« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/21

情報クリップ・ダイジェスト 2014/10 アップしました。

情報クリップ・ダイジェストの10月号をアップしました。
下記よりご覧下さい。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2014/11/201410-1b2b.html

早くも11月終盤!僕の今年は一カ月、損をしたか?得をしたか?微妙なところですが、貴重な時間を取らせてもらったと割り切って、年末に繰り出したい?と思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2014/10

◆フランスにかつお節工場 欧州へ売り込む拠点に
枕崎水産加工業協同組合(鹿児島県枕崎市)などは来年夏にもフランスにかつお節工場を設立する。日本料理店が多く、食への理解が深いとされるフランスを拠点に枕崎のかつお節を世界に売り込む取り組みが始まる。
イタリア・ミラノで来年開かれる国際博覧会でもかつお節のうまみを世界にPRする予定。
[日経MJ/食のフロンティア 14/09/15]
◇枕崎水産加工業協同組合 HP
http://katuobushi.net/
◇欧州初となる鰹節生産拠点を設立
www.invest-in-france.org/Medias/Publications/2613/Communiqu%C3%A9_MFK_AFII_JP.pdf
◇枕崎のかつお節をフランスで生産!
http://izucul.cocolog-nifty.com/balance/2014/01/post-e546.html
◇フランスで和食ブーム!かつお節工場新設へ
http://toyokeizai.net/articles/-/43053
◇フランスへ!薩摩が作る“鰹節”
http://www.e-jnn.com/sekakyu/home/contents/2014/20140629
◇出汁の王国・鹿児島プロジェクト HP
http://dashi-project.jp/

◆越前の工芸担う人材塾、福井県など、工房見学、誘客も強化
福井県は伝統産業が集まる鯖江市、越前市、越前町や越前漆器協同組合など産地組合と共同で「越前ものづくりの里プロジェクト協議会」をこのほど立ち上げた。全国から若者を集めて技術を教える塾を開くほか、多様な伝統工芸の産地が半径10キロ以内に集積する特性を生かし、工房見学など観光誘客を強化する。
[日経MJ 14/09/15]
◇越前ものづくりの里プロジェクト協議会
http://www2.pref.fukui.lg.jp/press/view.php?cod=Nb654A14093043970e
◇越前ものづくりの里プロジェクト協議会 について(Blog)
http://ameblo.jp/hyakuo/entry-11918833558.html

◆三越伊勢丹、「クール日本」発信拠点に、マレーシアの店改装
クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)と共同で店舗を運営し、日本でしかできない商品やイベントを手がける。
[日経MJ 14/10/01]
◇クールジャパン機構 HP
http://www.cj-fund.co.jp/
◇クールジャパン、支援機構始動で海外展開の賞賛は?
http://biz-journal.jp/2014/02/post_4219.html
◇三越伊勢丹HD、マレーシアの既存店を「クールジャパン」の発信拠点に
http://www.cj-fund.co.jp/files/press_140925-4.pdf

◆酒蔵ツアー訪日客酔わす、酒どころ 灘五郷、多言語対応でもてなし
酒造会社が集積し、日本酒の約3割を生産する酒どころ、灘五郷(神戸市東部~兵庫県西宮市)が外国人観光客でにぎわっている。日本酒人気から酒蔵を見たいという外国人が増え、旅行会社などが相次ぎツアーを企画する。阪神大震災で大きな被害を受け生産量も減少傾向が続くが、自治体や大学の後押しも得て世界への普及に取り組む。
[日経MJ 14/10/06]
◇酒蔵ツーリズム/観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kankochi/sakagura.html
◇日本酒の海外進出に期待が高まっている
http://matome.naver.jp/odai/2138084936592247101
◇酒蔵ツーリズム推進協議会サポーターズクラブ
http://sakeworld.co.jp/tourism.html
◇酒蔵見学などの観光施設が外国人観光客を誘致する方法
http://j-net21.smrj.go.jp/well/qa/entry/983.html
◇飛騨の酒造場で「酒蔵見学ツアー」シンガポール
http://article.wn.com/view/WNAT6ed7237a17337c8d3b620847dda0b8da/

◆ミッドタウンで高野山体験 写経や瞑想、仏教音楽「声明」ライブ等
東京ミッドタウン・6Fホールで10月11・12・13日、世界遺産・高野山を体験できる「エクスペリエンス『高野山』 in 東京ミッドタウン」が開催される。南海電鉄と高野山真言宗総本山金剛峯寺(こんごうぶじ)。
[六本木経済新聞 14/10/06]
◇エクスペリエンス『高野山』in 東京ミッドタウン
http://www.nankaikoya.jp/experience/
◇「高野山開創1200年記念 高野山の名宝」展
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2014_5/?fromid=topmv
◇サントリー美術館 HP
http://www.suntory.co.jp/sma/

◆パーツ3つ、つなげれば服 着る側を刺激する「on air」
「服って何だろう」。ファッションデザイナー、津村耕佑氏の新作「on air(オン エアー)」はそんな問いを投げかける。何しろ3つのパーツをファスナーでつなげ、着る側が自由に組み合わせて着る服なのだ。挑戦的な試みからは、表層的な服作りへの警鐘も聞こえてくる。
[日経MJ 14/09/17]
◇津村耕佑氏ブランド「FINAL HOME」 HP
http://www.finalhome.com/
◇「FINAL HOME」 FB
https://www.facebook.com/FINALHOME.room
◇プチプチのファッション化「AIR RELATION」(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=9OpeAeESyFI
◇津村耕佑氏インタビュー
http://greenz.jp/2013/02/26/ycam_tsumura/
◇TOYOTA「Winglet」 HP
http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/personal_mobility/winglet.html

◆パスポート・語学力なくても…、国内旅して海外気分
円安で脚光
海外の町並みをモチーフにした観光施設が注目を集めている。イタリアやスペインの地方をイメージした志摩地中海村(三重県志摩市)では年間の宿泊者数が過去最高になったほか、英国の田舎町をテーマにしたドゥリムトン(京都府亀岡市)への観光客も急増。手軽に海外旅行気分を味わえる点が好評で、20~40代を中心に旅行者が増えている。
[日経MJ 14/09/15]
◇志摩地中海村 HP
http://www.puebloamigo.jp/
◇志摩地中海村の街並みがすごかった!
http://matome.naver.jp/odai/2137094838401338201
◇志摩地中海村 について(Blog)
http://minkara.carview.co.jp/userid/506499/blog/30853085/
◇京都・亀岡「ドゥリムトン」 HP
http://dreamton.co.jp/
◇まるでイギリスに来た気分!「ドゥリムトン村」
http://www.travel-basket.com/kyoto/ky1001/post-2189/
◇京都・亀岡にイギリスの街並みが出現?
http://www.plaholi.com/pub/f45eac9d7766807136422804cac35bb5
◇ドゥリムトン について(Blog)
http://kimagureyodiary.blog.fc2.com/blog-entry-569.html
◇高知「ヴィラサントリーニ」 HP
http://www.villa-santorini.com/
◇高知県のホテルが、想像以上にエーゲ海だった!
http://find-travel.jp/article/1601
◇ギリシャのサントリーニ島に行った気分になれる
http://matome.naver.jp/odai/2139070109061679501
◇福島県天栄村「ブリティッシュヒルズ」 HP
http://www.british-hills.co.jp/
◇北海道芦別市「カナディアンワールド公園」 HP
http://www4.ocn.ne.jp/~canadian/
◇北海道芦別市「カナディアンワールド公園」 FB
https://www.facebook.com/CanadianWorldPark

◆テレビ通販、午前0時の熱狂 1億円が動く1時間
自宅でくつろぎながらテレビ通販で洋服やジュエリーなどを買う40~60代の女性が増えている。ゴールデンタイムは深夜0時。毎晩、わずか1時間で1億円以上の消費が動く。店頭やネットでモノがあふれているいま、なぜ女性はテレビ通販にはまるのか。“シンデレラ”消費の実態を追った。
[日経MJ 14/09/19]
◇QVCジャパン HP
http://qvc.jp/cont/top/Main
◇QVCジャパン Twtter
https://twitter.com/QVC_japan
◇2013年度のTV通販市場は5200億円超
http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2014/08/post-1939.html
◇2013年テレビ通販番組トレンド調査/トライステージ
http://www.tri-stage.jp/news/00267/index.html
◇「QVC」YouTubeで24時間放送の生配信を開始
http://shopping-tribe.com/news/11440/
◇夢展望、QVCと連携して専用ブランド
http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2013/02/post-1424.html
◇QVCVジャパン、年商1000億円の大台突破
http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2014/05/1000-1.html

◆やる気引き出すオムニチャネル 現場の「頑張り」見える化
実店舗とネットを統合するオムニチャネルに小売り各社が取り組み始めた。大手でもリアルとネットの統合には手を焼いているが、試行錯誤を経て「現場のやる気」を引き出すことに成功したオムニチャネルの事例が、いくつか出てきた。
パルコが5月に始めたブログ型のECの「カエルパルコ」が、結果を出し始めている。
[日経MJ/奔流eビジネス 14/09/19]
◇ストアーズ.jp FB
https://www.facebook.com/pages/STORESjp/349389535124647
◇カエルパルコ HP
http://kaeru.parco.jp/?gclid=CMHpwbfAssECFU8AvAod1DoA7w#!/
◇買えるブログ始めましたカエルパルコ」
http://shizuoka.parco.jp/page2/event/2803
◇いつでも、どこでも 「カエルパルコ」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000088.000003639.html
◇ストアーズ・ドット・ジェーピー
https://stores.jp/
◇オムニチャネルの本質は接客競争
http://www.gixo.jp/blog/3391

◆東京タウン誌「TOmagazine」編集長の川田さん、1区1冊
住んでネタ探し、地元巻き込み、また次の街へ
一冊丸ごと1つの区を掘り下げていくコンセプトもさることながら、編集長の川田洋平さん(26)が特集する区に実際に住みながらつくるユニークな編集スタイルが注目されている。「住民」目線の穴場の紹介から、ゆかりの著名人がさらりと登場する企画特集まで、自由な誌面づくりが若者を中心に支持を集めているようだ。
[日経MJ 14/09/22]
◇TOmagazine(トゥマガジン)FB
https://www.facebook.com/TOmagazine.tokyo
◇TOmagazine(トゥマガジン)Twitter
https://twitter.com/to_magazine
◇編集長 川田洋平氏インタビュー
http://dotplace.jp/archives/6178
◇「TOmagazine」クラウドファンド
http://camp-fire.jp/projects/view/928
◇大根仁監督も注目!TOmagazineがスゴイ
http://matome.naver.jp/odai/2141323278183030001
◇TOmagazine について
http://blog.goo.ne.jp/celluya/e/6ad7a70db46983896d87f66e394142b8
◇話題のリトルマガジンまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2137025274452660301

◆自分を計測、数値化し把握 「生活変えたい」に商機
「クオンティファイド・セルフ」が米国でブームになりつつある。訳せば「計測された自分」。自分自身のあらゆる面を数字で把握しようというトレンドだ。この言葉が広く知られ始めたのはフィットビットなど毎日の運動量をモニターするウエアラブル端末の登場以降だ。
[日経MJ/先読みウェブワールド 14/09/22]
◇ウエアラブルは何のための存在か
http://www.newsweekjapan.jp/column/takiguchi/2014/02/post-799.php
◇クオンティファイド・セルフ(上)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/140406/bsl1404062243003-n1.htm
◇クオンティファイド・セルフ(中)
http://www.innovations-i.com/column/neorex3/26.html
◇クオンティファイド・セルフ(下)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/140428/bsl1404280500001-n1.htm
◇ニコラス・フェルトン氏サイト
http://feltron.com/
◇自分のすべてを計測・記録するクリス・ダンシー氏
http://wired.jp/2013/02/27/quantified-work/

◆キリン、新発泡酒のイメージ戦略、一軒家舞台に販促サイト
キリンビールはインターネットを活用した商品のブランド育成に乗り出す。24日にアスクルの通販サイト「ロハコ」で売り出す発泡酒の新商品「キリン オフホワイト」に関連し、大分県竹田市と連携して同市を舞台にした情報発信の専用サイトを立ち上げる。ネットを通じ幅広い消費者に商品特徴だけでなく飲用シーンなどもアピール、ファン作りにつなげる。
[日経MJ 14/09/24]
◇くらしの劇場オフホワイトハウス HP
http://off-white.house/
◇大分県竹田市に「くらしの劇場オフホワイトハウス」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000011307.html
◇「LOHACO」でのテストマーケティング開始
http://www.kirin.co.jp/company/news/2014/0821_03.html
◇ロハコからキリン・オフホワイト届いた (Blog)
http://micoblo.com/lohaco/review/off-white.html
◇Webと実体験をつなぐオウンドメディアと新しい取り組み
http://www.designbysix.jp/blog/2886

◆野菜苗の新ブランド、育て方助言サービス
サカタのタネ、OBを「コンシェルジュ」に
サカタのタネは、育て方などを専門家に直接相談できるサービスを付けた野菜苗の新ブランド「おうち野菜」を展開する。
[日経MJ 14/09/24]
◇サカタのタネ「おうち野菜」 HP
http://www.sakataseed.co.jp/special/ouchiyasai/
◇コンシェルジュサービス付「おうち野菜」
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=369647&lindID=4
◇300円でプロの手ほどき
http://www.tourism.jp/column-opinion/number-close-up/2014/10/seed/
◇ガーデニングや家庭菜園に関する調査/ハッピーノート
http://www.happy-note.com/research/10646.html
◇ガーデニング市場に関する調査結果2013/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1225.pdf

◆自然派コスメ、日常の中に 開放的な店内、豊かな生活提案
女性の店主自ら世界で買い付け/原材料の植物 屋外の植栽に
コスメを中心に衣食住をトータルに提案するライフスタイルショップが目につく。自然を取り入れた開放的なショップデザインからは、商品を使ったときの心地よさが伝わってくる。気負いのない日常感覚が消費者の心をつかむ要素になっている。
[日経MJ 14/09/24]
◇KAMILAVKA & Fetishオープン
http://cubocci.com/topics/5355/
◇ Herbivore Botanicals HP
http://www.herbivorebotanicals.com/
◇求めていたオーガニック商品に出合える店
http://www.mylohas.net/2014/09/040834fetish.html
◇共創の現場「フロム・ファーストビル」 
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/seminar_c/detail/1590.html
◇“気持ちいい”を集めた店「フェティッシュ」-
http://www.fashion-press.net/news/12414
◇THREE AOYAMA HP
http://aoyama.threecosmetics.com/
◇癒しのスポット「THREE AOYAMA」が楽しそう
http://matome.naver.jp/odai/2138075763324442801
◇THREE AOYAMA青山初の旗艦店をレポート
http://www.fashion-press.net/news/7398

◆個人参加も多く、初対面で一体感、大人運動会、SNSつなぐ
仕事・結婚…、深い交流に発展も
運動会にハマる大人が増えている。SNSを通じ参加者を募集して開催する一般向けの大会が登場個人でも気軽に参加できる機会が広がり、なかには一人で申し込む人も。玉入れ、リレーなど一緒に汗を流すうちに生まれる一体感を楽しんでいるようだ。
[日経MJ 14/09/26]
◇ジャパンスポーツコミュニケーションズ HP
http://www.spocom.org/
◇運動会屋 HP
http://www.udkya.com/
◇「大人の運動会」増加 飲み会より一体感出る
http://news.livedoor.com/article/detail/7728432/

◆仮想体験を演出、製品開発熱く 東京ゲームショウ、未来映す
今月18~21日に幕張メッセで開かれた「東京ゲームショウ2014」。ひときわ目立ったのがバーチャル・リアリティー(仮想現実=VR)関連の展示や出展だ。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プロジェクト・モーフィアス」。3月に米ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス(GDC)で話題になったが、体験した人が少ないためメディアや業界の関係者が殺到した。
[日経MJ/奔流eビジネス 14/09/26]
◇東京ゲームショウ2014 HP
http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2014/
◇東京ゲームショウ2014まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2141105079497103201
◇プロジェクト・モーフィアス体験コーナー
http://www.4gamer.net/games/251/G025118/20140919117/
◇東京ゲームショウ2014レポート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20140919_667468.html
◇東京ゲームショウ、拡張現実がついに実現!
http://app-review.jp/news/226275
◇ギャラクシーノート4「Gear VR」
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/258/258536/
◇シンラ・テクノロジー HP
https://shinra.com/jp

◆「ロフト」初の手帳企画、山や写真…趣味を記録35種
このほど全国のロフトの文具売り場で、「ワナドゥ手帳」を発売した。釣りや写真、ゴルフ、食べ歩き、子育てといった趣味や生活スタイルをテーマに記録(ログ)を書き込むノートだ。
アウトドア雑誌などを出版す枻出版(東京・世田谷)、文具製造のマークス(同)、会員制医療サービスの銀座メディカルクラブ(東京・中央)と共同開発した。
[日経MJ 14/09/26]
◇ロフト「ワナドゥ手帳」
http://www.loft.co.jp/wannado_diary
◇初のオリジナル「ワナドゥ手帳」の気になる中身
http://dime.jp/genre/160101/
◇枻(えい)出版 HP
http://www.ei-publishing.co.jp/
◇ほぼ日手帳2015
http://www.1101.com/store/techo/
◇マークスダイアリー「EDiT」
http://marksdiary.jp/edit/

◆銀座ハンズで手帳100冊「書き比べ総選挙」市民団体が主催
世界に誇る日本独自の『手帖文化』の発展に貢献すること」を目的に活動する団体が、「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」を開催。銀座ハンズでの開催は昨年に続いて今年が2回目となる。
[銀座経済新聞 14/10/02]
◇日本手帖の会 FB
https://www.facebook.com/TechoSocietyofJapan
◇日本手帖の会 Twitter
https://twitter.com/NipponTecho/
◇スライド手帳/あたぼう
http://www.slide-techo.com/
◇ジブン手帳/コクヨS&T
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/feature/jibun_techo/
◇“最強の手帳選び”が激変! スマホ派ならこれを選べ
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131213/1054077/?ST=life

◆愛着わく「仕立てる賃貸」 NENGO、入居者・貸し手と再構築
住みたい部屋にオーナーも意見
壁はタイル張り 経年変化楽しむ
築20年を超し、借り手が見つからない賃貸マンションを入居者、オーナー、不動産・建設の3者で好みの空間にデザインしていく。その名も「仕立てる賃貸」というユニークな試みが登場した。古さを良さとして生かし、「とりあえず」で済ましがちな賃貸で愛着が持てる住み方を提案している。
[日経MJ 14/10/01]
◇NENGOリノベーション HP
http://www.nengo.jp/
◇NENGOリノベーション FB
https://www.facebook.com/100nengo
◇仕立てる賃貸の実例
http://tsunashima.me/shitateru/works.html

◆住設・建材メーカー大手、リフォーム販促ひと工夫 LIXIL
住宅設備や建材の大手メーカーが加齢に対応したリフォーム需要を取り込もうと販促を工夫している。LIXILは遺言書作成などのセミナーをショールームで開き、高齢者に足を運んでもらう機会を提供している。TOTOなどは年寄り扱いされることを好まない人の潜在需要を掘り起こすことを重視。冊子やホームページを通じて提案を始めた。
[日経MJ 14/10/03]
◇LIXILショールーム・イベント情報
http://newsrelease.lixil.co.jp/news/090_showroom/
◇LIXIL「暮らしを育てる。」展示会
http://www.lixil.co.jp/s/lixpo/?_ga=1.225136410.1269269940.1306392155
◇TOTO「備えるリモデル」 HP
http://www.toto.co.jp/ud/remodel/
◇TOTOリモデル.jp
http://re-model.jp/
◇住宅リフォーム市場に関する調査結果2014/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1271.pdf

◆乱立するニュースアプリ 、スマホ大型化受け進化
つい最近まで朝はパソコンで「ヤフー!トピックス」でニュースをチェックしていたが、スマホ時代になって様子が変わった。
現在、情報の入手先は「グノシー」「スマートニュース」「LINEニュース」などのニュースアプリである。
注目しているアプリが「ニューズピックス」だ。ちょうど3カ月前、東洋経済オンライン元編集長の佐々木紀彦氏が転職してニューズピックスの編集長に就き、話題になった。アプリを提供するユーザベース(東京・港)は、2008年から企業情報サービス「SPEEDA(スピーダ)」を展開してきた。投資銀行やコンサルタントファームなどを主要顧客とし、既に500社以上が使用している。
[日経MJ/先読みウェブワールド 14/10/06]
◇東洋経済オンライン HP
http://toyokeizai.net/
◇ユーザベース HP
http://www.uzabase.com/
◇市場分析情報のワンストップ提供サービス「SPEEDA」
http://smartbusiness.jp/news/948
◇ニューズピックス HP
https://newspicks.com/top-news
◇ニューズピックス『もっと自由な経済紙』 FB
https://www.facebook.com/NewsPicks
◇スマホでニュースをチェック、アプリ10選
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1401/16/news035.html
◇ニュースアプリ大混戦、生き残るのはどこだ
http://toyokeizai.net/articles/-/46675
◇過熱するニュースアプリ戦争を読み解く
http://appllio.com/20140321-4985-news-apps-wars
◇SmartNewsはただのニュースアプリなのか?
http://thebridge.jp/2014/10/smartnews-100-million-valuation
◇SmartNewsが米App Storeニュース部門で1位獲得
http://jp.techcrunch.com/2014/10/07/jp20141007smartnews/

◆日本の建築家、スイスで存在感 「コンテクストの中で建てる」展
スイス連邦工科大学ローザンヌ(EPFL)のキャンパスに2010年にオープンした多目的学習センターで、図書館や研究空間、レストラン、ホールなどの機能が集約されている。手掛けたのは妹島(せじま)和世さんと西沢立衛(りゅうえ)さんの世界的建築ユニット、SANAA(サナア)だ。
日本人建築家の活躍がスイスで目立つなか、「「JP-CH 2014 コンテクストの中で建てる-日本人が手がけた現代建築」展が東京・南青山のスパイラルガーデンで開かれている。EPFLの2例のほか、今年のプリツカー賞受賞者である坂(ばん)茂さんや日本を代表する建築家、山本理顕(りけん)さんのプロジェクトなど計5例を模型や写真、3D映像などで紹介している。
[産経新聞 14/10/12]
◇「JP-CH 2014:コンテクストの中で建てる-日本人が手がけたスイスの現代建築」展
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1248.html
◇スパイラルガーデン HP
http://www.spiral.co.jp/shop_restaurant/spiral_garden/
◇ロレックス・ラーニングセンター(wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Rolex_Learning_Center
◇ロレックス・ラーニングセンター360度画像
http://rolexlearningcenter.epfl.ch/
◇ロレックス・ラーニングセンターレポート
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/swiss_d/17/index2.html
◇妹島和世氏と西沢立衛氏ユニット「SANAA」(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/SANAA
◇日本人建築家による新しいルーブル美術館
http://www.ma-che-rie.com/sanaa-louvre-lens/
◇隈研吾建築都市設計事務所 HP
http://kkaa.co.jp/
◇坂茂建築設計 HP
http://www.shigerubanarchitects.com/
◇Riken Yamamoto Official web
http://riken-yamamoto.co.jp/
◇山本理顕氏 スイスの玄関口に生まれる、新たな「都市」
http://www.ubs.com/content/dam/static/jp/wm/perspectives/vol8/p2.html
◇マックス・ヒンデル氏作「カトリック松が峰教会」
http://www2.ucatv.ne.jp/~matumine.sea/intro.html

◆店の使いやすさ・接客、ハンディ持つ目で点検、自主的改善へ後押し
調査会社のMS&コンサルティングは高齢者や障がい者の視点で店の使い勝手を評価する新サービスを10月中に始める。障がい者の覆面調査員が店を訪れて設備や接客をチェック。改善点を指摘し、従業員による自主的な取り組みを促す。2016年4月に予定される障害者差別解消法施行もにらみ、加齢で身体能力が落ちたり、ハンディキャップを持つ人が利用しやすい店づくりを支援する。
◇MS&Consulting HP
http://www.msandc.co.jp/
◇ユニバーサルミステリーショッピングリサーチプログラム
http://www.msandc.co.jp/pdf-press/141014.pdf

◆客誘う未来の販促技術、IT・電機見本市「シーテック」で体験
視線見てお薦め表示、ガラス窓、スクリーン化
近未来のマーケティング技術が、開催中のIT・電機の国際見本市「CEATEC(シーテック) JAPAN 2014」で見えてきた。家電の最新技術だけでなく、富士通や東芝などが小売りやサービス業などの販促に使える技術を相次いで出展している。
[日経MJ 14/10/10]
◇CEATEC(シーテック) JAPAN 2014 HP
http://www.ceatec.com/ja/
◇CEATEC(シーテック) JAPAN 2014 FB
https://www.facebook.com/CEATEC.JAPAN
◇CEATEC 2014 開催直前情報
http://eetimes.jp/ee/articles/1409/22/news099.html
◇CEATEC JAPAN 2014 現地ツイート集
http://matome.naver.jp/odai/2141267472387948001
◇CEATEC 2014 会場リポート
http://eetimes.jp/ee/subtop/features/ceatec2014/
◇動作拡大型スーツ、巨大ロボ「スケルトニクス」
http://gigazine.net/news/20141007-skeletonics-ceatec-japan-2014/
◇CEATEC「ライフ&ソサエティ ステージ」
http://www.ceatec.com/news/ja-webmagazine/ja-01
 
◆愛知県豊田市農村体験 都市へつなぐ
愛知県で2番目に多い約40万人の人口を抱える豊田市。トヨタ自動車のお膝元として企業が集まる一方、県内では最も広い面積をもつ農村地域としての顔もある。そうした特長を生かし、企業の人材育成などに農村体験の活用を促す取り組みを進めている。
[日経MJ/イキイキ地域 14/10/13]
◇おいでん・さんそんセンター HP
http://www.oiden-sanson.com/
◇おいでん・さんそんセンター FB
https://www.facebook.com/oidensansoncenter
◇日本創成会議 HP
http://www.policycouncil.jp/
◇愛知県交流居住センター HP
http://www.aichi-kouryu.jp/
◇豊田市里山くらし体験館「すげの里」 HP
http://sugenosato.com/

◆OEMメーカー、「工場ブランド」手広く 腕時計の協和精工
三越銀座で新作、毛織物の中伝毛織、トレンチコート
大手アパレルメーカーなどの商品を受託生産する中小メーカーが、ファクトリーブランドと呼ばれる独自商品を開発する動きが強まっている。秋田県に工場を持つ協和精工(秋田県羽後町)は企画から生産まで手掛ける腕時計の販売を強化するほか、愛知の老舗毛織物工場は独自コートの品ぞろえを広げる。ファクトリーブランドならではの技術力を生かし、高品質で割安な製品を売り込む。
[日経MJ 14/10/15]
◇日本のものづくり再発見「JAPAN SENSES」
http://www.imhds.co.jp/depakachi/01.html
◇流通業における国際展開と日本ブランドの発信について
http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/ryutsu/pdf/003_02_00.pdf
◇三越伊勢丹「JAPAN SENSES」
http://www.fashion-headline.com/article/2013/08/06/2826.html
◇協和精工 HP
http://kyowaseiko.jp/
◇中伝毛織 HP
http://nakadenkeori.co.jp/

◆廃材雑貨、ヒット狙い競う、「NEWSED」、一般公募コンペ
素材の雰囲気を残しつつ別物に
廃材や端材から売れる商品や才能ある作り手の原石を探そう――。「NEWSED UP CYCLE(ニューズドアップサイクル) DESIGN AWARD」はそんな一般公募のデザインコンペだ。昨年の第1回受賞作から3点が商品化され、月に1000個を売るヒット商品が生まれている。
[日経MJ 14/10/15]
◇NEWSED UP CYCLE DESIGN AWARD 2014 HP
http://newsed.jp/award2014/
◇NEWSED UP CYCLE DESIGN AWARD FB
https://www.facebook.com/NEWSEDPROJECT?hc_location=timeline&filter=1
◇NEWSED PRODCTS
http://newsed.jp/products/
◇ノベルティーを企画製造「ケンエレファント」 HP
http://kenelephant.co.jp/
◇グランプリ受賞者、柴崎愛美氏サイト
http://megumishibazaki.tumblr.com/
◇リサイクルの上を行く「アップサイクル」まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134028640990971601

◆出版界でも「地方創生」に注目
「里山資本主義」火付け役「五輪」追い風
地方の人口減少問題や景気回復の遅れが指摘され、地方の再生が議論される中、出版界でも「地方創生」関連本の刊行が相次いでいる。2020年の東京五輪開催が決まり、円安もあって外国人観光客が増えていることも、地方にスポットが当たる一因となっているようだ。
[産経新聞 14/10/22]
◇「里山資本主義」地域再生を目指す新しいモデル
http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/23/satoyama-capitalism_n_4146958.html
◇ありのままの資本主義を 書評「里山資本主義」
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51878969.html
◇「里山資本主義」では持続可能な社会を作れない
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4095
◇「里山資本主義」は可能? バイオマス発電の虚実
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakaatsuo/20131126-00030091/
◇今どうして”里山資本主義”?
http://greenz.jp/2014/04/30/patagonia_event_ws_keizai/
◇『ヤンキー経済』原田 曜平氏に聞く
http://www.nippon.com/ja/in-depth/a03202/
◇「ジモトでまったり」はそろそろ限界?
http://toyokeizai.net/articles/-/38697
◇『「地元」の文化力 地域の未来のつくりかた』
http://www.suntory.co.jp/news/2014/12175.html
◇『日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地』
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/233280.html
◇『日本農業への正しい絶望法』神門善久氏に聞く
http://toyokeizai.net/articles/-/11494

◆「MAKE HOUSE」展 若手建築家が新しい木造住宅提案
東京ミッドタウン(港区赤坂9)のコートヤードで現在、谷尻誠さんら若手建築家7組が新しい木造住宅の作り方を提案する「MAKE HOUSE-木造住宅の新しい原型展」がミッドタウン・デザインタッチの一環として開催されている。
[六本木経済新聞 14/10/20]
◇MAKE HOUSE-木造住宅の新しい原型展
http://www.ncn-se.co.jp/makehouse/
◇エヌ・シー・エヌ HP
http://www.ncn-se.co.jp/
◇トラフ建築設計事務所 HP
http://torafu.com/
◇谷尻誠氏サイト「Suppose design office」
http://www.suppose.jp/
◇谷尻誠氏インタビュー
https://maket.cc/how_to/think1.html
◇長坂常氏サイト
http://schemata.jp/
◇中山英之氏サイト
http://nakayamalabo.tumblr.com/
◇藤村龍至設計事務所 HP
http://ryujifujimura.jp/
◇藤原徹平氏サイト
http://www.fujiwalabo.com/
◇吉村靖孝建築設計事務所 HP
http://wp.ysmr.com/
◇MAKE HOUSE-木造住宅の新しい原型展レポート
http://world-architects.blogspot.jp/2014/10/make-house.html
◇MAKE HOUSE-木造住宅の新しい原型展 について(Blog)
http://a-plus-e.blogspot.jp/2014/10/make-house-design-touch-2014.html

◆女性の利用、カタログからシフト 通販、50代もネット主流に
新聞・テレビは高齢者中心
ポイント
(1)女性30~50代での通信販売の主流は4年間でカタログからネットにシフト
(2)食品購入は生協でロイヤルティーは高いが、利用者が高齢化。ネットスーパーでは主婦の利用が拡大
(3)雑誌・新聞、テレビの通販はシニア中心。「限定」が魅力で広告を見た時に電話で注文する
[日経MJ 14/10/06]
◇日本能率協会総合研究所 HP
http://www.jmar.biz/
◇通販利用者構造調査2014/原典
http://www.jmar.biz/hot/pdf/shopping07.pdf
◇カタログ通販大手のネット通販への取り組み
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/2812
◇妻の買い物スタイル調査/リサれぽ
http://mama.woman.excite.co.jp/editors/money/articles/E1392265062113/
◇数字で見る小売・Eコマース購買行動デジタルシフト
http://dmj.underworks.co.jp/2014/07/08/retail-ec-digitalshift/
 

| | トラックバック (1)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »