« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016/03/25

情報クリップダイジェスト 2016/02 をアップしました

各位

情報クリップダイジェスト 2016/02 をアップしました

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2016/03/201602-6c45.html

毎度毎度、あいそなしですみません <m(__)m>

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップダイジェスト 2016/02

◆永平寺門前再生、「ヒルズ流」で挑む
交流重視、地域の意くむ、複合開発、人呼ぶ仕掛けちりばめ
ミシュラン旅行ガイドで二つ星を獲得した名刹、大本山永平寺(福井県永平寺町)。知名度は抜群だが、近年は観光客の減少に直面する。そこで東京地盤のデベロッパー、森ビルが参道や宿泊施設の整備など江戸時代のまちの復元支援に乗り出した。北陸新幹線の福井延伸を視野に、2020年の東京五輪開催までの完成を目指す。
[日経MJ 16/01/20]
◇森ビルが「禅の里」のまちづくりをサポート
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00446/
◇ミシュラン2つ星を獲得!福井県の古刹「永平寺」とは?
http://tabijikan.jp/2015/11/23/15544/
◇永平寺町が禅文化発信/ブランド化へ好機逃すな
http://3coco.org/a/modules/d3pipes_2/?page=clipping&clipping_id=50496

◆モダン手ぬぐい海外へ 昭和の柄、職人技で表現
生き残りを模索 伝統技術に活路
生地の用途多彩 企業とコラボも
老舗の手ぬぐい専門店、永楽屋(京都市)。友禅染の絵画のような柄が和風でありながらシックでモダンだと、リピーターを増やしている。ロンドンのミュージアムショップが取り扱い始め、海外ではスカーフとしてファッションにも取り入れられている。
[日経MJ 16/01/27]
◇手ぬぐい専門店「永楽屋 細辻伊兵衛商店」 HP
http://www.eirakuya.jp/
◇細辻伊兵衛代表自ら「てぬぐいコスプレ」
http://wafutsushin.com/news/2015/06/12/eirakuya
◇白い壁にしっとり馴染む永楽の手ぬぐい
http://tyoro-ge.hatenablog.com/entry/2014/02/11/131550
◇市川海老蔵×永楽やコラボ
http://blog.goo.ne.jp/mimoron/e/6d924c71d07bfd3b6e1292f6cfbdf3e9

◆「変曲自在」錫100%小物 伝統工芸に革新吹き込む
サイズや角度を変えれば別用途
体験工房を併設 観光拠点目指す
堅いはずの金属が手で簡単に曲げられる。金属加工の常識を覆す錫100%の製品を手掛ける富山県高岡市の鋳物メーカー、能作。革新的なデザインを繰り出し、今や世界からも注目を集める存在だ。伝統工芸の担い手ながら常に攻めの姿勢を忘れず、創業100年の今年も革新に挑む。
[日経MJ 16/02/10]
◇高岡鋳物メーカー「能作」 HP
http://www.nousaku.co.jp/
◇五十嵐久枝氏主宰「GARASHI DESIGN STUDIO」
http://www.igarashidesign.jp/archive/
◇スウェーデンのデザインユニット「CKR」サイト
http://www.claessonkoivistorune.se/
◇能作×Claesson Koivisto Rune
https://www.facebook.com/japancreative?filter=1
◇ウェブマガジンCONTRAST「伝統は攻めるもの」
http://con-trast.jp/dialogue/52
◇高岡市 ものづくり・デザイン科
https://www.city.takaoka.toyama.jp/school/kosodate/gakko/monozukuri/index.html

◆個性派旅行、独自に編集、専門サイト、犬ぞり体験・キューバで民泊
中小旅行会社と連携旅行関連ベンチャーのBUZZPORT(バズポート、東京・渋谷)は中小旅行会社と連携し、個性的な海外旅行プランに特化したサイトをオープンした。極寒の地での犬ぞり乗りや南米での民泊などユニークな体験を集め動画を交えて発信する。同社の江藤誠晃社長は旅行作家としても活動しており、作家の視点から旅情をかき立てるようなテーマ性のある商品を発掘、コト消費を喚起する。
[日経MJ 16/01/18]
◇トラベルエージェント「BUZZPORT」 HP
http://www.buzzport.tours/
◇TRAVEL PLANET FB
https://www.facebook.com/travelplanet.jp/
◇BUZZPORTプロデューサー 江藤誠晃氏インタビュー
http://asenavi.com/archives/4298
◇ユニークな旅を厳選して紹介する「TRAVEL PLANET」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000017513.html

◆「転職消費」高鳴る
年300万人、波及効果大きく、「気分変える必要経費」
転職する際、新しい職場に移るまでにお金を使う「転職消費」が盛り上がっている。年間約300万人もの転職者による消費額は1兆8400億円にのぼるという試算も。人手不足の中でステップアップをする転職者も多く、リフレッシュのための旅行やスーツの買い替え、資格取得に関わる消費も旺盛だ。転職消費の実態に迫った。
[日経MJ 16/01/18]
◇転職時の旅行経験に関する調査/トリップアドバイザー(原典)
https://www.tripadvisor.jp/TripNews-a_ctr.JCdata
◇トリップアドバイザー「転職旅行」ポータル
https://www.tripadvisor.jp/TripNews-a_ctr.JC
◇転職旅行に関する調査/@type
http://type.jp/s/news/articles_150128.html
◇転職に伴う消費、1位は引越
http://www.bijinji.com/work028/
◇転職活動中の消費について
http://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3174.html

◆20代と違う「新大人」18歳の意識 消費に意外と前向き
(1)無駄遣いはせずコスパにシビアな18歳。しかし、趣味にはお金を惜しまず、恋愛・消費にも意欲。
(2)指南役がいれば挑みたい「憧れ消費」のトップ、女性「化粧」、男性「自動車・バイク」。
(3)「父母と結構仲が良い」は73%。両親とは親密で、55%が「人生の重大な選択で父母の意見は重要」
[日経MJ 16/01/18]
◇キリン食生活文化研究所 HP
http://www.kirin.co.jp/csv/food-life/
◇「新大人」に関する調査/マクロミル
http://college.nikkei.co.jp/article/62055410.html
◇18歳のホンネは? 初の世論調査
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2016_0125.html
◇2016年 新成人に関する調査/マクロミル
http://www.macromill.com/r_data/20160107shinseijin/20160107shinseijin.pdf
◇18歳選挙権は本当に必要?
http://blogos.com/article/152460/
◇スウェーデンが16歳選挙権を検討する6つの理由
http://www.huffingtonpost.jp/tatsuhei-morozumi/election_b_8941234.html

◆子供服、安心デザイン、事故防止へひもやフード新規格
ミキハウスや西松屋、対応急ぐ
子供服メーカーが相次いで商品デザインを見直している。経済産業省が先月、子ども服の安全性を高めるため新たな日本工業規格(JIS)を公示したからだ。規格に適合しなくても販売を禁じる法的拘束力はないが、消費者の関心が高いため対応を急ぐ。
[日経MJ 16/01/18]
◇子どもを事故から守るために子ども服のJISが制定
http://nacs.or.jp/mini_chishiki/kodomofuku/
◇子供服の安全基準まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2145067389165294901

◆「おもてなし」五感に訴え 旅館舞台にインテリア競演
豊かな色の敷物 自然の情景表現
空気清浄機造形 空間美しく演出
おもてなしといえば丁寧な接客が思い浮かぶが、それだけではない。訪日外国人に五感で感じてもらおうと、30を超える企業が都内に集まり旅館を舞台におもてなしの心をデザインから表現した。
[日経MJ 16/01/20]
◇IFFT/インテリアライフスタイルリビング
http://ifft-interiorlifestyle-living.jp.messefrankfurt.com/
◇THE HOTEL 旅館とおもてなしJAPAN
http://www.hoteresonline.com/articles/1065
◇THE HOTEL 旅館とおもてなしJAPAN について
http://ameblo.jp/interior-joho/entry-12108658539.html
◇日本の家具のいま
http://www.japandesign.ne.jp/report/ifft2015-furniture-1/
◇西澤明洋氏運営「EIGHT BRANDING DESIGN」
http://www.8brandingdesign.com/
◇立川裕大氏運営「tckw」
http://tckw.jp/index.php
◇伝統技術ディレクターの立川裕大氏 FB
https://www.facebook.com/yudai.tachikawa

◆「セミオーダー」関連拡充、ユニクロのネット通販
ジャケットを採寸、実店舗へ来店促す
ファーストリテイリング傘下のユニクロがインターネット通販で、セミオーダー関連の商品群を拡充する。昨夏に始めたシャツにストライプなど柄物を投入したほか、今月中旬からはジャケットを追加した。ジャケットは実店舗での採寸を前提とすることで、来店を促す。
[日経MJ 16/01/20]
◇ユニクロ初 セミオーダー感覚で作れるメンズジャケットを発売
http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2016/01/2016010614_jk.html
◇ユニクロができていない「基本中の基本」
http://toyokeizai.net/articles/-/82269
◇セミオーダー感覚「ファインクロスシャツ」は普通すぎ!
http://zeeen.me/archives/5175

◆自宅にお邪魔?いいえ、お店です。親近感、来店客を癒やす
まるで田舎のおじいちゃんの家や、仲間で騒ぐ友達の部屋。店主の「自宅」にお邪魔したような気分になる店が人気だ。タンスや食器棚が並ぶ居間を開放したり、あえて散らかしっぱなしだったり。普通の店ではあり得ないくだけた空気が、店主や客同士の距離を近づける。
[日経MJ 16/01/22]
◇スペースネコ穴 FB
https://www.facebook.com/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%82%B3%E7%A9%B4-194947380587751/
◇のんべえ達の秘密の魔窟「スペースネコ穴」
http://chin-pou-reports.seesaa.net/article/404912505.html
◇京都のディープスポット「スペースネコ穴」
http://portal.nifty.com/kiji/110930148402_1.htm
◇「うどん隠れ家」はあまりにも家すぎる
http://www.another-osaka.com/archives/1004906983.html
◇古書店「青空書房」 FB
https://www.facebook.com/pages/%E9%9D%92%E7%A9%BA%E6%9B%B8%E6%88%BF/394755280564080
◇92歳古書店主が語る戦後の本屋の風景
http://portal.nifty.com/kiji/151006194746_1.htm

◆小屋、「趣味用」に知恵、コスト抑え「こもり感」
タマホーム系、50万円の廉価版、良品計画、広さ10~35平方メートル
趣味用などに「小屋」を持ちませんか――。タマホーム子会社のSuMiKa東京・港)や「無印良品」を展開する良品計画などが小屋ビジネスに乗り出した。小屋の建築・販売を仲介するほか、自ら企画した商品を提案する。関心を寄せるのは規格化された住宅には飽きたらず、住まいに個性を求める消費者だ。愛好家の輪を広げようと、コストの抑制などにも知恵を絞る。
[日経MJ 16/01/22]
◇家づくりサポート「SuMiKa」
https://sumika.me/
◇SuMiKaの小屋
https://sumika.me/koyatenjijo/
◇MUJI HUT FB
https://www.facebook.com/mujihut/
◇無印良品が提案する小屋とは?
https://sumika.me/contents/8888
◇YADOKARI「未来の住まい方会議」
http://yadokari.net/
◇YADOKARIスモールハウス 「INSPIRATION by YADOKARI」
https://motion-gallery.net/projects/yadokari_small_house
◇小屋フェスで見つけた、柔らかい生活革命
https://cowcamo.jp/magazine/column/%E6%9F%94%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%84%E7%94%9F%E6%B4%BB%E9%9D%A9%E5%91%BD%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%B3%E3%83%88
◇大人の秘密基地。部屋の中の小屋を覘く
http://sumai.nikkei.co.jp/edit/suumojournal/detail/MMSUvk000009072015/?n_cid=TPRN0002

◆「天王洲アイル」華やかに、街まるごと美術館
制作現場・作家に遭遇も
東京都品川区の臨海部「天王洲アイル」。工場跡地などの再開発が進み高層ビルが立ち並ぶエリアとして知られるが、今、街の風景が変わりつつある。ぶらぶら歩くと、巨大な壁画を見られたり、突然オブジェに遭遇したり。まるで街ごとミュージアムだ。週末には家族連れやカップルが訪れ、にぎわい始めている。
[日経MJ 16/01/27]
◇天王洲アイル地域情報サイト「@TANNOZ」
http://www.e-tennoz.com/

◇「POW!WOW!(パウワウ)JAPAN」 HP
http://powwowjapan.com/
◇「POW!WOW!(パウワウ)JAPAN」 FB
https://www.facebook.com/PowWowJapan
◇東横イン元麻布ギャラリー HP
http://www.motoazabu-gallery.com/
◇現代彫刻家の三島喜美代氏サイト
http://www.mishimakimiyo.com/
◇画材専門店「ピグモン」 HP
https://pigment.tokyo/
◇隈研吾店舗デザイン「ピグモン」
http://awagami.jugem.jp/?eid=1155
◇天王洲セントラルタワー・1fアートホール FB
https://www.facebook.com/pages/%E5%A4%A9%E7%8E%8B%E6%B4%B2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC1f%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB/129120400577038
◇天王洲アイルで過ごすアートな1日。
http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/2015/11/tennnoz_art_walk_terrada.html
◇新・無料で観られる美術百選
http://ameblo.jp/artony/entry-11976762235.html

◆星のや富士 快適「キャンプ」自然満喫、癒やしの仕掛け随所に
旅館・ホテル運営の星野リゾート(長野県軽井沢町)は2015年10月30日、山梨県富士河口湖町に「星のや富士」をオープンした。6ヘクタールの広大な森を舞台に、キャンプ体験とホテル宿泊を融合させた日本初の「グランピングリゾート」。テント設置や料理など面倒臭さを除き、快適さを確保した上で、大自然を贅沢に満喫できる仕掛けをふんだんに盛り込んでいる。
[日経MJ/みせどころ 16/01/25]
◇星のや富士 HP
http://www.hoshinoresort.com/resortsandhotels/hoshinoya/fuji.html
◇日本初のグランピングリゾート、「星のや富士」
http://tabi-labo.com/196126/hoshinoya-fuji/
◇日本初グランピングリゾート「星のや富士」完全リポート
http://www.glamp.jp/hoshinoyafuji/

◆米バズフィード日本上陸、SNSの力で記事発信
「拡散」で急成長、定着なるか
世界で月間2億人以上の閲覧者数を誇るネットメディア、米バズフィードが日本に進出した。このほど日本版を開設し、同社の記者が取材した政治やエンターテインメントなど幅広いコンテンツを1日約20本配信する。SNSの口コミによる拡散力を生かし、読者の7割がSNS経由で訪れる。海外で急成長しているニュースサイトが日本で定着するかに注目が集まる。
[日経MJ 16/01/27]
◇ BuzzFeed HP
http://www.buzzfeed.com/
◇閉鎖的な日本のメディア業界に大きな変化をもたらす可能性
http://bylines.news.yahoo.co.jp/fujisiro/20160121-00053626/
◇バズフィード日本版会見は“意識高い系”祭でした
http://blogos.com/article/155954/
◇バズフィードが沖縄にも記者を配置するワケ
http://toyokeizai.net/articles/-/101532

◆企業ミュージアムなぜ盛んに?「物語」でブランド高める 
企業が運営するミュージアムには多種多様なものがある。家族で出かけてみると展示や体験コーナーが充実して一日楽しめる。
博報堂新しい大人文化研究所の調査によると、今後、お金をかけたいモノ・コトについて、教養・知識を高めるための活動や芸術鑑賞は60代のほうが40代より高い結果が出ている。
企業ミュージアムに注目しているのはシニアだけではなく、急増している訪日外国人の間でも、クールな日本文化を体験できる場所として、人気が高まっている。
[日経MJ 16/01/29]
◇ダスキンミュージアム HP
http://www.duskin-museum.jp/
◇ミスドのドーナツ手作り体験
http://10syoku.jp/archives/1491
◇ダスキンミュージアム について
http://blogs.yahoo.co.jp/konekopiano2008/33852488.html
◇竹中大工道具館 HP
http://www.dougukan.jp/
「竹中大工道具館」で匠の技に触れよう
https://kinarino.jp/cat7-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC/9826-%E3%81%9D%E3%81%AE%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%95%E3%81%AF%E4%B8%80%E8%A6%8B%E3%81%AE%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%81%82%E3%82%8A%EF%BC%81%E3%80%8C%E7%AB%B9%E4%B8%AD%E5%A4%A7%E5%B7%A5%E9%81%93%E5%85%B7%E9%A4%A8%E3%80%8D%E3%81%A7%E5%8C%A0%E3%81%AE%E6%8A%80%E3%81%AB%E8%A7%A6%E3%82%8C%E3%82%88%E3%81%86
◇バーチャル体験「セイコーミュージアム」
http://museum.seiko.co.jp/
◇企業ミュージアムで日本のものづくりを再発見!
http://tg.tripadvisor.jp/news/advice/corporate_museums/
◇企業博物館ランキング20選
http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-4424-20150809105147.html

◆福島県会津若松市 企業呼ぶ古民家オフィス
江戸時代は会津藩の城下町として栄え、若松城や御薬園など歴史的な観光資源の多い福島県会津若松市。そうした見どころを観光だけでなくビジネスの分野でも利用し、企業誘致につなげる取り組みが始まった。地場企業の受注拡大や地元での雇用増加を通して地域活性化を目指す。
[日経MJ/イキイキ地域 16/01/25]
◇会津若松スマートシティ推進協議会 HP
https://www.aizusmartcity.jp/
◇会津若松は”スマートシティ”の先頭ランナーになるか?
http://it.impressbm.co.jp/articles/-/10609
◇古民家生まれ変わりプロジェクト
http://www.sakuma-ci.com/0615kominkaproject.pdf
◇オフィスコロボックル奥会津 FB
https://www.facebook.com/KOROBOCL
◇古民家・空き家改修のすすめ「 住んでみんかドットネット」
http://sundeminka.net/

◆「書店に来て!」知恵絞る、出版取次や出版社
日販、3輪EVで「移動書店」、トーハン、武将ミニカー独占販売
書店の集客、旗振り役は取引先――。出版取次や出版社が異業種と組んで書店に客を呼び込もうとしている。取次首位の日本出版販売は自動車リース大手から3輪の電気自動車(EV)を導入し、「移動書店」を展開。2位のトーハンはタカラトミーと戦国武将がテーマのミニカーを独占販売する。出版物の販売額が過去最大の落ち込みとなるなか、異業種とのコラボで書店の魅力を高める。
[日経MJ 16/01/29]
◇日本エレクトライク HP
http://www.electrike.co.jp/
◇文禄堂荻窪店  HP
http://bunrokudo.jp/
◇人が集まる、人に逢いに行く書店「文禄堂荻窪店」
http://motorcars.jp/bookstore-where-people-gather-go-and-see-the-people20160120
◇住友三井オートサービス HP
https://www.smauto.co.jp/
◇トーハン、初の書店向けオリジナルトミカ発売
http://www.tohan.jp/news/20151225_656.html
◇2016年発売予定 ムック本発売日一覧
http://furokulog.publog.jp/archives/cat_918106.html

◆東急ハンズ社長吉浦勝博さん コト消費、小型店で開拓
時代に合う提案力磨く
生活雑貨を中心とした専門店の東急ハンズが元気だ。女性に特化した小型店「ハンズビー」など出店も多様化し、地方市場の開拓に余念がない。吉浦勝博社長は「今年で創業40年目。コト消費の先駆者として、らしさを磨きたい」と強調する。
ユニークな商品をそろえる目利き力や独自の提案力を持った人材をどう採用・育成するか。人手不足でアルバイトの確保が難しい面もあり、さらなる多店舗化には人材面の課題も浮上しそうだ。
[日経MJ/トップに聞く 16/02/01]
◇提案型ライフスタイルショップ「ハンズビー」
http://be.tokyu-hands.co.jp/
◇Antenna Box by TOKYU HANDS
http://www.tokyu-hands.co.jp/staffblog/2015/08/post-256.html
◇Antenna Box by TOKYU HANDS について(Blog)
http://ameblo.jp/tegami-koubou/entry-12105581293.html
◇ヒト・コト・モノでつながるCSR活動
https://www.tokyu-hands.co.jp/saiyo/shinsotsu/about/csr.html

◆青森の未来、高校生の手に、NPO法人が「まち塾」、地元活性化
熱意育む、北海道新幹線など議論
さびれる商店街、学校を卒業すると大都市に出ていく若者――。多くの地方都市が抱える悩みだ。NPO法人「あおもり若者プロジェクト クリエイト」はそんな課題の解決に向け、地元高校生を対象に「クリエイトまち塾」を運営する。ふるさとに愛着を持ち、将来、まちづくりの主役になってもらう若者を育てるのが狙いだ。
[日経MJ 16/02/01]
◇あおもり若者プロジェクト「クリエイト」 HP
http://www.aocre.com/
◇あおもり若者プロジェクト「クリエイト」 FB
https://www.facebook.com/aocre2009
◇高2でNPOを立ち上げた現役慶大生
http://www.huffingtonpost.jp/aqua-social-fes/story_b_7508466.html
◇あおもりエコの環スマイルプロジェクト
https://www.econowa-smile.com/model.html

◆きょうもどこかでオトナサークル、ネットで仲間「Meetup」
趣味や友達、世界広がる
ドッジボール 酒蔵見学 旅の思い出に「書」
世界で約2400万人が使うオンラインサービス「Meetup(ミートアップ)」。共通の趣味や関心をもつグループを探し、実際に会っていっしょに活動を楽しむ。これまで海外で多く使われてきたが、昨年10月に日本語対応したことをきっかけに日本でも利用者が増加。語学交流やスポーツなど、様々なグループが毎日イベントを開いている。大人の友達作りの現場をのぞいてみた。
[日経MJ 16/02/03]
◇イベントクラブを作成できる「Meetup」 HP
http://www.meetup.com/ja-JP/
◇イベントクラブを作成できる「Meetup」 FB
https://www.facebook.com/Meetup/
◇Tokyo Dodgeball Friendship Club FB
https://www.facebook.com/tokyododgeball
◇外国人と友達になるのにおすすめな「Meetup」の使い方
http://cultureal.jp/meetup-1/
◇「Meetup」とは
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/3422
◇つながる読書会-Bookclub with sharemind FB
https://www.facebook.com/tsunagarubook

◆自転車の魅力集う空間 コーヒー、雑貨…開放的なコンセプト店
販売1車種のみ 自由な楽しみ方
パーツを随所に 好奇心くすぐる
カフェや生活雑貨などの物販機能を併設した自転車をテーマとするショップ「Ratio &C(レシオ・アンドシー)」が東京・外苑西通り沿いにオープンした。ガラスの建物正面からのぞく店内の雰囲気や厳選した豆で提供されるコーヒーが、それまで自転車と縁遠かった人たちを引き寄せる。
[日経MJ 16/02/05]
◇Ratio &C(レシオ・アンドシー) HP
http://ratio-c.jp/
◇ブリヂストンサイクルのコンセプトストア「RATIO&C」
http://www.cyclesports.jp/depot/detail/55994
◇自転車のある上質な暮らしを提案する「RATIO&C」
http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/185068

◆「Iot」で変わる生活と店 人もネット接続、健康管理
プライバシー不安視も
「Iot(アイオーティー)」という言葉をビジネスニュースの中で耳にする機会が増えた。インターネットを巡る新しい動きのようで、普及すれば消費や生活にも影響を与えるとか。家庭や小売店はどう変わるのか。
「インターネット・オブ・シングス」という英語の頭文字をつなげた言葉で、直訳すると「モノのインターネット」となります。すべてのモノがインターネットにつながっていく傾向や現象、仕組みなどの総称。
[日経MJ 16/02/05]
◇Iot(アイ・オー・ティー)とは
http://matome.naver.jp/odai/2142123822359312101
◇ソニー「マルチファンクションライト」を開発
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201601/16-002/
◇スマホで開け閉め!? 未来の鍵「スマートロック」9選
http://eamag.jp/2188
◇新生グローサリーストア「FOOD&COMPANY」
http://www.foodandcompany.co.jp/
◇IoT(アイ・オー・ティー)で住宅では何ができる!?
http://www.o-uccino.jp/article/archive/trend/20160106-iotjyutaku/
◇日本におけるIoT に関する調査/ガートナー
http://www.gartner.co.jp/press/html/pr20150511-01.html
◇IEEEがIoTに関する調査結果を発表
https://www.atpress.ne.jp/news/60542
◇IoTの先--あらゆるモノやコトがサービス化される世界
http://japan.zdnet.com/article/35074752/

◆「個性派」賃貸広がる、猫の通行口あり・ラウンジで交流、家賃高め、オーナーも利点
不動産ベンチャーなどが企画した個性的な賃貸住宅が増えている。入居者に内装を自由に選んでもらったり、広い共用ラウンジを設けたりするほか、猫など動物と同居しやすくするなど特色を競う。節税対策で賃貸物件の新築が相次ぎ、空室率が高まるなか、違いを打ち出して入居者を獲得する。家賃下落を抑えたい賃貸物件のオーナーには古い物件の刷新も提案する。
[日経MJ 16/02/05]
◇グローバルエージェンツ HP
http://www.global-agents.co.jp/
◇ガトスアパートメント HP
http://gatos-apartment.com/
◇猫専用デザイナーズマンション誕生秘話
https://pet-happy.jp/article/neko_ooya/000065.html
◇グローバルエージェンツ「ソーシャルアパートメント」
http://www.social-apartment.com/
◇世界が広がる居住スタイル/日本仕事百貨
http://shigoto100.com/2014/05/globalagents.html
◇大和ハウス工業「防音配慮型賃貸」
http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/lifestyle/kanaderuie/

◆消費者のストレス耐性低下 「迅速な情報表示」不可欠に
消費の現場におけるオンデマンド化の進展は消費者の価値観を大きく変えようとしていると、特に注意を払うべきなのは、待たされることにおける「ストレス耐性」の低下だ。欲しい時に得られる「待ったなし」の体験が広まってきたからだ。
今後、多くのビジネスは一様に「スピーディーに情報を表示しなければ」との圧力にさらされることを覚悟しなければならない。自分が日ごろ消費行動においてどう振る舞っているかを振り返れば、おのずと理解できるはずだ。
[日経MJ/先読みウェブワールド 16/02/08]
◇アドビ HP
http://www.adobe.com/jp/
◇オンデマンド経済はどのように進化するか?
http://thebridge.jp/2016/01/4-ways-the-on-demand-economy-will-evolve-in-2016
◇急成長するオンデマンド経済:労働市場の未来
http://society-zero.com/chienotane/archives/37
◇ウェブサイトの最適化で表示速度を高速化
http://media-pickup.com/column/20150215/page-speed-and-yslow-optimization/

◆住所知らなくても贈れる、バレンタインはSNSで、ソーシャルギフト
普段使い、手軽に感謝の意
プレゼントをSNSやメールで贈る「ソーシャルギフト」が広がってきた。歳暮や中元を贈る人が減るなか、コミュニケーションの延長線上でプレゼントできる点が若い女性を中心に受けている。頭打ちのギフト市場の起爆剤となるか。安価な商品を気軽に贈れるソーシャルギフトは、カジュアルギフトの中心的な役割を果たす可能性がある。ギフト市場の活性化はスマホ時代の新しい贈答文化が根付くかにかかっている。
[日経MJ 16/02/10]
◇ギフトサービス「Anny」
https://anny.gift/
◇三越伊勢丹の高貴なギフトで革新起こす
http://ecnomikata.com/ecnews/strategy/5645/
◇ギフトサービス「giftee」
https://giftee.co/
◇ローソンン「eギフト」
https://gift.lawson.jp/
◇ギフトサービス「cotoco」
https://cotoco.net/
◇ソーシャルギフトはどこまで手軽に進化するのか
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/3278
◇様変わりするギフト市場 ソーシャルギフトの行く末はいかに?
http://for-now.co.jp/archives/98
◇市場拡大を続けるソーシャルギフト
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/4587

◆働く主婦、家族との時間を優先 懐に余裕、心にゆとり
(1)家族とのコミュニケーションを優先。安倍政権発足後、働く主婦層の心理に表れた『ゆとり』。
(2)消費税10%に向けて、「購買意識が変わる」と回答したのは約5割で、8%の調査時に比べ約15ポイント減少。
(3)消費税10%に向けて、働き方を「変える」主婦が約4割。一方で消費は賢く、より吟味する傾向。
[日経MJ 16/02/01]
◇ビースタイル HP
http://www.bstylegroup.co.jp/
◇しゅふJOB総研 HP
http://www.bstylegroup.co.jp/news/shufu-job/
◇ゆく年くる年アンケート2015/しゅふJOB総研
http://www.bstylegroup.co.jp/news/shufu-job/news-7702/
◇仕事に関する石川県女性のホンネ調査/ウーマンスタイル
http://www.woman-style.jp/company/pdf/20140416.pdf
◇女性の活躍に関する調査 2015/ソニー生命
http://www.sonylife.co.jp/company/news/26/nr_150326.html
◇共働き家族の暮らしと意識に関する調査/セキスイハイム
http://www.sekisuiheim.com/info/press/20140205.html

| | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »