« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016/02/25

情報クリップダイジェスト 2016/01 をアップしました

情報クリップ・ダイジェスト 2016年の1月号を下記にアップいたしました。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2016/02/201601-d6a6.html

取り急ぎ、お知らせまで。

よろしくお願いいたします。

続きを読む "情報クリップダイジェスト 2016/01 をアップしました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2016/01

◆暮らしになじむ伝統工芸、新たな価値吹き込む
辰野しずかさんが岡山県の備前焼の窯元と開発し、2月に製品化するウォーターカラフェ(水差し)「hiiro(ヒイロ)」。
本来、備前焼は作家性の強い一点物が多く、見た目もこってりとした印象が強かった。「海外で売れるものを作りたい」という窯元の要望を受けた辰野さんはどんな空間に置いても違和感のないシンプルさを追求。石のような独特の質感を削り出してより強調し、あえて量産品の雰囲気を漂わせた。
◇辰野しずか氏サイト
http://www.shizukatatsuno.com/
◇辰野しずか氏デザイン事務所「+st」 FB
https://www.facebook.com/plusstdesign
◇大内人形「ouchi夫婦」
http://mainichi.jp/articles/20160101/ddl/k35/040/205000c

◆美を極め愛着湧く一品に 映像制作スタジオWOWがもの作り
3D技術と工芸 極薄漆器に昇華
高い価格設定は妥協許さぬ証し
広告における斬新な映像表現や3Dコンピューターグラフィックスを駆使した空間演出を手がける「WOW(ワウ)」が、プロダクトの新レーベル「BLUEVOX!」をスタートさせた。ビジュアルデザインのノウハウも生かし、外部デザイナーとコラボしてモノの新たな価値提案に挑む。
[日経MJ 16/01/06]
◇ヴィジュアルデザインスタジオ「WOW」 HP
http://www.w0w.co.jp/index.html
◇ヴィジュアルデザインスタジオ「WOW」 FB
https://www.facebook.com/w0winc
◇ヴィジュアルデザインスタジオ「WOW」 Twtter
https://twitter.com/wow_tokyo
◇「WOW」の気鋭ヴィジュアルデザイナー3名に訊く
http://wired.jp/2014/04/14/wow-1/
◇増上寺で「日本の新たなデザインの展覧会」AnyTokyo 
http://roppongi.keizai.biz/headline/3559/
◇マーク・ニューソン×WOW inc.「日本刀」
http://blogs.timeout.jp/ja/blog/2014/03/19/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%97%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%88%80%E3%81%8C%E8%AA%95%E7%94%9F/

◆東南アの手仕事、後世に 日本の若手と雑貨で世界進出
ヨガマット作製 自然な香り魅力
大胆な漆器塗り 仕上げも素早く
日本の若手デザイナーと東南アジアの地場メーカーが手を組んで、雑貨づくりに取り組んだ。織物や刺しゅう、紙などその土地に古くから伝わる素材や生産技術を生かしながら、世界にも通用する商品を作るという大きな課題に11人が挑んだ。
[日経MJ 15/12/16]
◇日本アセアンセンター HP
http://www.asean.or.jp/sitemap.html
◇日本デザイン振興会 HP
http://www.jidp.or.jp/
◇デザイナー・秋山かおり氏サイト
http://studiobycolor.com/
◇インストラクターから信頼を得たヨガマット
http://openers.jp/article/1410849
◇建築家・佐野文彦氏サイト
http://fumihikosano.jp/
◇デザインユニット「アルバトロデザイン」
http://www.albatro.jp/
◇グラフィックデザイナー、出淵光一氏サイト
http://www.idebuchi.com/
◇MEKONG DESIGN SELECTION
http://www.asean.or.jp/ja/wp-content/uploads/2015/10/55391d5bb9edd5feba115b4a15eea960.pdf

◆アマゾンから僧侶手配、法事・法要、みんれびが開始、全国一律料金
葬儀社の検索サイト運営などを手掛けるみんれび(東京・新宿)は法事や法要の際、アマゾンの「アマゾンマーケットプレイス」から僧侶を手配できるサービスを始めた。僧侶に自宅やお墓などに出向いてもらい、読経や法話などのサービスを受けられる。全国一律料金で利用できる。
[日経MJ 15/12/16]
◇みんれび HP
http://www.minrevi.co.jp/
◇お坊さん便 HP
http://obousan.minrevi.jp/
◇「お坊さん便」 そのシステムと利用者の感想
http://www.news-postseven.com/archives/20151214_370359.html
◇仏教団体がお坊さん便に中止要請
http://dailynewsonline.jp/article/1064675/

◆公共図書館、ツタヤ流、世代の壁
若者、「カフェ併設で便利」、シニア、独自分類に戸惑い
カフェの併設や独自の本の分類で波紋を広げた「TSUTAYA図書館」。導入した佐賀県武雄市や神奈川県海老名市では若い利用者が集まる一方、不適切な選書は批判も浴びた。従来の公共図書館と異なるスタイルを利用者はどう見ているのか。海老名市で105人に聞いたところ、7割が「満足」。50代以下では8割近くが賛成だった。一方、60代以上は3割が「不満」で、世代の壁も浮き彫りとなった。
[日経MJ 15/12/18]
◇TSUTAYA図書館は何を目指すのか?
http://www.huffingtonpost.jp/2015/11/11/tosyokan-sogoten_n_8535910.html
◇「本を愛する人」からTSUTAYA図書館が嫌われる理由
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1511/10/news043.html
◇TSUTAYA図書館から考えるこれからの図書館に本当に必要なもの
http://bizpow.bizocean.jp/howto/tsutaya/
◇武雄市図書館・歴史資料館の利用状況調査
http://www.ccc.co.jp/news/2015/20151001_004840.html
◇海老名中央市立図書館へ行ってきた
http://www.fdj.com/2015/10/223.html

◆米スタバ、注文アプリの完成度 全米で月500万件注文
朝、家を出る際にアプリでコーヒーをオーダーし、5分後、駅前のスターバックスでピックアップする。今年9月からスターバックスが米国で始めた事前オーダーアプリにより、そんなことが可能になった。
携帯電話の支払いとまとめて課金されるキャリア決済など、独自の形で近い将来日本でも導入が進むだろう。
[日経MJ/本流eビジネス 15/12/18]
◇スタバアプリの新機能|"Starbucks Mobile Order & Pay"
http://hunfooli.jp/blog/archives/2031
◇スターバックス、全米の直営店でアプリ注文!
http://blogos.com/article/135344/
◇アプリ内決済で財布いらず、決済環境の変化
http://www.mag2.com/p/money/7159

◆「置物型」コミュニケーションロボ 、低コストで表情豊かに
ソフトバンクのペッパーの登場以降、ネットとつながり、人とコミュニケーションする人型ロボットに注目が集まっている。富士ソフトの「Palro(パルロ)」やシャープの「RoBoHoN(ロボホン)」(開発中)などがある。
こうした人型ロボットは可動部に高価なサーボモーターを多数使うため、価格が高くなりがちだった。だが、先日、東京都内で開かれた「2015国際ロボット展」では、可動部を減らした「置物型」の新顔が続々と登場した。いずれも10万円前後での販売を目指している。
[日経MJ/先読みウェブワールド 15/12/21]
◇2015国際ロボット展 HP
http://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/
◇富士ソフト「Palro(パルロ)」
https://palro.jp/
◇シャープ「RoBoHoN(ロボホン)」
https://robohon.com/special/
◇ユニロボット「unibo」(ユニボ)
http://www.unirobot.com/
◇MJI「TAPIA(タピア)」
http://mjirobotics.co.jp/
◇KDDI出資のロボット「JIBO(ジーボ)」
http://irorio.jp/nagasawamaki/20150806/250476/
◇ロボットと人の新たな関係は?「2015国際ロボット展」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kyokai/20151212_734850.html
◇2015国際ロボット展 まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2144904826109417301

◆ローカル線、再生へGO、光回線利益分配、サイトで物販情報
いすみ鉄道とトムス、鉄道ファン需要開拓
乗りに行けなくてもローカル鉄道のサポーターに――。千葉県地盤のいすみ鉄道(千葉県大多喜町)とウェブサイト制作のトムス(さいたま市)は、全国のローカル鉄道を支援する仕組み作りに乗りだした。利益の最大5割をローカル鉄道に分配するインターネット接続事業や専用サイトを通じた物販情報の提供で少子化や過疎化に苦しむローカル鉄道を支援する。
[日経MJ 15/12/21]
◇ローカル線光GO
http://localtetsudo.com/
◇ローカル鉄道.com
https://www.facebook.com/LocalTetsudoJapan/timeline?ref=page_internal
◇いすみ鉄道・社長のブログ
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2333

◆空気読まず自ら貫く=「バカ」って格好いい!?
高校生、動画で表現、大学で議論白熱、雑誌も登場、企業も注目。
バカとは何かを考えるイベントが企画されたり、バカをテーマにした雑誌が発刊されたり。最近、様々なところで「バカ」を目にする機会が増えている。表立って口にしづらいものだったが、頭の良しあしや自虐だけでなく、今やクールな雰囲気をまとった褒め言葉のように捉えられることも。バカって格好いいの?
[日経MJ 15/12/23]
◇赤塚不二夫生誕80年企画 「バカ田大学」
http://ark.on.arena.ne.jp/bakada/20151205_20160331.html
◇"バカ"とは何かを問う、「バカ田大学」開講
http://www.fashionsnap.com/news/2015-11-06/bakadauni/
◇赤塚不二夫公認サイト「これでいいのだ」
http://www.koredeiinoda.net/manga/bakadai_goods1.html
◇バカでいたい男のための雑誌「レックレス」
http://www.fashionsnap.com/news/2015-11-07/reckless/
◇カップヌードルのCMのテーマは「バカッコイイ」
http://mery.jp/102888

◆デンマークから新しい風 老舗・新進、個性派が躍動
圧倒的知名度の「ソフト」を変更/デザインの発信 在日大使館支援
洋食器のロイヤルコペンハーゲン、家具のフリッツ・ハンセンやカールハンセン&サン、照明のルイスポールセンなどデンマークデザインというと日本市場では不変の定番という位置を占めてきた。そんなデンマークデザインに保守的なイメージを変えようという新しい動きが出てきた。
[日経MJ 15/12/23]
◇Series 7 Chair HP
http://www.7chair.com/
◇ロイヤルコペンハーゲン HP
https://www.royalcopenhagen.jp/
◇「ロイヤル コペンハーゲン」伝統のクリスマステーブル展示
http://www.kateigaho.com/information/news/20151118_916_1.html
◇コーデザインコンセプト HP
http://www.ko-design.jp/
◇北欧ブランド「HAY」 HP
http://www.hay.dk/
◇北欧ブランド「HAY」 FB
https://www.facebook.com/hayjapan
◇「HAY」がおしゃれすぎる!
http://matome.naver.jp/odai/2138510345948227301
◇DENMARK DESIGN HP
http://denmarkdesign.jp/

◆「たなばたけすくすく」(鹿島建物) 仕事の合間、気軽に菜園
JR浜松町駅の近くのビルにレンタル水耕菜園「たなばたけすくすく」はある。スタッフが常駐する安心感もあり、昨年7月の開業から1年半近くたつ今も空きがない。
「建物で水耕栽培をしたいという声がビルの持ち主や自治体などから集まりつつある」ため、今後、水耕栽培のノウハウを蓄えつつ、要望があれば他のビルオーナーなどに売り込んで、収益拡大につなげる考えだ。
[日経MJ/創るスマートビズ 15/12/23]
◇たなばたけすくすく HP
http://www.kajima-tatemono.com/sukusuku/about/
◇ビル管理の鹿島建物が始めたパイロット事業が面白い
http://hbol.jp/13557
◇東京タワーの近くの「屋内貸し菜園」
http://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/208878.html?p=all

◆都心ホテル、世界観で集客、熱烈ファン夢心地、
「クール!」SNS拡散
オトナキティ 京王プラザホテル/迫り来るゴジラ ホテルグレイスリー新宿/「999」メーテルと旅へ ホテルグランパシフィックLE DAIBA
東京都内のホテルで個性的な客室が相次ぎ登場している。部屋の備品から食事までキャラクターの世界観に浸れる仕掛けをふんだんに盛り込んでいるのが特徴で、稼働率は上々だ。成功の秘訣は大人が満足できるデザインであること。新規出店が活発な都心部では顧客の争奪戦が激しく、レストランなどだけでなく、客室でも他者を圧倒する魅力づくりに知恵を絞る。
[日経MJ 15/12/25]
◇京王プラザ「ハローキティルーム」
http://www.keioplaza.co.jp/stay/sanrio.html
◇ホテルグレイスリー新宿「ゴジラルーム」
http://gracery.com/shinjuku/godzilla/index.html
◇新宿ゴジラ・ヘッドを近くで見る方法
http://www.yuru-sanpo.com/archive/4977/
◇ホテルグランパシフィックLE DAIBA「Galaxy Express 999 ROOM」
http://www.grandpacific.jp/lp/999/
◇パークホテル東京「アーティストが作る部屋」
http://www.huffingtonpost.jp/park-hotel-tokyo-news/post_7844_b_5510260.html
◇ビジネスホテル集客の肝は満足度の高い朝食にあり
http://hbol.jp/73991

◆「新型50・60代」の変化 微妙な気持ち、先取りを
「あなたは従来の40・50・60代と違うと思いますか」という問で、なんと85.1%が違うと答えており、特に50代が85.2%、60代が85.8%と50・60代がやや高い傾向。こうした50・60代を、従来の世代と大きく異なる、という意味で「新型50・60代」と呼んでいる。
[日経MJ/阪本節郎の新大人学 15/12/25]
◇新大人はこれまでの同世代と違う“新型50・60代”/博報堂(原典)
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2015/10/1008_2.pdf
◇クロスジェネレーションを求める新型50・60代/博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2015/11/20151118.pdf
◇いつまでも若々しく、自分らしく 「ありたい姿」に向けた訴求が響く
http://adv.asahi.com/modules/feature/index.php/content0742.html
◇人は「わくわく」すると消費する
http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/3599/
◇「わくわく消費」がシニア層と日本社会を元気にする
http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/7042/

◆ネット、リアル革命
アマゾン・ドット・コムと楽天がほぼ同時期にリアルの世界に攻め込んできた。ネットで暮らしの質は向上したが、増え続ける情報量をコントロールできなくなり、リアルの良さに再び目が向けられている。いかにネットの情報と向き合い快適な暮らしへとつなげるか企業も消費者も模索している。
楽天は昨年秋から楽天市場の人気店の舞台裏を体験できるツアーを始めた。どれも定員は満員で、ツアーでは商品が次々と売れていく。
[日経MJ 16/01/01]
◇アマゾン書店では客ごとに本の値段が変わる?
http://forbesjapan.com/articles/detail/10129
◇リアル書店はアマゾンの“懺悔”なのか
http://www.sankei.com/premium/news/151107/prm1511070017-n1.html
◇楽天カフェ HP
http://cafe.rakuten.co.jp/
◇楽天カフェが意外とオシャレで便利そう
http://matome.naver.jp/odai/2140126038652760201
◇「BEAN TO BAR」チョコレート作り体験
http://www.gourmetbiz.net/4892/
◇amazonアマゾン・ダッシュ・ボタンとは?
http://matome.naver.jp/odai/2142795729843908601
◇ネットフリックス HP
https://www.netflix.com/jp/

◆「日本の酒」新時代を拓く 「地ウイスキー」産声
木内酒造 茨城に蒸留器、世界で勝負
ガイアフロー 静岡で本格スコッチ狙う
1980年代にもブームがあったが、その際は安価な製品が多く、あっという間に終わった。今回は世界市場を狙い、本格的なウイスキーの蒸留をめざす動きが各地で相次ぐ。
[日経MJ 16/01/01]
◇木内酒造「額田醸造所」 HP
http://www.kodawari.cc/?jp_home/about/nukada.html
◇木内酒造、人気爆発「クラフトビール」大増産
http://www.sankei.com/premium/news/150223/prm1502230003-n1.html
◇ガイアフロー HP
http://www.gaiaflow.co.jp/
◇ガイアフロー「WHISKY PORT」 HP
http://whiskyport.jp/html/company.html
◇ガイアフロー 代表 中村大航氏インタビュー
http://www.gaiaflow.co.jp/blog/?paged=5
◇次なる挑戦、ウイスキー 創業百年の岡山・宮下酒造
http://www.sankei.com/photo/info/news/151224/inf1512240001-n1.html
◇ベンチャーウイスキー「イチローズ・モルト」レポート
http://news-act.com/archives/41640614.html

◆「宅配」の近未来、時間縛らず、在宅不要に、生活動線上で受け取り
玄関先争奪戦を繰り広げるネット通販や宅配業者。でもそれが果たして顧客にとって本当に利便性を提供しているのだろうか。利便性は時代と共に変わるからだ。社会的、経済的にも負担となる再配送。顧客もその弊害をうすうす感じているようだ。玄関先争奪戦のその先にある近未来はどんな世界なのか。すでにその波頭が見えてきている。
[日経MJ 16/01/04]
◇コンビニ受け取りが宅配を超える日は来るか
http://diamond.jp/articles/-/81508
◇日本初!ネットスーパー受け取り用冷蔵ロッカーを駅構内に設置
http://www.tokyu.co.jp/company/news/list/?id=2368
◇宅急便が近くのロッカーで受け取れる
http://www.kuronekoyamato.co.jp/webservice_guide/locker_off.html
◇ドイツのパックステーション
http://alekona-germany.blogspot.jp/2013/02/blog-post_3.html

◆「つかみ」抜群、ユニーク名刺、場を和ませ、印象鮮烈
机の奥にしまわれにくい
ユニークな名刺を受け取り、相手に強烈な印象を抱いたことはないだろうか。クッキーや落花生など食べられるものから、プラモデルパーツ風までその種類も幅広い。名刺のデータ保存や食べ物に絵柄や文字を印刷できるフードプリンターの普及などが変わり種名刺の広がりを後押ししているようだ。
[日経MJ 16/01/08]
◇名刺管理サービスのSansan HP
http://jp.sansan.com/
◇Sansan名刺総研 HP
http://jp.corp-sansan.com/
◇「Sansan名刺納めin築地本願寺」を開催
http://jp.corp-sansan.com/news/2015/151220_7214.html
◇名刺クッキー「シリアルマミー」
http://www.sirimami.com/item/978.html
クッキーに落花生…名刺はここまで自由に!
http://toyokeizai.net/articles/-/35927
◇里親探しの猫カフェ「ネコリパブリック」 HP
http://www.neco-republic.jp/
◇ユニークなデザインの名刺まとめ
http://dlcmag.com/a-visiting-card.html
◇世界のユニークな名刺20選 Part1
http://adgang.jp/2011/08/9541.html
◇世界のユニークな名刺20選 Part2
http://adgang.jp/2014/05/61272.html
◇名刺に関する実態調査2015/Sansan
http://jp.corp-sansan.com/news/2015/150326_6523.html

◆「映像投映」の吸引力
「見せ方」無限大、売り場に変革
店舗でプロジェクターの利用が広がっている。明るく高解像度になってきたことで、日中のショーウインドーでも集客に威力を発揮。店内の雰囲気づくりや装飾を際立たせるために利用する店も少なくない。今後その技術はさらに進化する可能性が高く、販売員代わりに活躍する場面も出てきそうだ。プロジェクターがもたらす店舗改革の最前線を追った。
[日経MJ 16/01/11]
◇バーニーズ ニューヨーク銀座店「Space Player(R)」で空間演出
http://news.panasonic.com/jp/topics/2015/44157.html
◇代々木上原の新感覚レストラン「ナインストーリーズ」
http://www.fashion-press.net/news/12147
◇「Canon EXPO Tokyo 2015」展示会で未来体験
http://news.livedoor.com/article/detail/10814113/
◇ミキモト・ファンタジー作品「Precious Moments」
http://www.kids-event.jp/spot/0185/

◆新時代の互助機能!? 車だけでなく、知識や時間もシェア
所有物を他人と共有する経済活動、シェアリングエコノミーが今年、拡大しそうだ。カーシェアやマンションの空き部屋を旅行者に提供する民泊に代表されるが、最近はモノや空間だけでなく知識や時間を貸し借りする仕組みがインターネット上に続々と登場。今月中旬、シェアリングエコノミー協会も設立される。
[産経新聞 16/01/11]
◇シェアリングエコノミー協会 HP
https://sharing-economy.jp/
◇シェアリングエコノミー「エニタイムズ」 HP
https://anytimes.co.jp/
◇シェアリングエコノミーに関する調査/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1433.pdf
◇シェアリングエコノミー市場規模10年後3350億ドルに
http://jp.techcrunch.com/2015/12/10/ivs-fall-2015-session-sharing-economy/

◆思いを活字に 個人で本出版 地域に根ざしたリトルプレス活況
長引く出版不況のなか、個人や少人数で自主制作するリトルプレスが注目を集めている。中でも、地域に根ざした小出版の動きが活発化。企画、編集、販売まで少人数でこなしているとは思えない質の高い出版物が次々と登場しているが、その背景には、東日本大震災後のふるさと回帰志向と、技術の発達に伴って作業が容易になってきたことが挙げられる。
[産経新聞 16/01/11]
◇リトルプレス展示、シンポジウム報告
http://photograph.zokei.ac.jp/event/4907.html
◇南陀楼綾繁氏 Twitter
https://twitter.com/kawasusu
◇浅野卓夫氏インタビュー
http://www.bk-web.jp/2014/0202/ui.php
◇北九州市『雲のうえ』街の名物はフリーペーパー
http://www.projectdesign.jp/201411/mediaventures/001694.php
◇全国の市営施設紹介雑誌『しのそのへ』
http://www.ttmtknk.com/
◇男の隠れ家ONLINE
http://www.kakurega-online.com/
◇リトルプレスの作り方~個人メディアから流通まで。
http://hibinokeiko.blog.jp/archives/29479158.html
◇今読みたい、注目のリトルプレスまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2139080423021849501

◆無用でも保存される建築物、「トマソン」若者とりこ「マヌケさ」新鮮
行き先がなく上り降りするだけの階段や、ふさがれてしまって出入りできない門――。1970年代に「トマソン」と名付けられブームとなった路上の建築物を鑑賞して楽しむ若者が再び増えている。スマホやSNSの普及で撮影がしやすくなったり、同好の士を見つけやすくなったりしたことが人気復活の背景にはあるようだ。
[日経MJ 16/01/11]
◇Fumee(フュメ) HP
http://www.fumee.jp/
◇Fumee(フュメ) FB
https://www.facebook.com/Fumee-620780434657710/
◇トマソン(wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%BD%E3%83%B3
◇赤瀬川原平さんを悼んで
http://blogos.com/article/97433/
◇2013年街で見つけたトマソン
http://y-ta.net/thomasson2013/

◆目の前で一から、手作りします、ライブ感と特別感演出
おいしさ追求、ワクワク、オーダーメード
注文を受けてから麺を打ち始めるラーメン店、依頼主の指を見てその場で指輪を作るアクセサリー店……。お客さんの目の前で一から作ってくれる店が人気を呼んでいる。作る過程を見られるライブ感やできたてのおいしさ、自分のために作ってくれているという特別感が多くの人の心をつかんでいるようだ。
[日経MJ 16/01/15]
◇中目黒の焼肉屋「Beef Kitchen」のLiveジェラート(YouTubu)
https://www.youtube.com/watch?v=ffZIUCmcf_s
◇目の前で和菓子を作ってくれる「鶴屋吉信東京店」
http://www.sweets-meister.com/?p=729
◇注文を受け粉から製麺!ラーメン店「麺や七彩」
http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/report/detail/7067/
◇口コミで評判、オーダーメイドリング「gram」
http://by-s.me/article/159266709221896171
◇One to Oneマーケティングで顧客ロイヤリティを向上
http://markezine.jp/article/detail/22275

◆エンゲル係数上昇中
食費の負担、バブル期並み、共働き・個食…支出削れず
消費支出に占める食費の割合を示し、生活水準が上がったか下がったかどうかの目安となる「エンゲル係数」に異変が起きている。本来なら経済成長とともに下落するパターンが崩れ、急ピッチで上昇しているのだ。世帯人数の減少に伴う個食化や外食化に加え、増税や原料高が重なったためで、新たな食スタイルが生まれつつある。
「食品に支出いとわず」12.5%、増える「こだわり」層
食費の増加から節約に動く人がいる一方、「食に対してはお金をかけてもいい」と考える人が増えていることも、エンゲル係数上昇の一因だ。
[日経MJ 16/01/15]
◇日本のエンゲル係数上昇中
http://blog.livedoor.jp/retire2k/archives/43946870.html
◇食費の目安、エンゲル係数20%はホント?
http://allabout.co.jp/gm/gc/11835/2/
◇西荻窪プロジェクト「okatteにしおぎ」 HP
http://machigurashi.jp/nishiogi/
◇西荻窪プロジェクト「okatteにしおぎ」 FB
https://www.facebook.com/okatte.nishiogi/
◇消費支出2カ月連続減、アベノミクスが低下させた生活水準
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/170720
◇ここ最近、節約を意識していますか?/ハピ研
http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/201502/00535/
◇外食に関する意識調査/ジャパン・レストラン・ウィーク
http://www.gnavi.co.jp/company/release/2015/pdf/20150714.pdf

◆温かみ感じる金属雑貨 町工場の職人の手仕事、息づく
磁石を利用してブローチになる
難度高い作業も引き受ける自負
職人の手仕事というと伝統工芸を思いがちだが、工業製品を作る町工場にも手仕事が息づいている。「TE(テ)」は精密機械板金の技術から生まれたプロダクトブランドだ。金属ながら柔らかさや温かみを放つのは、しっかりと人の「手」が作ったことを感じさせるからだろう。
[日経MJ 16/01/13]
◇落合製作所 HP
http://www.ochiai-seisaku.co.jp/
◇落合製作所・落合健一 FB
https://www.facebook.com/kenichi.ochiai.1
◇デザインユニット「id(イド)」 HP
http://id-inc.jp/
◇デザインユニット「id(イド)」 FB
https://www.facebook.com/design.id

◆広がるデジタルマーケティング 顧客に寄り添い行動変える
「デジタルマーケティング」を担う組織を新設する動きが広がっている。2016年は、もはや経営者にとって知らないとは言えない年になる。
あらゆるものをネットにつなぐ「IoT(インターネット・オブ・シングス)」時代は売ることが最終目的でなくなる。
どうしたら顧客の行動を変容させることができるのか。どんなプロセスで最終的に価値を最大化するのか。顧客の行動データは企業で最も重要なデータになるだろう。
[日経MJ/奔流eビジネス 16/01/15]
◇売る事は目的ではない、エンドリザルトという考え方
http://zephyr-01.xsrv.jp/marketing-49-1352.html
◇「モノ」ではなく「体験」を売るエクスペリエンス・マーケティング
http://k-art-factory.jp/blog-contents/nagai-marketing-2/
◇「実行動データ」って本当に使えるの?
http://dentsu-ho.com/articles/2691
◇顧客LTVを最大化するクリエイティブフレームワークとは?
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/01/23/18981
◇これからの優れた顧客体験とは?
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2016/01/25/21697
◇2021年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望
http://www.nri.com/Home/jp/news/2015/151125_1.aspx

◆ヒット商品番付、ライフスタイル編
気付かせ型暮らし彩る、複合施設・サービス、提案型、注目集める
2015年のライフスタイル関連のヒット商品番付では、ちょっとした不便を解消し、新しいスタイルを提案するような「気づかせ型」の施設や商品、サービスが上位に入った。横綱は複合施設「二子玉川ライズ2期棟」、大関には従来型のゲームをベースにしながら、銃弾の代わりにインクを塗り合う遊び方でヒットした任天堂のゲームソフト「スプラトゥーン」が入った。
[日経MJ/回顧2015 15/12/28]
◇「二子玉川ライズ」は第2期エリアこそが本当の姿
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO86933000Y5A510C1000000/
◇任天堂のゲームソフト「スプラトゥーン」
https://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/
◇「コトン」が世界最小の“ハンディー洗濯機”である確かな理由
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1501/27/news037.html
◇東京ワンピースタワー HP
http://onepiecetower.tokyo/
◇プリオール カラーケアシャンプー HP
http://www.shiseido.co.jp/cms/onlineshop/campaign/i/pr/
◇全国でコインランドリーが増え続けている理由
https://zuuonline.com/archives/85889

| | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »