« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015/02/27

情報クリップ・ダイジェスト 2015/01 アップしました

情報クリップダイジェスト 2015年の1月号を下記にアップしました

今年の情報クリップ・ダイジェストも引き継き、よろしくお願いいたします

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2015/02/201501-93c4.html

取り急ぎ、お知らせまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2015/01

◆MORITA、アジア富裕層に仏像を売り込め、英・中国語でHP
仏像製造・販売のMORITAはアジアの富裕層の需要を開拓する。HPで英語や中国語での対応を始めた。東京都内のホテルには都内の自社店舗を紹介する観光客向け資料の配布を要請。海外販売網の拡充も検討する。訪日外国人の増加を追い風に、日本の伝統文化の象徴として仏像を売り込む。
[日経MJ 14/12/22]    
◇小型仏像「イSム(イスム)」 HP
http://www.isumu.jp/
◇仏像ファンが集合「イSム」表参道店
http://www.omote-sando.info/shopping/12622
◇仏像フィギュア「イSム」の仏像ワールドを見学
http://nenza.net/2011/09/6355.html

◆「大宮盆栽」パリに出店、さいたま観光国際協、期間限定で3月
輸出拡大を狙い「大宮盆栽」の売り込みへ向け、パリにアンテナショップとなる「OMIYA BONSAI in Paris」を開き、大宮盆栽を世界へ向けて展開して行く。
[日経MJ 15/01/12] 
◇「大宮盆栽」パリでのアンテナショップ展開
http://omiyabonsai.jp/ja/topics/?p=57
◇大宮盆栽美術館 HP
http://www.bonsai-art-museum.jp/
◇大宮盆栽美術館 FB
https://www.facebook.com/OmiyaBonsaiArtMuseum
◇アンテナショップ「OMIYA BONSAI in Paris」
http://saatlicarsi.com/news/20150113/
◇ヨーロッパで盆栽が大人気
http://matome.naver.jp/odai/2142112916649251001 

◆石のざらつきに温かみ 生活雑貨「AJI PROJECT」
香川の庵治石 細工細やかに
産地の職人と 51のアイテム
高級墓石の産地であり、花崗岩のダイヤモンドと評される庵治石(アジイシ)。香川県高松市牟礼町・庵治町の石材職人と東京のデザイナーたちが新たな石の世界を発掘した。
販売先もインテリア店や生活雑貨店、そして米国西海岸までにも拡大する。夏には米国内の展示会への出展も検討する。
[日経MJ 15/01/07] 
◇庵治石プロダクト「AJI PROJECT」 HP
http://www.aji-project.jp/
◇リアルジャパンプロジェクト HP
http://www.realjapanstore.com/
◇「AJI PROJECT」通販サイト
http://www.realjapanstore.com/fs/rjps/c/ajiproject
◇「AJI PROJECT」 について
http://yousakana.jp/?p=24108
◇コロカル商店「AJI PROJECT」
http://ringbell.colocal.jp/products/detail.php?product_id=3

◆塚喜商事、ドバイへ出店へ、西陣織使い新ブランド
京都在住のデザイナー、菅井英子氏と組んで世界の富裕層向け商品を開発した。西陣織を着物だけでなく洋装やインテリアなどにも広げ、新たな販路を開拓する。
[日経MJ 15/01/09] 
◇和装卸「塚喜商事」 HP
http://www.tsukaki.com/
◇デコ・ジャパン HP
http://www.deco-japan.co.jp/
◇デコ・ジャパン FB
https://www.facebook.com/decojapan?fref=photo
◇デザイナー・菅井英子氏インタビュー
http://www.traditionjapan.com/ja/029.html

◆贈り物や祝儀袋、心結ぶ、日本の伝統美、世界にも
水引デザイナー長浦ちえさん
飛鳥時代、中国(隋の時代)からの贈り物にかけられた紅白の水引が起源という水引は、祝いの象徴であり日本の代表的な伝統工芸の一つだ。「水引は人の心を包むもの」。「ラブ&ピースのコミュニケーションツールとして、水引が世界中で浸透してくれたらうれしい」。
[日経MJ 15/01/14]
◇長浦ちえ氏サイト「TIER」
http://tiers.jp/
◇デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
http://ism.excite.co.jp/garbo/rid_E1403664413004/
◇日本人の潜在的な美意識を刺激するモノづくり
http://openers.jp/article/15898

◆「活動のデザイン展」より良い社会へ解やヒント .
世の中のあらゆる課題に「解」や「ヒント」を与えるのが、デザインの役割だ。それは目に見えるかたち、物理的に手にとれるものであるとはかぎらない。目に見えない「つながり」や「仕組み」かもしれない。東京・赤坂の2121デザインサイトで開催されている「活動のデザイン展」では、社会をより良くするための、さまざまなデザインの実践が紹介されている。
[産経新聞 14/11/20]
◇21_21 DESIGN SIGHT 「活動のデザイン展」 HP
http://www.2121designsight.jp/program/fab_mind/
◇「活動のデザイン展」レポート
http://www.japandesign.ne.jp/report/141203_fab_mind.html
◇「活動のデザイン展」現代を生きるための羅針盤として
http://roppongi.keizai.biz/headline/3318/
◇「活動のデザイン展」明日開幕
http://www.2121designsight.jp/documents/2014/10/FM-open.html

◆午前0時出発、イベント盛況、真夜中は別の顔、東京ピクニック
澄んだ空気、無人の名所、非日常味わう
真夜中の街をただ歩くだけのイベントが人気を集めている。日付が変わるころから明け方まで都内を散策するだけの内容にもかかわらず、毎回定員いっぱいだ。昼間とは違う表情を見せる駅や高層ビル、澄み切った夜の空気、夜更かしのワクワク感――。実際に歩いてみると、不思議な魅力が浮かび上がってきた。
[日経MJ 14/12/17]
◇いっぱんじん連合サイト「裏庭のアレ」
http://backyardsomething.blog.fc2.com/
◇いっぱんじん連合・宮原直孝氏 Twitter
https://twitter.com/daihyo_ippan
◇深夜徘徊の会:宮原直考氏紹介記事
http://pale.co.jp/event/2083/
◇深夜徘徊レポート
http://portal.nifty.com/kiji/141027165473_1.htm
 
◆若い女性、「服は後回し」
「旅行や食事にお金かける」、費用「減らした」が半数、似た品増え心離れ?
婦人服業界に異変が起きている。百貨店アパレルやカジュアル衣料専門店の20~30歳代向けの大型ブランドの苦戦が目立つようになったのだ。消費増税の影響ばかりでなく、「ブランドへのこだわりはない」「安いだけでは買わない」という今どきの消費者。
[日経MJ 14/12/17]
◇みんなの服代と2014春夏トレンド調査
http://blog.questant.jp/lifestyle/fashion-trend/
◇1年以上洋服を購入していない人調査/qzoo
http://news.livedoor.com/article/detail/9656205/
◇オンワード樫山「トッカ」
http://crosset.onward.co.jp/shop/tocca/ 
◇マガジン「ar(アール)」がオシャレ女子に人気
http://matome.naver.jp/odai/2138315505019204801
◇マッシュスタイルラボ HP
http://www.ms-lab.com/fashion.html
◇百貨店売上高2.2%減、10月 衣料品が苦戦
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19HG6_Z11C14A1TI0000/
◇日本百貨店協会 HP
http://www.depart.or.jp/
◇新規市場にアパレル続々の戦略展開
http://www.sankei.com/west/news/140816/wst1408160014-n1.html
◇国内アパレル市場に関する調査結果2013/矢野経済
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1174.pdf
◇GMOメディア・森社長に聞く、ファッションプリの現状と事業戦略は?
http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2015/01/post-2073.html
◇続々OPEN、ライフスタイル型提案ショップ
http://matome.naver.jp/odai/2140491680648450001

◆3D印刷機で楽しさ演出 4人のデザイナーが展示会
目立たたない雑貨 個性発揮し主役に
新しい価値を創造 社会によい影響力
3Dプリンターの登場は誰もがメーカーになれる時代を予感させ、大きなインパクトを与えた。「3-PRING PRODUC(サンプリングプロダクト)」は、3Dプリンターをうまく使い、見慣れた雑貨に楽しさを与える取り組み。大量消費時代の量産品との付き合い方を問いかける。
[日経MJ 14/12/17]
◇デザイン会社「TAKT PROJECT」 HP
http://www.taktproject.com/
◇3-PRING PRODUCT(サンプリングプロダクト)
http://taktproject.com/projects/archives/26
◇無印良品のプリダクトをリミックス「RAW-Fi」
http://raw-fi.com/
◇メゾン・エ・オブジェ HP
http://www.maison-objet.com/en/
◇TAKT PROJECTによる「3-PRING PRODUCT」展レポート
http://www.shotenkenchiku.com/blog/shuzai/entry-576.html
◇3Dプリンタが使いたくなる3-PRINGPRODUCTに行ってきた
http://liginc.co.jp/web/service/78384

◆「家事男子」向け家電製品 質感訴求、車のように
共働き世帯の増加に伴い、家事に積極的に参加する「家事男子」は今後増えるだろう。海外メーカーでも、男性に焦点をあてた家電製品の販売に乗り出している。そこではこれまでの主婦向けマーケティングとは異なる視点が求められる。
「家事男子」に対しては、クルマのような魅力的な質感やスペックをアピールすることが効果的かもしれない。
[日経MJ/日経DUAL共働きコレが欲しい 14/12/19]
◇家事に関する意識・実態調査/ミーレ(原典)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000009558.html
◇ミーレ「KAJI-DAN」 HP
http://kaji-dan.miele.co.jp/
◇ミーレのロボット掃除機「Scout RX1」発表会
http://yukan-news.ameba.jp/20140730-9518/
◇掃除機選び 夫が好むダイソン、スティック型も人気
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=2794
◇ワーキングカップルの家事分担調査/アネモイ
http://www.ane-moi.com/news_pdf/20140130_press_enq.pdf
◇いまどき30代夫の家事参加の実態と意識/旭化成
https://www.asahi-kasei.co.jp/j-koho/kurashi/report/K040.pdf

◆ロボット普及元年 IoTにつながる未来
2014年を振り返ると、ロボットや人工知能(AI)などが社会に浸透し始めた年だった。米アマゾン・ドット・コムが無人飛行ロボット「ドローン」を使った商品搬送を打ち出すと、グーグルはドローン配達プロジェクト「プロジェクト・ウイング」を公表。独DHLは限られた地域ながら薬品などの緊急医療品などを搬送を始めた。
[日経MJ/奔流eビジネス 14/12/19]
◇始まる?無人機配送
http://matome.naver.jp/odai/2138615566242255001
◇ソフトバンク「ペッパー君」
http://www.softbank.jp/robot/special/tech/
◇ネスレ、接客スタッフとしてペッパー君を採用
http://matome.naver.jp/odai/2141465394422114301
◇未来の監視ロボット「K5」、5つの特徴(前)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/090200031/090200001/
◇未来の監視ロボット「K5」、5つの特徴(後)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/090200031/090200002/
◇Starwood Hotels & Resorts HP
http://www.starwoodhotels.com/
Starwood Hotelチェーンが、Aloft Hotelにロボット執事を導入
http://blog.aspire-internships.jp/internship-report/1984.html
◇IoT時代にメーカーが考えるべき3つの選択肢 
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1412/09/news130.html
◇IoT広告市場、2020年には約5倍に成長/スパイスボックス
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000007385.html
◇ヤフー、IoT開発支援プラットフォーム 来春始動
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1412/04/news161.html
◇野村総研が語る「IoTで狙える3つの成果」(前編)
http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/3755/Default.aspx
◇野村総研が語る「IoTで狙える3つの成果」(中編)
http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/3765/Default.aspx

◆「中高年のグルメ」に商機 家で外でおいしさ追求
食に関しては第一が「おいしさ」、第二が「健康」であり、その順位は逆転しない。食品のパッケージや店の看板を見て「グルメ食」であることが目に入ればシニアは心引かれる。その上で、パッケージの裏や看板の脇に「健康にいい情報」があれば購入や入店の一押しになる。
[日経MJ/阪本節郎の新大人学 14/12/19]  
◇新大人研レポートⅨ/博報堂(原典)
http://www.h-hope.net/knowledge/hope_report/report09/report09.pdf
◇元気で長生きのための本当に正しい食生活とは
http://www.nyusankin.or.jp/health/health1-11.html
◇シニアは外食では、"こってり好き、がっつり派"/日経レストラン
http://blog.jma-net.jp/article/343470451.html
  
◆訪日外国人1200万人超、買い物は品質重視、SNSで積極発信
急増する訪日外国人客は日本のものづくりの実力に高い期待を抱いているようだ。
消費への影響が大きいクチコミに、SNSを活用する訪日客も多く、買物中や買い物後に投稿した割合は米国と中国が3割台、台湾が4割台だった。台湾は「店員や接客について」が高く、4割を超す。日本流のおもてなしが喜ばれるようだ。
[日経MJ 14/12/19]
◇訪日外国人観光客の買物に関する調査/販促会議(原典)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000002888.html 
◇訪日外国人目的調査/アクトゼロ
http://www.actzero.jp/communication/report-11183.html  
◇アジア8地域・訪日外国人旅行者の意向調査/DBJ
http://www.dbj.jp/pdf/investigate/etc/pdf/book1411_02.pdf

◆Xマス装飾、彩るアイデア クリエーター、個性で名所演出
映像を投映する「プロジェクションマッピング」に模型をつかった「ジオラマ」。主要施設が演出するクリスマス空間に、一風変わったツリーや装飾が登場している。クリエーターの個性を楽しめる今年のイブだ。
ただ美しいだけではなく、作り手の個性が際立つ、力強いメッセージが込められたクリスマス空間が求められている。
[日経MJ 14/12/24] 
◇スカイツリー「プロジェクションマッピング」
http://www.fashion-press.net/news/12814
◇映像クリエーター・西郡勲氏(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%83%A1%E5%8B%B2
◇表参道ヒルズのクリスマスはノスタルジーな“光の森”
http://www.fashion-headline.com/article/2014/09/26/7848.html
◇馬場雅人氏 FB「場と間 BAtoMA」
https://www.facebook.com/BAtoMA.HPF
◇矢島沙夜子氏所属「kloka」 HP
http://www.kloka.com/
◇ミッドランドスクエア2014Xmas
http://www.midland-square.com/xmas/index.html
◇プラントハンター西畠清順さんがカッコイイ!
http://matome.naver.jp/odai/2139096219515120601
◇アナ雪も登場!東京・注目クリスマススポット2014
http://allabout.co.jp/gm/gc/448608/

◆皇居前でメガネ装着したら…、江戸城見えた!疑似体験で新レジャー
観光資源に新たな価値
天守閣が「復元」 銀座で善光寺参り
2015年は仮想現実の技術を使った次世代レジャーの年になりそうだ。メガネ型のウエアラブル端末「スマートグラス」などを使い、歴史的な建造物を現実の風景に重ね合わせたり、観光地の散策を疑似体験したりするのがポイント。
[日経MJ 14/12/26] 
◇江戸城天守閣と日本橋 3D復元ツアー
http://www.knt.co.jp/kouhou/news/14/no040.html
◇まるでSFの世界、3D復元ツアー
http://matome.naver.jp/odai/2141720704794782501
◇銀座NAGANO「バーチャルリアリティ観光体験in長野」開催
http://www.excite.co.jp/News/release/20141217/Prtimes_2014-12-17-5889-112.html
◇バーチャルリアリティ観光体験動画
https://www.youtube.com/watch?v=Woq5R20taU0&feature=youtu.be
◇世界初のSR技術ホラーアトラクション/ハウステンボス
http://kai-you.net/article/10558
◇スマートグラスでAR旅ツアー登場
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150117-00040137-r25

◆ヒット商品番付、ライフスタイル編 楽しさ提案多彩に
無料漫画、大手出版社も参入、スマホやタブレット向け
2014年のライフスタイル関連のヒット商品番付では、今後の生活が変わる予感がする新商品・新サービスが上位に入った。横綱はネット経由で無料で読める漫画で、大関は米グーグル日本法人のネット動画などを家庭で楽しめる専用機器「クロームキャスト」。若者だけでなくシニア層も支持した商品・サービスも目立った。
[日経MJ 14/12/26] 
◇クロームキャストがバカ売れしている理由
http://matome.naver.jp/odai/2140162898886067501
◇DeNA「マンガボックス(Manga Box)」
https://www.mangabox.me/
◇ドリコム「ドロップコミック」
http://dropcomics.drecom.jp/
◇好調!インバウンド。各ホテルの現状を調査しました
http://www.abilitashospitality.com/staffblog/entry00040.html
◇第3次ホテル戦争の舞台裏
http://biz-journal.jp/2014/07/post_5363.html
◇TDR初のプロジェクションマッピング
http://www.tokyodisneyresort.jp/blog/pr140425/
◇東京タワー×夜景×プロジェクションマッピング
http://guide.travel.co.jp/article/7690/
◇カスタマイズ賃貸 HP
http://www.customize-chintai.com/
◇トライグライド ウルトラ 2015
http://www.harley-davidson.com/ja_JP/Motorcycles/tri-glide-ultra.html
◇YAMAHA「トリシティ125」
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/tricity/special/pc/index.html

◆経営者100人今年の消費こう見る
日経MJのアンケートに応じた経営者106人の回答を集計すると、2015年の個人消費は「回復基調」とみる経営者が6割を超えた。14年は消費増税の影響が色濃く残ったが、消費の先行きには明るさを感じている経営者が多い。
[日経MJ 15/01/01] 
◇AOL PlatformsグローバルCEOボブ・ロード氏、2015年広告業界予測
http://markezine.jp/article/detail/21646
◇2015年懸念される経済の二極分化
http://thepage.jp/detail/20150101-00000005-wordleaf
◇2014~2016年度経済見通し/ニッセイ
http://www.nli-research.co.jp/report/report/2014/01/repo1501-3.pdf
◇2015年日本経済のために日本がやるべき3点
http://matome.naver.jp/odai/2142141327736534101
◇2015年景気見通しに対する企業意識調査/帝国データバンク
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p141204.pdf
◇中小企業2015年の景気見通し/大阪シティ信用金庫
http://www.osaka-city-shinkin.co.jp/houjin/keiei/pdf/2014/2015-01-07.pdf

◆「クールでカワイイ」外国人観光客が殺到する意外な人気スポット
新宿・歌舞伎町の一角に、「総開発費100億円」をうたって2年半前に誕生したアミューズメント型飲食店「ロボットレストラン」や、日本人にはちょっと理解できないが、「クール!」と称賛を浴びているのがカプセルホテル。歌舞伎町にある創業30年を超える老舗「グリーンプラザ新宿」では4、5年前から外国人客が増えだした。
◇ロボットレストラン HP
http://www.shinjuku-robot.com/pc/
◇話題騒然「ロボットレストラン」
http://www.huffingtonpost.jp/artinfo-japan/akb48_1_b_4375362.html
◇ロボットレストラン潜入レポート
http://coffeewriter.com/130311.html
◇「ロボットレストラン」へ行ってきた!
http://entabe.jp/news/article/3234
◇カプセルホテルが外国人観光客の人気スポットに
http://matome.naver.jp/odai/2140841506575469901
◇京王プラザ「ハローキティルーム」
http://www.keioplaza.co.jp/stay/sanrio.html

◆無印流、中国で勝つ
生活雑貨店「MUJI(無印良品)」が中国で出店を急拡大している。多くの日本の専門店が中国で苦戦するなか、この5年で店舗数を10倍の130店に増やし、5期連続で増収増益を続ける。シンプルで機能的なデザインが堅実志向の中流層から支持されるが、単にブランド力だけで市場を開拓しているわけではない。その裏には競争の激しい中国で着実に稼ぐ仕組みがあった。
[日経MJ 15/01/09]
◇「無印良品成都遠洋太古里」オープン
http://www.jiji.com/jc/prt?k=000000580.000000987 
◇MUJI「遠洋太古里店」 HP
http://www.muji.com/cn/cafemeal/
◇海外にもCafe&Meal MUJIができました
http://www.muji.net/cafemeal/column/026245.html
◇100店舗到達、「無印良品」が中国で快走
http://toyokeizai.net/articles/-/30245
◇無印良品に学ぶグローバル経営
http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1402/05/news011.html
◇10年間で様変わり!シンガポールの経済と人々
http://www.abroaders.jp/weekly/real/kay-2/

◆「東京シャンゼリゼ構想」って? 丸の内「パリのにぎわい」
国内最大のビジネス街・丸の内地区(千代田区大手町、丸の内、有楽町)の再開発が佳境に入っている。
三菱地所は再開発用地内で温泉を掘り当て「大手町温泉」と命名。「第3次事業」ビルの一角に星野リゾート(長野県軽井沢町)が16年に開業する高級旅館「星のや東京」のほか、オフィス棟内に誘致予定のフィットネス施設などに温泉を提供する方針。皇居に近い旧りそな・マルハビルなどを再開発する「大手町1-1計画」では長期滞在客用のサービスアパートメントを開設する計画もあり、人の流れは数だけでなく、多様性も増していきそうだ。
[日経MJ 15/01/09] 
◇東京シャンゼリゼプロジェクト始動
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/03/20o3b200.htm
◇「オヤジの街」にシャンゼリゼ通りは出現するか
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO76335150Z20C14A8000000/
◇虎ノ門ヒルズ誕生で虎ノ門~新橋が変わる?!
http://allabout.co.jp/gm/gc/444257/
◇東京の大手町に温泉が湧いた
http://portal.nifty.com/kiji/140718164650_1.htm
◇星野リゾート「星のや東京」
http://matome.naver.jp/odai/2139955417056007501

◆健康アプリ何使おう、正月太り解消したい!
利用者が急増する健康増進アプリをめぐり、各社が独自サービスを競い始めている。コナミスポーツ&ライフはウオーキングによる減量支援アプリを配信。日本に進出した米ヌーム(NY州)は利用者に減量の助言をするアプリでダウンロード数を伸ばす。
[日経MJ 15/01/09] 
◇コナミスポーツ&ライフ「Dr・walk」
http://www.konamisportsclub.jp/appli/
◇Noom「ダイエットコーチ」
http://noomapp.jp/noom%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%81/
◇グリーンハウス「あすけん」
http://www.asken.jp/
◇2014年スマホでの健康データ管理に関する調査/MMD
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1380.html
◇スマホ連携のヘルスケアグッズの認知度調査/MMD
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1380.html
◇健康系アプリがデータを販売する理由
http://www.lifehacker.jp/2014/05/140517healthapps.html

◆悩み共有、地域も意識 セントケアが「認知症カフェ」
月に一度、ホームを地域に開放し、同ホームに入居している認知症の高齢者や家族らが同じ境遇の人と悩みを共有する。施設と地域住民の接点を増やせば、入居者の獲得にもつながるとの読みがある。認知症カフェは全国で開設が相次いでいるが、介護大手では珍しい取り組みだ。
[日経MJ/耳寄りな話 15/01/09] 
◇グループホーム内で、「認知症カフェ」
http://kaigo-kango.com/ghcafe/
◇認知症カフェ「オレンジサロン 石蔵カフェ」
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2014/zenbun/s1_2_clm1.html
◇患者も集う宮前の「認知症カフェ」
http://www.kanaloco.jp/article/77666/cms_id/101532

◆スーパー店頭、今年の成長分野は、バイヤー調査
シニア消費に期待、食品、総菜・弁当売り場強化
2015年は引き続きシニア市場が好調だ――。スーパーのバイヤーを対象に今年の食品と日用品の市場の見通しを聞いたところ、食品、日用品ともにシニア層を意識した商品が拡大するとの見方が強い。いわゆる団塊の世代が65歳を超す今年もシニアが市場の主役となりそうだ。
[日経MJ 15/01/12]
◇アパレル産業2015年見通し/矢野経済
http://www.yano.co.jp/mirai/_yosoku/02000000/
◇2015年高齢者向け市場/みずほ
http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/industry/sangyou/pdf/1039_03_03.pdf 
◇シニア市場の可能性予測
http://doctorsaru.com/page-1268/
◇シニア消費の囲い込み、新たな取り組み試行続くフードビジネス
http://www.yano.co.jp/topicsnow/show.php?id=490

◆旧白洲邸「武相荘」 昭和・超モダン夫妻の暮らしを味わう
白洲次郎(1902-1985年)・正子(1910-1998年)夫妻のライフスタイルが共感を呼んでいる。戦後、吉田茂首相の懐刀としてGHQとの折衝にあたり「従順ならざる唯一の日本人」といわしめた実業家の次郎と、骨董を究め「“ほんもの”を知る唯一の人」と称された随筆家の正子。旧邸、武相荘(ぶあいそう)(東京都町田市)は平成13年の公開から約70万人が訪れ、白洲家の料理を再現する飲食施設もオープンした。夫妻のモダンな田舎暮らしには、現代人の憧れが詰まっている。
[産経新聞/近ごろ都に流行るもの 15/01/13]
◇旧白洲邸「武相荘」 HP
http://buaiso.com/
◇レストラン&カフェ 武相荘オープン
http://buaiso.com/ki/info/
◇武相荘レストラン&カフェOPEN
http://loveiom.exblog.jp/21398738

◆名のないブランド、デザイナーに聞く、余白で語る服
ブランド名のないファッションブランドが話題になっている。
普通に考えたら、名前がないってありえなくないですか(笑)。名前がないものはないので、そういう意味では、分かりやすいというのが理由の一つ」
「もう一つは、常に別の可能性を持たせたいからです。言葉はイメージを収斂させてしまいます。感覚的に共有したものとしてブランドがあればいいと思っています。よく『ブランドのコンセプト』は何ですかと聞かれますがコンセプトもありません。結局、受け手の印象だと思うので」
[日経MJ 15/01/14]
◇小野智海は何故ブランドに名前を付けなかったのか
http://www.fashionsnap.com/inside/tomoumi-ono/
◇小野智海 名前の無いブランド
http://changefashion.net/interview/2011/12/05193316.html
◇博報堂ブランドデザイン HP
http://www.h-branddesign.com/

◆アクトゼロ創業メンバー黒沼透氏 ネット広告、動画シフト
「日常的に自社の価値や文化、目標をきちんと発信し、共感を得る努力をしなければならない。情報を公開しないことでブランド力を高めている一部の高級品を除けば、企業は消費者にどれだけ共感してもらえるかが勝負のポイントになる。特に一般消費財やサービスでは共感を得られなければ企業は選ばれない」
「共感を得たら、その先にあるのはファン作りだ。SNSでの口コミの力は大きい。
[日経MJ/2015年トップに聞く 15/01/14]
◇アクトゼロ HP
http://www.actzero.jp/
◇黒沼徹氏 FB
https://www.facebook.com/torukuronuma
◇黒沼透氏 Twtter
https://twitter.com/torukuronuma
◇直接宣伝しない新たな広告メディア
http://biz-journal.jp/2014/04/post_4675.html

◆絵はがき、若い才能に光 「ヨロコビto」社会とつなぐ
3年で300種へ サイト上で販売/ビジネスでの利用法を提案
昨年春にスタートした「ヨロコビto」(東京・杉並)は絵はがきを媒介に、才能ある作家の発掘と支援を目指すユニークな活動だ。立ち上げたのはリクルート出身の3人。会社員時代の経験を生かしてビジネス需要の開拓も進め、はがきでつながりを育む仕組みづくりに挑む。
[日経MJ 15/01/14]
◇ヨロコビto HP
http://www.yorocobito.co.jp/
◇渋さ知らず・青山健一氏 (Twitter)
https://twitter.com/aoyama_kenichi
◇画家・市村陽平氏サイト
http://w-a-t-e-r.jp/
◇イラストレーター秋元譲氏サイト
http://yuzuruakimoto.com/

◆映画で美術館巡り 多彩なスタッフ、予算で激論…「内側」描く
時代を超えた芸術作品と出会える「美術館」を舞台にしたドキュメンタリー映画の公開が続いている。美術館の裏側まで見せたり、収蔵品から美術館の魅力に迫ったりと切り口もさまざま。現地を訪れただけでは見えない「美の殿堂」の知られざる姿が浮かび上がる。
[朝日新聞 15/01/14]
◇「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」 HP
http://www.cetera.co.jp/treasure/
◇「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」 FB
https://www.facebook.com/NationalGalleryTreasure
◇「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」 Twitter
https://twitter.com/treasuremovie
◇フレデリック・ワイズマン監督インタビュー
http://dotplace.jp/archives/15542
◇「みんなのアムステルダム国立美術館へ」 FB
https://www.facebook.com/amsmuseum.jp
◇「みんなのアムステルダム国立美術館へ」(Blog)
http://lovecinemas.blog100.fc2.com/blog-entry-68.html
◇「ヴァチカン美術館 天国への入口」
http://www.vatican4k3d.com/
◇「ヴァチカン美術館 天国への入口」試写会 (Blog)
http://itifusa.hatenablog.com/entry/2014/11/08/002106

◆「フライターグ」 バッグが語る物語
使い古したトラックの幌、自転車のチューブ、車のシートベルトにエアバッグ。
これらを再利用し作られる「フライターグ」のバッグ。
スイス発ブランドは過去20年余り、先進国を中心にファンを増やし、着実に成長を遂げてきた。ブランドバッグなのに、同じバッグは世界に2つと存在しない。モノがあふれ、モノが売れないとされる時代に、人は何にお金を払うのか。フライターグの挑戦は、現代スイスデザインの革新性を示す好例といえる。
[産経新聞/進化する機能美 15/01/15]
◇FREITAG HP
http://www.freitag.ch/
◇FREITAG-Store Tokyo FB
https://www.facebook.com/freitagstoretokyo
◇「FREITAG」アジア初の旗艦店を銀座にオープン
http://www.fashionsnap.com/news/2011-10-05/freitag-ginza-open/
◇アップサイクルの元祖「FREITAG」変わらぬデザイン哲学
http://www.japandesign.ne.jp/report/141015_swiss.html
◇スイスデザイン展 HP
http://www.operacity.jp/ag/exh172/
◇スイスデザイン展で、真の機能美を知ろう
http://www.roomie.jp/2015/01/229775/

| | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »