« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014/09/27

情報クリップダイジェスト 2014/08 をアップしました

ちょっと遅くなりましたが、情報クリップ・ダイジェストの8月号をアップしました。

とり急ぎお知らせいたします。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2014/09/201408-572d.html

毎度、あいそなしで申し訳ございません。

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップダイジェスト 2014/08

◆現代の祈り、仏具が挑む 富山のメーカー、異分野とコラボ
小さくて丸い優しい表情に
温かみある素材 室内家具と調和
「仏具のデザイン研究所」というユニークなブランドが誕生した。鋳造・加工に秀でた富山県高岡市にある仏具メーカーの本保(ほんぼ)が、外部デザイナーを起用して立ち上げた。生活様式や価値観の変化に対応した、新しい祈りのカタチに挑戦するという。
[日経MJ 14/07/30]
◇仏具のデザイン研究所 HP
http://butsugu-design.jp/
◇仏具のデザイン研究所 FB
https://www.facebook.com/butsugu.design
◇仏具メーカー「本保」 HP
http://hombo.jp/
◇仏具「ストレイタム」
http://butsugu-design.jp/products/stratum/
◇山口英文氏 Twitter
https://twitter.com/Caro_inc
◇山田佳一朗氏サイト
http://kaichidesign.com/
◇仏具「てつ」
http://butsugu-design.jp/products/tetsu/
◇トラフ建築設計事務所 HP
http://torafu.com/
◇建築家・鈴野浩一氏、禿真哉氏インタビュー
http://www.cabbage-net.com/seikatsu/torafu/
◇トラフ建築設計事務所「ちいさな仏壇」
http://torafu.com/works/chiisanabutsudan
◇現代のライフスタイルに合わせた仏具の新しいカタチ
http://news.infoseek.co.jp/article/adime_dime_149029

◆ドイツのモノづくり 古都で「和」と融合 ライカ京都店
ライカカメラ誕生100年の今年3月、京都祇園の花見小路通に新たな旗艦店として「ライカ京都店」がオープンした。国内7店舗目となる京都店は築100年の町家を生かした趣のある空間に、ライカ独特の世界観が醸し出されている。
日本の古都で、100年の歴史を持つライカの世界観を存分に味わえるとあって、ライカ愛好者だけでなく、多くの人が訪れている。
[産経Biz 14/08/07]
◇ライカ HP
http://jp.leica-camera.com/
◇祇園・花見小路にオープンした「ライカ京都店」レポート
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140320_640569.html
◇ライカ京都店、3月15日オープン!どすえぇ!!
http://rainstick213.blog.fc2.com/blog-entry-637.html
◇ライカ京都店のイメージビデオ
http://kenz0.s201.xrea.com/weblog/2014/07/leica_store_kyoto.html

◆すてきな日本語をたくさん浴びるひととき
「love letter project’14 降りそそぐ言葉、舞い降りる花-夏」
夏のかまくら。その中に降りしきるものは、言葉と花-。書道家の紫舟氏とテクノロジー集団「チームラボ」(猪子寿之代表)が3D映像技術を駆使したイベントが17日まで、恵比寿ガーデンプレイスのセンター広場で開かれ、若者たちの話題になっている。
[産経Biz 14/08/11]
◇降りそそぐ言葉、舞いおりる花?夏love letter project’14
http://gardenplace.jp/special/1407loveletter/
◇書道家・紫舟氏サイト
http://www.e-sisyu.com/
◇チームラボ HP
http://www.team-lab.com/
◇デジタルアートの世界
http://www.date2.jp/article/3458

◆今治タオル、英見本市に、9月、海外ブランド戦略強化
9月にロンドンのデザイン見本市に初出展するなど、今年度は過去最多の3イベントに参加する。英国でアンテナショップを出すことも検討する。
今治タオルは国内でのブランド戦略が奏功して製品イメージが向上し、需要増につながった。海外も含め、ブランド価値をさらに高める。
[日経MJ 14/08/15]
◇四国タオル工業組合 HP
http://www.stia.jp/
◇今治タオル HP
http://www.imabaritoweljapan.jp/
◇ロンドン「100%design」 HP
http://www.100percentdesign.co.uk/
◇佐藤可士和氏ポートフォリオ
http://kashiwasato.com/
◇佐藤可士和氏まとめ
http://matome.naver.jp/topic/1M0jx

◆消費者調査は「無関心」でも…、潜在需要を脳に聞け
脳波測定や視線追跡、販促・CM「五感」狙い撃ち。
アンケート調査だけではなかなか見えてこない消費者の本音を探れ――。流通企業や消費財メーカーが最先端の脳科学を活用したマーケティングに動き出した。脳波を測ったり、視線を追ったりして消費者の五感を「見える化」する取り組みは、本当に効果があるのか。脳科学(ニューロ)マーケティングの最前線に迫った。
[日経MJ 14/07/16]
◇アサツーディ・ケイ(ADK) HP
https://www.adk.jp/
◇調査会社「センタン」 HP
http://www.centan.jp/
◇ゼットエムピー HP
http://www.zmp.co.jp/
◇シナジーマーケティング HP
http://www.synergy-marketing.co.jp/
◇ニューロマーケティングとは
http://lab.synergy-marketing.co.jp/neuromarketing/
◇「人の視線+α」で○○が分かる
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1404/02/news010.html
◇米国発、ブレーン・イニシアティブ
https://www.semiconportal.com/archive/blog/insiders/oowada/130530-brain.html
◇NTTデータ経営研究所 HP
http://www.keieiken.co.jp/
◇脳を育む すくすくあそびDX
http://babylabo.jp/catalog/sukusukuasobi_dx.html 
◇脳科学でヒット商品
http://wbslog.seesaa.net/article/401521292.html

◆知らない景色、見せて!全天球カメラ・宇宙体験人気、非日常視点
昨年10月にリコーイメージングが発売した全天球カメラ「THETA(シータ)」(税込み4万3740円)。ファインダーがなく、見た目はICレコーダーのよう。手のひらサイズで、重量も95グラムと軽い。機能の売りは1回シャッターを押せば、撮影する人を取り巻く上下左右360度のあらゆる景色が1枚に収められる。
[日経MJ 14/07/16]
◇「RICOH THETA」 HP
https://theta360.com/ja/
◇全天球カメラでつくる、乾杯の輪「一番搾リング」 HP
https://ichibanshiboring.com/
◇宇宙ミュージアム「TeNQ(テンキュー)」 HP
http://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/
◇「RICOH THETA」を使ってみました
http://gigazine.net/news/20130920-ricoh-theta/
◇全天球カメラ「RICOH THETA」(前篇)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1401/23/news030.html
◇全天球カメラ「RICOH THETA」(後編)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1401/27/news033.html

◆不動産ビッグデータ販促、サイト検索・閲覧履歴×モデルルーム来場
不動産情報サイト「ホームズ」を運営するネクストは、マンション分譲会社などと組んで各社の顧客データなどビッグデータを活用した販促支援サービスを始める。顧客の属性や行動に合わせた広告を表示するほか、メールの内容も顧客の個別の事情に合わせて変更。より利用度の高い情報を顧客に提供できるようにする。
[日経MJ 14/07/16]
◇ネクスト HP
http://www.next-group.jp/
◇ALBERT(アルベルト)  HP
http://www.albert2005.co.jp/
◇NabiSTAR(ナビスター)の提供を開始
http://www.next-group.jp/press/corp/140716.html
http://www.albert2005.co.jp/
◇ネクストの新事業「NabiSTAR」とALBERTの技術
http://markezine.jp/article/detail/20337

◆島暮らし、移住者が彩り、芸術祭で小豆島に魅了、景観に新風
最近では「移住者が増えている島」としても有名になり、新住民が作るカフェやスペースが島に彩りを添え、都会で見失った暮らし方のデザインを再生している。島には棚田や伝統行事、それに近所付き合いとかつての日本の原風景がいまだ残る。
[日経MJ 14/07/16]
◇HOMEMAKERS(ホームメーカーズ) HP
http://homemakers.jp/
◇小豆島の顔 FB
https://www.facebook.com/shodoshimakao
◇ポンカフェ FB
https://www.facebook.com/poncafe459
◇ポンカフェOPEN!!
http://shimagirl.jp/?p=9133
◇老若男女が集う新しい公共空間、Umaki camp
http://colocal.jp/topics/lifestyle/shodoshima/20140526_33114.html
◇小豆島縁起絵巻 について
http://relational-tourism.jp/archives/1521
◇小豆島Web Magazine
http://www.shodoshima.com/
◇小豆島・豊島アートガイド
http://artguide.shodoshima.or.jp/
◇瀬戸芸、そして小豆島へ (Blog)
http://4travel.jp/travelogue/10827066

◆アプリで「お・も・て・な・し」
京急、最大27言語で翻訳・案内、全駅に、LINE、チャット、4言語対応
増加する訪日外国人の観光需要を取り込もうと、スマートフォンやタブレットで使えるアプリを活用する動きが広がっている。日本観光で最大の壁となる言語の問題では翻訳アプリを駆使した受け入れ体制や観光案内の整備が進む。
[日経MJ 14/07/18]
◇京急、訪日外国人向けサービス
http://www.keikyu.co.jp/company/20140715HP_14054MKo.pdf
◇音声翻訳アプリ「VoiceTra4U」
http://www.ustar-consortium.com/app_ja/app.html
◇LINE通訳アプリが超便利!
http://matome.naver.jp/odai/2138505173328398401
◇H.I.S訪日タイ旅行者向アプリ「Touch! Tokyo」
http://touchtokyo.com/th/
◇訪日タイ旅行者向アプリ「Touch! Tokyo」開始
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=653&&country=2&&p=1
 
◆日産、給電装置「LEAF to Home」「動く蓄電池」住宅に
リーフに充電した電力をフルに使えば、通常の日常生活をしても住宅で1日以上過ごせる。夜の電気料金が安い時間にリーフに蓄電し、昼の電気代が高い時間にリーフの電力を使えば電気代を抑えられる点が利用者に支持されている。
[日経MJ/くらしの逸品 14/07/18]
◇日産リーフが蓄電池に。 LEAF to Home
http://ev.nissan.co.jp/LEAFTOHOME/
◇ニチコン HP
http://www.nichicon.co.jp/top.html
◇LEAF to Homeを使いこなせ。
http://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20131219-20101899-carview/
◇「電気を持ち歩く」と暮らしはどう変わる?
http://wired.jp/2014/05/31/amidus-wea/

◆車・住宅、「エコ」に関心 「社会に貢献」消費の潮流
シニアはリタイア後も自分にできる範囲で社会参加がしたいのです。どの業種でも商品やサービスを考えることはできるでしょう。何らかの社会貢献ができるのなら、新しい大人の消費スタイルとして喜んで選ぶのではないか。
[日経MJ/阪本節郎の新大人学 14/07/18]
◇自ら社会に貢献するエルダーへ/博報堂(原典)
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2013/11/20131128.pdf
◇「団塊」の支出 動き出す
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/reporttopics/16330
◇団塊の世代の社会参加/内閣府
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2013/zenbun/pdf/1s3s_3.pdf
◇「仕事」と「消費」で高齢者は社会参加へ
http://bb.hiroyukimurata.jp/future/4205/
◇シニアの消費行動はいかにして起きるか
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/77423516.html

◆イケア・ジャパン社長ピーター・リストさんインタビュー
街中小型店、日本で実験、世界の先行モデルに
イケア・ジャパンが日本でさらに存在感を増している。東京都内の1号店となるイケア立川に続き、仙台市、広島市など都心部への出店攻勢をかける。4月に就任したピーター・リスト社長は「顧客の要求水準が高い日本はイケアグループの先行モデルになる」と位置付け、事業拡大を加速させる考えだ。
[日経MJ/トップに聞く 14/07/21]
◇イケアジャパン HP
http://www.ikea.com/jp/ja/
◇イケアの本国コーディネーターが来日
http://www.fashionsnap.com/news/2014-08-04/ikea-juniwannberg/
◇CIOが語るIKEAのIT戦略
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1312/25/news01.html
◇IKEAが報告した世界8都市の朝事情が面白い
http://news.mynavi.jp/news/2014/06/12/021/
◇IKEA」70周年記念コレクション発売へ
http://www.afpbb.com/articles/-/3022592
◇より快適な毎日を、より多くの人たちに
http://oneplanet-lifestyle.jp/1589

◆茨城・取手市、老朽団地、芸術で再生、カフェ窓口、住民ら連携
茨城県取手市の高齢化が進む大型団地で、住民や芸術家らが連携して地域コミュニティーの再生に取り組んでいる。団地内に芸術作品やカフェ、アトリエなどを設けて交流。関連の催しで住民の孤立を防ぎつつ、空室を使った宿泊会や周辺の空き家の改装などで新住民も呼び込む。アートを媒介に新たな人のつながりとにぎわいが生まれつつある。
[日経MJ 14/07/21]
◇取手アートプロジェクト(TAP) HP
http://www.toride-ap.gr.jp/
◇いこいーの+Tappino、ひらいています
http://www.toride-ap.gr.jp/news/?p=221
◇アートのある団地プロジェクト
http://www.ur-net.go.jp/urbandesign/community/torideino/p2.html
 
◆富士フイルム、スマホに接近 「動く写真」、プリント誘う
スマートフォンで撮影した動画の一部を「写真」としてプリントできる、富士フイルムの新サービス「動画フォト!サービス」が人気を集めている。専用アプリを使えば写真から動画を呼び戻して、スマホ上で動く写真も作れる。スマホで動画を撮影する人が増える中、新サービスで新たな需要を開拓しようとしている。
[日経MJ/戦略ネットBiz 14/07/23]
◇富士フィルム「動画フォト!サービス」
http://fujifilm.jp/personal/print/photo/dogaphoto/
◇うごくプリントでフォトレター贈ろう
http://fujifilm.jp/personal/print/photo/promotion/dogaphoto/ninas/
◇「動画フォト! サービス」開始
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20140206_634141.html

◆あっぷふぁーむソリューションズ コメ、食味値で価格設定
「農家は土地を選べない。産地・銘柄に左右されずに評価される仕組みを作りたい」。同社が春から本格的に始めた「米風土」ブランドプロジェクトは、米・食味鑑定士協会(大阪市)が主催する米・食味分析鑑定コンクール国際大会の点数でコメに価格差を付ける取り組みだ。
[日経MJ/食のフロンティア 14/07/28]
◇あっぷふぁーむソリューションズ HP
http://upfarm.co.jp/
◇おいしさが見える?「米風土」ブランドプロジェクト
http://getnews.jp/archives/606192
◇米・食味鑑定士協会 HP
http://www.syokumikanteisi.gr.jp/
◇まかないテーブル レストランファンド
http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?ba=b10765a31071
◇最上級品質の“米風土「海」KAI” 販売開始
http://entabe.jp/news/article/1437

◆終活、ネットで楽々手配
人生の終盤に備える「終活」が広がる中、インターネットを活用した様々なサービスが登場し始めた。葬儀関連の手配を効率化したり、デジタルデータや交流サイト(SNS)などの“手じまい”を支援したりと、サービス内容の多様化も進んでいる。終活もネットで手軽にこなせるようになってきたようだ。
[日経MJ 14/07/25]
◇鎌倉新書「いい葬儀」 HP
http://www.e-sogi.com/
◇kitamura HP
http://kitamura.bz/
◇kitamura「ラストメッセージ」 HP
http://www.lastmessage.jp/
◇遺言の進化形 「ラストメッセージ・遺言ムービー」が登場
http://www.caretomo.com/carenews/845
◇格安ベンチャーも出現!激変する葬儀市場
http://toyokeizai.net/articles/-/22347
◇「ブーム」としての終活の怪しさ
http://blogos.com/article/72192/

◆匂いの力で売り込め
今年、安価に匂いを提供するサービスが相次いで登場し、ビジネスにつなげようとする動きが出てきた。
ブランドマネジメントの第一人者である、マーチン・リンストローム氏は「五感ブランディング」の提唱者だ。
リンストローム氏はその著書「五感刺激のブランド戦略」で、五感のうち、「視覚の次に嗅覚が重要」と述べるとともに、「2つ以上の感覚に訴求することで商品の品質の知覚に直接的影響を与える」と説く。
[日経MJ 14/07/28]
◇匂い名刺「zaaz」 HP
http://zaaz.jp/card/lp/
◇POP広告「アルファ」 HP
http://www.popalpha.co.jp/
◇匂い販促「プロモツール」 HP
http://www.promotool.jp/
◇伸びる企業が注目する、「香り」のブランド価値向上力
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110125/258196/?ST=business&P=1
◇本当に簡単!!名刺に香りを付けてみよう♪
http://oshirox.com/fooyouky/2013/07/22/meisi-aroma/

◆「ららぽーとTOKYO BAY」改装開業、フロアごとに特徴出し集客
三井不動産の旗艦商業施設「ららぽーとTOKYO BAY」(千葉県船橋市)が生まれ変わった。ショッピングモールの先駆けとして成長してきたが、周辺ではイオンモール旗艦店の開業など競争は激しい。取り込めていなかった若い大学生や、周辺に住む主婦らを囲い込もうとテナント入れ替えなどの改革に乗り出している。
[日経MJ 14/07/28]
◇ららぽーと TOKYO BAY HP
http://tokyobay.lalaport.net/
◇ららぽーとTOKYO-BAY/65店、リニューアルオープン
http://ryutsuu.biz/topix/g031401.html
◇ららぽーとTOKYO BAY キッズエリアがリニューアル!
http://www.uniqlo.com/jp/news/topics/2014031902/

◆富山市 「鉄軌道王国」官民でPR
2015年春、北陸新幹線の長野―金沢間が開業すると、富山は東京と約2時間で結ばれる。観光客を増やす取り組みでは官民が足並みをそろえる。なかでもJRのほか、私鉄や路面電車が走る富山市を中心に「鉄軌道」を売りにしたまちづくりが加速している。
[日経MJ/いきいき地域 14/07/28]
◇富山地方鉄道 HP
http://www.chitetsu.co.jp/
◇水戸岡鋭治氏「できないことをやる」
http://goethe.nikkei.co.jp/human/110915/
◇なぜ"水戸岡列車"が全国各地で増殖中なのか
http://toyokeizai.net/articles/-/42509
◇アルプスエキスプレス について(Blog)
hhttp://toshiyuki-blog.blog.so-net.ne.jp/2013-06-09
◇定住交流から見た富山県/鉄道
http://toyama-teiju.jp/detail.php?nid=123

◆松屋銀座本店 衣食回遊、女心キャッチ、味にも高級ブランド
海外からの観光客増加でにぎわいを見せる東京・銀座。老舗の百貨店、松屋銀座本店が4月25日、24年ぶりに地下の食品フロアを全面改装した。最大の狙いは昨年9月に海外の高級ブランド集積などで大規模改装した上層階との回遊性を高める点。「食」にもファッション性を持たせ、銀座を訪れる女性の心をつかんでいる。
[日経MJ/みせどころ 14/07/28]
◇松屋銀座本店 HP
http://www.matsuya.com/m_ginza/
◇松屋銀座のデパ地下が大規模リニューアル
http://www.fashion-headline.com/article/2014/04/26/6029.html
◇松屋銀座本店 食品フロア潜入レポ
http://hs.cin-group.com/?p=1035

◆方眼ノートで思考整理、使える仕事の資料、こう作る
「見出し+3分割」徹底を
企画書などの資料作りがなかなかはかどらない。効率よくこなせるようにならないものか
こうした悩みはビジネスパーソンに共通だろう。そんな時はいきなりパソコンに向かわず、方眼ノートを上手に使って見出しを考えながら論点をまとめる技術を身につけるとよいという。
会議資料、企画書、提案書、報告書など「何でもござれ」です。なぜなら、伝えるべきことは「見出し」と「事実・解釈・行動」であることに変わりはないからです。
[日経MJ 14/07/30]
◇クリエイティブマネジメント HP
http://creative-manage.com/
◇高橋政史著『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』
http://thinknote.jp/publish/book_information/
◇頭がよくなるノート公式サイト
http://www.thinknote.jp/
◇高橋政史氏 Twitter
https://twitter.com/1mai_Takahashi
◇マッキンゼー・アンド・カンパニー HP
http://www.mckinsey.com/global_locations/asia/japan/ja
◇ボストンコンサルティンググループ HP
http://www.bcg.co.jp/
◇高橋政史氏監修「ロジカル・シンクノート」新発売!
http://www.nakabayashi.co.jp/service/news/detail.html?news_id=543&mode=view
 
◆社食の注文分析、クラウドを活用、日本マイクロソフト
日本マイクロソフトは自社の社員食堂でクラウドサービスを使ったタブレットによるセルフ注文方式を今月末から本格稼働する。毎日のメニューの注文状況を管理し、人気メニューを分析して提供機会を増やすほか、社員の健康増進支援に役立てる。
[日経MJ 14/07/30]
◇日本マイクロソフトの社食「One Microsoft Cafe」
http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2014/Jul14/140709_OneMicrosoftCafe.aspx
◇Microsoft Azure HP
http://azure.microsoft.com/ja-jp/
◇日本MS、社員食堂もクラウド化
http://ascii.jp/elem/000/000/913/913320/
◇マイクロソフトの“社食レシピ本”が登場
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1208/03/news020.html
◇ビタミンたっぷり! マイクロソフトの社食
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20140724_659218.html

◆林業女子会、県内も新風 昨春発足、20代など13人
林業に魅せられた女性が増えている。全国各地で「林業女子会」をつくり、間伐や植樹を楽しみ、森林の魅力をフェイスブックやブログで発信。兵庫県内では昨春発足の「そまのこ林業女子会@兵庫」が男社会とも言われる林業のイメージに、新たな風を吹き込んでいる。
[朝日新聞 14/07/30]
◇そまのこ林業女子会 FB
https://www.facebook.com/Somanokoforestgirls
◇林業女子会@京都
http://fg-kyoto.jugem.jp/
◇仕事場は森 将来見据える「林業女子」の選択
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDR18004_Z11C13A1TY5000/
◇森ガールならぬ“林業女子”が話題!
http://wotopi.jp/archives/3664

◆家庭向け電力会社、増えるの 「安さ」や「エコ」で選べる
電話会社やトヨタも関心
価格やサービス内容で電力を買う時代に――。改正電気事業法が6月に成立し、2016年から家庭向けの電力小売りが自由化されることになりました。巨大な市場を狙って、都市ガス会社や電話会社なども電気を売ることになりそう。
[日経MJ 14/08/01]
◇電力小売市場の自由化について
http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/pdf/seido1206.pdf
◇新電力ポータルサイト
http://www-pps.hpmap.net/
◇小売り全面自由化、新電力本命は東京ガス
http://toyokeizai.net/articles/-/41240
◇新電力まだ4.5%、自由化実現の重責担う「新組織」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK09013_Z00C14A4000000/
◇ソフトバンク、電力と通信を組み合わせた小売
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1407/03/news066.html
◇電力小売り自由化、なぜ異業種から参入続々?
http://biz-journal.jp/2014/04/post_4627.html

◆好みを蓄積「ヒューマンAPI」 個人が管理、目的別に公開
今後考えたいのが「ヒューマンAPI」という概念である。APIは「アプリケーション・プログラム・インターフェース」の略。
趣向や習慣といった個人情報や、音声、ジェスチャーなどの生体情報をスマホやウェアラブル端末に個人管理し、外部からのAPIリクエストがあればすぐに反応するようなシステムを構築してはどうか。
都市空間がネットにつながったセンサーやカメラなどで網羅される時代になれば、個人の持つスマホやウエアラブルにセンサーがアクセスし、個人を特定しないようにしながら、その人が何を求めているかの情報をAPIで取得し、最適なサービスを提供できるようにするのである。
[日経MJ/三淵啓自の奔流eビジネス 14/08/01]
◇アプリケーション・プログラム・インターフェースとは
http://kotobank.jp/word/API
◇ビッグデータ活用の光と影
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1408/04/news021.html
◇M2Mデータを活用するビッグデータ処理技術と今後の方向性
http://www.scat.or.jp/scatline/scatline95/pdf/scat95_seminar_02.pdf
◇家電各社が熱視線、"ライフログ"とは何か
http://toyokeizai.net/articles/-/28623
◇ヤフーが日々蓄積するビッグデータの塊を処理し地道に活用
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/interview/20130917_615627.html

◆廃線跡、ペダルでGO!「レールバイク」に乗って渓谷・坑道へ
「絶景を味わって」
岐阜県飛騨市、三重県熊野市
廃線となった鉄道のGOに自転車を固定して走る「レールバイク」が新たな観光スポットとして注目を集めている。トンネルの中や鉄橋の上など通常では見ることができない風景を楽しめる点が好評で、レジャーとして楽しむ家族客やカップルが目立つ。
[日経MJ 14/08/01]
◇レールバイク「ガッタンゴー!!」 HP
http://rail-mtb.com/
◇飛騨市のレールマウンテンバイクが凄い!
http://matome.naver.jp/odai/2140471000589532001
◇熊野ふるさとブログ「レールマウンテンバイク」
http://blog.murablo.jp/kumanofurusato/kiji/394629.html
◇レールバイク について(Blog)
http://gocyailand.blog.so-net.ne.jp/2014-07-07-1

◆フェラーリのブランド事業、「将来見据え顧客づくり」
イタリアを代表するスポーツ車メーカー、フェラーリがライセンス供与やテーマパークを通じたブランド事業に力を入れている。
新たな視点で異業種連携やネット事業を通じ、新興国需要も取り込む役割を期待されている。消費が成熟した国の企業がブランド価値を創出する手法として注目される。
[日経MJ 14/08/01]
◇アブダビ「Ferrari World」 HP
http://www.ferrariworldabudhabi.com/
◇テーマパーク「フェラーリランド」建設
http://www.huffingtonpost.jp/autoblogjapan/ferrari_b_4977380.html
◇フェラーリワールド/アブダビ
http://allabout.co.jp/gm/gc/400535/
◇PORSCHE DESIGN HP
http://www.porsche-design.com/

◆進化し続ける「植物工場」
経産省では「普及のネックである建設・維持費用のコスト高について、LEDなど高価につく装置が安くなり、運営のノウハウが蓄積、活用され始めてきた」とみる。製品価格を下げるには工場の大規模化と販路拡大が主要な条件で、これをクリアする形で、ことし新たに販売を開始する企業が登場した。
[産経新聞 14/08/03]
◇日本施設園芸協会 HP
http://www.jgha.com/
◇植物工場の「みらい」 HP
http://miraigroup.jp/
◇LED照明を全面採用した人工光型植物工場
http://www.kajima.co.jp/news/press/201407/2e1-j.htm
◇電機大手が相次ぎスマートアグリ参入
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140605/biz14060516030015-n1.htm
◇植物工場市場に関する調査結果2013/矢野経
https://www.yano.co.jp/press/pdf/1213.pdf
◇富士通、会津若松Akisaiやさい工場について
http://jp.fujitsu.com/group/fho/business/advance/info/
◇食糧問題に立ち向かう日本の若きアグリプレナーたち
http://wired.jp/2013/07/15/the-rise-of-the-agripreneurs/

◆顧客からの相談・質問、チャットですぐ回答、LINEなどサービス
企業側と直接やり取りして消費者を支援する「チャットサービス」が人気だ。
旅工房、海外出張の多い企業の担当者や医学学会の担当者を対象に、旅の日程や行き先など希望事項を入力欄に書き込むとリアルタイムで担当者とやり取りできるサービスを始めた。
マツモトキヨシは利用者ごとに近隣店舗の情報を配信。
リクルートジョブズは利用者の希望地域や職種によって求人情報を自動で紹介。
[日経MJ 14/08/06]
◇LINEビジネスコネクトをユーザー目線で試してみた
http://directus.co.jp/marketingblog/20140704/1002/
◇旅工房がチャットで海外出張の相談・予約サービス本格開始
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000010226.html
◇H.I.S.がLINEトークを使ったサービス開始
http://markezine.jp/article/detail/20411
◇LINEビジネスコネクトAPIを利用したパン田一郎リリース
http://atl.recruit-tech.co.jp/blog/2084/
◇Webサイト上の接客サービスをチャット形式で提供
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2013/05/23/15292
◇「LINEビジネスコネクト」が企業CRMを変える
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/04/07/17186
◇チャットサービス「ライブエンゲージ」
http://www.liveperson.com/jp/liveengage

◆「道後オンセナート2014」 湯の街でアートにのぼせる
古くからある温泉街の魅力をアートを介して発信する取り組みが近年、各地で目立つ。日本書紀などに登場し、日本最古の温泉ともいわれる道後温泉(松山市)では現在、アートの祭典「道後オンセナート2014」が開かれている。街歩きが楽しくなる数々のインスタレーションや、アート空間に泊まる特別プログラムも。
[産経新聞 14/08/07]
◇道後オンセナート2014 HP
http://www.dogoonsenart.com/
◇道後オンセナート2014 FB
https://www.facebook.com/dogoonsenart
◇道後オンセナート2014 Twtter
https://twitter.com/DOA_2014
◇宝荘ホテルの客室が草間ワールドに
http://www.takaraso.co.jp/hotel_horizontal/
◇草間彌生やアラーキーが手がけたホテルが先行公開!
http://isuta.jp/6635/
◇アーティスト・イン・レジデンス総合データベース
http://air-j.info/

◆日常の品こそ、訪日客を魅了
歯ブラシ・哺乳瓶・プリン、土産にまとめ買い、安全性や最先端に関心。
訪日外国人1000万人時代が到来し、新たなビジネスチャンスが生まれつつある。日本製に安心安全を求めて食料品や乳児用品が売れるとともに、日本の最先端ファッションやエンターテインメントへの関心も高い。
[日経MJ 14/08/10]
◇免税店の手続き簡素化
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140802/biz14080212070011-n1.htm
◇訪日外国人の消費動向/観光庁
http://www.mlit.go.jp/common/001017130.pdf
◇ニッポン土産、ヒットの法則は機能性や品質
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO66519720X00C14A2HR0A00/
◇外国人にウケる!意外な日本のお土産
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/2015/shuminavi_34/
◇星野リゾート、日本文化の独自性を活かしたブランド展開
http://www.travelvoice.jp/20140415-19861
◇訪日観光客へのビジネス展開
http://ameblo.jp/kubo-office/entry-11876509058.html
◇韓国、台湾からの訪日旅行に関する調査/JTB
http://www.jtbcorp.jp/scripts_hd/image_view.asp?menu=news&id=00044&news_no=11

◆自立へ背押すアートの心 企画を公募、障がい者が商品化
障がい者のものづくりをデザインの力で応援していこう。「equalto(イクォルト)」はそんな思いから、3つの法人が共同で立ち上げたブランドだ。一般公募のデザインコンペで選んだ作品を障がい者就労支援施設で商品化し、市場で対等に競える「売れる商品」に仕立てていく。
[日経MJ 14/08/15]
◇equalto(イクルト) HP
http://barrierfreestyle.org/equalto/
◇障がい者のものづくりを応援する「equalto」
http://diamond.jp/articles/-/48123

| | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »