« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015/11/28

情報クリップダイジェスト 2015/10 アップしました

いきなり真冬です

情報クリップダイジェスト 10月号をアップしました

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2015/11/2101510-0f2d.html

愛想なしですみません

よろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップダイジェスト 21015/10

◆翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 
京の伝統、宿で昇華、嵐山の立地、存分に
世界的な観光名所、京都・嵐山に高級外資ホテルチェーンが3月に開業した。米ホテル大手スターウッドグループの最高級ブランド「ラグジュアリーコレクション」だ。国内初進出で、森トラスト・ホテルズ&リゾーツが運営する。嵐山という誰もが羨む場所にホテルを開業することができたが、同社はあぐらをかくことなく、宿泊客をひき付ける仕掛け作りにこだわる。
[日経MJ/みせどころ 15/09/28]
◇翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 HP
http://www.suirankyoto.com/
◇京都・嵐山に外資が開業 純和風の最高級ホテル
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150320/1063285/?rt=nocnt
◇翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 について(Blog)
http://blog.goo.ne.jp/rugby67170613/e/eac150807db9f794a340a2cd799fe78e

◆訪日客へ和の玩具  枯山水のパズル、日本庭園ボード
天然石、白川砂の本格派
日本庭園や法被など日本文化の要素を取り入れた玩具が相次いで登場している。伝統的な日本庭園の様式である枯れ山水をモチーフにした商品や、訪日外国人の需要を見込み、和装のぬいぐるみを販売する。国内で少子化が進むなか、既存の商品に和風テイストを取り入れシニアや外国人など新規層の開拓を狙う。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/09/21]
◇パズル「ビバリー」 HP
https://www.be-en.co.jp/
◇置くパズル「枯山水ジグソーパズル」
http://matome.naver.jp/odai/2144102720549177801
◇ニューゲームズオーダー HP
http://www.newgamesorder.jp/
◇異色の国産ボードゲーム「枯山水」が話題
http://withnews.jp/article/f0150208000qq000000000000000W00b0701qq000011479A
◇ボードゲーム「枯山水」 について(Blog)
http://blog.livedoor.jp/akirapsychology/archives/52411853.html
◇日本をテーマにしたボードゲーム達
http://boardgamegarden.blogspot.jp/2015/02/blog-post_20.html

◆有田焼、新たなステージ 創業400年、窯元のプロジェクト始動
シンプルな器に 青色顔料を塗る
古民家を生かし 新ブランド販売
日本磁器発祥の地、佐賀県有田町で有田焼の窯元がこれまでの歴史で培ってきた技術や商品を掘り起こし、時代に合わせて「リブランディング」する「つたうプロジェクト」が本格的に動き出した。400年の歴史に区切りをつけ、デザインを変え新たなステージへと向かう。
[日経MJ 15/10/14]
◇つたうプロジェクト HP
http://tsutau-arita.jp/products.html
◇有田焼6つの窯元がリブランディングする「つたうプロジェクト」
http://folk-media.com/87080
◇メイドインジャパンプロジェクト HP
http://www.mijp.co.jp/
◇副久製陶所「GOSU(誤須)」 HP
http://soekyu.jp/company
◇梶謙製磁社 FB
https://www.facebook.com/kajikenseiji
◇CSS  Design Awards HP
http://www.cssdesignawards.com/

◆1冊だけの本の世界へ 翌週は別の本、16平方メートルの森岡書店
静ひつな空間に細長いテーブル
手で、目で、鼻で五感で読み解く
今年5月、1週間に1冊だけを紹介する小さな書店がオープンした。遠方から足を運んできた読者に「ここで買いたかった」と言わせる新しい本の売り方に注目が集まっている。品ぞろえで勝る大手書店やネット購入では味わえない魅力をデザインの視点から探ってみた。
[日経MJ 15/09/16]
◇森岡書店 FB
https://www.facebook.com/pages/%E6%A3%AE%E5%B2%A1%E6%9B%B8%E5%BA%97/174129029325490?sk=info
◇森岡書店 Twitter
https://twitter.com/moriokashoten
◇一冊の本を売る書店「森岡書店銀座店」がオープン!
http://colocal.jp/news/47603.html
◇小澤典代著『一緒に暮らす布』について
http://blog.kata-kata04.com/?eid=1091623

◆「アンドフリー」(西川産業)快眠導く環境プロデュース
西川産業が寝具だけでなく、快眠を後押しするモノやサービスをまとめて売りこむビジネスを始めている。3月に立ち上げた新ブランド「アンドフリー」ではオーダーメードの枕とマットレスを顧客に応じて調整するほか、アロマや音楽CDなど快眠に良いとされる雑貨も取り扱う。主力ブランドに匹敵する収益の柱に育てるべく、幅広い取り組みを進めている。
[日経MJ/創るスマートビズ 15/09/16]
◇西川「&Free」 HP
http://andfree.jp/
◇西川新ブランド「&Free」まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2142962303621838601
◇睡眠に関する調査/フジ医療器
http://www.fujiiryoki.co.jp/company/news/news2/n065.html
◇寝具に対する日本人の意識調査/イケア
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000006550.html

◆ネット通販の20年 買い手ワクワクさせる余地
筆者が主宰するブログ「らむね的通販生活」がこの88月20周年を迎えた。この20年はネット通販=アマゾンの20年でもある。アマゾンが新市場をつくり、それまでのルールを破壊した。
95年はゼロに近かったインターネット通販の売り上げ規模が6兆円超(14年度JADMA推計値)となった。
アマゾンがやらないこと、アマゾンにできないこと、自分たちが圧倒的に優位になれること。それらを買い手の立場から徹底的に考えていくことが、あらゆる場面で必要になってくる。
[日経MJ/e本流ビジネス 15/09/18]
◇らむね的通販生活 HP
http://www.lamune.com/
◇ジャドマ通販研究所 HP
http://www.jadma.org/
◇2014年度の通販市場規模/ジャドマ
https://netshop.impress.co.jp/node/2058
◇ネット通販市場は小売りの20%、60兆円に
http://toyokeizai.net/articles/-/48945
◇日本の小売業界のEC化率がアメリカを超えた
http://marketing-partner.jp/marketing/retail_2014/
◇ヤフー小澤隆生氏が語る「EC業界の未来予測」
http://logmi.jp/22038
◇ECとネット広告のこれから
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/2966
◇2015年上半期速報 ユーザーの67%、売上の46%がスマホ経由に
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/4411

◆エアビーアンドビー老朽ビルに光 「カプセルタワー」人気再燃
「中銀(なかぎん)カプセルタワービル」。ドラム型洗濯機のような「カプセル」を積み重ねた独特の外観をみれば「あれか」と思うだろう。
世界的な建築家、故黒川紀章氏の代表作でもあるこのマンションの保存・活用を巡り、ネットを使った新たな動きが出てきた。きっかけはクラウドファンディングと個人の空き部屋をネットで仲介するサービスだ。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/09/21]
◇中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
http://www.nakagincapsuletower.com/
◇米Airbnb HP
https://www.airbnb.jp/
◇「中銀カプセルタワービル」にAirbnbで泊まれるようになってる!
http://tipstour.net/website/7781
◇「中銀カプセルタワービル」まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138133868305525501
◇「中銀カプセルタワービル」応援団
http://blog.livedoor.jp/laute33/
◇「中銀カプセルタワービル」を未来へ!
https://motion-gallery.net/projects/nakagincapsule2015

◆ヨーカ堂40店、ユニー50店計画、「
GMS大量閉店」到来
構造不況20年、地域で存在感薄れる、ネット通販や専門店が台頭
国内に約1850ある総合スーパー(GMS)に大量閉店の波が押し寄せている。セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂は2020年2月期までに40店舗を閉める方針を固めた。ユニーグループ・ホールディングスも最大で50店を閉店する方向で検討に入った。
[日経MJ 15/09/21]
◇「イトーヨーカ堂」業績低迷で店舗の大量閉鎖を検討!
https://gunosy.com/articles/RZPfI
◇イトーヨーカ堂改革の成否
http://toyokeizai.net/articles/-/11263
◇総合スーパーにのしかかる出口のない未来
http://toyokeizai.net/articles/-/88629
◇イトーヨーカ堂が40店舗閉鎖へ まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2144254143537398201
◇イオン撃沈!やっぱり下方修正で光明見えず
http://toyokeizai.net/articles/-/64060
◇セブン、コンビニ絶好調でも1%増益のナゼ
http://toyokeizai.net/articles/-/65199

◆銀行、制服に回帰 安心感・親しみアピール 好業績受け転換
銀行や信用金庫で、いったんは廃止した行員の制服を復活させる動きが相次いでいる。経費削減やお堅いイメージの払拭を狙って私服に切り替えたものの、再び制服を導入する見直しが全国で広がる。低金利のもとで、企業や個人への厳しい貸し出し競争が続くなか、他行との違いを制服でアピールする金融機関もある。
[朝日新聞 15/09/28]
◇銀行窓口で女性行員の制服が復活
http://www.sankei.com/economy/news/150818/ecn1508180040-n1.html
◇企業の「制服」クールに進化 社員やる気アップ、社内に一体感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00000092-san-bus_all
◇銀行経営のカギは独立性より専門知識
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO92794860U5A011C1000000/

◆地方SC生き残り術
人口減少・テナント撤退、行政も協力、複合施設に、未進出店の誘致に尽力、再生へ地元目線で運営
総売上高が29兆円を超え、小売業全体の2割を占めるショッピングセンター(SC)が曲がり角を迎えている。閉鎖する動きが増えているほか、テナントが撤退したSCでは補充に奔走する。
大手も苦戦、リニューアル注力、資金力で二極化進む。
[日経MJ 15/09/28]
◇日本ショッピングセンター協会 HP
http://www.jcsc.or.jp/
◇郊外SCが生き残るためにはショッピングからの脱却が必要
http://pinonon.com/shoppingmall/
◇値下げ要請から脱却できないSC
http://blog.livedoor.jp/okane_koneta/archives/51829830.html
◇郊外型SCの介護・医療地域センター化による地方創生
http://xn--pssi613hli6b.com/?p=441
◇熊本「県民百貨店」閉店に見る地方百貨店の現実
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-08-28/kenmin-hyakkaten/
◇パルコのオルタナティブが存在しない日本はヤバい
http://gudachan.hatenablog.com/entry/2014/08/21/001430

◆メーカー、直販サイト開設 ファンの心つかむ手段に
先月、鹿児島県で「ダイレクトサミット」というイベントが開催された。直販や通販事業に携わる企業を対象に、ダイレクトマーケティングのテーマに特化した日本初のイベントだ。顧客がスマホを手にしてどこでも購入の意思決定ができる今、メーカーにとっても、自社のブランドを選択してもらうためにどのようなチャネルを構築するかは非常に重要な議論になっている。
[日経MJ/e本流ビジネス 15/09/30]
◇ダイレクトサミット2015
http://imediasummit.jp/direct-summit/
◇ディーエムジー・イベンツ・ジャパン HP
http://dmgevents.jp/
◇霧島酒造 HP
http://www.kirishima-product.com/
◇「ダイレクトサミット」レポート
http://www.temahima.company/#!Direct-Summit-2015-%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/cp9w/55f11acd0cf24e84f7661450
◇ネイティブ広告の特徴やポイントが簡単に理解できる5記事まとめ
https://ferret-plus.com/220

◆ドヤラー増殖、カフェで仕事、ノマド進化形、今や企業も関心
ノマド(遊牧民)ワーカーといえばカフェなどオフィスや自宅以外を転々としながら仕事をこなす人のこと。その象徴としてネットでしばしば話題に上るのが「ドヤラー」だ。以前はスターバックスコーヒーで米アップルのノートパソコン「Mac Book Air(MBA)」を得意顔で操る人を冷やかすスラングだったが、組織に縛られない新しい働き方につながる肯定的なイメージも生まれつつある。
[日経MJ 15/09/30]
◇話題のドヤリングの実態を調査!
http://spotlight-media.jp/article/102468443292400031
◇ドヤリングスペース「Caffice」オープン
http://rocketnews24.com/2014/10/23/501826/
◇これさえあれば君もドヤラーだ!
http://rocketnews24.com/2014/01/17/405239/

◆家の中に自分の「小屋」、リノベる・SuMiKa、集合住宅向け
ベッド・収納…空間便利に
共同開発した「家の中の小屋」は、リノベるの改修メニューのひとつとして提供するほか、SuMiKaのサイトでも販売する。子供ができるなど生活に変化があった際に手軽に設置したり、取り外したりできる。戸建てでも使え、機能などに応じて3種類を取りそろえる。
[日経MJ 15/09/30]
◇リノベる×SuMiKa業務提携
https://sumika.me/sumika_renoveru
◇SuMiKa HP
https://sumika.me/

◆ファン度を数値で提めす 売り上げ伸ばす顧客の作り方
顧客の声、社内共有
顧客の満足度を高めたら収益は本当に伸びるのか。ベイン・アンド・カンパニーで顧客戦略などのコンサルティングに携わる大越一樹プリンシパルは「“満足”を超え、実際に人より多く買ったり周りに薦めたりするファン顧客を増やすことが大切」と主張する。
[日経MJ 15/09/30]
◇ベイン・アンド・カンパニー HP
http://www.bain.com/offices/tokyo/ja/
◇顧客ロイヤルティを向上させるための手順
https://blog.kairosmarketing.net/lead-management/customer-royality-campaign/
◇NPS と顧客満足度の関係性調査/wizpra
https://www.wizpra.com/media/2015/05/press-release-20150501.pdf
◇NPSというマーケティング指標について調べてみた
http://qiita.com/shima_x/items/7a7a386803d679fffd86
◇オウンドメディアの11個の成功事例と分析
http://liskul.com/wm_ownedmsp11-4514

◆突き抜けたシンプル 伊藤バインダリーの紙文具
機能と艶やかさ どこまでも徹底
一冊一冊手作業 欧米各国を魅了
東京・下町の町工場が世界に羽ばたく。墨田区にある製本会社、伊藤バインダリーが手掛ける紙文具は海外の約200店舗で販売される。しかもフランス、スイス、イギリスといったデザインに対する高い審美眼を持つ欧米が中心だ。2001年に発売したドローイングパッドはその目新しさが受けてクリスマスギフトなどで注目を集め、10年にはグッドデザイン賞にも輝いた。
[日経MJ 15/09/30]
◇伊藤バインダリー HP
http://www.ito-bindery.co.jp/
◇シボネ青山 HP
http://www.cibone.com/
◇危機意識からはじまった新しいプロダクト
http://tokyo-skytree-navi.com/ct/?p=14331
◇伊藤バインダー紹介/東京都産業労働局
https://tokyo-ritti.jp/special/voice/ito_bindery.html

◆家で「本格」飲み、スーパー売り場、珍味や酒類充実
高価格帯、こだわる層が支持
自宅でお酒を楽しむ「家飲み」人気が続いている。女性やシニアらが手軽に飲める低アルコール飲料の品ぞろえが充実しているほか、家でも本格的なつまみを楽しめる売り場も増える。家飲みは新たなライフスタイルとして幅広い年齢層に定着しつつある。
[日経MJ 15/09/30]
◇ダイエー新業態「フードスタイルストア」1号店
http://www.daiei.co.jp/corporate/index.php/release/lists/detail/1144
◇「家飲み」に関する意識調査/asahi
http://www.asahigroup-holdings.com/news/2015/0721.html
◇「家飲み」に関する意識調査/ニチロ
www.maruha-nichiro.co.jp/news_center/research/pdf/20140819_ienomi_cyousa.pdf

◆割安ホテル開業の波、カフェやオフィスビル参入、訪日客増え不足感
ゲストハウスやカプセルホテルなど割安な宿泊施設が相次いで開業する。カフェ「ワイアード カフェ」のカフェ・カンパニーはゲストハウス事業に参入する。カプセルホテル「ファーストキャビン」のファーストキャビンは2020年までに店舗数を約10倍に増やす。訪日外国人が増え、ビジネス客向けも含めて割安な施設が不足する現状に対応する。
[日経MJ 15/10/07]
◇ワイアード カフェ HP
http://www.cafecompany.co.jp/brands/wired/
◇カプセルホテル「ファーストキャビン」 HP
http://first-cabin.jp/
◇オフィスビルを大規模転用「「ホテルマイステイズ羽田」
http://www.traicy.com/archives/8402498.html
◇海外観光客増でホテル不足、打開策はオフィスビル改装
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKBN0OQ0JQ.html

◆未来をつかむ電動義手 exiii、低価格・かっこよさ両立
パーツ素材や色 自由に選択可能
靴履くように着飾る製品へ
映画の世界から飛び出したようなスタイリッシュなデザイン。その姿は義手というよりも近未来のアクセサリーに近い。手がけるのは電動義手に革命をもたらそうとするベンチャー、「exiii(イクシー)」だ。低価格とデザイン性の高さで新たな需要の開拓を狙う。
[日経MJ 15/10/07]
◇exiii(イクシー) HP
http://exiii.jp/
◇筋電義手handiiiをまず二人の協力者に届けたい!
http://kibi-dango.jp/info.php?type=items&id=I0000063
◇義手の世界に革命起こす「handiii(ハンディ)」
http://itnp.net/story/973
◇世界も注目する筋電義手「handiii」(前編)
http://nikkomaple.net/ja/exiii-handiii-interview-1/
◇世界も注目する筋電義手「handiii」(後編)
http://nikkomaple.net/ja/exiii-handiii-interview-2/
◇ジェームズ ダイソン アワード HP
http://www.jamesdysonaward.org/ja/

◆サビ塗装、渋さ漂う、使い込んだ味に素早く、缶・電気スタンド・机
普通なら困りものの「サビ」が今、なぜか人気だ。日用品を本当にサビさせるのではなく、塗料をうまく使って、草木を植える缶や机などをわざわざ長年放置したようなサビ色に染め上げていく。黒や茶色に朽ちた様子は、昔から使い込んでいるかのように庭や室内の空間にしっくりとなじんでいる。
[日経MJ 15/10/07]
◇河野自然園 HP
http://kohno-shizenen.com/
◇アメリカの雑貨店「キャンディタワー」 HP
http://www.candytower.com/
◇あえてのサビ加工、話題の「リメ缶」
http://matome.naver.jp/odai/2141230208931683001
◇いま「リメイク缶」がアツすぎる!参考にしたいデザイン30選
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1143346270683322001

◆食器、静かなる進化、機能性、チタンや銅で実現
氷に刺さるスプーン、箸置き不要の箸、高い保冷・保温力の容器
使い勝手が進化した食器やカトラリーが注目されている。家飲みやホームパーティーが増える中、自宅でゆったり食事の時間を過ごす手助けになるようなアイテムが続々登場。少しぜいたくな食材や飲み物を楽しむちょい高志向も、こだわりの食器に目を向かせている。
[日経MJ 15/10/09]
◇カトラリー卸「アヅマ」 HP
http://www.azuma-web.co.jp/
◇新ブランド「カパーザカトラリー」
http://www.azuma-web.co.jp/products/list.php?category_id=19
◇チタン製真空二重カップ「SUSgallery」 HP
http://susgallery.jp/
◇チタン製真空二重カップ「SUSgallery」 FB
https://www.facebook.com/susgallery.jp
◇アッシュコンセプト HP
http://www.h-concept.jp/
◇アッシュコンセプト「ウキハシ」
http://h-concept.jp/fs/hshop/ukihashi-standard
◇デザインプロダクトショップ「コンセント」について
http://lwp-magazine.com/2013/07/23/koncent/
◇香るフォーク「アロマレボリューション」
https://www.rakunew.com/items/71527
◇フランス料理店「オオハラ・エ・シーアイイー」 HP
http://ohara-et-cie.com/

◆地方の魅力、海外にPR、小売・飲食店、商談会に積極参加
旅行会社と直接接点
訪日外国人(インバウンド)消費を取り込もうと地方の商業施設や飲食店が海外の旅行会社と直接接点をもつ動きを強めている。このほど都内で開かれた商談会「ビジット ジャパン トラベル&マイスマート2015」はキャンセル待ちを締め切るほどの盛況ぶり。インバウンド消費を貪欲に取り込もうとする攻めの姿勢が目立っている。
[日経MJ 15/10/09]
◇ビジット ジャパン トラベル&マイスマート2015
http://vjtm.jp/j/

◆日本再発見!リ・バウンド 訪日客のSNS拡散
「お墨付き」日本人動く
訪日外国人の「インバウンド消費」が加速する中、彼らの消費行動が日本人にも影響を与えている。訪日客に人気とSNSなどで取り上げられたことをきっかけに、日本人から改めて評価されたり再注目されたりする店やモノが目立ち始めているのだ。各地に広がる「リ・バウンド」現象を追った。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/10/014]
◇世界1億4000万ユーザーが使う口コミサイト「Yelp」
http://www.dremi.jp/trip/yelp/
◇訪日客に学ぶ通な歩き方
http://blog.goo.ne.jp/pineapplehank/e/c72c344c9cbcda1e8adbe00394ea1fdb
◇京都「サムライ剣舞シアター」 HP
http://www.samurai-kembu.jp/jn/
◇アバウトライフコーヒーブリュワーズ HP
http://www.about-life.coffee/
◇地域活性化のコンサルタント「フォーティR&C HP」
http://www.forty-jp.com/
◇インバウンドビジネスPF「やまとごころ.jp」
http://www.yamatogokoro.jp/
◇カタカナTシャツ人気が渋谷109の訪日客や学生に拡大
http://www.fashionsnap.com/news/2015-07-30/109-kana-t/?utm_source=antenna
◇「定番」に飽きたらぬ訪日客に意外な人気スポット
http://www.sankei.com/west/news/151013/wst1510130005-n1.html
◇小泉八雲、ブルーノ・タウト、外国人が再発見した日本美
http://www.projectdesign.jp/201412/vitalizinglocal/001752.php

◆カフェ1886アットボッシュ 製品の世界観感じる
自動車部品の世界大手、独ボッシュグループの日本法人は9月10日、東京・渋谷の本社1階に一般客向けショールームを併設したカフェを開いた。会社をイメージしたカフェはボッシュグループとしても初の試みだ。開業から1カ月が過ぎ、想定以上に女性客を中心に幅広い客層から認知度が高まりつつある。
[日経MJ/出来立てスポット 15/10/14]
◇cafe_1886 at Bosch
http://www.transit-web.com/
◇渋谷「cafe 1886 at BOSCH」
https://www.goodspress.jp/reports/14452/?all#more-14452

◆職場で着られる少女ファッション、コンサバ、大人心×ロリータ
乙女心、飾り控え目、落ち着き演出
フリルやレースを多用し西洋人形のようなかわいらしさを打ち出すロリータファッションが大人向けに進化している。落ち着いた色合いで飾りも控えめなデザインが続々登場。職場や子供の入園式などフォーマルな場で着る女性も増えている。就職や結婚などを機に一度は卒業した20~30代が、コンサバなロリータファッションに戻ってきているようだ。
[日経MJ 15/10/14]
◇アパレルブランド「ROSA BIANCA」 HP
http://rosabianca.jp/
◇ロリータブランド「イノセント ワールド」 HP
http://innocent-w.jp/
◇モール・オブ・ティーヴィー HP
http://www.motv.co.jp/
◇ファッションマガジン「KERA/ケラ」
http://www.motv.co.jp/kera/
◇2015年最新Neo Lolita まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2142201148680556701
◇ロリータに変身「メゾン・ド・ジュリエッタ」
http://www.maison-de-julietta.net/

◆コンテンポラリー・ジュエリーの巨匠を回顧する
「オットー・クンツリ展」 東京都庭園美術館で開催中
1960年代から欧州を中心に世界へ広がった「コンテンポラリー・ジュエリー」という分野がある。直訳すれば現代のジュエリーだが、それは単に身を飾る以上の意味を持ち、「アートとしてのジュエリー」と捉えられることが多い。このジャンルの巨匠、オットー・クンツリの回顧展が開かれており、コンテンポラリー・ジュエリーについて理解を深める好機となっている。
[産経新聞 15/10/15]
◇オットー・クンツリ展
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/151010-1227_kunzli.html
◇「オットー・クンツリ展」が東京都庭園美術館で開催
http://www.fashion-press.net/news/18578

| | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »