« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013/10/21

情報クリップ・ダイジェスト 2013/09 をアップしました。

情報クリップ・ダイジェスト10月号をアップしました。

いつもながらの無愛想を、お許しください。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2013/10/201309-85dc.html

ウィークリー・タイフーンよりはマンスリー情報クリップを。

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2013/09

◆「自然資本」に注目する経営 「低負荷」を商品価値に
森林や海洋、土壌、水、大気など、自然は企業活動に必要な資源をはぐくんでくれる。これらを「経営を支える資本」の1つと見なし、その価値を定量的に評価しながら高めていく考え方が広がりつつある。いわゆる「自然資本」に注目した経営である。
[日経MJ/日経エコロジー谷口徹也編集長の環境マーケティング 13/09/06]
◇PWC JAPAN HP
http://www.pwc.com/jp/ja/
◇PWC「サプライチェーンでの環境リスク・機会評価サービス」
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-service/sustainability/supply-chain-risk-opportunity.jhtml
◇情報開示に「自然資本」を取り入れる動きが加速
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120629/233919/
◇自然資本を考える経済へのシフト
http://www.globis.jp/2254
◇SANDEN HP
http://www.sanden.co.jp/
◇日本コカ・コーラ「ウオーター・ニュートラル」達成に向けて
http://business.nikkeibp.co.jp/article/emf/20130228/244329/

◆「仏教を体験する」イベント 現代人のしんどさ 解放
ここ数年、教養としての仏教への関心が高まり、座禅や写経など「仏教を体験する」イベントの人気が高まっている。
宗教学者としても活躍する僧侶の釈徹宗(しゃく・てっしゅう)さんは、「仏教は生きていくうえで出会う苦しみをどう引き受けるかという知恵の大系」。呼吸法、歩き方、座り方などの具体的な技法は「仏教を信じていなくても活用できる」と話す。
[日経MJ 13/08/30]
◇臨済宗妙心寺派「東京禅センター」 HP
http://www.myoshin-zen-c.jp/
◇臨済宗妙心寺派「東京禅センター」 Twitter
https://twitter.com/tokyozen
◇丸の内ハウス「高野山カフェ」 HP
http://www.nankaikoya.jp/cafe/
◇「高野山カフェ in 丸の内」 (Blog)
http://www.transit.ne.jp/contents/info/2013/09/koyasan.php
◇エリートビジネスマンが仏教に集うワケ
http://toyokeizai.net/articles/-/12494
◇お坊さんが読み解く仏教マンガの世界(前篇)
http://getnews.jp/archives/166241
◇お坊さんが読み解く仏教マンガの世界(後篇)
http://getnews.jp/archives/166519

◆古墳で盛り上がる
古墳人気が盛り上がってきた。シンプルで個性的な形にひかれ、キャラクター感覚で古墳を愛する若い世代が増加しているのだ。今年は夏のキトラ古墳公開に始まり、秋以降は古墳関連グッズの販売も相次ぎ予定されている。数年来の歴史ブームの中で注目が高まっていた城郭に次ぎ、急浮上中だ。
[日経MJ 13/09/02]
◇古墳にコーフン協会 HP
http://kofun.jp/
◇古墳シンガー「まりこふん」ブログ
http://marikofun.cocolog-nifty.com/
◇キトラ古墳石室公開にファンが殺到
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130729-00482747-sspa-soci
◇奈良の雑貨店「フルコト」 HP
http://www.furukoto.org/
◇アートギャラリー「谷中ジンジャー」 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/YanakaGinger
◇かみつけの里博物館 HP
http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/kamihaku/
◇NHK「おーい!はに丸」 HP
http://www.nhk-character.com/chara/hanimaru/
◇古墳マップ
http://kofun.info/

◆村再生、十津川の木で 復興住宅に100%地元木材
「日本一広い村」として知られる奈良県十津川村が、2年前の台風12号水害からの復興を「林業の復興」につなげようとしている。仮設住宅や復興住宅に地元の材木をふんだんに使い、荒れた山林の保全をめざす。
[朝日新聞 13/09/12]
◇復興モデル住宅ニュース
http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/contents/1368403327667/files/news0gou.pdf
◇アルセッド建築研究所 HP
http://www.alsed.co.jp/
◇「十津川家具プロジェクト」紹介記事/nikkei
http://www.nikkei.com/article/DGXNASJB13002_T10C12A6LDA000/
◇十津川の森「木灯館」 HP
http://www.kotoboshi.jp/

◆クレディセゾン、収益の幅広げ、ネット小口出資に参画
出資金の一部、手数料
クレディセゾンはクレジットカード会員からインターネットで小口の出資者を集め、音楽アーティストを育成するサービスに参画する。FMラジオ放送のJ-WAVEなどと協力し、9月に始める。会員にカード決済やポイントで出資してもらい、出資額から手数料を得る仕組み。会員サービスを拡充するとともに、収益の多角化につなげる。
[日経MJ 13/08/16]
◇音楽専門クラウドファンディングサービス開始
http://www.j-wave.co.jp/jcm/j_crowd_music.pdf
◇J-WAVE HP
http://www.j-wave.co.jp/
◇音楽専門クラウドファンディング「J-CROWD MUSIC」
http://www.j-wave.co.jp/jcm/
◇エンタテインメントプラス HP
http://eplus.jp/
◇クラウドファンディング成功の鍵とは
http://blog.btrax.com/jp/2013/07/22/crowd_funding/
◇上場予備軍だと思っていたクラウドファンディングの赤字
http://toaru-sipro.com/?p=6600

◆渋谷、丸ごとメディアに 大型ビジョンで双方向型の情報発信
外国人旅行客にも人気が高く、世界都市・東京の顔ともいえる渋谷駅ハチ公広場前スクランブル交差点の周辺では、未来に向けた街づくりがスタートしている。渋谷駅に向きあうように設置された大型ビジョンが7月、双方向型の情報ツールとして生まれ変わり、2028年までに完了する駅周辺の再開発をリードする存在として注目を集める。
[産経新聞 13/08/23]
◇渋谷デジタル花火大会
http://event.qseye.jp/hanabi/
◇「Q'S EYE」スマホで遊べる新機能を公開!
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20130809/627889/?P=1
◇田村圭介氏、渋谷駅127年の変遷を追う
https://www.marubeni-sys.com/infinite-ideas/3dprint/showajyoshi/index.html
◇渋谷文化プロジェクト HP
http://www.shibuyabunka.com/
◇渋谷文化プロジェクト Facebook
https://www.facebook.com/shibuyabunka
◇渋谷文化プロジェクト Twitter
https://twitter.com/shibuya_bunka

◆快適な部屋づくりのコツ 持ち物にも「メリハリ」
ここ数年の「断捨離」ブームや片づけブームを経て、自分にとって必要なものとそうでないものを見極める目を養ってきた女性たち。モノ減らしが一段落し、改めて、「自分の暮らしを豊かにしてくれるアイテムを好きなだけ持つ喜びを実感した」という人も少なくない。そんな「メリハリ所有」が、新たな暮らしのトレンドといえそうだ。
[日経MJ/日経ウーマン佐藤珠希編集長の女性真理学 13/08/16]
◇女子力を上げる尾根屋とは/東急リバブル
http://livable-chintai-girlstalk.net/
◇一人暮らしの前に準備しておく11のこと
http://hitorikurashi86m.com/
◇5年でこんなに変わった!OLのお金の使い道ランキング
http://www.sankeiliving.co.jp/research/ol/115.html
◇OLの新商品を買いたいと思う認知経路
http://www.sankeiliving.co.jp/research/ol/112.html

◆ユニクロ、スマホやSNSで情報発信 客と接点拡大、ファン育成
ユニクロがスマホやSNSを活用した顧客囲い込みに力を入れている。店舗スタッフ自ら情報配信する「マイストアニュース」を展開するほか、ネット上で情報交換できるSNSサイトも立ち上げた。週末のチラシなどに限られていた顧客との接点を増やし、さらなるユニクロファン育成につなげようとしている。
[日経MJ/戦略ウェブサービス 13/08/16]
◇UNIQLOアプリ
http://www.appannie.com/app/ios/uniqlo/
◇O2O アプリ分析「UNIQLOアプリ」
http://solomolab.moduleapps.com/uniqloapp/

◆ミニストップ、SNS駆使、双方向性生かし集客
食べたい商品作るから買って!! 具材選びの様子など公開
ミニストップは独自商品の開発・販促にSNSを積極活用する。今夏におにぎりで初めて取り組んで従来の季節限定品より販売が好調なため、今後もデザート類などに生かす。
[日経MJ 13/08/19]
◇ミニストップ HP
http://www.ministop.co.jp/
◇ミニストップ Facebook
https://www.facebook.com/ministopfan
◇ミニストップ公式SNS
http://www.ministop.co.jp/ministopfan/

◆ドイツ包丁に関の切れ味、「ツヴィリングヘンケルス」岐阜で製造
ドイツの「ツヴィリング ヘンケルス」は、日本でも包丁のブランドとして知る人が多いだろう。それが実は刃物で有名な日本の産地、岐阜県関市で製造されていることは意外と知られていない。同工場は操業10年目を迎え、老舗の品質とデザインを守る心臓部に成長している。秋には関工場の技術の粋を結集した限定モデルも発売される。
[日経MJ 13/08/21]
◇ZWILLING J.A. HENCKELS HP
http://www.zwilling.jp/
◇ZWILLING J.A. HENCKELS Facebook
https://ja-jp.facebook.com/zwilling.japan
◇ZWILLING J.A. HENCKELS 関工場の始まり
http://www.zwilling.jp/news/event-report/20130724147.html
◇関の包丁工場見学レポート
http://allabout.co.jp/gm/gc/422520/
◇世界最高のナイフビルダー、ボブ・クレイマー氏サイト
http://kramerknives.com/
◇包丁「ボブ・クレイマーシリーズ」発売
http://openers.jp/interior_exterior/new_products/news_zwilling_20130314.html

◆「博物館で国際会議を」、観光庁策定へ、文化施設活用へ指針
観光庁は国際会議の会場に博物館などの文化施設を活用するためのガイドラインをまとめる。施設関係者らで構成する協議会を設置し、具体的な運用手法を示す。欧米で広く定着している一風変わった会場で開く国際会議を日本でも増やす。ガイドラインをもとに文化施設に開放を促し、国際会議の都市間誘致競争を有利に進める。
[日経MJ 13/08/21]
◇「ユニークベニュー利用促進協議会」発足
http://www.eventbiz.net/?p=27662
◇「MICE JAPAN」 HP
http://mice-japan.alexis.jp/
◇MICE誘致の推進/東京都
http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2013/04/DATA/22n4a205.pdf
◇埋蔵されたユニークベニュー
http://www.eventbiz.net/wp-content/uploads/2012/07/congress_sample.pdf
◇JATAユニークベニュー一覧
http://www.jata-net.or.jp/venue/
 
◆世界相手のものづくり 「選択と集中」が本物作る
アジアの市場が急速に拡大している。消費財メーカーにとって、この市場をどう取り込むかが重要な課題になっている。市場が拡大することはよいことだが、それに伴い競争相手も増える。市場が大きくなって、競争相手が増えたとき、やらなければいけないのは、徹底した差別化を追求することであるのだ。
[日経MJ/東大大学院経済学研究科教授伊藤元重のニュースな見方 13/08/21]
◇エルメネジルド・ゼニア HP
http://www.zegna.com/jp/home.html

◆「サイクリング聖地」目指す愛媛県 コース整備
レンタル拠点拡充…ホテルに鍵付き駐輪場も
瀬戸内に浮かぶ島々を結ぶ「しまなみ海道」や夕日の名所「佐田岬」などを擁する愛媛県が、「サイクリングの聖地」に向けて動き出している。コースを整備し、自転車を貸し出すターミナルや休憩所を島々に設置。ホテルも自転車置き場を特別に設けるなど「サイクリスト」向けのサービスを充実させている。
◇しまなみ海道サイクリング HP
http://www.oideya.gr.jp/shimanami_cycling/
◇第2回サイクリング大会 HP
http://www.onomichi-matsuri.jp/cycle/
◇しまなみ海道パノラマ写真集
http://ww4.tiki.ne.jp/~mmurakami/sima/

◆廃材から作る新たな価値、アップサイクル、知恵絞り、別物に復活
廃材などを活用し、デザインの力で価値ある商品を作り出す「アップサイクル」のものづくりが一般にも広がっている。アイデア次第で意外性のある製品を生み出せる点に魅力を感じ、素材としての使い勝手の悪さも創作意欲を刺激するようだ。自作の品をネットで販売するなどビジネスに成長するケースも出てきている。
[日経MJ 13/08/26]
◇アップサイクルプロジェクト「スエッコ」 HP
http://suecco.com/
◇アップサイクル「NPO法人GoodDay」 HP
http://www.goodday2u.org/upcycleproject
◇アップサイクル「NPO法人NEWSED PROJECT」 HP
http://newsedproject.jp/
◇「アップサイクルデザインアワード」 HP
http://newsed.jp/award2013/
◇未来のデザイナーのためのサステイナブルファッション講座
http://www.ethicalfashionjapan.com/2012/05/20120504-upcycletips/
◇い・ろ・は・す リサイクル・アートプロジェクト
http://iemusubi.com/column/single/751
◇ティーカップをアップサイクルする16のアイディア
http://iemusubi.com/column/single/682

◆中古マンションと戸建、大規模改修、海外進出、リノベる、来春メド
台湾でまず物件情報 きめ細かな接客武器に
中古マンションの大規模改修を手掛けるリノベる(東京・渋谷)は2014年春をメドに海外に進出する。まず台湾の台北で不動産の仲介から始める。15年春には設計も手掛ける。16年にはオーストラリアにも進出する予定。中古流通量が多く改修の需要が見込めると判断した。
[日経MJ 13/08/26]
◇リノベる。 HP
http://www.renoveru.jp/
◇リノベる Facebook
https://www.facebook.com/renoveru.g
◇リノベる Twitter
https://twitter.com/renoveru_11
◇住まいのセレクトショップ「リノベる。」
http://allabout.co.jp/gm/gc/386501/
◇リノベる代表インタビュー
http://www.mlab.ne.jp/community/community02/community02_20130701/

◆武蔵小杉東急スクエア 変わる街結ぶ憩いの場、住民の回遊誘う
武蔵小杉駅東急スクエア連絡口とつながる4階レストランフロアには食事をしなくても楽しめる仕掛けがある。その一つが休憩スペースに置いたデジタルサイネージ(電子看板)だ。
このフロアには駅直結ならではのコーナーも設けた。屋外の展望デッキだ。足元に武蔵小杉駅があり、発着する電車を眺めることが可能だ。
[日経MJ 13/08/26]
◇武蔵小杉駅東急スクエア HP
http://www.kosugi-square.com/
◇武蔵小杉駅東急スクエア Facebook
https://ja-jp.facebook.com/kosugi.square
◇武蔵小杉駅東急スクエア内「川崎市立中原図書館」
http://matome.naver.jp/odai/2136490594570866501
◇東急フードショースライス
http://www.tokyu-dept.co.jp/musashikosugi/
◇日本橋屋長兵衛 HP
http://www.nihonbashiya.jp/
◇3COINS HP
http://www.3coins.jp/
◇武蔵小杉東急スクエア OPEN!
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/02/036/index.html
◇イッツコムがデジタルサイネージ事業を拡大
http://www.itscom.jp/nrelease/articles/96/fy2013/20130401

◆エディオン、「住宅」に活路
LIXILが8%出資、筆頭株主にリフォーム関連、中核事業に 「1000億円規模に拡大」
足元の家電販売が復調傾向にある今、提携によるリフォーム事業の強化と並行してどこまで高コスト体質を変えられるかが、生き残りのカギを握る。
[日経MJ 13/08/28]
◇LIXIL HP
http://www.lixil.co.jp/
◇エディオン HP
http://www.edion.com/
◇LIXIL、大型買収でまずは北米攻略
http://toyokeizai.net/articles/-/18669

◆壁一面に配置、視線くぎづけ、室内シューズ専門店「Skips!」
大胆カラー際立つ店舗
7月、東京・池袋でルームシューズだけを集めた店「Skips!(スキップス)」が誕生した。商品の種類や点数が多いルームシューズをいかに効率良く見せてグレード感を演出できるか。運営するリビングハウス(大阪市)では多店舗化を視野に入れながら、様々な立地やスペースに柔軟に対応できるストアデザインを考案した。
[日経MJ 13/08/28]
◇ルームシューズ専門店「Skips!(スキップス)」 HP
http://www.skips-shoes.com/

◆雑誌編集力でO2O競う
有力出版社がインターネット関連事業を収益の柱に育てようとしている。スターツ出版は女性向け情報サイトで大規模イベントなどを開催し、美容やグルメの実店舗への送客を拡大。ハースト婦人画報社(東京・港)は京都に特化した専用サイトを立ち上げ、物販や旅行予約も絡めたビジネスを始めた。ネット経由でリアルの消費を喚起する「O2O」が広がる中、独自のコンテンツ力や編集力で差別化を図る。
[日経MJ 13/08/28]
◇スターツ出版 HP
http://starts-pub.jp/
◇女性・OLのための情報サイト「OZ mall」
http://www.ozmall.co.jp/
◇OZ BEAUTY College 美女子会
http://www.ozmall.co.jp/experience/00242/event000390.aspx
◇oz mall 美女子in椿山荘 (Blog)
http://www.cocopri.jp/article/detail/1789157
◇ハースト婦人画報社 HP
http://www.hearst.co.jp/
◇京都観光サイト「きょうとあす」
http://www.hearst.co.jp/ad/kyotoasu
◇ティー・ゲート運営サイト「旅の発見」
http://tabihatsu.jp/
◇全国出版協会 HP
http://www.ajpea.or.jp/

◆イケアが高価格帯、素材にこだわり、ソファなど80品目
最高級価格帯の新家具コレクション「ストックホルム」を発売した。ソファやテーブルなど約80品目で、上質な素材にこだわり、肌触りの良い革やベルベットなどを使用した。通常の低価格品に加え、より品質の高い商品を求める顧客層にも対応する。
[日経MJ 13/08/30]
◇高級ライン「ストックホルムコレクション」の重要性
http://www.roomie.jp/2013/09/101004/
◇新コレクション「STOCKHOLM(ストックホルム)」
http://iemusubi.com/column/single/926

◆PR、ファン獲得の視点で 商品・サービスの質、ほぼ大差なく
〈電通パブリックリレーションズ チーフPRプランナー 井口理〉
情報のサプライチェーンが複雑化し、それに伴い情報流通量が消費量を圧倒する時代となった。このような環境において、企業・組織が生活者の意識変化、態度変容を導くには、発信する情報を「自分ゴト化」してもらうためのストーリーづくりとそのストーリーを最適なチャネルで流通させることがカギとなる。
[日経MJ 13/08/30]
◇電通PRが井口 理 著『戦略PRの本質』を出版
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201305242070/
◇電通パブリックリレーションズ HP
http://www.dentsu-pr.co.jp/
◇YSP(ユニーク・セリング・ポイント)とは
http://www.business-sol.jp/category/1548215.html
◇コーポレートコミュニケーション経営が会社を変える
http://www.kkc.or.jp/plaza/magazine/201108_16.html?cid=1
◇「世の中ゴト×仲間ゴト×自分ゴト」の法則
http://www.videoi.co.jp/data/column/2011/20111026.html
◇ユーザに自分ゴト化してもらうための3つの方法
http://www.bebit.co.jp/memo/2011/08/3_5.html
◇エンゲージメントとは
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20080411/298754/
◇コンテンツマーケティングでブランドはストーリーテラーになる
http://www.seojapan.com/blog/content-marketing-and-brands

◆「勉強カフェ」高校生使って、資格めざす社会人向け自習室
ブックマークス、料金抑え月額8400円で
首都圏で「勉強カフェ」を展開するブックマークス(東京・渋谷)は高校生向けの新プランを本格的に始めた。カフェやファストフードと異なり、月額料金を払えば長時間勉強できる点を訴求。社会人以外の新規客を取り込みつつ出店攻勢を強める。
[日経MJ 13/08/30]
◇「Benkyo-Cafe」 HP
http://benkyo-cafe.net/
◇「Benkyo-Cafe」 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/benkyocafe
◇勉強カフェ「受験生会員」 HP
http://benkyo-cafe.net/new/juken.html

◆精油調合「香り工房」、「無印良品」、臨場感で購買意欲誘う
良品計画は「エッセンシャルオイル(精油)」を客の好みの香りにその場で調合する「香り工房」を設置する。「ラベンダー」や「ペパーミント」といったオイルを組み合わせた48種類のブレンドを用意。臨場感を演出して顧客の購買欲を高める。まず大型店9店で始め、実施店舗を増やす。
[日経MJ 13/09/02]
◇無印良品「発見祭」
http://www.muji.net/mt/events/hakkensai2013.html
◇「薫り工房」in無印良品グランフロント大阪 (Blog)
http://ameblo.jp/aroma-accord/entry-11617194617.html
◇一点ものビジネスに無印良品やユニクロが参入!
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130920/1052410/

◆JTB「EVで旅」後押し、充電設備、15年度メド1000基に
JTBは観光客向けの電気自動車(EV)関連サービスを加速する。日本ユニシスと連携し、2015年度をめどに充電スタンドを現在の20倍の1000基に増やす。EV用充電スタンドを利用する会員が遊園地や水族館の割引を受けられるサービスもこのほど開始。省エネや環境保護への関心が高まるなか、EVを使った旅行の普及を推進する。
[日経MJ 13/09/02]
◇JTB×日本ユニシス「EVドライブの旅に新サービスを開始」
http://www.unisys.co.jp/news/nr_130828_smartoasis.html
◇EV・PHVカー発電スタンドカード「おでかけCard」
https://www.eco-odekake.com/
◇日本ユニシス HP
http://www.unisys.co.jp/
◇日本ユニシス「るるぶ EVで行こう」を発行
http://www.unisys.co.jp/news/nr_120402_smartoasis.html
◇2020年までの世界4極のエコカー販売市場を展望/野村総研
http://www.nri.co.jp/news/2011/111130.html
◇HV、PHV、EV世界市場を調査/富士経済
https://www.fuji-keizai.co.jp/market/13018.html

◆「エクストリーム出社」出勤前とことん遊ぶ、休み取るより気分転換
早朝から温泉行きや登山など夏休みばりの遊びをこなした後、何食わぬ顔で定時出社。その様子をツイッターで投稿する輪が広がっている。「過激な、極端な」を意味する英語を冠して「エクストリーム出社」と名付けられたこの動き。魅力を探るべく、発案者2人の出社に同行した。
[日経MJ 13/09/04]
◇日本エクストリーム出社協会 HP
http://www.エクストリーム出社.com/
◇全国一斉エクストリーム出社大会
http://atnd.org/event/E0018655
◇あまやん@日本エクストリーム出社協会 Twitter
https://twitter.com/amayan
◇エクストリーム出社協会代表に訊く
http://news.mynavi.jp/news/2013/09/18/291/
◇エクストリーム出社in高尾山
http://www.mapfan.com/kankou/area/tokushu/xsyussya/

◆創作ユニット「kvina」、「楽しそう」そのまま形に、雑貨や展示
自然体の表現
作家、グラフィックデザイナー、写真家、イラストレーターと異なる肩書を持つ4人の女性が集まったクリエーティブユニット「kvina(クビーナ)」。「楽しいことをしよう」と部活のノリでTシャツやバッグを作ったり、展覧会やイベントを企画したりしているが、これが多くの女性たちの共感を得て、話題のコトやモノを生んでいる。
[日経MJ 13/09/04]
◇クリエーティブユニット「kvina」 HP
http://librodekvina.com/
◇クリエーティブユニット「kvina」 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/librodekvina
◇作家・漫画家 小林エリカ氏サイト
http://erikakobayashi.com/
◇グラフックデザイナー 田部井美奈子氏サイト
http://www.minatabei.com/
◇写真家 野川かさね氏サイト
http://www.minatabei.com/
◇イラストレーター 前田ひさえ氏サイト
http://hisaemaeda.com/
◇「kvina」インタビュー
http://cats-forehead.jp/journal/kvina.html

◆消費者調査の新手法「MROC」
SNS議論で「声」深掘り
参加者同士、意見やりとり 背景・心理変化も分析
交流サイト(SNS)を活用して企業の商品開発やマーケティングにつなげる調査サービス「MROC(エムロック)」。従来の調査より消費者の生活や購買行動がきめ細かく分析できるのが特徴で、欧米では大手企業などが経営戦略に生かしている。
MROCは「マーケティング・リサーチ・オンライン・コミュニティー」の略。
[日経MJ 13/09/04]
◇三菱総合研究所「MROCパネルサービス」
https://mif.mri.co.jp/features/mroc_panel
◇次世代マーケティング手法「MROK」
https://dl19w3jlhkm4w.cloudfront.net/2012/20120223MROCkouen_JMA.pdf
◇日本マーケティング・リサーチ協会 HP
https://www.jmra-net.or.jp/
◇アメリカ発祥「MROC」vol.1
http://www.gmo.jp/report/marketing/25/index.php
◇アメリカ発祥「MROC」vol.2
http://www.gmo.jp/report/marketing/26/index.php
◇アメリカ発祥「MROC」vol.3
http://www.gmo.jp/report/marketing/27/index.php
◇アメリカ発祥「MROC」vol.4
http://www.gmo.jp/report/marketing/28/index.php
◇アメリカ発祥「MROC」vol.5
http://www.gmo.jp/report/marketing/29/index.php
◇アメリカ発祥「MROC」vol.6
http://www.gmo.jp/report/marketing/30/index.php
◇インサイト発見に強み!新リサーチ手法「MROC」(前篇)
http://www.advertimes.com/20120517/article67327/
◇インサイト発見に強み!新リサーチ手法「MROC」(後編)
http://www.advertimes.com/20120518/article67342/
 
◆東南ア客誘致へ官民連携、観光庁が専用サイト、テーマパーク割引券
観光庁はテーマパークなどと連携し、東南アジアからの訪日観光客を増やす。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどの割引クーポンを配布する専用サイトを開設。来園した際の写真や動画の投稿を呼び掛け、訪日客による観光情報の発信にも活用する。
[日経MJ 13/09/06]
◇観光立国の実現の課題と訪日外国人旅行の状況
http://www.nihon-kankou.or.jp/home/committees/report/event/20130326_2_2b.pdf
◇東南アジア向け官民連携訪日プロモーション
http://moneyzine.jp/article/detail/208956
◇アジアからの観光客誘致で横浜市とJALがタイアップ
http://press.jal.co.jp/ja/release/201308/002587.html
◇地域のビジネスとして発展するインバウンド観光
http://www.dbj.jp/pdf/investigate/etc/pdf/book1303_02.pdf

◆仏絵本キャラコラボで展開、ソニーCP「リサとガスパール」
ソニー・クリエイティブプロダクツ(東京・千代田)は世界での商品化権を持つ「リサとガスパール」のキャラクター展開を強化する。「ペネロペ」のライセンスを管理するアニメ制作の日本アニメーション(東京・中央)とコラボレーションして雑貨や絵本を商品化するほか、小売店でイベントを開く。アジア展開も進め、新しい購買層を開拓する。
[日経MJ 13/09/06]
◇ソニー・クリエイティブプロダクツ HP
http://www.scp.co.jp/
◇日本アニメーション HP
http://www.nippon-animation.co.jp/
◇リサとガスパール HP
http://www.lisagas.jp/
◇アニメ「うっかりペネロペ」 HP
http://penelope.tv/

◆「恋する豚研究所」意匠繋いで気になるハム、農業・福祉と食卓結ぶ
豚肉加工品の製造販売が主な業務だが、一般的な食肉加工と異なるのはデザインを基軸にブランド化を目指している点だ。建築家やアートディレクターなど外部のクリエーターを起用して、ブランドの構築を図っている。
豚の飼育は有限会社「アリタホックサイエンス」が担っている。加工を担当するのは社会福祉法人「福祉楽団」。知的障害者9人が豚肉を加工したハムやベーコンの製造に携わっている。
[日経MJ 13/09/11]
◇恋する豚研究所 HP
http://www.koisurubuta.com/
◇恋する豚研究所 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/koisurubuta
◇恋する豚研究所デザイン担当「woolen」 HP
http://woolen2010graphic.blogspot.jp/

◆自社データ公開「アイデア求ム」
企業の間で、自社のデータを一般に公開するオープンデータ化の動きが広がっている。自社の売り上げ拡大や商品・サービスの開発につなげるほか、新しいビジネスの創出に役立ててもらおうという狙いがある。複数の企業がデータを持ち寄り、自由に組み合わせて新しいサービスを創り出す取り組みも進む。
[日経MJ 13/09/11]
◇「ハッカローソン2013」開催レポート
http://www.lawson.co.jp/campaign/static/hackalawson/report.html
◇「ハッカローソン」に学ぶ、オープンデータの成功術
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20130913/504687/
◇ハッカソンの波が企業にまで
http://media.looops.net/kensuke/2013/08/28/hackalawson/
◇アプリ「クックローソン」正式にリリースとか
http://codeiq.hatenablog.com/entry/2013/09/20/100812
◇マッシュアップアワード HP
http://ma9.mashupaward.jp/
◇マッシュアップアワード2012レポート
http://techwave.jp/archives/51770718.html
◇公共交通オープンデータ研究会 HP
http://odpt.org/
◇“ビッグデータ”がビジネスを変える/MRI
http://www.mri.co.jp/NEWS/column/SERIAL/2026/2048563_2317.html

◆喫茶店の利用 全体の6割「使わない」
限度額は「500~700円未満」最多
喫茶店離れが進んでいるが、コンビニエンスストアの「いれたてコーヒー」やファミリーレストランの「ドリンクバー」など安価で手軽にコーヒーを飲める場所が増え、喫茶店の利用が減っている可能性が高い。
[日経MJ/1000人の家計簿 13/09/11]
◇喫茶店の利用実態調査2012
http://www.juroku.co.jp/16bank/market/economy/research/pdf/anketo_7.pdf
◇喫茶店・カフェ・コーヒーショップの利用実態
http://www.markth.jp/omni/15omni/1204cafe01.htm
◇西脇建治著『カフェ開業論』抜粋
http://p.booklog.jp/book/49344/page/1077737

◆「身につける端末」の可能性 価値観変える機能提供を
(1)腕時計のように身につけるウエアラブル端末が商品化されている。
(2)デバイスを小さくしてスマホと連動させる程度では普及は難しい。
(3)装着して生活するだけで社会貢献になるような価値創造が待たれる。
[日経MJ/三淵啓自のECの波頭 13/09/13]
◇腕時計型ウエアラブル端末「GALAXY Gear」を発表
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130905/502442/
◇腕時計型の端末は本当にヒットするのだろうか?
http://blogos.com/article/69515/
◇スマホの次はウェアラブル端末?国内外で開発競争激化
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1308/09/news040.html
◇注目のウェアラブルデバイス10選
http://blog.btrax.com/jp/2013/06/30/wearable/
◇ソニー:ウェアラブル端末など視野
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130904-00000014-bloom_st-bus_all

◆手軽でオシャレな女子キャンプ 手ぶらOK、“執事”や露天風呂も
最近はトイレやシャワー付きのコテージなどの普及で、女性や小さなお子さんのいる家族もキャンプがしやすくなっている。テントやバーベキュー道具などのレンタル品が充実し、清潔なトイレや入浴施設、寝具付きのコテージなど女性にうれしいサービスの登場。
[産経新聞 13/09/13]
◇リゾートコテージ「たまゆらの里」 HP
http://www.tamayura-sato.com/
◇かんなの湯ロハスガルテンキャンプ場 HP
http://www.lohas-camp.com/
◇日本オートキャンプ協会 HP
http://www.autocamp.or.jp/
◇女子キャンプ Facebook
https://ja-jp.facebook.com/campxgirl
◇女子キャンプ (Blog)
http://groove.naturum.ne.jp/
◇現在流行中「女子キャンプ」まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2131493958196049901

◆初回購入「店で決定」45% ビール系、リピーターと時間差
(1)新規購入者の45%「購入予定なく店頭で見て決める」。リピーターでは指名買いが過半
(2)購入検討率では主力ブランドが優勢。新ブランドはまず検討してもらう事が前提となる
(3)既存ブランドは購入検討から決定までの比率に大差なし。決定率向上がカギとなる
[日経MJ/消費分析 13/08/21]
◇ソフトブレーン・フィールド HP
http://www.sbfield.co.jp/
◇購買理由データ提供サービス開始
http://www.atpress.ne.jp/view/33107
◇ノンアルコール飲料2013年8月の購買理由
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130920/prl13092016110099-n1.htm
◇栄養ドリンクの5月の購買理由
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130614/prl13061414420060-n1.htm
◇シャンプー等の購買理由
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130523/prl1305231508056-n1.htm
◇焼肉のたれ購買理由に関する調査分析
http://www.lisalisa50.com/research20130910_1.html

| | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »