« 情報クリップダイジェスト 2015/10 アップしました | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2015/11 アップしました »

2015/12/19

情報クリップ・ダイジェスト 2015/11

◆「おひとりさま」2人同居、新DINKS 財布・愛用品・旅行も別々 束縛や我慢なんて嫌!
1980年代後半に新たな消費の担い手として登場した、子供を持たない共働きの夫婦、DINKS(ダブル・インカム・ノー・キッズ)。世帯数は現在、当時の約1.7倍の360万を超す。
ところがその実態は、「遊びも旅行も夫婦一緒」が象徴的だった30年前とは明らかに異なる。日経MJが実施した調査では財布は別々、愛用するモノも別々で、一つ屋根の下に「おひとりさま」が2人同居する新DINKS像が浮き彫りになった。
[日経MJ/MJ1000人調査 15/10/28]
◇アクタス新ブランド「SLOW HOUSE」 HP
http://www.slow-house.com/
◇2014年夫婦のお金実態調査/マネーフォワード
http://corp.moneyforward.com/survey/%E3%80%902014%E5%B9%B4%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%87%91%E5%AE%9F%E6%85%8B%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%80%91-%E5%85%B1%E5%83%8D%E3%81%8D%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E3%81%AE%E5%A2%97%E5%8A%A0%E3%81%AB/
◇SUUMO結婚生活調査2015
http://suumo.jp/journal/2015/03/19/80221/

◆ネット×実店舗で日本酒販売 味わう場作り、ファン広げる
酒の通販や情報サイトを手掛けるリカー・イノベーションが、ネットとリアルを融合させて日本酒の普及を進めている。日本酒に関する情報サイトを立ち上げたほか、地方の蔵元にオリジナルの日本酒を造ってもらってネットで販売。今年オープンの日本酒専門店は連日女性客らで大盛況。20代の女性を中心に新たなファン層の開拓に成功している。
[日経MJ/戦略ネットBiz 15/10/28]
◇リカー・イノベーション HP
http://liquor-innovation.co.jp/
◇KURAND SAKE MARKET HP
http://kurand.jp/sakemarket/
◇KURAND SAKE MARKET FB
https://www.facebook.com/kurandsakemarket/
◇Makuake「KURAND SAKE MARKET」プロジェト
https://www.makuake.com/project/kurandsakemarket/
◇“KURAND”で必ず呑むべき銘柄を聞いてきた
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/325/325889/

◆シェアビジネスって何? モノ・空間・技術共有、スマホ普及後押し
若い世代にシェアビジネスが受けている。
スマホの登場もあり新世代の起業家が相次ぎ登場し、生活者同士を大規模に結びつけるサービスが続々と誕生。「車と暇のある運転者」と「移動したい人」を結びつけるウーバーや、「空き部屋の持ち主」を「旅行者」に紹介するエアビーアンドビーは世界中で使われている巨大ビジネスになった。
道具の貸し借りや知識の伝授で生まれる人付き合いも、人とつながる契機になり、自社のビジネスをシェア経済に応用する場合、単なるお得感ではなく、つながりという価値をうたうことも有効になる。
[日経MJ 15/10/16]
◇変化する価値観:シェアの時代
http://eyi.eyjapan.jp/knowledge/insight/pdf/Insight-02-report03.pdf
◇「シェアリング・エコノミー」へようこそ
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/2426
◇シェアリングエコノミーサービスを5カテゴリに分類
http://www.sbbit.jp/article/cont1/30145
◇シェアリングエコノミー市場に関する調査2015/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1433.pdf
◇シェアリンクエコノミーの可能性
http://u-note.me/note/47487343
◇人脈形成育む「コンセプト型」シェアハウス
http://zuuonline.com/archives/25164
◇次世代ハローワーク型シェアハウスを作りたい
https://faavo.jp/miyazaki/project/134

◆朝の胃袋膨らむ、外食産業動く
朝活・夜勤明け多く、コロワイド、シニア向けに宴会、アークランドサービス、ガッツリ食つかむ。
朝の外食シーンが様変わりしている。働き方の多様化や高齢化などに伴い、しっかりと食べたり、飲んだりする朝食にもはや軽食のイメージはない。
外食だけではない。小売りサービスを含めて昼と夜中心の固定観念を疑い、新たな時間軸でサービス・商品を練り直す時期を迎えているようだ。
[日経MJ 15/10/19]
◇朝カフェの会 HP
http://www.asacafenokai.com/
◇日本フードサービス協会 HP
http://www.jfnet.or.jp/
◇日本の朝食食品業界の次の狙いは朝の「欠食市場」
https://www.foods-ch.com/anzen/1398308717354/
◇朝からガッツリ略して「朝ガツ」
http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/report/detail/6783/
◇「朝活」の実態と消費行動に関する調査/朝日大学
https://reposen.jp/3899/11/66.html
◇朝7時から美味しい朝ご飯が食べられるお店24選
http://find-travel.jp/article/5057
◇朝食市場を狙え/NHKおはよう日本
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2014/05/0514.html

◆コメ収穫体験の意味 「農」と「食卓」関係築く
NPO法人と農家で構成する、「農」を通じた共生推進プロジェクト協議会(山梨県北杜市)が農村と都市の交流事業を展開している。田植えやコメの収穫を体験するイベントを開いてきた。今年は酒米も栽培し、造った日本酒を飲食店に提供する計画だ。農業を通じ農村と首都圏の居住者との交流を発展させる。
[日経MJ/食のフロンティア 15/10/19]
◇農を通じた共生推進プロジェクト協議会「ベジコト」 FB
https://www.facebook.com/vegetco/
◇酒米作り、農村と首都圏を結ぶ 交流拡大へ白州の「挑戦」
http://www.sankei.com/region/news/150925/rgn1509250042-n1.html
◇農を通じた共生推進プロジェクト協議会(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UC_PuuZHxQncC7nxOZLZKH4w

◆眼鏡×ITで市場開け、センサーやLED搭載、疲れ目・着信お知らせ
眼鏡とITの融合が広がってきた。眼鏡専門店「JINS」を展開するジェイアイエヌは11月5日、眼鏡に搭載したセンサーで目の動きなどを検知し、眠気や疲れなどを把握できる新商品を売り出す。三城HDやメガネスーパーもITを取り入れた製品を開発中だ。眼鏡市場は20年前に比べ2割縮小しており、ITと融合で市場拡大への活路を見いだす。
[日経MJ 15/10/19]
◇ウェアラブルメガネ「JINS MEME」 HP
https://jins-meme.com/ja/
◇ウェアラブルメガネ「JINS MEME」 FB
https://www.facebook.com/jinsmeme
◇「JINS MEME」1週間使ってみた
http://japanese.engadget.com/2015/11/15/jins-meme-es-1/
◇家電見本市「シーテック」 HP
http://www.ceatec.com/ja/
◇三城HD「雰囲気メガネ」 HP
http://fun-iki.com/
◇雰囲気メガネが到着、その使い方と実力を検証
http://rinkaji-mac.com/2015/02/funikimegane-arrival/11986
◇メガネの未来が見えてきた「メガネショー2015」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20151016/1067008/?rt=nocnt

◆ネットライフ1万人調査 若者に「SNS疲れ」傾向
利用率、20~30代で減少も、フェイスブック、60代最高
SNS系は年代による傾向の違いが鮮明に表れた。「最近よく利用する」と答えた割合は、中高年にも浸透したLINEが前回調査より増やした一方、20~30代で減少したフェイスブックが全体でも減らした。ツイッターは若年層に、インスタグラムは幅広い年齢層に支持を得ている。
[日経MJ 15/10/21]
◇若者ヒマ意識調査/スマートアンサー
http://smartanswer.colopl-research.jp/report/2015/2015093001/
◇2015年度 SNS利用動向に関する調査/ICT総研
http://ictr.co.jp/report/20150729000088-2.html
◇若者のフェイスブック離れ
http://matome.naver.jp/odai/2141948256560758101
◇2015年上半期スマホアプリコンテンツに関する調査/MMD研究所
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1464.html
◇Instagram 最新トレンド
http://blog.btrax.com/jp/2015/03/15/instagram-2/

◆暮らしになじむ生活家電 かっこよさより温かみ求める
新鮮み吹き込む復古調デザイン
タッチパネルで直感的な操作感
キッチンにおいてデザイン家電の新しいブームが来ている。これまでのデザイン家電は近未来的な外観で機能は今ひとつという印象があったが、最近は食のトレンドを反映しながらもキッチンのインテリアに溶け込んでいる。
[日経MJ 15/10/21]
◇バルミューダ「ザ・トースター」 HP
http://dynabook.fresheye.com/cgi-bin/login.cgi
◇メリタ「アロマボーイ」が数量限定で発売
http://getnews.jp/archives/857372
◇デロンギ「ディスティンタコレクション」 HP
http://distinta.delonghi.co.jp/
◇ダネッツ「プロフェッショナルブレンダー」
http://crea.bunshun.jp/articles/-/7341
◇ミーレオーブンの新商品発表会
http://jiyunakitchen.com/miele-oven2015/
◇家電は電気を使う現代の道具/バルミューダ・寺尾玄
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/terao_gen/060900003/?rt=nocnt

◆米アパレル「エバーレーン」躍進 原価や縫製費まで公開
米国で人気上昇中のサンフランシスコ発のアパレルブランドがある。ハリウッドセレブも愛用する「Everlane(エバーレーン)」だ。オンラインのみの販売で店舗はない。人気の秘訣は、徹底的にコストをおさえ、高品質なアパレルを安価で提供していることだ。
面白いのは、その商品表示だ。「劇的な透明性」を売りにしており、材料の原価、輸送費、縫製費、関税をサイトで公開している。
[日経MJ/e本流ビジネス 15/10/23]
◇Everlane(エバーレーン) HP
https://www.everlane.com/
◇Everlaneがおもしろい
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/28322
◇急成長のEC特化型ショップEVERLANE
http://www.apparel-web.com/column/maxre/23.html

◆石見銀山生活文化研究所「gunendo湘南T-SITE店」
本と雑貨、垣根なく
自然志向で衣食住提案
「群言堂」ブランドで衣料・雑貨店を全国展開する石見銀山生活文化研究所(島根県大田市)の「gunendo湘南T-SITE店」(神奈川県藤沢市)は同社の従来店舗とひと味違う。書店と隣り合わせで間仕切りを設けず、書籍を一緒に並べて手作り雑貨の世界観を演出。取り扱う鍋を使った料理教室も企画し、若い家族や男性など他店では少ない顧客の獲得に成功している。
[日経MJ/めざせダントツ店 15/10/26]
◇石見銀山生活文化研究所「群言堂」 HP
http://www.gungendo.co.jp/
◇湘南T-SITE「知」を中心にしたライフスタイル提案空間
http://cohtaro.com/2015/02/3813
◇本屋がつくる文化複合施設「湘南T-SITE」
http://www.pen-online.jp/news/culture/shonan-t-site-open/
◇石見銀山生活文化研究所 代表インタビュー
http://www.sangyo-times.jp/article.aspx?ID=1019
◇日本仕事百貨「石見銀山生活文化研究所」
http://shigoto100.com/2012/12/iwamiginzan.html

◆銀座ファッションウィーク開幕、「和」の感性や意匠全面に
東京・銀座に店をもつ百貨店が共同で開く銀座ファッションウィーク(GFW)が11月3日まで開催中だ。「JAPAN」をキーワードに、各社が国産素材や日本ならではの技法で作られた商品を2週間、積極発信する。今回は宝飾・時計専門店の和光が初めて参加。国内の消費者だけでなく外国人顧客も取り込みたい考えだ。
[日経MJ 15/10/26]
◇GINZA FASHION WEEK2015
http://pr.enjoytokyo.jp/gfw/?__ngt__=TT0b5a7a162001ac1e4a110fDx-fOqHhrRMzs0b8WgWKqQ
◇GINZA FASHION WEEK レポート
http://blog.glam.jp/riemiyata/2012/03/post-4b0e.html
◇GINZA FASHION WEEK 見どころ
http://www.fashionsnap.com/inside/gfw-pickup/

◆おしゃれは服より家、自宅のモノに消費手厚く
アパレルファッションは苦戦気味だが、キッチン雑貨やクッションなど家の中を彩るホームファッションが盛り上がりを見せている。SNSへの写真投稿やホームパーティーの機会が増えており、着心地より居心地を優先する志向が強まっているためだ。既存の雑貨チェーンに加え、イケアやニトリなどが小型店を拡大。ホームファッションは新たな成長ステージに立った。
[日経MJ 15/10/30]
◇ホームファッション市場に関する調査/矢野経済研究所(原典)
https://www.yano.co.jp/press/pdf/1333.pdf
◇ベッドリネン・寝具の市場規模まとめ
http://shiraberu.ws/entry/2015/09/17/071626
◇イケア・タッチポイント熊本
http://www.ikea.com/ms/ja_JP/customer-service/ikea-touchpoint/kumamoto.html
◇ニトリ「デコホーム」
http://www.nitori.co.jp/decohome/
◇インスタグラムの人気アカウント集
http://www.decornote.net/instagram-interior/

◆タオル、今年の出来は 「コットンヌーボー」で違い楽しむ
綿花収穫した年 刺しゅうで刻む
コレクター多く オリジナル注力
ワインのボージョレ・ヌーボーのように、毎年秋にとれた有機栽培の綿花で作るタオル「コットンヌーボー」。均一が当たり前の工業製品であるタオルを、年ごとの違いを楽しむ「農作物」ととらえる。IKEUCHI ORGANIC(愛媛県今治市)は新たなタオルの魅力を掘り起こした。
[日経MJ 15/10/28]
◇IKEUCHI ORGANIC HP
http://www.ikeuchi.org/
◇IKEUCHI ORGANIC FB
https://www.facebook.com/ikeuchi.org/
◇「Omotecho Style Store By TOMIYA」 HP
http://www.tomiya.co.jp/oss/

◆じぃじ、ばぁば、オモロ格好いい、異色の雑誌、「日常」切り取り
ジジもババも、ありのままが格好いい。ありのままが面白い。田舎のご老人の着こなしにヒップホップを感じ、介護施設の会話に芸人を超える笑いを見る。異色の「ご老人雑誌」が、高齢化社会に新たなエンターテインメントを生んでいる。
[日経MJ 15/10/30]
◇フリーペーパー「鶴と亀」 HP
http://www.fp-tsurutokame.com/
◇フリーペーパー「鶴と亀」 FB
https://www.facebook.com/tsurutokame/timeline
◇宅老所よりあい HP
http://yoriainomori.com/
◇ファッション特集など独特な世界観に衝撃!!
http://youpouch.com/2015/09/28/304948/
◇「鶴と亀」イケてるじいちゃんばあちゃんならココにいるよ
http://motokurashi.com/smallbook-tsuru-to-kame/20150306
◇フリーペーパー「鶴と亀」が面白い
http://risa.hatenablog.com/entry/2015/01/28/113000

◆万年筆でオトナアート、電子絵本、来月配信、SNS投稿熱く
インク作るサービス人気11月初旬には万年筆で描いた大人向けの絵本が登場し、電子書籍で売り出される見通し。既存のインクを混ぜて消費者が自分の好きな色を作れるサービスも人気を呼んでいる。
[日経MJ 15/10/30]
◇ピースライフジャパン HP
http://www.pl-j.com/
◇絵本屋.com HP
http://www.ehon-ya.com/
◇絵本屋.com FB
https://www.facebook.com/ehonya
◇電子書籍「万年筆画絵巻 レノン40(フォーティ)」
https://www.value-press.com/pressrelease/151893
◇#万年筆イラスト部
https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%87%E5%B9%B4%E7%AD%86%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E9%83%A8
◇文具店「カキモリ」 HP
http://www.kakimori.com/
◇万年筆ニュース Twitter
https://twitter.com/fpen_news
◇セーラー万年筆「インク工房」
https://www.sailor.co.jp/event/

◆マーケティングの役割 中心は顧客の問題解決
10月中旬、日本最大規模のマーケティングの国際会議「ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン2015」が都内で開催された。マーケティングの世界的な権威、米ノースウエスタン大学のフィリップ・コトラー教授が中心になり「マーケティングで世界をより良く」というスローガンの下、社会や経済発展を促すマーケティングの活用について議論した。
日本はシリコンバレーのように、ウェブサービスで産業構造全体の秩序を壊すようなイノベーションを起こすことは向いていないかもしれない。だが、モノづくりと組み合わせたイノベーションは日本企業の強みが生きるはずとの意見もある。
[日経MJ/e本流ビジネス 15/10/30]
◇ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン2015
http://worldmarketingsummit.jp/
◇マーケティングがなければ資本主義は崩壊する/コトラー氏
http://markezine.jp/article/detail/23268
◇魅力的なインターネット広告はテクノロジーとアートの融合から
http://www.dhbr.net/articles/-/3502
◇価格競争から価値競争にシフトするために
http://www.dhbr.net/articles/-/3462
◇ ベネフィットと信頼感の重要性
https://ferret-plus.com/191
◇ポスト・ソーシャル時代のリアルイベントの意味
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/tokusyu/201506/201506toku3.html

◆マークス「マークスタイルトーキョー」 ワクワクする秘密基地
商業施設「表参道ヒルズ」の地下3階という場所ながらも、掘り出し物を見つけようと来店する人が絶えない。特徴は男性が気軽に入店できる店作りだ。女性目線になりがちな雑貨店であえて男性にターゲットを合わせてファンを増やしている。
[日経MJ/めざせダントツ店 15/11/02]
◇文具メーカー「マークス」 HP
http://www.marks.jp/
◇文具メーカー「マークス」 FB
https://www.facebook.com/MarkstyleTokyo/

◆若者「部屋にこだわる」7割超、「1人の時間」「スキなことできる」重視
(1)8割以上の若者が大事な時間は「1人の時間」と回答、友達や家族を大幅に上回る。
(2)自分の家や部屋にこだわりを持っている若者が7割以上にのぼる。
(3)「自分がスキなことができる」という要素が家や部屋選びにおいて重要。
[日経MJ 15/11/02]
◇若者の“スキ”と暮らし方に関する調査/電通若者研究部(原典)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000016195.html
◇電通ワカモン HP
http://dii.dentsu.jp/project/wakamon/
◇電通ワカモン FB
https://www.facebook.com/wakamon.dentsu/
◇「こんな部屋に住みたい!」プロジェクト
http://youthstudio.jp/2015/10/08/sukistyle001/
◇若者は「中古住宅&リフォーム」でマイハウスを楽しむ
http://www.daikyo-anabuki.co.jp/sumai/detail/187
◇スマイリンクスが「ライフスタイル提案型物件」の販売を開始
http://www.sankei.com/economy/news/151104/prl1511040081-n1.html
◇集合住宅のありかたを提案する「Neighbors Next U26 Project」
http://greenz.jp/2015/07/29/u26/

◆「雑貨も売る体感型展示場」(クリナップ)実現する暮らしイメージ
10月、首都圏の旗艦ショールームを刷新し「クリナップ・キッチンタウン・東京」(東京・新宿)として開業した。商品を単に陳列、展示するだけでなく、購入したら実現する暮らしを消費者がイメージできるように最新技術を使って工夫を凝らした。関連する雑貨の販売やイベントなどにも活用し、潜在顧客との接点を増やす。
[日経MJ/創るスマートビズ 15/11/04]
◇クリナップ・キッチンタウン・東京
https://cleanup.jp/showroom/info/kanto/shinjuku.shtml

◆店で体験、納得買い!シャンプー・歯磨き・洗剤まで
サンプルの大量投下やテレビCMを主体としてきたシャンプーや洗剤の販促に、「体験販売」の波が押し寄せている。本格的な美容ブースを設置して施術したり、人気講師を起用して洗濯講座を開いたりと、日用品各社は独自性を競う。家庭用品では商品の高機能化が進んでおり、潜在顧客にその付加価値を具体的に知ってもらうことが欠かせないと判断。口コミ効果も狙っている。
日経MJ 15/11/06]
◇期間限定「ASIENCE MEGURI SALON」
http://www.kao.co.jp/asience-meguri/salon/
◇ASIENCE MEGURI SALON がタタですごい!
http://mery.jp/165472
◇ライオンのオーラルケア用品店「オーラリシス」
http://oralysis.oralcom.net/
◇口内のコンシェルジュ「オーラリシス」(Blog)
http://akiofffice.blog65.fc2.com/blog-entry-829.html?sp

◆買った!「オレの決断」、伊勢丹メンズ館100人に聞いてみた
・希少性・物語を重視、欲しい物ためらう背景 所有品に愛着 処分に二の足
100人が「最近思い切って買った物」の価格はそれぞれの「月々のお小遣い」の何倍かを算出したところ、平均すると5倍だった。金額では平均57.8万円。「車」「家具」「旅行」などが金額を押し上げた。「買っていない物」でランキングが上昇するのは、帽子などの「ファッション雑貨」。14人が挙げ、うち11人が「財布」と答えた。
値段は2万~20万円超とばらついたが、日常使いのアイテムだけに、使い勝手など自分に合う物を常に探している人が多かった。
[日経MJ 15/11/06]
◇伊勢丹メンズ館 HP
http://www.imn.jp/
◇伊勢丹メンズ館 FB
https://www.facebook.com/isetanmens

◆オトナ家電、選びやすく、三菱電機、「便利機種」シリーズ化
三菱電機はシニア向けの家電「三菱大人家電」シリーズを展開する。既存商品のうちシニアにとって使いやすい機種をピックアップし、シリーズ化して購入時に選びやすくする。このほど専用サイトを立ち上げシニアに選び方をアドバイスするほか、店頭での売り場作りも検討する。
[日経MJ 15/11/06]
◇三菱大人家電 HP
http://www.mitsubishielectric.co.jp/club-me/otonakaden/
◇UD商品戦略が支える三菱の“大人家電”
http://www.insightnow.jp/article/8678
◇「提案力」で魅せる三菱の大人向け家電
http://www.mag2.com/p/news/27255
◇家電製品におけるユニバーサルデザイン/東芝
https://www.toshiba.co.jp/tech/review/2003/10/58_10pdf/a05300点の作品を展示している。絵画はもちろん、かぶり物や立体物のオブジェ、天井からつるす作品もある。いずれもレンタル・購入できる。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/11/08]
◇アートの保管・レンタル「ART STAND」 HP
https://artstand.jp/
◇アートシェアリングサービス「ART STAND」
http://ascii.jp/elem/000/001/061/1061538/
◇新サービス「ART STAND」開始
http://www.japandesign.ne.jp/editors/art-stand/

◆みんなでリノベ、ワイワイ、楽しさアップ、仲間と、家族と
経験をシェア、知恵出し合う
自宅や店舗のリノベーションを友人、知人らと楽しむ人の輪が広がっている。仲間集めは交流サイトを活用。作業風景の写真を投稿するのも忘れない。壁を塗ったり、部屋を飾り付けたりといった工程は意外と難しく、大変なことも多い。1人で黙々と作業するだけでなく、みんなでワイワイ取り組むことができれば、リノベも一段と楽しくなりそうだ。
[日経MJ 15/11/08]
◇日本リ・ファッション協会 HP
http://www.refashion.jp/
◇日本リ・ファッション協会 FB
https://www.facebook.com/refashionjp
◇Tunnel運営「RoomClip」
http://roomclip.jp/
◇改装写真の交流サイト「ルームクリップ」人気
http://www.reform-online.jp/interview/6503.php
◇DIY×リノベ×ワークショップ「茶山台団地」
http://suumo.jp/journal/2015/01/06/75835/
◇リアルにDIYを体験できる「DIY FACTORY 」 HP
http://www.diyfactory.jp/
◇漆喰DIY専門店「ロハスウォール」 HP
http://www.lohaswall.com/

◆ヒトとモノ次代の関係 15年度グッドデザイン賞
乗りやすさ追求 近未来を具現化
究極の「丸」実現 ICT浸透に道
2015年度のグッドデザイン賞が決まった。3658件の応募作品からパーソナルモビリティ「 WHILL Model A」が大賞を獲得した。大賞候補には人とモノとの新しい関わり方や、社会の課題や要求に向き合い新たな仕組みづくりに挑んだ先駆性のあるデザインが目を引いた。
[日経MJ 15/11/11]
◇グッドデザイン賞2015
https://www.g-mark.org/news/2015/
◇2015年のグッドデザイン賞の大賞候補を発表
http://news.mynavi.jp/articles/2015/10/30/gd/
◇大賞受賞「パーソナルモビリティ WHILL Model A」
http://whill.jp/
◇WHILL Japan FB
https://www.facebook.com/WHILL-Japan-1470252703236461/
◇筋電義手「HACKberry」 HP
http://exiii.jp/hackberry.html
◇和食給食応援団 HP
http://washoku.ikbkr.com/
◇ディスプレイデバイスカンパニー「フリーフォームディスプレイ」 HP
http://www.sharp.co.jp/dp/

◆爆買い、スマホで調査 中国の空港でQRコード配布、ブルームーン
企業の需要予測手助け
マーケティング支援のブルームーン・マーケティング(東京・港)は月内にも日本を訪れる中国人旅行者にスマホを使ってアンケート調査ができるサービスを始める。日本で何を買いたいかなど出発前や帰国後に簡単にアンケートが取れ、回収できる。訪日客の爆買い需要を取り込みたい日本国内の日用品メーカーや小売業などの需要を狙う。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 15/11/13]
◇ブルームーン・マーケティング HP
http://bluemoonmarketing.jp/
◇ブルームーン・マーケティング FB
https://www.facebook.com/bluemoonmarketing
◇中国人向け「訪日直前空港アンケート」「旅行中定性調査」
http://bluemoonmarketing.jp/wp/wp-content/uploads/2015/11/20151113_Ulink_BM_final.pdf
◇訪日外国人観光客の買い物に関する調査/ブルームーン
http://news.livedoor.com/article/detail/10058708/

◆全国に広がれ「ふるさと名物商品」 米、地酒、工芸品ネットで1~3割安く
地域の特産品を割安に買える「ふるさと名物商品」が広がっている。米や果物といった食品から工芸品、ジュエリーなど高額品まで幅広い商品が1~3割引き程度で購入できる。都道府県が商品を指定して割引分を補助。提携するインターネット通信販売サイトで扱われることで、知る人ぞ知る特産品を全国区に広めることが狙いだ。
[産経新聞 15/10/16]
◇相和シボリ工業 HP
http://aiwasibori.com/
◇鏡面研磨「小林研業」
http://www.ginzado.ne.jp/~kenma/
◇ipod背面を鏡面研磨した小林研業
http://matome.naver.jp/odai/2136679678830456701
◇金胎麗漆溜塗ビアタンブラー
http://sankeishop.jp/shopdetail/000000002696/
◇みやぎの、ふるさとものがたり
http://miyagi-furusatowari.jp/

◆「2次元オタク女子」開花
アニメ・マンガ・ゲーム、イケメン応援隊
10~20代を中心に「オタク」を自任する女性が増えている。特にマンガやアニメ、ゲームといったコンテンツを身近に感じ、それに関わる支出に積極的だ。消費を生みだすそのパワーに、今、さまざまな企業の注目が集まる。
「10代後半~20代前半にとってオタクとは『~が好き』くらいの意味合い」。「オタク」のイメージは大きく変わっている。
[日経MJ 15/11/13]
◇アニメイトガールズフェスティバル2015 HP
http://www.animate.co.jp/special/agf/pc/agf_news.php
◇「オタクがラブなもの研究所」調査/電通(原典)
http://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2012021-0305.pdf
◇「アニメイトガールズフェスティバル」Red AREAブースレポート
http://www.animate.tv/news/details.php?id=1446860876
◇「オタク」市場に関する調査2014 /矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/press/pdf/1334.pdf
◇オタクがメジャーになってきた
http://mag.sendenkaigi.com/brain/201502/aoyama-meeting/004255.php
◇オタクのフリマ「オタマート」 HP
http://otamart.com/

|

« 情報クリップダイジェスト 2015/10 アップしました | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2015/11 アップしました »

情報クリップ15」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップ・ダイジェスト 2015/11:

« 情報クリップダイジェスト 2015/10 アップしました | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2015/11 アップしました »