.html

◆ユニクロマルシェ 女性華やぐクローゼット
「ユニクロマルシェ」が登場して3カ月がたつ。ユニクロやジーユーなど傘下5ブランドを集め「クローゼットのように好みの服を選べるお店」を目指す。多数のマネキンや「ファッションソムリエ」と呼ぶ相談員を駆使しながら、働く女性らに着こなしを提案する。
[日経MJ 13/01/28]
◇「ユニクロマルシェ」に見どころ
http://www.uniqlo.com/jp/news/topics/2012110101/
◇「ユニクロマルシェ プランタン銀座店」レポート
http://getnews.jp/archives/270267
◇「ユニクロマルシェ」 について(Blog)
http://ameblo.jp/jamichups/entry-11394816537.html

◆手描きの質感、親しみやすく、JAマインズ、イメージ図柄
柔軟アレンジの自由さ
「JAじゃないみたい」。東京の府中市、調布市、狛江市に店舗を持つJAマインズ(マインズ農業協同組合)の多磨支店(府中市)が昨年5月改装オープンして、こんな評判がある。確かに、新しい看板やサインはお堅いイメージのJAらしくない。親しみやすさを狙った同店のVIビジュアルアイデンティティー)を考察してみた。
[日経MJ 13/01/30]
◇JAマインズ HP
http://minds.jatokyo.or.jp/menu/index.html
◇グラフィックデザイナー・木住野彰悟氏 サイト
http://www.6d-k.com/
◇グラフィックデザイナー・木住野彰悟氏 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/hideaki.kishino.1
◇パッケージデザインに学ぶ/yumiuri ojo
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/tokusyu/20130205/201302toku3.html

◆メーカーEC、ブランド創造
ライオン 機能磨き顧客に対応
アップル 直販強化し差別化
ネット技術の進化への適応は非常に重要。顧客データ分析や、SNSの活用はその最たるものだ。メーカーが小売店と強固な関係を築いてきたように、今後はネットを通じてメーカー側が消費者との関係をより深化させていく必要がある。
[日経MJ 13/01/30]
◇ライオン オンラインショップ
http://www.lionshop.jp/
◇ライオン、通販6割増収へ 粘り強い「検証」の成果実る
http://ecnomikata.com/news/tsuhan/post-515.html
◇資生堂「ワタシプラス」
http://www.shiseido.co.jp/
◇イオン EC事業のトップ 小玉毅氏が語る、覚悟と勝算
http://www.sbbit.jp/article/cont1/25794
◇プロクター・アンド・ギャンブル HP
http://jp.pg.com/
◇EC サイト運営企業における意識調査/ワークス
http://www.worksap.co.jp/topics/news/2013/documents/20130205.pdf
◇仮想ストーリーで理解するWebマーケティング実践
http://www.ntt.com/bizon/marketing/01story.html
◇有名アパレルブランドの EC サイトが取り組んだ PR 戦略とは
http://japan.internet.com/special/20120625/1.html
◇Google、コマース市場参入&Amazon撃破に向けて
http://www.seojapan.com/blog/google-amazon

◆産直市や無料映画上映会 楽しい中目黒、住民が仕掛け
魅力発信へ一体感
カフェや家具店などが集まるおしゃれな街として若物に人気のナカメ、こと中目黒。そのナカメで住民発のイベントが相次ぎ開かれているのをご存知だろうか。産直市「中目黒村マルシェ」に続き、1月に本格稼働した「ナカメキノ」は、映画にトークショーが付く凝った趣向ながら無料。手弁当で奔走する関係者の胸中には「中目黒を好きになって」との思いがある。
[日経MJ/流行は 13/02/01]
◇中目黒村マルシェ HP
http://www.nakameguromura.jp/
◇中目黒村マルシェ Facebook
https://www.facebook.com/Nakameguromura
◇無料の映画&トークイベント「ナカメキノ」 HP
http://nakamekino.jp/
◇無料の映画&トークイベント「ナカメキノ」 Facebook
https://www.facebook.com/NAKAMEKINO
◇無料の映画&トークイベント「ナカメキノ」 Twitter
https://twitter.com/nakamekino
◇空間演出「EASE」 HP
http://iziz.co.jp/

◆パリでインテリア見本市、自然モチーフ、住空間を彩る
1月中旬、仏パリで世界最大級のインテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ2013」とインテリアテキスタイルのイベント「パリ・デコ・オフ」が開かれた。19年目となる同見本市の今年のテーマは「ヴィヴァン(生あるもの)」。暮らしに欠かせない生命力あふれる植物を優しく穏やかに表現しようと、新緑の息吹を感じさせる作品が目立った。
[日経MJ 13/02/06]
◇「メゾン・エ・オブジェ2013」 HP
http://www.maison-objet.com/
◇メゾン・エ・オブジェ2013春 Hall-2 textile
http://allabout.co.jp/gm/gc/408897/
◇メゾン・エ・オブジェの魅力とは
http://www.newsdigest.fr/newsfr/features/5124-maison-e-objet.html
◇「日本フィスバ」 HP
http://www.fisba.co.jp/
◇「日本フィスバ」 Facebook
https://www.facebook.com/christianfischbacher.fisba?fref=ts
◇「ヤコブ・シュレイファー」 HP
http://www.jakob-schlaepfer.ch/
◇「クリエーション・バウマン・ジャパン」 HP
http://www.creationbaumann.jp/
◇「サコ・ヘスレイン社」 HP
http://www.sahco.com/
◇「ネリー・ロディ」 HP
http://nellyrodi.com/

◆ECサイトやアプリ改良支える、消費者調査、安く早く
ウェブカメラ・SNS活用
継続的に使い続けてもらうアプリやサイトの開発。担当者にとって最も大事な使命だが、至難の業でもある。なぜ使ってもらえないのか、どこを改良したらよいのか。課題を探るのに消費者調査は必須だが、時間もコストもかけられない。そんなニーズをくみ取り、安く早く、消費者の声を聞けるサービスが登場、開発者らの注目を集めている。
[日経MJ 13/02/06]
◇InnoBeta運営「UIスコープ」 HP
http://uiscope.com/
◇InnoBeta Facebook
https://www.facebook.com/InnoBeta
◇下着メーカー「ピーチ・ジョン」 HP
http://www.peachjohn.co.jp/?banner_id=g_00400
◇リクルートメディアテクノロジーラボ HP
http://mtl.recruit.co.jp/
◇顔の見えるリサーチ・コミュニティ「ゴチソー」
https://gochi.so/
◇名刺管理アプリ「Eight」
https://8card.net/
◇名刺管理アプリ「Eight」運営「Sansan」 HP
http://www.sansan.com/

◆「森で働く」若者に林業就職人気 手厚い研修制度が奏功
「重労働で危険と隣り合わせ」というイメージが強い林業の世界。高齢化が進み、担い手の不足が深刻だ。最近は環境問題に関心を持ち、「森林(もり)の仕事」に魅力を感じる若年層が増え始めている。背景には、危機感を抱いた国や関連団体が人材獲得に向け、チェーンソーの使い方から教えるなど手厚い研修制度を設けたことが功を奏しているようだ。
[産経新聞 13/02/07]
◇100年先にとどける仕事「RINGYOU.NET」 HP
http://ringyou.net/
◇森林(もり)いきいき「森林の仕事ナビ」 HP
http://www.nw-mori.or.jp/index.shtml

◆フェイスブックサイト「TOM」 オタク文化発信、外国人いいね!
翻訳・取材にボランティア
アニメ、コスプレ、フィギュアなど日本のオタク文化を発信するフェイスブック(FB)サイト「Tokyo Otaku Mode(TOM、トーキョーオタクモード)」のファン(購読者)が1月25日、1千万人を突破した。日本人運営のサイトとしては最多で、99%は外国人だ。世界的な「クール・ジャパンの窓」に育ったTOMの創設者、亀井智英氏(35)は今、収益モデルの構築という次なる目標へ着々と歩を進める。
[日経MJ/流行は 13/02/11]
◇日本のオタク文化発信「Tokyo Otaku Mode」 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/tokyootakumode?sk=taggednotes&filter=2
◇「Tokyo Otaku Mode」元Apple副社長をアドバイザーに
http://jp.techcrunch.com/archives/20121001tokyo-otaku-mode-andy-miller/
◇1038万いいね!「Tokyo Otaku Mode」新たな資金調達先
http://jp.techcrunch.com/archives/jp20130213tokyo-otaku-mode/
◇Tokyo Otaku Mode 創業者が語る
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120919/236994/?rt=nocnt

◆「TENT」の個性派雑貨、天然素材活用、人懐こさ込め
芝の上の見栄えを意識
どこかで見たことがあるけど、今までになかった使い勝手や楽しさがあって新しい。プロダクトデザイナーの治田将之さん(42)と青木亮作さん(33)の2人によるクリエーティブユニット「TENT(テント)」が発表する商品にはそんな印象がある。使い手の環境にすっとなじみながら、じんわりと個性を放つ。
[日経MJ 13/02/13]
◇クリエーティブユニット「TENT(テント)」 HP
http://tent1000.com

◆「毎月貯蓄する」45% 20~30代、老後・住宅購入に備え
(1)20~30代代の45%が毎月貯蓄し、老後のためなどが中心だ
(2)貯蓄を忘れて使うのは、「今買わないと後悔する」「気分を盛り上げたい」などがきっかけだ
(3)お金を使う際のメンタルな動機は女性が男性より強い
[日経MJ/消費分析 13/02/13]
◇20~30代の女子、約3人に1人が資産運用を実践!?
http://www.abcafe.jp/cafe/labo/labo004.html
◇20~30代女子、月々の貯金額トップは5~10万円!?
http://www.abcafe.jp/cafe/labo/labo002.html
◇貯蓄額の実態調査2011
http://doda.jp/guide/ranking/045.html
◇28歳 VS 38歳、「お金」にまつわる世代間ギャップ大調査
http://next.rikunabi.com/01/28vs38kachikan/28vs38kachikan.html
◇30代のライフスタイルから今後の消費ベクトルを読み解く
http://www.ifs.co.jp/news/column_201207.html
◇ハナコジュニア世代が求めるネットショッピングサービスとは
http://www.ifs.co.jp/news/column.html

◆シニア、健康配慮で手作り志向 「お金かけても良い食事」
(1)シニア世代は多少お金をかけても、良いものを食べたいニーズがある
(2)70代前半までは食事の手作り志向が強い一方で、70代後半はやや面倒に
(3)店で売り場が分からないなど、困っていることも多い
[日経MJ/消費分析 13/01/23]
◇味の素Webサイト
http://www.ajinomoto.com/jp/
◇シニアの食意識に関する自主調査/㈱ジー・エフ
http://www.senior-promo.com/wordpress/wp-content/uploads/2011/02/senior_food.pdf
◇男性シニアの食生活に関する調査/ドゥ・ハウス
http://www.mylifenote.net/2012/01/27/20120127do.pdf

| | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »