« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015/09/16

情報クリップ・ダイジェスト 2015/08 アップしました。

各位

無茶苦茶な気象状況に、地震、火山とくれば、そろそろ「オヤジ」の怖さを見せつける時期になってきたようです。僕にはできませんが。

情報クリップダイジェストの8月号は、ますます充実!

下記からチェックしてください。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2015/09/201508-93f6.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2015/08

◆月面走れ 因州和紙タイヤ ランプシェード転用
東海大学の角田博明教授(宇宙構造物工学)が、因州和紙を使って小型無人宇宙探査車のタイヤを開発する研究を進めている。和紙メーカー「谷口・青谷(あおや)和紙」(鳥取市)が作った骨組みのない球体のランプシェードを応用し、折りたたんだ状態で宇宙に運べる超軽量タイヤを実現させる考えだ。同社は「和紙の可能性が広がる」と期待している。
[読売新聞 15/08/06]
◇谷口・青谷(あおや)和紙 HP
http://www.aoyawashi.co.jp/
◇宇宙航空研究開発機構法 HP
http://www.jaxa.jp/about/law/
◇とっとりの工芸品「因州和紙」
http://www.pref.tottori.lg.jp/95609.htm

◆伝統工芸品とコラボ、キャラ版権管理各社
ミッキーマウスやピーターラビットといったキャラクターを有田焼などの伝統工芸品に使う動きが広がっている。ヒット作頼みの需要を平準化したい版権管理各社と、ファンを開拓したい伝統工芸品側の思惑が一致したこともあるが、キャラクターに親しんできた世代が消費者の主力となったことも背景にある。キャラクターと伝統工芸品の垣根が低くなってきた。
[日経MJ 15/08/07]
◇COOL ARITA ~未来への挑戦
http://dentsu-ho.com/articles/2651
◇キャラクター・データバンク HP
https://www.charabiz.com/
◇「くまのがっこう」初の伝統工芸品コラボ
http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CPRT201527467.html
◇日本の伝統工芸に関する記事まとめ
http://mag.japaaan.com/archives/tag/%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E5%B7%A5%E8%8A%B8

◆おしゃれ銭湯が熱い、レトロ一新、青山で入浴も、懐かしさと清潔さ
都内でスタイリッシュな銭湯が注目を集めている。ここ数年、銭湯が相次いで昭和レトロなイメージを一新し、おしゃれでモダンなデザインに改装。高齢者に加え、学校や仕事帰り、子供連れなどこれまで銭湯になじみの薄かった10~30代の男女の姿が目立つ。初めての利用でも入りやすくなり、気軽に非日常空間を楽しめるのが人気の理由のようだ。
[日経MJ 15/08/14]
◇天然温泉 久松湯 HP
http://hisamatsuyu.jp/
◇天然温泉 久松湯が驚くほどお洒落
http://guide.travel.co.jp/article/8710/
◇光と風を感じる、天然温泉の銭湯
http://www.1010.or.jp/mag-tokyosento-hisamatsuyu/
◇文化浴泉 HP
http://bunkayokusen.grupo.jp/
◇文化浴泉設計「今井健太郎建築設計事務所」
http://imai88.jp/pages/project/onyoku_pages/bunka.html
◇南青山・清水湯 HP
http://shimizuyu.jp/
◇南青山・清水湯 について(Blog)
http://gogosauna.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
◇ふくの湯 HP
http://www.sentou-bunkyo.com/facility_top/fuku_no_yu.html
◇千駄木の美しすぎる銭湯「ふくの湯」

◆味覚にもデジタル化の波 感じ方、センサーで解析
これまでデジタル活用が進んでこなかった味覚の分野にもデジタル化の波がやってきた。甘味や塩味、酸味、苦味、うま味という5つの味をセンサーで解析し、複合的な感じ方を再現する技術の実用化が始まっている。
[日経MJ/奔流eビジネス 15/07/17]
◇味博士の研究所「AISSY」 HP
http://aissy.co.jp/
◇味博士の研究所「AISSY」 FB
https://www.facebook.com/aissyinc
◇通称「味博士」AISSY代表取締役社長 鈴木隆一氏インタビュー
http://retty.me/feature-interview/8297/
◇水で変わる!?コーヒーの味覚分析を実施
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000000563.html
◇"味の見える化"は食品業界を根底から変える
http://toyokeizai.net/articles/-/61244

◆新潟県十日町市・津南町 芸術祭に首都圏企業
3年に1度開かれる「大地の芸術祭 越後妻有(えちごつまり)アートトリエンナーレ2015」が26日から50日間の日程で始まる。豪雪地帯、新潟県の十日町市と津南町を合わせた越後妻有の里山を舞台にした世界最大級の芸術祭だ。6回目の今年は、首都圏の企業が本業を生かして地域と連携する新しい交流が動き出している。
[日経MJ/イキイキ地域 15/07/20]
◇大地の芸術祭 越後妻有(えちごつまりアートトリエンナーレ2015
http://www.echigo-tsumari.jp/
◇開幕直前トークイベント 「大地の芸術祭2015の楽しみ方」
http://www.japandesign.ne.jp/editors/150529-echigotsumari/
◇アウトドアブランド「KEEN」 HP
http://www.keenfootwear.com/ja-jp/
◇大地の芸術祭オフィシャルサポーター、オイシックス社長高島宏平氏
http://www.asahi.com/and_w/life/SDI2015072790311.html
◇2015年開催トリエンナーレ&ビエンナーレ10選
http://find-travel.jp/article/5564

◆40~50代けん引、検討層の8割占める スポーツカー再発進 バブル世代が「子離れ層」に
(1)スポーツカー購入検討者は約4人に1人が軽自動車を現在保有している。
(2)スポーツカー所有者は経済的に余裕があり、7割超が他に何か我慢したものは「特にない」。
(3)スポーツカー購入検討者は「衝動買いをしない」は6割超で流行に左右されない。
[日経MJ 15/07/20]
◇ロードスターか、S660か? 最新国産スポーツカー事情
http://allabout.co.jp/gm/gc/456299/
◇マツダ ロードスター 新型発表
http://response.jp/article/2015/05/23/251803.html
◇ROADSTER 25h ANNIVERSARY
http://www2.mazda.com/ja/stories/history/roadster/roadster_25th/
◇最大イベントで見えたマツダのロードスターが売れ続ける理由
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20150703/1065489/?rt=nocnt
◇人生にスポーツカーの旬は二度やってくる?
http://magazine.carsensor-edge.net/selection/category_907/_9467.html
◇86、ゲーセン…若者向けのはずがシニアばかり
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120502/eca1205020501002-n1.htm

◆ビル友つながる、部活・合コン…ゆるく楽しむ
出勤・退社の往復だけじゃさみしすぎる! 職場が近所 安心感
ビジネスパーソンが1日の多くを過ごすオフィス街。出勤と退社を繰り返すだけではさみしいと、同じビル内の働き手同士が、部活動や合コンなど、つながって楽しむ動きが盛んだ。社内よりは広く、地域社会よりは身近というほどよい距離感――。「ビル友」という新しいご近所付き合いが、ビジネス街に新たなコミュニティーを築きつつある。
[日経MJ 15/07/22]
◇ヒルズコミュニティ活性化委員会「ヒルズブ!」 FB
https://www.facebook.com/hillsbu
◇「ヒルズブ」まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138529622472847301
◇新宿三井ビルディング「新宿ビルコン」
http://shinjuku.billcon.info/
◇街コンジャパン HP
http://machicon.jp/

◆「金城湯池」押さえろ、コンビニ
14年度調査、他業種と融合進むコンビニエンスストアの生き残り競争が最終局面にさしかかった。日経MJがまとめた2014年度(第36回)コンビニ調査では、全店売上高が初めて10兆円の大台を突破。積極出店を続ける大手3社は収益力の高い“ドル箱”立地を押さえ、地方でも勢力拡大を急ぐ。一方、中堅以下は新規出店はおろか既存店への投資も思うようにできず、大手による寡占化が一段と鮮明になってきた。
[日経MJ 15/07/22]
◇コンビニ来訪客の世代分布をグラフ化してみる(2015年)
http://www.garbagenews.net/archives/1953464.html
◇ファミマは、なぜ異業種と融合を加速するのか
http://toyokeizai.net/articles/-/38842
◇ファミマ、ユニー「統合」で始まる大淘汰
http://toyokeizai.net/articles/-/63178
◇ファミマとの経営統合にらみサークルKサンクスが海外市場撤退
http://www.sankei.com/economy/news/150731/ecn1507310013-n1.html
◇ローソン、打倒セブンの差別化戦略破綻か
http://news.livedoor.com/article/detail/9860811/

◆文化を映す、家具の美学 アルマーニ40周年の神髄
ホテルの空間に「もてなしの心」
新作ソファや机 日本の美を凝縮
ファッションからライフスタイルの世界に哲学を広げたイタリアのファッションデザイナー、ジョルジオ・アルマーニ氏(81)。ブランド誕生40周年を記念して家具の新作発表会ではアルマーニ氏率いるデザインチームが手掛けてきたホテルプロジェクトの軌跡が一挙に公開された。
[日経MJ 15/07/29]
◇Armani/Silos(アルマーニ シーロス) HP
https://www.armanisilos.com/
◇アルマーニ・ホテル・ドバイ HP
http://dubai.armanihotels.com/
◇「アルマーニ シーロス」オープン 
http://www.wwdjapan.com/fashion/2015/05/01/00016361.html
◇アルマーニの40年が結集するミュージアム
http://casabrutus.com/fashion/9373

◆極端消費、平日PB、週末プレミアム 増税で選別、より厳しく
昼は△ 夜は◎
平日はPB商品で、週末はプレミアム――。日経MJは消費者アンケートや街頭インタビューを通じて4~6月の景況感や暮らし向きの実態を調査したところ、これまで以上に選別が厳しい「極端消費」の姿が浮かび上がった。増税に値上げ。アンケートでは景気回復の実感がない人は全体の85%を占めており、個人消費の足取りは重い。
[日経MJ/MJ1000人調査 15/07/24]
◇大人のハレ消費に関する調査/大和ネクストBK
http://www.bank-daiwa.co.jp/lp/survey/life_report_2015_01.html
◇あなたにとってプチ贅沢とは?/Asahiハピ研
http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/201411/00528/
◇プチ贅沢に関する調査/Asahi
http://www.asahigroup-holdings.com/news/2014/1211_2.html
◇家計消費状況調査/二人以上の世帯15年6月分
http://www.stat.go.jp/data/joukyou/pdf/gaikyou.pdf
◇クラフトビールはなぜ人気?流行を支える4つの理由
http://allabout.co.jp/gm/gc/451168/

◆ハウステンボス「変なホテル」開業、ロボでサービス向上挑む
人工知能の応答力に課題。
ハウステンボス(長崎県佐世保市)に最新のITを駆使して省人化・省エネを進める次世代ホテル「変なホテル」がオープンした。ロボットが接客や荷物の運搬を担当するほか、顔認証で客室のドアのカギを開けるシステムを導入した。
沢田社長は「変なホテルの『変』は、変化の『変』だ」と話す。ロボット技術は日々進化している。1年度はもっと進化したホテルになっているはずだ」と強調する。
[日経MJ 15/07/24]
◇ハウステンボス「変なホテル」 HP
http://www.h-n-h.jp/
◇ハウステンボス、「変なホテル」に秘めた野望
http://toyokeizai.net/articles/-/59338
◇「変なホテル」には鍵がない!? スタッフはロボット!?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20150129/1062389/?ST=life

◆「地域が支持する農業」に期待、豊作も不作も消費者とリスク共有
1年分の野菜代を前払いし、豊作も不作も消費者と農家が分かち合う新しい産地直送システムが注目されている。米国で広がる都会と地方を結ぶCSA(コミュニティー・サポーテッド・アグリカルチャー)で、和訳すると「地域が支持する農業」「地域に支えられた農業」。国内ではまだ少数だが、リスクの共有と理解が農業発展の土台になるとして大きな期待がかかる。
[産経新聞 15/07/25]
◇メノビレッジ長沼 HP
http://mennovillage.com/
◇地域支援型農業:Community Supported Agreculture(CSA)
http://www.nygreenfashion.com/html/learn/csa.html
◇小さな農家は私が守る/NHK
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2014/12/1212.html
◇日本における地域支援型農業(CSA)普及の可能性
http://www.jkri.or.jp/PDF/2013/Rep126takagi.pdf

◆カメラマニアが写真作品販売、投稿サイト人気、ピクスタ、趣味をビジネスに
誰でも写真を販売できるサービスがシニア層の注目を集めている。写真投稿・販売サイトを手掛けるピクスタ(東京・渋谷)はプロ・アマ問わず写真を募集、個人や企業に販売する。シニア層の趣味として人気のカメラがビジネスにつながるとあって、利用者が急増。売れる写真を撮影しようと各地に赴くなど、高齢者が活発に行動するきっかけにもなっている。
[日経MJ 15/07/24]
◇PIXTA  HP
https://pixta.co.jp/
◇「写真を売る」副業で年収700万円の秘密
http://toyokeizai.net/articles/-/52631
◇PIXTA×クラブツーリズム「写真の旅」
http://www.excite.co.jp/News/release/20150309/Dreamnews_0000108756.html

◆介護施設生活に潤い プラス、レク用品を1500点に充実
文具・事務用品大手のプラス(東京・港)が、介護施設向け通販の「スマート介護」事業を広げている。折り紙といったレクリエーション用品やおむつなどの衛生用品をカタログから選んで注文できる。介護施設で使われる1万点以上の商品を網羅し、1冊で注文できる手軽さが好評だ。
[日経MJ/耳寄りな話 15/07/24]
◇プラス介護市場参入「スマート介護」
http://www.plus.co.jp/news/140404.html
◇事業計画書分析「プラス社・スマート介護計画書」
http://www.projectdesign.jp/201409/plananalysis/001607.php
◇デリバリーサービスカタログ「スマート介護」創刊
http://www.jointex.co.jp/cms/business/about/about-care/

◆銀座・伊東屋 回遊楽しい文房具店、野菜工場・カフェ、型破る体験型
文房具店最大手の伊東屋が6月に東京・銀座に新装開業した本店は、従来の文房具店の枠にとらわれない挑戦的な店舗だ。店内には文具のほかキッチン用品も並び、カフェや野菜工場まである。回遊して楽しめる空間を作りだし、付近で働く会社員から訪日外国人まで幅広い客層を取り込んでいる。今後は本店の店作りを順次全国の店舗に広げる。
[日経MJ/みせどころ 15/07/27]
◇伊東屋 HP
http://www.ito-ya.co.jp/
◇銀座・伊東屋、実は野菜工場もある高級ホームセンター
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO89340100V10C15A7000000/
◇銀座・伊東屋 新本店がリニューアル!
http://tabroom.jp/contents/shop/ginza-itoya-renewal/
◇銀座伊東屋の残念でがっかりなリニューアルオープンとは?
http://neta-net.net/ginza-itoya-201506

◆触感の魔力、携帯・食…「リアル」が人気
あふれる情報、感覚で選択
押す、触れる、握る。「触感」がマーケティングの分野で注目されている。情報があふれる中で、消費者はものやサービスを選ぶ時に無意識のうちに触った時の感触や感性を重視するようになってきた。新世代の携帯電話「ガラホ」や手づかみレストラン、万年筆……。
[日経MJ 15/07/27]
◇2015年はガラケー型スマホ「ガラホ」が熱い
http://matome.naver.jp/odai/2142090423219893801
◇話題の「ガラホ」と格安スマホは、どちらがお得なのか
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20150626/1065383/
◇大人も使える子供用万年筆「カクノ」の魅力
http://matome.naver.jp/odai/2141549653191609701
◇料理をぶちまける 初体験、「手づかみ」レストラン 
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO78682570R21C14A0000000/
◇グンゼ「キレイラボ」 HP
http://www.kireilabo.com/
◇ASTIGU/アスティーグ HP
http://www.astigu.jp/ss/
◇マーケティングにおける感覚的訴求の効果/原典
http://www.cuc.ac.jp/keiken/vv/vv33/toku/index3.html

◆古着ルネサンス、若者熱狂
高くても「宝探し」、おしゃれアイテム
古着が約10年ぶりに脚光を浴びている。主役はファストファッションや既存アパレルに満足できない20代。1980~90年代の衣料に新しさを見いだし、人気商品であれば1着数万円でも手を伸ばす。古着に対する見方そのものが変わって市場が活性化し、中古衣料チェーンの業績は軒並み好調だ。今や、その勢いは無視できない、と百貨店やアパレルも関心を寄せるほど。古着ルネサンス、到来――。
[日経MJ 15/07/29]
◇ブランド古着「RAGTAG」 HP
http://www.ragtag.jp/
◇古着とカジュアル衣料「WEGO」 HP
http://www.wego.jp/
◇トレジャー・ファクトリー HP
http://www.treasure-f.com/
◇「ハグオール」の相談窓口をオープン 
https://www.atpress.ne.jp/news/62537
◇90年代古着ブーム再到来か?
http://www.margoi.com/2015/06/90.html
◇原宿の安い古着屋10選
http://folk-media.com/12305

◆くせ者芸術家、怪作奇作の館、広島・鞆の津ミュージアム
「超絶徒労系」ズラリヤンキー、死刑囚、ご老人。広島県福山市の「鞆の津ミュージアム」には、およそ美術館とは縁遠い「素人芸術家」たちの作品が集まる。あるいは数千万円をつぎ込み、あるいは人知れず数百数千も作り続けた作品群。個人的情念が詰まりに詰まった怪作奇作は、来館者を捉えて放さない。
[日経MJ 15/07/29]
◇鞆の津ミュージアム HP
http://abtm.jp/
◇鞆の津ミュージアム FB
https://www.facebook.com/tomonotsu
◇型破りな美術館「鞆の津ミュージアム」が面白い
http://matome.naver.jp/odai/2138163842304574801
◇今いちばん行きたい美術館 「鞆の津ミュージアム」の秘密
http://artsfield.jp/lecture/000370.html
◇鞆の津ミュージアムに行ってみた (Blig)
http://blog.livedoor.jp/nantaireport/archives/44653201.html

◆「るすたくサービス」(綜合警備保障) 空き家管理、きめ細かく
警備大手の綜合警備保障(ALSOK)が始めた空き家巡回事業「るすたくサービス」が利用者を増やしている。警備会社ならではの厳重な鍵の管理体制への安心感に加え、今年から本格的に始めた清掃や害虫駆除など、きめ細かな関連サービスも好評だ。少子高齢化で空き家の増加が社会問題ともなるなか、ALSOKは新事業で消費者の心をつかもうとしている。
[日経MJ/創るスマートビズ 15/07/24]
◇ALSOK「るすたくサービス」
http://www.alsok.co.jp/person/homealsok/rusutaku/
◇空き家に関する調査/ALSOK
https://www.alsok.co.jp/company/news/news_release_details.htm?alpc_news.news_detail%5Bid%5D=2707
◇空き家、専門業者が管理 設備点検から売却まで
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO88414120T20C15A6NZ1P01/

◆来店頻度「増えた」11%、消費者支持 食品スーパー千客万来
3店舗以上使い分け4割
(1)食品スーパーの利用頻度が高まっており、食の専門業態として支持されている。
(2)食品スーパーは用途や目的に応じて使い分けられており、4割が3店舗以上を利用。
(3)食品スーパーを選ぶ際は価格の他、品ぞろえや安心・安全を重視する人の割合が高い。
[日経MJ 15/08/03]
◇日本スーパーマーケット協会 HP
http://www.jsa-net.gr.jp/
◇主婦の購買行動の変化/DNP
http://www.dnp.co.jp/cio/mediavalue/report/pdf/mvr_vol64.pdf
◇食品スーパー「ライフ」、増税後も好調な理由
http://toyokeizai.net/articles/-/49875
◇食品スーパー業界の2015年2月期決算
http://economic.jp/?p=48543
◇食品スーパーの勝ち組ヤオコー
http://zuuonline.com/archives/52785

◆パッケージを考える(上)ロングセラーに変え方の妙
多くの消費者は店舗内で購買意思決定を下す。こうした市場環境で、パッケージに注目することには意義がある。パッケージは「棚の上のセールスパーソン」とも呼ばれ、ブランドの識別を容易にしたり、製品の機能や便益を伝達したりすることで、店頭での販売促進に寄与するからである。
[日経MJ/日経MJヒット塾 15/07/27]
◇日本パッケージデザイン協会 HP
http://www.jpda.or.jp/
◇丁度可知差異 ロゴやデザイン
http://d.hatena.ne.jp/marketing_lover/20100214/1266093988
◇「ポッカコーヒー」パッケージ変遷
http://www.pokkasapporo-fb.jp/pokkacoffee/
◇「グリーンガム」新旧パッケージ比較
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140829/413349/
◇パッケージの7割以上を占める「丸とロゴ」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/design/20150421/280212/
◇パッケージはブランド資産 長期的な視点で育てていく
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/tokusyu/20130205/201302toku3.html
◇消費者がデザインに払う金額はブランドの7倍
http://business.nikkeibp.co.jp/atclnd/15/259861/072200008/

◆パッケージを考える(下)「実用的」「快楽的」で差別化
近年、市場の成熟とともに、企業間の技術水準が同質化し、製品の本質的な属性による差別化が困難になっている。こうした状況下では、副次的な属性による差別化の重要性が高まる。他にない特徴のパッケージが実現できれば、有効な差別化軸として訴求できる。
消費者がパッケージから受ける影響は決して小さくない。例えば、サイズが大きくなることで使用量が増えたり、デザインを変更することで製品評価が変化したりする。パッケージによって、製品の消費経験は大きく変わるのである。
[日経MJ/日経MJヒット塾 15/08/03]
◇コモディティ化への対応とこれからのマーケティング
http://www.yomiuri-is.co.jp/perigee/feature04.html
◇容器リニューアルで販売数3倍に “パキッ!とたれ”の納豆
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20120424/Postseven_103419.html
◇納豆に「たれ」をかける行為をエンターテインメントに
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130219/1047566/?ST=life
◇価値を生み出す商品パッケージの作り方
http://www.norit.jp/blog-all/design/2206
◇商品パッケージはなぜ必要なのか
http://www.entrepreneur-ac.jp/report/staff/package20140520.html

◆街の書店の閉鎖なぜ加速? 独自仕入れの努力不足、ネット通販追打
日本の書店数は今年5月時点で約1万3500店。2000年と比べて8000店以上減少。
09年までは都心や郊外に大型書店が増えて、数は減っても総売り場面積は拡大していた。取次や出版社も売り場を確保しようと出店を後押しした。しかしその後は減少傾向となり、直近1年では減少が加速。出版物の市場縮小は深刻で店舗の飽和感が鮮明になり大型書店も追い込まれている。消費増税の影響もある。リアルの書店はやっぱり必要だ――。消費者がそう感じるようなアピール力が書店に求められている。
[日経MJ 15/08/07]
◇アルメディアネットワーク HP
http://www.allmedia.co.jp/
◇出版市場、スマホと競合、販売落ち込み
http://bizacademy.nikkei.co.jp/culture/nikkey/article.aspx?id=MMACc3000012032015&page=1
◇売り上げも書店数も減少続く 「出版不況」の現状は?
http://thepage.jp/detail/20150126-00000009-wordleaf
◇梅田「蔦屋書店」を徹底ガイド
http://www.bushikaku.net/article/5051/
◇出版不況を吹きとばせ!売れる本屋の販売戦略
http://kot-book.com/bookstore-strategy/
◇まちの書店は個性で勝負 農産物販売やカフェ運営
http://www.asahi.com/articles/ASH4Y5TP3H4YTNAB00L.html
◇街の書店、磨く仕入れ力 利益率向上へ
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1506/09/news035.html
◇仏“アンチ・アマゾン法"は街の書店を守れるか
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37885

◆「日経、FT買収」の衝撃 デジタル戦略が革新生む
米アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏が2013年に、米「ワシントン・ポスト」買収に投じた約300億円の5倍以上約1600億円で買収された。
世界における日経の存在感は希薄で、海外のジャーナリストの多くが日経のことを詳しく知らなかったと思われる。その意味で、今回の買収は日経の実力と存在感との間のギャップを埋める役割を果たすかもしれない。メディアがメディアを、という同業他社による買収が導きうる帰結は、「1+1=2」という足し算だ。かけ算を可能にする“テコの作用”が見いだしにくい。これは、今回の買収の成否にもかかわってくる最も重要なポイントである。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/08/10]
◇日経によるFT電撃買収は、うまくいくのか
http://toyokeizai.net/articles/-/78135
◇日経傘下入りで気になる「FTの強み」の行方
http://toyokeizai.net/articles/-/78309
◇日経の英FT紙買収、海外はどう報じたか?
http://newsphere.jp/business/20150724-3/

◆訪日客に文化体験ツアー、ライジングアジア、サイトで仲介
書道や着付けなど50種
海外旅行する日本人向けに観光ツアーの仲介サイト「たびのたつじん」を運営するRISING ASIA(ライジングアジア、東京・港)は今月中旬から、訪日客向けの仲介サービスを始める。東京や京都などを訪れる外国人に観光案内したり、文化体験ができたりするツアーを紹介する。旅行会社のオプションよりも割安で提供し、来年には月1千人以上の利用者獲得を目指す。
[日経MJ 15/08/10]
◇たびのたつじん HP
https://tabitatsu.jp/
◇日本文化体験オプショナルツアー
http://omiyagejapan.blue/place/japaneseculturetour.html
◇外国語による日本文化体験・観光ガイド
http://ijcee.com/a.html
◇「コト消費」など新しいサービスへの対応
http://dekkaitakasi.hatenablog.com/entry/2015/07/27/165805

◆敏腕マーケッター、琴線触れる仕掛け
ものが売れない時代にあって、ヒット商品を生み出すには何が必要か。敏腕マーケッターたちは、徹底して消費者心理を探り、彼らの心に響く商品作りや販売手法に知恵を絞る。食品、文具業界のヒットの仕掛け人に秘訣を聞いた。
・日清食品、カップヌードルライトプラス、女性向け、こだわる
・三菱鉛筆、ジェットストリームプライム、高級品、あえて試し書き
・森永製菓、アイスボックス、提案のヒント、SNSに
[日経MJ 15/08/12]
◇カップヌードルライトプラス HP
http://www.cupnoodle.jp/lightplus/
◇カップヌードルライトプラス開発の舞台裏
https://www.nissin.com/jp/recruit/nissinfoods/insidestory/
◇ジェットストリーム プライム HP
http://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/ballpoint/jetstream_prime/prime_single.html
◇バカ売れ高級ボールペンはこうして生まれた
http://toyokeizai.net/articles/-/29158
◇驚異の書き味!最強油性ボールペン、開発者はただの素人だった?
https://collegino.jp/2015/07/jet-stream-development/
◇森永製菓「アイスボックス」 HP
https://www.morinaga.co.jp/ice/syouhin/box/icebox/
◇「アイスボックス」をテーマにした8bitテイストのゲームムービー
http://www.gamer.ne.jp/news/201507140009/
◇消費者の「欲しい」と「買う」には大きな隔たりがある
http://www.dhbr.net/articles/-/2484
◇日本企業の空虚な顧客主義
http://www.dhbr.net/articles/-/3404

◆食卓の未来像、描く 子ども扱いしない空間・メニュー
料理が映える素材 新世代ファミレス
厨房に電話可能 特別な体験提供
商業施設「二子玉川ライズ」内に4月に開業したファミリーレストランに家族連れが昼前から列をなす。大人と子どもが家具から食器、メニューまで同じものを共有することをコンセプトに、ニューファミリーが求める「食卓の景色」をデザインした「100本のスプーン」だ。
[日経MJ 15/08/12]
◇100本のスプーン HP
http://100spoons.com/
◇「家族」で訪れたい新しいファミリーレストラン
http://macaro-ni.jp/15557
◇スープストック初の新レストラン「100本のスプーン」
http://matome.naver.jp/odai/2138423211831550801
◇100本のスプーン について
http://ameblo.jp/radio-reporter/entry-12023742000.html

◆車各社、SNSへ走る、日産、ファン資金で機能追加、マツダ、撮影OKで投稿を拡散
乗用車各社がインターネットのSNSを用いたブランド戦略を進めている。日産自動車がクラウドファンディングでファンと一緒に車づくりを企画する取り組みを始めたほか、マツダはイベント参加や写真投稿をNSで募りファン同士の交流を促す。ディーラー(販売店)を介さず消費者に直接情報を発信でき、熱狂的な車ファンの口コミ力は大きいとあって、各社ともSNS利用に力を入れている。
[日経MJ 15/08/12]
◇「日産スマートBBQカー」クラウドファンディング
http://www.nissan.co.jp/SOCIAL/ARTICLE/20150213_001/
◇究極のスマートBBQカーへの日産自動車のチャレンジ
https://greenfunding.jp/lab/projects/1019
◇ハッシュタグ「#CX3デビュー」でつながる
http://blog.mazda.com/archive/20150331_01.html
◇twitterで見る 自動車メーカーのSNS戦略
http://syde.jp/w/archives/950.html
◇スバル「ネクストストーリー・プロジェクト」の取り組みとは?
http://response.jp/article/2015/05/18/251418.html

◆「無印良品の家」 機能絞り省エネ性最高に
良品計画が7月下旬、2004年から販売する戸建て住宅「無印良品の家」の基本性能を初めて見直した。窓ガラスの変更や断熱材の追加で断熱性を高め、省エネルギー性能を業界最高水準に高めた。過剰な装飾や仕様を省き、必要な機能に絞ったシンプルな商品を扱う同社。新たな暮らしの提案を家に広げ、住宅市場への挑戦を続けている。
[日経MJ/創るスマートビズ 15/08/12]
◇無印良品の家 HP
http://www.muji.net/ie/
◇無印良品の家 FB
https://www.facebook.com/mujiie.jp
◇「無印良品の家」業界トップレベルの断熱性能を標準仕様へ
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000001246.html
◇今考えられる「最高性能」を備えた無印良品の家
http://housevision.muji.com/minna/clmn/sumai/sumai_150728
◇新性能、価格の理由
http://housevision.muji.com/minna/clmn/sumai/sumai_150804

◆エキスポランド跡地の商業施設、「コト消費」前面に攻勢
英語学習カフェ、お菓子作り体験
三井不動産が11月、大阪府吹田市の旧エキスポランド跡地に開業する大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」は充実した体験型施設が特徴だ。米国留学を疑似体験できる英語教育施設、すし教室を開く回転すし店などを用意する。若い世代を中心に買い物よりサービスを楽しむ「コト消費」重視の傾向が強まっていることに対応する。
[日経MJ 15/08/14]
◇EXPOCITY HP
http://www.expocity-mf.com/
◇西日本最大級の大型複合施設「EXPOCITY」
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2015/0325/
◇今秋オープン「EXPOCITY」の建設状況レポ
http://suita.goguynet.jp/2015/04/29/expocitynow/
◇8種類の大型エンターテイメント施設
http://suita.goguynet.jp/2015/08/04/expocityopen/
◇もりのみやキューズモールBASE HP
http://qs-mall.jp/morinomiya/

| | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »