« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013/06/25

情報クリップ・ダイジェスト 2013/05 アップ

毎月情報クリップ・ダイジェストのお知らせだけで失礼いたします。

下記に2013年5月号をアップいたしました。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2013/06/201305-88fc.html

今年の後半は、当ドットjpファクトリーの充実も図りたい・・・・・

などと考えているわけでございます。

みなさま、お見捨てなさりませんよう。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2013/05

◆伝統工芸継承、若手乗り気 漆器・焼き物…研修所人気回復
本格的な技術取得 奨励金支給も
漆器や焼き物といった伝統工芸に若年層が注目している。伝統工芸の技術を身に付けることができる石川県内の研修所は入学希望が増え、競争倍率が上がっている所もある。
北陸の伝統工芸の生産額は減少傾向にあり、興味をもつ若者が増えれば、後継者育成とともに、需要の回復が期待できる面もある。
[日経MJ 13/04/12]
◇石川県立九谷焼技術研修所 HP
http://www.pref.ishikawa.jp/kutanike/
◇石川県立輪島漆芸技術研修所
http://shofu.pref.ishikawa.jp/shofu/chinkin/jp/syokunin/institute.html
◇金沢卯辰山工芸工房 HP
http://www.utatsu-craft.gr.jp/
◇「石川県伝統産業工芸館」 HP
http://www.ishikawa-densankan.jp/

◆手仕事の日本ふたたび 南部鉄器
「守破離」の精神 素材を生かす
「ニーズに媚るのは嫌い。でも使う人がいなければデザインは意味を成さない。道具ですから、いまのライフスタイルに対応できるものを作りたい」
岩手県奥州市水沢区に南部鉄器の工房「空間鋳造」を構える岩清水久生さん(49)を訪ねた。
[産経新聞 13/05/16]
◇南部鉄器「空間鋳造」
http://analogue-life.blogspot.jp/2012/12/blog-post_7.html
◇岩清水久生さんの鉄瓶 (Blog)
http://cafecocon.exblog.jp/14221580
◇南部鉄器「空間鋳造」工房見学
http://iwaizawa.exblog.jp/12488699/

◆JR東、発掘力で快走、密な連携、旅客増に期待
東日本旅客鉄道(JR東日本)が東北、関東、甲信越の鉄道事業エリア内の有望な地域産品を次々と発掘している。近年はエキナカという好立地の商業施設を運営するとともに、商品政策(MD)でも既存の大手小売業に対する競争力を蓄積。立地の優位性に甘んじることなく、自治体や地銀と協力し、有望商品の調達を貪欲に進める。
[日経MJ 13/04/05] 
◇JR東日本「地域再発見プロジェクト」 HP
http://www.jreast.co.jp/saihakken/
◇JR東日本 エキナカポータル
http://www.j-retail.jp/
◇JR東日本「のもの」 HP
http://www.jreast.co.jp/nomono/
◇JR東日本「のもの」 Facebook
https://www.facebook.com/nomonokun
◇エキナカの仕掛け人が狙う“地産品革命”とは?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130507/1049105/?rt=nocnt
◇エキナカ自販機の“常連”を増やせ 
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1304/26/news048.html
◇エキナカ自販機の売上が伸びている理由(前半)
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1202/15/news022.html
◇エキナカ自販機の売上が伸びている理由(後半)
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1202/17/news015.html

◆六本木ヒルズ5年ぶり大改装、対象年齢、50~60代に拡大
衣料品や雑貨類を取り扱う約130店のうちの31店を対象に順次、入れ替えや改装を実施する。ヒルズにしかない品ぞろえに重点を置いたほか、従来の20~40代に加え50~60代と対象年齢を拡大した売り場づくりが特徴。
[日経MJ 13/04/05]
◇「ドゥーズィエム クラス」 HP
http://deuxieme-classe.jp/
◇「ステラ マッカートニー」
http://www.stellamccartney.com/
◇「ユナイテッドアローズ」 HP
http://www.united-arrows.jp/
◇ユナイテッドアローズ、六本木ヒルズに女性向け新コンセプト店-食品も
http://roppongi.keizai.biz/headline/2918/
◇英国キャサリン妃愛用ブランド「イッサ」 HP
http://bridgefield.jp/top/
◇伊「ボッテガ・ヴェネタ」 HP
http://www.bottegaveneta.com/jp/shop
◇森美術館10周年記念「LOVE展」
http://roppongi.keizai.biz/headline/2937/
◇「東京の街」に関する意識調査/森ビル
http://www.mori.co.jp/morinow/pdf/130416.pdf
◇六本木ヒルズ10周年 その昔と今の姿
http://www.jiji.com/jc/v?p=roppongi-hills

◆欧州キッチンツール最新事情 竹繊維や銅、質感に温かみ
ドイツ・フランクフルトで2月「アンビエンテ国際消費財見本市」が開かれた。今年は一つの大きな傾向というより、多様化する価値観に合わせた様々なテーマが見受けられた。なかでも健康や環境への配慮、本物志向が目立った。
「便利で早い」をよしとする価値観から、天然素材や手仕事の復権、健康食志向を重視した商品開発やデザインへ。この流れは今後、日本デザインの世界への飛躍にもつながる布石ともなりそうだ。
[日経MJ 13/04/17]
◇アンビエンテ国際消費財見本市 HP
http://ambiente.messefrankfurt.com/
◇アンビエンテ国際消費財見本市レポート
http://www.japandesign.ne.jp/report/130321_ambiente.html
◇スペイン「ルクエ」 HP
http://www.lekue.jp/
◇ドイツ「WMF(ヴェーエムエフ)」 HP
http://www.wmf.de/de_de/startseite.html
◇デンマーク「stelton」 HP
http://www.stelton.com/
◇インテリアライフスタイル東京 HP
http://www.interior-lifestyle.com/
◇アンビエンテ国際消費財見本市出展「ジャパンスタイル」
http://www.mesago-messefrankfurt.com/japanstyle/

◆中古品ネオ「3R」の風 Recreate
「中古品でもいいじゃない」。そんな消費者の志向を追い風に中古品市場の拡大が続いている。再利用・再生・削減の「3R」は日常生活に根付いた。いま新たな市場を切り開くのは中古品に価値を与え、楽しみ方を提案する専門店。キーワードは「Reconnect(再びつなぐ)」「Recreate(再創造する)」「Revalue(再評価する)」のネオ「3R」だ。
消費者を獲得するには、自社の特徴をどれだけ明確に示せるかが重要だ。中古品にどう新たな価値を付けるか。競争に勝つには他社にない「R」の提案がカギになる。
[日経MJ 13/04/19]
◇「PASS THE BATON」  HP
http://www.pass-the-baton.com/
◇「PASS THE BATON」 twitter
https://twitter.com/pass_the_baton
◇スープ専門店「スープストックトーキョー」HP
http://www.soup-stock-tokyo.com/
◇中古釣具サイト「ベリーネット」
http://b-net.tackleberry.co.jp/ec/
◇中古と新品のカメラ専門サイト「マップカメラ」
http://www.mapcamera.com/
◇日本リユース業協会 HP
http://www.re-use.jp/
◇市場別「中古品」認識調査
http://www.o-uccino.jp/sp/lifestyle/column020.cfm

◆街の書店、仕掛ける売り場 ゆったり選べる空間を演出
テーマ設けて本をセレクト/イベントで来店促しネットに対抗
書店業界はネット書店の隆盛と街中の中小書店が大きく減少するという転換期を迎えている。そうしたなか、リアルな店舗の役割が問われているが、新たな試みに取り組む街の書店が登場。大手書店もユニークな売り場の活性化に着手し、これからの書店の方向性を示唆する動きが見え始めた。そこでポイントとなるのは「編集力」と「情報力」だ。
[日経MJ 13/04/19]
◇ビールが飲める書店「B&B」 HP
http://bookandbeer.com/
◇ブックコーディネーター・内沼晋太郎氏サイト
http://numabooks.com/
◇博報堂ケトル HP
http://www.kettle.co.jp/
◇B&B “本屋”というメディアのカタチ
http://pingmag.jp/jp/2013/04/22/bandb/
◇生ビール片手に本が読める下北沢の本屋さん「B&B」
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2012-09-15/bb-shimokitazawa/
◇下北沢のこれからの街の本屋さん「B&B」
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1347237920074/
◇三省堂「カレーなる本棚」開催中!
http://www.books-sanseido.co.jp/blog/jinbocho/2012/07/post-527.html

◆ネット通販ここまでやるか、一点突破、小粒の強み、TORICO
競合相手がひしめくインターネット通販業界で成長を続ける中小企業がある。品ぞろえやサービスで「ここまでやるか」というほどの独自性を持つ企業たちだ。
幅広い世代に愛読者が広がる漫画を全巻購入できる通販サイト「漫画全巻ドットコム」が人気だ。豊富な品ぞろえに加え、出版社と連携した販促策やサービスで独自の付加価値を提供。消費者の「大人買い」を喚起し、高成長を続けている。
[日経MJ 13/04/22]
◇漫画全巻ドットコム
http://www.mangazenkan.com/
◇漫画全巻ドットコム運営「TORICO」 HP
http://torico-corp.com/
◇「TORICO」安藤社長インタビュー/アキバ経済新聞
http://akiba.keizai.biz/column/24/

◆フェイスブック日本新オフィス、柔軟性が生む「いいね!」
木のぬくもり弾む会話
新オフィスは六本木に新しくできた「アークヒルズ仙石山森タワー」(東京・港)の30階。フロアの約半分を占める800平方メートルほどに約20人の職員が勤務する。
入り口でまず目に飛び込むのが、壁面に描かれた阿形(あぎょう)像と吽形(うんぎょう)像。通常、寺門の両脇に置かれる2体の金剛力士像は日本法人の「守護神の役割を果たす」。フェイスブックのオフィスはどの国でも現地のアーティストにペイントを依頼しているといい、2体も日本の若手アーティストが手がけた。
[日経MJ 13/04/24]
◇Facebook Japan
https://www.facebook.com/FacebookJapan
◇Facebook Japan、東京・六本木の新オフィス
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130328_593476.html
◇Facebook日本オフィス探訪
http://ascii.jp/elem/000/000/775/775239/

◆広がる「ランチ・トリップ」 旅したつもりで深める異文化理解
大使館も会場
日本にいながら世界各国の料理を楽しみ、その国への理解を深めるプロジェクト「ランチ・トリップ」が注目を集めている。海外旅行を予定している若者から、その国でビジネスをしたい中高年まで幅広い年代が参加、企業や分野の枠を超えて活動が広がっている。
[産経新聞 13/04/19]
◇ランチトリップ HP
http://www.lunch-trip.com/
◇ランチトリップ Facebook
https://www.facebook.com/lunchtrip
◇「ランチトリップ について(Blog)
http://ameblo.jp/chika-english/entry-11390601691.html

◆包装や自販機にスマホかざせば…、食品や外食各社、拡張現実活用
食品メーカーや外食企業の間で、拡張現実(AR)と呼ばれる技術を使った販売促進策が広がっている。購入者がスマホを商品などに向けると、広告映像や関連情報などが表示される。特定の顧客層に訴えたり、「おまけ」とも言えるコンテンツを用意したりすることで、購買意欲を刺激しようとしている。
[日経MJ 13/04/26]
◇学研の「ぴよちゃん」とコラボしたAR絵本のサービスを開始
http://www.monteur.co.jp/news/2013/0426_2521.html
◇日本コカ・コーラ自販機AR
http://www.cocacola.co.jp/vending/peak_shift/ar/
◇「ポカリスエット イオンウォーター」ARアプリ
http://japan.internet.com/wmnews/20130405/2.html
◇ドミノ・ピザジャパン×初音ミクAR
http://liginc.co.jp/web/service/other-service/17075
◇ポスターにスマホをかざしてARライブを
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1212/13/news068.html
◇拡張現実技術のマーケティング応用事例
http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1212/14/news006.html
◇iPhoneで使えるARアプリまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130622759325530601
◇Androidで使えるARアプリまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130630885827126501

◆理想は旅行、現実TV 日本人の遊びはいま 朝日新聞世論調査
人は遊びにどんなことを求めているのだろうか。六つの選択肢から二つまで選んでもらったところ「友人や家族との交流」が71%と断トツ。「健康」の39%。「見聞・知識」22%、「非日常性」20%、「達成感」14%が続き、「暇つぶし」は11%だった。
「交流」を求める人は、女性は77%で、男性の65%より多い。年代別では、若年層ほど多く、20~40代では8割前後に達する。一方、「健康」は年代が高くなるほど増え、60代、70歳以上では5割を超える。
・知らない人とネット、20代「抵抗ない」45%
・一人で映画OK、42%
・「折り紙」「けん玉」経験、高齢層より若年層
[朝日新聞 13/04/27]
◇仕事の反意味は「休み」と答える日本人
http://blogs.itmedia.co.jp/itbar/2013/01/post-e22e.html
◇日本の子供の遊びで驚いたものは?日本在住の外国人に聞いてみた
http://news.mynavi.jp/news/2012/11/07/068/
◇「SNS100 友調査」/電通
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2011/pdf/2011130-1102.pdf
◇この春挑戦したいこと調査
http://chosa.nifty.com/cs/catalog/chosa_report/catalog_130418002174_1.htm

◆交通広告、店舗・SNSと連動、電車で見たからつい買っちゃう
忙しい消費者のガードが緩むのは移動中――。交通機関に出る広告が変化し始めたのにお気づきだろうか。飲料や洗剤など身近な商品の特徴を多彩な手法で消費者の頭の中にすり込ませていく。電車で見かけた広告に誘われ、自宅近くのコンビニやスーパーで思わず購入してしまう。そんな消費者が増えているようだ。
[日経MJ 13/04/29]
◇サントリー「角ハイボール」販促について
http://ameblo.jp/businessjin/entry-11529289721.html
◇ナノックスの車内広告が斬新すぎると話題
http://matome.naver.jp/odai/2136550140263854501
◇ハーゲンダッツ電車広告まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134769854536066701
◇約9割が見ている!?車内広告
http://irorio.jp/canal/20130107/42323/
◇交通広告調査レポート2011/関東交通広告協議会
http://www.jeki.co.jp/news/2011/110309_675.html

◆住空間楽しく小物家具競う、見本市「ミラノ・サローネ」
遊び心・手作り感盛り込む
今年は淡い色調のピンクやイエロー、ベージュなどを施した温かみのある小物家具が目立ち、日常生活をちょっとした工夫で手軽に心地よい住空間に演出する傾向がみられた。
景気低迷が続く欧州家具業界の方策の一つが小物家具の充実した品ぞろえにある。抑えた出費で「心地よく暮らしたい」という消費者ニーズを捉えた機能性に、楽しさ、ぬくもり、手作り感を盛り込んだ新鮮な小物家具デザインは、今後さらに関心が高まりそうだ。
[日経MJ 13/05/01]
◇ミラノサローネ2013前編 今年のポイントを聞く
http://ism.excite.co.jp/news/rid_E1368151855004/
◇ミラノサローネ2013後編 今年のポイントを聞く
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1368694307074/
◇ミラノサローネ2013レポート前編
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2013-05-12/2013milanosalone/
◇ミラノサローネ2013出展者・出展企業情報
http://news.livedoor.com/article/detail/7477134/
◇会場で称賛!ミラノサローネで見た日本デザインの底力
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130423/1048880/?rt=nocnt

◆インタレスト系SNS、好みの相関図、販促狙い撃ち
同好の士に購買連鎖
ファッションやアートなど、同じ趣味や嗜好を持った人々がネット上でつながるSNSが増えている。利用者は互いにフォローすることで興味ある内容を見つけやすくなる。サービスが広がるにつれ、こうしたSNSの場を販促に利用する企業も出てきた。対象となる消費者を絞り込みやすく、効果的な販促が期待できるからだ。データを分析すれば「嗜好の相関図」も見えてくる。ECや位置情報を活用したO2Oを提供するサービスもある。
[日経MJ 13/05/01]
◇木工メーカー「酒井産業」 HP
http://kiso-sakai.com/
◇人とモノをつなげる新しいSNS「Sumally」
http://sumally.com/
◇モノの百科事典を志向する、異色のSNS「Sumally」
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/15
◇グライダーアソシエイツ運営「Antena」
http://antenna.jp/web/company/
◇Antennaの無料iPhoneアプリを使ってみた
http://media.marsdesign.co.jp/promotion/antenna_iphone_app.html

◆続々誕生、旬の個人美術館 現役の真意に触れる
長野県軽井沢町には千住博氏、神戸市には横尾忠則氏と、近年には珍しく、存命大物画家の美術館のオープンが相次いだ。今春にはやはり存命の大物建築家、安藤忠雄氏のANDO MUSEUMも開業している。7月には豊島に、横尾氏と建築家の永山祐子氏による豊島横尾館もオープンの予定とあって、ブームの予感が漂う。
[日経MJ 13/04/26])
◇「横尾忠則 現代美術館」 HP
http://www.ytmoca.jp/
◇2013年夏「豊島横尾館」誕生
http://setouchi-artfest.jp/artwork/a018
◇「ANDO MUSEUM」
http://benesse-artsite.jp/20120720_release%28ANDO_MUSEUM1%29.pdf
◇永山祐子建築設計 HP
http://www.yukonagayama.co.jp/
◇「軽井沢千住博 美術館」 HP
http://www.senju-museum.jp/
◇「横尾忠則 現代美術館」 について(Blog)
http://odamaki1031.cocolog-nifty.com/osaka_no_katasumi_kara/2012/12/post-5d45.html

◆資生堂のシェアハウス販促、異業種と組み定期開催、家電などと連携
資生堂は他業種と組んでシェアハウスを使った自社商品の販売促進を実施する。6月にパナソニック、サントリー食品インターナショナルと共同で、シェアハウスの入居者に1週間滞在してもらい、3社の商品の使い勝手などを交流サイト「フェイスブック」で情報発信してもらう。今後も年に数回、定期開催する意向。新たな生活スタイルを提案する狙いだ。
[日経MJ 13/05/03]
◇資生堂「Beautyシェアハウス」
http://www.shiseido.co.jp/dp/sharehouse/
◇資生堂「d プログラム」 Facebook
https://www.facebook.com/dprogram.official

◆「フィル・パーク」の空間づくり、駐車場の上、「空中店舗」に
暗い、汚い、危ない。ビルの谷間に点在する都市部の駐車場にはそんな負のイメージがある。フィル・カンパニーは駐車場の上に「空中店舗」をつくる新発想で全国に店舗を増やしている。土地の有効活用だけでなく、人が行き交う場所を創造してマイナスをプラスに転化。街の魅力を増すデザイン機能も持ちつつある。
[日経MJ 13/05/08]
◇フィル・カンパニー HP
http://philpark.jp/
◇フィル・パークへ行って来た!
http://www.realtokyoestate.co.jp/column/philpark/philpark.php
◇フィル・カンパニー・高橋伸彰社長インタビュー
http://www.independents.jp/data/interview/2011/09/post-32.html

◆「価格ネットで比較」「店頭で確認後通販」店舗に求める役割変化
(1)「インターネットで価格を調べる」は7割。ネットでは口コミ評価への関心も高い
(2)家電製品・パソコンの情報は消費者の約半数がネットで取得している
(3)スマホ・タブレットの所有者で買い物や外食用のアプリをダウンロードしているのは2割
[日経MJ/消費分析 13/05/08]
◇買い物におけるオンラインと実店舗の融合に関する調査(原典)
http://www.dohouse.co.jp/news/release/20130125/
◇「店舗とネット比較検討・消費行動」調査/ティムスドライフ
http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2013/130411/
◇「店舗とネットの比較検討・消費行動」調査
http://ouchi.woman.excite.co.jp/article/money/rid_E1366359821113/

◆性「私らしく」皆で悩み共有シェアハウス LGBT、成人の5.2%
電通総研調査
ゲイやレズビアンなどLGBTの人が自分らしく生活できる場が、少しずつ広まっている。安心して暮らせるようにと考えられたシェアハウスも先月、都内に完成した。
[朝日新聞 13/04/24]
◇NPO「グッド・エイジング・エールズ」 HP
http://www.goodagingyells.net/
◇「TOKYO RAINBOW WEEK」 HP
http://www.tokyorainbowweek.jp/
◇代々木公園などでLGBTイベント「TOKYO RAINBOW WEEK」
http://www.shibukei.com/headline/9311/

◆カフェ&バーで綿花を手に没頭、飲んで紡ぐ糸、ストレスほぐ
「ふわふわの感触最高」
国産の綿花から種を取り除き、綿をほぐし、手で紡ぐ。こんな糸紡ぎカフェ&バーが昨年11月、東京・世田谷に誕生した。お客さんはコーヒーや酒を飲みながらひたすら綿を紡ぐだけ。作業を繰り返すうちに、手先の感覚に神経が集まり、頭の中から雑念が消えてゆく。単純な作業の反復と綿の触感がストレスのたまりがちな人々の心をゆっくりと解きほぐす。
[日経MJ/消費分析 13/05/10]
◇「Tokyo Cotton Village」 HP
http://www.tokyocottonvillage.com/
◇「Tokyo Cotton Village」 Facebook
https://www.facebook.com/pages/TokyoCottonVillage/159833410733534
◇Tokyo Cotton Village 冨澤代表インタビュー
http://www.business-plus.net/interview/1302/437513.shtml

◆「瀬戸内」丸ごとブランド化、中四国・近畿7県が推進連合
誘客や特産共同PR
「瀬戸内ブランド推進連合」を設立した。各県が負担金を出し合い、国内外での観光PRや特産品の販路拡大などに共同で取り組む。
[日経MJ/消費分析 13/05/13]
◇瀬戸内ブランドプロジェクト HP
http://www.setouchiweb.jp/
◇瀬戸内ブランド推進連合発足
http://yousakana.jp/?p=22655
◇「瀬戸内しまのわ2014」
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/life/169823_285449_misc.pdf
◇「瀬戸内国際芸術祭2013春」に行って来た (Blog)
http://applembp.blogspot.com/2013/03/Setouchi-Triennale-2013-Spring-Chichu-Art-museum-Ando.html

◆「アイスドリームプロジェクト」展-武蔵美生と赤城乳業が産学連携
商品開発のプロセスを通じて、学生には「生活の中から商品コンセプトにつなげる視点・発想に気付く力」を学び身に付けてもらうほか、企業にとっては学生の着想から新しい商品が生まれる可能性の模索にもつながり、相互のメリットを生み出す狙い。
[六本木経済新聞 13/05/15]
◇ライフ・クリエーションスペース「OVE南青山」 HP
http://www.ove-web.com/
◇ライフ・クリエーションスペース「OVE南青山」 Twitter
https://twitter.com/TRY_ALFINE11
◇ソーシャルプロダクツ普及推進協会 HP
http://www.apsp.or.jp/introduction.html
◇ソーシャルプロダクツ・アワード受賞商品・サービス
http://www.apsp.or.jp/spa2013.html

◆戦後派シニアも和風志向 好みの感覚、味や香り控えめに
(1)シニアは30代のころに比べて緑や黒を好む。女性はインパクトのある紫も好き
(2)味覚では刺激の弱い味を選ぶようになり、和風志向も強まる
(3)ほんのりとした香りが好き。男性に比べると女性は多様な香りを楽しむ
[日経MJ/消費分析 13/04/17]
◇味香り戦略研究所 HP
http://www.mikaku.jp/
◇ミドル・シニアの食生活/日清オイリオ
http://www.nisshin-oillio.com/report/report/20110430.shtml
◇イオン「シニアシフト」を宣言
hhttp://adv.asahi.com/modules/feature/index.php/content0562.html
◇団塊世代は心も体も若い。ニーズに合った提案を。
http://adv.asahi.com/modules/feature/index.php/content0566.html

| | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »