« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015/08/22

情報クリップ・ダイジェスト 2015/07 をアップしました

「お盆があけると風の音にも秋の気配が・・・・・」などと月並みな表現が懐かしくなるほど、得体の知れない気候の中で、日時だけは間違いなく「素早く」過ぎ去っていきます。

今年中にやりたいと思ったことを、あと4カ月に押しこむ?と念じつつ、情報クリップ・ダイジェストの7月号をアップします。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2015/08/201507-a123.html

台風がそれてくれるといいですね。

よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2015/07

◆だし、うまみ再発見、顆粒タイプ世代の若者に新鮮
酒の「つまみ」、教室も盛況
和食の味わいのもとになる「だし」が20~30代の間で注目されている。だしのうまみを味わえるスープスタンドやおいしいだしのひき方を習う教室も盛況だ。
コンビニのセブンイレブンも地域ごとに総菜のだしの味を変えるなど、だしは日本人の味覚の根幹にかかわる。いまの20~30代に広がるだしブームは、若者が日本伝統のだしのおいしさを再発見した結果といえそうだ。
[日経MJ 15/06/24]
◇日本橋だし場 はなれ HP
https://www.ninben.co.jp/hanare/
◇日本料理店「浅草おと」 HP
http://oto.jpn.com/asakusa/
◇かつをぶし池田屋 HP
http://shop-ikedaya.com/
◇料理研究家の山脇りこ氏サイト
http://rikoskitchen.com/
◇今話題の出汁専門店
http://washoku-lab.net/archives/12769
◇グリーンスムージーとスープ「ノキシタエディブルガーデン」
https://magazine.foodiestv.jp/blog.php?seq=266

◆「着想のマエストロ 乾山見参!」展 遊び心満載、文学に出合う器
既成概念にとらわれない大胆な発想で、やきものの可能性を広げた陶工、尾形乾山(けんざん)(1663~1743年)。そのデザイン感覚は、300年前とは思えないほど自由でモダン。文学や絵画を陶磁の世界に取り入れ、知的な遊び心に満ちている。
[産経新聞 15/07/09]
◇「着想のマエストロ 乾山見参!」展
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2015_3/
◇「着想のマエストロ 乾山見参!」展、見に行ってきました
http://mannequinboy.hatenablog.com/entry/2015/06/12/215154
◇尾形乾山 について
http://www.natsume-books.com/natsumeblog/?p=20658

◆LEDで輝く往年の名作 国際照明見本市で存在感
白熱電球に翼 23年ぶり復刻
成形容易な樹脂 植物の葉を表現
4月にイタリアで開かれた国際照明見本市。豪華で奇をてらったデザインは影を潜め、シンプルでオブジェのような照明が印象的だった。発光ダイオード(LED)光源の出現と技術の発展により往年の名作も復活。これまで想像もつかなかった光の効果や形状の照明デザインが生まれている。
[日経MJ 15/06/17]
◇インゴ・マウラー HP
http://www.ingo-maurer.com/de/
◇マイケル・アナスタシアデス HP
http://michaelanastassiades.com/
◇ロス・ラブグローブ HP
http://www.rosslovegrove.com/
◇エウロルーチェ2015レポート
http://lightstyling.jp/archives/category/lightingdesign-world-report/euroluce2015
◇2015 ミラノサローネ 最新リポート「Ingo Maurer」
http://openers.jp/article/966545
◇ミラノデザインウィーク リポート
http://www.japandesign.ne.jp/editors/150417-flos/

◆JR東、位置情報技術を開放 商業施設と連携や景品
JR東日本がスマホ向けアプリを使った車内サービスを相次いで打ち出している。乗車中の現在地や各車両の混雑状況・温度をリアルタイムで分かるようにした。サントリー系など異業種と組んでキャンペーンも展開。移動中の満足度を高めつつ、広告収入の増加へとつなげたい考えだ。
[日経MJ/戦略ネットbiz 15/06/17]
◇アプリ「山手線トレインネット」
http://www.jreast-app.jp/
◇山手線の混み具合までリアルタイムでわかるAndroidアプリ
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/220/220174/
◇山手線のトレインネットを利用してみた
http://www.lifehacker.jp/2012/10/121018yamanotewifi.html
◇「ビーコン技術」が世の中に溢れてきた
http://diamond.jp/articles/-/65006
◇ポイントアプリ「ショッぷらっと」
http://shoplat.net/
◇メトロアドエージェンシー HP
http://www.metro-ad.co.jp/
◇「通勤・通学時における動画視聴」調査/電通
http://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2014089-1030.pdf

◆地域に活力、ポイント高く
野村総合研究所の推計によると2014年度のポイントの発行残高は約9000億円。小売りチェーンなどが実施する特定日にポイント付与率を高めたり、地域限定のポイントサービスを加えたりすると1兆円を超える。ポイント次第で、消費者が購入場所を決める動きがより強まっている。
・香川県「めぐりんWAON」、県民の6人に1人所持
・相模原「地域一体型ポイントシステム」、百貨店と4商店街組
・長野県「ブルーカード」、各業種トップが加盟
[日経MJ 15/06/19]
◇フェリカポケットマーケティング HP
http://www.felicapocketmk.co.jp/
◇めぐりんWAON HP
http://www.0909megurin.com/
◇共通ポイントシステム「サイモンズ」 HP
http://www.symons.co.jp/
◇伊勢丹相模原店/相模大野商店街と地域一体型ポイントでコラボ
http://ryutsuu.biz/topix/h033021.html
◇ブルーカード発行「ブルーアライアンス」 HP
http://www.bluealliance.co.jp/
◇長野県「ブルーカード(ブルカ)」 HP
http://www.bluecard.ne.jp/

◆インスタグラムに購入ボタン 情報発信、スマホ客開拓
今月に入り、インスタグラムやピンタレスト、そしてツイッターが立て続けにコマースボタン(購入ボタン)との連動を発表した。特にインスタグラムとの連動はエポックメイキングな出来事になるだろう。ウェブ上のコミュニケーションから、スマホ上のコミュニケーションへ。eコマースで大きな胎動が始まっているように思われる。
[日経MJ/e奔流ビジネス 15/06/26]
◇インスタグラムの使い方 ? 3分で分かるはじめてガイド
http://appbu.jp/how-to-use-instagram
◇満足度の高いフィードと「BUY」ボタンの融合は実現するのか
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/4178
◇GoogleにInstagram一斉に動き始めた「購入ボタン」の謎
https://www.actzero.jp/social/report-13406.html
◇購入ボタンの統合でFacebookページを一気に活性化
http://jp.techcrunch.com/2015/07/16/20150715cant-buy-me-love/
◇女性SNSユーザーのハッシュタグ利用実態調査
http://smmlab.jp/?p=38032
◇ハッシュタグ、Facebookでの使い方を考える
http://gaiax-socialmedialab.jp/facebook/393

◆強い個性、調和する空間 デザイン見本市で建築家が目利き
展示は各社1点 商品理解深まる
売り場作りの ヒント詰まる
6月10~12日に開催された国際見本市「インテリアライフスタイル東京」。今年1番の見どころは「キュレーションストア」だ。各社から集めた商品を、専門家が分類して新しい価値を持たせて空間をプロデュース。モノと情報があふれる時代における売り場づくりのヒントが隠されていた。
[日経MJ 15/06/24]
◇インテリアライフスタイル東京
http://www.interior-lifestyle.com/common/pdf/20150610_jp.pdf
◇インテリア ライフスタイル FB
https://www.facebook.com/interior.lifestyle
◇設計事務所イマ HP
http://www.ima-ima.com/
◇メサゴメッセ・フランクフルト HP
http://www.jp.messefrankfurt.com/tokyo/ja/
◇鈴木マサル氏手がけるテキスタイルブランド「オッタイピイヌ」
http://ottaipnu.com/about.html
◇鹿児島睦氏サイト
http://www.makotokagoshima.com/
◇インスタントジュエル FB
https://www.facebook.com/pages/INSTANT-JEWEL/800211960040623
◇伝統工芸の職人がディズニーの世界観を表現
http://hanjohanjo.jp/article/2015/06/17/451.html

◆生協、過疎地の方程式
店舗×宅配×福祉=生活拠点、施設一体で相乗効果
生活協同組合が運営する全国でも異例の施設が、福井県小浜市に誕生した。通常は別々の「店舗」「宅配」「福祉」の3事業を、1つの施設で提供する。三位一体の複合施設としたことで、店舗単独では出しにくい過疎地への展開が可能になった。生協の新しいビジネスモデルは、高齢化が進む地域の生活をどう支えるのか。
[日経MJ 15/06/29]
◇福井生活協同組合 HP
http://www.fukui.coop/

◆イスラム教徒来て!礼拝室、地方・観光地にも、那覇空港に簡易型
イスラム教徒の訪日客の増加に伴い、国際線が多数就航する成田空港や関西国際空港だけでなく、鉄道駅や地方の空港、観光地でも礼拝室を設ける例が目立ってきた。駅や空港などが独自に設けているほか、内装を手がける丹青社が一般社団法人ハラル・ジャパン協会(東京・豊島)と組み立て型の礼拝室を開発。イスラム教徒が国内を旅しやすい環境を整える動きに弾みがつきそうだ。
[日経MJ 15/06/29]
◇プレイヤールーム WANOMA
http://www.halal.or.jp/form/tanseisha/wanoma.pdf
◇丹青社 HP
http://www.tanseisha.co.jp/
◇ハラル・ジャパン協会 HP
http://www.halal.or.jp/

◆ピンタレスト、SNSと一線 将来の希望をメモする場
ピンタレストのマネタイゼーション部門トップのティム・ケンダール氏が「ピンタレストは、SNSではない」と語るのを聞いて驚いた。
ご存じのように、ピンタレストは、色々なサイトで見つけた画像を貼り付け共有できるサイトだ。共有できるのだからSNSだと思っていたが、同社の見方は異なるようだ。
同氏の説明によると、同サイトは「将来やりたいことをメモしておくためのツール」なのだそうだ。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/06/29]
◇ピンタレスト FB
https://www.facebook.com/PinterestJP
◇ピンタレスト、"未来志向型"SNSの勝算
http://toyokeizai.net/articles/-/56796
◇未来志向型SNS「ピンタレスト」使い方
http://matome.naver.jp/odai/2141515828231254901   
◇写真で旅を、もっと可愛くするカメラ学
http://tabippo.net/20150721/

◆木の空間漂う自然の恵み 「八寿恵荘」に欧州ホテル認証
薬草カモミール 13万株のそばに/寝具にこだわり 熱源には枯れ木
5月、長野県池田町に装い新たに誕生した「八寿恵荘(やすえそう)」は内外装から提供する食事、寝具、コスメに至るまで可能な限り自然素材を使用した宿だ。ヨーロッパで健康と自然環境に配慮したホテル認証として注目の「BIO HOTEL(ビオホテル)」を国内で初めて取得した。
[日経MJ 15/07/01]
◇カミツレの宿「八寿恵荘」 HP
http://yasuesou.com/
◇カミツレの宿「八寿恵荘」 FB
https://www.facebook.com/yasuesou
◇BIOHOTEL JAPAN HP
http://biohotels.jp/
◇日本初のBIOHOTEL「八寿恵荘」
http://www.organic-press.com/topics/biohotelsjapan_news06/
◇「八寿恵荘」に行ってきた
http://blog.goo.ne.jp/taotao39/e/f0de43f33d3a8f4c193d1e363e160a74

◆「動きのカガク展」 「モーション」から広がる世界
動きをデザインする「モーション・デザイン」。その技術はロボットの動作を生み出したり、車両安定制御システムで安全運転を支えたりと、私たちの日常生活に役立てられている。映像・メディアアートにおいても、「動き」は躍動感を与え、感性に訴える表現を可能にする。先端技術を使ったものから、身近な材料を使った原始的仕組みのものまで、動く作品を一堂に集めた「動きのカガク展」が21_21 DESIGN SIGHT(東京都港区)で開かれている。
[産経新聞 15/07/02]
◇動きのカガク展 HP
http://www.2121designsight.jp/program/motion_science/
◇「動きのカガク展」レポート
http://world-architects.blogspot.jp/2015/06/21-21-motionscience.html
◇菱川勢一氏 HP
http://seiichihishikawa.info/
◇菱川勢一氏 FB
https://www.facebook.com/seiichi.hishikawa.work.in.progress
◇佐藤雅彦という人物がすごい
http://matome.naver.jp/odai/2138105236891185701
◇クワクボリョウタ氏サイト
http://ryotakuwakubo.com/

◆オンラインで、店員が接客、チャット相談、導入相次ぐ
衣料品や化粧品などの業界でオンラインで接客する動きが広がっている。チャット形式で顧客の相談に回答するもので、ビームスがイベントの販促で導入を始めたほか、資生堂も実施している。流行のサイクルが短くなる中、インターネット通販やセルフ店でちょっとした接客を受けたいという人は多い。ネット通販の拡充につなげたり店頭の接客を補う取り組みとして導入は増えそうだ。
[日経MJ 15/07/03]
◇ビームスの「チャットコンシェルジュ」スタート
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43512
◇ロコンドで実際に靴を注文してみました
http://www.urikai-navi.com/shoes/repo.html
◇資生堂「おうちで美容相談」
http://www.shiseido.co.jp/webbc/

◆大人の遊び心、くすぐる
タカラトミー・メイ新社長に聞く、他業種と組み開拓
「プラレール」や「リカちゃん」などで子供の心をつかんできたタカラトミーが大人の遊びも狙う会社に変身中だ。少子化の影響などで玩具の国内市場は先行きが不透明。創業家出身の富山幹太郎氏に代わって先月社長に就任したハロルド・メイ氏は「我が社はもはや『おもちゃ会社』ではない」と言い切る。
[日経MJ 15/07/04]
◇タカラトミー、ファンドも手を引く内憂外患
http://toyokeizai.net/articles/-/57628
◇「タカラトミーを変えたい」新社長ハロルド・メイ氏
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/04/news093.html
◇ドコモとタカラトミー共同開発のロボット「OHaNAS」
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/342/342977/
◇世界初、2mm浮上して走行する「リニアライナー」
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/339/339773/
◇「LiccA CAFE」が池袋に期間限定でオープン!
http://gotrip.jp/2015/06/19742/
◇大人の女性が楽しめる新ブランド「LiccA」
http://licca.takaratomy.co.jp/stylishlicca/

◆私鉄各社、沿線の空き家生かす
東武、子育て世代に貸し出し、小田急、戸別訪問し相談を受付
私鉄各社が沿線の空き家対策を強化している。京王電鉄や東武鉄道は空き家の管理を代行するサービスを開始。小田急電鉄は担当者が戸別に訪問して相談を受ける取り組みを始めた。沿線住民の高齢化を受けて、高齢者向けの施設に転居したり、療養のために自宅を長期間留守にしたりする人が増えていることに対応する。
[日経MJ 15/07/03]
◇京王電鉄「空き家巡回サービス」
http://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2015/nr150610_keiohotnetnewservice.pdf
◇東武鉄道「空き家住みかえ支援事業」
http://www.tobu.co.jp/file/pdf/3b1831f0d6c7ff49a6a4a99d75fb9921/150611-3.pdf?date=20150611141919
◇空き家となった社員寮を住まいと保育園にリノベ
http://www.tokyu.co.jp/file/150226HPPRMB.pdf
◇京都市「撤去せず活用」異色の補助制度に視察相次ぐ
http://www.sankei.com/west/news/150523/wst1505230071-n1.html

◆サザビー流、「半歩先」
数々のブランドを発掘・育成しては日本に新たな「ライフスタイル」を定着させてきたサザビーリーグ(東京・渋谷)。最近、サザビーが仕掛けるプロジェクトの裏で、創業者の鈴木陸三会長(72)の存在感が再び際立っている。「意識してきたことは、前向きな普通生活者に向けて『半歩先』を提供するということだ。一歩先でも、特殊な人だけが見える十歩先でもいけない。皆の気持ちがなんとなく今に満足してないなかで、ぽんと出てくるのが良い。
[日経MJ 15/07/06]
◇サザビーリーグ HP
http://www.sazaby-league.co.jp/
◇サザビーリーグ「ビジネス創造プロジェクト」開始 
http://www.projectdesign.jp/201503/specialreport/001953.php
◇サザビーがイケてるブランドと組めるワケ
http://toyokeizai.net/articles/-/61300
◇サザビーリーグと新潮社が仕掛けた進化系雑貨店 
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO78674280R21C14A0000000/
◇神楽坂の新商業スペース「la kagu」 HP
http://www.lakagu.com/
◇神楽坂に新商業施設「ラカグ」オープン
http://www.fashion-press.net/news/11668

◆シェアリングエコノミーじわり浸透 空き部屋活用、639億円市場
利用者、安心・簡便さ重視
ポイント
(1)約100人に1人が空き部屋や駐車場などのマッチングサービスを経験したことがある。
(2)ここ1年で「空き部屋」マッチングサービスの利用者が大きく増加した。
(3)利用を広げるためには「安心」と「手続きの簡素化」がキーワードとなる。
[日経MJ 15/07/06]
◇シェアリングエコノミーに関する調査/JTB(原典)
http://www.tourism.jp/research/2015/01/sharing-economy/
◇JTB総合研究所 HP
http://www.tourism.jp/
◇日本でシェアリングエコノミーを普及させる3つのポイント
http://engineer.typemag.jp/article/share-economy
◇シェアリングエコノミーの本質はコミュニティにあり
http://jp.techcrunch.com/2015/02/26/jp20150226_techcrunch-school-share/
◇シェアリングエコノミーに関する調査/ファストアスク
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000109.000007597.html

◆リフォーム、ネット仲介、建築家検索やデザイン相談
家を改修したい消費者と建築家などプロをインターネットで橋渡しするサービスが広がっている。今春に日本に進出した米ハウズはスマホ向けアプリで自分好みの建築家らを探したり、自宅の改装に関する助言を無料で受けたりできるようにした。アマゾンジャパン(東京・目黒)も積水ハウスなどと組みリフォームサービスを開始。ネットを活用したリフォームが活発になってきた。
[日経MJ 15/07/06]
◇リフォーム仲介「ハウズ」
http://www.houzz.jp/
◇アマゾン「リフォームストア」 HP
http://www.amazon.co.jp/gp/browse.html?node=2448361051
◇アマゾンが住宅リフォームで狙う2つの革命
http://toyokeizai.net/articles/-/75947
◇タマホームの子会社「SuMiKa」 HP
https://sumika.me/

◆14年度、専門店調査、果敢に変化、攻め勝つ
373社の総売上高は22兆6899億円だった。消費増税の影響もあって前回調査より減収となる業種が増え、全体でも0.2%減とわずかながらマイナスに転じた。消費の構造変化をとらえて、積極的に業態を変え需要をつかむ企業が総売上高伸び率で上位に目立った。
「良質なものが欲しいが節約もしたい」。そんな消費者心理をつかみ成長しているのが、リサイクル店運営のトレジャー・ファクトリーだ。衣料品や家具・家電などを幅広く扱う総合店が主力だが、昨年からスポーツ・アウトドア用品に特化した中古専門店や、高級アパレルブランドの中古品だけを扱う新型店を展開。積極的に業態の幅を広げ、増収率は17%増と10位に食い込んだ。
[日経MJ 15/07/08]
◇トレジャー・ファクトリー HP
http://www.treasure-f.com/
◇ブランドコレクト HP
http://brandcollect.com/
◇トレファクスポーツ HP
http://www.treasure-f.com/sports/
◇総合免税店の旗艦店「新宿本店」オープン
http://ryutsuu.biz/topix/h060523.html
◇ラオックス日本製アパレルブランドを開発
http://www.roomservice-japan.org/news/detail.php?p=001310
◇ウエルシア薬局 HP
http://www.welcia-yakkyoku.co.jp/
◇ドラッグストア業界にイオン・ショック
http://biz-journal.jp/2014/12/post_8181.html

◆鉄道高架下、多彩に、踏切対策で増、有効活用へ動く
鉄道駅と駅の間の「高架下」活用が多彩になってきた。JR東日本は10日、山手線の秋葉原―御徒町間にご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」の常設の公認店舗を開き、東京メトロは植物工場を稼働させた。首都圏では京浜急行電鉄などが踏切対策で高架化を進めており、鉄道各社は駅間活用を進化させている。
[日経MJ 15/07/10]
◇B-1グランプリ食堂 HP
http://www.jrtk.jp/b-1gp/
◇東西線高架下・植物工場栽培「とうきょうサラダ」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1504/06/news144.html
◇阪神電鉄高架下・植物工場栽培「HANSHIN清らか野菜」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000184.000005180.html
◇東武沿線3カ所に駅チカ保育所
http://www.tobu.co.jp/file/pdf/21a9fae9ee3605e43bd7be81611c07f7/150319.pdf?date=20150319110621
◇今、東京の高架下が熱い!
http://matome.naver.jp/odai/2138332088312373001
◇京急蒲田駅の高架下に商業施設
http://www.keikyu.co.jp/file.jsp?assets/pdf/company/news/2014/20141127HP_14163MI.pdf
◇なんばEKIKANプロジェクト HP
http://ekikan.com/

◆農業研修でノウハウ蓄積、店頭発売の時期探る、サミット参入の狙い
食品スーパーのサミットが農業に乗り出した。小売業では既にイオンやローソンなどが独自の農園でコメや野菜の生産をしているが、サミットは当面、自社生産した農産物を店頭販売することには距離を置く。低コストで農場運営のノウハウを蓄えつつ、社員教育の場として活用するのが同社の狙いだ。
[日経MJ 15/07/08]
◇サミット、農業活動に参入
http://www.foodnavigation.com/wp-content/uploads/2015/05/fn20150523.pdf
◇いま!食のマーケットは「コンビニと農業」
http://www.jacom.or.jp/ryutsu/rensai/2014/06/140613-24563.php
◇小売り大手、農業参入本格化 
http://www.sankei.com/economy/news/150613/ecn1506130027-n1.html

◆訪日客の行動「見える化」ナイトレイ、地図・グラフで表示
ITベンチャーのナイトレイ(東京・渋谷)はアジアからの訪日外国人観光客の行動を「見える化」するサービスを始めた。ツイッターなどの交流サイトに投稿された内容から、訪れた場所や行動内容を解析して地図やグラフで表示する。国籍別の嗜好もつかめる。2020年に開催の東京五輪を見据え、外国人観光客の取り込みを狙う企業や自治体などで導入を見込む。
新サービス名は「インバウンド・インサイト」。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/07/10]
◇ナイトレイ HP
http://nightley.jp/
◇SNS解析サービス「インバウンド・インサイト」
http://inbound.nightley.jp/
◇訪日外国人の行動データを可視化「インバウンド・インサイト」
http://jp.techcrunch.com/2015/07/03/inbound-insight/

◆遊ぶ様子投稿、自然体が人気、ユーチューバーキッズ
動画サイト「ユーチューブ」におもちゃで遊ぶ様子などを投稿する「ユーチューバーキッズ」が、同世代の子どもの心をとらえている。彼らの動画のまねをしたり同じイベントに行ったりと、影響力は芸能人にも劣らない。人気の高まりを受け、企業もユーチューバーキッズに注目。タカラトミーはトミカのキャンペーンに、ベネッセコーポレーションもユーチューバーキッズをPRに採用する予定。
[日経MJ 15/07/12]
◇今、人気の子どもユーチューバ―たち
http://matome.naver.jp/odai/2142590578762000601
◇人気の「ザ★がっちゃんねる」
https://www.youtube.com/user/TheGacchannel
◇YouTubeはケーブルテレビを上回る好調
http://jp.techcrunch.com/2015/07/18/20150717people-watch-more-youtube-than-ever-before-especially-on-their-phones/
◇アマチュアが高度なビデオ作品を作れるオンラインビデオエディタShowbox
http://jp.techcrunch.com/2015/07/17/20150716showbox/
◇ユーチューバーで育った子供が大人になる頃?
http://blogos.com/article/108451/
◇Googleの「YouTube Kids」を消費者団体が批判
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/040801219/

◆加齢?いいえ、華麗です、70代以上女子、キラキラ消費
流行に敏感、値段より、こだわり
70代女性の消費意欲が旺盛だ。70歳以上の女性は人口の約1割を占め、男性の1.4倍の1400万人超と消費のけん引役を担う。
70代は月5万3000円使え、有職世代3万5100円に比べ大きく上回る。社会生活基本調査によると、行楽・旅行を「地域の人と」共にするのは70~74歳の女性がトップの15.8%(女性全体は5.8%)。「友人などと」も全世代平均より高い。
[日経MJ 15/07/12]
◇日本橋三越本店「リ・スタイル レディ」
http://ryutsuu.biz/topix/g091022.html
◇えがお写真館 FB
https://www.facebook.com/egaophotostudio
◇70代 メディア・コンテンツ接触状況と暮らしの調査/博報堂
http://www.media-kankyo.jp/wordpress/wp-content/uploads/460d3e2a2fef4ce769406bc0dc91ccae.pdf
◇シニア層の国内旅行動向調査2014/ゆこゆこ
http://www.yukoyuko.co.jp/release/1907/
◇シニアのおしゃれ意識に関する調査/ゆこゆこ
http://www.yukoyuko.co.jp/release/2059/
◇“おしゃれで変わる”シニアの生き方
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2015/04/0428.html

◆過疎地に新ビジネスの芽 
奥田浩美さんは日本において「Macworld」や「WINDOWS WORLD EXPO」といったIT関連の大規模イベントを仕切ってきた人物。IT業界で、よくその名を知られた存在だが「私の仕事は、地域に産業を作ること」と、株式会社たからのやまを2年前に徳島県美波町に立ち上げた。人口約7500人の町だ。
最近は鹿児島県肝付町で新しいプロジェクトを始めた。65歳以上の人口が4割近くを占める同町で、奥田さんは「共創のまち肝付」というモットーを掲げた。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/07/12]
◇株式会社「たからのやま」
http://www.takaranoyama.net/
◇「共創のまち・肝付」始動
http://www.takaranoyama.net/2015/07/kimop-pepper/
◇鹿児島県肝付役場 FB
https://www.facebook.com/town.kimotsuki
◇徳島の過疎の町「美波町」地方創生事例
http://matome.naver.jp/odai/2139227230119426901
◇ウィズグループ奥田浩美のブログ
http://okudawiz.jimdo.com/
◇IT業界の女帝、奥田浩美に学ぶ 自分に白羽の矢が立つ方法
http://next.rikunabi.com/journal/entry/20150422

◆東南ア、ムスリム女性の衣装おしゃれに、ユニクロ、専用ブランド
イスラム教の教えに沿い頭部や手足などを覆う女性向けファッションが東南アジアで進化している。ムスリム女性の社会進出が進み、所得が向上したことで教義を守りつつおしゃれを楽しもうとするニーズが増加。ファーストリテイリングなどアパレル大手による専用ブランドも登場している。コーディネートを紹介するブロガーが世界で人気を集めるなど、流行は国境を越えて広がりつつある。
[日経MJ/アジアFocus 15/07/12]
◇ユニクロがイスラム教徒の女性向けファッション
http://rocketnews24.com/2015/07/17/608489/
◇デザイナーのハナ・タジマ氏サイト
http://hanatajima.com/
◇UNIQLO x Hana Tajima (YouTubu)
https://www.youtube.com/watch?v=oSRPtlwMEDc
◇ムスリム女性独創的ファッション
http://www.sankei.com/premium/news/150720/prm1507200005-n1.html
◇インドネシアのウィメンズブランド、MBFWに初参加
http://www.wwdjapan.com/collection/report/etu-by-restu-anggrainitoton/2015-16-fw-tokyo-collection/

◆若者のスマホ写真、形に、富士フイルムなど、印刷需要開拓
富士フイルムやキタムラなどDPE大手が若年層の取り込みに力を入れている。狙うのはスマホに保存してある撮影画像データ10代女子では1000枚がスマホ内に眠るとされる。バッジなどに簡単に写真を印刷できるサービスやフォトブックが作れるアプリを提供、新たな楽しみ方を提案してプリント需要の掘り起こしを狙う。
[日経MJ 15/07/15]
◇富士フイルム「WONDER PHOTO SHOP」 HP
http://wonderphotoshop.jp/
◇キタムラ「フォトブック」 HP
http://photobook.kitamura.jp/
◇無料でスマホdeチェキが体験出来る「WONDER PHOTO SHOP」
http://tokyosanpopo.com/archives/14084
◇「WONDER PHOTO SHOP」が原宿にオープン
http://matome.naver.jp/odai/2139220928488079801
◇スマホの画像に関する調査/ビスタプリントジャパン
https://mmdlabo.jp/press_release/detail_1463.html

◆製鉄、LED…広がる体験教室 ものづくり技術を次世代へ
日本のものづくりの良さを次世代に伝えようと子供向けの体験教室を開催するNPO法人や大学、企業が増えている。製作過程などに触れることで将来、日本の技術を支える人材育成につながれば、との願いが込められているようだ。
[産経新聞 15/07/15]
◇ものづくり教育たたら HP
http://www.tatara.or.jp/
◇全国の子どもたちが「たたら製鉄実験」に挑戦
http://www.nssmc.com/company/publications/monthly-nsc/pdf/2008_3_176_04_06.pdf
◇東京電機大学「小中学生の電子工作教室」
http://web.dendai.ac.jp/news/20150724-06.html
◇軽井沢工房ソーセージの手づくり体験教室
http://www.shinshuham.co.jp/atelier/handmade/

◆モバイル、生活に溶け込む 自然なたたずまいの電子機器
フェルトの感触 無機質さと一線
ブランドの製品 海外でも高評価
暮らしのさまざまなシーンに溶け込むスマートフォンやタブレット。「NuAns(ニュアンス)」はそんなデジタルデバイスと周辺機器に、空間との調和や手に触れたときの心地よさをもたらす取り組みだ。現代のライフスタイルに寄り添うモバイル端末との新しい付き合い方を問いかける。
[日経MJ 15/07/15]
◇「NuAns(ニュアンス)」 HP
https://nuans.jp/
◇新しいブランド「NuAns(ニュアンス)」スタート
http://blog.sideriver.com/flick/2015/04/nuanssimplismte-635c.html
◇トリニティ HP
http://trinity.jp/
◇クリエイティブユニット「TENT」 HP
http://www.tent1000.com/
◇治田 将之氏 FB
https://www.facebook.com/harutamasayuki
◇青木亮作氏 FB
https://www.facebook.com/ryosaku.aoki

◆小売業14年度ランキング、「地域密着力」で躍進
親近感・鮮度アピール、地方GMS集客のカギに
小売業界で総合スーパー(GMS)を軸にした地殻変動が起きている。日経MJがまとめた2014年度の小売業調査(第48回)では全国展開するスーパーの稼ぐ力が一段と弱まった一方、一定の地域に根ざしてGMSを展開する企業が躍進した。消費増税などの逆風をはねのけた原動力は「地域密着力」で、刻々と変わる消費者ニーズを掘り起こした。
[日経MJ 15/06/24]
◇ゆめタウン廿日市 HP
http://www.izumi.jp/hatsukaichi/
◇地産と地消をつなぐ地産市場「エフ・マルシェ」
https://www.setouchi-matsuyama.com/14189/
◇影の支配者「平和堂」って何者?
http://matome.naver.jp/odai/2137407879333917801
◇高まる食品スーパー再編成の舞台裏
http://biz-journal.jp/2014/03/post_4303.html
◇セブンは「単なる小売業」から変わっていく
http://toyokeizai.net/articles/-/35961
◇小売業の売上推移をグラフ化してみる(2015年)
http://www.garbagenews.net/archives/2050311.html
◇なぜか北海道と沖縄県小売業ランキング
http://www.dfonline.jp/articles/-/10292
◇全米小売業ランキング2015 アマゾンが23%成長
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2015-07-03/america-ranking-2015/
◇ユニクロが世界最優秀小売業2014に選ばれる
http://etc.hateblo.jp/entry/uniqlo-retaileroftheyear-2014/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »