« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016/04/22

情報クリップ・ダイジェスト 2016/03 をアップしました

熊本の大震災など暗いニュースばかりの日々ですが、それでも、一年で一番気持ちのいい初夏がやってきました。

颯爽とした初夏の風に、明るい将来を感じ取りたいものです。

情報クリップ・ダイジェストの3月号をアップしましたのでお知らせします。

http://dot-jp.air-nifty.com/djp/2016/04/201603-f8ed.html

どうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む "情報クリップ・ダイジェスト 2016/03 をアップしました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2016/03

◆「ぼんぼり」心あったか、アレンジ多彩、観光にも
ひな祭りでおなじみの照明「ぼんぼり」が進化している。花やブドウの房などカラフルでかわいらしい形のぼんぼり風照明が登場し、自分で作る人も増えてきた。アニメのぼんぼり祭りを再現したり、和紙や竹で作ったぼんぼり風熱気球を飛ばしたりと観光地などで活用するケースも。
[日経MJ 16/02/29]
◇カフェ「patisserie bouquet」 FB
https://www.facebook.com/Patisseriebouquet/
◇ERI flowers & candles「BonBORA」
http://eriflowers.com/bonbora/bonbora.html
◇手作りランプ教室「PAPERMOON」 HP
http://www.papermoon-light.com/
◇手作りライト教室「手作り de お家ライト」 HP
http://ouchi-light.com/
◇アニメの祭りが現実に!「湯涌ぼんぼり祭り」
http://yusaani.com/news/2015/10/11/203675/
◇新潟県「津南雪祭り」スカイランタン
https://retrip.jp/articles/2673/

◆デジタル・伝統、空間彩る パリ見本市で日本勢存在感
漢字の世界から生命の美を表現
伝統技法を駆使 光のかさに応用
日本からの出展企業が一等地にブースを構え最新のデジタル技術を駆使した映像から職人技が光る伝統工芸まで、幅広い表現力で来場者を魅了した。
日本からの出展が目立ったホール7はデザイン性の高い製品が並び、各国のバイヤーの関心が最も集まる場所だ。65ブースと昨年並みの日本企業が出展した。各国の優れたバイヤーたちは日本の技術やデザインに高い関心を持っていた。日本企業は彼らの目に留まる好機を得たようだ。
[日経MJ 16/02/24]
◇メゾン・エ・オブジェ・パリ HP
http://www.maison-objet.com/en/paris
◇チームラボ HP
http://www.team-lab.com/
◇チームラボ「Espace teamLab x M&O: What a Loving, and Beautiful World」
http://www.team-lab.com/news/maisonparis16jan
◇滝沢ベニヤ FB
https://m.facebook.com/takizawaveneer
◇ドリルデザイン HP
http://www.drill-design.com/
◇スズサン HP
http://www.suzusan.com/
◇職人5人の手を経て完成する伝統工芸「有松絞り」の照明
http://tabroom.jp/contents/new-product/arimatsu-lamp-suzusan/
◇梶本登基子氏「一草(ISSO)」
http://www.awa-ai.com/
◇布団メーカー「高岡」 HP
http://www.takaoka-kyoto.jp/
◇メゾン・エ・オブジェ・パリ2016にて、5つの必見コラボ
http://jp.blouinartinfo.com/news/story/1326202/mezoneobuziepari2016nite5tunobi-jian-korabo

◆ブナが放つ「あたたかさ」 世界が注目の木製インテリア
緩やかな曲線 抜群の存在感
全てが手作業 海外とコラボ
水分が多く使い道がないとされてきたブナを、厚さ1ミリのテープ状にしバームクーヘンのように巻きつけて成型する。世界に類を見ない技術とシンプルなデザインで商品化したブナコ(青森県弘前市)。照明やインテリア雑貨を買い付けに世界中のバイヤーがやってくる。
[日経MJ 16/03/02]
◇青森のブナ有効利用「BUNACO」 HP
http://www.bunaco.co.jp/
◇青森のブナ有効利用「BUNACO」 FB
https://www.facebook.com/bunaco.jp/
◇BUNACOスピーカー「 Faggio (ファッジョ)」
http://bunaco.jp/Products/interior/Faggio/Faggio.html
◇デザインが環境を犠牲にしない「BUNACO」の誇り
http://act-reform-interior.seesaa.net/article/433522545.html

◆スマホ、変わる動画の常識
制作、流用から専用へ、ニッチ束ね巨大市場、360度動画、視野選ぶ楽しみ、縦長で見やすく
特殊な技術や高価な機材がなくてもスマホで手軽に動画を撮って配信し、いつでもどこでも気軽に見られる時代。マスを狙わず少人数のファンの心をつかんだり、スマホ自体を上下左右に向けて画像を動かしたり、片手持ちを前提に画像を縦長にしたり。テレビやパソコン向けではあり得なかった「スマホ動画」の売り込み術を探った。
[日経MJ 16/02/17]
◇動画サービス「ショールーム」 HP
https://www.showroom-live.com/
◇話題の配信アプリ「ショールーム」とは
http://snswalker.com/showroom/
◇アイドルユニット「ディープガール」とは
http://laughy.jp/1431916081886166884
◇YouTubeで人気の「360度動画」を部門別にご紹介
http://liginc.co.jp/208175
◇スマホ動画は縦長に? 変わるメディア表現
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20151130-OYT8T50110.html
◇女子のための動画ファッションマガジン「C Channel」
https://www.cchan.tv/
◇ECにおける動画活用のいま
http://www.advertimes.com/20150831/article201876/
◇メディア定点調査2015/博報堂(原典)
http://www.hakuhodody-media.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/07/HDYmpnews201507071.pdf
◇国内動画メディアの接触率調査/サイバーエージェント
https://www.cyberagent.co.jp/files/topics/10844_ext_04_0.pdf

◆西武渋谷店「コンポラックス」 「アート」を強く打ち出す
売り場にいる楽しさ演出
西武渋谷店が昨年8月の改装以来、増収を続けている。同店がテーマとする「アート」をより強く打ち出せる売り場へと変身を遂げ、店に来る楽しさを再び演出できるようになった。けん引役となっているのが最先端のトレンドを提案する婦人服の「コンポラックス」。ファッション同様にアートの新しさにも着目する顧客を引きつけている。
[日経MJ/HotZone 16/02/17]
◇西武渋谷店/宮殿・博物館をイメージに大改装
http://ryutsuu.biz/topix/h082102.html
◇西武渋谷店、大規模リニューアルが完了 20億円を投資
http://www.fashionsnap.com/news/2015-08-21/seibu-shibuya-renewal15/
◇「コンポラックス」空間デザインはnendo
http://www.shibukei.com/headline/9691/

◆空き家再生「カリアゲ」(ルーヴィス)資産価値上げ市場に息吹
住宅のリノベーションを手掛けるルーヴィス(横浜市)が、築年数の古い物件に限定した空き家再生事業「カリアゲ」を東京都内で始めた。悪条件で貸すに貸せず、借り手も現れないという「手に負えない」空き家を救うべく、同社が借り上げて改修したうえで転貸する。人口減少で増え続ける空き家に息を吹き込み、取引を後押しする。
[日経MJ/創るスマートビズ 16/02/17]
◇ルーヴィス HP
http://www.roovice.com/
◇ルーヴス運営「カリアゲ」 HP
http://www.kariage.tokyo/
◇ルーヴス運営「カリアゲ」 FB
https://www.facebook.com/kariage30/
◇困った空き家をカリアゲる
http://colocal.jp/topics/lifestyle/renovation/20150915_53704.html
◇ルーヴィス代表 福井信行インタビュー
https://www.homes.co.jp/renovation/column/contents/living/relife-interview/post-5893.html

◆布、心身「癒やす」使命 最大級のテキスタイル見本市
「体感的な効果」新素材に可能性
ネット社会でもくつろぎ空間を
1月上旬に世界最大級のテキスタイルの見本市がドイツで開催された。布を単に空間を飾るものだけでなく、人々の体と心に働きかけるものとして情報を発信。インターネットに常時囲まれるストレス社会において、布というアナログなものの使命を新たな視点で追求していた。
テーマは「ウエルビーイング(心身が充足した状態)4.0」。ドイツで盛んに論じられている「インダストリー4.0」(第4次産業革命)から生まれたテーマだ。
[日経MJ 16/02/17]
◇ハイムテキスタイル HP
http://heimtextil.messefrankfurt.com/frankfurt/de/
◇ハイムテキスタイル2016レポート
http://ameblo.jp/monreve-japan/entry-12121057071.html
◇ファッション&ライフスタイルトレンド予測「WGSN」
http://www.wgsn.com/jp/

◆作者は人工知能AI、短時間で作品続々…
美少女イラスト、作曲、小説、素人も「クリエーター」に自動運転に接客ロボット――。人工知能(AI)の発達でロボットに代替される仕事が話題になる中、クリエーティブの分野でもAIによる作品が台頭しつつある。作曲や小説、美少女イラストまで活躍のジャンルは様々。実用化まであと一歩のところまでこぎつけている。AIがヒット作品を生み出す未来もそう遠くはなさそうだ。
[日経MJ 16/02/19]
◇プリファード・ネットワークス HP
https://www.preferred-networks.jp/
◇AIが勢力図を塗り替える業界とは PFNが絞った3つの領域
http://blogos.com/article/116573/
◇初音ミクも驚愕!! 自動作曲システム「Orpheus」が凄すぎる!
http://yukan-news.ameba.jp/20121017-108/
◇未来の紅白歌合戦は、人工知能が作った歌だらけになる?
http://www.gizmodo.jp/2015/12/orpheus.html
◇AIによって. 生み出される「キャラクター」の取り扱い
www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kensho_hyoka_kikaku/2016/jisedai_tizai/dai4/siryou3.pdf
◇人工知能が一人ひとりの好みの小説を書く日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/bigdata/20150531/283688/
◇人工知能はどう世界を変えるか
http://tsukuruiroiro.hatenablog.com/entry/AI/special1
◇人工知能により仕事はどう変わるか
http://tsukuruiroiro.hatenablog.com/entry/2016/01/07/184751

◆思い出、3Dフィギュア、家族や外国人観光客向け、独社がFC展開
全身写真をもとに精巧なフィギュアを製作する独ドゥーブスリーディーは、日本でフランチャイズ(FC)店を展開する。第1弾として玩具店を手がける博品館と組み、「博品館 銀座本店」に専用の撮影スタジオを設置。20日にも撮影を始め、出産や成人式など節目をフィギュアで形に残したい家族客や外国人観光客のニーズを取り込む。
[日経MJ 16/02/19]
◇ドゥーブスリーディー HP
http://jp.doob-3d.com/doob-world/mydoob/
◇DOOB 3D 日本1号店(渋谷) FB
https://www.facebook.com/doob.3d.jp/
◇ドゥーブスリーディー社長 ジョン P.イーサム、インタビュー!
https://akiba-souken.com/article/26168/?page=2

◆内海に面し気候も穏やか、愛媛はイタリアン!?
県内のシェフら有志、地元食材を発信
愛媛県内のイタリア料理店のシェフなど有志がイタリアをキーワードにした地域活性化に取り組んでいる。イタリアは地中海、愛媛は瀬戸内海といずれも内海に面しており気候が穏やかで農水産物が豊富だ。そんな共通点に着目して「愛媛イタリア化計画」を標榜し、新たな食の創造・発信を目指している。
[日経MJ 16/02/22]
◇愛媛イタリア化計画 FB
https://www.facebook.com/progettoehime/
◇イタリア料理で愛媛を変えよう「PROGETTO EHIME」
http://progettoehime.jp/
◇イタリア在住の池田匡克氏写真展「SAPORE」
http://office-rotonda.jp/%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%B1%95sapore%E8%90%AC%E7%BF%A0%E8%8D%98%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2/

◆野菜の味「見える化」進む 消費者に価値売り込む
これまで表示しにくかった野菜の機能性や食味を、センサーなどを使って示す取り組みが広がっている。付加価値を分かりやすく訴え、流通業や外食からの需要の呼び込みにつなげる。2015年に始まった食品の機能性表示制度をきっかけに、生産者や量販店の関心が高まった。今後統一した基準をまとめられるかが課題となる。
[日経MJ/食材ノート 16/02/22]
◇青果卸「ベジテック」 HP
https://www.vegetech.co.jp/
◇ベジテック「理化学分析センター」
https://www.vegetech.co.jp/action/rikagaku/
◇デザイナーフーズ HP
http://www.designerfoods.net/
◇おいしさの科学研究所 HP
http://www.oishisa-no-kagaku.com/modules/hyoka/index.php?content_id=1

◆情報は寝て待て
ニュースはSNSで、投稿つまみ食い、「まとめアプリ」さえ敬遠
ニュースを巡るビジネスの世界の変化は激しい。2年ほど前に話題となったキュレーション系のニュースメディアの勢いが鈍化してきた。代わりに台頭してきたのがSNSで、10代後半から20代はフェイスブックやツイッターで友人がシェアした話題を主な情報源にしている。アプリからSNSへニュースの舞台が移りつつある中で、ネットユーザーにどうやって情報を届けようか企業も攻めあぐねている。
[日経MJ 16/02/24]
◇2015年中にキュレーションメディアは衰退する
http://enter101.com/post-139/
◇スマホ・ユーザーが最もよく使うアプリは?
http://news.mynavi.jp/news/2016/02/22/182/
◇マーケターはどんなニュースアプリを利用するのか?
https://moduleapps.com/mobile-marketing/res-newsapp/
◇ニュース系アプリで利用されているUIの実装まとめ
http://blog.monocklab.com/entry/2016/01/13/185702
◇LINEニュースが大手メディアを巻き込む狙い
http://toyokeizai.net/articles/-/98351
◇FBニュース配信サービス について
http://www.huffingtonpost.jp/zenichiro-tanaka/facebook_b_8846946.html
◇2016年モバイルニュースアプリ市場動向調査/ICT総研
http://iphone-mania.jp/news-99299/

◆移住、最初の一歩手助け
企業、「予備軍」にサービス、試し住みや下見ツアー
大都会から田舎に移り、時間的な余裕を持って暮らしたいと考える若い世代が増えている。こうした「移住予備軍」を手助けしようと民間企業が動き出した。最初の壁となる家探しを手伝ったり、お試しで住めるサービスを提供したり――。自治体では取り組みにくい移住支援策を次々と打ち出し、地域活性化を進めるほか、将来的には自治体にパッケージ提案することも狙っている。
[日経MJ 16/02/26]
◇地域活性化支援「あわえ」 HP
http://www.awae.co.jp/
◇地域の魅力を情報コンテンツ化する専門家養成「あわえ」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000007672.html
◇眠る地域資産をビジネスに、美波町「あわえ」の挑戦
http://itnp.net/article/2015/01/05/1096.html
◇サイファー・テック HP
http://www.cyphertec.co.jp/
◇クラウドワークスが地域クラウドファンディング「FAAVO」と業務提携
http://thebridge.jp/2014/08/crowdworks-faavo
◇「福島県を起業家で元気にするプロジェクト」開始
http://ascii.jp/elem/000/001/132/1132162/
◇「佐賀県」への移住促進プロジェクトを実施
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000009958.html
◇ニッポン移住・交流ナビ
https://www.iju-join.jp/
◇1万人の移住意向調査/インテージ
http://www.intage-research.co.jp/service/report/report02.html
◇ふるさと回帰支援センター HP
http://www.furusatokaiki.net/

◆渋谷モディ 学び・体験「コト消費」売る、「ほっと一息」憩いの場
丸井グループは2015年11月、東京・渋谷に新たな商業施設「渋谷モディ」を開業した。18億円を投じ、婦人服などファッション関連を軸に運営していた「マルイシティ渋谷」を全館改装。物販中心の従来型の店と対照的に、「学び」や「体験」をキーワードに「コト消費」を売り物とする。大人がゆっくり滞在して楽しめる売り場づくりが特徴だ。
[日経MJ/みせどころ 16/02/29]
◇渋谷モディ HP
http://shibuya.m-modi.jp/
◇渋谷の新商業施設「渋谷モディ(MODI)」をレポート
http://www.fashion-press.net/news/20128
◇公園通りの新スポット「渋谷モディ」の全貌
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1019373/111900002/?rt=nocnt
◇新スポット「渋谷モディ」がオシャレで楽しそう!
http://matome.naver.jp/odai/2144782805664072401
◇HMV&BOOKS TOKYO HP
http://www.hmv.co.jp/select/hmvbooks

◆全日空の訪日客向けサイト、現代アートの仮想美術館
全日本空輸は訪日外国人向けの観光情報サイト「IS JAPAN COOL?」内に日本の現代アートをテーマにした仮想美術館を開設した。近年は美術鑑賞を目的に訪日する外国人が増えており、草間弥生氏や束芋氏ら7人の有名作家の作品を一堂に集めてその魅力を発信することで、訪日需要の掘り起こしにつなげる考えだ。
[日経MJ 16/03/04]
◇全日空の訪日客向けサイト「IS JAPAN COOL?」
https://www.ana-cooljapan.com/
◇仮想美術館「IJC MUSEUM」
https://www.ana-cooljapan.com/contents/art/
◇仮想美術館「IJC MUSEUM」公開
https://partner-web.jp/article/?id=790

◆育て、ビジネスの芽 ベンチャー支援「アクセラレータープログラム」
朝日新聞社は、ベンチャー企業の事業づくりを支援する「朝日新聞アクセラレータープログラム(ASAP)」を続けてきた。その成果を発表する「デモデイ」が2月25日、東京都江東区であり、参加各チームが多彩なサービスを発表した。
デモデイでは約180人を前に自社サービスの理念や成長性について語り、投資家らと交流した。
{朝日新聞 16/03/03]
◇アクセラレータープログラム
http://www.asahi.com/shimbun/medialab/accelerator/
◇イラスト学ぶサイト「パルミー」
https://www.palmie.jp/
◇ランナー支援サイト「ラントリップ」
http://recross.co/
◇カスタマイズウェディングを提案「ウェディット」
https://weddit.jp/
◇オンライン動物相談「ぺっとぼーど」
http://petboard.co.jp/
◇筋肉から派生するあらゆるコンテンツを楽しむ「筋肉バカドットコム」
http://kinnikubaka.com/
◇余った業務用の紙を取引「リクロス」
http://recross.co/
◇朝日新聞の起業支援プログラムが6社の成果を披露
http://thebridge.jp/2016/02/the-asahi-shimbun-company-accelerator-program-revealed-their-6-startups
◇シードアクセラレータープログラムまとめ
https://biz.moneyforward.com/blog/business-hack/seed-accelerator-program/

◆スキル系CtoC台頭、私の技、ネットで買って
隙間時間、手軽に生かす
売り手と買い手が直接つながるCtoC(個人間取引)。モノの売買だけでなく「曲を作ります」「英会話を教えます」といった個人のスキルや経験を、ネットを通して売り買いできるサービスがさまざまな分野で広がっている。売る側も買う側も気軽に利用できるほか、取引から生まれる交流を楽しめる点も支持されているようだ。
[日経MJ 16/03/07]
◇ココナラ HP
http://www.coconala.co.jp/
◇「ココナラ」インタビュー
https://mailwise.cybozu.co.jp/headline/practical/000055/
◇ピースオブケイク HP
http://www.pieceofcake.co.jp/
◇ピースオブケイク運営「note」
https://note.mu/
◇ピースオブケイク加藤貞顕氏に聞く
http://hrnabi.com/2015/05/19/7409/
◇ストリートアカデミー HP
https://www.street-academy.com/
◇ストリートアカデミー FB
https://www.facebook.com/streetacademyjapan
◇オンラインサロン「Synapse(シナプス)」 HP
https://synapse.am/
◇オンラインサロン「Synapse(シナプス)」 について
http://im0man.hatenablog.com/entry/2015/05/12/085000
◇ブロガー向けオンラインサロン潜入捜査レポート
http://www.empowerments.jp/online-salon-report-infrastructure-ed/
◇「教える」スキルで市場を拓く
http://www.projectdesign.jp/201409/learning/001599.php

◆通行人を分析、最適な広告を表示 AI進化、「個人専用」も目前
最近「5年後、ロボットやAI(人工知能)の発展の影響で、雇用がどれくらい失われるか」「どのような職業がコンピューターやロボットに奪われるか」といった近未来予測が目につく。
一般的に、定型的な職種はロボットやコンピューターへの置き換えが進む。画家や作曲家など創造的な職種、あるいは一人ひとりのニーズや状況をきめ細かく把握しなければならない医師やコンサルタント、弁護士らは「失われない職種」と目されているようだ。だが、最近の技術の進歩をみると、必ずしもそうだと言えなくなっている。
[日経MJ/先読みウェブワールド 16/03/07]
◇AIが自動的に作成してくれる「Jukedeck」 HP
https://www.jukedeck.com/
◇「Jukedeck」使い方
http://gigazine.net/news/20151209-jukedeck/
◇エムアンドシーサーチ HP
http://www.mcsaatchi.co.jp/
◇感情で広告を最適化?
http://adgang.jp/2015/08/105443.html
◇海外の最新デジタルサイネージ20選
https://www.si-po.jp/post/new-signage/24395.html

◆使うほど愛着、上質家具 アクタスや大塚家具、シンプル極める
なめらかな質感 秘密はせっけん 電動に見えない すっきりソファ
日欧を代表するデザイナーがアクタスや大塚家具と手掛けたダイニングセットやソファはぜいたくな素材を使いながらデザインは素っ気ないほどシンプルだ。長く使い、共に年を重ねたい。家具にそんな思いを抱く人が増える中、無駄を省いた究極のかたちを追求している。
[日経MJ 16/03/09]
◇アクタス「MOKU」
http://www.actus-interior.com/news/moku/
◇デザイナー セシリエ・マンツ氏サイト
http://www.ceciliemanz.com/
◇飛騨高山「日進木工」 HP
http://www.nissin-mokkou.co.jp/
◇大塚家具「Duo-Next」
http://www.idc-otsuka.jp/item/close_up/duo_next/
◇奥山清行氏運営「KEN OKUYAMA DESIGN」
http://www.kenokuyamadesign.com/
◇奥山清行氏トークショー
http://trafficnews.jp/post/39397/

◆外国人留学生、クールジャパンで学ぶ ファッション、料理、マンガ
ファッション 「カワイイ」と技術が魅力
日本に留学する外国人が増えている。留学生数は2014年5月時点で約14万人と、前年より3%増加。アジア人を中心にファッションや食、マンガといった「日本ならでは」の分野が人気だ。日本の文化に関心が高まっているほか、日本で学んだ経験が就職に役立つ面もある。クールジャパンに引き寄せられる外国人留学生の現状を追った。
[日経MJ/つかむインバウンド 16/03/14]
◇日本留学総合情報ガイド「STUDY IN JAPAN」
http://www.studyjapan.go.jp/interview/jp/
◇文化ファッション大学院大学
http://bfgu-bunka.ac.jp/
◇外国人の受け入れへ一段の工夫を
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO81546360V00C15A1PE8000/
◇和食ブームを追い風に農水省プログラムスタート
http://blc.jugem.cc/?eid=1086
◇アニメや和食学ぶ留学生、就業しやすく 特区で首相指示
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H1P_Q5A021C1EAF000/
◇変わりつつあるニッポンの評価
http://mazecoze.jp/blog-nakamura/1085
◇外国人留学生が日本に失望する最大の理由とは?
https://mazecoze.jp/blog-nakamura/1275
◇外国人留学生誘致の型破りな大学紹介
http://ugokie.com/lab/topic/703

◆「売れる服」ベンチャー挑戦、ITと融合「ファッションテック」
オーダー、効率化で値ごろ感
ファッションとITを融合した「ファッションテック」と呼ばれる新しいビジネスが広がってきた。3月上旬に関連企業が一堂に集まり、事業を発表した。その中から浮かび上がってきた主なキーワードは「オーダーメード」「試着」「人工知能(AI)」。大手企業も巻き込みながら「服が売れない」時代をテクノロジーの力で変えようとしている。
[日経MJ 16/03/11]
◇ライフスタイルデザイン HP
http://lifestyledesign.co.jp/
◇ものづくりマーケット「モノミー」
http://www.fun-up.jp/
◇これがファッション×テクノロジー市場だ!
http://www.senken.co.jp/news/startup/fashion-tech-151230/
◇ファッション×テックの関係をDYNEデザイナーが語る
http://www.fashion-headline.com/article/2016/02/10/13671.html
◇日本と世界のファッションテックのマクロトレンド
http://thebridge.jp/2015/10/fashion-tech-macro-trend-2015-webinar

◆モノのデータ化で暮らしは 「所有」「利用」線引き明確に
ここ最近は「モノ」もクラウド化する試みが出てきた。
画像共有型のSNSを運営するサマリー(東京・港)が寺田倉庫(同・品川)と始めたサマリーポケットは、契約すると段ボールを1箱月300円で倉庫に預かってくれるサービスだ。ここまでだと普通のレンタル倉庫と同じだが、特出すべきは段ボールの中の商品を1点ずつ写真に撮ってスマホで見られるようにしたことだ。
[日経MJ/本流eビジネス 16/03/11]
◇画像共有型SNS「サマリー」 HP
https://sumally.com/
◇Sumally Pocket HP
https://pocket.sumally.com/
◇サマリー×寺田倉庫トランクルームサービス「Sumally Pocket」
http://jp.techcrunch.com/2015/09/01/sumally-pocket/
◇モノをクラウド化する「Sumally Pocket」
http://websv.info/archives/695
◇スマホが「専属コーディネーター」
http://style.nikkei.com/article/DGXDZO72926460Y4A610C1EL1P01
◇今更聞けない...「クラウド」で暮らしが変わるかも?
http://www.webconsulting.jp/blog/2015/02/post-230.html

| | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »