« 情報クリップ・ダイジェスト 2015/08 アップしました。 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2015/09 アップしました »

2015/10/26

情報クリップ・ダイジェスト 2015/09

◆歌舞伎、世界に発信へ
6月19日夜、国立劇場初の「外国人のための歌舞伎鑑賞教室」が行われ、英国への留学経験のある歌舞伎俳優、坂東亀寿(かめとし)(36)が英語で呼び掛けた。タレント、春香クリスティーン(23)の質問に答える形で、2人が歌舞伎独特の効果音や女形の化粧法などを解説。国立劇場が主に学生対象に行う「歌舞伎鑑賞教室」を外国人向けにアレンジする形で進められた。
[産経新聞 15/08/02]
◇歌舞伎 HP
https://www.kabuki.ne.jp/
◇外国人のための歌舞伎鑑賞教室を開催しました
https://www.kabuki.ne.jp/cms/topics_20150624_884.html                 
◇成田空港「Kabuki Gate」
http://www.shochiku.co.jp/docs/150129.pdf
◇シネマ歌舞伎 HP
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

◆「寄木細工」に現代の息吹、おちょこ・ぼたん…日常使い
20種類の木使用 自然の表情重視
百貨店でも人気 海外開拓に意欲
白に黄色、緑、紫、それにピンク。木と言えば茶色と思いがちだが、天然の木は実に多彩な色を持ち合わせている。「OTA MOKKO(オオタモッコウ)」はそんな色を大胆にときに繊細に使い、伝統工芸である「箱根寄木細工」に今日的な風を吹き込んでいる。
伝統工芸でどれだけ現代の魅力が作れるか。これまで小物が中心だったが今後はイスやテーブルといった家具にも挑戦していくという。
[日経MJ 15/08/19]
◇箱根寄木細工「OTA MOKKO」 HP
http://ota-mokko.com/
◇箱根寄木細工の工房「OTA MOKKO」
http://www.sankei.com/region/news/141116/rgn1411160049-n1.html
◇寄せ木細工職人集団「雑木囃子」 HP
http://www.zoukibayashi.jp/
◇OTA MOKKO について(Blog)
http://mille-turu.com/?p=2709

◆埼玉、コスプレ聖地に、自治体が集客イベント
廃校で撮影会、街歩き企画
アニメの登場人物などにふんするコスプレを地域振興に生かす取り組みが埼玉県内の自治体に広がっている。横瀬町は廃校を活用したコスプレ撮影イベントを継続開催するほか、宮代町は衣装を着て街歩きをする企画を来年度も開く方針だ。都市部にはない独特のロケーションに加え、都心から近いアクセスの良さも人気を集める。
[日経MJ 15/08/24]
◇あしがくぼ笑楽校
http://www.yokoze.org/shisetsu/ashigakubo_elementaryschool/
◇大宮に美人コスプレイヤー大集合
http://soudasaitama.com/sightseeing/2277.html
◇「ラブコスみやしろ」開催
http://www.town.miyashiro.saitama.jp/WWW/wwwpr.nsf/b88b959b14cc2113492573ee00229583/4e0494db09
◇コミュニティーセンター「進修館」 HP
http://www.shinsyukan.or.jp/
◇アニメ・マンガまつりin 埼玉(アニ玉祭」
http://anitamasai.jp/

◆大切な品々、美しく映す 伝統技法・国産材使った家具
ガラス5面から光 収納した食器輝く
無駄をそぎ落としモダンな風合いに
国際見本市「インテリアライフスタイル東京」で、日本のインテリアブランド「タイムアンドスタイル」の新作がアワードを受賞した。北海道産の木材を用い、接合に釘を使わない東洋の伝統技法で作られた旭川製のキャビネット。現代のライフスタイルにうってつけの家具と評された。
[日経MJ 15/09/02]
◇タイムアンドスタイル HP
http://www.timeandstyle.com/
◇インテリア ライフスタイル東京 HP
http://www.interior-lifestyle.com/
◇「インテリア ライフスタイル」アワードが決定
http://www.japandesign.ne.jp/editors/150610-ils4/

◆めざせ!ヒマ充、朝型勤務・余暇拡大つかめ
●サービス、きめ細かく、漫画喫茶でダーツ、勤務後にゴスペル、ネイル+映画
ノー残業デーや朝型勤務などが広がり、余暇の時間が増えている。ぽっかり時間が空くと、何もせずに「ぼーっと」していることに耐えられない人も少なくないだろう。そんな人向けにスマホアプリやインターネットだけでなく、多彩な「暇つぶし」サービスが続々登場している。
[日経MJ 15/08/16]
◇ヴァリック HP
http://www.valic.co.jp/
◇快活CLUB HP
http://www.kaikatsu.jp/
◇レジャー白書2015、余暇市場は2年連続拡大
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=68630
◇メディア定点調査2015時系列分析/博報堂(原典)
http://www.hakuhodody-media.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/07/HDYmpnews201507071.pdf
◇多様化するネットワークメディアの利用の仕方/DNP
http://www.dnp.co.jp/cio/mediavalue/teitenbunseki/cluster.html

◆作業場レンタル・講座 DIY、気軽に体験、素人も愛好家も楽しめる
女性を中心にDIY(日曜大工)人気が高まっている。園芸資材製造販売のプロトリーフ(東京・港)は3月DIY専門店の「tukuriba(ツクリバ)」を開いた。木材や塗料などDIY用品の販売に加え、作業場の貸し出しや体験講座などのサービスを提供している。モノを作るよりも壊すほうが得意な記者(31)が体験講座に参加してみた。
[日経MJ/新サービス記者がチェック 15/08/16]
◇プロトリーフ HP
http://www.protoleaf.co.jp/
◇DIYショップ「tukuriba」 HP
http://www.tukuriba.jp/
◇DIYショップ「tukuriba」 FB
https://www.facebook.com/tukuriba.jp
◇DIY初心者の女性向けワークスペース「tukuriba」
http://beauty.yahoo.co.jp/buzz/articles/195558
◇「tukuriba」店長DIYのブログ
http://ryoumiharu3022.blog.fc2.com/blog-category-50.html

◆日本未入荷品を現地価格通販 LINE、出合いを提供
無料対話アプリのLINEがEC事業で独自色を出している。7月には日本未入荷の海外ブランド品を現地価格で購入できるサービスを始めた。ECでは最後発の同社だが、新たなブランドとの出合いを提供するなど、先行する米アマゾン・ドット・コムや楽天と一線を画す。
「LINEトリップバザール」はスマホで海外の衣料や雑貨を現地価格で購入し、輸入できる。海外の通販サイトのように、英語で情報を入力したり、関税の手続きをしたりする必要はない。LINEの対話アプリから利用できる。
[日経MJ/戦略ネットBiz 15/08/19]
◇LINEトリップバザール新登場
http://official-blog.line.me/ja/archives/37249494.html
◇ LINEトリップバザールってなに?
http://moneytalk.tokyo/moneytalk/1269
◇LAバッグブランド「melie bianco」 HP
http://www.meliebianco.com/
◇LAジュエリーブランド「MARIDA」 HP
◇新たな決済サービスLINE Pay
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/3602
◇LINEのEC関連事業への参入が本格化!
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/4207

◆写真共有SNS、インスタグラム、眼力で売る
写真共有SNS「インスタグラム」。昨年12月には利用者数が世界で3億人を突破したが、日本でも販売戦略やブランディングに活用する企業や個人が運営する店が増えている。文字をあまり読まない世代に向けて、画像主体でブランドの世界観などをアピールできるのが最大の武器だ。
[日経MJ 15/08/21]
◇Instagram完全攻略マニュアル!
http://gaiax-socialmedialab.jp/instagram/355
◇クラシコム「北欧、暮らしの道具店」 HP
http://hokuohkurashi.com/
◇北欧、暮らしの道具展「公式instagram」はじめました
http://hokuohkurashi.com/note/70114
◇ISETAN PARK net
http://isetanparknet.com/
◇GU TimeLine
http://www.gu-japan.com/gutl/pc/
◇清水寺公式Instagram
https://instagram.com/feel_kiyomizudera/
◇「清水寺」のインスタグラムアカウントが、本気過ぎる!
http://tabi-labo.com/83633/kiyomizudera/
◇フォロワー数10倍!「ユニクロ銀座」
https://ferret-plus.com/1904
◇人気のインスタグラマーと企業に学ぶ
http://smmlab.jp/?p=37324
◇8月盛り上がりを見せたInstagramキャンペーン事例
http://smmlab.jp/?p=40472

◆ネット発のリアルイベント 売り手・買い手、出会いが魅力
今夏、インターネット発の大規模リアルイベントが続々と開催された。BASE(東京・渋谷)が主催した「WEEKEND BASE」と、クリーマ(同)が主催のハンドメイドインジャパンフェス(HMJ)、楽天による「楽フェス」に足を運んだ。HMJには約5千人のクリエーターが集結、約5万3千人が来た。楽フェスも想定の倍の人が訪れたという。
[日経MJ/e奔流ビジネス 15/08/21]
◇ネットショップ作成「BASE」 HP
https://thebase.in/
◇ハンドメイドインジャパンフェス2015 HP
https://hmj-fes.jp/
◇ハンドメイドインジャパンフェス2015 FB
https://www.facebook.com/HandmadeInJapan
◇ハンドメイドインジャパンフェス開催
http://park.tachikawaonline.jp/news/festival/9631/
◇壁紙屋本舗 FB
https://www.facebook.com/kabegamiyahonpo
◇BASEイベント「WEEKEND BASE」
http://weekendbase.jp/
◇「BASE』が広げる主婦の働き方の可能性
http://www.sensors.jp/post/base.html

◆「イケテル大人でありたい」 トレンドの新たな起点に
いままではトレンドといえば「若者起点」が常識だったが、いま、「大人起点」で様々なことが始まろうとしている。昨年、宝島社から「大人のおしゃれ手帖」が創刊。40、50代向けの女性誌で16万部が完売。現在さらに部数を伸ばしているという。そもそも宝島社では2010年に「40代女子」をキャッチフレーズに「GLOW」が創刊され、これも30万部が完売。そこから「女子」という言葉が前後の年代に拡散し、ついに今年は「70代女子」という言葉も登場。いま「大人起点」で新しいビジネスが次々に創られようとしている。
[日経MJ/阪本節郎の新大人学 15/08/21]
◇宝島「大人のおしゃれ手帖」 HP
http://tkj.jp/osharetecho/
◇宝島「大人のおしゃれ手帖」 FB
https://www.facebook.com/osharetecho
◇大人の音楽教室、生徒獲得へ新たな取り組み
http://toyokeizai.net/articles/-/63769

◆生花、パリに海外1号店、パーク・コーポ、日本流サービス
生花店「青山フラワーマーケット」を展開するパーク・コーポレーションは9月5日にフランスのパリに海外1号店を開く。ラッピングなど日本流のサービスで特徴を出して、花に対する目の厳しい現地の顧客を取り込む。同店舗を研修の場としても活用し、日本での商品展開に生かすほか、今後は米国やアジアへの進出も視野に入れる。
[日経M 15/08/24]
◇Aoyama Flower Market rue du Bac PARIS HP
www.aoyamaflowermarket.com/fr
◇青山フラワーマーケット リュードバック店
http://www.aoyamaflowermarket.com/pc/?action=News2015&mode=p4
◇青山フラワーマーケット「TEA HOUSE」
http://www.afm-teahouse.com/
◇まるで温室 青山フラワーマーケットのカフェ
http://spotlight-media.jp/article/141412711198630920

◆プチ密室、心地よく、一辺数十センチから1メートル、邪魔なし
「密室」というと何だか物騒だが、狭く囲われた空間には不思議な安心感がある。邪魔なものが入る余地がなく、誰の視線も気にならない。そんな人間心理のツボを突く「プチ密室」商品が受けている。一辺数十センチから1メートル強の濃密空間を体験してみた。
[日経MJ 15/08/26]
◇ルーシーオルターデザイン HP
http://lucyalterdesign.com/
◇ダンボール製の一人用映画観賞道具「SOLO THEATER」
http://grapee.jp/71863
◇話題のダンボール製「1人映画館」をついに商品化するぞー!
https://www.makuake.com/project/solotheater/
◇バンダイナムコグループ「VIBE」 HP
http://www.vibe.co.jp/
◇だんぼっち HP
http://www.danbocchi.com/
◇だんぼっち体験レポート
http://www.danbocchi.com/jd-campaign/report.html
◇大人の秘密基地「Kakureya」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1406/18/news134.html
◇話題の「kakureya」を体験
http://www.digimonostation.jp/news-trend/other/id19412

◆B級品、変身で定番に、家具・インテリア、無印、イデーで商品展開
生産時に出た布や木の端材、きず物にデザイナーの手を入れて生まれ変わらせて「B級品」ではなく定番商品で売る――。家具・インテリア製造販売のイデーは9月中旬から、著名デザイナーの皆川明氏が監修し、布を染め直したり、きず物に絵を描いた商品を売り出す。環境への配慮だけでなく、不ぞろいを個性として積極的にとらえる潮流に対応し、需要を開拓する。
[日経MJ 15/08/26]
◇ためてつなげるものづくり「POOL」
http://ryohin-keikaku.jp/news/2015_0611_02.html
◇イデーショップ 自由が丘店リニューアルオープン
http://www.idee.co.jp/company/press_release/201508/jiyrenewal.html
◇皆川明氏サイト「mina perhonen」
http://www.mina-perhonen.jp/
◇しょうぶ学園「つながる-縁2」
http://ihaveadream.or.jp/sobutand1-2-3-4-tsunagaru-en2/

◆照明器具、自由な装い 田中千尋さん、メーカーも兼ねる
「TA-TILE(ティーエイ タイル)」を主宰する照明デザイナーの田中千尋さん。イッセイミヤケのアパレルブランド「HaaT」の企画に携わった後、照明デザイナーに転身。2005年から自身の名を冠した照明器具を製造・販売する。
「ライト(光)」と「クチュール(縫製)」をコンセプトに、固定概念にとらわれない自由な発想から生み出される田中さんの照明器具。布を中心とした素材の特性をデザインに結び付けるアプローチや手仕事を積極的に取り入れるスタイルは、デビュー当時から一貫している。
[日経MJ 15/08/26]
◇照明ブランド「CHIHIRO TANAKA」 HP
http://www.chihirotanaka.jp/
◇照明器具ブランド「CHIHIRO TANAKA」
http://d.hatena.ne.jp/xsw23edc/20150317/1426523943
◇田中 千尋「ライトクチュール」展フォトレポート
http://www.japandesign.ne.jp/editors/150320-tanakachihiro/

◆DIGITALSIGNAG、電子看板、双方向で魅せる
ルミネの挑戦 スマホ撮影、すぐ配信
デジタルサイネージ(電子看板)が商業施設や街中で広がっている。液晶パネルの価格が下がり、スマホの普及で発信者と消費者との距離が近づいて、導入効果が見えやすくなってきた。テナントの衣料・雑貨店の商品紹介や多言語対応による接客など、マーケティングツールとしての最新の取り組みを追った。
[日経MJ 15/08/28]
◇ルミネエスト新宿に大型デジタルサイネージが新設!
http://fashiontv.co.jp/news/detail/2451.html
◇「Ravijour」デジタルショーウィンドウシステム
http://www.advertimes.com/20150903/article202213/
◇PUNYUS 新宿ルミネ店 8.28OPEN!!
http://greenworksjp.com/blog/wp/archives/57
◇阪急梅田駅4K対応大型サイネージ24面新設
http://saitoshika-west.com/blog-entry-3076.html
◇シャープ、東京駅・新宿西口広場に4Kデジタルサイネージを設置
http://ascii.jp/elem/000/000/996/996627/
◇デジタルサイネージと観光産業の親和性
http://o2o.abeja.asia/product/post-9619/
◇観光立国実現に向けたデジタルサイネージへの期待と課題
http://www.soumu.go.jp/main_content/000341078.pdf
◇デジタルサイネージ市場/富士経済
http://www.group.fuji-keizai.co.jp/mgz/mg1407/1407m2.html
◇サイネージの普及は「ローカル広告のアドネットワーク化の伸び」が鍵
http://thestartup.jp/?p=10535

◆トランクルーム、楽しい隠れ家、車のガレージ・仕事部屋にも
「自宅の延長」多彩に
自宅で管理しきれない荷物を保管するトランクルームが注目を集めている。バイクを収納したり、自宅のクローゼット感覚で利用したり、趣味のコレクションを展示したり、と使い方もさまざま。ニーズに応え、種類の幅も広がっており、自分だけの時間が楽しめる隠れ家のようなタイプも登場している。
[日経MJ 15/08/31]
◇レンタル収納スペース推進協議会 HP
https://www.rentalspace.org/
◇INABA96プレミアムクローゼット HP
http://www.inaba-box.jp/inaba96/index2.html
◇居場所のないお父さんに“隠れ家” 
http://www.sankei.com/west/news/150809/wst1508090003-n1.html
◇収納ビジネスとは?
http://www.quraz.com/trunkroomchannel/marketinfo/marketinfo031.aspx
◇トランクルーム市場調査/キュラーズ(原典)
http://www.quraz.com/company/pr/20140416.aspx

◆ウエアラブル、内面も数値化、表情や声で感情つかむ
ユーザーが自身では管理できない感情をコンピューターやスマートフォン、ウエアラブルなどのデバイスが感知して、さまざまな機能に役立てようとする感情テクノロジーが出てきた。ユーザーの表情をデバイスに付けられたカメラが認識して分析し、その時の感情を推し量る会社も出てきた。アフェクティーヴァという会社は、そうした人々の感情の露呈を75カ国で集め、110億ものデータポイントにしたレポジトリーを持っている。それを元にして、新たな顔の表現が何を意味しているのかがすぐにわかるようなツールを開発した。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/08/31]
◇米「アフェクティーヴァ」 HP
http://www.affectiva.com/
◇人間の感情を測定するAffectivaが国の補助金50万ドルを獲得
http://jp.techcrunch.com/2012/06/02/20120601affectiva-nsf-grant/
◇AIを利用した最新テクノロジーによるマーケティングとは?
http://innova-jp.com/feel-good-effects-affective-computing/
◇2020年までにウェアラブル機器で変わる5つの仕事の進め方
http://www.lifehacker.jp/2015/04/150412wearables_2020.html

◆クラブツーリズム、旅、シニアと歩む
呼び込み飽きさせない、テーマ多彩、講座で下準備
人生経験が豊富で、多彩な趣味を楽しむシニアたち。彼らのニーズをがっちりとつかんでいるのが50~70代の顧客が7割を占める、旅行大手のクラブツーリズムだ。団体旅行を人が集まるコミュニティーとして捉え、趣味をテーマにしたツアーを次々と打ち出す。顧客同士のつながりも生まれ、カルチャー講座や顧客も運営にかかわる仕組みなど一年を通じてシニアを飽きさせない。
[日経MJ 15/09/04]
◇クラブツーリズム HP
http://www.club-t.com/
◇ライフスタイルクラブ テラス東久留米 HP
https://www.club-terras.jp/
◇杖や車いすで楽しむバリアフリーの旅
http://www.club-t.com/theme/barrierfree/
◇旅行とシニアライフに関する意識調査
http://www.club-tourism.co.jp/press/pdf/2014/0206.pdf
◇今の時代のシニア、なぜそんなに前向きなの?   
http://www.rad.co.jp/report_list/20141031/

◆「第二の人生」趣味探し 三越日本橋本店の体験型カフェ
三越伊勢丹が運営する三越日本橋本店に2014年3月に誕生した体験型カフェ「はじまりのカフェ」。ここではワークショップを開催するとともに、企業とタイアップして新たな切り口で商品の情報発信を進めている。仕事や子育てなどが一段落したシニア層が第二の人生を迎えるにあたり、新しい趣味などを見つけようと訪れている。
[日経MJ/耳寄りな話 15/09/04]
◇はじまりのカフェ HP
http://hajimarinocafe.jp/
◇日本橋三越が「カルチャーリゾート百貨店」宣言
http://www.fashion-headline.com/article/2014/03/27/5662.html
◇新宿伊勢丹「世界最高のファッションミュージアム」
http://www.fashionsnap.com/news/2015-03-04/isetan-shinjuku-5living-6kids/

◆レトロな容器やフォント、昭和コスメ、平成っ子オススメ
ネットで口コミ、個性で人気再燃
昭和の雰囲気が漂う化粧品が10~30代の女性たちに受けている。昔ながらの容器の色合いやレトロなフォント、化粧水やクリームのどこか懐かしい香り……。古いものでは戦前から連綿と受け継がれてきた昭和コスメが、今どきの若い女性には新鮮で個性的に映っているようだ。
[日経MJ 15/09/04]
◇愛され続け、る資生堂「シフォネット」の魅力
http://mery.jp/18930
◇昭和コスメの「ドレックス」口コミ好評
http://spotlight-media.jp/article/124109654693469425
◇今話題の“クラブホルモンクリーム”って何?
http://by-s.me/article/178523730437720676
◇「ロゼット洗顔パスタ」が愛され続けている理由
http://mery.jp/4855
◇明色美顔水 HP
http://www.meishoku.co.jp/catalogue/bigan/
◇「昭和コスメ」の底力!!
http://spotlight-media.jp/article/80135727171970256
◇和風な日本語のフリーフォント40選
https://ferret-plus.com/782

◆「稼ぐ観光」潜在力生かせ
・小西美術工芸社社長 デービッド・アトキンソン氏
「おもてなし」優先度低い
資源豊かな地方に投資。目先の「爆買い」に一喜一憂するのではなく、日本の潜在力を生かした観光産業を作り上げるのが急務と提言する。
・リゾート体験企画 ロス・フィンドレー氏
ニセコ、武器は「世界一の雪」/長期の将来像描け
「大事なのは行政がまとめ役となり、10年後に地域が目指すブランドをはっきりさせることです。ニセコなら例えば『アジア一の北のアウトドア』。日本は欧米豪から遠く、お客を呼ぶきっかけが必要です。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/09/04]
◇デービット・アトキンソン著『新・観光立国論』
http://tokumoto.jp/2015/07/10092/
◇日本の国宝を守る「伝説の英国人アナリスト」が提言 
http://diamond.jp/articles/-/62131
◇デービッド・アトキンソン×石倉洋子対談
http://www.dhbr.net/articles/-/3344
◇ロス・フィンドレー氏について
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/jinzai/charisma/mr_findlay.html
◇ニセコに新たな観光産業を作った男
http://coffeesugar.hatenablog.com/entry/2015/02/10/182213
◇これからは「インバウンド美容」に注目!
http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/pressrelease/beauty/nw8521_20150122
◇訪日外国人旅行トレンド発表/楽天トラベル
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000204.000005889.html

◆紡績工場と最先端紡ぐ、佐藤繊維、ものづくり空間を商業施設に
アパレルや雑貨 世界中から集約/日本の高度技術 価値高め世界へ
山形県寒河江市に今年、アパレルや雑貨、カフェなどの商業施設がオープンした。手がけたのは世界の有名ブランドに糸を提供する佐藤繊維。独自の視点で世界中から集めたファッション性の高い商品を紡績工場だった空間に大胆に配した、ものづくりメーカーらしい施設だ。
[日経MJ 15/09/09]
◇佐藤繊維 HP
http://satoseni.com/
◇セレクトショップ「GEA」 FB
https://www.facebook.com/GEA-704054499671666/timeline/
◇形県寒河江市にセレクトショップ「ギア」がオープン
http://openers.jp/article/957871
◇佐藤繊維・社長 私たちが「ギア」を始めた理由(前篇)
http://www.apalog.com/report/archive/2631
◇佐藤繊維・社長 私たちが「ギア」を始めた理由(後篇)
http://www.apalog.com/report/archive/2632

◆ゆるやか上昇16%、ひとり飲み浸透 女性「お酒は毎日」増殖中
(1)お酒を「ほぼ毎日飲む」独身女性が16%とリーマン・ショック以降、ゆるやかに上昇。
(2)女性のひとり飲みの出現は、ひとりで食事をする気恥ずかしさが薄れてきている意識変化が背景。
(3)独身女性の好きなお酒はビール、カクテル、チューハイが御三家。ワインは苦戦している。
[日経MJ 15/09/07]
◇働く女性のお酒とリラックス意識調査/サッポロ
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000003564.html
◇女子だって一人飲みしたい!
http://sirabee.com/2015/04/06/24971/

◆SNS機能付き「オリガミ」、「私だけの通販」店集う
「衝動買い」を刺激、三越伊勢丹など出店
好きなブランドを集めて自分だけのセレクトショップをつくれるECサイト「Origami(オリガミ)」に大手ブランドや小売店が相次ぎ出店している。三越伊勢丹やマッキントッシュなど参加ブランド・店は1000店に達した。ECとSNSが一体化した珍しいアプリで、タイムラインで口コミ情報が流れ、「いいね!」がつくほど売れる。新たな買い物体験が消費を刺激している。
[日経MJ 15/09/07]
◇origami
http://origami.co/
◇ソーシャルEC「Origami」が目指す新体験
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/1404/18/news011.html
◇伊勢丹、ビームスも惚れた27歳の“超新星”
http://toyokeizai.net/articles/-/14335

◆今どきネーミング、「戸惑い」が目を奪う
ネーミングの歴史、「和風」存在感増す。
優れた商品名は、その度に新しいパターンを切り開いてきた。「お~いお茶」(1989年)は親近感を生む会話系の先駆け。「じっくりコトコト煮込んだスープ」(96年)は特徴が一目で分かる長文系を生んだ。「ケイコとマナブ」(90年)は擬人化系、「ザ・プレミアム・モルツ」(2003年)は高級主張系の代表格だ。
覚えやすい、音がいい、意味が伝わる、がネーミングの基本。しかし、商標の登録件数は年間約10万件にのぼり「3~4文字の名前は既にほぼ抑えられている」。年々厚くなる「前例」をかいくぐるのは難しい。
[日経MJ 15/09/11]
◇創造開発研究所 HP
http://www.soken-ri.co.jp/
◇「水曜日の猫」が大人気
http://matome.naver.jp/odai/2135246315737730601
◇ヤッホーブルーイングのPR戦法が斜め上すぎて凄い!
http://www.bake-jp.com/magazine/?p=1144
◇社長の名前がそのまま「茂木和哉」売れ過ぎている
http://matome.naver.jp/odai/2140357239631383601
◇肉ソン大統領 HP
http://www.nikuson.jp/
◇謎の駄菓子「ニューヨークマヨネーズ」なんでこの名前?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150804-00000002-withnews-bus_all
◇コピーライティングを編み出す5ステップ
https://ferret-plus.com/2180

◆ひらまつ社長平松博利さん 新たな日本食、欧米で
和洋融合、富裕層つかむ
シニアを核とする3世代消費を取り込み堅調な業績を続ける高級レストランチェーンのひらまつ。来年、熱海や箱根で温泉付きの高級ホテル運営にも進出し、もう一段の成長を目指す。平松博利社長は「国内外から富裕層が集まるラグジュアリーなホテルを作る」と語る。さらに「ニューヨークかロンドンで和と洋が混在した新たな日本食レストランを展開したい」と構想を明かした。
[日経MJ/トップに聞く 15/09/13]
◇ひらまつ HP
http://www.hiramatsu.co.jp/
◇ひらまつ代表平松博利氏/TV TOKYOカンブリア宮殿
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20121122.html
◇オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井
http://www.hiramatsuhotels.com/plaisance-sakurai/
◇オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井 について(Blog)
http://ameblo.jp/sakura-beautiful/entry-12072221573.html
◇仏料理店のひらまつ、和食事業に参入 老舗料亭を取得 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25I0R_V21C14A2TI0000/

◆SNSで接点、旅行やレジャー、「同窓消費」20代女性けん引
(1)同窓消費が最も活発なのは20代女性。7割が大学・短大が同じ「親しいグループで懇談」。
(2)同窓の友人との交流機会は20、40、50代の女性の半数近くが「5年前に比べて増えている」。
(3)20代の女性の約5割が大学・短大、高校の友人について「価値観が近く、話が通じる」と評価。
[日経MJ 15/08/16]
◇「同級生婚」急増 SNSの普及と同窓会ブームが後押し
http://www.news-postseven.com/archives/20150628_332406.html
◇同窓会が実は有望なビジネスになっていた件
http://toyokeizai.net/articles/-/52303
◇若者まるわかり調査2015/電通総研
http://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2015038-0420.pdf

|

« 情報クリップ・ダイジェスト 2015/08 アップしました。 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2015/09 アップしました »

情報クリップ15」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップ・ダイジェスト 2015/09:

« 情報クリップ・ダイジェスト 2015/08 アップしました。 | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2015/09 アップしました »