« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014/06/25

情報クリップダイジェスト 2014/05 アップしました

情報クリップダイジェストの2014年5月号を下記にアップしました。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2014/06/211405-4f5f.html

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

情報「クリップダイジェスト 2114/05

◆情報疲労時代の商品開発(上)
野村総合研究所上席コンサルタント日戸浩之氏
[日経MJ/日経MJヒット塾 14/04/28]
気に入ったものには対価を払う「プレミアム消費」が増えている。情報過多で判断に困る一方で、好みやライフスタイルに合った商品・サービスを選択したい意向が消費者にはある。個々のニーズに合った選択肢をうまく提示すれば、消費者は満足感を持って決断できるのである。

◆情報疲労時代の商品開発(下)
野村総合研究所上席コンサルタント日戸浩之氏
情報疲労時代において、消費者に判断基準を提供する別の方法として、ブランディングをあげることができる。信頼できるブランドを構築し提供することで、消費者は安心して商品の選択ができるようになる。
情報があふれる今日、買い物に失敗して損はしたくないという不安の表れで、外国製より品質が確かとみられる日本製を買うという意識や、使っている人の評判が気になるという意識が着実に強まっている。
[日経MJ/日経MJヒット塾 14/05/05]
◇ メリハリ型消費でプレミアム商品が好調
http://dot.asahi.com/wa/2014031800053.html
◇uni「スタイルフィット」
http://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/gel/style_fit/holder.html
◇「プチ贅沢」に関する意識調査/アサヒグループ
http://www.asahigroup-holdings.com/news/2013/1225.html
◇なぜ、価格5倍のコーヒーは売れたのか?
http://diamond.jp/articles/-/44019
◇ネスプレッソ、日本や中国でカプセル式コーヒーの浸透狙う
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424127887324474704578500500051757818
◇「個の」マーケティングを可能にした新手法
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/71461118.html
◇さらば、"丼勘定"のマーケティング
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/72005315.html
◇顧客を支配する「ロジック」に気づこう
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/72985910.html
◇「経営者1,000人調査」で明らかになったブランドのチカラ
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/71531517.html 

◆日本のものづくり前面に、百貨店各社、需要掘り起こし
百貨店で「日本のものづくり」をアピールする動きが一段と広がっている。高島屋は伝統技術をアレンジした京友禅のリゾートシューズなどを販売する。そごう・西武はプライベートブランドで国産を増やすほか、伝統工芸品を販売する売り場を設けた。
[日経MJ 14/04/18]
◇高島屋NIPPONものがたり
http://www.takashimaya.co.jp/store/special/nipponmonogatari/
◇京友禅の老舗・千總プロデュース「SOHYA TAS」
http://www.chiso.co.jp/
◇高島屋NIPPONものがたり について(Blog)
http://www.catique.jp/hpgen/HPB/entries/5.html
◇そごう・西武「リミテッドエディション」 FB
https://www.facebook.com/seibusogo.limitededition
◇そごう・西武「リミテッドエディション」 HP
http://limitededition.sogo-seibu.jp/
◇三越伊勢丹「JAPAN SENSES」開催
http://news.mynavi.jp/news/2014/03/26/177/

◆ザ・リッツ・カールトン京都鴨川臨み、溶け合う和洋
鴨川のほとりに立ち、窓からの眺望と、広々とした客室空間が特徴だ。京都市内でまだ少ない外資系ラグジュアリーホテルとして、日本の伝統と欧米様式を融合させ、国内外の観光客を魅了している。
ホテル内の庭園の植栽や窓からの景色は日本人客にとっても新鮮だ。西陣織の老舗が手がけたクッションや、同ホテルオリジナルのバスソルトなどは国籍を問わず女性の歓心を買うだろう。
[日経MJ/みせどころ 14/04/28]
◇ザ・リッツ・カールトン京都 HP
http://www.ritzcarlton-kyoto.jp/
◇写真で解説 富裕層狙うザ・リッツ・カールトン京都
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1802C_Y4A210C1000000/
◇ザ・リッツ・カールトン京都/日建設計
http://www.nikken.co.jp/ja/news/20140207.html
◇ザ・リッツ・カールトン京都オープン!
http://allabout.co.jp/gm/gc/439191/
◇ザ・リッツ・カールトン京都の内覧会へ (Blog)
http://erisekiya.cocolog-nifty.com/kyototokyo/2014/01/2-e398.html

◆観世流林宗一郎氏、現代美術家とコラボ 絵画の上に映像重ねる
「グランマーブル ギャラリーパルク」で6月18日から、能楽師と現代美術家がコラボした展示会「noh play」が開催される。「noh play」は、観世流能楽師の林宗一郎さんをメーンに据え、さまざまジャンルのクリエーターと「対峙・コラボレーション」するシリーズ。
[烏丸経済新聞 14/05/23]
◇観世流林宗一郎氏サイト
http://hayashi-soichiro.jp/
◇京都「グランマーブル ギャラリーパルク」 HP
http://www.galleryparc.com/
◇能楽師と現代美術家がコラボ「noh play」 HP
http://nohplay.galleryparc.com/
◇ヤマガミユキヒロ氏サイト
http://www.yamagamiyukihiro.net/
◇木ノ下歌舞伎主宰 HP
http://kinoshita-kabuki.org/

◆商機と再生にらみ「攻めの農業」官民で
政府が掲げる「攻めの農業」の実現に向けた具体的な構想が15日、明らかになった。丸紅や全日本空輸などの民間企業が、日本ブランドの農産物をアジアや中東に輸出するための協議会を共同で設立。シンガポールに流通加工センターを作り、販売拠点を構築する計画だ。
[産経新聞 14/04/16]
◇農林水産業・地域の活力創造プラン
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/nousui/pdf/plan-honbun.pdf

◆ファミレス、3世代狙う 定年後の団塊世代、固定客に
ファミリーレストランがシニア向けの会員サービスや商品開発を工夫している。
シニアを固定客にすることで、その子供や孫の世代も一緒に来店する「3世代消費」も見込んでいる。
[日経MJ/耳寄りな話 14/04/18]
◇シニアシフトと業界の取るべき方向性/ファミレス
http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/3522/
◇シニア層におけるファミレス利用実態調査
http://www.just-research.co.jp/pdf/20130801S.pdf
◇シニア限定「オハヨウクラブ」 について(Blog)
http://blog.livedoor.jp/fdbdh477/archives/1733838.html
◇ファミレスや喫茶店、高品質でシニア層獲得で復調の兆し?
http://biz-journal.jp/2014/02/post_4070.html
◇もう普通のファミレスは生き残れない
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20140414/1056637/?ST=life&P=1

◆タニタ、厳選コラボ、元気の源
食品・アパレル…「健康」軸に異業種連携、ブランド力さらに磨き
健康機器メーカーのタニタが、食品からアパレルまで幅広い業種との連携を進めている。「健康」をキーワードに連携先に利益をもたらすとともに、「タニタ」ブランドの浸透を図る。
異業種とのコラボで高まったブランド力は優秀な人材確保や本業の商品開発にも好影響を与えている。
[日経MJ 14/04/21] 
◇タニタ、オンワードと販路開発
http://www.tanita.co.jp/cms/common/pdf/press/2014/lamuse.pdf
◇飲料メーカー「海東ブラザース」 HP
http://www.kaito-brothers.net/
◇与信管理サービス「リスクモンスター」 HP
http://www.riskmonster.co.jp/
◇タニタ、意外なコラボぶりまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2137860263991477301
◇廃れない、埋もれないSNSアカウントを目指すタニタ
http://japan.cnet.com/marketers/sp_sns-promotion/35036423/
◇タニタの広報戦略
http://www.kkc.or.jp/plaza/magazine/201302_02.html?cid=1
◇タニタの歴史から日本人の「健康」をひも解く
https://www.blwisdom.com/lifeculture/interview/bphealthy/item/9280.html

◆サマンサタバサDELUXE 表参道GATES店
売り場のイメージが「変わった」という印象を客に与え続けるには――。サマンサタバサジャパンリミテッドの旗艦店「サマンサタバサDELUXE表参道GATES店」(東京・港)では、アートや文学、広告と連動しながら内装や展示を変更する。
[日経MJ 14/04/23]
◇サマンサタバサDELUXE HP
http://www.samantha.co.jp/
◇カトー・フレンド氏サイト
http://www.cato-friend.com/
◇サマンサタバサとキングズの共同CM発表
http://www.fashionsnap.com/news/2014-02-12/samantha-exile-miranda/
◇サマンサタバサ オリジナル恋愛小説
http://www.samantha.co.jp/koi/
◇展示台型販売促進システム「teamLabDisplayBase」を導入
http://www.team-lab.com/new/news/samantha1304.html
◇サマンサタバサJリミテッド代表取締役社長インタビュー
http://kigyoka.com/public/article/article.jsp?id=2976

◆家庭の省エネ、ネットで管理、節約志向に照準
インターネットを活用した家庭の省エネ支援サービスが広がりをみせている。各家庭の電力の使い方をクラウドで分析して節電方法を助言したり、省エネ設備を導入する効果を試算したりするサービスに、京セラやNECなどが参入。
[日経MJ 14/04/23]
◇京セラ「ハウスマイルナビィ」 HP
http://www.kyocera.co.jp/lithium/hems_feature1.html
◇ONEエネルギー HP
http://oneenergy.co.jp/
◇NTTスマイルエナジー HP
http://www.nttse.com/
◇eneGoon(エネグーン ) 
www.toshiba.co.jp/about/press/2014_04/pr_j0701.htm?from=RSS_PRESS&uid=20140407-3129

◆キッチン家電、簡素の美 無印良品、世界見据え刷新
日常の道具 使い勝手重視/壁の近くは四角 手元の製品丸く
無印良品が今春発売したキッチン家電の新ラインアップ。工業デザイナーの深沢直人さんは機能をあえて絞り込み、どんな空間にも調和する生活の道具としての姿を目指した。年月を経ても色あせず、長く愛着を持って使い続けられる家電を、という生活者の声に応える。
[日経MJ 14/04/23]
◇無印良品「キッチン家電2014」
http://www.muji.net/electronics/
◇深澤直人監修の無印良品キッチン家電
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20140207_634380.html
◇深沢直人、デザインを語る。
http://media.excite.co.jp/ism/144/

◆家具専門店、相次ぎ新業態
家具専門店は新業態の出店や売り場改革を進める。大塚家具は4カ月程度で売り場の商品をすべて入れ替える小型店を開業。アクタスはアパレルなども扱う生活スタイルを提案する店舗を東京都内で開く。
[日経MJ/消費税8%の影響 14/04/25]
◇IDC OTSUKA LIFE STYLE SHOP 名古屋駅前店
http://www.idc-otsuka.jp/nagoya_lss/
◇「ネンド」北欧テーマに大塚家具とコラボショップ出店
http://www.fashionsnap.com/news/2013-03-28/nendo-otsuka/
◇アクタス「スローハウス」 HP
http://tokyo.slow-house.com/
◇「SLOWHOUSE」天王洲にオープン
http://ism.excite.co.jp/news/rid_E1399963905004/
◇ライフスタイル誌「KINFOLK」 HP
http://www.kinfolk.com/
◇ライフスタイルブランド「uur by KINFOLK」 HP
http://www.ouurcollection.com/
◇KINFOLKを訪ねて ポートランドへ
http://www.coyoteclub.net/blog/2013/07/kinfolk-1/

◆「見せて消える」画像、浸透、写真共有アプリ
日本でも相次ぐ、「残したくない」需要つかめ
送られてきた画像を見ると数秒で消えてなくなる写真共有アプリが国内で続々登場している。昨年はリクルートとディー・エヌ・エー(DeNA)、今年に入りヤフー、ミクシィなどが同様のアプリを公開した。各社とも狙うのは「送りたいけど残したくない」需要だ。
[日経MJ 14/04/25]
◇DeNAが「5sec snaps」をリリース
http://app-review.jp/ios/168173
◇リクルート「seesaw」
http://appllio.com/20130926-4192-message-app-delete-photo-seesaw
◇ヤフー「Commu Camera」
http://comcam.yahoo.co.jp/
◇写真が消える系メッセンジャーアプリ、続々登場
http://matome.naver.jp/odai/2139366077368294001
◇スナップチャットとは?消えちゃう?写真
http://www.belka.co.jp/entry-1581/
◇米で人気「スナップチャット」はFBを倒せるのか
http://president.jp/articles/-/11810
 

◆大使館で、お手軽、本場体験、世界の旅
入り口は重厚な門と厳重な警備で、ちょっと縁遠いイメージのある駐日各国大使館。だが、中には自国のファンになってもらおうと一般の人向けにユニークな取り組みをしている大使館もある。
都内の大使館めぐりは、尽きることのない好奇心を手軽に満たしてくれる一つの手段になるかもしれない。
[日経MJ 14/04/28]
◇インターナショナル・ウィメンズ・クラブ・ジャパン HP
http://www.iwcj.org/
◇エジプト大使館 文化・教育・科学局の国際理解イベント情報
http://www.iwcj.org/embassy/egypt.html
◇東京・カナダ大使館で子供向け読書会 (Blog)
http://www.e-nikka.ca/Contents/130228/othernews_05.php
◇オマーン大使館・アラブ料理教室
https://www.facebook.com/events/1424649907766953/
◇オマーン大使館でお料理教室 (Blog)
http://fiwai.blog.fc2.com/blog-entry-269.html
◇インド大使館でインド講座・無料イベント
http://matome.naver.jp/odai/2134642287821741301
 

◆80年代ブランド、20~30代に照準 
1980年代に人気を集めたファッションブランドが、当時支持した世代の子ども世代にあたる20~30代を取り込もうと動き出した。ドイツの高級かばん「MCM」はこのほど15年ぶりに都心に出店したほか、「ケンゾー」は若者の集まる東京・原宿での直営店出店を計画する。イッセイミヤケは服飾雑貨で販路拡大を狙う。
[日経MJ 14/04/28]
◇MCMプロダクツ HP
http://www.mcmworldwide.com/
◇MCMトップが語る日本再上陸の野望
http://www.fashion-headline.com/article/2014/04/22/5980.html
◇オープニングセレモニー HP
http://www.openingceremonyjapan.com/
◇ISSEY MIYAKE MEN HP
http://www.isseymiyake.com/
◇ISSEY MIYAKE新デザイナー高橋悠介氏インタビュー
http://www.fashionsnap.com/inside/isseymiyakemen-yusuketakahashi/
◇「KENZO」の新クリエイティブディレクター
http://www.eyescream.jp/news-all/openingceremony-founder-to-kenzo
◇懐かしの80′sアイテムが続々復活
http://news.livedoor.com/article/detail/8494073/

◆アマゾンが挑む生鮮宅配 技術駆使「最速」物流が鍵
米サンフランシスコ市内を車で走ると最近、「アマゾン」のロゴがある緑色の小型トラックをよく見かける。アマゾン・ドット・コムの生鮮食料品宅配サービス「アマゾン・フレッシュ」の配送車だ。現在は本社のあるシアトルやサンフランシスコ、ロサンゼルスと米西海岸の限られた都市だけで展開するが、実は同社がどうしても成功させたいビジネスでもある。
[日経MJ/先読みウェブワールド 14/04/28]
◇アマゾン・フレッシュ HP
https://fresh.amazon.com/welcome
◇アマゾンフレッシュ当日配送も(Blog)
http://blogos.com/article/64065/
◇アマゾンフレッシュ について(Blog)
http://blog.livedoor.jp/usretail/archives/51864184.html

◆客招く、トイレは神様、非日常演出、爽快に
全国各地のアミューズメント施設や飲食店で、様々な仕掛けで楽しませてくれる一風変わったトイレが増えている。音楽が流れてスポットライトを浴びるものや、水族館のような造りにしたものなども登場。
[日経MJ 14/04/30]
◇アミューズメントパーク三橋店男子トイレ
http://www.hoshino-gumi.com/works/detail09/
◇アミューズメントパーク三橋店男子トイレ(YouTub)
http://www.youtube.com/watch?v=JKjZwGF9cj4
◇「ムーミンパパ」の女子トイレ(YouTub)
http://www.youtube.com/watch?v=Dgw7Sw2h1a4
◇「一蘭 新宿中央東口店」のトイレ について(Blog)
http://papicocafe.blog.fc2.com/blog-entry-191.html
◇どうせするならこのトイレで
http://matome.naver.jp/odai/2133440519562284901
◇日本の珍トイレスポット
http://matome.naver.jp/odai/2138632038451270701

◆輝き降り注ぐ時計部品 シチズン「ミラノサローネ」出展
8万個もの地板 天井につり下げ
技術磨き続ける企業姿勢を表現
イタリアで開催されたインテリア家具の見本市「ミラノサローネ2014」に今回初めてシチズンが出展した。見る人を圧倒したのは、時計を構成する細やかな部品で作ったインスタレーションだ。ものづくりの姿勢や企業のアイデンティティーを独創的に表現、各国の来場者の話題を集めた。
[日経MJ 14/04/30]
◇シチズン HP
http://citizen.jp/
◇シチズン「ミラノサローネ」に初出展
http://www.citizenwatch-global.com/milanosalone/2014/jp.html
◇シチズンがパリの建築家・田根剛氏とのコラボで初出展
http://openers.jp/interior_exterior/ispecial/news_citizen_44636.html
◇サローネ2014、TOGに新しい展開を見る
http://milano.metrocs.jp/archives/6051
◇田根剛氏(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%A0%B9%E5%89%9B
◇田根剛氏共同主宰「DGT」サイト
http://www.dgtarchitects.com/

◆「G・Gモール」2ヵ所目、千葉のGMSに、寛ぎ重視、イオンが展開
イオンは2014年度、合計で5店程度の総合スーパー(GMS)に55歳以上の中高年向けフロアを設ける。その一環として千葉市のGMSを全面改装し、全国で2カ所目の「グランド・ジェネレーションズ・モール(G・Gモール)」を導入した。時代小説や旅行関連本が充実した書店、新品の書籍を持ち込めるカフェなどを導入。コンサートなどイベントもほぼ毎日開く。
[日経MJ 14/05/02]
◇グランドジェネレーションズモール葛西
https://www.aeon.co.jp/ggmall_kasai/
◇シニア社会レポート「イオン葛西店G.Gモール」
http://lifestudy.jp/report/post-1900/
◇イオン葛西店「G.G 世代向けモール」オープン
http://news.goo.ne.jp/article/internetcom/trend/internetcom-20130529017.html
◇イオンのシニア向けイベント「G.G.コレクション」
http://www.wwdjapan.com/fashion/2014/04/11/00011289.html
◇「G.Gモール」は量販店を活性化させる救世主か!? (前篇)
http://www.brandingnavi.com/c1000/00531.html
◇「G.Gモール」は量販店を活性化させる救世主か!? (後篇)
http://www.brandingnavi.com/c1000/00532.html

◆食・音楽でもブランド発信、ベンツ、六本木の拠点開業
米菓子店やFM局と連携、気軽な来店促
メルセデス・ベンツ日本は1日、東京・六本木にブランド発信拠点を開いた。最新車種を展示するほか、人気のポップコーン店との連携や、交流サイトと組んだ音楽イベントも行う。
[日経MJ 14/05/02]
◇期間限定フロアショップ「メルセデス・ミー」
http://www.mercedes-benz-connection.com/mercedes_me/
◇東京MTに「メルセデス ミー」期間限定オープン
http://clicccar.com/2014/04/28/253912/
◇「メルセデス・ベンツコネクション」リニューアル
http://bizmakoto.jp/style/articles/1301/18/news114.html

◆寄付つき商品、仕組みは? 途上国へ、企業が橋渡し
(1)寄付つき商品が分野も手法も多様化
(2)社会貢献したいという意欲が背景に、普段着感覚で
(3)送り手も変化、企業がNPOと連携
[日経MJ 14/05/02]
◇アフリカの子どもたちに給食を「TABLE FOR TWO」
http://jp.tablefor2.org/
◇NPOテーブル・フォー・ツー「押し付けではない寄付」で浸透
http://www.alterna.co.jp/10619
◇MORINAGA「1チョコfor1スマイル」
http://www.morinaga.co.jp/1choco-1smile/
◇得意分野で社会に貢献する
http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/navis/013/report01.html
◇nepia「千のトイレプロジェクト」
http://1000toilets.com/
◇CSR・社会貢献関連の意識・動向調査
http://andomitsunobu.net/?p=6678
◇フェアトレードのおかしな真実
http://www.sinkan.jp/news/index_4026.html
◇フェアトレードと児童労働
http://acejapan.org/childlabour/report/fairtrade/

◆駅の間に個性派商業施設、駅カン、高架下の効果
線路の高架下にある商業施設の存在感が高まっている。かつては「暗い」「汚い」「危ない」というイメージだった高架下だが、今では鉄道各社が発信力の強いテナントを誘致し、沿線ブランドの向上につなげている。駅ビルや駅構内の駅ナカに続き、駅と駅をつなぐ高架下の「駅カン(駅間)」が新たなにぎわいの場として注目を集めそうだ。
[日経MJ 14/05/05]
◇阿佐ケ谷アニメストリート HP
http://www.jrtk.jp/asagaya-anime-street/
◇JR高架下に「阿佐ヶ谷アニメストリート」が生まれるワケ
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1403/11/news025.html
◇プロが集結、阿佐ケ谷の高架下は「アニメ満喫通り」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1503A_V10C14A4000000/
◇アニメコラボカフェ「SHOROBCO」HP
http://shirobaco.com/
◇あにめ座バロックカフェ HP
http://anubis-entertainment.com/
◇なんばEKIKANプロジェクト HP
https://ekikan.com/
◇なんばEKIKANプロジェクト始動
http://nippon-bashi.biz/news/20140427_ekikan.html
◇BLUE多摩川アウトドアフィットネス HP
http://www.blue-tamagawa.jp/
◇秋葉原駅高架下「CHABARA」オープン
http://allabout.co.jp/gm/gc/421438/
◇Jr東「2k540 AKI-OKA ARTISAN」 HP
http://www.jrtk.jp/2k540/

◆コーヒー目当て女性にも、コンビニ「来店増えた」65%、男性上回る
菓子など「ついで買い」
(1)コンビニコーヒーの利用頻度が高いのは男性30代、40代。女性今後伸びが期待される
(2)コンビニコーヒーはコーヒーショップでは提供できていなかった状況やシーンでも利用されている
(3)コンビニコーヒーは来店頻度向上や客単価のアップ(特に女性)に繋がっている可能性有
日経MJ 14/05/05]
◇楽天リサーチ FB
https://www.facebook.com/RakutenResearch?ref=stream&hc_location=stream
◇コンビニコーヒーについて調査/マーシュ
http://www.marsh-research.co.jp/examine/ex2512.html
◇ローソンのコーヒーは誰が飲んでいる?
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1311/12/news013.html
◇コンビニコーヒーについて調査結果(13/12/20集計)
http://wakarukoto.com/?p=3982
◇一年のコンビニ動向を振り返ってみる(2013年)
http://www.garbagenews.net/archives/2118525.html
◇好評のコンビニコーヒー、CRM戦略や他業種にも影響
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/69933412.html

◆グランフロント大阪、電子看板を窓口にSNSで情報交換
4月末に開業1周年を迎えた大型商業施設「グランフロント大阪」で、ITを駆使した施設のファン作りが進んでいる。要となるのが入居施設の店員や従業員と来場者とをつなぐ独自のSNS。施設各所に設けた電子看板を窓口に、店員らが自ら街の情報を発信。お仕着せでない交流を図ってリピート客につなげる。
[日経MJ 14/05/05]
◇グランフロント大阪 HP
http://www.grandfront-osaka.jp/
◇グランフロント大阪 FB
https://www.facebook.com/GRAND.FRONT.OSAKA
◇グランフロント大阪「コンパスサービス」
http://www.grandfront-osaka.jp/compath
◇デジタルサイネージとスマホ活用「コンパスサービス」
http://www.paymentnavi.com/paymentnews/31139.html
◇コンパスタッチアプリの利便性と可能性
http://www.pronews.jp/column/yasuji-eguchi/1309241800.html

◆自治体VS福井県、鯖江の実験、CEO役は市長、異端児人3迎え入れ
メガネの産地、福井県鯖江市が、街づくりやビジネスの実験場へ変身している。女子高生の感性を生かす「JK課」、バスの現在地など公共情報から新サービスを生む「オープンデータ」。前例のない挑戦はベンチャー顔負けだ。奇抜なアイデアを色眼鏡で見ずに受け入れる牧野百男市長(72)と、その元に集う異端児たちが、地方都市の可能性を広げている。
[日経MJ 14/05/09]
◇鯖江市 JK課  HP
http://sabae-jk.jp/
◇鯖江市 JK課  FB
https://www.facebook.com/sabae.jk
◇鯖江市 JK課 Twitter
https://twitter.com/sabae_jk
◇データシティ鯖江
http://www.city.sabae.fukui.jp/pageview.html?id=11552
◇全員がニートで取締役「NEET株式会社」 HP
http://neet.co.jp/
◇ソフト開発会社「jig.jp」 HP
http://jig.jp/
◇「電脳メガネ ARアプリコンテスト」レポート
http://fukuno.jig.jp/640
◇自宅で5本まで試着・返品可能「オーマイグラス」 HP
http://www.ohmyglasses.jp/
◇鯖江市が「オープンデータ」先端を行く理由
http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/05/sabae-opendata-wired_n_4216392.html
◇鯖江市地域再活性の取組がすごい!
http://matome.naver.jp/odai/2138284101222464701

◆ネット送客、地域密着で、まず新潟で月内、サッポロ、販促を強化
サッポロビールはインターネットを活用して店頭に送客するO2Oの取り組みを強化する。5月からネットベンチャーのipoca(東京・中央)と連携して新潟県で約400店を対象にスマホアプリを使った地域密着型のサービスを始める。飲食店への送客を支援するほか、営業ツールとしても生かす。
[日経MJ 14/05/09]
◇ipoca HP
http://www.ipoca.jp/
◇サッポロ「麦とホップ」 FB
https://www.facebook.com/mugitohop
◇ipocaのアプリ「NEARLY(ニアリ)」
http://www.ipoca.jp/nearly/
◇自分仕様の情報が流れてくるO2Oアプリ「NEARLY」
http://itnp.net/story/432
◇O2O本格化でスマホが「御用聞き」になる
http://ascii.jp/elem/000/000/847/847926/

◆スマホで撮影、プリント、DPE復権の兆し
スマホで撮影する機会が増えたことで、アプリを使って簡単に大量の写真をプリントできるようになりDPE、需要が伸び始めた。大手のプラザクリエイトや富士フイルムが短時間で大量の写真をプリントできるアプリの普及を競い合っている。
[日経MJ 14/05/14]
◇プラザクリエイト「パレット55お店プリント」
http://www.80210.com/print-shop.html
◇富士フイルム「プリントサービス」
http://fujifilm.jp/personal/print/
◇カメラのキタムラ「プリント直行アプリ」
http://www.kitamura.jp/shopping/osusume/2011/os015.html

◆お部屋に光る菜園 LED使った装置続々と、季節選ばず虫付かず
自宅に庭がなくても、リビングに置ける本格的な「植物工場」で自家製野菜を育てる人が増えている。発光ダイオード(LED)照明を使って誰でも上手に育てられる栽培装置が相次ぎ登場。おしゃれなデザインの製品も多く、インテリアとしての人気も高まっている。
[日経MJ 14/05/14]
◇水耕栽培器「ベジユニ」
http://www.hebelian.org/net/llsupport/housecare/shopping/vegeuni/
◇野菜がインテリアに!?イエナカ水耕栽培キット
http://dime.jp/genre/121516/
◇室内でも家庭菜園を楽しもう!
http://penginez.com/archives/1882
◇ガーデニング市場に関する調査2013/矢野経
https://www.yano.co.jp/press/pdf/1225.pdf
◇野菜と家庭菜園に関する調査2013/タキイ
http://www.takii.co.jp/info/news_130831.html
◇水耕栽培器「グリーンファーム」 HP
http://www.greenfarm.uing.u-tc.co.jp/
◇水耕栽培器「グリーンファーム」 につて(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/negishinouen/diary/201401040000/

◆大理石の家具、薄く軽快 テーブルや器、日常に溶け込む
巨大なテーブル「無重力」を表現
同じ模様なくすべて一点物
大理石のインテリアが身近になってきた。イタリアで開催されたインテリア家具の見本市「ミラノサローネ2014」では大理石使いのテーブルや器がひときわ目を引いた。いずれも日常生活に溶け込むシンプルなデザインで、高い加工技術によって薄く軽快に仕上げられている。
[日経MJ 14/05/14]
◇ミラノサローネ国際家具見本市 HP
http://www.milanosalone.com/
◇吉岡徳仁氏サイト
http://www.tokujin.com/
◇吉岡徳仁氏「Agravic アグラヴィック」
http://architecturephoto.net/32888/
◇トード・ボーンチェ氏サイト
http://tordboontje.com/
◇トード・ボーンチェ氏「The 22nd Floor Sofa」
http://entrerayas.com/2014/03/milan-furniture-show-moroso-preview/
◇伊「レダエリ社」 HP
http://www.ivanoredaelli.it/
◇B&B ITALIA  JAPAN HP
https://www.beb-italia.jp/
◇バーバー&オズガビー氏サイト
http://www.barberosgerby.com/
◇「アルマーニ/カーザ」新作壁紙が話題に
http://ism.excite.co.jp/news/rid_E1400030439004/
◇ミラノサローネ2014特集
http://www.japandesign.ne.jp/salone/2014_tokujin_yoshioka.html
◇ボッテガ・ヴェネタ、新作ホームコレクションを発表
http://www.atpress.ne.jp/view/45316

◆身寄りない「家族難民」支援 NPOや公益財団、付添いや身元保証
身寄りのない1人暮らしの高齢者のために、身の回りの世話をするサービスが注目されている。入院や施設への入所の際に必要な身元保証や、金銭面の手続きを誰にも頼めない人が多いためだ。こうした高齢者は「家族難民」とも呼ばれ、年々増えている。
[産経新聞 14/05/06]
◇NPO法人「きずなの会」 HP
http://www.kizuna.gr.jp/
◇公益財団法人「日本ライフ協会」 hHP
http://www.jp-life.net/
◇東京の高齢者世帯、44%が一人暮らし 20年後
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1103W_R10C14A4EE8000/
◇年間20万人が孤立死。家族難民があふれる日
http://toyokeizai.net/articles/-/31635
◇日本に増える「家族難民」シェアハウスが救う?
http://news.livedoor.com/article/detail/8491326/

◆おひとりさま、老後も謳歌、アラフィフ女性、「自分らしく」68%
(1)アラフィフ女性で、老後も独身生活の利点である「自分らしい生き方」が「できる」としたのは68%
(2)「シニアになっても続ける・増やす」消費は旅行・レジャー、自分の居場所の充実、外食
(3)要介護状態への対応を「考えていない」人が4割。頼れる友人が「多数いる」のは7%
[日経MJ 14/04/21]
◇独身シニアの暮らしと出会いに関する意識調査/オーネット
https://www.seniorkatsuyou.com/column/lifestyle/ueno0425/
◇独身女性を対象とした結婚に関する意識調査
http://happy-r-project.jp/girls/diversification-of-lifestyles
◇「男おひとりさま」の老後マネー、4つの落とし穴
http://www.nikkei.com/money/column/nkmoney_tokushu.aspx?g=DGXNASFK1501B_15082013000000
◇おひとりさま女性、「自分年金」2600万円への道
http://www.nikkei.com/money/features/37.aspx?g=DGXZZO6742377026022014000000

| | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »